« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

みなさま、よいお年を<(_ _)>

 心配していた年賀イラストが仕上がりましたhappy01sign01よかった、間に合ったcoldsweats01sign01元旦には皆様にお届けできそうですnote
 そして、何とか部屋の大掃除も終わりました。あとは車だけなんですけど、何しろお正月まで天気が悪いので、洗ったところでたちまち汚れてしまう…gawksweat02。というわけで、躊躇中。でも、洗わないよりマシかな~。なにしろ、青い色(パシフィカルブルー)が気に入って買った車な訳で、それが汚れてちゃぁ元も子もないですよね(笑)。あ、でも雪降って来たcoldsweats01snow

 さて、八雲の最終回は見たんですけど、さらっと感想書けるかといわれると結構重たいので、また新年明けてから。どうせ新年早々ネタがないのは分かりきってますから(笑)。リボーンのVomicも12月分全部見たので、それの感想も含めて、せっかくだからまとめておこうと思います~。

 今年は、4年間感想を書き続けてきたアニリボが終わってしまうという、このブログにとってはすごく大きな変化があったわけですが、それがなくなってからもせっかく週1更新を続けてきたので、という理由で、ぽちぽち色んな番組の感想を書いてきました。それでも飽きずにこちらに来てくださった皆様、構ってくださった皆様、本当にありがとうございましたo(_ _)oペコッsign03そして、今年中はまだ行かないだろうと思ってたのに、カウンターが…coldsweats01sign02……恒例だからまたプチ感謝祭を考えようと思いますhappy02sweat01sign01何もかも、こちらに来てくださる皆様のおかげですhappy01sign03年賀イラスト1枚で4日も(丸々)費やす紫月ですから、もうしばらくお待ちいただければ…coldsweats01sign01

 ではでは、今年お世話になった皆様に、心からの感謝を込めて。

 よいお年をお迎えくださいhappy01sign03sign03sign03

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

年賀状~~~(><;!+諸々感想

 相棒の映画が公開中ですねhappy02goodsign03
 超観たいけど、暇が…暇がないっっっbearingsweat01sign03
 ちょっと日曜日の夕方から、遠縁ではあるものの、近所に住んでた身内の容体が急変しまして、まあ夏からずっと入院はしてたおばあちゃんだったわけですが、色々と昔からお世話になってたおばあちゃんだったし、一人暮らしのおばあちゃんだったので、一番身近だったうちが主になってお世話をしてたんですよね。で、月曜日の未明に亡くなって、それから怒濤の日々が…(--;。24日までに仕上げなきゃいけないことがたくさんあったのに、23日は休みだし(注:紫月は家では一切仕事をしない主義、そして休日は死ぬ気で休む主義。)、22日はお葬式で1日お休みしなきゃいけなかったし、21日はお通夜で17時には家に帰らなきゃいけなかったし、遠くの親戚もうちに来るしで、もぉおおおおおばたばたgawksweat02。それでも20日にできるだけの仕事を終わらせて、21日もぎりぎりまで職場で粘って仕事を終わらせ、24日は朝から必死でいつもの仕事をこなしながら、24日までに終わらせなきゃいけないことを同時進行(笑)。そして、通常業務を終わらせた後も、そのあと、忘年会だったんですけど、それが始まるまでに、できるだけ休暇を取るべく、死ぬ気で残務処理(笑)。とりあえず、何とか年内に終わらせなくてはならないことだけは終わらせてきましたcoldsweats01
 なぜなら。
 まだ年賀状が出来上がってないんだよ~~~~~~~~~~~~~~~~~~っcoldsweats01sign03
 いや、正確に言えば、仕事用の年賀状は職場で無理やり仕上げて出してきたし、最低限出さなきゃいけない友人への年賀状は、もうイラスト諦めて、ダウンロードしたウサギさんで作って、たった今出してきたんですけどね。(そもそも、アニメや漫画が分かる人は少ない(笑)。)
 一番気合入れて描いてるイラストが出来上がってないんですよっcoldsweats01sign03まだ下書きすら仕上がってない…。構想はできてるんですけど、描いてる時間がない。現在下書き4割、といったところです。ある意味今回は、史上最大級の人数を描くことになりそうで、まあ、それを選択した自分がアホだな~って思うわけですが、もう今更新しいものを思いつく脳ミソも描く時間もないです(笑)。何とか死ぬ気で描き上げて、元旦にはこちらにあげられたらな~と思います。

 さて、ぼやきはこの程度にしておいて。今年書く通常感想記事はこれが最後になりそうです。来週はほとんど年末特番で、通常の番組はお休みな感じですから。今年はアニリボが終わってしまって、でもず~っと土曜日に更新してた習慣みたいな感じで、お気に入り番組の感想を書き続けてきわけですが、とりあえずせっかく続けてきたんで、気が済むまでは続けていこうかと思います(笑)。

 相棒Season9 第9話 女性のメイク…の話?
 テーマはメイク…だったと思うんですけど(笑)。ケバいメイク、夜の顔、その偽装、素顔で自分の夫に会う女が許せなかった妻、そして、それが偽装だったからこそ神戸くんに見破られた犯罪、と。なるほど、こういう場面では、亀山くんより右京さんより神戸くんの方が役に立つんですね(笑)。被害者に贈られたペンダントが今年の新作だって知ってたり、メイクのパターンを知ってたり、何気に女性のことに詳しい神戸くんでした。
 事件そのものは、それほど複雑なものでもなかったような気がするんですけど、敢えて映画に関わるものが登場していたんでしょうか。サブタイトルは「予兆」だったみたいだし。警察庁と警視庁の諍いとか、右京さんが特命係になった経緯とか…。そういや、今回のSeasonには、小野田さん出てこないですねぇ…。ラストも、ちゃんと映画につながるようになってたんですね。神戸くんが大河内さんに呼び出され、右京さんは一人で紅茶を飲んでて、陣川さんは振り込め詐欺防止の張り紙を作ってて、米沢さんがお金をおろしに行こうとしてて…。

 映画観たくなるじゃないですかcoldsweats01

 屍鬼 第20話
 一度タガが外れてしまったら、屍鬼を殺すどころか、もっともっと残忍なことを平気で口走り始めてしまう人たちが、なんか怖い…でも「こんなものか」…って、尾崎先生が言ってたのがわかる気がしました。心臓に杭を打てばいい、と尾崎先生が言っても、首を落としておいた方がいいんじゃないのか、鉈でやればいいのかって。
 そして、尾崎先生がちゃんと「屍鬼」と人とを区別しているのに対し、村人達はそうでもないというか…。裏切って屍鬼側についた人間は殺した方がいいと思ってたり、屍鬼に操られて発砲した人を力一杯殺してしまったり…。「悪」はもう「殺す」ことで片をつけようとしてしまう、もう、死体を元に戻すとかそういうんじゃなくて、見境なく「死」によって片をつけようとしてしまう、といった感じで、尾崎先生にも、人間が制御できなくて。こうなると、自分の飢えを凌ぐために人を襲っていた屍鬼と、自分たちが生きるために自分たちに害をなす屍鬼と、それを擁護するような者たちを襲い始めた人と、まさに沙子ちゃんが言っていた「自分が生きるために殺す」大掛かりな戦争になってきてしまいました。尾崎先生のお母さんも殺されてしまったし…。しかも、血を吸われて、ではなく…惨殺ですよね、あれ。それにしても、篤くんはなんで敢えてあんな血の足跡を残していくのかcoldsweats01。そして、屍鬼と成り果て、尾崎先生のお母さんを殺した篤くんを、親が始末をつけなくてどうする…と胸に杭を打ち込んで殺した大川さん。おおおおお…なんというか…凄絶…coldsweats02
 そんな中、屍鬼側の協力者になっている室井さん。積極的な協力者、というほどではないんだけど、誰も自分の手で殺したくはない、守りたい…という立場にいるんでしょうか。泣いて縋る沙子ちゃんの、今はたった一人の支えになりつつあるような気がします。室井さんは優しいな…。大人しくて気が弱いというだけではない気がします。
 そんな凄まじい戦いが繰り広げられる中、何だか和み担当だったのは、律ちゃんと徹ちゃんでした。最後まで血を吸おうとしなかった律ちゃんと、最後には折れて、その律ちゃんの思いを尊重した徹ちゃん。この二人は、屍鬼の中でも特に自分の中にあった人の心に殉じたような気がします。いや、まだ死んでないけど…。あれ?…死んじゃったの?かな?
 そして夏野くん。正志郎さんの銃をひらりとかわしたり、銃身をそむけたり、確かに身体能力はだいぶ上がってるみたいですね。正志郎さんは「屍鬼になりたかった」と言ってましたが、そんな正志郎さんにしてみれば、人狼は理想でしょうね。だけど、夏野くんはそんな自分をも最後は滅ぼそうとしてるわけで…。これまた不思議な関係だなぁ…。屍鬼(人狼)でありながら人間の協力者、人間でありながら屍鬼の協力者…。どちらも異端の二人といったところでしょうか。
 これ、あと2回くらい…?この地域が遅れて放送されてるんだと思うんですけど、他の地域ではもう終わってるのかな…?

 心霊探偵八雲 第12話 「失意の果てに~憎悪~」
 ん?んん?…そうか、やっぱりあの赤目のお父さんは霊だったのか。そして、一心さんはあのお父さんにそそのかされて、娘に臓器移植をしたかったお医者さんに…脳死状態にされちゃったのか…coldsweats02。刺したのもお医者さんで、それを治療する振りをして脳死状態に至らしめたのもお医者さんと…。全然別の物語であれだけど、律ちゃんは人を助けたくて医療の仕事をして、そんな自分に誇りを持っていたわけだけど、このお医者さんは娘のために人の命を奪おうとしてしまったわけですね~。確かに、半年の間に娘さんに合う臓器なんてのは、そうそう見つかるものじゃないんだろうけどなぁ…。
 そして、一心さんの霊が見える八雲くんは、自分の一存で臓器提供ができるにも関わらず、それを拒否した、ということは、一心さんは真相をちゃんと分かってて、自分がこんな状態になってるのはお医者さんのせいだって、八雲くんに訴えてるんだろうか。それでもこうなった以上、一心さんならあの女の子に臓器提供してあげそうな気がするけど…。
 そして、八雲くんが憎悪に支配されそうになってる気が。するんですけど。これって、まずくないかしら。お父さんの思うツボじゃん。そんな八雲くんの前で、七瀬さんが発砲した銃が…誰に当たってもいい結果にだけはならないよねぇ…coldsweats02。奈緒ちゃんとか後藤さんとか晴香ちゃんだったら最悪だよ。

 テガミバチREVERSE 第12話 「光、闇を照らす」
 おおお、ノワールがゴーシュに戻った…coldsweats02sign02
 ところで、紫月はアニメしか見てなかったので、今までこれに出てくる虫は「害虫」だと思ってたんですけど、「鎧虫」だそうです。公式HP見て初めて知りました(笑)。ザジもラグも、リバースの人たちに操られて大群になってる鎧虫に大苦戦してて、その上カベルネまで来ちゃって大変なことになってたときに、なんとゴーシュがラグと一緒に戦ってくれて…。起き上がったときは、ゴーシュに戻っててくれたらいいな…。
 そして以前、ロダはゴーシュのディンゴの白い犬だったけど、白い女の子になってたから、犬が女の子になったのかと思ったとか口走ってた紫月でしたが、あながち間違ってもいなかったっぽい(笑)?ロダを含め、色んな生き物と融合されちゃった、いわゆる「精霊になれなかった者」ってやつだったんですね。道理で、瞳の色も髪や身体の色も、ロダっぽかったわけだ。
 第1期は2クールくらいやった気がするけど、この2期もまだ続きそうですね。

 心霊探偵八雲だけは、明日の夜最終回ってことなので、もしかしたら追記か新記事立ててるかもです。そして…ああ、今日もイラストは進まないままに夜になっちゃったよ~coldsweats01?大丈夫かな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

素敵イラスト頂きました♪+諸々感想

Cocolog_oekaki_2010_12_15_23_01

 何となく使ってみた、久しぶりのお絵描きツール(笑)。もちろん、いつもの如くマウス描きなので、がったがたです。がったがたですwinkshinegoodsign01(←強調せんでよし。)そんなことしてる暇があったら年賀状とか正月用のイラスト描けって話ですよねcoldsweats01
 さて、そんなどうでもいいイラストはともかく、この度、なんとなんと、ちょくちょくお世話になっている「湖上の楼閣」のsakana様より、素敵なイラストをいただいてしまいましたsign03しかも、2枚もですhappy02sweat01sign03さっそくお宝部屋の方へ飾らせていただきたいとお願いしましたところ、快くご了承くださったので、お宝が一気に2枚も増えてしまいましたhappy02heart04sign03きゃっほ~~~~~~~いhappy02rocksign03
 1枚目は、なんとなんとsakana様のサイトで10万HIT御礼イラストとしてTOPを飾られている豪華ボンゴレメンバーの黒スーツ勢ぞろい、紫月特別仕様ですよ~~~~coldsweats02sign02ぉおおおおsign02何でこんな素敵なものを作ってもらえちゃったんだ、果報者すぎだろ自分coldsweats02sign03今年の残り少ない運をとりあえずここで全部使い果たしたってことなのかsign02そうか、なるほどhappy02sign03と、訳の分からないテンションになってるわけですが、そもそも、全然そんなつもりもなく、いつもどおりのほほんとsakanaさんのサイトへ行って、いつもの如くREBORN!ページを開いてみたら、爽やかな雰囲気でほんのり微笑んでる雲雀さんがですね。長くて綺麗な指でですね。ヒバードを「ぷぎゅっ」ってしてたんですよぉおおおおおおおhappy02heart04heart04heart04sign03それを見た瞬間、あまりのかわいさに紫月のハートが鷲づかまれまして(笑)。ぷぎゅってされてるヒバードがかわいくて愛らしくてかわいくてかわいくてかわいくてかわいくて……lovelyheart01heart01heart01sign03うぉおい、これはかわいすぎだろJKhappy02heart04sign03ってやつです(笑)。とりあえずその興奮をsakanaさんにお伝えしたところ、sakanaさんが自分用にメッセージまで入れてくださって…sign01とりあえず、1枚目のボンゴレ勢ぞろいの山本のかっこよさと、2枚目のヒバードのかわいさはハンパないです。sakanaさん、本当にありがとうございました…sign03
 ちなみに、sakanaさんのところで紫月が楽しみにしているものの一つが4コマ漫画なんですけど、かなり多くの作品があって、結構くすっと笑わされるものがあります。興味のある方は、是非happy01note

 しかし…これで1ヶ月咳が止まらないと思ってたら、なんか止まるどころか悪化して…来た…coldsweats01?しかも、なんか熱も上がってきたぞ?これってもしかして…また風邪ひいたのか自分gawksweat02sign02うっそぉcoldsweats01sign01

 ではでは、元気にいつも通りの感想です~happy01note

 相棒 Season9 第8話 社会に殺された自殺者のお話
 初めはナイフで襲われて殺されたのだと思っていたのに、追えば追うほど分かってきたのは被害者の報われない経歴。なるほどねぇ…。世知辛い世の中だなぁ…と思いました。とりあえず自分は住む家もあるし頼れる家族もいるし、安定した収入を得られる職業にも就いてはいるわけだけど、家族にも見放され、協力をしてもらえず、家もなく、就職活動をしても就職できなくて、食べるものもない…っていう世界もあるんだなぁ。そんなつらい状況にある家族や恋人に、せめて住む場所くらい貸してあげられないものなのかな~。だって、住所さえあれば、何とか就職活動は続けられたんだろうに…。とか、色々思いました。食べ物を得るために、試食コーナー回りをしていて就活出来なかったっていうのはもう、悪循環というか、残念な結果すぎるわけですけど。
 しかし、これから死ぬっていうのに、わざわざ自ら防御傷をつけるなんて、不思議だなぁと思いました。ちなみに腹黒い紫月は、防御傷をつけることで、被害者を装って何らかの保険金とかそういう類のお金を手に入れようとしたのかと思いましたcoldsweats01。そこまで追い詰められて、被害者がメッセージを残したのだと汲み取るところが、さすがの右京さんだと思いました。そういえば、もうすぐ映画公開ですねhappy01note

 黄金の豚 最終回
 工藤くんが会検に戻ってこられてよかったです。「秘書として責任を取る」って、いかにも政治にありがちな流れで、未だに問題になってるような現象を食い止めた芯子さんはかっこいいや。最後に四人組で現職総理大臣と、そしてそれを裏で操ろうとしていた黒幕、久留米さんを追い詰めて、お金と権力で今まで様々なことを揉み消してきたのであろう二人を、「だからもう動画流れちゃってるんだって」って(笑)。最近あった尖閣諸島のようつべ騒動を逆手に取った逆転劇で、ネットに流れちゃったら金も権力も追いつかないんだよっていうのがいかにもネット社会らしいというか。そして、明珍課長もちゃんと役に立ってて最後はみんなハッピー…となるはずだったんですけど、そうして現職の総理を追い詰めたことで、仮釈放中の詐欺師が公務員職についていたってことで、またお勤め…ってことになっちゃいました。だけど、出てきたときに会検の仲間と年増園のみんなに迎えられて、みんなに慕われてるあたり、とっても気持ちのいい終わり方だったと思いました。結局二人の男性からも思いを寄せられながら、誰かとくっついたりもせず、サバサバとした芯子姉のままで、恋愛ドラマがあまり得意でない紫月にもとても楽しいドラマでした。

 屍鬼 第19話
 ついに人間側の大逆襲開始sign03千鶴さんは、尾崎先生を獲物にするどころか、逆に人間に「屍鬼」という存在を知らしめるための獲物にされちゃったわけですね。尾崎先生のほうが、何枚も上手だった。そして、実は正志郎さんや辰巳さんあたりもそのことは懸念してたんですね。だから、尾崎先生のところに千鶴さんが現れた時も、正志郎さんがサポートについてたりしたんでしょうか。おかげで、今度は正志郎さんが尾崎先生を狙ってくることになっちゃうみたいですが…予告で行くと夏野くんが出てきてくれるのかな?
 人間側にも、自分の家族が起き上がっているかもしれないのに、それを殺すなんてできない…っていう人はいましたね。心臓に杭を刺す、頚動脈を切る、脳ミソを潰す、首を切り落とす…。本来は死体なんだけど…なかなかそんなこと出来ないですよねぇ…。まして相手は知り合いですから。
 そして、室井さん。この人はどうしたいんだろう。結局沙子ちゃんに血を吸われてるってことなんでしょうか、あの様子だと。だけど、食事も摂らず…。辰巳さんにも、人を狩る側の者だと分かっていて血を提供してるみたいだし。沙子ちゃんは、そんな室井さんを死なせたくないんでしょうか。殺意のない殺人はない…それが沙子ちゃんの考えで、室井さんの小説に出てくる「兄」も、自分が生きるために「弟」を殺した、と。さて、室井さんは自分の心の奥底にあるものに、答えを出せるんでしょうか。
 ずっと自分の家族を殺しているのは恵ちゃんだと思っていたかおりちゃんですが、家に入ってきたのはお父さん…。これまたどうなることやら…。お父さん、娘も殺しちゃう?なんかそれは嫌だな…。そして、苦しくても血を吸わずに堪えてる律ちゃんを見て、またぼろぼろ泣いてる徹ちゃん。律ちゃんが苦しんでるのを見るのがつらいのかな。それとも、律ちゃんにも自分と同じところまで来て欲しい?そして、攫われた清美さんはこんなところにいたんですね…。ついに初心者にも村民をあてがっちゃってるのかな?それとも、律ちゃんにとって大切な人だから、血を吸わなかったら俺が殺す…って、脅すため?徹ちゃんは、それに屈して夏野くんを襲ってしまったわけだから…。
 そしてこれだけはいっとかないと、って思ったんですけど。
 辰巳さんの服装、だんだん奇抜になってきてませんcoldsweats01(←そこかよ。)

 心霊探偵八雲 第11話 「失意の果てに~凶刃~」
 …え?な、なんで。なんで。色んな意味で、なんで。
 余命1年とはいえ、生きていられるはずだった一心さん。一心さんが刺されてしまった。赤い目の男に。そんな理不尽なことってあるだろうか。お姉さんのことで、この男には一心さんだって煮え湯を飲まされて、憎んで憎んで、それでもその思いを昇華させた人なのに。なんで脳死状態にされなきゃならなかったんだろう。それに、あの赤い眼の男の人が幽霊だったとしたら、物理的な作用は起こせないはずなのに…。なんでだ。幽霊…みたいだけど。七瀬さんにもとり憑いたみたいだけど。紫月的には、赤い目の能力を持つ八雲を闇に落として乗っ取ろうとしてるのかと思ってたんですけど、七瀬さんにとり憑いたってことは違ってたのか。うぅううううむ。
 そして、奈緒ちゃんとかどうなっちゃうんだろうと思ったけど、とりあえずは後藤さんが預かってくれることになったみたいでよかったです。後藤さんのうちでは、奈緒ちゃんはむしろ必要とされてる存在のような気がします。

 テガミバチREVERSE え~と、修道院の話と「カベルネ襲撃」だったような。
 かなりシリアスムードになってきていますね。修道院の人たちは、みんな人柱として心を喰われてしまって…。コナーはやっと本当に素敵な女の子に気付いたのに、その子の心も喰われてしまって。とんでもない害虫をよみがえらせて、一体どうしようっていうんでしょうか、リバースは。ゴーシュは心を取り戻せるのかな?とりあえず、ザジが出て来てくれるのは純粋に嬉しいhappy01noteそして、ラグの女装はよっぽどかわいいらしい(笑)。

 バクマン。 うっ…何話いったんだろうcoldsweats01
 ついにデビューが決まった秋人と最高。成功する人ってのはこんなもんなのかもしれないな~。でも、この二人は一生懸命上へ行こうとするから、その向上心あってこそなんだろうな。個人的に、恋愛要素はあんまり好きじゃないんだけど、秋人はそれが二の次だから、そんなに気にならないです。ていうか、秋人、見吉さんのこと、好きなの???すげー勢いだけで付き合ってる気がするんですけどcoldsweats01

 ではでは、現在ONE PIECEのSTRONG WORLDがやってるので、そっちに集中したいと思いますhappy01note(←風邪なら寝てこい。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

アニメ屍鬼第悼と夜話他諸々感想

 最近タイトル考えるのに無駄に四苦八苦してます(笑)。だって、内容が何も一貫してないんですもの。しかも、アニリボの時とか、その話数とサブタイトルで、何も考えずに書いてきたんですものcoldsweats01
 というわけで、ここにきてすごいマイブームになってきつつある屍鬼をタイトルに持ってきてみました。毎回見るたびに「うぉおおおおおおcoldsweats02sign03」って思ってます。でも、最初の頃があんまり興味なかったし、怖かったんで、全部消してたんですよね~(笑)。丁度夏野くんが徹ちゃんに襲われた後…2クール目に入ってからは、何となく消せなくて残ってますけど。今回も色々衝撃でした。とりあえず今になって思うことは、見続けててよかったなぁ…と。
 あと…今週は仕事が結構忙しくて、更に4週間続く咳を止めるべく、何度かお医者さんにも通わなきゃいけなかったりで、ついに…ビデオが消化しきれなくなってしまい…溜め始めましたcoldsweats01。(そしてついに喘息の薬を処方されましたcoldsweats01。)バクマン。とか、まだ先週分見てないのに、もうすぐ今週分が始まる…。現在、平日の昼間に相棒の以前のシリーズが再放送(しかも1度に2話)されてるんで、すごく見たいんですけど、録ったところで見られる時間が全くなさそうです…。師走って、忙しいですよね…。

 というわけで、何とか見てる分だけは感想書いておきたいと思います~。

 相棒Season9 第7話 骨董詐欺のお話
 これぞ相棒がいてこその解決法。って思いました。全く偶然、犯罪に関わる現場に居合わせた神戸くんと、犯行現場に借り出されていた右京さん。両側からじわじわと真実に迫っていくっていう。一般的に、こういう刑事ものって真実に向かっては一方通行だと思うんですよね。こういう見せ方するのが相棒で、やっぱり面白いなぁ…。と思いました。それにしても、たまきさんに誘われてホラー映画を見てしまった神戸くん、よっぽどダメだったんですねcoldsweats01。そのおかげで犯罪の香りを嗅ぎ付けることができたわけですが。そして、たまきさんが神戸くんを誘った理由は、右京さんに断られたからだったんですね~。てことは、右京さんもホラーはダメだということで(笑)。この知的な相棒達の、何だか愛すべき共通点のような気がしました。
 そして、今回は犯人というより、被害者が犯罪に関わっていたというか…殺人の犯人は暴力団だけど、被害者はその暴力団に贋作を売りつけたとか、被害者にも相棒がいて、その相棒を何とか逃がそうとしてたとか、これまた色々な思惑が絡み合ってて、内容の濃い1時間だったと思いました。結局、被害者は一生懸命自分の相棒をかばったんだけど、真相を明らかにしたことで、殺人は過剰防衛に、そして相棒は詐欺で逮捕、と皮肉な結果になっちゃいましたが、今回はそれが真実だから仕方ないよな…っていう感じでした。
 最後の神戸くんと右京さんの他愛ない会話に、ほのぼのした紫月でした(笑)。

 黄金の豚 第8話 現職総理の疑惑
 工藤くん……weepsign01(←やっと名前を覚えた(笑)。シングルパーの若い方。)総理の秘書官に抜擢された工藤くんだったけど、なんか色々と自分の正義を曲げさせられて、つらい思いをして、仲間にも、半分自暴自棄で対応して、つらい思いをして、それを何とか抑えて一生懸命総理の正義を理解しようとしてたのに、1億円を使えないから焼き捨てろ、と言われて、泣きながら芯子さんに電話してたのが、かわいそうでかわいそうで。電話してても、相手にひどいことをしたっていうのはあって、何も言うこともできなくて。久留米さんは、なんで工藤くんにそんな役割を振ったんですかね…。そして、ドラマの冒頭で流れるあの夕焼けのゴミ山(?)、この場面だったんだ…って、最初からこの場面を想定して作られてたんだな、と思いました。
 さて、悪者だと思ってた検査官が実はそうでもなかったとか、明珍課長が大変なことになってるとか、色んなところで大どんでん返しが起こりつつありますが、さあ、工藤くんを「仲間」だといった芯子さんたち、どう立ち向かうんでしょう。

 屍鬼 第18話
 夏野くんは人狼でした…か…coldsweats02sign03屍鬼は通常の食べ物はまず受け付けなくて、日の下に出ることもできなくて、色々不便そうですが、屍鬼の亜種である人狼は、日光を受けても大丈夫、通常の食べ物でも持ちこたえることができる、心臓も動いていて脈もある…と、すごい便利になるわけですね。五感もすごく発達するらしいし。道理で、尾崎先生と日中会って話をすることもできたし、顔色も他の屍鬼たちに比べるとあまり変わらなかったわけですか。なるほど。で、やっぱり夏野くんは血を吸わずにいたわけですね。吸わずにいられる存在だったのだから、吸わずに済んでいた…のかもしれないですけど、この子は例え普通の屍鬼になっていたとしても、血を吸わなかったような気もしました。あとは、どうやって辰巳さんたちに気付かれずに起き上がったのかってところですけど…これはやっぱり、村の外の葬儀社だったのかなぁ…。
 更に、夏野くんのお父さんが、また…完全に病んでしまったんですね。戻ってきた夏野くんを受け入れて、屍鬼のことも一応理解してるんでしょうか。屍鬼を殺す、とか言ってる辺り、夏野くんに詳しい話は聞いてるんでしょうけど、それを受け入れるためには、通常の精神ではいられなかった、ということなのかな。まして、奥さんも夏野くんも失ってしまって、息子が死んで甦ってくるなんて…一番信じてなかった宗教的な面で、自分の根底にあったものを覆されたわけですから。それにしても、人狼になると色々と衣装が奇抜になるのだろうかcoldsweats01。夏野くんはえらくお洒落になった気がするし、辰巳さんが夏野くんちの工房に来たときの衣装ときたら…衣装ときたら…gawksweat02
 そして、人狼は辰巳さんとあのそばかすの子と、夏野くんと、沙子ちゃん。そうか、沙子ちゃんは人狼だったのか…。ということは、桐敷家は人間と屍鬼と人狼っていう、全部違う種類で構成されてるわけですね。そして、実質千鶴さんの方が沙子ちゃんの「娘」みたいな感じなんですね。まあ、年からいったらそうなるのかな。千鶴さんは戦中の人だったみたいですけど。とっても綺麗でかわいい奥さんだったんでしょうね。
 今回の最大の衝撃は、やっぱり尾崎先生の反撃でした。尾崎先生は、千鶴さんに血を吸われて、輸血して、千鶴さんの命令に必死で逆らったんですね。そして、言いなりになってる振りをしてた…。その上で、「勝利を確信した」千鶴さんをたぶらかして、神事のお祭りに連れ出して…。尾崎先生の、言葉巧みに千鶴さんを誘い出す様は、どっちが悪者なのか分からなくなるほどでしたgawksweat02。千鶴さんが「もう成功したも同然」っていうのがキーワードだったわけですよね。夏野くんと、そういう相談をしてたんですもんね。そして、恵ちゃんを殺されたお父さんやお母さんは、その犯人だとすぐに確信してしまったし(こうなると、「こっちに来てほしくない」って両親を殺さなかった恵ちゃんのしたことが、かえって屍鬼側に徒になっちゃったわけですね。)一気に千鶴さんが不利に。正志郎さんが助けに来てくれたけど、その車を運転していた篤くんは、死んでもやっぱりオヤジには敵わなかったと(笑)。(←ここは笑うとこ。)大川さん、すごいですよ。走ってきた車、真正面から止めて持ち上げるんですもん(笑)。そりゃあ敵わないわ。
 あとは、あっさりと死んでしまってた律ちゃん。でも、死んで起き上がっても、ほんのりと優しく微笑んで、「自分を嫌いになりたくないから、血を吸わない」ことを選択。律ちゃんに憧れてた徹ちゃんには、衝撃だっただろうなあ。でも、ここはやっぱり生きてる間に医療に関わって、少なからず起き上がりのことを分かっていた律ちゃんだったからこそ、そうやって冷静に考えることができたんだろうと思います。突然それが身に降りかかった人に、そんな冷静な判断ができるとは思えないですもん。そして、そんな律ちゃんも「屍鬼を滅ぼす」と宣言した尾崎先生に滅ぼされてしまうんでしょうか。それとも、血を吸わずにいたら、そこまでもたないのかな…?

 心霊探偵八雲 第10話 「失意の果てに~告知~」
 うぉおおおおう、一心さんが、一心さんが……cryingsign03何でこんないい人が、そんな大病に冒されなきゃならないんだろう…。うぅううううcrying。奈緒ちゃんはどうなるの、八雲くんはどうなるの…。この二人、他に身よりなさそうなのに…。すっごく支えられてるのに…。そして、奈緒ちゃんには知らせたくない一心さん、八雲くんには隠しておけないと判断して伝えたけど…八雲くんは、冷静に見えて絶対ショックだっただろうな…。八雲くんにしても、まだ大学生だし、奈緒ちゃん養って生きていけるとは思えないですし、それ以上にまたなんか暗雲垂れ込めてきた…ような。ここであのお父さんが黙ってるとは思えない…。あと3回だし(笑)。

 やりたいことが全部中途半端になってるのに、もう12月中旬とか…。あと12日で年賀状仕上がるかな…coldsweats01。あと半月で、なんとかここに挙げるイラストも完成させたいんだけどな~~~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

家庭教師ヒットマンREBORN!32巻感想

 お兄ちゃん、紅葉くんbearingbearingbearingsweat01sweat01sweat01sign03sign03sign03

 今回はこの一言で尽きてもいいかもしれないcoldsweats01。自分はやっぱり不器用だけど真っ直ぐな御バカ様二人、好きだなぁと思いました。そして、この二人がこんな風に戦わなきゃいけなかった運命はどうなんだと思いますが、どんなに殴って殴られても、この二人が心底お互いを憎み合うことはないんじゃないかと…思いました。

 というわけで、もうネタバレ防止にならない気はしますが、遅ればせながら「サキよみジャンBANG!」(かな?)で放送された家庭教師ヒットマンREBORN!VOMIC継承式編第1話、見ましたhappy01note自分、VOMICってなんぞやって思うくらい素人なわけですが、テレ東系列でやってる先述の番組内で、漫画の絵に沿って、声優さんが声を当てるコーナーみたいなもんなんですね。ネットでも1月から配信されるそうですが、ニコ動で検索したらようつべから転載されてて、思わず見ちゃいましたcoldsweats01。第1話はリボーンとツナとママンくらいしか出番がなかった気がするけど…とりあえず継承式編の導入部分くらいはやってくれるのかな?今週から「サキよみ…」録画しとこう(笑)。ついでに、既にVOMICになって配信されてた「屍鬼」4話分も見ました。声優さんが違ったけど…個人的にはアニメの声優さんのほうが好きかな?と思いました。愛着がある分。でも、絵は…漫画の方が好きかも。既になんか懐かしかったです(笑)。蛆だらけの死体は漫画でも怖かったですcoldsweats01

 では、リボーンの単行本の感想スタートです~winkgoodsign01

 <家庭教師ヒットマンREBORN!32巻「ボンゴレVS.シモン来る!」>

 まずはいつも通り、表紙から。表紙、かっこいいお兄ちゃんですhappy02heart04sign03肩の筋肉とかすげぇって感じですが、そのムキムキの腕のバングルとか、金属で硬そうなヘッドギアとか、なんかまたちょっと今までと違います。でも、それで不敵ににやりと口角を少しだけ上げてるお兄ちゃんがかっこいい…lovelylovelylovelysign01そんでもって、こう見ると了平兄さんは小顔ですねぇ(笑)。うん、素敵素敵happy01notenotenoteなんか、我流もバージョンアップしてるみたいで、大層凛々しいです、女の子だけど(笑)。そしてバックには勇ましいナックルさん。こう見ると、あんまり山本っぽくはないんだけどな~。バックの黒と金に近い晴の炎がまたかっこいいです~happy01note
 背表紙は凛々し可愛い雲雀さんですね~happy01heart04note裏表紙の折り返しで全体像が見られますけど、雲雀さんも小顔だなぁ…華奢だなぁ…。いかにも自信ありげな表情は綺麗でかわいいけどかっこいいし、それでいてその体型だから、うん、なんとも魅力的な方です、いつ見ても。
 中表紙というか、カバー下の表紙の雲雀さんは、誰がなんと言おうとカワイイですhappy02heart04sign03頭の上にロールちゃんのっけて、ムスッsign01あぁかわいいhappy01heart04sign01
 あと、表紙じゃないけどついでに目次ページのCONTENTS。紅葉くんと葉っぱ…なんですけど、よく考えたら、青葉紅葉=葉=森の炎…すごく合ってるんですね…。

 では、内容の感想へ、レッツゴー。

 <標的300「Ver.(バージョン)アップ」>
 プリーモの血を含め、色々なものでボンゴレリングを修復してくれることになったタルボじじ様。なんていうかこの人、マジでプリーモ本人のこと知ってそうな雰囲気ですよねcoldsweats01。で、それを待ってる間の、ツナ&了平兄さん&獄寺。(雲雀さん別室(笑)。)了平兄さんは、あの割れないプレートの問題の件で、外ではお互いバカにするようなこと言ってても、内面すごく信用したというか、分かり合えたって、それこそ頭じゃなくて心でそう感じてるんですよね。またあとで出てくるだろうけど、紅葉くんも絶対そうだと思う。二人とも自他共に認める御バカ様なんだから、頭で考えるというより直感で感じてることの方が大きいような気がする。
 で、薫くんとからうじくんとか冷静に見てるくせに、なぜにしとぴっちゃんを未だにUMAだと信じているのか獄寺氏coldsweats01このシリアスムードの中、思わずツナと了平兄さんまで「えsweat02sign02」てなってるじゃないか(笑)。
 何はともあれ、分かり合えつつあったシモンファミリーのみんなの中に、プリーモに対する誤解があるに違いないから、負けるわけにはいかない、と決心したツナ。確かに、負けっぱなしじゃぁ話も聞いてもらえないもんね。けど、誤解って戦わないと解けないものなのかなぁ…。まずはこっちの話も聞けよsign01ってところなんでしょうか。
 で、その覚悟でタルボじじ様によって彫金されたボンゴレリングが新しいアイテムに生まれ変わったわけなんですが、あらぁお洒落happy01heart04sign03獄寺がバックル、了平兄さんがバングル、雲雀さんがブレスレット、ツナがリングなんですけど、ボンゴレの紋章とアニマルたちを象ってて素敵。特に雲雀さんのブレスレットとツナのリングがかっこいいですhappy01heart04。あと雲雀さんはかっこいいです。(←いつものこと。)でも雲雀さんのブレスレット、はめてるだけであちこち刺さって痛そうcoldsweats01。バックルとか、もうリングの範囲を超えてる気がしますけど(笑)、でも無事にバージョンアップしてよかった。シモンも初代シモンの血をかけただけでものすごくパワーアップしてたから、すっごいパワーアップしてるんでしょうね。こうなると、ランボさんはともかく、山本や髑髏ちゃんのリングがどうなるのかも気になるところ。どうやら全部のリングをバージョンアップさせたみたいだから…。あと残るアクセサリーといえば、ネックレスとかピアス(この場合イヤリングの方がいいのか?)とかアンクレットとかかな?金鈷とか?(←ない。)そこそこ特性にも合った形の様な気はするけどなぁ。

 <標的301「準備」>
 あ、ボンゴレリングじゃなくなった。VG(ボンゴレギア)だそうです。なるほど、Ver.Ⅹ(バージョンイクス)で、10代目守護者専用ってことですね。だから、まあ本来の形じゃなくてもいいのか。逆に言えば、10代目守護者じゃない人間がつけることになれば、またボンゴレリングの形になることもあるかもってことで?そして、何の説明も聞かずに颯爽と消えちゃう雲雀さん(笑)。まぁ、雲雀さんがVer.アップに失敗することはないですよねぇcoldsweats01。ツナ正解。で、更にシモンのアジトはまたまた無人島。そして、何かと9代目に報告に来るのは何気にガナッシュさんですね(笑)。右腕のコヨーテさんが返り討ちに遭っちゃったからでしょうか。9代目の指揮のもと、シモンと戦う気満々だった9代目守護者やヴァリアーを差し置いて、10代目とその守護者(リボーン同席)が、その無人島に友達を何とかしに行く、ということで、マフィア間の大戦争になるところを免れました。この会議、何気にディーノさんがいるんですね。ひとコマしか出てこないけど。ディーノさんはその会議の行方をわりと静観してたってことですね。(結構騒いでるスクアーロは目立ってる。)そして、何気に窓の外でそれを聞いてた雲雀さん。…一人でそんな位置もはっきりしないところへ行くのかな?
 そして、今回は京子ちゃんもハルもなし。…はいいとして。
 正チャンーーーーーーースパナーーーーーーーーーーーcoldsweats02sign02確かに記憶は受け取ってるから、お互いもう知り合いではあるわけだけど、この時代でもタッグを組むんですかcoldsweats02sign01しかも、スパナとか、未来の記憶を頼りに新型コンタクトとヘッドホン作っちゃうなんて、天才ですか?天才なんですね?ウズマキ3つでかわいいくせに天才なんですね?(←渦巻き関係ない。)未来から帰ってきて、大して日にちたってなさそうだけど、すごすぎ。正チャンも仕事早い(笑)。もしもの時のためって、すごいタイミングでございます。近々日本にスパナが来てくれるそうなので、楽しみですねhappy01notenotenote

 <標的302「追跡」>
 ツナたちに協力しつつも、まだ納得はできてない9代目守護者たち。そりゃあ、まだ現段階でボンゴレトップは9代目で、それを守護する者としては、ボンゴレの命運を懸けた戦いに自分たちが除外されるっていうのは納得できないに違いないです。ていうか、9代目守護者たちの戦いもどこかで見てみたい気がするcoldsweats01かっこよさそうだもん。9代目のもとで培ったベテランの手腕を見てみたい…。ヴァリアーみたいに、サポートとかしてくんないかな。でも、9代目曰く、ツナのやり方はプリーモの…ボンゴレの正しいあり方を再び目指すもの、ということで。そういうのを分かってくれる9代目、9代目もボンゴレの正しいあり方を分かってる人なんじゃないかと思います。少なくともボンゴレが富と権力の争いに明け暮れるのを是としなさそう。…で、2代目以降がそういうボンゴレを目指してきたっていうのは、シモンの資料を破棄されてるとかそういうのとも関係あるのかな。
 蜃気楼に隠れていた無人島、これは人工的なものだったんでしょうか。こんなふうに隠されてたんだとしたら、確かに現代でも見つけられないまま無人島で残ってるのも可能かもしれませんね。
 で、早速9代目たちとは連絡手段を断ち切られ(←早速9代目守護者たちの出番の希望も断ち切られ)、シモンファミリーと再会したわけですが、今回の判定人は復讐者。ってことですね。プリーモと初代シモンはすごく仲良しだったから、二つのファミリーが戦ったりすることがあるようなら、敗者を永遠に復讐者の牢獄に幽閉するようにって約束していたそうですが…それは二度とそんな戦いが起こらないようにするため…?なのに、この約束が発動されるのは二度目、とのことで、まだまだよく分からないことも多いようです。でも、二度目ってことは少なくとも一度目には現在力を削がれてしまっているシモンファミリーが敗北して収監された、ということになるのかな?

 <標的303「開戦」>
 今回の勝敗は、「誇り」を懸けて、それを打ち砕かれたら負け、とのこと。で、島の所々に眠るシモンの歴史をたどって戦いながら進む…と。何となく、そのたどり方も、なんか黄金聖闘士の十二宮をたどりながら進んだ聖闘士星矢な雰囲気が漂ってる気がしなくもない紫月ですが、シモンリングやボンゴレギアがなんか聖衣っぽくなっていく気がするせいかなcoldsweats01。もちろん、かっこよさや洗練されてる風味はこちらの方が断然上だと思ってますけど。髑髏ちゃんのことをちゃらちゃらした加藤くんに茶化されて、思わずハイパー化したツナ。ぉおおおお、こちらもなんか土星の環みたいのが出てきた。これかっこいいなぁと思うんですけど、描くのがすごく大変そうです。ツナのVGは主に手と腕に色々と輪がつくみたいな感じですね。
 結局シモンファミリーの言うとおり、指定された道をたどっていくしかなくなったツナ&了平兄さん&獄寺&ランボさんですが、最初にたどり着いたのは、植物に囲まれた、紅葉くんが待ち受ける場所。植物はみな初代シモンの血から芽生えた植物らしいけど、シモンは大地の7属性とかだから、血から植物とかが生えるんだろうか。それは鋭くとがってて、葉が風に舞うだけで切り裂かれるよう…ってことで、なんか恨みこもってそうな植物ですね…coldsweats01
 そして、第1戦は紅葉くん対お兄ちゃん。別に1対1でなきゃいけないってルールでもないみたいだけど、お兄ちゃんの誇りに懸けて、1対1。そして、紅葉くんも拳に誇りを懸けて、有刺植物で囲まれたリングで反則・炎、何でもありの1ダウン制の対決がスタート。何も言わなくても、自分たちには拳(ボクシング)だ、とか、紅葉くん自身にも、それなりに分かり合った部分があるっていうのはあるような気がするんだけど。「それを上回るボンゴレへの憎しみ」が大きいだけで。…それにしても、紅葉くんのリングはまた、すごい格好になるな…coldsweats01

 <標的304「笹川了平VS.青葉紅葉」>
 お兄ちゃん、変身sign03なんですが、腕を傾けるようにしてかざすと、ホログラムみたいに我流が出て来るんですね。このお兄ちゃんのカットがかっこいいですhappy02heart04happy02heart04happy02note確かに、単体でも我流強そう。だけど、敢えてここは、お兄ちゃんの肉体を酷使する形態変化で。うぅっ、お兄ちゃん、血管が…っbearingsweat01sign03いたそお…。だけど、お兄ちゃんの装備もパワーアップ。かっこいいです。で、え?紅葉くん、未来でのこと知ってる?…この世の誰よりもボンゴレのことを知り、誰よりもボンゴレに失望している者…が、シモンに味方している、ということで。それが、後にちらりと影が出て来る彼なんでしょうか。…でも、どうやって…?
 紅葉くんの炎は、森の炎。構え方とか炎の形とか、どことなく雨竜さん(@BLEACH)にも似てるような気がしましたが、個人的には圧倒的に紅葉くんのほうが好きです(笑)。大空の七属性で切れる炎ってのはあんまりなかったような…強いていえば、硬化の雷くらいかなぁ。あ、でも、こうやって何千万枚にも分かれて切り刻むっていうのなら知ってる。卍回千本桜景厳(笑)。(さっきからBLEACHばっかでスミマセンcoldsweats01。)百哉さんはかなり好きな方ですが、そんでも紅葉くんの方が好きです(笑)。しかし、拳で襲われて切り刻まれてと、お兄ちゃん痛そう…痛そう…bearingsweat01sign03鼻が折れるとか…weepsign01確かにボクシングじゃよくあることだろうけど、大変なことだよ…bearingsign01これだけやられてワンダウンしかできないなんて、つらいよぅ…と思うんだけど、ここで初めて、やられっぱなしだったお兄ちゃんが一言。
「またせたな…紅葉」
 バングルには何やら炎が噴き出してるみたいですけど…ここから反撃の兆し。それにしてもお兄ちゃんが痛々しすぎる…。

 <標的305「晴のVG(ボンゴレギア)」>
 待たせたな、と言ったお兄ちゃんの狙いは、カウンター。カウンターって、打ってきた拳に合わせて出すパンチで、相手が向かってくる力の分も倍返しになるパンチなわけですけど、それを事前に読んで、それでもガードして向かっていく辺りはさすがボクサーといったところでしょうか、紅葉くん。そうか、カウンターってガードで防ぐこともあるんだな。これだけ大振りだと。と・こ・ろ・が、その瞬間、バックルに灯った炎がギュルンと回転して、晴の炎の光を放って、サンシャイン・カウンターが炸裂impactsign03ガードどころか、全部吹っ飛ばす勢いです。極限太陽は、確かに覚悟で炎圧を高めて放つものだから、カウンターには使えないけど、こうやってチャージして放つから、今回のはカウンターにも応用できるんですね。しかし…しかしですよ。攻撃を喰らった分しかチャージできないのは、痛すぎやしないか?ダメージ食らわないと必殺技出せないってことでしょ?と思ったら、御バカ様の紅葉くんにもその辺は分かったようです(笑)。30%の力を出すために、鼻骨と肋骨数本は、いくらなんでも厳しい。
 だけど、勝算があったからこその「またせたな」は伊達じゃなかった了平兄さん。一度喰らった攻撃はかすらせてダメージを負わない程度にかわすこともできるんですね。どっちにしても、一度は喰らわないといけないあたり、不器用な戦い方だと思うんですよ。だけど、そういう体当たりがお兄ちゃんらしくて好きです。そして、今度は新たなダメージ0でサンシャイン・ストレート。さすがの紅葉くんも吹っ飛んで、眼鏡が外れちゃいました。
 ……え?眼…???紅葉くんの眼が…coldsweats02

 <標的306「眼」>
 ぅおおおおおおおキャラクター人気投票ぅうううううhappy02heart04sign03(←見逃した人。)ていうか、もう単行本に収録されるほど時間が経ったのかぁ。そっちにびっくりだわcoldsweats01。初のポイント制だったわけですが、はぁ~~~なるほどぉ~~~。トップ二人はダントツですね。ていうか、雲雀さんどうしたの?何でそんな色っぽいのcoldsweats01sign02こんなふうにこの人が着崩すのって、珍しくないですか?というわけで、トップが雲雀さん、次点がツナ。なるほど、雲雀さんは雲雀さんが一番好きっていう人もたくさんいるだろうけど、それ以外にも、2番目、3番目に雲雀さんが好きって人がいるわな~~~。かくいう紫月だって、2番目は雲雀さんだもん。絶対トップはこの人だろうと思って入れなかったけどね(笑)coldsweats01sign03(←趣旨に反してる人。)3位骸さんも、唯一50000ポイント台ですね。骸さんのこういう服装もまた珍しや。お洒落で素敵ですhappy01heart04noteそして、4位は獄寺、これも唯一40000ポイント台で、5位の山本とは結構差があるんですねぇ。そうか…獄寺は人気あるんだなぁ。ここまでの4人は、これまでの人気投票でも確実に上位にしかいなかった人たちなので、やっぱりな、という結果です。で、問題は次。5位に山本が入ったってことです・よ・ねhappy02heart04sign03sign03sign03ここ最近の人気投票では、なんでかボンゴレⅧ世とかに押されて、トップ10ではありながら、比較的下位になってた山本ですが、獄寺と差があるとはいえ、5位にいるっていうのが嬉しいhappy01heart04note6位はスクアーロってことで、あぁヤベ、何気に自分、山本の5位を脅かしかねないことしたじゃんって思った紫月は、3番目にスクアーロを入れました(笑)。だってsign03未来編ではスクアーロ株が急上昇だったんだもんーーーーーーーーcoldsweats01sign03(←それでも3番目にした辺りはしたたか。)ま、自分のたかだか1~3ポイントで覆る結果じゃないわけですけどね。それにしても、この巻では数えるほどしかない山本の絵だというのに、6位のスクアーロの方がよく見える位置にいるってどうですかcoldsweats01sign01(←右ページが奇数組だから。そして1位の雲雀さんが何しろでかいから。)いいけど。山本お洒落さんでかわいい(?いや、色っぽい?)し、スクアーロはスクアーロで、もふもふファッションかわいいからhappy02heart04sign03
 XANXUS様やディーノさんがちょっと下がったかな?でも、トップ10圏内は変わらず。(ていうか、山本が上がった分下がってる。)フランや髑髏ちゃん辺りも上がってる。健闘してると思うのは炎真くんとかGさん。…了平兄さんは、イマイチ順位が上がらないなぁ…。かっこいいけどなぁ。でも、魅力的なキャラクターが多い分、3番以内に入らない…という感じなのかもしれない。まして今回は一人1通だから。ファミリー部門は、いや~…さすがボンゴレ。全部ボンゴレ傘下(笑)。けど、キャバッローネはぶっちゃけディーノさん(と、強いていえばロマーリオ)しかいないから、かなり健闘してると思います(笑)。そして、人気キャラクターベスト10に入って、コメントで純粋に嬉しそうにしてるのが、山本とディーノさんしかいないという事実coldsweats01個性的な面々でございますね…。

 さて、人気投票ではしゃぎすぎっていう話ですね(笑)。
 ヘッドギアしてても、ほっぺが腫れてて痛々しい了平兄さん。そして、異様な雰囲気を纏い始めた紅葉くん。なんと、紅葉くんがしてた眼鏡は、真っ黒で何も見えないようになってたとはcoldsweats02sign01了平兄さんは、細胞レベルで相当優れてる、とコロネロ師匠に御墨付きもらって、我流の形態変化に対応できてるわけですが、紅葉くんは眼が異常にいいんですね。それこそ、動体視力がどうとかいうレベルじゃなく…人類レベルじゃないくらいに。(むしろこっちがUMAじゃ…とか思ってごめんなさいcoldsweats01。)そして、鍛えても鍛えることのできない「キラースポット」を見抜き、ボクシングの技術でそれを的確に打ち抜くことができる。そうして、人間の身体を壊すことができてしまう。…なるほど、この二人は、何気に常人を超えた力の持ち主なんですね…。そんなところもよく似てる。だけど、自分の最高技術
の技を相手に食らわせながら、「どうした、了平sign03」「どうだ、了平sign03」って名前を呼ぶ紅葉くんに、何だか切なくなる紫月です。了平兄さんも「紅葉」呼びは変わらないしさ。
 その異常な視力が紅葉くんの身体にもたらすものも、やはりその反動でしかなくて、長丁場はもたない…ということを、紅葉くんの攻撃から見抜いた了平兄さん。キラースポットでダメージを食らった分、60%チャージの晴の炎で、サンシャイン・アッパーが炸裂impactsign03
 
ヴァリアーのアジト:ルッス姐さんのヘアーサロンのハガキ。いるよね、こういうビジュアル系バンド(笑)。

 <標的307「リミット」>
 アッパーで有刺植物の天井に思い切りぶつかった紅葉くん…うぁああ痛いbearingsweat01sign03ものすごい重傷を負いながら、更によすぎる視力の反動で苦しんでいるはずなのに、それでも変わらない口調で向かってくる紅葉くん。そこまでボンゴレが憎いって、一体どんな歴史になってるわけ?痛々しいよ、紅葉くんも。結局どっちも肉体の限界に耐えながら戦うわけね…。キラースポット攻撃を受け続けて、全身の歪みどころか、了平兄さん全身骨折してるんだけどbearingsign03それでも、フルチャージで…と、紅葉くんの最後の一撃を受けたお兄ちゃん。ここから。紫月、泣きそうになったんですけど。一度でも膝をついた方が負けだったんでしょ?たまたま、お兄ちゃんが倒れ掛かったところに、紅葉くんが立ってたのかもしれない。それでも避けたら、紅葉くんの勝ちだったはずなんですよ。避けられなくても、肩から了平兄さんを落とすだけでよかったんですよ。なのに、「どうだ、了平sign01sign01sign01」って、この人ただ真剣勝負を力一杯戦った、それだけだったんじゃないかって。ただ御バカ様だったからなのかもしれないけど。ボンゴレが憎いと言いながらも、それでも了平兄さんを振り払わなかった紅葉くんに泣きそうになったわけです。
 そんな紅葉くんの身体を、もたれかかったまましがみつくように捉えた了平兄さん。
「…つか…まえ…たぞ。こう…よう…」
 晴のVG、フルチャージsign01sign01sign01
 
ミルフィオーレファン:リボーンにも認められる男、γ兄貴。そして、ジッリョネロ率、高いなcoldsweats01sign01

 <標的308「鍵」>
 そうか、フルチャージで日輪になるのか。日輪は確かにハンパなかった(@戦国BASARA弐)。とか、いってる場合じゃないんですけど…そういや、ボンゴレの晴の謳い文句は日輪だったなぁ。ちゃんとそう来るんだ。
 極限(マキシマム)サンシャインカウンターsign03sign03
 …この体勢でも一応カウンターに…なる…のか?という疑問はさておき、初のフルチャージの一撃。別にフルチャージでなくても、紅葉くんは倒れたかもしれない。それでも敢えてフルチャージにこだわった了平兄さん。紅葉くんを、それだけの相手だと認めたからこそ、自分のダメージを顧みず。そして、それでも倒れなかった紅葉くん。どちらも、限界を通り超えて、最後はただ意地で腕を突き出したパンチ。互いの拳を交えて、そして、なんだか微笑んでさえいるような表情を浮かべて、同時にダウン。痛々しくて痛々しくて、清々しい二人だと思いました。もう、御バカ様二人とも大好きだーーーーーーーーーーーーーーーcryingsign03sign03sign03って思ってんのに、何すんねん復讐者(ヴィンディチェ)ぇええええええええ
shocksign03二人とも敗者とかsign01二人とも勝者でいいじゃないかsign01ルールはルールって、リボーンさんまで淡々と…coldsweats02sign03…そりゃ…そのまま永遠に幽閉なんてことにはならないと思ってるけど…こんなに誇りをかけて一生懸命戦った人たちにその仕打ちはあんまりだ…。とりあえず手当て頼みます、一時的に収監してもいいから。
 そして、なんと復讐者、戦いが終わるごとに「鍵」を置いていってくれるらしいです。これがシモンの歴史?それとも、シモンの歴史っていうのは、よく切れる植物の方?(←どっちも当てはまらない気がする。)
 その小さな皮袋らしきものが見せたのは、プリーモと初代シモンの出会いの場面。Gさんも含めて、何だよこの人たち、めちゃめちゃ素敵な人たちじゃんhappy01sign03さり気なく苦しんでる人を助けようとした3人。プリーモは少年時代から麗しい雰囲気を湛えてるな。ちょっとツナとは違う。けど、「ああ」って笑ってる時のプリーモのかわいさときたらかわいさときたら、かわいさときたらhappy02heart04heart04heart04sign03何でこんな同じ思考回路持ってる人たちがいがみ合うような歴史にすりかわっちゃうわけ?この鍵が、プリーモや初代シモンから託されてるのなら、そこには真実があるはずで、その真実は「固い絆で結ばれていた」ものに違いないと思うんだけど…戦ったあとでそれを見せられて、戦った愚かさを後悔させるとか、そういうことかい?何はともあれ、ちゃんとここにはいない雲雀さんや山本にも…この鍵は届いてるんですよね。御バカ様二人には???(←こだわる。)
 そして、加藤くんの部屋で目を覚ました髑髏ちゃん。髑髏ちゃんが見たのは、骸さんに似た影…そのダブル稲妻は言わずと知れた初代ナッポー…失礼、D.スペードさんでございますよね。…なんで?加藤くん、デイモンさんにとり憑かれてたりする?

 <標的309「クローム髑髏と加藤ジュリー」>
 爽やかなくせに色っぽいプリーモ(少年時代)と初代シモン(少年時代)の爽やか笑顔のコラボが素敵すぎて、これを捻じ曲げた人がいることが、何だか許せなくなる扉。
 さて、加藤ジュリー君は、ちゃらちゃらしてるように見せかけて、眼が鋭いですよねぇ。髑髏ちゃんにちゃらちゃら言い寄っていそうで、その傍らで武器を取り上げちゃってたり、誰も逆らえなさそうなアーデルハイトさんにも、有無を言わせない権力がありそうだったり…。髑髏ちゃんは骸さんの媒介ができる霧の守護者で、骸さんの考えは比較的デイモンさんに近いものがある気がするから、髑髏ちゃんだけ保護してるって考えることもできそうですから、この時点では加藤くんとデイモンさんが何かしらつながってるという可能性が高いようですね。そのわりに、加藤くんはこのバトルにあんまり興味なさそうなんですけど…。
 さて、了平兄さんが復讐者に連れて行かれて、泣き出してしまったランボさんを慰めたのはなんと獄寺。そうなんだよなぁ、何気にランボさんのこと、獄寺はよく気にかけてると思うし、リング争奪戦の時の獄寺のランボさんへの接し方は、純粋に好きだったな。普段、突っかかってばっかだけど、たま~にこうやって小さい子に優しくなったりするんだよ、この人は。世界6品種セット、っていう辺りが獄寺クオリティー(笑)。でも、おかげでランボさん、目がキラッキラshinenote6品種ってことは、戦いがあるごとに1品種で釣るんだな(笑)。
 ツナも、了平兄さんが残してくれた言葉とリボーンに励まされて、ちょっとずつ元気にはなりましたが、今度はランボさんですかぁ…。でも。でもでもでも。あんなもっふもふのかわゆいウサギさんに誘われたら、紫月だってついてゆくわlovelysign01(←ランボさんレベル。)うさちゃんかわいぃうさちゃんかわいぃうさちゃ…

 …らうじ怖ぇよ~~~cryingsweat01sign01

 らうじくんはのほほんと気のよさそ~な人に見えたのに…この表情か。そして、お子ちゃまランボさんはその表情の違いに気付かないんですね…bearingsweat01
 
読者のアジト:雲雀さんちには、床屋さんが来るんですって。さすが。でも、床屋さんなんだ。へぇ。カリスマ美容師といわれても、紫月は驚かなかったけど(笑)。そういうとこにはそんなにこだわらないんだね。そーいう素朴さも雲雀さんの魅力かも。

 <標的310「ランボ!ランボ!ランボ!」>
 さて、なんと地面の下に、こんなドーム状の地下があったとは。こういうところで戦うってことは、らうじくんは土属性とかかな(笑)。(←大地の七属性に土とかおかしいだろ。)あ、おかしいですね、スミマセンcoldsweats01。鉱物を多く含む岩石云々言ってるから、岩属性ですかねcoldsweats01sign01(←やけっぱち。)
 それにしても、らうじくん、ツナたちへの口の利き方も豹変しちゃってますね。ランボさんには、そこそこランボさんレベルに合わせようとしてる感じがするけど、それでも今までどおりランボさんと楽しく…なんて雰囲気は全くありません。いつも通り、ウザウザしくまとわりつくランボさんを冷たい目で見て、思いっきり地面にたたきつけるimpactsign01…思わず泣きそうになったランボさんだけど、ランボさんなりのプライドなんでしょうか。いつも部下にしてたらうじくんにぶっ飛ばされた事実を見ようとせずに、おめめウルウルさせながら、いつもの調子ぶっこいて、いつも通りの空気にもっていこうとして。らうじくんも、そんなちょっぴりいじらしいランボさんには、ちょっとだけほだされそうな雰囲気を感じます。が。が。
 ランボさん、やりすぎcoldsweats01
 ウザさ大爆発のランボさんに、らうじくんもだんだんお怒りモード。ランボさんの大事なガラクタを踏み潰しちゃいました。(それでもランボさんそのものを踏み潰さない辺り、らうじくんって優しいんじゃないかと思うんですけど。)で、まぁランボさんらしいといえばらしいけど、らうじくんと遊びたいっていう思いが爆発して、なんとVGできちゃった。…へ…ヘルメットだけど(笑)。確かに、ランボさんのボンゴレ匣は盾(シールド)だから…防御に特化してるといえばしてる…のかな…?決してアクセサリーとは限らないんですねcoldsweats01。(←そしてバックル以上にリングではない。)
 ヘルムをもてあましてるランボさんに、お相撲さんごっこを持ちかけ、一方的にルールを決めて、台からぶっ飛ばしたらうじくん。卑怯っちゃ卑怯だけど、あんまりランボさんと闘いたいとは思ってないような気がします。夢見すぎ?なんか…まだらうじくんは、いい人だっていうイメージ抜けないんだけどな~…。そして、ぶっ飛ばされて台から落ちたと思われたランボさん、なんとその瞬間10年バズーカで入れ替わって、角を台に突き刺しててセーーーーフ。あぁ、久しぶりだね、大人ランボ。ボンゴレでなくて同じ年頃だったら、いい友達になれたかもしれない…そう言ったらうじくんの台詞を返して、
「あんた見たところ、このオレと同じ年頃なんじゃないのか?」
 なんか、一気に頼もしくなったぞ(笑)?そんな大人ランボを見たらうじくんの指輪に、炎の環が…。

 <ハルのハルハルインタビュー>
 もぉおお風さんカワイイからぁあああああhappy02heart04heart04heart04sign03sign03sign03一番冷静にまともな意見言ってたのに、結局リボーンとコロネロの対決に巻き込まれて、辛口麻婆豆腐を食べる羽目に…coldsweats01。なぁに、リボーンさん、新手のイジメ(笑)?それとも、この中では一番風さんが強敵ってこと???

 さて、今回の巻は、ほんと山本の出番が少ないっていうか、山本のカットがいくつあったっけ?くらいしかなかったわけですが、それでも紅葉くんとお兄ちゃんの対決といい、らうじくんとランボさんの対決といい、なんかいろいろ…。先にちょっと仲良くなるっていうか、心を通い合わせた相手って、今までなかったから…なんとも切ないなぁ…って思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

屍鬼その他諸々感想

 昨日、うちで某ジャニーズグループの噂のCDをamaz○nで検索して、その評価コメントを見ながら、うわ~また色々書いてあるな~と思ってたら、自分のお勧め商品のページにこんなものが。

 家庭教師ヒットマンREBORN!32巻

 んhappy01

 coldsweats02sign02

 今月だったのくゎ~~~~~~~~~~~~~~~~~~bearingsign03
 それがすっかり深夜だったので、今日の朝一で(といっても10時)買ってきました。は~……お兄ちゃん…紅葉くん…bearingsign01とりあえずはその思いでうにゃうにゃしながら、色々溜まったビデオ見てました。というわけで、単行本感想は、また明日以降、ということで。

 ところで、先週突発的に購入してきた小野不由美さんの「屍鬼」なんですが、単行本の1冊目、580ページ以上ある分厚さなのに、日曜日だけで540ページ黙々と読み進めてしまいました。うぉ、もうこんなに読んじゃったcoldsweats01sign022冊目ないじゃんbearingsweat01sign03ってことで、月曜日に急いで本屋さんで2冊目を購入してきたんですが、結局平日は忙しくて、なかなか読むには至らず…coldsweats01。だったら金曜日に本屋さんに行けば、1度で済んだ上、リボーンの単行本が発売されてることにも気付いただろうに、容量悪いな自分gawksweat02って思いました。
 でも、原作の屍鬼は、アニメよりより人間臭さやリアリティがあるというか…その分なかなか進んでいかないっていうのもあるんですけど、またちょっと違った印象があるな、と思いました。とりあえず、スタートが全然違う。あと、少なくとも1冊目がほぼ序章といったところで、九章を前にして、丁度恵ちゃんが亡くなったあたりでした。それでも、既にアニメでキャラクターに愛着がある分、夏野くんや徹ちゃんはもちろん、尾崎先生や室井さんが文字で描かれているだけで、なんだかワクワクして楽しかったです。今のところの印象でしかありませんが、夏野くんはクールだけどちょっと歳相応でかわいいなぁと思う部分もあり、尾崎先生は、医者としてはすごく気さくで有能だけど、その人柄から不良医師っぽい(笑)。あと、室井さんは、思った以上に現実と自分の小説の世界とを、頭の中で行き来してるようなイメージがありました。そして、自殺未遂のことについても、アニメではたぶん沙子ちゃんとの会話の中で、「傷がある」程度のことしか触れられていない気がしましたが、「死ぬことはないと分かっていた」けれども、なぜそんなことをしたのか、と問われても、本人にも「分からない」という、何やら死というものに対して曖昧な羨望のようなものを心の奥底にもっているのかなぁ?っていう雰囲気でした。何かそれに触れてみたい…というような。突然、酔ったわけでも嫌なことがあったわけでもないのに、大学のコンパを早めに抜け出して、そのまま寮の風呂場で淡々と自分を切り裂いた…ていうような描写だったと思うけど、何やら「死にたかった」というより「死のうとしてみたかった」って感じでした。この思いが、物語にどう影響するんだろう…。
 あぁ、早く続きを没頭して読みたいbearingsign01でも、その前にお兄ちゃんとか紅葉くんのことも…書きたいbearingsign01相変わらずやりたいことが多いのに、なかなか要領よく出来ない紫月です。おかげで、指はすっかり治ってるのに、戦国BASARA2英雄外伝も逆転検事も止まったまま(笑)。お休みの日だけ360時間くらいあったらいいのに。全部やりたいsign01(なのに、夕食後に胃痛を起こして動けなくなるダメな紫月…coldsweats01。←そしてまた記事が遅れる。)

 では、いつもの諸々感想ですhappy01note

 相棒Season9 第6話 麻取捜査官のお話
 う~ん。と、すっごく考えさせられた話でした。そして、すっごくあとにずっしりこたえるというか。右京さんの言ってることも、それが正しいことも、すっごくよく分かる。だけど、それでも色んな柵や感情に流されざるを得ない麻取捜査官の上司の方の気持ちも、証拠のビデオを消してしまった神戸くんの気持ちも、「わからん!」といった伊丹さんの気持ちも、どれも痛いほどよく分かる。だって、自分を殺すことで、1年間の命懸けの捜査を成功させることを望んだのが、被害者自身で…その最後の想いを叶えてやりたいって思うのは、その人を大事に思っているからで…。でも、その大事に思う相手を、麻薬の売人として処理してしまうということや、罪をすりかえて裁くこと自体も、罪であるというか、非人道的なことで、明らかに間違っていること。でも、どちらかが優先されれば、どちらかは諦めなくてはならないわけで。だから、人によって正しいと感じることも正義も、また重きを置くところも違うから、誰かが間違ってるわけではない…のだと思います。一番客観的に見て正しかったのは右京さんなんだと思いますけど…それでも自分だったら、と思ったら、神戸くんや麻取の上司の方のように動いてしまうかもしれないなぁ…。ある意味、それに流されずに真実を追究できる右京さんが、やっぱりすごいのかもしれません。

 黄金の豚 第7話 外国の大使館の大使のお話
 あ~いう高官って、本当にいそうでやだなぁ。そういう人から無駄を削減したら、ある程度財源も確保されるんじゃないだろうか、って、本当に思っちゃいました。最近日本の財政厳しそうだし…。
 あと、ダブルパーの若い方は、振られちゃいましたね。権力を使ってしまう「あっち側」の彼、どうなるでしょうか。まだまだ純朴な青年なのに。(←未だにその名前が覚えられない残念な人。)

 屍鬼 第17話
 お…尾崎先生が…尾崎先生が…………bearingsweat01sign01勝手に尾崎先生だけは生き残るような気がしてたんで、色々とショックが大きかったです。千鶴さんに言い寄られながらも、悪態をついて人間に愛想を尽かしたように振る舞って、時を待とうとしていたのに。千鶴さんに言われるままに、今まで研究してきたデータもみんな燃やしちゃって…。このまま尾崎先生も死んじゃうんだろうか。そんな…。夏野くんは辰巳さんから逃げてるふうだったけど、どうなっちゃうんだろう。夏野くんじゃないけど、この後に及んで、尾崎先生は言われるままに振る舞ってるだけであると思いたい。だって、それ以上血を吸われさえしなければ、死にはしない…はずなんだもん…。夏野くんにとって徹ちゃんはどうしても殺せない相手だったけど、共存したいと望む相手だったけど、尾崎先生の場合そうじゃないし…自分の意志で行動することも可能じゃないのかなぁ…。律ちゃんもやられちゃったし、室井さんは自分の意志で沙子ちゃんのところへ行って…室井さんも血を吸われてしまったの?そして、昭くんも戻ってこないってことは、やられちゃったのかな。かおりちゃんも可哀想で…。うわぁああ気になるぅううううううううううう、原作読みたいぃ~~~~~~~bearingsweat01sign03sign03sign03

 心霊探偵八雲 第9話 「つながる想い~光~」
 全て明らかにされてスッキリしました。お母さんが、八雲くんを憎んで殺そうとしたんじゃなくてよかった。全てはあの両目が赤い男の人の仕業だったんですね。お母さんもきっとつらかったんだよね。そして、七瀬さんはなんとお父さんに力を借りて七瀬邸殺人事件を起こしたんじゃなかった。お父さんに背中を押してもらった、だけなんですね。小さな女の子が、大人の事情で隔離されて隠されて、憎悪を募らせて家族を殺した。そして、きっと背中を押してくれたあの男の人を慕ってついていったんですねぇ。…なんとも恐ろしい話。
 武田さんはやっぱり優しい人でした。お母さんのことも八雲くんのことも大事に思ってくれてて…そして、なんでそんな武田さんが七瀬邸の殺人犯に仕立て上げられて殺されなきゃならなかったんだろう。理不尽だなぁ。八雲くんのお母さんを追い詰めるために、赤い目の男の人がやったわけだけど、なんで?八雲くんを殺させたかったの?今になって八雲くんを追い詰めて、でも殺しはせずにいる…。うぅだめだ。あの男の人が何したいのか全然分かんないや…。しかし、武田さんはあんまり若いままだったからなんとなくもう生きてないのかなって分かったけど、ぶっちゃけあの赤目のお父さんも、全然外見変わりませんよね(笑)。
 このお話は、改めて八雲くんが一人じゃないんだ、沢山の人とつながってるんだって感じることが出来たんじゃないかと思いました。だけど最後に、晴香ちゃんの演奏会で大あくびかます八雲くんが八雲くんらしくて、晴香ちゃんと同じく微笑ましくなりました(笑)。

 あとは、先週書いちゃったのとか、あまり感想書くほどではないかなっていう感じなので、今回はスルー。明日には、リボーンの32巻の感想書き始めたいと思ってますので、控え目で(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »