« そんな人生? | トップページ | BLEACHとかアイシールド21の感想だったり »

2006年7月26日 (水)

激安レンタルDVD

 昨日はちゃんと有言実行にしようと思って家でパソコンを開き、爆睡してしまいました(笑)。仕事ばかりではなく、疲れも溜まっているらしい。やだなあ、もう。

 最近近くにレンタルショップが開いて、開店セールで全品100円で借りられる上、借りると3000円分の50円引き券がもらえたらしく、父上が毎日通っています。そして毎日のように「チャングムの誓い」とやらを借りようと狙っています。相変わらず韓流な親父殿です。でも、それは結構人気らしく、毎日行く割にはなかなか借りられずにいるようです。どの辺りが面白いのか、自分はよく見ていない上、チラッと見たらちょっと腹が立ったので、そのよさが分からずにいます。それが幸なのか不幸なのかは人によって感じ方が違うかもしれませんが、自分は少なくとも不幸には感じていません。だから、何の不都合もないわけで(笑)。

 で、自分は何をねだったのかというと、「蟲師」「野ブタ。をプロデュース」「十二国記」。どれも好きなものばかり。蟲師はつい最近までBSで放送していたのですが、それも終わってしまい、少々寂しい思いをしていたところだったので、またDVDで観られてうれしかったです。なによりDVDのいいところは、映像が綺麗なところです。蟲師は美術がものすごい懲りようで、背景が滅茶苦茶綺麗です。地上波で見ていたときはその美しさに気付かなかったのですが、DVDで観ると感動的な美しさです。もう、その場面一つ一つが美術の絵として成り立つくらいの美しさです。キャラが淡白な絵なので、またそのギャップで互いが引き立て合っている感じがします。これは地上波でしか観たことのない人は、ぜひDVDで観るべきだと思いました。ビバ、デジタル!
 野ブタはこのブログを書き始めた当初にはまっていたドラマです。ドラマがそれほど好きではない人間なのですが、これはかなり楽しみにして見ていました。第4話で草野彰のキャラに転んで、それ以来やたら気になって(笑)。で、それを最初から見直したわけですが、その頃はまだ父上、仕事で東京にいらしたので、これを見ていなかったらしく、何となく一緒に観ていました。そんで、父なりに面白いと感じてくれたらしく、最後まで全部見ておりました。折角だから、彰の可愛さをアピールしておきました(笑)。
 十二国記は、NHKで何度も何度も繰り返し放送していたような気がします。特に試験的に設けられたデジタル放送局の方で。残念ながらうちにはその信号をキャッチできるテレビがビデオがないので観ることができなかったのですが、何度か繰り返されるので、いつも途中から気がついて、地上波の方で見ていました。で、気がつくのがいつも「風の海 迷宮の岸」の辺りから(←遅っ!)で、「月の影 影の海」は見られた試しがありませんでした。それで見てみたら、最初の方はやたら陽子が「帰りたいのよぉ」とか言って泣いているので、父殿にウザがられてしまいました(笑)。確かにちょいウザでしたが、更にオリジナルキャラの杉本と浅野くんもちょいウザでしたが、「月の影 影の海」での延王の登場、原作では「東の海神 西の滄海」に出てくる六太と尚隆のエピソードも最初から最後まで見ることができて、自分としては相当満足でした。「風の海 迷宮の岸」も見て、原作どおり「東の海神 西の滄海」を借りてきたら、どうやらアニメでは「風の万里 黎明の空」が先になっていたらしく、ちょっと話が前後してしまいました。それぞれの話は大概時間軸も別だし、それほど関わりはないのですが、アニメとしては無理矢理陽子の存在でつないであるので、その辺が初めて見た父殿には分かりづらかったのでは。母はそもそもセリフの難しさが理解できなかったのではないかと思われます(笑)。

 そんな感じで、最近寝る間を削ってDVD鑑賞などもしていたわけですが、その割引セールも7月一杯だとか。それまでに借りられるだけ借りておこうというのが父の魂胆なのですが、それまでに「風の万里」の方も見られるといいな、とちょっと思っているのでした。

|

« そんな人生? | トップページ | BLEACHとかアイシールド21の感想だったり »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152835/11105617

この記事へのトラックバック一覧です: 激安レンタルDVD:

« そんな人生? | トップページ | BLEACHとかアイシールド21の感想だったり »