« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月28日 (土)

アニメリボーン標的42「逆境をはね返す力」感想

 極限太陽(マキシマムキャノン)!!……ダメだ、笑っちゃ(笑←笑ってる)。

 今回は久しぶりに作画が安定していましたね。ホッとしました。お兄ちゃんもかっこよくて、めっちゃいい感じだったと思うんですよ。なのに、あの大事な場面で噴き出してしまった自分に喝を入れたいと思います(^-^;。

 それでは、今回のアニリボ感想、書いていきたいと思います♪まだ内容を知らない方、知りたくない方は御注意願います。以下派手にネタバレです。

 <アニメリボーン標的42「逆境をはね返す力」>

 擬似太陽の熱と光で圧倒的に不利な状況の了平兄さん。ルッスーリアは常に小指を立てながら(笑)、余裕綽々。左拳をメタル・ニーで潰され、脱水症状を起こし、ダウンしてしまった了平兄さんを再び立ち上がらせたのは、コロネロの一言。「立てコラ!!そろそろ頃合だぜ。お前の本当の力を見せてやれ、了平!!」

 ここまでは前回のEDのラストから続いているというより、ちょっとかぶってる感じで、でもより詳しく、という流れになってましたね。ヴァリアーの皆さんも全員サングラスをかけていたことが判明。まさにLikeマトリックス(笑)。
 しかし、ルッスーリアキモイなぁ~!くねくねしてるし、小指立てまくってるし(笑)、オカマ語も絶品ですね。声優さん上手いなあ。台詞の方で「死んで死体コレクションになれ」という発言だけは避けてありましたが。起き上がった了平兄さんに軽口たたきまくりのルッスーリア。それでも、汗をシューシュー蒸発させながら、お兄ちゃん遂に立ち上がった!!そして、「確かに通用しなかった…左はな…」の一言に、みんながはっとする。

 圧倒的不利をはね返すために温存していた右。けれど、今までの流れを考えたら、眩しすぎて目を開けられない状態では、当たらない。その上ルッスーリアのフットワークは半端じゃない。ルッスーリアの攻撃を喰らって吹っ飛ばされる了平兄さん。でも、「大丈夫だ」と起き上がって静かに構える。
 ここの雰囲気かっこよかった!!目を閉じたまま「いくぞ…」で、そのアップの表情が重なって、B.G.Mが変わるところ。マーモンが「なかなか雰囲気あるよ」っていうだけの雰囲気は作ってあったと思いました。その周りを軽いフットワークで素早く動き回るルッスーリア。でも、目を閉じたままの了平兄さん、気配でとらえて遂に右拳を放つ!!
「極限太陽!!」
 ルッスーリアの顎が跳ね上がって身体ごと吹っ飛び、「やった!!」と思わずツナが叫んだ直後、ルッスーリアが身軽に一回転して楽々着地。
「クリーンヒットしてたらやばかったかしら」
「そ、そんなぁ…あと少しだったのに…」
 落胆するツナ。けれど、了平兄さんはその感触を噛み締めるように、
「いいや…確かに当てたぞ」
 瞬間、砕け落ちるガラスの破片。それが光を反射して、キラキラとこぼれてくるのは、それを見てるのが例えルッスーリアでもなんだか綺麗な雰囲気でした(笑)。そして、その拳を雄叫びとともに連発して振るい、全ての照明を砕いた了平兄さん。
「刮目!!!」
 ようやく目を開いて戦える!!そして、みんなもサングラスを外せる!!やっぱり中学生、サングラス無い方が、ツナはかわいかったし、「芝生頭のやつ!」の獄寺はちょっとかっこよかったし、「はなっから…」のリボーンの隣で笑ってる山本の笑顔のかわいいことったら!!!!!これぞ山本武の笑顔♪作画がいいってやっぱり幸せ♪♪♪

 その拳圧で照明を割ったのかと思って焦ったルッスーリア。でも、汗が蒸発したときにできた塩の結晶を散弾のように放ったのだと知ったら、一気に今までどおりなめた口調に。

 でもさ。
 塩の結晶ごときで照明割るのだって、よっぽどの拳圧ですよね。普通、塩ぶつけてガラスなんか割れないよね。やっぱりお兄ちゃん、すごいよ!!!

「気づいたところで、もう遅いぞ!」
 パンチを繰り出す了平兄さん。ところが、たちまち見失ったと思ったら。

 頭に乗っちゃった!!!!
 了平兄さん、どれだけ首丈夫なんですか!?(←そっち?!)
 あれ、ルッスーリアって、オカマだけどかなりいい体格してると思うから、少なくとも了平兄さんよりははるかに体重あると思うんだよね。軽々乗るというところはすごいと思うけど、あの状態で体重をコントロールできているとは考えにくい。
 というわけで。了平兄さんのほうがすごいと思うのは、自分だけでしょうか(^-^:。(←ちなみに原作にはない。)
 それにしても、ルッスーリアのしゃべり方、ほんと上手いなぁ。「腹筋がもっと割れちゃうわ」のところとか、ほんとオカマらしいし変態らしいし、いい人選だなぁ~!!
 どうやら、拳圧で遠くのものを割るなんていう芸当ができたのは、光り輝くパンチを放ったといわれる、初代の晴の守護者のみらしい。というわけで。 

「この程度の猿芸なら、私にもできるわ」

 できちゃった(・・;)。腐っても、ヴァリアークオリティー。(←変態が腐ってるとは限らない。)

 さらに、フットワークの素早さもヴァリアークオリティー。
「まるで分身の術だな」
と山本に言わせるほどです。それでもその動きを捉えた了平兄さん。今度こそ!!
「極限太陽!!!」
 繰り出した右拳をぶち当てたものは……左拳を砕いたルッスーリアのメタル・ニー。原作なら、グシャッという効果音とともに右拳から血が噴出した場面。

 なんか光る液体出てる!!!!!なぁにそれ、宇宙人の血?(っていったら、大人気ないよね(笑)。)

 何はともあれ、やっぱり流血はなしの方向らしいです。じゃああの光る液体、何だったのかな(笑)。黒曜編ではやってただけに、不思議。なんかクレームでも来たんでしょうか。もしそうなら、そんなクレーマーにクレームつけてやりたい。

 頼みの右拳も潰されてしまった了平兄さん。再びうずくまってしまった!!

 ここでCM入ったんですが、アニリボDVD Bullet.7…これまた素晴らしいジャケットですね。骸さんに柿ピーに犬。6は雲雀さんのアップで、こりゃ売れるよ、とか書いた覚えがありますが、これまた売れそう(笑)。

 さっさとやれ、とせかすスクアーロ。「どうしよう!どうしよう!!」と焦るツナ。それを聞いて困ったような顔してる山本がかわいいとかいうのは、細かすぎるでしょうか(笑)。リボーンやコロネロに訴えかけるツナの言葉も虚しいばかり。そこへ。
「お兄ちゃーん!!」
 京子ちゃん登場!!原作では、もっと状況が分かっていないような感じで登場していましたが。花ちゃんも一緒、そしてなぜかイーピンまで。何でイーピン??どうやらツナパパンが連れて来たらしい。そんな京子ちゃんの前でルッスーリア、「殺されるのよv」はさすがになしで、「とどめを刺されるところなのよv」…大差ない気がするけどまあいいや(笑)。
「お兄ちゃんやめて!!ケンカはしないって約束したのに!!」
「はぁ?」
 みんな思わず呆然(笑)。フツーの喧嘩だと思ってるー!!リングまで用意して、どんだけ凝った喧嘩だよ。そして、イーピンは何のために(笑←もういい。)。
 でも、リングサイドで訴える妹のために身体を起こすお兄ちゃん。再びあの時の場面が。もう喧嘩はしないと約束をして…こうも言った。この先どうしても喧嘩しなきゃならないときが来るかもしれない。でも、京子がそれほど泣くのなら、もう…
「もう…オレは…負けんと…!!!
 ここから少し原作の流れを変えてあったのですが、これは…個人的によかった!!!と思いました。だって、すごくゾクゾクしました。
 立ち上がり、雄叫びを上げる了平兄さん。身体を包むオーラが輝きを放つ!
「妹を思う気持ちが細胞エネルギー伝達率を100%にしたぜ!!コラ!!!」
「全くしつこいわねぇ!これで終わりにしましょ!」
 ルッスーリアのニーキックが繰り出される!!それをきっと見据えて構える了平兄さん。
「みさらせ!!!これが 本当の!!!極限太陽!!!
 潰されたはずの右拳で、ルッスーリアのメタル・ニーを力一杯打ち抜く!!!ぶつかり合ったところが光り輝いて周囲を染める!!!

 (ドゴーン!)(ドゴーン!)(ドゴーン!)(ドゴーン!)
 マキシマムキャノン(ドゴーン!!)

 確かに、これ、字幕ないと「極限太陽」って書いて「マキシマムキャノン」って言ってるのは、分からないですよね(笑いこらえ←笑っちゃダメ!!!)。

 初代の晴の守護者のごとく、輝いた了平兄さんのパンチ。砕けたのは、ルッスーリアのメタル・ニー。やはり原作では、砕かれた膝から血が噴出して、埋め込まれていた鋼鉄が砕けた膝は、筋や筋肉が見える状態になってましたが、その辺アニメではメタルの部分だけが砕けました。…それ、埋め込まれてないよね、ただのサポーターだったんじゃ…ごほごほごほっ!!!
 そんな様子を見て、冷酷に笑みさえ浮かべるベルと、どこまでも冷静なマーモン。もうあのパンチを防ぐ手だてが、ルッスーリアにはない、と。
 それを見て、京子ちゃんを連れ出すコロネロ。

 苦しい目に遭い、拳を両方とも潰された了平兄さん、それでも緊張感のあるいい戦いだった、といえるのは格闘家だから、というだけではないでしょう。この人もまた、大した人ですね。でも、リングを渡すのを拒み、まだできるとオロオロ焦るルッスーリア。どうしたのかと思いきや。
 背後から突然の襲撃。吹っ飛んでルッスーリアは倒れ伏す。
 ……ん~。これも全く血が出ないから、殺された感じしないですよね。ていうか、原作見たときは、これでルッスーリアは殺されたんだと思いましたから。そして、それを見たときのツナや了平兄さんの驚愕も薄かった、かな。原作では特に二人が激しいショックを受けていました。
 そして、リボーンの解説により、弱者は消すというヴァリアーのやり方が明らかに。
 勝利は告げられたものの、素直に勝ちを喜べない了平兄さん。そして、次の対戦が雷の守護者同士に決定!!

 ランボが戦えるのかと不安に思うツナ。そこへ京子ちゃんたちが駆け戻ってくる。(コロネロはヴァリアーのやり方を知ってて、それを見せないために京子ちゃんを連れ出したんですよね。)本当はお兄ちゃんが何をしているのか教えて欲しい、とツナに懇願する京子ちゃん。ツナピンチ!!どうしたらいいんだ!!
「「「相撲大会だぜ」」」(by山本&獄寺&リボーン)
 まあ、みんなちゃんと了平兄さんが京子ちゃんになんて言い訳してたのか、知ってたのね(笑)。全部アドリブだったと思うけど、みんな了平兄さんと京子ちゃんのことを思って、上手に言ってくれたところがいいですよね♪

 とりあえず一勝。父さんの怪しい行動に振り回されるツナ。風呂上りに、なんと大人ランボに遭遇。そこではっと気がついて、この大人ランボに戦ってもらいたい、と頼むツナ。ところがランボは子供のときとは違い、そこそこ頭が働くようです。もしランボが戦って倒されていたら、今自分はここにはいない、と。遠回しな言い方に変わってるけど、やっぱり倒される=殺される、という風にとらえていいようですね。
 さらに、パラレルワールドの可能性も考え、もしかすると、子供のランボが明日負けたら、自分が二度とここにくることがないだけかもしれない、と。そしてさらに、最大の問題は。
「もし子供のオレが死ななかったとしても、10年後のこのオレが戦って死ぬかもしれないってことです」
 あ、死ぬ、言っちゃった(笑)。
「ってわけで、子供のオレにくれぐれも10年バズーカは使わないように言ってくれますかっ(くわっ)」
 出た、ヘタレ(笑)。
 ここで10年バズーカの効果も切れ、何の解決もしないまま翌日に。

 翌日は雨。ランボのことが気になって修行にも身が入らないツナ。リボーンに「第三段階はお預けだ」と言い放たれてしまう…。

 ここでED。そして、続き。長靴で水溜りに入って遊んでいるランボを見て、やっぱり棄権させられないかと考えるツナ。いざとなったら割って入ってやる、という山本や獄寺、了平兄さんですが、チェルベッロ機関にそういうことしたら失格にした挙句、選手のリング取り上げ、更に妨害した人のリングも取り上げるよ、と言われちゃって、なす術なし。そして、今回のリングは屋上に……なんか立ってるよ!!!

 今回もきっかり原作2話分でした。標的95「了平の右」標的96「晴のリングのゆくえ」。でも、雷戦は原作3話分しかない上、次回のタイトルからして、ほぼ決着がついてしまうんじゃ…。という感じですね。伸ばしてくるんでしょうか。
 それにしても次回予告の声、超かっこよかったですよね。あれって、津田さんですよね。ってことは……ワォ♪

 来週の星座占い。今回全て黒曜中で占められました(笑)。射手座のランチアさん、双子座の骸さん、そして獅子座の犬。あっ。また柿ピーだけはずれだ(笑)。そろそろ獅子座が誕生日月だから、獅子座がたくさん来るかもしれませんね。

 最後、ちょっと話逸れますが、3日くらい前からイラストにまた挑戦してます。ようやく鉛筆での下絵ができた感じです。途中投げ出したくなりましたが、何とか形にはなりそうな…。直接パソコンで描く技術なんて持ち合わせちゃいないので、手間がかかります。これからペンで線を入れて、コピーで縮小して(入らなくてB4サイズになっちゃったけど、スキャナはA4までしか対応してない。)、パソコンとはいえ超アナログのペイントで色塗りです。どうやら今回のテーマは(も?)「和気藹々」のようです。
 …………頑張るぞー。おー。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007年7月26日 (木)

21212

 なんのことやねん、と思いますね、これ(笑)。
 たった今見たアクセス数がたまたまこの数だったのがなんだか面白かっただけです。

 昨日の夜からイラスト挑戦中ですが

 ……

 早くもへこたれそうです(;;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

リボーンに挑戦PARTⅡ?

 大きな節目を越えて、ゆっくりできる時期になりました。今日は普段なら絶対に取れやしない「健康管理の日」とやらでお休み取っちゃいました♪そして、友人に返してもらってからずーっと読み直したかった「悪魔の黙示録」をずーっと読み返してました。(←むしろ不健全な一日。)…でも、お掃除もしました…。
 内容的には行ったり来たり、同じようなことを繰り返したり、すごくできたストーリーだとかは思わないですが、30巻まで続いただけのことはあるかと思います。やっぱり面白かった。ショウはかっこよかったし、何気に今読み返してみると、出番は少ないけれどグレイもかっこよかったです。志門は単純馬鹿だけどライがああいった最期を迎えることができたのは志門のおかげだったとおもうし。

 さて、前回リボーンのイラストに初挑戦したのが3月。あれから4ヶ月ですが、ちょっと余裕のある今なら、また描けないかなぁ、と思ってます。とはいえ、他にもやりたいことは一杯あるので、気が変わらないうちに。

 気が変わったらごめんなさい(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

時をかける少女

 今、土曜プレミアムでやっていた「時をかける少女」観てました。すっごく小さい頃にこれの実写映画版をやっていたような覚えはあったのですが(しかもストーリーはほぼ忘れてしまいましたが)、それとは全然違う感じで、なんだかすごく面白かったです。完成されたストーリーを一気に知るのは楽しいです。

 主人公の真琴はすごくさばさばしてる男の子みたいな女の子で、だから観ていて面白かったです。結構どろどろとした話はダメだし、女の子がうじうじしてたりするのも好きじゃないですが、こういうのは見てて気持ちがいいです。登場人物の名前も漢字では分かりませんが、ちあきくんは素敵だなと思いました。あの後どうなったのかも知りたい気がしました。

 それに比べて、なんかその後に始まったドラマの「ライフ」は、ダメですね(-_-;。じゃあ見るなよって感じなんですけど(笑)。これ、一時期一部の人に流行った漫画だと思うのですが、ダメだなぁ。初めて見ましたが、心底気分が悪くなります。リボーンで流血規制するくらいなら、こういうイジメみたいなのの報道規制したほうがいいんじゃないのかなぁ。(←趣旨違うけど。)実際これ見て真似することできるんじゃないのかなぁ。うーんいたたまれない。せっかくの気分を台無しにされてしまった(^^;。見るんじゃなかった~~~(><)!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメリボーン標的41「晴の守護者の思い」感想

 円陣サイコー(爆笑)!!

 さぁ、いこうか。(By手塚国光)←何をだ。

 本日は午前中に仕事だったんですが、どうも疲れが抜けなくて足が鉛のように重いです。思わずマッサージチェアに座ってマッサージしてもらってたら、そのまま爆睡してしまいました(笑)。
 ま、そんなことはおいといて、今日のアニリボ感想、書いていきましょう。今日のは、なんと言ったらいいのか、色んな意味で賛否両論ありそうな。絵も、原作の流れについても。というわけで、今日もぽつぽつと書いていきますので、まだアニメ見てない、内容知りたくないという方はご注意願います!

 <アニメリボーン標的41「晴の守護者の思い」>

 原作きっちり2話分。よかったぁ!かなり原作どおり丁寧な流れで作っていただけたようです。まずは標的93「決戦前」。
 朝起きた途端に「ヴァリアーが来たぁ!!」と叫んだものの、指輪もないし、ランボやイーピンがいつもどおりはしゃいでるし、もしや全部夢だったんじゃ…と期待するツナ。
「んなわけない」
「9代目の勅命 額に入ってるー!!」
 残念でした、ツナ。しかし、今日の作画はいいのか悪いのかよく分かりません(笑)。ぎゃーって首振ってるツナはかなり微妙ですが、フツーにアップのツナはかわいかったりします。
 昨晩のことを思い出すツナ。出たな、チェルベッロ機関。まあまあイメージには近い感じでした。チェルベッロの女の子たちって、何気にかわいい服着てるよなー。二人の声はそっくり。はて、声優さんはどうなってたっけ。見るの忘れてた。またチェックしとこう。
 自分たちがこの戦いのジャッジを務める、ということで
「依存はありませんか、XANXUS様」
「……」(アップはやっぱり結構綺麗。)
「ありがとうございます」
って、XANXUS様何も言わなかったけど、よかったのかしら(笑)。でも、これで通じるってことは、チェルベッロ機関もよっぽどXANXUSのことをよく知ってるって感じですよね。ツナパパンは異議を申し立てたけれど、異議は却下。かなり強気なチェルベッロ。
「んまぁ、残念ね」
んまぁ、キモイ(笑)!!オカマキモっ!!←褒めてます。
 なんと、チェルベッロ機関の説明によると、守護者の戦いは深夜の並盛中でやるとのことで、「え!?並中でやんの!?」というツナのツッコミがなかったのがちょっと不思議。だって、ねえ。マフィアのボスを決める戦いの場所が中学校って(笑)。結構びっくりな事実だと思うんですけど、その辺はスルー。XANXUSの眼力にへなへなとなるツナ。
 それを思い出して毛布にくるまって怯えるツナですが、なんとリボーンも
「な。やベーよな」
 珍しく同感。どうやら本来ならそんなことを言い出す9代目ではないらしいのだけれど…。弱気発言を並べるツナに、更に珍しくリボーンは「そーか…学校には行けよ」とソフトに対応。
 結局学校に行くことにしたツナだけど、震えが止まらない。このツナすごくかわいーなぁ。と思ったら、
「よっ!」
 山本とーじょー!原作ではもっと親しげに肩に腕を掛けてくる山本だったのですが、アニメでは思ったより遠慮がち。(しかし、遠目の作画はかなり……(・・;。)
「さすがに昨日は眠れなくてな。修行してても落ちつかねーから、学校行こうと思ってさ」
(やっぱり山本も緊張してるんだ……)
「いやー、ワクワクすんなーっ!!」
「なっ」(精神構造がちがーう!!)
 どこまでも前向きな精神構造でできあがってます、山本武。
(うっ…「ワクワクすんなーっ」って、すごくかわいかったのに!!アップはそんなに悪くないんだけど、ちょっと遠目になるとすぐ微妙になる作画は何とかならないのか…っ(><)!!)でも、「一人じゃねーんだぜ、ツナ」という言葉に励まされるツナ。そしてそこへなぜかみかんの箱から登場する獄寺も、「ったりめーだ!!」と強気発言。「勝つのはオレ達です。任せてください10代目!」って、自信満々な表情がいいですね♪獄寺と山本の二人の笑顔、これはすごくキャラクターデザインの田中さんが描かれるような表情で、二人ともめっちゃかわいいです♪おかげで、いつの間にか震えが止まったツナ。そして、それを見越していたらしいリボーン。うーん、リボーン、やるなぁ。獄寺の紙飛行機(←今「紙」って打とうとしたら「咬み」が真っ先に出てきて思わず噴いた(笑)。)手にとって不思議そうな山本がかわいかったです。
 霧の守護者はまだ姿を見せないし、雲雀さんもいない。ということで、やや神妙な3人。
 ……あれ?
「ヒバリもいなかったよな。オレあいつと手合わせしてーんだけど…」
「あいつはきっと寝てるぜ、応接室で」
 ……は、省かれた!!!あらー……。山ヒバ及びヒバ山界からのブーイングが聞こえそ…あ、いや、何でもないです(笑)。更に、ディーノさん、雲雀さん、めっちゃ元気そうで何よりです(笑)。(←原作ではお互い血だらけ、傷だらけでした。)

 教室へ行ったら、お兄ちゃんのことで心配そうな京子ちゃん。(そして、コロネロが笹川家に居候していることが発覚。)お兄ちゃんのこと、ちゃんと言わなくちゃ!と思って口を開いたツナの横から
「相撲大会だ!!」
 お兄ちゃんいきなり登場!えぇええ!?相撲って……と思ったら、京子ちゃん納得しちゃった(笑)!!黒曜編のときの銭湯の煙突といい、こちらもかなり天然兄妹。
 かと思いきや、実はかなり妹思いの兄、了平。額の傷についての思い出は、原作より少々ソフトな表現になってましたが、それ以来京子ちゃんを心配させまいとしてきたお兄ちゃんの優しさが心に染みます。
 そんなお兄ちゃんを戦わせちゃいけないんじゃないかと考えたツナでしたが、
「なに、今回のことは京子に黙っていても問題はない。オレは勝つからな。まかせとけ!」
 お兄ちゃん……(;;)!じぃい~ん。

 学校に行ってファミリーに会って、落ち着いたか、とリボーンに聞かれたツナ。そこではっとするけれど、それでも自分がこんなことに巻き込まれて、未だに納得していない模様。「ほかに強い人、いるだろ!?」の発言に、リボーン
「勘違いすんな」
 ツナパパンがリングをツナに託したのは、XANXUSを阻むためなんかじゃなくて、ツナが後継者にふさわしいと思ったから。その言葉には、さすがのツナも息を飲む。

 深夜の並盛中学校。了平兄さんの赤ジャージは似合うのかどうかよく分かりません(笑)。そして、遂に第一戦が晴の守護者同士の対決に決定!!
 特設リングが設けられていて、
「んなー!!あんな大がかりなものを~!?」(ツナ)
「ケッコー金かかってんね」(ベル)
 いやいやいや、これ、序の口だよね(笑)。一番すごかったのは、なんといっても雨の戦いの戦闘フィー…ムニャムニャ。ま、それは置いといて。
 いよいよリングに向かう晴の守護者二人。(絵は微妙だけど)にっこり笑った山本。
「なあツナ。円陣とか組まねーの?」
「え?」(ツナ)←びっくり
「あぁ!?」(獄寺)←何言ってやがるこいつ的な。
「そいつは燃えるな!一度やってみたかったんだ!!」
 そういえば、ボクシングで円陣組んでるの見たことないよね(笑)。野球部らしい提案です♪
「えぇーっ!?」
「バカヤロー、そんなダッセーことやっ」(←あ、さらわれた(笑)。)
 原作でははっきりと獄寺は山本に、ツナは了平兄さんにとっ捕まって円陣組まされますが、アニメは少々分かりづらかったかな?円陣組んでるときの夜でも極限熱血な了平兄さん、夜空のように澄み切った瞳の山本と、えぇえのままのツナ、げ…とヒドイ顔してる獄寺のギャップが笑える!!更に、
「了平ーッ、ファイッ!!」(了平兄さん)
「オーッ!!」(山本)
「…おー…」(ツナ)
「………」(獄寺)
 明らかな声の気合の差にマジウケる!!しかもお兄ちゃん、ほんとに自分で「了平ファイ」言っちゃった(笑)!!おかしすぎる、これ!いや~、漫画ではこの感覚分かりづらかったけど、このビミョーさはいい(笑)!!めっちゃ笑いました。円陣サイコーだよ!!ナイス山本、ナイス了平兄さん(笑)!!

 そして、晴の守護者の対決、開始!!
 勢いよく上着を投げ捨てる了平兄さん。かっこいい!!と、思ったら。
「あらぁ?んまぁ よく見りゃあなたいい肉体(からだ)してるじゃない!!好みだわぁ~~v」
 オカマ発言炸裂!!かなり引きまくる獄寺とツナの横で、一人すごく心配そうに見てる山本はかわいいと思う(笑)。(原作では山本もやや引き気味でしたが。)
 言ってることはふざけてるようでも、ヴァリアー側にしてみれば、結構それは深刻なことのようです。
 なんと、オカマでもルッスーリア、れっきとした格闘家。晴の守護者の使命は「ファミリーを襲う逆境を自らの肉体で砕き 明るく照らす日輪となる」こと。その守護者同士の対決が、遂に幕を開ける!!と同時に、擬似太陽の強烈な光がリングを覆う!!
 リボーンは一体いくつのサングラスを常備しているのか(笑)。しかもいろんな種類の。山本には既に渡してあるらしく、装着済み。でも、了平兄さんには渡すこともできず、ルッスーリアは普段からサングラスをしているから圧倒的に不利。いきなり蹴りがみぞおちに。更に必死に拳を振るうも横からパンチを食らってダウン!
 ……ロープの電熱線はなしですか。……なんで?痛々しいから?そんなだったら、ハリケーンタービンとか鮫とか地雷とかガトリングとかもっとダメだよね???でも、それ削除しちゃったら、話成り立たないよね??お願いですから、削除しないでくださいねっ!?(←誰に言っているのか。)
「私の思う究極の肉体美とは、朽ち果てた冷たくて動かない肉体v」
 オカマだけでも変態なのに、更に趣向としてもヤバイ感じの変態来た!
「ふざけるな!!」
 了平兄さんの拳が炸裂するも、どうやらそれはわざとらしい。けれど、その感触からルッスーリアが宙にいると確信した了平兄さん、それを捉えるために左拳でカウンター!!
 ところが。その拳を迎え撃ったのは、なんとルッスーリアのメタル・ニー。了平兄さん、左拳が潰されてしまった!!(…あくまで流血はなしの方向で?)それだけでもヤバイのに、リボーン曰く
「やベーのはそれだけじゃねーぞ。了平の奴、ライトの熱にやられて脱水症状が始まってる」と。

 ここでED。終わり方は緊張感あって悪くないと思うんですが、始まってあまり時間が経ってないのにすぐにルッスーリアの「理想の肉体に近づいてきた」発言があったり、脱水症状が始まったりしてしまった感じがしなくもないですね。電熱ロープの痛々しさがなくて、左拳の流血もないので、痛めつけられてるという感覚が薄いように思います。黒曜編ではこれでもかっていう流血があったので、別に今更、と思うのですが、ダメな感じなんでしょうか??迫力がないと、勝っても負けても「え、この程度で?」で終わっちゃいそうでちょっと不安が。

 ED後、続きあり。脱水症状が始まり、左拳を砕かれて苦しむ了平兄さんの脳裏をよぎったのは、小学生の時に袋叩きに遭った場面。泣きじゃくる小さな京子ちゃん。この演出、いいですよね!!原作にはありませんでしたが、それを思って立ち上がろうとする了平兄さんはめっちゃかっこいいと思います!!そして、同時に
「立てコラ!!!」
 コロネロの一喝!ここでマーモンの表情が(よく分かんないけど)入ったのもいいと思います。マーモンの正体に対する布石にもなる一場面です。
 そして、嘲るようなルッスーリアのセリフにも関わらず、笑みさえ浮かべる了平兄さん。
「…コロネロ…師匠……その言葉を待っていたぞ!!」

 原作と同じでここまでで終了。次回は晴の守護者の対決、決着がつくようですね。頑張って、了平兄さん!!ぜひ充実した対決にして欲しいです!!今回かなり了平兄さんの株が全国的に上がったと思うんで。

 さて、星座占い。犬は前に見た。(あっさり。)……ツナ…あれ?ツナって見たことあったっけ?何気にかわいいです、ツナ(笑)。ランチアさんは初登場ですよね?「俺にもまだ幸運が残っていたか」って、ふっと自嘲気味に笑う感じが渋くて素敵です、ランチアさん♪山本は初登場ってすぐに分かったけど、ほかのキャラはよく分かってない。我ながら愛情の偏りを実感した今回の星座占いでした(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2007年7月16日 (月)

デートバトン

 久しぶりに頂いたバトンは、ななな、なんとデートバトン!!よく通わせて頂いているサイト「Manic Frustration」のてつ様から頂いちゃいました!!うゎわっ、どどど、どーしよう!!超嬉しいっス!!頑張ります!!

***デートバトン***
※「」の部分は指定されたデート相手の方の名前を入れて下さい
*デート相手⇒「山本武」

1.まずどこで待ち合わせますか?

→なんか目印あったっけ(笑)?ツナと京子ちゃんがジュース飲んでたらスクアーロとバジルに遭遇したところ。さりげなくオープンカフェっぽくなかったですか?

2.遅れていく?早めにいく?

→遅れてなんて、滅相もない!!たぶん張り切りすぎて早く行きすぎて、時間持て余して、もっていった本を読もうとするんだけど集中できなくて、とりあえず読んでる振りでもしてるんじゃないかな(笑)。

3.もし「山本武」が胸元の開いた服を着ていたらどうする?

根性で鼻血を止める(笑←止まるのか?)。ついでに、次の可能性も考えて、似合うことを強調しまくる(笑)。

4.手を繋いだ瞬間に「山本武」が赤くなりました。 貴方はこの先どうしますか?

根性で鼻血とにやけ顔を止める(笑←たぶん無理)。だって!!!かわいすぎでしょう!!!

5.貴方はどんな服を着ていますか?

→比較的身軽な服装。だって、バッティングセンターとか行っちゃいそうな気がするんだもん(笑)。

6.「山本武」はどんな格好ですか?

→お洒落な格好も似合うと思うんだけど、飾らない格好だろうなあ…。

7.ラブホの多い道を歩いています。

とりあえず焦る(^-^;。とりあえず、話逸らす(笑)。とりあえず、野球の話、好きな寿司ネタの話(笑)。

8.いきなり雨がふってきて、「山本武」は傘をさし中に入れてくれました。
  あなたも傘を持っています。使いますか?

→そんな。そんなの。

 使えるわけないじゃん(笑)!!山本のご厚意はありがたく受け取ります、余すところなく。

9.デート後、貴方は「山本武」の家にいくことになりました。 貴方の心境は?

→剛さんに気に入られるには、やはりさっきの好きな寿司ネタの話を振るべきなのかどうかを必死で考える。

10.最後にこのバトンをデート相手を指定して5人に回して下さい

Yさん。:ヅラでどうですか(笑)?エリザベスがついてくるかどうかが気になるところですが(笑)。
 班胥さん:やっぱり山本でどうでしょう?回しまくってますが、もし、よろしければ!
 南花さん:えっとえっと……骸さんとかでいかがでしょうか?最近の骸さん不足解消に(笑)。
 耀さん:最近いろいろなものがお好きだと思うんですけど、斗真くんとか、どうすか(笑)?花君の中津なんですよね。
 ひかるさん:リボキャラでもいいんですけど、ここは光一くんでひとついかがですか?

 みなさま、いつもお忙しいところで散々回しまくっちゃってます、ごめんなさい(^-^;。やったことある方、お忙しい方、やる気しない方、スルーしていただいて全然構いません!!お気に留まりましたら、ぜひどうぞ♪

 はぁあああ、やっぱり自分、自分の想像力にダメ出しするしかないわっ(><)!!てつ様の回答に、ほんっと大爆笑したので、そんな回答をしてみたいと思ったのですが、思っただけで終わりました(笑)。でも、めちゃめちゃ楽しかったです!!かわいい山本を想像して根性で鼻血を止めてまし(←そのネタもういい(笑)。)。てつ様、ありがとうございました♪

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007年7月15日 (日)

続:家庭教師ヒットマンREBORN!DS死ぬ気MAXボンゴレカーニバル!!

 えっと、先週このゲームについての事細かな感想を書かせていただいたのですが、その感想を書くために何回かゲームをクリアしていたら、新しいエピソードが出てきたので、そのことについてとか、ちょっとした訂正とか追加のことを書いておきたいと思います。ネタバレありますので、御注意を!!

 標的15「ブラッド・オブ・ボンゴレ来る!」
 これ、先週も書いてあったのですが、うろ覚えだったところがあり、「骸さんとの5回戦が…」と書いたのですが、実は6回戦でした。ちゃんとストーリー的にも考えてある感じです。というわけで、追加訂正です。
①地獄道:崩れる地面から逃げろ!!落ちてくる岩にあたると転んじゃいます。(←等身大の岩の直撃を食らって転ぶだけで済むのは、ある意味すごいぞツナ。)
②畜生道:蛇が来ます。(詳細は7月9日の記事参照)
③餓鬼道:骸さんに乗っ取られたビアンキと獄寺くんと戦います。戦うって言うか、この姉弟のコラボ攻撃からひたすら逃げまくります。これ、前回抜けてました。ここで、仲間の身体を無理させて戦う骸さんに怒りを覚え、ツナが「骸に…勝ちたい」とつぶやき、ハイパーツナに。
④仲間を助けろ:乗っ取られた獄寺とビアンキの神経を一撃で麻痺させます。失敗するとなんだか一人だけ張り手しちゃった気分で申し訳ないです(笑)。
⑤死ぬ気のハイパーバトル:襲ってくる骸さんをつつく…これ、何回もやってるとレベルアップするんでしょうか?最初やった時はそんなに大変じゃなかったし、2回目やった時もそれほど苦戦はしなかったのに、3回目やった時、なんとこれをクリアするためだけに40分以上骸さんと格闘しました(笑)。途中諦めようかとも思いましたが、ある理由から、必死に頑張り続けました。その理由は、ちょっとあとで。
⑥死闘:これはもう完璧です♪一撃たりとも受けずに骸さんをダウンさせることができます!(←やりすぎや。)

 さて、敢えてこれを詳しく書き直したのは、それだけこれに挑戦したからなのですが、前感想を書くために色んなエピソードのゲームを思い出そうとしてちょっとずつやっていたんです。そうしたら、なんと新しい手配書が入ってて、新しいエピソードが加わったんですよ。で、それがどうやらその条件がこの標的15をクリアすることだったようなので、もしかしたら他にも新しいエピソードが加わらないかと思って、頑張って挑戦してみたわけです。
 ちなみに、新しく加わったエピソードはこんな感じです。

 標的20「夢のデート?」
 ツナが京子ちゃんと動物園にいく話。なぜか獄寺と山本が言い争ってて、獄寺がダイナマイトを持ち出した模様。うぉおい、獄寺ぁ!!口喧嘩にそれはないだろう!!…ってなわけで、ライオンの檻が壊れて…。またまたひたすら土下座(笑)!!この土下座する時のピコピコ音がたまらなく笑えるんです。でも、ライオンに向かってごめんなさいってなぁ(笑)。結局襲い掛かってくるライオンに、死ぬ気で立ち向かう!!相手はライオンのくせに二足歩行でフェイントかましてきます(笑)。謝るにしてもそうだけど、何て人間くさいライオンなんだ。

 標的36「探せでこっぱち娘!」
 原作を知ってる方なら御存知、道場破りの時の大人イーピンの話から、赤丸ジャンプのおまけ漫画、了平兄さんがもしや大人イーピンに恋を!?というお話にかけて。必死に大人イーピンを追いかけてつかまえる了平兄さんは、ある意味男らしいぞ!!?そして、大人ランボと話すイーピンを見て大人ランボを変質者と勘違い。5分経ってお子ちゃまに戻ったランボに極限ストレートをかまします(笑)。ランボ、哀れなり。「極限」が笑える。

 標的41「シャマルVSジジ」
 「かわい子ちゃんのためなら、筋肉痛も厭わないぜ」「発病だ」というシャマルの名台詞が聞けるこちらは、黒曜編のシャマル視点。トライデントモスキートをジジに向かって飛ばせ!!一匹だと当たり損なってやられる可能性が高いので、ひたすらとばしまくるのがよいです(笑)。ジジの絵は結構「ぎゃっ」って感じです。色んな意味で。

 この三つのエピソードは標的15をクリアするたびに出てきたので、この調子で全部出てくれるのかと思いきや、この三つが出てきて以降は、さっぱり出てきてくれません(-_-;。むぅう。やっぱりこれ以上は通信とかなのかなぁ?あと、死ぬ気シートはリボーンスナックに入ってるってジャンプに書いてあったんですけど、リボーンスナック???それ、どこに売ってんのかしら。ていうか、買う勇気あるのか、自分!!!しかも、スナック買って出てきたシートがもう出てきてるエピソードだったら泣けるよね(笑)。というわけで、ここでまた行き詰まってます。でもあれ以上エピソードは出せないと思ってたので、ちょっと嬉しかったです。

 さて、一時期のバトンラッシュから一段落、久しぶりにバトン頂きました♪なんともまた浮かれてしまいそうなバトンです(><)!!こちらも近いうちにアップできたら、と思ってます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

アニメリボーン標的40「リング争奪戦、開始!」感想

 祝、ヴァリアー初来日♪

…なのか?

 2回のヴァリアー編とは言いつつ日常編だった回を経て、遂に本格的にヴァリアー編再開です!!今回は久しぶりにライブ観戦できた気がします♪でも、午後から台風が来るにも関わらずお仕事です。明日は大事な仕事なのですが、この調子だと暴風雨であさってになりそうです。う~ん、困った。て、私情はおいといて、でも、最近この感想書くにしても結構時間かかってたりしてやたら長かったりもするので、恐らく途中で止まってると思います。とりあえず、仕事に行くまでに書ける分だけは書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします♪

 というわけで、以下、本日のアニリボネタバレ満載で行きますので、ご注意願います!

 <アニメリボーン標的40「リング争奪戦、開始!」>

 日常編を挟んでいたので、もう一度スクアーロが偽のリングを奪っていった所から復習です。いや~~~、やっぱり振り返って見てみても作画が素晴らしいですね!!山本とスクアーロの初の手合わせも出てきて、思わず目が釘付けでした♪そして、ディーノさんと雲雀さん、コロネロ了平兄さんの特訓も。そこから現在進行形で、久しぶりに(笑)、みんなの修行場面が

 山本ぉおおおおおお!!!!!!!

 なっ……もう一度拝めるなんて……っっっ!!!思いがけない袴姿に、にやけた口を思わず塞いで、誰にも見られなかったかを確かめてしまいました(笑)。原作では、父・剛に時雨蒼燕流を伝授されたときのみの格好だったので、二度と見られないと思ってたのに…なんて気の利くアニメスタッフさん!!
 今回作画は標準的な感じだったと思うのですが、その標準が初期に比べたら格段に上がってると思う所がありがたいですっ!
 ツナの修行と来たら、ひとかけらの足場の周りにぎっしり地雷!!「何でこんなに地雷があんの~!!」と言うツナの叫びに、「大丈夫です。火薬は減らしてあります」って、バジルくん!!リボーンさらっと「死ぬ」て言ったよ!?

 さて、レヴィとマーモン。影ではなく、夕日とはいえ一応太陽の下に登場。レヴィ・ア・タンは雷の守護者。雷のリングの片割れを探すということで、マーモンに粘写を頼むけれど…

 思ったより汚くないと思った(笑)。

 「念写」って、なんか超能力者ができそうな感じがしなくもないけど、それを鼻水でやるというところとか、その術名が「粘写」になってるあたりは上手いと思ったんですが、原作ではもっと鼻水っぽ…いや、お食事に近い方もいらっしゃるのでやめておきます(笑)。

 一方修行を終えてうちに帰るツナたち。バジルくんの話に毎回出てくる親方様を、どんな嫌なオヤジだろうと想像してますが、意外とダンディーだよ、ツナ(笑)。
 家に帰るとツナパパンが出かける所。ヴァリアーが日本に上陸したと3人に告げ、バジルに手伝え、と言うパパン。
「はい、親方様」
 ツナ唖然。「親方様……?」「はい」
 パパンに向かって「…親方様?」「親方様」パパンにっこり♪
 ツナ、大ショック(笑)。やっと気づきましたねぇ。でも、あわただしく出かけていくパパンに雷の守護者を守れと言われ、そういえば雷って…?……そういえば、はっきりとはまだ明かされてなかったですよね。正直原作ではランボさんということもよく分かっていなかったので、ここでランボさんとわかって、自分もツナと同じくらい驚きました(笑)。

 レヴィたちが動いている中、走っていくリボーンをひたすら追いかけるツナ。そこへ京子ちゃんとハルが。そういえば、ちゃんと最初に一緒に遊んでる図が入ってましたね。フゥ太とイーピン、そしてランボがはぐれてしまったと言うことで、心配している京子ちゃんたち。それどころじゃなくて、京子ちゃんの前なのに気が気じゃないツナ。ところがリボーンは「やべーな」と…。

 一方お子様三人組。はぐれた理由は原作とは違っていましたが、まあランボの子供っぽさがより強調されていてよかったかと思います。ランボのわがまま加減にフゥ太すら呆れかえってます。ところが、それを見下ろすレヴィ雷撃隊。3人のうち誰かがリングを持っていると判断したレヴィ、3人を「バラせ」とか「ミンチにしろ」とは、さすがに言いませんでしたね(笑)。「一人も残すな」と指示。

 さて、ツナの方は、ランボが雷の守護者だと知って。
「なんでだよ!あいつ5歳だぞ!!おバカだぞ!?
 うん!!(全力でうなずき。)
「いろいろ事情があるんだ」
 おバカなのに使わなきゃいけないほどの事情って(笑)。まあ、あるにはあるけど、それはこの先のお楽しみですよね。

 先に見つけなければ、と探しているリボーンたちの思い空しく、先に雷撃隊に見つかってしまったランボたち。状況がまったく飲み込めないおバカなランボが攻撃され、フゥ太が後ずさりする中、イーピンが果敢に挑む!!
 フゥ太の悲鳴が聞こえて、慌ててそちらへ向かったツナ。ところが、見つけたときは攻撃される直前!!間に合わない!!と思ったとき、バンテージを巻いた拳にレヴィ雷撃隊の01(ウーノ)、ぶっとばされる!!原作では星になりそうなほどすっ飛ばされてましたが、了平兄さん、手加減したようです(笑)。
「ボンゴレファミリー晴の守護者にして、コロネロの一番弟子!笹川了平、推参!!」
 お兄ちゃん、かっこいい!!派手な登場に、ツナはやや引き気味(笑)。しかし、まだ雷撃隊が狙っている!!襲い掛かってきた02(ドゥーエ)は、鋭い一線に撃退され、やや離れた所から狙おうとしていた03(トレ)は目の前に振ってきたダイナマイトに撃沈(←爆発がえらく早かったと思うのはきっと気のせい)。そして、ツナの前に集まってきたのは獄寺と山本。子供たち3人を守るように立つ守護者たちがかっこいいと思うのは、山本が中心にいるからでしょうか(笑←違!)。原作ではもっと子供たちを取り囲むように守護者たちが立ってたし、ちびっ子3人は「もー大丈夫だぜ」って言った山本にじゃれ付いたり満面の笑顔を見せていたりしたんですが、アニメではそれほどでもなかったのは、ちょっとだけ残念。でも、何気に傷だらけのイーピンを気にして
「ちいせぇのにやるじゃねーか」
ってバンソコ張ってあげてた場面が追加されてて素敵でしたっ♪優しいお兄さん大好きだ!!
 そんな所でごろごろと汚い地面に転がるランボさん。よくよく見たらパーマ頭の中に、ごみとかと一緒にリングが引っかかってる(笑)。思わず溜息のツナがかわいい♪
「オレにはまったく理解できないっスよ!何でこんなアホにリングが…」
「まーまー、いーじゃねーか、まずは無事ってことで」
 今日の獄寺はあまり絵に恵まれてはいなかった気がするのですが、この獄寺と山本を比べると、山本めっちゃ頭小さくて背が高くてかっこよく見えました。些細なことでも山本好きにはたまりません(笑)。

 意外に楽勝だったといった了平兄さん。ところが、リボーンの表情は緩まない。
「来るぞ!」
 瞬間、ひらりと宙に舞い上がって、意外に身軽で華麗だったレヴィ(笑)。レヴィもまたこれ、声が合ってるんだなぁ。ランボがリングを持っていることに気づいて狙いを定めるところ、
「ちっ、違います、誤解で…」
とかばってあげたツナは、これまたやっぱりいいお兄ちゃんだなあ。(←でもいい人止まり(笑)。)しかし、そんなツナには構わず攻撃を仕掛けようとしたレヴィ。その背後に、
「待てよ、レヴィ」
黒い影が並び立つ!!
「一人で狩っちゃだめよ」
 来た、オカマっ(笑)!!こう聞くと、結構声は高めなんだなぁ。ひょー、キモイ(笑)。←褒めてます。
「獲物は仲良く」
 これって、ベルの声でしょうか。わりとおっとりしてる感じ?の話し方のような気がしますが、これまた気になる!そして、ちっちゃな赤ん坊のマーモンとリボーンの対峙。
「う゛お゛ぉい!!!」
 濁点来た!!あ、間違えた、スクアーロ再び!!びびるツナに思わず息を飲む山本と「あんにゃろう!」と睨みつける獄寺。
「雨のリングを持つのはどいつだぁ?」
「…オレだ」

 ……っ

 痺れて声が出ない(笑)。

 感情を押し殺したような声が…素敵すぎ……!!!
 「3秒だ。3秒で切り身にしてやる」(やっぱり「おろす」はダメなんですねぇ。)と言われて、キリ、と睨みつけるのもまた素敵。原作と同じような雰囲気だったのですが、なぜか原作の方が凛々しかった。なんか、夕日のせいか眼の影がやたら濃かったような。
 そこへ「のけ」と威圧的に前に出てきたのは……遂にお目見え、XANXUS。その存在感だけで、他を圧倒。(…調子に乗って「のけ」っていうレヴィの図はなかったですね(笑)。いかにもボスに憧れてて、それ以外をないがしろにしているレヴィらしさがあったのですが。)思わずその威圧感にしりもちをついてしまったツナを見下ろし、
「沢田綱吉……」
 て、いきなりなんか手に気が集まってる!!カメハメ派が来るよ!!(←漫画が間違ってるよ!!)ヴァリアーの面々さえ、「まさかここで!?」「巻き添えにする気か!?」とかなりヤバそうな雰囲気。しかも、XANXUSの口から出た一言は「死ね」。うぅわ、殺す気満々だぁ!!今まで、そんな直接的な言葉を使ってきた人はいなかったのに!!ていうか、使ってたとしてもアニメにするにあたってセリフが変えられたりしてたのに、めっちゃ直球だよこの人!!!リボーンさえも、「やべーぞ!逃げろ!」と思わず口にした、その時。

 家光登場!!
 かっこいいです家光さん!!威圧感はXANXUSに負けてません!殺気もオーラも負けてません!!強いて言えば、服装の重さは負けてそう(笑)。でも、「XANXUS、お前の部下は門外顧問であるこの俺に剣を向けるのか」の一言でXANXUSすら黙らせるあたり、やっぱり存在感がありますねぇ。ボンゴレファミリーの中で№2と言われるだけのことはあります。
 さて、家光が持ってきた9代目の死炎印入りの文書。内容は、今までツナがボスにふさわしいと思ってたけど、やっぱり自分の息子のXANXUSがいいと思う。でも、その変更に不服な人がいてファミリーの中で争いが起こったら嫌だから、どっちがふさわしいか、守護者同士で闘ってみろ、と言うもの。

 遂にもう一つ、相手が持っているハーフボンゴレリングを手に入れるための、1対1のガチンコバトル開始!!
 
あの一人一人の流れから、なんとなく誰が誰と当たるのかが予測できたところもあったような。山本(かっこいい!!)、スクアーロ、獄寺(お、これはなかなか)、ベルフェゴール、了平兄さん、ルッスーリア、ランボ(ここだけ緊張感ねぇー!)、レヴィ、リボーン、マーモン、モスカ、XANXUS、そしてツナ。……この場にいなかった人もいるからなんともいえなかったけれど、それぞれが戦いを控えて見せる引き締まった表情で(ランボ以外は)、緊張感のある最後でした。

 来週の星座うらな~い。フゥ太とロマーリオ(またか!!)は既に登場済みですが、蠍座で初柿ピー。
「そう。それはよかった」
 ……よかったと思ってるとは思えない無表情っぷり(笑)。え、そんだけ?と思ったけど、柿ピーらしかったと言えば、かなりらしかったと思いました。

 次回は了平兄さんの晴のリング争奪戦です。オカマ対熱血了平兄さん。リング争奪戦の一番初めの戦いでもあるし、これはこれで結構好きな戦いなので、楽しみにしたいと思います♪できれば、あまりサクサク終わらずに、丁寧にやっていただきたいです。バトルになるとスピード感があるから、ぐんぐん進むとは思いますけど、晴の戦いだけで原作4話分あるので、せめて2回に分けてやって欲しいです……。

 さて、今週は、できればもう一つ、先週「家庭教師ヒットマンREBORN!DS 死ぬ気MAXボンゴレカーニバル」について書いたのですが、いくつかその後エピソードが出てきたので、そのことも記事にアップできればな、と思ってます。興味のある方はお待ちいただければ幸いです♪

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2007年7月 9日 (月)

家庭教師ヒットマンREBORN!DS死ぬ気MAXボンゴレカーニバル!!

 初DSですよ(笑)。脳トレは人に借りてやったことがあるのですが、それもほんの少し。そもそもDSLiteがなかなか売ってなくて、ボンゴレカーニバル発売当初は、お気に入りサイトの方でこのゲームの感想があって、それがあまりにも楽しそうだったから「買っちゃおうかなっ」ていう気になってたにも関わらず、フツーに買えなかったっていう感じでした。そしたら4月から仕事がアホみたいに忙しくなってきて、買う暇なくなったって感じです。
 時は過ぎ、既に発売されてから3ヶ月が過ぎ、DSLiteはどこにでも売っているようになりました。新色のグロスシルバーが発売される直前に購入したので、エナメルネイビーな感じです。そして、先週土曜日に購入してきて、これ、いつできるかなとか思ってたら、意外に一つ一つのゲームが簡単にできちゃうので、さくさくっと日曜日にできちゃったっていう(笑)。難易度はわりと低いので、ゲームそのものを楽しむというよりは、リボーンを楽しむ(いや、自分の場合は山本を楽しんでたかもしれません(笑)。)というノリでやってました。

 しかしこの、タッチペンで動くってすごいですねぇ。ちょっとしたタッチでもちゃんと感知してくれます。しかも、かなり繊細な動きも。それでいて画面はしっかり硬かったし。これ、お子様が熱中してやったら、絶対画面に負担掛けちゃうだろうなと思ったんですが、これだけしっかりした画面だったら、よっぽどのことがないと壊れなさそうです。これであの繊細な動きをキャッチするなんて、いやー、全くすごい。(←変なところで感心してる。)

 それじゃ、初DSゲーム「家庭教師ヒットマンREBORN!DS 死ぬ気MAXボンゴレカーニバル」の感想を少々書いていきたいと思います♪

 まずは全体的な感想ですが、先ほどちらりと書きましたが、難易度はそう高くないです。少々てこずったゲームがあったことはあったのですが、それでも楽しくできる範囲です。絵もそこそこ綺麗だし、声もそこそこ入ってるし、ソフトそのものはかなり安くなってたので、自分としてはお得感で一杯でした(笑)。

 それじゃ、起動するところから…思わずウケる(笑)。
「はひ!タカラトミーです!」(ハル)←やたら出てくる。4回に1回はこれです。なぜ???
「ぎゃはははは!タカラトミーさんだよ」(ランボ)←最初の頃やたら出てきた。後半の言い方がかわいい。
「愛さえあればタカラトミー」(ビアンキ)←おもちゃメーカーですけど(笑)。これもしょっちゅう出てくる。
「タカラトミーだってさ、仔猫ちゃん」(シャマル)←結構甘い感じで。でも「死ぬ気マーックス!ボンゴレカーニバァル!」は気合入りまくり(笑)。
「タカラトミーっスよ、10代目!」(獄寺)←なかなか出てこない。出てくるとちょっと嬉しい。
「タカラトミーだよ、ツナ君♪」(京子ちゃん)←ミニキャラがぴょんと跳ねて、かなりかわいい。よく出てくる。
「タカラトミー 謝謝!」(イーピン)←つたない感じがかわいい。
「タカラトミーですけど、ラーメンのびちゃう」(大人イーピン)←カンケーねー(笑)!
「やれやれ、タカラトミーですよ、若きボンゴレ」(大人ランボ)←何でみんなツナに報告?
「ふぅん。タカラトミーっていうんだ」(雲雀さん)←かなりレア。こんなところでも雲雀さんは素敵な言い方です♪
「極限!タカラトミーだ!!」(了平兄さん)←タイトルコールまでずっと熱血です(笑)。
「えぇ~っ!タカラトミーって、出てるし!」(ツナ)←ぶっちゃけ一番よく分からない一言(笑)。
「よっしゃ!タカラトミーに任せとけ!」(ディーノさん)←一体何を(笑)?
「タカラトミーだってよ!面白そうだな!!」(山本)←なぜか超レア。でも今つけたら出てきた♪
「ちゃおっす。タカラトミーだぞ」(リボーン)←何気にレア。でも、インパクトは普通。
「タカラトミーさんは全宇宙のおもちゃメーカーランキング第%&$☆(もごもご)」(フゥ太)←爆笑。
 たぶんこれで全種類だと思います。少々セリフが違ってるところあるかもしれませんが、響き的にはこんなもんです(笑)。

 標的0「アブナイ家庭教師来る!」
 ひたすらダメツナがチワワから逃げるんですけど、第一話としては難易度が他のゲームより高いと思うのは気のせいでしょうか(笑)。車にひかれまくるんですけど(笑)。チワワ多すぎるんですけど(笑)。

 標的1「死ぬ気来る!」
 持田先輩の竹刀をかわすダメツナ。割と楽。死ぬ気弾を受けて持田先輩の髪の毛をひたすら引き抜く(笑)。だんだんハゲていく持田先輩が哀れでなりません(笑)。

 標的2「獄寺隼人来る!」
 持田先輩の髪の毛は比較的どこスライドしてても抜けたんですけど、3つ目のゲーム、大量のダイナマイト、適当にスライドしてはじき出せると思ってたら大間違い。全部一個一個はじき出さなきゃいけないと気づくまでに3回やり直しました(笑)。

 標的3「山本武来る!」
 なんと屋上ダイブが!!入ファミリー試験が!!アニメでは取り上げてもらえなかったエピソードばかりで、これだけでもお得感満載です♪つっても、屋上ダイブは爆弾で間違って落ちるという設定でしたが。ナイフとダイナマイトでの絶え間ない攻撃を避けるには、かなり慣れが必要でした。何でツナは山本みたいに機敏に動けないのか(笑)。

 標的4「新たなヒットマン来る!」
 ビアンキとランボのコラボ攻撃。ビアンキのポイズンクッキングを踏むと、ダメージはないけど走れなくなります。やっぱり恐怖(笑)。そして、大量のポイズンケーキをツナが食べるのも、獄寺の大量のダイナマイトの如く結構スライド大変でした。ひたすらランボさん無視のゲーム。これって、ゲーム…(笑)?

 標的5「恋する乙女来る!」
 完全武装して来たハルちゃんの攻撃をかわせ!!これ、結構振りかぶってから早いと殴られるんですよね(笑)。落ちたハルを助けるのは、簡単。タッチペンでくるくる。楽しい♪

 標的6「風紀委員長来る!」
 まずは雲雀さんのトンファーをかわせ!雲雀さんの攻撃力にもゾッとしますが、すっごい嬉しそうにトンファー構えてる雲雀さんが麗しくて怖い(笑)。死ぬ気になって雲雀さんを攻撃。これは割りといける。更に、ほうきとトンファーで競り合い。これ、最初全画面スライドしててちっとも勝てませんでした。雲雀さん強すぎる!!と思ってたら、競り合いしてる部分をこするんだった(笑)。これなら割と簡単に勝てました♪

 標的7「極限と爆弾来る!」
 了平兄さんのパンチ避けるのは、雲雀さんのと一緒。死ぬ気になって次は攻撃。これはスリルがあって面白い。そして、イーピンが出てくるんだけど、2話目以降は雲雀さんがエピソードに関わってくるので、これはぜひ2回やるのがお勧め♪

 標的8「ちょい悪オヤジ来る!」
 シャマルを説得しろ!!で、ひたすら土下座するツナが哀れだった。ものっそい速さで土下座してんだもん(笑)。あと、トライデントモスキート…ひぃ!蚊のアップは勘弁!!

 標的9「運動会来る!」
 アニメではやってないエピソード。練習は笑顔の山本が手伝ってくれます。本番は下から上がってくる生徒を叩き落しつつ雲雀さんを攻撃。ご、ごめん、雲雀さん!!

 標的10「跳ね馬来る!」
 桃巨会に山本と獄寺がさらわれた!?ディーノさんが手伝ってくれるって言うんで乗り込んだら、部下いなかった!!というわけで、またまたひたすら謝れ(笑)!!今回は息継ぎができます。ていうか、息継ぎもちゃんとしなきゃいけなかったことに気づいたのは、一回失敗したあとでした(笑)。死ぬ気になったらヤクザをひたすらぶっ飛ばせ!!群がってくるから、攻撃が当たってんのかどうかよく分からないうちにやられるので、結構難しい。でも大概ギリで勝てます(笑)。

 標的11「ランキング来る!」
 フゥ太を背負ってひたすら逃げる!!これ、チワワがマフィアに変わっただけじゃん!!車にひかれるからやだってば~~~(><)!!でも、死ぬ気になったら逆にマフィアを追いかける!!これ、めっちゃ楽です。車も気にしなくていいし♪

 標的12「雪合戦来る!」
 一番苦戦しました、これ。まず、キャバッローネファミリーが投げてくる雪玉を避けるのですが、逃げるのが遅い動きになれてたので、同じ気持ちで動いたら思いの外ツナが機敏で、自ら雪玉につっこみました(笑)。雪玉が早くなってきたら、真ん中をホームポジションにするとよさそうです。そして後半は攻めと守りをタッチペンで交互にこすってやるゲームなのですが、これがどんなにやってもあと一息で押し切れない。ほんとに本気でど真剣にやって汗かきました(笑)。

 標的13「事件来る!」
 
ランボ失踪事件より。獄寺の証言の嘘を見抜け!!死ぬ気のツナが「異議あり!!」ってつっこむんだけど、ツッコミどころ間違えるとちょっと恥ずかしい(笑)。

 標的14「隣町ボーイズ来る!」
 ここから黒曜編。ツナ対ランチアさん。最初から死ぬ気で応戦!!うっ、ランチアさん!!

 標的15「ブラッド・オブ・ボンゴレ来る!」
 これが一応本編の最終回。これは怪しいと踏んで、一番最後まで取っておきました。自分の超直感も捨てたもんじゃないと思いました(笑←誰でも大概想像がつくって)。骸さんとの5回戦が待ち受けてます。まずは地獄道から逃げる!!だから、ひたすら逃げるの苦手なんですって!あ、これは車が来ないからまだマシですが。次は畜生道の蛇から逃げます。雪合戦でコツをつかんでたので、割といけました。が、蛇、速っ!!そしてここで超死ぬ気モード発動!ツナがかっこいい!!フェイントかけまくりながら襲ってくる骸さんを攻撃!!意外にタイミングが難しいです。早め早めに骸さんをツンツンつつきましょう(笑)。それから、ビアンキと獄寺に憑依する骸さん。ビアンキと獄寺の神経を打撃で麻痺させろ!これはめっちゃ簡単でした。ツナは凛々しかったし。ラストは人間道の骸さんと対決。最初はひたすら守りに徹してて、全然ゲームが終わりませんでした(笑)。攻撃もしなきゃいけないのね(笑)。ラストのゲームにふさわしい難易度だったと思います。これをクリアするとEDが見られます。

 標的16「入院大騒動!」
 雲雀さんの安眠を守れ!!ということで、いつもは死ぬ気になると「リ・ボーン!!」と叫ぶツナですが、今回は復活場面以外では叫びませんでした(笑)。でも、リボーンが撃った時点で相当大きな音立ててると思います(笑)。

 標的17「ランボの保育係!」
 ランボのアフロは4次元に違いない。
 獄寺と山本のお仕置きからランボを連れて逃げるのは至難の業です。獄寺のダイナマイトはどうにでもかわせるけど、「穏やかじゃねーな」って言ってボール投げてくる山本が、一番穏やかじゃありません(笑)。

 標的18「肝試し!」
 怖い!!ロメオ怖いよ!!だから、このタイプは苦手なんだって…。失敗するたびに大人ランボの「エレットリココルナータ!!」がいちいち聞けます(笑)。

 標的19「おつかい珍道中」
 再び「異議あり!!」で、今度はランボさんを追い詰めろ!!ランボ、どうでもいい嘘つくなよな(笑)。

 標的20…残念ながら出せてません。

 標的21「決着!」
 山本と獄寺、どっちがツナの右腕にふさわしいか勝負!視点が獄寺なので、なんと山本を打ち負かせという非情なゲーム(笑)。ごめんね、獄寺。山本に勝たせてあげたくて、一回わざと負けました(笑)。雪合戦と同じ方式なんだけど、なぜかこっちはわりと簡単にクリアできました。

 標的22「トラウマ」
 ビアンキから逃げる幼い獄寺。だぁかぁらぁ、ひたすら逃げるの苦手なんだってぇえええ(><)!!でも、車が来ないのはありがたいかも(笑)。

 標的23「獄寺VS.柿本千種」
 言わずと知れた黒曜編獄寺視点。柿ピーのヘッジホッグから逃げろ!!飛び出してくる針にも注意!そして、次は柿ピーに向けてひたすらダイナマイト投入!!全部直撃してるけど、柿ピー大丈夫?

 標的24「山本強化プログラム」
 これ、自分はジャンプの死ぬ気シートで暗号入れて出しました。よかった、ジャンプもらってて(笑)。でも、普通にやっても出てきたのかな?
 まずは獄寺のダイナマイトとリボーンのナイフをひたすら避ける。これは入ファミリー試験とほぼ同じですが、動かすのがツナじゃなくて山本になります。で、どうして自分が動かすことになると、山本も機敏に動けなくなるのか(笑)。はっ!!それって、操作する腕がないってことΣ( ̄□ ̄!!ドーン?!次は山本のバットでリボーンの手榴弾を切る!!スライドが速いと手榴弾が切れます。遅いとカキーンと打ちます。芸が細かいなぁ。

 標的25「狙え!ホームラン!!」
 山本のためのオリジナルストーリー♪なんと並中と黒曜中での野球の試合。いきなり9回裏ツーアウト満塁、3点リードされて大ピンチ!!そこで打席に立つのが山本!!相手チームのピッチャーはなんと骸さっ…!!
「まだ勝てると思ってるんですか?」
「自慢じゃねーけど頭悪いんでな」
 うん、それは確かに自慢にはならない(笑)。でも骸さんとそんな会話しちゃう山本がかわいい(><)!!骸さんはなんと幻覚を使った魔球を使うということで、それ、健全なスポーツじゃないよね既に(笑)。だいたい骸さんが健全なスポーツする時点で何かが不自然だ。(←だから健全じゃないって。)
 さあ、魔球を打つぜ!!ホームランで逆転だ!!
 カキーン!!
「滑り込みセーフってとこだな!」
 いや、余裕であと2球ありましたけど(笑)。魔球が全然消えなかったのは、真剣勝負をしてた山本への優しさですか、骸さん。
 そこで怒られて目を覚ました山本。授業中にどうやら居眠りをしていた模様。しばらく寝ぼけてへらへら笑ってた山本がまたかわいかった(笑)。
 ゲームのためのオリジナルストーリーってあまりない中で、山本のためにこれがあったのは山本ファンには嬉しいサービスですよね♪

 標的26「山本VS.城島犬!」
 こちらも黒曜編の山本視点。飛び回って攻撃してくる犬をつっついて攻撃!!これ、なかなかすばしっこくて、山本が少々やられました。むむっ!!「こいつでゲームセットだ!!」…これ、「こいつぶち当ててゲームセットだ!」じゃなかったのは、「狙え!ホームラン!!」の中でも使われてたからですね、きっと(笑)。

 標的27「決闘!」
 リボーンに果たし状をたたきつけてトラップを張ったランボさん。リボーン…居眠り中(笑)。どうでもいいけど、そのトラップすごすぎです、ランボさん。

 標的28「ランボの休日!」
 ランボさんがいかにアホ牛なのかということが再確認できます(笑)。

 標的29「復讐!」
 だからぁ、逃げるの嫌いなんだって!!車のバカヤロウ~~~!!しかもそこまでしてクリアしといて、自分でトラップに引っ掛かるランボ…ウザ過ぎる(笑)。

 標的30「雲雀式雪合戦!」
 一方的に群れる標的(この場合ツナ、山本、獄寺、ディーノさん)にぶつける雲雀さんの雪合戦。雪玉はなんと等身大(笑)。でかっ!!それをいとも簡単に次々に投げまくる雲雀さんは、やっぱりただものじゃなさそうです。

 標的31「風紀委員の仕事!」
 まずは学校での恐喝現場を押さえ、不良ども40人を滅多打ち。でも、やっぱり群がってくるからいつの間にかやられてるっ!あーやばかった、ギリだよ。あれ、不良の親はなんと桃巨会の組長!?今度はヤクザ50人を滅多打ち!!ひーっ、体力ゲージがぁあああ!!!…でも、なぜか最後に立ってるのは雲雀さん(笑)。「弱虫は土にかえれよ」…名台詞です、雲雀さん。

 標的32「雲雀VS.千種&犬」
 こちら黒曜編雲雀さん視点。二人がかりで襲いかかってくる柿ピーと犬をツンツンつついて攻撃!2対1なのに、雲雀さん、ほぼ無傷で完勝(笑)。

 標的33…残念ながら出せてません。

 標的34「イーピンの恋心!」
 雲雀さんが強い人だと知ったハルたちのアドバイスに従って(?)、雲雀さんに果たし状出しちゃったイーピン。雲雀さんと対決!!雲雀さん、誰かを攻撃してるとき、ほんと生き生きしてます(笑)。

 標的35・36…残念ながら出せてません。

 標的37「キャバッローネファミリーの危機!」
 こちらは追いかけてきたマフィアを逆に追いかけてとっちめるディーノさん。ロマーリオが見てないとダメなディーノさん。だから、ロマーリオが影で応援してます。
「頑張れ!」「ボス、そこだ!」「あっ!」「焼きイモやさ~ん」
 おぉ~~~い!!

 標的38「ポイズン3分クッキング」
 これもなかなか難しい。なべからこぼさないように焦がさないように、上手に料理を混ぜましょう。もっと早く、とせかされても、割とゆっくりでいいです。そうすると、だんだん肉じゃが(らしきもの)が紫色に変化します(笑)。

 標的39「ビアンキVS.M.M」
 これまた黒曜編のビアンキ視点。バーニングビブラートを避けろ!!これは雪合戦や蛇と同じ。それほど難しくはないです。

 標的40「アブナイ保健室」
 シャマル…どんな妄想してんだよ…(笑)。

 標的41…これも残念ながら。

 標的42「ランキングな日々」
 ツナに秘密のミッションということで、長官姿のリボーンとフゥ太。何気に教室に獄寺と山本がいて、獄寺がポルターガイスト現象にびびってるところが、芸が細かいです。きっと「呪いだー!」とか言ってんですよ、この子は。

 標的43「疑心暗鬼」
 今度はハル視点でツナを殴れ!しかも5秒以内に(笑)!一撃でお終いです(笑)。

 標的44「京子VS.ハル」
 ひたすらホールケーキを食べまくる京子ちゃんとハル。う、羨ましい。でも、それ絶対おなかこわすよね(笑)。

 標的45・46…残念ながら出せてません。

 これで全部のはず…。途中で記事がおかしくなって時間かかっちゃいました。声優さんの紹介にバーズとかジジ&ヂヂもあったので、きっとそのエピソードも入ってんだろーな。と思いましたが、あとは通信でDS持ってる人に体験版ゲームを配るしかないような気がします。それは激しく無理な相談です(笑)。
 あと、カジノがあってディーノさんやビアンキと遊べますが、軽くボンゴが余っていたので、10万単位でかけたら、全部外れました、40万ボンゴ(笑)。もったいない!!でも、使い道もない(笑)!!

 さあ、明日(今日?)も仕事大変だし、そろそろ寝るとします。おやすみなさぁい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

アニメリボーン標的39「見えざる敵の目的は」感想

 や…山本……かわいぃ……(T▽T)!!

 やっと出てきたよ…牡牛座の山本!!めっさかわいかったよ!!最初、なぁにこれ、時間稼ぎとか思ってごめんなさい、アニメスタッフさん!グッジョブ、アニメスタッフさん!!これだけで5杯はご飯が食べられる(笑←意味不)。

 おっと、早速ネタばらしちゃいました。ごめんなさいm(_ _)m。今日は午前中だけの仕事で、3時くらいには帰ってきてアニリボ見たのですが、連日午前3時くらいに寝て6時に起きるという生活が続いていたため、睡眠時間が豊富にないと生きていけない体質が災いして、見たら満足して意識が飛びました(笑)。夕ご飯で起こされるまで爆睡した模様です。ちょっとすっきりしましたので、遅ればせながら、今週もがっつり感想書く気は満々です(笑)。あと、今週は、先週手に入れた死ぬ気MAXボンゴレカーニバルもだいぶ進んだので(注:寝不足の原因はこれではありません(笑)。あくまで仕事…)、こちらの感想の記事もアップしたいと思います。ちょっと時間はかかるかもしれませんが、興味のある方はお待ちいただければ幸いです♪
 それでは、感想、レッツすたぁと!!(※以下ネタバレしまくり注意!!)

 <アニメリボーン標的39「見えざる敵の目的は」>

 今回は原作7巻の「武器チューナー」「ツナ暗殺計画」が基本となったお話。一応ヴァリアー編と銘打ってあるので、ちらりとヴァリアーの影もちらつかせつつ。

 ママンのおつかいに、フゥ太とイーピン、バジルくんも同行。バジルくん、かわいいなぁ♪こんなときまでどこまでも真摯、どこまでも真面目。いい子だぁ。原作にもあったエピソード「イーピンにも見えていた」という所を、上手に導入で使ってありました。怪しい手に気づいて「?」してるイーピン、めっちゃかわいいですね~♪癒される。全く役に立ってなかったけど、お昼寝ランボさんもかわいかったです(笑)。
 そして、「透明スーツ」の怪しい人約二名。すごい、CGだ。(よね?)

 一方、ほんの一時の平和な日常を謳歌しているツナ。花ちゃんにズル休みと言われつつ、班で小学生のときの夢を調べるという宿題を京子ちゃんたちとすることに。原作では花ちゃんいなかったのですが、花ちゃんがいたことでちょっと笑える部分が増えていたような。そして何より、今日も作画はヴァリアークオリティー(T-T)!!綺麗過ぎる!
と思ったら。

 変なの出た(笑)!!(どんな作画でもいけそうだな、ジャンニーニ。)

 どうやらリボーンがヴァリアーとの戦いに備えて武器を改良しようとしたらしい。一流の武器チューナージャンニーイチのせがれ、ジャンニーニ、登場。ところで、ヴァリアーと闘うのに、そういった武器ってなんか必要だったかなというツッコミは、ネタバレになるので控えとこう。(←言っちゃった!)そして、ヴァリアーの動きに乗っかってマフィアのボスの暗殺が横行しているという情報が。
 基本的にそんなことより、京子ちゃんがこれから来るのに!!ということのほうが大事なツナ。困ってたら
 ピンポーン
「失礼します!!10代目!!オレのダイナマイトも改造してもらいにきました!!」
 獄寺も来ちゃった(笑)。修行中のはずなのに…という所は、シャマルの「ナンパ禁断症状」のため中止とのこと。それだけではなく、ちょっと煮詰まっているという話も入れてきたところは、悪くないかも、です。

 ランボさんも来ちゃった(笑)。獄寺の「お前はボンゴレじゃねーだろ!」というツッコミはカットされちゃいましたね。まあ、ランボさんも今の時点でははっきりしてないとはいえ、守護者の一人だからなぁ。10年バズーカを見て嬉しそうなジャンニーニ。でも、そんなことより京子ちゃんたちが来るのに!!ということのほうが大事なツナ。そこへ遂に京子ちゃんたちが!!物騒なものを持ってる人たちには、下に下りてこないように言い含めて、京子ちゃんたちを出迎えるツナ。ところが。

 ハルも来ちゃった(笑)。
 ツナラブのハル、しかも京子ちゃんとも仲良しのハル。その辺りが災いしたらしく、学校も違うのに班の調べ学習に参加。
 小学生の夢ということで、原作にはなかったのですが、2年生のときの作文を披露する京子ちゃん。どうやらバレリーナと警察官に憧れてたらしい。ツナの妄想の京子ちゃんはどっちもかわいいけど、マフィアのボスになったら京子ちゃんに逮捕されちゃう、という所まで考えちゃった、意外に妄想たくましいツナ。でも、京子ちゃん、テレビ見て書いただけだったらしい。小学生の夢なんて、そんなもんかもね(笑)。
 次に花ちゃんの…夢?「私は子供が嫌いです。だから早く大人になりたいです。」なんてかわいくない子供だ(笑)。
 そして、ハルの夢。知らなかった、ハル、着ぐるみ職人になりたかったんだ(笑)。しかも、夢継続中(笑)。
 ツナの作文は原作どおり。巨大ロボ、言う前に出ちゃった(笑)!!アホ丸出しだーって自分でもつっこみ、花ちゃんにもつっこまれ、なのに獄寺を感動で泣かせてる!!
「いい作文っスね~!巨大ってーのがまた…」
 いや、獄寺、感動ポイントずれてる(笑)。しかも、上にいてって言ったのに!!というツナに対して
「改造してもらった武器を見てもらいたくて」
 いや、獄寺、ツナ心、理解できてないから(笑)。しかも、早速ダイナマイト披露!!してみたらなんと!!
 ハト出ちゃった(笑)。
 頭にハト載せて怒りに打ち震える獄寺は、結構かわいいと思います(笑)。
 なんとかごまかせたかと思ったら。
 リボーン来ちゃった(笑)。
 一番物騒な「改造した死ぬ気弾の威力が見たくて」という理由で下りてきたリボーン。早速ツナに向けて発射!!…あれ?
 死ぬ気弾、落ちちゃった(笑)。
「…ジャンニーニの奴、シメてくる」
 リボーンかっけー(笑)。この場面、復活!死ぬ気タイムの音楽がかかって、それが撃沈する感じが上手くて笑えました。
 どうやらジャンニーニ、武器を全部使い物にならなくしてしまってるようです。
 そこへ登場したウザさナンバーワンを誇るランボさん。獄寺にアホ呼ばわりされて「アホって言った方がアホなんだよ」と鼻水ぺたっ。(ひっ!!)案の定、獄寺にチョップ喰らいました。原作の鼻くそつけといて「バリア!」ってやって、「効くか!!」ってチョップされる流れも好きだったんですが。あまりにもウザイ子供らしくて(笑)。
 結局喧嘩になったランボと獄寺、その上にジャンニーニの改悪した10年バズーカが!!…あれれ、ランボさんそのまんま?と思ったら何と!!

 チビ獄寺、来たーーー!!!

 目が大きい!!かわいい~~~!!リボーンよりちっちゃい(笑)。ツナを見て、「やっぱ10代目はでかいっす!!」キラキラ☆ワンワン☆
 誰かそのペット、ください!!
 チビ獄寺、ちっちゃくなったことに全く気づいてません。京子ちゃんたちにかわいがられて、「ぶっとばすっ!」ってダイナマイト出してるけど、それミニボム(笑)?ボムまでかわいくなってるよ!そして、ツナにひょいとつかまれてるのがまたかわいい。 
 ところが、その獄寺。電柱に何か怪しいものを発見した模様!必死に言ってるのに、ツナには何も見えない。京子ちゃんも「あれはチュンチュンスズメさんだよ」とかわいらしく説得。獄寺の逆鱗に触れてるけど(笑)。

 必死にその敵を何とかしようとする獄寺。そこへ。
 山本、来た!!!
 原作では同じ宿題をしてて、別班のツナたちを偵察に来た山本ですが、現在は修行中ということで、親父が差し入れ作ってくれたんだけど多すぎたから、ツナにもおすそ分けに来たらしい。
「なんだ、獄寺、来てたのか。丁度よかった、お前も食うか?」
 ドーン( ̄□ ̄;!!(byツナ)山本ナチュラルに、獄寺がちっちゃくなってることに気づいてない(笑)!!しかもめっちゃかわいい!!なにこのかわいさ!!
「獄寺くん?」
と不思議そうにする京子ちゃんに、思わずツナ「ご、獄寺くんの従兄弟だよ!ほら、ちっちゃいでしょ?」そこでようやく獄寺のサイズに気づく山本。やっぱ天然…って……

 (*`▽´*)!!
 ナニコレカワイイ!!

 ツナの手から獄寺のちっちゃな腕をつかんでひょいと抱き上げる山本。獄寺の小動物っぷりがかわいらしすぎる!!!それをひょいとつかんでる山本の「あはは、元気だな!」って爽やか笑顔がまた(>▽<)!!!このツーショット、かっ、かっ、かわいいいいっ!!かわいすぎる!!!
 山本の手の中でじたばたしてるところもかわいい!!(←毎度の事ながら、小さいものに目がない。)ランボさん登場に、山本
「ほら、友達来たぞ」
 それ、獄寺にしたら、絶対不本意だよね。山本がめっちゃかわいいけど、カンケーないよね(笑)!
 ランボさん、日頃の恨みからなのか、めっちゃ偉そうですが、ガツンとやる前にドカッと蹴られました(笑)。そんなことしてたら、なんと。

 了平兄さんまで来ちゃった(笑)!
 原作には登場しなかったお兄ちゃん。妹を見つけて人の家に窓から違和感なく不法侵入(笑)。窓から入ってくるものだから、ヴェルデの光学迷彩(by原作)透明スーツを着た敵を、中に入れちゃった!!しかも、お兄ちゃんも獄寺がちっちゃい事に気づいてないっ!!いいのか、ツナファミリー、こんな天然さんばっかりで。(ある意味本質を見抜いてるけどね!)でも、了平兄さん来たおかげで、山本の活躍が半分になりました…ガ・マ・ン…(T-T)。
 お兄ちゃんはちっちゃい獄寺の後ろ襟をつかんでひょいと持ち上げ、敵を見つけてじたばたしてる獄寺に「ちっこい足を向けるな」。そこでようやく獄寺、自分の足が近いことに気づく(笑←遅っ!)。ちっちゃくなったことに気づいて気が遠くなりかけた獄寺、それでもツナが狙われてるのを見て、必死にダイナマイトを放つ!でも、ダイナマイト改悪済みだった!!またまたハト出てる!!自分ではどうにもできないと悟った獄寺、身体は子供でも頭脳は大人(どっかで聴いたフレーズ@コナン)、とっさに芝生頭(了平兄さん)を利用することを思いつく!しかし、こんなちっちゃな子供に本気パンチ当てようとするなんて、お兄ちゃん、人としてそれでいいのか!?でも、おかげで一人やっつけた!!結果オーライ!!

 次!!もう一人をやっつけるために
「山本、キャッチボールだ!!」

 よじよじ。
 え?

 (*`▽´*)!!
 ナニコレカワイイ!!(再)

 チビ獄寺、山本の足によじ登ってたよ、今!!!それに、「山本!」って言われたときの山本の横顔!!
 なんかめっちゃ美人じゃないですか!?!?
 日常編だけど見所満載です、今回!!そして、ツナの肩にひょいとよじ登って「ここに投げて来い!!」と言われ、
「オーライ!!」
 山本本気モード!!作画最高!かっこいい!!全力投球は見事暗殺部隊の残り一人を直撃!!(注:山本は例え遊びでも、投球モーションに入ると手が抜けなくなるという体質なので、非難なし(笑)。)

 光学迷彩の透明スーツは故障してしまった模様。そして、どうやらこの透明スーツを作ったのはアルコバレーノの一人ヴェルデという赤ん坊らしい。透明になっちゃったら、自分も何されるかわからないということで、どうやらちっちゃい子には見えるように作られたものらしい。だからイーピンにも獄寺にも、リボーンにも見えていた、というわけですね。
 仕方ないから暗殺部隊の人たち、開き直って直接攻撃に切り替え!ここは死ぬ気弾で助けて欲しいところだったのに、なんと死ぬ気弾は改悪のためダンシングしてる(笑←むしろそれ、すごいよね)。了平兄さんと山本は網に捕らえられ、獄寺は人質に。ツナ、ピンチ!!それでも必死にツナを守ろうとする獄寺は健気だなあ。そこへ、イーピンの餃子拳炸裂!!吹っ飛ばされた獄寺を捨て身でキャッチするツナは、ちょっとかっこよかったです。そしてバジルくんのブーメランで山本と了平兄さん復活!!ちゃんと最初の布石が生きてましたね。この展開も上手かったなー。そして、結局暗殺部隊は怒りを沸々と燃やす山本と了平兄さんにボコられましたとさ(笑)。そして、京子ちゃんも泥棒と勘違いしてくれてて、めでたしめでたし。
「真ん中分けのちっちゃい子のおかげだよ!」
のツナ、すごいかわいいですよね♪
 だけど、ちっちゃくなっちゃった獄寺、これではツナを守れないとおめめウルウル、鼻水まで垂らして(笑)。ごめん、かわいいけど笑えた。そしたら、すらりとした獄寺復活。
「視点を変えれば見えねーもんも見えてくるんだぞ」
とリボーンに諭され、「もしかして、今日のことは、それをオレに教えるために…!」「そーだぞ」
 嘘くせー!(byツナ)

 そして短かった休憩は終了。修行が再びスタート!!というところで。

 ED変わってる!!!???

 は…早くないですか?ちょっと前に変わったばかりだと思ったんですけど…。前の曲も好きだったんですけど、今回は女の子の歌なんですね。曲そのものは…うーん、まあ…初の女の子視点という感じで、今までとは違った雰囲気ですね。京子ちゃんとハル、かわいいし。
 わぁ!獄寺、かっこいい!!美人!!
 ぎゃぁ!!山本!!!さりげない感じが超素敵!!かっこいいしかわいいし!!
 おぉ!!了平兄さんまでえらい男前に見える!!(←失礼な。)
 おっ!大人ランボもいい感じじゃないですか!
 んなっ!!!む、骸さ…ど、髑髏ちゃんまでっ!!!相変わらず麗しいし、髑髏ちゃんかわいいし、二人してナッポーだし(笑)!!
 ワォ!!雲雀さんも超美人!!!髪が風に洗われて爽やか!!

 なんで骸さんと雲雀さんだけ全画面なのか、という所はあえてつっこまないように。セットだったんだよね。獄寺と山本、了平兄さんと大人ランボ、骸さんと雲雀さんの構図が。
 最初は女の子かぁ、くらいのテンションだったのですが、途中からテンションうなぎのぼりでした(笑)。EDの絵は全てキャラデザインの田中さんということで、そりゃあ綺麗なわけですよね!!今度のEDも毎回楽しみです!!!

 さて、EDのあと、ヴァリアー編本編に戻ります。ついにボスにリングが偽物だってことがばれちゃった!!ていうか、

 ボス、しゃべった!!!

 池田政典さんって…知ってるような気が…。ボスの声、いいんじゃないですか?こちらも合ってると思います。もう、ヴァリアーの声優さん、最高じゃないですか!!くぅうう~!!いいなあ!!本格的にヴァリアー編、始まりますね!!楽しみだぁぁああ!!!

 さて、星座うらな~い。これ、最初にいきなりネタばらしちゃいましたからね(笑)。もう、山本で全部吹っ飛びました(笑)!!
「やったな!来週はホームランだ!!」
 言ってることは意味不明でも(酷)、山本らしくてかわいい!!しかも、ブンってバット振ってるし!!全カットスローで見ちゃいました。全カットかわいいことを確認しました(笑)!!!後は全部見たことあったし、ていうか、ロマーリオのオッサン、3周連続かよ、みたいな(笑)。よっぽど蟹座、ついてるんだな。今誕生月なのか?

 来週は遂にレヴィ登場!ランボさん、フゥ太、イーピン、危ない!! 

| | コメント (5) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »