« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月26日 (土)

アニメリボーン標的67「ボンゴレ式授業参観」感想

 ママンの天然度がアップしすぎです(笑)。

 さて、今日は午後に仕事が入っていたので、ちょっと感想の書き始めが遅くなってしまいました。(このフレーズ、なんか3週くらい連続で書いてる気がしなくもない……。)
 今週は色々衝撃の多い一週間でした。また近いうちに記事を挙げさせていただきますが、めちゃめちゃ嬉しかったことが一つと、とっても残念だったことが一つと。平家物語あたりに漂う無常観とやらを、今現在感じている、風流なのか古風なのか古くさいのかよく分からない紫月です(笑←たぶん最後のやつが当てはまる。)。本当に、時が流れると色々変わっていくものですね。

 なぁんてしんみりしたり浮かれたりと、自分も一時として同じ時間を歩んではいないわけで、アニリボももう67回やってるんですね!びっくりですよ。それでは今日の感想を書いていきたいと思います!以下、アニリボネタバレ注意です!
 本日二度目の、れっつ、ファイ!!

 <アニメリボーン標的67「ボンゴレ式授業参観」>

 いや~懐かしいですね!!単行本の4巻までさかのぼりましたよ(笑)。原作の絵もちょっとリング争奪戦あたりとはまた違うので、アニメの絵も、またちょっと今日は違ったイメージがあったような(笑)。

 最初にいきなり授業参観を異常に楽しみにしているママンが登場!!息子の前で「どの服着て行こうかしら♪」とにっこにこ。ママンは何がそんなに楽しみなのか。ツナがそんなに勉強できるとは思ってないだろうに…母親とはかくも息子の学校での姿を見たいものでしょうか。それに比べれば、ツナはかなり一般的な息子のような気がします(笑)。
 で、去年の授業参観の様子とかもアニメのオリジナルで加わってましたが、ママン、やりすぎ(笑)!!ツナが答えられないと思って助け舟を出したというのならともかく、そうとは思えないあの満面の笑みと来たら…完全に自分が授業受けてるよ(^-^;。ツナが学習する機会を一つ潰してる気がするのは、気のせいですか、ママン!

 当日。去年の授業参観のことで、オサムちゃん(?)たちにからかわれるツナ。ママンのことからかわれるのかと思ったら…ツナもやらかしてるのか!!「I am a pen.」…あれだ、飛行機で「Chicken or fish?」って訊かれて「I am chicken.」って言っちゃう笑い話の根源になる間違いですよね(笑)。
 でもそんなところに自称右腕登場。ツナがバカにされるなんて許しません。
 そして、親友山本も口添え。「そんくらいにしといたらどうだ?」…クラスの人気者に、そんなふうにたしなめるような口調で、でも「つまらないことするなよ」という、ちょっと厳しい視線を笑顔で浴びせられられたら、どんな奴でも言うこときかなきゃって気になるよな~~…アニメオリジナルでしたが、山本らしくてよかったです♪でも、何よりそのあとの
「たいしたことねーって」
笑顔が…………かわいい!!!!!かわいすぎる!!!超癒し系♪
 あ。たちまち獄寺に遮られてしまった(・・;。クラスメイトのからかいごときにダイナマイトを取り出す獄寺。リング争奪戦を目の当たりにしてるんだから、山本とて、もうそれが花火じゃないことくらい分かってると思うけど、やっぱり学校内で取り出したりしたら、おもちゃだと思っちゃったりするのかな?なんか口をへの字にしてきょとんとしてるのがかわいいな…思っちゃったりしてそうだなぁ(>▽<)!(←妙なとこでツボ。)

 さていよいよ授業参観開始。って、遅れてきたママン…遅れてきて挨拶したり、息子に手を振ったりするなんて、これまた天然甚だしいママン(笑)。授業の妨げになるのでは…!?あ、でもなかなかユニークな先生だな。ネタにしてるよ!
 そして、授業参観で、敢えて苦手な生徒から当てていくという冒険に出る先生。今、モンスターペアレンツとか、怖いですからね~。下手に親の前で「苦手な生徒」って言ったりとか、強制的に当てて答えられなかったりしたら、問題になりかねないですね(笑)。
 でも、山本ならそんなこと絶対なさそう(笑)。
「ちぇ、いきなりかよ~。んじゃ、二分の一あたりで
 ニカッ。これもかわい~な~。原作の、しょーがねーなーみたいな表情もかわいいんですよね♪そして、この答え方が大好きなんですが(笑)。あたりってなんだー!!数学ははっきりと答えが出るもんですよ!?さすが、山本クオリティー。ついでに先生、まぐれ当たりでいいんかい(笑)。あ、剛さんはOKみたいですが(^▽^)。お父さんも天然です。
「照れるぜ」
って、そんなお父さんでも本気で「恥ずかしいからやめてくれよ」なんて思わない山本がむしろすごい。
 (…オサムちゃん、中学の数学でつまずいてるようじゃ、東大は無理だって。)
 そして、授業参観にも関らず、態度の悪い獄寺。先生に注意されても「ムリ。」…やな生徒だなあ(笑)。でも、市瀬さんのラジオの話聞いてると、あの方、地でいけそうです、このセリフ。ただし、勉強の方はできなさ…ゴホン、何でもありません(笑)。しかしこの子たち、何の勉強してるんだ?分数にπにxとy…?分野が全く分かりません(笑)。
 で、結局ツナも当たるわけですね。(あれ、オサムちゃんは?)原作では、獄寺がこっそり「3」って教えようとしてたけど、アニメの獄寺はまたあからさまだなぁ(笑)。先生にすら気づかれるくらいあからさまなのに、ツナ、気づかず。
 間違えそうになったところで、キモイおばちゃんに扮したリボーンから草履アタック!!どうシュミレーションしてみても、ツナ、逃れる術なし。
(一気に緊張感の種類変わったーーーっ!!)
 …ツナ、中学の数学でつまずいてるようじゃ、立派なマフィアのボスになれないぞ♪
 そこで、救い…かと思ったら、ランボ&イーピン!
「ランボさんだって、先生できるもんね」
 って、どこのゴキブリだお前ゎΣ( ̄□ ̄!!!!!!!重力に逆らってるよ!?黒板消してることよりよっぽどそっちの方が気になった自分は心が狭いだろうか(笑)。
 で、ビアンキが現れて獄寺がぶっ倒れて、もう授業は散々。先生つらいな~立場ないなあ(笑)。
 そこへ、何とリボ山先生登場!!

 ここでCM。おお、ついにヴァリアー編第4巻発売ですね!!CMの様子からすると、雨戦は全部入るのかな?パッケージは獄寺か……そうだよな~。ってことは、山本のパッケージは霧戦と雲戦では?くっそ~~、霧戦と雲戦も買おうかな~~~。だって、ヴァリアー編のパッケージの守護者のイラスト、めっちゃ綺麗じゃないですか?え、ドラマCDはヴァリアー?……ヴァリアーか……そうか…(←微残念)。

 さて、リボ山先生。なんだか髪型も山本に近いものがあるように見えるのは、気のせいですか(笑)。ずいぶんお若いって、赤ん坊ですよ、皆さん!気づいて、そこんとこ!!
 まずは…いきなり引き伸ばし作戦で、胴着を着て運動することに。リボーンは並の人間じゃないと思ってたけど、人間でもないようです(笑)。首は回っちゃダメ!!でも山本や京子ちゃんの胴着姿は新鮮でした。そして、今日の京子ちゃんも、何だかとっても天然です。
 さらに、頭にチップを埋め込むとかただのマッサージチェア(電気椅子にしか見えない)が出てきたりして…。ランボさんがその椅子に乗りたがったら
「お前は電気に強い特殊体質だろ!!!」
って、何気に電気ばらしてるし(笑)。
 騒がしいのを聞きつけて、何と雲雀さんが登場!!…え、雲雀さん、授業参観は…?ていうか、今授業中……。お、でも、さすが雲雀さん。山本でも気づかなかったリボーンのコスプレに気づいた!!
「くれぐれも静かにね」
 スタスタスタスタ……って……

 ひ、雲雀さんッ!!目の前で校舎破損してますけど(笑)!!

 気づかなくていいところに気づいて気づくべきところに気づかない、ツッコミどころ満載の、アニメオリジナル場面の雲雀さんでした(笑)。
 さて、さすがの生徒たちもリボ山先生に不審感を抱き始めてます。が。粉砕して粉になるほどの強烈なチョーク投げで、見事支配しました。さすがです、リボ山先生。で、マフィアとか口にするもんだから、
「ハハハ、マフィアとか言い出して、まるでツナんちの小僧みたいだな」
 気づいて山本!それ、ツナんちの小僧だから!でもこの癒し笑顔がたまらない(><)!!

 結局ツナに責任が押し付けられて、超久々の死ぬ気弾!!そして、超久々のリ・ボーン!!ツッコミ担当のツナに、クラス全員が
「開き直りやがった…(-_-!!!。」
ってつっこまれてるのが、なんかちょっと面白かったです(笑)。

 次回は…なんと、結婚式!?おお、それをやりますか!千紫毒万紅(だっけ?)が編み出されたお話でしたが、既に黒曜編でビアンキその技使ってますからね~。さて、どんなオチになることやら。(←オチ?)

 さてさて、今回も「俺たちのJoy!」のCMやってましたねぇ…先週かなり躊躇っていたのですが、Getしてしまいました(笑)!!いつもお世話になっている班胥さんのところで、記事やコメントを読ませていただいて…意外と良さそう、とのことだったので、だったら!!!と、思い切って(笑)。まだ何度もは聴けてないのですが、これ、ソロ曲は井上さんと市瀬さんの作詞なんですね!!しかも、井上さんの作詞の曲、発売延期になった時と、タイトルが変わってる…ということは、敢えてあの歌に変えたんですね、井上さん!!すごい、グッジョブすぎる、井上さん(笑)!!ただただひたすら好きなものを並べ立てる山本の「みんな好きだぜっ」…斬新だし、大胆だし、ちゃんと1番は野球関係、2番は食べ物、3番は大切なもの…みたいな感じで並べてるんですよね。しかも、その中に思わず笑っちゃうものとか、他愛ないものとか(笑)。なんか、すごいこの子の頭の中って、好きなものが一杯なんだなぁ、かわいいなぁ♪あれも嫌い、これも嫌いってわがままばっかり言ってるような子供も多い世の中で、なんて癒し系なんだろうこの子。すっごい前向きな感じとか、井上さんよく分かってるなぁ。獄寺の歌もよかったですよ。市瀬さんは獄寺のことよく分かってる!曲調は獄寺の曲の方が自分の好みですが、まぁ、歌そのものがあんな感じなんで、とりあえず人前では聴けないかな(笑)。 俺たちのJoy!も、意外と(?)爽やかな感じでよかったです。なんか、歌が上手い下手というより、キャラの雰囲気があるかどうか、という点では、キャラソンとしては失敗してないと思います。人によって感想は違うかもしれませんが、山本好き(獄寺好き)なら、買ってもいいかも、と思いました。とりあえず山本は、かわいい!!それだけでも十分です♪

| | コメント (3) | トラックバック (1)

指定キャラバトン&ヲタバトン

 久々、リボーン以外の記事(笑)。あけましておめでとうございます以来です。たぶん。最近は忙しかったのと、なんか気が向いてゲームやったりとかしてて、こちら結構放置気味といいますか(笑)。いけないいけない。週一でアニリボ感想だけは書いてますが…、いつの間にやらほんとそれだけブログになっている(笑)。
 今回はバトンダブルで回答させていただきます♪えっと、本当は一つ目、一ヶ月も前に頂いたものなんですけど……ごめんなさい、大変遅くなってしまいました!よくお邪魔している耀さんから頂いたキャラものバトンです!!いつもありがとうございます~!それではさっそく、れっつ、ファイ!!(←戦うんかい。)

〇アニメ指定キャラバトン

●※指定キャラ:山本

▼呼び止められたら?

→口から心臓なり魂なりがはみ出しているとは思いますが、それを必死に押し込んでから振り返るのかと。

▼いきなり頭を撫でられたら?

→脳みそが沸騰して爆発しないようにしなきゃ!山本が火傷しちゃう♪
 ていうのはあながち冗談でもないのですが、背の高い山本にそんな風にされたら、イチコロですね(笑)。

▼手をつながれたら?

卒倒するな(笑)。

▼抱きしめられたら?

→え、卒倒したから(笑)?ダメだ、卒倒してる場合じゃない!!頑張れ自分!!

▼愛してる、と囁かれたら?

→ああっ、せっかくつなぎとめた意識があっさりぶっ飛んでしまった!!

▼キスされたら?

→……(←世にももったいない状態で気絶中。)

▼部屋に招待されたら?

→意識を取り戻さないため、応急処置として搬送されたらしい。

▼添い寝されたら?

→図々しくあまりにも長い時間魂が戻ってこないので、心配になった優しい子はそのまま眠ってしまったようだ……。

▼普段見えない所が見えたら?

→え?たぶん天井辺りから自分の姿を見下ろして…って、戻ってこぉ~い、マイ魂!!

▼最後に回す人 5人

→す…すみません……魂が行方不明につき、次のランナーにたどり着けな……_o__ばた。

 あれ??あれれれ???なんかおかしな展開になってしまったような。項目の意図あってますかね?(←あってるわけない。)それにしても、根性ないな、自分(笑)。

 じゃ、そんな感じでもういっちょ!!

[ヲタバトン]

■好きな女キャラクター5人

→女性ですか?う~~~ん。
 ・ナウシカ(風の谷のナウシカ)
 ・ナミ(ONE PIECE)
 ・ビアンキ(家庭教師ヒットマンREBORN!)
 ・のだめ(野田恵)(のだめカンタービレ)
 ・藤岡ハルヒ(桜蘭高校ホスト部)


■その中で1番好きなのは?

→みんな好きだけどな~。強いて言うなら、ナウシカ。

■どんな所が好き?

→幼い頃から刷り込まれてますから(笑)。でも、基本的に好きな女の子のキャラクターって、自分をしっかり持ってて、かっこいいところがある気がしますね。サバサバしてるというか。

■好きな男キャラクターを5人

→これは得意!!まかせて!!(←何をだ。)
 ・山本武(家庭教師ヒットマンREBORN!)ダントツ1番!!
 ・雲雀恭弥(家庭教師ヒットマンREBORN!)ダントツ2番!!
 ・土方十四郎(銀魂)かっこいいですよね♪
 ・坂田銀時(銀魂)だめな時とかっこいい時のギャップが(笑)。
 ・蛭魔妖一(アイシールド21)頭がいい!!

 ※なんか蛭魔以外各漫画より2名ずつという感じがしますが、別にセットではありません。単品で好きです。
 
■その中で1番好きなのは?

山本武!!
 たぶん書かなくてもここの記事を読んでくださったことがある方なら分かってくださるかと(笑)。

■どんな所が好き?

その魂が。(←ド真剣)背が高いところとか、かっこいいところとかかわいいところとか、運動神経がいいところとか、そういうのも大好きですけど。いつもどれだけどんなところが好きかって、これでもか!!と書いてるので、今回はシンプルにまとめてみました(笑)。

■好きなゲームを3つ

→ゲームですか。ゲームはそんなに持ってないんですけど…。
 ・FFシリーズ(特にⅤ・Ⅶ・Ⅹ):スーパーファミコンのころから、幼いながらに大好きでした。父がやるの見てました(笑)。Ⅹは最後泣きました。これは大人になってからだったんですけど、PS2を購入した記念に、FFシリーズなら間違いないだろうと思って、だいぶ前から出ていたこのゲームを中古で買って、やってみたら…ほんとにもう!!絵もびっくりするくらい綺麗になってて、ゲームも進化したなあと思いました。でも、それ以降のシリーズはやってない…(笑)。
 ・逆転裁判シリーズ(1・2のみしかやってない。):DSを買ったってことで共通の話題になって、最近同僚の方に借りたんですけど、これは面白い!!頭使いますし。ナルホドくんも好きだけど、御剣くんが特に好きですね。実はいい奴っていうのに惹かれます。そして、ストーリーがまた面白い。簡単には謎解きできないんですよね。かなり意外な事実にたどり着くこともあったり…。ちゃんと色んな話がつながっていくし。よくできてると思います。これをやって初めて検事がどんな仕事なのかを知りました(笑)。そして、自分が持ってるDSゲームはボンゴレカーニバルしかないので、さすがに貸せませんでした(笑)。
 ・咎狗の血:最近やったんですけど…。いわゆるスーパーなBLゲーム(笑)。アドベンチャーって、これ、アドベンチャーに入るんですかね?選択肢ほとんどない…。ずぅううっとポチポチストーリーを進めるためのボタンを押してるだけなんで、ゲームやったというより、物語を読んだ、という感じでした。麻薬に血に暴力と過激ではありますが、物語はなかなか面白かったです。よくできてる…!!全部クリアしないと全ての真相が見えないし、画像や絵も綺麗でした。でも、源泉、リン、nは、むりやりそういう展開にもっていかなくても…と冷や汗たらたら(笑)。シキはかっこいいけど話が…(-_-;。nの最後の話は泣けました。うっ、ケイスケ…!!

■好きな声優さんを3人

→声優さんかぁ。素晴らしい方が沢山いらっしゃいますが、今回はこの3名で。
 ・近藤隆さん(家庭教師ヒットマンREBORN!:雲雀恭弥)譲れません♪♪♪かっこよすぎるvvvvv
 ・杉田智和さん(銀魂:坂田銀時 咎狗の血:ケイスケ)銀さんの話し方、ケイスケの二重人格、すごすぎる。
 ・鳥海浩輔さん(テニスの王子様:千石清純 バジリスク:甲賀弦之介 咎狗の血:アキラ)すんなりいい声。

■好きなアニメソング(アニメOP、キャラソン等)を3つ

→アニメソングっすか?じゃあ今思いつくもので。
 ・アンインストール(ぼくらのOP):かっこいい上に素敵♪
 ・Vermillion(ぼくらのED):作品の世界観に合いすぎてて泣けます。
 ・月光花(BLACK JACK OP):レンタルに並ぶのが待ちきれなくてCD買いました!
 ・D-tecnoLife(BLEACH OP):これもこの頃マイナーでレンタルがなくて、CD買いました(笑)。

 あれ?3つ?おっかしいな、計算が合わな…(←計算しなくても指で事足りる。)

■コスプレはする?又はどんなコスプレをしてみたい?

→しませんねぇ。あまりしてみたいという願望もないですが。あ、たすきに袴やってみたい。(←純粋な好奇心。)

■アニメ・漫画・ゲームの中で憧れるもの(あったらいいな、と思う)

→…山本武(笑)。いたらいいなぁ。(←趣旨違う。)

■一番『萌え』を感じるものは?

…山本武(笑)。何してもかっこいいわかわいいわ……。(←だから趣旨違う。)

■このバトンをまわす5人

→えっと…最近仲良くして頂いていた方々のブログやサイトが休止・停滞・閉鎖と相次いでまして…寂しいことこの上ないのですが…そして、ひきこもりんなので、よほど強い気持ちがないと自分から声をお掛けしたりしないので…5人はちょっと…(笑)。みなさまお忙しいと思いますので、もしお気が向かれましたら!!
 ・班胥さん…先日はイラスト本当に本当に本当にありがとうございましたっ!!
 ・米倉よねを様…すすすすす、すみません…図々しくて…す、スルーしてやってください(^-^;!
 ・AYUちゃん…ごめん、溜めてるの分かって回してます(笑)。またあそぼ♪

 さて、今日はこれから仕事…です。アニリボは観ましたが、感想書くまで時間がなかったので、先にバトンの記事をあげておこうかと思います。アニリボも何とか今日中に!!頑張ります!!
 耀さん、いつも楽しいバトン、ありがとうございます!!今回も楽しかったです♪ひとつめはまともな回答になってない気もしますが、二つ目はほんと色々考えちゃいました。自分の中の旬ネタで咎狗入れてみましたが、少しでも楽しんでいただけたでしょうか(笑)。楽しんでいただければ、幸いです♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

アニメリボーン標的66「ふるえてゴースト」感想

 ……山本、そのカッコは…Σ( ̄□ ̄)!!!

 先週に引き続き今週もどうしても抜けられない仕事があったため、感想書き始めるのが遅くなっちゃいました。久々の日常編♪平和だなぁ~~~~♪でも、ヴァリアー編からの日常編への移行ということで、ちょっとエピソードが加わっていたりして、雲雀さんファンでもおいしかったかなぁ、と(笑)。そして、作画は素晴らしいまま!!作画のアミサキさんといえば、雨戦を担当してくださった方だと記憶してますが、その時から綺麗でしたから!!!日常編でも作画が綺麗な時とそうじゃない時では、楽しめるレベルがずいぶん変わってくるので、とってもありがたかったです!!

 それでは本編の感想にいきたいと思います!以降ネタバレ注意でっす!!

 <アニメリボーン標的66「ふるえてゴースト」>

 とりあえず、OPが変わるかな~?と、こちらに来てくださる方と話題にさせていただいたのですが…ええまあ、「VSヴァリアー編」はなくなってましたよね(笑)。それ以外は全く変化がなかったので、この先未来編があるのかどうか…という確信には至りませんでした。とりあえずこのOPは、前半日常っぽい所もあるから、このままいくかもしれませんね。未来編にいつ入るのかとか本当に入るのかは断言できませんが、入る時にOPが変わるのかなぁ。
 そして、OP後の提供のバックを見て
「夏かよ!!」
と思わずつっこんだ紫月でした(笑)。

 ま、とはいえ、一応肝試しは「寒中肝試し」になってましたから、季節はずれにやるということは意識していたようですね(笑)。

 さて、平和な日常に戻って、ほんわかしてるツナ。かわいいな~。今までずっと張り詰めた顔とか驚いた顔とかつらそうな顔とか、真剣な顔ばかり見てきていたので、何かこんな表情のツナを見るのは久しぶりのような気がします。(←いや、前回でもあったけど。)そして、獄寺と山本がつるんでて。いいなぁ。みんなの無事を確認してほんとによかった…と改めて実感するツナ。やっぱ作画いいですね!山本もかわいい♪
 そんな所へ、日常編でも危険な雲雀さん登場(笑)。あのテーマをB.G.Mに登場するから、妙にバトルチックな雰囲気になっちゃったよ(笑)。あの曲、後半はめっちゃ戦闘モードっぽいんだもの。でも、意外な雲雀さんの台詞と、実際のリング戦の際にカットされちゃった山本の台詞に近いものが入っていたので個人的に楽しかったです♪
 どうやら雲雀さんは校舎の破損がちゃんと直されてるかどうかを確認して回ってるらしい。意外と勤勉だ。そして、一緒に戦った仲間同士なのに、いきなり突っかかる獄寺と、ちゃんと怪我の心配をしていたらしい山本。そんな彼らに向かって、雲雀さんの一言は
「また群れてるの?咬み殺すよ」
 何処までも雲雀さんです(笑)。
でも、
「学校を壊すのは許さないけど、戦いは楽しかったよ」
 (@□@)!!
 なんと!!雲雀さんは学校壊すんじゃなかったら、また群れてもいいって!!(←言ってない。)
いや、また巻き込んでくれていいよ、と言ってるんでしょうか。さすがバトルマニア。そんな雲雀さんの背を目で追いながら、山本がにっこり♪
「あっはははは、相変わらず学校が好きだな、あいつ」
 かわゆ♪
ほんとは「あいつホント学校好きな」って言って欲しかったけど、いい。かわいい♪

 そこへまた消火栓からリボーンが現れて、寒中肝試しをやるって。寒中なら寒中らしいカッコをなさってくださいリボーン。思わずOP後の提供バックでつっこんじゃったじゃないの。(←敢えてばらす必要もなかった。)京子ちゃんも来るってんで、京子ちゃんとペアで…なんて、ほんわ~~~~と妄想にふけるツナ。
「面白そうだな!オレとペア組もうぜ、ツナ!」
 山本、空気読んで(笑)!!
「なにぃ!!いついかなる時でも、10代目をお側でお守りするのは、右腕であるこのオレだ!!分かったか!!」
 お前も空気読め(笑)!!

 さて、いざ肝試し会場へきたツナ。京子ちゃんとペアになると思い込んでるあたりがさすがですが、残念ながらランボさんのよだれだらけの手を握ってしまいました(笑)。うぉ、嫌だ(^-^;。帰ろうとしたツナ。でも、色々あって、何とか踏みとどまって、ランボと一気に駆け抜けて終わらせようと決め、一気に走り出す!!
 そしたら、獄寺とイーピンが!!てか、イーピン後ろ向けばのっぺらぼうできるよね、素で(笑)。獄寺にさらりと肝試しされてるのが自分たちだけだと言われて、ますますショック!!頼みのランボは気絶しちゃうし、大ピンチ!!…と思ったら、今度はかわいい唐傘京子ちゃん来た!そして、なぜかナマハゲのハル(笑)。ナマハゲって、別の意味でタイムリーじゃないですか(笑)。一生懸命やる京子ちゃんたちのために、驚いてみせるツナ…の肩を、とんとん、とたたく誰かに振り向いたら…
 ビアンキ怖ぇええええ!!!
 原作ではあの顔の反面がさらに皮膚がめくれ上がってたりして恐怖でしたが、かわいいのに騙されてるだけに、これはかなり衝撃的です(笑)。
「言ったでしょ。大事なのはチームワーク」
 いや、むしろ特殊メイクが怖いのかと。
 結局ランボを置き去りにしてひたすら逃げるツナ!!

 ここでCM。ついにある意味こちらも恐怖の山本と獄寺のキャラソンが出るみたいですね。彼らが締めだったんですね。いろいろ突っ込みたいところは沢山あったけど、とりあえず……ねぇ、獄寺もホームラン狙うの(笑)?

 さて、逃げたツナに戻りましょう。逃げる逃げる逃げる。順序も何もあったもんじゃない。ひたすらまっすぐ逃げていくツナに、思わず隠れていた山本が呼び止めるも、耳に入らず。
「沢田はどーしたのだ?」
 了平兄さん気合入ってるな(笑)!!特殊メイクに鎧まで!!そして山本と来たら……

 この時期こなきじじいはいかがなものかと(><;!!!

 寒いでしょ、寒いでしょ、そのカッコ!!寒中肝試しですよ!?夜ですよ!?かわいすぎて怖くもなんともないよ!?(←あれ?)つか、違う意味でドキドキする(笑)。(←せんせー、変態が一人いまーす。)でも、ちょっと困ったような顔がまたかわいいので、こっちも困る。(←そんなこと言われても困る。)あっ、フゥ太も入ってる。一人だけ和風じゃないけど(笑)。

 そして、ランボおいてきたことに気づいて、律儀に戻ろうとするツナ。偉いな。そして、アニメのオリジナル設定で、なぜか墓地から出られなくなるツナ…てか、愛飢夫(あいうえお)って何(笑)。大人ランボらしき人が出てきてくれたけどなんかちょっと雰囲気違う?しかも、この寒い中半袖ですと!?(さっきもっと寒いカッコの子がいたけどね!?)
 一方おいてかれたランボさんの方は、10年バズーカで大人ランボに。
 脅かし役の子達は役目を終えて集まってきました。ビアンキに卒倒しながらも、ツナがどっかいっちゃったことで、山本を咎める獄寺。困ったような山本がかわいい♪
 そんなみんなのところにも人魂が出始める。なのに、怖がってるのはハルと獄寺だけ(笑)。山本は竹刀(時雨金時?)で斬ろうとするし、了平兄さんはボクシングの的にし始めるし。京子ちゃんは作り物と信じて思わず笑顔♪みんなどんだけ天然♪

 さて、ツナはというと、やや怪しげな大人ランボについていったら、変な扉の前に出た。そして、大人ランボ、なんか口調もおかしいし、言ってることもおかしいし。そこへ、本物の大人ランボが登場。よく見たら、半袖の方は足がない!!早く気づけよツナ、そんな大事なことは!!
 で、大人ランボのそっくりさんといえば、ビアンキの元彼、ロメオ。(恐らく)ビアンキのせいで謎の食中毒死をした彼は、ビアンキを恨んで、その仲間を全てあの世へ連れて行こうとしているらしい。幽霊のくせに、かなり力は強いみたいです。ツナの手をがっしりつかんで、あの世行きの扉へ引きずり込もうとする!!ツナが必死に助けを求めるも、大人ランボは
「いや、オレ、ユーレイはちょっと」
 出た、ヘタレ(^-^;。
でも、泣き叫ぶツナに、仕方なさそうに電撃角(エレットゥリコ・コルナータ)で攻撃!!リーチが短くてあまり当たったことのない技だったけど、見事ヒット!!したと思ったら、むしろ元気になっちゃった!二人いっぺんに扉の中へ引きずっていくロメオ。大ピンチ!!

「邪魔よ、ツナ!!」
 ドスを利かせた声で猛進してきたのは、ビアンキ!
「ムカツクのよ、その顔!!ポイズンクッキング!!」
 ロメオと大人ランボの顔に、ポイズンクッキング直撃!!たまらずロメオは消滅!電気とは相性よくても、毒とは相性悪いんですね、ユーレイ(笑)。そして、巻き添え食った大人ランボ(笑)。
「スッキリしたわ。分身してたから2倍スッキリ」
 人違いです、ビアンキさん。

 そこへみんな駆けつけてきて、なぜか人魂はツナがやったことになってます。そしたら、墓標や菊の花…色んなものが宙に浮き始めた!?真っ先に逃げるツナに、みんなも慌てて逃げ出す!へぇ、了平兄さんや山本でも、お化けは怖いんだ(笑)!!新発見!!
 けど、実はフゥ太でしたっていうオチ。フゥ太のともすると忘れられてしまいそうな性質を使ったオチで、うまかったなーと思いました!

 星座占い…牡牛座来た!!と思ったら、また雲雀さんに持ってかれちゃった…。山本の出番が極端に少ないと思うのは、気のせいですか!?いいけど。雲雀さんはかっこいいけど。雲雀さん、ディーノさん、骸さんと、いい男ぞろいの星座占いでした。

 次週はまた懐かしいですね~!!そう言えばこんなのもやってなかったですね。黒曜編に入る前の日常編は、かなりランダムな感じで、とにかく登場人物を優先的に出していくような感じでしたから。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年1月12日 (土)

アニメリボーン標的65「決着!」感想

 無事決着!!

 今日は午前中に仕事だったので、今やっとヴァリアー編の決着を見ました。やっぱり予想通りの展開だったんですが、最後の最後までかなり原作に忠実に進んでいったと思います。作画も最後まで綺麗でしたね、ヴァリアー編。嵐戦の2回目に一度崩れた程度で、あとはほとんど崩れてなかった…アニメスタッフさんのレベルがすごく上がったヴァリアー編。だったと思います。ひとまずお疲れ様でした…ありがとうございました、アニメスタッフさん!!そして、これからも頑張ってレベルキープしてください!!

 さて、今回は前置きするほど何かネタもないので、早速アニリボの感想行きたいと思います。まだ見てらっしゃらない方、楽しみにしてらっしゃる方がいらっしゃいましたら、この先事細かにネタがばれていると思いますので、お気をつけてくださいませ♪

 <アニメリボーン標的65「決着!」>

 前回のあらすじ~。生え抜きのヴァリアー部隊50人がやってきた~と思ったら「暴蛇烈覇!!!」だったわけです♪(←はやっ。)

 ランチアさんっ!!!スーツだったんですねっ!!!!!(←そこ?)

 原作ではアップになったところも服はよく分からなくって、てっきり黒曜のときと同じかっこをしてると思い込んでいたので、結構びっくりしました(笑)。いや~~ランチアさん、素敵です♪
「取り違えるなよ ボンゴレ。オレはお前を助けに来たのではない。礼を言いにきた」
 かっこいい~~~~!!ランチアさん!!いい人だ、いい人だ♪恩着せがましくないところがいい♪
 ベルはともかく、ヴァリアーも知っているマフィア界の有名人なんですよね、ランチアさんは。でも、惨殺事件はランチアさんが望んだことじゃないので、ちょっと複雑…。
「あいつあんなにつえーんらっけ?」
「強いよ」
 原作読んだときも思ったんだけど、このときの柿ピーが素敵です♪基本的には乗っ取られて言われるがままになってたランチアさんの本当の姿を、ちゃんと知っててくれてるんだな、と思って。そういう奥深さみたいなものがある人は素敵♪
「ししし…そーきたか。…それじゃあ…とっとと済まそっと♪」
 生え抜き50人が使えないと知るや否や、ベルはそっこーボスのツナ狙い!ナイフが疲れきって動けないツナに襲い掛かる!!

 キキキキキンッ!
「おっと、そーはいかねーぜ」

 o(>▽<)o!!!!(←声にならない。)
 ボスのピンチに颯爽と駆けつける騎士みたい!
(いや、ここは侍?)とにかく、かっこいい!!かっこいい!!!そのあとも、ベルに刀突きつけて、ずっとツナを守ってるんですよ!なんて頼りがいのある中学2年生!!!

 やや不利を悟ったマーモンだけど、行動に移す前に幻覚の炎の柱に包み込まれる!おお、髑髏ちゃん、感覚戻ってきたね!そして、ツナを守る山本の前、ベルの背後からチャリ、と鉤爪つきの鎖。
「ねぇ、決着つけようよ」
 野生の象ですら歩行不可能の毒にも負けない雲雀さん、傷を負っててももちろん戦う気満々です。そして麗しいです♪
 傷ついた右拳を構える了平兄さん、ツナの元へ駆けつけてきた獄寺も、ツナの無事を確認するや、ダイナマイトで応戦の構え!!そして生え抜きのヴァリアー部隊をことごとく滅した無傷のランチアさんも立ちはだかる!!さすがのベルもナイフを捨ててハンズアップ。マーモンも、なす術なし。そんな部下たちに、XANXUSは周りをけなす言葉を吐き散らすけれど、それも虚しく響くだけ。

 そんなXANXUSの姿を目にして、うつむくスクアーロ。自分が憧れてついてきた怒りが、惨めに敗れてしまった。でも、掟だからといって諦めるXANXUSではなかったことをディーノさんにアピール。だからこそスクアーロはついていこうと思ったんでしょうね。…それって、反抗期(笑)?
 そして謎のチェルベッロ。XANXUSはチェルベッロの予言どおりだと言ってるのですが、チェルベッロは「全ては決まっていたこと。あなたは役割を終えたのです」…と。何の役割?敗者役?やだなー、それ。「お疲れ様でした」とまで。ツナたちをレベルアップさせ、自覚を促すために、XANXUSたちの襲撃が必要だった、とか、そういうオチかもしれないですが(←それ、オチなのか?)、XANXUSが言われるままにピエロになるわけないから、XANXUSとしては何かを知っていながらそれに逆らおうとした、というところでしょうか。でも結局、誰かの手の上で踊らされただけ…的な?なんか、チェルベッロの話はそんな感じがします。結局分からずじまいですが。
 そして、結果としてはXANXUSの失格によってツナが勝利!!次期ボンゴレ後継者は、ツナとその守護者たち…と宣告を受けたわけですが、つまりそれは、スクアーロが言ったとおり、ツナを初め守護者たちもボンゴレファミリーの後継者として認定されてしまったというわけで、それってマフィアになるってことだよね…?それって、ものすごく重大なことのような気がするんですが…(^-^;。
 そして、勝利宣言を受けたツナは、京子ちゃんたちからもらったお守りを見てそのまま眠りに落ちてしまう…。

 そして、筋肉痛再び(笑)。
 そして、子供たちに絡まれるランチアさん!!!めっちゃ怖い顔してるのに、よじ登られるわ抱きつかれるわネクタイに登られるわ(笑)。困り果てながら「世話になっているぞ」って(笑)。いい人だぁ♪子供や動物に懐かれる人って、いい人なんだ♪もうフゥ太なんてランチアさん大好きって感じでニッコニコだもん!かっわいい!!そんなランチアさんもかっわいい(笑)♪
 これからパーティーに行くんだ、ということで、大暴れの子供たちに、ランチアさんうなだれてます(笑)。ランボの退院祝いということで、これまでアニメのオリジナルで着々と準備を進めてきていたのが、報われました(^-^)。原作ではなかったけど、ハルや京子ちゃんたちは相撲大会で優勝したんだということも最初から祝ってくれてるみたいです。相撲大会でツナが優勝したら、すごいと思うな、こんな小さい身体で(笑)。
 山本のお父さん、張り切ってるなー!!めっちゃご馳走!!それ、かなり自腹切ってるんじゃ…でも、そんな細かいこと気にしな~い!!って感じが、山本親子だなぁ♪この剛さんあっての山本だ♪
 そして、駆け寄ってきた獄寺の指にはキラーンと嵐のボンゴレリング!山本と了平兄さんは首にかけた鎖に♪あ、山本眼帯が取れてる。原作では目の上に小さなバンソーコーが残ってたけど、アニメでは傷ついたというより、コンクリートが当たって腫れ上がった、という感じの設定だったから、そういうのはなしなのかな。いいけど。笑顔がかわいいからそれでオールオッケー(^▽^b♪
 ツナ的にはそんな燃えるリング怖いから要らない!!って感じなんですが、大空戦でXANXUSに突きつけた台詞を逆手に取られてます。でも、9代目も無事一命を取り留めたってことで、ホントめでたしめでたし!ディーノさんにも獄寺にも、未来のボンゴレについて色々言われて、特に獄寺くんにはかなり熱く語られて、引いてるツナに受ける(笑)。涙ながらですか!
 さて、アニメオリジナルで相撲大会のチャンピオンベルトやランボさんの退院祝いのおもちゃまで用意してくれたハルや京子ちゃん。どれだけ時間持て余してたんですか(笑)!でも、京子ちゃんはとってもかわいかったし、そんな京子ちゃんに照れながら応えるツナもかわいいです♪この辺の作画、いいなあ。なんか、あったかい感じ。
 と思ったら、ビアンキにポイズンクッキング突きつけられたぁー!!!獄寺ぶっ倒れたー!!!剛さんはそれがポイズン的なものだって分かってるのかな?前一回ぶっ倒れてますしね(笑)!
 原作ではハルにポイズンクッキングを「あ~ん」されてたツナですが、アニメでは右腕の使えない了平兄さんに、京子ちゃんがお寿司を食べさせてあげてましたね♪仲のいい兄妹だなあ♪なんか、ママンやシャマルまでいるし。賑やかだな、アニメのパーティー。ぶっ倒れた獄寺に、山本思わず苦笑(笑)。人がいいだけに、そのままにしておけなくてどーしよっかなーとか思ってそう(笑)。

 そしたら、ここからまさかの原作標的136へ…!!何とこのパーティーをそっと抜け出して、ランチアさんとバジルくんがイタリアに帰国…!!!そう来たか!!原作ではちょっと日が経ってから、という感じの設定だったのですが、まあ違和感はなかったと思います。みんなが楽しんで盛り上がってる間に、そっと…ていうのは、ありだと思うので。それに気づいて追いかけてきたツナ。
 寂しいなぁ、ランチアさん、バジルくん。いなくなっちゃうのか。骸さんとのことも一応ランチアさんの中では片がついてるみたいだし、寂しいけど、ほんとに終わりだなぁ、という感じが。なのに、そんなところでランチアさんがボスの形見だってリングを渡すので、逆にこのまま未来編に突入しちゃうのかと思ってびっくりしましたよ!!いや、ないない!!だってまだ正チャン出てきてないもん!!と、自分に言い聞かせつつ、これからランチアさんに会えなくなっちゃうんだから、リングは今もらっておかないとまずいじゃん。バジルくんからも、死ぬ気丸を。これでお別れ、だよね。うぅ、寂しい…。と思ったら、今度はランボさんが駆けつけてきて、またまたこのまま未来編に突入しちゃうのかと思ってびっくりしましたよ!!!いや、ないない!!だって正チャンが…(以下略)!!!でも、ランボがそれをアメだと勘違いして…という流れじゃなかったので、あ、やっぱりそうだよね、まだ未来編には入れないよね、と思い直したと思ったら…レオンがうにゅぅ~~~。
「暴蛇烈覇!!!」
 えぇえええ!!退院したばかりのランボを直撃!!そ、その流れは…またまたこのまま未来編(以下略)!!そのあとのランボのセリフが例のリボーンの悪口じゃなかったので、ようやく胸を撫で下ろしました(笑)。入れないって!!さっきから自分に言い聞かせてたじゃんか!!全く…紫月は早とちりでいけません(笑)。でも、そこまで原作に忠実に進むとは思わなかったので、ある意味びっくりでした。最後はランボがリボーンに投げつけた大量の手榴弾の爆発に巻き込まれて、ギャグ漫画の如く吹っ飛んできらりと消えるツナ(笑)。(いや、ギャグ漫画…だったし?)そして、パーティー会場からしばらくいなかったはずなのに
「あれ?ツナ君は?」
 ああっ、京子ちゃん…( ̄□ ̄!!!。まだ了平兄さんのほうが「そう言えばさっきから…」って、前から気づいてくれてたみたいです(笑)。どうやら吹っ飛ばされたツナは電信柱にしがみついたようですが、あれだけの手榴弾の爆発に巻き込まれて天高く飛ばされながら無傷でいるツナは、ずいぶん成長したと思いますよ、リボーン(笑)。

 しかしこのEDは綺麗だなぁ♪先週何回も見たのに、今週もにやける顔が止まりませんでした。

 そして、原作の標的135に戻って、ヴァリアー編の終結。XANXUSたちの処分は9代目と門外顧問の家光さんとで決めるということで、処分は保留、なのかな、一応。たまってた宿題を見たツナの反応が、WJの時と単行本で違ってたのですが、意外にもWJ寄りのセリフが採用されてました。まぁ、こっちの方が面白いんで、ノープロブレム。
「これからまたオレとの地獄の日々に逆戻りだな」
 ここで原作は脅威の展開になったわけですが、アニメではひとまず日常編に戻るみたいですね!ちょっとホッとしました。まだまだ日常編でやってないのありますし、何といっても正チャンが…(もういい)。次回は幽霊ですね?この季節にまた、何で幽霊(笑)!!!あれ、お盆の話じゃなかったっけか。まぁいいけど…。作画は綺麗そうですね!!!日常編でもこれだけ綺麗でキープしてもらえたら…嬉しいなぁ!!アニリボのレベルがほんとにここまで上がってきたってことですよね!?これからロンシャンとかも出てくるのかなぁ~。
 

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2008年1月 5日 (土)

アニメリボーン標的64「怒りの真相」感想

 やっ……

 やっばい、これヤバイ!!このEDは破壊力ありすぎるぅうううううううううっ!!!!!

 ぜはっぜはっ!!(←新年早々落ち着け。)
 す、すみません。今日から2008年のアニリボがスタートでしたね♪そして今回からEDが変わるということは教えて頂いていたんですけれど、曲はまあともかく、ヤバイですって!!綺麗すぎる!!
 っとぉ、ネタバレ注意まだ書いてないですね(^-^;。落ち着け自分!落ち着くために、ちょっと別の話題(笑)。

 このお休みの間に気になりつつも、時間がなくて見られずにいたアニメを一気に見て、頭の中の情報量が一気に増えた感じです(笑)。(←脳ミソの無駄遣い。)見たのは、前記事にも書いた「ぼくらの」に加え、「魔人探偵脳噛ネウロ」そして「コードギアス 反逆のルルーシュ」…「ぼくらの」は終わってたので、すっきりしたんですが、ネウロはまだ始まったばかりで12話くらいしかなかったのかな?丁度ジャンプで読み始めた辺りまでは進んできたのですが、自分途中から読んでるので、ネウロと弥子ちゃんの馴れ初めとか、吾代さん、Ayaさんのお話なんかを知ることができてよかったかな。あと、笹塚さんがどんな人なのか、とか。何気に笹塚さんが素敵です(笑)。ネウロも素敵なんですが。そして、以前やってたリアルタイムですごく面白い、という噂を耳にしていたので、コードギアスも見てみました…一応25話、今のところ。確かに、最初の頃はすごく面白かったんですが、だんだん複雑になってきちゃいましたね。ルルーシュの思うようにならなくなってきて…よりにもよって文化祭というドンチャン騒ぎで起こらなくてもいい事があれこれ起こってしまって、その辺からしんどくなってきてしまいました(^-^;。そして、ユフィの事件。な…なんと…(-_-;。軽いミスが重すぎる結果を招いてしまったというか…そして、2007年の夏にFinalという名目でやった分でも決着がつかず、一応続編快調製作中…って、終わってないんかい!!って感じでした(^-^;(←知らなかった人)。自分の中ではガンダムの世界にギアスという力が加わったようなタイプの話だなぁと思いましたが、おかしくなる前のルルーシュはかっこよかったです。ギアスの制御がきかなくなってからは、ちょっと…。スザクもユフィのことで混乱してからはスザクらしくなくなってしまって、まあ仕方ないといえば仕方ないんでしょうが…。そして最後に出てきた謎のV.Vくん。もう意味分かりません。つまり、マリアンヌ様…ルルーシュのお母さんが何かしらギアスやC.Cに関係しているってことですかね?あらゆる物語や関係が全部中途半端なままで終わってしまったので、大変もやもやでした(笑)。

 って、余計な話長すぎっ!!では、今年最初のアニリボ感想、張り切っていきたいと思います!以下まだ見てらっしゃらない方にとっては完全にネタバレですので、この先はお気をつけてください。では、いざ!

 <アニメリボーン標的64「怒りの真相」>

 原作これまた1・5話分。これでついに15巻が終了してしまいましたね。6つの守護者のリングを集めたマーモンがツナの前に現れたところから。

 リングを半分にして所持するのは、リング自身にも秘められた力があるからだというマーモン。8年前に氷漬けにされたXANXUSが助け出されたあとには、7つの小さな焦げ跡があった、と。確かにそれはリングの力かな、と想像はつくのですが、マーモンの「誰がやったかは定かではない」の言葉がひっかかるんですよね。誰がやったんだろう。ヴァリアーの誰かだったら、マーモンは知ってそうだし。そして、大空のリングとともに、一箇所に集められた7つのリングから…

 7色の炎っ!!!!!

 こ、これは……明らかに未来編を意識してませんか!?こう見ると綺麗だなぁ。7色と言えば、アルコバレーノのおしゃぶりの色のような気もしますが、アルコバレーノ自身はその色とか性質とか、関係ないのかな?
 そして、「二度と溶けない」ってツナが言った矢先だというのに、みるみる溶けていくXANXUSの氷。そして、やたら「いいぞぉ!!」を連発するスクアーロ(笑)。ベルに大空のリングも取られてしまって、XANXUSも自由になって、ツナ大ピンチ!!山本、獄寺、了平兄さん、髑髏ちゃん…ツナの守護者たちが駆けつけてくる前で、マーモンの小さな手がチェーンに指輪をはめ込んでいく…。一つ一つのリングをはめ込むごとに、その守護者がクローズアップされたけど、その場にいない雲雀さんもちゃんとアップで出てきましたね♪しかも麗しい♪
 全てのリングがはめ込まれ、XANXUSの指に大空のリングがはめられて、それぞれのリングがそれぞれの炎の色で輝きを放った途端…何と天まで突き抜けるリングの光(笑)!!すげえな。
「力だ!!とめどなく力があふれやがる!!!」
 すごい形相で喜ぶXANXUS。
「ついに!!ついに叶ったぞ!!これでオレはボンゴレの10代目に…!!!」
 ドクン!!
「ぐはっ!!」
 バタンッ!!
 ……この様子を見ていた父が言ったセリフ。
「おっ。心臓止まった」
 いや、止まってないですけど(笑)。本来なら「がっ!!」って血を吐いて倒れるから、心臓止まったというようには見えないのですが、これは知らない人が見たらそう見えるかもしれない…。ネウロもコードギアスも、これでもかって血が飛び散りまくっていたアニメだったので、ますます違和感が…(^-^;。(まあ、深夜番組と比べてもねぇ(笑)。)
 顔面から倒れるXANXUSに、心配するマーモン、ベル。そっか、一応心配はしてくれるんだね。そして、スクアーロは「まさか…」という反応。更に、ブラッド・オブ・ボンゴレを持つツナが「リングが…XANXUSを…XANXUSを拒んだんだ…」…原作では「XANXUSの血を」となってましたが、ここはあくまで血にはこだわらないということでしょうか。

 ここでCM。今度のキャラソンはイーピンとランボ「餃子牛丼セットの歌」、京子ちゃんとハルの「Friend」が2枚同時発売。ん?これは今までと違って二人で1枚ということでしょうか。その方が無難だとは思いますが(笑)。イーピンとランボの歌、これ、売れるのかな…(^-^;?餃子牛丼って……!!京子ちゃんとハルのは、聴き慣れてるから結構買おうかな、と思う人がいるかもしれないけど。

 起き上がって尚へたり込むXANXUS。
「さぞかし…いい気味だろうな。…そうだ…オレと9代目は…本当の親子なんかじゃねえ!!」
 血なんて繋がっちゃいねえ、もなしですか?(ついでに老いぼれもなしですか?)
 XANXUSの名を口にしたツナに向かって、
「同情すんな!!!カスが!!!」
 原作では血をぼたぼた零しながらのセリフでしたが、アニメではごくごく健全なXANXUS様。ただ苦しそうですが(笑)。そこに、スクアーロのつぶやき。「…オレにはわかるぞぉ…」
 そのつぶやきを聞いたチェルベッロさんたち、何かのスイッチを入れた模様。そのおかげで、スクアーロの声はスクリーンを通して全校放送(?)に。
「お前の裏切られた悔しさと恨みが…オレにはわかる…」
 それに反応したのは、XANXUS、ツナ、そして山本。
「スクアーロ!!」
 よかったね、山本!!つらかったもんね、一人だけ対戦相手を死なせてしまったという重荷を背負って。(注:モスカは死んでない。壊れたけど。)

 ※さて、ここで突然後半書いた全部消えました(;;)。うわぁ、泣くわ~(笑)。頑張って復元します…。

 意外にもう一人、ちょっとホッとしてるように見えたのは自分だけでしょうか。XANXUS。
「生きてやがったのか…カスザメ…」
 でも、わかる、と言ったスクアーロには反論するXANXUS。おかげで言う訳にはいかないと思ってたスクアーロが全部暴露する羽目に。揺りかごの時に知ったことから、ちゃんと調べたんですね、スクアーロ。雑そうな人だと思ってたら、意外にまめ♪

 原作ではこのエピソード、ちょっと不自然なところが多かったのですが、アニメではちゃんとフォローされてましたね。まず、XANXUSの母親がいきなり炎一つで息子がボンゴレの後継者だという妄想に取り付かれてしまったというところ。原作では「おいおい、母親ちょっとおかしーだろうよ」って感じでしたが、これは貧困のなせる業、という解説が入ることで、息子を裕福な暮らしをさせてやりたいという母親の強い願いがそうさせたのだと考えることができそうです。そして、それをあっさり受け入れてしまった9代目。これも「何でそんなのあっさり信じるのー?!」という感じだったのが、否定するには母親の環境があまりにも酷く、XANXUSのまっすぐ信じている瞳が不憫で否定できなかったという9代目の優しさを強調したエピソードになっていました。
 それにしても、9代目のこの慈悲は、ある意味残酷だったような気がします。引き取るなら引き取るで、ボスにはしないとはっきり言ってあげるべきだったのでは。それを信じてふてぶてしくでかくなってしまったXANXUSの反抗期は、半端なかったわけですから。ここまでXANXUSのプライドが膨れ上がってしまう前に、何とかできなかったのかなぁ。それを言うには、やっぱり9代目は優しすぎたんでしょうね。

 そして、その優しさを裏切りと取ってしまったXANXUS。自分の思いが中心で、それ以外のことを考えようとしないXANXUSと、それが愛情なのだと悟ったツナと。そこが器の違いなんじゃないのかな。そして、ずっと年下のツナに諭されても、それを受け入れることができないXANXUS。無償の愛を気色悪いととらえてしまうほど、愛情を掛けられてなかったんでしょうか。そして、それに共感するベルとマーモン。
「叶わねーなら叶えるまでだ!」原作では「叶わねーなら道連れだ!!」といったXANXUSでしたが、アニリボではまだまだ希望を失っていないXANXUS様(笑)。そのために、みんなを殺そうとするヴァリアーの面々を食い止めようとするツナの守護者たち。フラフラの雲雀さんも参戦。
 人数では不利なはずなのに、余裕綽々のベルとマーモン。もともと皆殺しにする予定だった彼らは、ヴァリアーの精鋭を50人既にこちらに向かわせているのだという…。50人?50人て…

 ヴァリアーってほんとに暗殺部隊(笑)?

 だって、精鋭だけで50人もいるんでしょ?どんだけ大規模な暗殺部隊。
 で、その精鋭が関係者全員を殺すために来ている、ということで、場所は病院。相変わらずパーティのお飾りを作ってる京子ちゃんたち。異変に気づいたのはビアンキだけ。でも、そっと外に出てポイズンクッキングを準備したビアンキの目の前にいたのは、何か大きなものに潰されたようなヴァリアーが、倒れているだけ…。(そしてここはもちろんオリジナル。)

 チェルベッロにまで手を出し、全くルールを守る気のないヴァリアー側に、チェルベッロはついに失格を宣言し、ディーノさんやコロネロ、バジルくんの参戦を認める。けれど、マーモンのせいで赤外線が解除されずに参戦は不可。自分たちでやるしかない…!と、獄寺たちが決意した時、髑髏ちゃんがふと何かに気づく。
「…骸様…?…え…誰か…来る…?」
 そこへやってきてしまったのは、精鋭のヴァリアー部隊……!!

 すみません、かなり原作どおりでシリアスだし、あまりツッコミどころもなくて、面白くもなんともない文章の上、なんかあらすじ一杯書いちゃいました(^-^;。よぉし、ここからEDだ!!

 今回のテーマは冬の私服?これ、めっちゃいいですよね!!!
 まずはツナ。かわいいし、センスいい!!かわいいツナにはパーカーがよく似合います♪
 そしてリボーン。これ、最初コスプレかと思ったんですが、私服ですよね?ボア(?)付きのダウンジャケットの帽子かぶって、これ、短パンですよね?かっわいい!!そして、レオンもおそろの赤いジャケット。レオンちっちゃ!二人そろってきゃわゆい(>▽<)♪♪♪
 そしていきなり来たーーーー本命山本っ!!!かーーーーわーーーーーいーーーーーいーーーーっ!!雪球とか作っちゃって!!投げる気か?投げたら怪我人が出るぞ、山本(笑)!!いたずらっ子な笑顔がかわいすぎる!!寒そうなのにシャツの襟が開いてるところがなんかちょっとだけ大人っぽいし♪やばいっす、かわいすぎです!!
 更に破壊力抜群だったのが、雲雀さんですよ!!!はぁーーーーーーーー!?何この人!!!かっこよすぎじゃないすか!?かわいすぎじゃないすか!?グレー系でまとめてシックなくせにニット帽!?マフラー!?黒い髪に似合いすぎでしょう!!麗しすぎでしょう!!しかもヒバードが青系でおそろ…やられた(笑)!!
 そしてこれまた意外な白のセーターにグレー調の中が大人っぽい了平兄さん!?横顔で視線だけ送りながらにやっと笑ってる感じがまたかっこいいんですよ!!ネクタイ締めてるしー!!いつもジャージの人がこういうかっこしてるとちょっとドキドキしませんか!?もう!!
 次は女の子たち!うわぁ、いつもと違う髪型だ、みんな!!!ハルはふわふわで下のほうだけ三つ編み結ってておしゃれだし、京子ちゃんがアップにしてて超カワイイ!!ママンまで片方耳に掛けてお上品な感じ♪更に更に、ちょい悪オヤジ系のシャマル(笑)、絶対見惚れてるだろう!!めちゃめちゃ色っぽいビアンキに!!ビアンキ、女性陣の中で最強に美しいです!!髪を結い上げててもちょっとゆるくてこぼれてくる髪があったりして、これぞまさに見返り美人!!そして、超かわいいフゥ太!帽子似合うなぁ。無邪気に喜んでる感じがかわいい♪そしてそれを優しい笑顔で見守るお兄ちゃん的なディーノさんっ!!!小さいけど、すごく好きだな、この絵。
 そして、いつも通りの格好で、一瞬だけ変わるランボとイーピン。ランボはマフラー巻いただけ(笑)。もともと頭あったかそうだもんね。イーピンはコートにスカートなのかな?足が見えててかわいい♪帽子もかぶってる?頭寒そうだもんね(笑)。
 そしてまたこれ来た、破壊力!!髪の毛結った獄寺ぁあああ!!着てる服は…綿入れ?みたいな感じなんですが(模様が)、ネコ!!ネコ抱いて困ったような笑顔と来た!!本気で!?これもかわいすぎるんですけど!!!そんな獄寺、今まで見たことないですって!!
 最後に、リボーン、山本、獄寺、了平兄さん、ハル、京子ちゃん、ツナの日常メンバーが、これまた別の私服で登場!!みんなかわいいですが、京子ちゃんがすごくかわいい。山本の悪戯っぽい笑顔がまたこれかわいい!!すごく山本らしいです♪立ってる位置もあるかもしれないけど、山本、背が高いなぁ♪(←ツボ。)

 そして、ED後。やってきた生え抜きのヴァリアー部隊、鬼神の如く強すぎる男に一方的にやられたらしい(笑)。で、ヴァリアーってほんとに暗殺部隊?(←二度目。)
「暴蛇烈覇!!!」
 きたぁあああ!!ランチアさん!!!

 次回はついにリング争奪戦終了ですね。いきなり予告が剛さんでびっくりした(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます♪

 昨年沢山来て下さった方々、たまたま来てくださった方々、沢山のコメントを下さった方々、本当にお世話になりました!!今年も精進してまいります。たぶんやっぱり文章ばっかりのブログだとは思いますが(←精進する気、あるのか。)、お気に召されましたら、今年もまたよろしくお願い致します♪

 ということで、一応予告どおりこれから三が日ほど自分がリアルに出した年賀イラストを載っけておこうと思います。とりあえずリボーンでなくてごめんなさい(^-^;。でも、銀魂のイラスト、というリアルの要望に応えるために一ヶ月近く頑張りましたとも…これでも(笑)!!そして毎度毎度構図が似たり寄ったりのような気がするのは気のせい、ということで片をつけておきたいと思います。てなわけで、そんなことなさる方はいらっしゃらないと信じてますが、一応…無断転載及び使用を禁止という言葉を挙げさせて頂きます。あの、例え画像JPGにした途端超劣化してても(;へ;)、苦労はしてますんで(笑)。

 ↓下のちっさい絵をクリックすると原寸サイズのイラストになると思います。

※予告した公開期間が過ぎましたので、イラストは削除させて頂きました。来てくださった方々、どうもありがとうございました!(以下は公開していたときのイラストの解説です。軽く流してください(笑)。)

銀さん「おい、いくらなんでも雑煮にマヨネーズは邪道じゃねーの?」
土方さん「あ゛ぁ?そういうテメーの雑煮は何でパフェと化してんだ?」
定春「……(エサ)?」
神楽「今度こそ勝つアル!」
沖田「おいネズミ。そのカブトムシやっちまいな。でねぇとアホがうつるマヨネーズぶっかけるぜぃ」
新八「ちょっとそれ、今年の干支の扱いとしてまずくないですか」
ヅラ「…(ちょっと自分も加わりたい。)」

 どうして毎度解説がいるのか、と(笑)。(←伝わらないイラストだから。)そしてなぜ近藤さんがいないのか、と。(←これが限界だった(;;)。)そして、鬼副長と一番隊組長とヅラが似てない件(笑)。(←ていうか、無理(笑)。)銀魂の絵柄ってすごく独特だと思うんです。それをマネっ子するだけで必死でした。一応構図を立てて、ヅラから描き始めたんですけど、まずヅラで死ぬほど苦労した(笑)。もうヅラは二度と描かない!!と決心し、次の神楽は原作の絵を見なくても似た感じで描けたんですが(もちろん原作見て修正しましたが。)、あとは目に原作イラストが焼きつくぐらいガン見して、特徴を真似しようと必死でした。とりあえず、沖田さんと土方さんも二度と描かないことに決めました(笑)。ジャンプに丁度良さそうな絵がなくて、横顔に逃げた新八とか(笑)。(←ツッコミばっかり入れててまともな顔がない(笑)。そしてツッコミ入れてる顔が描けない(;;)。)
 色塗りはペイントでこれまた必死に頑張りました。今回原作の色使いをこれでも必死で真似してます。巻頭カラーが2回分残ってたおかげで助かった…ジャンプ、取っとくもんですね(笑)!!!
 というわけで、今回も惨憺たる有様でしたが、いつもぐだぐだ言っててごめんなさい。自信がないので、「ほら見て」と、ポーンと置いとくことができません(^-^;。(←じゃあ出すなよ。)…だって他にお正月らしいこと何もできないんだ…(;;)。

 て、やっぱり今年もこんな小心者です。小心者ゆえ、こちらのイラストは3日で削除させていただきます。実際に出した人にだけは見られたくないというか(笑)。すみません(><)!!イラストコーナーにも収納しませんのでご理解ください。そんな奴ですが、今年もよろしくです(笑←冒頭でも言った。)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »