« アニメリボーン標的28「ウソ!俺が殺したの?」感想 | トップページ | アニメリボーン伝説の第5話が!! »

2007年4月22日 (日)

テニミュ ドリームライブ4th 感想

 有言実行!お、遅ればせながら(笑)。(←遅れすぎだろう。)

 というわけで、去る3月31日に参戦してまいりましたミュージカルテニスの王子様 Dream Live 4thについての感想を書いておきたいと思います。もう既に相当量忘れてる感じがしますが、覚えている分だけでも…折角ですから。まさか3週間も遅れるとは、です。本当なら当日に書こうと思ってたのになぁ(笑)。(←アニメリボーンの感想が優先されました(笑)。そしてそこで力尽きた。)

 ところで、これを書きながらテレビで「LIMIT OF LOVE海猿」を鑑賞してました。海猿の話は、ものすごくスケールが大きいわけじゃないのですが、すごくいつもつらくて苦しくて、それでも救われることが多いと思います。伊藤英明はかっこいいですね!!最後はしごで手を離したときは、もうだめかと思いました(笑)。

 ちょっと話が逸れましたが、それでは感想行きます。

 今回はメインが青学・立海・六角で、応援団が氷帝・ルドルフ・不動峰・山吹といった感じでした。ていうか、応援団、多っ!!とはいっても、氷帝は跡部と忍足が、ルドルフは観月さんと裕太くんが、不動峰は伊武くんが、山吹は阿久津くんがいなかったんですけど。

 まずはOPで、それら全員がステージに上がって、歌はなしでダンスのみ披露。しかし、総勢45名は圧巻でした!!これ、ギャラ大変ちゃうの(笑)?(←余計な心配。)
 そして、そのまま青学陣が残って最初の挨拶。みんなして我先にと前に出て挨拶しようとして、手塚が一人取り残されてんのが笑えました(笑)。そこから、主役のリョーマが残って、演出と振り付けを担当しておられる上島さん演じる越前南次郎とデュエット。…桜田くん、一部歌詞が飛んでましたけど(笑)。トップバッターは緊張するんでしょうか。やっぱり。
 二人がステージから去ると同時に「次は誰だ!?」ってことで、「大石のテリトリー」が。そこで大石が出てきて1フレーズ歌ったかと思ったら、次々に青学メンバーが登場してきて大石のソロではなくなってしまいました(笑)。そこで、みんなしてリョーマの応援ソング。立海の「今日まで…そして明日から」でした。わらわら集まってきたみんなに囲まれて、「みんなで応援してやったんだぞ」と言われたリョーマ。でも、「応援してなんて言ってないっス。むしろ大石先輩のソロが心配で」みたいな話になって、みんなで「いや、でも手塚が一番心配」とか言われてました(笑)。前の代の手塚は城田くんでやばいくらい歌が上手かったのですが、3代目の南くんは……並々だと思います(笑)。それに比べると、前の代の大石・鈴木くん(現ゲキレンジャーレッド)が結構きてたんで、滝口くんは並々だけどずいぶんマシに聞こえます(笑)。そこから、ドリームライブ恒例の「ダブルス集合!」ということで、各校から1ペアずつ登場。山吹からは地味’s、不動峰からは石田くんと…誰だっけ、桜井(笑)?立海は丸井とジャッカル。氷帝はもちろん宍戸と鳳。ルドルフは馬鹿澤←(注;赤澤部長)と金田くん。六角は、ぶっちゃけあんまり意識してなかったんですが、たぶんサエさんといっちゃんだったと思います。青学は黄金ペアと不二&たかさん。一緒に行った友人は乾と海堂がペアで好きなタイプだったので、いつもこの場面では二人が出てくるのに、出てこなくてちょっと残念そうな。自分としては六角ならダビデとバネさんに出てきて欲しかったですが。バネさんをやってらっしゃる進藤学(がく)さん、めっちゃかっこいいんスよ!ちょっと前サイバー何たらに出てらして、今現在はハッピーボーイズで熱血執事を演じておられる方です。

 さて、このダブルスもたくさんいたな~という感じだったんですが、それを掻き分けるようにして中央から出てきたのが、桃城と海堂。このセットに絶対友人はキレてんだろうなと思いつつ(笑)、なんか客席に浸透している仕込みネタがあったのにちょっと驚きました。立海戦にあった「粘れ海堂」だったかな?桃城がダブルスでペアを組んでる海堂を応援してる感じの歌を歌ってたんですが、桃城が海堂を突き飛ばしておいて「立ち上がれ、海堂」「お前の弱さは俺の恥」はないだろう(笑)。て感じの演出でした。ひたすら桃城が海堂をどついてました。そして、なぜか客席のお客さんたちもちらほら知っていたようで、みんなタオル持ってるんですよね(笑)。そして、それを上に投げてました。ちなみに、一緒に行った友人はその情報を知っていたらしいのですが、「誰が奴のためなんかにタオルもって来るかい」と言ってました。あ、やっぱりキレてた(笑)。

 ここまでが青学の第一幕といった感じで、次は立海。立海のテーマ…「非情のテニス」だっけか。これを歌ってスタート。ちゃんと幸村部長まで元気に歌っていたような(笑)。
 次に赤也&丸井&ジャッカルON STAGE。踊りながら元気に歌っておられました。ただ、二日前にCDを借りたばかりで、何の曲だとか全然分かってなかったのが残念…。たぶん丸井とジャッカルのダブルスの曲だったと思うんですけど。
 次は間違いはしない。「ペテン師だぁ?それがどうした」というタイトルの曲。仁王と柳生、プラスで立海の面々もいたような気がしますが、立海戦で見せてくれた仁王と柳生の入れ替わりを生でまた再現してくれました。今度はシルエットで。そこでびっくりしたのが、最初に仁王だと思ってたのが柳生で、柳生だと思ってたのが仁王だったことです。最初から入れ替わってたのかよ!!そして、間奏の間に「変化」をテーマに小ネタが二つ。まずは鳳と宍戸が出てきて(あれ、氷帝の面子全員だったかな?)、宍戸さんが長髪だったから、あれ?と思ったら、髪の毛を切って短髪宍戸に早代わり!そしてもう一つは一人二役をやっている六角の木更津亮と木更津淳。たぶん最初に出てきたのが亮だったかと思うんですが、それが敦に変わって引っ込みました(笑)。
 そして、最大の見せ場だった(笑い場だった?)のが、真田道場。もう死ぬ。いいからもうやめてくれ!!っていうくらい笑わせてもらいました。
 なんか知らないけど、みんなして道着?剣道着みたいの。を着てるんですけど、まずそれを着ているのに帽子かぶってる真田に笑える(笑)。似合わねぇー!真田の持っていた竹刀か木刀を、真剣白刃取りしたジャッカル。手をすり抜けて、坊主頭で受ける(笑)。それで、赤也・ジャッカル・丸井・仁王・柳生らに気合を入れる!ということで、「名づけて真田道場だ!」って、自分で言っちゃったーーー(笑)!!
 で、どんな気合を入れるかと思ったら、「俺の言うことをあとに続いて言え!」ということで、
真田「たるんどる!」⇒みんな「たるんどる~」
真田「声が小さい!!たるんどる!!」⇒みんな「たるんどる!!」
 という感じで、続いていくんですが、だんだんおかしな方向に……
真田「負けてはならぬ!」⇒みんな「負けてはならぬ!」
真田「よしんば!」⇒みんな「よしんば!!」
 それって、真田の迷台詞っていうか、口癖じゃ(笑)?そして、赤也が飽きてきていい加減なことをするので、真田が怒る。
真田「こら、赤也!」⇒みんな「こら、赤也!」⇒真田「それは言わなくていい!」
 このパターンが続き始めて、妙にコミカルになってきたところに幸村がパジャマで登場。
幸村「みんな、楽しそうだな。」
真田「幸村!」⇒みんな「幸村!!」⇒真田「それは言わなくていい!!」
幸村「ふふふ。僕もやっていいかい?」
真田「無理をするなよ。では…常勝立海大(仮)!!」⇒みんな「常勝立海大!!」
幸村(ふらっと倒れる)
真田「幸村ぁ!!」⇒みんな「幸村ぁ!!」⇒真田「それは言わんでいい!!」
 結局全然もたなかった幸村君をみんなで運んでゆき、立海の出番終了。この連続攻撃で、先は読めてても笑わずにはいられませんでした。ほんっと面白かったです!!

 次は六角の出番。と思いきや、いきなりスクリーンにビーチの映像が。六角といえば海!!ということで、アロハシャツ的なラフな格好で、みんな海で楽しそう!!と思ったら、その格好のままステージに出てきた!!そして、まずは部長葵剣太郎くんのソロ「女の子とチュー」…ぶっちゃけこの曲的にはどうでもよかったのですが、葵くん役の一馬くんが素晴らしいタップダンスを披露。これはなかなかの妙技でした。
 それから、そのダンスを見て盛り上がったバネさんが会場に乱入して「ダンスしようぜ~俺と!」と言って会場を物色。困ったのがいつも駄洒落を言って飄々としているダビデ。「バネさん、戻ってきてよ」言うけれど、なかなかバネさん戻ってこない。女の子だらけの会場で、「みんなが眩しいぜ!」とか言ってるもんだから、六角メンバーに「眩しいのはお前の汗だよっ!」(進藤さんはかなり汗かき(笑))と突っ込まれ、それでもステージに帰ってこないもんだから、ダビデがついに「黒羽先輩、帰ってきてください!」と頭を下げる(笑)。しおらしいダビデなんて原作でも見たことないです(笑)。めっちゃかわいかったです、アイルくん。そこで、やっと戻ってきたバネさんとみんなで歌ってました。木更津亮は「今日は弟も来てるから頑張らなきゃ」と言って、「じゃあ弟も呼べよ!」と言われ、「イヤ、それは色々と準備が…」と戸惑う場面も。ちなみに、ルドルフが出てくる場面でも、木更津淳が同じことをやらかしてました(笑)。何気にこの双子ネタ使われてましたね。

 そこからは青学メンバーも交えてビーチバレー大会。これはそれなりに原作を踏まえて展開してありました。監督たちはいませんでしたが(笑)。ちゃんと鰯水があったし、ビーチバレーのボールは1年トリオが上の段で釣竿を操ってました。なかなか上手い演出です。最後はちゃんと乾先輩のパンツを木更津亮がつかんでずりおろすというハプニングも再現(笑)。その乾がよちよちと退場してから、ビーチバレーに参加できなかった手塚と、あと不二が加わって「ドリームメーカー」を歌いました。何気に六角戦、立海戦と手塚は出番がないから、ここでも微妙な位置にいましたね。

 ここでメインの3校が終わって、応援校の登場。山吹、不動峰、ルドルフでなつかしSONGを歌ってました。たぶん、山吹戦のときの歌だったと思います。♪輝け~もっと~♪っていう歌でした(笑)。そこで紹介が加わって、何で氷帝だけ出てこないのかと思ったら、氷帝のテーマソング「氷のエンペラー」の前奏がかかり、会場騒然!!そこで氷帝メンバーが出てきて、でも歌いだしは今回出場していない加藤くんこと跡部。誰が歌うんだろうと思ったら、みんな一斉に歌おうとして、曲を止められて、一斉にこけてました(笑)。そんで、跡部がいなかったら誰がナンバーワンか、何て話になり、あれこれ言い合っていたら、映像になんと跡部!!あらびっくり。今回は出てこないのかと思ったら、ちゃんと映像で参加してたんですね。この人が映った瞬間に会場から悲鳴がすごいこと(笑)。相変わらず偉そうな跡部さんでしたが、かっこよかったです。加藤和樹くんはほんと跡部が似合います(笑)。実写映画の跡部より、ずっと跡部っぽいです。で、跡部が消えてみんながぶーぶー言ってたら、今度はなんと忍足まで映像に!またまた会場からは熱い歓声が。ほんと、氷帝は人気者ですね。あとは、4校そろって歌ってました。

 これで前半戦終了。ここからは個人曲という感じでした。4校が退場したあと青学メンバーが出てきて、「クライマックス」を歌って、「ノンストップでいくぜ!」と景気づけ。そこからダビデとバネさんの「シャバダバダビデ」。この曲には、途中ダビデの駄洒落が入るんですが、今回は「最高でさぁいこう」でした…(笑)。
 それから、桃城と河村の「パワー!」……き…筋肉?!どうやら小ネタが仕込んであったらしく、よく飛行機とかについてる救命具。あれをジャージの下に着ているらしく、みるみる上半身が膨らんでいく!!そしてそのまま「燃えるぜ!バーニング」。ノリのいいこの曲に、他校が乱入!赤澤や柳沢(ドリームライブ初登場だったんですね!)たちも。そして、青学の不二と立海の赤也で「危険なゲーム」立海の幸村と真田で立海戦のときの二人の歌。この辺で手塚の曲も入ったかもしれません。何せ出番が少なかった分、こういうところで稼ぐしかなかったみたいだし(笑)。

 後半戦は何だかあっという間でした。ていうか前半戦に比べて短かったと思います。個人の曲が終わってから、演出と振り付けを担当してらっしゃる越前南次郎役の上島雪夫さんが出てきて、珍しくMC。鏡の前ランキングとか(笑)。汚いのが不動峰だそうで(笑)。特に汚いのは、上島さん曰く「これは言えませんね。だって、一番汚かったらダメな人なんですから」ということで、不動峰の部長、橘さんを演じているYOHさんと判明(笑)。確かに、イメージ台無しだーー!!その外にも、真田はすごく貫禄があって、上島さんですら後ずさりしてしまいそう、とか、「ジャッカルとか、あれ一体どこから連れてきたんですかね。ほんと、何やらせても素直で一生懸命なんですよ。真剣白刃取り、頭で受けろって言われても「はい!!」みたいな。分かってる?笑い取るんだよ?っていっても「はい!!」みたいな(笑)。」とか、色々裏話を披露して下さいました。

 そして、その時間稼ぎの間に青学メンバーが白い服に着替えてきて、新バラードを披露。そして全員で「Must be strong」そして、アンコールで「On My Way」。だんだんこれはラストの定番になりつつある気がします。

 さすがに3週間経つと、記憶がおぼろげです。みんなが会場に乱入してきたりとかいう場面もあったりしたんですが、それがどこだったかさっぱり思い出せない(笑)。でもとりあえずよく覚えてたことは、真田道場が死ぬほど笑えたということと、氷帝だけでなく、立海もかなり人気が高かったということです。知らなかった、立海ってそんなに人気あったんだ(笑)。自分はとにかく氷帝人気が強いという認識があったので、ちょっとびっくりしました。最近原作ではテニスなのかどうなのかよく分からない展開があったりもするようですが、テニミュは面白いから続くといいなーと思います。いつまで自分が参加できるかは知らないですが(笑)。
 このテニミュを作っておられるスタッフさんの要でいらっしゃるのが、脚本の三ツ矢雄二さん。そして、音楽担当が佐橋さんということで、どちらも現在アニメリボーンの制作に携わってくださってます。ぜひぜひ、リボーンもいい作品にしていっていただきたいです!!

|

« アニメリボーン標的28「ウソ!俺が殺したの?」感想 | トップページ | アニメリボーン伝説の第5話が!! »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆
記事に全く関係なくて申し訳ないのですが、あの、ブログ、リンクさせてもらってもいいでしょうか…ずっとお願いしようと思っていたのですが、なにせチキンなもので;笑
よろしかったらお願いします!


Re:耀さん
こんにちは♪こ、こんな文字だらけのオタクブログでよろしければ、どどど、どうぞリンクしてやってください……(><)!ほんと最近ろくなことかいてなくて、我ながらどうなのと思ってる感じなんですけど(笑←いいや、前からろくなことかいてない。)。こちらこそ、もしよろしければよく通わせていただいているブログ様ということでリンクさせて頂きたいと思うのですが…ど、どうでしょう?
☆紫月☆

投稿: 耀 | 2007年4月22日 (日) 13時46分

まじですか!?私のあんな何の役にも立たないブログでよかったら…汗
早速リンクさせていただきます☆


Re:耀さん
ありがとございます♪自分がお邪魔しているブログ様のコーナーを新設しようと思っていたので、嬉しいです!
☆紫月☆

投稿: 耀 | 2007年4月24日 (火) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152835/14694476

この記事へのトラックバック一覧です: テニミュ ドリームライブ4th 感想:

« アニメリボーン標的28「ウソ!俺が殺したの?」感想 | トップページ | アニメリボーン伝説の第5話が!! »