« ドラゴン桜の山下くん | トップページ | 6/secondの壁 »

2006年1月 1日 (日)

氷帝戦 再演

あけましておめでとうございます!2006年、始まったからといって大きく何かが変わるわけでもないのですが、とりあえず心機一転のきっかけにはなりますね。

今回は、昨年(ほんの二日前なのに昨年って言うのが違和感だけど(;^_^A。)12月30日に大阪で観てきた「ミュージカル テニスの王子様 The Impelial Match 氷帝学園 in winter 2005-2006」について、感想など。

朝早くから大阪へ行ってきたわけですが、その途中の大雪に少々びっくりしながら……11:00からの公演を観てきました。

率直に言えば。

「行ってよかったっ!!」

ストーリー的には夏の公演と大差ないわけですが(笑…あったら原作が変わってしまう。)、色々趣向を凝らして少しずつ演出などが変わっていたりしました。ちょっとした小ギャグが効いていて、やっぱり面白かったです。面白いのは分かっていたけど、いきなり最初から爆笑でした(笑)。

大晦日に近かったため、だとは思うのですが、最初に千石役の和田くん、不二裕太役のKENNくんが白と赤のたすきをかけて現れ、紅白ネタのコントを披露(笑)。みのもんたをネタに散々笑わせてくれました。それだけでも来てよかったとか、面白かったとか思ってしまうくらいでした。ルドルフの赤澤&金田も要所要所で小ネタを披露(笑)。この四人は、上手にサポートをしているという感じがしました。

自分的に好きなキャラは手塚国光。そして、跡部景吾。別にセットじゃなくても好きです(笑)。手塚役の城田くんはとても美しい顔立ちで、すごく背が高くて、手塚が優男になったらこんな感じ、という感じの人です(笑)。セリフの言い方も優しい。そして、跡部役の加藤くんはマジ跡部って感じの人でした(笑)。パンフなどで普段の写真を見ると、どちらかというとかっこいいけれど可愛さもある爽やか青年で、だいぶ感じが違うのですが、跡部を演じているときの加藤くんは、本当に跡部っぽくて、とってもかっこいいです。今回はグッズの生写真というのもあったのですが、その中にキャラの学校生活(制服)をテーマにしたものがあって、加藤くんの跡部制服バージョンは、あの原作の跡部という人間が本当にこの世に存在したとしたら、これに間違いない、というほど跡部っぽかったです。顔も綺麗だったし表情も仕草も跡部でした(笑)。残念ながら、城田くんのは売り切れで、見ることが叶いませんでした。今回グッズの売り切れが続出していて、氷帝学園のチームの写真とか、忍足の写真、慈郎の写真、南の写真、赤澤の写真、などなど、最後会場を出るときは、かなり消されてしまっていました。跡部も売り切れていたような。

夏に比べると、内容的にも前回をちょっと強調したような演出になっていたり、前回の続きっぽくなっていたりして、かといって初めて見る人に分からないということもなく、前回を見ていると、より楽しめるという内容になっていたような気がします。跡部と手塚の試合にいたっては、ステージの装置の関係もあったのだろうと思うのですが、だいぶ演出が変えられていました。歌も手塚と跡部のアカペラから入る曲が入っていたりして、これはこの二人にしかできないだろうという堂々とした歌対決も見せてもらいました。この部長二人、本当に歌が上手いのです。それだけでもマジかっこいいっス。

あと、ラストには特別演出みたいな感じで新しい歌による全員の歌と踊りがあって、前回にはない終わり方でした。結構見応えがありました。3時間近かったのですが、本当にあっという間でした。

今回は席がちょっと端の方だったので、ステージの向かって左側の立ち位置の人がかなり見にくかったのですが、それ故というわけでもないですが、とにかく手塚と跡部ばかり見てました(笑)。結構劇の中では思わず笑えてしまうような場面が沢山あるのですが、この二人、絶対に笑わない(笑)。すごい。キャラになりきってる。で、誰かがメインの動きをしているときでも、やはり絶対に手を抜かずに、全員が演技をしているのです。だから、アニメや漫画では見られない「裏で展開されていく物語」みたいなものも楽しむことができます。つまり、黄金ペアと日向、忍足ペアの試合では、その後ろでも待っているメンバーたちの時間がちゃんと流れているわけです。跡部が樺地からドリンクをもらって飲んでいたり、怪我をした樺地が戻ってきたときに気を使っていたのは鳳だったり、と。結構そんなささやかなエピソードとかでも、本当に好きな人はツボだろうなーと思いながら見ていました。

あと、前回は音声で流れていた跡部の長いセリフが、今回は生でした。かなり長いセリフでしたが、間違えず噛まず、すらすらと思いを込めながら言えていた加藤くんに、拍手!さすが、役者ですね。

年末の忙しい中ではありましたが、本当に楽しい時間でした。観ることができてよかった。きっとまた春の下旬辺りにドリームライブなどもあるだろうから、行けるといいな、と思いました。(いつも頼りになる友人がチケットゲットしてくれるのですが、今回は氷帝が入ってくる。果たして、チケットは取れるのだろうか。)でも、基本的にミュージカルの間とかは大騒ぎしたりすることはできないので、ライブではしゃげるといいです。やっぱライブは楽しいです。

最後に…昨日、大晦日はONE PIECEの最新刊が出ていると知って慌てて本屋さんに行ったら、はじめの一歩や最遊記外伝も出ていたので、よろこび勇んで買ってきました。そして年明けていきなり3時まで夜更かしかまして読んじゃいました(笑)。ONE PIECE、滅茶苦茶面白かったです。さすがです。尾田栄一郎先生。この人はすごい人だと改めて感じました。最遊記もハラハラしながら読みました。3年ぶりの外伝、とても嬉しかったです。絵がすごく綺麗になってきたと感じました。自分的には本編のキャラもすごく好きなのですが、外伝のキャラの方が一段上で好きだと思います。(でもお気に入りは玄奘三蔵法師(笑)。)

さて、元日もあっという間に過ぎていきます。今年はどんな年になるんだろう。いい年になりますように……。

|

« ドラゴン桜の山下くん | トップページ | 6/secondの壁 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152835/7947952

この記事へのトラックバック一覧です: 氷帝戦 再演:

« ドラゴン桜の山下くん | トップページ | 6/secondの壁 »