« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

アニメリボーン標的118「姫の決意」感想

 出てきたぁ、山本ぉおおおおおおおおおお~~~~~~happy02heart04sign03
 …予告で…gawksweat02

 あぁ、γ兄貴…bearingsweat01sign01つらい…つらいっcryingsign01

 さて、今週もアニリボの感想の前に、ネタバレ防止の深夜アニメネタバレ一言感想から(笑)。「スキップビート」いいぞ、キョーコ、かっこいいsign01車の中で大根おろし(爆笑)sign03蓮は絶対キョーコに惹かれてると思うので、自分が嫌われてると思ってる彼が、これからどう反応するのか楽しみです。あと、風邪で弱ってる蓮もかわいかった(笑)。「黒神」モトツミタマって何?クロちゃんと思わぬ契約をしてしまった慶太(?)くん。(←字は不明。)とりあえず、即席ラーメンはそのまま食うものではないと思う。「黒執事」OPが二番に変わってる。微妙に絵も変わってる。EDが自分好みの曲過ぎる(笑)。カリー勝負はセバスチャンの勝ちで、まあよかったね、と。さすが悪魔で執事。そして今週分、どこまでもシエルを主人としてるセバスチャンがかっこよかった。その、後ろだけ長い髪型、「む」のつく人の10年後の姿に似すぎてて困るcoldsweats01何より次回予告のセバスチャンの言ってることがおかしすぎた(笑)。えへんっ、ごほんっ(笑)。「続 夏目友人帳」まずは、雪ウサギの話。これ、原作を読んだときも、かわいくてかわいそうで泣けて泣けて仕方なかったんですけど、やっぱり泣けた。雪ウサギに取り憑いた姿で玄がポロポロ泣いてるのが、かわいくてかわいそうで。そして、スイ(漢字忘れた)を必死で抱き締める玄も。そして、今週分は、雛孵る。タツミ(また字忘れた)のたまが、かわいくてかわいくてかわいくてかわいくてたまらなかったです。欲しい、あの子欲しい。

 それでは、本命アニリボ感想で~す、レッツスタートwinksign01(要ネタバレ注意danger

 <アニメリボーン標的118「姫の決意」>

 γを迎えたユニ。今日の作画も綺麗です~happy01heart04note
 ネックレス、ていうか、おしゃぶり、なんですけど、ボスのしていたそれがユニちゃんの首から下がっているのを見て、γ兄貴は思わず反感を持つ。そこへ、母だという言葉に、幻騎士のそれを肯定する言葉。もう、ボスが死んでしまったってことだけでも、どうしようもないくらいショックだろうに、こう次から次へと畳み掛けてくる事実。知らないことばかりで、信じられないって気持ちも分からなくはないですよね。
 そんなγに優しく微笑みかけて、「母はこうなることを知っていました。あなたを責めてもいないわ」と言ったユニちゃんにも、イライラが込み上げてくる。本当に娘だったら、そんなふうにへらへらと笑ってなんていられないはずだ、と、乱暴につかんだ手首。でも、その袖は、濡れていて…。ぅう、ユニちゃんweepsign01なんて健気な子bearingsign01なんて優しい子cryingsign01心が見えるのなら、γ兄貴がどれだけつらくてイライラしていたのか、分かっていたはず。ボスを亡くして自分を責めていることも。だからこそ、ママと同じ笑顔を見せようとして…。

 それを知ったγ兄貴の脳裏を横切ったのは、ボスの思い出。
 わぁ、やっぱり作画綺麗happy02sign01ユニママ、超美人happy01heart04noteγ兄貴も、めっちゃ男前っsign03原作は小さいコマしかない所だったけど、アニメめっちゃ綺麗note「袖が濡れてる」のところの兄貴、ヤバイくらいかっこいいですhappy02heart04sign03そして、ユニママ、美人、綺麗、超素敵happy01heart04note「周りを幸せにしたかったら、笑いなさいって」の時の笑顔。なんて素敵な人なんだろう。ほんと、こんな素敵な女性なら、近くにいて惚れないわけがない。

 その笑顔と重なる、幼い笑顔。ああ、かわいい。ユニちゃん、かわいい。そうして、γ兄貴はボスがユニちゃんの中で生きていることを悟り、また、その心を悟って見つめてくるユニちゃん。亡くしたボスの忘れ形見であり、心であり、そして反感のままにぶつけた態度を笑顔で受け止めようとした健気さをもつその存在に、γは片膝をついて忠誠を誓う。
「数々の非礼を許してくれ。オレがあんたを命懸けで守る」
 ああ、γ兄貴、かっこいいぃいいいいいっhappy02heart04sign03

 それを思い返したγ兄貴。思わず獄寺に、自分の最終的な敵が白蘭であることをこぼすけれど…。

 あ、コンタクト、まだ躊躇ってた(笑)。さて、時間があまりないってスパナさん言ってたけど…何か気づいてる?

 白蘭はミルフィオーレのボスだろう、と、信じられない獄寺。原作では、もっと二人ともボロボロですが。しかし、アニメのγ兄貴、かっこいいなぁ。作画が素晴らしいって、ほんと素晴らしい。

 忌まわしい結成、の言葉で、再びγ兄貴の回想。ユニちゃんがボスとなって三ヶ月。
 幻騎士が傷ついて戻ってきた…けれど…この幻騎士の言い分は、どこまで本当なんだろう。怪我は一応本物の怪我なんだろうか。確かに、スクアーロとは対決したんだろうけど…。基本的には嘘なのかな?そして、「あなたの気持ちは分かりました」というユニちゃんの言葉に、やや動揺を見せる幻騎士だけど、それは読まれたら都合の悪い気持ちに違いなくて、それでも、動いたユニちゃんは、何を考えてたんだろう。幻騎士がどんな思いであろうと、傷ついていたのは確かで、これ以上ジッリョネロに犠牲が出ないことを願っていたのも確かなのかな。
 ユニちゃんの決意を、必死で止めようとするγ兄貴。でも、ユニちゃんの決意は固くて…
「私にしか止められない」
 見せたのはやっぱり笑顔だけど…。この笑顔に関して言えば、OPの方がかわいいかも。
 ユニちゃんには、このままではジッリョネロに犠牲の出る未来しか映らなかったのかな。そして、自分が行動すれば、どうなるかというのも見えていたような気もするんだけど…。

 ジェッソのアジトについたジッリョネロファミリー。白蘭も綺麗だったけど、なんかこのエピソードの中ではあまりそこで盛り上がる気になれない、このシリアスな展開。この、ちょっと人を馬鹿にしたようにすら思える軽い物言いが、いかにもって感じです。ユニちゃんのことをアルコバレーノだと分かってるってことは、白蘭はもうトゥリニセッテについてかなり詳しいし、はなからこれを狙ってるわけですね。むしろジッリョネロのほうが、そのことには疎いみたいです。ジェッソはリングと匣を奪おうとしてる、とは分かってたけど、マーレリングやユニちゃんが狙いだってことは、よく分かってなかったみたいだし。そこまで分かってたら、ここまで絶対連れてこないと思うし。
 ボス同士水入らずで話したい、という白蘭の条件を飲むユニちゃん。この辺も、どうなんだろう。ユニちゃんには、話し合いは見えていたんだろうか。自分が何かされるってこと、分かってたんだろうか。分かってたなら、それで無謀じゃないといったのなら、ユニちゃんの中で、白蘭を超える思慮遠謀があるってことでしょうか。それとも、ユニちゃんに見えていたものより、白蘭のもつ力は大きかったってことなのか。う~ん、謎。
 にっこり笑ってγ兄貴の首にそっと腕を回したユニちゃん。
「いってきます。ありがとう、γ。私、あなたのこと…」
 くっ。
 くぁわいいいいいい~~~~~~~~~~happy02heart04sign03
 だけど、ここにきて、敢えてその言葉。まるで、今自分の言葉を伝えておかなきゃ、みたいにも思えるんですけど…。ユニちゃん…。
 それにしても、「そんなに警戒しなくても」って言ってる白蘭ですが、ふふって笑ってる様子は、明らかになんか企んでるでしょ君。
 外で待ってるジッリョネロの皆さんのセリフは、少し変わってましたね。γ兄貴のロリコン発言がなくなってた(笑)。まだまだ先代には及ばない、か。そりゃぁ…ねぇ(笑)。でも、もちろん先代に失恋中の身ってのも、γ兄貴の本音なんだろうけど、及ばないって言葉は照れ隠しのような気もするな。色んな意味で、眩しすぎるというのが本音だと思うから。ボスと重なる部分を持ち合わせながら、まだ幼い健気な少女。強いな、と思うし、それでいて、純粋な子供ってところが、眩しいんじゃないかなぁ。
 …しかし、γ兄貴の声はかっこいいなhappy02heart04sign03(←空気読め。)
 ところが、扉が開いて、ユニちゃんの無事に胸を撫で下ろした瞬間、ユニちゃんから発せられた無機質な声。そして、衝撃の合併という言葉。…ユニちゃんの瞳には、意志の光は見えなくて…。
 大切なボスの心をつないでいる、眩しくて純粋な心を奪われてしまったと知ったγ兄貴。白蘭は、何かしたということを、否定するでもなく、まるでからかうような口調で
「さあ、なんだったかな…」
 激しい怒りのままに、二つの匣を開匣し、最大の武器である黒狐を解放したγ兄貴。白蘭に向けたその怒りの前に立ち塞がったのは…なんと、ユニ。自分の武器で引き裂かれることも厭わず、白蘭を護ろうとするユニの姿に、思わずγ兄貴が吼える…。
 あぁあああああcryingsweat01sign03γ兄貴も、ジッリョネロファミリーも、何でこんな大事な光を、立て続けになくさなきゃならないんだsign03ユニママは仕方なかったにしろ、今回は明らかに、奪われた、わけで。悔しいだろうな。大事な人の心を奪った、殺したいくらい憎い相手を、心を奪われてしまった大事な人が護ろうとするなんて。悔しすぎるしつらすぎるし、切なすぎる。

 そして、合併の調印式の日。ユニママからもらった、ジッリョネロファミリーのための匣。それを、γ兄貴はユニちゃんに預ける…。

 獄寺にそんな事情が分かるわけじゃない。ボンゴレひとすじの獄寺には理解できない、ミルフィオーレの事情。そんな獄寺に、γ兄貴は、最も食えない、ジッリョネロファミリーの仲間だったはずの一人の名を挙げる。

 遂に…幻騎士が、来るbearingsign01(←超複雑)

 ハルのハルハルインタビューは、黒曜組。犬と柿ピー、久しぶりっhappy01note犬はチビキャラかわいいけど、柿ピーは眼鏡がでかくて表情が読めなくて、小さいながらにやや不気味な感が漂って…たようなcoldsweats01?喧嘩するほど仲がいいっていうか、この二人はいつもこうですよね(笑)。ムダに突っかかる犬と、やる気のない柿ピー、みたいな。だけど、骸さんの話になると、一気にシリアスになってしまう二人。二人とも、骸さんが一番大事なんだね。だけど、犬が二週間も身体を洗ってないと知って、ハルだけじゃなく、リボーンまで姿を消しちゃった(笑)。うん…さすがにそれは、どうかと思うなcoldsweats01

 あああ、山本っ山本ぉおおおhappy02heart04sign03今回は超シリアスムードのジッリョネロの過去で、出てくる余地がなかったみたいですけど、来週から山本のターンですねっhappy02sign01待ってましたsign03(←複雑ながらも。)しかも、来週って、オリジナルじゃないっスか?戦いの前に、山本のエピソード、入れていただけるんでしょうかsign01やったあ、嬉いっhappy02heart04sign03だってだって、獄寺の戦いに比べて、山本の戦いって圧倒的に短いし…短いし…少しでも延ばしてもらえたら、山本の出番が増やしてもらえたら、もう最高ですぅっhappy02heart04sign03

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009年1月24日 (土)

アニメリボーン標的117「嵐の逆襲」感想

 瓜~~~瓜~~~~~瓜~~~~~~~~~~っhappy02heart04sign01
 ああああ~~~~~~~ボス~~~~~~~~~~っbearingsweat01sign01

 さて、先週末のどたばたから一週間。睡眠不足を本能的に補うためだったのか、起きたら9時でした、あれれcoldsweats01?今日は、掃除して、先々週の分もまだ見てないビデオとかも見て…それから今週のアニリボhappy01sign01って、頭の中で計画してたはずだったんだけどな。朝ごはん食べて、ちょっとゆっくりしてたらアニリボ始まっちゃったですよ(笑)。
 というわけで、まだあまり消化できていない深夜アニメ、偏りがありますが、一応見た分だけ。
「スキップビート」録れてなかった分はすっかり終わって、次のお話へ。…いいよ、動画サイトで探すもん…weep。キョーコが蓮のマネージャー代理に。キョーコは蓮の、いい理解者になれそうな気がするけど。蓮もいい人みたいだし。恋愛中心の作品ではなさそうですが、二人には仲良くなって欲しい気がします。「黒神」…また新たに開拓してしまったcoldsweats01どうもこの手の言葉には弱いのです。「喰霊-零-」とかでもそうだったけど。響きがかっこよさ気で。でも、不思議な世界の話ですね。ドッペルライナー。そんなシステムになってたらやだな。とりあえず、まだまだ分からないことだらけです。「とある魔術の禁書目録」御坂さん(だっけ?)を無事に助けた当麻。イマジンブレーカーという、何かを生み出すのではなく、ただ全ての効果を打ち消すだけの右手で頑張ってます。で、その話が終わったら、また新たな話に。またわけの分からないことになってきたcoldsweats01いつも分からなくなるのは、見逃すせいじゃなくて、ぽんぽん話が変わるからだな(笑)。…後は全然見られずじまい。この記事上げたら見てきます。

 さて、この先はアニリボネタバレ注意ゾーンに突入ですdanger。まだ御覧になってない方は、お気をつけてhappy01sign01

 <アニメリボーン標的117「嵐の逆襲」>

 今日も作画いいですねぇheart04noteまずそれを感じたのが、スパナとツナの場面。4コマみたいにウケ狙いでいくかと思ったら、そうでもなかった(笑)。確かに、コンタクトをはめるのには躊躇ってたツナですけど、そこは、ツナはスパナのこと敵だと思ってないよっていうエピソードとして使われてましたね。あれはあれで面白かったんだけど…作画がとっても素敵で、ツナはもちろん、スパナが今までの中で一番かわいく見えましたhappy01heart04noteちょこっと笑ったし。なんか、ツナを温かい目で見守ってくれてる感じがしました。ツナが認めたことだし、これもう、味方確定って事で(笑)。

 さて、おっきくなった瓜ちゃんsign01
「おまえ…瓜なのか?」
という獄寺の言葉に振り返って、おっきな前足を、獄寺の顔にぽふっ。
 うきゃーーーかわいいーーーーーhappy02sign01
 更に、さくっ。
 うきゃーーーかわいいーーーーーhappy02sign01(←え?)
 爪を立てておいて、でも明らかに懐いてる感じがかわいいんですよ。(それにしても、獄寺の作画もいいなぁ。)そして、傷ついて倒れる獄寺に覆い被さるようにして、γ兄貴の前に立ち塞がる瓜。名前を呼んだ獄寺に応えるように、チラッと視線を送る。
「おまえ…」
 オレを守ってくれてんのか?

 う~~~~~り~~~~~~~~~~~っhappy02heart04sign03sign03sign03

 かわいいかわいいかわいいhappy02heart04sign01ちっちゃくなっちゃった御主人だけど、瓜ちゃんはきっと獄寺のことが大好きなんだと思います。ああ、かわいいsign01なんて健気なの。おっきくなった瓜、大好きhappy02heart04sign01
 そして、強大な力を纏った黒狐に立ち向かう。黒狐ちゃんたちも、γ兄貴の言葉に応じて、瓜に襲い掛かる。互いの第一撃は…瓜が優勢。激しい雷の炎を纏う黒狐にもダメージを与えられる力。そして、それは了平兄さんも分かってたことで…。うっ、倒れるお兄ちゃんが痛々しい…bearingsweat01sign01sign01でも、ここまで見越して己を犠牲にして獄寺をサポートしてくれたお兄ちゃん。晴の守護者として、年長組として、なんて素敵なお兄ちゃんbearingsign03sign03sign03(←ハートは自嘲してみた(笑)。)
 γ兄貴の「覚悟」という言葉を振り返る獄寺。修行中、とっても慕ってるツナが、雲雀さんにボコボコにされながらも、必死になっている姿。そして、麗しの雲雀さんの一言。「君は何をしてるの、獄寺隼人」…山本も、了平兄さんも、ボンゴレの仲間みんなが、ボンゴレを守るために、そして過去に帰るために、覚悟を懸けて来た。
「これでSISTEMA C.A.I.のフルパワーを見せてやれるぜ。オレの…いや、オレたちの覚悟をなsign03ボンゴレなめんじゃねえsign03
 原作では、ここ、倒れたお兄ちゃんと獄寺の二コマで「オレたち」となってたので、それが結構ツボだったのですが、ここではお兄ちゃんだけじゃなくて、頑張ってきたボンゴレの仲間たちみんなを指してる感じでしたね。まぁそれも悪くないんですけど。でも、身を呈して瓜を大きくした了平兄さんと獄寺で、SISTEMA C.A.I.のフルパワーを見せてやる…っていうの…ツボだったんだけど…。(←さっき聞いた。)
 ボンゴレ嵐の守護者の謳い文句のとおり、怒濤の攻撃に出る獄寺。瓜ちゃんとの連携もバッチリ。γ兄貴と黒狐を引き離し、いろんな種類の弾をγ兄貴目がけて撃ち込む。激しい爆炎の中、それらをかわしきったγ兄貴が、再び上から獄寺を狙うも、同様に爆煙に紛れて、今度は獄寺が姿をくらまして、兄貴の死角から…再び雲の増殖弾。っていう、ここまでのスピード感は、素晴らしかったhappy02sign01バトルのスピードを損なわない、まさに怒濤の迫力。そして、そこで再び増殖弾を喰らってしまったγ兄貴。その脳裏を横切ったものは…すごくかわいいユニちゃんと、洋館。目を細めたγ兄貴もそうだったんですが、このユニちゃんの作画も素晴らしいhappy02sign01メチャメチャ綺麗でした。

 ここで、なんとアニメオリジナルとこれまでの回想。久しぶりだね、野猿、太猿(笑)。γ兄貴がそうであるように、野猿も太猿も幻騎士にはいい感情を持っていないみたい。二人ともγ兄貴のことを心配してるみたいだけど…。

 遂に来ました、ジッリョネロファミリーの過去。まさか今日ここまでやるとは。
 どうでもいいけど、いちいち「ジッリョネロ」って、みんな言いにくそうだな、と思いました(笑)。思わず自分でも言ってみた。「ジッリョネロ」……うん、いいにくいwinkshinegoodsign01(←何がしたかった?)
 馬に乗って黒いスーツで登場のγ兄貴と太猿。駆け寄った野猿がかわいかったhappy01noteまだ髪の毛短かったんだね。ていうか、そんなちっちゃいときからなぜマフィアにいたんだろう。原作ではその存在に気づきませんでした。
 ボスの容態を尋ねた瞬間、仲間たちが口ごもり、泣き出す野猿。それにはっとしたγ。それでも淡々としているように見えるのは、幻騎士。γ兄貴に直接聞かれると、さすがに眉を寄せて辛そうにするけれど、それでもγ兄貴を振り返った時の表情は、妙に淡白なようで…。自分の偏見でしょうか。
 ボスの部屋に入った兄貴。ベッドを見て、愕然とする。そして思い返したのは、出発した時のこと。これ、オリジナルで入れた部分だったようですが、ちゃんと出かける前に、ボスが自分の身体のこと分かってたんだなっていうのがよく分かりました。何もかも悟ったような目で、命が尽きることを否定するγを見つめて。γ兄貴も、そんなわけないと思いながら、でも何かを感じてはいたような雰囲気になってましたね。
 そして、γ兄貴の胸に甦る、ボスとの思い出。ボスは思ったより声が低くて、女性だけど結構落ち着いた感じに聞こえましたが、いつもニコニコ笑顔のボスを、すごく誇りに思ってたこととか、励まされてたこととかが感じられる場面が次々と。おっと、γ兄貴、それ何しようとしてたかな(笑)。
 部下の自分が守らなければならなかったのに、と、激しく自分を責めたγ兄貴。その瞬間。
「ちがうわ、γ」
 かわいらしい声。振り向いた視線の先には、蒼い瞳の綺麗な女の子。それがにっこりと微笑んで
「おかえり」
 わぁああユニちゃん超かわいいhappy02heart04sign01それを見て、目を見開くγ兄貴…。

 あ、今日の作画監督の方は、自分の中では最も可愛くて綺麗な作画をされると思ってる方でした。道理で。…………なんでそんなときに限って山本が全く出てこないんだぁあああああああああああcryingsign03

 さて、ハルのハルハルインタビュー。おおっと、今回はなんと骸さんですかっcoldsweats02sign01なるほど、この人だったらルッスーリア三丁目はなくても、大きなお姉さんたちは満足してくれます(笑)。ムクロウで登場しつつ、霧で姿を隠しながら…例のグロとの戦いでの「霧」の名台詞。
「この霧、ドライアイスだろ」
 ぶお~んtyphoon
「本当に失礼ですね、アルコバレーノ」
 でも、晴れたね、霧(笑)。
 骸さんを恐れないハルに興味をもつ骸さん。契約してやろうか、といった瞬間、リボーンがハルのコスプレ趣味を指摘。……確かに、ナマハゲのコスプレしてる時に乗り移ったら、色んな意味で洒落にならない(笑)。そして服装つながりで、なんと日本の学生の服に興味があることをばらしてくれた骸さん。ここで、あの赤マルジャンプに載ったというエピソードでもやってくれるかと思ったら、そうは行かなかったcoldsweats01。コスプレ仲間…骸さんのこれ、コスプレ?更に
「その個性的な髪型も面白いですねsign01何かこだわりがあるんですかsign02
 ぴくっ。
 気にしてるのね(笑)。明らかにこだわりがあると思われますが、そこには触れずに、誤魔化して消えてしまいました。SDキャラでも声はムダにかっこいい骸さんでした。

 次回は、ジッリョネロファミリーの回想の続きですね。山本の出番はまたないかもな~。それは寂しいですが…。でも、ジッリョネロファミリーの回想は、色々切なくて、ストーリー的にはすごく大事なところだと思いますので、γ兄貴と一緒にハラハラしたいと思います(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2009年1月18日 (日)

アニメリボーン標的116「覚悟の差」感想

 いつもアニリボの感想を見に来てくださっている方、ありがとうございますhappy01sign01今回のアニリボ、18日(日)23:15現在、まだ見てませんcoldsweats01。土日と旅行に行っていて、帰ってきたのが21:00近くだったので…。頑張って今日中に、と思ってはいたのですが、今日中に絶対にやっておかなければならないことがまだ他にもあって、明日の仕事のことを考えると、支障がない程度にしておかなきゃいけないかな…という…。
 というわけで、今回、仕上がりが遅くなるかもしれませんbearingsweat01sign01ごめんなさいsign01(←ていうか、既に遅い。)

 忙しかった今週、深夜アニメも全然見てませんが、先週の記事を書いたあとに先週分は視聴したので、一言ずつ。「スキップビート」(これのみ、今週分。)前回、超気になる展開で終わってました。…あれ?これって通販番組?……cryingsign01「とある魔術の禁書目録」なんか、当麻はいつも女の子を助けるために奔走してる。今回はこの子かぁ。人の気持ちの分かる、いい子だなぁ。ん?「ひきつづきこの番組をお送りします」……聞いてねぇよcryingsign01「のだめカンタービレ巴里編」最終回。ああ…やっぱりのだめのリサイタル見逃した。でも、千秋、マルレオケを立て直せてよかったね。秋にまた続編がやるとか。「夜桜四重奏」これも、もうすぐ終わりそうな予感。一人で必死のヒメ、ちょっとかわいそう。みんながいるよ…。紫月は何気に鬼のキョウスケさんがお気に入りです。(←でも漢字分からない(笑)。)「続・夏目友人帳」ムム、こんな話、原作で読んだような、でも忘れてる(笑)。夏目もほんとにいい子だなぁ。あんなに妖怪のために、人からも厭われたりとつらい思いをしてきたのに、妖怪と人間のために必死になれちゃう。優しい子は大好きです。

 さて、ではようやくアニリボ感想へ。まだ見てらっしゃらない方は…ネタバレ注意です、一応。でも、むしろまだ見てないのは自分って感じっス(笑)。では、感想レッツスタートhappy01sign01

 <アニメリボーン標的116「覚悟の差」>

 その前に、CMいっすか。

 何、その両A面シングルcoldsweats01sign02聞いてないよ~~~~sign01また歌っちゃったんですか、山本&獄寺。つか、コンビのシャッフルとかは、なしの方向で?ジャケットはいい感じでした。ツナ、かっこよさそうだし。

 では、本編へ。
 場面はγ兄貴V.S.獄寺。晴の活性を付加したマシンガン状の赤炎の矢で、γ兄貴を捉えるsign01前回かっこよかった、獄寺の髪の毛さらっ…の所です(笑)。これ、大変だったと思うんですよ。アニメスタッフさん、気合入ってる。

 地下水路でモスカのブラックボックスとツナを探しているミルフィオーレの隊員。ん?データが消されてる?それって、スパナさんの仕業?でも…原作では確か、そこから割れるんじゃ…?
 で、そのスパナさんと、コンタクト使用を反対してるジャンニーニの通信。
「私は、その方の言うことを信用できませんsign01
「どうして?」
 ↑この、さらっとした言い方がめっちゃツボでしたhappy01noteめっちゃスパナっぽい(笑)。あんまり興味もなさそうなんだけど、ちょっと不服そうな感じの声の低さだった気がします。で、あくまでも強固に反対するジャンニーニに、なんとコンタクトディスプレイのデータを送信してくれたスパナ。あれですよね、もうこの人、味方でよくね?みたいな(笑)。オリジナルエピソードでしたが、「紫月ノ中デ スパナノ株ガ 上昇シタ」happy01heart04note

 そして、そのコンタクトディスプレイを使用している獄寺。γ兄貴…あり?ダメージはなし?原作では結構喰らってたんだけど…。けど、凄みを利かせた声が相変わらずかっこいいlovelyheart04note(←めっちゃ話逸れたーcoldsweats01sign01)獄寺の声も嫌いじゃないけど、やっぱり比べちゃうと井上和彦さん、上手いなぁ。すごく自然で。獄寺を挑発しつつ、頭では冷静に考えてるγ兄貴。中距離支援の武器に対抗するなら、近接戦闘。電狐を従えて一気に突っ込むsign01弾の特性が分かっていればそうそう当たらない、と強引に突っ込んでくるγ兄貴に、獄寺は冷静に一言。
「どうだか」
 新たに取り出す匣兵器。それを赤炎の矢に詰めて一発sign01連射で撃ちまくっていたのが単発に変わって、しかもその特性は…
「雲属性の増殖coldsweats02sign03
 この辺、作画もメチャメチャ綺麗ですhappy02sign01すごく原作に忠実。そして、このスピード感がたまらない~~~~happy02heart04sign03(←大好物。)このあとの獄寺のセリフ、SISTEMA C.A.I.というネーミングの説明が入るところなんですが、γ兄貴がうまく逃れたことを察するセリフが加わってましたね。そして、何気に、異様な形状の匣兵器で阻まれた電狐たちが、γ兄貴が吹っ飛ばされたと知るや、ぴぅってγ兄貴のもとへ飛んでいくのもツボでした。電狐ちゃんたち、超いい子happy02heart04sign03かわいすぎる。
 今度ばかりはさすがにダメージのあるγ兄貴。懐から取り出したのは、白い匣…。
 思い返すのは、その匣を幻騎士から渡されたときのこと。おお、久々に幻騎士しゃべった。幻騎士の声も、幻騎士に合ってると思います。何の感情も入ってないような感じで、淡々と。それを持ってきた幻騎士を疑って、怒りをぶつけようとするγ兄貴に対しても、ひどく冷静。この人たちの過去の話を原作で知ってるだけに、ほんとにあの状態になったユニちゃんが幻騎士に渡したんだろうか…って、ちょっと不安が込み上げてくるんですけど…sweat01
 でも、幻騎士の言葉に打ち震えるγ兄貴。この時点では、アニメではどうしてγ兄貴がそんなにユニちゃんに思い入れるのかが分かってないわけですが、もうそんなふうには見られないです。それが直接の言葉じゃなくても、γ兄貴をこんなに突き動かしてしまう存在。封印すると決めたその匣を、γ兄貴は歯を食いしばって見つめる…。
 さらに畳み掛けようとする獄寺の目が捕らえたのは、激しい雷の炎をまとう、黒い電狐。

 丁度半分のところですが、ごめんなさいbearingsweat01sign01続きは今日(既に翌日)、仕事から帰ったら書きたいと思います。どんどん遅くなってしまって申し訳ないです~…。

 はい、翌日です…。すみませんすみませんcryingsign01仕事は、結構早めに切り上げて帰ってきたのですが、テレビのお引越しが我が家で行われまして…。居間で見ていたでっかいテレビが二階の自分の部屋に来て(父と自力で担ぎ上げました。手がちぎれるかと思ったsadsweat02)、地デジもBSも全部観られるようになったのはすごくありがたいんですけど、そこについてるビデオが、旧式ビデオテープ録画タイプ(笑)。居間にHDD&BRのビデオが入ったんですけど、そこで録画したら、そこでしか見られないじゃないですか。自分の部屋に引きこもってアニリボの感想書いてたのに、どうしよう。いや、アナログで録画すればいいんですけどね…。でも、超微妙(笑)。しかも、あの大量の録画、居間で見たら大顰蹙coldsweats01。ちょっと困った。困ったけど、大量に予約だけはしときました(笑←その時点で大顰蹙)。
 というわけで、感想の続き、ようやく書き始めます…。

 それにしても作画綺麗ですね。幻騎士と話してるときとか、狐ちゃんたちに話しかけてるときとか、γ兄貴の男前だこと。めっちゃかっこいいっスhappy02heart04
 で、姫ことユニちゃんに預けていた匣を遂に開匣したγ兄貴。圧倒的なその力が、獄寺に襲い掛かるsign01

 ってとこで、こちら再びスパナさんたち。遂にジャンニーニをも納得させたコンタクトディスプレイ。あとはツナがつけるかどうか。
 ってとこで、これ山本ぉおおおおおおおおおhappy02heart04sign03(今回一度も通して見ずに、直接ビデオ見て書いてるので、予測がつきません。)ちょ、山本、山本美人っhappy02heart04sign03やべえっ、なにこの神作画happy02heart04heart01sign03アップがどれも綺麗でかっこよすぎて見惚れちゃう~~~~~~~~lovelyheart01heart04note(←ピンクでそろえてみた。)←そろえんでよし。もう、最初振り返って目を細めたところとか、「今度は右に曲がれってか」のところとか、やばすぎるかっこよすぎる綺麗過ぎる好きすぎるhappy02heart01heart04sign03(←最後なんかどさくさに紛れた。)どうやら、山本も正チャンによって誘導されてるみたいですね。明らかに罠だろうと気づきながらも、進むしか道はない山本。これは当然、あの人の部屋に向かわされてるんですよね。うぅ。

 そして再び、γ兄貴V.S.獄寺。SISTEMA C.A.I.で何とか黒狐(ネレ・ヴォールピ)を受けた獄寺だけど、その圧倒的な炎は、遂にSISTEMA C.A.I.の防御すら突き破る。獄寺は、最も強力な嵐+雷の赤炎の雷(フレイム・サンダー)で対抗するけれど、押すのは黒狐。SISTEMA C.A.I.の、イノチェンティのオリジナルを何層にも重ねて防御した獄寺に、低音ボイスでγ兄貴が告げたのは、「覚悟の差」。リングも匣兵器も同レベルなら、後は炎のパワー。(…もう一つ、この時代の戦い方に対する慣れ、もありそうな気がしますけど。)確かに、炎は覚悟から生まれるんでしたね。
 黒狐の電撃と直接攻撃を、遂にもろに喰らってしまった獄寺は、倒れてしまう。獄寺は、最初から「覚悟なんてギンギンにできてんだ」って言ってた人だから、この差が覚悟の差だって言われたら、悔しいだろうな。そして、そんな獄寺にとどめの一撃を加えようとしたγ兄貴。ところが。
 低い猛獣の唸り声。(おぉcoldsweats02sign02まさか、そこまでいくのかsign02
 おびえる黒狐。獄寺は、一瞬瓜を思うけれど、これはそんなかわいいものじゃない。けれど。倒れていても、我流はがんばり屋さん。必死で瓜に活性の力を注いでくれてたんだよね。そのおかげで現れたのは…

 瓜(大)キターーーーーーーーーーーーーーーーhappy02sign03sign03sign03

 ところで、脚本の三井さんという方ですが…実は旅行は友人のお付き合いでテニミュ参戦してきたんです。で、この方は、そのテニミュの脚本をやってらっしゃる方のようです。テニミュの脚本は三ツ矢さんからのバトンタッチで、あまりいい評価はされてないようですが、相変わらずアホみたいに面白かったので、この人の脚本は悪くないと思います。今回もスパナの場面とか、引き伸ばし場面ありましたけど、よかったと思います。

 ハルのハルハルインタビュー。ジャンニーニですか。SDキャラになると頭がでかいってリボーンに突っ込まれましたが、むしろ10年前に戻ったっぽい(笑)。そして、相変わらず不備の多いジャンニーニでした。

 ん?

 ル…ッスーリア…?ハルハルインタビュー乗っ取られたーーーcoldsweats02sign01ってことは…ルッスーリア三丁目、キタァアああああああ(爆笑)happy02sign03
 マジですか。しかも、家族設定押し通しちゃうんですかsign01なんて度胸の据わったコーナー(笑)。肝っ玉母さん(?)のルッスーリアに、次男のレヴィ。ボスはお父さんかcoldsweats01sign01そばに立ってるだけでたこ殴りにするお父さんってどう。って思ったら、そりゃXANXUS様じゃなくたってタコ殴りにするわcoldsweats01。しかし、チビキャラのボス、かわい~なぁ(笑)。そして、ストーカーする次男をはっきりと諭すおかーさん。
「押してダメなら引いてみろぃ」
 かっこよすぎるルッスーリア(笑)。はるな愛が大西くんに戻ったみたい。やっぱりオカマってそういうギャップがおもしろいっス。そして、勘違いする次男レヴィ。この次男、色んな所で思い込みが激しい上、思考回路がちょっとずれてるようですcoldsweats01時間稼ぎとは分かるものの、ルッスーリア三丁目、面白いsign01ルッスーリアのキャラが素敵過ぎます(笑)。原作が貴重な今、これはなんとも頼もしいコーナーですね。続くのかな?続くといいなhappy01sign01

 次回予告のユニちゃんがかわいかったです。次回も作画は期待できそう?そして、遂にツナが…smilesign01

 今回は大変遅れて、本当に申し訳ありませんでしたsadsweat01sign01次回からはまた、なるべく早くに更新できるように頑張りたいと思いますcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009年1月10日 (土)

アニメリボーン標的115「スィステーマC.A.I.」感想

 ED変わるんだったhappy02heart04note(←正月ボケで忘れてた模様。)

 あけましておめでとうございますの記事を公開して、もう10日。…早っcoldsweats02sign02新年早々更新が滞っておりました(笑)。何気にお正月って忙しいですよね。2009年第1回目のアニリボ、作画もなかなか綺麗で、何より我が家が年末に地デジを導入したので(←やっとか。)、えっらく綺麗な画面に、ちょっと感動しましたhappy01notesブラボー地デジ。もうすぐビデオもHDD&ブルーレイになります。…が、まだこれは届いていないので、ビデオだけは地上波(笑)。いいもん…山本の活躍の頃にはきっと…bearingsign01
 さて、年末年始、あまり深夜アニメもやってないし、まだあまり見てないのですが、見た分だけちょろっと。
「スキップビート」パクられたーcoldsweats02sign02どうするキョーコsign01超気になる。「ヴァンパイア騎士Guilty」最終回。おお…片付きましたね(笑)。最終的に優姫が零と枢さん、どっちもはっきりとは選ばなかったみたいな感じになってたので、まあそれはそれで。どっちかっていうと枢さん寄りになってたけど。でも、最後は零と対決するってこともなかったし、原作とはまた違う感じになったようなので、原作は原作で楽しみにしておきたいと思います。…半年後。ビデオには、のだめ巴里編の最終回、夜桜四重奏、とある魔術の禁書目録、続・夏目友人帳なんかも録れてると思いますが、それはまた今度ということで…。今期ははじめの一歩もやるって聞いたんですけど、ほんと?やるなら絶対チェックしないと…宮田くんhappy02heart04sign01

 さて、ぐだぐだ深夜アニメ感想は置いといて、今年最初のアニリボ感想、張り切ってGOsign01以降ネタバレ要注意ですので、よろしくです~winkdangersign01

 <アニメリボーン標的115「スィステーマC.A.I.」>

 粘ってましたね(笑)。原作0.5話ですよcoldsweats01sign01かなりオリジナルの部分も入っていたし、なにより回想シーンがめちゃめちゃ入ってました。獄寺V.S.γ兄貴なんて、最初からやってるのと同じくらいしっかり復習してましたし。頭の復習も変わってましたね。いきなり燕特攻を完成させた山本で、迫力満点のかっこよさに惚れ惚れhappy01heart04noteもう、やっぱりかっこいいなぁっhappy02heart04noteそして、獄寺のSISTEMA C.A.I.の完成場面。ツナのX BURNERの完成場面。ハイビジョン仕様になったせいなのか、ちょっと縦に伸びてるところもあったけど。

 さて、獄寺の雨の炎でコーティングした赤炎の矢を見切ったγ兄貴。今回は、獄寺がSISTEMA C.A.I.の仕組みを解説するところです。…が、いきなりここから回想&オリジナルてんこ盛りsign01

 まずは髑髏ちゃんの現在の状況。なんと、夢に犬と柿ピーが出てきたよcoldsweats02sign01うわぁ、懐かしいbearingsign01犬のこの舌ったらずなしゃべり方も(笑)。そんな夢に向かって手を伸ばす髑髏ちゃん。「目覚めなきゃ…」これは、原作の展開に備えての布石ですね。
 そして、ランボさんとイーピン。侵入者ありって…そのスーツ……あの人じゃ…?これも、今後の展開を考えたら、あってもおかしくないかな。
 更に雲雀さん。うわ~今日も麗しいな~美人だな~声が素敵happy01heart04noteそして、なんとニコラ隊長が登場。おおっと、こちらも布石。原作ではその辺のこと一切なかったから、アニメスタッフさんも膨らませがいがあるかも?おっと、膨らんだのは球針態。一撃ですね(笑)。
 そして、なんとなんと、出し惜しみなくユニちゃんの登場~~~~coldsweats02sign02平和に過ごしてるって感じでしたけど。あれ執事さん?ユニちゃんの状況ってどんな?

 さて、こちらもなかなか進まないスパナとツナ。ようやくスパナが、コンタクトディスプレイのことを話してくれました。ここでの会話もかなり伸ばしてあったんですけど、ちゃんと獄寺との戦いにつながるっていうのと、獄寺の目が何気に変わってるっていうのをちゃんと説明するっていう役割も果たしてるんですよね。今日は作画も安定してる感じだったので、ツナとスパナもかわいらしくてよかったです。そして、スパナの声、最初はちょっと低すぎるかな?っていう気もしてたんですけど、もうすっかり慣れて、これしかないって感じになってます(笑)。淡々と、ちょっと気の抜けたような話方をするところが、すっごく合ってるhappy01sign01さて、この場面では、当然単行本の4コマの部分も取り入れてくれるに違いない、って、勝手に期待してるんですけどnote(←すな。)そして、何気に直ってるミニモスカ(笑)。それはパソコンのディスプレイ?ほんとに便利な子だな。

 ようやく戻ってきた、獄寺V.S.γ兄貴。と思ったら、CMかいっcoldsweats01sign01
 いったん正チャンの場面を挟んで。あっ、山本。ずっと正チャンには監視されてるんですね。うっ、了平兄さん戦闘不能とか。…これって、あれですね、単行本の扉で現在状況を図示してある、あの場面を正チャンに説明してもらったって感じ。
 そして、獄寺のSISTEMA C.A.I.の謎を解き明かす過程。作画はすごく綺麗だと思うんですけど、獄寺の髪の毛結ってる感じが、時々ちょっとちょんまげみたいに見え…ごっほげっほ、なんでもありませんhappy01sweat01。なんだろ、ちょっと結ってる位置が高いっていうか。いいけど。結んでるの好きだし。
 瓜ちゃんがじゃれたおかげで、匣兵器の部品の一つがリングだったと気づいた獄寺。そして、そのリングで雨の炎をともして、新たな匣を開けて…更にその匣兵器の一部がリングで…。
 再び獄寺が赤炎の矢に弾を込める。
「いくぜっ」
「どうやらそいつは、中距離攻撃に特化した兵器のようだな。だが、カラクリが分かった上でそう何度もくらうと思うか?
 太字のセリフを言ってるγ兄貴に注目っスsign01や、なんてか、超大人っぽいhappy02heart04sign03ていうか、なんか美形sign01
 で、今まで単発だった獄寺の赤炎の矢が、マシンガンみたいになってたのがまたかっこよかったhappy02sign03原作でもちゃんとそうなってるんですけど、アニメだと、あのガガガガッっていう音が加わって、連射してるのが分かって、ここからの怒濤の攻撃がすごくわくわくしたんです。
 雨の炎のコーティングを警戒して、避けるべきか、と考えたγ兄貴。ところが、そんなふうに考える間に、たちまち襲い掛かってくる複数の弾丸sign01そこに、尋常ではない出力を認め、それが晴の活性の付加によるものだと瞬時に読みきったのは、さすがだけれど、雨のコーティングとは速さが違う。
「まずいsign01
 そう思ったときには、既に避けきれないところまで。

 今回、ビアンキの思いと獄寺の戦いが少し絡めてあって、原作ではほとんど出てこないビアンキですが、獄寺のこと心配してるんだっていうのとか、獄寺ママのことちらほらと思い出すことで、獄寺がただつっぱってきただけじゃなくて、精神的に耐えて強くなってきたこととかを強調してくれてたので、ますます獄寺がいい感じじゃないっスか?

 そして、爆風に髪を翻す獄寺…かっこいい…かっこいいぞ。
「SISTEMA C.A.I.とは、複数の属性と、複数の匣を順序よく開匣しなくては力を出し切ることのない、パズルの匣sign03
 うわぁ、その表全然わかんないcoldsweats01。原作のままだけど、もう、解き明かすのが難しいですっていう雰囲気を表すためだけに使われてますよね。それ、じっくり見ないと分かんない表なのに、出てきたの一瞬(笑)。
「そして、こいつを使いこなすための…使いこなすための5つの波動が、オレには流れているsign01
 きたぁ、獄寺happy02sign03嵐の守護者なのに、霧以外の全ての波動が流れてるなんてかっこよすぎ。それを全部使いこなすなんてかっこよすぎ。それを数々組み合わせていくSISTEMA C.A.I.。これからの展開が、ますます楽しみです。

 で。
 ED変わったぁああああああああああああああああああcoldsweats02sign03
 そうだった、EDは3ヶ月で変わるんだった、すっかり忘れてた。今回またCherry Blossomさんですね。そして、作画が神がかってるhappy02heart04sign03アップで目を閉じたツナが瞼を上げながら、ズームが遠ざかっていくような感じで、守護者とリボーンが背景に。おおおお、中学生happy01sign03みんな武器を構えててかっこいい感じheart04note何気にランボさん超カワイイ(笑)。
 そして、一番手山本キタ━━━━happy02━━━━heart04sign03腰に手を当てて竹刀のままの時雨金時を肩に担いでる山本は、凛々しくてにやっと笑ってる感じが頼もしいんですけど、そのバックの優しいアップの笑顔、がっhappy02heart04sign03も~山本の人柄を表してるっていうかっhappy01heart04noteかわいいし素敵だしもうっhappy02heart04sign03(←紫月は感激のあまり語彙と表現力が欠乏してるので、とりあえずED見てください(笑)。)
 二番手了平兄さんキタ━━━━happy02
━━━━heart04sign03ちょっとお兄ちゃんかっこいいっスsign03中学生だけどかっこいいっスsign03フードかぶってポッケに手を突っ込んでるのもかっこいいんですけど、なんとアップも意外に凛々しいsign03了平兄さんって、中学生の時は極限男っていうイメージが強いので、やたら前向きに元気っていうのが多かった気がするんですけど、これはちょっとクールな感じなんですよhappy01sign01
 三番手ランボ。元気いっぱいの五歳児ランボのアップもかわいいんですが、久々に見た大人ランボ。守護者なんだよね、ほんと(笑)。今回そういう扱いしてもらえてますよね。でもなんか懐かしい(笑)。
 四番手、霧組キタ━━━━happy02
━━━━heart04sign03小さい髑髏ちゃんもかわいいですが、ここはもうなんと言ってもアップの骸さんの麗しさでしょうhappy02heart04sign03なんか、髑髏ちゃんをちらりと見て微笑んでるような感じに見えるんですけど、ちょ~綺麗ですよhappy02heart04sign03
 そしてなんと、ヴァリアーキターーーーーーcoldsweats02sign0310年後じゃないところがまた懐かしい。こう見ると、レヴィって大きいんですねぇ。みんなの表情がらしいというか。これから原作でも関わってくるんですよね、この人たち。たぶん。
 そして、ミルフィオーレ。こちらもなんと、ユニちゃんが中心coldsweats02sign01迷う瞳の正チャンと、明らかに悪巧みしてそうな白蘭。ユニに目線を向けていそうなγ兄貴に、明らかに何か違うものを見ている幻騎士。ちまっと太猿と野猿もいますが、表情まで見て取れない…。
 で…10年後ボンゴレ守護者キタ━━━━happy02━━━━heart04sign03かなり一瞬に近いですけど、ああ、獄寺と山本は既に懐かしいbearingsweat01sign03雲雀さん、了平兄さんまでははっきり見えるけど、骸さんとランボさんは見えない。そして、後ろを向いているのは…ツナ。これも見えません。この、10年後の世界がどんな風になってたのかってところも、すごく知りたいんですけど、原作で明かされるのはまだまだ先のことなんでしょうか…。
 次は五番手でいいのかな?獄寺。これはどっちも獄寺らしい表情だと思いますが、アップの元気良さそうな獄寺って、意外に珍しいかもしれないな、と思いました。
 六番手雲雀さんキタ━━━━happy02━━━━heart04sign03(上とテンション全然違う、ごめんなさいcoldsweats01。)だってだってだってだって、雲雀さんのアップヤバイ超かっこいい超麗しい超綺麗っっっっlovelyheart04sign03あああ、中学生の雲雀さん…久しぶりだなぁ、かわいいなぁかっこいいなぁ。とにかくアップの雲雀さんがヤバいっスhappy02heart04sign03
 七番手はツナ。全身のツナはハイパーでかっこいい感じ。バックのアップがすっごく優しい笑顔で、かわいいんだけど、なんて言うか…目立たないけどこの子が全てを包み込んじゃうボスなんだっていわれると、そんな気がするっていう感じがします。この笑顔、好きだなhappy01
 そして、京子ちゃん、ハル、ビアンキ、フゥ太、イーピン……一番上のアップは、あれ、ママンですか?すっごく綺麗なんですけど。一瞬京子ちゃんかと思ったけど、京子ちゃん最初にでてきたし。髪型違うし。
 最後はリボーンとツナ。笑顔のツーショットがかわいいhappy01heart04
 今回は静止画が流れていくっていう感じだったので、全部の絵に何かしらコメントした気がするんですけど、すみません、テンションの上下が(笑)。

 ハルのハルハルインタビュー。今日はラル。ええええ、ラルって、ちょっと天然coldsweats01sign02ハルのハルハル…のくだりを、「春」だと思ってたんですね(笑)。ツナのことを一言で表すとすると、「軟弱」っていってましたけど、何気にその字がかわいかったhappy01。そして、コムスビンで教えていたことを、ちょっぴり笑顔になりそうな表情で語るチビラル。
「そうだな…まず爆薬の作り方、射撃、格闘術、サバイバル、音を立てずに忍び込む方法、優しい口の割らせ方」
「ひいいっ、それってすごくデストロイな…」
 デストロイか?
「それに、暗さ…」
 レオンが飛びついて口に蓋。したけど、今、暗殺って言おうとしましたね(笑)。

 何気にニーコさんの歌を宣伝してました(笑)。さて、次回はγ兄貴と幻騎士のやり取りとかも来そうですね。まだまだ獄寺V.S.γ兄貴は続きそうです。今はとにかくゆっくり進むしかないアニリボ。スピード感って、バトルには欠かせないものだと思うけど、色んな意味で頑張ってください、アニメスタッフさんhappy01sweat01sign01

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます!

200911reborn

 あけましておめでとうございます

 昨年はこちらに来ていただき、ありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたしますo(_ _)oペコッ。

 …くらいのメッセージは、年賀イラストに入れたかったんですけど……。

 すみません、どこかに何かを書けるスペースが見当たりませんでした。(←計画性ゼロcoldsweats01。)

 毎度のことですが、ごちゃごちゃイラストになりましたcoldsweats01。これでも、年賀イラストでは、初リボーンDEATHhappy01goodsign01(←縁起悪い上、なんか変な死神取り憑いてる。)いつもこちらに来てくださる方に、少しでも楽しんでいただければという思いで、年末死に物狂いで描きましたhappy01noteですので、二次転載及び使用は御遠慮くださいませ…m(_ _)m。
 一応、縮小して載せてありますが、いつも通り、イラストをクリックしていただければ、原寸サイズのイラストが出てくるんじゃなかろうかと思います。
 4ヶ月ぶりのイラストは、前回と違って一場面になりましたので、一応解説を(笑)。

獄寺「くらえっ、この野球バカッsign03
山本「受けて立つぜsign03
リボーン「援護してやるぞ」シュババババババ(←それ援護じゃないよね、むしろ主砲(メイン)。)
骸さん「ボンゴレ、今年は丑年です。どうですこの見事なまでの雪ウ」ぼごっsign03(←どうやら、雪ウサギならぬ、雪ウシを作った模様。)
ツナ「ひぃいいいっ、一流の殺し屋と山本が組んだら、シャレにならないんですけどーsign03
了平兄さん「盛り上がっておるなsign03男は拳で勝負sign03オレも参戦するぞsign03」(←いや、拳いらない。)
ディーノさん「おい、お前ら…後ろ気づいてるか…?(何気に六道骸がいるんだが。)」
ヒバード「notesモ~イ~クツネ~ル~ト~ナ~ミ~モ~リ~ノ~notes」(←並中校歌版で。)
雲雀さん「……」(一方的に雪玉ぶつけようとしてたけど、ヒバードの校歌の間違いを、どう訂正したものか考慮中。)

 正月早々主人公が白目剥いててごめんなさいって言うかcoldsweats01
 原作で雪合戦ネタがありましたので、そんな感じです。最初はお正月の準備してるみんなって感じだったんですけど、上手く描けなかったので、レイアウトの時点でボツりました(笑←その前にそれって年末だよね)。おかげで、正月らしさが全く感じられない代物になりました。まぁいつものことです(笑)。
 そして、今回の紫月のお気に入りは、なんと言ってもヒバードですhappy01note(←またか。)ヒバードだけはかわいく描けたと思ってますwinkgoodsign01後は色々ツッコミどころ満載過ぎて、もう言い訳してたら大変なことになるので、基本的にカットの方向で。
 前回、10年後の守護者たちを描いたら、真っ黒で困ったんですけど、こういう私服もいつも困るんですよね。センスがないものでcoldsweats01。実際だともっと渋い色ばっかりになりそうだけど、あんまりイラストで渋い色ばっかりっていうのもなんだし、できればカラフルになるといいな、と思うんですよね。でも、カラフルな服って、あまり着ないですよねぇ(笑)。
 今回のテーマは、アップでありながらルーズ(全体)を取り入れることでした。おかげで横顔の多いことcoldsweats01。(←超苦手。)あと、骸さんファンの方、色んな意味でごめんなさいcoldsweats01sweat01sign01

 と、今年も相変わらずな奴ですが、どうぞ今年もよろしくお願いしますhappy01sign01更新もそんなに頻繁にはできないと思いますが、たぶんアニリボとリボーンの単行本だけは頑張って感想書いてると思いますのでsign01

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »