« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月29日 (土)

アニメリボーン標的76「守護者探し」感想

 超美麗作画御礼happy01heart04

 今の職場での最後の仕事を終えて、送別会があって、引継ぎに片付けに大掃除…と、大変な一週間でした。連日連夜午前様で、軽く風邪ひきましたcoldsweats01。まぁ、ひかないほうがこの場合不自然でしょう…ってくらいハードでした。おかげで送別会の真っ最中に喉が痛くって痛くって、せっかくのご馳走があまり喉を通りませんでした。熱もあったみたいで、やたら喉が渇いて飲み物ばかり飲んでましたが、次第に烏龍茶を飲み込むことすら苦痛に…bearingsweat02。でも、最後ですからしっかり2次会のカラオケまで付き合ってきちゃいました(笑)。横目で「ひとりぼっちの運命」とか「クフフのフ~僕と契約~」という曲名を追いながら、一般的なところで「宙船」とか歌ってました(笑)。くそ、歌いたかったsign01(←よせ。)最後だから、うちのボスに一言言ってやりたかったのですが、それよりもお別れする人たちと話したいことが一杯あって、結局言いに行く暇はありませんでした。それもちょっと悔しかったですが、今度栄転する大好きだった上司のところには長蛇の列が出来ていて、隙を見て仲のよかった同僚の人と駆けつけて、今度の所でどんなふうに頑張ればいいのか、色々教えて頂けて、すごく嬉しかったです。それに比べて、ボスの所にはあまりお酒を注ぎに行く人もいなくて、これが人柄の差だなぁ、と思ってしまいました。本人も少し、それに気付けばいいのに。

 さて、私情が長くなってしまいました。では、早速本日のアニリボ感想!!今日はsign03今日はまた10年後山本がやばいくらい素敵だったので、ハイテンションな感じでネタばらしていくと思います(笑)。まだご視聴されていらっしゃらない方はお気をつけてくださいdangersign01

 <アニメリボーン標的76「守護者探し」>

 いや、それはクリティカルヒットwobblyimpactsign03てな感じで、OP直後の提供にいきなりやられた紫月です(笑)。かっこいい…山本かっこよすぎるsign03sign03もうその時点で作画は絶対間違いないっsign01て感じでした。一応公式HPでチェックは入れていたんですが、日常編の正チャン登場の回を担当されていた方が作画監督でいらっしゃったので、これはまあ安心でしょ、って思っていたら、それどころじゃないhappy02heart04sign03めっちゃ綺麗だった未来編初回に勝るとも劣らない美麗作画sign03それを10年後山本の回でやっていただけたことに、心底感謝ですsign03

 あらすじは珍しくツナのナレーション。それから、原作と少し順序が違ってて、いきなり白蘭がくるかと思ったら、前回の流れを引き継いで、ツナがベッドの中で今日のことを思い起こしている所から。またこのツナがハイパーじゃないのにかなり綺麗だった件(笑)。今日の作画は半端じゃないnote
 山本とリボーンの話を聞きながら、10年後のこの世界がいかに危機的状況にあるのかということを思い知るツナ。台詞は少しずつ変わってましたが、ほとんど原作の流れのままでした。持田先輩やロンシャンの名前は出てこなかったですが(ロンシャンはアニリボには存在してないしcoldsweats01。)、やっぱり山本のお父さんは消されてしまった…ようです。このときの山本のつらそうな瞳がcrying。原作にかなり近くて綺麗でした。メチャメチャかっこいいんだけど、ぶしつけにはしゃげないこの空気。お…重い。
 そんなことを思い返しながらベッドの中で声を押し殺して泣くツナの嗚咽を聞いて、神妙にしている獄寺もとても綺麗でした。

 翌日。あれ?リボーン、服装戻ってる(笑)sign02おしゃぶりの所だけちょっと違いますが、なぜかジャンニーニに今までどおりのスーツを作ってもらったようです。…かわいかったのに、しっぽ(笑)。そこで交わされるラルたちとの会話。どうやら外には非トゥリニセッテ(ノン・トゥリニセッテ)という、アルコバレーノには有害な物質が流れているらしく、ラルもなりそこないにしても浴びすぎた…と、またもや深刻な話。このときのラルがまた美人でhappy01heart04sign01一人で白蘭を獲る、と言うラルに、コロネロの敵を討つ気だな、というリボーンの意味深な言葉。ますます深刻な様相を呈してきた所へ、ツナと獄寺。リボーンが敢えて明るそうな話題にしてるような気がします。で、守護者探しだけど、まずは即戦力になる強いやつを…

 happy02heart04sign03

 何回目か分からないけど、Viva超美麗作画sign03sign03

 このときの原作の雲雀さんの絵が、また超ド迫力でかっこいいんですけど、まさにそのまんまsign03めっちゃめちゃかっこいいsign03sign03神懸かってるsign03それ、ポスターとかにして部屋に張りたいくらいかっこいいっすhappy02sign03そして、それに張り合ってみる獄寺のアホめいた顔はちょっとかわいい(笑)。そして、遂にヒバードの名前がアニリボでも公開。ハルが名前つけたっていうエピソードは省かれてましたね。ついでに、もうすっかりアニリボでは雲雀さんの肩にいるのが定着してるから、「バーズの鳥」っていうのもカットされてました。逆に「バーズ」って言われたほうが、誰だか分かりづらいかもしれません(笑)。雲雀さんを探しに行くのに、リボーンはついていけないけれど、代わりに大人の山本がついていってくれることに。

 そして、遂に登場。白蘭。て、その前にレオ君かわいくなってませんか(笑)sign02びっくりした、何か美少年キャラになってるよ。けっこうあちこちでかわいいって言われているのは知ってたけど、もしかしてこんな感じになっていくのかな、この先。少なくとも原作での初登場時はもっとテキトーな顔…って言ったら失礼だけど、そんな美少年系ではなかった気がしたので…。
 そして、白蘭。白蘭はまたイメージぴったり。やっぱ作画が綺麗だからかもしれないけど、白蘭も綺麗だなぁ。かなり原作に近いキャラクターデザインになってる気がします。声もこんな感じでいいんじゃないかな?「白いアネモネを 山のようにね」って言う言い方とか、すごくらしかった。

 一方雲雀さん探しに来たツナたち。相手は大人の山本なのに、こちらもやっぱり普通の山本と話してる感覚なんだろうか、突っかかる獄寺。ボンゴレリングがこの時代にない…という話だけど、その勢いの獄寺に対して、
「あー、その話な」
って、なんでもないことのようなテンションの大人山本。そして、砕いて捨ててしまった、とさらり。驚いて誰がそんなことを、と叫ぶ二人に、後ろに目線を流して
「うちのボスさ」
 
く(´゜`)ノくらっ。

 うっわぁ~~~~~~、ここの絵とかも超原作どおりぃsign03sign03かっこいいぃいいいい~~~~happy01heart04sign03

「それってもしかして…shock!!」
「じゅ…10代目がcoldsweats02!?」
「守護者には反対する奴もいたんだが、そりゃーもーツナの奴譲らなくてなsmile

 この山本の台詞の太字の部分の表情にちゅーもーくhappy02heart04sign03sign03sign03

 何このかわいさsign03sign03いや、原作でもすっごくかわいかったんですけど、アニメの大人山本のこのかわいさは……happy02heart04sign03ちょっと苦笑交じりのようでいて、それでもすごく何だか楽しそうな。色々あるんだろうな、懐かしさとか、その時の思いとか、ツナに対する思いとか。しょーがねーなって思いながらも、そんなツナが好きなんだって感じ。今日はかっこいい山本一杯一杯いたんですが、紫月にとって一番のヒットは、もしかしたらこの笑顔だったかもしれないです。あぁあああかわいいsign03sign03sign03

 そして、中学生のツナでもその破棄の理由は分からなかったんだけど、「戦いの火種になるくらいなら、ない方がいいと思ったんじゃねーか?おまえはそういう男だ……」っていってる山本の横顔がまたしびれる。かっこいいsign03sign0310年後のツナの理解者だったんだろうな、山本は。

 そんな山本たちの前に、突然上がる爆煙。
 …………あれ、野球は…gawksweat02ある意味切ないあの一言が、カットされている…。
 爆煙に煽られながら立っているのは、大人イーピンと大人ランボ。大人とはいっても、この人たち15~18歳くらいなんだよね?思えば中学生のツナたちとあまり変わらない。京子ちゃんとハルを連れているらしいけど、頭上から再び攻撃が!そして、現れる敵……野猿と太猿登場!!うん、イメージそのまんま!!声もgoodsign01
「ミルフィオーレのブラックスペル!!」
 険しい表情の山本が叫ぶ。どうやら狙いはイーピンたち。弱気のランボに、イーピンが渇!!イーピンかっこいいsign03すごくかわいいしnoteやっぱすごく作画いいですよねぇheart01
 黒鎌(ダークサイズ)という名前は出てきませんでしたが、死ぬ気の炎を纏った武器で爆煙の巻き起こる中、野猿が猛突進!!人影に思い切り鎌を振り下ろす!!その野猿の渾身の一撃を、片手一本の刀で受け止めたのが、山本。うぅううわかっこいいhappy02sign03これも原作のまんまだsign03それでもなめてかかる野猿の攻撃をことごとく弾き返すsign03さすがに焦る野猿。そこへ
「いくぜ…!」
 _o__ぱたり。(←いく前に死亡。)

 だってっっっっっbearingsweat01sign03予告で出てきた、これまた超綺麗なかっこいい山本sign03sign03sign03
 その山本の指輪から雨の炎が揺らめいて、刀の刃を炎が包んでいく…
 時雨蒼燕流 八の型
「篠突く雨!」

 あ゛~~~~、死んでる場合じゃないぃいいいいいいhappy02heart04sign03

「浅いか…」

 何回三途の川を渡ったらいいかな、今日はhappy01sweat02sign03だめだもう、かっこよすぎだ大人山本。目を細めて低い声でこの台詞とかhappy02sign03とりあえず今ので心臓は打ち抜かれたな、うん。(←死んだな、うん。)
 10年後のハルもかわいかったですね~!やっぱ今日の作画最高!!
 そこへ更に攻撃を加える野猿。大人山本が冷静に取り出した匣をぴんっと弾いてキャッチし、慣れた仕草で開く。そこから大量の水が飛び出して、野猿の攻撃を防御sign03ワォ、水のバリアheart04sign03何となく感覚的には原作の方が迫力あってかっこよかった気がしますが、でもやっぱりかっこいいhappy01sign03そして、リングで匣を開けるということを教えてくれる山本も、やっぱりかっこいいheart04sign03大人山本全部かっこいいsign03sign03sign03(←語彙が尽きた模様。coldsweats01)

 そんな山本が雨の守護者だと気付いた太猿。山本の周りへ攻撃を始める。そんな中、ツナは京子ちゃんの救出へ。大人京子ちゃんのロングヘアも悪くないけど、京子ちゃんは短いすっきりの髪型のほうがかわいい気がしましたってのは気のせいにしときます(笑)。せっかく京子ちゃんを見つけたというのに、太猿が来ちゃった!必死で大人京子ちゃんをかばうツナ。頑張れツナ!!

 そして、外。まだリングの使い方がよく分からない獄寺に、死ぬ気の炎の出し方を指示して、とりあえず自分がこの場は片付ける…と前に出た山本。
「こいつで決めるぜ」
 ぴぴんっ、と匣を弾いた瞬間にボフンッimpactsign03

 中学生の山本に変化sign03sign03sign03
「ん?」
 きょとん。(あれ?牛乳inゼリーcoldsweats01は?)
 っく~~~~~~~~~~~~~~~~~かわいぃいいいいっhappy02heart04sign03sign03か~わ~い~い~っsign03sign03sign03
 そりゃーもー、大人山本はかっこよかったさ。かっこよくてかっこよくて何度やられたかわかんないけど、そのギャップでこの子はかわいすぎぃいいいいいいいhappy02heart04sweat01sign03sign03sign03(あっ、獄寺くん、鼻水たれてるよ?)
 そして立て続けにボフボフボフンッと、イーピンが、ハルが、ランボさんが、10年前と入れ替わってしまったsign03この非常時に、ありえないピンチsign03さすがに獄寺、鼻水たらしてる場合じゃない!

 そして、震えるツナの後ろで不安げにしていた京子ちゃんまでが、10年前の姿に……sign03

 さて、来週で既に16巻は終了してしまいそうですね。大人山本の出番も終わってしまいましたが、今度はかわいい中学生の山本が登場happy01heart04sign03やっぱり目が離せませんsign03

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2008年3月22日 (土)

アニメリボーン標的75「アジト」感想+ちょっとだけ最近のWJ系アニメ

 ぶはっlovelyshineheart04sign03(←もう何で表現したらいいかよく分からない。)

 さてさて、未来編2回目ですよぉおおお!!待ってるときから超スーパーハイテンションでしたよぉおおおお!!だってだって、順調に行けば今日は10年後山本が登場するはずううううううううううっhappy02heart04sign03
 なのにまさかの再来客shocksign01(ドーン!)丁度10時30分に来るとか、マジ勘弁してくださいcoldsweats01down。テレビの前でワクワクして構えていたこの気持ちはどうしたらいいんですかheart03sign03(←いい歳してどうかしてる。)
 だけどいい大人なので、涙を飲んで、笑顔でお客さんの相手をしてました(笑)。その笑顔が引きつってたとしても、自分としては頑張ってたと思うから許して欲しい。

 そ~んな事情は置いといて!早速感想行きましょう!!もう、今日は!!悶絶街道まっしぐらでしたから(笑←何だそれ。)!まだ見てらっしゃらない方はネタバレ炸裂中につき御注意をばdangersign03

 <アニメリボーン標的75「アジト」>

 今日も作画は絶好調sign03ちゃんと公式HPでチェック済みでしたnoteこの方々なら間違いないsign03という確信をもって、ワクワクして見られましたnoteだって、10年後の山本初登場ですよhappy02sign02もう、チェックせずにはいられませんですよ。では、順を追ってwinksign01

 前回のあらすじは、大して長くなかったですね。どういう経緯でそうなったかとか、大人獄寺とか(←ここ大事。)、必要なところだけ。
 ラルに案内されながら、必死でアジトに向かって走るツナと獄寺。結構今回、原作に比べてフォローが多かったような気がしますが、リボーンがいないと聞いて不安がってるツナを気にしてる獄寺。(そう言えば、珍しくツナたちは原作とほぼ同じ私服です。原作の私服って結構かわいいと思うので、ぜひ採用していただきたい!)
 散々走ってどうするかと思ったら、いきなり野宿宣言をラルにされて、更に厄介者扱い。逆らおうにもこの時代に頼れる人間がいるわけでもなく…「チッ」て、獄寺の舌打ちがめっちゃリアルだった(笑)。そんで、ツナに平謝り!!ゴスッゴスッって、音がリアルに痛そうだった(笑)。よっぽど悔しかったんだね、獄寺coldsweats01。そして、飛びきりの笑顔でリボーンは生きてる!とツナを励ます。ツナが不安で一杯なのを、何とかしてあげたい獄寺、さすが10代目思い。ツナもやっと笑顔になって、ホッとしたのもつかの間。夕ご飯探さなきゃ。
 二手に分かれてツナ側。いきなり転んで地面に顔面ヒットして、丁度口にはいったものを飲み込むなんて、なんてある意味器用なの(笑)。原作ではここで変なキノコを食べて酔っ払ったみたいになるとこでしたが、未成年が酔っ払うのはまずかったんでしょうか、特になんともなかったようです。ていうか、どう見ても怪しいキノコが一杯生えてますけど、それってヤバいんじゃないでしょうか(笑)。大きくなったりしませんか。(←弁天堂じゃないから。@銀魂)
 一方獄寺側。張り切って小枝なんて持って、食材探しに励みます。10代目のためなら頑張れます♪何か物音がして、池に気づいた獄寺。ごめん待って、池に気づくより先に、ラルが池にいることに気づこうよcoldsweats01。明らかに視界に入ってるのに。で、近づいてみてラルが裸で池に入ってるのに気づいて、赤くなったsign03獄寺がこんな顔するのって珍しいよね(笑)。夕日が射してちょっと神秘的な感じでうまくごまかしてあった感じでしたが、ごまかされてなかったのはその表情と、驚きの心の声。
「…コロネロ……」
 ええええええ( ̄□ ̄ll;!!いや、手にコロネロのバンダナ的なものを持ってるのに、アニメで初めて気づいたってのもあるんですが、いきなりばらしてきたsign03ちょっとびっくりした。
 で、素面のツナが(○リオの)キノコ沢山取ってきて、焦った獄寺、なぜか池側にツナを押しやってドボン。
「だ、大丈夫っすか、10代目!!」
 色んな意味で大丈夫じゃないと思う。おかげでラルを間近で見ちゃったhappy01sweat02。そして見下されたconfidentsweat02
 ラルが捕ってくれた魚をもらいつつ、まともにラルを見られない辺り、中学生らしくてかわいい二人。意外に獄寺もかわいかったりする(笑)。でも、ラルはといえば全然気にしてなさそう。獄寺とツナが何者なのかというのを、既に認識しているようです。ていうか、門外顧問チームでありながら、写真でしか見たことないなんて、ちょっと意外。家光さんは10年後でもボンゴレの門外顧問として活躍しているようです。既にボスはツナになってるようですが。
 ボンゴレ本部が壊滅状態、みんな行方不明。それをやってくれたのは、ミルフィオーレファミリーで、ボスを白蘭という。大人獄寺が言ってた名前が出てきて、ますます真実味を帯びていくラルの話。リングと匣(ボックス)の話が出たところで、ラルが飛ばしたミニ気球的なものに異変が!

 慌てて隠れたら、ゴーラ・モスカ似の2世代後輩に当たるストゥラオ・モスカ。衣装が何気にホワイトスペルチック(笑)。原作ではここでラルが「ステルスリングでやり過ごせる」って言うんですが、「じっとしてやり過ごす」に変わってました。そういやここ読んだとき、ステルスリングってなぁに?って思った記憶があります。……で、なんだっけ、ステルスリングってcoldsweats01?とまあそれはいいとして、リングはマモンチェーンで封じてあるから大丈夫、と思ってたら、ちゃんと(?)ランチアさんのリングを持ってきてたツナのおかげで、モスカ来ちゃった!
 自分が戦って、ツナたちを逃がそうと覚悟したラル。そんなラルにモスカが狙いを定める!!その背後、ひらりと闇に溶ける影……翻る上着と、頭上に振り上げた刀。

 うわ、ヤバイsign03この辺原作よりかっこいいsign03

 直後、モスカの頭に亀裂が走り、衝撃波がその動きを封じ込める。
「鮫衝撃(アタッコ・ディ・スクアーロ)。こいつで一分は稼げるはずだ」
 長い日本刀。その姿に、目を見開くツナ。(そして目を輝かせる紫月!!)
「助っ人とーじょーっ!」
 ぶはっhappy02heart04sign03(←とりあえず悶絶。CM中、早送りもせず転げ回る。床、絨毯、及びクッションは、容赦ない攻撃を受け、激しいダメージを受けた模様。)
 いや、「とーじょーっ!」ってsign03sign03sign03sign03落ち着いた声なのに「とーじょーっ」って言ったsign03sign03sign03sign03(←いいからお前が落ち着け。)かわいいheart04sign03sign03sign03sign03大人なのに、かっこいいのにかわいいこの人happy02sign03sign03sign03好きだぁっsign03sign03sign03sign03(←どさくさに紛れてなんか言った、この人。)

 ぜえはあ。落ち着け。落ち着け自分。こっから後半戦だぜ!!

 助けた人たちを見て、少し笑みを見せる10年後山本。すっごい原作どおりの表情ですっsign03で、駆け寄ってきたツナたちを見て、
「あれ?悪い冗談じゃ、ねーよな…門外顧問とこの使者を迎えに来たら、お前らまでって…」
 そこで、ん?と首かしげ。
「でも、縮んでねーか?幻…?妖怪か?」
 幻はまだともかく、妖怪ってぇーーーーーーーーhappy02heart04sign03その一言で、ツナたちこの素敵でかっこいい天然さんが山本だと確信(笑)。その時ツナたちが思い浮かべた中学生の山本が、めちゃめちゃかわいかった気がするのは、自分だけですかhappy01sweat01ツナたちの中の山本のイメージって、こんなかわいい感じできょとんとしてるんですねぇnote
 そんな天然の山本のことを思い出しながら、10年バズーカのことから説明しようとし始めたツナ。そこへ
「ああ、そっかー!!昔の!あははっ…あせったぜ!!」
 焦ってたの(笑)?そして、山本は…分かってる?ニカッと笑顔は昔のままだけど、ツナを見つめる視線と声には、どこか憂いが。(ヤバイ、ヤバイよ!!かっこよすぎるよlovely!!あの大人が子供を慈しむような、それでいて悲しげな優しい視線とか、表情とかbearingsweat01!!!
「どーりでな……元気そうだな、ツナ」
 モスカを横目に
「とりあえずいこーぜ。こんな奴…相手にするだけ損だ」
 その言葉に、獄寺もツナも、山本が以前の何も知らない山本ではないことを知ったようです。
 そしてここでまさかの雨戦lovelyheart04sign03いやっ、もう、山本かわいいっhappy02note
 大人の山本、声はちょっと低め、落ち着いた感じです。中学生の山本って、結構からっとした感じの声の出し方をすると思うんですが、大人の山本はあまりそういう感じがしません。でも、笑顔はほんと変わらない。みんなが思わずつられて笑顔になってしまいそうな。(獄寺はひたすら山本を睨んでますがcoldsweats01。)
「あれからいろいろあったんだぜ」
 その言葉には、すごく重たいものが一杯込められているに違いないのに、きょろっと目を上げたツナの頭に腕を載せて、にっこり笑顔happy01heart01
「この10年、おまえはそりゃーすごかったんだぜ、ツナ!!」
 そして、ずっと自分をにらみ続けている獄寺に向かっても、優しい憂いの瞳。
「おまえもな、獄寺」
 きっとこの人、今でも子供が好きで、子供の扱いが上手で、子供に好かれるタイプの人だろーなぁcatfaceheart04子供でも子供として扱ってなくて、対等に振舞って、だけど、気遣いは忘れてないっていう感じ。理想だなぁ、そういう人って。自分がそうでありたい。(ちょっと資質に欠けてる面が多すぎる気がしなくもないけどcoldsweats01。)

 さて、アジト周辺にたどり着いて、防犯対策のカモフラージュをする大人山本。おぉ、山本が匣を使う!するっとマモンチェーンをはずす時の手の大きさとかにフツーに惹かれるlovelynoteかっこいいなぁheart04雨の炎は青でちょっと水のような揺らめきがあります。それで匣から水の炎をまとったツバメが飛び出して、ひゅんひゅんと宙を駆ける!なんか、このスピード感とか、風を巻き起こす感じもめっちゃかっこいいなぁ。
「よそ見はするなよ」
の声も、超かっこいいsign03大人山本の声って、かっこいいなぁsign03sign03(←今更。)
 そして、突然スコールのような激しい雨。その中でラルの言葉が半分カットされてました。「ボンゴレリングなしで開匣できるとはな」は、何か不都合が?
 もう、アジトの入り口で少し笑みを浮かべて待ってる姿とかもかっこよくて、どーしたらいいか分かりませんhappy02sweat01(←何をする気だ。)
 アジトに入って、ツナたちを先導する大人山本。非トゥリニセッテを防ぐバリアが分からなくて、「何とかって物質を遮る」って言うところがかわいいくせに、「大丈夫だ、来いよ」の言い方がまたかっこいい…lovelyheart04自分はどうも、井上さんの「来いよ」の言い方が好きみたいですhappy01heart04そこでちゃんと非トゥリニセッテって言えてれば、ラルにもどういうことが起こるか、分かったかもしれないのにねぇ(笑)。でも、倒れたラルに
「すまない、気づかなくて」
て言ったりとか、軽々と抱き上げたりとかするのも、ほんと素敵で素敵で脳の血管ぶち切れそうですwinkheart04goodsign03(←自慢すな。)アニメの大人山本は、原作よりも大人びてる雰囲気が漂ってる気がするときがあります。作画もあるだろうし、声の影響もあるのかなぁ。

 そして、ようやく着いた一つの部屋。
「おせーぞ!」
 聞きなれた、聞き間違えることのない声。
「ちゃおっす」
 見慣れた赤ん坊姿のリボーンが、ちょこんと椅子に腰掛けているのを見つけて、ツナは思わず瞳を潤ませる。ずっと不安だったんだろうし、ラルがリボーンも死んじゃったと言ってた訳だから、その感激もひとしおです。
「抱きしめてぇ~こっちよ!!」
 げしっimpactsign03
 なぜ人形を置くcoldsweats01!!なぜ敢えて後ろから蹴りcoldsweats02!!家庭教師としての愛情なんでしょうか、一応happy01sweat02。そして、着てないと体調最悪の特殊スーツですが、なぜ愛らしいシッポや肉球が……happy01heart01。カワイイnote
 5分経っても戻らないのは、どうやら2ヶ月時間軸がずれているせい?ということは、2ヶ月くらいは勝手にこっちに滞在することになるってことなのかな。で、2ヶ月の間に片つけないと、未来は変わらない、とか。まだまだその辺は、単行本派の自分にも謎のままです。とりあえず、全然見慣れなかった風景だと思ってたら、並盛町の地下だったことが判明。そして、大人山本の口から語られたのは、現在ボンゴレ狩りが世界各地で進行中だということ…。
「お前たちも見たはずだぞ。ボンゴレマークのついた棺桶を」
 リボーンの言葉に、思わず「それってオレが入ってた…」とつぶやいたツナ。同時に、ぎりっと歯軋りの獄寺。突然山本を殴りつける!!
「何してやがった
!!何で10代目があんなことに!!」
 激しい獄寺の怒りに、切れた唇から流れる血も拭かず、山本は静かにつらさを湛えた瞳で一言。
「すまない」
 あぅ……crying。(その表情と声のかっこよさにもんどりうちながらhappy02heart04、切ない気持ちで転げ回りましたともbearingsweat01。そういう場合どんな表現したらいいんだsign03sign03
 自分よりひとまわりもふたまわりも小さくて幼い獄寺につかみかかられていいように揺さぶられて、それでも静かに目を閉じてる山本が素敵すぎて、あっ、脳の血管がもたないwobblysign03(←そのまま安らかに眠れ。)言いたいことだって一杯あるだろうけど、何より山本自身が自分をそうやって強く責めてるんだよね。ずっと。うぅう、つらいよぅweep
「やめろ獄寺。10年後のお前も同じ立場だったんだぞ」
 見かねたリボーンが、獄寺にも現実を突きつける。獄寺だって、きっと分かってたに違いないけど、それでもまだ中学生。未熟な心では抑えきれなかったんだろうな。
 あっ、そう言えば、血が流れた。ちょびっとだけど。
 そして、山本の言葉は、原作より具体的になってましたね。原作では、「ある男を呼び出して、交渉をせずに殺した」という言い回しだったので、あくまでツナにそれがツナだったんだということを気づかせないような言い方でしたが、アニメでは「本部が陥落した時点でトップ同士での交渉の席を用意して、こちらのボスを呼び出した。だが奴らはその席で一切交渉などせず、ボスの命を奪ったんだ」つまり、そこでツナは殺されたのだ、と。
 それにしても、未来編はヴァリアー編より更にシリアスで残酷というか、「死」が確定されてるところがあるので、ごまかしようがないというか。それでも敢えて「死」という表現は避けてくるんでしょうか。
 それにしても、この話してた時のアップの山本はかっこよかったなぁあああああああhappy02heart04sign03sign03(←いい加減空気読め。)

 状況は最悪。でも希望があるとしたら、それはバラバラになったツナの守護者を集めること…。

 次回は大人山本の(現在のところ)唯一無二のバトルシーンですhappy02heart04sign03超楽しみですsign03そう言えば、前回からちょっとだけ気になってたんですけど、星座占いなくなりましたね(笑)。今回は原作2話分、恐らく次回も原作2話分といった感じです。おぉお、どんどん進むなぁ。大人獄寺はほんとにちょっとしか出てこなかったけど、大人山本は2回にわたって出てきてくれるから、嬉しいですnote

 あ、そういえば、全然関係ないんですけど、アイシールド21のアニメが終わりました。関東大会準決勝という中途半端な場面でしたが、泥門のライバルとしてずっと扱われてきた王城との爽やかな決戦だったので、まあよかったのかな。ていうか、そのあと原作の最新刊28巻を読んだんですが、かなり原作に追いついてきていたというのもあるし、白秋VS西部戦は残酷すぎてアニメとしては難しいところです。峨王は存在自体が反則のような気がしますが…。それに、脚本とかちょっとリボーンの制作側と被ってるところがあったんですが、アイシールド21って作画は結構……微妙だったというか…微妙なことの方が多かったというか…リボーンみたいに成長しなかったような…?ラスト2話でこれかよって思った先週。OPとかの曲も微妙だった(笑)。個人的には蛭魔が好きなので一応見ていたのですが、やっぱ原作が一番ですね。ていうか、髪型も原作でバリバリ変わったのに、アニメでは一切変えませんでした。なぜ?
 謎だらけでやや微妙だったアニメでしたが、原作の最新刊はとってもよかったです。何がって、蛭魔の過去が色々分かったから(笑)。蛭魔妖一、やっぱりすごい人だ。そして、武蔵も素敵だな、と思います。なんつーかこの人は、男らしい。
 それから、BLEACH32巻を読んで、これまた驚いた。アニメ、最新刊に追い付いてんじゃん!!最近アニメを流してしか見てないんで、あまり気にしてなかったんですが、アニメで見たばかりのところが最新刊の初めの方に収録されてて、しかもこちらまた惜しげもなく3話分くらい軽く使ってましたけどcoldsweats02。次回予告で見覚えのあった場面を考えると、次回も軽く3話分くらい進む気満々でしたけどcoldsweats02。BLEACHも適当なところで終わる気なのかな?今の状況が何とかならなきゃ終われないとは思いますが。
 さらに、D.Gray-man。これ、どうなるんだ?終わるのか?続くのか?同じ時間帯で新番組が始まるようなCMやってた気がするんですけど…気のせい?

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年3月15日 (土)

記憶の限界に挑戦!バトン

 な、なんと!!こちらのFavorite siteにリンクさせて頂いている、紫月の憧れのお一人、「SANSUI」の米倉よねを様から、ばばばば、バトン頂いちゃいましたぁぁああああーーーーーhappy02sign03(←とりあえず落ち着け。)わぁあああ、ありがとうございますっ(←だから…)sign03超頑張りますsign03ハイパーモードで頑張りますsign03(←できないから。ね?)

【記憶の限界に挑戦!バトン】

1.思い出せ!今までに使ったPN全部
→ペンネーム……ネットでは大概紫月で通してる気がします。でも、ちょっと検索かけてみたら、意外に使われてるということが分かって、自分の発想力ってその程度だよね、と思ったりしてますcoldsweats01。あ、でも「しずく」もしくは「しづく」(←歴史的仮名遣い的に。)と読むつもりです(笑)。

2.思い出せ!今までに、イラスト、漫画、小説をかいたジャンル全部
→イラストは、比較的オタクの資質を持ち合わせている友人のリクエストに、毎年年賀状で応えようと努力してました。最初の頃はまだ学生時代…初めは「炎の蜃気楼」だったな(笑)。それから勇者指令ダグオンと爆走兄弟レッツ&ゴーのMix、La'cryma Christi、仮面ライダークウガ、はじめの一歩、ヒカルの碁、テニスの王子様、ONE PIECE…それから、友人以外のリクエストも来るようになって、BLEACH、D.Gray-man、銀魂。これで全部かな(笑)。あと、このブログに載せるためだけに家庭教師ヒットマンREBORN!。漫画なんて、とてもじゃないけど描けませんhappy01sweat02。描ける人はすごいと思います。小説は……版権物でいえば、はじめの一歩とテニスの王子様。友達の誕生日にプレゼントするために書いたことがあります(笑)。渡すのは死ぬほど恥ずかしかったcoldsweats01。でも、めちゃめちゃ喜んで感動してくれたので、ホッとしたし、嬉しかったです。

3.思い出せ!今までに同人誌を買ったジャンル全部
→買ったことはないです。学生の頃から、友人が買ってたので、存在は知ってましたが…。テニプリなんかのは読ませてもらったことがあります。(何とか少年漂流記…とか何とか…。)純粋に絵が原作に近くて上手で、ストーリーも面白かったので、こういうのならいいなぁと思いました。でも、その値段聞いてびっくりしましたhappy01sweat01

4.思い出の多そうな5人くらいに回そう

→もうこれは…AYUちゃん!頼むよ(笑)!!AYUちゃんならいっぱい答えられるはずだ!!5人分くらい!!(←そういう意味じゃ……。)


 久しぶりに、頭使いました(笑)!特にイラストの記憶は…。でも、初めのうちはパソコンなんて使えなかったし、すっごく下手だったと思うので、よくもそんなの年賀状で送ったな、と、我ながら恐れ多いですねcoldsweats01。高校時代とかって怖いもの知らずですねぇ(笑)。今でもまだまだまだまだ修行が足りないんですけど…sweat02。今年からもう少し時間ができたら、また色々挑戦してみたいものです。(←思うのは自由(笑)。)
 よねをさん、ありがとうございましたsign03自分のこと色々思い出してみるのは、懐かしくて楽しかったですnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメリボーン標的74「10年後の世界」感想

 10年後山本……happy02sign03sign03sign03てか、ヤバイヤバイかっこいいかっこよすぎるあのバトルシーンsign03sign03

 入りましたね、未来編!!!ついに、ですよ!!!ここ4週間ほど色々と忙しくて、やらなきゃならないことがいっぱいたまっていたので、病院に行ったり美容院に行ったり掃除をしたり、そんな中で来客があったりとバタバタしていたので、感想書き始めるのが遅くなっちゃいましたが、そんな中でもアニリボはテレビの前で正座してライブ観戦してましたとも(笑)!(最後のほうで来客があって、うああああああと思ってたけど、テレビは消さなかったつわものです(笑)。)

 それでは、早速感想書いていきたいと思います!まだ見てらっしゃらない方はネタバレ注意ですdanger(今回前置きがやや短いような気がするので、ページを出した瞬間ネタバレしてたらごめんなさい!)

 <アニメリボーン標的74「10年後の世界」>

 もちろん、OPは変わるだろうと予想してましたが、相変わらずの惜しみない披露っぷりcoldsweats01sign03まずはこちらについて書きたいだけ書かせて頂きたく(笑)。
 曲はヴァリアー編に入った時の最初にOP曲を担当されてた方なので、違和感なくいい感じです。で、まずはボンゴレリングやマーレリングなどを背景にして、カラフルな死ぬ気の炎。黄色はちゃんと電気みたいな感じになってましたね。そして、ツナのアップから10年後に来てしまった時の様子…うぁ、棺桶ー!!(「未来編」がタイトルにつきましたね。トゥリニセッテをイメージ?)
 って、赤い嵐の炎を背景に髪を結ったかわいい獄寺…て、その後ろの影、まさかまさか…開始5秒そこそこで10年後獄寺来たぁーーーーーー!!!っひゃー、大人っぽい!かっこいいなぁnote
 て、ちょっと待て、ちょっと待て、ちょっと待ってぇええええええええsign03sign03山本ぉーーーーーsign03サラシに胴着ぃいいいいいいいいいいhappy02heart04sign03ヤバイヤバイ、そんだけで十分ヤバイsign03刀構えて、なんつー凛々しい表情…lovelynoteそして、キタァアああああああああheart04sign0310年後山本おおおおおおおhappy02sign03sign03お、大人だ…大人だぁっhappy02sweat01sign03やっべ、かっこよすぎる…sign03胴着の山本もやばいくらいかっこいいのに、この10年後を見ると、あの中学生の山本がかわいく見えてしまう…くらいの大人っぽいかっこよさsign03うゎあああああ、なんか落ち着いた雰囲気が…身体つきもすごく頼もしくなって…く(´゜`)ノくらくらっ…_o__(←即死。)
 て、ちょっと、ちょっと待って?(がばぁっ←生き返った)次は了平兄さんsign02すみません、了平兄さんの10年後は単行本でもまだ出てきてな……coldsweats02sign02おおっぴらにネタバレぇーーーーーー(笑)sign03ちょっと髪伸びるんですねheart01お兄ちゃん、かっこいいsign03して、その袋は一体…?
 そして、きたっ、雲雀さん!!中学生(恐らく)は、学ランの風紀委員スタイル。素敵、これだけでも十分かっこいいっスheart04で…10年後雲雀さん…思ったほど前髪短い感じしませんが、全体的にちょっと短い雰囲気…すらっとして背が高いnotesその雲雀さん、紫のちょっとふんわりした感じの炎を灯したと思ったら、匣(ボックス)sign02わぁああああああ、死ぬ気の炎をまとわせたトンファーーーーーーーっsign03sign03そして、どがつくくらいのアップ~~~sign03うっ、麗しぃっsign0310年後雲雀さんのターンだけちょっと長いのは気のせいじゃない(笑)。
 今度は近未来的な高層ビル。白蘭sign03白蘭も麗しいなぁ。マシュマロ食ってる…coldsweats01超麗しい顔して…(笑)。それに被って、正チャン。作画がいいのはもちろんですけど、ちょっと凛々しい雰囲気漂ってますnote
 そして、γさんに野猿と太猿。γさんが、やけに落ち着いたお兄さんに見えます。後ろの猿兄弟は(←呼称に失礼なものがある気がする。)大変好戦的な感じ…野猿、かわいいですね。
 うぁああああ、山本と獄寺のタッグsign03凛々しいっ山本っheart04happy02sign03そして、スピード感あふれる山本と飛び交うブラックスペルの交戦!!水の炎って綺麗ですねぇheart04作画もいちいちひとコマひとコマ素敵で綺麗でかっこよくてかわいくって…え、中学生の山本、水のバリア使ったsign02ちょっ…これもネタバレ……coldsweats01sign02そして獄寺の腕につけた武器…こっちもスピード感あってかっこいいなぁhappy02sign01そして、その武器の前に立ちはだかる山本とのコンビプレイ…sign03はぁあああ……息もつかせぬかっこよさ……lovelynote
 そして、大空のリングをはめたツナをバックに、優しい笑みの獄寺、山本、お茶目なランボ、イーピンに、ハルに京子ちゃん。ここまで絶対、主人公のツナより山本と獄寺の方が、出番多かったよね(笑)。ボンゴレを背負うツナ。膨大な炎を両手から噴出したと思ったら…なんとっ、イクスグローブver.V.R.までsign03
 あっ、悲しげな髑髏ちゃん…かわいい…三叉槍をぎゅっと抱いて。そして、一瞬だけ出てくる骸さん!てか、骸さんも出てきたsign03でもこちらは、10年後ではなかったようです…ね?まあ、六ヶ月は基本このOPなのだろうから、ネタバレも少々はありますよねぇ(笑)。てことは、10年後の骸さんはまだまだ出てこないって事かな~。
 次はラル・ミルチ。ゴーグル取ると、美人っnoteそして、大人コロネロに封印されたおしゃぶり~~~~~sign03大人コロネロ、かっこいいぃいいいいいheart04sign03
 初めの棺桶の横でうずくまるツナ…うつむくその視線の前に現れたのは、リボーンっsign02そして、輝かんばかりのツナの笑顔……か…かわいいなぁlovelynoteツナの目に映ったのは、未来に来てしまうメンバーと、10年後のメンバーと…。おぉ、おっきくなったフゥ太もいる!草壁さんが雲雀さんのそばについてるし…。ビアンキは、これ10年後でしょう…。次々と映るみんなの姿。最初が獄寺で、最後が山本。それを見て、リボーンとともに駆け出すツナ…嬉しそう。なんか、切ないなあbearingsweat01。それにしても、ネタバレ感満載のOPだけど、原作18巻辺りまでの未来編がぎゅって詰まってる感じで、何より山本の出番が多い!!そしてかっこいい!!もう、それだけで大満足です~happy02sign03作画も素晴らしいしsign03うっとりです。もう一回見てこようnote(←1分程度のOPだけでこの分量…sweat02

 さて、ではようやく本編へ。学校帰りのツナとリボーン。そこへ商店街で風船やアメをもらったというランボが登場。並盛駅に地下商店街ができるイベントのことですよね。うまく設定を生かしてありました!ランチアさんたちが去っていった時に暴蛇烈覇のネタは使ってしまったので、ここはリボーンとランボさんとのいつもながらのやり取りに。リボーンの華麗な(?)蹴りを食らって、投げようとした手榴弾を危うく飲み込みそうになったランボさん。
「残念。もう少しで煙にできるところだったのに」
 え、煙になりますかね?
 そしてそこで、人影の布石……!!来る!!
「うにゅぅ~っ、おのれリボーン、タレマユのくせに!!」
 ボコッ(←何もない地面から抉り出したぁ!!)
「星になれ!!」
 うわ、比較的近距離(笑)。いたそ~coldsweats01。そうか、アニメでは10年バズーカ、直接発射口に飲み込まれないといけないもんね。そして、ランボが放り出した10年バズーカがリボーンに飛んできて…
「ん?やべーな、動けねえ」
 それって、原作を読んだ時にも思ったけど、どうしてなんだろう。非トゥリニセッテでも流されたんだろうか?
 ところが撃たれたあとに誰も出てこない…。原作では、もしかしたら…って、「リボーン…さん?」ってさん付けで呼んでるツナが何気にかわいかったんですが、それはなかったですね。

 5分どころか翌日になっても戻ってこないリボーンを捜しに出たツナ…来た、名物コンビ(笑)。何で通販で生八つ橋買ってるんだろう、獄寺……coldsweats01。ここはハルの意見に一票(笑)。原作より二人のセリフが増えてましたが、まるでコントしてるような感じの掛け合いで、ある意味仲いいんじゃなかろうか、この二人。
 それにしても今回、作画いいですねぇ……。いや、最近のアニリボは崩れてることのほうが少ないと思うんですが、かなり原作に忠実です、コマ割りとか構成も。ヴァリアー編初回もそう思ったんですが、ヴァリアー編を経て更にレベルアップしてると思います。
 で、リボーンがいなくなったことを明かしたツナ。深刻そうになった獄寺は、やはりそれがどういうことなのかをこの中では一番理解している模様。それぞれ手分けして探すことに。
①学校→獄寺 ②山本さんち→ハル ③公園→ツナ
 さて、この中に公の場所じゃないところがあります。どこでしょう。って、もちろん②なんですけど、リボーンがいそうな場所で山本のうちが出てくるって事は、それだけよく出没してるってことでしょうか。そして、それぞれが捜しに行った場面が出てきてくれたので、なんと、山本も登場happy01note最初は軽い感じで聞いていた山本ですが、ハルの慌てぶりを見て不思議そうな表情から、真剣な表情に…。作画がいいから、すごくかわいいですhappy02sign03
 獄寺、ずっと八つ橋持ち歩いて探してたんですねえ(笑)。そして、公園に来たツナ。イーピンと鉢合わせ。そしてなんと、正チャンとも鉢合わせぇcoldsweats02sign02おお…視聴者に優しくなっている(笑)。前回はツナ自身は正チャンのこと認識してない可能性があるしね。正チャンが慌てて逃げたのは、前回のトラウマがあるから、でいいのかな?

 大人ランボに10年バズーカのことを聞こうと思ったツナ。でもランボ、なかなか起きない。
「う~ん、ランボさんは今お留守ですぅ…」
 かわいいかも(笑)。しかも、「シ・リ・マ・セ・ン」ってとぼけた先から、髪の毛の中に埋まってるの丸見えだし(笑)。それを取り合ってもめるうちに…ドンimpactsign01なんと当たってしまったのは、ツナ!頻繁に当たってるランボさんやイーピンは、いつもあんな体験してるんでしょうか。
 そして、ツナが落ちた先は、なんと花に埋もれた場所…なんと、棺桶の中bearingsign02思わず声を上げたツナ。そこへやって来たのは…誰かによく面影が似ている影sign03(でもその前に、声ですぐ分かった(笑)。)
 おおお、扉絵で登場した大人獄寺だ!かっこいいなぁheart04シャツが赤になってるのは、16巻の表紙からだと思うんですが、更に炎だから、とか、そんな理由でしょうか。(何気にOPの大人山本のシャツが青っぽい緑だったので…。まあ、アニメの山本はよくそんな色の私服着てるしな…。)しかし、本当に作画が綺麗!原作そのままですね!未来編に至っては、本当に原作の絵がめちゃめちゃ綺麗なので、それを再現するってすごく大変だと思うんですけど、それでもすごく忠実だと思います。アニメスタッフさん、すごいなぁhappy01sign03
 大人獄寺、ちょっと声を低くしてますね。それでトーン落としてしゃべってる感じなので、やや苦しそうな感じが…するのは自分だけでしょうかcoldsweats01
 何か確認しようとした大人獄寺。でもその前に、どうしても棺桶にいることが気になったツナ、勇気を出して聞いてみた。その時の大人獄寺のつらそうな顔…神懸り的な作画です。
「…それは…」
 10年前のまだ中学生のツナに、聞かせるのを躊躇った大人獄寺。思慮深さも大人っぽい。そこで、何かを言おうとしたところで、ポムッsign0110年バズーカで出現する時の音って、ちょっと間抜けなんですよね(笑)。更に出てきた獄寺が、ぽけっとしてる感じでかわいらしいから、なんか雰囲気変わっちゃった。でも、ツナがいるところが棺桶だと気づいて……ずぅううううううん。
 ツナを死なせるなんて右腕失格だと悔しがる獄寺。ツナ、直視しないようにしてたのに(笑)。で、大人獄寺が教えてくれたとおり、5分経って過去に戻ったら正チャンを…と、思ったら、もう5分以上経過してる…?焦るツナだけど、その心とは裏腹に空腹の模様(笑)。やったね、獄寺sign01生八つ橋、役に立ったよsign01ずっと持ち歩いてた甲斐があったねぇ。このときの笑顔が会心の笑顔だと思うのは、気のせいですか。きっとツナの役に立てて、獄寺嬉しかったに違いないhappy01sign01
 大人獄寺が残していった鞄。何もそんな上から開けて中身落とさなくても、とか思ったのはおいといて、匣や手紙が。(うぅ、「はこ」って打つと、自然に「匣」が出てきてしまう(笑)。)G文字に対するツッコミは16巻の感想でしてた気がするけど、とりあえずこれも役立ってるらしいよ、獄寺(笑)!!
 そこへ登場したラル・ミルチ。ラルの炎は青白いような感じですが、これ、何属性?原作では声色なんて分からなかったから、これを男性だと思ってたっていうのは分からなくもないけれど、声は明らかに女性だから、アニメではむしろ「男の人だと思ってたの?」っていう感じがしました(笑)。さて、この辺の戦いも惜しげもなく進んで行きました。死ぬ気丸…よく持ってたな、ツナ。アニメではバジルくん帰ってからずいぶん日数が経ってるわけだけど、持ち歩いてたんでしょうか。ランチアさんのリングも…?
 でも、死ぬ気丸のおかげで超死ぬ気モードになれたツナ。……なんと、原作3話分いっちゃいますかcoldsweats02sign03だ、大丈夫なの…sign02
 ラルの死ぬ気の炎の攻撃を受け、それに気づいて零地点突破・改を繰り出したツナ。やっぱりハイパーモードのツナはかっこいいし、機転が利くなあ。そう言えば、ラルの頭の色って、青だったんですね。黒のイメージだったけど、ヴァリアー編で出てきたときも、そう言えばそうだったかな。
 物理的攻撃を食らって、ついに匣を持ち出したラル。炎の色は、紫ですね。そうか、ムカデは雲系なんだ。ムカデによって、オレンジの炎を大量に放出させられてしまったツナ。アニメで見ると迫力満点!
 結果的にはこの時代の戦い方を知らなかったツナ、一方的にやられて終わってしまったけれど、ラルには及第点をもらえたようです。やっぱり、ラルは美人だなぁ。
 それにしても、どうしてラルはツナたちがここに来るって知ってたんだろう。白蘭たちの計画が10年前のツナたちを10年バズーカで呼び寄せるものだっていうのが、分かってたんだろうか。なんか、大人の雲雀さんも知ってたふうだったし…。そもそも、過去の人が10年バズーカに当たらないとこっちにはこられないわけだから、そのきっかけもどうやって作ったのか、とか、リボーンが動けなくなった時にいた人影が一体なんだったのか、とか、その辺めっちゃ気になりますね。謎だらけで始まる未来編です。
 さて、草履っぽいサンダルをくれたラルですが、サンダルは10年後でもあまり変わらないみたいですね(笑)。そして、ラルから明かされる衝撃の事実。最強の赤ん坊、アルコバレーノはみんな死んでいった、と。もちろん、リボーンも…。……あれ?ラル、なり損ないだって言った?省かれた?

 それにしても、よく進んだな~。引き伸ばしてある場面とか、ほとんどなかったもんなぁ。でも、ちゃんと山本の出番を作ってくださったアニメスタッフさんはさすがhappy02sign03そしてそして…次回の予告の声……もしかしてもしかして10年後山本sign03sign02よぉし、あと10回聞くかsign03(←よせ。)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008年3月 8日 (土)

アニメリボーン標的73「母さん感謝の日」感想

 七夕大会かっcoldsweats01!!!!更に強引にもってったcoldsweats02!!!

 今週もアニリボ感想遅れてしまいました(^-^;。すみません。三重県の南知多の方へ職場の同じ所属の人達で社員旅行的なものに行っておりました。メインはふぐ料理でした。それはそれでおいしくてよかったんですが、一緒に行った一人が酔いつぶれて色々大変だったっていうかdespair。ズガンッ!!うわ、誰、嘆き弾撃ったの!!てなわけで、ちょっとだけ、ちょっとだけネガティブになります。どうかスルーしてくださいcoldsweats01
 
半泣きで酔いつぶれた人は、日頃からかなりうちの職場のTOPにひどいことを言われているようです。「おまえからは情熱を感じない。まだ若いんだから、転職するなら今のうちだ」「おまえの存在自体がうっとおしい」「おまえはこの仕事に向いてない。やめろ」「おまえは自分の担当している仕事が全くできていない」…一応本人談ですが、打ち上げや忘年会など、お酒を飲んだ折には必ずそういうことを言われるらしく、それを周りの人も聞いています。飲んだ勢いでそういうことを言うというのも許せなかったのですが、それぞれの資質を高めるための面談というのがあり、その素面の面談でも、うちのTOPはそういうことを言ったらしく、言われた方は相当鬱憤がたまっていたらしいです。確かに要領のいい人ではないし、決して何か秀でたものをもっている人ではないかもしれません。それでも、仕事に対して真摯に取り組んでいることを、自分たちは見て、よく知っています。つまり、うちのTOPは、全然その人のことを見ていないのです。でも、当然TOPに言い返したりすることができるような人でもなくて、一方的に言われっぱなしなのです。その上、今年一年支えあってきた同じ所属のメンバーの大量異動。自分も含め、9人のうち5人が異動です。そのうち3人は、残ることを希望していた人たちです。そして、残る4人はまだこちらに来たばかりで、異動対象になりえない人と、主任だけ。日頃から相手のダメなところばかり指摘して、よさを見ようとしない、弱い相手には遠慮なく暴言を吐く、そんなTOPの言動に心の狭さを感じているうちの所属メンバーは、当然TOPに対していい思いをもっていません。自分になびかない者、気に食わない者は異動させるその乱暴なやり方には、憤りを通り越して呆れてしまいます。そんなTOPの下で働くなんて、まっぴらごめんです。やり残したことは一杯あって悔しいけれど、それでもあの人と気持ちよくやっていけるとは思えないので、潔く受け止めてやる!自分はそう思っています。でも、酔いつぶれた人はこちらに来たばかりで、異動することはありません。少なくともあと何年かはあの暴言に耐えなければならないのです。その職場の長だったら、何を言ってもいいのでしょうか。どう考えてもこの人がしていることは、パワーハラスメントです。権力を笠に着た言葉の暴力なんて、管理職としては最低です。偏見や差別に対してとても厳しいはずのうちの職場ですが、それを一番に謳いあげているはずのTOPがそれでは、その底が知れるというものです。(ちなみに自分はTOP相手でも異議があれば遠慮なく面と向かって反論します。だから、あの人は自分に何か言う時は、やたら遠まわしに遠慮がちです。なんとも情けない話です。)と、そんなこんなで、色々いい気分ではいられない食事になってしまいました。
 というわけで、今日行ってきた名古屋港水族館のイルカやシャチのクーちゃんが、一番楽しかったですhappy01。も~~~、イルカさんたちかわいい!!かわいすぎる!!すごすぎる!!イルカもシャチも、すごく賢いんですね!ちょっと感動しました。

 さて、嘆き弾効果がなかなか切れなくて、ちょっとどころかやたらネガティブが長くなってしまってすみませんっbearingsweat01!!それでは、感想いきたいと思います!!以下、ネタバレ注意ですdangersign01

 <アニメリボーン標的73「母さん感謝の日」>

 ついにアニリボも完全オリジナルが来たか…と思いきや、なんと原作の七夕大会がベースになったものでしたね。いや、全くもって予想外でした。作画は…ときどき「ん?」と思うところがあったような……coldsweats01

 さて、日常生活の何気ないところで、平和の幸せを噛み締めるツナ。このセリフが既に次回からの布石!?と思ったら、モグラのリボーンが開けた穴に落ちた(笑)。ハルのモグラのコスプレより、よほど前回役に立ったんじゃないでしょうか、リボーンのモグラコス。ボンゴレ式ママン感謝の日への招待状を渡されたツナ。山本や獄寺、了平兄さん、雲雀さんにも、それぞれの手法で届きます。山本が竹寿司の前に出しっぱなしになってた寿司桶を拾ったら、びっくり箱形式でリボーン人形がびょ~ん。「なんだこりゃ」の山本のアップはかわいかったですnote(←いちいち見逃さない(笑)。)

 で、ツナんちに集まったみんな。
 ちょっと待って、風紀委員が群れすぎですけどcoldsweats01sign03(さすがに委員長はいらっしゃらない(笑)。)
 シャマルやディーノさん、キャバッローネファミリーまで!確かにディーノさんは結構世話になってる気がするけど、まさかこの場に参加しているとは!ちょっと意外でした。
 さて、ママンに感謝、ということで、ツナ、一応カーネーション3本準備していた模様。母の日じゃないけど、中学生らしくてかわいいなぁhappy01。すごく照れながらでもちゃんとお礼言えるところが素晴らしい!
 ボンゴレ式というのは、色々競い合う形式みたいですね。お正月といい、今回のパーティーといい。今回はかくし芸大会。審査員は町内のお年寄り、じゃなくって、ママンです(笑)。でも、点数をつけたり、優勝したらどんな願いでも叶えてくれるっていう設定は、原作どおり。そこで京子ちゃんとの結婚を夢見るツナも原作どおり(笑)。ところがそれだけでは終わらないアニリボ。なんとハルはツナとの結婚を夢見てて、ツナもそれを願っているといつの間にやら勘違いしている模様(笑)。
「まーまー、ツナ。面白そうじゃねーか」
 いつものノリで笑顔の山本♪それでこそ山本♪でも、ビリになったらとことん不幸にされるおまけつき(笑)。そこで獄寺が、ツナに一緒に組もうと持ちかけてますが…。
 司会者はビアンキ。原作ではハルでしたが、ビアンキかっこいいです。ボーイさんみたいなカッコがよくお似合い…獄寺ぶっ倒れたけどcoldsweats01。リボーンの機転でビアンキはサングラスをすることに。

 さて、トップバッターは山本!!願いは原作どおり野球部県大会ベスト4!!いいなぁ、中学生らしくてhappy01heart04。ほんと、等身大の願いだなぁ♪ん?寿司職人のカッコ?お、お手玉握り寿司sign02原作では七夕にちなんで、星の形の球のジャグリングでしたが、なんと、寿司を握りながらお寿司でジャグリングーsign02そのすご技には、さすがにみんな拍手拍手。獄寺一人
「くっ、やばい!思いのほかうけてやがる…」
 いや、うけるだろう。だって、プロの寿司職人上回ってるからね、これ(笑)。で、なんと獄寺、わざわざ野球のユニフォームまで着て、
「おい、山本ぉ!バックホーム!!」
 あぁっ、山本…食べ物は投げちゃダメだよ…coldsweats01。原作でも似たようなことしてましたが、七夕寿司を配って70点だったところ、食べ物投げたというマイナスポイントにより、50点しかもらえなかった山本。……獄寺め!!(←あくまで人のせい。)言った本人が一番びびってる原作の方が、面白かったかな。

 次は了平兄さん。願いはボクシングを国技にすること。これは原作どおりですが、出し物は全く違ってました。ランボと組んで笹を食べるパンダとユーカリを食べるコアラをやって、七夕に関係ありそうで完全にずれてるってところが面白かったネタだったんですが、今回七夕でも何でもないので、パンチでコンクリートブロックを砕く!!これまた見えないくらいのすご技!!おかげで本当に見えなくてみんなきょとん。
「インチキじゃないのかー?」
「そうだそうだー」
 だから風紀委員群れすぎだってsign03どこの緑化委員だよ(笑)。
 結局15点。原作では2点だったけどね(笑)。

 次はフゥ太。ランキングをして物を浮遊させるかと思ったら…ハーモニカで「むすんでひらいて」。
「……地味だ…!」
 ツナ、ごもっとも。でも、小さな子にしては結構頑張ったと思うな。ということで、30点。
 ウザさ百万ボルトが序詞のランボさん。ブロッコリーの真似(?)をして、油引きの真似をして、これこそ意外にうけたと思ったら、髪の毛の中から、人から奪ったお菓子が…。おかげで得点3点(笑)。
 京子ちゃん、ハル、花ちゃんで、トリオ漫才。花ちゃんだけ絶対的に乗り気になれずにいたら、ランボが10年バズーカで大人ランボに。花ちゃんが乗り気になったところで、ビアンキのポイズンカッターが大人ランボ目がけて炸裂!シャマルまで巻き込んで、窓ガラスごと外へ飛び出す!!……って、三人娘、なんもしてないのに85点かい!!窓ガラス割ってたけど、よかったの、ママン?

 そして次はなんと「クール&デンジャラス」の雲雀さん。な、雲雀さんがあの中に入るのか……?大体、雲雀さんはママンの世話にはなってないのでは……。じっと動かない雲雀さんの代わりに、ヒバードが並中校歌歌いました。これ、教え込んだっていうだけで、充分かくし芸に値すると思うけど、やっぱり群れたくない、という理由で、雲雀さんは棄権。「僕は棄権するよ」……群れてる人たちを咬み殺さなかったのは、ママンの存在があったからでしょうか。でも、その一言の声が素敵すぎる並中風紀委員長heart01並中風紀委員たちも退場。最後まで群れながら(笑)。
「相変わらずだな」
 ちょっと苦笑するディーノさんがかわいかったですnoteていうか、雲雀さんやディーノさんは、絵があまり崩れなかったなぁ。

 次はイーピン。恥ずかしさじゃなくて、雲雀さんに見惚れて筒子時限超爆発動!原作でもそうでしたが、素でイーピンをあそこまで投げ飛ばせるツナ、結構すごいです(笑)。で、花火と勘違いしてるみんなのおかげで95点。
 そしてトリを務めるのはツナと獄寺。ん?山本が何か関わってる?…こ、この流れは……まさか、バースデーのアレ?そっか、バースデーはやってないから、似たような危険を伴うナイフ77本投げより、元凶のタネも仕掛けもない手品なんですね(笑)。バースデーの時は、それを巡って山本と獄寺が喧嘩してたっけ。
「オレには無理だって断ったんだけどな」
「オレだって無理だよ!!」
 たぶん獄寺にも無理だと思います(笑)。なのに、なぜか自信満々の獄寺。どうして頭いいのに分からないんだろう、この子は(笑)。
 死ぬ気弾のおかげで自分で剣を突き刺して、見事全部よけきったツナ。当然点数は100点!!イーピンを上回って、優勝!!……と思いきや、なんと優勝はリボーン。素敵なパーティーを催してくれた、という理由でした。あれ、ていうことは、右腕の寝袋はないんですね(笑)。(あ、そう言えば、ディーノさんは出し物なし?)
 リボーンの願いは、ツナがテストで100点取ること。(ボスになることじゃないのか。)で、さっそく徹夜で勉強……
「オレだって、いつまでもついてやれるわけじゃねーからな」
 おぉ、布石が来た!
「みんなで一緒にさわぐの、楽しかったな。もう怖い連中なんて現れないまま、こんな日がずっと続くといいのに」
 おぉ、更に来た!!

 このときオレは、リボーンとのこんな騒々しい日々がずっと、ずっと続くと思ってたんだ。

「どこ行っちゃったんだよ、リボーン!!!」

 まさかリボーンがこの世からいなくなる日が来るなんて……。

 来たーーーーー未来編だぁhappy02sign03sign03

 来週からはOP変わるかな~。EDはどうなるだろう。まだ変わってそう日が経ってないような気はするけど、EDのサイクルって基本的に3ヶ月くらいのような気がするから、変わってもおかしくはないのかも。ランチアさんやバジルくんが帰ってしまうっていうのは、既にやっているから、どうやら別のエピソードを作るみたいですね。なんか、獄寺が落ち込んでるのがあった気がするんですけど、もう彼の10年後は出てくるって事ですね。ラル・ミルチもいたし…。そんなハイペースで進んで大丈夫なの……coldsweats01?と、やや心配の種もあったりしますが、とりあえずは楽しみにしたいと思います♪

 結局記事が仕上がったのは日曜日になってしまいましたcoldsweats01。すみません。来週はライブ観戦できると思いますので、土曜日中にはアニリボの未来編初感想、書けると思います♪

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年3月 2日 (日)

アニメリボーン標的72「退学クライシス」感想

 山本まで……Σ( ̄□ ̄lll!!!

 今回感想が遅くなってすみませんbearingsweat01!土曜日は一日予定が入っていて、今日は午前中に仕事が入っていました。昨日一応移動中に車のナビでちらちらとはアニリボ見てたんですけど、帰ってきたのが午前様で、今日は朝から仕事で遅れるわけにはいかなかったので、諦めて寝ましたcoldsweats01。でも、土日まで仕事に追われる…のも、今月一杯…かな?どうやら4月から職場異動になりそうです。仕事が大きく変わります。ひきこもりんで面倒くさがりの自分にとっては、慣れるまで大変だと思いますが、土日がフリーになるというのはありがたい…!!…と、思えるまでに4日かかりました(笑←ダメじゃん)。でも、前向きにいきたいと思います!だって山本はキングオブ前向きだからcatfaceshine

 それでは感想です。まだ見てらっしゃらない方はネタバレオンパレードにつき、以下の記事は注意が必要ですdangersign01

 <アニメリボーン標的72「退学クライシス」>

 いや、懐かしい(笑)。つっても、自分がリボーンにハマって全巻大人買いしたのが1年と5ヶ月前だから、大して前じゃないか。(←いや、充分前。)原作ではまだ山本すら登場していないお話でしたが、ちゃ~んと登場してくれてましたねnote全校一斉テストというのは分からなくもないけど、全校一斉に、何故に理科のテストだけなのか、甚だ疑問な並盛中(笑)。つまらなそうにテスト受ける獄寺、真剣に考えつつ、いい顔してる山本、真っ青なツナ、そして屋上で校長の様子を探る雲雀さんと草壁さん。いや……全校一斉テスト……gawksweat02どうやらタイムカプセルを掘り出そうとしていることも、既に風紀委員は調査済みらしいです。今日の作画はかわいらしかったです。ときどき「?」という気がしましたが、このときの雲雀さんの横顔が妙にかわいかったです。

 出た、あくまで仮定の根津先生。嫌味っぷりが8割り増し(当社比)。原作ではぴらっと点数が見えるようにテストを返してましたが、アニメではおおっぴらになんとプロジェクターで大々的にばらしてました。これ、人権問題ですよね(笑)。獄寺、もっとやっちゃえbleahpunchsign03
「獄寺、やめとけって」
 あ、ごめん、山本Σ( ̄□ ̄;。獄寺、やめとこう!うん!
 あ?根津先生、滑って転んだ。頭打った。スクリーンが落ちてきた。机が倒れた。ざまみろ~bleahsign01
「せ、先生、大丈夫ですか?」
「……お、おまえたちぃ~~~…退学だぁ~~~~~!!!」
 なっ、山本までsign02なんでやねんpoutsign03 原作では実際に獄寺が根津先生を締め上げて退学を宣告されたわけですが、アニメでは何にも手出ししてません。完全に先生が悪者です。原作よりエリートを強調するあたり、ますます悪者です(笑)。ツナとつるんでるから、どうせみんな悪い点数だろう…と、見てみたら、山本60点、獄寺100点。ま、獄寺は頭がいいからねcatfaceshineどうやら山本はヤマはって当たった模様(笑)。かっわいいheart04それでこそ山本notes…と思ったら
「貴様ら、カンニングしたな!!」
 そこに直れぇ!!打ち首にしてくれるわangryannoy!!!!!
「教師に楯突くようなヤツが100点なんて取れるわけがない!」
 どんな根拠だよ(-。-;。
「嘘をつくのは最低の人間がすることだぞ!!」
 それ以上にお前が最低だけどなgood

 教室で心配する京子ちゃん。そこへ了平兄さんがやってきて…駆け寄って助けを求める京子ちゃん。お兄ちゃんへの信頼が強いんですねぇ。

 で、乗り込んでくる了平兄さん。でも、楯突くならお前も退学だ!と言われて
「なんだとぅ!?」(了平兄さん)
「てめーさっきから勝手なことばっかり言いやがって!!」(獄寺)
「むちゃくちゃっスよ」(山本)
 かろうじて一人だけ軽く敬語(笑)。かなりみんな苛立ってきて、ツナが焦りだした所に、救いの女神、京子ちゃん。さすがの根津先生も(ていうか、あんまり先生つけたくないな、このおっさん)純真無垢な京子ちゃんのお願いには弱いらしい。ツナが再テストを受けて、その結果次第、ということに。それでも充分理不尽だと思うんですけどねぇ。(紫月の嫌いなものは、蛙・人参・理不尽です。)
 ところで、あの歴代校長の写真の中、変なの混じってますよね(笑)。リボーン、どうやってモノクロ写真に…?

 で、山本も獄寺も了平兄さんも、京子ちゃんもハルも来て、ツナのお勉強会。けど、なぜか眼鏡で小難しいことを教える獄寺、なぜかここにきてテストの秘訣を教える山本、なぜか着ぐるみで解体図の解説をするハル、なぜか極限に応援する了平兄さんと、予想通り勉強どころじゃない(笑)。はしゃぎすぎたのか、みんな眠くなっちゃいました。何だかうとうとしながら変な動きしてるみんながかわいい(笑)。そこで目覚ましにコーヒーを出すハル。ところがそこにランボさんやイーピンが入ってきて、ビアンキが作ってきたポイズンピザにコーヒーがぶちまけられて…なんと奇跡の化学変化!!催眠ガスが発生!!次々に眠りに落ちていくみんな……。
 そして朝。ママンがお部屋をのぞいたら、みんな仲良く雑魚寝。よく寝てるわね…って、起こしてあげて、ママンcoldsweats02!!

 結局テストに遅刻してしまったみんな。ところで、今思ったけど、中学校って義務教育なんだけど、退学ってありなのかな?(←超今更。)
 遅刻を理由に退学を迫るおっさんに、校長先生もやや困り気味。そこへ登場したのは、ボリーン博士。校長先生はどうやらボリーン博士を知っている模様。あ、肖像画にいたから?(←違)ところが、ボリーン博士、やたらおっさんをおだてる。おだてておだてて、「別のテストをしてみたら?」という流れにしてしまった。やるな、リボーン。ここで、15年前のタイムカプセルの話を持ち出すおっさん。日没までに校庭からタイムカプセルを掘り出すことに。

 ハルは一体いくつ着ぐるみを持っているのでしょう(笑)。とりあえずモグラの親子は全く役に立ちませんでした(笑)。笑顔で手伝ってくれるみんな。珍しく獄寺と山本が相談しあって掘る場所を決めているようです。ところが、そんな様子を見ながら薄笑いを浮かべるのは、おっさん。15年前から、タイムカプセルは中庭に埋めてあると…。やっぱりお前、打ち首なgawkannoy!!!

 さすがに疲れてきてみんなぐったり。既に諦めモードのツナ。でもその目に映ったのは、それでも必死にツルハシを振るう京子ちゃんの姿。自分のためにがんばってくれる京子ちゃんを見たツナは…。
 一方、屋上で見守っていたらしい雲雀さん。そんな雲雀さんに、ちょっと学校を汚すことになる、と断りを入れるリボーン。
「いいよ、明日までに元通りにしてくれればね」
 やっぱりリボーンにはやや甘な雲雀さん。
 約束を取り付けて、リボーンはツナに死ぬ気弾を発射!死ぬ気のツナは、見事に校庭をもりもり掘り返して、それでも足りずに中庭へ!慌てて飛び出してくるおっさん。
「15年前のタイムカプセルが出てきたらどうする!!」
 思わず口走った言葉に、山本と京子ちゃんの不審げな表情。そんな中でも、ツナはどんどん掘り返す掘り返す!5年前のタイムカプセル、7年前の、そして、関係ない箱。あけてみたら、おっさんのすんごい点数のテストが出てきた(笑)。ツナよりはるかに悪いですcoldsweats01
 原作では55歳だったおっさんですが、アニメでは40歳になってました。解任もされなかったのかな(笑)?実は5流大卒というのがばれ、中庭にあると知っていながら校庭にあると嘘をついたということで、自ら「嘘をつくのは最低の人間」と言った台詞があだとなって、自分が最低の人間だということを証明してしまいました。
 最後には15年前のタイムカプセルも無事に見つけ、みんなの退学の話はチャラ。よかったね、ツナhappy01note

 今回は原作は確かにあったんですが、流れそのものも相当変えられてましたね。基本的な起承転結は同じだったんですけど。でも、特に違和感とかもなく、みんながツナのために一生懸命になってくれるお話になっててよかったと思います。
 来週のお話……はて、これまたいまひとつ見当がつきません。そんなお話あったっけ?次回が未来編前最後の日常編になるような気がするので、何か流れを作るのかな…?そして、そんな来週もまた予定が入っているので、今週ほどではないかもしれませんが、また感想がやや遅れるかもしれません…bearingsweat01ごめんなさい!

 さて、今週はもう少しだけプラス。予約しておいたアニリボヴァリアー編DVD第4巻が届きましたっhappy02sign03雨戦ですよ、雨戦sign03これからじっくりたっぷり楽しみたいと思います~~~happy02heart04金曜日に届いてたんですけど、ドラマCD「ヴァリアーの影」だけは聴きました。こちらもネタバレ注意ですdanger。ほんとにヴァリアーのみしか出てきませんでしたが、本編のヴァリアーとの戦いで雨戦の前までを、みんながどんなふうに過ごしてたか、って感じでした。といっても、取り立ててオリジナルストーリーが盛り込まれてた感じはしなかったです。アニメでカットされた、ベルのご当地の殺し屋を消して遊ぶ癖とか、その辺が収録されてました。あと、XANXUSが8年の眠りから醒めて…スクアーロと会話してる所、とか。話はかなり飛び飛びで、いろんな場面がちょこっとずつ紹介されてるという構成でした。ヴァリアーがお好きな方には楽しめるんじゃないでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »