« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

戦国BASARA弐#8感想

 夢吉ーーーーーーーーーーーーーcoldsweats02sign02
 アニキーーーーーーーーーーーーーーhappy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01

 <友垣との哀しき再会!猛執刻まれし日の記憶!>

 この回ではやっぱり「慶次ーーーーーーーーーーbearingsweat01sign01」とかにしといた方がよかったかな?(←冒頭。)いや、相変わらず慶次は切ないなぁ。切ない役回りばっかりで可哀想というか…。
 今回のメインは慶次。前田家当主として大阪城に乗り込んできた慶次だけど、そうすることで前田が離反したり裏切ることになるのを、全部自分のせいにして、利家とまつ姉ちゃんを助けたんですね。秀吉も、それでいいって言ってくれたけど、それはやっぱり顔見知りで親友でもあったよしみがあったからなんじゃないかなぁ。これが、大して気心の知れない利家だったりしたら、許されなかったかもしれない。秀吉は、きっと慶次がどんな人間なのかよく知ってるから、問いただしたりしなくったって、慶次が考えてることとかも、そこそこ分かるだろうし、中立を貫くって言い張る慶次を…まあ、見逃すような感じになったんじゃないかなぁ、とか思ってみた次第です。
 ねねさんのこととか、やっと正面きって話すことができた慶次。意見はすれ違ったままだったし、友達じゃないって言われてつらかったかもしれないけど、最後「去れ、慶次」って名前を呼ばれて、少しだけ…なんていうか、まだ友達だった頃の感覚が、今でも残ってるような感じがしたような…。最後は、もう加賀前田の当主として話してたんじゃなかったよね、秀吉。そして、政宗様に止めを刺しそびれた時に思い出したあの一件、なんと秀吉を変えるきっかけになった一件でもあったようですね。ところでなんか気になったんですけど、慶次の…なんていうんだっけ、裃(かみしも)?の左に「伝」っていう字が入ってるように見えるけど……変わってるなぁ…。

 城を出て半兵衛に会った慶次。半兵衛は今の秀吉の友達…っていうか、まあ軍師なんだけど。家臣っていうよりは友達ですよねぇ。だって「秀吉」って呼び捨てだし。そして、あのお守りはやっぱりねねさん絡みなんですね。本来の秀吉の性格を知ってる慶次。本来なら、友達や愛する人を失ったら泣くような、優しさとか誠実さみたいなものを持ち合わせてた人だったみたいですね。そういや戦国BASARA2英雄外伝の人物豆知識には、半兵衛を失った時は秀吉は号泣したらしいって載ってたけど、今回はどうなるんだろう。半兵衛、遂に結核らしき病を患っていると判明しましたし、その命…どうなることやら…。
 そして、ところどころで慶次のこと心配そうにしてる夢吉がかわいくてかわいくて仕方がなかったですlovelyheart01

 薩摩の幸村。幸村も入って、九州から豊臣に反乱するっていう条件は飲んでもらえたようです。なんかここでは、宮本武蔵がいちいち子供っぽくてかわいいな(笑)。ゆっきーもかわいいんですけど、武蔵は幼くて純粋な悪ガキって感じで。大人の話し合いに無邪気に割り込んでくるし、豪快に魚食べるじっちゃん見て喜んでるし、回復したらぶっ倒すんだーって言うのもかわいいです。こんな子が近くにいると、迷いの多い幸村は随分大人に見える。まだまだ迷いを引きずってる幸村ですが、はて、いつ立ち直るやら…。
 ところで、織田は島津どんの留守を狙って薩摩を襲ったとか。そうだったのー?1期では、島津のじっちゃんが討たれるところしかやらなかったからなぁ…。しかも、倒れたところで止めまで刺されてた気がした。じっちゃんは毛利と同盟を組もうとしてたんですねぇ。けど、自分の国を守るためにそのじっちゃんを利用して足止めして、薩摩を攻めさせて、安芸の国に被害が及ばないようにした、っていう徹底したやり方は、冷酷だけど冷静。今回の秀吉との同盟も、何か考えがあるんじゃないか…っていうのが島津のじっちゃんの見方だけど、そんな感じでしたよね、元就。あくまで豊臣も利用する、みたいな。
で、そんな真剣な話をしてる背後で、魚捕まえて大喜びしてたり、アワアワして海にドボンしたりしてる武蔵がかわいいっちゅー話happy01sign01(←リアル紫月の反応。「……あ、落ちた(笑)。」)

 慶次が何かと独り言言ってる場面が多いのは、独り言じゃないんですね、全部夢吉に話してるんだ。そして、ちゃぁんとそれ聞いてる夢吉がかわいいったらありゃしない。そして、次の戦を起こす前に、また城に行って、ぶん殴ってでも止めるんだって話を聞きながら、つらそうに慶次のほっぺに手をつく夢吉。あぁあああううぅううううかわぃいいいいいいいいいちっちゃい手ぇええええええええhappy02heart04heart04heart04note(←小さいものに目がない。)でも、それを、夢吉が心配してほっぺにぺとってしてくれたんだと思った慶次。それはそれでメチャメチャかわいいなlovelysign01sign01sign01とか言ってる場合じゃない、夢吉ぃいいいいいいcoldsweats02sign01sign01sign01ぽてっと転がり落ちたのに気づかなかった慶次の代わりに、紫月が液晶画面突き破って夢吉受け止めんばかりの勢いでした。(←リアル紫月の反応。「あぁあああああああああああああああああ夢吉ぃcoldsweats02sign01」←武蔵と大違い。)慶次の大きな手の平に収まっちゃうちいちゃな夢吉がまたかわいくてかわいくてかわいくて…。夢吉欲しい…。(←また始まった。)
 で、背後から近づいてきた馬上の人物に「ごめんよ」って声掛けて振り返ったときの、慶次の表情ったら。

 (@-@)(←おめめ見開き。)(←かわいい。)

 なんと、後ろにいたのは…松永久秀さんじゃございませんか…coldsweats02sign01何かとよく出てくるお人だな…sign01
「友達かね?」
 手の平に収まるちっちゃい猿を見てそう言う人も珍しいと思うけど、その一言で、ますます慶次がおめめを見開いてます。まさか、あの時必死で慶次が秀吉をかばってた時の相手が松永さんだったとは。あれ、でもゲームでもそうだっけ。第六天魔王はともかく、何かと黒幕が多い松永さんです。秀吉に無力の何たるか、力の何たるかを植え付けてしまった張本人。そして、あのときも「友達かね?」ってことで……おお、猿つながりcoldsweats01sign01(←秀吉に失礼です。彼はゴリ…げほごほsign01←もっと失礼。)
 それにしても夢吉~~~かわいい~~~~~かわいいよぉ~~~~~
lovelynotenotenoteちっちゃな枕にお布団に、冷やすのは慶次の羽飾り。ちっちゃなほっぺに、慶次が指の背をそっと当てたら、ちっちゃなおててを伸ばして…はぅううううううかわいいぃいいいいいいlovelyheart01heart01heart01

 腕試しで乗り込んだところ、秀吉がとっ捕まって、松永さんにボコボコにされてしまった。うん…松永さん強いからな。片手でばしばし斬ってくる上に炎を八方向くらいに飛ばしてくるんだよ、すっ飛ばされるんだよ。しかも復活する。(←この場面では関係ないと思われる。)
「友達かね?」
 そうと分かって、更に痛めつけるようなことをした松永さん。腕試しを仕掛けた若造に、容赦なく力の差を見せ付けた松永さん。そして、必死に秀吉をかばった慶次もボコボコにされ、それでも笑っていた慶次。そして、笑えなかった秀吉。ここが大きな分かれ道だったんですね。松永軍が去ったあと、押しかけてきた本願寺の僧兵ぃcoldsweats01sign02おぉお、こんなところで顕如さんとこのみなさんの名台詞が(笑)。腹筋(笑)。「腹の虫がおさまらない」をいちいち腹筋に置き換えようとして失敗してるのにウケました(笑)。そんな僧兵たちを前にして、へらっと笑って許しを請おうとした慶次。けれど、力無き者は何もできないのだと散々な目に遭わされた秀吉は、遂に目覚めてしまった。ゴリ覇者となるために力を手に入れたいと。僧兵たちを全滅させ、ショックを受ける慶次の前で、雄叫びを上げて…。

 さて、その松永さん。大阪城からの帰りに慶次が会ったのは、彼が大阪城に向かってたからだったんですね。骨董品好きの松永さんに、名刀を差し出し、同盟を申し出た豊臣。秀吉…間違いなく松永さんに見覚えあるんですよね?とっとと松永さんの前から去った秀吉に、さりとて松永さん自身は覚えがない模様。もちろん名前は聞いてたけど、はて、どこかで会ったかね?だって。あなたのおかげで今の秀吉があるとも言えるし、あなたのせいで慶次が苦しんでるとも言えるから、つまりなんていうかこの野郎bearingsweat01sign01
 しかも、松永さんに命ぜられたのは、なんと大阪城に向かう伊達軍を止めろ、との旨…えぇえええcoldsweats02sign02やだなぁ、松永さん強いんだよ…gawksweat02。伊達軍も、何かと松永さんと縁があるなぁ。

 で、その伊達軍ですが。なんと山の中で山賊に出会ってしまいました。
「へっ、いい度胸じゃねえか。俺たちから何を追い剥げるか、お手並み拝見といこうぜぇ」
 余裕の筆頭。だけど、その前に現れたのは…なんとなんとなんと、山の中でアニキぃいいいいいいいいいhappy02heart04heart04sign03sign03sign03船の碇という馬鹿でかい武器を携えた西海の鬼、長曽我部元親参上happy02sign01sign01sign01無事だったんだねアニキぃいいいいいいいいいhappy02sweat01sign03sign03sign03

 ってことで、次回はなんとなんと東西アニキ対決かっhappy02sweat01sign01sign01sign01うわぁああ楽しみだぁああああhappy02sign01sign01sign01しかも、サブタイトルからすると、タッグまで組んじゃうcoldsweats02sign02マジでsign02政宗様の外伝ストーリーまだやってないんだけど(もったいなくて。←ただのバカ。)、何か関係あるのかなぁ。何はともあれ、俄然楽しみになってきましたっhappy02sign01しかも小十郎が出てくるよぉ~~~~~happy02heart04heart04heart04sign03(あれ?松永さん?小十郎のところにいる…?)

 あと、エブリスタの大賞取った人、GJすぎる。なんという美しい双竜……coldsweats02sign03デザインとかもすげーと思いました。あんなふうに絵が描けたら、たのしぃだろうなぁ…。それから、今回の待ち受けは凛々しいお館様でした。まったく出番がなかったので、意外でした。あと4回、毛利元就、謙信様、かすが、武蔵、利家、まつあたりから来るかなぁ…って思うんですけど、その中に秀吉が割り込んでくるかどうかというのが、今回のお館様で気になりました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月28日 (土)

アニメリボーン標的199「GHOST覚醒」感想

 山本~~~~~~~~~~~~happy02heart04sign01sign01sign01
 超待ってたwinkheart04goodsign01スクアーロとディーノさんも、超待ってたhappy01heart04sign01

 プチ雑記コーナー。
 
黒執事Ⅱ#8「吐露執事」おぉおお、っとぉ、ここでまさかの第1話だけ使われたOPがcoldsweats02sign01そして、急激に権威と魅力を失墜してしまったアロイス。気の毒に。器じゃなかったというしかないのかなぁ。そして、悪魔を従わせるのは、並の器では無理なんだと。そして、こちらも1クールってことですが、ED変わったcoldsweats02sign03完全にアロイスのEDだったんですけど、アロイス坊ちゃん死んじゃったし、次回はもしかしてまたEDの絵が変わったりするのかな?ちっちゃくてかわいい弟が死んじゃったのは可哀想だったんですけど…。アロイスにはちょっと気高さが足りなかったかなぁ…。最期はクロードに見てほしくてそれで一杯になっちゃって。で?なんか次回予告見ると、シエルがアロイスに取り憑かれたみたいになってた気がするんですけど、気のせいかな…。あと、ハンナさんたちも悪魔なんですねー。ちょっと下っ端っぽい気がするけど…。ハンナさん、最後アロイスの死体の眼、抉ってた?仕返し?それとも?で、アロイス坊ちゃん死んじゃったら、またシエルの復讐相手がいなくなっちゃうんじゃない?どうすんだろ。
 
屍鬼#7…起き上がりかぁ。敏夫さん、夏野くん、たどり着きましたね。室井さんもどう出るか。そして、起き上がり側。なんと正雄目線かcoldsweats01。衰弱して死んでいった人たちは、毎日自分で起き上がりの人たちを招き入れて、血を吸われてたわけですね。で、青い猫耳の人(←恐ろしいのは、普通の男性の髪型で、この猫耳的なのが二人もいるという事実だ。)が起き上がりを助けてるんですねー。お屋敷の人たちはどう関係してるのかな。
 
戦国BASARA英雄外伝進行状況…風魔小太郎の外伝ストーリー。ええええええええ最後佐助とかすがを倒さなきゃいけないんですかーcoldsweats02sign02ちょっとつらかったですー。ところで、第2章、隠れ通路がある気がするんだけど、あれって閃光弾全部たたくとかしないと扉開かないとかあるのかなー。今のところ、そういうたどり着けそうでつかないっていうのが何箇所かある気が…。

 そんじゃ、アニリボ感想に行きたいと思いますー。

 <アニメリボーン標的199「GHOST覚醒」>

 おおお、アニリボもあと1回で200回ですかcoldsweats02sign01早いなぁ。
 さて、GHOSTが送り込まれてきて、真6弔花まで動揺しているってところから。とりあえず気の早いというか、血の気の多いヴァリアー、ベルとレヴィが攻撃してみますが、物理攻撃はすり抜ける模様。でも、霧師弟の判定は、「実在している」というもので。何気に、こんな場面でも弟子を試してる骸さん、ちゃんと師匠してますねーhappy01noteそして、フランは勘で答えたみたいだけど、骸さんは確信を持ってるみたいです。その辺はやっぱり一枚上手?
 みんなの攻撃対象が、真6弔花ではなく、新たに出現したGHOSTに傾いてる気がするんですが、卑怯な紫月は、真6弔花が動揺してる内にたたいてもよかったんじゃ、と思ったり思わなかったり、あ、やっぱり外道ですよねすみませんcoldsweats01。いや…だって、得体知れないし、別にあっちから攻撃してきてないし…。様子見てもいいかな…って。
 で、物理攻撃はさらっとスルーしてしまうGHOSTに、バジルくんと了平兄さんと獄寺で、連携攻撃の太炎嵐空牙発動。おっきくなった瓜ちゃんはこれで2回目ですが、今回役に立ったかどうかというと…むしろこの大技、GHOSTの炎を吸収する力を覚醒させてしまっただけで、むしろ状況悪化させちゃったような気がcoldsweats01
 だけど、その第1の犠牲になったのは、なんと敵のブルーベル。原作では小悪魔的にかわいらしかったブルーベルがミイラになったのに、衝撃を受けたわけですが、アニメはまあ……こんなもんかな(笑)。影で朽ち果ててゆきましたね。XANXUS様の光弾も吸収されちゃうし、リングの炎は出してもいないのにだだ漏れ。あと、修羅開匣している真6弔花は、全身が炎と一体化した匣兵器ってことで、ブルーベルみたくなっちゃうわけですが、それなら修羅開匣を解いたらいいんじゃないかと…今回おせっかいな紫月です、すみませんcoldsweats01。自ら解くことができない、ってことはないと思うんですけどねぇ…。みんな焦ってるから?

 一方、骸さん目指して駆けつけてきた髑髏ちゃん。の、目の前にも、GHOSTから覚醒した光が伸びてきて、大ピンチのところで、なんと骸さんが抱きすくめてくれちゃいましたけどっhappy02heart04sign01フランには存在自体がスプラッタだっていわれましたけど、むしろ紫月的には存在自体がエrぶごほっ、何でもありません。こんな風に大好きな骸様に助けられて、囁くように優しい声をかけられて、嫉妬でビンタされた傷まであんなに綺麗な顔を近づけられて心配されちゃったら、そりゃー気絶もしますってhappy02heart04sign01(←注:ほっとしたんです。)今回も作画がすごく綺麗だったので、いやぁああ骸さんったら麗しいっlovelyheart01一瞬何が起こったか分からないようにほけっとしてた髑髏ちゃんもかわいかったです(笑)。気を失って、こてん、と後ろへ行きそうな感じだったけど、原作どおり前に倒れましたね。
 そして、そんな二人のところに再び伸びてきた光を食い止めてくれたのは、へらず口とふざけた匣兵器のフランです(笑)。びっくり箱じゃないんだからcoldsweats01sign03急激に炎を吸収されながら、つらいですーってどこまでつらいのかよくわかんないフランですcoldsweats01。いつもの「痛いですー」と同じ淡々とした口調なんですが、いつもと違うのは、カエルがやばいくらいげっそりしてるってことですcoldsweats01sign01そうか、フランの健康判断基準はカエル…sign01(←前回槍で刺されて穴開いてましたけど。)「師匠オタスケー」って、これもどこまで本気なのやら…。
 D.スペードの魔レンズをつけたときの骸さんもキレーでしたぁlovelynoteで、魔レンズで視たGHOSTは、自然現象に近い、でも確かに存在するモノ。蟲師の世界でいえば、ナガレモノな感じかしら?

 GHOSTのことを聞いて、戦場に赴くことを決めたツナ。この辺、女の子達が、強くなったなって思った場面でした。自分の心を押し隠しての「いってらっしゃい」。それに応えるツナの、眉間にしわを寄せたような微笑。何も言わなくても、思いは同じ、通じてる、そんな感じがしました。

 遂にGHOSTの餌食になってしまったザクロさん。ザクロさんともあろう人が、あんなものを避けられなかったはずはないんだろうけど、それを避けられなくなるほどエネルギーを吸い取られちゃってたんでしょうね。うーん、こう考えると、太炎嵐空牙を発動したことで、真6弔花二人やっつけることにつながったんだから、あながち間違ってなかったのかなcoldsweats01?完全に味方も危険に晒しちゃってるけど。
 で、その凄まじい威力に思わず獄寺が敵である桔梗にその存在について問いかけるわけですが、やっぱり桔梗さんは真6弔花の中でもひときわ白蘭サンの信頼があったんでしょうか。たぶん、唯一GHOSTについて打ち明けられてたんですよね。GHOSTの正体については、白蘭が語ったとおり、パラレルワールドにいたもう一人の白蘭なわけなんですけど、これは原作を読んだ時にも色々疑問がありました。その白蘭サンも一応1個体で意志を持っている対等な存在だろうと思うんだけど、この世界の白蘭サンがそれをその世界から引き抜くなんてことができたのかなぁ、とか。この世界の白蘭サンが核になってるのかなぁとか。あんまり難しいことを考えると、出来損ないの脳ミソがとろけるので止めとこうと思います(笑)。
 白蘭サンが自分たちも巻き添えにするこのタイミングでなぜGHOSTを投入してきたのか、理解できない桔梗さん。不遇だった桔梗さんたちを救い上げてくれた白蘭サンですが…。きっと幻騎士もそんな風に思ってたんだろうなぁ…。幻騎士の方が、もうちょい思い込み激しかったけど。

 真っ直ぐ歩くだけのGHOSTだけど、その先にはユニちゃんがいるわけで、何とか食い止めるしかない。けどみんな、もうエネルギーを吸い取られて満身創痍で、伸びてくる光を避けるだけで精一杯。そして、獄寺と了平兄さんの近くを通っていった光が、なんとUターンして戻ってきたcoldsweats02sign02ピンチbearingsign03
「っ」
「山本sign03
「なんだか、大変なことになっちまってんな。通信を聞いていたが、この炎の吸収、想像以上だぜ」
 きゃぁあああかっこいい、炎を吸収されてる山本の顔がかっこいいhappy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01(←喜ぶな。)作画が綺麗でhappy02heart04sign01原作も素敵ですけど、アップでクローズアップされてて山本超素敵happy01heart04note台詞が分かりやすくなってましたね。
「それでも、何とかしてあの巨人を止めねーとな」
 きゃーーーーーーーーーディーノさんーーーーーーーーーーーースクアーローーーーーーーーーーーーhappy02heart04sign03やっぱり作画いいです~~~~~ディーノさんかっこいいぃ~~~~~スクアーロは…
「おせーぞ、カスが」
「っ…すまねぇなあsign03
 かわいい~~~~~~~~~~~~(笑)sign03原作では、台詞の表記が最初ちっちゃくて最後だけ大きいみたいな感じだったんだけど、よく再現されてて(笑)。なんともくやしそーなスクアーロがかわいいですぅnote何気に、「死んだか」とか言ってたXANXUS様が、来ることが初めから分かってて、当たり前みたいにそうやって言うのも好きですhappy01note何だかんだいって信じてくれてるXANXUS様ですnoteそういう意味では、何してたのよーって言ってるルッスーリアも信じてくれてますよねnoteベルとレヴィは本気で残念がってて、それを実況してるフランも、やっぱりどっちかっていうとへらず口(笑)。
 さて、出現したときにテレポートしてきたGHOST、これだけ大量の炎を吸収して、もう一度テレポートされたら、一気にユニちゃんのところへ行かれちゃうかも、ということで、骸さんやディーノさんが心配をしたとき。
「それはさせないsign03
 一人一人のアップ、これまた綺麗でした~happy01note今回はほんとに目の保養だなぁnote嬉しそうな右腕sたちはかわいい。桔梗さんは、どうにもならない状況で、それが例え敵のボスであっても、何かしらを変えてくれる期待すらしてそうな気がします。少なくとも、もう敵対する気力すらなさそう。
 GHOSTからまだ離れていても、炎が吸われるのを感じたツナ。吸われるのなら…と、取った構えは、零地点突破・改。つまり、相手の炎を吸収して自分の炎に変える…全く同じ力をぶつける作戦。吸収V.S.吸収がぶつかり合って……impactsign01

 次回は記念すべき200回、白蘭サンがついに出てくるんですね。山本も来てくれたし、楽しみですnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

戦国BASARA弐#7感想

 小十郎~~~~~~~~~~~~~happy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01
 素敵すぎて気絶するッsign01筆頭も最高だよhappy02heart04sign03

 <最南端・薩摩の地へ!幸村新たなる漢の出逢い!!>

 もうすぐ怒濤の勢いで忙しくはなるんですが、1クールだしねってことで、結局戦国BASARA弐の感想を書き続けているわけですが、そうなんですよ、1クールなんですよ。それなのに。

 ED変わったcoldsweats02sign03sign03sign03

 びっくりしたなぁ…。データ放送見たら、音楽のところでnewってついてたんですけど、同じAngeloだったから気にも留めなかったんですよ…。(←個人的にOPの方に重点が置かれている。)というわけで、NewEDについてはまた後ほど。

 大阪を目指す伊達軍の前に、武田軍の旗を持つ一団が?それを見て、武田が豊臣に乗っ取られてしまったんじゃないかと少し心配してる筆頭ですが、とりあえず行く先に立ちはだかるものは突破するのみsign01筆頭分かりやすくていいなhappy01sign01でも、心の中では「武田のおっさん」の心配してるところがかわいいと思うんですcatfaceheart011期でお世話になったもんねnote「この借りは戦場で」って約束したしね。

 で、その武田のおっさんこと信玄公ですけど、佐助から小山田殿が亡くなったと報告受けてます。いや~しかし、忍びってすごいなぁ。幸村が何日もかけて行った距離をさくっと往復ですか。さすが佐助。そして、佐助はどんな時も冷静です。小山田殿の死を幸村がこの先活かせるかどうか…小山田殿はそれを示して死んでいったわけですが。幸村はまだ若いし、ということで、佐助は心配してるんですね。自分が一緒について行った方がいいんじゃないかって言ってますもの。ていうか、佐助は主である幸村にもずけずけ本当のこと言うしねー。確かにすっごく支えにはなると思います、さすが俺様男。でも、それで万が一幸村がこけて、武田の命運を傾けてしまったとしても、それは一蓮托生だって、幸村に賭け切るお館様もかっこいいと思います。信用してるとかしてないとかいうレベルじゃなくて、武田と甲斐を賭けてでも次世代に生きる幸村を成長させてやりたい…ってことですよね?なんという師弟愛cryingsign01佐助も、そんなお館様にははっとさせられるものがあるんですね。
 更にお館様のすごいところは、甲斐に大軍を送っておいて、何もしなかった豊臣の意図を、佐助の状況報告だけで見抜くところですね。竜の右目こと、小十郎を奪われ、大阪へ向かう伊達軍。それが丁度通りかかる頃に…豊臣軍はなんと、武田の旗に持ち替えたcoldsweats02sign02つまり、これが伊達軍が最初に眼にした一団だったわけですね。そして、その報告を受けたお館様が立ち上がる…sign01

 そんな偽武田軍に、容赦なく襲い掛かる伊達軍。とりあえず、筆頭の馬のジャンプ力は、主に負けず劣らずでいつもハンパないですねhappy01note

 こっ

 小十郎~~~~~~~~~~~~~~~cryingsign03sign03sign03sign03sign03
 先週出てこなかったからまたもや不意を突かれてしまいましたが、そんな風に偽武田軍を蹴散らす筆頭と並行して、この台詞とか、刀に触れる仕草は、もうその信頼とか絆の深さに泣けますよって。
 見せ付けられた、折れた六爪の一振り。
「政宗様…。この小十郎、必ずやあなた様は生きておられると信じておりまする」
 それだけでもね、かっこいいんだってば。半兵衛に政宗様はもうこの世にはいないんだぜ的なことを言われ、折れた六爪を見せられ、それでも揺るぎないこの信頼。あぁ、涙出そうcrying(←出てる。)
 そして、そのなくした六爪の代わりに差した小十郎の黒龍に、戦場で手を掛ける筆頭。その瞬間に、小十郎は六爪にそっと手を添えて
「くれぐれも…決して逸られませぬよう…切に」
 まるで筆頭に語りかけるように、静かに言うんですよ、小十郎が。もう素敵すぎて討ち死にしそーです、紫月が。そして、血気に逸るまま黒龍を抜こうとした政宗様は、ふとその刀に彫られた刻印に心を留めて、虫の知らせっていうちゃちなもんじゃないですよね、これ。小十郎の気持ちが、遠く離れた筆頭に伝わった、としか。くぅうううっweepsign01sign01sign01
「…小十郎?」
 それまでは、武田軍が敵対してきていると思ってた筆頭だったけど、その戦場を冷静に眺めて。そう、小十郎だったら、きっと考えるであろうことを考えようとしたんじゃないかと。あぁもう、なんという二人bearingsign01まさかこんなに離れていながら、小十郎が筆頭を支える姿を見られるだなんて…伊達主従かっこよすぎる素敵すぎる好きすぎるcryingcryingcryingsign01sign01sign01そんな伊達主従が愛おしいです。
 で、おおお、アニメでは初めてじゃないかな、鳥につかまって飛んでる佐助って。佐助に、これは武田の軍じゃない、豊臣の罠だって教えられて、少し口の端を上げた筆頭。
「…だよな」
 黒龍を抜こうとした瞬間、冷静に考えて判断して、そこまでたどり着いていた筆頭。筆頭も大好きだ、超かっこいいよhappy02heart04sign03
 そこへ、なんか隕石落ちてきた(笑)。大きな鉄の軍配。そしてその上に立つお館様。それを視界に捉え、ゆっくりと黒龍を抜く筆頭。前は軍神と、そして今回は甲斐の虎と、1対1で交し合う一撃impactsign01

 一方、自分の思いを尊重してくれたがために、命を落としてしまった小山田殿のことを、完全に引きずってる幸村です。ショックだろーなー。ショックだろーなぁ。佐助が、小山田殿がなぜそんな風に幸村の思いを尊重してくれていたのかっていうのを説明してくれたけど、痛いなぁ痛いなぁ。佐助が言ってることはほんと、その通りだもんね。大将という立場がどうあるべきか。一度命を出したら、みんなはそれに従う。それを身をもって教えてくれた小山田殿。それなのに、反対を押し切って、長曾我部に助太刀すると決めた幸村は、小山田殿が倒れたと知って、長曾我部の助太刀を放り出して小山田殿のところへ駆け寄ってしまった。一軍の大将として、未熟さを露呈して、大切な命を失ってしまって。酷く落ち込む幸村に、それでも佐助は厳しい。オカンだから。あ、ごめんなさい空気読んでなくて。このままじゃ鞍替えすることになるって、つまりそのまま幸村が小山田殿のことを活かせないんだったら、見放すよってことですよね。淡々と、だけど痛烈な叱咤激励だと思いますが…そんな風に主にでも言える佐助はかっこいい。小山田殿に絞り出すような悲痛な声で謝罪の言葉を泣き叫ぶ幸村にも、慰めの言葉なんて掛けない。あの人は詫びてほしいなんて思ってない、とばっさり斬ったあとで、一言。
「大事なのは、旦那がこれからどうするかだ」
 その声は、とっても優しかったと思います。ほんとに幸村のこと、大事に思っててくれるんだよ。ああ、佐助かっこいいな。あ、ちなみに今回の待ち受けは佐助でしたぜ、お館様happy02goodsign01(←タイミング考えろ。)

 そんな幸村の前に現れた一団。みな棍棒ですかcoldsweats01。しかも、襲い掛かると見せて逃げるとか(笑)。慌てて追いかけて、一生懸命交渉しようとする幸村ですが、どうやら敵の術中にはまっちゃったみたいですね~coldsweats01
 それにしても、宮本武蔵ってほんと子供だなぁ…お前の母ちゃん云々はいっちゃなんだが小学生レベルだぞcoldsweats01?無邪気だけど卑怯だし…coldsweats01あ、ちなみに奥の手は、唾の方でしたかcoldsweats01
 だけど、しぶとさとその一生懸命さを認めてくれたのか、「じっちゃん」のところへ案内……

 島津義弘ーーーーーーーーーーーcoldsweats02sign02

 生きてたのくゎcoldsweats02sign01と目をこぼれんばかりに見開いてしまいました。魔王にとどめさされたと思ってた。でもよかった。島津のじっちゃんいい人そうだしねnoteさすがにザビーはないか(笑)。

 ここでまた小十郎ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーhappy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01
 かっこよかった、小十郎っhappy02heart04sign03本当にあなたは何もかもお見通しだlovelynoteもうそういうところが1期のときから好きで好きでたまらない。半兵衛のやり方が、無駄だということ。この世で一番言うことを聞きそうにねぇ男(注:小十郎。自分でそう評価してるのも好きnote)を、どうにも従う見込みのねぇ方法で抱き込もうとしている、と。それが解せない、と。言ってる最中に半兵衛に思い切り殴られましたが、殴られてさえ、その冷静な瞳はちゃんと真実を見抜く。半兵衛が、焦っているのだ、と。はぁああああああああああかっこよすぎて溜息に魂が混じるわcoldsweats01sign03作画の凛々しさもあいまって、紫月殺しには最適な場面であったかと。(←瀕死。)

 お見通しといえば、お館様もそうでした、今回。筆頭と刀を交えたことで、どうやら周りの偽武田兵はぶっ飛んでしまった模様。そりゃぁあの威力ですからなcoldsweats01。筆頭に、刀抜く直前まで、偽の武田軍だって分かってなかっただろー、刀抜く瞬間に諌める右目の声でも聞こえたかって、当たりすぎ(笑)。
 そして、豊臣の考えていることも、お館様なりに見抜いているようです。見抜いた上でその策に乗ろうと。つまり、上杉と伊達と武田で同盟を組んで、豊臣と対抗しようって訳ですが、筆頭の気性ですから、どこかと同盟組むとか、初めからないって分かってるんでしょうね。小十郎の存在匂わせたりする辺り、お館様も狸だと思うですよ(笑)。そして、筆頭もお館様が自分の気性を分かってることを分かってて会話してるのが、なんか好きでした。まず何より取り返さなきゃならねぇもんと、つけなきゃならねぇケリがある。そうだよね、筆頭はそんな真っ直ぐさと勢いが売りだよね。
「あいにくここに小十郎はいねぇ。だから行くんだ」
 そして、幸村のこともちゃんと考えてるんだね筆頭。ちゃんと幸村のこと訊いたり、幸村に伝言残したりとか、かわいいと思いますnoteもし自分が倒れたら…って言いそうになって、ガラじゃねぇなってやめるのも好きです、筆頭らしくて。何だかんだいって、お館様と筆頭仲良しっていうか、理解しあってるな~って思いました。

 で、もっとお見通しだったのは半兵衛。完全にお館様の上を行ってましたね。お館様が豊臣の作戦を分かった上で乗ってやろうと思って持ちかけた同盟だったけど、お館様がこう考えて同盟を持ちかけるだろうってことを分かった上で作戦を立ててた半兵衛は、やっぱり軍師として優秀。そして、その上を更にいってしまったのは、お見通しとかそんなの関係なく、ただ自分の意志のままに進むことを決めた政宗様だったわけですね。小十郎に、そして筆頭にと、何気に双竜のせいで半兵衛はなかなか上手く計画通りことを運ばせてもらえないわけですが、でも、そうじゃなかった場合のことも考えて、別の計画も立ててた半兵衛は、やっぱりさすがでした。
 そんな豊臣軍の元を、加賀前田の当主を名乗って訪ねてきたのは…ええ、慶次coldsweats02sign02

 さて、変わったEDsign01曲的には、個人的な感想としてってのが大前提ですが、圧倒的にこっちの方が好きです。前のも爽やかで嫌いじゃないんだけど、今回のはかっこいいhappy01goodsign01戦国BASARAにはかっこいいのが似合うと思ってるのでnote
 いいな、今回の方が、流れもちょっとかっこいいんじゃないかなっhappy01heart04sign01幸村率いる武田軍と、筆頭率いる伊達軍、そして、幸村を支えてくれた小山田さんと筆頭を支える小十郎。どちらも「今は手元にない」忠臣ですよね。そして、お館様と佐助、軍神とかすが、前田夫婦、元就、アニキ。それから、松永久秀と風魔小太郎、捕らわれの小十郎。小十郎の後ろの刀は、六爪の一振り…なんか、EDまで伊達主従の絆の強さみたいなものを感じさせられてぐっと来るんですけど。そして、半兵衛、切なそうな慶次。ああ、慶次…前回のEDはずっとニコニコ楽しそうだっただけに、うっ、胸が痛い。悲痛な慶次の叫びは、秀吉に届くのか…ってやつですね。届いたらいいのに。そして、秀吉を見据える幸村と、振り返る筆と……ぐはっ、びびび、筆頭美人すぎて心臓が止まるhappy02heart04heart04sign03sign03sign03そして、お守りぎゅっと握り締める慶次…。あのお守り、何のお守りだろう。でも、最後に秀吉にかかっていくのは、あくまで幸村と筆頭で、慶次は入ってないんだね。主人公の一人だけど、やっぱり立場が違う…っていう。

 次回は慶次と秀吉の過去でしょうか。松永さん、また出てくるみたいですけど。松永さんに「次回とは何かね?」とか訊かれると、なんかそこはかとなくおかしい(笑)。誰にも明日が来るとは限らないって、そりゃ真理ですけど恐ろしいこと言うなこの人。
 あと、ミニ戦国BASARAはかわいすぎる……happy02sign01sign01sign01

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年8月22日 (日)

アニメリボーン標的198「最後の真6弔花」感想

 霧師弟サイコーhappy02heart04sign03sign03sign03

 すみません、今日は出かけていたので、とっても感想が遅くなってしまいました。とりあえず限界までは頑張りますーhappy01sign01
 プチ雑記。
黒執事Ⅱ「殺執事」…シエルかっこいいhappy01sign01でも、本当にシエルの敵なの?アロイス・トランシー坊ちゃんは。そして、なんとセバスチャンが苦戦coldsweats02sign02黒執事ならぬ、蜘蛛執事のクロードさん。強いですね。そして、シエルの血を舐めた瞬間、なにやら覚醒してしまった模様。セバスチャンセバスチャン、シエルを守ってbearingsweat01sign01アロイス…やばそうですね?次回予告では元気そうでしたけど、なんか死ぬ勢いでしたよ?屍鬼たぶん6話…ん?夏野くんは何か確信をもってるようですね?尾崎先生も自分の言葉に何か気づいた?戦国BASARA英雄外伝進行状況…アニキの外伝ストーリークリア。アニキ、ものっそ潔いなcoldsweats02sign01そして、これまたレベル80越えのアニキ、忠勝から逃げて…ったって、忠勝攻めて来るんだもん攻撃して来るんだもん。扉開けようとして門番倒そうと碇を振るってるだけで忠勝に攻撃しちゃうって。結局活動停止させてしまって特別恩賞もらえませんでした。そして、長政様ストーリークリア。百合の花ーーーーーーーーーー長政様かわいいhappy02heart04sign01お市さんが幸せになれてよかったです~happy01noteお市さんのストーリーはあんまりにも可哀想だったんですもの…。

 それでは、アニリボ感想いきま~すwinksign01

 <アニメリボーン標的198「最後の真6弔花」>

 雲雀さんの腕がスピノサウルスに喰いちぎられ、大量のスピノサウルスの頭に攻撃された…所から。ツナのところに応答はなくて、不安なみんな。ツナの超直感で、何かが起きたことだけは分かってるんだけど…。

 一方ヴァリアーV.S.ブルーベル&ザクロさん。ベルとレヴィとルッス姐さんでブルーベルを追い込んでますが、ブルーベルもただ闇雲に戦ってるわけではありません。派手な防御壁を作って、それが防御方法だと思わせておいて…純度100%の雨の炎のプール…つまり、本当の防御壁に誘い込みました。おお、頭使ってるじゃん。全ての活動を、限りなく鎮静の力で止めてしまう…と、どうして爆発するのか、未だによくわかりませんが(笑)。原作でも突っ込んだ気がするのでやめとこう。で、ベルもレヴィもルッスーリアもその中に突っ込んじゃって、ボンッimpactsign01あれごときで、天下の暗殺部隊、ヴァリアーの面々が「強すぎる」なんて言わないよねぇ(笑)。先が分かっていると、なるほどこんなところでもちらほらと布石が転がってるなって思います。 
 そして、ザクロさんV.S.XANXUS様。部下の爆発に塵ほども動揺を見せません。
「強ぇ奴が生き残る。それだけだ」
のXANXUS様、原作ではとっても麗しかったんですよね~happy01note(←29巻が戻ってきましたhappy01。30巻を貸しましたが(笑)。)と・こ・ろ・が。余裕に見えたXANXUS様、後ろからがっつりとスピノサウルスに胴体を…喰われ…おぉお、血coldsweats02sign02アニリボが血らしき物を描写したhappy02rocksign01いいぞもっとやれhappy02rocksign01(←XANXUS様が瀕死ですけど。)
 なぜここにスピノサウルスcoldsweats02sign02って感じなんですけど、こちらも何気に連係プレーだったんですね。桔梗さんのいる方へ誘い込まれてしまっていたようです。あれ、爆発したのにベルたちの倒れてる姿もありますね…。一部爆発とかいう感じだったのかな。これでボンゴレ一味の戦力は壊滅。余裕の笑みの真6弔花3人ですが…。
 ユニちゃんの元へ向かおうとした途端。
 べきっぼこっにゅにゅにゅにゅ~~~。
「何言ってるの?それは叶わないよ」
 ヒバリサウルス登場(笑)。いやぁ、原作でも奇妙な感じはしてたけど、こう目が白くて閃光を放ってる上、次々にろくろ首になると、思った以上にキモ……いや、壮観ですねwinksweat01shinegoodsign01しかもその首たちが真6弔花たちを攻撃し始めるから、聡い桔梗さんはすぐに幻覚だと気づきました。そして殺気を感じたところへ雲桔梗を鋭く放つわけですが…爆発の煙の中から現れたのは。
「あれー、師匠、今なにげに一歩前に出ましたねー。すぐに真ん中に立とうとするんですからー」
「クフフフ、何を言っているのですか。お前の頭が邪魔だからですよ」
「そーやっておいしいところもってくんですよねー」
 フランーーーーーーーーー骸さんーーーーーーーーーーーーーーーーhappy02heart04sign03sign03sign03sign03sign03骸さんの「おチビさん」っていう呼び方がなくなってましたけど、煙の中から麗しい霧師弟登場happy02heart04sign01sign01sign01麗しいのにこの会話ってどう。
 そして、そんな二人にイライラを発してる雲雀さんがカワイイッカワイイッカワイイッhappy02heart04heart04heart04note
「もういいかい?何勝手に死んだことにしてんの?」
 原作では「殺してんの?」で、もうちょっとかわいい響きだったんですが、その意味するところに大差ないと思うのは紫月だけですか(笑)。ヴァリアーも不満一杯。でもそんな不満にはフランから舌打ちのプレゼント(笑)。
「ち。あっ舌打ちしちゃいましたー」
 そんなコミカルな会話を目にしながら、さすがにあせりを隠せない真6弔花3名。簡単にやっつけたと思ったら幻覚にしてやられていた上、自分たちの手の内も見せてて、全員生存してましたって、びっくりでは済まないですよね(笑)。やや髪の乱れた10年後骸さん、本領発揮ですhappy02punchsign01そして、犬ニーサンと柿ピーもnote
 ここからは、もうフランを中心としたおかしな会話連発です(笑)。ベルと「おーい、フラン」「ハーイ、ベル先輩」のかわいらしい応答から始まるわけですが、フラン、もう、おかしすぎ(笑)。相手を小バカにしたようなセリフで、ベルにはナイフを、骸さんには三叉槍を、カエルにサクサク刺されてます(笑)。それにしても、骸さん「おチビ」って言わないな。もしかして、相手を外見の特徴であだ名してはいけませんって奴ですか?マ・ジ・で?じゃあ芝生頭やタコ頭(ヘッド)もダメなのでは…coldsweats01
 話を戻して、それでもむやみに戦闘に入ろうとする雲雀さんを、冷静に止める骸さん。この辺りの骸さん、フランにサクサク槍を刺してるコミカルな骸さんとのギャップでかっこいいんですよね。「あなたほどの男なら分かっているはずだ」って、相手を立てる言い方で諭すのが素敵です。さすが10年後。そして、そんなコミカルなやり取りの間に、ザクロさんの腕は完全に再生されてしまいました。ここからは、命を懸けた死闘がスタート。そして、何かと上に立ちたいヴァリアーと真6弔花との舌戦もスタート(笑)。不敵なXANXUS様、かっこいいですーhappy01heart04noteそんな中、たぶん骸さんにボンゴレ匣を届けるはずだった髑髏ちゃんだけが…?

 髑髏ちゃん、ムクロウと一緒に骸さん探してます。骸さんのこと探してるってことは、やっぱり髑髏ちゃんは骸さんが脱獄してることを知ってるんですね。そして、M.Mさんと遭遇。言葉こそ少し丸くなってましたが、ビンタで張り倒すM.Mさん、気が強いですねー。それだけ骸さんのこと本気なんですかねー。幸薄そうって、実際幸薄いからな、髑髏ちゃん…coldsweats01。それでも健気に骸様のために頑張るところがかわいいのですが。

 了平兄さんから連絡を受けて、ひとまず骸さんの登場にびっくりしつつ、ほっとするツナたち。ユニちゃんに、みんながボンゴレにボスであるツナの元に集まってきているのだって言われるわけですが、そこで「山本さんたち」っていう言葉だけは、耳をダンボにして聞いていた紫月です(笑)。山本、早く来てねっhappy02heart04sign01ユニちゃんの飛びっきりの笑顔、底抜けに幸せそうな笑顔、かわいいです。

 そして白蘭。最後の真6弔花を前にしゃべってるのですが、うん、確かにこう見るとでかいな、GHOST。発光してるのはしとぴっちゃんじゃなくてこの人だよね(笑)。(注:30巻ネタバレ。)そして、総力戦の最中に、一人実況中継して味方から攻撃喰らってるフランはどうですか(笑)。アニメのオリジナル場面でしたが、なかなかフランらしくて面白かったですnoteやっぱフランとベル先輩はこーでないと。そこへ突如として現れた、電気を纏った発光するGHOST…。真6弔花がみんなぎょっとして、冷静な桔梗さんですら「白蘭様…早すぎるsign03」と冷や汗…。

 きっかり原作2話分進んだわけですが、それでも復習長かったりとかしましたよね。そして次回予告を見て思ったことは、髑髏ちゃん超羨ましいhappy02heart04sign01ってな感じだったりしましたが。骸さん素敵ーーーhappy02heart04sign03そして、最後の提供で使われたフランの絵が面白すぎて思わず深夜に一人笑っちゃいました(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

戦国BASARA弐#6+英雄外伝感想

 アニキーーーーアニキィーーーーーーーーーーーbearingsweat01sign01sign01sign01
 小山田殿coldsweats02sign01

 さて。

 このアニメをご覧の方にとっては、それはそれは大層時代遅れの話題かもしれませんが。
 戦国BASARA2英雄外伝HEROES、始めましたhappy02heart04heart04sign03
 遅っcoldsweats01sign01購入して1年2ヶ月、戦国BASARAのアニメ1期で片倉小十郎に惚れ込み、小十郎でゲームをやってみたくて、でも小十郎が操作できるのは英雄外伝からで、ama○onでチェックしてみる⇒戦国BASARAもいいけど、2はぐっと面白くなってるから、2からやるのもいい。というような評価を見る。更に、英雄外伝は2の派生だということを知る。⇒だったら、2からやったほうがよくね?2のデータは英雄外伝にコンバートできるらしいし。⇒戦国BASARA2と英雄外伝を購入。⇒戦国BASARA2がまた本当に面白くて、やりこみ要素満点で、それほど時間の許さない中、全武将のストーリーモード、天下統一モード制覇。大武闘会モードも頑張る。⇒さすがにつらいcoldsweats01。10連勝しないとセーブできないし、賭けのように経験値が増えるから、欲張って死ぬとへこむんですよねー(笑)。(←自業自得)結局半兵衛で50連勝した後、2回連続で討ち死にして、その前にレベルMAXの謙信様で何回死んだか分からないくらい苦労していたので、このままやり続けても、今時間のあるうちに英雄外伝までたどり着かないという結論に達する。⇒遂に英雄外伝に手をつける(笑)。これが1年2ヶ月(笑)。結局2の大武闘会モード、濃姫様、まつ、ザビー、いつき、半兵衛(50連勝ストップ)、かすが、佐助、秀吉、お館様、島津義弘、宮本武蔵はやれてない…佐助くらいはやっておきたかったけど、紫月は忍びを上手く使いこなせませんcrying
 で、やっとやっと念願の小十郎のストーリーモードから始めてみたんですけど…。楽しぃいいいいいいいいい楽しいっhappy02sweat01sign01sign01sign01小十郎のストーリーモードをやって、やっと1期の松永久秀のエピソード辺りがゲームでどうなっていたのかを知りました。ああああ小十郎かっこいいいいいいいいいhappy02heart04heart04heart04sign03sign03sign03結構ゲームに近いストーリー展開だったんだなと。でも、爆破で吹っ飛んだ筆頭を抱え込んで脱出を図るとか、人質を残して奥州へ帰ったことに激昂した筆頭と一騎打ちするとか、たった一人で松永久秀のところへ乗り込んでいくとか、それで小十郎がピンチになったところでテーマソングをB.G.M.に筆頭が乗り込んでくるとか、もうマジでかっこよくてかっこよくて。あと、噂の極殺とかも、もうかっこよくてかっこよくてhappy02sweat01攻撃範囲が狭くなるのはまあ致し方ないんですけど、本当にパリパリと電気を纏って、殴る蹴るを交えた荒々しい攻撃に変わるんですねhappy02heart04sign012にはそういうシステムがなかったと思うんですけど、もう、楽しくて楽しくて。あと霞断月かっこいいぃいいいいいhappy02sign03連撃を狙うには不向きだけど、盾を持ってる兵士とか、一発で盾が全部吹っ飛ぶのが気持ちいいですhappy01note鉄砲隊とかも一撃で一掃できます。あと、どうしてもやりたかったのが、セレクトボタンでの挑発なんですけど、手を休めてゆっくりと髪を撫で付けるんですよね、かっこよすぎーーーーーーーhappy02heart04heart04heart04sign03ただ、あんまり敵がいるときにやると、途中でぐさってやられるんですけど。あぅっ、かっこつけてるのに(笑)sign01慶次ですら挑発は上手にできない紫月です。(慶次は挑発するのが特徴みたいなんですけど。)1年2ヶ月待っただけに、もう本当に嬉しくて楽しくて仕方ないわけですが、2の癖でいきなり「難しい」モードで挑戦した紫月は、3回ほど小十郎を討ち死にさせてしまいましたcoldsweats01。ごめん。本当にごめん、小十郎。アイテムも全然ない、お金もないっていう状態で難しいチャレンジはひどいよねcoldsweats01。その上、幸村と街道を取り合う戦いでは、誰ひとり通さないって、あーゆーの無理なんですけどcryingsign012の高松城でも成功したためしがありません。どうやったらあれ防げるんですか?最後、政宗様が怪我してるのを知って、行かせてくれた幸村に感謝しつつ、あのステージはたまらなく苦手だと思いました。あと、政宗様に1分で勝てって?無理coldsweats01sign03だって、復活するんだもんーsign01松永さんのステージもそうだったけど、これは慶次で同じステージクリアしてたから、復活するって分かってて、バサラ技や戦国ドライブを残しといたからよかったものの、いや~、難しかったなぁ。
 というわけで、アイテムを成長させようと思って、途中で既に2でレベル97まで成長していた慶次の外伝ストーリーモードに挑戦したんですが、持ってる武器は最終武器、持ってる防具も最終防具で、負けるわけがない(笑)。「難しい」モードでしたが、全く問題なくクリアしました。それにしても、謙信様はちょっと宝塚モード入ってるんですね、HEROES(笑)。雪組とか「演じなさい」とか、謙信様自身もくるくる舞ってらっしゃる(笑)。ちょっと面白かったです。そして、慶次のエピソードは、秀吉と親友だった頃から、その思いに溝が穿たれるまで。慶次の思いは何も変わってないのに、秀吉が自分の無力を嘆いて、力を得なければ…って思ってしまって、最後慶次が可哀想だなあと思いました。この先に、ねねさんの事件が待ってるわけですね。
 ところで、慶次といえば、歴史エピソード人物編を見て笑っちゃいました。前田利家とそりが合わなくて出奔しちゃったんだって(笑)。BASARAの慶次は、利家大好きだよね(笑)。最後に付け加えられてる「この解説は戦国BASARAのキャラクターとは全く関係ありません」っていう注意事項が尚面白かったです。
 そして、次にチャレンジしたのはお市さんのストーリーモード。な…何という鬱展開bearingsweat01sign01長政様を殺されて、だんだん狂っていくお市さんっていう。だけど、最後信長公を倒して笑ってるのがなんとも…。そして、このエンドロールだけ違うんですね。曲がすごく好みなんですけど。あの展開にあの曲って、泣きそうでしたけどcryingsign01なんか製作者側の意図としても、小十郎⇒お市⇒長政の順でストーリーやって欲しい、みたいな感じだったから、その順でと思ってやってるんですけど、長政様エピソードではお市さん救われるのかな?
 あと、英雄外伝やってみてちょっと驚いたのは、エピソードムービーがアニメだったこと。2はフルCGだったので、へぇえええそう来るかーって。アニメの絵柄的には、一長一短という気がしなくもないんですけど、全体的に現在やってるアニメより線が太くて男性は凛々しく、女性は可憐に、という感じでしょうか。紫月としては、全体的にはゲームの絵柄の方がかっこよかったり綺麗だったりだと思いますが、双竜とか慶次とかはアニメの方が好きかもです。小十郎は何しろアニメがかっこいいですからlovelynoteあと、OPムービーのアニメは、なんていうか、ちょっとアニメとしては古さを感じる雰囲気があるので、アニメ技術からいったら、圧倒的にやっぱりテレビアニメの方が綺麗でかっこいいです。でもなんといっても綺麗なのはCG(笑)。

 ゲームの感想が長くなりましたが、今週のアニメの感想です。

 <脅威の豊臣・毛利同盟!海原を裂く覇の豪挙!!>

 アニキは本当に本当にいい人で、あの兄貴肌と気風のよさ、そしてその人情溢れる美学がかっこよくてたまりませんbearingsign03sign03

 今回は長曽我部元親アニキメインのお話でした。いや~要塞富嶽はとりあえずすごい、あれは船じゃなくて、まさに要塞。って感じでしたが…アニキが…アニキがっweepsweat01sign03
 男手を兵に徴収され、アニキを頼ってくる民がたくさんいるっていうのも、アニキの人柄の現れ、そして敵陣から逃げ出してきた人であっても、それを全部無条件で受け入れてくれるのも、アニキの人柄。頼みもしないのに、アニキを慕って手伝いたいといってくるお年寄りに女子ども。そのどれもが、アニキがどれだけ慕われてるかっていうのを表してると思うんですけど、
「気持ちだけありがたくもらっとくぜ。海賊の船なんざ、堅気の衆が乗るもんじゃねえ」
 戦をなくすと宣言して、言い含めるように
「きっと刀や槍を振り回すよりしんどいだろうが、人間らしい生きがいってやつがそこにあるはずだぜ」
 最後に武器に棍棒を持っている子どもの頭を撫でて、優しい声で
「だから今は、ここで待ってな」
とかねぇhappy02heart04sign01アニキほんとかっこいいなhappy02heart04sign01さすが東西アニキというか、民たちをじっと見つめる元親アニキの表情は、政宗様が美人だなって思う時の表情にちょっと似てました。系統近いかな。そして、生き生きと「野郎どもsign03」って言ってるときのアニキは、いかにもアニキらしいです、かっこいいsign01

 そして、かわいかったのは慶次。前田家に帰って来たのはいいけど、なんか入りづらそうにしてるのがかわいい。夢吉催促してるhappy01noteそしたら、中から怪我してるはずの利家と、それを止めようとするまつの声が聞こえてきて…おぉお、まつ姉ちゃん豪快だな(笑)。五郎丸って熊さんですよね、一番強い召喚獣ですよねcoldsweats01だけど、吹っ飛ばされてきた利は、慶次を見るなり笑顔。慶次は思わずあれこれ迷ってから「ただいま」。そして、そんな慶次と自分の状態そっちのけで、まつに慶次が帰ってきたことを大喜びで伝える利家もかわいいhappy01noteそして、扉をぶっ壊して吹っ飛ばしたまつ姉ちゃんも、ほっとしたような笑顔。本当にあったかい家族だなぁ前田家。とりあえずその壊れた扉をつけてあるところもほのぼの。そして、何そのリアルカジキ…coldsweats01。アニキのところで釣ってきたやつ?
 甲斐を包囲する陣に加われと豊臣に言われた前田。小田原と宇都宮を取られた甲斐を、更に囲まなきゃいけないって、武田をいかに重要視してるかって所でしょうか。陣に加わらなければ加賀を取り潰すといわれ、試されている前田。だけど、慶次と秀吉の間にあったことを理解してくれた利家、そしてまつ姉ちゃん。好きなようにすればいいって言ってくれて、それでも何しようとも家族だよって、もうほんと、前田家大好きだーcryingsign01

 毛利の先手を取った長曽我部軍。大量の毛利の水軍を富嶽で吹っ飛ばす吹っ飛ばす。ガンガン船を壊されて倒れていく兵たち。でも、それも毛利の手の内。相変わらず兵士は捨て駒でしかないんだねぇ。富嶽を近づけるためだけに、平気で駒を捨てる元就。そして、丘戦へ持ち込もうとしてると踏んだアニキ。確かに、海での戦ではなかったんだけど。
 今回巨人にはならなかったですが、秀吉うっそぉ。慶次も一撃で川の水がしばらく吹っ飛んだけど、秀吉の一撃は、海の水をふっ飛ばしました、しかも長時間coldsweats01。秀吉の拳は白ヒゲとタメ張れる。(←話が違う。)あんなことしたら、どっかで津波が起こってんじゃないかなcoldsweats01
「あいつは一体何なんでぃcoldsweats02sign01
 たぶん新種のゴリ…もとい、秀吉です。
 というわけで、完全に地上戦と相成った今回。地上で待機していた兵、騎馬、一斉に襲い掛かるsign01

「なんとsign01海の水がなくなっておるcoldsweats02sign01
「豊臣秀吉が拳一つで干上がらせちまったのさ」
「佐助sign01
「旦那ぁ、なんで俺様に先越されちゃってんの。もうとっくに薩摩についてる頃だと思ったぜぇ?」
 佐助のセリフが好きすぎて困る(笑)。何で先越されちゃってんの、って。呆れた言い方なんだけど、仕える相手に言うセリフじゃない上になんかかわいくて困る(笑)。そして、あちこちでお手伝いしたりして遅くなってた幸村。小山田さんに今回ばかりはダメですよって言われたんだけど…。佐助にも一軍の将なんだから立場でものを考えなよって言われたんだけど…。

 干上がった海でも、移動が可能な富嶽。流石といいたいところだけど、ほんと秀吉の力技は反則ですねー。地面をドカッとやって土遁の術は、お館様の固有技だった気がするんだけど、それを拳でやってくれちゃってます。こんな力技持ってこられちゃたまりませんって。しかもあの図体で身が軽いとか。政宗様に劣らぬジャンプ力。それ見ても堂々と秀吉に喧嘩売れるアニキは流石ですけど…ちょっとなんていうか、種族が違うっていうかgawksweat02西海の鬼を名乗るアニキも、すごくすごく強いんだけど、もう織田の魔的なのと違って、全部ひっくり返しちゃう剛力だからさ…どうしようもない、という感じですよねぇ…。
 というわけで、アニキがぼこぼこにやられて、富嶽に叩きつけられて、ねえねえあなたたち、富嶽が欲しかったんじゃなかったの?といいたくなるような勢いで富嶽壊れてますけど、ほんと、アニキ一人じゃ歯が立たない。悔しいけど…。

 そして、どう見てももう決着がついてる戦いでも、長曽我部が今まで民を受け入れていたこととかを含め、どうしても見過ごすことができなかった幸村。佐助が止めようとしたけど、小山田殿がそれを制しました。佐助にとっては小山田さんは「小山田の兄さん」だそうで、ほんと気さくだな佐助、って思ったりしたんですけど、ここは行かないほうがよかったのにな…幸村…。それでも行っちゃうのが幸村なんだろうけど…。

 そういえば今回EDがえらく早く来たんですけど、EDになった瞬間データ放送でポイントが溜まったよって教えてくれました。いや…うん、CM中でよかったんだけどねcoldsweats01。そうやってくれることで、気づいた人もいるんじゃないでしょうか。

 長曽我部軍圧倒的不利の中、突っ込んで行った幸村の一団。そして、思わず咳き込んで、それを幸村が乗り込んできたせいにした半兵衛。おや…半兵衛、やっぱり焦ってるのはそのせいですか。そして、一番見られちゃいけない人に見られた気がするな。元就は賢いから…下手すると弱みを握られちゃうんじゃないかしら、と。
 幸村は強いし、佐助も強い。そして、何気に強い小山田殿でしたが
「幸村殿に活路をsign01
 そう振り返った瞬間、槍で突かれ、それを振り払って敵を倒したのもつかの間、数人に一気に囲まれて…嘘、小山田殿……coldsweats02sign01その脇に降り立ち、静かに幸村を見遣る佐助。う…幸村…これはツライbearingsweat01sign01
 そして、ボロボロでも立ち上がったアニキ。仲間を富嶽へ戻らせて…
「海賊の流儀ってやつを教えてやるぜぇsign03
 派手な炎の柱で敵をふっ飛ばして、え?富嶽を破壊したの?最後まで不敵な笑み、そして秀吉を追い落として、ふっと優しい表情になったのもつかの間、倒れてしまったアニキ。燃え盛る富嶽に、戻ってきた海の水が覆い被さって、全てを飲み込む……あ、アニキ、アニキーーーーーーーーーーーbearingsweat01sign01sign01sign01sign01sign01それでも海が飲み込む瞬間の倒れ行くアニキがかかわいいとか思った紫月は、とりあえず燃え盛る富嶽に飛び込んだほうがよろしいでしょうかcoldsweats01

 最後は軽快に駆ける伊達軍と、その背に大きな一太刀の筆頭。なんか、勘で?豊臣が四国を落としたんじゃないかと感じたようですが、そこは前向き。領地を広げといてくれれば、豊臣を倒して簡単に手に入る…と。
「取り戻して手に入れるぜぇsign01
 小十郎どうしてるだろう。筆頭はもう居ないとか言われてるけど…それで納得したりはしないよね。筆頭のところへ来てくれやしないかしら。

 ちなみに今回の待ちうけはアニキでしたnoteアニキかっこいいhappy01heart04note

 次回は宮本武蔵ですね。いきなり奥の手って、アレっすか、石投げるんスかcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月14日 (土)

アニメリボーン標的197「ナックルの極限ブレイク」感想

 お兄ちゃん……happy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01やっぱ了平兄さんって素敵ですlovelynote

 本ネタの前にちょっとだけ深夜アニメプチ雑記。黒執事Ⅱ#6「夜露執事」…ちゃんと1期からつなげてくるところ、さすがですねー。なかったことになってない。1期で最後、シエルの魂を獲ろうとしたセバスチャンだったけど、魂だけ攫われてしまったんですね。クロードさんに。で、なんでクロードさんが?そこからトランシーの坊ちゃんの差し金?それとも、トランシーの坊ちゃんはあくまでただの復讐相手?それにしては、トランシーの坊ちゃんの、シエルへの執着は変ですよねー。ちょっとよくわからないなって思うところもなくはなかったんですけど、セバスチャンと対等にやりあえるクロードさん、楽しいなぁ。あと、改めてOPがかっこよすぎて大好きです。よく考えたら、1話だけのために、1回限りのOPがあったんですよね。スタッフの本気度がすごい。屍鬼第偽話って、何話目coldsweats01毎回不吉なカウントをしてくれます。徹ちゃんが死んでしまってちょっとしゅんとしました。いい子だったのに。夏野くんが、唯一心を開ける相手だったのに。あと、前、保って書いた気がするけど、名前間違えてたみたいです。そして、覚えとこうと思ったのに忘れちゃった、最後にお化け(あれが屍鬼?)に噛み付かれたキモイ男の子。あの子、ウザすぎる…。

 それでは、アニリボ感想へ~note

 <アニメリボーン標的197「ナックルの極限(マキシマム)ブレイク」>

 今回はえらく復習が長かったな~って思ったんですけど、でも了平兄さんがかっこよかったhappy02heart04sign01
 ランボさんの盾から炸裂した雷の炎は、桔梗さんの雲ヴェロキラプトルたちを刺し貫いて、見事一掃sign01
 遠くから見ていたツナたちにも、ランボさんがボンゴレ匣を開匣したのが分かって、色々ランボさんについて思いを巡らせますが、この辺はアニメオリジナルでしょうか。10年後のツナも、ランボさんを戦いに巻き込みたくなかったと思っていた…とか、眠るランボさんが涙を浮かべながらママンを恋しがって、でもランボさんなりに我慢してるとか…。うっかりランボさんがかわいく見えましたcoldsweats01(←うっかりて。)しかし、ランボさん、5歳のマフィアなわけですが、本当のお母さんとかはいないのかしら。
 それにしても、一掃した恐竜たちの破損死体が結構怖いって言うか怖いって言うか怖いですよね恐竜の生首coldsweats01紫月だけ?
 だけど、牛丼を匣に収めて、こてんと気を失ってしまったランボさんを抱っこしてあげて、
「気力を全て使い果たしたな。よくやったぞ、ランボ」
 優しくて力強い笑みの了平兄さんに惚れる、惚れるっhappy02heart04sign01heart04sign01お兄ちゃんなんてかっこいいのsign01紫月的に、今回はこの場面が一押しでしたlovelynote

 美しい微笑の桔梗さん、遂に本腰を入れて修羅開匣。……あれ?あれ?髪の毛だっけ……?相変わらず原作が手元にないんであれですが、紫月の記憶が確かならば、下半身があんなふうに枝分かれした恐竜に首になるっていうイメージだったんですよ。いや、足はあるけど首もある、みたいな。紫月だけかもしれないですけど、まさかの髪の毛。イメージ崩れなくていいけど。
 そんな桔梗さんに対抗しようとしたのは、了平兄さん。1ラウンド3分で倒して見せる、と我流から晴の活性の光弾を浴び、形態変化でグローブとヘッドギア(っていうんでしたっけ?)をつけた状態に。この、形態変化の最中ですけど、OP後の提供で使われていた絵、晴の守護者のマークを浮かび上がらせて、目を閉じてる了平兄さんがかっこいいなぁと思って。
 ここでバジルくんが、ナックルさんのことについて話してくれたけど、「殺めてしまった」が「再起不能にしてしまった」に変わってたなって思いました。やっぱり殺すはまずいですか。ほんと、雲雀さんの「咬み殺す」は大目に見てもらってるんですね(笑)。(意味的に、本当に殺すって意味じゃないですしね、雲雀さんの場合。)ナックルさん、かっこいいです~。決して故意にではないけれど、人一人の命を自分が消してしまったのだと感じて、聖職者の道を選ぶっていうのも(ここはでも、相手を死なせたからこそ聖職者っていうのが合ってると思います。)誠実だなって思うし、だけど、Ⅰ世のピンチに一度だけ、自らに制限を設けてその拳を振るうっていうのも男らしいと思うし、また服を脱ぎ捨てたらすごく鍛え上げられた身体っていうのが、アニリボ超GJhappy02goodsign01

 明るく大空を照らす日輪と謳われた、ナックルの極限ブレイクsign03

 最初は正直なめてた桔梗さんでしたが、その動きの速さにはさすがに驚愕。人間として異常な強さを見せた了平兄さん。神経と筋肉だけ超活性させ、超人的な力を手に入れていたけれど、それは了平兄さんの細胞や身体が優れているからで、その異常な活性に耐えられる人間はそういない。そして、そんな了平兄さんでも、耐えることはできても、3分がその限界…。
 晴属性なのに、治療じゃなく、強さにその活性の力を注いで戦うところが、了平兄さんらしいです。桔梗さんがまともに戦っても勝ち目はない、っていうところが、その了平兄さんのすごさを表してると思うんですけど、そこでまともに戦わずに雲の増殖で対抗するところが、桔梗さんの冷静な判断ですよね。

 そんな戦いの音を聞きながら、続々と集まってきている守護者たち…。おぉ、雲雀さんが来ているhappy02sign01髑髏ちゃんは川平さんちからみんなと一緒には来なかったのかな?そして、出てくると思わなかったけど、何と山本happy02heart04sign03派手な音に、戦いが始まっていることを知り、急ごうとしながらも、あとについてくる人たちに声を掛ける…。
「もう少しだ、頑張ってくれよ」
 ディーノさんーーーーーーーっスクアーローーーーーーーーーーーーーーーーーーっbearingsign01sign01sign01さて、山本はどういう経緯でこの二人と行動を共にすることになったんでしょうか…。スクアーロは探しに行ったんだから、助けてて当然ですが、そこでディーノさんがいるのはなぜ。ディーノさんがアジトに来たのか、運ばれてきたのか…。雲雀さんが単独行動してることを考えたら、アジトのことを知らない雲雀さんたちが一度アジトへ戻ってきたって考えられなくもないかな?で、怪我人押し付けて戦いの場所へ一人で向かうから、みんなも慌てて後を追う、とか(笑)。ハイ、勝手な想像はそこまで。

 続々と分裂して増えていく桔梗さんから生えてる恐竜の首ですが、その速度と了平兄さんの恐竜を倒していく速度は互角。互角ってことは、桔梗さん自身には届いていないってことで、しかも了平兄さんは怪我してて3分という時間制限があって…それでも、京子ちゃんにこんな殺伐とした世界を見せたくないと拳を振るう了平兄さん。必ず兄ちゃんが過去に返してやるからな、っていうのがもう。かっこいいお兄ちゃんだなぁ。本当にかっこいい。こんなふうに身体張って妹守ってくれるお兄ちゃんなんて素敵すぎる。
 だけど、遂に身体に限界が来てしまった了平兄さん。そして、いくらでも頭を分裂させられる桔梗さんは、疲れはしたものの、無傷と言わざるをえません。全員でかかって来い、と言えちゃうくらい余裕です。そう、そこに隠れている君も…

 雲雀さんっっっhappy02heart04heart04heart04sign03

 来てくれたというだけでも、ものすごく頼りがいのある戦力でありがたいんですけど。
「うちのボクシング部主将は、試合中に手を出すと、委員長会議にまで乗り込んできて、うるさいからね」
 了平兄さんの気持ちを尊重してくれてる雲雀さんーーーーーーーーーーーーーーhappy02heart04heart04heart04sign03sign03sign03時々すごく大事なところで空気読んでくれる雲雀さんが素敵すぎますーhappy02heart04sign01ところ、が。自分にはルールなどない、と言った桔梗さん。すい、と指を動かした直後、はっとした雲雀さん、そして腕章が…ちぎれ飛びました。…ええ、腕章が。
 雲雀さんのすぐ脇から生えたスピノサウルスの首。スピノサウルスの口から腕が出てるとか、血が飛び散ってるとか、そういうのがなかったから、これまた分かりづらかったですよね。了平兄さんたちが、「腕が…」って言ってるから、腕が喰われたのか?っていう感じ?アニメだけ見てる人にはどんな感じで伝わったんだろう。原作では顔に自らの腕の返り血を浴びながらも美しい雲雀さんの表情が拝めたわけですが、アニメではどこに当たったのかなcoldsweats01。さすがにコマの順番までは覚えてないぞ。(←それ以上に忘れてることの方が多いから(笑)。)
「ロール、防御だ」
 それでも冷静な声の雲雀さんが素敵っとか言ってる場合じゃない。それより速くスピノサウルスの首たちが雲雀さんに襲い掛かって…折れ曲がって吹っ飛ばされるトンファー。
「ヒバリィいいcoldsweats02sign01
 了平兄さんの声が響く中、ツナとユニちゃんが何かを感じてぞくりとします。
(今、何かが起きたsign01
 この演出、なかなか誤解させてくれるなって思うんですけど、個人的には雲雀さんがやられるわけあるかいって原作の時も思ったし、予告でナッポー見えちゃいましたね(笑)。ふざけたヴァリアーの首の恐竜とか(笑)。というわけで、次回はフランと骸様の師弟漫才が拝めますねhappy02sign01楽しみすぎますhappy02sign03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

戦国BASARA弐#5感想

 すみません、とりあえず叫びたい。

 小十郎ぉおおおおおおおおおおおおおおおhappy02cryingheart04sign01sign01sign01

 ぜえはあ。ぜえぜえ。(↑全力の雄叫び。)今週も感想書きますbearingsign01今回書かずにいつ書くんだhappy02sign03

 <誓願の刻印!独眼竜対軍神人取橋の対峙!>

 背中の太刀傷が痛々しい(つっても服が、です。)筆頭。どうやら六爪の一振りを戦場でなくしちゃったみたいだけど、兵士たちがそれを謝るのに「ノープロブレム。これだけありゃぁ上等だ」って言ってくれる筆頭はやっぱり兵士に優しい。やっと戻ってきた館で、部屋に入ろうとして、立ち止まる筆頭。その脳裏をよぎるのは、奥州を平定した日のこと…。

 今入ろうとしている部屋に控えていたのは、武装を解いた小十郎。(←この時点で、紫月は感激のあまり、クッションが生きていたら殺す勢いで締め上げていました。)正座をして、小刀を前に置いて。
「何のつもりだ、小十郎」
「この小十郎、腹を切らねばなりません」
 きゃぁあああああ小十郎小十郎小十郎~~~~~~~~~happy02heart04heart04heart04sign01sign01sign01前2回、全く出てこなくて、ほんとにほんとに小十郎が恋しかったよcryingsign01っていうか、あれ、空気読めてない?読めてないよねスミマセンcoldsweats01sign01筆頭が右腕に深手を負って、筆頭の背中を守ると誓った小十郎は、その責を切腹することで負う、と。筆頭はかすり傷だって言ってますけど、吊った腕の包帯には血が滲んでいて、小十郎曰く、下手をすれば二度と刀を振るうことができなくなるかもしれなかった…とのことで、かなりの大怪我みたいです。伊達軍の兵士たちが慌てて止める中で、刀を抜いてそれでも静かに強く語る小十郎と、黙って聴く筆頭。そして
「All right。介錯は引き受けたぜ」
 すらりと刀を引き抜く。
「えぇええ~~~~っcoldsweats02sign02」(←この伊達軍の反応がちょい面白かった(笑)。)
 袷を広げて(←スミマセン、その仕草にもくらくら来てる紫月ですが。ふぁぁああああ小、小十郎…lovelysign01)小刀を逆手に持ち、カッと目を見開いて突き立てると同時に、勢いよく筆頭の刀が一閃、宙を薙ぎ払うsign01
 キィンsign01
 次の瞬間、梁にぶっ刺さる小刀。(←あ、危ねぇcoldsweats02)そして、光を返す刀が小十郎の眉間をなぞるようにして、筆頭自身の腕を吊ってた布を切り落とし、落ちたそれを畳に縫い留める。なんていうかですね、刀も綺麗だなって思うんですけど、そんな刀の動きをさせる筆頭がかっこいいなぁ…。そして、そんな中、静かに目を伏せたままの小十郎。ぁああ、どっちもかっこいいっhappy02heart04sign03
 目を閉じたままの小十郎の胸倉をつかみ上げ、自由になった右拳で筆頭、渾身の一撃impactsign01
「うっぐおぉおおおおおおっsign03
 腕をつかんで悶え苦しむ筆頭に、
「筆頭coldsweats02sign01怪我している利き腕で…shocksign01
「骨まで抉られてるってぇのに…」
 えぇええええマジっスかshocksign03だけど、そこまでしてでも何か伝えたかった筆頭。
「いつまでも…ガキ扱いするんじゃねぇsign01お前は俺の右目だsign01俺が右手を失くした時は、腹なんざ掻っ捌いてねぇで、俺の右手にもなりやがれsign01
 はぁああああああああああああああ筆頭かっこいいいいいいいいいいいいいいいいいhappy02heart04sign03sign03sign03
 そして、踵を返し、背を見せて
「このとおり、背中には一太刀も浴びてねぇ」
 更に六爪を抜いて、また明日からもこれを振るうことができる…と、右手の3本を突きつける。だから何の問題もないのだ、と。そんな筆頭の前に、改めて座す小十郎。
「政宗様…申し訳…ございませぬ。この小十郎、尚一層の覚悟をもってお仕えいたす所存。改めて、奥州平定、おめでとうございます」
 この時の小十郎の、乱れた袷を正す仕草とか、少し躊躇う視線とか、あぁもう息も絶え絶え。(←絶えてしまえ。)

 そんなやり取りをした部屋。けれど、今はその障子を開けても、小十郎はいない。うぅううっ、せ…切なっ……weepsign01一人部屋に入って、床の間に鞘に入れないまま置いてあった小十郎の黒龍を取り上げる筆頭。黒龍も美しいなぁ…青い光を跳ね返す白刃。刻まれた文字を目で追い、小十郎、とつぶやいて、その手応えを確かめる。そして、一つ足りない六爪の、鞘の一つに黒龍を納める…。この一連の流れも、切ないなぁって思うんだけど、筆頭、ほんと小十郎のこと思ってくれてるよねbearingsign01みんなに愛されてる筆頭に、これだけ大事に思われてる小十郎っていうのが、個人的においし(←黙れ。)

 そして、傷だらけの伊達軍は進軍を開始。傷だらけでも、小十郎を捕らえている豊臣を放ってはおけないってわけですね。筆頭の掛け声に、伊達軍の意気も盛ん。けれど、奥州を平定した時に傷を負った人取橋の向こう側に陣を張っていたのは…なんと、上杉軍。それも、簡単に突破できないほどの大軍で。

 ここでOPか。shock
 あ~でもOPかっこいいなぁいつ見てもかっこいいなぁ。西川くんの歌、両A面っていうか、ひとつは戦国BASARA3のOPなんですよね。やっぱBASARAは西川くんの曲が似合うhappy02sign01

 今サブタイトルが出てきたんで、冒頭ちゃんと書き直しましたが、「誓願の刻印」って、黒龍に刻まれた文字のことですか?「梵天成天翔独眼竜」だっけ。
 今回見て、軍神上杉謙信も、これまた紫月の中で株が急上昇だったりしました。謙信様素敵happy02heart04sign01(←節操がないにも程がある。)伊達軍の行方を阻んだ上杉軍。迂回路まできっちり塞いでいるけれど、謙信公の姿は見えず、兵士たちは何も言わず。その意図が全く読めない上杉軍ですが、その報告を聞いてる筆頭。風に髪を弄ばせながら(←筆頭髪の毛さらさらーさらさらーhappy01heart04note←そういうの大好き。)、そっとつぶやく。
「人取橋か…」

 一方。まさかここで出てくるとは夢にも思ってなかったんですけど。大阪城。暗い廊下を渡ってきて、やはり薄暗い部屋に向かう人の視線。…閉じ込められているのは…こここ、小十郎ぅうううううううううううううっcoldsweats02sign03sign03sign03時間が経ってるっていうのはあるかも知れないけど、よかった、ひどい怪我してるわけじゃなさそう。そこへ訪れたのは、半兵衛。半兵衛が連れてきた兵が何か抱えてるのを見て、「あぁああ、六爪の一振りcoldsweats02sign01って思ったわけですが、半兵衛は…何ってことを言ってくれるんだぁああああああああああcoldsweats02sign03sign03sign03
 伊達軍が四軍に囲みうちされて、それを突破したことを一応褒めつつ、おかげで秀吉に出てもらう羽目になった…と。そして、焦らして結果を教えないようなことはしない、と言うんですが、ボロボロになった六爪の一振りを見せて、
「今すぐに僕たちに組してくれとは言わない。ただ、これまで仕えた相手がもういないということを、まず受け入れて欲しい」
 ちょっと、ちょぉおおおっと待てぇ半兵衛coldsweats02sign01嘘の結果教え…おおぉおおおおおいっcoldsweats02sign03このやろぉsign01君の気持ちは分かるだとぉsign02そんなことしたら、小十郎が傷つくだろーーーーーーーーーーーーーーーーbearingsign03sign03sign03なんてことしてくれるんだbearingsign01小十郎、生きてるからね、筆頭生きてるからねっbearingsign02なんて姑息なマネを……bearingsweat01sign01

 大阪へ一人で向かっていたのは慶次。途中で武器を置いて…話し合いに来たってことを信じてもらうために、だよね、きっと。どこまでもいい奴、慶次。そして夢吉はかわいい。
 あ、全然関係ないけど、上から見ると秀吉の髷が…おかしな形に見えやしませんか(笑)。
 そして、部屋に残された六爪を見つめる小十郎…。ただ黙って静かに。ぅううう、小十郎、どう思ってるだろう。政宗様の強さを、誰よりも信じてる人だと思うから、そんな姑息な嘘に騙されてなんか欲しくない。

 上杉軍の張った陣のおかげで、思わぬ休息を取ることになった伊達軍。食事をし、傷も治ってきた兵士がちらほら。政宗様も兜を脱いで、のんびり構えてます。謙信公が姿を現したのを見ながら、頬杖ついたままで
「越後の軍神…」
ってつぶやいてる横顔も綺麗な筆頭。でも、攻めて来る気配もなし。筆頭も、どうやらその意図を何となく汲み取ってるみたいですね。
「おめーらはもうしばらくピクニックを楽しみなsign01豊臣は逃げやしねえ」
 ピクニックて(笑)。これ戦国時代ですよ、なんてツッコミははなからすべきじゃないよねbleahsweat01goodsign01
 そして、謙信公も美人ですねぇ。立ち居振る舞い全てが美しい軍神ですが、この軍神様とかすがのやり取りに「ぉおおお…」ってなってる伊達軍に噴いた(笑)。丘の上薔薇色に染めるなcoldsweats01

 そして、遂に大阪城にたどり着いた慶次。出陣の法螺貝、そして、その先頭にいる秀吉。それを見つけて、必死に呼びかける慶次。だけど、その声は届かず、兵に押しとどめられ、代わりに現れた半兵衛が話をするも…住む世界が違うといわれ、話はできても思いは届かず。相変わらず慶次は切ないばかりで可哀想だなぁ…。

 幸村は旅の途中で、ついついまた村人のお手伝いをしてしまう。優しい幸村、そんなところがかわいいと思います。ついでに、小山田殿…アムロの声の人、何気に幸村の声とニアーな感じがするのは自分だけでしょうか。そして、その旅の途中、同じ方向へ向かう豊臣の大軍を目にして、お館様に「あまり暇なきことも忘れるでないぞ」って言われたことを思い出した幸村。出た、「お館さばぁああああsign03」(笑)。

 のんびりと休む伊達軍。そして、黒龍で素振りをする筆頭。それを鞘に納めようとして、そこに刻まれた文字にふと想いを寄せる。
 はぁ、もう今回小十郎の回ですよねhappy02heart04sign03筆頭が思い起こすは、奥州から天下取りに名乗りをあげることになった時の小十郎。武田と上杉の膠着状態を突こう、と進言する小十郎に、全く違う話を振る筆頭。
「小十郎。おめぇ、人取橋のあと、なんで腹を切ろうとした」
 あの時と同じように、政宗様に怪我を負わせた責を負うため、と答えた小十郎を、強い語調が遮る。
「それだけじゃねえだろうが」
 ここからの会話がまた…おかしいですかね、会話に惚れそうですcoldsweats01そんな会話ができる、筆頭と小十郎が好きでたまらないです。あんまりかっこいい会話なので、紫月が無駄に感想書くより、そのまま見てもらったほうが分かりやすいと思うんですけど(笑)。
「お前はあの時、出陣に反対だった。だが俺は、一気に奥州を統べるチャンスと踏んで、打って出た」
「結果、我々は勝ち、伊達の奥州平定はなりました」
「だが、これまでにねぇほどの犠牲を出した。全部ひっくるめて責めを負い、その上でお前はこの俺にっ」
「貴方様に、本当の喪失感を味わっていただくつもりでおりました。戦いに勝っても、後を共に生きる者がいなくては…この小十郎、まだ若い貴方様に、今一度右目を失うことで、それを悟っていただこうと」
「シャアアアラップsign01つけあがるんじゃねぇsign01
 きゃぁぁあああああ小十郎かっこいい小十郎かっこいい小十郎かっこいいかっこいいかっこいいhappy02heart04heart04heart04heart04sign01sign01sign01sign01sign01(←やかましい。)
 淡々と語る小十郎の脇に置かれていた黒龍を取り上げ、抜いた筆頭。小十郎の首にぴたりと振り下ろした瞬間、その刀に刻まれた文字が目に入って、はっとする。政宗様が天下を取り…天を翔ける竜になることを刻んだその刀。それを突きつけられても、やっぱり静かに目を伏せている小十郎がまた死ぬほどかっこいいんですが、そこでにやっと笑って刀を引いた筆頭がまた。
「お前にはかなわねぇ。そういうこったな」
「滅相もございませぬ」
「伊達軍は…もう誰ひとり欠けさせねぇ」
 うぁああああ筆頭ーーーーーーーー筆頭かっこいいーーーーーーーーーーーーーーーhappy02sign03sign03sign03そして、そこで初めて、はっと顔を上げて、嬉しそうに柔らかい表情を浮かべた小十郎がぁああああああああhappy02heart04heart04sign03sign03sign03それに笑みで返す筆頭もっhappy02heart04sign01sign01sign01もう、悶え死ぬ。(←よーしいっぺん死んでこい。)

 その文字が刻まれた黒龍を鞘に納めた筆頭。そして、何もせずに引いていく上杉軍。それを風に吹かれながら黙って見ている筆頭も、もうその意図を理解しているんですね、筆頭綺麗lovelynote(←え)謙信公は、この人取橋で、以前伊達軍が大きな犠牲を出したことを知っていて、傷ついた伊達軍を休ませるためだけに、こんな陣を張って足止めしてくれたんですね。謙信様、なんていい人なの…happy02sign01かすがが惚れちゃうのも分かるわぁ。
 自らにも巻かれていた包帯を勢いよく取り払って、
「ちょいと礼をしに行くぜぇ」
 馬で駆け出した筆頭。そして、伊達政宗という人物が、この時代に必要であるという認識を、丁寧にかすがに語って聞かせ、こちらも馬を出す。人取橋を真っ直ぐに駆け、すれ違った瞬間に刀を繰り出すsign01このかっこいい演出がたまりません。大好きです。今回、戦いらしい戦いがなかったけど、この一瞬の美技で満足lovelynote交わす言葉はどっちも素直じゃないけど、休ませてもらえたけど、いつか敵になるかも知れないんだから、後悔するなよってなことを言ってる筆頭に、もし貴方が帰ってこなかったら、奥州は自分が統べるから、気にせずに行ってらっしゃいってなことを言ってる軍神。どっちも青や水色が基調で、川の上、綺麗な空の下、何だか爽やか。
「あんたも食えねぇなあ。どこか甲斐の虎に似てやがる」
 そう言った筆頭に、口角を少し上げた謙信公。嬉しかったのかな?それとも、よく分かってる…とでも思ってたのかな。

 最後は、四国を攻めてきた豊臣と毛利に、こちらも打って出た長宗我部。アニキの気風のよさは、これまた気持ちがいいhappy01sign01ごっつい男どもに慕われるアニキ、かっこいいです~happy01heart04noteそれにしても、長宗我部軍もガラ悪そうだな(笑)。そして、どうやら富嶽を狙っている風な毛利元就…。この人も腹黒そうだけど、さて、どう出ますか。

 次回は瀬戸内海組の決戦でしょうか。アニキはいつも元気だな~coldsweats01
 あ、あと、今回の携帯待ち受けは小十郎でしたよっhappy02heart04sign01sign01sign01きゃぁぁ嬉しいっhappy02heart04sign01ってことで、早速小十郎に設定してみました。髪を撫で付ける小十郎、かっこいいですぅうううううhappy01heart01note

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年8月 7日 (土)

アニメリボーン標的196「ランポウの盾」感想

 うぉおおおお、助っ人きたぁhappy02heart04sign03sign03sign03
 ランボさんを守るお兄ちゃんたちlovelynote

 深夜アニメプチ感想~。
 
黒執事Ⅱ#5「狼煙執事」…やっぱりシエルは記憶がないのか…sign011期のオリジナルストーリーを色々と覆すためなのかな?でも、原作どおりに進んでたところもあっただろうに。マダムレッドの辺りは原作だったんじゃ…?で、今回はちょっと怖いあの坊ちゃんとクロードさんV.S.シエル坊ちゃんとセバスチャンって感じでしょうか。あちらも悪魔と契約して悪魔を執事にしている、ということなので、基本的には互角だと思うんだけど、どうもあの坊ちゃんは怖くていけない。ついでに、あのメイドさんと坊ちゃんでは体格がだいぶ違うと思うけど、よくあの服着られたなぁ(笑)。シエルが既視感にぐらぐらしてたのは、セバスチャンが眠るシエルをトランクに詰めてここに来たから?何はともあれ、セバスチャンには余裕の笑みくらいは浮かべて勝ってほしいです。
 
屍鬼こぉおおおおおえええええええええええよぉおおおおおおおおおおおおshockcryingsweat01sign03(←毎回そればっか。)GACKTさんのことがなかったら挫折してそうな勢いで怖いです。(←ホラー苦手)
 怖いといえばもういっちょ。我が家はまだ建てて6年くらいの比較的新しい家なわけで、2週間に1度とはいえ、掃除機をできる限り家具の後ろや下までかけ、ク○ックルワイパーウェットシートで隅々まで拭いて徹底的に掃除してるんですが、この2週間で2度もcryingsign012度も奴がcryingsign03sign03昨夜も半泣きになりながら、デザートカップとちりとりとハンドソープ持って格闘してました(笑)。それで、午前中に今まで溜め込んであった、昔もらってたWJとか、思い切って全部外へ出して、いつもならちょっと動かせないような家具まで無理矢理動かして全部その裏も掃除したんですけど、奴が湧いてきたり住んでたりする気配はありませんでした。一体どこから来るんだよぉ…cryingsign01

 それじゃあ本日のアニリボ感想をひとつwink

 <アニメリボーン標的196「ランポウの盾(シールド)」>

 獄寺の放ったGの弓矢。それは、なんとザクロさんの腕を吹っ飛ばしていました。うん、この辺は覚えてるぞ、原作ではもっと見事に左半身ぶっ飛ばされた気がする。で、「バーロー」が「ばぁあああろおおおお」とかになってた。腕一本とかで、恐竜人間で、再生できるとかいうなら、まぁそう影響はないってことですかねぇ。
 アニリボはいつもすごぉくそういう配慮してると思いますが、つい最近デュラララ!!原作を8巻まで読んだんですけど、その中でオタクコンビが、犯罪を犯す奴に、ゲームや漫画なんかが影響してるっていう人がいるけど、犯罪犯すような奴は、ゲームや漫画なんかしらなくて、時代劇見てたって犯罪を犯す。それをゲームやアニメのせいにしないで欲しい、みたいなことを言ってて、それには全く共感しました。その通りだよ。なのに、アニメを作る側とかがそういうのに配慮しなきゃいけないなんて、変な話。
 さて、話が思い切り逸れてますけど、やっとザクロさんに大きなダメージを与えることができて、今がチャンスsign01ともう一度弓を引いた獄寺でしたが、上空からの突然の攻撃に遮られてしまいました。先週迷子になってたブルーべルですね。ブルーベルの匣は雨の炎を纏ったアンモナイト攻撃。今までの攻撃に比べれば、たいしたことなさそうな感じだけど、何しろみんな怪我人だから…。真6弔花2人相手に怪我人3人じゃあ、さすがに分が悪い。しかも、ブルーベルはそんな怪我人相手に修羅開匣までしちゃって、絶体絶命。あぁ、前回の予告で、獄寺の髪がさらさらだなあって思ったのはここだったようです。珍しく髪が乱れてヘタッとしてるというか。綺麗に見えるよ、獄寺winkgoodsign01(←やや語弊。)
 ブルーベルの巨大なアンモナイト攻撃と、フルではないけれど、ザクロさんの猛烈な攻撃が同時に来て、もう動くことすら叶わない獄寺。ボスとともに生き抜く…と言い切ったのに、どうすることもできなくて、その攻撃を前に目を細める。その瞬間。
 アンモナイトは白いライガーの咆哮で石化して爆発impactsign01ザクロさんの攻撃は雷の炎で硬化したエイの背中に弾かれるthundersign01うぉおおおおおおヴァリアーーーーーーーーーーーーーーーhappy02sign03sign03sign03いやぁ、無傷の彼らの到着は、頼もしいですねhappy02sign01しかも、あの一瞬で、ちゃんとγ兄貴のこともラルのことも獄寺のことも、拾い上げてくれてるっていう。獄寺だけは、意識があったせいか、ベルに捨てられましたけど(笑)。なんか以前にも獄寺ってこういう扱いされたことがあったような…あれは、黒曜戦で雲雀さんにされたんだっけ(笑)?それにしても、XANXUS様の「援護する」はかっこよすぎるlovelynoteミンクと瓜ちゃんのやり取りもかわいいです(笑)。
 で、スクアーロのことを聞かれて、躊躇いながら答えた獄寺ですが…ヴァリアーの反応ときたら全く薄情coldsweats01XANXUS様とかは、絶対死んでなんかいないって思ってそうだけど、出てくる言葉は「ハッ、死んだか」ですもんね。そして、人の忠告も聞いたりしません(笑)。それだけ自分たちの力に自信があるってことなのかもしれませんけど、なんていうか、それでこそヴァリアー(笑)。
 
それにしても、レヴィはいじられてますねぇ(笑)。XANXUS様の前にエイでシールドを張って、かっこよくXANXUS様を守ったかと思ったら、背中から蹴飛ばされて「邪魔だ」ってcoldsweats01

 ツナたちのほうには、獄寺から通信でヴァリアーが援護してくれてることの報告が入って、とりあえず安心。何せルッス姐さんが晴孔雀持ってるしね。
 一方、待ち伏せ組もう一つ。了平兄さん、バジルくん、太猿、野猿、ランボさんですが、こちらには桔梗が現れました。対空地雷なんてあったっけ。けど、一撃でしとめるどころか、桔梗さん無傷。太猿さんは一撃でしとめられなかっただけに、ランボさんや了平兄さんたちの怪我のことを心配してくれてます。最初に登場した時は、女子供容赦なし、みたいな雰囲気だったような気がするけど、味方になると何かと気遣いをしてくれる人ですよねhappy01note
 桔梗さんは雲ヴェロキラプトルを開匣。小型ゆえに俊敏性が高くてそれでいて強暴だなんて、厄介な恐竜。しかも雲属性で増えるとか。今まで出てきた匣の中で、最も厄介かも。
 そんな恐竜をトカゲ嫌いとか言いながら逃げ回るランボさんは、今ひとつ緊張感がないんだけど、それでもシッポで吹っ飛ばされて、別のヴェロキラプトルの口へ一直線になるところを、太猿兄貴が自分の腕を犠牲にして守ってくれました。もう、この場面だけで太猿兄貴の株は急上昇ですhappy02sign01肩を恐竜に喰いつかれながら、小さい子を守るなんて男らしい。すまんって言った了平兄さん(←目がちょと大きめでかわいいhappy01note)も、ひとまずほっとしてますけど、太猿にはどうしてこんな子供を連れてきたって厳しく責められちゃいました。
 もちろん、ツナも了平兄さんも、初めは反対したわけですが、リボーンが守護者に選ばれたことには意味がある、って言ったから、了平兄さんが守るって力強く約束してくれたわけです。こっちのグループは、太猿兄貴といい、了平兄さんといい、男らしい兄貴肌がそろってますよね。
 そして、そんな了平兄さんに、リボーンはランボさんのスイッチになる言葉を教えてくれていました。本当にヤバイ時に叫んでみろ、と。
「どうしたランボsign01沢田のママンに会いたくないのかsign03
 了平兄さんのその言葉を聞いた瞬間、ランボさん、おめめウルウル。ママンのことを思い出して、思わず大泣き。大泣きしながら頭のもじゃもじゃから取り出したのは、言わずと知れたリングと匣。もう、形態変化とか言わなくても、ランボさんの意図を汲み取ったのか、牛丼は変化を始めました。
 激しい一撃を秘めた雷電と謳われた、ランポウの盾(シールド)sign01
 原作を読んだときも思ったんですけど、これはやっぱり突っ込んだ方がいいの?いいの?ランポウさんが持ってるのは、盾じゃなくて、中華鍋です…って…。
 そして、盾とはいえ、ボンゴレ匣、それだけで終わるほどちゃちではありません。ちゃんと激しい一撃も秘めているんです。泣き叫ぶランボさんは、その覚悟の炎を盾に充電させる要領で溜め込み、一気に解き放つthundersign01
「雷の角(コルナ・フールミネ)sign03
 盾から迸る鋭い雷に、雲ヴェロキラプトルが次々と串刺しにされて…。

 今回も山本の出番はなかったんですけど、フゥ太が「武兄たちがいれば…」って言ってくれたのがせめてもの救いかなcoldsweats01note次回は一瞬だと思いますが、ナックルさんがかっこよさげでしたhappy01note楽しみhappy01sign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

家庭教師ヒットマンREBORN!30巻感想

 未来編が終わりましたね。一応ハッピーエンドだったと思います。思うんだけど。けど。
 そして、継承式編が始まりましたね。色々新しい人たちがわんさと出てきて、それだけでなんかもう一杯一杯ですが(笑)。

 さて、今日一日頭使う仕事もしてきて、それなりに気持ちは切り替えてきたので、最新巻の感想を書いていこうと思います。気持ちさえ途切れなければ、今回は余裕があるので早くに仕上がらないかな(笑)。と希望的観測を持ってみたり。

 エースぅうううううcrying(←引きずってんじゃねーかcoldsweats01sign01

 はい、切り替え切り替えっsign01
 それでは、アニメ派の方はネタバレに気をつけて下さいませwinksign01

 <家庭教師ヒットマンREBORN!30巻「転校生来る!」>

 まずは表紙。おお、これは本格的にシリーズになりそうですねhappy01sign01初代守護者と10代目守護者。今回はランポウさんとランボさんです。ランボさんは牛丼が形態変化でランポウの盾、ですね。(←テンション低いって?気のせいwinkgoodsign01)珍しくちっこいランボさんですけどかっこいいですよぅ。
 そして背表紙は髑髏ちゃんです。髑髏ちゃんは頼りなさ気で自信なさ気でかわいらしいです。今回はリボーン史上最大級のダイナマイトバディさんが出てきたので、個人的にそんなかわいらしい髑髏ちゃんがとっても控えめで清楚にすら見えました(笑)。表紙裏のムクロウを肩に乗せた髑髏ちゃんも、伏目がちで、だけどなんか嬉しそうな感じでかわいらしいですhappy01note
 てな感じで、本編感想へレッツゴー。

 <標的279「虹の消える時」>
 消えるって…点として存在するって……そういうことなの?だから、消えるときがあるって?ユニちゃんは、最初からこの自分の運命がわかっていたんですか。遠い記憶を受け継いで生きているから、一概に子供だなんて言えないかもしれないけど……そんな運命って。そんなつらい運命を生きなきゃいけないなんて。
 決戦が始まる前に、リボーンがγ兄貴を呼んだのも、このためだったんですね。おせっかいでも野暮でも、ユニちゃんは自分の命を捧げるつもりなのだとリボーンは悟っていた…。ってことは、リボーンさんはもしかしてルーチェさんをそうやって失ったんでしょうか。原作ではアルコバレーノの過去、まだ語られてないと思うんですけど、リボーンってルーチェさんのこと、少なからず大事に思ってたんじゃないのかなぁと思ってみました。だから、ルーチェさんにそっくりなユニちゃんのことは放っておけなかったし、おせっかいでも最後に幸せを感じてほしくて。
 この展開は、ある意味ユニちゃんにとってもγ兄貴にとってもハッピーエンドだったんだろうな、と思うんです。ユニちゃんはアルコバレーノの復活のために命を捧げなきゃいけない運命を、死の恐怖を必死に乗り越えて受け入れようとしていた。そして、ツナたちが未来から過去に帰るためには、絶対にその方法しかなかった。だったら、最後に大好きだったγ兄貴と一緒にいられたのは、せめてもの救いに違いないですよね。γ兄貴は…「あなたのこと大好きです」に、なんて応えたんでしょう。ユニちゃんが、幸せだと思って、心から微笑むことができた返事だったんですよね。そして、ユニちゃんだけでなくて、γ兄貴も…消えてしまった。
 ユニちゃんの魂に添い遂げたγ兄貴は、最後まで素敵だったと思います。そして、「誰よりも感情豊かで、底抜けに幸せそうに笑う」大空のアルコバレーノ…ユニちゃんも、そんなγ兄貴と一緒に運命に命を捧げることができて、救われた…んですよね…。

 <標的280「最後の一撃」>
 はなから重たい感想スタートですみませんcoldsweats01。ここまで昨夜書いてたんですが、その後妙な体調不良で力尽きました(笑)。夏は胃痛に注意です(笑)。まぁ仕事も一段落してたんで、本日はお休みを頂きました。
 さて、おしゃぶりに命と炎を全て捧げて消えてしまったユニちゃんとγ兄貴…。その炎は、大空のおしゃぶりにも注がれてはいないかなぁ。やっぱり…大空だけは復活できないのかなぁ。
 魂の宿るユニちゃんがトゥリニセッテの鍵だと知って、必死にユニちゃんを欲していた白蘭の怒りは壮絶なものだったけど、「仲間」として、ユニちゃんとγ兄貴を失ったツナの怒りは更に凄絶。あ~なんかもう、白蘭ダメだなって、誰の目にも明らかですね。ユニちゃんがアイテムだとか人形だとか。血を撒き散らして、これが翼になったり足を支える根になったり、まぁなりふり構わない一杯一杯加減が…ツナの本気のX BURNERに敵うわけもなく。スパナさんいたら、一体どれくらいのFV(フィアンマボルテージ)だったやら。
 X BURNERをもろに喰らう形になった白蘭サンの脳裏によぎったのは、回想。
 ……チェルベッロ機関って、「ある思考」って……、で結局何者coldsweats01
 白蘭はどこか集団不適応的な要素があったんですかねぇ…。人も世の中も嫌いじゃないのに、何かしっくり来なくて気持ち悪くて…。同じ大空の「プレイヤー」であるツナにも、その要素を求めてみたけど、残念ながら全くそんな要素はなくって。あぁ、ユニちゃんが「白蘭と自分は似てる」とか「沢田さんと白蘭も似てる」って言ったのは、そういうことだったわけですね。
 完敗だよ
 笑いながら消えた白蘭。最後までらしいっちゃらしい。

 <標的281「残されたもの」>
 扉の「底抜けに幸せそうに笑う」ユニちゃん。消えてしまったけれど、魂がそんなふうに微笑んでくれてたらいいなぁ。γ兄貴と一緒に。(←今回は何かと感傷的で申し訳ないcoldsweats01。)
 白蘭
が消えた時、一番複雑だったのは正チャンだったと思います。素直に喜ぶことはできず、だけどもちろん悔しがることもできず。自分の人生を操作してまで、かつての友人であった白蘭サンを倒そうと計画してきた、それが成った瞬間って、ほんとどんな思いなんだろう。そして、γ兄貴とユニちゃんが消えてしまったことに、大泣きする野猿と太猿。京子ちゃんやハルちゃんだって、今回ばかりは知らないでは通らないし…。
 そんな中でも、ある意味こんな時こそ残酷な暗殺部隊の本性なのか、ヴァリアーだけは残った桔梗さんをいびり倒してますcoldsweats01。真6弔花…小説の方で、ブルーベルのことは紹介されてたけど、桔梗さんもザクロさんもデイジーも、パラレルワールドでは各分野で天下を取っていた能力の持ち主。この世界では、それが成らなかったがために、正チャンにピックアップされることもなかった「一般人」。てことは、パラレルワールドごとに真6弔花は違ってたかも知れないですよねぇ。で、そんな桔梗さんのことを聞いても「黙れ」の一言で頭部を銃でぶっ飛ばすXANXUS様はさすが暗殺部隊のボスですねというしかありませんcoldsweats01けど、ちゃんとルッスーリアが回復させて命をつなぎとめてくれる辺り、残虐なだけでもない暗殺集団でございます。
 多くの人が傷ついて、沢山の人が犠牲になって、それでも勝ったことに意味があったのか…そうツナがつぶやいた瞬間
「大ありに決まってんだろ、コラsign01sign01sign01
 あああああ、アルコバレーノsign01sign01sign01
 復活したのは、スカル、ヴェルデ、風さん、バイパー、そしてコロネロ。この面子だと真ん中張るのはコロネロか(笑)。そして風さんかわいいんだぜ、コラhappy02sign01ツナが「本当にみんな赤ん坊だ…」って言ってるけど、アニメだともうみんなに会ってますね(笑)。で、白蘭が倒されたことで、マーレリングの効果が失われて、白蘭のしてきたこと全てがなかったことになる。山本のお父さんが死んだこともなくなる。よかった、よかった、よかった山本cryingsign01sign01sign01特にアニメでは一杯つらい思いしたもんね。でも、そのために命を掛けたユニちゃんとγ兄貴は、やっぱり戻らないのかな……。アルコバレーノを復活させることで、ツナの時代まで遡って、マーレリングを封印する術を託したユニちゃん。本当にすごい力を持ってたんだね、大空のアルコバレーノ。
 7人の赤ん坊アルコバレーノ。風さんは全部で煩悩の数だけ必殺拳法を編み出してるんですって。天才ですねhappy01heart04。そして、スカルの紹介文の最後には「算数が苦手」、ヴェルデの紹介文には「レオナルド=ダヴィンチの再来と呼ばれる天才科学者。変態科学者とも呼ばれる。」…すごさ半減coldsweats01

 <標的282「さよなら未来」>
 10年バズーカでこっちにきた時、微妙に10年じゃなかったのは、どうやらトゥリニセッテのバランスが崩れて時空が歪んでいたかららしいです。そして、原作のヴェルデさんは、アニメよりまともっぽいです(笑)。曲者は曲者っぽいけど、つかみ所がない変人でもなさそうな雰囲気。なんか頼もしい。
 この時代の人たちとの別れを済ませているみんな。山本はもちろん、この時代のスクアーロと。お世話になったもんねhappy01sign01もうこの時代に、山本のお父さんとかは復活してんのかな?してるにしてもしてないにしても、平和になってるなら問題ないよね。また野球を始めるという笑顔満面の山本に、お怒りのスクアーロ。そんなんじゃオレを超えることはできねーなんて挑発するけど、
「わっかんねーぜ、そんなのhappy01
 山本の笑顔はやっぱりいいなぁ癒し癒しhappy01notenotenote
 了平兄さんの不審な行動に、京子ちゃんとハルちゃんのコメントがウケる。
「病気かしら?」
「いつも通りな気もしますけど…」
 病気かと思われるほどおかしな行動をしてるのに、それがいつも通りと思われるってどうよcoldsweats01
 髑髏ちゃんはもちろん黒曜メンバーと。最後の骸さんと髑髏ちゃんのかわした優しい視線が、言葉はなくても、大事に思ってる気持ち、そして信頼と敬愛に値すると思います。骸さんの優しい笑顔が素敵すぎlovelynote
 雲雀さんは、自分がお別れを言いにいったっていうより、草壁さんが雲雀さんを送り出したって感じですね(笑)。
 そして、今まで色々と正面から家の事情に向き合うことから目を逸らしていた獄寺には、ビアンキから両親の真実が。獄寺の認識とは、だいぶ違ったみたいですね。お父さんがピアニストのお母さんに目をかけて、でもお妾さんの立場だったから正式に家に入ることもできずに、陰謀で殺された…。ってことから、お父さんはお母さんにゾッコンで、一生懸命一緒になることを手紙で訴え続けたけれど、重い病にかかってたお母さんは自ら身を引き、事故の時には、その直前にその病気で既に亡くなっていたために車で崖から…。そうか、意外とグッチャグチャでもないじゃん、よかったね獄寺happy01goodsign01そんな姉弟のところに突如現れたのは、何とモスカの手ーcoldsweats01sign01スパナさんたら、今の今まで白蘭サン倒すためにモスカ作ってたんですって(笑)。なんてかわいい人ですか最後までhappy02heart04sign01
 そして、未来から戻る際に、なんと未来で戦った仲間にはその未来の記憶と、そして持って帰るのはよくないはずのボンゴレアニマル兵器たちを、ヴェルデさんの技術でリングにして持ち帰らせてくれたと。…つまり、これからの彼らの戦いが、パワーダウンすることはないってことですよね。…ヴェルデさん、すごいじゃん。
 無事にママンのところへ帰ったツナ。思わずうるるんとしてます。よかったね、頑張って。そしてその頃の未来では…10年後のみんなが復活。やっぱり雲雀さんは大きくなってるなぁ。けど、山本はやっぱりそれより背が高いhappy02heart04sign01素敵happy02heart04heart04heart04noteそして、最後までツナだけは姿を見せてくれなかったですね。残念bearingsign01
 で、EPILOGUE。……これは……ジェッソファミリーの白蘭ですか?ただの、ジェッソファミリーのボス。マーレリングの効果がなくなった…ただの白蘭サン…そゆこと?…って思ってたわけですが、コメントで足首のベルトがボンゴレのマークと言われ、よく見てみたらほんとだ。(←これを書いた時点では、ミルフィのマークに見えてました。←視力は裸眼で2.0のはず)ってことは、ボンゴレの監視下に置かれてるってーことなんでしょうかね。継承式編で9代目も未来での戦いのこと知ってたみたいだったから。

 <標的283至門中学>
 はい、怒濤の新展開、継承式編スタートです~happy01。新しい登場人物がたくさんで、結構一杯一杯です(笑)。
 最初に手紙を届けてくれた、鷲なのか鷹なのか、その辺り区別がつかない知識がない紫月ですが、首にきらきらした飾りをつけてますよね。これ、後で気になったんですけど…とりあえず、おいといて。
 見開き扉の黒スーツの山本がかっこよくありませんかhappy02heart04sign03一人一人のアップでも、どうしても山本と雲雀さんに目が行ってしまう紫月ですが、山本の横顔素敵だし、雲雀さん麗しいしlovelynoteもちろん、ツナも獄寺も了平兄さんも綺麗でかっこいいですけど。で、謎の新たな登場人物たち…。
 世界中で起きた地震っていうのは、アルコバレーノたちがマーレリングを封印するために奥義を使った時に、地殻に影響を与えたっていう、あれですよね。たいした地震じゃなかったっぽいけど、それで学校転校してくるようなおおごとになってしまったってcoldsweats01
 継承式のことを聞いて、相変わらずボスになる気はないって日常編らしいダメツナに戻ってるのが、何となくほのぼの。指輪になって「ガウ」っていってるナッツかわいいhappy01noteところが、その背後で、首にきらきらつけてた鳥が生気を吸われたようになって死んでるんですよね。え?なになになに?
 で、ツナのクラスに来た転校生二人。SHITTO・Pが強烈過ぎる件coldsweats01獄寺なんかUMAだと思って興奮してるじゃないかcoldsweats01。(弁当あんこだけだし(笑)。)せめて制服着てくるように、学校は指導したほうがよろしいかと。そしてもう一人は、いきなり傷だらけで自信なさげな古里炎真くん。瞳がちょっと写輪眼っぽい。
 そしてなんと応接室にもお客様。雲雀さんの前に現れたのは、鈴木アーデルハイトさん。その名前を聞くと、クララのおうちの家庭教師というか、怖い女の人を思い出します、あの人はもう一つ濁点があったっけ?(←どうでもいい。)初登場でツナが見かけたより、更にダイナマイトバディになってませんかcoldsweats01個人的にリボーンにお色気的なものは全く求めてないのですが、まぁ少年漫画ですからねー。(←棒読み)
 下校中に炎真くんがいじめられてるっていうか、たかられて一方的にやられてるのを見かけたツナとリボーン。リボーンのおかげで、巻き込まれたツナですが、強いはずなのにねぇcoldsweats01。こんなところでは力使わない辺りがツナですよね。けど、二人の手が近づいた瞬間、リングが反応…。おや、炎真くんもリングを…?

 <標的284転校生>
 扉の転校生7人。高校生に見えるのは手前3人だけなのは、紫月だけですかcoldsweats01?あっ素で間違えた、中学生だった(笑)。そして、中学生に見えるのは炎真くんだけです、はい。個人的に見た目青葉紅葉くんはかっこいいんですけど…ですけどねぇ、結局(笑)
 野球部の方には、扉の中でも飛びぬけてオッサンに見えた水野薫くんが入部希望。明らかに、見た目やばそうな彼に距離を置く部員ですが、当然山本はそんなこと気にしませんhappy01noteのけ者にされてた薫くんにニコニコ話しかけます。もぉほんとにいい子だよこの子~~~happy02sign03で、薫くんですけど、意外とシャイっぽい?
 そして3-A…了平兄さんのクラスには、見た目イケメンで勉強できそうな青葉くん。…なんとなんとなんと、了平兄さんと同類でしたか(笑)sign03sign03sign03(←①ボクシング馬鹿②お勉強できない③熱血④口癖あり)この人とお兄ちゃんのバカ理論対決が面白すぎるんですけど(笑)。何よ御バカ様って。確かに青葉紅葉って面白い名前ですけど、うまれてこの方何万回も言われたこととか、もうこの二人で漫才したらいいと思う、絶対気は合うよ(笑)。
 で、これまた高校生には見えやしない加藤ジュリーくんは、パチンコの帰りに髑髏ちゃんに興味をもった模様。
 そして、応接室に乗り込んできたアーデルハイトさん、なんと粛清委員会が風紀を取り締まるから応接室を明け渡せ、と、よりにもよって雲雀さんに宣戦布告。しかも、全委員会委員長を力尽くで納得させた、とのことで、雲雀さんはやや面白そうに見える美麗な笑顔。
「ワオ」
 そして、そんなものを見せられながら、慌てたり焦ったりすることもなく、頭にヒバード乗せてるっていうかわいい状態のままで
「僕がその申し出を断っても、君は諦めそうにないね」
 …さて…雲雀さん、どうなる?
 一方、炎真くんの落とした教科書を届けに来たツナ。炎真くんはまあなんていうか……かわいい子だなcoldsweats01。頼りなくてドジで不器用でおどおどしてて…なんか守ってあげたくなる系というか。浅いところで溺れそうになってるしcoldsweats01。明らかにツナよりダメダメだと思うけど、ツナもダメダメなところを披露することになって、初めて炎真くんが笑いました。やっぱりかわいい。なんかこの二人も気が合いそう。

 <標的285「集合」>
 登校中にばったり炎真くんと会ったツナ。ちゃんと自分から声掛けられたじゃん、成長成長(笑)。手が触れそうになったときに、リングが反応したのを確かめようとしたツナですが、今回は何事も起こらなかった模様。何でだろう?条件は、手じゃないのかな?そこへやってきた獄寺。思わず逃げちゃう炎真くん。
「んだあの野郎sign02なぜ逃げやがるsign03
(君が怖いからだよcoldsweats01sign03
 並中では獄寺は不良ですもんねぇ(笑)。そうそう、ツナはツッコミキングでなくっちゃね。SHITTO・Pを地底人だと信じて追い掛け回す獄寺、本当に楽しそうです。全力の勘でUMAだと信じてるんですね(笑)。でもまあ今のところあの人は地底人でいいと思う。(←丸投げ)
 学校についてみれば、粛清の大きな旗。そして屋上には雲雀さんとアーデルハイトさん。思わず屋上へ駆け上がるツナですが、来てみれば転校生たちとボンゴレファミリーが集まってきて…。
 雲雀さんはボンゴレファミリーのエースですが、どうやらアーデルハイトさんが至門のエースっぽいですね。アーデルハイトさんの攻撃を雲雀さんがかわしたら、みんな驚いてるもん。しかし…今までリボーンは、髑髏ちゃんみたいにミニスカートでも見えない辺りが個人的に美学だったんですが、アーデルハイトさんはもうこれ規格外ですなcoldsweats01そして紅葉くんはどんどんイケメン像からかけ離れていくな(笑)。アーデルハイトさんは相当強そうですが、今のところ雲雀さんのほうが上手のような気がします。アーデルハイトさんの、炎の気配を感じさせる攻撃に、本気になった雲雀さん。二人の本気の一撃が繰り出された瞬間、後ろからリボーンに蹴り飛ばされたツナが…割って入って…あぅう痛いbearingsweat01sign01
「何してんの?君」
 ちょっとだけ邪魔されたのに不機嫌そうだけど、でもむしろ呆れたように言ってる雲雀さんがちょっとかわいいhappy01heart04note一方アーデルハイトさんはびっくり。
「今のを喰らって平気なのかsign02
 いや、相当腫れてるけど、顔coldsweats01でも、もっともっと激しい攻撃を喰らってきてるよね、ツナは。そして、登場したリボーンに彼らの正体が告げられる…。彼らはボンゴレ継承式に招待されたシモンファミリー。え?じゃあ、至門中学っていうのは何だったの?

 <標的286「共感」>
 扉の雲雀さんがかっこいいですhappy02heart04sign03
 転校生全員がマフィアだったと知ったツナ。まさかの炎真くんに聞いてみたらちょっと黙ってから
「聞いてこないから」
 マフィアですか、なんて聞かないよねぇ、ツナに一票coldsweats01sign01まして、あとの人はともかく、炎真くんはツナ以上にマフィアに関わりなさそうだもん。リボーンの調べによると、シモンファミリーとボンゴレファミリーの付き合いは長くて、Ⅰ世より先祖にさかのぼるって、ちょっと待って、ボンゴレはプリーモが自警団を作ったことから始まったんじゃ…。しかし紅葉くんが面白い(笑)。おバカな熱血は面白い。見た目クールで知的なだけに尚面白い。
 で、何気にそのリボーンの説明で、初めて継承式のことを知ったボンゴレ守護者たち。獄寺や山本、了平兄さんは純粋に喜んでるけど、ボンゴレの正式な10代目になるって結構とんでもないことみたいですね。本当にボンゴレって大きいんだな。
 もちろん、ツナはそんなの受け入れるつもりもなくって、思わず絶対ヤダ、って叫んだところ、炎真くんに聞かれちゃいました。でも炎真くんは「逃げちゃえば」と。炎真くんはツナと同じような考え方の子なのかなぁ。傷だらけになって、泣いてて、なんかもうほんとかわいそう。「人はちょっと力を持つとむやみに使いたがる。マフィアも学校のバカ連中もみんなそうさ」…あれ、意外…けっこう、いじめてくるような連中を見下してるんだ、この子。
 だけど、そんなマイナス思考の二人に、リボーンから愛(?)のスマッシュheart01sign01あいた、炎真くんまでcoldsweats01sign019代目は色々考えてくれてるみたいだけどねぇ…危険なことに変わりはなさそうです、もうそれ人間じゃないよねっていう殺し屋襲ってきたーcoldsweats02sign01リボーンが炎真くんを助け、ツナは帰ってきてから初のハイパー化。もう何にもなしでハイパーになれるんだよね、ツナ。

 <標的287「緊急招集」>
 粗悪な改造死ぬ気弾とやらで死ぬ気になってたらしい殺し屋ですが、未来でとんでもない戦いを経験してきたツナには全く無問題。炎真くんも「本当は強いんだね。飛んでた」とか、比較的淡々とした感想で、むしろネコと勘違いしてナッツをかわいがってて、こちらも無問題かと思いきや、ツナが最後の攻撃を仕掛ける瞬間、また炎真くんのリングが反応した?
 ツナが襲われたことを知って、獄寺はボンゴレファミリーとシモンファミリーに緊急招集をかけました。炎真くん、謎のストーカー加藤くんにもちゃんと電話してますが、ストーカーは髑髏ちゃんを追い回して、麦チョコしか買ってないのを見てやや引いてます(笑)。
 で、ボンゴレとシモンでツナを警護することを提案した獄寺。基本的にシモンを仕切ってるのはアーデルハイトさんみたいですが、警護には参加するけど、自分たちなりのやり方で、と決めた模様。で、シモンファミリーがそろって話し合ってる様子を見てると、やっぱり炎真くんは弱い立場…だけど、ボスなんだね。炎真くんの持ってるリングっていうかペンダントの石は、ああいう模様なのか、封印してるような感じに見えなくもないんだけど。そして、炎真くんの目に…逆さの死ぬ気の炎が灯ってるような気がするん、ですけど。なんかこうみると、アーデルハイトさんは炎真くんの保護者だね(笑)。

 <標的288「警護」>
 扉は了平兄さんと紅葉くん。個人的にこの対決を見てみたい気がする。紅葉くんって、ボクシングしてる風味が全然ないんですけど(笑)。
 ツナと一緒に寝てるナッツかわいいいいいいいいいいいいlovelysign01もうすっかりペットですね。で、起きてみたら、なんとシモンファミリーが沢田家に勢ぞろいcoldsweats02sign02なんとシモンファミリーは泊り込みで警護してくださるそうです。のんびり屋っぽいらうじくんとか、お米飛ばしすぎの紅葉くんとか、なんかほのぼの展開になりそうな感じがするんだけど、どうなんでしょう。炎真くんもツナの「ゆっくりしていったら?ナッツもいるよ」に嬉しそうにうなずいてるし。それにしても炎真くんかわいいなぁ。「僕がいても、いいの?」って、どんだけ控え目…happy02sign01
 そこへ乗り込んできた了平兄さん。紅葉くんはすっかりお兄ちゃんのことライバル視してますね(笑)。二人で警護対決することになるものの、特に襲ってくる人もいないから、決闘しようってことになり、それを聞きつけた京子ちゃんが「ケンカのことじゃないよね?」⇒ママンが「受験生だからお勉強勝負でどう?」⇒二人とも激しい拒否反応(笑)。だよねぇ、紅葉くんはガリ勉っぽく見えるよねぇ。
 そこで、リボーンがプレートに書いた「超簡単」な問題を用意しました。超簡単なはずだけど、二人して撃沈(笑)。もぅ、お兄ちゃんと紅葉くんのコンビ面白すぎーhappy02sweat01sign03sign03sign03で、実は超硬質セラミック製のプレートなんだけど、それが壊れたら中止、と言い置いたリボーン。全然分かんない二人は、即行で破壊にかかるcoldsweats01sign03やっぱり気が合うよね、この二人coldsweats01。そして何気に、ナッツをかわいがって嬉しそうにしてる炎真くんがかわいいhappy02sign01
 さすがに超硬質のプレート、一人ではどうにもならないということで、一人が押さえ、一人がパンチで壊すことに。お互いの言い争いの末、交互に役割を交代することになったんだけど…。結局了平兄さんが極限太陽(マキシマム・キャノン)を放ったわけですねcoldsweats01。人の部屋で。だけど、それでプレートを割った了平兄さん、そしてそれを受けた紅葉くん。これで勉強勝負は中止、と言われて「しゃあsign03」って手首を打ち合わせる二人は息ぴったりwinksign03そして次の瞬間「触るな紅葉sign03おバカがうつるsign03」(←何気に「青葉」「青葉紅葉」から「紅葉」に昇格。)「貴様こそだ了平sign03ドアホウが伝染するsign03」(←「笹川」から「了平」に昇格。)ってしてんのも息ぴったりだと思うんですよね。この二人いいなhappy02heart04sign03
 そして、ついに日本にやってきた9代目ファミリー。おぉsign01噂の9代目守護者が3名お目見えsign01

 <未来のアルバム>
 こう思うと切ないですね。もう未来編で出てきた人たちが出てくることは、絶対にありませんもんね。フランもスパナも。10年後の正チャン、ディーノさん、守護者たち、ラル、ヴァリアーも…。
 
<ハルのハルハルインタビュー>
 ここに来てまさかのママン。未来編の人で来るかと思ったんだけど…。ママンは今でもかわいいけど、昔のママンは本当にかわいいなあって思いました。

 ってことで、30巻感想でした。個人的にはわりと簡素に書けたんじゃないかな…と思うんですけど、それはきっと山本の出番が少なかったせい(笑)。この巻は、γ兄貴とユニちゃん、そして紅葉くんと了平兄さんコンビに持っていかれてる気がしました(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

色々と容量がオーバーです(><)

 今日ONE PIECE59巻とリボーン30巻を買ってきたんで、とりあえず今の今までどっぷりと読んでたんですけど。

 どよーんcrying

 お…………重い………ぃ。

 特にONE PIECEの重さはハンパなかった……つらい…つらいなこれは……。ルフィが痛々しくて見ていられません。泣いても泣いても本当にもうエースは帰ってこないんですね…………。白ひげも……。大きく時代が動いた1冊だったんですが、完全に紫月の思考が停止中です、ほらよくパソコンで容量オーバーで動きがのろくなってるのあるじゃないですか、あんな感じになってます。
 リボーンでもよっぽど思うところがあったわけですよ。重かったですよ。でも、更にONE PIECE読んじゃったら、とてもじゃないけど「よっしゃ感想書くぜ!」って気力がわ…湧かない……っ(ρ_;)。ルフィと一緒にわんわん泣いて頭ボーっとしてます。

 今日は少し休んで、明日また働いて頭切り替えて、それからリボーンの単行本感想書けるようにしてきますー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

戦国BASARA弐#4感想

 えぇええええ、お、お市さん…coldsweats02sign02
 伊達軍、大好きだーーーーーーーーーcryingsign03sign03sign03

 えーと、一応ネタバレ防止ネタを二つ。
 
黒執事Ⅱ#4「テロ執事」
 セバスチャンの頭がありえないくらい固くなった(笑)。もぉ、前回の予告を思い出して噴きましたとも。セバスチャン大好きなんですが、今回何気に面白かったのは、「激しい水分不足とはいえ、お顔立ちがあまりにも違う…」的な発言をしたときなんですが、ミイラに向かってそんなこと言う人は初めて見た(笑)。そして、セバスチャンの有能っぷりは完璧ですねsign01ところでやっぱり気になるんですけど、シエルはどこまで記憶がないんでしょう?アバーライン…だっけ、刑事さん。のことも覚えてないみたいだし、人質になったことも覚えてないみたいだし…。

 あとは、戦国BASARA弐のデータ放送sign01公式HPとか見ても、イマイチよくわかんなくて、何のこと言ってるんだろうって首ひねってたんですけど、放送中に苦渋の決断で(←できれば集中してでかい画面を見ていたい。)連動データボタン押してみたら、いやぁすごいsign03キャラの紹介とか(←また画像がかっこいいんですよhappy02heart04sign01)これまでのお話とか、ちゃんと出るようになってて、リアルタイムで見るとQRコードが出てくるとかなんとかいうのは、このデータの項目の最後に出てくるやつだったんですねぇ。心底居間のテレビで全部リアルタイムで見ててよかったhappy02sweat01sign01(自分の部屋はチューナーだけだから、連動データボタンとかないので、怪しい。)確かに番組後半の、更に後半くらいになったら、「データ充填中」から「出陣sign01」とかに変わって、QRコードが出てきました。ちゃんと今までのQRコードも出せるので、全部携帯で読み込んで、4つ分の待ち受けGEThappy01heart04noteちなみに、#1は政宗様、#2は幸村、#3は慶次、#4は秀吉差し置いて半兵衛でした(笑)。ちゃんと時計つきですよhappy02sign01すごいsign01小十郎はいつ来るかなっhappy02sign0112週分あったら、絶対ひとつは小十郎だと思うんだよねhappy01note(←ちなみに現在の待ち受けはもちろん筆頭winkheart04note←注:社会人です。
 ……で、これって、日曜5時からは絶対どこにも出かけられないってことですよ、ねcoldsweats01?データ放送は見なくてもデータ溜めてくれるけど、絶対リアルタイムで見てなきゃいけないんだもんね…?よ、よかった、今日5時前に出かけておいて…。

 ってなことをやってたので、実は今日の内容がいまひとつ分かっていなかったりします(笑)。もう一回見直しながら感想書いていこうと思います~coldsweats01sign01

 <安土城の亡霊!?幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!>

 毎回サブタイトルが長くて覚えきれません(笑)。

 野営をしている幸村一行。里にまで聞こえるお市さんのすすり泣きが怖すぎる。前シリーズでお市さんが兄である第六天魔王に殺されたのを目の当たりにした幸村。またゆっきーは優しいから、そういうの敏感なんでしょうね。
 で、真夜中にボロボロになった安土城へやってきた幸村。よく来るなcoldsweats01怖すぎるよ。ところが、そこに出てきたのは、これまた死んだと思われていた松永久秀。小十郎の穿月を喰らって、自爆して死んだと思ってたのに…。一瞬警戒した幸村がかわいかったです。で、どうやら松永さんはここで大好きな骨董品集めをしていた模様。そして、お市さんを発見した…。魔王が座したその場所で、座り込んでしくしく泣き続けるお市さん。松永さんの解説によれば、異界と現の狭間でどちらとも判別がつかない状態になっているのだとか。ぅうん、もともとなんか技とかも闇系だったしなぁ。お市さんならなくもない。でも、織田最後の生き残りって言ってるから、一応生きてるんだよね。(第1期でお市さんが殺されたのだと思って、怒りを覚えた筆頭たちは一体…。)
 で、敵のしゃれこうべを杯にして酒を飲んでいた第六天魔王のしゃれこうべを杯にしようとしている松永さん。負けず劣らずの悪趣味さんでいらっしゃるcoldsweats01
「人の為すことに…非ずsign01
 幸村の怒り、ごもっとも。けれど、松永さんってほんと弁が立つというか、一応自分なりの考えがあって、それも一理あるなって感じなんですよね。人としてどうかは置いといて。そもそも信長を殺したのは筆頭と幸村なんだから、その遺体を愚弄するとかなんとか言っても、人殺しには変わりない…。うぅむ、戦国時代において、そんな考え方をされたら、武将はどうしたらいいんだcoldsweats01
 で、更に恐ろしい情報をもたらしてくれる松永さん。筆頭が秀吉にやられた…と。ゆっきーとしては永遠のライバル、そう簡単にやられるわけないsign01と信じたいところだけど(紫月も信じたいけど)、淡々と聞いたことをそれらしく話す松永殿。そんな松永さん相手にも断じて敬語の幸村はかわいいですhappy01heart04note「待たれよsign01」とか(笑)。立て板に水で、政宗様が強いこと、武田軍が強いこと、そして死者を辱めるような真似をやめてほしいことを、難しい戦国敬語で言う幸村すごいcoldsweats01保志さんよく舌噛まないな(笑)。
 そんなゆっきーの前に立ちふさがったのは、ななな、なんと北条氏の忍、風魔小太郎。おおおお、小太郎が出るとは思わなかったsign01何の関連?英雄外伝つながり?小太郎も何気に人気があるみたいだからなぁ…。
 冷静にクールな見方をしてる松永さんに対し、熱き魂の具現者はそう簡単に折れません。物だって大切にしたら魂が宿るんだsign01なんて、かわいいじゃないですかhappy02note松永さんに無垢だって言われました(笑)。うん、紫月もそう思う。真っ直ぐで真っ直ぐで純粋なゆっきーはかわいいと思います。

 いつの間に仕掛けていたのやら、小太郎が糸をプツン、と引いたら、屋根の爆弾が爆発して、まんまと二人は逃げ仰せ、立ちこめた煙にむせこんだ幸村。
「…返して…返して……それは…兄様の…返してぇ」
 お市の足元から闇の手がうぉおおおおおって襲い掛かって、幸村どころか紫月まで「ひぃいいいいいshocksign01」ってなったわけですが、普通にゲームの中でもお市さんのこの技が出ると怖いんだよcoldsweats01sign01飛び退り、攻撃を打ち砕くも、たちまち新たな腕がぞわぞわと襲い掛かってきて、いやあああああ怖いぃいいいいいいいshocksweat01sign03首をつかまれ、足をつかまれ、そこへお市さんが擦り寄って来て
「市は何もできなかったから…ずっと一緒にいてあげるから…」
 いていらないよぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおcryingsweat01sign03
 それにしても、これってば、お市さん、信長公に言ってるのかな?返して、は、信長公の骸骨を、ですよね?それをゆっきーに迫るなんて、激しい勘違いcoldsweats01。本当によく分からない存在になっちゃってるんですかね?かわいそうに、ゆっきーはお市さんの死を悼んで、第六天魔王を倒したっていうのに。
「一緒に、眠ろう?」
 ん?ってことは…魔王は眠れずにいる、てことですか?それにしても、ゆっきーの鍛え抜いた腹筋をぞわぞわと腕が這うのは、きゃぁlovelyheart04っていうか、ひぃshocksweat01っていうか(笑)。
 でも、苦しむお市さんを見て、もしかすると何かを必死に抑えようとしているのではないかと気付く幸村。闇の手に、闇に引きずり込まれそうになっても、それでもお市さんを倒すことはできないと思う辺りがゆっきーですよねぇ。優しいというか、やっぱり武将として真っ直ぐというか。でも、信長公の攻撃を思わせる闇で、お市さんの腕から何とか逃れられたゆっきー、火炎車でたhappy01sign01あれ、ひたすらくるくる回りながら炎のついた槍で敵をなぎ倒していくんだけど、上手く操れないんだよね(笑←素人)。苦しんでいるお市さんの背後にいたのは、やっぱり第六天魔王の闇、だったみたいですね。火炎車のおかげでそれが引き剥がされて、なんと一瞬安土城のステンドグラスがぱぁっと再現されて、不思議な空間に包まれた幸村。

 一方…目を覚ました筆頭。ああああよかった生きてたぁあああああbearingsweat01sign01いやぁ、死ぬとは思ってないけど、松永さんが不吉なこと言うし、予告が予告だったから…。目を開いて瞳孔が収縮するとか、芸が細かい戦国BASARA弐。深夜の時から作画はすごく綺麗だったけど、この全国ネットの気合はまたハンパないと思います。目が覚めたことを喜ぶ文七郎(だよね?)を横目に見る筆頭が…美人すぎて目が眩むhappy02heart04sign03sign03はぁああ、お綺麗でいらっしゃるsign03
 あばら屋で伊達軍みんなに見守られていた筆頭。本当に筆頭は、伊達軍みんなに愛されてるなぁbearingsweat01既にボロボロの状態で、それでも秀吉に刃を向けた政宗様。
「負けたのか…なんで生きてる…」
 同時に技は繰り出したものの、相打ちにはならずに吹っ飛ばされたのは筆頭。その上頭つかまれて持ち上げられて、知ってるよあの技嫌だcoldsweats01sign01引きずられて思い切りぶん投げられるんだもん。ダメージハンパないもん。派手にぶっ飛ばされて荒野に転がされた筆頭。
「筆頭ォおおおおおおおsign03
 叫んだ伊達軍の兵士達が駆け寄って、思わず筆頭に覆いかぶさって、必死になって筆頭を守った。何人も何人も覆いかぶさって、筆頭のばらけた六爪をかき集めて、必死に構えて。2回目だけど言わせてほしい、本当に本当に筆頭は、みんなに愛されてる……bearingsign01sign01sign01sign01sign01
 その様子を見た秀吉の手がなぜか止まり、その隙にみんなで必死に逃げたようです。
「死んでも、筆頭を守らなきゃって」
「でなきゃ、俺ら意味ねえし、片倉様にも、顔向けできやせん!」
 小十郎がいない分、何とか必死に筆頭をみんなで守ってくれたんですね…。小十郎がいたら、必ずそうしただろうし、小十郎がいない間に筆頭を死なせてしまったら、それこそ…。うぅううう、小十郎、戻ってきて、筆頭守ってほしいよ……crying。で、そんな兵達に、誰か殿(しんがり)でやられたのか、とか、ちゃんと気にかける筆頭。そして、個人的には「ありがとよ」でいいと思うんだけど、「Thanks」と兵士達に感謝の気持ちを表す筆頭は素敵だと思います。そんな筆頭だから、きっとみんなに愛されるんだね。

 さて、そんな筆頭から「詰めが甘い」と言われた秀吉ですが。やっぱり伊達軍が必死になって筆頭を守ったのを見て、なにやら昔の出来事が脳裏を掠めたようです。自分が瀕死の状態で敵に囲まれた時に、必死に自分に覆いかぶさって、相手に土下座をして、
「頼む、許してやってくれ、お願いだ、殺さないでくれ!何でもするよ!だから、勘弁してやってくれ…俺の、友達なんだ!」
 慶次…………coldsweats02sign01sign01sign01慶次、なんていい奴なんだ……bearingsign03sign03sign03でも、その慶次への思いが、秀吉の手を止めさせたわけですね。それを意に介さないようにはしてるみたいだけど…でも、秀吉はそんな慶次のことを大事に思ってたんじゃないのかなぁ……。

 その慶次。こちらも野営中。こちらはたった一人で、焚き火を見ながら思い返すは、利家とまつと過ごした、楽しい日々。よく食べ、いたずらをして怒られ、でもみんな笑顔で…だけど、そんな大好きな利家を叩きのめし、まつを悲しませてしまった。慶次もつらいなぁ…、ほんと今回つらいばかりで。かわいそうです。だけど、諦めないのが慶次。やっぱり秀吉に直接話をするつもりなんだね。

 一方、安土城の幸村。日の光が差し込んでいて、その前には倒れ伏す市。だけど、それは幻影でもなんでもなくて、本物の市。お市さんは何も出来なかったから、成仏せずに残っていた禍々しい信長公の魂を全身全霊を持って鎮めようとしてたんですね。そして、織田の生き残りの兵達がそんなお市さんを迎えにきて。ゆっきーに
「信長様の仇!」
と打ちかかろうとした瞬間、ゆっきーにも迎えが来ました。小山田さんが先頭に立って。ゆっきーだけでも負けないと思うけど、お市さんがいるし、ゆっきーは無駄に人を殺したくはないだろうから、無駄な戦いをせずに済んでよかった。GJ小山田さんwinkgood幸村、黙って出てきたらしいけど、よく分かったなぁ。どうやら小山田さんは、お館様から幸村の思うように行動させてやれって言われてるようです。さすがお館様。いつでも見守ってくれてるんですね。
 また、燃えさかる安土城を見上げるお市さん。お市さんを頭に織田を再興するのは、相当難しいと思うんです、けど。何しろマイナス思考な方ですゆえ……coldsweats01

 そして、ついに登場です、毛利元就happy01sign011期は出番少なかったからな…ちらっと。ほんとチラッと出てきただけだった。13話では腹黒いところをしっかり見せ付けてくれたけど。
 慶次の予想通り、元就は秀吉と組んだんですね。半兵衛も元就も、相手の腹の探り合いって感じですけど、元就の(オクラと名高い)武装ってなんかかわいいと思いますlovelynote(←全く関係ない。)袖っていうか腕のところもなんか外へひらっと出ててかわいらしい…。そんな元就の専らの敵は、要塞富嶽を擁する長曾我部元親。…アニキもほんっとみんなから慕われてるから。筆頭と合わせて東西アニキ組で出て来るからsign01(@戦国BASARA2大武闘会)
 で、薩摩の得体の知れない集まりってなんだろう?島津もザビーも魔王にやられてるから…。公式HPでいくと、やっぱり石投げるあの人なんでしょうか…。

 次週は…え、今度は伊達軍と上杉軍ですか?いやいやいや、軍神もめちゃめちゃ強いんですけど……bearingsweat01sign01政宗様、大丈夫かcoldsweats02sign02ところで、政宗様が差してた刀って…黒龍…sign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »