« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

10月新番組よりプチ感想第3弾

 今週末は、土曜日まで出勤で、しかもそのあとなぜか夕食に付き合うことになって、もぉ眠くて眠くて死にそうでした(笑)。そもそも、先週は日直が当たっていて、毎日朝早くに出勤しなきゃいけなかったり、それなのに、眠くて目がしぱしぱするのにどうしても眠れなかったりして、妙につらい1週間でした。今日は昼間も爆睡して、やっと頭と目がスッキリしました。元々いつでもどこでも眠れるのが特技だったはずなのにな~。会議中とか。(←ダメでしょ。)

 ところで、今週も溜まったビデオをたくさん見てたんですが、一番のヒットだったのはGACKTさんのO.G.T(男のゴールデンタイム)のCMだったかもしれません(笑)。ラスカルを見て感動してるGACKTさんと唐沢さんが面白くて面白くて、唐沢部長に「もう一回見よう!」って言われて、低い声で勢いよく「はいっ!」って巻き戻すGACKT課長が面白すぎて、思わずビデオに録れてたのをわざわざカットして残してみたりしました(笑)。何であの人あんな面白いんだか。

 てなわけで、また今週も色々見た中で面白かった番組のプチ感想でも書いてみたいと思います。

 相棒Season9 第2話
 相棒って、これと決まったパターンがあまりないというか、いつ見ても色んな所で「そう来たか~」って思うようなところがあって、よくある刑事ドラマと違うのが、見えてきたと思った真実のその裏にもう一つ深い真実が潜んでいて、それを右京さんが「1つだけ…」って暴いていくっていうのが多い気がします。今回は前後編っていうのもあって、他殺だと思われたのが実は自殺、だと思ったら、全く別の人による他殺だった、とか、殺しのプロの犯行を見破る、とか、その殺しのプロがどうしてそのような犯行に及んだのかを暴く、とか、右京さんの頭脳大活躍でしたが、一番の見せ場は、黒幕が撃たれそうになるのを身体を張って止めようとした右京さんだったかも、と思った紫月です。拳銃を持った相手を前に、犯人を説得する右京さん…素敵です。だけど、結局犯人は自分の頭を撃ちぬくことになって、「最善の方法がいつも正しいとは限らない」っていう台詞が印象的でした。

 黄金の豚 第2話
 今回も痛快でした~~~happy01note大きな権力に逆らえない、どうしようもない、っていうのはよくある話で、それに逆らえない悔しさみたいのもすごくよく分かるんですけど、それをひっくり返してくれるっていうのはスカッとしますねsign01

 荒川アンダーザブリッジ 4BRIDGE
 ニノさんの制服姿がすごくかわいいのはともかく、意外にシスターが似合うと思ってしまった紫月の頭のネジはどこか間違っているのかとcoldsweats01あれかな、隣にいたマリアが似合わなさすぎたからかな(笑)。村長とラストサムライの最後のX斬りとか、素材がいいってリクのことかよcoldsweats01sign01とか、相変わらず爆笑させてもらいました。

 心霊探偵八雲 第4話「魂をつなぐもの~憑依~」
 それにしても八雲くんは口が悪いな、とcoldsweats01よくもあれだけポンポンと皮肉が出てくるもんです。だけど、女の子相手に感情的になってしまったと気づいたときに、素直にごめんって言えるのを見たりすると、本当は優しい子なんだろうなって思ったりして、普段クールで皮肉屋さんな分、むしろ好感。なんだか、過去にも色々と複雑な事情があるみたいだし、八雲くんがひねくれてるって言われる所以はそこにもありそうです。
 ところで、あのお医者さん……娘がどうなって、どうしようとしてるんだろう…?

 屍鬼 第12話
 1ヶ月ぶりの屍鬼です。前回のEDは、次回予告というより、これからの展開を一部見せるといったところだったんですね。尾崎先生や奥さんの話はまだ先のようです。
 けど…夏野くんが…夏野くんが弱っていく…bearingsweat01sign01徹ちゃんは号泣しながら夏野くんに襲い掛かってるし、そうでなくても躊躇って躊躇って…なんか痛々しいわ切ないわ。徹ちゃん、1日来なかったのは、やっぱり夏野くんを殺すことを躊躇ったからなのかな。頬がこけてたから、きっと徹ちゃんも躊躇って我慢してたんだろうな。そして、徹ちゃんに「夏野」って呼ばれるたびにつらそうな夏野くん。何とかこの状況を打開しようとしてるんだけど…このままでは夏野くん、やっぱり死んじゃうんだろうか。主役の一人のような感じだったんだけど…。そして、結城家ですが、お父さんの宗教嫌いも困ったものです。更に、あの小さい女の子に「入っていいよ」って言ってしまったせいなのか、お母さんも既にやられてますよね。次回予告ではお父さんもやられてるっぽかったし…。それにしても、今回一番ぎょっとしたのは、このお父さんが、かおりちゃんや昭くんのことをまるで化け物のように回想してるところでしたcoldsweats01。あんなふうに見えてるのか、お父さんcoldsweats01sign01次回予告では、梓さんが村を出て行くって置き手紙があったし、梓さんってお母さんのことだと思うし、もしかして夏野くんが…死んじゃったりするのか?うぅ、死なないで欲しいな…夏野くんには死んで欲しくない…。
 そういや今回はGACKTさんの声も登場してました。あの人物にあの大仰な演技がかった言い方は合ってなくもないと思うんですけど、あの人怪しすぎですよねcoldsweats01。あと、OPとEDが変わって、室井さんが…屍鬼の目になってたんです…けど…coldsweats02sign02やっぱりあの人もそうなっちゃうのか…?この村で生き残るのは尾崎先生だけなのかな…。

 テガミバチ REVERSE 第5話「リバース・ワールド」
 なんかいろいろ裏がありそうだなー。って思ったんですけど。暁では何が起こってるんだろう。蜂の巣の館長ですら憧れていたガラードさんが、ゴーシュたちの組織とつながってるの?あの人の相棒(ディンゴ)のヘイゼルさんは、単純で気さくでいい人のような気がしたけどな~。

 今週はまだバクマン。見てないので、また来週にでも何か感想があればまとめて書こうと思います。それにしても、自分でビデオを装備するようになって、かなりの数の番組を録ってるわけですが、ちょっと消化しきれなく…なりつつ…coldsweats01。精選していかないとダメかな~。その上、ANIMAXで久しぶりに見たのをきっかけに、妙にはじめの一歩が読みたくなって、ちょっと前から読み直してるわけですが、やっぱり初めの方は面白かったなぁ…と思います。宮田くんと一歩の試合、あんなに盛り上げといて、なんで流しちゃったんだろう。もっと上での決戦で決着をつけるつもりなのかな。それにしても、やっぱり宮田くんはかっこいいなぁかっこいいなあかっこいいなぁhappy02heart04noteかっこいいのに時々かわいくてそのギャップがたまりません。鷹村さんとの合宿の時の宮田くんはかわいすぎると思う。時々下品なシモネタもありの漫画なんですけど、それを差し引いても面白い。ただ、最近の流れはどうしても本題から逸れちゃってるというか、一歩に宮田くんっていう目標がなくなっちゃったのがな~って思います。人気作品だし、終わらせたくないのは分かるけど…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

10月新番組よりプチ感想第2弾

 (また)風邪ひきましたcoldsweats01
 今年何回この言葉を書いたやら(笑)。でも、前半に比べたら少ないかもです。今回は、1週間かけてじわじわ風邪ひいてった気がします。結局仕事を休むほどの風邪じゃないんですけどねcoldsweats01。(←そこはいつも通り。)喉がカサカサ~、鼻づまりがひど~い、微熱で頭がぼんやり~、そんな感じなんですけど、微熱はいつも通り本当に微妙な熱で、2ヶ月くらい37℃前後(でも37.5度は超えない。)だったわけですが、それで免疫力低下してんじゃないかしら。(でも健康診断では特に異常なし。)

 さてさて、今シーズンは珍しくドラマも面白そうなのがあります(笑)happy01note(←基本アニメ派。)もちろん、ドラマはとても全部チェックしたりはしてないんですけど、面白そうかなって思ってみたのが二つとも面白そうなので、楽しみです~happy01notesちなみにチェックしたのは「相棒Season9」「黄金の豚」だったんですが、どっちも水曜日って、結構きついなcoldsweats01。ビデオが溜まる~~~coldsweats01sweat01
 最近のドラマって、刑事ものと医療ものが多いな~っていうイメージだったんですが、刑事ものの中で紫月的には「相棒」シリーズは別格です。(あと、踊る大捜査線シリーズ。)相棒が神戸くんに変わった前シリーズで、どうなるだろうと思ったら、これがメチャメチャ面白くてツボだったんですよね(笑)。いいな、知的な相棒happy02noteでもその上を行く右京さん(笑)。
 
「黄金の豚」は、最初そんなに気にしてなかったんですけど、あれ?篠原さんと大泉さんのコンビといえば、ハケンの品格だよね、面白そうhappy02sign01っていう感じです(笑)。アニリボの感想を書き始めるようになる前ですが、ハケンは面白くて楽しみに見てたんですよね。今回もキャラ的には近い感じで、姐御肌な篠原さんと、それに翻弄されつつ大嫌いだと思ってるはずなのに気になる大泉さんみたいな?うん、楽しそうです。1クールに2本もドラマ見るのは珍しいんですが、ちょっと楽しみに見ていこうと思います。
 相棒はいきなり前後編でした。後編を楽しみにしたいと思います。黄金の豚も、みんなが手も足も出ない巨悪に立ち向かう辺りが痛快そう。やっぱりドラマは痛快でないとhappy01sign01

 さて、前回に引き続きアニメプチ雑記。

 バクマン。#3「親と子」
 小豆ママのすんごい縦ロールにびびったのは紫月だけですかcoldsweats01出てきた瞬間目が点、次の瞬間笑っちゃいましたけど。最高の気持ちがよく分かる(笑)。あと、何かと最高が「俺」って言うたびに「俺たちね」って訂正する秋人が律儀というかかわいいというか(笑)。

 テガミバチ REVERSE#3「アジサイ色の絵手紙」
 とっても優しいお話でした~happy01sign01お嬢様のピンを売ってしまって、その罪悪感から名乗り出ることができなかったっていうキミドリさんの控え目さも嫌いじゃないけど、それに付け込んでる女中頭みたいな人にお嬢様が騙されるのを黙ってみてられなくて、心弾を使って真実をお嬢様に教えたラグ、GJwinkgoodsign01男の子みたいな雰囲気なのに、美人で綺麗で病弱なお嬢様もなんか素敵でした。そして、最後に絵が下手だったラグでオチもあって、いい感じに収まったお話だったかと(笑)。

 荒川アンダーザブリッジ BRIDGE3
 ニノさんかわいーなぁかわいーなぁhappy01note怒ってる?ニノさんもかわいかったですが、ぼんやりしてるニノさんかわいい。実はリクが離れちゃうんじゃないかと思ってたニノさんかわいい。なんか、恋愛とか恋とかそういうのも分かってなさそうなのに(笑)。ついでに、あの金星からのメッセージってなんか意味あるのかcoldsweats01あと、リクの自慢話なのか恥ずかしい話なのかよく分からないけど、サインの105点にしても、落とさないバトンにしても、大爆笑でしたが(笑)。

 心霊探偵八雲#3「トンネルの闇」
 初めて八雲くんの苦しみを垣間見た気がしました。死者の魂が見える。見えて、会話もすることができるけれど、それで説得することができなければ、その魂を救ってやることもできない。悪霊に捕らえられた魂を、どうしてやることもできず、喰われてしまうのをただ黙って見てるしかない。見えるだけに、それはつらいことだろうなあ、と思いました。

 あと、前回第1回を見て、OPがえらく動かないなと思ってた咎狗の血ですが、第2回にしてめっちゃ動いてて笑っちゃいました。間に合ってなかったのか、OP(笑)。アニリボもそうだったな…確か。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年10月16日 (土)

10月の新番組からプチ感想

 アニリボが終わってしまったので、先週までのんびり家庭教師ヒットマンREBORN!の31巻感想を書いてたんですけど、前クールは単行本とアニリボと戦国BASARA弐の感想を書いてたんだなぁ…。スゴイな自分coldsweats01(←大してすごかないが)。

 さてさて、定期的に書くことがなくなっちゃって、アニリボのネタバレ防止に書いてたプチ雑記コーナーくらいはやろっかなーって思ってるんですけど、黒執事Ⅱも終わったし、屍鬼はまだやらないしなので、10月からチェックしてる新番組の感想でも少々。
 自分の部屋にブルーレイのビデオを入れたせいで、いやもう録り放題っていうか(笑)。分かってたけど、ますますダメ人間に近づいていくな~と。しかも、今までは居間に人がいない間を見計らって溜まったビデオ見なきゃいけない感じだったんだけど、自分の部屋で空いた時間に好きなだけ見られるっていうのも、便利な反面自分を引きこもり方面へ導いてくれちゃってますhappy01goodsign01(←喜ぶな。)

 で、10月から見ようかなーと思ってチェックしたのは、「バクマン。」「テガミバチ REVERSE」「心霊探偵 八雲」「荒川アンダーザブリッジ×2」「薄桜鬼 碧血録」「咎狗の血」、あと地元チャンネルで今更の「クロスゲーム」が始まったので、一応チェック…。
 今回は何気に2期が多いような。そして珍しくNHKが多いような(笑)。
 今後見続けるかどうか、感想を書くかどうかはそれぞれの番組の魅力や展開次第ですが、今のところ気になってる辺りだけ、今回はプチ感想書いてみたいと思います~。

 「バクマン。」#1&2
 WJ読んでるわけじゃないので、作品の存在は知ってますけど、内容はあまり分かってません。が、2回見た感じでは、結構面白いと思います。最高と秋人(かな?)が、これからどんなふうに漫画を描いていくのか、とか、声優さんになりたい小豆ちゃんの存在がどんな風に関わってくるのか、とか、まだまだ未知数ですが、今のところは秋人の頭のよさと観察眼と、そんなに漫画家になりたいと思っててなんでネーム知らないんだよcoldsweats01sign01ってツッコミたくなるようなところが気に入ってます(笑)。

 「テガミバチ REVERSE」#1&2
 1期から見てて、1期がメチャメチャ気になる終わり方をしたので、見ないわけにはいかないでしょって思ってた作品です(笑)。相変わらずEDの曲の方が、OPより好みだったりする紫月ですが、ピコさんって確かニコニコ動画に投稿してたことがきっかけでデビューした方だよな~って思って、少しニコ動を見てみたりして…え?この人…男性なんですかcoldsweats02sign02って驚きました。EDの曲や、その曲のCM、聴いてみても見てみても、知らなかったら女性だとしか思わないです。特にCMなんかはご本人も出てるのに。ニコ動内では有名な話だったようですが、ほんと、超今更知った紫月でした(笑)。
 で、超気になる1期の続きから、見事に始まった2期でしたが、はて、ゴーシュはゴーシュでも、名前が変わってるみたいですね。そして、ロダは犬だったけど人になってる。でも、会えたことは会えたわけで、一歩前進かな?と思いました。ゴーシュは心を失くしてるってことだったけど、眉毛も失くし…ゲホゴホ、なんでもないっス。
 そして、ラグがゴーシュに心弾を撃ちこまれるのを止めることもできなかったニッチですが、それを自分で責めて、ラグの元を去ろうとしてました…。パンと武器屋の夫婦となじんでるニッチはかわいかったです。そして、ニッチのことを責めるどころか、相変わらずすっごく信頼していたラグ。2話目は微笑ましいお話でした。

 「心霊探偵 八雲」#1&2
 本屋さんでこのタイトルを見かけた瞬間、「なんか心惹かれるわ~happy01」って思ってた作品でした。でも、手に取ってはみるも、小説なんてなかなか読めないしな~って買わずじまいだったわけです。それが漫画になってて、更にアニメ化するなんて思ってもみませんでしたが、人気あったのかな(笑)。
 案の定、色々とお見通しで無愛想でちょっとひねくれてるけど実は優しい八雲くんがお気に入りです。2話目より1話目の方が個人的には面白かったと思います。アニメにしては話がとんとん拍子というか、ガンガン進むというか、場面が結構飛ぶので、ストーリーは分かりやすいんですけど、まるでダイジェスト版を見てるような気分になりました。WJ系の引き延ばし対策に頭が慣れちゃってるのかなcoldsweats01

 「荒川アンダーザブリッジ×2」1&2Bridge
 1期から引き続きの話数のカウントで、既に100を越えてるっていう話なんですけど、相変わらず快調です(笑)。ニノさんの淡々とした不思議ちゃんっぷりがかわいくて仕方ないです。そして、リクの苦労人っぷりがおかしくて仕方ないです(笑)。相変わらず橋の下の住人たちは普通じゃないなぁと。一癖ふた癖どころじゃない(笑)。EDの、リアル村長は1期でそこそこ見慣れてたけど、リアル星は怖かったというか気持ち悪かったというか、特殊メイクすげーなって思いました(笑)。

 その他の番組は、今のところまだなんとも。「クロスゲーム」は、あだち充原作ってことですが、相変わらず野球なんだな~とか(H2は水泳だっけ?)、ご近所さんで幼馴染みで仲良しさんが死んじゃうとか、どこかしらタッチと似通った部分があるような気がするんですけど、友達が面白いよって言ってたので、とりあえず見ておこうかな~と思ってます。

 あと、来月はONE PIECEの新刊が出るそうですね。前巻がまたこれ非常に衝撃的というか、マジ泣きせざるをえないような展開で、更にエースとルフィの過去の話ってところで終わったので、続きがとっても気になるところです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年10月 5日 (火)

家庭教師ヒットマンREBORN!31巻感想

 いや~~~~~。
 ネットの噂で知ってはいたけど。

 いや~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っcryingcryingcryingsign01sign01sign01

 医者の言ってる通りになんてならないよね、そんなわけないよね、だってお兄ちゃんが応急処置してくれたんでしょ?晴の活性してくれたんでしょ?大丈夫、絶対大丈夫weepsign01(←結論:言い聞かせ。)

 表紙は美しかったし9代目ファミリー真面目にかっこよかったし物語的にはどっと動いたなって感じだったんですけど…なんて言うか、そんな理不尽な。山本、なんも悪いことしてなかったじゃんか…むしろ、本当にいい子で…なんでこんな素敵な子を攻撃できるのぉおおおおおおおおおおおbearingcryingsign01sign01sign01

 っていう思いで一杯になってしまって。なんて言うか…とりあえず、その思いだけ吐き出しちゃってスミマセンcoldsweats01sweat01sign01平日だし、読み終わった現在、もう寝ないと明日の仕事に支障出るような時間になっちゃってるので、ストーリーに沿っての感想は追記追記でしていきますので、広い心でご了承くださいcoldsweats01。あ、そして思い切りネタバレしててごめんなさい、アニメ派の方見てらしたらごめんなさいbearingsweat01sign01この先もっとネタバレしますんで、お気をつけてsign01

 <家庭教師ヒットマンREBORN!31巻「継承式来る!」>

 表紙は雲雀さん&アラウディさんlovelylovelylovelyheart04heart04heart04notenotenote
 ああっ、この取り合わせで麗しくないわけないじゃないですかーーーーーーーーーーーーーーーーーhappy02heart04heart04heart04sign03sign03sign03(←1日経って立ち直ったらしい(笑)。)それにしても似てるな…なんとなく、アラウディさんの方が金髪(?ちょっと落ち着いた色がまた素敵happy01note)だからなのか、髪の質的には雲雀さんのほうがさらっと柔らかそうで、瞳が青い分、アラウディさんの方がお人形さんみたいな…表情も手伝ってる気がしますけど。雲雀さんのほうが意志が強そうかな~。それにしても……キレーな人達lovelyheart01note見てろって言われたら、1時間でも見てられる気がしますが、紫月、異常ですかね(笑)?
 カバー取ってみたら、ランボさんがかわいらしかったけど、それより牛丼のつぶらな瞳が…牛丼意外とかわいいhappy01noteそして、中表紙っていうか、色のついてない雲の守護者たちでもう1時間いける(笑)。更に今回、CONTENTSが風さんって……わざと?この似た3人組。どうでもいいけど風さんがまたかわいすぎるhappy02heart04sign03かわいいよぉこれ、このサイズでチェーンのストラップとかにならないかしら。1000円までなら払える。(←ケチ。)

 <標的289「野菜」>
 表紙は薫くんと山本。山本ったら、外見ヤバイ薫くんでも、ちゃんと中身を理解して、こんなふうに親しく接しちゃうんだから、ほんといい子ーーーーーーーーーーーーーhappy02heart04sign03しかも、制服と帽子を交換して、めっちゃ嬉しそうなんだから。心底かわいいです。後ろ向きキャップも心底かわいいです。薫くんが来るってだけで逃げて行ってしまった野球部の連中見返してやろうぜって笑顔がかわいすぎ。シャイな薫くんのこと分かってて、竹刀で勢いよく地面を突いての「やってられっかよannoysign03」にも、一人反応が「?」ってかわいすぎ。そして、投げるって言わない薫くんを、「あっはははhappy01sign03なんだよそれ。じゃあ気が向くまでのんびり待つな」って……もう何なのこの子、天使なの?天使で済まないよ、仏様も驚きのなんという心の広さhappy02sign01中2だよ?もっともっと自己中でもいい年代だよ?それが、このさりげないおおらかな優しさhappy02heart04sign03なんちゅーいい子だよ~~~happy02sign01しかも、薫くんの「人前で投げるの…恥ずかしい…」を聞いても、「へ?」(←死ぬほどかわいい。真面目にかわいい。かわいすぎてヤバイ。)って驚いただけで、バカにしたり笑ったりせずに、親身になってニコニコ考えてくれて。ああああああああああああもおおおおおおおおおおおお…好きすぎる、冗談抜きでhappy02happy02happy02sign03sign03sign03なんていうか、好きを通り越して人として尊敬に値する、この子は。
 そんな山本に対して、涙を浮かべるほど嬉しかった薫くん。いつの間にやら「水野」から「薫」に変わってる呼び方からしても、山本も薫くんのこと、ほんとに友達だと思って、そのために自分にできることなんでもやってやろうって思ってるんだろうなって思います。なんて素敵なできた子だろう。で…山本のグローブの中で消えた球。…なんで?死ぬ気の炎で燃えちゃった?
 そして、遂に総登場の9代目ファミリーhappy02sign03おぉお、さすがに年齢層が高いなーsign01(個人的に)噂のガナッシュさんはこんな感じか~~~happy01sign01オジサンっぽいけど、コヨーテさんとかビスコンティさんがいるから、すごい若手に見えるな(笑)。ていうか、コヨーテさんとビスコンティさん、なんてかっこいいんだhappy02heart04sign01こんなかっこいい年配の方、見たことないよlovelysign01渋かっこいいsign03
 どくしゃのあじとその1:雲雀さんのかわいさは如何ともしがたいなhappy02heart04sign01ちっちゃい雲雀さんはもちろんだけど、読者の「ロールの好きな食べ物は何?」っていう何気ない質問に「…………ちくわ」てhappy02sign01どこから突っ込んでいいかわからないよhappy02sign01かわいすぎるよhappy02sign01

 <標的290「コミュニケーション」>
 ……今思ったんですけど。前の巻で、了平兄さんが「青葉」「青葉紅葉」⇒「紅葉」になり、前の話で山本が「水野」⇒「薫」になり、この話で獄寺が「SHITTO・P!」⇒「しとぴっちゃん」に……。これは、ボンゴレ守護者とシモンファミリーの心の距離がどんどん近づいてる…というのを表してるんでしょうか。この先を読んでしまうと、それがまたやり切れないばかりなんですけど、それはとりあえずおいときましょか。
 伝説のギーグファミリーがやられたってことに驚いたらいいのか、このヤバイ仮面の人たちと友好関係のボンゴレって一体ってことに驚いたらいいのか、いつの間に猫も杓子も炎を使うようになったんだ現代ってことに驚いたらいいのか、行動の奇怪なしとぴっちゃんが思った以上にフランクだったことに驚いたらいいのか、ギーグファミリーやったのってアーデルハイトさんだよねcoldsweats02sign02ってことに驚いたらいいのか、そこんとこどうしよう。

 <標的291「9代目」>
 あ、人気投票のときのだlovelysign01これWJ買ったぞ。もちろん中身は読んでないけど、カラーは知ってますみんな勢ぞろいなのなhappy01sign03ボンゴレの守護者たちは、形は違えどセットのデザインで、カラーがペアになってるんですよね。山本はオレンジで雲雀さんと髑髏ちゃんと同じカラー。皆様の感想で、山本素肌にツナギcoldsweats02sign02って言われてたんですけど、どっすかね?そこはもちろんですが、何気に刀身を親指で鞘からのぞかせてる仕草も剣士っぽくて素敵だなって思う紫月です~lovelynoteそして、みんなどっちかっていうとかわいいと思うんですけど、かわいいという中では雲雀さん一押しです(笑)。なんか妙にかわいい。好きだからかなcoldsweats01麗しいのは、いわずと知れたディーノさん、骸さんだと思いますhappy02heart04goodsign01紅葉くんも、こう見ると馬鹿っぽくなくてかっこいいんですけどね~(笑)。そのカラーの裏の、らうじ君とランボさんとか、見てると微笑ましいのになぁ。
 さて、ギーグファミリーがやられたってことで、誰よりびびってるのはやっぱりツナ。そんなツナをみんな励ましてくれるんだけど、いや、本人ボスになりたいとは思ってないっていう(笑)。で、それを言うなら9代目だろってことで、なんと9代目からお迎えがきました。おぉ、コヨーテさんとガナッシュさんだhappy01noteで…ホテルの最上階ワンフロアが一部屋になってる超豪華なところに9代目がいたわけですが、そんなところで家庭菜園ですかーおじいちゃんcoldsweats01sign03なんていうか、ほんっと普通のおじいちゃんみたいで…断るぞ断るぞって心に覚悟を決めてきたツナが「おじいちゃんcoldsweats02sign03」って言った気持ちもめっちゃ分かる。なんかほっとしちゃうようなおじいちゃんだもの。そして、そんながちがちになってたり、思わずおじいちゃんって言っちゃったりするツナをニヤニヤして見てたり、くすくす面白がってるがナッシュさんが(笑)。結構コヨーテさんとか、威厳たっぷりなんだけど、この人はなんか……またフランクなイメージが。
 だけど、9代目は優しいおじいちゃんでありながら、それでもボンゴレ9代目なんだなって思わせるところがあるな~…と。ツナの気持ちをよく理解して、ツナのこともよく理解して、ツナが今のボンゴレにふさわしいということも分かっていながら、それでもツナの気持ちを大事にしてくれて…だけど、ボンゴレを継いでくれることを望んでいて。何よりツナに強要しない優しいところが、とっても素敵だと思いました。こんなおじいちゃんに仕える9代目守護者も、きっと9代目のこと、とっても慕ってるんだろうなぁ…。
 ツナにとっては、9代目の思いも現実も重すぎるみたいで、唯一、自分の気持ちを分かってくれそうな炎真くんに縋りたいような気持ちになってるみたいですけど。そして、継承式で受け継ぐのは「罪」…血が至宝ですか。なんていうか、ますます重いなcoldsweats01

 <標的292「相談」>
 扉ーーーーーーーーーーーーーーーーーー扉で事件が起きているhappy02heart04sign03
 初代が会合開いてるよーーーーーーsign03sign03事件って会議室で起きるんだねwinkshinegoodsign03(←古い。)改めて初代ってプリーモ含めてマジでかっこいいなhappy02heart04sign03そして、そこはかとなくなんだか雨月さんの服装に超浮いてる感じが否めないんだけど気のせいですかcoldsweats01?いや、見た目の麗しさとかはもうパーフェクトっスよ。でも、「この中に他と違う人がいます。誰でしょう」って小学生に聞いたら、百発百中で雨月さんを指す気がする(笑)。外国に来てもこの姿だったんですか雨月さんsign01どこまでも和風なそんな雨月さんが大好きですhappy02heart04sign03あまり馴れ合いたくないお二人が手前にいるところもそれらしい。プリーモの右側には、ちゃんと右腕のGさんがいるのは当然ですよね。
 さて、警護に来てくれていた炎真くんに、自分にはボスなんて絶対無理だって思わず打ち明けたツナ。ツナのこんな弱い部分に共感してくれる仲間が、思えばツナの周りにはいないのかも。山本だって、ツナがボスになって欲しいって思ってるし。炎真くんは、そこんところ共感してるかと思いきや、微妙に思いは違うみたい。だけど、それでもなにかしら通じるものはあるみたいで…膝を抱えながら「ツナくんとなら友達になれるかもって思うときがある」とか、ツナにとっくに友達だと思ってるって言われた時の表情とか、決して悪い関係じゃないと思うんですよね。おどおどしてるように見える炎真くん。そして、ツナのこと、決して悪くは思ってなさそうで…。シモンファミリーが何かしら企んでるっていうのは、この時点で、炎真くんとアーデルハイトさんの会話で分かるわけですが、炎真くんの見立ては正しいし、何かしら思うところはありながらも炎真くんにそれを見定めるだけの余地を与えてくれるアーデルハイトさんも、決して悪人じゃないような気がするわけで。
 それが、何が悲しくてこんなすれ違いに…bearingsweat01sign01ツナは決して悪くないと思うんだけど、せっかくツナのことよく思ってくれた炎真くんに、やっぱり…って思われちゃったのが、なんか悔しい。よりによってゴミ箱に落ちんでもええやん…sadsign01

 <標的293「すれちがい」>
 …………この回はほんと、何から書いていいのか…。出かけて帰ってきてから、何回かパソコンに向かうも思いつかなくて、床にころり転がって読み直してどよーんcrying。を、6~7回繰り返してますcoldsweats01。はふぅ…山本…。
 ツナが10代目を継ぐのを、9代目に断るとか、なんでシモンファミリーの復興の絶対条件が継承式の「成功」なのか、とか、他にも気になること色々あるんですけどねー。成功っていうのは、ツナが10代目を継ぐって決めて、ちゃんと継承式が行われるってことなのかな。9代目は、あれだけツナに期待をしてたわけだけど、断られても「そうか」ってにっこり笑ってくれて、その思いの裏には一杯あるんだろうに…ツナのこと本当に大事に思ってくれてるんだなって。あと、遂に髑髏ちゃんに接触を図ったジュリーくんですけど、チャラ男?チャラ男なの?髑髏ちゃんには心に決めた骸様がいるから、食料だけじゃなくて、どうしたってジュリーくんになびくことはないと思うけど、ジュリーくんはそんなことお構いなしみたいです。
 で、薫くんと山本。山本の呼び方は、更に「カオル」になってて、ほんとに親近感を持って接してて。コントロールついてきたってことは、初めて投げた時の球は、飛び出してそのままどっか行っちゃったってことなのかな?少なくとも山本はそう思ってる?…とか、そんなことはまあいいや。継承式のことも野球のことも話せる友達なんて、さすがの山本にもいなかっただろうし、ほんと嬉しそうだよな~楽しそうだよな~。
 落ちた薫くんのリングを拾って自分のと比べてる時の山本の、かわいいことったら。シモンのリングは、やっぱりなんかぐるぐる巻きになってるんだけど、その紙テープみたいのには、ボンゴレのマークに×印。拾ったリングを取り上げられても、怒ったり不快感を表したりしない山本。でも、ボンゴレのマークはちゃんとわかってるんですね。
「まっさか、打倒ボンゴレだったりしてな♪ハハハhappy01
 ほいって。そんなマークを見ても、薫くんのこと疑いもしてなくて。ニコニコ笑いながら返そうとした山本。だけど、薫くんの目は既に据わっちゃってて、シモンリングから山本が炎の気配を感じた瞬間、見たことのないマグマみたいな炎が噴き出して……鋭い何かで…思い切り貫かれ…………うぅうううううぅううううcryingsign01sign01sign01
 血まみれの山本。それでも、なんで薫くんがそんなことしたのか分からない、みたいに唖然としてる山本。血まみれの部室で、一人残されて、それでもつぶやいたのは、ツナを心配する言葉……crying。血に濡れた指が震えて…。…………しくしくしくしく。うっ…………こんな時にまで、やられて苦しいとか、悔しいとか、憎らしいとかそんなの一切なくて、ただツナのこと思って。そんな山本が何でこんな目に遭ってるんだ…………weepsweat01sign01薫くんだって山本のこと絶対に好感もってたはずなのに。山本のことよく分かっててくれてたら、その紙切れを見たからって、山本が薫くんのことを疑ったりなんて絶対しないだろうって分かっただろうに。……ぅうううぅ…………しくしくしくしくしくしくcrying。(←ここを読むたびにこんな状態を繰り返すダメな紫月です。テンションが零地点突破しててすみません…)

 <標的294「決意」>
 扉が…扉が…cryingsign01sign01sign01
 これってさ、これってこれって、山本の部屋ですよねえcryingsign01みんなで山本のうちに来て、楽しそうに遊んでて…………そう、ツナはもちろん、獄寺もリボーンもですよ。三人にとって山本がどんな存在だったかって、この扉一枚にぎゅって詰め込まれてるような気がするわけですよ、山本ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーcryingcryingcryingsign03sign03sign03このみんなの、すっごく自然な笑顔が…当たり前の日常が…うぅううう……weepsign01
 継承式の中止を快く決めてくれた9代目ですが、まだ諦めてないってことで、もう少し時間を置こうと思ってるのかな?それなら、なぜ今の時期に継承しようと思ったんだろう。だけど、ツナがほっとしたのもつかの間、獄寺からの緊急の電話で山本のことが告げられて…。
 そもそもツナが10代目の継承を断った理由の大きな一つに、仲間を危険に巻き込みたくないっていうのがあるわけですが、もうそんなこと言ってられないくらい、ツナはボンゴレに深く関わってしまっているってことなんでしょうか。怪我するのを覚悟して修行して戦ったのとは訳が違う。…つらいだろうな、ツナも。あの獄寺が声を震わせるほど容態も悪くて…。(話の腰を折ってあれだけど、手術中っていうかあの手術着や手術室って、完全抗菌状態じゃないんでしょうかねcoldsweats01?)
 発見してくれたのは了平兄さん。了平兄さんでよかった…と思うべきなのか…。すぐに救急車を呼んでくれて、その間も晴の活性で一生懸命治療も試みてくれて。それでも傷が酷すぎて…だなんて…crying。獄寺も、頻繁に腹を立てるタイプだけど、今回の怒りようは今までに比較できないくらいのような気がします。……薫くん含め、シモンのみんなはもちろん、薫くんがやったってこと分かってて、こんなふうにしらばっくれてくれちゃって…。薫くん、山本に見られてしまったっていうのはあったとして、それでも山本をこんな目に遭わせておいて、何も感じないんだろうか。山本があんなに気に掛けてくれて親しくしてくれてたこと、嬉しかったんじゃないんだろうか。薫くんがわかんない…bearingsweat01sign01
 リボーンが野球部の部室で、手がかりを探してきてくれたけど、山本、あんな状態でも、自分の血で一生懸命手がかりを残そうとしてたんだね…。それを消してくれちゃったのはもちろんシモンファミリーなんだろうけど、本当にシモンファミリーはボンゴレを敵視してたんですかね…。炎真くんのすれ違いはあったにせよ、紅葉くんと了平兄さんは気が合ってたし、らうじくんはランボさんとほのぼのしてたし、薫くんだって…。それも全部、炎真くんの書いた手紙を、ツナが無視したと思われちゃったからチャラになっちゃったのかなぁ…。それにしても、「delitto」を見て、瞬間的に「でりとと」って認識した山本ってかわいいと思っちゃいけませんかhappy01sweat01イタリア語じゃなくても、これ、デリットって読みそうなのに、でりととですよ?…なんかかわいい(笑)。しかも、おかげで消されずに済んだっていうおまけつき。このことがあったから、リボーンはシモンファミリーに席を外させたわけですが、結果的に犯人にこちらがどれだけのことをつかんでるかを知らせずに済んだってわけですね。
 で、ツナ。ツナが10代目を継がないと決めたから、継承式は中止になったわけですが、ツナは山本に傷を負わせた犯人をあぶりだすために、そしてこれ以上仲間を傷つけさせないために、継承式を開いてもらう決意をする…訳ですが、それでも「10代目を継ぐ」とは言わないんですよね。継ぐ決意では、ないのかな?

 <標的295「継承式」>
 え~と?継承式って、日本で行われている…でOKでしたっけ?(前巻が手元にない人。)いや…日本にこんな城があまりなさそうなので。そして、山本は髑髏ちゃんの幻覚で参加…。最後の見開きにいる山本は、アップもツナの横に控えてるのもかっこいいのに、幻覚なんですよね。とりあえず、お医者さんが言ったとおりになんて、絶対にならないって信じてます。山本がそんなことになったら、物語そのものが泥沼化しちゃうもの…。このあとの展開がどうなるかっていったら、たぶんバトルになるんだろうけど、山本が…それに参加することになるのかどうかってところで…。クーちゃんだったら治せたかな…。治療専門っぽいし…。
 でも、マーモンに超のつく達人じゃなきゃ見抜かれないレベルの幻覚といわれるほどの髑髏ちゃんの霧の幻覚を、ソッコーで見破ったディーノさんとスクアーロ…happy02heart04sign03sign03sign03そこは真面目に嬉しかったんですけどダメっスかcoldsweats01だって…二人とも、それくらい山本のことを理解してくれてるから、山本に不自然さを感じたわけですよね。未来での記憶が来てるっていうのもあるだろうけど、素敵、この同級生マフィアlovelynoteしかも、この二人、超息ぴったりなんですよね。すぐに訳ありだということも悟って、ツナにだけこっそり言うとか、それだけでさっと知らぬ振りを通してくれるとか。スクアーロは10年後が素敵だと思ってたんですけど、10年後の記憶が来たことで、精神的に一気に成長してくれちゃったりしたのかしらlovelynotenotenote全然違和感がないくらい素敵です、若くてもhappy01heart04noteそしてディーノさん、麗しいいいいいいいhappy02heart04heart04heart04sign03sign03sign03若い分なんか、きらきらしてる気がします(笑)。オーラ?なんか、やっぱり若いとかわいいな~~~happy01heart04note
 そしてそしてそして。自分から来てくれた雲雀さん~~~~~~~~~~~~happy02heart04sign03sign03sign03sign03…なんか…ほんと、いつも雲雀さんって山本が大怪我してるところに登場するっていうイメージがあるんですけど、今回は山本のことを知ったから来てくれたってことですよね。もちろん、いつもどおり「並中の生徒」が「並中でやられた」からっていう理由を述べてくれましたけど…この人も静かに本気で怒ってるような冷たい目が印象的です。本気で咬み殺す気でいるよ、この人。うん、できれば咬み殺して欲しい…けど…山本は…それを望むのかなぁ…………thinksweat01。そして、何気に中学生の雲雀さんの黒スーツは珍しいcoldsweats02sign01チョイスですら、雲雀さんだけは着替えませんでしたもんね。
 ツナが「継承を受けることにした」って言った時の炎真くんの表情は、かなり思うところがありそうです。前に「ツナ君の思うようにして欲しい。その方が、ツナ君のことが分かる」って言ってたけど、つまり受けると決めたツナは、やっぱり自分の知っている、酷いボンゴレの一員っていう認識になってしまったのかな。受けないと、もし炎真くんに言えていたら…山本のために継承式を開くためにこうやってるんだって、もし炎真くんが知ってたら、このあとの展開は違っていたのかなぁ……。

 <標的296「犯人」>
 継承式で「罪」がツナに継承されようとした時…あれ、でもこれってボンゴレトップだけの機密事項…なんじゃ…?って思ったりもしたけど、でもまあいいや。突然みんなに耳鳴りが。この辺も、シモンの力なんだろうか。突如、あちこちで爆発が起きた時、9代目の守護者が暗黙の了解で、罪と9代目とツナを囲んで、円陣防御を張るのがメチャメチャかっこいいんですけど。メチャメチャかっこいいんですけどhappy02heart04sign03sign03sign03この、ツーカーぶりというか、板についた守護者っぷりが。あぁあ、守護者だなぁ…って。この安定感がたまらないです。その様子に、ヴァリアーも9代目は守護者に任せられると判断(したスクアーロもちょっぴりかっこいいですぅhappy01note)、ディーノさんも恐らくそう判断して、自分たちはすかさず来賓を守ろうとする辺り、かっこいいですぅhappy01heart04noteボスたる者として、こんな場面で、冷静に素早くそういう指示が出せるって、素敵ですよねlovelynotenotenote
 それでも9代目は少し怪我をして、罪は破壊されてしまってるわけですけど、9代目守護者たちは冷静。最初からそれは想定内ってことでしょうか。ニーさんとシュニッテンさんがすっごい落ち着いて対応してますけど…罠だったんですね。これは、そもそも正式な継承式なの?それとも、9代目もグルになっての、罠のためだけの継承式なの?そして、山本の怪我のことにも責任を感じてくれてる9代目。だからこそ、必死に犯人を捕まえようとしてくれてたんだけど…7つの炎で守ってた金庫まで破られちゃうなんて。シモンの力は、本当に未知の世界みたいです。部屋に誰かがいると察知して、素早く懐から拳銃を出したガナッシュさんの、その銃がバラバラに分解されちゃうし、攻撃されると感じてすかさず張った雷のシールドすら貫く…あれ、これって山本がやられたのと同じ…攻撃?にしても、9代目の守護者となると、まだ発見されて間もない炎を使いこなしてるんですねぇ。この時代は、ほんと、まだリングから炎が出るって分かったばかりの頃だよね?さすがです。
 金庫を破壊して現れたのは、シモンの制服をまとったシモンファミリー。そして、「罪」はシモンの血だ、とかリングにその血をかけるとか、そしたら……え~と……これは聖衣と書いてクロスと読んでいいですかcoldsweats01その変化の過程は、なんか炎というより封じられた魔法みたいで、ファンタジーが決して嫌いではない紫月的には、かっこいいな~と思ったりするんですけど、炎真くんが淡々と「ボンゴレに復讐するために」って言ってるのは、なんとも……。炎真くん…炎真くんは、触れ合ってきた時間より、復讐の方が大事と判断しちゃったんだね…。…シモンのみんなとボンゴレメンバーの触れ合い、楽しかったのになぁ…。

 <標的297「血」>
 「罪」は初代シモンの血。初代の名前がシモン・コザァートだから、炎真くんは古里炎真なのcoldsweats01いつから日本名に変わってしまったのか。ていうか、初代ボンゴレファミリーの対等の同士だったというシモンファミリーがいたとすれば、それはイタリアじゃなかろうか。コザァートの土地は日本にあったんだろうか。地震が起きて、リングが出土したってことだったけど、その影響で並盛に転校してきたっていうのが、イタリアからだなんてすっごい不自然だけど、その辺は情報操作してたのかな~?彼らは日本人でもないのかな?ていうか、そんな細かいことはこの際どうでもいいんですよねcoldsweats01
 シモンに言い伝えられたことが、ボンゴレではかなり曖昧にされてるみたいだし、確かにそれが本当のことなら、シモンにしてみればボンゴレは憎むべき存在だけど…う~ん、ツナはプリーモに会ったことあるしねぇ。プリーモは、確かにそんな卑怯なことしそうな人じゃなさそう…。かなりツナのプラス思考に近いもん。そして、アーデルハイトさん、血を注いでパワーアップした途端、なぜ胸元がはだけるのかと(笑)。
 大空に対なす大地の7属性を恐れて、シモンを抹殺した…。この7属性って…初代ボンゴレ守護者の気質を表してるだけで、炎も属性も、つい最近の話だと思ってたんですけど。いや…炎はプリーモも灯してたわけだけど…。初代シモンも、プリーモみたく炎を灯してて、それが根本的になんか違ったんですね。未来でも大空の7属性しかなかったけど、それはシモンのリングが見つかる可能性がなかったってことなんですかね…。そして、大空の7属性は猫も杓子も使うけど、大地の7属性だけはシモン特有…と。
 力一杯、現代でもSISTEMA C.A.I.を発動してた獄寺ですが、いや~~~SISTEMA C.A.I.って、よく考えると珍しい防御の武器ですから、何気に使い道は多様。そして、シモンのみんなは額に炎が灯るんですね。Vの字みたいになる辺りが、なんていうか…仮面ライダー…っぽい?(←色々失礼。)そして、しとぴっちゃんだけ色々おかしいだろ…coldsweats01sign01と突っ込みたい気持ち。そんな彼らを見ている雲雀さんが…綺麗…というか…それでも全然驚きもしない、眉一つ上げないみたいな。ほんっとキレーだなー雲雀さんlovelyheart04note

 <標的298「圧倒」>
 扉はハイパーツナとハイパー炎真くん。炎真くんって、ハイパーツナにちょっと似てる…?かな?髪の毛も逆立つし、かなりニアーな感じになる気がします。
「人を傷つけることは、誇りを取り戻すことじゃないsign03
 ツナの言葉は、やっぱり山本のことがあるからだと思います。そして、間違ってないと思います。それにしても、炎真くん一人の力で、超能力みたいに、手も触れずに人を吹き飛ばしたり叩きつけたりすることができるんですか。ガナッシュさんの拳銃をバラバラにしちゃったのもその能力なのかな。これをみると、大地なだけに、重力を操るとか、そんな感じでしょうか。守護者が手も足も出ない。そして、ツナに痛みを味わわせるために、ツナじゃなくて守護者を攻撃…。自分がいつもいじめられて痛い思いしてるのに、何で炎真くんはそんなことを…。そして、こんな重大なことだったら、信じかけてたくらいなら、もっとよく見てもっと知ってくれたらよかった。ほんの些細なすれ違いで…山本のことは、そのすれ違いがなくても起こってたような気がするけど、ここまで大規模な計画を発動するスイッチにしちゃうきっかけになっちゃうなんて。そりゃあ、最初からそのつもりではあったんだろうけど……しかもこれで7分の1とか…。またバトル街道まっしぐらなんだなぁ。駆けつけてくれたヴァリアーとディーノさんも、手も足も出ず。ディーノさんかっこいいとか言ってる場合じゃないな(笑)。髑髏ちゃんは連れて行かれるし、枷を外されてパワーアップしたばかりのボンゴレリングはみんな粉々に砕かれてしまうし…。とりあえず、この時点でツナは完敗。…おどおどしてるダメダメ炎真くん、かわいかったのにな~。こんな、人を虫けらみたいに痛めつけられちゃうっていうのは…なんか寂しいというか…。
 …ちょっとまって、らうじくんの後ろ姿も色々おかしいーcoldsweats01sign01

 <標的299「タルボ」>
 前の話で一番にツナのこと心配してくれたディーノさんですが、この話の冒頭で次に心配してくれたのは雲雀さんでした。そこはやっぱりさすがの師弟。そして、雲雀さんのセリフが…セリフがbearingsweat01sign03
「寄らないで。平気だよ。プライド以外はね」
 血を流しながら、悔しそうに歯を食いしばって。雲雀さんがこんな表情をするなんて…。本気で咬み殺す気だったのに、こんな形で手も足も出ないままやられて。あぁ雲雀さん…っbearingsweat01sign01それでも雲雀さんは麗しいなhappy02heart04sign03(←空気読みましょう。)
 髑髏ちゃんが攫われたってことで、すかさず9代目の守護者…たぶん右腕のコヨーテさんが追跡してくれたんだけど、それも返り討ち…だなんてsign01コヨーテさん…bearingsweat01sign03この人は、ほんとに9代目守護者をリードしてて、9代目ともタメでしゃべってたりして、いかにも右腕っていう雰囲気だったんだけど、その人がいとも簡単に返り討ち…。それを聞いた9代目も辛そうだし…。引き続き追跡するって言ったヴァリアーを、これ以上の犠牲を出すわけにはいかない…と押し止めた9代目。その判断は正しいですよね。…きっと、コヨーテさんの方が、ヴァリアーより強いもん。炎使えるし。(未来の記憶が宿ったヴァリアーなら、炎は使いこなせるかもですが。)つらいのに、それでも犠牲を出さないために冷静に判断を下す9代目はさすがだと思います。
 そんな9代目を小僧呼ばわりする、もっとおじいちゃんがいらっしゃる。タルボじじ様…プリーモの頃から仕えてるなんて噂もあるらしい最古の彫金師だそうですが。いやいや、プリーモの頃から仕えてたら、マジで仙人ですからねーcoldsweats01sign02まあ……アルコバレーノみたいのがいる世界だから、仙人がいてもおかしくないかも知れないですけど。
 で、ボンゴレリング直してくれる…みたいです。ボンゴレリングには魂が宿っている。うん、知ってる。プリーモとか初代守護者たちが出て来るんだよ(^▽^bnote(←そういう問題じゃない。)え?でも、匣兵器アニマルたちもボンゴレリングに組み込まれちゃうの?一体化しちゃうの?あと、なんとプリーモの血は「罰」だって?罪と罰?やっぱり対を成してるの?また色々謎が出てきたというか、ここに来て初代がめっちゃ関わってきたというか…。

 <ハルのハルハルインタビュー>
 風さんかっわいいなぁ~~~~~~~~lovelynoteプロフィールとかは全然分かりませんでしたが、ペットはリーチっていうんだって、かっわいいなぁ~~~lovelynoteちっちゃい拳のあとの付いた消しゴムとかもかわいいけど、消しゴムにそのあとつけちゃったのを謝る風さんがまたかっわいいなぁ~~~~~lovelyheart04noteで、味覚が変わっちゃって、麻婆豆腐が好きだけど、辛口がだめになっちゃったってことで、辛口食べると泣いちゃうなんて、もう風さんかわいすぎいいいいいいいいいいいいいいいいいhappy02heart04sign03
 そして、雲雀さんと似てるってのは、偶然かと思ってたら、心当たりはあるって、え、え、え、マジっスかcoldsweats01sign02もし直接の血縁関係とかになると、年齢的にお父さんとかいうことになりそうな気がするけど、雲雀さんち名家だし、お父さんが中国人で、得体の知れないアルコバレーノ(←失礼千万)となると、名家とはつながらないような…。でも、言うと彼が嫌がるとかいうのを見ると、何かしら関係がなくもなさそうですよね?ちょ、マジで超気になるんですけどcoldsweats01sign02

 さて、今回まるっと1週間かかって書いた感想ですけど、そんだけしといて我ながらあんまり面白くないっていうか、シリアスな部分が多い…ような…gawksweat02。す、スミマセン。まあなんていうか、やっぱり衝撃の1冊でしたね、今回は。色々ありましたけど、やっぱり山本が…。でも、医学ではアレでも、この分だと、了平兄さん以外にも晴の活性を使える人がいそうだし、何とかして…もらえないかなbearingsign01少々の間、戦線離脱はしちゃうのかもしれないけど、絶対元気になって、山本スマイルを見せてほしいです…bearingsign01(←切実。)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

隠の王 アニメ感想

 今週は、連載的に書いてた感想、何一つ書くことないんですけど(笑)。
 チラッと先週のアニリボ記事にも書いたんですけど、ブルーレイのビデオ買って、スカパーe2の16日間無料視聴申し込みをしてる間、主にアニメ専門チャンネル見てました(笑)。だって、CSのチャンネル数って、ものすごい数なんですよ。全部チェックして見るなんて、そんな暇もないので、まあ基本ANIMAX、AT-X、DisnyXD、Kids stationあたりが、番組表の一覧で出るので、その辺チェックしつつ。
 驚いたのは、初めの1週間、「16日間無料視聴申し込みをするとこの表示は消えます」っていう字幕がずっと出ていつつも、どの番組も視聴できたので、放って置いたんですよね。で、その中でも見てみたい番組があったら録画してみたりして。もちろん、録画した番組には、その字幕が映ってたわけです。で、1週間でそれが見られなくなったので、じゃあ申し込みしてみるかって無料視聴の申し込みをしたら、その手続きに1~2日かかって、見たかった番組が途中で抜けてしまったんですが、結果視聴は18日間できて、しかも字幕が出ていた時に録画してあった番組の字幕まで消えてたんです!びっくりしましたよ。どういう仕組みなんだろう。

 というわけで、結局7日+18日=25日、ほぼ1ヶ月間スカパーe2 を無料で見ることができた中で、録画してみたのは「はじめの一歩 The Fiting!」「隠(なばり)の王」でした。
 はじめの一歩はもともとTVで放送してた時も、旧式ビデオテープで録画してたんですけど、たまたま一人暮らしから実家に戻ってきた時に、上手くビデオがつながってなくて、大好きな宮田くんがメインの話を録り損ねて泣き寝入りした、その場面を偶然放送してくれてて、飛び上がるほど喜びました!宮田くんかっこいいよーーーーーーhappy02heart04sign03ジミー・シスファーとの対戦、サイコーですlovelynoteジョルトのカウンターかっこいいhappy02sign01sign01sign01自分の軽いパンチの質を補うために、身体ごと飛び込んで打つカウンター。リングのマットに相手を叩きつけるほどの威力がかっこいい。失敗したら玉砕覚悟のカウンターを放てる勇気がかっこいい。やっぱり宮田くんは素敵です~happy01noteあと一歩と宮田くんがスパーするところも録画できたので、とっておこうかと(笑)。

 で、もうひとつ、隠の王は、TV放送された時に、何となくタイトルは気になるな~と思ってたんですけど、今ほどアニメチェックとかしてなかった頃だったので、結局見ずじまいだった作品でした。もちろん原作も読んだことないっていう状態だったんですけど、2話ずつ放送してて、気付いた時には既に2話終わっちゃってて、軽い気持ちで録画して見始めたんですけど、これが気に入ったので、続きが見たくて無料視聴を申し込んだようなものでした(笑)。でも、申し込みしてからまさか視聴できるようになるまで1日以上かかるとは思ってなかったので、リピート放送にも間に合わなくて、9・10話も録れなくて悔しかったcoldsweats01。仕方ないので、1・2・9・10話はネットでお世話になりました。(…便利だけど、本当はダメなんですよねgawksweat02。そーゆーの。)

 どうやら、この作品、アニメ後半はほとんどオリジナルの展開だったってことで、原作が大好きな方から見たらまた違った感想になってるのかもしれないですけど、それでも気になって気になってhappy02heart01noteいや…なんていうか、かわいそうで痛々しくて…宵風(よいて)bearingsweat01でもそんな様子がかわいくてかわいくて仕方ありませんでした。一番好きだったのは宵風だったんですけど、結構好感がもてるキャラクターが多かったので、楽しく最後まで見ることができました。雷光さんも大好きだったし、雪見さんも好きでした。あんまり役に立たなかったけど、帳(とばり)先生も好きです(笑)。虹一くんは帳先生よりよっぽど役に立つしいい子だったし、雷鳴はいつも前向きで元気で真っ直ぐでかわいかったです。そして小悪魔小僧の主人公壬晴(みはる)。宵風のために一生懸命になってくれてありがとう~~~cryingsign01
 忍の世界が現代にあるという設定のお話だったんですけど、絵柄を見たときの印象は「みんなえらく華奢だなぁ」っていう感じでした。みんな細っcoldsweats01sign01その中でも宵風は特に背が高くてひょろっとしてて、目深にかぶったおっきなハンチングに近い帽子(むしろパンプキンくらいに見える(笑))に、コートの紐がちょうちょ結びで、格好がまたかわいい美少年というか美少女というか?(原作では性別がないという設定だったそうですが、アニメでは特にそういった設定にはなってなかったような。普通に見てたら男の子に見えます。)
 壬晴も宵風も男の子(いやだから宵手は…だけど(笑))なんですけど、声優さんは女性で、でも二人とも見事に男の子の声に聞こえるからすごいや声優さんって。壬晴は銀魂の神楽やってる釘宮さんでしたけど、普通の声と全然違うからほんとすごい。そして、宵風は斎賀さんという方で、元々男の子っぽい声の方ですけど、いや、男の人の声にしか聞こえないーcoldsweats01sign01ニコ動で隠の王の動画見てたら、タグに「声質:美少年」って書いてあって、爆笑しましたが、ほんとそんな感じでした。
 で、宵風が何しろ痛々しくて痛々しくて。初めは禁術「気羅」を撃って、人を内側から壊すことができる…ということで、化け物扱いされてたんですけど、この気羅は自分の命の欠片を撃ち込んでるってことで、どんどん弱っていくんですよね。しかも、両親に心身ともに迫害された過去を持ってて、心も深く傷ついていて、あまり感情を見せることがなくて。壬晴に隠の世が生んだ英知の塊の秘術である「森羅万象」が宿ってると見抜いて、自分の唯一つの望みを叶えて欲しいと願うんですけど、その望みが「僕が初めから存在しなかったことにして欲しい」だなんて。端から薄幸すぎるweep。だけど、淡々としすぎてて、時々妙にかわいいんですよねhappy01note
 お気に入りは、壬晴が雷鳴の病院に来ることにかこつけて上京してきて、たまたま建物と建物の細い間に隠れてる宵風を見つけたときの会話なんですけど。
「…挟まってるの?」
「隠れてる」
 壬晴、その間にごそごそ入ってきて
「隠れてるのか…俺も隠れようかな」
「意味ないから出て。こんにちは」
 これが超無表情でやり取りされてるのがおかしくてかわいくて(笑)。
 そんな宵風が、壬晴に雪見さんが言った「現実をないことにして自分を殺してるような奴のことを逃げてるって言うんだ」ってのを聞いて、不意に涙をこぼしたり、灰狼衆を抜ける前夜、雪見さんに「ごめんなさい。馬鹿でごめん」って言ったりするのは、かわいそうでいとおしくてたまらなかったです。自分が迷惑な死神でしかないと思ってて、優しさが苦手で、人を寄せ付けないようにして、いつも膝を抱えてて、時に感情が暴走して錯乱して…手足はだんだん壊死してるみたいになっていくし、血は吐くし高熱は出すし、しょっちゅうふらつくわ倒れるわで、何しろ痛々しい。だけど、気羅の副作用に、更に刀で脇腹を貫かれて死にそうになったときには、涙を浮かべて壬晴に
「死にたくない…死にたくは、ないんだ」
って言うんですよ。うぅうう可哀想だこの子ーーーーーーーーーーーーーーーーーcryingsign01
 自分の刀で親友である俄雨くんを切りつけてしまって、意識を取り戻さずにいる俄雨くんを思ってつらい思いをしてる雷光さんと口喧嘩したときも、湯水のように命を喰らう死神って言われながら、「終わらせてやる」って俄雨くんに気羅を撃って、実は俄雨くんが意識を取り戻せるようにしてあげるような、仲間思いのところもあるんですよね。…仲間思いっていうか、自分の望みが叶わないと知って、叶う望みなら叶えればいいんだ…って思ったのかもしれないけど、ただ、自分に人を寄せ付けようとしないから、基本積極的に関わろうとしないし、相手に好感をもたれるような言動をしようとしないんですよね。
 原作では、壬晴が森羅万象を発動させて、宵風の存在をなかったことにしてしまうっていう展開になるらしいんですけど、アニメでは最終的に、あるがままの自分でいることを自分で選んで、最期は萬天(ばんてん:壬晴たちの里)に来て、帳先生の家で心穏やかに過ごす中で、そっと光の粒になって消えていく…そんな展開でした。メチャメチャ切なかったですけど、最早生きていることすら不思議っていうくらい身体は気羅でボロボロになってる状態で、ずっと笑うことすらなかった子だったので、穏やかに微笑んで過ごせる時間があって、雪見さんたちや萬天のみんなにも大切にされて、幸せを感じることができたような気がするので、これはこれでよかったと思いました。つらい苦しい思いのまま、存在が消えてなくなってしまうんだとしたら、原作はもっと酷な展開になってるんでしょうね、きっと。宵風はもちろん、残された壬晴はもっと。

 さて、雷光さんは、これまた重い過去を背負って灰狼衆の一員になった人で、雷鳴のお兄さんなんですけど、この人がまたかわいくって(笑)。どうやらこの人は、服のセンスが壊滅的らしいんですけど、普段仕事で着ている服は結構かわいくて好きでした。清水家は隠の世の監視をする武士の家系とか、そんな感じで、雷光さんも雷鳴も基本武器は日本刀なんですけど、やっぱり日本刀って素敵ですよねhappy01heart04note(←個人的趣味で同意を求めるな。)ペーパードライバーで雪見さんの車で川に突っ込んだり、俄雨くんと誰かが言い争ってたりすると、ニコニコしながら「おやめなさい」って物投げたり押しのけたり、肩までのピンクの髪を上の方だけ結ってお守りつけてるとか、髪型もかわいらしいし、基本敬語で穏やかで、ちょっと天然入ってて、だけど俄雨くんや雷鳴のことを本当に大事に思ってて、更に俄雨くんを助けた宵風のことを、切腹覚悟で灰狼衆を裏切ってまで助けてくれて、侍らしく、真面目で義に厚い人でした。最後は灰狼衆の首領の計画が、決して理想的なものではないと知って、それでも忠義の心を忘れずに、礼儀正しく臣下として正当な意見を述べようとして、首領の服部さんに殺されてしまいましたけど、最後まで素敵な人でした。
 そんな雷光さんのことを心底慕ってる俄雨くんもかわいい子でした。表の世界の子でありながら、雷光さんを慕って隠の世にきたんですけど、基本戦闘力0で、感情豊かで、雷光さんと雷鳴が対峙することになったときも、雷光さんを思って一生懸命で。宵風のことは、初めは敵視してたけど、助けてもらってからはすごく力になろうとしてくれて…。外見の雰囲気がテニプリの赤也くんに似てるんだけど、性格がだいぶ違うので、なんか不思議でした(笑)。

 雷光さんが「雪見先輩」と慕って(?)いたのが、「宵風」の名前をつけた人であり、面倒を見ていた雪見さん。この人が、登場人物の中で、一番人間らしかった気がします。表の仕事でライターやって忙しくて、宵風の面倒を押し付けられて、厄介だと思いながらもそれなりに役割をこなしていく中で、これもアニメ的展開だったのかもしれませんが、宵風を死なせたくないと思うようになって。厄介ごとも面倒なことも大嫌いだけど、非情にもなりきれないし、何だかんだ言ってお人好しで面倒見のいいところが愛すべき人でした。レモネードのエピソードは色々切なくて切なくてweep
 壬晴が服部さんや一季さんの思惑通り森羅万象を発動させてしまって、その森羅万象を服部さんが奪おうとするのを止めようとした宵風。でも、捨てられた自分を拾ってくれた服部さんを撃つことができなくて…それなのに服部さんに「嫌いになってしまうよ?」と脅しをかけられたために、感情が暴発して思わず服部さんに思いっきり気羅を撃ち込んで殺してしまった。それが引き金になって、錯乱状態になって気羅を暴走させ、自分を撃ち殺そうとした宵風に(細かく言うなら、それでも躊躇ってどうすることもできない状態だったところ、一季さんが宵風を殺すよう鬣(たてがみ)に命じるのを必死で止めて)、満身創痍の身体で体当たりして「宵風…死ぬな…生きて…そして…」って言ってくれた雪見さん。アニメでは、森羅万象が悪用されるのを食い止めたのは、結果的に宵風、そして宵風がそこで死ぬのを食い止めたのは雪見さんだったと思います。その間壬晴は森羅万象が発動して何もできなかったし、萬天組も風魔組も見てることしかできませんでしたから。(その中でも宵風を止めようとして壬晴を動かそうとしてくれた戸隠の織田さんは、これまたいい人でした。一杯つらい思いしたのに。)

 帳先生は、キーパーソンでありながら、何でこんなに役立たずな役だったんだか…coldsweats01忍で、萬天の首領ではないんだけど、リーダー的存在でありながら、人を殺すこともできない甘ちゃん。乗り物が苦手で、ひたすら徒歩に頼ろうとするし、風魔小太郎にも雪見さんにも散々からかわれるだけからかわれて。隠して隠して隠し通してきた記憶も円月輪も、ほんと、何の役にも立たなかったよう…な…。でも、一人、みんなから失われた記憶を背負って、森羅万象に関わる不幸を知っていて、それを言うこともできなくて空回ってる帳先生は、ある意味誠実で一途な人なんだと思います。アニメでは、最後に宵風に穏やかな一時を与えてくれたし、円月輪を使うことで、壬晴自身に森羅万象を受け入れる覚悟をさせることもできたわけで、全く役に立たないわけでもなかったかな~coldsweats01。あと、一生懸命宵風のこと諦めずに探してくれました。これもアニメ設定かもしれませんけど。帳先生が一生懸命だったから、雪見さんも最後まで宵風のこと気に掛けてくれたんだと思うし…。うん、だんだん帳先生も役に立ってたような気がしてきたcoldsweats01goodsign01英さんとの関係も素敵でした。
 同じく萬天の忍、虹一くん。その正体は、江戸時代に森羅万象の実験によって不死の身体にされた上、人の心を植え付けられた白い梟。…それが発揮された甲賀のアルヤ学院での事件は、結構壮絶で怖かっこよかったです。帳先生よりずっと冷酷な一面を持って、忍らしいといえば忍らしい。結構腕も立つみたいだし。だけど、一番常識人で、いつも壬晴や雷鳴のこと考えて、親身になってくれるよい子でした。雷鳴のこと、好きだったのかなぁ?森羅万象で不死の呪いから解放されたいと思いながらも、あくまで自分の思いは後回しなところも、ほんといい子でした。
 そして、雷光さんの妹、雷鳴。髪の毛おろして帽子かぶってる雷鳴が、外見的にすっごくかわいいと思いますhappy01note雷光さんのことをずっと裏切り者だと思って追いかけてたけど、真実を知って、みんなのことも好きだったけど、同じくらい兄貴のことも好きだったんだって泣きながら殴るとか、ほんと真っ直ぐで、女の子だけどかっこよくて。壬晴が宵風のところへ行くと分かっても、どこまでも壬晴の味方をしてくれて。壬晴と別れる時にいつもする、影絵の狐さんみたいな合図も好きでした。
 最後に壬晴。この子も色々と抱え込みつつ、それを一切表に出そうとしずに、人と関わらないために無関心を貫いて淡々としてて、時々人を食ったような小悪魔で。初めは宵風に脅されて望みを叶える約束をしたけど、宵風の性格を知れば知るほど、その存在をもう一人の自分のように感じて、大事に思うようになって。壁の間に挟まる場面も好きですが、やっぱり壬晴といえば、宵風が雪の中彷徨って、血を吐きまくって、歩道橋の上で錯乱してる時の場面が印象的でしたねぇ。自分のこと分かってくれなくても、錯乱する宵風を必死でなだめてて。宵風は、「香道そら」っていう名前があったらしいんですけど、誰もその名前を呼んでくれなくて、誰も自分のことを見てくれなくて、だから死ねば存在したという事実が残る、それが嫌で、初めからいなかったんだから、いなかったことにして欲しい…そう望んでいるわけですが、そう叫んで、最後は涙をこぼしながらつぶやくように言ってるのがかわいそすぎてつらいわ切ないわweep。そんな宵風を抱き締めて、「ここにいるよ」って言った壬晴。そして、消えたいと言う宵風に「分かってる。必ず消してあげる」と言いながら、その存在を消したくないと望む壬晴。切ないです~~~crying宵風は一生懸命壬晴を守ろうとしてたし、壬晴には少しだけ心を開くようにもなったし、友達っていうよりも何か深い絆でつながっていたような気がします。壬晴の言うことは、結構素直に聞いてる宵風もかわいかったです。

 好きなキャラがすごく多かったし、ストーリーも切なくて、忍の戦いありつつ、人の思いが交錯しつつ、素敵で楽しめました。服部さんはちょっと苦手で、一季さんはもっと苦手で、鬣はいなくてもいいのにと思うくらい好きじゃなかったけど、敵なんてそんなもんですよね(笑)。

 あと、EDが好きでした。初めのEDは曲が大好きでした。綺麗で悲しい感じの曲は、紫月の大好物ですconfidentnotesふたつめのEDは、宵風がとっても穏やかな表情をしてて、かわいくてかわいくてかわいくて…。最後の1話で、やつれて髪も少し伸びたような宵風が、そんな穏やかな表情を見せるんですけど、普段の宵風がそんな優しい表情をすることはなかったので、ED見てるだけで癒されました。可哀想な宵風が、こんなふうに穏やかに、幸せに過ごせたらいいのにって、いつも思って見てました。

 さて、今回は登場人物に沿って感想書いてみました。なにしろ26話もあって、ストーリーもあれこれあったわけで、ここに登場しなかったキャラも一杯いるんですけど、それまで書いてたらきりがないんで、こんなもんにしときます(笑)。この作品を存分に楽しむことができただけでも、視聴した価値はあったかな~スカパーe2。でも、期間限定でないと、やっぱり自分がよりダメな人間になっちゃうと思うから、とりあえず正規で申し込むのはやめにしましたcoldsweats01noteごめんなさい、スカパーさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »