« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

あれこれ諸々感想

 最近、戦国BASARA2英雄外伝が進みませんcoldsweats01。なぜって、左の親指に錐をぶっ刺したからですdespairsweat02。わけあって、錐を使って色々急かされながら作業していたら、思いっきり刺さりましたcoldsweats01。傷自体は大したことなかったんですが、そこそこ出血はしたし、何より刺さったっていうショックからだと思うんですけど、初めて貧血起こしました(笑)。中学の頃とか、血液検査なんかがあるたびに「なんか頭が重い~」とか「血を抜いたから貧血気味で気持ち悪い~」とか言ってる女の子たちを見て、人間たかだか検査する程度の血を抜いたからってそんな症状出ないっつの、とか冷たい反応をしていた紫月なんですが(←昔からかわいくない子(笑)。)、いやぁ、あれってどうしようもないですねぇ。なんかよく分からないけど、急にムカムカ気持ち悪くなってきて、傷は痛いし胃の底からムカムカするし、自分で顔からザーッと血の気が引いてくのが分かって、とにかく立ってるのもしんどい。自分で、こんな傷大したことないだろしっかりしろ自分bearingsign01て思うのに、とにかくどうしようもない。しかも、ちょっと時間がなくて、自分が指示を出さないとどうにもならない状況にあって、倒れてられるほど余裕もなくて、とにもかくにも指示を出しつつ、そうしたら別件でも指示を仰がれて、さすがにもう立ってんのがつらくなって来て、部屋の外に出て、とりあえず座り込んで気持ち悪さに耐えながら話をしてたら、それを見た人たちに
「うわ~顔真っ白やよ?」
「ゾンビみたい」
って言われたんですけど、あんたら面白がってるcoldsweats01そこで初めて、おぉ、これが貧血というやつかsign01って思いました(笑)。
 指に開いた穴は、すぐに塞がったんですけど、押さえると痛いんで、戦国BASARAみたいなアクションゲームは、指を駆使してボタン操作するわけで、なかなか出来ません。左の親指はキャラを移動させる重要なポジションなんですよね(笑)。

 さて、なかなか咳も治らないし、と思って、別件で通ってる病院でそのことを訴えたら、昔懐かしの甘苦い咳止めシロップ出されました。うぅ、マズ…bearingsweat02。というわけで、少々テンションの低い紫月です。厄年?(←違)

 では、いつもどおり色々感想で~す。

 相棒Season9 第5話
 運命の人…ということで、陣川さんが気になってた女の人はスリでしたっていうお話だったわけですが、今回は殺人とか重い話じゃなくて、わりと気軽に楽しめる感じでした。警察が主人公のお話でありながら、今回のテーマは「スリのプライド」だったと思います。スリを軽々しいお遣いみたいに扱おうとする人を、逆手にとって脅し返して報酬を引き上げただけでなく、その人まで逮捕させてしまったスリのお姉さん。しかも、報酬を引き上げることで更に信用させるとか、大物は大物でちゃんと警察に逮捕させることで、陣川さんのことも守ってあげるとか、なかなかかっこいいお姉さんでした。そして、やっぱりそれ全部お見通しだった右京さんhappy01note右京さんはそう来なくっちゃwinkgoodnote今回神戸くんは、やや呆れながら、陣川さんにちらほらとツッコミ入れる役だったような(笑)。

 黄金の豚 第6話 女性の教授のお話
 大きな買い物をするには足りなくて、でも年内に使いきってしまわなければ、次年度は減らされてしまう○○費。貯めておいて、大きな買い物をしたい。何となくそれは分かる気がする…。なかなか融通が利かないんですよねぇ…そういうのって。もちろん、そんなのが横行したらまた大変なことにもなるんだろうけど。明珍課長が気の毒すぎて、でも健気でした。あと、どうやら芯子さんに惚れてしまった模様のダブルパーさんたちはどうなるんでしょう(笑)。

 次はアニメ~。

 屍鬼 第16話
 尾崎先生と夏野くんのタッグ始動sign01…だけど、つまり、人間側が屍鬼を滅ぼすということは、夏野くん自身も滅ぼすということ…なんですよね。固い決意でそう言ってのける夏野くんはかっこいいと思うけど、やっぱり切ないなぁ……。切ないといえば、徹ちゃん。毎日毎日花を一輪供えていく徹ちゃん…。なんか、夏野くんに自分の罪を懺悔しに来ているようにも思いました。
 そんな徹ちゃんを呼び出した沙子ちゃん。…沙子ちゃんが、初代屍鬼なんですね。桐敷家とは本来関係なさそうです。そもそも、きっと家族でも何でもない人たちなんだろうな。なんで沙子ちゃんは屍鬼になっちゃったんだろう。何も分からないままに棺桶の中で目覚めてしまったら、やっぱり怖いだろうなぁ。泣き喚いて叫んで狂ったように棺をこじ開けようとして、助けてくれた人を襲った沙子ちゃん。どうしようもなくお腹が空いて…。そういうことを淡々と話す沙子ちゃんでしたが、この子はもうびっくりするくらい長い年月を屍鬼として生きてきてるわけで、だからこそなんか色々達観してるというか悟ってるというか…そんな感じがしました。全然関係ないけど、沙子ちゃんが人を襲ってる図が、「カプ」ってお人形が首に噛み付いてるみたいで、どうにもかわいらしく見えました(笑)。恐ろしいことしてるはずなのに。
 無謀にも屍鬼として人が戻ってきてる家にたった一人で忍び込んで、それを退治しようとした昭くんは、辰巳さんにとっ捕まって大ピンチだし、奈緒さんは怖いし…怖いし怖いしcryingsign01
 というわけで、色々気になることが多い屍鬼、何となく文庫本で出てる原作の小説を買ってみました。5冊あるうち、2冊目が品切れだったんですけど、なかなか読めないだろうから、まぁいいかな~と思って…。アニメより先に読み終わることはない…と思うし…coldsweats01。(←分厚い。)

 心霊探偵八雲 第8話 「つながる想い~縁~」
 そりゃぁお父さんとは呼べないわぁ……bearingsweat01sign01生物学上そうであったとしても、あの人自身にも父であるなんて自覚はないんじゃなかろうか。八雲くんのお母さんが、八雲くんの赤い目を見て取り乱したっていうのも分かる気がする。そして、まさか晴香ちゃんのお母さんと八雲くんのお母さんがつながるとか。初めは、たまたま事件を介して出会っただけだと思ってたけど、そうでもなかったんでしょうか。
 今回は八雲くんがとっ捕まってるので、その周りの人々の動きという感じでしたが、色々な新事実が分かって驚きでした。あのビデオに映ってた人の霊は八雲くんのお母さんだった…とか。お母さんは死んじゃってたんですね。そして、八雲くんが行った場所でお母さんは死んだ…ってことかな。で、八雲くんはその場所が分かってたと?あの場所はどこなんだろう。そして、晴香ちゃんの一喝でやっと立ち直った石井さん。みんな頑張れ。なんか八雲くんが大変なことになってるし…bearingsweat01sign01
 それから、八雲くんを守ろうとしてくれてるのがもう一人…。八雲くんの本当のお父さんになろうとしてくれた人…それがなぜか七瀬邸殺人事件の犯人扱いされてて、しかも時効を迎えるくらい時間が経過してるのに、外見変わってない。七瀬さんに無力だって言われてるし…もしかしてもしかして、この人ももう…?

 バクマン。「不安と期待」
 最高の絵をコケにされて、殴りかかった秋人がかっこいいと思いました。「先生に言いつけるぞcoldsweats02sign01」って言われて、「言いつけてもいいからサイコーに謝れsign03」って、いいなぁhappy01最高の苦労をよく分かってるもんね、秋人は。自分が好きなように絵を描くのとは訳が違う、31ページの漫画。最高は自分の絵が足を引っ張ってるって思ってるみたいだけど、それでも秋人が見込んだのが最高なんだから、きっと大丈夫だよ、と思ってたりする紫月です(笑)。秋人は信頼に足る人のような気がする。そもそも、投稿2回目で最終選考まで残るっていうのがすごいことだと思うんだけど、どうだろうcoldsweats01

 テガミバチ REVERSE 第8~9話「ブルー・ノーツ・ブルース」(だったかな?)「ひとりぼっちの200年」
 なんとニッチは200歳以上でしたかcoldsweats02sign01しゃべり方とかが幼児みたいだから、すごく幼い子だと思ってた。双子のお姉さんがすごく美人で綺麗なお姉さんだったけど、大きな感情の起伏で成長してしまうようですね。ニッチも大きくなるのかな…。ニッチはアレだからかわいいんですけど。そして、ムスッとする顔は美人のお姉さんも一緒でちょっと笑えた(笑)。かわいかった(笑)。9話は半分うとうとしながら見てたんで、ちょっと記憶が朦朧としてるんですけど、はて、ラグは人なのでしょうか?相変わらず泣き虫だけど、お姉さんとマカの心を動かしてしまったようです。

 荒川アンダーザブリッジ×2 たぶん7&8BRIDGE×2
 金星に行くってことで、教会のシェルター使って訓練した皆さん。とりあえず何事もなかったように平気なシスターはかっこよかったですが、精神的にどこかイってしまったリクたちがちょっと怖…coldsweats01
 そして、アマゾネスの周りの人たちの催眠術にあっさり引っかかるリクでしたが、ぽけーっとしてるように見えて、結構ニノさんリクのこと好きでいてくれてるんですね(笑)。「私がリクを守ってやるんだ」って言うニノさんは、かわいい通り越してかっこよかったです。そして、天狗さんたちの言うとおり、催眠術にかかったままにしておけば自分に有利なのに、敢えてリクを目覚めさせた星も、意外といいとこあるじゃんwinkgoodsign01て思いました。

 今回は記事を書いてる途中で爆睡してしまったので、土曜日に仕上がりませんでしたcoldsweats01。何はともあれ、相変わらずダメダメな紫月です。今週でもう12月に入るとか。そんなバカなcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

REBORN Colore!ver.ANIMATION(>▽<)!

 え、うそ。

 リボコロアニメバージョン来たcoldsweats02

 ま。

 マジでか~~~~~~~~~~~~~~~~~happy02happy02happy02sign03sign03sign03

 一生分の幸運使い果たしたんじゃないかと(笑)。あれ?10000冊限定でしたよね?ていうか、もうとっくに発送済みだと思ってました。こーゆーの当たった試しないし、絶対当たらない自信だけはあるけど、キャラDVDは山本の1枚買ったし、まぁせっかく1枚は応募できるから出しとくか、くらいの気持ちで出したのに。うわぁうわぁ、すご~いhappy02sweat01sign03超嬉しいhappy02note
 もちろん、本物のリボコロの4分の1くらいの薄さですけどねcoldsweats01。でもまさかでびっくりしました。今、ネットで調べたら、結構オークションで高値で出てるんですねぇ。何冊も当たった人いるんですかね。そりゃすごいや。父にその嬉しさを報告してみたら、「そりゃ丁度1万人くらいしか応募しんかったんやろ」て言われたけど、んなわけあるかcoldsweats01sign01リボーン人気を知らないって怖いなsign01でも、このとんでも嬉しい気持ちを一体どこにぶつけたらいいんだhappy02sign01そんなの、4年間アニリボ感想書いてたここしかあるめぇよsign01(←何でべらんめぇ口調?)てなわけで、矢も盾もたまらず、ただただ思いつくままに書いてる今現在ですsign01うわ~~~ま~じ~で~か~~~。(←まだ言ってる。)当たらなかった人もきっとたくさんいると思うんですけど、こんな紫月が当たってしまってスミマセンcoldsweats01sign01

 これ、感想書いたところで、伝わるだろうか…語彙的に。でも書きたいんで書きます(笑)。というわけで、突然ですがリボコロアニメバージョンの感想ですhappy01note

 <REBORN Colore!ver.ANIMATION>

 表紙はリボコロとリンクしてます。これだけは描き下ろしでしょうか。たぶん、表紙は、これに応募した方みんな見たことがあると思うんですけど、ディーノさんがちょっとヤンチャっぽく笑ってて、背が高くてかっこいいhappy02heart04sign03ツナはハイパーでかっこいいですよ。雲雀さんは、右肩に学ランをかけてて、超麗しいっスhappy02sweat01heart04sign03制服のズボンの太ももに、なんかトンファー仕込むベルトみたいの巻いてておっしゃれ~な感じです。裏表紙に続いて、白蘭サンはやっぱり座ってるけど、ノースリーブの肩からの腕が素敵noteXANXUS様はでかいマシンガンみたいな武器を肩に掛けてて、これまたかっこいいっスlovelygoodnote骸さんは帽子つきの緑の制服ですけど、普通にこの人も麗しいですけど、顔色が飛び抜けて悪い気がするのは気のせいですかcoldsweats01でもかっこいいからオールオッケーwinkgoodsign01

 さて、中身ですけど、基本アニメグッズのイラストコレクションみたいな感じなんじゃないかと思います。あと、雑誌のアニメポスターとか、○○編の宣伝イラストとか。あんまりアニメグッズも雑誌も買わない紫月には、ほとんど見たことのないお宝イラスト満載ですよぅcryingsign03(←感涙。)

 では、リボコロと同じように、アニメバージョンも○○Colore!に分類されてるので、ちょっとずつ紹介も兼ねて感想書いてみますねnote

 <PIN-UP Colore!>
 Vジャンプとか赤マルジャンプとかジャンプSQとかについてたピンナップポスターみたいです。1枚目は1~5までの列車を模した箱に乗ってるツナ、山本、獄寺、リボーン、雲雀さんと、ランボさん&イーピン。うわ~日常編な雰囲気happy01note一人群れずに知らん顔して本読んでる雲雀さんがカワイイッす(笑)。2枚目は黒曜編ですね。ツナ、山本、獄寺、リボーンと、骸さん、犬、柿ピー、ランチアさん。すごくかっこいい雰囲気です。骸さんもかっこいいですけど、やっぱりここは、背中から刀(山本のバット)を引き抜こうとしてる山本ですかねhappy02lovelyheart04note(←出た、山本贔屓。)3枚目はV.S.ヴァリアー。なぜかルッスーリアとモスカいないですけど(笑)。ボンゴレチームが超かっこいいです。特に、にやりと笑った凛々しい山本がhappy02heart04sign03(←紫月フィルター。)いや、でも、獄寺も凛々しいし、やる気満々でやっぱりニヤリのお兄ちゃんもかっこいいです~happy01note4枚目はXANXUS様とツナ。ツナ、ハイパーで美形っス。5枚目は10年後ヴァリアー。各炎の色をベースにしたアップですが、XANXUS様がかっこいいですね。やっぱXANXUS様は10年後がかっこいいなぁ…lovelynoteそして、フランsign01フランらしい無表情ですけど、綺麗でカワイイですhappy01noteルッス姐さん…小・ゆ・びcoldsweats01sign01

 <FAMILY Colore!>
 初めの4枚は2008年のアニメカレンダーみたいです。ボンゴレファミリーは、ツナが一番手前で大きいんですが、ど真ん中に雲雀さんがいるので、まるで雲雀さんがボスみたいです(笑)。貫禄ありすぎます。相変わらず麗しいです。山本と獄寺は凛々しくツナの両脇ポジション。何気に後ろの方だけど、了平兄さんかっこいいと思いますhappy01sign012枚目もボンゴレですが、これはアニメのツナギバージョンみたいな感じ。ツナ、リボーン、獄寺、山本、ランボさん。ツナが元気良さそうでかわいい。どう見ても不機嫌そうな獄寺さんは、山本見てるんだかランボさん見てるんだかcoldsweats01。3枚目は黒曜。さっきと同じ4人組ですが、これまた作画がキレーです~happy02heart04sign03骸さん、麗しいです。犬もかっこいいしランチアさんもかっこいい。…柿ピーだけは、その褒め言葉が似合わないのでやめときますが(笑)。4枚目がヴァリアー。え。何、この頃って、ヴァリアーにルッスーリアとモスカいなかったでしたっけ(笑)。ベルに抱っこされてるマーモンがラブリ~happy01note5枚目はアルコバレーノ大人バージョン。これはすごく見たことあります。DVDのジャケットだそうです。ルーチェさんのクッキーを風さんがつまもうとしてるやつです。そんな風さんがかわいくて好きで、リボーンがかっこいいです。6枚目は…真6弔花ですね。後ろで目を光らせてるGHOSTが怖いです(笑←そこ?)。7枚目は最後のアニリボOPを飾ったCDジャケットアニメ版だそうです。きゃぁああああああああああああああああ初代~~~~~~~~~~happy02lovelyhappy02lovelyheart04sign03sign03雨月さん麗しい~~~、プリーモ綺麗~~~~、Gさんかっこいい~~~、ナックルさん素敵~~~、アラウディさん可憐~~~、ランポウさんもかわいいhappy01sign03デイモンさんは…ちっちゃいです(笑)。

 <SEASON Colore!>
 これが、アニメグッズのイラストみたいですねぇ。ポートレートセットとか、スティックポスターとか…。1枚目は夜桜バックの雲雀さん。これで麗しくなかったら嘘ですよね~(笑)。2枚目はスティックポスターで、パンくわえて走ってくツナを見てる雲雀さん。これは、小さいけどちゃんと麗しい(笑)。3枚目は雲雀さんのお誕生日グッズ?すっげーつまらなそうにホールケーキ食べようとしてる雲雀さんがかわいいです(笑)。4枚目は10年後の骸さん。珍しく、薄いパステルグリーンというか、白に近いコーディネートの骸さんとムクロウ。雰囲気が綺麗です、これ。5枚目はまたスティックポスターかな。骸さんと凪ちゃん。四葉のクローバーに囲まれて、シロツメクサの花冠の凪ちゃん、幸せそうで、そんな凪ちゃんに優しい視線を向ける骸さんが好青年すぎて困る(笑)。6枚目、浜辺で山本がアタックしたボールがランボさんを直撃して、あっ雲雀さん危ないcoldsweats01sign01そして、雲雀さんだけ無駄に大きくて麗しい(笑)。7枚目、山本のスティックポスターhappy02heart04noteスイカ割り、当たって嬉しそうな山本だけど、何気に水着から見える素肌が色っぽいと思う紫月ですlovelygoodsign018枚目は同じく獄寺。獄寺さんは色白だから、強い日差しに弱そうな気がする(笑)。9枚目は京子ちゃん、ハル、ビアンキの色っぽい水着姿…の後ろで嬉しさに小躍りするシャマル先生coldsweats01。うわぁ、シャマル先生久しぶりぃsign01(←そっち?)9枚目もスティックポスター、ツナとリボーンのハロウィン。すごくファンシーでかわいいイラストです。10枚目も同じく、骸さんの秋のイラスト。紅葉舞う中で、意外とお洒落な私服の骸さんが素敵ですっlovelynote11枚目は10年後雲雀さんの和室にて和装。水鏡に映る夜と月が綺麗です。12枚目は2009年の年賀状ですってhappy01sign01山本かわいーかわいーかわいーかわいーhappy02heart04sign03にっこり笑顔の山本は目と心の癒しですぅううううhappy01heart04noteランボさんをぶっ飛ばすリボーンに困り顔のツナもかわいいですが、山本の隣にいるのは大人雲雀さん?獄寺はともかく、このキャラセレクトはなんでしょう。丁度未来編だったにしろ、なぜに大人了平兄さんがいない…coldsweats01。でも山本がかわいいし、10年後の雲雀さんいるし、おいしいからいいやwinkshinegoodsign01最後の2枚もスティックポスター。山本と獄寺がコタツに入って漫画読んだりみかん食べたり…。冬のひとコマですかね~。それにしても、この二人のセットっていうのは現実ではなかなかありえなさそうなので、思わずツナがどこに隠れてるのか探しちゃいました(笑)。(←いませんでした☆)ラストは雲雀さんとヒバードですが、このお洒落なニット帽に冬の私服の雲雀さんは、反則ですね。作画が綺麗すぎる。麗しすぎる。さすが雲雀さん。そして、このコーナーの雲雀さん率の高いこと高いこと(笑)。

 <VARIETY Colore!>
 これも色んなグッズイラストみたい。桜茶とか単語帳とか…そんなんあるんだcoldsweats01。1枚目、獄寺、ツナ、了平兄さん、山本、骸さん、XANXUS様、雲雀さん、スクアーロの眼鏡姿。おおお、なんかみんな新鮮な印象だな。全体的にみんなかっこよく見えます。山本がすごく知的に見えて素敵ですよ~~~lovelylovelylovelynoteシャツがセクシーだしhappy02heart04sign03こんな家庭教師のお兄さんいたら惚れるなlovelysign01何気に了平兄さんの丸いサングラスがかっこいいhappy02heart04sign01めっちゃお洒落だけどボクシングhappy02heart04sign01こんなお兄さんいたら惚れるなlovelysign012枚目、山本と獄寺とツナの和装。和装といっても、これは舞台衣装な雰囲気…。個人的にこのセンスが好きです。山本がすらりとかっこいいし、獄寺も雰囲気あります。ツナは…まるでお祭衣装みたいだけど…すごく短い着物です。かわいいと思います。3枚目はそれの雲雀さんと骸さんバージョンみたいな。雲雀さんは雲とヒバリの柄?骸さんは蓮や朝顔の柄の着物でしっとり、傘も和で。4枚目は、これまた思わず「かわいぃいいいlovely」ってうっとりしてしまったんですが、中世ヨーロッパの市民、的な。ブロマイドなんですかね。ツナお坊ちゃまがめっちゃかわいいhappy01sign01山本は猟犬連れて銃を背に担いで…狩猟でしょうか。やっぱり山本には犬が似合いますねhappy01heart04note雲雀さんは教授、骸さんは伯爵な雰囲気。二人ともお似合いです。スパナと獄寺は…普通にその辺にいそうな人(笑)。5枚目と6枚目は、リボコンDVDのジャケットだと思います。これは見たことある方多いんじゃないかな。とりあえず、ちょっとだけ眉を寄せた感じの山本がかっこよくて、それだけ見て思わずDVD買っちゃおうかと思ったことを覚えてます(笑)。(←結局買ってない。)下へ流し目線の雲雀さんも、やっぱり麗しいです。正チャンが暗い雰囲気だけど珍しくお洒落で、骸さんはやっぱり気合が入って綺麗で、ベルとルッス姐さんが妙にノリノリとかラルがかっこいいとか色々あるんですが、マーモンの衣装かわいすぎだと思います(笑)。7枚目は、ヴァリアー編と未来編の間に入った、アニメの日常編のDVDジャケット。これも見たことあります。みんなでペンキでREBORN!って書いてるんですよね。すっごく生き生きしてて、みんなペンキだらけで、山本がフゥ太と一緒にいるからいいお兄ちゃんに見えてすごくかわいくてかっこいいし、とにかくみんなかわいい。雲雀さん一人だけあんまり汚れてなくて、ハケ持ってるのに参加してないところがポイント(笑)。

 <TIME MACHINE Colore!>
 
ここも、トレカとかポスターとか1番くじとか…だそうです。1枚目は、少年時代の獄寺、骸さん、ディーノさん、スクアーロ。傷だらけでもなんか生き生きしてるディーノさん、小さいくせになかなか素敵です。同様にスクアーロ、少年時代とはいえ、既に目つきは剣士。かっこいいです。次から5枚は、大人バージョンのボンゴレ守護者~~~~~~~happy02heart04happy02heart04happy02heart04sign03sign03sign03なぜに了平兄さんと山本だけ2分の1サイズなのかというのに関しては、延々と問い詰めたい気分ですが、それでも文句なしにかっこいいです。獄寺は落ち着いた雰囲気。大人の了平兄さんは、もうとにかくかっこいいhappy02heart04sign01かっこいいんですよhappy02sign03そして、山本もちょっぴり落ち着いてる感じで、ネクタイを緩めながら視線を流してる雰囲気が、もうかっこよすぎて拝みたい<(_ _)>sign01骸さんは、白のスリップドレスの髑髏ちゃんがいるだけで、なんか大人感がぐっとアップしてて、エr…すみません、麗しくていらっしゃいますcoldsweats01sign01雲雀さんは和服ですねlovelysign01この人は似合わないわけがない。麗しくないわけがない。残り2枚がくじなんでしょうか。10年後ディーノさんとXANXUS様&べスター。ムチをぐいっと引っ張るディーノさんは、翻ってる服も含めて、もう目が離せないくらいかっこいいですhappy02heart04これで三十路は反則sign03XANXUS様のほうは、その足にべスターがなんか顔を摺り寄せてそうな感じで…何となく微笑ましい(笑)。

 <CHIBI Colore!>
 まんま、チビキャラ大集合。まずはヴァリアー編DVDの背表紙を飾った、リボーンのコスプレモードのチビキャラ。XANXUS様、ツナ、獄寺、山本、了平兄さん、雲雀さん、ランボさん(20年後)、骸さん。いちいちみんなかわいいけど、リボーンのコスプレだから、何気に雲雀さんが笑ってるように見えてカワイイッすhappy01note次はフォトアルバムだそうですが、何とか戦隊、ですか、これ(笑)?ツナ、リボーン、ランボさん、獄寺、山本、雲雀さんといますけど、これはツナがかわいいと思います(笑)。次はブランケット…?なんか、絵柄も、鉛筆と水性絵の具で描いたような雰囲気。XANXUS様はちびキャラになってもスクアーロの扱い酷いんですねcoldsweats01。ラストは「死ぬ気で語れ!そして歌え!」のCDジャケットのチビキャラ。みんな見たことあるような…気がする。みんなとってもラブリ~ですlovelygoodsign01

 <SERIES Colore!>
 これは、アニメの公式HPでも、○○編ごとに変わったイラストで、よく見かけたものばかりです。1枚目はアニリボスタート時のもの、2枚目はただの死ぬ気ツナ(パンツ一丁)に、日常編キャラ大集合。2枚目は、何気にみんな結構かっこいいんですよね。3枚目はヴァリアー編。これもよく見たけど、みんなすごくかっこいいから好きでした。4枚目は未来編。大きな白蘭と正チャンをバックに、大人ボンゴレ守護者とツナ&リボーン。アルコバレーノ編は、何気に初めて見たかもしれません。ちっちゃいアルコバレーノと大人アルコバレーノとツナ。大人リボーンは間違いなくかっこいいです。大人風さんとルーチェさんはすごく優しそう。最後は未来チョイス編。これ、単行本のチラシではさんであって、山本がかっこいいって騒いだ覚えがある(笑)。

 最後はイラストの出典と、スタッフ用グリーティングカードがおまけで載ってます。水着の髑髏ちゃんと、ちっちゃな犬&柿ピー、あとランボさんをトナカイ代わりにするリボサンタ&イーピン、それを微笑ましく見てるちっちゃな2年生s(ツナ・山本・獄寺・京子ちゃん・ハル)でした。
 さて、全部に感想は書けなかったけど、全部のイラストは紹介できたかと思いますhappy01sign01ご存知のイラストもあれば、え、何それ知らないよ、というのもあると思いますが、紫月の拙い言葉ではこれが精一杯でスミマセンcoldsweats01sign01少しでも、「あ~、あれかな?」って思って、共感してもらえたら嬉しいですnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

逆転検事前半vvv+諸々感想

 ……また風邪引きましたけど…なんかの呪いですかこれcoldsweats01。(←自己管理の問題です。)

 というわけで、今週月曜日に1年の個人的仕事の山場を迎えた紫月ですが、日曜日辺りから、あれ?喉痛いよ?どうするかな?あれ?CMで見たことがあるけど、これマジで唾も飲めないってこのことじゃね?っていう、まあ色々と人として大人としてダメな状態でした(笑)。
 月曜日の山場は、何とか大きな支障もなく終えて、個人的には色々心残りもあったわけですが、講評をしに来たお偉いさんが色々褒めてくれたのでほっと一息。あ~よかった、これもみなさんのおかげhappy02sign01そして、その夜は38度の熱を出して寝込む紫月(笑)。だって、もう仕事してる時点で寒気してたんですものcoldsweats01
 で、今更遅めのパブ○ンを飲んではみたものの、やっぱりなかなか効かず…熱は37度台に下がったんで、それから1週間、何かと忙しかったし、結局休めなかったわけですが、未だに咳が酷くて喉が痛くて、寝てても時折咳き込んで目が覚める始末。熱が37度台をいったり来たりなのは、いつも通りの体調不良なのか風邪のせいなのか、もはや境界線すら曖昧になってきている今日この頃。あぁ…そういや、今回お医者さんにも行かなかったな。お医者さんの薬の方がよかったかしら。だって遅めのパブ○ン効かないし苦いんだもん。苦いんだもんcoldsweats01sign01(←早めに飲め。)(←お子ちゃまかsign03

 さて、そんな紫月ですが、先週の記事を書いてから体調を崩したので、寝ててもできるDS大活躍(笑)。やっと逆転検事始めることができましたよsign01逆転裁判シリーズのスピンオフ作品で、裁判で矛盾を見つけて「異議ありsign01」って突っ込むところを、御剣くんで色々捜査や検証しながらやって、事件を解決していくっていう流れなので、基本的にやってることはそう変わらないです。サイコロックの代わりにロジックがあったり、色んなところを歩いて捜査して情報屋証拠を集めたり、色んな人の証言や推理をくつがえしたり、裁判という場が無いだけで最後に犯人の嘘を暴いて真実を突きつけるのも同じなので、amaz○nで買ったときにあまり評価がよくなかったのがむしろ不思議というか。え……なんていうか、普通に面白……coldsweats01sign03
 ナルホドくんほどツッコミキャラじゃない御剣くんなのですが、これでも結構周りのキャラがおかしいので、ツッコミ入れてくれます(笑)。やっぱりそうこなくっちゃhappy01noteクールな御剣くんのツッコミは楽しいですnote捜査をするときに、御剣くんが現場を動き回るんですが、この操作がやや慣れないというか、十字ボタンだと上手くできるけど、移動遅いし、タッチペンだと速いけど思うように動かない(笑)。逆転裁判ではこの操作がなかったからなぁ。でも、常にちっちゃな御剣くんが画面にいてかわいらしいです~happy01heart04note
 まだ2つ目の事件が終わって、現在3つ目の事件の途中なので、今までの逆転裁判シリーズと比べた感想は難しいですが、今回のは、どうやら全部の事件が繋がっているんですね。いや、今までのも終わってみたら繋がってた、っていうのありましたけど。で、御剣くん、どんだけ事件に巻き込まれるんだろう、と(笑)。初めの事件で、日本に帰ってきて殺人に巻き込まれ、二つ目の事件はその2日前の回想で、殺人事件に巻き込まれ、三つ目の事件はその2つ目の事件の翌日で、殺人に巻き込まれ…つまり、今のところ3日連続でございますcoldsweats01。これに、10年前の事件というのがまた関わっているみたいで、相変わらず奥が深い…。早く続きがやりたいhappy02sign03

 あとはいつもの、その他諸々感想で~すhappy01sign01まずはドラマ部門から(笑)。

 相棒Season9 第4話
 今回はまた、色んな要素が絡み合っていたなぁ…と思いました。おばあさんを殺された孫を殺したのは、そのおばあさんの事件を担当して身体を壊してしまって、刑事をやめざるを得なかった元刑事さんで、殺した動機は、そのおばあさんの事件の証拠品のお金を使い込んでいて、その孫がそれを請求しようとしてたから、かと思いきや、元刑事さんは、おばあさんがその孫に殺されたということも分かってたわけで、動機はどっちなんだ、どっちもか、更にその証拠品紛失がばれたくなくて、事件をうやむやにしたい鑑識さんがいて…つまり何が言いたいかって、一言で説明するのは無理です、と(笑)。犯人を殺してしまった元刑事さんに、珍しく神戸くんが感情的に「あなたは警察官でしょうsign01」って言ったのに対し、神戸くんの言葉を訂正する形で右京さんが「彼が今でも警察官だったならば、どんな理由をつけたところで、証拠品の横領などしなかったはずです……(長いので以下略)」つまり、この人の心が既に、警察官ではなかったのだ、と神戸くんに言うようにして、犯人に突きつけているのが奥ゆかしいと思いました。
 で、今回は「倉庫の片づけ忘れてますよね~coldsweats01」って言ってた神戸くんの方が、結局最後にはそのことを忘れてて、右京さんは忘れてなかったよっていう小ネタが好きでした(笑)。やっぱり右京さんが、1枚も2枚も上手note

 黄金の豚 第5話 のびのび体操の話
 教育管理委員会がどうしようと、校長先生、まるおくんにノートくらいあげたらいいじゃん、と思いましたけどcoldsweats01。でも、芯子さんをかばった明珍課長補佐が、なんか大変なことになっちゃったみたいですね。自分からは何もできない、ちょっと情けない人だったけど、悪い人ではなかったのでちょっと気の毒…。

 次はアニメ部門(笑)。(←いつから部門制に?)

 心霊探偵 八雲 第7話 「つながる想い~罠~」
 相変わらず口が悪すぎる八雲くんですが、晴香ちゃんがちゃんとその真意を汲み取ってくれるから、まともに会話が成立してるんですね、アレ(笑)。自分の演奏会に来てほしいって言われて真面目な顔して「なぜ僕を誘う?それは何かの嫌がらせか?それとも新手の恐喝か?」って、何気に酷いと思うんですけど、「暇で暇で死にそうでたまたま近くに行く用事があったら…」とか言う辺りは、何気にかわいいと思います(笑)。そして、行けないかもしれないと思ったら、ちゃんと行けないかもしれない、すまないって、珍しく晴香ちゃんに電話までして謝る辺り、絶対に行ってあげようと思ってたんですよね、この人。めちゃめちゃかわいいと思いますhappy01sign01
 ところで、七瀬美雪さんは七瀬一家四人殺害事件の…生き残りというか…むしろ加害者側ですか?(犯人とされてる人は、顔からして絶対犯人じゃなさそう(笑)。)構成作家さんというのはこの人の変装です…よね?で、美雪さんは何やら家族をよく思ってなくて、幼いながらにいなくなってしまえばいいと思ってて、それを叶えたのが、あの八雲くんのお父さんらしき人…と。で、あの映像に映っていた霊や家は、八雲くんに何の関係があって、どんな情報をもたらしたのか…気になる終わり方でした。そして、美雪さんには「自由」を届けに来た赤い目の人。八雲くんに「闇」を届けに来た美雪さん…。う~む。
 そういえば、OPを歌ってるのが、八雲くんの声優さんの小野さんだったと知ってびっくりしました。声も素敵で歌もお上手だなんて、なんておいしい人なんだ。

 屍鬼 第15話
 夏野くん…………happy02sign03
 前回、夏野くんが起き上がるっぽくて、複雑だと思ってた紫月なんですけど、今回こんなに心強いと思うなんて。でした。あの凄惨な尾崎医院の部屋を見て、室井さんは尾崎先生と完全に袂を分かってしまったし…。お寺の住職さんていうのもあるかもしれませんが、やっぱり「命を狩る」ということに納得ができなかったんですね。それが例え人でなくても。そして、尾崎先生と、たぶん馬鹿げたことと思われることでも打ち明けられると思うくらい長い付き合いのある人たちでさえ、尾崎先生の考えを受け入れてはくれなくて、襲撃宣言も受けて、尾崎先生たった一人でつらそうだったから…。夏野くんは、起き上がりでありながら、起き上がりを狩る側になろうしてるのかな。あと、夏野くんは、顔色とか眼とか、あまり生きてるときと変わってなくて、あんまり起き上がりっぽくなかったです。
 そして、夏野くんが死んでから、夏野くんの部屋の外に毎日一輪ずつ花を置きに来てる徹ちゃんが、何だか健気で痛々しかったです。そんな心の持ち主が、罪悪感を感じないわけなくて、やっぱり苦しんでるんだろうなぁ…と。徹ちゃんは、夏野くんが起き上がったこと知ってるのかな。
 その他にも色々あったんですけど。例えば辰巳さんの髪形の意味がやっと分かった(笑)。人狼?でいいのかな?屍鬼とはまた違う種類のモノなのかな。あと、役場怖すぎ。役場で出てきた桐敷千鶴?さん、登場とか色々含めてツッコミどころが満載すぎてどこから突っ込んだらいいか分からなかったcoldsweats01

 テガミバチ REVERSE 第7話 「Film noir(フィルム・ノワール)」
 なんでゴーシュが「ノワール」になってしまったのか、っていうことが少し分かってきました。あと、あの側にいる女の子は、ゴーシュの相棒(ディンゴ)の犬だったわけじゃないんですね。そうか、犬が人になるような、逆ソフトバンク的なファンシーなお話ではないということか。ゴーシュの相棒だった犬がどうなったかは分からないけど、その相棒の名前を覚えていたからこそ、ゴーシュは「ロダ」と名づけた。つまり、まだ心は完全に失くしてない…と。
 今回ゴーシュとザジの対決があって、ゴーシュもザジも好きな紫月としてはおいしいような痛いようなcoldsweats01。今回はザジの完敗でした。そりゃ、ヘッドビーになろうとしてた人だからなぁ…ゴーシュは…。

 薄桜鬼 碧血録
 1期から通しだから、何話かよくわかんないやcoldsweats01。1期は正直、この物語は何が言いたいんだろうって思って、ちょっと展開がよく分からなかったんですけど、2期になって、新撰組が衰退していくのが、結構つらいですね。みんな死んでいくのか…。今回は近藤さんが殺されてしまって、みんなつらくて、原田さんは不知火さんとなぜか意気投合してるのは楽しかったのに、やっぱり生身の身体で羅刹の大軍とやりあうのはきつかったようで…。「(永倉)新八が待ってるから、早く帰らねぇと…」って、息も絶え絶えに呟くのに、思わず泣きそうになりました。その後「その二人を見ることは、二度と無かった」っていうナレーションでさらっと終わってしまって、ええええ死んじゃったのおおおおおおおおおおcoldsweats02sign02て感じでした。いや、不知火さんは生きてるんだろうけど。なんかいい人になっちゃったしな。そう、そんな感じで、さらりさらりと物語が流れていくんですよ。元が恋愛アドベンチャーゲームらしいから、本命(土方さんか?)以外はそうなっちゃうのかしら。
 で、やっぱり今回は沖田さん。近藤さんについていながら、みすみす近藤さんを敵に渡してしまうしかなかった土方さんが許せなくて、だけど、敵の土方さんの襲撃を知って、「近藤さんが土方さんに全てを託したのなら、僕も土方さんを守らなきゃね」って、もう労咳で余命幾ばくも無いというのに、命を削って羅刹になって、一人で街道を守りきって…。土方さん達がそれを知って駆けつけたときには、もうその身体すらなくなってしまっていて。かなりつらい展開でした。なんか、沖田さんはずっと病気でずっとつらかった気がする。刀を振るうためだけに羅刹になって、結局それで命を使い果たしてしまったんですね。で、来週は斎藤さんか?斎藤さんなのかbearingsign02

 バクマン。は、今回それほど思うところはなかったので感想お休みです。荒川アンダーザブリッジはまだ見てないので、見て何か呟きたくなったら来週にでも書いてると思います(笑)。
さて、恐ろしいのは、あと1ヶ月ほどで年末だってことなん・です・けどcoldsweats01なんで?この間まで猛暑だって言ってたじゃん…coldsweats01sign01イラスト…どうしようcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

2011年度リボーンカレンダー♪+諸々感想

 これで4回目の、公式リボーンカレンダーですが、やっと届きました~happy01note
 アニメカレンダーは頼んだことないんですが、天野先生のイラストなら、飾ってあっても芸術点高いかなって勝手に思ってる紫月です(笑)。
 今回のは、縦長で、3枚並べると1つになる、というものなんですが……うん、並べると1つになりますけど、並べる前に1枚でかいなcoldsweats01sign01っていう印象でした(笑)。今年のカレンダーの縦が二倍になった感じ?
 表紙は透明で、最初の絵が見えます。でも、その透明の表紙には、ボンゴレ、シモン、ヴァリアー、黒曜、風紀委員(?)、ミルフィオーレ、アルコバレーノ、キャバッローネのシンボルマークと、各集団の一言説明があってちょっと面白いです。
 で、イラストの1枚目はWJで人気投票のときに表紙を飾った10代目ボンゴレチーム。全員黒スーツにカラシ色(←もうちょっと色の表現はないのか。)のシャツがおしゃれhappy01note次に、同じバックでシモンチーム。これも見たことありますね。こう見ると、ほんと紅葉くんはイケメンだな(笑)。そして、3枚目がたぶん書き下ろしで初代ボンゴレチーム、でした。おぉおおおおおおおお初代かぁああああああああああhappy02heart04sign03sign03sign031枚は書き下ろし、とか書いてあった気がするんで、たぶんこれがそうでしょう。プリーモかっこいいっスhappy01note雨月さんとGさんがかっこいいっスlovelynoteナックルさんがマジ山本に見えてしかたないっスlovelylovelylovelynoteすげーかっこいいですよ、ナックルさん。雨月さんが麗し美人で上にいるんですけど、それでも山本に見える(笑)。ナックルさんの特徴的な髪型が、プリーモで微妙に隠れてるせいもあるんですけどね。やっぱり黒髪の短髪っていうのがそれっぽいのかな~。あと、アラウディさんとD.スペードさんは鉄板だと思うんですけど、構成が少し不思議なんですよね。手前にいる人ほど小さいんですよ。アラウディさんとデイモンさんが一番後ろなので、一番顔が大きい感じです。
 さて、後半3枚はリボコロの表紙ですね。ペア(トリオ有り)は、ディーノさんと雲雀さん、XANXUS様とツナとリボーン、骸さんと白蘭、といった感じです。私服バージョンの方。確かにこれは、3枚そろえたら一つになりますよね(笑)。ていうか、これ3枚そろえたら、相当でかいっスよ。そろえて貼る人いるかしら。

 さて、そこそこの時間には帰ってくることができている近頃ですが、来週の月曜日には自分の今年度最大の山場が待っております(笑)。や~だな~~~coldsweats01sign01早く終わっちゃえsign01
で、別にそれほど寝不足になってるわけでもないだろうに、帰ってきてご飯やお風呂を済ませて、ビデオを見てると、いつの間にやら寝てしまうんですcoldsweats01。今更ながら、逆転裁判シリーズのスピンオフ作品といわれる「逆転検事」を購入したんですけど、amaz○nから届いたのが月曜日だったのに、結局全く出来ないまま現在に至ります(笑)。ていうか、まだ戦国BASARA英雄外伝も途中なのに、別のゲームに手を出すとかcoldsweats01。っていう感じなんですけど、いや、少しずつ英雄外伝もやってるんですけど、ストーリーが終わって天下統一モードやってるので、結構時間がかかるんですよね~。先日今川義元で、おじゃおじゃ言いながら天下統一しました(笑)。第2衣装がサンタクロースでどんだけいじられてんだと思いました(笑)。第7武器、花札の五光だし(笑)。ああ、早く小十郎で天下統一したいけど、いかんせん小十郎やるなら「難しい」以上で挑戦したいbearingsign01となると、もうちょっとアイテムたちにレベルアップしてもらわないとな~。アイテムもあんまりないし。ということで、2では使えなかったキャラから天下統一してます(笑)。
 で、「逆転検事」は、逆転裁判で紫月が好きなキャラの御剣くんが主人公ということで、前々から欲しいなとは思ってたんですけど、それこそ戦国BASARA2と英雄外伝があるから…って自粛してたんですよね(笑)。ただ、1年半かかっても終わらないから、同時進行でもいいかなって(笑)。
 始めたら、またぽちぽち感想書いてるかもしれません。

 それでは、後半はいつも通りの諸々感想で~すhappy01note

 相棒Season9 第3話
 わぉ、米倉斉加年さんだ。と思った第3話。米倉さんといえば、中学校の国語の教科書で出てきた、「大人になれなかった弟たちに……」の作者さんですよね。(←中学の時、紫月的に最も国語の中で印象的だったお話なのです。)俳優もやってて本も書いてて、すごい人だな~って思います。実は、たまたま研修か出張で、この人の講演も聴きに行ったことがあったので、まさかこの人を相棒で見るとは思わなくてびっくりしました。
 犯人なのに、殺人のことなんて全然頭になくって、ひたすら大切な友達であった画家の最後の絵を気にしているっていうのも、ちょっと不思議な感じでした。そして、今回は神戸くんの推理も結構なるほどと納得行くものだったんですけど、その推理を犯人にぶつけたことで、右京さんが更にヒントをつかんで、真実にたどり着く、というW推理でした。神戸くんの推理も無駄じゃなかった、という。
 今回は、別にそれほど絵に興味があるわけではないんだけど、犯人に共感するために、徹底的にちゃんと画家の情報を仕入れていた右京さんに、その辺が甘かった神戸くんがいちいち突っ込まれるのが面白かったです(笑)。「それも、その本に書いてありましたねぇ」「あれぇ?ページがくっついてたのかなぁ」(笑)。

 黄金の豚 ネギの話(笑)。
 すみません、何話だっけ?4話目?って、ちょっと自信がなかったので(笑)。ネギ尽くしが最初笑えたんですけど、やっぱりちょっといい話で、芯子さんは根がとってもいい人なんだろうなって思いました。でも、素直には絶対なれないタイプで。今回は芯子さんの締めのセリフ「金返せ」を、大泉さん(がやってる一郎くん?)が言ってたのも印象的でした。自分の地元を苦しめた人だから、言いたかったんでしょうね。

 屍鬼 第14話
 絶句…………coldsweats02sign03
 最後の尾崎先生の凄まじさに、マジで絶句しました。妻が死んだからとか眠ってなくて限界…とかいう生易しいものじゃないのはもちろん、もう精神的に何かキレてしまってるとしか思えない。起き上がった京子さんで、その生体を様々実験してみて、起き上がりの弱点を見つけようとするのは分かるけど、それで観察しようというだけじゃなくて、ちゃんと自分の殺すための仮説が正しいかどうかまで、躊躇いなくやってしまって…。尾崎先生が想像した京子さんの顔の腐乱よりずっと凄惨で怖かったです。あれで室井さんはどう反応するだろう。
 そして、田中さんちにやってきたお医者さん、あれも間違いなく屍鬼側の人間ですよねぇcoldsweats01sign02電話の直後に来るとか怖いしbearingsign01「入っていいですか?」って…それで「ダメ」っていう人いないじゃんか~~~bearingsweat01sign01これでかおりちゃんも昭くんもリーチかかっちゃう…coldsweats02sign01
 さらに、EDの予告…sign01え?ええ??夏野くん…起き上がるの…………coldsweats02sign02…なんかちょっと…複雑。

 テガミバチ REVERSE(たぶん)第6話「少女人形」
 シルベットかっこいいなcoldsweats01sign01車椅子でか弱い外見してるのに、たぶん車椅子最強人種(笑)。その上、自分がお兄ちゃんに持たせることの出来なかった自分の人形を作り直して、同じ状況の女の子に届けるとか、心もかっこいいと思いました。

 バクマン。「アメとムチ」
 集○社とかジャ○プ編集部の事情がメチャメチャよく分かるな、と思いました(笑)。漫画家目指したい人とか、すごく参考になるんじゃないかなこれ。

 心霊探偵八雲 第6話「格安の物件」
 脇腹をつつかれるたびに、ものすごい音を立てて仰け反る八雲くんがかわいすぎました(笑)。あんなに天邪鬼でクールで皮肉屋さんなだけに、ギャップが素敵happy01noteあと、女の子は小さくても、ちょっと外見をチェンジした時に、それを見てもらいたいんだっていう女心が分からなくて、晴香ちゃんに教えられて実践するも、いまいちピンと来てない感じもなんかかわいかったです。そういうところは普通の男の子ですね(笑)。

 荒川アンダーザブリッジ×2 6BRIDGE×2
 今回やっと、サブタイトルにも「×2」がついてることを理解しました(笑)。ニノさんが金星に帰るんだ、と言い出して、色々と複雑なリクのお話でしたが、ニノさんはあの河川敷の人たちの中で、それなりにやっぱりリクが一番お気に入りなんですねhappy01note今回もニノさんがかわいかったです~。

 よぉし、逆転検事、今日こそチャレンジするぞーhappy01rocksign01 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

ONE PIECE60巻+諸々感想

 今週はONE PIECE60巻が出たんですけど、これまた分厚くて情報量がすごいな~って感じでした。というわけで、今回はそのことも交えながらぽちぽちとつぶやいてみたいと思います~。
 あ、つぶやきといえば、最近はそれこそ猫も杓子もツイッターの時代ですよね~。このブログも、ツイッター連動できるんですけど、ツイッターなんて、絶対マメな性格じゃないとできないと思ってます(笑)。だって、今思ったようなことをわざわざ言葉に表してネットに投稿するなんて、自分がやるわけがない…coldsweats01。書くなら書く、っていう性格の人間なので、言いたいことがあったとして、そもそも100字ちょっとで収まるわけもない…色々不便な人間です(笑)。

 ONE PIECE60巻
 まずはいきなり、表紙の折り返しのところ、作者からのコメントの部分が面白すぎて笑い転げたんですけど(笑)。紫月的に世の中で尊敬できる人を挙げれば、尾田栄一郎は欠かせませんけど、やっぱりこの人すごいなぁ。ギャグセンスまでピカイチなんて。
 まだ1回しか読んでないんですけど、今回はルフィとエースとサボの過去のお話からでした。この分で行くと、サボは革命軍で生き残って…いそうですよね。ドラゴンが遅れて戻ってきた理由、酷い怪我っていうのは、きっとサボのこと…って、勝手に思ってます。そして、バーソロミュー・くまは、革命軍の幹部だったのか…coldsweats02sign01だから麦わらの一味に加担した、と。加担、というよりは、立場上の面目は保ちつつ、影ながら最悪の事態にはならないようにしている…というか。そんな立場の人が、どうして人間兵器になることを志願してしまったんだろう。
 何しろONE PIECEは奥が深い…と思うわけですが、最後に写真を撮られてたルフィの腕に、エースの腕にあったようなタトゥーがあったこととか(ビビが気にしてたのは、これですよねきっと。)、ルフィの行動にどんな意味があって、麦わら海賊団がこれからどう集まってくるのかとか、まだまだ気になることがいっぱいです。とりあえず、レイリーさんは相変わらずかっこよかったですhappy01note
 それにしても、まさかゾロが飛ばされた「シッケアール王国」跡地が、ジュラキュール・ミホークの住んでるところだったとか、カマバッカ王国にイワさんが戻ってきてサンジに会うとか、くまさんが彼らを飛ばした場所には、全部意味があったってことなんでしょうかねぇ。ルフィはもちろん、エースを助けに行けるギリギリの位置であり、今こうしてルフィを匿ってくれるハンコックがいるし、ナミは航海士としてウェザリアですっごく自分の力を高めることができるし、ロビンはテキーラウルフで自分の味方をしてくれていた革命軍と出会い……チョッパーとウソップとブルックは今のところよく分かりませんけど、これでまた色々とパワーアップした麦わらの一味になれるかも?フランキーもくまさんのこととかに、関わってくるのかなぁ…と。
 あと、なんとコビーのあの妙な力は、覇気だったんですね。コビーが覇気をcoldsweats02sign02ダテにガープさんに育てられてませんね。あと、ガープさんとセンゴクさんが実質引退してしまいそうな。元帥には青キジが推薦されてましたけど、あの大将3人の中なら、一番若そうだけど、考え方が一番まともだと思います。赤イヌさんと黄ザルさんは、正義のためなら何でもしていいっていう非道さがある気がするので。てことは、また大将が一人別に加わるかもだし、四皇も一人欠けちゃったし、王下七武海もだいぶ代替わりしそうだし、舞台は新世界に移行しそうだし、一気に世界が変わるというか、時代が変わる気がします。
 そんな中、今回もエースの死に打ちひしがれていたルフィですが、ジンベエのおかげで、ずっと離れていた仲間のことをやっと思い出せて、涙ながらに仲間がいるって言ったところは、やっぱり泣けてきました。今回の頂上戦争は、初めてルフィが自分たちの仲間と離れての戦いだったわけですが、結構な大きな出来事だったし、ずいぶん長いこと離れてたような気がしました。このあと、実質第2期に入るみたいな雰囲気ですが、尾田先生も4週間お休みされたってことだったので、次の単行本はだいぶあとになるのかな?と思ってみたり。ONE PIECEはやっぱり名作だなぁと思った60巻でした。(ていうか、累計発行部数2億って、すごすぎcoldsweats01。)

 あとは、いつもどおりのプチ感想で~す。

 屍鬼#13
 夏野くん~~~~~~~~~~cryingsign03やっぱり死んでしまったんですね…。先週の次回予告で、お母さんの置手紙の中に、「死」っていう字が見えたのと、「こんな村にはいられない」っていう言葉があったので、もしかして今回で…て思ってはいたんですけど。はぁ……。起き上がりのことに気付いて、その対処法も分かっていて、村から出たいという希望も持っていて、それでも死んでしまった夏野くん。それらを全部を投げ打ってでも、徹ちゃんが心変わりしてくれることを願って血をあげ続けたんだろうか。せめて1日おきとかだったら…。でも、「村から出られないような気がしてたんだ…」っていう言葉を聞いて泣いてた徹ちゃんは、やっぱりすごい罪の意識に苛まれてるんだろうなぁって思いました。それは、人を餌だと思う罪じゃなくて、大切に思っていた友達の、生と希望を奪ってしまう、もっともっと重い罪で…。
 そして、置手紙を残していなくなってしまったお母さんですが、あの人はどう考えても前回で屍鬼にやられてたっぽいので、どんどん村から転居してしまう人の中の一人だったんでしょうね。ところで、村の外に出て死んだ人は、土葬とは限らないし、起き上がりにはなれないんじゃなかろうか。それでもいいのかなぁ?お父さんは、屍鬼にやられたというよりは、何もかもを失って廃人のようになっちゃってた、という感じなのかな…って思いました。でも、あの手紙を見たら、梓さんがいなくなっちゃったことより、夏野くんが死んでいるっていうことのほうが重要なんじゃないだろうか、と思ったんですけど…。お父さんは真っ先に梓さんの方を探してましたよね。
 さて、そうなると次に気になるのは、夏野くんが起き上がるかどうかってところだったんですけど、葬儀社の方へ運ばれたんですよね。…葬儀社って…外から入ってきたって言ってたけど…土葬にすんの?
 尾崎先生のところでは、ついに奥さんが屍鬼にやられて死んでしまったわけですが、尾崎先生は奥さんを助けようとしてるんじゃないんですよね。もう助からないことも分かってたし、死んだことも誰にも言わずに、一人でそれを見届けて、起き上がりの実体を把握する材料にするつもり…ってことですよね…。室井さんとは少しだけ仲直りできたような気もしたんだけど…ここのうちのおじいさんがまた怖いったら。ちなみに一番怖かったのは、徳治郎さんに尾崎先生が入院を勧めた瞬間、ぐりんと横を向いて「嫌だsign01」って言った時でした。あぁもう、いちいち心臓に悪いよーcoldsweats01sign01
 ところで、徳治郎さんたちは屍鬼が来てる現状を夢だと思ってるんでしょうか。やや操られてる感があるんですけど、夏野くんの場合とは違うんだろうか。それとも、夏野くんが、死ぬかも知れないと分かっていて、それでも「この期に及んで、徹ちゃんが心変わりして、一緒に逃げてくれることを期待」したこと自体、操られていたからだったのかなぁ。
 あと、全然関係ないけど、尾崎医院に務めている看護士さんの中に、バナ○マンの○村さんがいる気がするんですけど、気のせいですか(笑)。

 心霊探偵八雲#6「魂をつなぐもの~蘇生~」
 やっぱり両目が赤い人は、八雲くんのお父さんなんですね。父親に苦しめられる子供の気持ちは分かる…ってことは、八雲くんはあのお父さんのことでずっと苦しんできてるってことなんでしょうか。お父さんのこと、よく分かってるみたいだし。お母さんは八雲くんの赤い目を見て取り乱したってことだったんだけど、それはお父さんの力を受け継いでるって分かったからかな?ていうことは、つまりお父さんの力のことも怖いと思ってたとか…そんな感じになるのかな…。
 お医者さんの娘さんは、自分の器にするために殺される女の子たちに憑依して、その苦しみを請け負ってくれてたんですね。何度も水死する苦しみを味わうなんて、そりゃあつらいだろうし、お父さんにそんなことをして欲しくなくて、一生懸命訴えてたんですね。そんなことをさせて、八雲くんのお父さんは一体何考えてるんだか…。八雲くんが動くことを、何かしら期待してるような気がするんですけど。

 バクマン。#4・5
 #6は現在放送中です(笑)。てことで、先週までの分。行動力って大事だな~…と。でも、本気でそういうのに取り組める二人が羨ましいと思いました。環境的にも、二人はすごく恵まれてると思いました。

 テガミバチ REVERSE#4「荒野幻灯台」
 はて、先週書いた感想は、#5の内容だったようです(笑)。先週は感想を書いたのが日曜日だったから、こんがらがってたみたいでスミマセン。というわけで、飛ばしちゃった先々週の感想。いきなり灯台守のおじいさんの強い思いに囚われてしまっているラグの場面からだったので、初めは何がなにやら…って感じだったんですけど、まとめて言えばジギー・ペッパーがかっこよかったです(笑)。声も中井さんなんですよね。全部を知ってるわけじゃないんですけど、中井さんが声を当ててるキャラって、結構好きになるキャラが多いなって思う今日この頃。銀魂の土方さん、戦国BASARAの筆頭、ONE PIECEのゾロ…と。

 今週は相棒お休みだったし、黄金の豚は、まあ同じようなパターンで痛快だったので、今回はドラマ感想休憩します~。荒川アンダーザブリッジは、どうやら時間帯がずれたようで…それでも自動延長や追いかけ録画してくれると思ってたんですけど、出来てませんでした。番組表とかのデータが訂正されないとダメなのかな、これは。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »