« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

アニメリボーン標的195「Gの弓矢」感想

 最後の聖戦(B.G.M.)がかっこよすぎて痺れるhappy02sign01

 久々早めの記事です~(笑)。最近、なかなか思うように時間が取れなかったりしたんですが、今日は家族がみんな出かけてて、パソコンもテレビもビデオもフリータイムフリーダムに使えます、嬉しいhappy01note今週はついに戦国BASARA3が発売されたんですよね。ちょっと余裕ができてから、やっと2を進め始めたんですが、完全に世の中の流れから遅れてるなぁ、と(笑)。でも英雄外伝をやりたくて買ったゲーム、2が終わらないと英雄外伝には手を出せない…bearingsign01はてさて、3に手を出せるのはいつだろう。ちなみに我が家にはWiiがあるから、買うならWiiバージョンかと思うんですが、こちらは居間に設置してあるんですよね。あんまり使ってなさそうだから、自分の部屋へ持ち込むなり、何とでもできそうですが、アナログコントローラーは買わなきゃダメかな、やっぱり。でもPS3買うよりは安いんじゃないかなぁ。と。なぜPS2で出してくれない…。(←古いから。)
 プチアニメ感想~。
ヘタリア第4回日本って、高橋広樹さんだったのか…coldsweats01菊丸もスクアーロも日本も、まっっっっっったく違う声だからすごいと思います。ローマじいちゃんの歌が笑えました。RAINBOW-二舎六房の七人-…もう死んじゃったけど、アンチャンってかっこよかったんだなぁと思いました。あんなにみんなに慕われて。そして、マリオをみんなで助けようとしたのもいいなぁって思いました。屍鬼…ついにGACKTさんが声優で登場ッス。以前北斗の拳のOVAかなんかでもやったことあるらしいですけど、個人的には下手ではないんじゃないかと思います。何せガンダムマニアでガンダムのキャラのモノマネとか真面目に上手い人だからな…。(←褒めてる?)今回のキャラは相当癖のある人みたいだから、合ってんじゃないかと。(←え)なんかよく分からないけど、夏野くんが今回はかわいかったです。もしかして夏野くんも病気にかかってるのか?徹ちゃんも、目をつけられちゃった?ていうか、あの水色頭の猫耳の髪型はどうなんだcoldsweats01。そして保がキモ怖すぎshock
 他にもまだ見てないのがあるので、見たら戦国BASARA弐の記事にでも(笑)。(←今週は書く余裕がある(笑)。)

 それではアニリボ感想へsign01

 <アニメリボーン標的195「Gの弓矢(アーチェリー)」>

 今回も作画綺麗でしたねぇ。獄寺かっこよかったし綺麗だったんじゃないでしょうか。なんといっても今回は彼がメインですから。γ兄貴もかっこよかったです~。(もう少し活躍があれば…bearingsweat01sign01

 ザクロさんが修羅開匣したところから。原作にはなかったところが、チョコチョコと補完されてた気がしますが、ブルーベルが迷子になってるところもそうですね。(←原作では突然現れたような。)その目に映ったのが、修羅開匣したザクロの爆発的な炎。ブルーベルは、もう戦ってんのぉ?と、ちょっとご機嫌斜め。桔梗さんの目にもそれは映って、桔梗さんも最初は早すぎる、と困ったような顔して(←ちょっと珍しくてかわいかったですhappy01note)溜息ついたんですが、すぐさま待ち伏せされたのかもしれないと感づくところがさすが。真6弔花のリーダー張るだけあります。

 ツナたちにもその炎は見えたわけですが…。各々心配してる中で、昨夜の作戦会議の様子。この中で怪我してないのって、女の子たち除いたら、γ兄貴とツナとリボーン、あとランボさんくらいなんじゃないかな。で、そのγ兄貴も作戦の中にはいってるわけですが、その作戦タイムの時に、既にγ兄貴のことを「あなた」と丁寧に呼んでる正チャンにそれとなく好感happy01そしてユニちゃんに「指一本触れさせない」って言ってるγ兄貴はやっぱりかっこいいなぁ…と。そんな台詞、さらっと言えちゃうところが(笑)。ユニちゃんの「無理しないで」もキラキラでかわいかったし、それに微笑んで見せるγ兄貴がまたこれhappy02heart04sign01
 そして、獄寺。チョイスでのミスのこともあって、こっちも色々思いがあります。ボンゴレの誇りとか、右腕として、とか、いつもの台詞でツナに戦いに出る意志を伝えたわけですが…
「許可、できないsign01
 ツナの強い反対。きっと、獄寺が思ってもみなかったほどの。

 修羅開匣の炎だけでも凄まじいものがあるみたいですが、ここからは個人的に獄寺とγ兄貴の共闘っていうのが結構好きだったりします。敵同士で、本気で戦った相手と信頼しあって(…るかどうか、相変わらず相手への言葉遣いは悪いですが(笑)。でも、お互いボスへの思いは本物って知ってますもんね。)同じ敵に立ち向かうっていうシチュエーションがいいなぁ。メローネ基地では、お互いに自分のボスのために必死に戦っていたわけだから、どっちも「悪」じゃなかったし。そういう人たちがその思いを理解しあうっていうのはなんか好きです。そして、それを思ってる獄寺がこれまた綺麗だったなぁって思ったわけですが、本当に作画が素晴らしいhappy02heart04sign01
 で、修羅開匣したザクロさん。蛾とかトカゲとか、そういうレベルではなかったわけですけど…ザクロさんの匣はT-REX。えっと…あんまり恐竜詳しくないんでよくわかんないんですけど、それってティラノサウルス?あれ、ティラノサウルスって、恐竜の中でも最強系でしたよね?まあ、なんかあの3人の中では確かにザクロさんが一番凶暴っぽいイメージはあるかな~。普段はダレてるとこあるけど(笑)。

 桔梗に備えていた野猿や太猿がγ兄貴のこと心配してるのもよかったです。原作にこの場面があったかどうか覚えてないんですけど、ほんとγ兄貴のこと慕ってますよね、この二人。
 で、心配は当たってしまって、せっかくの裏コードの技も修羅開匣したザクロさんには通じなかったわけですが…そりゃそうだよなぁ…γ兄貴がAクラスだったとして、真6弔花はそのAクラスを大量に部下にできるほどの力の持ち主なんだから…。唯一対抗できる強力なリングを持っている獄寺。炎の大きさや強さは相当なもののはずなんだけど、何しろザクロさんはダイナソー・スキンですからねぇ。赤炎の矢くらいでは歯が立ちません。
「瓜sign01形態変化sign01
 プリーモと共に、ボンゴレの基礎となる自警団を組織した男。Gさんってかっこいいですよねlovelynoteプリーモは綺麗でかっこいいと思うけど、Gさんはアニキって感じでかっこいいです。プリーモより背が高いっていうのもちょいとツボnote(←背の高さはいつでもツボ。)

 荒々しく吹き荒れる疾風と謳われた Gの弓矢(アーチェリー)sign01

 う~んかっこいいhappy02sign03Gみたいな雰囲気の人は、圧倒的に銃が似合うと思うけど、そんな人がこんな弓矢を持って戦ったりしたら、尚更かっこいいです~~~lovelynote原作の時にも書いたような気がするけど、弓矢って個人的に古風で雅なかっこよさがあると思うのです。でかくて持ち運びも大変だと思うんですけど。ちなみに刀っていうのも大好きです~~~note

「許可できないsign01
 ツナの強い反対を受けてしまった獄寺。獄寺はいつもいつもボンゴレとか右腕とか言ってたし、ツナはそういうのあまり好きじゃなかったから、そんなことのために怪我をおして命までかけるなんて、ボスとしても友達としても、絶対にしてほしくなかったわけですよね。だけど、獄寺も、今回だけは折れませんでした。
「悪ぃけど、従えませんsign01
 常に「10代目がおっしゃるなら…」って、どんなに怒り狂ってても渋々矛を引く獄寺。今回は面と向かってはっきりと逆らいました。そのあとあたふたしてるあたりが獄寺ですが(ナッツがきゅぅうってなってるのがかわいすぎるlovelyheart01)、獄寺が言いたかったのは、昔ほど軽い気持ちで言ってるんじゃないってこと。右腕として特攻かけるような命知らずじゃなくて、ツナがそうあってほしいと思うような右腕になりたい。こういう獄寺の思いを聞くと、あぁあああ成長したねーcryingsign03と言いたくなります。よく空回りしてたからなぁ…。周りのみんなは、そんなにボンゴレと関わってきたわけじゃないし、獄寺ほどボンゴレに対する思い入れがあるわけでもない。だけど、そんな仲間達とふれあい、戦ってきたことで、本当に大事なことに気付けたんだよねぇ。しかし、今思ったけど、獄寺は初めて使った匣兵器に「赤炎の矢(フレイムアロー)」って名づけたけど、まさに弓矢、だったわけですよね。偶然っていうか…そういう運命なんだねぇ。
 全く傷つけることすら敵わなかったザクロさんのダイナソー・スキンを削る威力を持ったGの弓矢。しかも、矢は炎だから、いちいち番えなくてもいいから連射できて便利。…でも、相手は真6弔花、簡単に当たってはくれないし、背中は痛いし…。たちまち距離を詰められて、ぶっ飛ばされてしまいました。でも、獄寺は根性ありますから。転んでもただでは起きません。宙からガトリング・アローでザクロさんの腕を串刺し。…痛そうに見えたけど、ザクロさんは炎の力でそれを粉砕。やっぱり強い。
 至近距離からでないと、大きなダメージは与えられないと感じて、ザクロさんが近づいてくるように画策する獄寺ですが、意外と相手のことも読んでくるザクロさん。えっとえっと、そんな恐竜の鋭く長い爪で耳かきしたら、外耳道炎症起こしますよcoldsweats01sweat01sign01(←ダイナソー・スキンだから大丈夫。)
 獄寺の隙をついて、瞬時に背後に回ったザクロさん。すぐに気付いたけれど、背中を痛めている獄寺、身体が回らない。このままでは…sign01

 バシュゥウッ…弓から噴出した嵐の炎、そして同時にスタートした聖戦のB.G.M。ぞぞぞぞぞっって鳥肌が立ちました。あぁあああかっこいいhappy02sign01sign01sign01sign01sign01
 獄寺の絶体絶命のピンチに、瞬間的に嵐の炎を噴射して、その推進力でザクロに狙いを定めてくれたのは、獄寺の頼もしい相棒、瓜ちゃん。願ってもいない至近距離で、獄寺は矢を放つ……sign03

 次回は彼らがやってきます、ねhappy02heart04sign01あと、ランボさんですか。予告の最後、サラッサラの髪が乱れた獄寺がすごく新鮮だったですよ。ちょっとくせっ毛だと思うんですけど、サラッサラでした。サラッサ(←くどい。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年7月27日 (火)

バトン頂きました♪

 いつもお世話になってるみさきさんからバトン頂きましたーhappy01noteみさきさん、ありがとうございますsign01
 バトン超久しぶりです。早速やってみたいと思いますsign01

・バトンを回したらその人に伝える事
・5日以内に書かないと罰ゲームがあるらしい
・回す人はその人がルール守ってるかチェック
・これから親(心)友でありたい人10人に回すんだって(←毎度勝手に削除計画発動)
・10人以上&スルーはNG

↓回す人
 えっと…毎度すみません、10人以下はOKですよねbleahsweat01goodsign02
 ミクラさん
 班胥さん
 ……ぁわわわわ、お忙しい方ばかりですbearingsweat01sign01むしろスルーしてくださいませsign01

・お名前は?
 紫月と名乗っております。

・おいくつ?
 おいくつくらいに思われてるだろう…。

・ご職業は?
 社会人ですー。(←それ職業じゃないよね。)

・ご趣味は?
 好きなことに没頭することwinkgoodsign01

・好きな異性は?
 「好きな」となると、相当数(笑)。大半が山本を筆頭に、漫画やアニメや小説のキャラですが末期ですかやっぱりcoldsweats01

・特技は?
 ネット界にはもっと上がいるわけですが、パソコンのキーボードは1秒で6つのキーが打てるようです。(でもローマ字入力だから、3字(笑)。)

・資格は何か持ってますか?
 普通運転免許happy01note特に条件なし。それ以外は職業に関わるんで秘密っス(笑)。

・好きな人はいますか?
 ん?思いついた答えが既に上で出ている…。

・好きな食べ物、嫌いな食べ物は?
 好きな食べ物は白いもの。嫌いなのは、蛙・人参・理不尽。(←食べ物?)

・貴方が好きな人に一言
 …………数多を想像した場合、ここはどうするべきか…coldsweats01

・送り主の名前は?
 みさきさんですhappy01note

・みさきさんの第一印象は?
 第1?その頃まだ中学生でいらしたわけですが、「中学生?文章上手いなcoldsweats02sign01」って思いました。そしたら間違ってました、絵もお上手でしたhappy02sign01

・みさきさんにやらせたい事は?
 
そんな上から目線とんでもないですcoldsweats02sign01学生さんですもの、好きなことを思いっきりやって頂ければhappy01sign01

・みさきさんを動物に例えると?
 
えぇ?えっと…えっと…レッサーパンダ?(←かわいいイメージ。)

・みさきさんの悪い所は?
 
いや~、絵がどんどん上達されて、全くすごいですhappy02sign01(←趣旨がおかしい。)

・みさきさんが子犬なら拾う?
 
かわいらしそうですhappy01noteレッサーパンダでも拾います。

・みさきさんとやりたいスポーツは?
 
ミントンですか?やっぱり(笑)。

・みさきさんと行くなら何ライブ?
 
杉田さんのトークライブとかどっスか(笑)。

・みさきさんがもし目の前に現れたら? 
 思わず二度見(笑)。

・罰ゲーム
 
むしろお忙しい方の名前を挙げてしまった自分がやってきます、まだクリアしてない12武将で大武闘会100連戦×12(@戦国BASARA2)winkshinegoodsign01(←それ、ただのゲーム。)

 うわーなんか、ちっとも面白味がない…coldsweats01(←いつものことである。)途中泣きそうな事態が起こったせいで、微妙にテンションがおかしいかもしれません、すみませんsadsweat01。でも、バトンそのものは久しぶりでもあり、楽しく考えさせていただきましたhappy01noteみさきさんありがとうございましたーhappy01sign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

戦国BASARA弐#3感想

 怖ぇーーーーーーーーーーshocksign01sign01sign01切ねぇーーーーーーーーーーcryingsign01sign01sign01

 ストーリーがほぼアニメオリジナルってことで、全然先が読めない戦国BASARA、素敵ですね。別にネタバレしてたとして、この記事を読もうと思われる方はきっとアニメをご覧になってらっしゃるんじゃないかと思うんですが、お昼に書いたアニリボの記事では書けなかったプチアニメ感想を少し書かせていただきたく。だって言いたいんだもん。黒執事Ⅱ#3ちょ、セバスチャンーーーーーーーーーーー(笑)sign03sign03sign03ネコの愛らしさに見とれて、坊ちゃんの命令を聞き逃すセバスチャンとか(笑)。そんなセバスチャンがかわいらしいlovelynoteでも、セバスチャンは本当にかっこいいなって思います。そんななのに次回予告で下ネタを彷彿とさせるしゃべり方やめれcoldsweats01sign01そして、グレルsign01自分でじゅんじゅんって言わなかったcoldsweats01sign02そして、なんと今回の黒幕的な相手が、あのちょっと怖い感じのお坊ちゃま…ってことですか。あと、シエルってグレルに会ったことなかったっけ?ないわけないよねぇ。何でグレルのこと知らないの?そして、マダム・レッドって……。マダム・レッドは死んじゃったじゃん。記憶がないの?それから、女王陛下って…1期では…だったけど…新たな陛下がいるの…?うぅん、よくわかんない。屍鬼#2…やっぱり…やっぱり怖ぇええええええええcryingsign03sign03sign03ていうか、OPがBUCK-TICK…だとcoldsweats02sign02

 ちょっと寄り道しましたが、戦国BASARA弐#3の感想も書いてみようと思います。だって怖かったし切なかったんだbearingsweat01sign01

 <慶次対利家!手取川に咽ぶゆずれぬ想い!>

 しかし、いつ見てもOPかっこいいなぁ。曲もいいなぁ。
 前田軍が越後に攻め入ろうとしてると知って、慶次は必死に止めようとするわけですが…。そんな慶次のことを思いやってくれる謙信とか、何気に慶次のこと理解してるかすがとか、いいなぁ。例え敵軍の身内でも、友人は友人…。謙信が刀を納めたときの手の動作がすごくかっこよかったですhappy01。しゃきーん。BASARAの謙信公には、優美という言葉がよく似あいます。どうでもいいけど、この戦国BASARA弐のアニメが始まって、やっとゲーム熱が再燃して(ていうか、やっと余裕ができて、ともいう(笑)。)4ヶ月ぶりくらいにBASARA2のゲームを進めようと決心したわけですが、今大武闘会でやっと半分の武将が終わったところ、そして現在謙信公で60回戦突破してセーブしてあるんですけど、父が無駄に謙信公使ってストーリーモードや天下統一やりまくったせいで、謙信公レベルMAXなんですよね。出てくる相手がまたアホみたいに強いので、つらいんですけど。くそう…まだやってない濃姫もレベルMAXなんだな…くっbearingsign01(←本当にどうでもいい。)ちゃんとアニメの話に戻るけど、戦国BASARA弐、今回も作画はメチャメチャレベルが高かったと思います。謙信公めっちゃ綺麗でした。

 前田軍の前に飛び出して「止まってくれ!利!まつ姉ちゃん!」って叫んだ慶次。でも、利家は止まらないと決め、まつは利家に絶対に従う。慶次を避けて二手に分かれ、駆け抜けていく前田軍…。歩兵まで馬と同じ速度だよcoldsweats02sign02(←そこはわりとどうでもいい。)うぅっ、慶次かわいそうweepsign01謙信と前田軍が戦うのだってつらいのに、止めようとして見向きもされないっていうのもつらいだろう。あったか家族なのに。かすがが、謙信公ができるだけのことをすると言ってくれてるって伝えにきてくれたけど、これも二人の優しさだろうなぁ。

 謙信の軍と相対した前田軍。謙信の手勢は少なくて、これこそ愚直にまっすぐ全勢力を傾けてきた利家に対して、上杉の全軍を加賀へ差し向けたのだ、とおっしゃる謙信公。だから、すぐに戻れ、と。なるほどね。謙信公は智将でもあったっけ?(←BASARA好きでも歴史に詳しくなれない残念なタイプ。)そして、そうは言われても豊臣を裏切ることはできないと槍を向ける利家。すぐに片をつけて引き返し、加賀を守る…それが、謙信相手に叶わぬと悟った、こちらは紛れもなく智妻、まつ。自分が謙信公と戦う、と長刀を向ける。ほんとまつって、才色兼備+勇ありっていうか…利家のためなら何でもしてみせる。武将の妻の鏡、なんだろうな。自分が相手をする間に、利家に加賀へ引き返してもらおうだなんて。相手軍神だよ?そうそう言えないよ。蘆名(←前回違ってましたよね?ていうかこれであってるかも不明。資料見てても色んな「葦」「芦」が出て来るんだもん。)や津軽の軍勢が伊達を破ってくるとは言っても…軍神相手になんて、無謀すぎる。そこで利家がまつを押さえて加賀に戻ると決断するのを想定していたのかどうか。少なくとも謙信公は、「わたくしの相手は奥方殿でよいのですね?」って言うことで、利家の気持ちを、確信犯で揺らがせてる気がしますけど。
 加賀へ戻ると決心した利家。謙信公は、できるだけのことをして、利家やまつを傷つけることなく引き返させることに成功したわけですね。さすが謙信様。で、更に待ち伏せしていた上杉軍に取り囲まれてしまった前田軍。その圧倒的な軍勢と攻め方はとても前田軍が太刀打ちできるものではなくて、無血降伏させようとしてるというのが分かったわけだけど、ここは見逃してはくれなかったってことかな、謙信公。また攻めてこられても困るし、慶次かわいそうだしね。
 にしても。魔王のやり方に憤りを覚えているから、争いのない平和な国を望むから、とはいえ、秀吉のしてることが謙信公より信頼できると思うんだろうか、利家。どうして慶次からもいい人だって聞いてて、自分の目でも確かめたはずの上杉軍を打ち破るって方にいっちゃうのかな。真面目すぎるんだな、この人。あと、一旦決めたら引けない人。
 てシリアスに考えてるところに登場して笑いを誘ってくれた直江兼続さんなんですけど、今期もやってくれました(笑)。1期のときはゲーム知らなかったから、ドラマの主役張った直江兼継が一瞬で飛んでったぞって笑わせてもらったんですけど、今回はゲームでの彼を知ってるだけに、よりウケる(笑)。いつもあんなんなのに、何であんな自信満々なんだ、BASARA兼続。飛ばされてナンボ。まつ姉ちゃんの技も出ましたね。あれなんて言うんだっけ?太郎丸?まつと利家は強いけど、それでも前田軍は囲まれてて不利。
 そこへやってきたのは…慶次。加勢に、ではなく、力尽くで前田軍を止めに。

 ここで地震速報…とか……cryingsign01sign01sign01マジで泣ける。ちょっと、もうちょっとどっしりしててくれる、地盤sign03

 激しい利家と慶次の一騎打ち。ところで、慶次も利家も、必ずしも峰撃ちというわけじゃなさそうなのに、何で斬れたり刺さったりしないんだろう。慶次は鎖帷子みたいの着てるかも知れないけど、利の腹筋胸筋ハンパねぇ。どっちかというと慶次が上手だけど、なにやら利家はつらい思い出があるみたいで、あっさり倒れてはくれないし、慶次がぶっ飛ばされることもあって…。ちなみに、慶次が思い起こしたのは、ねねさんですよね?秀吉が殺してしまった…慶次の初恋の相手、だっけ。そして、それがどうしても許せなかった慶次。慶次の技は、またド派手だな。大刀での一撃必殺って感じだもんなー。川の水が枯れたよ、一瞬。さすがの利家も倒れ、まつ姉ちゃんに長刀を突きつけられて、悲しそうな顔してる慶次も、長刀突きつけながら「構えなさい!」って、あくまで構えない慶次には切りかからないまつ姉ちゃんも、ほんと切ないよ~~~~~cryingそのつらすぎる身内対決を止めてくれたのは、謙信公。愛するもののため、その明日のために刀を取る者取らざる者。そのどちらもが是。慶次は取らない方を選んだし、秀吉や利家は取る方を選んだ。どちらも願うのは、平和な世界なのに。…深いな。さすが、毘沙門天を崇めてるってのもあるかも知れないけど、謙信公は悟り開いてるなぁ。そして、利家を抱えて泣きじゃくるまつ姉ちゃん見て、思わず表情を歪める慶次…。うぁ…つらい…まつ姉ちゃん泣かせてるのは自分だもんな…。笑ってて欲しい人たちを傷つけたのは…。慶次が咽ぶのを見てマジで涙腺やばかったです。

 一方、四方から攻められ、突破されてしまった伊達軍。
「Wake up!Wake up Guys!?」
って筆頭が怒鳴っても、しばらく静まり返ってた戦場に、こっちも切なすぎたわけですが、それでも少しずつ起き上がる兵たちがいて。
「All right.おめぇらよく生き延びた。ひとまず奥州を取り戻したぜ」
 筆頭美人さんです~~~happy02heart04sign03sign03そして、奥州取り戻したってことは、半兵衛が描いた、奥州伊達軍を破った3軍がそのまま越後へ攻め入るっていう戦略も、計画倒れに終わったって事ですよね?伊達軍甘く見てもらっちゃ困るよ。無敵の筆頭率いる不良軍隊だぜ(笑)。(←見かけが。)けど、政宗様の背中につけられた傷。みんながそれを見て小十郎を思うわけで。…小十郎…今回出番が1㎎もなかったけど、存在感の大きさを物語ってるよbearingsign01sign01sign01
「目指すは大阪だ。豊臣を潰す。小十郎を連れ戻すついでにな!」
 あ、メインは小十郎を取り返すことなんですねhappy01heart04sign02(←だから空気を読めと。)ところが、そこへ砂埃を立てるようなオーラを振りまきながら現れたのは、エヴァ3号機coldsweats02sign02
「…豊臣…秀吉!」
 あ、間違えましたごめんなさい。(←うそつけ。)
 それにしても、秀吉見ると筆頭はすっごく華奢に見えるなぁ。器云々って、小十郎も言ってたけど、やっぱり一緒に過ごしてきた時間が長いから、同じような思考回路持ってるのかしら。秀吉の突き上げる拳と、筆頭が上空から振り下ろした刀がぶつかり合って……。

 九州に向かって旅を続ける幸村。今回この幸村の引き連れている一団の中に、アムロ(@ガンダム)の声の人がいますね。小山田殿っていったかな。武田軍の一般兵で名前のある人、今までにいなかったから、めずらし…

 っ…ぅっ…ひっく……んなさい………ごめんなさい………(←スーパーエコーの暗い声。)

 ひぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいshocksign03sign03sign03この痛快明快戦国BASARAで怨霊cryingsign02怨霊ですかぁああああああああああああbearingsign03sign03sign02
 え?え???あ、安土城???

 みんな…みんな……市のせい……

 お市さん怖いよぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおcryingsign03

 次回もみんな市のせいなんですね、ってなんでやねんcoldsweats01sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメリボーン標的194「決戦開始」感想

 世界トップ3に入る術士、フラン登場(笑)。

 遅くなってます、スミマセン~coldsweats01。恒例の社員旅行(日帰り)がありまして…乗り物酔いの酷い紫月は、バス旅行ということで、酔い止めを飲んで参戦。と言っても、比較的近場だったんですけど、今回のメインはミュージカル「オペラ座の怪人」観劇でした。と・こ・ろ・が。昼食でビュッフェを頂いてる辺りから、薬の副作用で眠いわ眠いわ。(前日深夜1時まで謙信様で大武闘会クリアに勤しんでいたせいという説もある。)外は暑いし、劇団四季の劇場に入って、席に座ったら涼しくてほっとして、もうここまで来たら何が起きるかって、誰にでも想像に難くないですよねぇcoldsweats01。たぶん、半分近く睡魔との葛藤で、せっかくのS席だったのに、何が起こったかよく分からなかったっていう…。もったいない、絶対元取れてないgawksweat02。観る気満々だったのになぁ。シャンデリアが落ちてくるのは観ました。意外とゆっくり落ちてきた(笑)。そのあと家に帰ってきても、眠くて眠くて。
 えーと、プチアニメ感想は、見てないのもあるんですけど。
黒執事Ⅱ#2…見事にセバスチャンとシエルのお話完全復活lovelygoodsign01結局セバスチャンはシエルの魂を取ってしまわなかったのでしょうか?復活できるってことは…。「私の坊ちゃん」って、お気に入りですもんね。そして、ぬらりひょんの孫#2…妖怪のリクオはかっこよかった。ゼンの声を聞いた瞬間「あ、杉田さん(笑)」て思いました。で…それはいいとして…どうして#2も2回やるんだBS11。ヘタリア第3話…ドイツの声優さんの最後のコメントで、浪川さんが「残念川」って言われてたのに思わず吹いた(笑)。

 それでは、アニリボ感想へ~happy01sign01

 <アニメリボーン標的194「決戦開始」>

 OP後の提供画面にフランがいて、おおそうか、今回はフランが出てくるのかhappy01heart04noteって、ちょっと嬉しくなった紫月です。(相変わらず原作手元にナッスィング)

 復讐者の牢獄へやってきたアイリスさんたち。GHOSTを解放するため…だったのに、復讐者たちは、既に最下層の牢獄から一人囚人を出してやった…と。復讐者すら騙せちゃうって、やっぱりすごいですよね、フラン。だって
「我々の眼を欺く術士は、世界に3人といない」
って復讐者が言ってるもの。ところがそれを聞いたうちの父。
「3人もおるんかい」
 ツッコミごもっともcoldsweats01
でも、リボーンの世界に、術士はたくさんいるからね?その中で復讐者を欺けるとなると、その術士として、世界のトップ3ってことですよ。
「は、はっくしょんっ…あれ?誰か噂してる?」
 はい、その一人登場(笑)。世界トップ3の術士が、こんなやる気のない子でいいんでしょうか(笑)。そして、10年ぶりに登場のM.Mってわけですね。彼女は黒曜戦のときから、あまり変わってるイメージないんですけど。でも、骸さんのこと相当好きになってる気がします。一度も会ってないだろうに。
 そんなM.Mに散々文句言われたりガキ扱いされたり、散々なフランですけど、師匠が脱獄したことに嬉しそうな顔一つせず、相変わらずやる気のない感じ。「相変わらず、犬並みの優れた知能ですねー犬兄さん」って、年上相手の毒舌も健在です、かわいい顔してcoldsweats01。そして、何気に犬や柿ピー、10年後はここで初登場なんですよね。EDとか原作とかで見てるから、あんまり違和感ないんですけど。犬は髪がさっぱりしてかわいくなったと思います。柿ピーは…変わってない…と思う…。帽子がかわいくなったけど。

「普通の人間なら、10年も水槽の中に動かずに浸かっていたら、もとの運動神経を取り戻すまでに、相当時間がかかる」
 その前にお肌がふやけてないか気になります。運動神経や筋肉が衰えてるとかそういうのも含めて、とりあえず骸さんは普通の人間じゃないってことでcoldsweats01

 一方、破壊されてしまった川平不動産から、森へやってきたボンゴレファミリー。了平兄さんは、「痛くなどあるものかーbearingsign01」って叫ぶことで、あぁ、痛いのね…って周りが理解させられちゃう感じですが、獄寺は眉根を寄せて目を細めて、自分が背中を痛めていることをこっそり思ってる感じです。みんな傷ついてはいるんだけど、山本や雲雀さんは除いてるとしても、これが今戦える主戦力。ジッリョネロファミリーもいるしね。正チャンと太猿たちで一触即発な雰囲気になったりもしたけど、ユニちゃんの鶴の一声は絶大。太猿はいっときユニちゃんを軽んじてるような発言もあったけど、γ兄貴がちゃんとしっかりした兄貴に戻ってくれたから、よかったのかな。
 もうすぐ200回を迎えようという所で、今更かもしれないけど、作画は本当に綺麗ですー。ユニちゃんとか、にっこりしててもかわいいし、悲しそうな顔しててもかわいいし。大きな瞳がきらきら。白蘭と同じように、普通の人間としてはあるべきでない能力を持っている者として、ユニちゃんは何かしら白蘭と共有しているものがある気がします。能力の枯渇と衰え…って話をしてたけど、この能力ってのは、元々使える分量が決まっていて、使えば使うほどなくなっていくものなのかな。ユニちゃんなんかはそんなに滅多に使おうとしないだろうし、それをルーチェから受け継いできたとしても、衰えてきている…。そして、今それを、例の復活のために無理して使おうとしている、とか?で、白蘭なんかは、世界を支配するために、散々使いまくっただろうから…それがなくなってきてしまっている、とか。大空のアルコバレーノが短命って言うのを聞いて、リボーンおじさまはルーチェを、そしてγ兄貴はアリアさんを思い出して、更に兄貴はユニちゃんのことを思って「まさか…姫…」っていってるわけだけど、このまさかって、どういうまさかだろう。ユニちゃんが既に自分の死期を悟ってるとか、そういうことを思ったんだろうか。もしそうなら、まだ幼い子なのに、つらい運命だと思います。γ兄貴はユニちゃんのこともとっても大事にしてるから、そりゃあそれを思うだけでもつらいだろうなぁ。

 ちなみに、フランに出し抜かれた白蘭サンは、笑いながら怒ってるー怒ってるーcoldsweats01。こっちもいろいろやりたいことがあるんだろうから、焦るのは分かります。この世界で、ちゃんと魂の宿ったユニちゃんを手に入れることで、全てのトゥリニセッテの力を発揮させて、本当の世界の創造主になる。たぶん8兆回繰り返してきた世界征服の、これがほぼ最後のチャンスで…そこで力が衰えてきてしまって。そりゃぁ必死にもなりますわねぇ。でもその自己満足な野望のために他人を苦しませてるんだとしたら、やっぱり同情はできないなぁ。(望みもしないだろうけどcoldsweats01。)

 白蘭は全てを共有できるということで、元は一つしかない…って、原作の時にも思ったけど、変な意味で不幸だなって思います。でも、そうでもしないと、この世界だけが救われてもね…っていう話になっちゃいますもんね。
 で、時間がないこととか、勝たなきゃならないこととか、色々分かってきて、あたふたしてるダメツナの様子に、γ兄貴と獄寺の呆れ顔とイライラ顔のやり取りが(笑)。γ兄貴も、ユニちゃんを助けてくれたところ見てるから、本当に強い力の持ち主だってことも知ってるわけだけど、だから尚更、こんなダメダメの様子を見たら、「変な奴」って思うよねぇcoldsweats01。でも、決して悪い意味で思ってるわけじゃないと思います。戦ったらあんなに強いはずなのに、なんでこんなにおたおたしてるんだこいつ、みたいな感じじゃないかな。そして、作戦を立てるのにふさわしい人物として、決して快く思っていたわけじゃない正チャンを推薦したりする辺り、γ兄貴は器量を見分けることができる人物だなって思います。獄寺は……10代目への敬愛の念が強すぎて周り見えてないってことで(笑)。
 自分が寝込みながらも、みんなの怪我の様子とかも、ちゃんと把握していた正チャン。そこはさすがだけど、怪我がどうしたsign01っていうみんなの気性は予想外でしたcoldsweats01。そして、匣間コンビネーション発動システムをかけるために、みんなの匣兵器を開匣。…ところが…
 クゥンクゥ~…(ツナの後ろに隠れて情けない顔。)
 な…な…ナッツ……………………………………lovelyheart01note
 なんてラブリー。そんなナッツに飛び掛る瓜ちゃん。瓜ちゃんから逃げようとしてツナの顔面に飛びつくナッツ。ツナ、おおわらわ。
「と、とにかく、この戦力でユニさんを守る作戦をしっかり練ろう?いいね、綱吉くん。…綱…吉…くんcoldsweats01?」
 シリアスな場面のはずなのにcoldsweats01。γ兄貴、更に呆れ顔。スミマセン、ボンゴレこんなんでcoldsweats01て、思わず謝りたくなっちゃったじゃないかcoldsweats01sign01ユニちゃんが上手くフォローしてくれました。
 そして、ラルからコロネロのおしゃぶりを託されたユニちゃんを見ながら、更に何か思ってる様子のγ兄貴。γ兄貴は、これからユニちゃんがしようと思ってること、見抜いてるのかな?そんなγ兄貴に、リボーンが声をかける…。伝説のアルコバレーノと知っていながら、タメでしゃべるγ兄貴とか、話があるって言われて少し目を細める兄貴がすごくかっこよかったです。やっぱり作画も素晴らしい。

 そして、夜が明けて、すっかり回復した白蘭。その前にひざまずく真6弔花。真6弔花は3方向に分かれてユニちゃんを目指します。その内一人、ザクロさん。汚名をそそぐべく、1番のりを目指しますが、なにやら糸のようなものが顔に引っかかったと思った瞬間、ムカデに縛り上げられ、電狐にアタックを喰らい、赤炎の矢を喰らい、吹っ飛ぶ。もちろん、待ち構えていたのはラル・獄寺そして、γ兄貴の怪我人コンビと紳士のトリオ。その猛攻を喰らって、全力出していいよって言われてたザクロさん、早速修羅開匣。自分はデイジーやトリカブトとはレベルが違う…と言いながら…。

 次回はザクロさんとの戦いだと思いますが…次回予告ではほとんど戦いの場面なかったですね。ザクロさんの修羅開匣の姿のネタバレに配慮してたのかな?でも見るからにシッポがきょ…もぐもぐ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

戦国BASARA弐#2感想

 小十郎~~~~~~~~~~~~~~~bearingsign01sign01sign01sign01sign01
ていう筆頭の心の叫びが。紫月の本物の悲鳴が。(←それ迷惑。)

 <失われた右目 切り裂かれた竜の背中>

 本格的に感想を書くつもりはないつもりなんですが、あんまりにも…あんまりにも色々と言いたいことが一杯あるので、今回はビデオ見ながら書いてみようかと(笑)。

 今回はOPからスタート。OPかっこいいんですよね~sign01TM.Revolutionていうか、西川君はやっぱり戦国BASARAって感じします~~~happy02sign01作画がめっちゃめちゃ綺麗っていうのは第1期から知ってましたけど、OPも力入ってるなぁって。大地に立つ政宗様、幸村、元親アニキ(←自分の中ではすっかりアニキ。)、毛利元就、そして前田慶次。スピード感があるアングル変化がもう既にかっこいいhappy02sign01そして政宗様と付き従う小十郎を先頭に駆ける伊達軍(政宗様の馬がよりバイクと化してる気がするのはのは気のせいですか、マフラーこんなにでかかったっけ(笑)。)、(たぶん)九州に向かうゆっきーの一団、不意に止まって桜の花びらと慶次。こういう動きの変化とかも、めまぐるしいまでにスピード感溢れる曲で次々に来るのがほんとかっこよくて。今回の主役級は、政宗様とゆっきーと慶次って感じなんですね。政宗様とゆっきーは対称的に扱われてるけど、慶次だけ第3者的な立場です。ゲームでも2はそんな感じだもんなー。
 颯爽とお館様の隣に降り立つ佐助、ひらりと謙信公の傍らに降り立つかすが、この辺も見事なまでに対称的。そしてそして、黒龍を構える小十郎っhappy02heart04sign03sign03sign03はぁあああああかっこいいいいいいいいいhappy02heart04heart04heart04sign03sign03sign03鋭い視線が横に流れてズームアップとか、マジでかっこいいんですけどhappy02heart04sign03sign03いかにも闇属性な雰囲気の美人な半兵衛に、いかにも兄貴属性でかっこいい元親アニキ。足ダンッってしてあのにやり、叫んでいいですかアニキ~~~~~~~~~~happy02heart04sign01(←黙れ。)そして、日輪からフラフープの(←なんていうんだっけ、あの武器。←ウィキってみた。輪刀でした。)毛利元就のアクションも大好きです、かっこいいhappy02heart04sign01そこからアニキと毛利の一騎打ち的なのもかっこいいsign01
 ここからサビですね~。ほんと動きが一杯詰まっててすげーなって思います。まだここからサビかよ(笑)。で、ここからはまたダイナミックな秀吉なんですけど、日本を手に…って、そりゃあ天下を取るってそういう言い方するかもしれないけど、直接手で持つとは思わないよね(笑)。ほんとに持ち上げるんだもんcoldsweats01sign01そりゃみんな唖然とするわ。そして、その中で真っ直ぐに秀吉に突っ込んでいく政宗様と幸村。そして、赤と青の対称のエンド、というわけですね。

 いきなり丘の畑で半兵衛に囲まれた上、伊達にもぐりこんでいた裏切り者に領民を人質にとられ、大ピンチの小十郎。半兵衛が淡々と小十郎を賛美するのが実は悪い気しない紫月でした(笑)。やっぱり川中島で囲まれたのを、機転一つで突破したのは、小十郎の策だったんですね。あぁぁああああああかっこいいなぁもうhappy02heart04sign03sign03sign03そして、1期での活躍も全部網羅してらした半兵衛ですが、よく調べてるなぁ、光秀を討ち取ったとき、誰も見てなかったと思ったけど。何はともあれ、半兵衛は小十郎の器に惚れ込んでるってことでいいですか?ここまで汚い手を使ってでも、小十郎を手に入れたいと思ったわけですよね。そうやって言ってたもん半兵衛が。だけど、本当に半兵衛が見抜いてる通りで、小十郎は例え領民一人でも見殺しにしたりしないし、もちろん筆頭以外の人間に仕える気はないわけで…。
「奥州伊達軍筆頭は政宗様をおいて他にあり得ねえ。俺はその右目としてここにある。それだけだ」
 かっこいいかっこいいかっこいいもぅほんとにかっこいい以外の言葉が出てこないよ~かっこいいっ
happy02heart04sign03sign03sign03その上、半兵衛が言ってることを「男の世辞はみっともねえ」ですって。半兵衛超本気で言ってるのに。自分の器の大きさを認める言葉を並べられて、それをお世辞としか捉えないなんて、かっこいい。自分の器を過信しないとか、謙遜してるわけじゃなくて、本当に自分でそんな大層なものだっていう自覚があまりなくて、きっとあくまで自分の中の一番が政宗様っていうのがあって、それを鵜呑みにしないとか、そういうのがマジでかっこいいです。
「この片倉小十郎、今生、政宗様以外にお仕えするつもりは、ねぇsign01
 うぅわぁあああああああ、なんてなんってかっこいいのこの人っ
cryingsign01sign01sign01今生、ですよ。あの重みと凄みの効いた声で、そんな言葉言われたら、こっちが息も絶え絶えです。
 半兵衛の卑怯なやり方を山賊風情と斬って捨てる小十郎もかっこいいんですが、その言葉に対し、悪びれもせず美しい横顔で
「手厳しいね。それほどに君を、欲している、ということなんだけ
どな」
 …なんという惚れ込まれようlovelysweat01sign01そして、領民と筆頭への忠誠心、どちらも愚直に守ろうとする、と評価された小十郎ですが、ほんと半兵衛はよく見抜いてる。その通りだよ、絶対どっちも犠牲にしたりなんかしない。そういう小十郎だからこっちだって惚れ込んでるんだって。でも、だから、勝ち目がない…と。
 半兵衛の刀が振り下ろされると同時に襲い掛かる豊臣の兵士達。それを一人でばったばったとなぎ倒し、領民が突き飛ばされて、斬られそうになったら鋭い目と動きでそちらへ一直線、裏切り者をなぎ倒し、倒れそうになったじいさまを抱えて立たせ、その背に二人をかばって敵に囲まれて…ぅおおおお、かっこよすぎてこっちの心臓が持たない。月光を跳ね返して青白い光を放つ刀に囲まれて、絶体絶命のところへ、今度は妖しさを帯びた薄紅の光を放つ半兵衛の関節剣が襲い掛かる。それを間一髪で跳ね返し、更に迫り来る刃を交わして敵を斬り倒し、その背後でじいさまたちが狙われれば、すかさずそちらをフォローし、その背後を突いてきた関節剣は、刀で弾くのが精一杯。そのまま刀を巻き取られ、領民達は気絶させられ…きゃぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ小十郎ォおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおbearingsweat01sign01sign01sign01だけど、多数対1で、二人の領民を守りながら、半兵衛という強敵を含めた敵と渡り合う小十郎がかっこよすぎてかっこよすぎて。倒されたけど、その仁義を貫き通す小十郎は絶対的にかっこいい。そのあと、小十郎視点で描かれた画面が上手いなぁと思いましたが、個人的には小十郎が見たいなって思ったりもし…でも、傷だらけになってるんだよね小十郎cryingうぅううううう。
 で。「時間がないと、人は見苦しくなるんだ」って言いましたね、半兵衛。やっぱりここはゲームの設定を踏襲してるのでしょうか。そして、小十郎が倒されるまで、ほんの数分なんですけど、紫月的には今回のメインは真面目にここでした(笑)。

 筆頭のところへ報告にやってくる伊達軍兵士達。支配下においていたはずの南武(?)津軽、相馬(?)が、三方から一時に攻めてきて…そして、小十郎が守った領民達から、小十郎がやられたとの報告。小十郎の刀・黒龍…文字が刻まれてるけど…梵天…梵天丸って、政宗様の幼名みたいなもんでしたっけ。あれの意味って、梵天丸が天を翔ける独眼竜に成る…って意味でしょうか。小十郎って、ほんと政宗様一筋ですよねかっこいいhappy02heart04sign01(←空気。)政宗様が幼い頃から仕えていたって話だけど、素敵です~~~10も年上の兄貴的存在~~~lovelynote(←く・う・きsign01)そして、それを奪われたと知った筆頭。それにしても筆頭の袴姿がとりあえず好みだlovelygoodnote(←空気読めーsign01ていうか、訊いてねーsign01)かっこいいなぁ筆頭。
「奥州を統べ直したらすぐに取り返すsign01
 このカリスマ性で19歳ですって。かっこいいなぁ筆頭。かっこいいなぁ。

 そして、謙信のところへやってきていた慶次。かすがってば、謙信様のご飯も作ってるんですねー。そして、慶次は誰相手でも気負ってなくて、風来坊らしく敵味方とかなくって、思ったようにあちこちに行ってるんだね。かすがちゃん、ごはんつぶーごはんつぶーかわいいなぁ(笑)。謙信様ってほんと罪作り。これ、素でやってんですかね、この人。そして、そのやり取りを、頬杖ついてじぃっと見てる慶次がかわいい(笑)。慶次にとっては、そんな風に大好きな人と一緒に幸せに平和に暮らせることが理想なんだろうけど、利家はその平和な暮らしを選ばなかった。なんていうか、やりきれない思いがあるんだろうな。信長の家臣として、つらい思いもしただろうにって。
 そんな慶次の思いを汲んで、(朝から)酒を酌み交わしながら語り合う謙信と慶次。1期13話で、信長を倒すために毛利と長曾我部の元へ赴いた慶次は、元就のことも元親アニキのことも、よく知ってて、智将・毛利元就がこれからどうするか、そしてその暁にはどうなるか、よく分かってる。毛利が豊臣と組んで長曾我部を攻めるとなれば、あの気持ちのいい男がピンチに陥る。13話のアニキ、ほんとかっこよかったな~。さばさばしてて、兄貴肌で、人情に厚くてhappy01heart04
 ところが、そこへかすががやって来て告げた報は…前田が越後を攻めようとしている、という残酷なもので。昔の親友である秀吉が、今の親友である元親と戦うっていうだけでもつらいのに、こうして親交のある上杉を、利家やまつが攻めようとしているなんて。利家は、慶次が謙信と仲良しっていうの知らないの?なんか今回の展開は、慶次にとってつらいことが多いなぁ。そして、そんな慶次のことを慮って、慶次に助言する謙信は優しいと思います。

 奥州。三方から攻めてきた敵を、伊達軍を3つに分けて迎え撃った政宗様。もちろん、政宗様も出陣しておられます。たぶん一番活躍してます。だけど、今度は会津から芦名(?)が摺上原へ…。そして、芦名を率いていたのは竹中半兵衛。3つと見せかけて、遅れてもう一つ投入してきた半兵衛の軍に、なんとか三方の軍を集めてぶつけた政宗様。けれど、みんな疲れ果てていて…更に追い討ちをかけるような半兵衛の批判。小十郎だったら、こんな策は打たない、と。そりゃあ小十郎はたいていなんでもお見通しの優れた軍師ですから。政宗様は筆頭として、その小十郎の策を信じて突っ走るのが役割ですよ。
 そんな半兵衛に突撃する政宗様。半兵衛の関節剣は夕日の中でも怪しい薄紅の光を放って、今度は政宗様の刀を捉えますが、政宗様はその刀で半兵衛を馬から引き摺り下ろす。政宗様の猛攻ハンパねぇ。にしても、よくよく政宗様の跳躍も人間業じゃないですが、半兵衛の関節剣も、一体どれだけ伸びるんでしょうかcoldsweats01物理的に色々と限界超えてますけど、それこそが戦国BASARAの醍醐味(笑)。けど、無傷の軍を率いている半兵衛。政宗様の猛攻に、大量の兵が半兵衛を守って立ちはだかり、吹っ飛ばされ、その背後で無傷だった半兵衛が、鞭のようにしなやかな関節剣で政宗様の兜を打つ。直後、切り裂かれた政宗様の背中…。よかった甲冑で。とか言ってる場合じゃない。政宗様が背中を斬られるなんて、今までにないことで。兵達が受けた衝撃も大きくて。
「いつもなら片倉君が守ってくれるはずのその背中。たやすく裂ける」
 っ(ノ_≦。)sign01sign01sign01小十郎が側にいないと、こんなに人間離れした強さを誇る政宗様が、何だか危うく見えてしまう。けれど、小十郎は丁重に扱うから、お前は安心してここで散れってなことを丁寧に言われて、政宗様が黙ってるはずがない。
「上等だ、借りはこの場で返させてもらうsign01WAR DANCEsign03
 おぉ、固有技sign01筆頭の英語、叫んでてよく聞き取れないことが多いんですけどcoldsweats01。気迫で迫る政宗様に、さすがの半兵衛も防戦一方。ところがそこへ、恐らく三方の相手をしていたところから軍を引っ張ってきたがために、突破されてしまった三方。そこから兵がなだれ込んできて、その隙に乗じて半兵衛は退却。そして残るのは…ひたすら不利になり、押されている伊達軍…。あぁぁ…伊達軍がこんな一方的にやられる展開になるなんて。小十郎を取り戻すことも敵わず、奥州を統べ直すことも難しい状況になってしまった筆頭。どうなる伊達軍。だけど、兜を吹っ飛ばされた政宗様。
 雷属性オーラ爆発thundersign03そして、これっていわゆる第2衣装状態happy02heart04sign02(←喜ぶな。)兜かぶってる政宗様も勇ましくて好きなんですけど、ゲームで第2衣装ができるようになってから、専らそれをお気に入りで使っている紫月としてはちょっと嬉しかったりもcoldsweats01。だって、髪形とか表情とかよく分かるんだもの。政宗様、頑張ってbearingsign01

 九州へ旅立つため、お館様に挨拶する幸村。そこへ佐助が、奥州の陥った状況を報告。敵っていっても、政宗様は永遠のライバルで、小十郎のこともゆっきーとしては好感のもてる人物な訳で。お館様の命に従って、必ずいつかまた戦えることを信じて旅立ったゆっきーですが、佐助がお館様に「よりによって今、真田の旦那を…」って言ってたのを見ると、佐助が敢えてここで報告をしたのは、この報をもたらせば幸村が留まることになるかも…って思いがあったりなかったりするんじゃないかなぁとか思ってみたり。でも、この人は仕事は仕事って割り切ってるからな~。お館様の幸村への期待度が高いことは分かってても、無茶は無茶なのになって溜息ついてるあたりが佐助らしい(笑)。

 前回はなかったED初お目見え。筆頭の側につき従う小十郎…うぅ、小十郎、早く政宗様の元へ戻ってほしい…政宗様がつらい思いしてるよbearingsweat01sign01そして、慶次の笑顔。うん…慶次にはやっぱりこんな笑顔が似合うのに。
 今回、かっこいい場面もありつつ、ほのぼのカットもいくつかあって、元親アニキと前田夫妻が釣りしてるところとか。アニキと前田夫妻は、13話で知り合いですもんね。けど、豊臣側に付くって事は、アニキとも敵対しちゃうってことじゃないのかな。本当に利家の判断は正しいんだろうか。それにしてもアニキはかっこいいなhappy01heart04noteそして、恐らく京都で、女の子達相手に楽しそうに団子食べてる慶次。そしてそして、畑で汗を拭う小十郎とかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーhappy02heart04sign01sign01sign01sign01sign01農作業姿もかっこいいです小十郎~~~~~happy02heart04heart04heart04sign03伊達軍の兵士達も、いつも手伝ってんのかな(笑)。超ほのぼの。あぁ素敵。小十郎ってなんて男前。燦々と光を浴びて、それはそれは健康的な小十郎のカットから、静かな月夜を浮かべる水面という落ち着いた景色を眺めながら、縁側でお酌の筆頭。(昔はお酒は20歳からとかないよね(笑)。)ふわぁああ筆頭ーーーーーーーーーー綺麗ーーーーーーーーーーかっこいいーーーーーーーーーーーーhappy02heart04heart04heart04sign03(←袴姿に弱すぎる。)
 最後は馬で駆ける幸村の前に、傷ついた兜をかぶった筆頭。いいっスね、やっぱこうでないと。嬉しそうに駆け寄る(?)ゆっきーがかわいいですlovelynote

 次回は慶次がかわいそうっぽいです切なそうです。利家と戦うの?慶次。上杉につくの?
 その次回予告のあとの、ピザハットのCMはどうなの、シリアスな空気一気に吹っ飛んで笑っちゃったよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

アニメリボーン標的193「D.スペードの魔レンズ」感想

 きゃぁああああああスクアーロの手ぇええええええええええええcoldsweats02sign01sign01sign01
 まさかのオリジナル。

 前回のネタバレ防止ネタは、新たに録画しようかなーと思ってますっていう番組についてつぶやいてた感じでしたが、その中でいくつかは視聴しました。感想を今後書くかどうかはともかく、初見の印象を少々。
 前回第1回を見逃した
ヘタリア第2回これって意外に勉強になることがある気がするんですけどどうスか(笑)。少々国や歴史が軽いですが(笑)。世界史苦手なので、あんまりわかんないけど面白いっちゃ面白いです。そして、ヘタリアってイタリア君がヘタレだからってことですか。どのキャラもかわいらしくて、それなりに国の特徴とか反映してて、いちいちイタリア君がグルメで他の国の食べ物がまずいとかいってる辺りが面白かったです(笑)。特にイギリス君の食べ物は、みんなしてまずいって(笑)。日本君はちょっとしか出てこなかったけど、意味不明の助けを求める電話を真面目に聴いて「善処します」って真面目にお返事してたのがかわいかったです。個人的にはドイツ君がお気に入りです(笑)。真面目でまともでかわいい。で、チビキャラの神聖ローマ(?)君とは別人???
 
屍鬼第1話こここここ、怖ぇshocksign01
 
黒執事Ⅱ#1…HPやCMで、新しいキャラばかりが取り上げられてたので、もうシエルやセバスチャンは出てこないのかなぁ、なんか、新キャラのご主人様はあまり好きになれないなぁ、出てこないんだったらあんま興味ないなぁって思ってたんですけど、バリバリ出てきてるじゃんセバスチャンhappy02heart04sign01しかも、次回予告で、違う執事が出てきたことを、暑さでやられたせいみたいにしてましたけど(笑)。シエルも復活しそうだし、今後が楽しみですhappy01note
 
ぬらりひょんの孫第1話BS11…なんで2週にわたって第1話を放送するんだ…coldsweats01(←視聴番組の都合により、BS11で視聴。)

 それではアニリボ感想スタートですwinkgoodsign01

 <アニメリボーン標的192「D(デイモン).スペードの魔レンズ」>

 γナイトがユニ姫を助けに来て「お怪我はありませんか、姫」とのたまったところから。(今回復習長かった。)野猿と太猿も私服で加勢sign03いいね、ジッリョネロファミリーsign01そうか、獄寺と読者はγ兄貴のことよぉく知ってるけど、他のみんなは知らないのか。今回はまたかわいらしい作画だったと思いました。なんかγ兄貴が味方ではない、みたいなことをいってる獄寺がかわいらしかったです。フゥ太が結構しゃべってたし、どうだろう、セリフもみんな結構増えてたんじゃないかなぁ。原作がないと分かりづらい、その辺。でも、正チャンが解説。正チャンも獄寺も、敵だったんだよね…。
「遅くなってすまない、姫」
 あぁああああああああもぉおおおおおおおおお先週に引き続きかっこいいγ兄貴ですっhappy02goodheart04sign01敬語のγ兄貴も素敵だけど、忠誠を誓う相手にタメ語も素敵なγ兄貴。むしろユニちゃんが丁寧語note涙を浮かべて、よかった、っていってるユニちゃん。もしかしたら死んでしまっていたかもしれないと思い、更に白蘭に彼らを人質に脅されて、それでも彼らなら分かってくれる…と、彼らが犠牲になる可能性と引き換えに世界の未来を選んだユニちゃんにとっては、本当に本当に嬉しい再会な訳で。
 けれど、γ兄貴の技を攻略している上、実力はジッリョネロファミリーの及ぶところじゃない真6弔花。トリカブトが襲い掛かります。γ兄貴は、精度の低いリングでも、覚悟の強さが炎の強さ…覚悟なら負けない、と、必死に硬化の雷の炎でバリアー。必死にその硬度を上げるところへ、容赦なく突っ込んでくるトリカブト。突き破られたら一撃…のところ、一撃喰らって吹っ飛んだのは、トリカブト。
「どこを見ている…おまえたちの相手は、ここにいるぜ」
「いつも眉間にしわを寄せ…祈るように拳を振るう…あれがボンゴレⅩ世(デーチモ)」
 そもそもマフィアとか戦いとか、嫌いだからね、ツナは。だけど、こうして仲間が傷つきそうになったとき、最前線に出て戦える強さを身につけた。B.G.M.もかっこいい。
 哀しき者よ…って、遂にトリカブトも修羅開匣。単行本の感想で書いたとおり、長身ですらりと立って羽が生えた姿なのに、キモイとしか表現の仕様がない蛾人間に、へーんしんっcoldsweats01sign01ちなみに、ブルーベルが「息止めるから待って」って鼻つまんでたけど、なに、臭いもあるの?桔梗さんは目を閉じたままで余裕かまして説明してくれてますけど…。その醜い姿を目にした瞬間、みんなの感覚が狂い始めます。無重力みたいな感じっぽいですけど。
「ボス、大空の子の右側sign01
 絶対に見破れないはずの強力な幻覚のはずが…
「下sign01ずっと下sign01
 フゥ太が「クロームさん」って言ったのが、なんだか新鮮な気がしましたが…髑髏ちゃんが覗き込みながら指示を出しています。
 正体のつかめぬ幻影と謳われた D.スペードの魔レンズsign01
 このレンズ越しにデイモンさんに睨まれたら、翌朝海に浮かんでいたって話だけど…そもそも魔レンズ…って、手錠よりもっともっと攻撃にはつながらなさそうなアイテムですよね。髑髏ちゃんにしても、完全にサポートに回ってるわけで。アラウディさんもデイモンさんも、きっと元々すごい力を持ってたってことなんでしょうね。だから、アイテムはその戦いをサポートするためのもの…で、十分強かったと。
 髑髏ちゃんの指示のおかげで、ツナの拳は見事にトリカブトにヒット。幻影すら保てなくなって、みんなは無事に地に足をつけることができたわけですが、みんなのフラフラぶりを見てると、何だかこっちも酔いそうですcoldsweats01。(←ものすごく乗り物酔いがひどいタイプ。)そして、ナッツのひと吼えでトリカブトの羽根が石化して吹っ飛び、直後にツナの蹴りが炸裂sign01あれ、ナッツの出番なんてあったっけ。オリジナル?それとも激しい物忘れ?

 デイジーより更に、すごさを見せ付ける前にやられてしまったトリカブト。桔梗さんは、厄介なのはボンゴレ匣よりむしろその戦いかただ…って言ってましたけど、真6弔花は、基本的に1対1の戦いを心がけてるんでしょうか?1人1人が強いから、あんまり邪魔とかされたくないとか?見かねてトリカブトをサポートしようとした桔梗だったけど、そうは問屋が卸さない。バジルくんのアルフィンに乗って、リボーンが狙撃sign01怪我をしながらも了平兄さんと我流も立ちはだかるsign01イラッと来たブルーベルが修羅開匣しようとするのを、今度は桔梗さんが抱きとめます。あら素敵。桔梗さん素敵。わがままを言うブルーベルに
「あれを見なさい」
 その目に映ったのは、激しいオレンジの炎。
「うぉおおおおおお、X BURNERsign01
 更に吹っ飛ばされたトリカブトの残骸を回収しつつ、桔梗、ブルーベルは撤退。トリカブトの本体は、兜…ていうかお面だったようですけど、一体どんな呪いの面だよcoldsweats02sign01

 満身創痍のみんな。一番ダメージを受けたのは、トリカブトがユニちゃんを攫って脱出した時に吹っ飛ばされたせいかな?桔梗さんやブルーベルも攻撃してきたけど、基本SISTEMA C.A.I.で食い止めてたから…。野猿と太猿は、一撃だったな…。あっという間にやられてしまったように見えるトリカブトでも、やっぱり強かったっていうことなのかも。

 ところで、ザクロさんは本当に富士山まで追っかけて行っちゃったんですねcoldsweats01。川平のおじさん、心底してやったりです。ボンゴレ匣は、大した脅威じゃない、と桔梗さんは言ってますが、確かにねぇ。手錠と魔レンズだものねぇ(笑)。
 だけど、白蘭は次に打って出るために、GHOSTの解放を決めて…。うん、確かに取り扱いに気をつけたいところだけど、あれ、どうやって気をつけろっていうんだろうcoldsweats01

 ここでまさかの、ボンゴレアジト組happy02heart04sign01sign01sign01
 うわぁ、もうしばらく山本の出番はないと思ってたのにhappy01heart04sign01やったぁsign01
 激しい戦闘あとが見られるアジトで、ビアンキの厳しい現実を突きつける一言。
「スクアーロの生存の見込みは薄いと思うわ。スクアーロと戦闘中だったはずのザクロが追ってきたということは、そういうことよ」
 よくよく生存の可能性を否定されるスクアーロですcoldsweats01はっと振り返る山本。たぶん、最悪の場合の想像も、してなかったわけじゃないだろうから、なるべく考えないようにはしていたけど、それを突かれた。そんな感じ?眉根を寄せて、目を伏せて、それでも力強く顔を上げる。
「それでも…オレは信じてる。スクアーロはきっと生きてるって」
 笑みさえ見せられる強さは、やっぱりそれだけ強く、スクアーロのことを信じてるから。
 そういえば、ビアンキは大事なものを取りに来たって言ってたけど、なんだったんだろう。こうやって伏線張ってくるってことは、未来編の中で何かしら片がつくことがあるのかな。たぶん、獄寺に関わることで?
 ビアンキたちと別行動になった山本。その行く手に立ち塞がっていたのは…きらりと光る、手の甲に取り付けられた、一本の剣…coldsweats02sign02ぉおsign02スクアーロの腕が千切れた描写は、分かりにくかったなって思ったんですけど、まさかここではっきりと出してくるとはcoldsweats02sign01はっと息をのむ山本…。うわぁああああ、ス、スクアーロ……bearingsweat01sign03sign03sign03

 見事に破壊された、川平不動産。原作ではそんなフォローなかったと思ったけど、これだけの戦いがあったにもかかわらず、誰にも見られずに済んだのは、川平さんが何かしらの術を施しておいてくれたおかげみたいですね。燃えてなくなった、と言うより、壊れてボロボロ、って感じですけど。確かに人のうちをこんなにしちゃぁ、謝っても許される状態じゃぁなさそう…。でもこれで、ボンゴレが立て直せたら、ボンゴレで直したらいいよ…。川平のおじさんも、そういうのにうるさくはなさそうだし…。ラーメンののび具合にはうるさいみたいだけど(笑)。
 γ兄貴と獄寺が、メローネ基地で遭遇した時に、お互いの大切なボスへの思いを打ち明け合ってたから、γ兄貴も獄寺も、お互いが言っていたボスを目の当たりにすることができたんですよね。どっちも…強い、大切にすべきボスだって、理解できたんじゃないかな…。
 ずっとここにいるわけにはいかない、ということで、ユニちゃんが「森へ行きましょう」と提案。最終決戦の場所…ですね。

 怪物づかいツナ!は、やっぱりとりあえず一休みですね。いつか復活するかな?次回はどこまでやるんだろう。もう29巻までいってる?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年7月11日 (日)

戦国BASARA弐#1感想

 CMカットして編集しても26分あったcoldsweats01

 <戦国BASARA弐#1「乱世再び!裂界武帝豊臣秀吉降臨!」>

 アニリボほど本格的に書くつもりはないんですけど、いつもならアニリボの前にネタバレ防止で書いてる感想に入れるところ、これ日曜日なんですよね(笑)。1週間は長すぎる…覚えてるうちにcoldsweats01sign01と思って、パソコンの前に座った次第です。(というわけで、見ながらじゃないので色々間違っててもご容赦をbleahsweat01sign01)そして、改めまして、紫月は伊達軍の片倉小十郎が大好きです。山本の如く偏った愛を注いでますが、こちらもご容赦winkgoodsign01

 戦国BASARA2のゲームでは、豊臣秀吉に関わるストーリーといえば前田慶次。っていうイメージだったんですけど、今回織田信長を倒したあとなんですねー。ちゃんと伊達軍も武田軍も上杉軍も前田家も関わって、第1話でぎゅぎゅっといっぱい出てきて楽しかったーーーーーー楽しかったですっhappy02heart04sign01sign01sign01

 最初からいきなり政宗様と幸村(…最近紫月の中では「ゆっきー」になりつつあるかわいいキャラです(笑)。)の一騎打ちからcoldsweats02sign02って感じで、いやぁああああ迫力ある刀と槍捌きhappy02heart04sign03sign03かっこいいなかっこいいなかっこいいなhappy02heart04sign03人の動き超えちゃってるとこが戦国BASARAwinknoteお館様と謙信が打ち合ってるのも、迫力と華麗のオンパレードでかっこいいcatfacesign01前回信長に重傷を負わされた二人が復活してるのも嬉しいhappy01sign01そこへ佐助とかすが、二人の忍びが同時に飛び込んでくるのもかっこよかったし、ほんとスピード感とか迫力満点happy02sign03sign03sign03
 そして、政宗様を見守る小十郎ぉおおおおおおおおおおおhappy02heart04heart04heart04sign03sign03sign03伊達軍に命令を出してたり、あくまで落ち着いて見守ってる風だけでもかっこいいのに、今回の川中島(だっけ?←大事なところで無知。)、大勢を決めたのは、この人の冷静な判断だったんじゃないかと。前作で武田軍と知らない仲じゃない小十郎ですが、「猿飛、伝令を頼む」って、かっこよすぎじゃないっすかかっこよすぎですよねhappy02happy02happy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01たぶん、豊臣に囲まれてることを知って、武田と上杉が退却するきっかけを与えたのがこの人の判断だったんじゃないかな、と。

 で、ここでまさかの一騎打ちの勝負アリ。ぉおcoldsweats02sign02ゆっきーが負けたcoldsweats02sign03筆頭ぴんぴんしてるのに。この二人は、永遠のライバル的な扱いなので、その決着は一生つかなさそうな気がしてたんですけど、ここは、お館様と謙信公の邪魔させたくないと必死のゆっきーと、ただひたすら幸村を打ち負かして、この戦場乗っ取ってやろうっていう勢いの筆頭の立場の違いですかね。
 ところが、そんな伊達軍の目論見を打ち砕いたのが、なんと豊臣軍。4万だっけ?戦場全部を包囲してしまった上で、豊臣秀吉と半兵衛の登場です。半兵衛、今のところは元気そうですね。そして、上杉、武田、伊達、全部の兵を手に入れんとする。そこで、暗黙の了解で敵を豊臣に絞って弓を構える上杉軍と武田軍がかっこいいと思う反面、そんな遠くに矢は飛ばんだろう…って…ダメだった、戦国BASARAを常識で図っちゃダメだった(笑)。反り立つ崖の上に立った秀吉に、一斉に降りかかる矢の雨。秀吉さんは武器ありません、拳です。…拳っていうか、もうこれ覇気だよね(笑)。(バリアでも可。)ていうか、跳ね返された矢が帰ってきたよ。届くとか届かないとか、そんなレベルじゃなかった。自ら放った矢で倒れていく兵士達…。ちょっ、ゆっきー倒れてる場合じゃない、刺さる刺さるcoldsweats02sign03周りにしか刺さらなかったけど…。筆頭、よけてくれてたんだろうか(笑)。
 そんな筆頭、今度は裂界武帝に喧嘩売ります(笑)。意気盛んな若い筆頭、それでこそ政宗様happy01note「手ぇ出すなよ、小十郎」…口癖だよね筆頭。で、いきなり常識外れの崖へ跳躍sign01続いた小十郎。手を出すなと言われても、相手は二人、こちらも二人で。って、冷静に助言。そして、それをちゃんと受け入れてくれる筆頭も大好きっhappy02heart04sign01そして、秀吉と政宗様の戦いはまた派手なんです、けど。

 秀吉でけぇcoldsweats01

 こんな体格差あったっけ?迫力が生み出す勢いですかね、あのでかさは。もう巨人の領域だったような。だって、政宗様の一回りとかいうレベルじゃないんだもん、幅含めたら3倍から4倍は堅い。信長公は暗黒を纏った威圧感って感じだったけど、秀吉はひたすら迫力だからなぁ。
 そんな秀吉と政宗様の放った攻撃を相殺する一撃を放った小十郎。上杉軍と武田軍が撤退する動きを見せる中、この機に乗じて伊達軍も退却すべしと。もう、その冷静な判断力がかっこいいんですよ小十郎はっhappy02heart04sign03最初は嫌そうな顔した筆頭ですが、これもちゃんと受け入れてくれました。結局、これだけ準備して、豊臣軍は何も手に入れることはできなかった…ってことでいいのかな?でも、半兵衛的には、何か得る物はあった…と。

 そのあとの、各軍の様子がまた楽しかったです~note遅く入ったOPとかもかっこよかったイメージでしたけど、何しろ1回見ただけの記憶なんで、今回は省略。小十郎がかっこよかったのだけは覚えてる(笑)。(注:紫月の場合、出てくるだけでかっこいい。)前作は足軽がずっと表でも背景でもダンスしてたけど、今回はそういう感じじゃなかったな。最後の青と赤、政宗様と幸村っていうのは同じだったような。
 前田家。そうか、前田家は織田軍についてたから、織田がいなくなって、今度は豊臣についたのか。そういう歴史的な流れがあるのかな?(←歴史にはそんなに詳しくないです。)でも、ゲームでは慶次がすごく秀吉のことも半兵衛のことも…いろいろ思ってるところがあったみたいだから…慶次、複雑そうだなぁ。今回のストーリーではどんな立場になっていくんだろう?ついでに、今回戦国BASARA弐は何クールやるんだろう?(←そこ?)前田家はとってもアットホームで楽しい感じが好きなんだけど、ちょっと今回はシリアスです。
 武田軍。ぶはっ、ゆっきー怪我人(笑)sign03怪我人でもお館様と殴り合いは健在です、っていうかもう途中から包帯もぶっ飛んだ(笑)。お館様容赦ねぇ(笑)。どうやら、お館様は、四国へ手を伸ばしていきそうな豊臣、そして毛利と長曾我部の権力争いを通り越して、九州と本州から挟み撃ちにするため、幸村を九州へ送ろうとしてるみたいですね。九州といえば、ゲームでは島津義弘でしたが、島津どん魔王にやられちゃったから…どうするんだろう?ザビーも同じく(笑)。そして、その思想を理解し、任された嬉しさに「ぅお館様ぁsign01」「ぃ幸村ぁsign01」の応酬…呆れる佐助(笑)。やっぱ武田軍はこうでないとhappy01sign01
 伊達軍。筆頭は鎧着てない格好も結構たくさん出てくるからおいしいですよねlovelygoodsign01筆頭のこの格好大好きなんですけど。髪さらさら~着物に青の袴がお似合いですhappy02heart04sign01そして、いつでもきっちり戦闘時の格好してる小十郎と(笑)。地図を前に、豊臣の作戦とかを検討してたのかな?(この辺外野がうるさくってよく聞こえなかったんだこん畜生。)そこでブレーンとして話を進めてたっぽい小十郎がやっぱりツボhappy02heart04sign01超ツボlovelysign03でも、その中で、なにやら伊達軍の情報が漏れている…?ってことで、もしかすると豊臣軍からもぐりこんでいる人間がいるかも…そんな話になってたような。

 夜、外へ出た小十郎。野菜happy02sign03sign03sign03小十郎といえば野菜ですよねhappy02sign03sign03sign03(野菜っていうかジャガイモっぽいものに見えたけど。)育ててる畑の野菜に、優しい眼差しを向ける小十郎とか、素敵すぎてもうどうしようlovelylovelylovelyheart01heart01heart01sign03sign03sign03かわいいなぁ、かっこいいくせにこんな表情見せてくれちゃうなんてっhappy02heart04sign03(←超ドツボ。)
 そこへ現れたのは、なんと…半兵衛…coldsweats02sign02そんな表情もするんだね…って…小十郎に何する気ーーーーーbearingsweat01sign01いつの間にか囲まれてて、しかも情報が漏れていたのは…その土地の人々が脅されて、色々問い詰められてた…ってことですか。豊臣の軍師半兵衛は、伊達にその名を馳せてるわけじゃない。半兵衛が地元の人を人質に、小十郎に突きつけたのは、豊臣軍に入れ…ということ。なにを。何をおっしゃいますか半兵衛さん。伊達軍の軍師つかまえて。政宗様の右腕ならぬ右目をつかまえて。えぇ?そんな…。小十郎は誰か目の前で殺されるのとか、外道なこととか、絶対許せないタイプだよ?でも、絶対政宗様のことも裏切ったりしない人だよ?…ゲームでは突然小十郎が半兵衛に襲われるってストーリーモードにあった気がするけど、その辺の感覚かな?
 今回ED分までストーリー展開をしてくれた、戦国BASARA弐。次回からもめっちゃ楽しみですhappy02sign01

 …ところで、覚え書きだけだったわりにかなり長いな…と…。毎回これだけはたぶん無理ですけど。初回ということで思う存分書いてみましたcoldsweats01sign01いつもながらウザくてすみませんhappy01sweat01sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

アニメリボーン標的192「アラウディの手錠」感想

 騎士と書いてナイト来たっhappy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01

 今まで書いてきたプチアニメ感想といったら、デュラララ!!と、時々閃光のナイトレイドだったんですけど、どっちも終わっちゃいました。新しいのはまだ始まってない(ていうか見てない)し、まだ何を見ようかなーって、とりあえず興味のあるものを録画するところからって感じですー。というわけで、感想を書くかどうかというのはおいといて、録画の予約をしてみたのが、戦国BASARA弐、黒執事Ⅱ、RAINBOW-二舎六房の七人-(←だったかな?4月から始まってて、見てなかったものなんですが、昨日深夜に総集編やってるのをたまたま目にして、ちょっと続きが気になった…。声優に有名な俳優さん使うのがあまり好きじゃなかったんですけど…。すっげーテーマが重そうcoldsweats01。)、屍鬼(←声優にGACKTさんがいるから(笑←オイ)。絵柄がちょっと気になるけど…ファンとしてここは別腹sign01ヘタリア、ぬらりひょんの孫あたり。ヘタリアは紫月のお気に入りのサイト様がお好きだったので、気になってたんですが…第1回が録れてたのに、見る前に間違って第1回(第1話~第6話になってたけど…)消去しちゃったcoldsweats01。本当はONE PIECEの代わりに間違って録れてたこち亀を消そうと思っただけだったのに…。あぁああ紫月の馬鹿。でも、1番楽しみなのはなんと言っても戦国BASARA弐ですhappy02heart04sign01明日が待ち遠しいlovelynote小十郎…筆頭…幸村とお館様と佐助のやり取りも超楽しみーhappy02heart04sign03(ハガレンの後にやってたCMが全部違う種類だったので、CMだけ編集して集めるほど楽しみにしてた(笑)。)

 というわけで、4月から一応続けて見てる物もあったりするので、またアホみたいに録画溜めそうな気がしますが、仕事は一山超えたので、何とかなるかな?ではでは、アニリボ感想のほうへwinkshinesign01

 <アニメリボーン標的192「アラウディの手錠」>

 ちょこちょこと原作にはなかったセリフとかが増えてたような気がしたんですけど…(まだ原作は手元にない。)、山本や川平のおじさんたちの会話とか、ディーノさんのセリフとか。

 デイジーと対峙して、アラウディの手錠を見せた雲雀さん。麗しいなぁ~~~~やっぱ雲雀さんはこうでないとlovelynote前回、棘ないなって言ってた気がするんですけど、シャキーンって出てきました。そっか、出しいれ可winkgoodsign01とはいえ、原作で初めて見たときも、「ていうか手錠?」って、デイジーと同じこと思ったわけですがcoldsweats01。最初、片手に手錠、片手にトンファーで戦ってた雲雀さん。高速の接近戦で、素早くデイジーの隙を突いて見事手錠をガシャンsign01ところが、見事にそこをスポンと切り離して超速再生したデイジーの手首。そして、顔面を殴り飛ばされた雲雀さん…なんで敢えて顔面poutannoysign01(←そこ?)原作読んだ時は、その切り離しっぷりに思わず「ちょっと待てぃcoldsweats01sign01」ってツッコミ入れた気がする…。でも。

 ディーノさんからの無線が途絶えてしまったツナサイド。不安な空気が流れる中、「ヒバリとディーノさんのコンビだぜ。負けるわけねーって」ってどこまでも信じてる山本かわいいなhappy01heart01noteそうそう、雲雀さんはエースだからねっsign01野球少年の山本にとって、エースってそりゃあ信頼に足る人物なんだよきっと。川平のおじさんは淡々と不穏なことをおっしゃってますけど。めがねの奥がよく見えないだけに、結構不気味な雰囲気が漂ってる気がします。

 校舎の壁が破壊される勢いで、叩きつけられた雲雀さん…の顔にくらっと来たのは紫月だけじゃないと信じたい(笑)sign01sign01sign01なんか、きゃあああ雲雀さんcoldsweats02sign01っていうより、きゃぁあああ雲雀さんっlovelysign01みたいな。(←果てろ。)そして、雲雀さんの心配をしつつも、状況を冷静に判断して、デイジーに片をつけるのは、自分と雲雀さんの仕事なんだって言い切るディーノさんも、ほんと笑みまで浮かべてなんて端正なhappy02heart04sign01(←重症だって。空気読んで。)やっぱり麗しい師弟だなぁ、ここは。
「よくも校舎を壊してくれたね。校則違反だ」
 校則にそんな項目あるんですか、一体どんな状況想定して作ったの校則coldsweats01でも、自分がぶっ飛ばされたことにじゃなくて(もちろんプライドにも障ってるだろうけど)、校舎を壊されて、雲雀さんは、淡々と怒ってるよ怒ってるよcoldsweats01sign01

 で。「ちょっと待てぃ」の続きなんだけど。その手首からたちまちにょきにょきと再生される…上半身~coldsweats02sign02ちょっと待てぃcoldsweats02sign01えぇえsign02そんなことできるなら、超簡単にクローンできちゃうじゃんsign01怖っsign01雲雀さんの一撃の下、打ち砕かれたけど、トンファーになんかうぞうぞした破片一杯ついてるし、気持ち悪ぅcoldsweats01
 そんなトンファーを投げ捨てた雲雀さん。
「いらないな」
 デイジーの色んなウンチクも、聞いてたのか聞いてないのか。
「トンファーはいらないんだよ。その程度なら、トンファーはいらない。校舎を壊した罪で、君を逮捕する。抵抗は認めないよ」
 指でくるりんくるりん回してる手錠が、二つに増え、四つに増え…さっき以上のスピードで襲い掛かるデイジーだけど
「さすが恭弥だな。見切っている」
 見切ってよけるひとコマひとコマがまた麗しい麗しい雲雀さんhappy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01
 そして、今度は両手首を手錠で捉えるsign01ここはまだニヤリのデイジー。また同じことの繰り返しだ、とつぶやくけれど
「僕も同感さ。10や20ならね」
 紫の光を放つボンゴレリング。そして…カシャンカシャンカシャンカシャンカシャンカシャカシャカシャカシャ…sign01
 晴の活性で再生するスピードをはるかに上回った、雲の増殖能力。それはやっぱり雲雀さんの能力が人並みはずれてるって所もあるだろうなぁ…あらゆる大きさあらゆる形態の手錠に全身を拘束されてしまったデイジー。
「君、死にたがってたみたいだけど、そんな甘えは許されないよ。締め上げよう」
 ギリギリギリ。容赦ねぇ雲雀さんhappy02heart04noteあのチョイスの中で、ちゃんとデイジーの言ってたこととか聞いてたんですね。って、原作読んだ時にも書いた気がするけど、その「死にたいけど死ねない」っていうのが原因でチョイス負けちゃって、山本も倒したはずなのに…ってショックを少なからず受けてしまったわけだけど、その結果につながった、人間離れした能力を「甘え」と評する雲雀さんがかっこいいと思う紫月ですlovelynoteそんなの、雲雀さんにとったら甘えなんだねbleahgoodsign01そして、冷静に分析して晴のマーレリングを「風紀委員」として没収する雲雀さん。
「デイジー、お前の間違いは、校舎を壊したことだ」
 まあ、そうですわねcoldsweats01でも、元々雲雀さんはデイジーを許すつもりなんてどこにもなかったと思うんだな。校舎を壊していようがいまいが…チョイスでの反則まがいの能力、ディーノさんに大怪我させ、ボンゴレを脅かすデイジーが、雲雀さんに不快をもたらさなかったわけないもの。雲雀さん、何気に空気読める人だものwinkshinegoodsign01アラウディさんも、きっとそんな感じの人だったんじゃないかなぁ。

 川平不動産。ディーノさんとの無線が再びつながって、雲雀さんの勝利を知った時のみんなの盛り上がりが、ちょっと微笑ましかったですnoteなんか、ちょっと団体戦的な。ただ、リボーンが「これで当面の危機は去ったな」って言うんですけど、ちょっと待って、並盛にやってきたのはデイジーとザクロさんだけじゃないっスよね。確かに、直面はしてないけど、ひとっとびで来られるような能力の持ち主ばっかだよ?すごい非常事態なのでは…coldsweats01
 そこで、店を自由に使えばいい、と言って、ラーメンを持ったまま旅に出た川平のおじさんcoldsweats01あんたが一番自由だなcoldsweats01sign01と思わなくもなかったですが、リボーン相手にあの飄々としたやり取りを続けた上、一つ貸しだよ…と言って去っていった川平のおじさん。なんて言うか、曲者ぶりはリボーンを越えてる気がしました。(別にリボーンはそんな曲者じゃないけど(笑)。)

 で、残りの真6弔花たち。白蘭がパラレルワールドをのぞいているのを守っていたわけですが、たった一つのことを知るために、かなりの労力を要したらしい白蘭。やっぱり力が…。だって、以前は約8兆あるパラレルワールド全体を把握できるほど力が強かったわけですよね?それで川平不動産を突き止めてしまった白蘭だけど、その必死な白蘭、作画綺麗だな、と思いました。

 アジトに戻る、と言い出した山本。きっと、ここにいてもずっと残してきたスクアーロのこと気になって気になって仕方なかったんだろうな。でも、山本について一緒にアジトに戻る、といったビアンキ、ジャンニーニ、スパナまでcoldsweats01sign01原作の時も書いたけど、敢えてもう一回書いていいですか、山本人気者happy02heart04sign03(←違)
 ここで見つかったら水の泡、と、超慎重に送り出したはずのみんなだったんだけど…自分もいくと言い出したランボさん。分かってるからかもしれないけど、なんか角が上と下になってるし、ちょっと虚ろな感じだったような気が。でもそれより何より「遊びに行くんじゃないしなcoldsweats01」て苦笑してる山本に視線釘付けの紫月です~lovelynoteそのあとも、ビアンキがユニをしっかり守るのよっていってるときの凛々しい山本とか、素敵happy01heart04noteついでに、自販機のボタンでアジトの入り口になってるとか、エピソードが加わってたけど面白いなって思いました。

 で。送り出した瞬間、なにやら感じたはずのツナだったんだけど。超慎重だったはずなんだけど。ディーノさんは雲雀さんが学校離れないからもうちょっと付き合うとか、そんな保護者っぷりも素敵ですnoteとか言ってる場合じゃなくて、人がしゃべってる間も無駄に声を上げて、見事にウザかったランボさん。ユニちゃんに絡みます。そして、いつものあっけらかんとした声じゃない辺り、声優さんも工夫してらっしゃるnoteユニちゃんと髑髏ちゃんが何かしらの異常に気づいて気分を悪くする中、もしかして敵?と感づいた獄寺。
「戦闘配置につけsign01
 決めてあったのか戦闘配置coldsweats01sign01とか余計なツッコミをした紫月は空気知らず(笑)。それで素早く動く面々はさすがです。でも、異常の正体はランボさん。なんとあの無口なトリカブトの幻覚でした。霧の術者は演技が達者です。ユニちゃんを連れ出され、桔梗もブルーベルもいる中、必死に獄寺がSISTEMA C.A.I.のシールドで防御するけど、それが精一杯。
 これじゃあユニを連れて行かれちまうsign01
 切羽詰るリボーン。その時、白い匣が開匣されて…飛び出した黒い影が、トリカブトを切り裂くthundersign01落下するユニちゃんを止めたのは、黒狐2匹。
「…コルル…ビジェット…」
 つぶやくユニちゃんの背と脚にそっと手が添えられて…
「お怪我はありませんか…姫」
 γ兄貴ぃいいいいいいいいいいいいいいいいhappy02heart04sign01sign01sign01
 大人の魅力っていうか、もうこの人は騎士でいいよ。ユニちゃんの騎士。あぁだぁもうかっこいいhappy02heart04sign03お姫様抱っこに思わず頬を染めるユニちゃんもカワイイッhappy01heart04note

 怪物づかいツナ!
 あっけなく全滅させられたと思いきや、飛び出してにこにこ元気に無事だった脳ミソ武。
「あっはははは、やっベーな、マジヤバくねhappy01sign02
 かっわいーな武マジでhappy02sign01
「ん?なに君、ピンチなのに全く焦ってないね」
 ヒバリンすらその脳天気っぷりに「?」飛ばしてますけど(笑)。そんな脳ミソ武、リボじいのところへとことこ行って、モンモンキャンデー取り出しました。すっかり忘れてた、その存在(笑)。
「こいつをツナに食わせればいいんだよな」
って、口に入れてあげた瞬間、ツナ、パクンsign01
「おっcoldsweats02sign02あはははは、手まで食われちまったhappy01sign01
 そこ笑うとこcoldsweats01sign02
 でも、武のおかげでツナがハイパーツナになって復活sign01
「ハイパー化完了sign01覚悟しろ、ヒバリンsign01
 ヒバリンに飛び掛るsign01もちろんヒバリンも応戦sign01互いのプニプニほっぺにパンチが炸裂sign01相打ちかと思いきや。
 ぱかっ。
「まだだぞsign01
 ツナの頭が開いてハイパー化した脳みそ飛び出し、ヒバリンにもう一撃sign01
「うそ」(←何気にツボ(笑)。)
「あはははは、オレと同じ脳ミソだ」
 脳ミソ武のおてて食べちゃったからゾンビ化したんだって(笑)。脳ミソ武、ものすごく役に立ってるなsign01
 平和になって、帰って行くパーティーですが、ヒバリンがそう簡単にやられるわけもなく。
「100倍にして返してやる」
 …まだ続く…のか?

 次回はトリカブトのキモイ修羅開匣と髑髏ちゃんのボンゴレ匣開匣ですねsign01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

閃光のナイトレイド最終話「せめて、希望のかけらを」感想

 な…嫌だ…葵さん、葵さん、葵さん…………cryingsign01sign01sign01

 嫌だ、死んでないよね?嘘だ。嘘だ、死んでない死んでない死んでない…bearingsweat01sign03

 最終回でこんなに手に汗しながら震えながら見るとは思わなかったよ…うぅっcryingsign01

 なかなか奥が深いアニメだったと思います。アニメオリジナルということで、先は全く見えなかったし、人間関係も人物像も、史実に基づきながらのストーリーに合わせたもので…面白かったと思います。
 昭和初期。満州事変を機に、どんどん中国へその手を伸ばしていった日本。世界から見て、その無謀にも思える日本の動き…。世界に日本という国を知らしめようとしていた、そのための力を欲していた日本。けれど、予言という力に触れてしまったがために、これから起こる第2次世界大戦の大敗と原子爆弾の悲劇を避けたいと願った者、その理想の一角を担い、神託を得て原子爆弾に近いものを完成させた者、それを支配すべきが誰かを見極めなければならなかった者、そして、未来がどうあろうと今起こる悲劇を何とか止めたいと願った者、ただただ、大切な人を守りたかった者……。いろんな立場の人の思惑が絡みあって…あぁ…う~ん……なんか……嬉しい気持ちと泣きたい気持ちが一杯で。

 葛さんと敵として対峙した葵さん。だけど、櫻井機関が既にもう意味を成さないものだと分かっている二人。高千穂さんが上海に落とそうとしていた新型爆弾…恐らく、原子爆弾に近いそれを…落とす必要があると、高千穂さんの理論は分かるけれどどうしても納得できない葛さん。そして、それすら見抜いていた葵さん。多くの人の犠牲の上に成り立つ平和という理不尽さを、葛さんが納得できるわけがないのだ、と指摘した上で、
「知ったようなことを言うな」
「知ってんだよ!もう大体お前のことは。それくらいの時間は過ぎた。戻れ葛」
「もう櫻井機関は…!」
「誰もそんなつまらない組織にに戻れなんて言ってない。俺たちのところへだ」
 あぁっ…cryingsign01あんなにちゃらちゃらしたふうだった葵さんだったけど、本当に鋭い人だった。すごく見てる側として、言って欲しい一言でした。それを言った葵さんはかっこよかったです。うぅ、かっこいいよ葵さん。ここまでやって大好きなOPの曲が流れたりしたら、それだけで泣きそう。

 そして、もう一人、テレポートとテレパシーの能力者の久世と対峙した棗さん。これは厳しい。棗さんの能力は暗視や透視。接近戦でいくらでも場所移動ができる久世とは相性が悪すぎる。だけど、棗さんは銃弾を2発喰らって、それでも倒れなかった。そして、たぶん以前葛さんと一緒に戦ったときに、少しだけ暴いた能力の制御を見切って、素手で久世を倒した。能力が使えなくなる新月の、満天の星空が好きだった棗さん。その星空を見て、ほっとして…久世でもなんでもない、ただの見張りに心臓を…打ち抜かれてしまった…cryingうぅうう、棗さん…sign01駆けつけた葵さんと葛さんの必死の呼びかけに、ただ必死に訴えたのは、雪菜には言わないでほしい、悲しむ顔を見たくないから…隠し切れなくなるときまでは…だなんてcryingsign01そして、必死に雪菜とテレパシーの交信を続けた棗さん。一瞬遠のいた声に、雪菜が不安に駆られて「遠くへ行ってしまったかと思った」って言うのにも、マジで泣きそうでした。行っちゃう、逝っちゃうんだよcryingsign01そして、死の間際になったからこそ、新月の影響を受けずにいられたのか、最後の能力で雪菜を案内して…。うぅ、ぅうう、棗さん…cryingcryingcryingsign01やだぁ、死んじゃやだよぉ…crying
 棗さんの死を目の前にして、何としても高千穂を止める、葛さんに邪魔はさせない、といった葵さん。そんな葵さんに、葛さんが語った、例の棗さんが投げてくれた手帳のこと。前にも葵さん言ってたけど、棗さんは本当によく周りが見えてる人だったから、葛さんがどんな人なのかもやっぱり見抜いてたんだろうな。過去に囚われていたことを。だけど、それを分かってて、だから手帳をよこしてくれた。そんな棗さんの死に直面して、葛さんは本当に大切な仲間はどちらなのか…きっと気付いて、心に決めたんだと思う。納得できない大量殺戮の上に成り立つ危うい平和ではなく、未来は分からないけれど、今行われようとしている大量殺戮を止める、と。そして、入り口の開け方は簡単には分からないから、自分が開ける、と。
 棗さんが葛さんを引き戻してくれた。それはすごく嬉しい、けど、悲しすぎる。雪菜のもとへたどり着いた葵さんと葛さん、「棗は?」と聞かれてすぐさま「すぐに追ってくる」と答えた葵さんは、棗さんの思いを大切にしてあげたかったんだよね。あぁつらい、つらいっcryingsign01

 地下の高千穂さんの場所までたどりついた3人。高千穂さんの「来たか…お前も」っていうのは、雪菜を指してるんだろうな。このときの高千穂さんは、もう葛さんは裏切るっていうの、お見通しだったのかな。
 新型爆弾の威力を示すのは、多様な国の人口が入り混じった上海だからこそ意味がある…近しいものに被害が及んで初めて、人は痛みを知る。そうかもしれない。人は愚かだから、直接的な被害を被らなければ、他人事にしてしまう。高千穂さんの言うことも一理あると思うし、分かる。だってこれは、現在の核兵器の上に成り立つ平和の事を指してる。だけど、人道的な見地から言えば、それは許されることではなくて…例えその未来の上に、何万もの犠牲が…あると分かっていても…分かっていても?分かっていたらどうなんだろう。考えた末の結果、って、高千穂さんは言ってた。自分にも分かりません。それが、正しいのか、正しくないのか…。
 でも、新型爆弾の最後の詰めを、預言者である静音さんに頼るしかなかった。そして、静音さんはそれを拒否した。預言者という哀しい定めと、それに翻弄される人々を、これ以上生み出すことを止めたいと願った。そして、高千穂さんの心が、この苦しい決断に揺れていることを雪菜は見抜いた。高千穂さんも、たくさんの人を心から殺したいと願っているわけじゃないんですね。むしろ、それしか道がないという結論に達してしまったことに苦しんでた。という感じかな。そして、そんな高千穂さんは、雪菜を狙った桜井さんの銃弾から雪菜をかばってまた…bearingsweat01sign01
 桜井さんは「お国のため」、高千穂さんをサポートし、高千穂さんのもとにこの威力のある爆弾を置くより、軍が管理する方がいい、とされれば、雪菜を高千穂さんがかばうと分かっていて、雪菜を狙った。この人もまた、国のために命令されて動いていた、ってことか。何となく…高千穂さんは新型爆弾を落とすという流れに失敗したら、どの道命を落とすしかなかったような気がしてたけど…それでも、決して悪い人じゃなかったから、寂しい。雪菜が泣き崩れるのを見てるとつらい。それを見て冷たく「これで桜井機関の任務は全て終了だ」と言い放って去ろうとした桜井さんに怒りを覚えてそれを追いかけようとした葛さんは、やっぱり人としての情の厚い人なんだと思いました。ずっと冷静に振舞ってる人だったけど…。
 そして、そんな葛さんを止めた葵さんは、情は厚いけど、それ以上に冷静だった気がします。こんな爆弾は、この時代にあってはいけないものなのだ、この先、また誰かが作るとしても。そして、静音さんに「今度こそ待っていてくれ」そう言って…。

 爆弾を落とす作戦は、桜井さんによって変更されたけど、爆弾を開発した市ノ瀬さん的には、ただ自分の成果が見たい、それだけ。今更落とさないなんて嫌だ、とわがままっぷりを発揮。無理やり飛ばせた飛行機を追って、葛さんのテレポート1回目で、葛さんと葵さんが機内に乗り込む。市ノ瀬さんは葛さんや葵さんの言うことに、全く耳をかそうとはしない…。その内、それに気付いた関東軍からの対空砲火で、飛行機が損傷を受け始め、市ノ瀬さんは自ら開けたハッチから、倒れた衝撃でそのまま落ちていき…うわぁ…次々と…。

 そんな最中、静音さんの力を借りて、雪菜が必死にしたのは、溥儀の即位式典に集まってきていた人々に、兄が見せた幻影を見せること。本当の爆弾を落として実際の被害をもたらすのではなく、恐ろしい爆弾ができたらもたらされる恐ろしさを、せめて人々の記憶に刻み込むために。
 それに気付いた桜井さんがやってきたけれど、今度は静音さんも雪菜の味方をしてくれました。だけど、桜井さんは雪菜を失神させ、静音さんの神託を得るために連れ去ろうとする。そこで現れたのは、1話からずっと出てきても1度もしゃべらなかった壱師。なんと…桜井さんの記憶を消してしまった…。桜井さんの部下だと思ってた…のに。どうやら壱師は、中国の国益が損なわれないように監視し、動く人…だったらしい。なんと、桜井さん自身も監視されていたのか。
 そして、そんな壱師に静音さんが望んだのは、自分の記憶を消してもらうこと。自分の中にある、次の預言者の神託ごと、記憶を消してしまうために。

 さようなら…そういちろう…

 そういちろう…それが、葵さんの、本当の名前…………cryingsign01
 大好きだったんだろうに…次の哀しい運命を生み出さないために、諦めたのか。今度こそ待っていてくれって、そう大好きな人に言われたのに。つらいな…つらいよ。

 そして、損傷を受けた飛行機は上手く飛べず、パイロットも負傷…。何とか二人で操縦して持ち直す中で、その声を聞いた葵さん。はぁあああ…つらい。つらい。だけど、この飛行機の中での二人の他愛ない話…まさか1話でカットされてた「屋根裏の散歩者」の話、ここでキーワードになるかbearingsign01節穴からのぞいただけの世界、か。可能性の一つでしかない…預言者から語られた未来も、同じ。そう悟った葛さん、これまた賢いなsign01けど、そんなふうに穏やかに話ができたのはそこまで。飛行機の燃料漏れのため、海まで運ぼうと思っていた爆弾は、もう運べない。…そこで、葵さんがとった策は、大気圏を越えるくらい…100キロも外へ爆弾を跳ばしてしまうこと。葛さんの2度目のテレポートで爆弾を機外へ放り出し、葵さんのサイコキネシスで、戻ってこられないくらい上空まで跳ばす。そして、葛さんの提案した最後のテレポートで飛行機から脱出するというのを断り、パイロットを連れて先に脱出することを促す。自分は自分の力で飛び降りて、衝撃を和らげる…と。何でそんなこと言ったんだろう葵さん。確かに、デパートに爆弾が仕掛けられたときも、似たような方法で飛び降りたことあったけど…葛さんの能力の方が確実、なのに。その提案を聞いた葛さんは驚いて、
「そんなことができるのか?」
「何だ、まだお前、俺のこと信用しちゃいないのか」
「…そうだな、知れば知るほど」
「…ったくお前は」
 強く交わした握手…もう…泣く…泣くよこれは。葛さんが葵さんの前で、こんなふうに笑ったことなかったんだから。いつも無愛想で葵さんを否定してばかりいた。その葛さんが、初めて葵さんを信じて、互いに信じて…。

 そして、葛さんは2度のテレポートで、大きな爆弾を機外へ放り出す。葵さんがその爆弾を、跳ばす、跳ばすsign01空の彼方まで。そして、葛さんが機内にいた人たちを掴んで最後のテレポートで脱出。その上空を飛び去る飛行機…。すぐに…もしかして、すぐに葵さんが降りてしまったら、飛行機が近くに墜落してしまうから?だから、できるだけ飛び続けた?だけど…だけど…葵さんの能力には時間制限が…coldsweats02sign03sign03sign03
 飛行機の残骸が燃えさかる中、響く葛さんの声。ひたすら、葵さんを呼ぶ声。必死に叫ぶ葛さんの声に、応えはなくて……cryingcryingcryingsign01嫌だ…嫌だ、葵さん、静音さんに戻るって言ったじゃんcryingsign01葛さんに信用しろって、言ったんじゃないのかcryingsign03

 それから2年。あの日中止された式典が執り行われ…ナレーションは雪菜。棗さんは、雪菜の心の中で生きている…って、それやっぱりあの日に死んじゃったってことじゃん…いや…棗さんの場合、すごくよく分かっちゃう死に方だったんだけどさ…。そして、あの日以来姿を見せない葵…とナレーションが入るわけですが。そこに葛さんは入ってないから、葛さんは生きてるんだよね。そして、葛さんは雪菜と今でも連絡をとってるってことかな…。これで何がつらいって、葵さんが死んだとは出てこなくて、あくまで想像させる範疇で描かれてるところなんだけど、死んだと想像させる材料が多すぎて…自分が死んだんじゃないかって思っちゃうのがつらいcrying
 そして、風蘭のお店。「葛さんがいないと画竜点睛を欠くね…」って言った風蘭に応えて、ちゃんと葛さんの写真を入れた、桜井機関のみんなと風蘭の集合写真。これが、あの日の前に葵さんがしたことなのか、それとも生きて戻ってきてしてくれたことなのか。この写真だけが、葵さんの生存の可能性を指してくれているような気がします。…お願いだから、生きててほしい。たくさん死んでしまったけど、葵さんには生きててほしい。できれば…ほんとなら…葛さんと、仮初めでやってた写真館を…やっててほしいけど…風蘭が知らないってことは、上海の写真館には、いないんですよね、二人とも…。

 最後、ほんと切なくて切なくて仕方なかったです。でも、楽しませてもらいました。あんまり感想も書かなかったけど、まさか最後でこんなに書くとは思いませんでしたcoldsweats01。あまり見てるって言う人知らないけど、ほんと面白かったです。こんな感動するとは思わなかったなぁ…。たった1クール、13回のアニメだったのに…。一つだけ言えるのは、見ててよかった、ほんとによかった、ということです、きっと。デュラララ!!みたいなぶっ飛んだ面白さとか楽しさじゃなかったけど、紫月は大好きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

アニメリボーン標的191「修羅開匣」感想

 ディーノさん、雲雀さん、川平のおじさんっhappy02heart04sign01sign01sign01そしてEDが変わったhappy01sign01

 今日は踊る大捜査線観て来ました(笑)。
 というわけで、感想は少々遅れるかと思います…。ていうか、既に遅れてますねcoldsweats01
 前回風邪をひいて、皆様にご心配頂いた紫月ですが、ちゃんと翌日お医者さんにも行って、おかげさまでもう日常生活にそれほど不便はないくらいに治ってきました。お気遣いくださった皆様、ありがとうございましたhappy01sign01
 色々プチ感想shine
 踊る大捜査線TheMovie3
 初日舞台挨拶の生中継もありました~ユースケさん面白すぎ~(笑)sign01思ったよりみんな弾けてなかったですけど、ユースケさん、小泉孝太郎さん、伊藤さん面白かったです。色々噂があったからなのか、最後にドラゴンズ戦で室井さんが始球式するとかで、先に柳葉さんが行かなきゃいけなかったとき、織田さんと握手して去っていったのが印象的でした。物語の中ではキーパーソンの二人なので、やっぱり仲良くいてほしいです、ファンとしては。映画は、まあこれまでの映画に負けず劣らずあれこれぎゅうぎゅうぎゅうッと詰め込まれてる感じでした。面白かったです。くすっと思えるところもあり、かっこいいところもあり。初日ですから、ネタはばらしませんが(笑)。もう、今まで出てきた人全部総出演、そうそうたる顔ぶれ。すごいな、と思いました。
 閃光のナイトレイド第12話「夜襲」
 そうですか、桜井さんは高千穂側の人間でしたか。まさか桜井機関そのものが高千穂勲のためのものだったなんて。葛さん、色々ショックだろうな。そして、それっきり音沙汰がなくなってしまった桜井さんへの、残された桜井機関のみんなの思い。葵さんだけは感づいて見抜いてたんですね。さすがです。久しぶりの風蘭とのほのぼのエピソードとか、楽しかったけど、葛さんがいないことを、不意とついてくる風蘭に、戸惑い気味のみんな。「葛さんは仕事か?」で「ああ」って答えた葵さんはどんな思いなんだろう。そして、既に自然消滅的な桜井機関であるにも関わらず、残された3人で行動している意味を考えた時、「まだ会いたい奴がいる」って言ったのは、高千穂さんのことなのか、静音さんのことなのか、桜井さんのことなのか…葛さんのことなのか。そして、高千穂さんの過激な思想に、理解はしつつも動揺を禁じえない葛さん…。できれば、葛さんには葵さんたちの元へ戻ってほしい。そこにはもう、何の任務もないかもしれないけど…。BSJでも、今日最終回だそうな。…う、これ、ハッピーエンドはないよねぇ…bearingsweat01
 デュラララ!!#24「則天去私」(終)
 「いまだ、裏切れsign03
 あぁああああああああああかっこいいいいいいいいいいいいいいいhappy02heart04sign03sign03sign03
 ブルースクウェアの残党ばかりになっていた黄巾賊に乗り込んできた、黄巾賊の将軍正臣、ダラーズの創始者帝人、罪歌の主杏里ちゃん。その3人とセルティが囲まれて、絶体絶命となったその瞬間にかかった一声。ブルースクウェアの残党でも簡単に入れてくれたぜぇ…と言った法螺田の言葉を逆手にとって、黄色いものつけて紛れ込んでたら分からなかったんだから、人数増やすのも考えものだ、とニヤリ。ああああああああああああかっこいいなかっこいいなかっこいいなこの人happy02happy02happy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01原作とは少し違った流れだったけど、帝人がダラーズを消そうとして、だけどドタチンが集めてきたのはダラーズで、チームカラーがないからこそできることなんだ…って、ダラーズの価値を上げてくれた気がしました。(原作では、帝人がダラーズを消そうとしたっていうのはなかった気がする。)ドタチンが自分で喧嘩してるのって、初めて見たような気がするけど、ドタチン強い。人として強い。かっこよかったドタチン。なんていうか、こんなに頼りがいのある人って素敵だと思う。素でかっこいいとしか。かっこいいとしか言いようが。
 そして、人外として並外れたかっこよさを披露してくれたのは、シズちゃんでしたhappy02heart04sign01(注:人です。)大きな道路の真ん中で、今までの道路標識とは桁の違う、青い道案内表示の巨大な標識ですよ。それを持って仁王立ち。法螺田たちが逃げてくる車に向かって、それをおもいっっっきりフルスウィ~ングhappy02sign01sign01sign01屋根が綺麗に切り飛ばされましたcoldsweats01(注:銃弾2発喰らった怪我人です。)ああ、もうシズちゃんもかっこいいhappy02heart04sign03なんていうか、もうスカッと痛快、シズちゃん最強happy02heart04sign01相変わらず単品でキャラを好きになる紫月ですが、デュラララ!!ではとにかくドタチンとシズちゃんが好きでした。最初から最後まで好きだったな、この二人。どっちが出てきても嬉しくて仕方なかったです。強いて言うならドタチンには惚れて、シズちゃんのファンだった感じ(笑)。
 そして、これまでずっと暗躍して黒幕をやってきた臨也さんですが、いやぁ…見事にサイモンに殴られましたね(笑)。サイモンって、小説でいうと、どうやらロシアの殺し屋?っぽい感じですけど、シズちゃんとタメはるっていうのは伊達じゃないですね。素手ならサイモンが強いって臨也さん言ってましたし。その通りだったね(笑)。そして、ロシア語ペラペラの臨也さんってかっこいいと思ってしまったcoldsweats01。閃光のナイトレイドも、中国語とか英語とか、声優さん大変だろうなって思ったけど、このロシア語も相当だと思いました。台詞なげぇcoldsweats01
 小説は5冊目まで終わって、6冊目の冒頭辺りですが、やっとろっちー出てきたですよ。六条千景くん。わりと真っ直ぐで気持ちのいい子だと思うんですけど…だってシズちゃんがそう言ってた(笑)。

 さて、これでデュラララ!!はアニメ終わりですね。嘘みたいです。まだ1回しか見てないから、家の人がいなくなった隙にもう少しじっくり見たいものです。で、アニリボも見ましたよ~~~。だいぶ遅くなってますが、頑張って感想いきまーすhappy01sign01

 <アニメリボーン標的191「修羅開匣」>

 得体の知れない川平のおじさんが登場したところから。
 基本的に原作どおり進んでた気がするんですけど、あまり切迫感を感じないのはなぜかしら(笑)。
「ザクロってのが追って来るんでしょう?」
 のんきに言ってる川平のおじさんに、なんか、ザクロのことより川平のおじさんのことに気がいってるみんなcoldsweats01。でも、ザクロって言葉が出た瞬間、真剣な面持ちになって(スクアーロ…)って思った山本、ちゃんとこのあとの場面の布石にもなってるなって思いましたけど、かわいいな、かわいいなと思ってしまうダメな紫月ですcoldsweats01。そして、疑ってかかったツナと獄寺を、足で蹴り飛ばしながら
「川平のおじさんを信じなさい」
って、自分で言って何者なのかヒントを与えてるような川平のおじさんですけど、ほんと何者なんだこの人。そもそも、おばあちゃんの代から、ハルちゃんにそんな緊急時に逃げてくるように言い含めてる辺り、代々ここのうちの人がボンゴレに関わってると考えてもおかしくないのかな?イーピンのバイト先のお得意さんだし(笑)。何気にいろんなこと知ってるユニちゃんとかも「どなたかは存じませんが…」って言ってるくらいだから、それこそ諜報部みたいな外部組織とか?ないか。(←自分で言うな。)
 さて、川平のおじさん、原作にはなかった呪文みたいのを唱えていました。
「セーニョ(気配)のヘルリングよ、惑わしの気配をここに」
みたいな感じで。最初は「制御?」ってよく分からなかったんですけど。(現在原作が手元にないので、もしかしたらイタリア語だったりしたかな?って思ったんです。コメントで「気配(セーニョ)」だと教えていただきました、rokoさんありがとうございます~happy01note)そして、直後にやってきたザクロさん。気配が散ってしまったけれど、川平不動産に目をつける辺り、さすがですね。
 そして、ラッキーなことに、ユニちゃんの人柄のおかげで無駄な大量殺戮を禁じられていたザクロさん。一帯全部燃やそうとしたけど、思いとどまってとりあえず一軒一軒燃やしてあぶりだそうと考えました。でも、それをできない人を装って、川平のおじさん、ラーメンの汁をザクロさんの額にべちゃっと飛ばして、術を施しました。ところで、この汁、原作よりたくさん飛んだので、思わず「アツっ」と思ってしまった紫月ですが、あれだけ飛んだら拭かないですかね、汁(笑)。自分なら気になるだろうな…と、ほんとどうでもいいことばっかり考えてる紫月です。

 一方並中。並中にやってきていたのは、デイジー。そして、先に戦闘を開始したのはディーノさんの方でした。デイジー、劣勢なんだけど、威勢はいいです。ユニちゃんの居場所吐いちゃいなよ、って言ってます。原作では吐きながらそう言ってたような気がするんだけど、アニメではお茶の間事情を考慮してくれたのでしょうか(笑)。でも、デイジーの太陽サイはディーノさんのスクーデリアとロールちゃんの連係プレーでたちまち粉々。
「楽勝だな」
「ツートップです、当然でしょう」
 このセリフ好きだったので、聞けて満足っスhappy01noteそうなんだよねーこの二人は集団のトップに立つ人たちなんだよね。かっこいいなぁツートップ。そして、ツートップの組み合わせってことで、よく考えたらすごく強いコンビでもあるんですよね、この二人。麗しいだけじゃないwinkshinegoodsign01(←一番はそこか。)
 なんか、デイジーはふらふらしてるし弱々しいし、それなのに「ボンゴレの連中は弱すぎるよ」って当たり前みたいに言うのが、なんかすごく違和感なんだけど、胸に埋まった匣を見せてるときのデイジーは人が変わったみたいな笑い方をしてて、戻した顔もなんか自信がみなぎってて怖いくらいです。

 そして、川平不動産。
「真6弔花は行ってしまったよう」
 この辺り、少しずつセリフが変わってたような気がします。殺人集団とは言わなかったし、川平のおじさんが、並中で戦ってる雲雀さんたちの気配を察知したというような設定になってたと思います。そりゃ、雲雀さんもディーノさんも、一晩並中にいたっぽいからね(笑)。それにしても、真6弔花の修羅開匣のことまで知ってるっぽい川平のおじさん。ボンゴレのトップクラスの守護者たちですら知らなかったことを、どうしてこの人が?この人もパラレルワールドの一つや二つ、見えてるんじゃなかろうか(笑)。

 修羅開匣したデイジーにはっとするディーノさんと雲雀さん。麗しぃlovelynote(←オイ)そして、それを見たうちの父。
「うわ、カエルになった」
「トカゲです」
 一応訂正してさし上げた(笑)。鱗はえてるてゆーてるやん。
 うわー声も変わる感じなんだな。そして、揺れもせずにあれだけの髪が逆立ってるのもある意味すごいと思うんだな(笑)。ツナと通信してたディーノさんに、襲い掛かるデイジー。
(速いcoldsweats02sign01
 かっこいいhappy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01はっ。いかんいかん、ディーノさんの綺麗さに見惚れてしまった。再びスクーデリアで対抗するディーノさん。でも、炎で切り裂かれて、灰となるはずだった腕はたちまち再生し、スクーデリアに巻きついて、あぁあああスクーデリアかわいそう、あんなキモイものに締め付けられてbearingsweat01sign01(←そこ?)でも、すぐ気を取り直して、肉弾戦の方が得意だと繰り出したディーノさんの光速天翔。筆文字に、光り輝く大空のオレンジの炎の後光がまぶしいhappy02sign01
「おっ、レベルが上がったsign01パチンコなら大当たりやなsign01
 何の話やねん。
「パチンコは字が赤くなると大当たりなんや」
 知らんてcoldsweats01
 そのボスの奥義を得意げに見てるロマーリオが何気にツボなんですが、その奥義が、反射レベルではなく、攻略されてるレベルでよけられて、そこに白蘭の姿を見たディーノさん。そして、その一瞬で、白蘭の能力によって自分の技が既に攻略されていたのだと、更にスクアーロもだからやられたのだと悟ったディーノさんは、すごく頭のきれる人だと思いました。そして、ここのデイジーの攻撃、アニリボはどうするのかと思ったら…晴の炎だけが背中へ突き抜けました…ね。原作では背中からも血が噴出したような感じでしたが。もちろん、内臓を潰していくよ、もなし。もっと痛くしないと、とは言ったけど。で、ディーノさんの綺麗な顔を思い切り殴ろうとしたデイジーが、逆に吹っ飛ばされて並中の壁を陥没させる勢いで激突impactsign01
「ねえ、君たち。並中で暴れるの、やめてくれる?君たちには、制裁を与えなきゃね」
 ドカッimpactsign01
 あ、ディーノさんが蹴り飛ばされたcoldsweats01
 確かにディーノさんとデイジーは並中で暴れてましたけど、並中には何一つ被害ありませんでしたよね?でも、今雲雀さんが思い切り吹っ飛ばしたから、並中へこんだよ?でもきっとそこは、デイジーのせいなんだよね(笑)。暴れてるから悪いんだよね。だから並中へこんじゃったんだよね。そして、ディーノさんには制裁という名の救助をして見せた雲雀さん。常識人の草壁さんは思わず「なんてことをcoldsweats02sign01」って言ってたけど、ディーノさんはちゃんと分かってます。これが雲雀さんのクールな助け方なんだってwinkshinegoodsign01さすが、伊達に家庭教師してないねsign0110年来の絆ですねnoteそして、そんな雲雀さんの姿を見て、アラウディさんの…初代ボンゴレ雲の守護者を思うディーノさん。
「いくよ、ロール。形態変化」
 ん?あれ?棘ある?あるように見えなかったけど。でも、遂に登場しました、雲雀さんのボンゴレ匣。アラウディの手錠sign01sign01sign01

 新しいEDきましたよhappy02heart04sign01今回のテーマはボンゴレアジトでの生活、かな?
 1枚目、スパナさんが機械をいじって、正チャンがデータをとって、それをツナが見上げてるって感じで。スパナさん大人の魅力~~~~happy02heart04sign01かっこいいsign01正チャンはかわいい、です。かわいいこの子。ツナもかわいいです。
 2枚目、きたぁあああああああああああああああああああ山本おおおおおおおおおおおおおおおおおおhappy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01sign01はか、はかか、袴姿に、長い紺のたすきーーーーーーーーーーーーかっこいいかっここいっかかkkkkkkkkkkhappy02happy02happy02sign01(←壊れた。)はががががが、あああああああああああうわぁあああああああああやべーーーーーーーーーーーーーーかっけーーーーーーーーーーーーーーーー山本かっけぇーーーーーーー知ってたけど知ってたけど刀を腰に差して涼やかな瞳であああなんて水が似合うの爽やかなのぉおおおおhappy02heart04sign03sign03sign03リボーンとの修行ですよね、ここはsign01あーかっこいいsign01sign01ぜえはあ。これはかっこいい。アニメのEDの山本は、かわいい系が多かったから、まさかのこのかっこよさに目から鱗どころか目玉が落ちそうだったデスヨ。
 3枚目。あっはっはっは、図書館での獄寺の理論指導に飽きて居眠りしてるお兄ちゃんに我流と遊んじゃうランボさん、お怒りの獄寺さん(笑)。かわいいなぁみんな。
 4枚目。家事をしてる女の子たち。ハルちゃんや京子ちゃん、イーピンは慣れたものだろうけど、髑髏ちゃんは一人であせあせsweat01sign01かわいい、微笑ましいhappy01note
 5枚目。きゃああああ雲雀さんと草壁さんが和室にぃいいいいいいいいいいいいhappy02heart04sign01sign01sign01中学生の雲雀さんも、きっと自分のうちに雰囲気似てるから、そんなにこの場所嫌いじゃないと思うんですよね。ロールとヒバードもいて、和む~~~和むわぁ~~~和風LOVEな雲雀さんが素敵lovelynote
 次は教室の窓際の席に一人座って外を眺めてるツナ。…なんか。なんかこの教室の風景どこかで見たことある気がする。
 6枚目。うぉおお黒曜組happy02heart04sign0110年後黒曜組ですねhappy02heart04sign01sign01sign01ひゃっほー骸さん素敵ー、犬と柿ピーも、M.Mも、ちょっと大人になった感じするですね。
 7枚目。きゃぁああああ10年後ヴァリアーーーーーーーーーーーーーーーhappy02heart04heart04heart04sign03sign03XANXUS様かっこいいかっこいいかっこいいhappy02heart04sign03スクアーロもかっこよさげですねhappy01heart04noteルッスーリアがあまりにもルッスーリアっぽくて好きだこれ(笑)。
 8枚目。白蘭率いる真6弔花。GHOSTはいないみたいだけど…。
 次は、画面の奥へ奥から次々と現れては消えていく守護者たち。元気そうなお兄ちゃん、かわいいランボさん、落ち着いた獄寺、麗しい流し目の雲雀さん、赤いシャツが爽やかな山本、かわいらしく小首をかしげる髑髏ちゃん。そして、手を差し延べる京子ちゃんとハル。リボーンはこちらを振り返ってニヤリ。
 大空の元で風に吹かれるツナ、睫毛長くてかわいいな。目を閉じて、開いた時はハイパーツナ。
 9枚目。アルコバレーノぉおおおおおおおおおおhappy02heart04sign03sign03sign03大人姿sign01しかも、このペアがまたいいhappy02heart04sign01バイパーとヴェルデは曲者組(笑)、リボーンとルーチェは…いいですよねぇ、信頼する者同士。コロネロとラルぅhappy01heart01heart01heart01noteここも、お似合いで素敵noteそして風さんとスカル(笑)。ダメな子を見守る優しい微笑みが素敵です風さんhappy01heart04note
 10枚目。初代守護者ぁああああああああああhappy02heart04heart04heart04sign03sign03sign03裏切り者だったデイモンさんは一人、でもにやっとしてるのは嫌いじゃないな。凛々しいプリーモの右腕sはGさんと雨月さんhappy01heart04sign01sign01孤高の浮雲、アラウディさんは麗しくて、ナックルさんは屈託ない笑み、ランポウさんも笑顔かなnote
 11枚目はディーノさん(麗しいhappy01heart04sign01)、バジルくん(かわいいhappy01note)、10年後フゥ太(かわいいhappy02heart01note)、10年後ビアンキとイーピン、そしてスパナさんは片目閉じててかわいいwinknote、正チャンも笑顔note
 12枚目は、学校での山本、獄寺、京子ちゃん、ハル、リボーン。平和な元の世界…の日常なのかな?みんないい顔してます。山本は爽やかだし、リボーンはちゃっかり肩だし。そして、そこへ駆け寄る、一人窓際に座っていたツナ…。
 そして、みんなが集まっている、ここは平和な過去…かな?山本にこにこしてるし、背が高いなぁlovelynote一人だけ群れてない雲雀さんとかもかわいいと思うんですけど、ここは久しぶりの10年前の草壁さんとディーノさんが結構ツボでしたhappy01note

 怪物づかいツナ!
 ヒバリンの饒舌な自己紹介のあと。ヒバリンにリボじいから宣戦布告。そうしたら、
「吸い殺すよ」
 ヒバリン階段からひとっとびsign01吸い殺すっていうか、普通に蹴ったり殴ったりしてやっつけた気がする(笑)。きっと雲雀さんの「咬み殺す」と一緒なんだね、その口癖(笑)。あっという間にパーティー全滅coldsweats01sign02
「弱いね」
「あっぶね~」
 武~~~~~~~~coldsweats01sign01すぐに飛び出す脳ミソ、こんなところで役立つとはcoldsweats01sign01それにしても、武、どうするんだろう?爽やかゾンビの中に戻るの?

 次回はユニちゃんお姫様抱っこhappy01heart01noteそして、雲雀さんのボンゴレ匣本領発揮ですねhappy01sign01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »