« アニメリボーン標的64「怒りの真相」感想 | トップページ | アニメリボーン標的66「ふるえてゴースト」感想 »

2008年1月12日 (土)

アニメリボーン標的65「決着!」感想

 無事決着!!

 今日は午前中に仕事だったので、今やっとヴァリアー編の決着を見ました。やっぱり予想通りの展開だったんですが、最後の最後までかなり原作に忠実に進んでいったと思います。作画も最後まで綺麗でしたね、ヴァリアー編。嵐戦の2回目に一度崩れた程度で、あとはほとんど崩れてなかった…アニメスタッフさんのレベルがすごく上がったヴァリアー編。だったと思います。ひとまずお疲れ様でした…ありがとうございました、アニメスタッフさん!!そして、これからも頑張ってレベルキープしてください!!

 さて、今回は前置きするほど何かネタもないので、早速アニリボの感想行きたいと思います。まだ見てらっしゃらない方、楽しみにしてらっしゃる方がいらっしゃいましたら、この先事細かにネタがばれていると思いますので、お気をつけてくださいませ♪

 <アニメリボーン標的65「決着!」>

 前回のあらすじ~。生え抜きのヴァリアー部隊50人がやってきた~と思ったら「暴蛇烈覇!!!」だったわけです♪(←はやっ。)

 ランチアさんっ!!!スーツだったんですねっ!!!!!(←そこ?)

 原作ではアップになったところも服はよく分からなくって、てっきり黒曜のときと同じかっこをしてると思い込んでいたので、結構びっくりしました(笑)。いや~~ランチアさん、素敵です♪
「取り違えるなよ ボンゴレ。オレはお前を助けに来たのではない。礼を言いにきた」
 かっこいい~~~~!!ランチアさん!!いい人だ、いい人だ♪恩着せがましくないところがいい♪
 ベルはともかく、ヴァリアーも知っているマフィア界の有名人なんですよね、ランチアさんは。でも、惨殺事件はランチアさんが望んだことじゃないので、ちょっと複雑…。
「あいつあんなにつえーんらっけ?」
「強いよ」
 原作読んだときも思ったんだけど、このときの柿ピーが素敵です♪基本的には乗っ取られて言われるがままになってたランチアさんの本当の姿を、ちゃんと知っててくれてるんだな、と思って。そういう奥深さみたいなものがある人は素敵♪
「ししし…そーきたか。…それじゃあ…とっとと済まそっと♪」
 生え抜き50人が使えないと知るや否や、ベルはそっこーボスのツナ狙い!ナイフが疲れきって動けないツナに襲い掛かる!!

 キキキキキンッ!
「おっと、そーはいかねーぜ」

 o(>▽<)o!!!!(←声にならない。)
 ボスのピンチに颯爽と駆けつける騎士みたい!
(いや、ここは侍?)とにかく、かっこいい!!かっこいい!!!そのあとも、ベルに刀突きつけて、ずっとツナを守ってるんですよ!なんて頼りがいのある中学2年生!!!

 やや不利を悟ったマーモンだけど、行動に移す前に幻覚の炎の柱に包み込まれる!おお、髑髏ちゃん、感覚戻ってきたね!そして、ツナを守る山本の前、ベルの背後からチャリ、と鉤爪つきの鎖。
「ねぇ、決着つけようよ」
 野生の象ですら歩行不可能の毒にも負けない雲雀さん、傷を負っててももちろん戦う気満々です。そして麗しいです♪
 傷ついた右拳を構える了平兄さん、ツナの元へ駆けつけてきた獄寺も、ツナの無事を確認するや、ダイナマイトで応戦の構え!!そして生え抜きのヴァリアー部隊をことごとく滅した無傷のランチアさんも立ちはだかる!!さすがのベルもナイフを捨ててハンズアップ。マーモンも、なす術なし。そんな部下たちに、XANXUSは周りをけなす言葉を吐き散らすけれど、それも虚しく響くだけ。

 そんなXANXUSの姿を目にして、うつむくスクアーロ。自分が憧れてついてきた怒りが、惨めに敗れてしまった。でも、掟だからといって諦めるXANXUSではなかったことをディーノさんにアピール。だからこそスクアーロはついていこうと思ったんでしょうね。…それって、反抗期(笑)?
 そして謎のチェルベッロ。XANXUSはチェルベッロの予言どおりだと言ってるのですが、チェルベッロは「全ては決まっていたこと。あなたは役割を終えたのです」…と。何の役割?敗者役?やだなー、それ。「お疲れ様でした」とまで。ツナたちをレベルアップさせ、自覚を促すために、XANXUSたちの襲撃が必要だった、とか、そういうオチかもしれないですが(←それ、オチなのか?)、XANXUSが言われるままにピエロになるわけないから、XANXUSとしては何かを知っていながらそれに逆らおうとした、というところでしょうか。でも結局、誰かの手の上で踊らされただけ…的な?なんか、チェルベッロの話はそんな感じがします。結局分からずじまいですが。
 そして、結果としてはXANXUSの失格によってツナが勝利!!次期ボンゴレ後継者は、ツナとその守護者たち…と宣告を受けたわけですが、つまりそれは、スクアーロが言ったとおり、ツナを初め守護者たちもボンゴレファミリーの後継者として認定されてしまったというわけで、それってマフィアになるってことだよね…?それって、ものすごく重大なことのような気がするんですが…(^-^;。
 そして、勝利宣言を受けたツナは、京子ちゃんたちからもらったお守りを見てそのまま眠りに落ちてしまう…。

 そして、筋肉痛再び(笑)。
 そして、子供たちに絡まれるランチアさん!!!めっちゃ怖い顔してるのに、よじ登られるわ抱きつかれるわネクタイに登られるわ(笑)。困り果てながら「世話になっているぞ」って(笑)。いい人だぁ♪子供や動物に懐かれる人って、いい人なんだ♪もうフゥ太なんてランチアさん大好きって感じでニッコニコだもん!かっわいい!!そんなランチアさんもかっわいい(笑)♪
 これからパーティーに行くんだ、ということで、大暴れの子供たちに、ランチアさんうなだれてます(笑)。ランボの退院祝いということで、これまでアニメのオリジナルで着々と準備を進めてきていたのが、報われました(^-^)。原作ではなかったけど、ハルや京子ちゃんたちは相撲大会で優勝したんだということも最初から祝ってくれてるみたいです。相撲大会でツナが優勝したら、すごいと思うな、こんな小さい身体で(笑)。
 山本のお父さん、張り切ってるなー!!めっちゃご馳走!!それ、かなり自腹切ってるんじゃ…でも、そんな細かいこと気にしな~い!!って感じが、山本親子だなぁ♪この剛さんあっての山本だ♪
 そして、駆け寄ってきた獄寺の指にはキラーンと嵐のボンゴレリング!山本と了平兄さんは首にかけた鎖に♪あ、山本眼帯が取れてる。原作では目の上に小さなバンソーコーが残ってたけど、アニメでは傷ついたというより、コンクリートが当たって腫れ上がった、という感じの設定だったから、そういうのはなしなのかな。いいけど。笑顔がかわいいからそれでオールオッケー(^▽^b♪
 ツナ的にはそんな燃えるリング怖いから要らない!!って感じなんですが、大空戦でXANXUSに突きつけた台詞を逆手に取られてます。でも、9代目も無事一命を取り留めたってことで、ホントめでたしめでたし!ディーノさんにも獄寺にも、未来のボンゴレについて色々言われて、特に獄寺くんにはかなり熱く語られて、引いてるツナに受ける(笑)。涙ながらですか!
 さて、アニメオリジナルで相撲大会のチャンピオンベルトやランボさんの退院祝いのおもちゃまで用意してくれたハルや京子ちゃん。どれだけ時間持て余してたんですか(笑)!でも、京子ちゃんはとってもかわいかったし、そんな京子ちゃんに照れながら応えるツナもかわいいです♪この辺の作画、いいなあ。なんか、あったかい感じ。
 と思ったら、ビアンキにポイズンクッキング突きつけられたぁー!!!獄寺ぶっ倒れたー!!!剛さんはそれがポイズン的なものだって分かってるのかな?前一回ぶっ倒れてますしね(笑)!
 原作ではハルにポイズンクッキングを「あ~ん」されてたツナですが、アニメでは右腕の使えない了平兄さんに、京子ちゃんがお寿司を食べさせてあげてましたね♪仲のいい兄妹だなあ♪なんか、ママンやシャマルまでいるし。賑やかだな、アニメのパーティー。ぶっ倒れた獄寺に、山本思わず苦笑(笑)。人がいいだけに、そのままにしておけなくてどーしよっかなーとか思ってそう(笑)。

 そしたら、ここからまさかの原作標的136へ…!!何とこのパーティーをそっと抜け出して、ランチアさんとバジルくんがイタリアに帰国…!!!そう来たか!!原作ではちょっと日が経ってから、という感じの設定だったのですが、まあ違和感はなかったと思います。みんなが楽しんで盛り上がってる間に、そっと…ていうのは、ありだと思うので。それに気づいて追いかけてきたツナ。
 寂しいなぁ、ランチアさん、バジルくん。いなくなっちゃうのか。骸さんとのことも一応ランチアさんの中では片がついてるみたいだし、寂しいけど、ほんとに終わりだなぁ、という感じが。なのに、そんなところでランチアさんがボスの形見だってリングを渡すので、逆にこのまま未来編に突入しちゃうのかと思ってびっくりしましたよ!!いや、ないない!!だってまだ正チャン出てきてないもん!!と、自分に言い聞かせつつ、これからランチアさんに会えなくなっちゃうんだから、リングは今もらっておかないとまずいじゃん。バジルくんからも、死ぬ気丸を。これでお別れ、だよね。うぅ、寂しい…。と思ったら、今度はランボさんが駆けつけてきて、またまたこのまま未来編に突入しちゃうのかと思ってびっくりしましたよ!!!いや、ないない!!だって正チャンが…(以下略)!!!でも、ランボがそれをアメだと勘違いして…という流れじゃなかったので、あ、やっぱりそうだよね、まだ未来編には入れないよね、と思い直したと思ったら…レオンがうにゅぅ~~~。
「暴蛇烈覇!!!」
 えぇえええ!!退院したばかりのランボを直撃!!そ、その流れは…またまたこのまま未来編(以下略)!!そのあとのランボのセリフが例のリボーンの悪口じゃなかったので、ようやく胸を撫で下ろしました(笑)。入れないって!!さっきから自分に言い聞かせてたじゃんか!!全く…紫月は早とちりでいけません(笑)。でも、そこまで原作に忠実に進むとは思わなかったので、ある意味びっくりでした。最後はランボがリボーンに投げつけた大量の手榴弾の爆発に巻き込まれて、ギャグ漫画の如く吹っ飛んできらりと消えるツナ(笑)。(いや、ギャグ漫画…だったし?)そして、パーティー会場からしばらくいなかったはずなのに
「あれ?ツナ君は?」
 ああっ、京子ちゃん…( ̄□ ̄!!!。まだ了平兄さんのほうが「そう言えばさっきから…」って、前から気づいてくれてたみたいです(笑)。どうやら吹っ飛ばされたツナは電信柱にしがみついたようですが、あれだけの手榴弾の爆発に巻き込まれて天高く飛ばされながら無傷でいるツナは、ずいぶん成長したと思いますよ、リボーン(笑)。

 しかしこのEDは綺麗だなぁ♪先週何回も見たのに、今週もにやける顔が止まりませんでした。

 そして、原作の標的135に戻って、ヴァリアー編の終結。XANXUSたちの処分は9代目と門外顧問の家光さんとで決めるということで、処分は保留、なのかな、一応。たまってた宿題を見たツナの反応が、WJの時と単行本で違ってたのですが、意外にもWJ寄りのセリフが採用されてました。まぁ、こっちの方が面白いんで、ノープロブレム。
「これからまたオレとの地獄の日々に逆戻りだな」
 ここで原作は脅威の展開になったわけですが、アニメではひとまず日常編に戻るみたいですね!ちょっとホッとしました。まだまだ日常編でやってないのありますし、何といっても正チャンが…(もういい)。次回は幽霊ですね?この季節にまた、何で幽霊(笑)!!!あれ、お盆の話じゃなかったっけか。まぁいいけど…。作画は綺麗そうですね!!!日常編でもこれだけ綺麗でキープしてもらえたら…嬉しいなぁ!!アニリボのレベルがほんとにここまで上がってきたってことですよね!?これからロンシャンとかも出てくるのかなぁ~。
 

|

« アニメリボーン標的64「怒りの真相」感想 | トップページ | アニメリボーン標的66「ふるえてゴースト」感想 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。恩着せがましくないところが、粋なランチアさん。子供に好かれる、心優しいランチアさん。やっぱり素敵な人ですね。
>ランチアさんっ!!!スーツだったんですねっ!!!!!(←そこ?)
スーツ姿も、すてき。。。露出が少なくて、ちょっと残念な方もいらっしゃると思いますが…。(←そこ?)
そうそう、柿ピーのそういうところが好きなんですよ♪立場とか関係なく、ちゃんと認めてくれてる。

山本くん、かっこいい!!騎士でも侍でも、山本くんなら大歓迎ですよ。怪我してても、あの反射神経と動体視力は健在ですね。

ここの、スクアーロとチェルベッロの言葉は意味深ですねぇ。
そして、雲雀くんはこの時点では、ツナ君ファミリーの事どう思ってるのかしら…。
なにはともあれ、ツナ君の安心した寝顔のカワイイこと…。

山本くんの目、大丈夫そうで良かったですね。(バイバイ眼帯)にこにこで可愛いわぁ。剛パパ太っ腹、さっすがっ♪山本父子なら、並中応接室と黒曜ヘルシーランドにも、寿司を差し入れてるかもしれません。

9代目もご無事で…。ディーノさんがスクアーロの為に、裏社会の人を受け入れてくれる病院を確保してあったから、瀕死の9代目をすぐに搬送して治療してもらうことが出来たのだろうと、信じて疑いません私は。(勝手に妄信)しかしあの病院、ナントカ中央病院って看板出てましたが…、結局、雲雀くんの息の掛かったあの病院だったら笑います。

また、了平くんに偶然のファインプレーが!!!あのですね、近ごろ私の中で京子ちゃんが、どんどんどんどんブラコン化してまして…。(もう、自分の頭が心配)

ランチアさんとバジル君が帰ってしまうのは、寂しいですね。私も、このまま未来編に突入しちゃうのかと思ってひやひやしました。そうですよ、正チャン出てこなくっちゃ♪こんど水風船買ったら、暴蛇烈覇ごっこします。

次回、真冬の肝試しですかっ。……グッドタイミングですよ、そろそろ大人ランボに会いたいと思ってました。OPのツナ君とXANXUSのトコロ、差し変わったりするのでしょうかね?そのへんで、未来がちょっと占えるかしら…。


Re:ミクラさん
こんにちは!!今回は癒し系ランチアさんが登場でしたね♪ランチアさんは寡黙で誠実そうな方なので、あんなスーツ姿でいると自分としてはむしろ高感度アップです~♪似合う~~♪そんなんなのに子供に懐かれて困ってる様子なんてほんとにかわいい♪そして柿ピー!やっぱいいですよね!?あんなふうにさり気なく人のよさを評価できるって素敵です♪(分かってて口封じしたのも柿ピーでしたが(-_-;。)
ツナを守った山本は、めっちゃかっこよかったです!もうすっかり刀を使いこなしちゃってる所も素敵です♪ナイフの前に飛び出していって弾き返すなんて、失敗したら自分が喰らうってことなのに、きっとそんなこと考えもしないで飛び出していくんだろうな~山本は。そして、それは弾くだけの自信とそれに見合った実力があるということで、さすが運動神経抜群の山本♪動体視力も、野球やってるから抜群なんですよね!!目も大丈夫そうで、よかったです!(←いや、知ってるんだけど(笑)。)
原作にはなかった雲雀さんのシーンが少し追加されてましたよね。大空戦とリング争奪戦の勝敗が告げられて、くるりと踵を返す雲雀さん…ディーノさんからリングの意味も戦いの意味も聞いてるし、恐らく理解はしてるだろうと思われますが…でも雲雀さんは自分がやりたいと思わなければ絶対やらない人だと思うので、拒否する気持ちもないかもしれませんね。ただ、群れるつもりもない、といった所でしょうか…?
今回の争奪戦では、ディーノさんの陰での活躍があってこそ、表舞台でツナたちが思う存分戦うことができたんだと思います。傷ついた仲間たちを助けてくれたのはディーノさん(ロマーリオ?)だし、病院を手配してくれたのも、スクアーロを助けてくれたのも、9代目をすぐ搬送してくれたのも、全部ディーノさんでしたから。キャバッローネファミリーは功労賞くらいもらってもいいと思います。本国での仕事は大丈夫でしょうか(笑)。
京子ちゃんとお兄ちゃんのやり取りは微笑ましくてとっても好きです♪お兄ちゃん、ガサツそうだけどとっても妹思いだし、京子ちゃんも極限なところに苦笑しながら、でもお兄ちゃんっ子だといいなと思います(笑)。
>こんど水風船買ったら、暴蛇烈覇ごっこします。
……(☆▽☆)きらーん!!(←やる気に満ちている)
ほんと、正チャンの話出てきてないのに未来編に入っちゃったらどうしようかと、何気にハラハラしちゃってました(笑)。次回は肝試しから。大人ランボは雷戦以来ですか!すごい、半年以上ぶりですね。ロメオもやっぱり津田さんがやるのかな~…。OPも少なくとも「ヴァリアー編」というのは外れるだろうと思うので、楽しみです♪
☆紫月☆

投稿: ミクラ | 2008年1月13日 (日) 01時46分

ランチアさ~~んvvvvv
カッコイイですよねぇ!!!(><*)
スーツ姿が良く似合います。
大人の男の魅力・・・vvvvv
強面の実は誠実で優しい男って・・・すっごいツボ(ハイハイ・・・)
恩着せがましく助けたりとかされると、自分の場合は助けてくんなくっていいよ!!・・・と思ってしまうヒネクレ者なので、ランチアさんとか山本くんとかみたいに普段はさり気なく見守っていてくれて、何かあった時にはやっぱりさり気なく助けてくれる人が
理想です。
あまり主張しない人が好きなんですよね~(^^;)

>ボスのピンチに颯爽と駆けつける騎士みたい!(いや、ここは侍?)
ここはやっぱり侍派で・・・(笑)
自分基本的に騎士道も好きですが、武士道に魅かれる性質な様です(苦笑)

>何の役割?敗者役?やだなー、それ。
私もここは何を意味してるのか良くわからなかったんですが、敗者役って・・・イヤですね・・・(爆笑)

>逆にこのまま未来編に突入しちゃうのかと思ってびっくりしましたよ!!いや、ないない!!だってまだ正チャン出てきてないもん!!
ここの件、確かに未来編にいってしまいそうな流れでしたよね。
私はWJで次の話が肝試しだって知ってたんで、そんなに心配はしていなかったんですけど。
知らなければ、原作にあそこまで忠実にやっていると勘違いしてしまいますね!

>「これからまたオレとの地獄の日々に逆戻りだな」
このリボ様の台詞が大好きで・・・、これちゃんとやってくれて嬉しいです!
未来編にいかないとなると、これもやらないかと思っていたんで・・・。

今回はギャグオチで終わったんで、日常編に入るにはちょうどいい流れになっているのでしょうね。
未来編・・・いつごろから突入になるんでしょう?
原作に追いついてしまいそうな勢いなんで、もうちょっと先延ばしにしていただきたいな(^^;)
黒曜編に入る前の日常編をカットし過ぎなんだよ、アニリボ・・・。
ギャグ漫画の頃からのファンにとっては、そこだっていっぱい面白い話あるのにさ・・・。


Re:班胥さん
味方としてのランチアさん、初登場です♪目つきは悪いし隈が怖いし眉毛は途切れがちのランチアさんが誠実で子供に好かれてるとなると、その容貌に優しさがあふれてきて、むしろかっこよく見えてきます!その上、そういうのに慣れてないって感じが…かわいく見えたりとか(^-^)!
今回の山本のメインは、自分の中ではやっぱりツナを守ったところです。かっこよかった…!!刀というのはやっぱり侍に通ずるところもありますしね♪意外に和太鼓が好きとか、和風なところもあるらしい山本には、侍も似合いますよね!!(キャラソンではギター担当だそうですが(^-^;。)
XANXUSの今回の行動に関しては、この先に何か解き明かされるものがあってくれたらいいな、と思います。敗者を演じたというだけでは、さすがにXANXUSも気の毒という気がするので(笑)。
今後の展開については、最近WJ読んでないので、全く情報がなくて、ほんとにひやひやしてました(笑)。(←いや、以前読んでた分に関しても1ヶ月遅れの情報でしたが。)肝試しに行ってくれてよかったです…真冬だけど(笑)。リボーンのセリフとかも、かなり忠実に未来編の直前までやってくれてましたよね。原作では「地獄の…」のセリフのあとにとんでもないことが起こりましたから。「暴蛇烈覇」もヒヤヒヤでした。
いつ頃未来編なのか…まだまだ未来編は続くだろうし、そこでアニメが追いついてしまったらアニメそのものがなかなか進まない面白くない引き伸ばし作戦に出るしかなくなってしまうと思うので、何とか原作をもう少し待って頂きたいです。でも、今こそまだやってない日常編をやる絶好のチャンスだと思うので日常編の残りのお話、やって頂きたいですよね。お花見の話とかはもうできないかもしれないですが、話の流れ的に、日常編は単発物なのでやりやすいはず!早いうちに骸さんとか人気キャラを出しておきたいという思惑があったのかもしれませんが、原作は黒曜編からバトル一辺倒なので、REBORN!ならではのお話を活用していただければありがたいです(><)!!
☆紫月☆

投稿: 班胥 | 2008年1月13日 (日) 14時55分

こんにちは。此間市内で「骸パンダ」を発見してしまい車の中で笑いこけていた緋真です。「骸パンダ」というのはですね、とあるプラモデル店の入り口にかかっているヤツなのですが、夜になると目の電球が光るんですよ。で、右目が赤い、と。そして左目は青なんです…。まんま骸じゃん、とそこが緋真のツボにクリーンヒットいたしました。そんな話はさておき。今日もREBORN感想、気合入れていきまーす!

最初は、ツナお疲れ様!長かったね、辛かったね、頑張ったね!色々まとめてホントにお疲れ、そしておめでとう!これで晴れてボンゴレの正式後継者だよ!と緋真は心の底から思いましたが、本人はあまり嬉しくなさそうですね(笑)。マフィアへの道を更に一歩(一歩どころじゃない)笑)進んでしまいましたからねえ。とりあえず皆これで安心して暮らせるよ。

>ランチアさんっ!!!スーツだったんですねっ!!!!!(←そこ?)
私も原作見たときは黒曜の時の服だろう、と思ってましたが、スーツだったとは。反則だ(笑)。スーツもとてもお似合いですよ、ランチアさん。でも未来編を見てるときも思ったのですが、スーツで戦うってすごい大変だと思うんですが。スーツ着たこと無いのでよく分からないんですけど、動きにくいですよね?きっと。
>ボスのピンチに颯爽と駆けつける騎士みたい!(いや、ここは侍?)
私は侍派に一票投じます!白馬の王子様より日本刀のお侍さんの方が好きですww
>なんて頼りがいのある中学2年生!!!
こんな中二は私の周りにはいません(居たら居たで怖いですが)。よく考えればツナや獄寺、山本達は自分と同い年なんですよね(遅生まれなのでまだ14歳)。やっぱ怖いっすね(結局行き着くのはそこ)笑)。

ここら辺はすごい作画がよかったです!雲雀さんが特にww(雲雀さん関係なら全て輝いて見える驚異の目)。
そして翌日。ランチアさんwww可愛すぎるwwwアニメでは汗のデフォルメが追加されてたので可愛さupでしたし。何気にしがみついてるイーピンが左右に動くと落ちてもキャッチできるようにランチアさんも手を動かしてるww優しいわぁ。やっぱ反則(しつこい)。そしてパーティー会場では、剛さん元気ですね。くす玉もしっかり用意してくれてて嬉しかったでしょうねwランボは…相変わらずウザいです(ランボには非常に厳しい緋真です)。とりあえず言っちゃっていいですか。。。ディーノさんに心臓やられて病院送り寸前になってる人がココに~(´∀`)ノシ
すごくかっこよくて頭がショート寸前ですwwwやっぱり大好きだ、この人wwwww
そして帰伊するランチアさんとバジル…。もう帰っちゃうなんて。てかランチアさん帰る理由、気候が合わないからですか?(笑)とりあえずは旅、頑張ってください。ツナに渡したリングですが、宝石の部分がオレンジ色してるので、もしかしたら大空の属性だったりするんですかね?そしてやっぱりウザすぎるぞ、ランボ。そしてやっぱりヤラれ役のツナ(笑)。こういうほのぼのした感じは落ち着いていいですね。
来週からは日常編に戻るということで、冬に肝試しですか(笑)。アニスタさん達は季節感覚大丈夫でしょうか。ま、面白ければいーや(投げた)。

今回はなんか考えたことを何も考えずにぶちまけた感想になっちゃてますね。すいません。


Re:緋真さん
こんばんは♪骸パンダさんは…売り物ですか、看板ですか(笑)。そんな怪しげなものを店頭に飾ってるプラモ店はなかなか貴重なセンスをお持ちのような気がしましたが、どんなもんでしょう(笑)。
ついに大空戦…というか、リング争奪戦に決着がつきました。ツナとしてはつらくていやな修行に耐えて耐えて勝ち取った勝利ですから、もうちょっと喜んでいいと思うんですが、謙虚ですよねぇ。(←え?)ここまでやってても、マフィアになんかなる気はない!!と言い張るところがツナらしくていいです♪普段のツナはこんなところもなきゃ!
スーツで参戦のランチアさん。スーツお似合いでしたが、結構細身だったので、やっぱ動きにくいのではないかと(笑)。けど、マフィアのイメージって基本的に黒スーツですよね。なんでだろう…。そして、そう考えるとディーノさんってかなり破天荒な方なんですね。若いからっていうのもあると思いますが、いつもとってもカジュアルなかっこしてますもの。
山本のツナを守ったところは、侍に同意していただける方がいらっしゃるので、ここは侍としておきたいと思います♪山本には何といっても和が似合いますから!!野球小僧だけど(笑)!!
さて、ランチアさん、子供と戯れる、の図は、原作で見たときもとっても癒し系だったんですが、確かに汗のデフォルメとかとってもかわいかったですよね(笑)。諦めてうなだれてる感じが…。なんだかんだ言って、子供が好きなんじゃないかな、この人、と思わせてくれました。骸さんが子供の頃も、よく面倒見てくれてたんだろうな…。それを思うとちょっと切ないです。きっと人を大事にできる人だから、ファミリーのこともすっごく大事だっただろうに…。遺族の元を回り続けるのも、きっとその心の現われですよね。そんなランチアさんを敵視する人は、きっと少ないに違いないです。頑張れ、ランチアさん!!
そして、雲雀さんはとっても綺麗でしたよね♪雲雀さんはともすると作画が崩れてしまうことがあって、結構描くのが難しいんじゃないかと思うんですが、EDはもちろん、きれいな時ってほんと綺麗なんですよね!今回はすごく綺麗でした。あまり出番はなかったけど、ディーノさんも(^-^b。この人も、ホントいい人です♪あ、でも心臓大丈夫でしたか(笑)。
自分にも中学1年生の知り合いがいるのですが、その子、ランボさんには厳しいです(笑)。(ロンシャンにも厳しいです(笑)。共通点はウザさだそうで。)そうですね、ランボさんはウザイです。ウザ過ぎて殺して座布団にしたいマフィアランキング1位はダテじゃないです。でも、死んだように眠るランボさんはランボさんとしての役割果たせてないと思うので、まあ、平和になったのね♪と流すことにしましょう(笑)。
バジルくんとランチアさんは帰ってしまいましたが、未来編に繋がるアイテムももらえたし、しばらくはまだ目が離せなさそうですね♪冬の肝試し、寒くて凍りつきそうなので、部屋をよっく暖めてロメオをお待ちしたいと思います(笑)。(←怖いのは全くダメ。)
☆紫月☆

投稿: 緋真 | 2008年1月15日 (火) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152835/17667060

この記事へのトラックバック一覧です: アニメリボーン標的65「決着!」感想:

» REBORN 標的65「決着!」 [●○PEKO LIFE●○]
ヴァリアー編完結!!! [続きを読む]

受信: 2008年1月17日 (木) 16時32分

» REBORN!#65「決着!」 [Sweetパラダイス]
リングに拒まれたXANXUSは場の者すぺてを消そうとしマーモンは50人の部下たちを呼び寄せていた!『骸様・・・・・・?』『え・・・・・?誰か・・・来る・・・?』鬼神のごとき鬼が男がやって来た。『暴蛇烈覇!!』こ・・・この技は!?ランチアさんお久しぶり〜...... [続きを読む]

受信: 2008年1月17日 (木) 23時55分

» REBORN!#65「決着!」 [Sweetパラダイス]
リングに拒まれたXANXUSは場の者すぺてを消そうとしマーモンは50人の部下たちを呼び寄せていた!『骸様・・・・・・?』『え・・・・・?誰か・・・来る・・・?』鬼神のごとき鬼が男がやって来た。『暴蛇烈覇!!』こ・・・この技は!?ランチアさんお久しぶり〜...... [続きを読む]

受信: 2008年1月17日 (木) 23時57分

« アニメリボーン標的64「怒りの真相」感想 | トップページ | アニメリボーン標的66「ふるえてゴースト」感想 »