« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

2008年、ありがとうございました!

 年の瀬ですね~。2008年ももう終わりです。年賀状用に描いたのに、まだ描きあがっていないイラスト、現在必死に色塗り中で~すcoldsweats01note
 いや、ほら、年末って、大掃除とかもしないといけないので、なかなか進まなくって。2日間で自分の生活スペースめっちゃ掃除しました。もう、どこもかしこもピッカピカshine。車も窓もピッカピカshinescissorssign01あ、あれ?時雨れてきた。く、車…窓……ぴっか…ぴか…crying。しくしくしく。

 前回アニリボの感想で、いつもチラッとだけ書いてる深夜アニメの感想を書けなかったので、今日はそれと、今年来て頂いた方へのご挨拶を少しだけ。

 深夜アニメは基本三ヶ月で終わると思ってたんですけど、そうでもないこともあるんですねcoldsweats01「スキップビート」これは来年も続くみたいです。ちょっと面白くなってきたので、続きが見られるのはありがたいです。モー子さんとラブミー部タッグを組んだキョーコ。蓮もちょっとキョーコに優しくなったし、いい感じ?けど、キョーコは明らかに蓮を怖がってます(笑)。
 
「ヴァンパイア騎士Guilty」これは今日最終回なんですね。原作は完全に追い抜くというか…もう原作とはだいぶ展開が違うというか。大きな流れは変わってませんが、エピソードが全然違ってます。零は頑張ってると思いますが、い、痛々しい…。そしてぶっちゃけ枢さんが何もしてないんじゃ…(笑)。優姫の側にいるわけでもないし、一翁を倒すわけでもないし(一条さんに譲っちゃいましたから。)…ヴァンパイアの始祖として、この人は何をするんだろう。そして、明らかに暁は瑠架さんに傾いてる(笑)。いいけど。美男美女、お似合いheart原作(単行本)は優姫V.S.零になるのかってところで終わってるけど、アニメは?
 
「喰霊-零-」最終回は、切なかったです。このアニメ、いわゆる百合ってのがあちこちにちりばめられてたと思うんですけど、そんなのなくてよかったなぁ…。そういうのがあると、何か俗になるっていうか。話的には面白かったし、すごくかっこよかったと思うんです。紀之のことは殺さなかった黄泉、きっと紀之のことは好きだったんだろうな、とか、そんな黄泉に殺してって言われて、でもできなかった紀之。神楽を支えて、最後、神楽が黄泉を貫いたのは、紀之の武器だったのかな?そう思うと切ない。そして最後に退魔師ではなく、占い師になって、軽い兄ちゃんになってた紀之も切ない。神楽と黄泉のバトルは、ビャクエイ(漢字分かりませんすみません)とラングレンの霊獣同士の対決もかっこよかったです。神楽は、「けいちゃん」ていう男の子と、最後に東京タワーに湧いて出た悪霊を退治してたんですが、自分の武器をその子に渡して、最後ビャクエイを解放してOPの曲が流れる展開がかっこよかった。あのOPって、神楽の声優さんが歌ってるみたいですが、メチャメチャ歌がお上手です。あの歌、かっこよくて好きでした。…なのにサントラ集のタイトルが「百合ームコロッケ」はあんまりだ…shock
 
「とある魔術の禁書目録」……あれぇ?やってなかったのかな?それとも、何度目かの録り逃し?
 
「のだめカンタービレ巴里編」…もう何度録り逃しただろう(笑)。まだ終わってはいないよね…?
 
「黒執事」これもまだ終わらないみたいですね。新たな話に入りましたし。でも、原作そんなに出てないような気がするんだけど…。セバスチャンと対等にできる人間って、すごい。でもあの人には何かありそうな…。
 
「夜桜四重奏」は確かやってなかったです。これは始まったのが遅かったから、三ヶ月にしてもまだ終わらないはず。
 ってことで、明らかに今年中に終わる、または終わった、というのは二つしかないってことで。しかも、ヴァンパイア騎士のあと番組は、大好きな癒し系、夏目友人帳です。夏目は絶対見たい。……むむっ、やっていけるのか、自分(笑)。(←やめればいい。)

 さて、今年も来て下さった皆様、コメントを下さった皆様に支えられて、とりあえず最低でも週に一回の更新、特に、リボーンの単行本とアニメの感想だけは、という目標は達成できましたhappy01heart04sign01それもこれも、ひとえに皆様のおかげです。ありがとうございましたsign01コメントを下さった方には、個々での挨拶もさせていただけましたが、この場を借りて、見てくださった方全てにお礼の気持ちを伝えられたら、と思います。もし気が向かれましたら、来年もまたよろしくお願いしますhappy01sign03皆様、どうぞよいお年をhappy01note

☆紫月☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

アニメリボーン標的114「嵐の守護者、立つ」感想

 あぅううっ、お兄ちゃん~~~cryingsweat01sign01
 γ兄貴V.S.獄寺キタ~sign01

 まずは諸事情から…。どうでもいいことなので、スルーしてください(笑)。毎年年賀状は、出す相手のリクエストに応えようと、色んなイラストを描いてきました。が、今年は職場が異動になり、周りからのリクエストを受け付けなかったし、友人に聞く暇もなかったし、遅ればせながらイラストを描きに入ったものの、時間も足りない(笑)。今日できるだけやって、できたら使おうかと思ったのですが、この非常時に、またもパソコンが入院する羽目に陥って、慣れないパソコンやマウスでの作業はとてもじゃないけれど…coldsweats01。しかも今週は、仕事で毎日遅かったり、パソコンを入院させるために、徹夜でデータの移行や保存をしていたり、忘年会があったりしたおかげで睡眠も足りてないし、雪が降ったおかげで車のタイヤ交換もしなきゃいけなかったり、やることも山積みで、今日一日やるだけのことはやろうと思ったのですが……途中で力尽きましたhappy01sweat01。こちらの記事もすっかり遅くなってしまいましたが、年賀状の方は、既製のイラストをDLしてとりあえず出すことにして、その代わりこちらで年賀イラストを載せさせていただこうかと思います。今までは基本的にリクエストだったので、ONE PIECEだったり銀魂だったりD灰だったり、更に実際に出してるので、ここでの公開は年賀3日間のみってことだったりしたのですが、今年はしばらく飾っておこうかと。…まだ全然色塗りできてませんけどcoldsweats01。元旦までなら、時間もあるし、なんとか頑張ってみたいと思います~。

 あ、深夜アニメも全く見てませんので、感想は書けたらまた次の記事にでも。

 それでは遅くなりましたが、2008年最後のアニリボ感想、行きたいと思いますsign01まだ見てらっしゃらない方は、ネタバレ注意です。

 <アニメリボーン標的114「嵐の守護者、立つ」>

 γ兄貴のエレクトリックタワーをまともに喰らって、倒れてしまった了平兄さん。γ兄貴のエレットロ・ビリヤルドが、次の獲物である獄寺に向けられるけれど、獄寺はまだ晴のロープに縛られたまま。焦る獄寺だけど、倒れたと思っていた了平兄さんが、晴の活性で自己治癒を開始。でも、大量の出血の代わりに顔だけでも大量の傷をつけられてる了平兄さん…crying。いや、それでも男前だけど。そんな了平兄さんのサポートをするために、我流がγ兄貴の前に飛び出すsign01我流、なんていい子bearingsign03
 と・こ・ろ・が。
 アニメのエレットロ・ビリヤルドはハンパないです。慣性の法則無視してます(笑)。
 了平兄さんに向かっていた球が、なんと我流に向けて逆走行開始sign01なんと、我流に全弾命中。このときの、驚いた了平兄さんの顔が、ちょっとかわいいです。でも、これは意外に大したことなかったらしくて、すぐに立ち直った我流が、再びγ兄貴に向かう。それは想定内だったのか、γ兄貴は余裕の笑み。今度は最初から我流に向けて「ショットプラズマsign01」…今度の攻撃では、激しい雷の炎に包まれてしまった我流…
「焼き加減はレアだ」
 あぅうううう、我流~~~~~cryingsign03

 あ、スパナさん、ミニモスカ直してるhappy01heart04note
 ボンゴレチームが分断されてしまったと知ったツナ、みんなのことを信じようと決める。このときの山本が、ちょっと凛々しくてかっこよかったですhappy01heart04noteそして、了平兄さんがまた大人っぽい、頼りがいのある微笑でかっこよかったですheart04note
 そしてボンゴレアジト。こちらもオリジナルでしたが、京子ちゃんの優しさは、保育係に向いてるsign01と思いました。

 我流が倒されてしまった了平兄さん。今度は自分が狙われて、ボロボロの身体に更にγ兄貴のマーレリングの雷の炎を受けて、再び倒れてしまう。
 ただちょっと、倒れ方がおかしかったっていうかcoldsweats01。いや、作画は全体的によかったと思うんですけど。
 身動きの取れない獄寺、とりあえず後ろにある手で、かろうじて開けた匣は…
 ニャッcat
「瓜sign03この縄を噛み切れsign03そんくらいできるだろsign02
 ぺろぺろcat(←顔洗い中。)
 できるとかできないとかいうレベルじゃなくて、獄寺の言葉を理解してるかどうかが微妙(笑)。
 ところが、殺気に反応して毛を逆立てた瓜ちゃん。γを威嚇sign03必死に止める獄寺だけど、全く反応なし。勢いよくγ兄貴に突進sign01
「瓜ィcoldsweats02sign01
「さがっておれsign03
 べしっimpactsign01
「にゃぁっcatsign02
 ミディアムレアを強行阻止してくれたのは、またも了平兄さん。吹っ飛ばされた瓜ちゃんは、獄寺や我流が倒れている辺りへ。再び立ち上がった了平兄さん。
「晴の治癒能力は大したものだな」
 決して嘲るという雰囲気じゃないγ兄貴。けれど、だからといって、やっぱり優位は変わらず。遠距離タイプの武器に対して、拳で挑む了平兄さん。向かっていく姿は凛々しいし、かっこいいbearingsign01なんと、エレットロ・ビリヤルドの球を撥ね返したcoldsweats02sign01けど、γ兄貴は余裕。
「どこまでやるつもりだ」
「10カウントのゴングが鳴らない限りはリングに立ち続ける。それがボクサー魂というものだ」
「見上げた根性だな。だったら気が済むようにしてやるよ。これでノックアウトだ」
 さすがγ兄貴、ボクシングにも通じてるのねhappy01note(←そういう問題?)
 でも、両拳でエレクトリックタワーを受けながら、必死に高速治癒を全開にする了平兄さんは、痛々しいよぅweep。そして、そんな攻撃を受けながら、了平兄さんが獄寺に視線を送る。自分が倒されたら、そのロープは解ける。そして…
「あわてるなよ」
 自分が獄寺にできる、最後のアドバイス。もちろん、説明しちゃったらγ兄貴にばれちゃうし。最後まで獄寺を気遣ってるお兄ちゃんがかっこいい~~~~~happy02heart04sign03(←ハートとか飛ばしてる場合じゃない。)けれど、γ兄貴曰く「何かと差がありすぎる」この対決。ついに了平兄さんは倒れてしまう…。
 それでも、かける情けは「非情」のγ兄貴。徹底的にたたいておくことは忘れない。止めを刺そうとするγ兄貴に獄寺が焦る。焦って、はっと気付いて…
「召されな」
 エレットロ・ビリヤルドが放たれた瞬間、γ兄貴が怪訝そうに眉根を寄せる。狙った了平兄さんの前に、謎の兵器が立ちふさがって…なんと、エレットロ・ビリヤルドを弾き返すsign01
 いつの間にか立ち上がって、匣兵器を展開していた獄寺。
「てめえだけは許さねえsign03
 SISTEMA C.A.I.、来たーーーーーーーーーーーーーーーーhappy02sign03

 あれ?まだ半分coldsweats01?γ兄貴と了平兄さんの対決に時間かけすぎ(笑)。

 行き先が分からなくなってる山本。山本は、ちょっと大人っぽい表情してるけど、かわいいです。かわいいけど、何か綺麗っていうかかっこいいっていうか。整った顔してます。今回も作画監督さんがたくさんいらっしゃったので、丁度山本の場面で絵の綺麗な方が担当してくださったのかなっhappy01noteといっても、今日、全体的に作画、よかったですよね。そして、自分のように、みんなが迷子になったりしてるんじゃないかと心配する山本、やさし~な~happy01heart04note

 けど、ぶっちゃけ現実、そう甘くもないcoldsweats01こちら、六弔花の一人、γ兄貴と戦闘中です。しかし、獄寺のSISTEMA C.A.I.はかっこいいなぁ。怪しい形状ってγ兄貴が言ってたけど、なんていうか、ほんと芸術的っていうか。何しろ獄寺に似合う。そして、コンタクト型の補正技術のサポートを取り入れつつ、赤炎の矢。それが、マーレリングで作り出す、最高の硬度の雷シールドを貫くことから、γ兄貴も真剣に解析。
「逃がすかよsign03
 再び放たれた赤炎の矢に
「逃げやしねーよ」
 追尾してくる炎をぎりぎりで避けて
「見るのさsign03
 ……この二つの台詞のギャップがかっこよすぎるhappy02heart04sign03目の前をかすめる攻撃に、眼を凝らす。そして、顔を傷つけられながらも、その秘密を解き明かす。悩んで悩んで分からないまま、というわけにはいかない。さすが六弔花。度胸も頭脳も一級品。赤炎の矢が雨の炎でコーティングされていたために、雷のシールドが沈静化され、そこを突き破って分解の嵐の炎が突き破ってきている…。これは、獄寺のあわせ技ってところですね。でも、これだけ実践で鍛えているγ兄貴ですら、炎を融合するだとか、同時に実践で使いこなすというのは見たことがないっていうんだから、やっぱりSISTEMA C.A.I.はすごいんだな。そして、それを編み出した10年後の獄寺は、やっぱりすごい。さすが右腕です。もちろん、この中学生の獄寺も、それを解き明かしたんだから、さすが。これを編み出させた天野先生は天才じゃなかろうか。

 あ、ここまでですか。あれ???ずいぶん後半短……。

 はい、ハルのハルハルインタビュー。今日はこれが長かったですねっ(笑)。今日はでんじゃらすといいながら、ママンだったので、全然でんじゃらすじゃなかったです。けど、ハルちゃんが一生懸命アピールしてるのに、ママン超天然(笑)。何でハルちゃんがママンのお嫁さんになるの~coldsweats01sign01
 はなからママン持参のみんなのためのお弁当を食い尽くしたリボーン、始終口の周りにご飯粒付けてるのがかわいかったですhappy01note

 次週は新年ですねsign01ていうか、お休みなしでしょうか、ほんとに。WJお休みの分、追いついちゃうよ~sweat01。大丈夫なのかな~…。でも、次回はSISTEMA C.A.I.が解き明かされます。もう、これを知って、紫月は初めて獄寺かっこいいと思ったので、楽しみっス。あぁ、この獄寺レベルの活躍を、どうか2009年には山本にもbearingsign01

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2008年12月20日 (土)

アニメリボーン標的113「電光、再来」感想

 おに~ちゃ~んっbearingsweat01sign01
 γ兄貴の声はヤバイです(笑)。

 おおおお、年賀状どうしようcoldsweats01。(←2週間前から何一つ成長していない(笑)。)でもなかなか余裕というものが生まれない紫月です。今週も頑張って深夜アニメを消化しようとして、何度もそのまま眠りにつき、結局何度も巻き戻して見るという、無駄な作業を繰り返してました。「スキップビート」てんてこ舞いをどんな舞なのかと悩む蓮が面白すぎた(笑)。「喰霊-零-」室長…現役だったのね…coldsweats02sign01(←反応が黄泉と同じ。)でも…黄泉に理性が残っていることも分かって、つらすぎる展開。もう殺さないで欲しいのに。「とある魔術の禁書目録」半分寝ながら見てたので、またなんかよく分からなく…(笑)。血液の逆流が怖かった。「のだめカンタービレ巴里編」銀魂見ながら寝てしまったので、ビデオが作動しませんでしたcoldsweats01。リサイタル…。「黒執事」(先週分)また来た、グレル(笑)。セバスチャンの有能ぶりに惚れる。「ヴァンパイア騎士Guilty」(先週分)ちょっと印象が薄いな…藍堂先輩あんまり好きじゃなかったけど、ちょっとかわいかった(笑)。「夜桜四重奏」(先週分)八重さんだっけ?禁を犯すところがかっこよかった。「罰金ものだぞ」って、神様が罰金で済むの(笑)?

 それでは、アニリボ感想にいきま~す。まだ見てらっしゃらない方はネタバレに要注意、ということでwinkdangersign01

 <アニメリボーン標的113「電光、再来」>

 了平兄さんと獄寺の行き先で、開いた部屋。そこを潜り抜けた途端、二人の目は大きく見開かれる。あれ?γ兄貴から話し掛けて、γ兄貴が驚く場面は、なしですか。結構好きだったのに。

 さて、今回原作1・5話で乗り切ったわけですが、そのおかげで白蘭も登場。白蘭はなんだかいつも美人だなぁ。そしてなんだか、いつもマシュマロのイメージになってるな(笑)。あれ、侵入したボンゴレチームの人数と、それを倒すためにミルフィオーレの手駒ってところですね。そして、γが二つを倒すっていうのも、何かの暗示?にしても、正チャンも白蘭も、なんかあまりγ兄貴に対していい感情もってなさそう。反乱危険分子だからかな。

 γ兄貴を前にいきり立つ獄寺。でも了平兄さん止める。
「おかしいと思わんか」
 そうそう、白くて丸い装置に向かってたはずなんだよね。10年前はあんなに単純な極限人間だったのに、お兄ちゃん…lovelysign01頭脳派の獄寺より、頭が働いてます。
 ところが、驚いていたのはγ兄貴も同じ。そのことをちゃんと教えてくれるところが、γ兄貴のいいところ。あまり飾らない人なんでしょうか。
「自分の基地で迷子になったかと思ったぜ」
 迷子ってcoldsweats01
 そして、このメローネ基地の謎や構造まで、自分の推測を交えて教えてくれちゃいました。そして、獄寺の「カビ」という言葉で、正チャンの力に関係しているのだと、γ兄貴自身も気づかされる。
(どのみちこの基地は入江のおもちゃ箱で、オレに奴らを倒せってか…全く面白くねー話だぜ…だが)
「このバトルには感謝する」
 きりりと眉根を寄せるγ兄貴。おっ、男前lovelynote
「これであの方に報いられるってもんだ」
 あの方…やっぱりここは、ユニちゃんだよね。もう、この辺とか、声がね。γ兄貴の声がかっこよすぎるですよhappy02heart04sign01ちょっとボンゴレチームをあしらってるような、軽い口のきき方してるときも素敵なんですけど、この本気モードの時との声のギャップが…sign03メチャメチャγ兄貴に合ってるhappy02sign03
 飛び掛らんとする勢いの獄寺を、了平兄さんが止めるものの、獄寺は聞く気なし。そこで、了平兄さんも晴の活性で強化されたロープで、獄寺を強行阻止(笑)。六弔花相手に、晴の守護者の自分が複数でかかっては男がすたる。それは、すごく了平兄さんらしい考えだと思うんだけど、自分にはボンゴレリングもなくて、強力な雷属性のγ兄貴が相手っていうのは相当不利だってことも、今の了平兄さんなら理解してると思うので、ここは年長者の自分が獄寺を護らなきゃっていう思いがあったんだろうな、と思います。あ~、大人だぁhappy02heart04sign01(←なんか急にツボった。)
 ところで、前々からミルフィオーレの六弔花って出てきてるけど、それはつまり、晴、嵐、雨、雷、霧、雲のマーレリングを持ってる人たちってことですよね?ボンゴレで言う、守護者。雨はグロ、晴は正チャン、霧は幻騎士、雷はγ兄貴。ん?アイリスさんやバイシャナは、マーレリングではなかったかな?ってことは、まだまだミルフィオーレには強敵がいるってことですよね~…。
 その六弔花の一人である、γ兄貴。以前も強かったけれど、雲雀さんにえらい目に遭わされてしまいました。
「今のオレは、雲雀恭弥を二人引っ張ってこようが、勝てないぜ」
 つい最近まで、あんなにぐれてたのにcoldsweats012倍以上強くなったってことですか?その自信の源は、女神の微笑みだそうで。あああ、γ兄貴~~~~~~~bearingsweat01sign01(←原作を知ってるとちと切ない。)

 地震の衝撃でミニモスカと頭ごっちんしたツナ。そしたら、ミニモスカが壊れちゃった(笑)。
「気に入ってるんだ、ミニモスカ。かわいいだろ」
「そ、そうですね、あはははははははは……(かわいいかなぁ( ̄▽ ̄lll))」
 いや、これはかわいいだろ(笑)。勝手にミニモスカって呼んでましたけど、ほんとにミニモスカだったんですね。スパナ、気に入ってるんだ。分かる分かる。かわいいし便利だし。スパナ、いいセンスしてるhappy01sign01
 スパナさんが、ミニモスカの部品を後ろ向いて探している隙に、地震で転がってきた死ぬ気丸をそっと手にしたツナ。これさえ飲めば、逃げ出すことができる…sign01

 前回はスクアーロとベルでしたが、今回はなんとルッスーリアとXANXUSが、ヴァリアーのCDのCMに出てましたね。ルッスーリアの歌のカマっぽさにウケるんですけど(笑)。

 前回猿の双子と戦った山本。長居は危険と判断。既に地図がおかしいことも感じていて、かといって慌てふためくでもなく、笑みを浮かべながらラルを背負う。
「地図も役にたたねーみてーだし…こういうときは…勘だなっhappy01
 ぶはっ(*≧m≦*)sign03
 なにこのかわいい子happy02sign03sign03sign03こんなところは、ちょっと了平兄さんに感覚が近いかも(笑)。

 さて、了平兄さんV.S.γ兄貴。早速我流を出して、バイシャナを倒した必殺技を繰り出す。けれど。
「コンテナを破壊できなかったことは気にしなくていい」
 そこは気にしないだろうcoldsweats01むしろ気になるのは、素早くゲタをはいて、既に宙に構えているγ兄貴。驚く獄寺に対して、了平兄さんはちらりと視線を送るだけ。それなりに驚きはしてるんだろうけど、でも想定の範囲内、といったところ?凛々しいな~お兄ちゃん凛々しいな~happy01heart04note
「さて、オレの番だ。ショットプラズマsign03
 かっけ~~~~γ兄貴かっけ~~~~happy02heart04sign03原作でも、宙で逆さになって放つこのショットプラズマの構図がかっこよくて大好きだったんですけど、アニメ、なんとここでアップを持ってきたsign03かっこよさ倍増ですhappy02heart04sign03こう見ると、今日の作画もいいなぁ。特に後半がいいような気がします。
 既にγ兄貴と対戦していた獄寺や山本から、ちゃんと情報を仕入れていた了平兄さん。そんなところも抜かりなし。γ兄貴から聞いた「ちぃっと丈夫にできている」コンテナをうまく利用して、ショットプラズマから逃れる。そして、まさかの対戦相手に対しての作戦を巡らせようとした瞬間。
「おーい、誰の入れ知恵かしらねえが、そのよけ方じゃ間に合わないぜ…エレクトリック・タワーsign03
 縦の空間での雷撃。硬化した雷の炎が、了平兄さんを鋭く切り裂く。

 きゃぁああああ、お兄ちゃ~~~~~~~~んっcryingsign03

 さすがに原作のように激しく血が飛び散ったりはしなかったけれど、たちまち崩れる了平兄さん…。
「芝生ーっsign03
 この場面で「芝生」はないわhappy01sweat02呼び捨てでもいい、せめて「笹川ーっ」くらいに…。

 オリジナルで入れてあった、女の子たちの場面。京子ちゃんの腕の中で、紐の切れたグローブ。一瞬不吉な空気が漂うけれど、ランボがボロボロだといって笑い飛ばしたおかげで、その場の空気は和やかに。なんだ、ランボも役に立つことあるんだね(笑)。
 そして、雲雀さん。どうやら地下鉄のトンネルから侵入してきた賊を追って、そちらに移動したようですね。これ普通の一般の方々が、現在利用中の地下鉄だったりしないのかしら、と、ちょっと心配になってみたり(笑)。ずっとミルフィオーレとボンゴレアジトの戦いばっかりやってるから忘れがちだけど、別に世界はごく平和なんですよね?

 さて、逃げようとしていたツナ。ふとスパナと目線が合って、ばれたんじゃないかとドキドキ。そしたら、スパナは修理しようとしていたところで、気が変わったらしい。
「じゃあ、ハイパーモードになってよ」
(えーっ、ばれてるしsweat01
「ハイパーモードになったら…オレ…逃げちゃえると思うんですが…」
「逃げてどーすんの。うちの連中は強い。次はやられるぞ」
 ツナが逃げることなんて、全く眼中になかったらしいスパナ。確かに、よく考えたらそのとおり。でも、ツナは躊躇う。そこで聞こえてきたのは、なんとここには来ていなかったはずの、リボーンの声。そして、なんとのんきに寝転がったリボーンの姿までcoldsweats02sign01(わざわざ、あの立体映像を映し出す装置の前で、リボーンったら寝転がって驚かそうとしてたのね(笑)。)思わず手を伸ばしてつかまえようとしたツナだけど、手がすり抜ける。原作では「お化け~coldsweats02sign02」とか言ってましたが、それは言いませんでしたね。言わなかったけど、びびってた(笑)。
 ボンゴレアジトの方に地震はなかったと聞いて、ほっとするツナがかわいいhappy01heart04noteけど、そんな場合じゃない…とリボーンに諭される。そしてリボーン、見ず知らずのスパナに馴れ馴れしく話しかける(笑)。そしてスパナ、見ず知らずのリボーンに何てことないように対応(笑)。意外にいいコンビかも。そして、躊躇いや迷いの多いツナに、「いつまでもチンタラしやがって」と銃を向けるリボーン。それを怖がるツナを見て。
(…立体映像(ホログラム)なのに怖がってる…)
 このスパナ、なんか好きhappy01note言い方とかもいい感じでしたnote
 そして、ツナも山本たちが分断されてしまったと知る…。

 ハルのハルハルインタビュー。おおおおお、ディーノさんかhappy01heart04sign03全然予想してなかったので、結構嬉しかったですheart01ディーノさん、すごい美形&爽やかさん扱いでしたnote歯がキラーンshineとか(笑)。そして、チビキャラのディーノさん、めっちゃかわいかったです~~~happy02heart04sign03しかも、こんなところまで来てるロマーリオ含む部下の方々(笑)。過保護な部下~~~~~happy02sign03分かるわ、だってディーノさん部下いないとダメダメだもんね(笑)。きっと晴れの舞台(?)で、ボスが失敗しないように見守ってたんだ…happy02sign01そして、その部下の方々を追い払った途端、ステージから落下するディーノさん…coldsweats01。昔の写真がよっぽどトラウマだったのね(笑)。

 次回は、遂に獄寺V.S.γ兄貴スタートですね。あの目は…sign01

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2008年12月13日 (土)

アニメリボーン標的112「ブーメランの罠」感想

 ちょhappy02sign03

 オリジナルなのになかなかの素敵作画happy02heart04sign03

 えっと、今週は結構頑張ってたまったビデオをコツコツと消化しました(笑)。「スキップビート」coldsweats02sign02蓮とキョーコ、知り合いsign02「喰霊-零-」あぁあ……黄泉が…。ここで第2話に戻りましたね。紀之は殺されたと思ってました。神楽も。でも、死んでなかったみたいですね。桜庭が…うぅっcrying「とある魔術の禁書目録」…話が180度変わった(笑)。何だ、あのそっくりさんは。「黒執事」(先週分)…ギャグアニメだっけ?「のだめカンタービレ巴里編」(先週分)のだめの本領、遂に発揮?今週分でリサイタルやったのかな?「ヴァンパイア騎士Guilty」(先週分)零がどうしてあんなにハンター協会に付け狙われなきゃならないのかなぁ。「夜桜四重奏」(先週分)お祭の話だったかな。未だにキャラ設定がよく分かってないけど、神様っていわれてる男の子って、マジで神様なの?
 ONE PIECEの単行本50巻、自分が感動したゾロの回を録り損ねていたことに、今更ながら気づきました。うちの地域、ONE PIECEの時間帯が時々ずれてるんですよね…。ちょっと泣きそうでした。でも、最近のネット世界は本当に便利でした(笑)。

 さて、今日はこれから友人と遊ぶ予定なので、記事は途中放置になると思います、ごめんなさい。今日中にはアップしたいと思ってますが…だって山本のオリジナルだったしhappy01heart04note以降ネタバレ注意ですwinkdangersign01

 <アニメリボーン標的112「ブーメランの罠」>

 一人(気絶したラルを背負っていますが)分断されてしまった山本。目がおっきい山本、でも凛々しいhappy01heart04note前回に比べると、作画はかなりよかったと思いますhappy01sign01EDみたら、作画監督さんがえらくたくさんいらっしゃって、絵柄がくるくると変わっていた気がしたのは、そのせいだったのかなと思いました。でも、あまりはずれがなかったような。基本、山本はかっこよかったですhappy01heart01note

 開いた扉から出られた部屋は、パイプだらけ。様子を探るために、そっとラルをパイプの一つにもたれさせ、ちゃんと行って来るっスって断るのがかわいいhappy01ラルには敬語なんだね、山本。
 そんな山本の様子をチェックしてる正チャン。画面に映る山本も、目が大きくてかわいいことnoteちゃんとこの子が雨の守護者の山本だって分かってるんですね。まぁ、外見的に10年後でもあまり変わってないし(笑)。
 そんな監視があるとも知らず、水がこぼれているパイプに行き当たった山本。て、

 なめちゃったcoldsweats01sign01

 あぁ~びっくりしたぁ。さすがO型(笑)。小川とかならまだ分かるよ?こんな怪しげな機械だらけのところで、パイプから溢れてる水って…まあ、水道管の水なら問題ないんだけど。てか、かわいいから問題なしhappy01noteしかも、それがラルの為だっていうんだから、やっぱこの子いい子だhappy01heart04sign01すくった水を飲ませて、少しだけ反応したラルに、にっこり。

 かわい~~~~~かわい~~~~~か~わ~い~い~~~~~happy02heart04sign03

 も~~~、この目のおっきい山本の作画、GJですよhappy02sign03ほんとかわいいsign03
 ところが、直後に響いた音に、険しくなる表情。

 凛々しい~~~~~凛々しい~~~~~り~り~し~い~~~~~happy02heart04sign03

 かわいいのに凛々しいって、究極happy02heart01sign01
 さて、山本の敵はどんなだろう。ブーメランの罠っていうくらいだから、ブーメランが飛んできました。炎の色は、赤。嵐か。それを避けて、時雨金時を抜こうとしたら、途端にゴンッimpact。なるほど、正チャンの言ってた「地の利」とは、このことですね。小回りのきくブーメラン対リーチの長い刀。このパイプだらけのところでは、刀を振り回すことができない。山本、ピンチcoldsweats02sign02しかも相手は、パイプを使って、その影に隠れたり登ったりして、自由自在にあちこちから攻撃してくる模様。思わず逃げ出す山本に、後ろから
「おいおい、いいのかい」
 前方から、逆さになって
「早く戻らないと、あの女が大変なことになっちゃうよ?」
 あれ?逆さま?なんだ、この視界。どんだけすばしっこいんだ、こいつ。あ、落ちた。……丈の短いズボンのセンスがやばすぎると思うのは、自分だけでしょうか。

 さて、了平兄さんの治療がまた見られちゃいましたhappy01noteって、一番の傷は瓜ちゃんかい(笑)。せっかく治してもらったところで、また瓜ちゃんの悪口言って、また引っかかれました(笑)。お兄ちゃんには歯向かわなかったところがちょっとツボでしたnoteお兄ちゃん優しいもんね~catnote(←瓜~のき~もちnotes
 で、山本と分断されてしまったところから、何かが狂ったと感じた獄寺。山本と連絡を取ろうにも、通信はうまくいかず。ちょっと髪を耳にかけてる獄寺が新鮮だった件(笑)。そして、またあの別れる直前の山本の笑みが見られて嬉しかった件(笑)。

 ブーメランに翻弄される山本。この辺りの作画では、山本の目が鋭いです。明らかに最初の方とは作画が変わってると思われます(笑)。

 出ました雲雀さんhappy01heart04sign03変な仮面集団相手に、うっすらと笑みを浮かべながら
「力尽くで僕に勝とうって言うのかい?」
 う~ん、麗しいsign03雲雀さんの作画は崩れませんねぇheart04note以前崩れがちだったことを思うと、本当にありがたい限り…heart01なんか、チェーンでぐるぐる巻きにされたみたいですけど…それで周りが勝ち誇ってますけど…その程度で雲雀さんが抑えられるんなら、あなたたち、そんなに苦戦してないんじゃ…と、ちょっとツッコミ入れてみる(笑)。もちろん、あっさり球針態でぶっ飛ばしました雲雀さん。だよねぇcoldsweats01うぁああああああ、雲雀さんの手に載ったハリネズミちゃん、きゃわゆ~~~~~~~~~~~happy02heart04sign03

 いつでも不敵な笑みに余裕の雲雀さんに比べると、山本はいつでも一生懸命な感じがします。とりあえず、外見もやってることも、やや猿っぽいブーメランマン(←名前を覚える気がない)。翻弄されながらも、刀を振り回せないなら、邪魔なものを切り捨ててしまおうと考えた山本。リングに雨の炎が灯り、時雨金時が青の炎を纏う…。この辺の山本、目は鋭いんですけど、やられても必死で相手を睨みつけてる感じが凛々しいhappy01heart04sign01

 CMタイム……ヴァリアー7人のキャラソンですって?……マジすかcoldsweats01

 囚われのツナ。原作にはないオリジナル場面ですが、もうお腹空いちゃったんです(笑)。ツナがかわいいところを見ると、やっぱり作画いいですね、ここも。空腹の音がうるさいというスパナさん。
 スパナ印のカレーて。
 あなた、機械以外も作れるんですかcoldsweats01
 そしてなんと、ミニモスカは電子レンジも兼ねていたーcoldsweats01sign01何でもありだな、もう(笑)。
 温めたカレーが、ツナの顔にスコーンbearingimpactsign01(←ツナ、こんな顔してた、かわいかった(笑)。)
 そしてなんと、ミニモスカは蛇口も兼ねていたーcoldsweats01sign01て、その指から出るの、弾じゃないんかいsign01もう、スパナ何作ってんだ、この人。

 邪魔なものを全て切り崩した山本。水道管が切り裂かれて、周りは水浸し。刀は振り回せるようになったものの、予想外の方向からブーメランが飛び回るから、防戦一方。ひとまず膝をついて
「時雨蒼燕流守式二の型 逆巻く雨」
 きゃ~~~~~~~かっこい~~~~~~~~happy02heart04sign03凛々しいっ素敵っhappy02heart04note
 その水の壁に紛れて、近くのパイプに身を潜め、相手の出方をうかがう山本。ところが、またもや予想外の方向からのブーメランを喰らってしまう。そして、ブーメランの当たったパイプからは、今度はどろりとした黄色い液体が…げげ、油とかですか、これcoldsweats02sign02ヤバイよ山本、逃げて~bearingsweat01sign01
「そろそろお終いかな?」
 猿が(←いいよね?)黄色い液体のついたブーメランを、今度は真正面から投げつけるsign01山本がそれをとっさに弾いた瞬間sign03さあ皆さん、一時停止ですっhappy02heart04sign03飛沫と衝撃に目を細めてる山本が、なかなかいい表情してるんですよぅhappy02heart04heart04heart04note(←細かすぎて伝わらないコメント。)そして、次の瞬間に前へ出て
「時雨蒼燕流攻式三の型 遣らずの雨」
 時雨金時ではなく、なんと落ちていた鉄パイプで応用sign03臨機応変さが素敵happy01heart04noteあれが時雨金時だったら、間違いなく肩を貫かれていたに違いないけれど、猿は打撲で済んだ模様。もう少し痛めつけてからだ、とつぶやいて、再び上へ消える。
「変だ…何かがおかしい…」
 時雨蒼燕流のときの横顔も、このとき猿を上目遣いで追う表情も、なかなか素敵ですhappy01heart04note

 さて、いつもなら何の感想も書かずにスルーするボンゴレアジトですが。今日は飛ばせません。何しろ、みんなで山本の噂してますからねhappy01heart04sign01
 どうして山本の家庭教師をしたのか、とリボーンに問うたフゥ太、GJwinkgoodsign01かなりみんなそこ、気にしてますよsign02気になるリボーンの答えは…山本が一番ヒットマンに近いから。
 ……生まれながらの殺し屋、ってやつっスか?
「でも、当時の僕のランキングじゃ、のんきそうな男ナンバーワンだったのに」
 そんなランキングしてたんかいcoldsweats01
 だからこそ、素直に何でも受け入れることができる、集中することができる。なるほどね、リボーンは山本の本質をよく見抜いてます。純粋ゆえに、強くなれる資質がある。そういう意味で、リボーンは山本を生まれながらの殺し屋だって言ったんですか。だったら、当たってると思うけど、それって殺し屋以外にもいろいろ当てはまる資質なんじゃ…あ、スイマセン、黙りますcoldsweats01

 またもやあちこちから飛んでくるブーメランに苦戦する山本。けれど、逆さまにぶら下がっている猿を見て、遣らずの雨で付けた傷がなくて、更にブーメランも黄色くなってないと気付く。そして、おもむろに立ち上がる。
「確かに、お前の言うとおりだ。次にブーメランを喰らったら、オレはもう立ち上がれねーだろう」
 …演技だよねcoldsweats01?山本はそんなに打たれ弱くないもん。(←勝手に納得。)
「だがオレは、まっすぐ行くぜsign01
 それでこそ山本happy02heart01sign01
「熱いねぇ。ボクそういうの嫌いなんだ」
 嘘やん。だって君のモミアゲの方がよっぽど暑苦しいしhappy01(←山本をけなす奴には容赦なし。)
 ブーメランを上体そらしで避けつつ、燕さんを出した山本。(器用だなcoldsweats01。)燕はまっしぐらに猿目がけて飛ぶけれど、猿はパイプに掛けていた足をといてゆっくり落下。

「残念でした」
 ところが、にっと笑った山本。
「燕は、お前を倒すために出したんじゃない」
 直後に後ろから、悲鳴と何かが落下した音。
「やっぱり、おまえたちは二人いたんだな」
 すごいsign03よく見破ったね、山本happy01heart04sign03獄寺張りの頭脳戦だねhappy01heart04note(←言い過ぎ?)
 どうして、と問われた山本。
「そのペンキのおかげだ」
 ペンキやったんかいcoldsweats02sign01ちょっと待て、何でパイプの中に黄色いペンキが流れてんのさ。ミルフィオーレ、ペンキの用途絶対間違ってるよ。
 そこで、二人の猿が一緒になってくるくるーって回転して、ブーメランを乱れ打ち。それを見据えた山本は、落ち着いて
「時雨蒼燕流攻式八の型 篠突く雨」
 時雨金時をさっと一振り。…あれ、そんな型だっけ(笑)?もうちょっとそこはかっこよく…。(←ファンの心理。)まあいいか、勝ったし。あっさりと。
 時雨金時を袋にしまって、あとを振り返りもせずラルのもとへ向かう山本。どうやら正チャン、時間稼ぎをしたかっただけみたいですね。(アニメスタッフさんの心境と同じ(笑)?)再び動き出すメローネ基地。ボンゴレチームはそれぞれの場所でまたもや地震に襲われる。

 更に奥に開いた扉を駆け抜けた了平兄さんと獄寺の目が、大きく見開かれる。そこに立っていたのは…γ兄貴coldsweats02sign01おっと、本編に戻るんですね。もう少し時間稼ぎができなくもないと思ったんですが…。何せ、新刊は2月にしか出ませんし。アニメスタッフさん、頑張ってくださいませbearingsign01

 今日のハルハルインタビューはビアンキ。リボーン、久々のコスプレ。そう言えばツナ以外には気づかれないんだっけ。ポイズンクッキングを無理やり食べさせられてしまったツナ。アイアンストマック弾撃ってなかったけど、よかったかしら…coldsweats01

 次回予告のγ兄貴の声が素敵すぎでしたhappy02heart04sign01

 今日中とか言って、完成したの翌日になってますね、ごめんなさい。30分間に合わなかった…。でも、山本がメインだったし、作画もいい感じだったので、今日はツッコミどころも満載だったけど、楽しかったです~~~happy01heart04note

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2008年12月 6日 (土)

アニメリボーン標的111「敵はタコヘッド」感想

 笑って見せる山本のところhappy02heart04sign03(←本日のポイントらしい。)

 早々と12月ですね。う…年賀状とか年賀状とか年賀状とかどうしようcoldsweats01。イラスト描きたいけど、描くだけの時間と気力がちょっと今確保できないような…。

 10月から頑張って色々視聴してるアニメですけど、今週分はやっぱりほとんど見られずに土曜日を迎えてしまいました(笑)。先週分飛ばしてるので、その辺りで、一言感想でも。「スキップビート」これだけは今週分も見ました。このスローテンポで12月中に話の区切りがつくんだろうか?もしかして、3ヶ月じゃないの?「喰霊-零-」一週分飛ばして先週見たら、黄泉が…!なんか、黄泉ってずいぶん不幸だなぁ。「とある魔術の禁書目録」…ん?あの巫女さん、一体なんなんだろう。これも途中飛んでる分、理解が曖昧になってきちゃったcoldsweats01「黒執事」…最後の写真、あれは坊ちゃんとあの犬を写したものだったのかな?だって、あの犬が一番好きなのは、セバスチャンですもんね?で、セバスチャンは死んでる…ってことで(笑)?「夜桜四重奏」ことはちゃんは、何で半妖になったんだろう。のだめ…見たかどうかの記憶すらない(笑)。さすがにもう限界かな…coldsweats01。と思っている年末です(笑)。

 さて、それでは今日のアニリボ…オリジナルのお話でしたね。感想カラッといきたいと思います(笑)。まだ見てらっしゃらない方やネタバレ遠慮の方は、お気をつけ下さいwinksign01

 <アニメリボーン標的111「敵はタコヘッド」>

 あ~…匣兵器がタコヘッドだったんですね(笑)。自分としては、てっきり獄寺のことだと思ってました。まぁ、獄寺のお話だったから、それに絡めたサブタイトルや内容だったんでしょうけど。

 いい感じに騙されましたhappy01

 では本編。正チャンがついにメローネ基地を動かしました。前回、大きな揺れが襲ってきた時、ラルを背負いながら、後ろを振り返ってる山本の表情が、なんとも言えず好きだったんですが、記事に書くのを忘れていたので、書いておきます(笑)。なんか妙にかっこいいhappy01heart04note前回作画よかったですからnotes

 さて、今回の作画も悪くなかったと思います。大きな地震…正チャンのメローネ基地稼動のために、激しい揺れとともに、獄寺と了平兄さんから少し離れていた山本の床が沈んでいくsign01(正確には、獄寺たちのいる部屋が上へ移動したんですよね。)慌てて駆け寄る獄寺。
「つかまれ、山本coldsweats02sign01
 でも、動く床のスピードは、それを許さない。
「いかん、手遅れだsign01腕を持っていかれるぞsign01
 了平兄さんがその腕をつかもうとするも、それを振り払って更に手を伸ばそうとする獄寺。
 あれ?
 なんだ、獄寺、いい奴じゃんhappy01sign01(←今までなんだと思って…)
 けれど、ラルを背負って、その伸ばされた手をつかむことすらできない山本。どうしよう、と大きな目に迷いを浮かべたのは一瞬。すぐに笑みを見せて…直後に激しい振動とともに分断されてしまった部屋。あと少しでも獄寺が手を引くのが遅れたら、間違いなく、腕も一緒に山本のところに残っただろう、というタイミング。だからこそ、山本はあの時笑って見せたんだろうな。「自分は大丈夫だから、手を引いてくれ」って。
 なんて素敵な子happy02heart04sign03
 これだから山本はhappy02sign01自分のことより相手のこと考えちゃうんだろうなぁ。また、あの一瞬の微笑みも、素敵だったんだ~~~~~happy02heart04note
 分断されてしまったと分かった獄寺。思わず壁をガンガンたたくも、反応なし。何気に熱い奴になってます獄寺。あれで分断されないようにするには、たとえそちらが進行方向であったとしても、上にラルを連れて上がることができなかった山本のほうへ二人が行くしかなかったんだろうけど、そうは言っても、もうどうしようもない。そのすぐ先は、白くて丸い装置のある部屋…正チャンの研究室のはず。作戦を遂行するために、前へ進もうと決める了平兄さんたち。いきなり壁が開いて、進めるようになったとはいえ、罠の可能性も捨てきれない…。ここで、獄寺がある作戦を思いつく。
 瓜ちゃんを匣から出して、偵察に……行ってくれるほどなついてなかった(笑)。
 結局違う方向へ行っちゃった瓜ちゃん放置で、自ら前へ進む獄寺と了平兄さん。その前に立ちはだかったのは……妖怪coldsweats02sign02目ぇ光ってるよsign02

 一方取り残されてしまった山本。獄寺と了平兄さんに呼びかけるも(了平兄さんを「せんぱ~い」って呼んでたのが、また微ツボだった人happy01heart04note)返事なし。ラルもいるし、何とか出られないかと困り果てて地図を見るけれど…。

 獄寺と了平兄さんの前に立ちはだかったのは、妖怪ではなくて老獪な長髪のカプチーノさん。お年寄りにくせになんかかわいらしい名前だと思ったのは、自分だけですかcoldsweats01?そして、天井に張り付いていたのは、以前繭と化す前に天井に張り付いてたレオンがビッグサイズになったような感じの、黄色い半透明の…タコですって(笑)。イタリア語の名前は聞き取れませんでしたが(←聞き取る気がなかったと言え。)これ、このカプチーノさんの匣兵器で、日本語に訳すとタコヘッドって言うんですって(笑)。(←それ、日本語でもないよね。)妙に納得してるお兄ちゃんの横で、それに意外に嫌悪感を表した獄寺。自分のことタコヘッドって認識してんですね(笑)。
 不気味なタコ足がうねうねと襲ってくる中、どっかに行ってたはずの瓜ちゃんが、カプチーノ本体めがけて突進sign03

 髪の毛伸びたcoldsweats02sign01

 え、なになに、髪の毛が活性化してんの?ここまでくると、増殖に近いような気がするけど(笑)。ここまで来ると、妖怪に近いような気がするけど(笑)。カプチーノさんの髪の毛に捕まって、タコに捕らえられてしまった瓜。どうやら、半透明の黄色のタコは、晴属性ですぐにダメージも修復してしまうし、半分液体みたいなもので、しかも……お食事中の方はいらっしゃいませんよね?……胃液みたいなcoldsweats01?溶かす、とか言ってるよ?ひいっbearingsweat01sign01了平兄さんはタコヘッドV.S.タコヘッドを見届けることに。

 スパナにつかまってるツナ。スパナの留守中に色々画策してみるものの、ミニモスカに阻まれちゃいました。……ていうか、ミニモスカ、タックルてcoldsweats01指から何か出した方がよっぽど早いでしょうに(笑)。スパナから「ボンゴレは傷つけないように」とか指令が出てるんでしょうか。

 更に雲雀さんのもとには新たなる特殊部隊がいらしたみたいです。雲雀さんは文句なくかっこいいですが、あの特殊部隊は一体何がモデルなんだろう(笑)。BLEACHのホロウの仮面がダースベーダー風になって角がついて、マントかぶってま~す、みたいな……。これって、マフィアの戦いでしたよね?

 瓜を助けるために、必死に赤炎の矢を放つ獄寺。でも、なかなかけりがつかない。襲い掛かってきた髪の毛に向けて赤炎の矢を放ったら、たちまち髪の毛は燃えたけれど、更に背後から髪の毛に巻きつかれて、ついに獄寺、逆さづりに。そして、タコの中に…。
 そのタコ、やっぱり色々溶かすみたいです。恐いなぁ。だって、獄寺をぐるぐる巻きにしてた髪の毛が、あっという間に溶けちゃった。…………獄寺の髪の毛は、強いんですね(笑)。
 そんな獄寺を見届けると決めた了平兄さん、獄寺がピンチに見えても手出しをしない。それをカプチーノに揶揄されたお兄ちゃん…
「オレは手を出すなと言ったあの男の瞳に信念を見た」
 仲間を信頼しているから。若くても、それを知っているから強くいられる、と。
 了平兄さん、かっこいいなぁ、もうhappy01heart04note
 で、無駄に歳を重ねてきたらしいカプチーノさん、瓜と獄寺に匣のタコヘッドをバラバラにされちゃって、なす術なし。そして、長かった紫の髪の毛がなぜか消えて、短髪の白髪に。……え?ヅラ???最後には「こんな老人をいじめないでくれぇ」…こんなのでボンゴレの実力は、測れなさそうですねcoldsweats01

 そして、分断された山本のほうも、扉が開いて…山本の目が見開かれる。

 ハルのハルハルインタビュー。今日はフゥ太でしたhappy01noteか~わいい~~。リボーンの失敗ランキングを頼まれたフゥ太。味噌汁?UFO?オネショーニサン???…残念ながら、雨降っていたので全部嘘っぱちでした(笑)。

 次回は、再びオリジナルみたいですねhappy01sign01でも、同じオリジナルでも、どうやら山本のオリジナルのお話みたいなので、嬉しいですっhappy02sign03やった~やった~~~~~~~happy01heart04note山本のバトルがひとつ増やしてもらえるんだ~~~heart01今のところ、未来編で山本があまりバトルで活躍できてない感があるので、いい場面を少しでも増やしてもらえたらありがたいなっhappy01sign01

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »