« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月28日 (火)

落書きその2

Cocolog_oekaki_2008_10_28_20_44   色んな意味で、超ごめんなさいcoldsweats01

 …何となく気が向いたので、お絵かき機能を使ってみました。現在、とにかくマイパソコンのコードの接触が悪くて、すぐバッテリーに切り替わっちゃうんですけど、古いからそのバッテリーが10分ももたないweep。というわけで、家のパソコンの方でやったんですけど、赤外線マウス、使いにくい~bearingsweat01sign03これだけ描くのに何分かかったよ…coldsweats01。髪の色くらい塗ってあげたかったけど、無理でした(笑)。単行本とかそういうの一切見てないうえ、このカクカクっぷり…涙が出ますねcrying。つけた「?」は、こんな落書きを目にされてしまった方への、せめてもの謝罪です(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

アニメリボーン標的105「後悔」感想

 あああああああああ、大人リボーンの声ぇええええええええhappy02sweat01sign03

 すみません、既にネタバレくさいcoldsweats01。では、ネタバレ防止の他アニメネタバレ感想(笑)。
 
「のだめカンタービレ巴里編」……ひっ……髭・男・爵coldsweats02sign03髭男爵がいたぁsign03びっくりした。「喰霊~零~」ようやく話が進みましたね。今まで、何見てるのかさっぱり分からない状態でしたから。神楽ちゃんと黄泉ちゃんはとても素敵な関係だったように見えたのに、黄泉に何があったのか…。…で、主人公、誰coldsweats01「スキップビート」不覚にも笑ってしまった(笑)。「とある魔術の禁書目録」…あれ?録れてない。なぜか通販番組が録れてましたけど、何か(笑)。今週は、まだ黒執事とかヴァンパイア騎士は見てません。ビデオには、録れているはず。これを書き終わったら、まったりと見たいと思います。ほら、今週は、リボーンの人気投票で大騒ぎで、あまり時間が取れなかったっていうか…。そしてまだジャンプは半分も読めてません。リボーン、BLEACH、アイシールド21、ONE PIECEは、単行本で読むために読まないはず、なのに。読んでると眠くなっ…ごほげほがほっ、あ、今空耳が聞こえた。

 それでは、アニリボ感想に突入といきますsign01まだ見てらっしゃらない方、1行目のネタバレどころでは済まないので、閲覧の際はお気をつけて…danger

 <アニメリボーン標的105「後悔」>

 いや、ね。今日はもう。
 大人リボーンがしゃべったぁcoldsweats02sign03いや、原作知ってるから、くるってことは分かってたんですけどねsign03あと、大人コロネロもしゃべったぁhappy02sign03コロネロは、アルコバレーノの時も、びっくりするくらい男前の声をしていたので、大人版があるって知ったときに、あの声でこのかっこいい大人コロネロがしゃべったら、どんなにかっこよかろうと、すごく楽しみにしていたので、聴けて超満足ですhappy01heart04note
 そして、ラルとコロネロの、運命の日の出来事。演出もよかったですねぇ……。
 では、その辺も含めて、順を追っていきたいと思います。

 ジンジャーの匣兵器、やっぱり設定が変えられてましたね。血の中に、無数の蜘蛛の卵を植えつけられた、なんて、かなりグロッキーでショッキングですもんね。更に、それが指の合図で成長して、肌を食い破って出てくるだなんて、考えるだけでも恐ろしい…shocksweat01sign01だから、肌の表面に張り付いてて、指の合図ででかくなって襲い掛かる、ってなってました。おかげで、あんまり怖くなくなってたけどcoldsweats01。でも、あんな巨大蜘蛛に襲われたら、怖いか。うん、怖いな。発狂するわ、自分gawksweat02
 バイパーをかばって死んでいったというコロネロを馬鹿にするジンジャー。アルコバレーノが生まれたという、運命の日も、そうだったんだろう…?その言葉に、運命の日の場面が、ラルの脳裏に甦る。

 おぉ、大人バイパーに、大人スカル。あの博士みたいのは、ヴェルデでしょうか。そして、雲雀さん似のイーピンの師匠らしき人に、あの大きなつばの帽子をかぶった人は…?そしてラルが続き、そのあと、リボーン。
「どこまでついてくる気だ?」

 う、ぉおおおsign03sign03sign03

 お、おおおおお、大人だhappy02sign03sign03(←当たり前だ。)

 おお、結構低い声なんだな。リボーンは、紳士って感じがしますlovelyそれでいて、ちゃきっと銃を構えちゃうところなんか……案外マフィアとかだったりして(笑)。少なくとも、二十代はいってそう。…この人、かっこよさげですよhappy01sign03顔もちゃんと拝見してみたい…タレマユなのか、とか。(←そこかよ。)
 そして、何気にそれを見てるラルもかわいい。ちょっと、山本が見せる表情にも近いような。
 その後ろから現れたのは…大人のコロネロ。大人、とはいっても、コロネロは十代後半くらいに見えます。
「あんたの代わりにオレが行くぜ、コラ」

 う、わぁああああhappy02heart04sign03
 かっこいいsign03コロネロかっこいいsign03sign03sign03

 少し顎を引いて、少し上目遣いに言ったその言葉。表情に関して言えば、原作を上回るかっこよさです、コロネロhappy02heart04sign03そして声も合ってるぅ~~~~~~lovelynote元々アルコバレーノでの声は、赤ん坊だから高めにしてらっしゃったと思うんですけど、大人になっても、そんなに低い感じではないです。その辺が、なんだかコロネロの若さを感じさせるというか…好青年って感じです…爽やかだしhappy01heart04note
 その言葉にはっとしたラル…。

 ジンジャー曰く、コロネロがかばって死んだバイパーも、勝てないと悟って自ら命を絶った、と。…ん?自殺は禁句じゃないのん?だって山本の屋上ダイブはカットだったし。(←日常編とは既に状況が違う。)コロネロのやることは、いつも裏目に出るのだと嘲笑うジンジャー。うぅうう…この意地悪っ子bearingsign01

 恐らくラルを助けようとして、自分もアルコバレーノの呪いをかぶってしまったコロネロ。ラルにもその呪いは降りかかったけれど、コロネロがかぶった分、それは不完全になった、ということですよね。赤ん坊になっても、男前のコロネロ。ラルは力を使わなければ呪いが解ける。けれど、コロネロはそういうわけにはいかない。これからどうするんだ、とラルに問われて
「そうだな…とりあえずは、生きるぜ」
 そして、ラルの頬に手を伸ばして
「一緒に来るか?」
 うぅううううう、かわいいいぃぃぃぃぃcryingsign01なのにこの声、めっちゃ男前~~~~~happy02heart04sign03素敵sign03
 意地張るなよ~ついていけよ~ラルぅ~~~~crying
 あっさり諦めるなよぉ~コロネロぉ~~~~~~crying
 二度と会うことはないだろう、と言われて、初めてその可能性に気づいたラル…。うぅ、切ないcrying。最後にコロネロが残した言葉は、「おてんばせずに、早く呪いを治すんだぜ、コラ」…ラルを想っての言葉。うぅうcrying

 そんなラルの回想を知るはずもないジンジャーは、更にコロネロを蔑む。うぅ、あんなに優しいコロネロの気持ちを踏みにじるなんて、サイテーだcryingsweat01sign03(←泣きっぱなし。)その暴言に耐えられず、遂に身体を起こしたラル。コロネロの気持ちを踏みにじるジンジャーを許せなくて、コロネロの最後の言葉を想いながら、それを破ることを決意する…bearingsweat01sign01濁っていたはずのラルのおしゃぶりが強い輝きを放って…

 ボンゴレアジトでも、リボーンのおしゃぶりと、コロネロのおしゃぶりも輝きだす。(匣、でかっsign01)原作の言葉が変わっていました。結構重要なところだったと思うんですけど、「この輝きは一体…」のところが、「いや…このおしゃぶりの色は…一体何が起きている」と。ラルのおしゃぶりの色と、コロネロのおしゃぶりの色、違いますよね。なんで?何かあるの?

 そんなラルにとどめを刺すため、嬉しそうにジンジャーは指を鳴らす。けれど、蜘蛛は成長しなくて…ラルの本来の波動、雨の炎がその身体を包む…sign01蜘蛛がぱらぱらと剥がれ落ちていくのも、雨の鎮静の力なんですよね。匣兵器が炎をまとうように、炎をまとうアルコバレーノ。つまり、匣兵器と同じ構造なのか?
 ほうきで飛んでるジンジャーは、ほうきがゲタ代わりなのかな?そのわりに、晴の炎が噴き出してるわけでもなさそうだけど…。そして、ゲタを持たないラルは、ムカデを使って応戦。自分がジンジャーを拘束することで、雨の炎の鎮静の力を最大限に活かす。そして、どうしてもコロネロへの侮辱の言葉を撤回しないジンジャーを、ムカデが貫く…。ところが、そのジンジャーの目は泡を吹き出して、大爆発impactbearingsign01
 蜘蛛の巣のシールドも消えて、みんながラルに駆け寄る。
「…極限によく倒したな」
 セリフは了平兄さんらしくてなんだか変だけど、このときの了平兄さんの表情と、優しい声が素敵だったことったらhappy02heart04sign03やっぱり今日の作画、すごく素敵ですよねsign03いや、最近はいつも素敵なんですけどsign01
 でも、倒したと思ったら、ジンジャーの身体はお人形さんだった…。
「まるで妖精だな」
「妖怪の間違いじゃないっスか?」
 シリアスで不気味な話の中で、了平兄さんと山本の会話がかわいすぎる件(笑)happy01heart04note

 ジンジャーの声が、正チャンのいる司令室に響く。そうか、ジンジャーはこうやって報告したわけですね。原作には出てこなかったけど、ジンジャーらしいものの言いようでした。

 了平兄さんの治療も拒み、力を温存するように言うラル。そこで獄寺が、遂に直球ストレートな疑問をぶつける。アルコバレーノの謎とは何なのか、と。けれど、それに答える事もラルは拒否。何でだよって食って掛かる獄寺を見てる山本に注目happy02sign03色々思ってることはあるはず。でも、ただ黙ってそんな獄寺を見つめる。
「どうしても知りたければ、山本に訊けばいい」
 ラルの言葉に、一斉に視線は山本へ。
「えcoldsweats02sign02山本知ってんのsign02
「ん…?まぁな」
 答えにくそうな表情も、原作に負けず劣らず素敵happy02heart04noteやっぱり今日の作画も素晴らしいっhappy01sign01山本にも山本の事情があるんだよね。だから、みんなが知りたがっててもおいそれと言うわけにはいかなくて…。
 そこへ、けたたましい(…思ったほどではなかった(笑)。)警報。はっと顔を上げる山本が、かわいいしかっこいいhappy02heart04sign03すっごい原作に忠実な作画なんですけど、原作に勝るとも劣らない絵なんですよhappy02sign03原作にはなかった了平兄さんもラルも、赤い光にその緊迫した表情を照らされて…。

 今日のハルハルインタビュー。了平兄さんかーhappy01heart04sign03中学時代の了平兄さん、極限だなぁ(笑)。ミニ了平兄さん、かっわいいhappy01note極限になってるときと、リボーンに京子ちゃんのことを突かれて、ちょっとしどろもどろになってるときのギャップが。最後まで「極げーんsign01」とか叫んでるところも、らしかったです(笑)。

 次回は何とか原作1話で粘るつもりみたいですね。次回は、今回のことに関わって、山本の出番もあるし、何より何より、あの人が初登場happy01heart04sign03どんな声なんだろうsign01楽しみだぁhappy01note

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2008年10月22日 (水)

リボーン第4回人気投票~!

 珍しく普通の日に更新です(笑)。
 というのも。
 ジャンプ買ったどーーーーーhappy01rocksign01
 てな感じで。
 なぜかって、もちろん、家庭教師ヒットマンREBORN!の第4回人気投票の結果が発表されていたからです。いや、去年みたく、コンビニで立ち読みできるかな、と思ったんですけど、確実にある本屋さんに行こう…と思って、結構頑張って本屋さんまで行ってきました。そしたら、立ち読みができなかった(笑)。ビニールでバッチリ梱包されてたよ…。
 いいよいいよ、じゃあ買うよ。
 というわけで、買っちゃいました。
 リボーンは読まないけどbearingsweat01
 たぶん、半年後くらいまでは。
 でも、単行本はカラーじゃないんだよcryingsign03

 そういうことで、今から、人気投票の結果ばらします。ばらした上で、なんか思い切り叫んでる気がしますcoldsweats01。ばらされたくない、または、あんたの絶叫はいらん、とおっしゃる方は、まわれー右でお願いしますwinkdanger。(←右に回ってどこにたどり着くのかは不明。)

 まずは、「10年後の姿が見たいキャラ」。

 2位に倍以上の大差をつけて、1位はツナ。あぁ、分かる分かる。ツナは見たい。10年後はジョットみたくかっこよくなってんじゃないかなあ。とか、思ってた。

 不在かcoldsweats01sign03

 まぁ…そうだよねぇ…物語に深く関わってる部分で、こんなところで披露しちゃうわけにはいかないっていうのは、よく分かりますね。ということは、ツナは未来編の重要な部分で、必ず出てくるんですね。それまではお楽しみに…と。
 2位はディーノさん。分かる分かるsign03紫月も票を入れました。
 ていうかね、ディーノさんがですね。
 ううううう、美しい~~~~~~o(*☆▽☆*)oheart04sign03sign03sign03そうか、今までちらりと出てきた感じだったんですけど、ええそりゃ扉とかだけなんですけど、ちょ、髪型が……そして麗しさが…ハンパねぇhappy02heart04sign03う~わ~、こんな三十路、やばすぎじゃないっスかsign03かっこええ……lovelynoteなんていうんですかねぇ、若かった時は、あの髪型もあって、若獅子みたいな感じしたじゃないですか、ディーノさんって。(注:あくまで個人的な意見です。)それが、凛々しくて頼もしさを秘めた落ち着きのある雰囲気を湛えてるといいますか。一言でいえば、ヤベェlovelysign03(←何も言い表せてない。)
 3位はリボーン。これ、紫月も迷ったんですよ~。リボーンって、アルコバレーノだから、成長しないんでしょ?ってことは、小さいままなんじゃないの?でも、10年後っていうか、アルコバレーノになる前のリボーンなら見てみたい。って。…………。

 不在かcoldsweats01sign03

 トップスリーのうち二人が不在って(笑)。…まぁ、ここまで隠してきて、そう簡単に披露はできないですよねぇ、こちらも。物語の重要な部分に触れてくる気がしますから。
 4位はXANXUS。うぉ、これまたかっこいいんですけどhappy02sign03XANXUSかっけーsign03sign03この人も、なんだか雰囲気が落ち着いた感じがしますが、なんかそれでいて、気だるげ~にしてる感じがかっこいいですよ。一度扉で出てきたときにもかっこよくなったなって思ったんですけど…荒々しさや刺々しさがなくなって、大人の雰囲気が漂ってます。…しかし、えらく上位に来ましたね。
 5位は髑髏ちゃん。うん…かわいい。大人っぽい。美人。綺麗。……でもナッポーcoldsweats01
 6位は獄寺。ちょい待て。獄寺もう出てきたじゃんcoldsweats02sign03(しかも、かなり上位。)だったら紫月も山本で出せばよかったなぁ。いや、一票は山本で出したけど(笑)。まぁ、獄寺はほんとにちょっとしか出てこなかったからね…。分かってるけど、やっぱ大人の獄寺もかっこいいや。
 7位はバジルくん。イメージどおりですね。襟足が伸びて長髪になったような。かわいいんだけど、こちらも凛々しく美しくなって。美人さんです、とてもhappy01note
 8位はシャマル。……いいhappy02heart04sign03渋いsign03素敵なおじ様、万歳happy01heart04sign03
 9位以下は抜粋。山本が20位に入ってましたhappy01note雲雀さんより上だったhappy01sign03って思ったんですけど、よく考えたら雲雀さんはずっと10年後で出てらっしゃいましたねっていう話(笑)。ていうか、藤森みつるって誰。……まさか、「みーくん」とかかcoldsweats01sign02更に、γ兄貴とか白蘭とかスパナとか…え?だって、初登場時が既に10年後ですよね、彼ら…coldsweats02……何でもありかhappy01sweat01sign03

 そして、メインの「人気キャラ」部門。

 1位は…ツナかcoldsweats02sign03軽く驚いた。ツナって人気あるんだなぁ。まあ、活躍の場は誰より多いし、何気にすっごく強いからなぁ。たぶん、ハイパーになってるときは、雲雀さんよりも。雲雀さんに2000票以上の差をつけてるから、本物だなぁ。でも、イラストは死ぬ気じゃないから、ちょっとかわいい感じなんですよねhappy01note
 2位は雲雀さん。1位じゃなかったら、2位は雲雀さんしかないでしょう。順当だと思う。頭にヒバード載せて、足にハリネズミちゃんが擦り寄ってるという素敵なお姿が…(笑)。孤高の浮雲、動物となら群れられます。
 3位は獄寺。瓜ちゃんがマジかわいいhappy01heart04note(←獄寺ファンにどつかれる。)いや…今回は結構上に来ましたね、獄寺。絶対SISTEMA C.A.I.があったからだと思うんだけど、どうでしょう?だって、普通に山本ファンだけど、21巻読んだら獄寺がメチャメチャかっこいいと思いましたもんhappy01結構いい肩してそうですよね、獄寺さん。(←注目すべきところがおかしい。)
 4位は骸さん。いや~、獄寺に抜かれましたかぁ。この人も不動の人気を誇ってると思ったんですけど、何しろ出番がないからなぁ。29票差?おぉ、メチャメチャ僅差。ところで、骸さんのシャツの色が気になる(笑)。
 5位はXANXUS。えっcoldsweats02sign02XANXUSsign02正直、超意外。WJで、なんか活躍するところでもあったんでしょうか?だって、リング争奪戦の最中でも、そのあとでも、そんなに上に来てなかったですよね、XANXUS様。水面下で人気が出ていたのかしら…。でも、絵はかっこいいっスよhappy01sign01
 6位はスクアーロ。えっcoldsweats02sign02スクアーロsign02これまた、結構意外。今までの人気投票だと、XANXUSより上にいるけど、そこまで上位ではない…っていうイメージが強かったので…。XANXUSとセットでえらく上にいるなぁっていう感じでした。
 7位はディーノさん。えっcoldsweats02sign02ディーノさんsign02これも、ちょっと意外。いや、ディーノさん自身は人気あると思うんですけど、何しろ活躍の場がない。骸さんもそうだけど、でもそれ以上にない。という理由で、前回は随分順位が低かったと思っていたので、なぜに今回ここまで上に来たんだろう…と、ちょっと不思議。でも、でもね。このディーノさんの麗しさは、反則だと思うんだhappy02heart04sign03きっ……綺麗……sign03
 8位は山本。

 うっ( ☆艸☆)sign03

 ぶほっ`;:゙;`;・(☆ε☆ )sign03

 ぷはっwobblysign03

 鼻血出すぎで死ぬわこれマジでbearingsweat01sign03sign03sign03sign03sign03

 いや……ディーノさんの麗しさも反則だと思ったんですけど、山本は……ぶっちゃけて言っていいですか、贔屓目といわれようと何だろうと構わないっbearingsign03このページの中で一番かっこいいっ、かっこよすぎるっhappy02happy02happy02heart04sign03sign03sign03何ですかその意味ありげでかっこいい綺麗な流し目っ、そのうっすらと口元に浮かんだ笑みっ、凛々しい眉っsign0310年後のディーノさんのヤベェに何倍の輪をかけたらいいかわからないけど、とにかくヤベェhappy02heart04heart01sign03sign03(←どんだけ語彙が貧弱なんだ。)かっこいいよ~かっこいいよ~かっこいいよぉぉおおおおおお~~~~~sign03sign03sign03ゴロゴロゴロゴロゴロ((((((((~⊃。Д。)⊃(←床転げ。)
 ん?あれ?8位?うそ~、意外~。
 そりゃそうだ。
 だって自分の中では常に1位だもんshinehappy02goodsign03
 
ソレデモ、モウチョットウエデモイイトオモウンダナ。(←ちらりと本音。)
 絶対山本は、もっと評価されるべきsign03だと、個人的には思います。人気投票が、3位まで書けるっていうシステムだったら、もうちょい上に行くんじゃないかなぁ。山本って、1番じゃないけど、好きっていう人が多い気がするから。
 あ゛~~~~~~それにしてもこの山本はかっこいいなhappy02heart04sign03sign03sign03(←今チラッと見た。)
 さて、本題に戻しましょう。
 9位はリボーン。……まあ、リボーンの順位については、いつも山本のちょっと下くらいだから、そんなに意外性はないです。ていうか、21巻の背表紙もそうだったんですけど、この格好、何か意味が……?

 10位以下は抜粋。
 ちょっとまって、10位にボンゴレⅧ世ですとcoldsweats02sign02確かに美人だなって思ったけど……ここまでくると意味不明の意外性…。プリーモ(16位)より上sign02マジすか?紫月的には、この人がⅧ世だっけ、っていうレベルなんですけど…。(←単に誰が何世ってのが覚えられてない。)11位はスパナ。うん、分かる。スパナはかわいいし、もっと出てきてほしいなって思う。12位ランチアさんは結構頑張ってますよね。13位の髑髏ちゃんが意外に低かった。少なくともボンゴレⅧ世に負けるとは思わなかった(笑)。そんで、なぜかなかなか順位が上がらないのが、18位の了平兄さんなんですよね。(ランボより下かcoldsweats02sign03)10年後のお兄ちゃんとか、ほんとに好きなんだけどなあ。この人も、きっと1番って感じじゃないんだと思います。もっと評価されていいと思うけど。ミルフィオーレで一番上に来たのは、白蘭。14位。へぇ……。さすがボス。γ兄貴も、もうちょい上に来るかと思ったけど、21位でした。ラルやコロネロも意外に低かったと思いました。

 さて。人気投票だけで、えらく長々しく書いてしまいましたが、せっかく買ったんだから、これくらいしないとね(笑)。読まないのももったいないので、銀魂とかNARUTOとか、あと面白そうなのがあったら読んでおきたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年10月18日 (土)

アニメリボーン標的104「因縁の魔導師(マジシャン)」感想

 あ、コスプレコーナーじゃなかった(笑)。来たぜ山本happy01heart04sign03

 さて、このページを開いた瞬間にアニリボのネタバレするのを防ぐために、毎回どーでもいいネタを最初に書いてるんですけど、10月に入ってから、前回の記事でも書いたように、ちょっとランダムに深夜アニメを録画してたりするので、しばらくはそのネタで引っ張ろうかな、とか。で、よく考えたら、そのネタ自身がネタバレになってる可能性もあるんで、あの、気をつけて閲覧してください、っていう…coldsweats01。(←何のためのネタなんだか。)
 
「のだめカンタービレ巴里編」第1話見ました。1期のクオリティーのまま…むしろレベルアップしてるかも。作画は原作よりも綺麗なくらいです、だってのだめがかわいい(笑)。原作のままで面白さも保たれてるので、この調子で頑張って頂きたいです。「スキップビート」うん…主人公がハチャメチャな分面白いかも(笑)。「黒執事」既に第3話まで来ましたが、あれですね、セバスチャンは「あくま(悪魔)で執事」なんですね。言葉遊びが入ってるわけだ。道理で人間離れしてると思った(笑)。「喰霊~零~」ちょ、また人死んだsign02どんだけーcoldsweats02sign01主人公っぽい登場人物が次々死ぬから、主人公誰?って思って、思わず公式HPチェックしてしまいました。…あれ、トオルって、前回の最後ばっさり斬られたよ。ね?生きてんの?そもそもこれって、続編とかだったりするのかな。全然分かんない。でも、とりあえず続きは気になる(笑)。「とある魔術の禁書目録」インデックスの本領発揮。そして、主人公の男の子も本領発揮。未だに主人公の名前が分かってない(笑)。「ヴァンパイア騎士Guilty」…第1期を見ていて、零が気に入って原作まで買ったんですけど、半分録画に失敗しました(笑)。だいぶ原作をいじってあるような気がします。基本的な流れは変わらないけど。やっぱり零は好き。そして、深夜アニメじゃないけど「BLEACH」…原作に戻ってきましたね。そしてこちらもハイビジョン仕様に。これからはそれなりにチェックしよう…。しかし、見事にオリジナル編をすっ飛ばしてる辺りに、むしろ清々しさを覚えた(笑)。

 どーでもいいネタで結構引っ張ってしまいました(笑)。それではアニリボ感想へ。以降、ネタバレ注意です、よろしくお願いしますwinkgoodsign01

 <アニメリボーン標的104「因縁の魔導師(マジシャン)」>

 久々に提供で山本が登場したんですけど、獄寺のギャグに近い顔に比べて、山本があまりにフツーの表情してるところが、ちょっとおかしかった(笑)。

 今回も、前回の復習をバッチリやるかと思ったら、未来編の総復習は相変わらずバッチリなのに、デンドロさんとの戦いは見事なまでにほとんどなかった(笑)。思わず笑っちゃいました。

 というわけで、地下八階の制御システム破壊に向けて、着々と計画通りに進むボンゴレチーム。ツナの傷が周りも意外に黒くて、むしろリアルに痛そうだったことと、了平兄さんのツナとの意外な身長差に思わず注目(笑)。うわー内出血ーcoldsweats01、これ痛いよー。それに気づいてツナの腕を取った了平兄さん。紫月は身長の高い人が結構ツボです(笑)。きゃぅ、了平兄さんかっこいいっhappy02heart04noteそして了平兄さんの晴の炎初登場。
「オレはこの匣で傷口を焼くだけだ」
 出した道具は、ちょっとしたコテみたいな道具。こんなかわいらしい道具をしまっておく匣もあるんだな。むしろポケットに入れておいたほうが邪魔にならないんじゃないかと思うようなものですが。晴の炎はキラキラしてるなぁ。一番かわいい炎だと思います。
 で、「焼く」と聞いてびびったツナでしたが(獄寺もびびりましたが)、晴の活性の炎は、傷口を治してくれるという優れものでした。了平兄さん、治癒担当キャラ決定。これ、結構意外な役割分担(笑)。そして、その一連のやり取りを、妙に無表情で見てる山本…なぜに(笑)?
 中学生の頃と変わらず髪型のけなし合いをしてる了平兄さんと獄寺ですが、これって獄寺が了平兄さんの力がツナの役に立ったことに嫉妬してるせいなんじゃ。思わず対等に相手しちゃうお兄ちゃんがかわいいと思います(笑)。(←最近何かと了平兄さん寄りの感想。)まーまーって止める山本はいつも通りでかわいい笑顔note

 デンドロの雷の炎は大したことなかった…ってことで、山本と獄寺が思い出したのは、「電光のγ」。と・こ・ろ・が、その兄貴と来たら、飲んだくれてやさぐれてますcoldsweats01今その強さが噂になってたのにsweat01sign01更に部下に八つ当たり。意見したかわいい(←外見的にも)弟分の野猿にも、容赦なくその拳が襲い掛かるsign03…それを身を挺してかばったのは、その兄貴分、太猿。おぉお、ビリヤード台がへこみましたけどcoldsweats02sign01すげえ威力。ちなみに原作では太猿、鼻骨折れて鼻が曲がってましたけど、アニメは大丈夫だったようです。太猿はそんなγ兄貴に、かなり言いたいことがあるみたいで、堂々と自分の意見を言ってますけど、野猿も最初にやられた隊員もそうだったから、アフェランドラ隊って基本的に言葉遣いがタメ口ですよね。それだけ普段は、γ兄貴って親しみやすい人なんだろうなぁ。ところが、歯に衣着せぬ太猿の物言いに、やさぐれてるγ兄貴は更にカチンsign01しかも、ユニの話になった途端、γ兄貴の顔色が変わる。一触即発の雰囲気に、野猿も必死。野猿はかわいいな~。なんか一人だけ少年だもんなぁ。マスコットキャラhappy01(←雰囲気ぶち壊し。)
「兄弟喧嘩か」
 その雰囲気を払拭したのは、部外者の幻騎士。たった今逆らえないって言われた相手だっただけに、γ兄貴の眉間のしわが更に深まる。
「何しに来た」
「…話だ」
 γ兄貴に比べると……幻騎士って、アジア系だよね。(←この場合どうでもいい。)

 フィルターやステルスリングの説明もありましたね。特にステルスリングについては、原作でも名前が出てきただけで、使用法とか詳しく分かってたわけじゃないので、へぇ×3。(←古っsign01
 雲雀さんが一手に引き受けてくれた強襲部隊、かなりの人数だったみたいで、ミルフィオーレアジトは手薄。雲雀さん、グッジョブhappy01shinegoodheart04sign03そして、雲雀さんを心配するツナに、了平兄さん。
「心配はいらんsign01いまだかつて奴が死んでいるところは見たことがないからな、極限にhappy01sign03」(←超いい笑顔)
「どんな理屈だsign03」(←獄寺)
「あははははhappy01」(←山本。超いい笑顔)
「お前らsign03どこでも遊ぶんじゃないsign03」(←ラル)
「す、スマン…」
 あ、怒られた(笑)。素直に謝ってる了平兄さんが、ちょっとかわいかったです。ていうか、遊んでたの?
 謎の通気孔のカビ。原作を読んだ今ならそれが分かるけど、ちゃんと布石になってるんですよね。

 次の部屋に先に入ったラル。何もないと思った瞬間、ランダムに増える熱反応。カウンターを合わせるも、更に襲い掛かる第2撃がその肩をかすめる。あり?原作では一撃のうちの一つがかわしきれなかったって感じだったけど。ま、いっか。ジンジャー・ブレッド。これまた紫月的には原作のイメージどおりです。かわいらしくて、幼い少年のような感じなのに、いかにも相手を見下すような物言い。どうしてこう、ミルフィオーレ側の声優さんはみんなきらりと光ってるんだhappy02sign03素晴らしすぎる。
 「コロネロ」「選ばれし7人(イ・プレシェルティ・セッテ)」のキーワードもついに出てきましたね。遂にラル・ミルチV.S.ジンジャー・ブレッドの戦いがスタートsign01魔導師らしく、ほうきから色んなもの出してるけど、ラルも負けずにムカデで応戦。ジンジャーの裏をかいて、その手足を封じるsign01ところが、更にその裏をかいたのは、ジンジャー。パチン、と指を鳴らした途端、ラルの肩が弾けるsign01……あ、思ったほど気持ち悪くなかったcoldsweats01原作では、ちっちゃい子蜘蛛がラルの肩の傷口からうらうらとあふれ出てきて、それが肩を食い破ったって感じだったけど、出て来たのでっかい蜘蛛だったし、中から出てきたって感じでもない…というか。相変わらず、血も出ないcoldsweats01
 更に、ムカデで封じていたジンジャーの手足はニセモノ。やっぱりジンジャーの方が一枚上手なのか?出てきた本物の手には、いくつものリングが……。

 EDの山本の笑顔で、こっちも思わず笑顔になれますhappy01note(←ちなみにはたから見ると、テレビに笑いかけるおかしな人がいる感じです。)
 はふー。今日の作画もいい感じで綺麗でしたね~。もう、これが当たり前になりつつあるので、特筆するほどのことじゃなくなって来てる気がするんですけど、その陰には絶対にアニメスタッフさんの努力があるのは間違いないですよね。

 さ・て。本日のハルのハルハルインタビューでんじゃらす。ハルちゃんハルちゃん。
 ツナが来ないからって、山本で落ち込むのやめてくださるぅ~happy01sign02
 こちとら全力全開で喜んでますから~~~~~happy02heart04sign03sign03
「今日は山本だぞ」
 だよねっ、リボーンさんhappy01note
 今日の質問は、好きなもの。牛乳が好きってのは分かるけど…ゼリーもシャーベットもおいしいと思うけど…牛乳ビビンバcoldsweats02sign02うっ……おいしいのか……ソレハ……gawksweat02
 でも、牛乳は骨にいいカルシウムが云々言ってる山本がかわいくってかわいくってかわいくってhappy01heart04note
 そして、なぜかそこで山本が野球部員だということを思い出したハル。ホームランの打ち方を尋ねたら、山本らしいフィーリング打法を伝授してくれました(笑)。分かる分かる。なんか打てる気がしてきた。誰かー、バット持ってきてーhappy01sign03(←ワタスナ、キケン)
「オレにはわかるぞ。つまり、考えずに感じろってことだな」
 今回もリボーンの理解力がきらりと光る、ハルのハルハルインタビューでした。…もちろん、デフォルメ山本のかわいさや爽やかさは、それ以上に燦然と輝いていましたけど、紫月の目の錯覚じゃないですよねwinkshinegoodsign02

 次回は…ラルV.S.ジンジャーの決着と、アルコバレーノの秘密、ってところでしょうか。最後に山本の見所があるかもhappy01note

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2008年10月11日 (土)

アニメリボーン標的103「第一関門」感想

 やっぱりここは、「回避」かとhappy01heart04note

 10月の新番組が続々と始まってますね。今まであまりやったことないんですけど、今回初めて、新聞のテレビ欄を見て、目に止まった番組をいくつか録画してみました。テキトーに見たので、なんとも言えないんですけど、やっぱり深夜アニメってこだわりあるな~と思いました。
 大本命は
「のだめカンタービレ」の巴里編なんですけど、まだこの地区では放送してません。「黒執事」というのを見て、絵が綺麗だと思いました。セバスチャンは頼もしいですね。むしろあとの使用人が彼の仕事を増やしてるとしか思えません(笑)。「スキップビート」友人が面白いといってたので見ましたが、芸能人ネタというのはいまいちピンと来ません。この手のアイドルアニメは、お子様タイムにやるものかと思ってましたが…ちょっと違うのかな?「屍姫 赫」主人公レベルの声優がちょっとひどいcoldsweats01。男の子と、あと屍姫本人が…。それだけで二度と見ないな、と思いました(笑)。「喰霊~零~」(だったかな?)すごく綺麗な作画、こだわりに驚きましたが、いきなり第1話に出てきた人全部死にましたcoldsweats02。えええsign02どどど、どーすんの。「とある魔術の禁書目録(インデックス)」…不幸な男の子の能力が気になりました。「地獄少女 三鼎」今までのシリーズを少しだけ見たことがあるんですが…とりあえず第1話は何であの先生が呪われなきゃいけないのか分かりませんでした。気の毒すぎる。これが、黒執事とのだめにこれからかぶるので、続けて見るのは難しいかなぁ。家のビデオシステムでは(笑)。こんなもんかな、今回見たのは。我ながらすごいな、自分(笑)。続けて見るかどうかは、時間とビデオと、作品の面白さ次第でしょうけど。あ、そういえば、「魍魎の匣」がアニメ化するらしい…と聞いたんですが、キャラクターデザインがCLAMPときいて、思わず首かしげ~。あれってそういう雰囲気でしたっけ?見てみたいという気はあったんですが、まだ放送はしてないような。

 さて、それではそろそろアニリボのネタバレ感想にいきたいと思います。まだ見てらっしゃらない方はそのことを御承知の上での閲覧を、よろしくお願いしますdangersign01

 <アニメリボーン標的103「第一関門」>

 新OPはやっぱりかっこいいなぁ~happy01heart04note何気に山本のターンがちょっとだけ長いような気がするんですけど、気のせいでしょうか(笑)。あと、前回のあらすじも驚くほどしっかりやってくれてましたね(笑)。あれなら、一回くらい見逃してもストーリー的にはフォローできちゃうな。もちろん、一瞬たりとも山本を見逃したくない自分には、おいそれと見逃すなんて無理ですけど(笑)。
 さて、侵入経路のダクトの中、赤外線を回避したにも関らず、前方のレーザーが稼働sign02「回避だsign01」と叫ぶラル。けれど、回避するような余地はどこにもない…sign01絶体絶命の中、レーザーが発射され…
 ひゅんひゅんっ
 原作では下に下りた時点で、山本の時雨金時は竹刀に戻っていたので、「え、今の山本?」って感じだったんですけど、アニメではめっちゃ山本でしたねhappy02goodheart04sign03落ちたのはツナの上でしたが、そこできりっと凛々しい瞳を上げるのがかっこいいlovelynoteそして、ちゃーんとツナにも謝るところが山本happy01。あ、もちろん獄寺も謝ってましたけど(笑)。命が助かったんだから、むしろ山本に感謝ですhappy01
 赤外線には触れなかったはずなのに、と思ったら、出ましたデンドロ・キラム。想像通りのアホっぽさ(笑)。
「頭はあまりよくないようだな」
 了平兄さんの冷静な分析も付け加えられましたが、なんだか了平兄さんに頭の良し悪しをいわれるデンドロさんが笑える(笑)。でかい武器を使ったものの、あっさりかわされた模様。今度は、獄寺の仕業。SISTEMA C.A.I.の何を使ったんだろう。何気に山本の活躍を意識してる獄寺(笑)。
「道を開けろ、ムダマッチョ。遊んでるヒマはねぇ」
 …獄寺のネーミングセンスに、更に一票(笑)。しかし、このダミ声も見事に想像の範囲内だなぁ。むしろ想像以上にかっこいい声だったのが了平兄さんだったlovelysign01
「こいつは…「一番槍(アラッタッコ)」の異名を持つ切り込み重装兵のデンドロ・キラムだ。後方に配置すると、背後から味方ごと串刺しにするキレた男だと聞く」
 きゃぁきゃぁ、かっこいいsign01お兄ちゃんsign03思わず繰り返し聞いちゃったhappy01note
 で、その電槍(ランチャ・エレットリカ)でずぶりと一突きのデンドロさん。(あまり「ずぶり」という感じしなかったけど。)改心の一突きだと思ったら、目の前には超ツナ。電槍はツナのグローブと炎によって溶解さくらもち状態(笑)。ツナ、原作どおり、超綺麗sign03相変わらず作画は素晴らしいレベルで保たれてますhappy01sign01

 相変わらず強襲部隊と連絡を取れない正チャン。アニメの正チャンは、原作より疑り深くなってます(笑)。でも、頭がいいはずの正チャンだから、これくらいのことは気づいてくれてていい気がします。

 さて、デンドロ相手に一歩も引かないツナ。その後方には、目視さえ難しい柔の炎の支えがあるけれど、山本や獄寺もそれに気づくくらいのレベルになってるってことですね。そして、その炎どころか、未だにこの尋常じゃない力の使い手たちが一般人の子供だと思ってるデンドロさん……この時点でいっそ哀れcoldsweats01
 手を貸そうか、と声をかけて、あっさり断られた了平兄さん。もちろん、そのつもり。
「…だろうな。どう見ても必要ない」
 あれあれ、なんだか今日の了平兄さんが、妙にかっこよく見えるのは何でかなcoldsweats01。この原作どおりの表情に、落ち着いた声が素敵happy01note
 そして、余裕のツナは、デンドロさんにメイン匣を開けさせる。登場してきたのは、いかにもな匣兵器・電猪(エレットロ・チンギャーレ)。こちらが本当の「一番槍」だと見抜いていたツナ。……デンドロがあまりにもその器じゃないって、見抜いてたってことで(笑)?ツナは見る目あるなぁ。一瞬その猪の猪突猛進を食らって、押されたかに見えたツナだけど、見事に住の炎で食い止めていたsign01更に、両手が使えないと知って上から電槍で襲い掛かってきたデンドロを、蹴り上げた電猪で吹っ飛ばすsign01
「優しくしてれば調子に乗りやがってsign03
 はて、いつ優しくしたのやら。
 ツナ、必殺の新技の構えで、電猪に乗って電槍を構えた「三本槍」のデンドロを迎え撃つ。そして正面から、X BURNER炸裂impactsign03

 その激しい衝撃が中央操作室的なところにも伝わり、第2格納庫の周辺に異常があった事に気づかれる。けど、チェルベッロの的確と思える間違った判断と、ラルのステルスリングのせいで、逆に何もなかったことに。うん、これは、あれだ。狼少年現象(笑)。普段の行いのおかげだね、デンドロさん。
 だけど、そこに鋭い目線を送ったのは、アイリス・バイシャナ・ジンジャー。紫月は、原作であのカモフラージュの画面を見て、何がどうおかしかったのか分からなかったのですが、アニメで彼らが何に注目してたのかを取り上げてくれたおかげで、何が異常だったのかに気づきました(笑)。

 次の目標は警備システムのサーバーを破壊すること。まぁ、デンドロとの戦いはちょっとしたハプニングだったわけですからね。地下三階から地下八階まで、なんとはしごーcoldsweats02sign02ラルの「先に行け」という発言に、何気にみんなが、ツナが落ちること前提に話を進めてるのが笑える(笑)。そして、期待通り足を滑らせるツナ(笑)。顎で済んでよかったねcoldsweats01

 今週のハルのハルハルインタビューでんじゃらす。登場したのは獄寺さんで~す。ペットにするならどんな動物?といわれて、モンスターの名前を挙げる獄寺。
「世界の謎と不思議、読んでないのかアホ女sign03
 読んでる人間の方が少ないって。
 ところでこのコーナー…ゲストにコスプレさせるコーナーなんでしょうか(笑)。獄寺の河童、似合わなさ過ぎる…。

 次週は久々、γ兄貴の登場ですね。それから、ジンジャー。今週は何とか原作1・5話で粘りましたが、来週はどうでしょうか。来週からはラルのターンかな?

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2008年10月 4日 (土)

アニメリボーン標的102「作戦開始」感想

 ちょ、なに、これ。

 いきなりハイビジョン仕様ーーーーーーーーーーっcoldsweats02sign02

 ……10月になったこと忘れてたーーーーーーーっhappy01sweat01sign03

と、いう感じで、紫月超油断してました。今日はこれからお友達が遊びに来る予定なので、とにかく書けるだけの感想を書こうと思ってたんですけど、そして、まあいつもの如く最初はきっと前回の復習とかあるだろうし、さらっとはしょっちゃお~とか思ってたら、OP変わってたhappy02heart04sign03しかも、いきなりハイビジョン仕様じゃないすかcoldsweats02sign03そりゃもうびっくりしましたよsign03油断しすぎてて、全部予想外だった。
 ま、そんなことなので、途中で感想がストップする可能性がありますが、たぶん今日中には仕上げると思いますので、のんびりとお待ちいただければ…はい、す、すみません。とか言ってたら、その友人からメールが来ました。今家を出るということなので、今から2時間。よーい、スタートsign03いつも通りですが、ネタバレを含むっていうか、ほぼネタバレなので、まだアニメ見てらっしゃらない方は要注意ですdanger

 <アニメリボーン標的102「作戦開始」>

 何はともあれ新OPhappy02sign03sign03sign03
 いきなりブロックの断片みたいのが見えて、あれ、いつもと違うって気づいたんですけど、あれ、白蘭さんがミルフィオーレの人たちにトゥリニセッテを説明した時のボードだよね。そして、例の装置が出てきて「おわぁあああ、そういえば10月に入ったんだったーcoldsweats02sign03」と、大急ぎでテレビの前に正座する紫月(笑)。そこへ、ふわりと揺れる髪。え、誰この美しい登場、と思ったら、それがツナでまたびっくり(笑←超失礼)。そのツナが手を伸ばした先には、何人かの影、リボーン、そしてその影がクローズアップされたと思ったら…
 おおお、大人リボーンっcoldsweats02sign03まさかそんなところを取り上げてくるとはsign03
 更に守護者たち。うわっ、山本カワイイっ超笑顔happy02heart04note獄寺もいい笑顔。何気に頼もしい笑顔の10年後の了平兄さんが真ん中ってところが、守護者たちのまとめ役、みたいな感じで、ちょっと嬉しかった(笑)。そして、アジトの留守を守るみんな。草壁さんも入ってたgoodsign01
 そして、正チャン。おおお、メローネ基地を動かす装置に、晴の炎。来てる来てる、ネタバレ(笑)。大丈夫、OPでのネタバレっぷりは予想の範囲内winkgoodsign01そして、その正チャンが前にしている大画面には、麗しい白蘭…。うわぁ。美っ人だなぁ、白蘭。麗しく描かれてるって思ったことは多々あるけど、白蘭が美人だと思ったのは初めてかも。そして、それを起点にしてミルフィオーレの面々…わぁ、スパナ~~~~~happy02heart04sign03スパナ、いいですね。違和感ゼロですhappy01sign03そして、その面々のラストを締めるのは、なんと幻騎士…。あら、この人って、そんな重要人物なんだ。眉毛、違和感ないですよね。(←何のこだわり?)
 そして、了平兄さんとバイシャナ。ばらしまくってるぅ~(笑)。でも了平兄さん凛々しぃ~~~happy01heart04note獄寺のSISTEMA C.A.I.におおおっと、その巨大な動物も出しちゃうcoldsweats01sign02獄寺の目は、一瞬だからばれなさそうですが、かっこいいですね~凛々しいです、獄寺も。そして、γ兄貴に似つかわしくないような、感情剥き出しの表情。これはこれでまたかっこいいsign03
 きゃぁああああああああああああ、山本も来たぁあああああああああああああhappy02sign03sign03(いきなりテンションぶっちぎり。)ダウンジャケットは、えんじに近い赤ですか。いいなぁ、似合うっhappy02heart04noteこれだと、水色の雨の炎にも合いますよね。一瞬のハイジャンプから振り下ろす時雨金時、どおおおおわぁあああああああ、なな、なにこの美人で凛々しい山本~~~~~~~~っhappy02heart04sign03そして、それに相対するのは、幻騎士。ばらしてるばらしてる(笑)。幻騎士との激しい戦闘…うわ、すごいスピード感もそうだけど、迫力あってメチャメチャかっこいい。そして、雨の炎に包まれて向かっていく山本のアップもすごく素敵happy01heart04sign03なんか、かっこいいとかわいいを足して二で割って、作画がメチャメチャいい感じです。
 そして、骸さんと髑髏ちゃん。この二人の出番はどうなるのかまだ予想がつかないですね。
 で、なぜかまた幻騎士が登場。刀が霧っぽくなるんですけど、幻騎士って言うくらいだから、この人は霧、なんでしょうか、やっぱり。純粋で素直な山本には、相性悪そうだなぁ。
 のぁあああああああ、雲雀さん~~~~~~っcoldsweats02sign02ここで登場しますかsign03最初のアップからの登場に、いきなり召されそうになりましたが。いきなり激しい雲の炎で、匣まで破壊してハリネズミちゃん出してますけど、匣壊していいんかい?それだけの炎をチャージしたってことですか?もしかしてこれもネタバレ?
 そして、またまた麗しい女の子たち。かわいいっていうより、綺麗…というイメージでしたね。ハルも京子ちゃんも、天使みたいです。女性のボーカルということで、丁度守護者を支えるような歌詞のところでこれを持ってくるとは。更に、ラルミルチ。「もうこれが最後であるようにと」という歌詞で、その上げた瞳に映すのは、大人のコロネロ…。そして瞳に涙が浮かんで…。ごめん、それだけで泣けるcrying
 ハイパーツナ、白蘭、γ兄貴、そして…ユニsign02優しく微笑むユニ、かわいいですね。この子がどうして、マフィアやボンゴレ狩りなんかに関わっているのか…。
 最後は晴れた草原の中を走ってくるツナの、満面の笑顔とリボーンの笑顔。早くこんな日が来るといいね、という感じの。

 あれ?まだOPの感想しか書いてないのに、一時間経過してる。なんでgawk?たぶん、EDでも同じくらい時間かかるよ?EDもメチャメチャ感激したんですけどsign03…うぅ、まあ、とりあえず書けるだけ書き進めます(笑)。

 それにしても、今日もまたすっごく作画よかったですよね。大庭さん、落合さんという方が作画監督の時って、飛び切り綺麗でかわいい作画になるような気がします。ハイビジョン初回にふさわしいhappy01note
 そして、復習でやっぱりきました。雲雀さんオンステージhappy02heart04sign03うっひゃぁ、やっぱ美しいぃhappy01sign03ん?いきなりハリネズミちゃんを階下に投入して…おおおお、そこで増殖しますかcoldsweats02sign03

 鳴り響く警報サイレンの中、動き出すツナたち。アジトに襲撃が掛けられ、雲雀さんが既に対応していると知ったツナ。それを加勢に入らなきゃ、と思った瞬間
「ならん!それでは雲雀が体をはる意味がなくなる!!」
 はっきりと強く断言する了平兄さんがかっこよかったです。そして、作画もすごくいいので、これまた絵も超かっこいいhappy01sign03

 そんな風に心配されてる雲雀さんですけど、いきなりハリネズミちゃん二つの大増殖で、大量に刺し殺したcoldsweats02sign03鉄格子は、雲雀さんの意志通りに動いてるみたいだけど、やっぱり雲の増殖という線もありなのかな。大量に刺し殺したとはいえ、まだまだ沢山の敵がいる中に降り立つ雲雀さん。人数の多さでまだ有利を確信するミルフィオーレの面々を、いとも簡単にトンファーでぶっ飛ばしていくsign03だめだなぁ、相手は雲雀さんだよ?顔も見せない雑魚が一秒以上相手してもらえるわけないじゃんか(笑)。
 
雲雀さんの行動に報いたければ、殴り込みを成功させろ、と言われたツナ。思い悩むツナを見て、かすかに眉をひそめる山本に獄寺。
「あいつ、このこと知ってたんじゃ」
「かっこつけやがって」
 やだ、山本かっこいいhappy02heart04note(←空気読め。)
 作画が素晴らしいって素晴らしいheart04sign03
 雲雀の強さは知ってるだろう、とリボーンに諭され、ついに決断するツナ。ジャンニーニやリボーンとのやり取りも、引き伸ばしてあるのにちゃんと切迫感があってよかったです。
 基本、戦うときは薄笑いとか浮かべてるイメージの雲雀さんですが、今回はどっちかと言うとつまらなそうな顔してます。雑魚だな~とか思ってんのかしら。つまらなそうな顔してても、この人はかっこいいです(笑)。

 まさか単行本の書き下ろし、イーピンの素敵な後ろ頭が、こんな所で拝めるとは思ってませんでした(笑)。
 残されたハルや京子ちゃん。どうしても心の中には不安があるみたいですけど、それでも強気で元気出していこうとする健気さがいいですよね。ていうか、メチャメチャ二人ともかわいい。作画サイコーsign03

 前回ミルフィオーレが攻めてくるところを、詳細に描いてくれたアニリボ、今回はボンゴレの守護者たちがミルフィオーレアジトへ到着するまでも、詳細に描いてくれましたね。そうか、走って移動できるほどの距離だったんですね。同じ並盛町ですから。早朝、というより、未明、という感じなんでしょうか。人がいない空間。
「朝は大体こんな感じだぜ」
 さらりと山本。
「何で知ってんだよ」
「ああ、オレ、朝練あったからな」
「たく、野球馬鹿が」
 そんな、ふとした瞬間の他愛ない日常風景がのぞく会話で、ナイス引き伸ばしwinkgoodsign03朝に強いスポーツ少年なんですね、山本heart04note

 あれ、アイキャッチが復活してる(笑)。声はなくてもいい、と思…何でもありませんcoldsweats01。後半の絵がかっこよかったですnote

 ミルフィオーレアジトに突入する前に、ビアンキが突入ルートを説明。ダクトすら知らない山本(笑)。でも、中学生だもんねぇ。そんな言葉、知らない子はいっぱいいるよ、うんwinkgoodsign01そういう頭脳的な解析も、ビアンキが担当してたんだな。頭いい姉弟なんだなぁ。
 そのダクト目指して走るツナたち。
「発電室って…」
「オレの勘からすると…こっちだsign01
「何が勘だsign01地図見ろ地図sign01
 何気にオリジナル場面で小ギャグが(笑)。かわいい、了平兄さんhappy01sign01そして、なんとここまで見送りに来てくれていたビアンキ。おかげで、発電室はすぐに判明。了平兄さんの勘が外れていたことも判明(笑)。
 アジトに残った子達のことは任せて、と言ってくれたビアンキ。10年後のビアンキはしっかりしてるから、心強いなぁ。そして、それを言ってもらえたツナがまた、すごくかわいい。うるっときてる。そして…獄寺の方からビアンキに話しかける。帰ったら話がある、と。この二人が、ちゃんと向き合って話し合えるように、無事に任務を遂行できるといい。と、ふと思いました。

 遂にダクトへ侵入。ラルに細かく注意を出されている、真剣な場面で。
「まさか、こんな映画みてーなことするとはなぁ」
 一人笑顔の子がいるhappy01heart04noteい・や・しhappy01heart04note

 一方正チャンは、突入部隊と連絡が取れず、焦る。うん、雲雀さんにやられてるしね。あの鉄格子、電波を完全に遮断するみたいだしね。アイリスさんの軽口が、一番事実に近いかも(笑)。なんか、いつも正チャンって連絡が取れない、とか、状況が把握できないってので苦労してるなぁ。

 少しつらそうなラルを心配した途端、いきなり匍匐前進が止まって、鼻頭を靴の踵に思い切りぶつけるツナ。五秒間だけ赤外線を止める、という装置で赤外線を止めて、全員がそこを通り抜ける、という場面。結構焦るところなので、その緊張感だけで引っ張るかと思ったら、本当に5秒くらいだったsign03このスピード感、たまらないなぁ。ぎりぎりセーフで赤外線を潜り抜けた、そのみんなの目の前で、レーザーが機動を始める。なぜ、と思う間もなく「回避だsign03」ラルの命が飛ぶけれど、どこへsign02狭いダクト、絶体絶命の中、レーザーが発射されるsign03

 すごい、原作前回残った分2~3ページを使ったとはいえ、「標的176 侵入」は、半分しか使ってません。アニメスタッフさん、すごいよ。全然スピード感とかも損なってなかったし。

 さて、残るは、今回から始まったハルのハルハルインタビュー(でんじゃらす)とED。ハルのハルハルインタビューがあるおかげで、原作をあまり進ませずにすむので、まぁ、悪くない対策だと思います。前の占いもよかったけど、一度登場したのは同じ物の使いまわしでしたから。今回は毎回違うみたいだし。初回はツナ。デフォルメキャラもかわいいhappy01note…巨大ロボ…って…確かにモスカはでかいけど…その規模で、よかった(笑)?

 みんなの写真を撮っていく、という趣向のED 。なんと…久々並中の制服~~~~(冬服Ver.)sign03草の土手に座ってるツナの不意打ち写真から。撮ったのはリボーンかな?ツナかわいい~~~happy01heart01noteと思ったら、リボーンに蹴られたーcoldsweats02sign03しかも顔面だcoldsweats01。ほんっとツナには容赦ないのね、リボーン(笑)。なんか、この雰囲気が夏目友人長のEDにちょっと似てるな、とか思ってしまった(笑)。
 次は獄寺。お~、獄寺のこの格好を見るのも久しぶり。ですが。この格好で眼鏡かけてて髪の毛結ってんのは初のお目見えですっhappy01heart04sign03わ~、獄寺かわいいしかっこいいし綺麗だなぁ。作画はめっちゃ綺麗です。OP・EDはいつもスペシャル作画ですけどねhappy01noteおっ、顔上げた、と思ったら、そこでパシャッ。……これは、意外なほど狙いすぎのかわいさ。撮ったのは絶対10代目だ(笑)。
 きゃぁあああ、わぁああああ、ぁあああああああああcryingsign03野球ユニフォームの山本ぉおおおおおおおおおっhappy02heart04sign03うぅううう、山本が野球やってるよぅ……嬉しさと切なさと懐かしさと嬉しさがごっちゃまぜですぅcryingsign03(←一番のウエイトは嬉しさ。)バットを構えてて、ふとこちらに気づき、さいっこうの爽やかスマイルhappy02heart04heart01sign03sign03sign03いや~~~マジかわいい~~~~~超かわいい~~~~~頼むから字幕どけてぇええええsign03sign03sign03(最後一瞬だけ、文字のかかってない素敵笑顔が拝めますwinkshinenote
 次は了平兄さん。おおお、中学生のお兄ちゃんは久しぶりsign03軽いフットワーク。元気だなぁhappy01sign03そして、拳を突き出して見せた最後の瞬間に、パシャッ。あら、すごく凛々しいhappy01heart04note
 お次は髑髏ちゃん。じっと壁際に立ってた髑髏ちゃん。ポツリと一人、寂しそう…パシャッ。でも写った写真の髑髏ちゃんは、にっこり微笑んでいて…その両隣には、照れてなのかめんどくさそうな犬と、背の高い、これまたにこりともしてない柿ピーが。髑髏ちゃん、嬉しかったんだねhappy01sign03とってもいい笑顔ですnotesそ・し・て、何と骸さんはオンリーで。これは黒曜ランドの例の部屋のソファーでしょうか。上着を脱いで、青を貴重にした迷彩のTシャツ姿。これはこれで初めて見るカッコだな。シャッターを切った瞬間、カメラににやりと鋭い視線を向けた骸さん。なんだかちょっと強気な表情してますが、かっこいいですhappy01heart04sign01
 そして来たーーーーーー、並中風紀委員の腕章をつけた学ランを羽織って、その肩にヒバードを留まらせた雲雀さんの後姿sign01視線でちらりとカメラを持っている相手を見てるってことは、気づいてるんですよね。くるりと振り返るなり、ずんずんと険しい顔で歩み寄ってきて、その肩からヒバードが飛び立って…(あ、ビデオのスロー切れたcoldsweats02。)慌ててシャッターを切ったカメラマン、けれど、その瞬間不敵に微笑んだ中学生の雲雀さん…う、かっこいいhappy02heart04sign03低く構えた瞬間を写した写真は、空とヒバードと、雲雀さんの髪の毛だけ(笑)。そして、カメラマンは逃げた模様(笑)。ん?ツナがリボーンの襟首つかんで逃げてる。撮ってたのは、ツナ?リボーン?
 次は、秋の洋服で身を固めた京子ちゃんとハル。……パフェ、でかっcoldsweats02sign03でも、それを「ん~~~っ!」って顔して食べてる二人がかわいいですhappy01note
 そして、みんなの写真たち。懐かしいバジルくんと家光さん、ああ、ちっちゃいフゥ太とイーピンにランボ、ママンに、ヴァリアーの王子とマーモン、そして、超お久しぶりのディーノさんや9代目までsign03うっ、なんか懐かしさに胸がじんとする。
 最後はみんなで集まって。ピントを合わせたツナ、「10代目~ここです~」という獄寺の声が聞こえてきそう(笑)。雲雀さんだけそっぽ向いてるけど、微妙に群れてる(笑)。そして、雲雀さんはともかく、みんないい笑顔で、山本は背が高くて、かわいくてかわいくて、なんて素敵な写真sign03sign03sign03って思ったら、撮れたのは、ランボさんに頭蹴られてよろめくツナにボムでランボに攻撃しようとする獄寺、ツナを支えようとする京子ちゃんに、ボムに驚くハル、ポイズンクッキングの準備万端のビアンキ、まーまーといわんばかりの山本に、いきなり後ろ向いてドッピーカンな了平兄さん、思わずきらりと手にトンファーを光らせる雲雀さんに見惚れるイーピン、そんな大騒ぎを端から腰に手をやって眺めるリボーン(笑)。なんて和み空間の日常happy01heart04sign03何か大好きheart01sign03

 来週はデンドロさんか。楽しみなのは、かっこいいツナと、回避の山本かなっhappy01heart04note

 あっcoldsweats02sign03「次回をお楽しみに!!」の映像が、初めて変わったsign03あの超素敵な、EDのみんな勢ぞろいの写真(撮る直前)だぁhappy01heart04sign03山本、背が高いなぁ、やっぱりっhappy02heart04sign03ピースも似合うのな~~~happy01noteこれから、最後の一瞬まで楽しめますsign03嬉しいsign03

| | コメント (5) | トラックバック (3)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »