« アニメリボーン標的117「嵐の逆襲」感想 | トップページ | 家庭教師ヒットマンREBORN!23巻感想 »

2009年1月31日 (土)

アニメリボーン標的118「姫の決意」感想

 出てきたぁ、山本ぉおおおおおおおおおお~~~~~~
 …予告で…

 あぁ、γ兄貴…つらい…つらいっ

 さて、今週もアニリボの感想の前に、ネタバレ防止の深夜アニメネタバレ一言感想から(笑)。「スキップビート」いいぞ、キョーコ、かっこいい車の中で大根おろし(爆笑)蓮は絶対キョーコに惹かれてると思うので、自分が嫌われてると思ってる彼が、これからどう反応するのか楽しみです。あと、風邪で弱ってる蓮もかわいかった(笑)。「黒神」モトツミタマって何?クロちゃんと思わぬ契約をしてしまった慶太(?)くん。(←字は不明。)とりあえず、即席ラーメンはそのまま食うものではないと思う。「黒執事」OPが二番に変わってる。微妙に絵も変わってる。EDが自分好みの曲過ぎる(笑)。カリー勝負はセバスチャンの勝ちで、まあよかったね、と。さすが悪魔で執事。そして今週分、どこまでもシエルを主人としてるセバスチャンがかっこよかった。その、後ろだけ長い髪型、「む」のつく人の10年後の姿に似すぎてて困る何より次回予告のセバスチャンの言ってることがおかしすぎた(笑)。えへんっ、ごほんっ(笑)。「続 夏目友人帳」まずは、雪ウサギの話。これ、原作を読んだときも、かわいくてかわいそうで泣けて泣けて仕方なかったんですけど、やっぱり泣けた。雪ウサギに取り憑いた姿で玄がポロポロ泣いてるのが、かわいくてかわいそうで。そして、スイ(漢字忘れた)を必死で抱き締める玄も。そして、今週分は、雛孵る。タツミ(また字忘れた)のたまが、かわいくてかわいくてかわいくてかわいくてたまらなかったです。欲しい、あの子欲しい。

 それでは、本命アニリボ感想で~す、レッツスタート(要ネタバレ注意

 <アニメリボーン標的118「姫の決意」>

 γを迎えたユニ。今日の作画も綺麗です~
 ネックレス、ていうか、おしゃぶり、なんですけど、ボスのしていたそれがユニちゃんの首から下がっているのを見て、γ兄貴は思わず反感を持つ。そこへ、母だという言葉に、幻騎士のそれを肯定する言葉。もう、ボスが死んでしまったってことだけでも、どうしようもないくらいショックだろうに、こう次から次へと畳み掛けてくる事実。知らないことばかりで、信じられないって気持ちも分からなくはないですよね。
 そんなγに優しく微笑みかけて、「母はこうなることを知っていました。あなたを責めてもいないわ」と言ったユニちゃんにも、イライラが込み上げてくる。本当に娘だったら、そんなふうにへらへらと笑ってなんていられないはずだ、と、乱暴につかんだ手首。でも、その袖は、濡れていて…。ぅう、ユニちゃんなんて健気な子なんて優しい子心が見えるのなら、γ兄貴がどれだけつらくてイライラしていたのか、分かっていたはず。ボスを亡くして自分を責めていることも。だからこそ、ママと同じ笑顔を見せようとして…。

 それを知ったγ兄貴の脳裏を横切ったのは、ボスの思い出。
 わぁ、やっぱり作画綺麗ユニママ、超美人γ兄貴も、めっちゃ男前っ原作は小さいコマしかない所だったけど、アニメめっちゃ綺麗「袖が濡れてる」のところの兄貴、ヤバイくらいかっこいいですそして、ユニママ、美人、綺麗、超素敵「周りを幸せにしたかったら、笑いなさいって」の時の笑顔。なんて素敵な人なんだろう。ほんと、こんな素敵な女性なら、近くにいて惚れないわけがない。

 その笑顔と重なる、幼い笑顔。ああ、かわいい。ユニちゃん、かわいい。そうして、γ兄貴はボスがユニちゃんの中で生きていることを悟り、また、その心を悟って見つめてくるユニちゃん。亡くしたボスの忘れ形見であり、心であり、そして反感のままにぶつけた態度を笑顔で受け止めようとした健気さをもつその存在に、γは片膝をついて忠誠を誓う。
「数々の非礼を許してくれ。オレがあんたを命懸けで守る」
 ああ、γ兄貴、かっこいいぃいいいいいっ

 それを思い返したγ兄貴。思わず獄寺に、自分の最終的な敵が白蘭であることをこぼすけれど…。

 あ、コンタクト、まだ躊躇ってた(笑)。さて、時間があまりないってスパナさん言ってたけど…何か気づいてる?

 白蘭はミルフィオーレのボスだろう、と、信じられない獄寺。原作では、もっと二人ともボロボロですが。しかし、アニメのγ兄貴、かっこいいなぁ。作画が素晴らしいって、ほんと素晴らしい。

 忌まわしい結成、の言葉で、再びγ兄貴の回想。ユニちゃんがボスとなって三ヶ月。
 幻騎士が傷ついて戻ってきた…けれど…この幻騎士の言い分は、どこまで本当なんだろう。怪我は一応本物の怪我なんだろうか。確かに、スクアーロとは対決したんだろうけど…。基本的には嘘なのかな?そして、「あなたの気持ちは分かりました」というユニちゃんの言葉に、やや動揺を見せる幻騎士だけど、それは読まれたら都合の悪い気持ちに違いなくて、それでも、動いたユニちゃんは、何を考えてたんだろう。幻騎士がどんな思いであろうと、傷ついていたのは確かで、これ以上ジッリョネロに犠牲が出ないことを願っていたのも確かなのかな。
 ユニちゃんの決意を、必死で止めようとするγ兄貴。でも、ユニちゃんの決意は固くて…
「私にしか止められない」
 見せたのはやっぱり笑顔だけど…。この笑顔に関して言えば、OPの方がかわいいかも。
 ユニちゃんには、このままではジッリョネロに犠牲の出る未来しか映らなかったのかな。そして、自分が行動すれば、どうなるかというのも見えていたような気もするんだけど…。

 ジェッソのアジトについたジッリョネロファミリー。白蘭も綺麗だったけど、なんかこのエピソードの中ではあまりそこで盛り上がる気になれない、このシリアスな展開。この、ちょっと人を馬鹿にしたようにすら思える軽い物言いが、いかにもって感じです。ユニちゃんのことをアルコバレーノだと分かってるってことは、白蘭はもうトゥリニセッテについてかなり詳しいし、はなからこれを狙ってるわけですね。むしろジッリョネロのほうが、そのことには疎いみたいです。ジェッソはリングと匣を奪おうとしてる、とは分かってたけど、マーレリングやユニちゃんが狙いだってことは、よく分かってなかったみたいだし。そこまで分かってたら、ここまで絶対連れてこないと思うし。
 ボス同士水入らずで話したい、という白蘭の条件を飲むユニちゃん。この辺も、どうなんだろう。ユニちゃんには、話し合いは見えていたんだろうか。自分が何かされるってこと、分かってたんだろうか。分かってたなら、それで無謀じゃないといったのなら、ユニちゃんの中で、白蘭を超える思慮遠謀があるってことでしょうか。それとも、ユニちゃんに見えていたものより、白蘭のもつ力は大きかったってことなのか。う~ん、謎。
 にっこり笑ってγ兄貴の首にそっと腕を回したユニちゃん。
「いってきます。ありがとう、γ。私、あなたのこと…」
 くっ。
 くぁわいいいいいい~~~~~~~~~~
 だけど、ここにきて、敢えてその言葉。まるで、今自分の言葉を伝えておかなきゃ、みたいにも思えるんですけど…。ユニちゃん…。
 それにしても、「そんなに警戒しなくても」って言ってる白蘭ですが、ふふって笑ってる様子は、明らかになんか企んでるでしょ君。
 外で待ってるジッリョネロの皆さんのセリフは、少し変わってましたね。γ兄貴のロリコン発言がなくなってた(笑)。まだまだ先代には及ばない、か。そりゃぁ…ねぇ(笑)。でも、もちろん先代に失恋中の身ってのも、γ兄貴の本音なんだろうけど、及ばないって言葉は照れ隠しのような気もするな。色んな意味で、眩しすぎるというのが本音だと思うから。ボスと重なる部分を持ち合わせながら、まだ幼い健気な少女。強いな、と思うし、それでいて、純粋な子供ってところが、眩しいんじゃないかなぁ。
 …しかし、γ兄貴の声はかっこいいな(←空気読め。)
 ところが、扉が開いて、ユニちゃんの無事に胸を撫で下ろした瞬間、ユニちゃんから発せられた無機質な声。そして、衝撃の合併という言葉。…ユニちゃんの瞳には、意志の光は見えなくて…。
 大切なボスの心をつないでいる、眩しくて純粋な心を奪われてしまったと知ったγ兄貴。白蘭は、何かしたということを、否定するでもなく、まるでからかうような口調で
「さあ、なんだったかな…」
 激しい怒りのままに、二つの匣を開匣し、最大の武器である黒狐を解放したγ兄貴。白蘭に向けたその怒りの前に立ち塞がったのは…なんと、ユニ。自分の武器で引き裂かれることも厭わず、白蘭を護ろうとするユニの姿に、思わずγ兄貴が吼える…。
 あぁあああああγ兄貴も、ジッリョネロファミリーも、何でこんな大事な光を、立て続けになくさなきゃならないんだユニママは仕方なかったにしろ、今回は明らかに、奪われた、わけで。悔しいだろうな。大事な人の心を奪った、殺したいくらい憎い相手を、心を奪われてしまった大事な人が護ろうとするなんて。悔しすぎるしつらすぎるし、切なすぎる。

 そして、合併の調印式の日。ユニママからもらった、ジッリョネロファミリーのための匣。それを、γ兄貴はユニちゃんに預ける…。

 獄寺にそんな事情が分かるわけじゃない。ボンゴレひとすじの獄寺には理解できない、ミルフィオーレの事情。そんな獄寺に、γ兄貴は、最も食えない、ジッリョネロファミリーの仲間だったはずの一人の名を挙げる。

 遂に…幻騎士が、来る(←超複雑)

 ハルのハルハルインタビューは、黒曜組。犬と柿ピー、久しぶりっ犬はチビキャラかわいいけど、柿ピーは眼鏡がでかくて表情が読めなくて、小さいながらにやや不気味な感が漂って…たような?喧嘩するほど仲がいいっていうか、この二人はいつもこうですよね(笑)。ムダに突っかかる犬と、やる気のない柿ピー、みたいな。だけど、骸さんの話になると、一気にシリアスになってしまう二人。二人とも、骸さんが一番大事なんだね。だけど、犬が二週間も身体を洗ってないと知って、ハルだけじゃなく、リボーンまで姿を消しちゃった(笑)。うん…さすがにそれは、どうかと思うな

 あああ、山本っ山本ぉおおお今回は超シリアスムードのジッリョネロの過去で、出てくる余地がなかったみたいですけど、来週から山本のターンですねっ待ってました(←複雑ながらも。)しかも、来週って、オリジナルじゃないっスか?戦いの前に、山本のエピソード、入れていただけるんでしょうかやったあ、嬉いっだってだって、獄寺の戦いに比べて、山本の戦いって圧倒的に短いし…短いし…少しでも延ばしてもらえたら、山本の出番が増やしてもらえたら、もう最高ですぅっ

|

« アニメリボーン標的117「嵐の逆襲」感想 | トップページ | 家庭教師ヒットマンREBORN!23巻感想 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

再びお邪魔します。
ツナくん、まだコンタクトつけてなかった~。(笑)いや、私も付けたことがないので、気持ち良く解ります。けど、ツナくんは目が大きいので、それに対してコンタクトがすごく小さく見えて、そちらのほうが無駄に心配になります。(笑)
「周りを幸せにしたかったら、笑いなさい」っていうママの言葉をそのまま受け継いで、涙で袖を濡らしながらも、それを隠して汚れのない笑顔をみせる…。ちっちゃくて可愛いけれど、ユニちゃんは強い子ですね。紛れもなくジッリョネロのボス。
ファミリーの屈強なおじさま、お兄さま達は、ユニちゃんを守るつもりでいて、実は守られていたんだなと思います。
でもγ兄貴も、先代とユニちゃんのこととなると健気で純粋ですね。そんな大人って素敵♪♪真っ直ぐに想う姿がかっこいいんだけど、ちょっと照れがあるところがかわいい。あれ、ロリコンてNGですか?(笑)でも、ニゲラさんが喋ってくれた♪)
しかし、白蘭サンの力は謎ですねぇ。白蘭を超える思慮遠謀…があって、それは今もユニちゃんの心の奥底で継続してるって信じたいですけど…。
そういえば太猿兄貴って、あんな素敵女ボスがいたのに「女と匣は使いよう」とか言っちゃうあのキャラなんですね。まぁ、彼にもいろいろあるんでしょう…と思っておこう。(笑)
ハルハルインタビュー。二人仲良く(?)狭い所に収まっているので、ちっこいけどスタイルがよい気がします。(笑)犬くんと柿ピーは、単行本でも一緒にインタビューを受けていて、二人の掛け合いはおもしろいのですが、別々に出て来てみて欲しかった気もしますー。骸くんの話が出たら、しんみりしちゃう二人が愛おしいです。
来週は山本くんがメインですか??うれしい~い!!!!ラルさんが起きてる…ってことは、オリジナルですよね、やっぱり。画も綺麗そうだったし、楽しみです~!!


Re:ミクラさん
こちらにもコメント、ありがとうございますっvvv
ツナのコンタクトへの躊躇い、3週間くらい続いてますね(笑)。例の4コマの場面というなら、今回が一番その場面に当てはまる所だったかな、と思います。自分も、視力に不自由したことが今のところないので、コンタクトとは縁がありません。…恐いですよね、直で眼に物入れるって…。ツナの眼にあのコンタクトでは、確かにずれそうで恐いです(^-^;。
ユニママの「笑いなさい」って、本当に精神的な強さだと思います。自分が何を見てもってことは、つらいことを自分ひとりの胸に閉じ込めて、更にみんなを気遣うということですから。大人でもそれはなかなかに難しいことだというのに、ユニちゃんはそれをやろうとする。そんな人柄だからこそ、かわいい少女でありながら、屈強なマフィアがついてきてくれるんですね。まさに、人徳。そして、太猿は……自分の周りにはべってくれるような女性を、よく相手にしてたってことでしょうか(笑)。あはは、色んな意味で大人だなぁ、太猿は!
ユニちゃんの健気さと強さを見て、この子を全力で守ろうと決めたγ兄貴。ひざまずいて、小さな女の子に忠誠を誓うところも素敵でしたが、百蘭にユニちゃんがどうかされたと分かった時に、ただ一人勘定をむき出しにして百蘭に向かっていこうとするγ兄貴もかっこよかったです。いや…メチャメチャ切なかったですが。ロリコン発言…一部である意味盛り上がってましたけど、このシリアスな場面で…っていう配慮があったのかなぁ、と勝手に解釈してました(笑)。ニゲラさん、アニメで少しずつセリフがありますね。この人も、ジッリョネロのマーレリングの守護者の一人だったわけだから、それなりの器の持ち主だと思います。バイシャナなんかにやられる人じゃなかったんだろうに…。
百蘭、ほんとにどんな能力の持ち主なんでしょう。骸さんをあっさりと敗北させ、ユニちゃんの自我を奪い…。それって、匣やリングのなせる業なんでしょうか。それとも、百蘭自身が何か特殊な?とか、考え出すと迷宮入り。全ては天野先生次第ってところですね。ユニちゃん…無謀じゃないって言葉を信じたいですよね。
ハルハルインタビューは、先週の骸さんに引き続き、黒曜組。柿ピーと犬は、いつもセットですね。性格正反対の二人だけど、それでも分かり合ってる部分があって、何より、骸さんを慕う気持ちが、二人を強くつないでると思います。犬のお兄ちゃん的な柿ピー、そして長兄的な骸さん、みたいな(笑)。
次週はついに山本メイン!!っぽい!!(←付け足した。)オリジナルっぽいですよね。ラルが眼を覚ます場面なんて、幻騎士に出会うまでにはなかったし。絵にも違和感なかったし、楽しみです!バトルじゃないなら、どんな展開にするんだろう。ちょっとでも山本がたくさん出て来てくれたらいいなぁ、と思います♪
☆紫月☆

投稿: ミクラ | 2009年2月 1日 (日) 02時05分

こんばんは、テンション低くて御免なさい・・・な班胥です。
・・・も、無理ッス!
最初から平常心で観てらんないお話だったんで・・・。
やっぱ泣きましたが・・・(T T)
親後ろにいたんで、派手に号泣は出来なかったんですけど。
γ兄貴がユニちゃんに跪いて非礼を詫びて忠誠を誓うシーンは、それはもう泣けまして・・・。
ユニちゃんがγ兄貴に手回して何やら囁いて立ち去るシーンとかも・・・もぅ(T T)
自分今回だけで何回泣いたんだろ・・・?
もう良くわかんないです(- -;)
自分表現が苦手なので、いつも紫月さんのように上手く言い表せなくてもどかしいのですが、まぁ兎に角今回のアニメは切な過ぎて、γ兄貴はそりゃもうカッコイイし、元ボスも超美人さんだし、ユニちゃんも健気で純粋で可愛いんですが、テンション上がる訳も無く・・・。
うぁ・・・作画がいいだけに、余計泣ける!!
来週山本くんの出番だし、と~っても綺麗な作画っぽいなぁ・・・とは思ったんですが、それでもやっぱりテンションが・・・。
来週の山本くんの活躍でテンションが上がるかなぁ・・・?と今から期待しております(笑)


Re:班胥さん
こんばんは~!今回は、主従の関係とか、色んな所で、もうγ兄貴の見所満載でしたね!!班胥さんにとっては特に思い入れの強い場面だったに違いない…と思いつつ。先週からもうヤバイとおっしゃってましたし。それなりに楽しんでいただけるようにというのが、記事を書くとき、自分の基本にあるんですけど、今回は半分真面目でできてます(笑)。なんともシリアスで切ないこの展開。茶化せない。(←すな。)
今回は、まずユニママの綺麗さとか素敵さが印象的で、γ兄貴の男前っぷりが印象的で、ユニちゃんの健気さに胸打たれ、そこで忠誠を誓うγ兄貴の心に、いたくほだされました。自分にとっては、相手が例え小さな女の子であろうと、今の今まで反感を感じていた相手であろうと、そんなものを一切捨て去って、膝をついて謝罪し、精一杯守ると誠心誠意伝えられる真摯なその姿勢が、かっこよくてかっこよくて。素敵すぎる!
あとは、やっぱユニちゃんがγ兄貴にこしょこしょ何かを囁いて去っていく所ですよね。あの場で敢えてそれを伝えたユニちゃんが、一体何を思ってたのか…と、考えるほどに謎が深まってしまいましたが、純粋にユニちゃんが可愛かったです。何気に、あの「小娘め」っていうγ兄貴の反応も好きです。すごくすごく嬉しかったと思うんですけど、そんな一言をあんな小さい女の子が、少なくとも自分のことを思って言ったってところで、「あんなに小さいくせに…」っていう思いがあったんじゃないか、と。
さて、来週の予告の所だけ、やたらテンション高かったんですけど、ここははしゃがせていただいちゃいました♪山本!!山本ぉ!!もう、山本はここで楽しませていただかないと…!という、やや複雑な思いを抱えつつ(^-^;。絵も、綺麗そうでしたよね!期待したいです!!
☆紫月☆

投稿: 班胥 | 2009年2月 2日 (月) 22時34分

紫月さん、こんばんわ。お互いがんばっていきましょね。


Re:ファンさん
こんばんは、そして、ありがとうございます!!来年度は、色んな意味で勝負ですね!!頑張りましょう!!
☆紫月☆

投稿: ファン | 2009年2月 3日 (火) 20時20分

紫月様、こんばんは。黒執事、OP二番になってましたね。でも個人的に紫月様に一番伝えたいのは何といっても「ED、良い曲でしたよね!」です!自分も始めて聴いた時、好みの曲だ!と思っていたので紫月様もお好みと読んで嬉しかったです!そしてセバスチャンの後ろ髪が長い髪形を見て「む」の人の10年後の後ろ姿に似すぎだと思っていた人はやっぱり自分だけじゃなかったですね(笑)。来週の黒執事はお茶の間に微妙に気まずいムードが流れるかもしれない回らしいですね(笑)。「家族で観るには多少問題のある描写が含まれております」との事ですがTVは大概いつも部屋で一人で観る孤鳥黒猫は「非常に有効」とセバスチャンが勧める咳払いが試せません(笑)。・・・誰か試してくれないですかね(無理)ごほごほ(笑)。リボーン、ユニちゃんの健気さが出ていましたね。この前のお話ですが、伝わり難かったと思うんですが、(すみません)自分もユニちゃんのお母さんはアルコバレーノの何かで亡くなったと思っております。リボーンやコロネロ等が小さいままの上に白蘭さんも「赤ん坊が来ると思った」と言っているのでユニママの様に成長する事は珍しいのでしょうか。ユニちゃんは純粋だから余計にお母さんが亡くなって悲しくないなんて事は無いだろうけれど、お母さんの言った事をちゃんと守って一生懸命に笑顔を・・・!(泣)そんな純粋なユニちゃんに涙が・・・。そしてツナ君。まだコンタクト入れてなかったんですね。怖くて迷う気持ちは分かるけれど指に乗っけたままだと汚れが付いたり、乾燥して入れ難くなるから痛くなるかもしれないよ?とつい思ってしまい、引き伸ばしだと分かっていても早く入れる事を勧めたくなっちゃいます(笑)。あれはもう一回消毒液に入れて汚れを取って十分に潤いを補充した上で再挑戦する事を勧めたい一心です。(細かすぎて伝わらないだろ)スパナさんが「普通のコンタクトより薄型の上、戦闘用故にずれにくい」と言っていたのを聞いて戦闘用でもつい「いいなぁ」と欲しくなっちゃいました。(コンタクトの苦労話になると無駄に話が長くなってしまいます(苦笑))スパナさん曰く「時間が無い」との事ですが、どうしたんでしょうね?自分も多分幻騎士の話辺りは基本的に嘘だと思います。というよりも山本君との戦いを見たら素直な山本君が可哀想で、そんな山本君を騙した幻騎士が寧ろ本当の事を言った事は無いんじゃないかとすら思ってしまいます。(そんな事は無いんじゃ)そんな幻騎士の真意を読み取った(様にも見える)ユニちゃんの可愛らしさの中にある強さが良かったです。兄貴のロリコン発言もカット。やっぱりOPのユニちゃんは可愛いですよね。ユニちゃんの考えは紫月様が自分の言いたい事を書いて下さっていたので最早何も書く事は無いのですが(笑)ユニちゃんにだけ見えた未来がやっぱり気になりますね。二ゲラさんが出て来ていたのに少し驚きました。アニメの方が扱いが良いですね(笑)。兄貴の声は大人な落ち着いた声で良いですよね。大切な先代ボスの娘のユニちゃんのγ兄貴にとっては眩しい位の光を奪った白蘭。兄貴の怒りに対して白蘭さんは余裕って感じでしたね。寧ろ兄貴の感情の昂ぶりを助長させる様な面白がった口調で一気に激昂した兄貴の神経を分かっていて逆撫でする様な感じでした。白蘭さん、何をしたんでしょうか。何をしたにせよ、白蘭さんがした事は兄貴にとってもジッリョネロファミリーにとっても許し難い所の問題じゃないですよね。そして、幻騎士が。(泣きそう)ハルハル。本当に久しぶりに見ましたね、犬と柿ピー。骸さんの話題は二人にとって普通に話せる話題じゃないですからね。骸さんは二人にとっての光みたいのものでしょうし。(γ兄貴のユニちゃんに対する光とは少し違うかもしれないですが)確かに柿ピー、ちょっと不気味でしたね。小さくなると大抵は可愛くなるんですけれどね(笑)。犬、お風呂嫌いですもんね(苦笑)。ハルちゃんは「石鹸の香り漂う爽やかな人がタイプ」らしいですが、ツナ君は当て嵌まっているんでしょうか(笑)。お風呂にはちゃんと入ってそうですが。(お風呂に入らないとママンに何か言われそうですね(笑))と思ったら山本君!次回の紫月様のテンションと記事の長さに大きく影響しそうですね!もう幻騎士との戦いが迫っていますし(涙)オリジナルが入ると入らないじゃ大きく違いますもんね!次回の情報を見てきましたが、「高確率でオリジナルが入るんじゃ!」と期待しております。雲雀さんの出番が無いなぁとちょっと地味にテンションが低いですが、最近出番が無かった山本君が出て来る様で楽しみにします。そしてこの前のグッズのお話ですが、(引っ張ってすみません)10年前は余り接点が無さげに見えるんですが、実は10年後に限らず雲雀さんとお兄ちゃんはセットになる事があるようですよ。ランボさんはイーピンとだったり、獄寺君と山本君はいつの時代バージョンも雲雀さんと組む前にお互いでセットになる事が多く、骸さんは髑髏ちゃん、もしくは雲雀さんでツナ君はリボーン君と・・・と言った感じが多い様に見受けられます。上記の守護者達の中でもお兄ちゃんは雲雀さんと一緒になる事が若干多めの様です。良い感じのコンビですよね。個人的にも好きです。(訊いてない)ツナ君は誰と組んでも可笑しくないですし、雲雀さんと骸さんは自分的にも周囲的にもオイシイ(笑)コンビですが、リボーン君はレオンと、という風に雲雀さんはやっぱり草食動物達とは群れずにヒバードと・・・というコンビがやっぱり一番多いですね(笑)。雲雀さんに限らず10年後になると皆アニマルの匣兵器ともコンビになる事が最近増えてきた気がします。リボーン君とレオンは元からですが、大人雲雀さんはヒバードと雲ハリネズミちゃん、大人骸さんはムクロウ、獄寺君は瓜と(というよりも瓜単体もあるみたいです。ヒバードと瓜は単体でグッズも出ている様です)・・・と続いているのに山本君と雨ツバメちゃんのコンビがまだ出て来ない事に若干やきもきしております。まぁ、主人公のツナ君も動物と一緒の事は無いですし、お兄ちゃんと我流も無いですし、(もしかしたら我流は若干デフォルメに書き難いのかもしれませんし)ランボさんは・・・もう・・・。(何が言いたい)・・・ま、まぁランボさんはまだ匣とかいう話が出て来てませんし(笑)!(誤魔化した)とまたグッズをチェックし始めた孤鳥黒猫の要らないグッズ情報でした。自分から紫月様に送れる情報と言ったらこれ位しかない物で、ついつい長くなってしまいました。失礼しました。(土下座)そして今日、リボーンの最新刊が発売しますが、実は孤鳥黒猫は今週は朝から出て行ったり、一日がけでしなくてはならない事があったりと何故かしなければいけない事に追われていまして、折角の山本君の出番なのにリボーンの放送時間にTVを観る事が出来ない状況に居るのでアニメも土日続けて観られない上に、リボーン最新刊が今週中に購入出来ないかもしれないので、(いつもと同じく早めに入手出来る様にはしておきます)いつも最新刊片手に紫月様の最新刊の記事を読む事が楽しみなのですが本人が現物を入手する事が遅くなるのでコメントをするのが遅れてしまうかもしれないんです!本当にすみません!でも誠に勝手ながら紫月様と最新刊についてお話出来ればと思っておりますので、余りにも遅れたら諦めなければと思っておりますが非常識な位遅れてからの長文コメント(雲雀さんの出番もきっと多めにあるだろうと期待しているので)を遅らせて頂く事になるかもしれませんがご容赦頂ければ幸いです。自分勝手で本当に申し訳ありません(土下座)。アニリボでの山本君の出番に、雲雀さんが出るであろう最新刊と個人的にはリボーンの良い事尽くめの週に「何故よりによって今週・・・!?」という気持ちが抑えきれません(涙)。私情の挟み込み、長文すみません。では、失礼させて頂きます。


Re:弧鳥黒猫さん
こんばんは~!
黒執事の新EDいいですよねっ!!!!!あの美しくも悲しい旋律と、漂う暗い雰囲気がたまりませんっ(>▽<)!!!(←言葉を選べ。)根の暗さに共感するせいなのか、ああいう曲、メチャメチャ惹かれます。ずっと浸っていたいくらいです。検索してみたら、まだ発売していないようなので、早くCD出てくれないかなぁ、と思っております。早くフルで聴きたい!!あと、今回、エクステなのかウイッグなのか、それとも悪魔ならではの摩訶不思議な地毛なのか、セバスチャンの後ろ髪が伸びてて、思わず笑ってしまったんですけど(笑)。ただでさえも、自分がこの作品に興味を持ったのは、「骸さんに似てる執事の漫画がある」っていう噂からだったので、それがそんな髪型になってくれたら、もう笑うしかないじゃないですか!!どんだけニアーなんだ、セバスチャン。それから、我が家のビデオがHDD&BRに変わったことで、ほとんどのビデオを居間で見ることになってしまったので、セバスチャンの忠告に爆笑しながら、今週分は誰もいなくなってからでないと見られないな、と密かに思ってたところです(笑)。エヘンで誤魔化せなかったらどうするんだ!!!さすがに実践する勇気は持てません。誰かやってくれないかな(笑)。(←オイ。)
さて、アニリボの方ですが、ユニちゃんは本当に健気ですよね。あんなに小さいのに、一人で泣いて、その悲しみを押さえ込んで、周りを幸せにするために笑おうとするなんて!!!ユニママのような大人の女性でも、そんな考え方ができるって素敵な人だと思うのに、まだ幼い子供が…。それを思えば、γ兄貴もユニちゃんのために命を張ると忠誠を誓う気持ちも、すごくよく分かります。あの子が眩しすぎるというのも。その、「見える」ユニちゃんが、百蘭に会う前に見ていたものは、一体なんだったんでしょうね。すごく気になります。百蘭も、色んな意味ですごい力を持ってる人なんだろうと思いますが、アルコバレーノであるこのユニちゃんが、あっさりと言いなりになっているのではない…と思いたい気がします。あ、あとユニママの死因ですが、自分もそんな感じだろうな、という気がします。そもそも、アルコバレーノは呪い、みたいですから。
そして、ユニちゃんの自我を奪われてしまったγ兄貴のつらさとか悔しさとかは、想像を絶するものがありますよね。あんなに大事に思っていたのに…。百蘭といい、幻騎士といい、能力も考えてることも、ちょっと謎に包まれてる感じです。あ、幻騎士は、能力については結構最新刊で明かされたりするんですよね?楽しみにしとこう。
ハルハルインタビューは、犬&柿ピー。お風呂嫌い…かゆくなったりしないのかな、犬。まあ、色んな獣のチャンネルを使い分ける犬ですから、獣臭さは平気みたいな感じなんでしょうか。チビキャラでアニメや漫画だから、それでもかわいく見えちゃいますけど、実際いたらヤです。(←正直。)柿ピーは、そんな犬でもよく面倒見てるなーと思います。やっぱり骸さんへの思いが強いっていうところで、かけがえのない同士なんでしょうね。
次回は山本のオリジナルっぽいので、純粋に楽しみたい所です。もちろん、脚本や作画が大きな鍵なんですけど…。ちょっとでも山本らしい山本が多く見られるのなら、ありがたいです♪楽しみvvv
そして、またまたグッズ情報、ありがとうございます~!そうなんですか…数多のグッズがでてるということは、何となく知ってるんですが、色んな組み合わせがあったりとか、匣生物兵器たちまでグッズになってるとか、ほんとにすごいと思います。でも、山本と燕ちゃんがないなんて!!!グッズ製作側は、何てもったいないことをしてるんでしょう!!!絶対かわいいのに。絶対売れるのに。(←お前買わへんやん。)……でも、燕ちゃんの匣、ほんとにあったらめっちゃ欲しいです。絶対かわいい!瓜ちゃんよりずっと欲しいです(笑←扱いやすさの差)。あと、雲ハリネズミちゃんの、原作にそっくりなかわいさを再現したぬいぐるみとかがあったら、真面目に欲しいです。絶対かわいい。売ってないかな。
キャラの組み合わせについては、大きなお姉さんたちを狙ったものが絶対にあるだろうな、って変な勘繰りしてることもあり、そういう意味では、雲雀さんって、骸さんとかツナとか山本とかと組み合わされることが多いかなぁって思ってたんで、了平兄さんってあまりピンとこなかったんですよね~。いや、個人的に個々で好きですし、セットでも好きなんですけど。それとも、自分が知らないだけで、そういう組み合わせも人気があったりするのかな…。それとも、そんな考えかたしちゃう自分の思考回路が腐ってるのかな?(←たぶんそれ!)まあ、主役級のリボーンとツナ、右腕sでツナに近い山本と獄寺、黒曜と精神世界的つながりの骸さんと髑髏ちゃん、おちびのイーピンとランボ、と組み合わせていくと、何気に了平兄さんと雲雀さんは、ツナたちの先輩である並中生っていうつながりがありますからね(笑)。ある意味基本かも…。
リボーン最新刊、手に入れてまいりましたが、まだ読んでません。ワクワクです♪今日はとりあえず読んで、もう一回読むかな(笑)。と思ってます。感想は、コツコツと書いていくんじゃなかろうかと…平日だし、今職場で当番に当たってるので、早く行かなきゃいけないんですよね(^-^;。だから、下手に夜更かしなんかできないし。何とか土曜日までには完成してたらいいな、と思ってますけど、そんな未来はまだ全然見えてきません(笑)。でも、楽しみにしていただけてるのもすごく幸せだし、そりゃもう、リボーンの好きな方とめいっぱい語り合いたくて、このブログを続けてるわけで…いつであろうと、読んでいただけることが何より光栄ですvvvその中で、ちょっとでも共感いただけたり、言いたくてたまんないよ~ってことがあったら、ぜひぜひおっしゃってくださいませ♪いつでも受け入れ態勢は万全ですから!!だって、リボーンを読んで、思ったこと誰にも話せないし、話して通じる人が、周りに誰もいないんですもの…。(←そりゃ、社会人だしね?)弧鳥黒猫さんもお忙しそうですが、インフルエンザとかもまだまだ流行ってるみたいですし、お身体にお気をつけて、余裕ができたらぜひ、いらしてください♪お待ちしておりますvvv
☆紫月☆

投稿: 孤鳥黒猫 | 2009年2月 4日 (水) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメリボーン標的118「姫の決意」感想:

» REBORN!#118 [Sweetパラダイス]
スーツ姿のγ、ス・テ・キ〜和彦さんの素敵ヴォイスにうっとりボスに子供がいないと思ってたγだけど子供がいたパパはいないの?ユニちゃんは読心術ができるんだよ〜私もγの心の中が、う〜ん・・・・・膝ついたγに萌え〜『命懸けであんたを守る』なんて言われ隊あ、和彦...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 21時07分

» アニリボ感想★ ~標的118 姫の決意~ [遥の樹]
こんなに遅れたの、久々かもしんない… と、言うわけで心底ダ [続きを読む]

受信: 2009年2月 7日 (土) 17時36分

« アニメリボーン標的117「嵐の逆襲」感想 | トップページ | 家庭教師ヒットマンREBORN!23巻感想 »