« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

アニメリボーン標的135「到達!!」感想

 山本とお兄ちゃんだけ眼を覚ましてくれてないweep(注:ランボさんとイーピンもです。)

 やった…金曜日に、2カ月がかりで取り組んでいた、でかい仕事が一つ終わりました…。すごく嬉しい。形としては、まずまず成功といったところで、頑張った甲斐はあったというもの。しかも、先週日曜日から父母でトルコへ旅に出ているので、帰ってくるのが遅い自分としては、毎日朝6:30から1時間かけて家中の草花に水をやるという苦行を課せられつつのラスト1週間で、結構つらかったりしました。でも一人暮らし気分は最高happy01heart04。そしてダメ人間の紫月はばっちり風邪ひいております(笑)。体調管理ができてません。でも、朝早く、夜遅くで、朝晩まともな食事してる余裕がないというかcoldsweats01。それでも大して酷い症状にならないのは、我ながら大したものだと感心しております(笑)。鼻水鼻づまりだけ何とかして欲しい。
 さて、寄り道深夜アニメ感想。
「Phantom」ツヴァイとアインは、微かに心通わせている部分があると思うんだけど、アインの精神的な守りが鉄壁すぎてツヴァイの素直な気持ちを全部跳ねつけてしまってる気がします。いや、ツヴァイとしても、恋愛感情というより、一人の男の子として、女の子にやさしく接する、位の感情なのかもしれないけど。「07-GHOST」ミカゲは一人で悩んでるのかな。テイトの前から消えようとしてるようですが…。家族もテイトも大事なミカゲ、どっちも選べない。ちょっとかわいそう。ところで、テイトの手足の枷、誰か外してやれよcoldsweats01
 さて、自分でもまさかのはまりっぷりが
「戦国BASARA」。うちの地域はたぶん一番に放送してるので、今週分の感想も書きたいですが、9話目は未放送の地域があると思います。ネタバレにご注意ください。
 
8話「血風大伽藍!小十郎絶体絶命」
 何回見ただろう、これ。うちに人がいないのをいいことに、テレビつけたらこれ流してました(笑)。7話で主君と仰ぐ政宗が怪我を押して人質となった仲間を取り戻しに行こうとしたのに、自らの刃を向け、打ち倒して、一人出陣した小十郎。毒の煙を焚き、連携で襲い掛かってくる三好三人衆を、毒を吸いながらも次々に打ち倒す。「ちょっと我慢すりゃ慣れてくる」って、毒ですぜダンナcoldsweats02sign01ゲームを知らない自分は分からなかったんですけど、二本の刀の内一本を地に突き刺して、もう一本で薙ぎ払って敵を一掃する「霞断月」(ゆん様情報)がかっこよくてかっこよくてたまりませんでしたhappy02heart04sign03そのあとにその現場にたどり着いた幸村と佐助。佐助が思わず「竜の右目に姑息な手段は通用しなかったってことだな」っていう台詞がまたなんか嬉しかったり(笑)。なんてかっこいいんだ、小十郎sign03その後、六(りゅう)の刀(政宗の6本の刀)と楯無鎧(武田の家宝)を欲するがゆえ、伊達軍を拉致った松永さんと小十郎が対決するわけですが、家臣たちを見捨てない小十郎の言葉がまたかっこよかった。そこへ到着した幸村が鎧を差し出した瞬間、いきなり人質もろとも派手に爆破して、宝を手に入れようとした松永に、ぶち切れた小十郎。毒を吸ってる小十郎と、梟雄として名を馳せる一武将の松永とでは、圧倒的に小十郎が不利だったけれど、無事爆発から逃れていた佐助の毒消し炸裂弾と幸村のサポートもあって、稲妻を身体にパリパリ纏わせた小十郎(これがいわゆる「極殺」状態だったのかしら?)、派手な突き(穿月っていうんですってhappy01note)一撃で、見事松永に勝利。あ~もうほんとにかっこよくて仕方がないです。小十郎好きだ~~~happy02heart04sign03そのあと、無事に生きていた伊達軍の若者たちと笑顔を見せ合う小十郎も素敵。ついでに、爆風に吹っ飛ばされる幸村を颯爽と抱えて助ける佐助も素敵だったんですけど、そこんとこの幸村がかわいすぎましたhappy01note
 
9話「甲斐の虎、御勅使川に死す!」danger(ネタバレ要注意)
 嫌~~~~~~~~~~謙信が……sign01御館様が……sign01やだよ~第六天魔王織田信長…この人コワイ…cryingsign01濃姫のガトリングガンにすら刀で勝ててしまう軍神上杉謙信がかっこよすぎる。それなのに、それなのに…sign01あの展開を誰か嘘だといってbearingsweat01sign03しかも、徳川家康が討たれたって…ん?あ、これ、全然史実の流れとは別物なんですね。家康死んだらまずいでしょ。そして、国の人々を守るために甲斐の虎こと武田信玄が長い年月をかけて築いてきた川の堤を盾に取られ、明智光秀に追い詰められる。光秀も嫌だ、コワイ…コワイよぅcryingsign01幸村との会話で、いつもは幸村となぜか拳で語り合うことの多い御館様が、今回は幸村の髪をくしゃってしたんだ。あんなに慕ってる御館様を目の前で貫かれて、幸村はどんな思いで濁流に飛び込んだんだろう。あの甲斐の虎が、あれしきでくたばるなんて思いたくないbearingsweat01sign01そこへ駆けつけた政宗と小十郎。政宗の怒りが揺らめいて…。今回は、政宗に刃を向けたことに対する罰を覚悟する小十郎と、それを一笑に付す筆頭がかっこよかったです。あの一瞬は、すごく平和だったのに…。うぅweep

 寄り道長くなりましたcoldsweats01。それではアニリボ本編へ。こちらもネタバレ注意ですwinkgooddanger

 <アニメリボーン標的135「到達!!」>

 幻騎士が戻った…coldsweats01sign02一瞬だったけど。最後、ツナがX BURNER超爆発(ハイパーイクスプロージョン)を決めるまで、結構オリジナルで引き伸ばしてあったと思います。だって、発射準備整ってるから早く撃ってって、コンタクトが親切に言ってた(笑)。
 いったん幻騎士が身に付けたものをバラバラにして、再度身に付けたと思ったら、なんと巨大化した。しかも、幻騎士とヘルリングのまさかのコラボ。あれ、一人でやってらっしゃるんですよね、声。原作では、骨の幻でタッグを組んで、X BURNERを止めようとしてたけど、何で敢えて巨大化にしたんだろ。分かりやすかったから?でも、ツナのX BURNER超爆発を止めることは叶わず、幻騎士は霧散する。いまひとつ「最大の力」って感じがしなかったけど、ま、作画が綺麗だからいっかhappy01note(←脈絡ゼロ。)
 幻騎士がやられて、周りの風景が崩れ落ちてきて、リボーンは「やべーな」って消えたけど、別にホログラムだから消えなくてもダメージ受けないよね(笑)。そして、パソコン抱えてなす術無しのスパナ。「…ウチ…おしまい…」…死亡…でも、かわいかったと思うけどcoldsweats01。背を丸めてうずくまったスパナをかばったのは、ツナ。炎を掲げることで、バリアーの役目も果たしてくれるんだね。死ぬ気の炎って、便利だな~。
 そして、吹っ飛んだ壁の奥に見えたのは、捜し求めていた白くて丸い装置。

 白くて丸い装置の前まで来たツナたち。自分たちが過去に帰れない原因であるには違いない装置。それを破壊すれば帰れるかも…って、でも、確かに安直だよね(笑)。パソコンが動かなくなった時に、とりあえず思い切り衝撃を加えてみようっていうくらい無謀な気がする。それがなんなのか、全く分かってないわけだから。
 そこへ現れたのは、チェルベッロを引き連れた正チャン。そして、カプセルに閉じ込められたみんな。催眠ガスを無効化して眼が覚めたってことは、ラルも獄寺も、既に動けるくらいは回復してたってことですよね。おこちゃまたちは、大人ほどそのガスに反応できてないってことなんでしょうか。ランボさんもイーピンも、別に傷を負っていたわけじゃないと思うので。そういう意味で深刻なのは、催眠ガスを無効化しても眼を覚まさない山本と了平兄さんですよ…bearingsweat01sign01まだ起き上がることができないだけのダメージを負ってるってことじゃん。うわぁあん目を覚まして~~~山本~~~お兄ちゃ~~~んcryingsign01
 最初の目的どおり、その装置を壊してしまえ。と主張していたラルと獄寺も、正チャンにその中身がなんなのか説明されて、思わず黙り込んでしまう。ホログラムとはいえ、10年後のみなさん、お久しぶり…。10年後の山本、こんなところにいたんだね。これ原作で読んだ時、てっきりこの時代のみんなは10年前に行ってると思ってたから、色々衝撃を受けたけど、確かに入れ替わるべき自分がこっちで囚われてたら、10年前に現れることもないだろうし、5分経っても帰れないかもしれない。ついでに、10年じゃなくて9年と何ヶ月かしか経ってないっていう布石も、なんか関係してるのかな~?
 そして、謎なのは、中学生だった10年前の正チャンが、なぜ、どのようにして、この時代の技術を駆使して、みんなに10年バズーカを撃ったのかってことですよね。トゥリニセッテどうこうっていうのはこの時代に分かってることだと思うんだけど。あ、でも、アルコバレーノのみんなは、少なからず知ってることはあるみたいですね。そこからアルコバレーノ編へつないだりするのかな?
 3秒以内に大空のボンゴレリングを渡せ、と迫るチェルベッロ。獄寺とラルは、どの道自分たちも殺されるだろうから、チェルベッロたちをやってしまえ、というけれど、ツナはみんなを人質にとられて、そんな選択ができるわけもなく、カウントはどんどん進んで、大ピンチ…sign01

 本日のハルのハルハルインタビューはビアンキ。ビアンキが世界各地の毒を集めるのが趣味だなんて知らなかったな…coldsweats01だって、クッキングしたら勝手にポイズンになるし(笑)。どっちかっていうと、珍しい食材集めをする趣味があったような気がするけど…。

 なんか、アニリボ半分、戦国BASARA半分の感想のような気がしますが、この辺はリボーン本編も色々謎が多くて難しいところです。山本も意識を失ってて、あんまり感想が弾まないというか(笑)。あ、でも、雲雀さんはちゃんと目を覚ましてましたよねhappy01note一言もしゃべらなかったけど…、この時代に来て、一番この時代の状況が分かってないのは雲雀さんだろうから、仕方ない。来週はいよいよ衝撃の新事実です。でも、今回は原作一話で結構復習もなく粘ってくれてたと思いました。そして、もうすぐ10年後の彼らと、あの不思議ちゃんの登場ですね(笑)。ちょっと楽しみhappy01heart04note

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2009年5月23日 (土)

アニメリボーン標的134「地獄の騎士」感想

 山本ーーーーーーーーweepsign01
 そうか、首はNGかcoldsweats01

 急に暑くなるこの時期、最近毎年「脚が鉛病」(紫月命名←ネーミングセンスゼロ)にかかります(笑)。主に膝から下が、ほんとに鉛みたいに重くなって、座り込みたくなるくらいつらかったりするのですが、それこそ座り込んだら、脚が地面にめり込んでいくような感覚に陥ります。これも5月病の一種なのかな?ちなみに座り込んでいられるほどのんびりもしてられない職場なので、いつも走り回ってぐったりしてます(笑)。…で、何でそんなこと書いてるかっていうと、あれです、今日はアニリボ見て、一時間マッサージチェアで脚を徹底的にマッサージして、お昼ご飯食べたら、思い切り寝ちゃったってことの口実にしようかと思ったわけですbleahgoodsign01寝すぎて頭痛い。(←頭悪い子です。)
 深夜アニメ一言感想のコーナー(基本先週分)。
「Phantom」OPの曲がすごく綺麗で気に入ってたんですが、歌詞が「ブーエー」ってなってることを知ってびっくりしました(笑)。あのマフィアの味方みたいにしてた警察までグルだったなんて、なんだかなぁ。卑怯くさい。「07-GHOST」ミカゲを逃がしたのはアヤナミさんみたいですが、アヤナミさんは不気味な人だなーと思います。「Pandora Hearts」これも実は見てたんですが、あまり期待せずに見てた感じだったので、そのうち見なくなるかも…って思ったんですが、ちょっと面白くなってきたかな?これは今週分も見ましたが、レイヴンがギルバートだったと分かった辺りから、ちょっとレイヴンが気に入ってたので、楽しくなってきました。「戦国BASARA」小十郎がかっこよすぎてかっこよすぎてhappy02heart04sign01政宗が気になる派だったんですが、その政宗が銃弾を受けて倒れ、その政宗を思う小十郎が、メチャメチャかっこよかったんです。基本、政宗の思うとおりにさせてやりたい小十郎なんだけど、政宗はまだ若くて、無茶や無謀も多い。悩みを晴らすように月の下で刀を振るう小十郎がかっこいい。そして、伊達軍の兵士が人質にとられたと聞いて、無理を押して笑いながら助けに行くっていった政宗(←happy02heart04sign01)。今度こそその身を守るためにと、小十郎は政宗に刀を向ける。わざと傷に響くように徹底的に死角となる右を狙い、傷に突きを喰らわせ、最後に峰で首を打ち据えて意識を断ってから、政宗に向けた誠実な眼差しと言葉。あ~~~~かっこいいbearingsign03最後は単身乗り込んでいき、三好三人衆に向かって「寝言吐きたきゃ眠らせてやる。来な」っていうのもかっこよかった。政宗以外の相手には、比較的乱暴な言葉を使うんだけど、政宗には徹底的に丁寧な言葉も素敵なんですよhappy02heart04sign03あと、武田信玄に冷や汗たらたらになりながら言い訳してる幸村と、「ダンナ、言うだけ言ってみなって」って勧めながら、言いたいこと言えずにいる幸村に「あちゃー」な顔してる猿飛佐助もかわいかったです(笑)。って、もうこれ一言どころの話じゃないよねっていう。ヤバイです、戦国BASARA、面白い……。(歴女になるには、知識も愛情も程遠いのでしょうがcoldsweats01。)今週分、まだ見られずにいますが、楽しみでしゃーないです。

 さらにMr.Brain見てたら遅くなっちゃ…すみませんcoldsweats01。だって、Gacktが出るって…。(←一応ファン。)出たけど。次回予告に。…そりゃもう怪しかった(笑)。

 それでは、アニリボ感想ですが、ちょっとゆっくり…になっちゃってすみません。たぶん日付またぎますが、のんびり見守ってやってくださいまし。まだ見てらっしゃらない方はお気をつけてhappy01note

 <アニメリボーン標的134「地獄の騎士」>

 今日もツナ美人でしたね~happy01heart04note特に、みんなに押さえつけられてる時ですよ。ほんと、作画が神がかってきてます。目が特に綺麗。その目、今日の一つのキーワードだったと思うんですけど。

 幻騎士の回想。
 豆大福食べながらの白蘭。あら、それ正チャンのお土産だったの。まぁ、日本のお菓子だし、そう持ってくるのが自然っていう気がするけど、ということはつまり、幻騎士がジッリョネロを裏切ろうとする以前から、正チャンは白蘭の近くにいたってことになるのかな。で、お土産つながりで、幻騎士にはジッリョネロに伝わるマーレリングとユニちゃんのおしゃぶりをもって来い、とにっこり笑って伝える白蘭。あ、マーレリングも大空だけちょっと形が違うんですね。知らなかった。

 さて、その白蘭の軽いノリでの命令に「御意」で応えた幻騎士。白蘭のいうとおり、みんなが心配して集まってきたところで、幻覚の剣を作り出そうとしてたんだから、ほんとにやろうとしてたんだよな~。ほんと、幻騎士は謎だ。でも、ユニちゃんに「あなたの気持ちはわかりました」と言われたとき、その覚悟と苦悩を湛えた瞳に気圧された…。と。あの時のユニちゃんは、もう自分自身で白蘭のところへ乗り込んで行こうと決心してたってことですよね。それが分かっていて、それでも白蘭を神と慕う幻騎士。やっぱり、白蘭の能力に何か関係があったりするのかなぁ。

 同じ瞳に負けることは許されないのだ、と自らの精神をヘルリングに喰わせた幻騎士。…骨残像っていうか、それ骨だよねcoldsweats01何で骨だけになって戦闘力が上がるのかよく分かんないけど。だって、筋力とかゼロですぜ、ダンナ。(←ダンナって誰。)まぁ、とりあえず呪われてるってことはよく分かるかな。正チャンが言ったとおり、人格まで変わっちゃってる幻騎士。と・こ・ろ・が。
「やはりたいして強くなっていないな…」
 なんとツナ、冷静に分析。冷静さが強さの要因のひとつであった幻騎士から、それが失われたことを指摘するけれど…いっそう逆上する幻騎士。そして、口から吐き出した骸骨。だんだん形を成していくそれは…

 やーまーもーとー……bearingsweat01sign03

 原作では、みんなして首を絞めにかかったんですが、それはNGだったらしくて、頭をがっちりと捕まえる山本。寂しそうな顔してツナに手を伸ばす山本。久しぶりに山本の声聴いた。やっぱかわいいなぁ。そして、長い手足が素敵happy01heart04note(←空気読め。)そんな山本に驚愕するツナ。(←ここからツナ、ほんと美人。)そして、髑髏ちゃん、獄寺、ランボ、イーピン、雲雀さんに草壁さん、ラルに了平兄さんまで出てきて、みんなしてツナを押さえつけ、締め付ける。ただの幻覚ではなくて、本物と命がつながっているといわれたら、むやみに手を出すこともできなくて、一方的に押さえつけられるばかり。
 そんなツナにいかにも悪役の笑いを浴びせ、自分もジッリョネロを皆殺しにしたかったのだと叫ぶ幻騎士に、とりあえず病院行きをお勧めしたい。だってそれが本性だったとは思いたくないんだ。ヘルリングって性格を悪党にする性質を持ってるんじゃないの?24巻の、海牛ぺとっの人と同一人物なんて、嘘だ。(←もう内容が24巻に入ってるから、いいですよね?)
 ちびっ子たちの涙に、ツナの怒りは頂点に達して、光ったグローブ。リボーンですら、なす術なしと思ってたのに、ツナはちゃんと考えて、死ぬ気の零地点突破・初代エディションでみんなの手を凍らせるという、傷つけることなく離れさせる手段を取る。前回の二段の囮といい、冴えてる、ツナhappy01goodsign01そして、美しい初代も来たlovelyheart04sign01めっちゃ原作に忠実でした。素敵happy01heart04note
 そして、みんなが離れたところで、再び幻騎士に向けて本気のX BURNER開始。今度は、スパナの想定していた最大値をも超える炎圧まで高めたツナ。ゲージシンメトリー。発射準備、スタンバイ完了sign03

 ハルハルインタビューはラル。…ラルさん……なんかノリが、了平兄さんっぽい(笑)。ところが、リボーンの悪戯によって、ラルV.S.リボーンの対決へ発展。最後にはリボーンの分身の術が見られました(笑)。

 次回は遂に正チャンのところへ行き着くわけですね。早いなぁ。
 なんとか土曜日中に感想もアップできたようです。…本編の時間はそんなに長くなかったと思うけど、バトルだったせいか、2話分くらい進んじゃいましたね。さて、次回は驚きの新事実にまで到達するんでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009年5月21日 (木)

家庭教師ヒットマンREBORN!キャラ診断

 家庭教師ヒットマンREBORN!キャラ診断、ですって(笑)。本名でやってみたら、楽しい結果になったので載せてみました。

 まず、リボーンのキャラに例えると、紫月は「レオン」に近いそうです。

 …………レオンcoldsweats01

 1位 沢田家光……(相性:89 %(友達))←めっちゃ心強いhappy01sign01
 2位 山本武……(相性:88 %(浮気相手))う、浮気……coldsweats02sign02でも2位happy02heart04sign03
 3位 XANXUS……(相性:85 %(友達))←え…っ?友達関係成り立つかなcoldsweats01
 4位 雲雀恭弥……(相性:84 %(浮気相手))う、浮気……coldsweats02sign02でも4位happy02heart04sign03
 5位 六道骸……(相性:80 %(両思い))←すごく素敵なんですけど…happy02sweat01sign01
 6位 笹川京子……(相性:70 %(相談相手))←分かる、優しいもんhappy01note
 7位 チェルベッロ機関……(相性:70 %(あなたが弟子))←…何を教わろうsweat02
 8位 柿本千種……(相性:68 %(あなたの隠し子))←…めんどくさがり具合は遺伝かな(笑)。
 9位 スクアーロ……(相性:62 %(あなたが師匠))←…何を教えようcoldsweats01
 10位 ゴーラ・モスカ……(相性:62 %(あなたが弟子))←…何を教わろうsweat02

・「リボーン」に対して……あなたがM(マゾ)(相性:37 %)
・「沢田綱吉」に対して……相談相手(相性:45 %)
・「獄寺隼人」に対して……あなたがS(サド)(相性:12 %)
・「山本武」に対して……浮気相手(相性:88 %)
・「笹川京子」に対して……相談相手(相性:70 %)
・「三浦ハル」に対して……信頼関係(相性:45 %)
・「ランボ」に対して……微妙な関係(相性:0 %)
・「雲雀恭弥」に対して……浮気相手(相性:84 %)
・「笹川了平」に対して……あなたが師匠(相性:26 %)←むしろ「師匠」と仰ぎたいhappy02heart04sign01(←訊いてない。)
・「ビアンキ」に対して……対立関係(相性:22 %)
・「レオン」に対して……対立関係(相性:11 %)←同類だから?
・「エンツィオ」に対して……いじめられている(相性:20 %)
・「六道骸」に対して……両思い(相性:80 %)
・「柿本千種」に対して……あなたの隠し子(相性:68 %)
・「城島犬」に対して……家が近所(相性:29 %)
・「M・M」に対して……尊敬(相性:29 %)
・「バーズ」に対して……幼馴染(相性:39 %)純粋に嬉しくないcoldsweats01
・「ヂヂ&ジジ」に対して……あなたの隠し子(相性:56 %)←ちょ、意外に高いんですけどっcoldsweats02sign02
・「XANXUS」に対して……友達(相性:85 %)
・「スクアーロ」に対して……あなたが師匠(相性:62 %)
・「ルッスーリア」に対して……いじられている(相性:17 %)←可能性大。
・「レヴィ」に対して……サバイバルな関係(相性:24 %)
・「ベルフェゴール」に対して……無関係(相性:10 %)
・「マーモン」に対して……宿命のライバル(相性:1 %)←1%で宿命って言っていい(笑)?
・「ゴーラ・モスカ」に対して……あなたが弟子(相性:62 %)
・「チェルベッロ機関」に対して……あなたが弟子(相性:70 %)
・「沢田家光」に対して……友達(相性:89 %)
・「バジル」に対して……宿命のライバル(相性:39 %)
・「ラル・ミルチ」に対して……あなたがS(サド)(相性:56 %)←無理無理coldsweats02sign01
・「オレガノ」に対して……宿命のライバル(相性:3 %)
・「ターメリック」に対して……信頼関係(相性:44 %)
・「ボンゴレ9代目」に対して……実験台にされてる(相性:3 %)…9代目…cryingsign02

 みなさまも、お暇があればいかがでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009年5月16日 (土)

アニメリボーン標的133「逆転の一手」感想

 囮に囮の連続技……happy02sign01

 本日はちょっと午前中出勤だったんですけど、帰ってきてすぐにアニリボ見ることができましたhappy01noteでも、今週も忙しくて、せっかく先週G.W.で消化したビデオが、たちどころにたまってしまったcoldsweats01。というわけで、先週から再開した深夜アニメ一言感想先週分です(笑)。「07-GHOST」えぇ…ミカゲcoldsweats02sign02何しに来たの怪しすぎるsweat02ミカゲはすごくいい奴だと思うんだけど…。「Phantom」ツヴァイがどんどん壊れていく気がする。普通の男の子の反応もするだけに…あんな小さな子供まで、殺してしまえるなんて。(戦国BASARAは先週書いてしまったので、また来週にでも、感想を。)なんか、ゴーストにファントムだなんて、今期はなんておばけチック(笑)。

 それでは早々ですが、本日のアニリボ感想へ。記事を表示した途端ネタバレしてたらごめんなさいcoldsweats01。ということで、以降はネタバレワールドです。ご承知おきくださいませwinkdanger

 <アニメリボーン標的133「逆転の一手」>

 ツナV.S.幻騎士の真っ最中。今回は、正チャンの幻騎士のフル装備の解説が、イタリア語だらけでよく分かりませんでした(笑)。アニメは音声だけだからなぁ。「骨残像(オッサ・インプレッショーネ)のヘルリング」「幻剣(スペットロ・スパダ)」甲冑(アルマトゥーラ)シリーズ「霧の2番(ネッビア・ヌーベロ・ドゥエ)」そして、「大戦装備(アルマメント・ダ・グエーラ)」……片仮名は苦手です…gawksweat02ところで、幻騎士の鎧に「幻」って書いてあったってことに、アニメで初めて気づきました(笑)。ほんとだ、原作にもちゃんと書いてある。

 京子ちゃんたちのオリジナル場面で、何気に作画も動きもいいな~と思ったんですが、引き延ばし作戦の中に、「世界の謎と不思議」が出てきたところが、ちょっと面白かった(笑)。

 今回も作画はすごくよかったと思いました。ツナが綺麗happy01note
 「力の差を分かりつつ抵抗し、無残に散った」で、毎回冒頭の復習でも見ている山本の痛々しい場面が、またまた出てきて、もうちょっと山本が頑張った場面を回想してくれたらいいのに、幻騎士ったら、とか思っていた不謹慎な人間、約一名。
 そして、また実力差を理解しつつ、それでも諦めないツナの瞳に、幻騎士はユニちゃんの瞳を重ねる。単行本派の自分には、まだ今ひとつ幻騎士がなぜ白蘭に忠誠を誓っているのか、とか、ユニちゃんのことをどんな風に思ってたのか、という辺りが今ひとつ分からないのですが、ボスとして色々背負っている強い瞳を、ユニちゃんもツナも持ってるのかな。
「オペレーションX(イクス)」
で、再びコンタクトがX BURNERの発射シークエンスを開始。
 ツナの瞳にやや気圧されたせいで、より苛烈な攻撃に出る幻騎士。発射シークエンスは開始したものの、X BURNERに警戒して攻撃の手を緩めない幻騎士に、なす術なし。ツナは、リボーンにイヤホンのマイクでこそっと耳打ち。
 ここからが、ツナの頭脳戦。う~ん、ツナってダメツナで頭悪いっていう感じだったけど、成長したな~。実はやればできるんじゃないだろうか。幻剣の分裂する太刀筋が、更に大量に襲い掛かってくる中、たまらず上へ飛び出すツナの姿。その逃げ腰の姿勢に、背後から容赦なく切りかかる幻騎士。ところが、その姿は残像が崩れ、消え失せる。そこでそれがホログラムだと気づいた幻騎士。…手応えとかそういうのは、なかったんだろうかcoldsweats01。あれかな、斬激を飛ばしてたから、直接手応えは感じない、とか。
 それと気づいてはっと振り返る幻騎士の瞳が映したのは、X BURNERを発射しようとしているツナの姿。スパナはその炎圧の弱さに気づいて焦るけど、ツナはそれでも、リボーンがホログラムで稼いでくれた一瞬を逃さず、X BURNERを発射。このときの場面が、すごくOPな感じだと思いました。白くなるところとか、発射するツナの姿とか、作画のよさとか。
 それが一瞬にして三区画を吹っ飛ばした技だと知って、でも避けるのも間に合わず、幻騎士はそれを斬ることを選択。(斬れる物なのかなcoldsweats01?)そして、太刀筋を一つに絞ってツナにまっすぐ切りかかった幻騎士の幻剣は、炎をノッキングさせるツナの、独特の指の形でなんと白刃取りされてしまう。

 零地点突破 改 白刃取りsign03

 手の平で白刃取りするのでも結構大変だと思うのに、幻騎士の力で振り切られた剣を、指で白刃取りしちゃうなんて、ツナすごい。でもそれより何より、ホログラムとX BURNERを囮にして零地点突破・改で幻騎士の炎を吸収し、自分の力にするなんて、すごい頭脳プレーだ、ツナ。連戦で疲れて(アニメでは結構休憩時間長かったけど(笑)。)落ちてたパワーを自分のものにして、更に相手のパワーを削ぐなんて、まさに逆転の一手。今まで速さでもパワーでも圧倒されていた幻騎士に、速さで上回り、思い切り攻撃をぶちかますsign01
 でも、原因はそれだけじゃない。幻騎士の脳裏をちらつく、ユニちゃんの瞳。…それが幻騎士の動きを硬くしてしまう。それを悟った幻騎士。…悪しき記憶…ねぇ……。

 今日はしっかりEDをチェックしてたんですが、そしたらキャストに雲雀さんの名前が挙がってたので、ハルハルインタビューではまだ雲雀さん出てきたばっかりだし、何でかな~って思ってたら、ああ、イーピンでしたか(笑)。イーピンも冒頭の復習ではしゃべるけど、本編では出てきてなかったっけ。
 今回は中国風のハルの衣装もかわいかったし、日常編もすごく懐かしかったし、イーピンの師匠的人形から雲雀さんへ発展して、まさかの雲雀さんの登場もあったし、なかなか楽しめるインタビューだったと思います。
 雲雀さんが現れたことで、照れて真っ赤になったイーピンの筒子時限超爆のカウントがスタート。そそくさと逃げるリボーンに、リボーンがいなくなってしまって、さくっと帰ってしまう雲雀さん。なんだかヤバイのを悟ったのか、ハルもゲストのイーピンをさしおいて、さっさと退場したおかげで、爆発には巻き込まれずにすみました。ラッキーなハルちゃんですcoldsweats01

 次回は遂に幻騎士がぶち切れちゃいますね。そして、23巻が終わっちゃいますねcoldsweats01。4月に出た単行本の内容が、もうアニメになっちゃうのか…coldsweats02sign01うわ~…。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009年5月 9日 (土)

アニメリボーン標的132「最終防衛区画」感想

 ケンのケンケンぱぁ~(ちゃんねる)、が……happy02sign01
 スパナさんとか、超かわいいんですけどっhappy01heart04note

 さて、4月に入るまでは深夜アニメの一言感想で、アニリボのネタバレ防衛区画にしてたんですけど、4月から録ったビデオ全然見る時間がなくて、それが止まってました。先週G.W.で時間があったのを期に、どぁあああっと見たので、また気が向いたらポチポチ書いていこうかな~と思います。といっても、先週アニリボの感想書いてからほとんど見てないので、たぶん1週遅れになりますが(笑)。ただの気まぐれコーナーなので、そんな感じでcoldsweats01。今週はたまたま夜中まで起きてて見た分だけ書いておきます。「戦国BASARA」個人的にはちょっとハイカラな政宗様が気になる派なんですが、今回めっちゃかっこよかったです。戦っていた浅井長政が、自分を狙った味方の織田の鉄砲隊に背後から容赦なく撃ち抜かれて、妻のお市さんが最終的に裏切るために輿入れされていたと知って、それでもお市さんを思う姿、そして、長政を思うお市さん…。そのまま息を引き取る長政を見て嘲笑った光秀に「やっちゃいけねえことがあるだろうsign01」って向かっていった政宗が超かっこよかった。しかも、そうとは見せなかったけど、腹部に鉄砲で風穴開けられて。そうとは気づかずに戦わせてしまった小十郎も悔しかったんじゃないかなぁ。倒れてしまった政宗様にもちょっとときめいたhappy01heart04note(←オイ。)あと、何気に「黒神」続いてるんですけど、慶太さんはよく生き返るなぁ(笑)。と。

 それではアニリボ感想です~。以降ネタバレにはご注意をwinkdanger

 <アニメリボーン標的132「最終防衛区画(ブロック)」>

 無事食虫植物ブースを抜けたツナ。そんなツナが大事に持ってるお守りを作ってくれた京子ちゃんとハル、色々心配してるんだろうけど、前向きに頑張ろうとする姿がよかったです。女の子たちかわいかったし、OP後のスパナさんもかわいかったので、今日の作画も安定してそうですねhappy01heart04note

 なんか、風を受けて髪が少し乱れているスパナさんが魅力的だと思って見てたのは紫月だけでしょうかhappy01heart04追尾型のミサイルに追われて、スパナのことを考えてあまりスピードも出せないツナ。
「心配するなボンゴレ。足手まといにはならない」
 後ろのリュックに手を伸ばしてゴソゴソするスパナ。取り出したのは、お茶碗とお箸。(しかも「酢花゜」の名前入り(笑)。)
「……違う」
 それであってたら、むしろ足手まといcoldsweats01sign01
 とりあえず大事なものだけ持ってきたんだろうけど、それを大事なものと認識してるらしい、日本贔屓のスパナがかわいいと思います。
「ん?あったsign01
 このときの言い方がすっごいかわいかったhappy02heart04sign01
 すちゃっと構えたのはチャフ・フレア砲。追尾型ミサイルを、チャージした死ぬ気の炎で撹乱するという技ありもの。追尾する兵器と聞いて、この時代にやってきたときの太猿の武器を思い出してるツナが、またえらく美人でした。って

 ここでまさかの正チャンとスパナの回想来たhappy01heart04sign01

 一生懸命武器の分解に熱中するスパナ。どうやら正チャンの作ったものらしいけど、それでも自分でその構造を確かめずにはいられないんだろうな。
「そうだろう、正一」
っていうスパナがかわいくて仕方なかったhappy02heart04note今日の作画、スパナがほんとかわいいと思います。そして、そんなスパナに「仕方ないなぁ」というような表情を見せる正チャンだけど、それが本当に優しくて、ホワイトスペルとブラックスペルでも、この二人の間には、そんな派閥の差なんて全然関係なかったんだろうな、って思わせてくれました。スパナ、正チャン相手にもタメ口だし(笑)。

 正チャンの用意した最終防衛区画に向かって突き進むツナたち。チャフ・フレア砲を見て、こちらも賞賛のリボーン。「うちのメカニックと発明勝負をさせてみてーな」と言われて「ん?」なスパナも、超かわいい。ほんと今日のスパナさんはいちいちかわいい。これまでもスパナさんかわいいな、とか、素敵だな、とか思ったことはあったけど、出番が多いせいもあって、見るたびにかわいいですhappy01noteジャンニーニもやる気満々ですが、「ウチも負けない」って言ってるスパナも、すっごく嬉しそう。原作では、もうちょっと色々複雑そうな顔に見えたんですけど、アニメのスパナさんはフツーにかわいかったですnoteなんか、嬉しそうなスパナさん見てると和むな~happy01heart04note

 ところが、次に出てきたでかいミサイルは、分裂に分裂を繰り返し、追尾型でもない上、なんかトビウオに化けて襲い掛かってくる。この辺りの、ツナのスピードの緩急で、スパナが前にきたりとか置き去りにされたりとかの演出が、原作どおりなんだけど、アニメならではの動きで分かりやすくて、なんか面白かったです。それにしても、それがスパナを守るためとはいえ、そこそこ重傷者のスパナをあの勢いで離すのは、了平兄さんと獄寺を容赦なく放り出した雲雀さんと大差ないくらいダメージ与えてそうです(笑)。

 でかい鎧に突っ込んでいったら、それは幻覚。そして背後から襲い掛かってきたのは、幻騎士。遂にツナと幻騎士が遭遇しましたね。そして、超直感で幻海牛も見事にかわすツナ。超直感って便利だな。生き物だったらどれでもいけるのかしら…。
 とはいえ、さすがのハイパーツナでも、10年後の雲雀さんと同レベルの体術に幻覚まで使える幻騎士には、歯が立たない。心配そうに見つめるスパナ。果たして、どうなる?ツナ。

 さて、今回本編が短いな~と思ったら、おまけニ連発でしたねhappy01noteしかも、ハルハルインタビューのゲストは骸さん。そう言えば、前回ハルにコスプレ仲間だと認識されたんだっけ(笑)。でも、コスプレという言葉には反応しなかったのに、東京タワーとか鏡餅とか、意味不明の着ぐるみを見せられた途端に固まる骸さんが、チビキャラだけにかわいい(笑)。そうだよね、学生服が好きなだけだよね、骸さんは。(←それもどうかと思うが。)
 リボーンに「幻覚が使えるんだから、それでとっかえひっかえすればいい」って言われて、骸さんまたぴくっsign01でも、普段から幻覚使いっぱなしって、疲れそうですcoldsweats01。それに、結局着てる服は同じなわけですからねぇ。ファッションってそういうものでもないような気が…。(←でも骸さんの反応を見てると、それもできなくはない感じでしたね(笑)。)
 霧に紛れて姿をくらましてしまった骸さんの代わりに現れたのは、髑髏ちゃん。おっと、相変わらずハルちゃんは「クローム」が言えないんですね(笑)。賢いはずなんだけど。「挨拶」にジェラシーのハルちゃんだけど、そこへなんと犬と柿ピーまで乱入。相変わらず犬の髑髏ちゃんへの接し方はひどいな~coldsweats01。結局骸さん探しに飛び出していった犬を追って、柿ピーや髑髏ちゃんもいなくなっちゃいました。

 そして、ここでまさかの「ケンのケンケンぱぁ~ちゃんねる」がっcoldsweats02sign01ルッスーリア三丁目があったから、これもいつかはあるかもしれないと思ってたけど、ありましたねぇ。よかったね、犬、骸さんに会えてnote……それにしても、犬は墓穴堀りまくるタイプだな(笑)。そして、骸さんにいじられるキャラは健在…ていうか、本編でそんなにいじられたことはない気がするんですけど、単行本のパイナッポー通信とかで散々いじられてるから、もうそのイメージ定着です。わざわざ幻覚でナッポー出して投げまくる骸さんに、尻尾出してキャンキャン言ってる犬がかわいかった(笑)。柿ピーが「2回目は期待しないほうがいい」って言ってたから、これが最初で最後なのかな~。

 次回は完全防備の幻騎士ですね。あと2回もやれば、23巻も終わっちゃいそうです。7月中旬からは、アニメオリジナルの長編に入るって聞いたんですけど、遂にアニリボにもそんな時期が来たんですね…。アルコバレーノのお話なんだとか。それって結構本編でも重要なところのような気がするけど、それを本編で飛ばすわけには行かないだろうから、支障のない程度のお話なのかなぁ?お話の原案は天野先生とのことですが、アニメオリジナルとなると、どうしても当たり障りのない、今ひとつ面白くないお話になってしまいがちなので、脚本の方やアニメスタッフさんに頑張って頂きたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009年5月 6日 (水)

魔王JUVENILE REMIX8巻etc.

 あぁ、もうG.W.終了ですか~~~早いなっcoldsweats01。ず~っと聴けてなかったリボラジをB.G.Mに、今日はこのG.W.(四月下旬の前半を含む)に読んだ漫画の感想などをちらりと。リボーンほどがっつり気合は入れませんので、ゆる~く生温かく見守ってください(笑)。

 4月11日に、誕生日祝いをしてくれた友達が、たくさん漫画貸してくれたんですけど、これもなっかなか読めなくて、やっと…読めた…coldsweats01sign01
 その中で面白いと思ったもの、PICK UP。

 <聖(セイント)☆おにいさん 1~3巻>

 やっべ、お、お、面白……っhappy02sweat01sign01
 知ってらっしゃる方もいると思うんですけど、イエスとブッダのお話です。
 なんだこのゆる系のキャラ(笑)。
 仮にもキリスト教の神イエス・キリストと、仏教の仏ブッダなのに、そんな扱いでいいのかしら。節約系の比較的まともなんだけど現代の常識に精通しないブッダに、ちょっとお茶目で時々今時で、やっぱり現代とちょっと噛み合ってないイエス。どっちかというとブッダがツッコミキャラなんですけど、そのブッダが天然だから、ダブルボケ状態。しかも、彼らのエピソード(ブッダの断食とか、動物が自分から食べられるために身を差し出す話とか、キリストの石と水をパンとぶどう酒に変える話とか、聖痕の話とか)が、盛りだくさんで、しかもそれがうまく笑えるエピソードになっちゃってるんですよね。これ、キリスト教徒の方とか、真面目な仏教徒の方とかが読んだら、怒られるんじゃないかなcoldsweats01特にイエス…結構ダメなお兄さんになってるよ(笑)。
 ブッダとかキリストとかのお話を知ってる人であればあるほど、面白いかもしれません。ただ、真面目な信者の方にはどうなんだろうと本気で心配coldsweats01

 <アイシールド21 34巻>

 これについて書くのはすごく久しぶりです。まだリボーンにはまる前に、蛭魔が好きだな~とか言ってたことがあります。正確に言えば蛭魔とか武蔵とか進さんが好きです。(←訊いてない。)遂にクリスマスボウルに決着がついたんですね。基本主人公のセナが大活躍で、相手校のエースを抜いて勝利っていうのがこの話のセオリー。このクリスマスボウルでの帝黒学園との戦い…もちろん相手校のエース、アメリカで実際に存在したアイシールド21の大和猛V.S.セナの戦いも面白かったです。けど、でも、最後の最後で逆転を決めたのが、最初からハッタリで蛭魔にあだ名つけられてた「60ヤードマグナム」の武蔵で、真面目にハッタリの60ヤード決めたのがすごい嬉しかったしすごいかっこよかったです。ハッタリのアイシールド21を本物にしたセナ。そして、最後は、絶対にクリスマスボウルに行くんだって結成した3人(蛭魔・栗田・武蔵)のうち、途中抜けて仲間をどん底に突き落とした武蔵。蛭魔が武蔵に「テメーが抜けたとき、栗田がどんだけ…栗田が…」って言ってるのが、まずぐっと来た。蛭魔は絶対に自分の弱みを見せたりしない人間だから、全部栗田のせいにしてるけど、きっと一番荒れたのは蛭魔で、そもそも栗田のことは糞デブとしか言わないのに…すごく強い思いで言ってるんだなっていうか。それを心配そうに見つめてるまもり姉ちゃんもよかったです。そして、一番冷静で常識キャラの武蔵が、決めたことのない60ヤードに挑んで優勝決めたのが、すごくかっこよかった~~~happy02heart04sign01やっぱり武蔵好きだな~heart01おっさんキャラだけど(笑)。なんか好きの感じが了平兄さんのことを好きな感じに似てると思います。頼れる大人、って感じなんでしょうか。ちなみに蛭魔を好きな感じは雲雀さんのことを好きな感じに似てると思います(笑)。(←ゴーイングマイウェイで他人の上に君臨する最強キャラ的な感じで。)
 それにしても、クリスマスボウルという最終目標に到達したのに、まだ続くんだっていうのにちょっとびっくりしました。えっと…それはジャンプSQで再開したテニプリ的な展開ですかcoldsweats01(←詳しいことは知らないですが、友人が好きなので。)人気キャラ総集めで、そりゃあおいしい話になるでしょうけど…。そして、好きな漫画ではあるので、終わってしまうのは寂しいと思ってはいるんですけど…。

 <魔王JUVENILE REMIX 8巻>←This is 自前。

 前回7巻は、第2章「潤也」に入って、岩西事務所のみなさんと潤也のコラボが楽しすぎたっていう感じだったんですけど、今回はまた衝撃の展開だったです。
 モダンタイムス来た~~~coldsweats02sign01
 基本の流れは小説「魔王」「グラスホッパー」だったんですけど、島さんがまさかのモダンタイムス拷問に…。しかも、拷問かけてるのはグラスホッパーの比与子さんだったりとか、今回も見事なリミックスっぷりです。まあ、そんなこともありつつ、まず一番の衝撃はなんだったかといいますと。

 マ、マスターがぁあああああcoldsweats02sign01

 まさかの押し屋登場でマスターが殺されたよsign03このタイミングで、グラスホッパーの最強の殺し屋だった押し屋が、マスターを押しちゃうなんて…。しかも、原作では語られなかった最高峰の殺し屋がこの押し屋ってことになってるみたいで、そう来たか…と。安藤が犬養さんと対決するに当たって、最も大きな障害となったマスターが、ここで…。モダンタイムスでは、マスターらしき人はちゃんと生きてたのに。あ~びっくりした。しかし、原作では無傷だったマスターが、こちらではスズメバチの毒で車椅子になり、更にはトラックに見事に跳ねられちゃうなんて、散々だな。あの轢かれっぷりとか、これが押し屋の仕事だってこと考えたら、これで生きてるってことはありえないと思うので…まさかのマスターご退場でした。
 ちなみにカバー裏のおまけは、ここの場面をナウシカ風に……って、いいのかそのはっちゃけぶり(笑)。

 そして、そのマスターと待ち合わせに向かっていた潤也。
 素で金属バットもってるのは大丈夫ですかcoldsweats01
 もう、表情も含めて、潤也めっちゃ人殺そうとしてるよ…coldsweats02sign03人殺しの顔になってるよ…潤也…weepsign01今回の潤也のキレっぷりは、7巻どころの話じゃなかったです。島さんの勘違いに乗って「グラスホッパーに入りたい」って言ったときの表情、兄の仇を討とうと思ってたところで押し屋にマスターを殺されてしまった時の豹変っぷり、島さんをバカにしたときの見下す瞳…ますます潤也が病んでいく…crying
 だけど、拷問を受ける羽目になってしまった島さんに向かって「バカだ」って潤也が言ったのは、潤也が考えに考えた作戦で。自分がピンチに陥った時、潤也がとった行動は「兄貴ならどうする?」「考えろ…」尊敬して慕っていた安藤が、やっぱり潤也にとっては最後の砦なんだなぁ。安藤の最大の武器である考察。それを今度は潤也が。基本的には衝動的に行動しちゃう子だと思うんだけど、考えて考えて、マスターは押し屋に依頼して自分が殺したと言い放つことで、島さんが無関係だと証明し、更に犬養さんに面会を果たす。最高の一手だと思いました。そして、最後には潤也自身が、安藤の成し遂げなかったことを成し遂げようと、犬養さんとの対決を決意する。原作ではそんなふうにはならなかったけど、漫画魔王ではまた全然違う展開になりそうな?
 その過程で、まさかの安藤が潤也に憑いて、犬養さんと会話するという、これまたびっくりな展開があったわけですが、これも「グラスホッパー」とリミックスされてることで、原作でもグラスホッパーではやたら亡霊が出てくるし、全然違和感ないんですよね。これまたリミックスマジック。そして、安藤は死んでもちゃんと生きてるbearingsign01潤也の心の中でとかいうレベルじゃなくて、ちゃんと物語の展開に影響を及ぼしてくる。この物語の中に、まだ安藤の存在は生きてるんだsign03
 全然関係ないけど、犬養さんの髪が短くなってて、ますます麗しく見えたのは紫月だけですか。(←空気読め。)

 さて、ほかにも色々と印象的な場面があったわけですが。
 そのうちの一つが、潤也の夢。安藤が見えない不安で、思わず「兄貴!!」って叫んだ潤也。その瞬間、その肩に背後からもたれかかる安藤…。ずっとその表情は見えないままで、「ごきげんよう、おひさしぶり」(=ゴキブリ)について他愛ない会話をする二人。だけど、涙に言葉をつまらせながら笑顔って…潤也bearingsweat01sign01その他愛ない会話がどれだけ幸せで切なかっただろう。そして、「どこにも行かないって…言ったじゃないか…賭けてもいいって言ったじゃないかよ!!」と叫んで振り返った潤也。きっと一番安藤に言いたかった言葉。ずっと安藤がいなくなっちゃうような不安に駆られていた潤也のその気持ちを、否定してくれた言葉だったのに。そんな潤也の髪をくしゃっとなでて、微笑む安藤…。それが綺麗で優しくて切なくて。潤也の中の安藤って、こんな存在なんだなぁ。「劇団」の家族の姿に、自分たちの姿を重ねて嗚咽をこぼす潤也も、ほんとに切なかったです。つらいよね、つらいよね、潤也…。

 それから、押し屋の槿(あさがお)さんと潤也の会話。潤也の能力が検証されてましたけど、これも原作では明らかにされなかったこと。現象の制御?そうなの?潤也が現象を制御してるの?それとも、現象の確率を勘で制御して一分の一にしてしまうの?うぅん、難しいな。それにしても、この最高峰の殺し屋の落ち着き加減とかがちょっとツボなんだ(笑)。(←だから空気読めって。)

 さて、今回はこの辺で。リボーン以外のこと書くのって珍しいですけど、それ以上にこの更新の早さが一番珍しいと自覚してる紫月でした(笑)。すみません、基本週一ですみません。次に余裕ができるのは、仕事が一段落する夏かな~(笑)。あ、でも夏も研修あるんだった。くっ。夏休みが待ち遠しいっス。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年5月 5日 (火)

Happy Birthday 雲雀さん♪♪♪

Hibari_birthday2009color こっちも…間に合った……coldsweats01sign01

Happy Birthdaysign01雲雀さんhappy01heart04note

 今年は絶対祝えないと思ったけど、人間やればできるのかもしれない、ビバG.W.happy02rocksign01

 今年度が始まって、みなさんとってもお忙しそうで、自分も忙しいと思ってたんですけど、ちゃんと連休は連休だったので、もし自分が頑張れるんだったら頑張って、お忙しい方に、少しでも楽しんでいただけたらと思って、5月2日に描き始め、3,4日と出かけたんだけど、何とかセーフcoldsweats01sign01ビバアップ(笑)。

 時間がなかったので、今回はツッコミどころだけでなく、手抜きどころも満載でスミマセ……happy01sweat01sign01苦肉のアップ&動物でごまかし作戦です(笑←去年も雲雀さんの誕生日はアップでごまかした)。しかも、誕生日イラストでなんでこんな重々しいねん、誕生日の雰囲気の欠片もないやんけ~って話なんですけど……。だって…雲雀さんって紫のイメージだし……背景白いといかにも手抜きな感じがありありと……。ペイントって、スキャナで取り込んだ線の間際を塗り潰すのが大変なので、敢えて絵の周りは白です(笑)。全部塗りつぶすと重いし、これもありかな~みたいな。
 更に、今回山本がいません。代わりに燕ちゃんで許してくださいcoldsweats01。アニメのハルハルインタビューで、10年後の雲雀さんは小さい動物好きって公言してましたから、誕生日くらいかわいい動物に囲まれてたらいいんじゃないかと思いました。そんで、それを知ってる山本が燕ちゃんを雲雀さんの元へ飛ばしたりとかしてたらいいんじゃないかと思いました(笑)。(←あくまで山本の存在を主張。)雲雀さんならきっとかわいがってくれる…sign01
 燕ちゃんとハリネズミちゃんをまともに描いたのは初めてだったので、原作とにらめっこでした。そして、10年後の雲雀さん…アップはやっぱり初めてでしたが、10年後に見えるかどうかは自信ないっスgawksweat02。(その前に雲雀さんは上手く描けないッスweep。)今回頑張ったと思うのは、雲雀さんの持ってる匣です(笑←生き物ですらない)。あの…立体感を出そうと思って頑張りました…winkgoodshinesign01(←えー。)

 イラストの部分をクリックすると、原寸大で出ると思いますけど、画面からはみ出す気がします…。そういう理由で縦描きは避けてたんですけど、すみませんcoldsweats01。あと、公開日の18時ごろ、ちょっとだけイラストを修正しました。なんかすごく違和感があった部分を直してみました。ちょっとすっきり(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2009年5月 2日 (土)

アニメリボーン標的131「暴走」感想

 は、ハリネズミちゃんhappy02heart04sign03
 ぉおおっと、山本キタ━━━━happy02━━━━heart04sign03

 さて、G.W.ですねhappy01heart04noteお休みだぁお休みだぁお休みだぁsign01うれし~~~~~~っhappy02sign01で、予定が今日明日だと思ってたら、明日あさってだったっていう話で(笑)。遊びの予定すら把握できてないってどうだろうって思ってしまいました…。とりあえず、感想書けるぞsign01
 で、溜まってた漫画やビデオを少し消化できました。漫画はアイシールド21とか魔王とか、色々ぅおおおおって思ったこともあるので、ちょっと別記事で感想の一つも書けたらなぁと思いますが、予定は未定ですcoldsweats01。アニメは新番組色々録ってたんですけど、1話目を見て「これは録って見るほどでもないかな」というのをガンガン削除していたり…(笑)。あれだけ全部は絶対無理だcoldsweats01。(←どんだけ録ってたんだ。)新番組では今のところ
「戦国BASARA」「Phantom」「花咲ける青少年」「タイタニア」「鋼の錬金術師」「07-GHOST」くらいは見ようかな~と。残すかどうかは微妙ですが。「花咲ける青少年」はずっと前からうちに原作があって、立人(リーレン)が大好きだったので、残したい…。けど、第2話を録り損ねました…despairsweat02。ハガレンは以前放送した時のを全部テープで残してあるんですけど、マスタング大佐の声が違うのとか、エドの髪の色がなんか浮いてるのとか、ちょっと気になるというか…大佐が好きなだけに(←髪の色カンケーねーcoldsweats02sign01)。今回は前作と違ってちゃんと原作に沿った話になるということを聞いた気がするんですが、最初の方は一緒だし、2度見るかな?といったら見ない気がする…。「タイタニア」は、田中芳樹さん原作なので、SFものといえばちょっと気になります。「Phantom」は雰囲気と話がどう展開するのかが気になる。「戦国BASARA」……伊達政宗がゾロの声優さんで、かっこいいかもhappy01heart04noteあと、猿飛佐助(?)の真田幸村とお屋形様のやり取りへのツッコミが面白いです(笑)。原作はゲームとのことで、ツッコミどころも満載ですけど、迫力満点の演出とかもすごいなって思うので、ちょっと楽しみに見たいと思います。「07-GHOST」…ミカゲのことは全然話進まないんですけど、3人の聖職者の方々がおかしくて笑えます(笑)。特に人形マニアのお兄さんと、テイトに「お前が聖職者であることが大問題」って言われたお兄さん。

 さて、余談が長引きましたが、本題へ行きます。ネタバレには十分ご注意の上、閲覧をお願いしますwinkdanger

 <アニメリボーン標的131「暴走」>

 ボンゴレリングによる膨大な炎を、オリジナルの雲ハリネズミちゃんの匣に注入した中学生の雲雀さん。匣が震えてぱかっと開いて…なんか落ちた。
「ん?」
 うぁ、雲雀さん美人っcoldsweats02sign03今日の作画もまためっちゃ綺麗じゃないですかhappy02heart04sign01
 雲の炎に包まれて落ちたのは。

 ぷるぷる。
 ぷしゅ~~~。
「キュゥゥ…ケプ」

 happy02heart04sign03

 きゃわゆっhappy02heart04sign03
 なにあのちまっとしたおててhappy02heart04sign03ぷるぷるしながら、一生懸命ちっちゃなおててを伸ばして起き上がろうとして、またぺちゃっとつぶれちゃったhappy02heart04sign01大量の炎に酔っちゃって、ふらふらしながらそれでも何とかおてて伸ばして立ちました。
 ヒバードがふかっと雲雀さんの髪に埋もれ、雲雀さんは更にそのきゃわゆな生き物に、そっと手を差し延べます。雲雀さんも綺麗でかわいいです。ハリネズミちゃん、ふふん、と鼻を震わせて、雲雀さんに気付くんですけど、紫月が人物以外でコマ送りしたの初めてかもしれません(笑)。雲雀さんに気付いて、嬉しそうに笑って手を(前足を)雲雀さんの方に向ける瞬間のハリネズミちゃんのかわいさはハンパないですhappy02heart04sign03きゃぁああかわいいいいいhappy02heart04sign03あの子欲しいあの子頂戴っlovelysign01
 そして次の瞬間に起こった悲劇。

 ザクッ

 あ、血だ。(←そこかよ。)
 なんと雲雀さんの手の平に、グサリと突き刺さってしまった鋭い針。それでも身じろぎ一つせずに静かな瞳で見つめている雲雀さんに、ハリネズミちゃんの目がうるるるるるるっ。
「キュゥゥ……」
「ん?」
「キュウウウウウウ~~~~~~~~ッcryingsign03
 ぶ、分身の術だったのかcoldsweats02sign01(←そっちかよ。)原作よく見たら、分身してました。一匹で増殖しまくってると思ってた。あゎあゎ、かわいそうにsign01大好きなご主人様刺しちゃって、すっごいショックだったんだよね。けど、その大暴走のおかげで、雲雀さんまで大ピンチcoldsweats01sign01幻騎士も戦いどころじゃなくなったけど、草壁さんもランボにイーピンをしょって、了平兄さんと獄寺を抱えて、更に髑髏ちゃんまで背負って(すごいなこの人。)逃げるけど、追いついてくる針でランボとイーピンはリュック破損のため自力で逃走。そして、その代わりに倒れていた山本とラルもその背に乗せて
「気…気合~っ」
 一人で5人抱えたbearingsweat01sign01なんて人だ、草壁さん。この人がいなかったら、ほんとにボンゴレは終焉を迎えてたかもしれないよcoldsweats01。更に機転を利かせてボンゴレアジトに緊急連絡。使える人だ、草壁さん。

 ハリネズミちゃんの暴走で、メローネ基地も大変なことに。正チャン、マジでお腹痛そうcoldsweats01。研究室のすぐ近くだし、色々と心配だよね、正チャン。

 草壁さんの緊急連絡のおかげで、ツナにもその情報が。大変なことになってるってことはよく分かったので、みんなの元へ向かうことを決めたツナ。そして、ついていくことを決めたスパナ。パラシュートで…(笑)。ツナがなかなか手当てしないので、手当てしないまま行くのかと思ったけど、ちゃんと手当てしてありましたね。よかったよかった。こう見えてスパナ、結構ダメージ負ってますから。

 ツナが動き出し、雲雀さんの雲ハリネズミちゃんで、色々と切羽詰ってきた正チャン。ところで、正チャンの炎もすごくないスかcoldsweats01普通に小さく灯すとかいうレベルじゃないぞ?正チャンにも、すごい覚悟があるって事でいいのかな?

 どんどん増殖していくハリネズミちゃん。何とかして幻騎士に一矢報いを、と願う雲雀さんだけど、とにかくハリネズミちゃんに阻まれてそれどころじゃない。草壁さんの肩からずり落ちそうになる獄寺を、今度は雲雀さんが肩にかける。
「この男には借りがあるからね。それに、君にここで死なれたら咬み殺せない」
 とりあえず、素直に助けはしないのが雲雀さんクオリティーhappy01note
 了平兄さんも抱えて、とにかく開いているところへと逃げ込むけれど、今度はその部屋に閉じ込められた上、壁が迫ってくるという大ピンチ。匣兵器ももうなくて、どうすることもできない。そこで、今度は雲の炎を軽々とトンファーに纏わせる雲雀さん…山本でも、時雨金時に雨の炎を纏わせるのに修行したはず。それをこうも軽々とやってのけるっていうのが、やっぱり雲雀さんすごいや。そして、そのために重症の了平兄さんと獄寺をぼとぼとと投げ捨てる所も、雲雀さんクオリティーcoldsweats01note
 ところが、その壁も炎で打ち破れない材質のもので、まさになす術なし。
(万事休すか……sign03

 雲雀さんたちの方へ向かうツナ。何でランボまで連れてきたんだとつぶやいて、リボーンに「そりゃあれだろ?ボンゴレの守護者だからだ」て言われて、眼を細める時のツナが美人すぎる、綺麗すぎる。やっぱり今日の作画はすごく綺麗なんだ。そして、それをじっと見つめるスパナも、何も言わなかったけどちょっとなにか言いたげな表情が、ちょっとかわいくてよかったな。きっとスパナも色々考えてるんだろうな~。
 閉まりそうな扉をぎりぎりで抜けるところとか、ちょっとハラハラさせるような演出でよかったです。そして、食虫植物が、正チャンの晴の活性で巨大化してるんだということを、アニメで見て始めて悟りました(笑)。(←何であそこでいきなりでかい食虫植物?とか思ってたおボケですcoldsweats01。)だから正チャン、僕が始末するって言ってたんだな。
 お守りに込められたみんなの思いや笑顔を胸に、食虫植物を突き破るツナ。すごく原作に忠実に山本の笑顔が眩しかったですhappy01heart04note

 ところで、もう23巻半分すぎちゃってんですけど、大丈夫ですか?大丈夫なんですか?ドキドキ。

 はい、みなさんお待ちかねの、ハルのハルハルインタビューでんじゃらす、山本の登場です~happy01heart04note実はこのタイミングで来るとは思ってなかったっていうか、今日に限って全然構えてなかったっていうか、ほんと欲のないときに幸運は舞い込んでくるものですね(笑)。
 でも、意外に10年後じゃなかった。やっぱり獄寺と一緒で、10年後の姿での登場が短かったのと、ハルちゃんが遭遇してないっていうのがあるのかなぁ?どっちにしても山本だから嬉しいhappy01heart01

 今日は山本の実家がお寿司屋さんという話題で。毎日新鮮なお寿司食べ放題…とよだれをフリーフォールなハルちゃんですが、いいなぁ、トロ、ウニ。イクラも悪くない。……でも個人的にお寿司のアワビは苦手です…。(←訊いてない。)でも、寿司屋の息子だからって、普段からそんな高級ネタを食べられるわけないよね。売り物だもの。で、売れ残りのお寿司を想像するハルちゃん。カッパにかんぴょう、梅しそ巻き……それ、あんまり嬉しくな…ごほんっsweat01sign01
 でも、山本のお父さん、ハルの想像より変なこだわりがあるらしいです(笑)。剛さん、和風が好きだったんですね…。ハンバーグ=小判型練り挽肉焼き(難しすぎるわcoldsweats01sign01)、カレーライス=天竺風汁かけご飯(ネコメシ風に聞こえますcoldsweats01。)、スパゲティー=西洋焼きそば(……焼いてるのか?)…いちいちおかしな山本家ですが、それをニコニコ話してる山本は超かわいいですhappy01heart04noteところで、山本の好きだった紫のスパゲティーって、何物だったのかがすごく気になりますcoldsweats01。山本には悪いけど、何となくどころか欠片も分かりませんcoldsweats01sweat01。でも、「今度家に来いよ」な~んて言われたら、なにを食べさせられても構わないから「予定はがら空きですhappy02sign01」で、なにが何でも押し掛けます(笑)。

 次回は幻騎士とツナ、遭遇でしょうか。早いなぁgawksweat01

 G.W.で、ちょこっと余裕ができたので、雲雀さんB.D.に向けて今日ちょっと準備してみたり…。できるかな?できるかも?できるといいな?(←どれ。)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »