« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月30日 (木)

人事とかミュージカルとか

ものっすごい、というほどでもないかもしれませんが、久しぶりにブログを書いています。
あまり長々と書く気はありませんが、ちょっとだけ書いておこうかと思います。気になること、いいたいこと。

年度末、移動があったり、人事が変わったりして、不安ですね。自分があさってからどんな立場になっているのか、全く分からないので(いや、正確に言うと予測はつくけれど、それが自分の理想とするものではないので)嫌だなあ、と何となく不安に思っています。昨日、その予測がつけられるだけの情報をキャッチしたのですが、その情報を得たときは少々悲しくなりました。慣れた場所から動かなければならないという予感がしたので。やりたいことも、あったのに、と思うのですが。周りは自分に、自分が望むこととは違う期待をしてくれているようで、それは嬉しい反面悲しいです。自分が希望している場所には、それほど強く希望していない人が配置されるのだろうし。どうしてこんなに強く希望しているのに、それが叶わないのだろうと。
ま、いわゆる力量不足ですけど(;;)。

そんな中、ミュージカルテニスの王子様Dream Live 3rdに行って来ました。ていうか、今回は2代目の青学レギュラー陣が卒業ということで、(つい最近、友人がジャンプの情報を見て悲痛なメールを送ってきた。)チケット取れてよかったなあ、と改めて友人に感謝。(←基本的には自分で何もしていない(笑)。)

内容的には、本当に大爆笑だったのですが、時間的にすごく短かったように思います。2時間弱。前回のミュージカル氷帝戦が3時間弱だったので、より短く感じました。内容は爆笑だったのに、やはり最後の卒業メンバーからのメッセージでは、初回公演だったにもかかわらず涙ぐんでいる面々に、こちらも少しジーンと来ました。思えば結構長いんだな、このミュージカルを見始めてから…と、ふと思いました。

お土産に手塚と跡部役の人の写真を買ってみました。二人とも、普通にかっこいいつーか、かわいいなあ、と思いました。だから、このひとたち、このミュージカルを卒業しても活躍できる場が増えるといいなあ、と。

今日はいろいろあって頭が蕩けそうなほど疲れたので、この辺にしときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

おいしいチーズ!

 突然ですが、チーズが好きです。大好きです。ちょっとしたチーズマニアです(笑)。

 といっても、プロセスチーズは嫌いです。むしろ避けたいくらいです。好きなのはナチュラルチーズ。フレッシュモッツァレラとか、カマンベールとか、ゴルゴンゾーラとか、メジャーなのが大好きです。
 最近近くのスーパーでチーズが少し安売りしていて、いつもなら550円位するのが398円で売っていたので、よろこび勇んで買ってみました。買ったのはウォッシュタイプのチーズと白カビにくるまれたブルーチーズ。ゴルゴンゾーラのまわりがカマンベールになっているようなタイプのチーズです。ウォッシュタイプのはもちもちしていておいしかったのですが、匂いに少し癖がある感じで、味は結構塩味が濃いようでした。で、ブルーチーズの方はまろやかで風味もブルーチーズでありながら優しい感じで、滅茶苦茶おいしかったです。丸いチーズを小さく切って、それをつまみながらゲームしたりしてると、至福の時を感じます(笑)。それくらいおいしいです。

 今日も食べたい気がするけれど、なんかたこ焼を食べたら胃が満タンになってしまいました。6~7つほどだったんだけど、おいしかったものでつい食べたら、駄目でした。シクシク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

馬鹿を繰り返す馬鹿(;^_^A

 またやってしまいました……夜中の1時まで(>_<)。全く我ながらアホでアホで仕方ありません。よって本日はやや眠いです。大事な会議が夕方からあるというのに。でも、今週もあと一日と思えば、耐えられるかもしれない、何て前向きに考えるあたりが、やはり典型的なO型。どこまでも、大雑把。

 やってしまいました、とはもちろん、昨日書いたとおりの十二国記第2弾のゲームです。昨日はついつい一つのミッションをクリアするまでやってしまいました。別に途中のセーブで終わればよかったのに、つい先の話が気になってやってしまい、ダンジョンに入り込んでしまい、これが結構分かりづらい迷路になっていたもので、ドツボって、出口が見えているのに「まだ行ってない所があるかもしれない」と思うと、ダンジョンを出られないという不便な性格(笑)。おかげで少々キャラが強くなってしまいました。まあそれはいいことだとは思うのですが。時間も散々掛かってしまいました。
 でも、このミッションをクリアしたら、一人仲間が増えました。最初からレベルが高いようなので、使えるキャラだといいなあ、と思いつつ、戦闘メンバーから楽俊を外しました。いや、楽俊につけてある護衛、班渠が敵全体を混乱にかけ、特殊技を出させないという技が使えるので、とても便利だし、楽俊自身も味方のステータスを正常に戻せるという特殊技を持っているので、すごく使えるキャラなのですが、何せ攻撃力が弱い(笑)。(←ねずみだし。)
 本編には登場しない、ゲームの中の仲間である紫雲が、特殊技としては大して使えない上、つけてある護衛の重朔がこれまたいまいち使えない技しかないわりに攻撃力がある。基本的にアイテムや指令を使いたがらず、なるべく基本の攻撃で戦いたい人種なので(←道具を使うと減るからもったいない(笑)。特殊技を使うと気力が減るからいざというとき困るから溜めておきたい。単にもったいながりで、慎重すぎて、いつもこういうゲームをすると大量にアイテムを残し、使わずじまいで終わってしまう(笑)。)楽俊より紫雲の方が使いやすいわけです。

 さて、ここで大量の時間を空けました。会議がやっと終わりました。さあ、さっさと帰って、またアホなことを繰り返そうかと思います(笑)。←分かっててやるんだ(-_-;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

十二国記のゲーム・第2弾

 更新がやや久しぶりになったような気がします。
 どうも年度末っていうのは、忙しかったりしますね。とりあえず4月に向けて全てを締めくくっていかなければならないので、どんな職場でも忙しいのではないでしょうか。

 胃を壊してはや一ヶ月弱。もうほとんど支障はありません。ちゃんとお腹が空くようになってきたし、間食がおいしく感じるし(笑)、自分から動くことも苦痛ではなくなりました。でも、よく噛んで食べるくせがなかなか抜けなくて、とにかく食事に時間が掛かる掛かる。特に朝食や昼食は時間が限られているので、本能的に嫌がるのを無視してガツガツ食べてみたら、胃がどんより憂鬱を訴えてきました(;^_^A。まだ荒行は不本意らしいです(笑)。

 先日、久しぶりに一日休みがあったので、思いっきり部屋を掃除したり布団を干したりして、心身ともにすっきりして、気分がよくなったところでふらりと出かけ、ふらりと中古ゲームコーナーを歩いてみたら、以前やっていた十二国記のゲームの第二弾が売り出されていました。買うかどうかは迷ったのですが、気晴らしくらいにはなるかと思って、買ってみました。
 ゲームファンならずとも、3月16日にFFXIIが発売されることは少なからずご存知でしょう。自分はたぶん予約したりして買ったりはしないのですが、もしかすると暇になっている父が買うかもしれない、と思いました。となると、FFにどっぷり浸かる生活になるかもしれない、とも思いました。が、とりあえずそのとき、何となくゲームがやりたい心境になってしまったので、中古だし安いし、と思ってついつい買ってしまいました。

 やり方は基本的に前作に近かったので、やり始めるのにためらいも時間も掛かりませんでした。今回もちゃんと延王が位置づいていて、割と頻繁に登場してくれるので楽しいです(笑)。前作は主人公の陽子が選ぶ答えによってストーリーが変化していったのですが、今回は朝議で出されるミッションをクリアしていくという設定なので、よりRPGらしくなっていました。ちゃんと人に話を聞いたり、宝物を見つけたりするので。
 そして、相変わらず「仕事」や「遊戯」など、ミニゲームが豊富なのですが、このミニゲームの中の「樽運び」が難しい難しい。とりあえず、初級から大王レベルまであるのですが、どうやっても大王レベルがクリアできない。これがクリアできないと、絵画を集めることができないような気がするので、どうしてもクリアしたくてその1分ほどのゲームを二時間くらいぶっ続けでやったのに、それでもどうしてもクリアできません。あと5秒、いや、3秒あれば、というときもありますが、そういうときに失敗すると、滅茶苦茶腹が立ちます(笑)。そもそも、そこまでたどり着こうと思ったら、その1分間の中で1秒たりとも動きにミスが出るのは許されないという状況なのです。0.5秒に満たないロスでも、最後は時間が足りなくなります。はっきりいって、難しすぎです。
 もちろん、樽を運ぶ道筋も難関で、ちょっとでも間違えるとロスが激しくなるので、できる限りロスのない運び方を考えて考えて、何十回とやって、それで最後3秒足りない、という状況です。もちろん、自分の能力が足りないのだと思うのですが、それでも自分の指は、この上なく繊細な動きをしているわけです、自分の中では(笑)。これでクリアできないとなると、かなり厳しいです。これは、他の射的や輪投げやホッケーの難しさとはわけが違って、なんとしても物理的にというか、時間が足りないわけで、慎重にやりさえすればクリアできるかもしれない、というわけではないので、完ぺき主義の自分としてはかなりブルーです。
 とはいっても、ストーリー達成ゲージでいけば、まだほんの20%。この時点で蹴鞠大王、この葉拾い大王、十二国記パズル大王、十二国牌名人(名人の上が大王。ちなみにあと3枚で92種類全部そろって大王になれるところ。←ゲーム的には花札の「こいこい」に近く、一回につき20銭いって、更に役で勝てないと1枚もらえないし、相手カードの中に自分のもっていないものがないともらえない。つまり、軽く100回を越えるくらいやりこんでいる(笑)。)、樽運び名人、闘技場職人(職人の上が名人)、お遣い初級、ホッケー初級、輪投げ職人、射的初級などなど、様々な称号を既にゲットしている上、十二国記講座は新旧ともに完全クリアしてあります。とりあえず、「面倒なものは全てやっておこう」という主義からきています。少しずつ、徐々にやる、ではなく、そのゲームに出会ったら、とりあえずその場でできるだけやりきる、みたいな(笑)。少々アホだな、と自分でも思いますが、この中でまだ名人や職人、初級になっているものは、出会ったばかりのゲームか、すごく難しいゲームかどちらかです(笑)。

 で、こんなゲームを買ってしまったばかりに、比較的忙しくて夜10時近くに帰っているにもかかわらず、毎日少しずつやるもので、夜遅くまで起きていたり、途中で寝てしまったりして、生活リズムが最悪です(笑)。←ただの馬鹿です。これでもちゃんとした大人といわれる年齢に達しているはず(笑)。そうと分かっていても、今日もまたきっと、やるに違いない、大した馬鹿です(笑)。

 てなわけで、さて、今日も、少しでも早く帰ってゲームの続きをやーろうっと(笑)。←どこまでも果てしなく馬鹿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

アイシールド21の18巻に対する個人的感想

 昨日アイシールド21の18巻を読みました。

 なんか、すごくかっこいいキャラが増えた(笑)。というのが率直な感想なのですが。アイシールド21って、基本的にギャグ中心の漫画だったのに、確かにギャグも減ってはいないのに、名場面が増えてきましたね。以下は最新刊の感想などになってくる気がするので、読みたくない方は気をつけてください。

 まずは昨日の予想通りというか、主人公セナがアイシールドを取って、自分の名前でフィールドに立ちましたね。ここでちょっとジーンとしたのが、今までずっとセナのことを守って子ども扱いしてきたまもり姉ちゃんでした。もうデビルバッツのメンバーはほとんどがセナのことを知っていたにも関わらず、(もちろんセナがまもりにひた隠しにしていたのはあるのですが)ここで初めてその正体に気がついて、思わず口癖のように「アメフトなんて、セナには危ないんだから…」とつぶやいて。でも、セナがフィールドに出て行ったのを見送って、今までいかに自分がセナを見ていなかったかを悟る辺り、やはり賢い子でした。「私って勝手だなあ」と涙したのは、嬉し涙なのか、自分が情けなくての涙なのか。はたまた、どちらの気持ちも混じっているのか。

 で、うつむいて涙するまもりを片隅でさりげなく気にしている蛭魔がまたかっこいい(笑)。そして、心配を顕わにしている鈴音に向かって「そんな女(タマ)かよ。すぐ出てくる」。にやりと笑ってこの一言。うっ、かっこいい……。そのあとなぜかマネージャーまで紹介するおかしなアナウンスを流して、たちまちまもりを復活させる辺りも、実はさりげなく気を使える素敵キャラなんだと実感です。悪魔のようなキャラ、のはずだけど(笑)。第2回の人気投票で、堂々1位でした。さすがです。(ちなみに2位がセナ、3位に筧駿が入ってましたね。丁度ポセイドンとの戦いの辺りでの投票だったのでしょうか。)

 それから、メットを取ったときのセナはかっこよかったです(笑)。絵もなんかすごく綺麗になっていて。自分的にはそれほどこの主人公にかっこよさは感じないですが、この絵は、かっこよかった!

 そしてムサシ。これもかっこいい……。キック対決ということで、コータローがやたら絡んでくるのをさりげなく流したりとか(笑)、ものすごい力尽くの爆進撃でキックコースを塞いだ赤羽のブロックを吹っ飛ばしてキックを決めて、「なんかしたか、今」のセリフ。うわー、かっこいい!って感じっす。そのムサシに対して「…面白い」と独語する赤羽もかっこいいんです(笑)。ムサシ、おっさんキャラなのですが、あのデビルバッツのメンバーの中では、唯一の常識キャラで、ああ見えてクールなキャラなので、彼の切れ味鋭いツッコミはなかなか素敵です。

 ちょっとムサシのところで触れましたが、盤戸スパイダーズに出てくるニューキャラの赤羽隼人。クールで賢くて強くてかっこいい、赤目のエース。これが、外見がかっこいいし、一応やってることも基本的にはかっこいいと思うのですが、かなり天然キャラで笑えます。常にエレキギターを抱えていて、不必要に上手いし(笑)、何かしゃべるたびに「じゃーん」とギターをかき鳴らして、メンバーたちのツッコミを浴びて、それでもお構いなしに「じゃーん」と流していたりします(笑)。赤目もただのカラコンらしい(笑)。何かに対する考え方を「音楽性」と捕らえ、ちょっと考え方が合わないと「音楽性の違いってやつか」などと独語している変な奴です。チームメイトの佐々木コータローとは「音楽性が合わない」らしいですが、コータローが馬鹿なので(笑)、こんな天然なのに突っ込めてしまいます。なんだかんだいって、「キックゲームを大切にしたい」という根っこの部分は変わらないから、やっていけるのでしょう。

 かっこいい、というか、今回お茶目キャラになっていたのが人気投票で第3位になっていた巨深ポセイドンの筧駿でした。周りで何が起ころうとも、ただひたすら聞かれた事に対する自分の考えを淡々と述べている辺りが、逆に天然になりつつあって面白かったです。外見が結構イケメンだから、そういう行動にでると妙にかわいかったりします。

 てなかんじで、今回のアイシールド21の18巻は、「かっこいい」キャラが増えていると感じたわけです。もちろんもともとかっこよかったキャラもいるのですが、こうなってくるときっとこの漫画も人気が出てくるだろうな、と思います。いや、もうかなり人気はあると思うのですが、今以上に、です。

 こうやってはまると、妙に漫画が欲しくなるから困ります。そういえば、夏から貸したままの悪魔の黙示録、友人からなかなか返って来ません。読んでないのか、それとも読み終わって存在を忘れてしまったのか。後者のような気がするのですが、そうなると、きっと押入れ辺りにしまいこんでしまってそうで、忘れ去られそうで怖いです。でも、普段一杯物を借りている手前、早く返してとか、もう読んだ、とか言いづらいのが現状だったり(笑)。

 さて、今日も早く帰れそうです。ありがたいことです。胃の調子もいいし、今日はしっかり夕飯を食べよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

友人へ PRESENT FOR YOU

 先週頑張っただけあって、今日はかなりゆったりしています。ありがたいことです。
 土曜日の大仕事も無事終え、とにかくほっとしました。

 そして昨日は友人の誕生日を祝うため、これまで用意してきたものをとりあえず車に積んで、でもまだラッピングができていないままに(笑)、家を出発しました。何しろ友人にどんなプレゼントが欲しいかを聞いてから約一ヶ月、忙しくて忙しくて、個々のラッピングはできていても、まとめができていない状態だったわけです。だから、友人の家が遠いので、(片道短くて車で1時間半ほど。)その間に雑貨屋とかがあることを期待して(笑)。
 ところが、道中結局100均くらいしかなくて、そこでなんとか大きな紙袋とかリボンとかを購入して、車の中で最後の仕上げ(笑)。でも、やはり100均、たいしたものはなくて、なんかプレゼントの幅に合った紙袋じゃないので、少々不恰好になってしまいました。しかも車の中って、なかなかできないものです。狭いし焦るし、暑いし(笑)。結構時間も押していたので、とりあえず散々妥協しておきました。ごめんよ、100均ごときでプレゼント仕上げちゃって……(>_<)。
 それでも何とかケーキなども途中で購入して友人宅へ。とりあえず頑張ってプレゼントを探した甲斐あって、喜んでもらえたのでよかったです。あまりにも素っ気無いプレゼントになりそうだったので、メッセージカードを写真を入れられるものにして、その写真の代わりにちょっとイラストを描いて(ちょっと、で、2時間かかったけれど(笑))添えておいたら、何だかそれが一番喜んでもらえました。
 おととしは乾と海堂中心のテニプリぱくり短編小説を、昨年は乾と海堂の誕生日祝いモードのカラーイラストを作ったのですが、今年はとにかく忙しくて、原作に小さく載っていたイラストを少々拡大する感じで乾と海堂がげんこつを合わせている場面を描いて、その原画をプレゼント。大きさを合わせるのも大変だったし、修正がきかないのも大変だったし、黒の0.38mmのペン一本で仕上げたので、色塗りも大変でした(笑)。だけど、この3日年の中で比べると、やや見劣りがするような気がしたので、少々気がひけました…(;^_^A。

 誕生日のお祝いに行ったのに、結局お茶出してもらったりいいお店教えてもらったり、挙句の果てにいつも通り漫画を貸してもらったりして(笑)、いつも通りお世話になってしまいました。今回はアイシールド21の最新刊を借りました。その場で読もうとしたら、
「もったいないよ!」
と言われました。かなり感動するそうなので、楽しみに読みたいと思います。盤戸スパイダーズとの対戦、セナがアイシールドを捨てるんだろうということは容易に想像ができるのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

大殺界とか?

今日はだいぶ調子いいです(^-^)v。昼食をかなり少なめにして、めちゃめちゃよく噛んで食べたら、4時ごろ久々に空腹感を覚えました。やや感動です。でも、今はちょっと気分が悪いです。

大きな仕事がとりあえず一段落し、ほっとしながら片づけをしていたら、その持った物の重さに耐え切れず、前のめりに転んで左手のあちこちに擦り傷を作り、右手の甲に激しい打撲傷を負ってしまいました(;;)。何でこんなにドジなんだ、自分。右手の甲に至っては、あまりの痛さに筆記用具が握れないくらいです。さらに厳しいのは、顔もぶったことでしょうか(笑)。上唇をぶったので腫れ上がっています。ちょっと悲しいです(;;)。

何が悲しくてこんなに健康が邪魔されるんだろう。風邪に変なウィルスに胃痛に怪我。今年は大殺界か?(←とか言いながら、そういう占いとか風水とかはさっぱり分からない(笑)。)

昨日頑張ったおかげで、今日は早く帰ることができそうです。手も傷だらけなことだし、胃も悪いことだし、さくさくと帰って、今日こそ早く休んでまた明日に備えたいです。(ツッコミ:今日こそって、今まではどうだったんだよ!⇒ホットカーペットの上に敷いたムートンの上で居眠り3日連続(笑)。補足:明日もまた大きな仕事が…(;;)。)

帰ろうと思ったら、隣で自分のやるべき仕事が始まってしまったようです…。ふー。……あと一息、頑張るとします(T-T)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

一口につき百回噛むと。

あててててて(>_<)

てなわけで、まだ胃痛のままです。神経性ってことはないと思うのですが…(何しろ、上司にすら言いたいことをいう人間だし。)胃、弱りすぎです。でも、主任の前で胃が痛いを連呼していたら、大正漢方胃腸薬をくれました。それを飲んだら、半日くらい調子がよかったのです。ありがとう、主任。

けど、やはり食事は一口百回噛むのが基本です。そもそも噛んでるうちに、食物なくなるっていう(笑)。そこまでしているというのに、痛い。

心配してくださる方がいたので、嬉しかったです。

でも、やるべき仕事は終えました。明日は大きな仕事がありますが、何とか頑張ります。更に明後日も大きな仕事があります。何とか無事に終わりますように。(←いや、人から見たら大したことはないような仕事かもしれないけれど。)

そして、早く胃痛から解放されますように(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »