« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

ちょ、山本…?

 単行本派の執筆者、紫月です。
 山本のことが大好きなサイト様を回るのが大好きですnote
 2週間ほど前から、そんなサイト様で、色々悲痛な声が飛び交ってるのが気になって仕方ないんですけど、あくまで単行本派の紫月です。ネタバレは絶対してほしくないタイプです。なんですけど。

 今週…の、WJ、一体何が起こったのか…。
 なんていうかですね。
 むしろ割り切って前向きに捉えてらっしゃる方と、完全に絶句してらっしゃる方といらっしゃって、やっぱり詳しく感想を拝見するのは控えてるし、やっぱり内容を知るのは嫌だと思ってるわけですけど、とりあえず…

 山本無事だよねbearingsweat01sign02sign02sign02

 ていうか。

 無事でなきゃやだよsign02

 単行本派でありながら、山本応援サイト様を巡る紫月の呟きでした。

 ※注:こんなこと書いといてなんですが、ネタバレはご遠慮くださいませcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

アニメリボーン標的190「真6弔花襲来!」感想

 きゃぁああああスクアーロぉおおおおおおおbearingsweat01sign01sign01sign01

 ぶえっくしょwobblysign01すびび。また風邪引きました、紫月です。新型インフルを含めると、今年に入って5回目です(笑)。まぁ、我ながらどうなんだと思わなくもないんですけど、ちったぁ働けよ抗体sign01もう、ここまで来ると、喉がやられてる咳が出ようが、鼻かみすぎで鼻腔内に裂傷ができようが、微熱が少々あろうが「いつものことか」って感じになってきますねbleahgoodsign01慣れってすごい。(←でもだるい。)ちゃんと手洗いうがい、してるんだけどなぁ…。でも、熱があると手足が熱くて頭もボーっとするので冷房入れてます(笑)。(←原因見えたり。)
 色々プチ感想。
 
デュラララ!!#23「千錯万綜」
 まぁなんて言うか…先週何だかんだ言ってて、結局小説読んじゃったんで、どうなるかってことは分かっちゃってたんですけど…今回は、法螺田と正臣くんの黄巾賊将軍としての器の違いが歴然としてたなぁって。色々迷ってたみたいだったけど、吹っ切るために、今や法螺田が仕切るブルースクエアの残党だらけの中へ乗り込んでいった正臣くんはかっこよかったと思います。「だからここへ来た」って、いろんなことに決着をつけるために…そのためなら、自分の命すら投げ出す覚悟で、そして、殺すことすら厭わないという覚悟でそう言う正臣くん。過去から逃げられない。過去は寂しがりや。臨也さんに言われたその言葉を飲み込んで、いっそ自分なりの解釈をつけて、だったら先に行ってしまった過去を俺が追いかけてやるんだ。喧嘩も強いんですよね、やっぱり。でも、あんまりよけたりしないから、結構なダメージも喰らってたりして、頭からだらだら血を流してるところへ、杏里ちゃんが来て、セルティに連れられた帝人が来て…。ついに3人の頭が顔をそろえて…次回最終回ですか。
 ところで、前回撃たれたシズちゃんですが、やっぱり無事でした。つか、歩いて新羅のところにきた(笑)。「何で歩けるのcoldsweats02sign02」って新羅に言われて、「何でって…歩けるからに決まってるだろ」って言うシズちゃんがかわいすぎる。しかも、撃たれて「最初は雨で滑って転んだと思ったんだよな…」ってcoldsweats01sign01でも、小説だと、撃たれた時トムさんが一緒にいて、トムさんに、そのままだと鉛の毒が身体に回るとか何とか言われて、それが怖くて新羅のところにきたっていう設定だったから、それがまたかわいかったんですよね。撃たれたことよりそっちが怖いって(笑)。かわいいなシズちゃんほんとにhappy02heart04sign01あと、新羅との会話も面白かったです。「変な奴でしょ?」「殺すぞ」「心の底からごめんなさい(土下座)」みたいな(笑)。さすが同級生ですねhappy01note
 というわけで、小説は現在5冊目半ば。4冊目のお話は、場面があちこち行って、途中「?????」状態になってたんですけど(←頭弱)、何しろ最後のドタチンがかっこよくてかっこよくて。そうですよね、セルティはいい女ですよね。そんなセルティをつれにしてる新羅が羨ましい、とか、新羅とは高校のときあまりつるまなかったからよくは知らないけど、とか、ドタチンの過去のことも含めてちらほらと出てきたり、で、それでドタチン、何が言いたかったって、女性に助けてもらって、その人を危険な場所に放ってなんか置けないから、助けに行くぞってことで、ああああかっこいいなこの人ーhappy02heart04sign03sign03sign03そして、狩沢さんとかが、もう当たり前のようにセルティとかセルっちとか呼んでて、名前は分かってるんだけど、敢えて黒バイクと呼び続け、自分でその名前を聞いたわけじゃないから、その名前で呼ぶのはどうかと思うんだけど、って前置きしてから、
「あとで礼を言わせろよ、セルティ」
っていった瞬間、ほんまかっこよくてかっこよくてうぁああああってなりましたドタチンかっこいいいいい
happy02happy02happy02heart04heart04heart04sign03sign03sign03ドタチンに関していえば、3巻の最後…恐らくアニメデュラララ!!の最終回になるだろう場面で、また死ぬほどかっこよかったので、できればそこは改変なしでbearingsign01(って、もう他の地域では放送されてるんですよね(笑)。)
 あと、5巻に入ってから、なにやら強力に改造されてるスタンガンを「死んじゃえ」って押し付けられて「痛てッ」で終わるシズちゃんもやっぱり好きでした(笑)。それと、4巻終わりで、チャットルームのみんなが一緒に鍋パーティーしてたって知ったときの臨也さんの反応がかわいかったです(笑)。寂しかったんだcoldsweats01sign01臨也さん寂しかったんだhappy02sign01
 閃光のナイトレイド第0話「船上のクランクアップ」
 紫月はあまりアニメのDVDとか買わない人なんですけど、思わず買ってしまいました(笑)。第1話「救出行」もすごく好きで、それもディレクターズカット版になってて、更に絵コンテもついてるとか、面白そうだなって思って。しかも、丸々1話知らない話が入ってるときたら、まあ買ってもいいかなって。ブルーレイと迷ったんですけど、ブルーレイだと好きなときに観られないから、自分のお部屋で見られるDVDってことで。
 OVAってこともあってか、ちょっと艶っぽい場面もありつつ、雪菜ちゃんたち目線で進むお話が新鮮でした。軽いノリの葵さんとか、メイクの助手してるくせにかったい葛さんとか、楽しかったですhappy01note棗さんが雪菜ちゃん守るために必死になってるのとかも素敵だなって思ったし、何より葛さん強ぇhappy02heart04sign01このときも、ただの一度も力を使わずに、合気道だけでみんなをなぎ倒していくし、そして毒を仕込んだ針(ナイフだっけ?)を投げられた時は、葵さんが間髪入れずに力で吹き飛ばしてニヤリとか、ほんとすごくかっこよくて楽しかったです~~~happy01heart04noteそして、絵コンテとか見て、すげーなって思いました。アニメーターさんっていうのは、こんなのが描けちゃうんですね。天才ですよね。そして、棗さんって、最初は「楓」って設定だったんだろうか、とちょっと思いました。
 
荒川アンダーザブリッジ「12BRIDGE」(←たぶん。)
 ……え?最後のシスターのイラスト…枢やなって…………マジで?もしかして今までのも、プロの漫画家さんとかだった?えっらいかっこいいイラストだった。

 プチ感想がちっともプチじゃないんですけど、スミマセン、やっと本題、アニリボ感想です~coldsweats01sign01

 <アニメリボーン標的190「真6弔花襲来!」>

 今回、作画よかったと思いました。いや、いつもいいですけど、なんかすごくかわいらしかった。最初に、ツナが正チャンに報告してるところがあったんですけど、正チャンがすごくかわいかったんですよね。うん…かわいいかわいいhappy02sign01
 一応原作よりは、真6弔花がやってくるまで時間があったらしいアニメリボーン。みんな、一晩過ごす時間があったということで、ユニちゃんの夢に現れた、海と虹と…白蘭。これは、原作でも出てきた、ユニちゃんの記憶にある歌につながってるのかな?そして、おしゃぶりを大事に抱えながら「もう少しだけ時間を…sign01」って思ってるユニちゃん。つまり…そういうことですよね。まさかアニメでそんな伏線を入れてくるとは思いませんでした。

 朝食に向かう守護者たちとツナ。「心配しても始まらないぜ。オレたちはそのために認定試験を受けてきたんだ」っていう山本がまたえっらいかわいらしかったhappy01heart04noteなぁにこのつぶらな瞳happy02heart04sign01sign01sign01あぁかわいいsign03sign03sign03ちなみに、お兄ちゃんはかっこよかったし、獄寺も綺麗でしたよhappy01noteやっぱり作画綺麗だなぁ。
 女の子たちと朝食作ってたユニちゃん。パッと見普通のユニちゃんだけど、「大丈夫?元気ないみたいだけど…」っていったツナは、やっぱり超直感?それとも、それだけ周りの人に気を遣ってるのかな?ツナ。だとしたら、大したボスに成長してるなぁ。
 各々が各々の場所で朝を迎えたわけですが…スパナさんはジャンニーニと作戦室(?)で、異変がないか画像を見守りながら。そして…雲雀さんはやっぱりまた学校に戻ってきたんですね(笑)。そして、それに付き添ってた…っていうか、様子見に来たのかな?ディーノさんは。この辺りはちょっぴり原作とは変わってますけど、まあ最終的に二人はここにいることになりますから、結果オーライってことで?なんだかんだで、ディーノさんはほんとよく雲雀さんの面倒みてくれてると思うんですけど(笑)。責任感のある家庭教師です。でも、「風邪ひくぞ」って、もう既に保護者coldsweats01。そんなディーノさんが素敵lovelynote
 スクアーロは通信室でルッスに連絡中。XANXUS様、食事中で手が放せないって(笑)。残党狩りとか関係なしcoldsweats01sign01そりゃあスクアーロもキレますわね。

 のんびりした中にも緊張感は漂ってたわけですが、上空を見上げる形になっていた雲雀さんとディーノさん、そして、映像で監視していたジャンニーニとスパナさんが、真っ先に異変に気づきました。…こんなところでなんですが、雲雀さん麗しいし、ディーノさん綺麗だし、スパナさんのはっとした表情とかもなかなか綺麗で、やっぱり今日の作画は素敵happy01note(←オイ)
「一つこっちに来る」
「あぁ」
 ほぅら、かっこいい
lovelynote(←オイってcoldsweats01sign01
 そして、結構厳重なセキュリティーになってるはずの(スクアーロにはザルって言われたっけ。)アジトで、いきなり爆発。慌ててみんなが集まってきたところで…スクアーロの後ろの壁が吹っ飛んで…現れたのは、最も攻撃が荒々しいと思われるザクロさん…遂に来ちゃったbearingsweat01sign01ふぁ~あとか大あくびしながら、既に攻撃を開始してたザクロさん。結構演技派と見た。その態度にカチンと来た獄寺や、ちょっと面白がってる山本が攻撃態勢に入るけど、それを押しとどめるスクアーロ。
「わかんねぇのかぁsign01既にお前らは攻撃されてるんだぞぉsign01
 かっけ~~~~~スクアーロかっこいいよぉおおおおおhappy02heart04sign01sign01sign01
 見えない嵐の炎を、雨の鎮静の炎で相殺していたスクアーロ。あぁあかっこいいなかっこいいなsign0110年後のスクアーロは本当に頼りになる男です。リボーンですら「スクアーロがいなかったら、オレたちはとっくに灰だったな」って言うくらいだから、気づいてなかったってことですよね。すごいなヴァリアークオリティ。
 ユニちゃんを連れて早く行け、というスクアーロに
「オレも残るぜ、スクアーロsign01
と申し出た山本。かわいいなかわいいなかわいいなhappy02sign01自分の修行をつけてくれた相手が残るって言うから、自分も戦うんだ、なんて、なんとかわいい生徒happy02heart04sign01sign01sign01
「うぜぇsign01まだオレのことが分かってねーなぁ」
 そんな山本に、静かにつぶやいたスクアーロ。くるっと振り返って、怒りマークを二つも浮かべて
「そろそろ一人でゆっくり、静かにひっそり、暴れてぇんだぁannoyannoysign01sign01sign01
 出たぜスクアーロの名台詞(笑)happy02sign03
 原作読んだときも、突っ込まずにいられなかったこのセリフ。みんなを、そして山本をここに残らせないために、逃げさせようとしてるんだろうけど(もちろん、半分は本音(笑)。)
、そこで「うるせえ!早く行け!」とか言うんじゃなくて、矛盾だらけのこのセリフで、オレがここで一人で残りたいんだよsign01って主張するところがかわいくてしかたないっスhappy01heart04noteそんなふうに言われたら、じゃあスクアーロのプライド傷つけちゃいけないよねって流れになるもんね。そして、ちゃんとその意図を汲んだ山本が、そんなスクアーロのお茶目な(?)所に笑いながら「あっははは、そういやそうだなhappy01」っていうのも、そういやスクアーロってこういう奴だったなって分かってたっぽい感じで好きですhappy01noteここもいい師弟関係だなぁ。
 そして、みんなが逃げるための時間を、一人で強気の笑みで稼ぐスクアーロがかっこいい。そんなスクアーロの意図を分かっててありがとうっていったユニちゃんも素敵だし、そう言われてちらりとユニちゃんに視線を流して
「さっさと行け」
って言ったスクアーロも、ほんとかっこよかったhappy02heart04sign01sign01sign01
「分かってねーなーバーロー。お前はオレには勝てねーんだぜ」
「う゛ぉ゛おい、変わった遺言じゃねぇかぁ」
 なんという強気の応酬coldsweats01

 何とかアジトを逃げ出したツナたち。だけど、どこへ逃げたらいいのかよくわからない。唯一可能性がありそうなのが、ハルちゃんの提案した「隠れ家にいい物件があるから、家出したいときは言ってね」って言ってくれてた不動産屋のおばあちゃんのところ(笑)。しかも、リボーンが肯定してくれて、女の子たちが無邪気に喜んでる辺りがとっても微笑ましいです。微笑ましいんですけど、分かってますか、殺人集団に追われてるんですよあなたたちcoldsweats01
 そんなことしてるうちに、アジトの中で爆発が起こり、スクアーロから通信が…
「う゛ぉ゛おい…思ったより早くケリが着く…ユニを連れて…アジトから少しでも遠くへ…逃げろ…sign01
 左腕を強くつかんでいるスクアーロ。そして、ザクロさんの前には、スクアーロの腕についている剣が突き立っていて…ぶっちゃけ、分かりづらいといえば分かりづらいようにしてあると思います。そりゃあ、なるべく血は流さない、山本の目に石が当たった時だって、原作では開かなかった目が少し腫れてるだけに改変されたアニリボですから、腕が千切れたなんて、そんな大それた描写、どうするんだろう、と思ってたんですけど。分かる人にはちゃんと分かるようになってました…と思いました…って…言ってる場合かスクアーロぉおおおおおおおbearingsweat01sign01sign01sign01
「オレ、戻るぜsign01
 思わず言った山本に、すかさずリボーンの平手打ち。
「バカ武めsign01スクアーロの稼いだ時間を無駄にする気か」
 スクアーロのことを大事に思ってる山本に、山本のこと大事に思ってるリボーンの図(か?)だと思いますが、そんなふうに、スクアーロのことほっとけないって思う山本が好きです。深く考えたわけじゃなくて、じっとしてられないって気持ちだったんだよね、山本。かわいいなかわいいなhappy02heart04sign01

 そして、最後の手段、ハルちゃんの知り合いの不動産屋へ向かうことにしたみんな。
「右に曲がったところにある、川平不動産ですsign01
 ん?川平不動産?って、ここでイーピンクローズアップってところがまた(笑)。もちろん、このときのイーピンは、まだ川平さんとは何の関係もないんですけど。
 川平不動産から出てきたのは、おばあちゃんではなく江戸っ子風の言葉を遣う和服のおじさまhappy02heart04sign01
「何をぼんやり突っ立ってるの、君たち。早く中に入りなさい。追われてるんでしょう?」
 来たーーーーーーー川平のおじさんーーーーーーーーーhappy02heart04heart04heart04sign01
「ほらほら、真6弔花はおじさんが何とかするから、ささ、早く早く」
 …ちなみに原作読んでても、川平のおじさんが何者なのかはよく分かってませんcoldsweats01ただ、なんか雰囲気のある素敵おじさまだということしか(笑)。

 怪物づかいツナ!
 遂にヒバリン登場happy02heart04sign03
 ちょ、予想外、予想外ですヒバリンcoldsweats01sign01さわやかゾンビ山本レベルでツッコミどころ満載すぎcoldsweats01sign01
 大きな門をくぐったら、途中でその重い扉が閉まって、挟まれてしまったみんな。
「結構姑息な攻撃だぜ…」
「その門は立て付けが悪いんだ」
 立て付けの問題なのかcoldsweats01sign01
「そうさ…僕が恐怖の吸血鬼ヒバリンだよ。住所は悪魔谷2-4、好きなのはハンバーグとココナッツジュース、趣味は一人ぼっちで遊ぶこと、それに弱い奴らを吸い殺すこと、それと鳥たちと戯れること、後はお城の中を見回りすること…そうそう、最後にこれだけは言っておくけど、僕は無口だよ」
 ……ごめんヒバリン、どこから突っ込んだらいいcoldsweats01

 次回予告では、ディーノさんがディーノさんがディーノさんが…………bearingsweat01sign01sign01sign01これまたどう描写してくるんだろう。そして、アラウディさん…雲雀さん…happy02sign01sign01sign01

 ……ところで熱が38℃まで上がってきたんだけど、さすがに薬飲んだ方がいいかな?(←冷房止めろ。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

アニメリボーン標的189「ファミリーの覚悟」感想+α

 あ~、総集編かぁ…って、ドクロちゃんあんたまでcoldsweats01sign01

 久々の長期(といっても1週間)一人暮らし状態にワクワクするあまり、居間でビデオ見ながら一晩寝過ごし、朝は5時代に目を覚まして、ワクワクお花の手入れをしていた紫月です(笑)。ああ…一人暮らしっていいなhappy02sign01幸せsign01幸せsign01幸せすぎて、ある意味職場にとって山場だった(向上心や出世欲の欠片もない自分にとってはわりとどうでもいいお偉いさんがいらっしゃった)木曜日は、週中日の平日だというのに、前日までの準備で疲れ切ったみんなが颯爽と帰っていくのに紛れてそそくさと帰宅し、レイトショーでふらりと銀魂新訳紅桜篇観てきました(笑)。初めて一人で映画観た(笑)。しかし、平日のレイトショーで、公開されてだいぶ経った映画なのに、思ったより人がいてドキドキしました、何みんな平日夜になんで来られるの?(←お前が言うな。)
 でも、付け加えられた最初とか最後とか、アニメ銀魂らしいぐだぐだ感が溢れつつ、映画会社まで巻き込んだ怖いものなしっぷりにさすが銀魂スタッフだなってむしろ感服しましたcoldsweats01。一人でくつくつ笑ってました。そして、やっぱ紅桜篇は面白かった…面白かったなぁ。テレビで見たときも本当に面白くてかっこよくて大好きだったんですけど、主題歌交えた天人たちV.S.銀さん&桂さんコンビの大暴れっぷりがかっこよくてかっこよくてたまりませんでしたhappy02sign01sign01sign01映画のDVDとか出たら、買ってしまいそうな勢いです。(テレビの紅桜篇、旧式ビデオテープしか残ってないしcoldsweats01。)このときの高杉さんと桂さんのやり取り、桂さんと銀さんのやり取り、銀さんと桂さんと高杉さんのやり取り、大好きなんですよね。エリザベスの男前っぷりも、神楽ちゃんとまた子さんのスピード感溢れる銃撃戦も、お妙さんと銀さんのやり取りも大好きです。嘘っぱち第2弾のCMまで入ってて笑っちゃいましたけど、もし本当にやるなら、真選組動乱篇希望(笑)。土方さんがアレだけど(笑)。

 深夜アニメプチ感想~。
 デュラララ!!#22「解散宣言」
 シズちゃんーーーーーーーーーーーーーーーーーーcoldsweats02sign02え?え?ううう、撃たれたcoldsweats02sign02嘘ぉsign01……でも、シズちゃんならきっと平気だよ…だって撃たれたのに弾がカランって転がってたもの。そう思いたい。
 シズちゃんといえば、杏里ちゃんを、見ず知らずのダラーズのみんながサポートして逃がしてくれてたけど、シズちゃんが出てきた時点で「一件落着」に相成る辺り、ほんと池袋最強フォルテッシモ(笑)。シズちゃん大好き。かっこいいよhappy02heart04sign01それだけに、最後血を流して雨の中倒れて、うっすら目を開く綺麗なシズちゃんにハラハラしたわけですが。
 ドタチンっていうか、ワゴン組も杏里ちゃん逃走サポートに加わってましたね。この、全く見ず知らずの多数が一致団結するすごさがダラーズです。ちなみに小説は3冊目に入ってるんですけど、この先を小説で先に読んでしまうのか、アニメで最後を見届けるのかって辺りで、ちょっと躊躇ってます。
 閃光のナイトレイド#10「東は東」#11「闇の探索」
 葛さん……………………………………………………bearingsweat01sign01sign01sign01めっちゃ複雑です。葛さんは軍人、武人としての教えを叩き込まれて育ってきた人で、スパイの仕事は決して望んだ道じゃない。高千穂勲さんはものすごく頭がよくて、自分なりの考えや信念も素晴らしい理想も…そして、はっきりと分かっている未来ももってる。その上で、日本やアジアの在り方を、模索している。高千穂さんのやり方は強引かもしれないけど、帝国軍人として生きることを望んでいた葛さんにとって、そしてその高い理想に感銘を受けられる頭脳の持ち主である葛さんにとって、高千穂さんは支えるべき人物だったんだろうなぁ。そして、恐らく高千穂さんはそれを見込んで、自分の考えを理解してくれる相手として葛さんを拉致ってる訳で。はぁああああ……葛さん……bearingsign01
 桜井機関のみんなが、葛さんを返しに来た高千穂さんを火の海で取り囲んで、逃げられない状況に追い込んだのを、葛さんが激しい葛藤の中躊躇って躊躇って躊躇って、それでも力を使って高千穂さんを助けた時は、色んな意味で泣きそうでした。どこまでも不器用なくらい真っ直ぐな葛さんだけに、苦しかっただろうと思って。そして、裏切られた形になった桜井機関のみんな…特に葵さんのショックは大きかっただろうと思って。雪菜ちゃんは悲しそうな顔はしてたけど、お兄さんを殺すことに躊躇いがないわけじゃなかっただろうから、どうなんだろう。そして棗さんはいつも無表情だけど…でも、葛さんの大事な手帳を拾って持っててくれたりとか、たぶん淡々と仲間のこと考えてくれてる人だろうな、と思います。そして、この人にとっても、高千穂さんは「若」なわけで。あぁ複雑。
 そして、高千穂さんが強大な力を持つ新型爆弾(これって原子爆弾?)を作っていること、その場所を突き止めて、そこへ向かった葵さんと棗さん。そこで葛さんと出くわした時、これまた色んな意味で泣きそうでしたcoldsweats01証拠を隠滅するための爆弾が仕掛けられた場所から、葵さんや棗さんを遠ざけようとする葛さんに、爆発した瞬間、真っ先に葛さんを心配して、葛さんの無事を確認してほっとした顔を見せる葵さんに、燃えそうになっている葛さんの手帳を投げてよこした棗さん。そして、それでも桜井機関には戻れない葛さん……weep
 で?葛さんを連れた高千穂さんたちが飛行機で降り立った場所にいたのは…桜井さんだと?え?何?何で?桜井さんは、高千穂さんと敵対してる関係だと思ってたのに…これじゃあまるで…。しかも、桜井機関のみんなが高千穂さんたちのしてることや居場所を突き止めてた情報を流してたのも、この人?そして…葛さんが高千穂さん側につくことが、まるで最初から分かっていたような…なんなの、なんなのbearingsweat01sign01で、これあと何回あるんですかね?1クールだけなんですよね?ちょ、どうしたらいいのこれ。気になって夜も眠れない。(←昨日見ながら爆睡したよね。)それにしても、高千穂側につくと決めてからは、敵だった相手にも、軍人として目上の相手として、敬語を使う葛さんが好きでたまらないcoldsweats01

 さて、前置き長いですけど、今日はアニリボが総集編ということで、メインをさらっと流したいと(笑)。

 <アニメリボーン標的189「ファミリーの覚悟」>

 なんか最近、ラルに報告するっていう形の総集編が多いような気がしなくもないんですけど、まあ自然な形ですよね。ユニちゃんとリボーンが、ラルに預けたおしゃぶりを受け取りにいくっていう形で。そうだよね、思えば10年前にはおしゃぶりが全部そろってるんだから、持っていけば二つあることになってしまう。ボンゴレリングは、10年後の世界にはないから、もっていっても平気ってことなのかな?

 前回で初代ファミリーの意志が指輪に戻ってしまったので、一人ひとりが見られたのは何だかある意味新鮮というか。山本の継承は、最初なんていうか痛々しかったよなぁ。焦りすぎて、雨月さんが何も言ってないのにいきなり斬りかかったりして。家庭教師がコロネロだったってことで、ラルさん「コロネロがついていながら何をやっているsign01」ってお怒り(笑)。雨月さんは、穏やかで優しくて、ほんといい人だったなぁ。
 そして、ランボの継承の時は「ヴェルデはちゃんと家庭教師をしたのか?」…うん、なんか、ラルさんはやっぱりアルコバレーノのことをよく知ってるし、気になるんだろうね(笑)。家庭教師をしたかどうかといわれると難しいけど、継承をサポートしたに変わりはないよね(笑)。
 獄寺の継承は、Gさんの演じる獄寺が落ち着いて知的で強くて素敵だし、風さんかわいいし、何気においしかったな(笑)。そして、雲雀さんの継承では、雲雀さんが継承の認定試験を拒否した、と聞いてラルさん落ち着いて「あいつならやりかねん」…うん、こっちもよく分かってる(笑)。そしてやっぱり「スカルはちゃんと役に立ったのか」って、既に家庭教師をしたかどうかじゃなくて、役に立ったかどうかになってるラルさんcoldsweats01sign01役に立ったかどうかって言われたら、相当役に立ってると思うけどね。だって、雲だけじゃなくて、晴の継承まで認めてもらえる悪役ができたわけだから(笑)。この認定試験は、了平兄さんと雲雀さんのタッグが好きすぎて楽しかったな~。ナックルさんもアラウディさんも、出番少なかったけど…。思えば、雨月さんやGさんの出番は、かなり多かったんだな。もちろん、初代の中で一番で番が多かったのは、デイモンさんですけど(笑)。
 さて、デイモンさんの認定試験では、今回見て気づいたけど、ツナV.S.デイモンツナで、ツナが放つ前にデイモンツナが「X BURNERsign01」って攻撃してて、技の名前とか、そういうのまでなんでデイモンさん知ってたんだろうとか(笑)。術士っていうのは、相手の心を読むことに長けてるからかな。そして、プリーモは綺麗でかわいかったな。…おぉ、もう終わってしまったcoldsweats01。これ感想?感想っていえる???(←ビデオ見ながらつぶやいてるだけ。)

 怪物づかいツナ!
 ゴーレム柿ピーにどつかれて、あいたたたしてたムクロさん、最後に残ったマミークロームに行け、と命じます。そして、やっと骸さんのいうこと聞いてくれた怪物マミークロームでしたが、走り出した途端、びょよん…って足が止まっちゃいましたけど、知ってる、この止まり方知ってるよcoldsweats01sign01脳ミソはドクロちゃんなんですね…coldsweats01。何気にマミークロームのかつらが浮いたみたいな頭の開き方が、髑髏ちゃんファンにとってどうなのかと思わなくもないんですけど、まあなんていうか、ほんと似たり寄ったりの怪物なんですね、マミーとゾンビcoldsweats01。「あっはははは、オレと同じだなhappy01sign01」って、相変わらず満面笑顔のゾンビのかわいいことhappy01note
 ムクロさん、最後の手段に出ましたsign01さっと振り上げた手に握っていたのは…白旗。
 降参かいcoldsweats01sign01
 何しに出てきたのかよく分からない怪物づかいムクロ一味でしたが、かわいかったのでよしwinkgoodsign01

 次回から本編に戻るんですね。あああ、スクアーロが男前男前男前。(←なんぞの呪文?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

アニメリボーン標的188「Ⅰ世の意志」感想

 て、ええ、待って待って早いcoldsweats02sign01sign01sign01
 ええほんとにもうびっくりしたこの展開の早さ。ついでに、赤で書きたいくらいのことあるけど、派手なネタバレだと思うので、後ほど。

 ちょいとプチ感想コーナーから。
 デュラララ!!#21「五里霧中」
 えーと……ドタチンが帝人に話しかけてたhappy02heart04sign01sign01sign01(←一番ポイント(笑)。)正臣くんのことを気にしてくれてたのかな?まぁなんだ、その、なんていうか、かっこよくて好きlovelyheart01sign01(←オイ。)ストーリー的には、なんていうか、どんどん深みにはまってってるような気がするんですけど…正臣くんと帝人の間に、亀裂なんて入っちゃわないだろうなぁ…とか…。ていうか、悪いのは正臣くんでも臨也さんでもなくて法螺田だと思うのは自分だけ?ただ、黄巾賊に戻った理由がある意味私欲で、その黄巾賊に対する思いも権力も将軍として行き届いてないっていうのは、正臣くんの責任になるのかな…。やっぱり、リーダー張るならねぇ。臨也さんは何もかも分かって、それなりに裏で糸引いて楽しんでるんだろうけど。で、何とかしたいと思って、罪歌の子供たちを操ってる杏里ちゃんだけど、それがまた裏目に出そうです。ダラーズ巻き込んで、帝人も無関係じゃいられなくなってて、黄巾賊が杏里ちゃんを取り囲んで…ていうか、法螺田sign01お前sign01お前なんて、正臣くんにもっとボコボコにされちゃえ。ドタチンでもいいけど(笑)。法螺田にちょっと引っかかってたみたいだし。あと、いつもうっすら笑って病院の窓から見てる沙樹ちゃんがほんのり怖かった。
 ちなみに、小説はやっと2冊目に入りましたhappy01note3章、雑誌記者さん目線のところが終わったんだけど、トムさんの「お前がさっき入れてたカップ麺、そろそろ3分経つぞ」に怒りを収めて「……まじすか」って立ち去るシズちゃんがかわいすぎて転げました(笑)。そして、シズちゃんを操る術を持ってるトムさん素敵って思いました(笑)。
 リボキャラコレクション~最強の仲間たち~3(六道骸・山本武・スクアーロ・白蘭)
 いや~。山本は初期から出てるだけあって、作画が見る見る変わっていくのがよく分かりました(笑)。そして、幻騎士戦はやっぱ神happy02heart04goodsign03すっごく美しかった。かっこよかった。こうやって、いいとこ取りで集めてあるのを見ると、やっぱり楽しいですねぇ。でも、あれ?骸さんは、黒曜編のときからずいぶん綺麗なのはどうしてかな(・・)?そして、PVモードで骸さんの部分多すぎない?多すぎない?死ぬ気でアフレコモード、骸さんの場面だけ長すぎない?長すぎない?気のせいcoldsweats01sign02山本のアフレコモード、スクアーロとの対戦前のところ、時雨金時をすらっと刀に変えるところから入れて欲しかったな~(←超かっこいい)。だって、山本のセリフよりツナの台詞の方が多いんじゃないかっていう…(笑)。あぁ、でもほんと、山本見てるだけで幸せでした。個人的には、スクアーロも骸さんも好きだから、なかなかおいしいDVDだったと思います。

 それでは、相変わらず前置き長くてスミマセン、本編アニリボ感想へ。ネタバレにはお気をつけてcoldsweats01sign01

 <アニメリボーン標的188「Ⅰ世(プリーモ)の意志」>

 同時継承どころの話じゃねーよcoldsweats02sign01って、マジでびっくりしました。なんと、未来まで戻っちゃったんだぜ。えぇえええええcoldsweats02sign01sign03
 でも、最後に骸さんが出てきてくれて嬉しかったですよ~骸さん綺麗だった、かっこよかったhappy02heart04note

 ツナとの一騎打ちを申し出たデイモンさん。おぉ、なんとこの人は、2代に渡って守護者を務めたんだとか。つまり、プリーモの守護者でありながら、Ⅱ世(セコーンド)でも守護者をしてたと。そして、ひたすらボンゴレの力を向上させるとこに尽力したそうです。そーなんだ。つまり、前回の「裏切りの記憶」の場面から、プリーモは引退しちゃって、Ⅱ世に譲っちゃったってことなのかな?デイモンさんの思いを知ってそうしたのかどうかは分からないけど、それも一つあったのは確かなんだろうな。へぇえええ…ある意味それも、裏切りなのかなぁ?でも、有能だったからこそ、2代に渡って守護者を務めることになったっていうのはあるんじゃないかな。(あと、プリーモがかなり若くして引退しちゃったってのもあるでしょうけど。)
 ツナの思いは強くて、その思いでボンゴレを壊されたらたまらない、と、ボンゴレ一筋のデイモンさんは何とかしてツナに考えを改めさせようとしてるわけですが、そこで女の子たちに攻撃しようとする辺り、ほんと何でもありな人です。京子ちゃんたちに手出しされて、ツナも黙ってません。遂にX BURNERを発動。ところが、建物を壊さないように…とか思ってるうちに、幻覚空間で惑わされて、焦って撃ったら、そこが京子ちゃんたちのいるところ。うん、ここまでは読めてた。でも、加減をしたとはいえ、ツナの最大の攻撃X BURNERですよ。誰が止めるcoldsweats02sign02

 シュルルルルル(←三叉槍くるくる。)
 骸さんきたぁhappy02heart04sign01sign01sign01sign01sign01
 自分のテリトリーであまり勝手なことをするな、とツナに言いつつ、骸さんが穏やかに見せつつ怒りを向けてるのは、デイモンさん。
「それより、あなたですね。数日前からクロームを苦しめていたのは」
 骸さん、怒りポイントそこhappy02sign01そっかぁ、髑髏ちゃんが泣かされたり閉じ込められたり、こうしてX BURNERの標的にされたりするのが許せなかったんですね。髑髏ちゃんが自分をこちらの世界に出す為の媒体だとしても、その身体的な危険より精神的に苦しめたところにちょっと怒りポイントの重きを置いてる辺り、髑髏ちゃんのこと大事にしてるんだなぁって思いますね。かわいい僕のクロームって言うだけありますね(笑)。
 直接自分が手を下してもいいのだけれど、彼に譲りましょう…と骸さん。う~ん、骸さんV.S.デイモンさんの対決も見たかったけど。でも、一騎打ちの最中だからねぇ。卑怯な手段で京子ちゃんたちを巻き添えにしようとしたデイモンさんに、ツナとしても強い怒りがあります。絶対に思い通りの人間にはならないsign01って、かっこいいですね、ツナhappy01noteそして、再び幻覚空間を発動したデイモンさんですが、今度はその道の専門家、骸さんがいます。
「そうはいきませんよ」

 トンsign01と突いた三叉槍で、広がり始めていた幻覚空間が、たちまち収束。そして、デイモンさんの目の前には、発射寸前のX BURNERが…。はぁあああ、かっこいいぃいいいいいlovelyheart04heart04heart04noteさりげなくこうやってサポートする骸さん、素敵happy02heart04sign01ツナと骸さんの連係プレーを目の当たりにして、デイモンさん、遂に敗れたり。

 さて、もちろんX BURNERを喰らっても、実際に存在してるわけではないデイモンさん。無傷です。でも、ツナの考えを変えてやろう、という気持ちは折れてしまったみたいです。もう何言っても無駄って、諦めちゃいまいした。そして、むしろ気になったのは、骸さんみたいです。
「それより霧の守護者に問いたい」
「その呼び方はやめてもらいたいですね。僕の本意ではありません。沢田綱吉は、あくまで僕の標的です」
 それでこそ骸さんcoldsweats01で、ツナを倒したらどうするのか?と問われて、
「マフィアを殲滅して、世界を僕の手中に収めます」
 それを聞いて声を立てて笑ったデイモンさんですが、どうなの、マフィア殲滅されていいの?まぁ、この人は殲滅なんてできない、と思ってるかもですね。そして、骸さんの考え方はちょっとデイモンさん的にはヒットだったらしくて、見所がある、と言いつつ、じゃあどうして女の子たちをかばったのか?と問うてきました。
「彼女たちが傷つくと、クロームが悲しむのでね。僕個人としては、彼女たちがどうなろうと、一切関心はありません」
 だから、どんだけ髑髏ちゃん大事なんだってcoldsweats01sign01あ、でも、後半の言葉も、骸さんらしい言い方で、決して女の子たちを軽々しく見捨てるような人じゃないと思いますけど。ついでに、この人も継承どうでもよかった(笑)。
 だけど、骸さんが消えてデイモンさんはちょっと残念そうでした。気が合いそうだったのに、って感じかな?

 さて、そこへ現れたのは、プリーモ。
「霧の守護者の見極め、ご苦労だった」
 一応、プリーモはデイモンさんに見極めしてねってお願いしてたんですね。で、デイモンさんはそれを受けて、自分なりにボンゴレにふさわしいボスや守護者たちにしようと動いた、と。なんだか、デイモンさんとプリーモの会話を聞いてると、デイモンさんもちょっと骸さん的な要素あるよなって思います。つまり、本音半分だけど、自分が綺麗なことをしたっていう言い方は絶対にしないっていうか。プリーモに頼まれたからやったんだ、とか、ちゃんと見極めをしたんだ、なんて、死んでも言わなさそうです。(←うん、死んでる。)で、それを分かってるから、天邪鬼なデイモンさんのセリフを聞いても、プリーモはほんのり微笑んだんじゃないかな、と。ああ、プリーモかわいいなかわいいなかわいいなhappy01heart04heart04heart04そして、デイモンさんが裏切り者であっても、プリーモはデイモンさんのこと守護者として大事に思ってるってことを悟ったツナは、デイモンさんに素直に「ありがとうございました」…これにもデイモンさん、ちょっと面食らってて、面食らってるデイモンさんは、ちょっとかわいいと思いました(笑)。
 そして、無事に継承を認められた髑髏ちゃんが恐る恐るボンゴレ匣を出すのに、京子ちゃんやハル、イーピンがそっと手を添えてうなずくのとか、それに涙ぐむのとか見てると、ほんと骸さんって、髑髏ちゃんにとって何が大事かよく分かってるなぁって思いました。(←でも一番大事なのはきっと骸さんです。)

 霧の継承が無事に済んで、最後はツナ。現れたプリーモに「オレは何をしたらいいんですか?」と覚悟を決めるツナ。そんなツナを振り返ったプリーモは…
「お前はもう、十分に期待に応えてくれた」
 おぉ…やはりツナも継承かcoldsweats02sign01そうだね、みんなの継承を見守って、雨では山本らしさを大事にすること、雷ではランボのサポート、嵐では本当の獄寺との絆をみせること、雲と晴では…うん、ちゃんと見守ること、そしてこの霧の継承で、自分の覚悟をしっかりと見せることができてたもん。
 そして、リボーンの一言。ツナが継承したのは、ボンゴレではなく、プリーモの意志。人を守るための自警団を作った、人を守りたいと思うプリーモの意志なのだ、と。あぁ、なるほど、なるほど。今、原作の方で継承式篇というのが始まってるときいてて、その内容はよく分かってない紫月ですが、ボンゴレを継いだわけじゃなくて、ここでは初代たちの意志を継いだってことなんですね。いや、ここで継承しちゃったら、継承式って…?とか思ってたところがあったのでcoldsweats01

 さて、無事に終わったところでやってきたのは、犬と柿ピー。建物が幻覚で消されたりしたのも、ツナたちのせいだと思ってるから、敵意剥き出しです。でも、そこへ駆け寄ったのは髑髏ちゃん。
「……ごめん…」
 伏し目がちに髑髏ちゃんにそう言われて、またまた犬が焦る焦る(笑)。柿ピーは冷静に「戻ってる…」って言ってましたけど、あたふたしながら犬が
「こっ今度めそめそ泣いたりしたら承知しないかんなsign01
って言うのに、髑髏ちゃんが涙を浮かべながらふんわり笑って「うん」って言うのが微笑ましくて微笑ましくてhappy02heart04sign01あああかわいいsign01sign01sign01かわいいな、黒曜組happy02sign01sign01sign01このⅠ世ファミリー編で、紫月的株が上がった人結構いたけど(特に初代守護者たち)、実は犬もその一人だったりします(笑)。結構原作では、髑髏ちゃんに悪態ついて、酷いことばっか言ってることが多いので、こんなの見ると嬉しいです。ああ、髑髏ちゃん大事に思われてるなって。実の親にも酷いこと言われてたような子だから、安心できる居場所があると嬉しい。

 初代たちが持っていた金時計。裏蓋に刻まれていたのは、「永久の友情を誓う」…これは、初代たちの友情の証だったんですね。そして、デイモンさんはそれを持っていた。プリーモがそのことを言ったら、デイモンさんはやっぱり憎まれ口を叩いて、二度と歩む道が重なることはないって言ったけど、それを持っていること自体が、きっと主従の関係ではなく、友情で結ばれた関係なんだって、きっと分かってて、デイモンさんはそれを嫌ってなんかいないっていう証拠なんじゃないかと思いました。ただ、それではボンゴレを強く大きくしていくことはできないと思ってしまったから、プリーモと袂を分かつことになった…そんな感じなんじゃないかなぁ。自分の思いが強くて、プリーモを裏切ることになってしまったけれど、きっとプリーモもそんなデイモンのことを分かってて。この二人の間にも絆あるんじゃないかな、と。デイモンと他の守護者たちは、ちょっとまだすれ違ったままのような気がするけど…。
 初代たちの意志が、各々の指輪に戻ってしまって、ちょっと…いや、かなり寂しかったです。ああ、もっと初代たちが話してるところ見たかったな。初代ファミリー好きだなぁ。また見られることあるのかな?原作でも出てきてくれるといいなsign01
 そして、アルコバレーノたちともお別れです。コロネロ、今回は山本を見てくれたし、了平兄さんとの師弟関係もしっかり続いてて、素敵な存在でしたsign01面白いものが見られた、と満足して帰っていったヴェルデさんも、最後まで雲雀さんやリボーンに怯えながらパシってたスカルも、かわいいかわいい風さんも、髑髏ちゃんにお礼を言われて、これまた天邪鬼だったマーモンも、またしばらくは見られないのかな。寂しいな。
「てめっ、こんなとこにいやがったのかぁsign01探したぞぉannoysign01
 なっ…スクアーロ……coldsweats01sign02ベルまでhappy02sweat01sign01…現代のヴァリアーまで出てくるとは。なんというサービス。ちょっと寂しさ紛れた(笑)。マーモンのほっぺむにむにされてるのがかわいかった(笑)。
 コロネロや風さんは、最後にちゃんと山本と獄寺にアドバイス残していくところも素敵でしたnote
 ところで、スカルにとっての恐怖レベルは、リボーンさん>雲雀さん、でしょうか(笑)。

 そして、明日の朝並盛神社に集合…えっ、もう未来へ戻るのcoldsweats02sign02
 了平兄さんだけ優れない表情。京子ちゃんたちを連れて行くことに、不安を感じているお兄ちゃん。そういうところ、素敵だなって思います。さすが年上。京子ちゃんが、そんなお兄ちゃんに、にっこりと、そして強い意思を見せると、自分の思いを飲み込んで、
「よし分かったsign01兄ちゃんが絶対守ってやるからなsign03
 あぁかっこいいhappy02heart04sign01お兄ちゃんかっこいいbearingsweat01sign01いいなぁ、マジでこんなお兄ちゃん欲しいな。そして、そんなお兄ちゃんの思いもちゃんと分かっている京子ちゃん。やっぱり素敵な兄妹です。

 そして、全員が集まった並盛神社。あっさりと未来へ戻ったとき、軽く一人だけなるべく群れないようにしてる雲雀さんがやっぱりかわいいなぁと思いました(笑)。そして、未来で待っててくれたのはスパナさん。未来では10分しか経ってないんですね。なんか、どうでもいいことだけど、こうやってツナたちは、10年後で過ごした時間をほぼ0にして過去に戻ったり、過去で過ごした時間をほぼ0にして未来に戻ったりしてる分、なんていうか、流れてる時間の中で余分に生きてるよな、って思いました。人として細胞が生きられる時間って、それなりに限られてると思うから、正式な時間の中ではそれだけ寿命縮むのかしら。(←本当にどうでもいい。)あと、次の誕生日までに本当の年齢以上に成長するんじゃないかな、とか(笑)。

 怪物づかいツナ!
 ちょ、怪物づかいムクロがかわいすぎるhappy02happy02happy02sweat01sign01sign01sign01僕の怪物たちは強いですよって、全然扱いきれてねぇcoldsweats01sign01犬は穴掘りに夢中だし、柿ピーは眼鏡ずれてムクロさんに突き入れてるしcoldsweats01あいたたたしてるムクロさんが超超超かわいくて思わずうきゃ~~~~ってなりました。(←語彙が貧弱すぎる件。)

 さて、きりがいいのは、6月一杯までⅠ世ファミリー編っていう感じだと思ってたんですけど、あと2回くらいは未来編本編に戻るまでのつなぎになったりするのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

アニメリボーン標的187「裏切りの記憶」感想+α

 雲雀さん、またあなたは……coldsweats01happy02heart04sign01sign01sign01

 明日が出勤で、しばらくその代休が取れないってことで、頑張って今週溜めたビデオ全部観てきたせいで遅くなりましたcatfacesweat01sign01(←いきなり言い訳全開)いや、アニリボ観てるくらいから、丁度家族が買い物に出かけたので、チャァアアアアアンスッwinkgoodsign01とばかりに7本分(笑)。途中で、昼遅くなるから勝手に食っとけって電話が入ったので、「はぁい」と応えつつ、食ってる暇があったら見てるっつのsign01と一人空間を有効活用しておりました。
 というわけで、今回長いかも、の色々プチ感想から~。
 デュラララ!!#20「黄天當立」
 既に他のサイト様でちらりと、今回ドタチンがめっちゃかっこいいんだって拝見してたんですけど。今回は帽子を取ったドタチンが男前だこと男前だことhappy02happy02happy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01sign01普通の会話してても、かっこよかったりかわいらしかったりする人だと思ってますけど、真面目な話してるときのドタチンほど落ち着いててかっこいい人っていないと思うっていうくらいかっこよかったですhappy01heart04note
 ダラーズと切り裂き魔の関係について疑った正臣くん、ドタチンに訊きに行ったんですね、ダラーズのことを。で、ドタチンはダラーズに切り裂き魔がいるんじゃないかって正臣くんが疑ってることも分かってて、そこからちゃんと抑えて入ってる辺りとか、正臣くんの言ってることもそれなりに一理あることを認めてはくれる辺り、ドタチンはやっぱりこの中で器が違うなぁ…なんてlovelynoteダラーズに切り裂き魔がいると前提で、ブルースクエアのメンバーがダラーズに入っている可能性とか私怨の可能性とか、正臣くんが色々並べ立てる隣で、バキッと割り箸を折ったり正臣くんの手の傍に突き立てたりするゆまっちがちょいと怖い。ゆまっちって、そういうキャラなのかぁ。狩沢さんの言うこともゆまっちの言うことも一理あって。二人とも色々言ってるけど、沙樹ちゃんを助けたドタチンに、まるで抗議するような物言いをした正臣くんに、お怒りだったんじゃないかな、と(笑)。でも、ブルースクエアが沙樹ちゃんにやらかしたことを嫌って、ブルースクエアを見限って沙樹ちゃんを助けたドタチンが、それでもブルースクエアだった一員として、そのことに負い目を背負ってるっていうのがまたかっこいいと思います。で、そういうの全部含めた上で、正臣くんの思いも聞いて、それで正臣くんがダラーズを敵にまわすというなら、売られた喧嘩は買う。そう言い切ったのが、やっぱりかっこよかったです。あと、マジで店長ヤバス(笑)。そして、一斉に運ばれてきたお寿司を一口食べて、みんな同じタイミングで「つーん」してるのがかわいいかわいいかわいいかわいいhappy02heart04sign01sign01sign01
 ところで、法螺田(?)って黄巾賊の年上の人たちだった気がするんだけど、ドタチンが昔の知り合いって…?ブルースクエアのこと?ってことは、元ブルースクエアのメンバーが、ダラーズだけじゃなくて、黄巾賊にも紛れ込んでるってこと?(←小説はまだ1冊目9章(笑)。分かってた。なかなか読めないことは分かってたっcoldsweats01sign01
 で、ドタチンが教えた「ダラーズのボスを知ってるって言ってた」人は、臨也さんなわけですね。臨也さんとは、やっぱりそれなりのつながりがあるんですね、ドタチン。…ところで、狩沢さんとゆまっちが、黄巾賊とかブルースクエアをフィギュアに置き換えてしゃべってるの見ながら、「おい…なんで全部美少女なんだ?」って聞いてたり、スルーされて深い溜息ついてたりするドタチンがかわいいんですけど(笑)。
 ダラーズのボスが帝人だって教えられた正臣くん。臨也さんがまたいやらしい言い方するし。法螺田はなんかやらかしてるし…なんか大変だ。大変なことになってる。正臣くんは、帝人にたどり着いたけど、それは事実だけど、なんか色々また誤解してる気がする。
 ONE PIECE58巻
 エースぅぅうううううううううううbearingsweat01sweat01sweat01sweat01sign01sign01sign01sign01sign01
 お願い死なないでcryingsign01ルフィかばって死なないでcryingsign01
 今回、絆みたいなものをすごく感じる巻でした。ボンちゃんのために頑張ったMr.3、息ぴったりのエースとルフィの絆、白ヒゲ海賊団の絆…そして家族の絆。ガープじいちゃん大好きだ。海軍の英雄でありながら、エースとルフィの育ての親みたいなもんで、どうしてもその思いを踏みにじれなかったじいちゃん。そして、赤犬に情報操作されて、傘下の海賊に刺された白ヒゲも、それでもみんなを息子と呼び、全力でエースとルフィを援護してくれて、強くて優しいオヤジさんで。人の心に残酷な棘を差し込んで操ろうとする赤犬さん、酷いよcrying。白ヒゲの思いを大事にしたかったのに、どうしても赤犬の言葉が許せなくて、立ち止まってしまったエース。うぅうう、悔しいよぅ……cryingそして、全力でルフィだけのために戦うハンコックはかわいかった(笑)。(←空気sign01

 おまけが長くて申し訳ないですcoldsweats01。山本が入ってるキャラDVDも買ったのに、まだ見ることもできてません。忙しや~coldsweats01。それじゃ、今週のアニリボ感想スタートwinkgoodsign01

 <アニメリボーン標的187「裏切りの記憶」>

 デイモンさんの作り出した己の幻覚と戦うみんな。今回は、デイモンさんのもつ理想を、全員がことごとく否定しまくってたような(笑)。なんていうかなぁ……極論なんだよ、デイモンさんは。人間ってそう単純な生き物じゃないんだからさ。

 さて、ツナと獄寺の大空のステージでは、相変わらずのやり取りが続いてますが、その中で看過できない一言が飛び出しましたとも。
「あなたたちのその甘さ、ここで切り捨ててもらいましょう。それができないなら、あなたたちには消えてもらうしかありません。昔のプリーモのようにねsign01
 ちょっと待てぇcoldsweats02sign01そこ、超大事なところsign01
 というわけで、待ちに待った過去の回想が登場しましたよwinksign01
 争った形跡の部屋、そして倒れる人々の中で、傷を負ったデイモンさん。そこへやってきたプリーモと守護者たち…。なぜこんなことを、と問うたプリーモに
「あなたがそれを聞きますか。もう分かっているのでしょう。私の計画も…そして、私が何を願っていたのかも」

 …………終わり?

 …………あれ、終わり?

 短っcoldsweats01sign01

 その回想を経て、守護者たちが口々に、あの事件でプリーモが気に病むことはないのだとか、元々デイモンさんの考えはちょっと自分たちとは違っていたのだとか言ってくれてたけど、
「それでも、デイモンもオレの守護者だ」
 そういったプリーモって、器でかいなぁ、さすがボスだなぁって思いましたlovelyそして、みんなが持ってる金時計…これは、止まった時を指していたんですね。あの時…つまり、デイモンさんが裏切って、プリーモがⅡ世にボスの座を譲ることになった、あの時、ということでしょうか。デイモンさんの考え方が、プリーモに批判的だったり、未だに全くそれを変えていないところから考えると、間違いなく時は止まってると思います。…ところで、初代たち、今この姿で甦ってるけど、それって、その止まった時で甦ってるってことなのかな?少なくとも、その後の人生もあったはずだと思うんだけど。

 閉じ込められちゃった女の子たち。ユニちゃんの力で、少し息苦しさをやわらげられた京子ちゃんたちでしたが、それもほんのつかの間。この中で、幻覚のことを一番知ってるのは髑髏ちゃん。幻覚に打ち勝つためには、それより強い幻覚が必要。覚悟を決めて藍色の炎を灯す…。

 アルコバレーノを集めることで、力が発揮できるということで、まずはコロネロがマーモンを。基本、金にならないことに消極的なマーモンですが、それを基本熱血理論でやる気にさせるコロネロ、いいねwinkgoodsign01やっぱり了平兄さんは、師匠に似てるなhappy02heart04noteそして、風さんはヴェルデさんを呼びに行ったんですね。あぁかわいいかわいいhappy01heart04heart04heart04noteイーピンのことを気遣いながら、凛々しく駆ける風さんかわいいhappy01heart04sign01そして、こちらも、基本自分の興味にそぐわないことには大変消極的なヴェルデさんですが、優しく上手く乗せちゃう風さん、上手いねwinkgoodsign01ところで、これも上手いことステルス機能が出てきました。そうか、なんと、ステルス機能みたいのも、ヴェルデさんの開発ですか。10年前にも既に存在してたんですね。

 山本が一人で戦う雨の森のステージ。気配だけで…いや殺気かな?相手の攻撃を見切ってかわす山本。こちらでも、相変わらずデイモンさんが極論をおっしゃってます。斬らないのなら、刀など鉄の塊に過ぎない、と。でも、これには山本がはっきり反論。
「それは違うな。オレにとって、こいつは親父の心。そして、オレの心でもある。だからこそ、その信念に合わないことで振るうつもりはない」
 この刀は時雨金時。山本が、時雨蒼燕流を受け継いだ証に、お父さんから託された大事な刀。それをちゃんと分かってて、だからこそ大事にしたいって思える山本は素敵ですhappy02sign01sign01sign01だったら消えてもらうしかない、と言った相手に、それは無理、と更に反論。殺気が隠しきれない相手。そして、それを読める剣士に成長している山本。
「あんたをやる(殺る?)つもりはないけど、ここからは出してもらわないとな」
 かっこいいーーーーーーーーhappy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01sign01

 そして、砂漠のステージでも、お世辞にも足を引っ張ってないとはいえないランボさんを抱えながら、あくまでもランボさんと京子ちゃんたち、どちらも助けて見せると豪語する了平兄さん。そんな熱血っぷりが素敵lovelysign01そして、
「極限オレは負けんsign01京子を助けるまではなぁsign01sign01
 かっこいいーーーーーーーーーhappy02heart01heart01heart01sign01sign01sign01
 この二人のブレない信念に、さすがのデイモンさんも、ちょっとたじたじ…。

 大空のステージで、ツナと獄寺を相手にしてるデイモンさんから、またまた衝撃の事実。
「私がプリーモに退場願ったのですよ。ボンゴレからね」
 え?あの状況から???マジで???本当に????
 と思ったら、ちゃんと再び回想が入りました。
 えーと、基本デイモンさんの考えはずっと一貫してるわけですが、プリーモのやり方が甘すぎて気に食わない。ボンゴレは急成長を遂げており、更にそれは拡大されるべき。それを束ねる役として、プリーモはふさわしくない。そう言い放ったデイモンさん。思わずGさんが何か言おうとしたけどプリーモはそれを止めました。そして、自身は何も言わないまま……。え?そんで納得しちゃったの?これまでの中で、最強だったボンゴレボス、プリーモ。その人が、それで引き下がるとは思えないんだけど…。でも、頑固だった、というわけじゃないから、何かしらの考えがあって、Ⅱ世に譲った…ってことなのかな~?
 そんなデイモンさんと、今現在戦っているツナ。デイモンさんに向かって、X BURNERを発動sign01ところが、思わずそちらの戦いに気を取られた獄寺が、その軌道上に追い込まれ、ツナは発射を躊躇う。そして、同時にX BURNERを発動させていたデイモンツナは、躊躇うことなくX BURNERを放つ…coldsweats02sign01

 一方アルコバレーノたち。風さん、ヴェルデさん、コロネロ、マーモンがリボーンの元に集い、スカル…おぉおお、なんと雲雀さんの腕章盗んできたcoldsweats01sign01なるほど、スカルが何言っても雲雀さんは動かなさそうだけど、腕章盗られたとあっちゃあ、追いかけてきますよねぇ(笑)。リボーンがごにょごにょ授けてた策は、これだったのかな?
 アルコバレーノ全員がそろうことで、おしゃぶりが光を放ち、消えたはずの黒曜ランドの建物の中にいるユニちゃんを頼りに、みんながその場所を把握することができるってわけですね。なるほど。そこで頑張って幻覚を打ち破ろうとしていた髑髏ちゃん。そこへ現れたマーモン…一応家庭教師としての自覚はあったんだねcoldsweats01つれない言葉ではあるけれど、髑髏ちゃんをサポートしてくれました。マーモンが教えてくれた亀裂に、三叉槍を突き立てるsign01

 獄寺に向けて放たれた青いX BURNER。ツナはとっさに零地点突破初代エディションで、氷漬けにしました。おぉおお、なるほどsign01X BURNERは完全に炎の技だもんね。機転が利くなぁツナ。その力を目の当たりにして、デイモンさんが思わず言ったのは、なぜこれほどの力を持ちながら、力での支配を否定するのか分からない…とのこと。なるほどねぇ。初代エディション…つまりこれ、プリーモの技ですよね。つまり、それを見てその力の強さを肯定するってことは、デイモンさんも、プリーモが強い力の持ち主だということを認めていたってことですね。そして、にも関わらず、力による支配を好まなかった…それが気に食わなかった、と。
 決して綺麗なだけの歴史ではないボンゴレ。それを継承したい思いは…
「オレが欲しいのは、仲間を守る力。仲間と笑い合える未来をつかむための力だ。それができないなら、継承は必要ない。そんなボンゴレなら、オレがこの手で壊すsign03
 ツナの覚悟も変わらない。ブレない。ボンゴレリングをグローブと同化させたとき、プリーモを納得させた覚悟。ツナ、かっこいいよhappy02sign03そして、その覚悟を知って、なんとプリーモは、そんな10世(デーチモ)だから、自分とは違う道を歩めると期待してる…?プリーモは、自分の歩んだ道が決していいものじゃなかったって思ってるんだ。それは、デイモンさんの裏切りも含めて、なのかな。
「どうやって?この幻覚空間からも逃れられないのに?」
 嘲るようにデイモンさんが言った傍から……スカルの悲鳴?て、アーマーロールちゃんcoldsweats01sign01雲雀さんcoldsweats01sign01sign01続いて、なんと山本に了平兄さんとランボさんまでhappy02sign01いいなぁ、ツナが、「オレには仲間がいる」って断言したら、これだもの。一人じゃない。ツナらしさについてきてくれる仲間がいる。それこそが力。少なくとも、現状を打ち破ったのは、ツナの強さではなくて、ツナの信頼度の高さ。
「ヒバリが暴れまくって、幻覚空間がぶっ壊れてさぁ」
 えっと……信頼度……coldsweats01
 腕章盗られて、雲雀さんは相当お怒りだったんですね…開匣までしちゃって(笑)。でも、みんなしてツナの元に駆けつけてきて。うん、信頼度happy01sign01sign01sign01
 遂に厚い壁のドームを破った髑髏ちゃん。髑髏ちゃんも頑張ったねhappy01sign01ユニちゃんも…。そして、相変わらず自分の功績を誇ろうとするスカルだけど、おかげで雲雀さんに睨まれちゃいました(笑)。ん~、雲雀さん麗しいっlovelynoteでも、それよりおいしかったのは、敢えてスカルが隠れたのが風さんの後ろで、風さんがきょろっと雲雀さんのほう見てることだったりしました、かわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいhappy02heart04happy02heart04sign03sign03sign03ちょっとした似てる顔対決?
 この状況になっても、まだデイモンさんは継承を認める、とは言いません。次は本気で…って、まだ本気じゃなかったのかこの人?でもこれで、守護者もアルコバレーノも、全員そろいましたよwinksign01

 怪物づかいツナsign01
 相変わらず寝こけるリョウヘイをのぞいて、一番やる気なさそうなツナさんです(笑)。山本は相変わらず斧頭に刺したままニコニコしてますけど誰かその斧抜いたげてcoldsweats01。まぁでも、原作だと斧から一滴血が垂れてたりするから、まだ痛々しくないようにしてあるのかな(笑)。
 ヒバリンを倒すことを促されるツナの前に現れたのは、なんと怪物づかいムクロ、イヌ男犬、マミークローム、ゴーレム柿ピー。な、なんと、ムクロは怪物づかいなんですか。一応こっちもボスなんですね(笑)。そして、自分こそがヒバリンを倒すんだって言ってますけど、色々因縁ありますからね(笑)。ツナ的には、その方がありがたいなって喜んでるんですけど、リボじいがそんなこと許してくれません。そしたら、一方的に、戦って決めようってことになっちゃいましたcoldsweats01。黒曜組がどんなキャラか楽しみですnote

 おやおや、次回はデイモンV.S.ツナですかcoldsweats02。これまた意外な展開。基本的には髑髏ちゃんの継承を認めてもらう…はずなんだけど…?そして、ツナはツナでユニちゃんにサポートしてもらって、プリーモに継承を認めてもらわなきゃいけないってのがあると思うんだけど…どうなんだろう?でも、プリーモも関わってるし、ここが峠なんだろうな。…となると、Ⅰ世ファミリー編は1クール…ってところなのかなぁ?アルコバレーノ編もそんな感じだったと思うけど。もっと引き延ばしてもいいと思うけど。原作の未来編が終わったから、いくらでもやりようはある…かな…?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »