« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

また2週間分の感想…(^^;

 あ~…れ~…?
 またまた約束破りみたいでスミマセン…despairsweat02。いや、先週の土曜日で仕事の峠は越えたから、平日も早く帰って来られるはずだと思ってたんですけど…ねぇ?(←訊くな。)とりあえず、先週ほどではなかったんですけど、今週は夕飯食べ終わる時間が11時くらいになってました(笑)。いや~~~ビデオ溜まる溜まる。全然見られなかったのですが、G.W.に入って2日目、何とか仕事からは脱却して、掃除したりビデオ見たり借りた漫画読んだりして、あと爆睡もして、生還しました(笑)。最近何かと気力とか根性とかいうものが足りなくて…ダメですねぇ…。でも、感想書くにはビデオ見てないとと思って、結構頑張って見てたりしました(笑)。(←頑張りどころが間違っている。)
 紫月的にG.W.にはリボーンの34巻が発売されるし雲雀さんの誕生日が来ちゃうし、3~4日はお出かけだし、やらなきゃ~なことは一杯なのです。そのほとんどが引きこもり要素満載とか、突っ込んだら負け(笑)。

 では、感想諸々です~。

 BOSS #2
 第1期のBOSSも再放送で4話くらいまで見て、結構読めない最後の展開とか犯人とか、やっぱり小ネタとか小ネタとか、小ネタを効かせると見せかけて実は犯人逮捕につながってるとか、見せ方も独特で上手いなぁと思いました。最近のアンケートか何かで、理想の上司、男性は池上さん、女性は天海さんが1位だったそうですが、このBOSS見てるとなるほどな~と分かる気がします。離婚弁護士もそうだったけど、なんかすごく優秀で能力が高くて、でも部下のことも大事にしてて、上手く部下を動かして、ところどころ愛すべきキャラなところがあったりして。かっこいい女性なんですよね~。
 第2期は#1と#2で一つの事件でしたけど、今回は犯人がどんでん返し、という感じではありませんでした。むしろ、かなり知識豊富な犯人をいかに打ち負かすか、といったところが見所だったというか。負けてると見せて、その上を行ってる大沢さんがかっこよかったです~happy01noteあと、犯人を引っ掛けて、あっけらかんと飄々としてる感じが面白い(笑)。「~だったんだけど~、~だけわかんなくてさぁ。あれ?もしかして、~しちゃった?」犯人に主導権握られたと思いきや、思いきり手の平の上でおちょくってる、っていう(笑)。いやいや痛快happy01sign01楽しいですsign01
 今週はフィギュアスケートでお休みでしたが、平日毎日第1期の再放送があって、それを見るだけでも一杯一杯だったんで、まぁ、丁度いいかなcoldsweats01。(←超私情。)

 べるぜバブ 「必殺技、ありますか」
 えーと、やっぱり神崎さんは愛すべきキャラになりつつあると思いました(笑)。そして、紫月は男鹿くんが好きだな~と思います(笑)。だって、天然でなんも考えてないけど、いい人なんですもん。

 SKET DANCE 「伝説の鬼姫」
 ヒメコちゃん、かっこいいhappy01sign03自分の二つ名が一人歩きして、それを名乗ってる卑怯な相手にも全く臆することなく自分を貫く強気なところがかっこよかったです。そして、最後までちゃんとボッスンたちを信じてるところもかっこよかったし、それに応えるボッスンたちもかっこよかったです。相手が暴力と恐怖で「伝説の鬼姫」の名前を語ってたところから、最後は怒りを押さえ込んで、一喝で相手を引かせてしまったヒメコちゃん。そして、伝説の鬼姫に憧れて、その名を語ってた方は、完全にヒメコちゃんの下についちゃいました(笑)。

 SKET DANCE 「ロマンティック坂の上のファインディングペロリン」
 サブタイトル長いなcoldsweats01sign01って思ったんですけど、これ、2話分ですよね。前半は早乙女浪漫ちゃんの乙女フィルターがいかにすごいかというお話(笑)。いや、ボッスンがかっこよく見えるとかは分からなくもないけど、水たまりに落ちて汚れたタオルを子犬に見間違うとか、どんだけ(笑)。ボッスンはああ見えてもいい奴だしかっこいい奴だと思うけど、乙女フィルターには敵わないな、と…。あと、ボッスンの絵が上手すぎて、あとの人の絵がひどすぎるのも相当笑いました(笑)。特にヒメコちゃんは酷かった(笑)。一体猫を何だと思って…coldsweats01
 後半はキャンディーの不気味な(?)景品、ペロリンの当たりくじにまつわるお話。ええ話や…って思うのに、ペロキャンの味やペロリンの見た目のツッコミどころが満載すぎて、その上あの不良くんやられ損な上、律儀に謝罪の気持ちを込めたペロキャンをヒメコちゃんから山ほどもらったら、マズすぎるとか、ええ話のはずなのに後味は「(笑)」な風味になってました(笑)。
 でも、力では圧倒的にヒメコちゃんの方が強いのに、いざとなったらボッスンの命令に従うんだなぁ…と、その力関係というか、ヒメコちゃんはボッスンのこと、本当に信頼してるんだなぁと改めて思いました。相変わらず、番組あとの提供のチビキャラのヒメコちゃんがかわいすぎて、にやけます(笑)。

 銀魂 「年賀状は…/カカオより…」「食事は…/…運命の…」(←覚えてる単語だけ(笑)。)
 とりあえず年賀状は龍馬伝に乗っかりすぎで相当笑いました(笑)。辰馬さん達だけでも笑えたのに、鬼兵隊の人たちまでーcoldsweats01sign01締めは乗りそびれましたって、十分乗ってるよ(しかも悪乗り)、と思った紫月でした(笑)。
 季節はずれの季節ネタ第2弾は、バレンタインということで、月詠さん、控えめだけど銀さんのこと好きなのな、と(笑)。さっちゃんさんはともかく、月詠さんと神楽ちゃんも一緒になって照れちゃっててかわいかったです~。
 そして、年賀状の回で狂ったように「あんパン」て書いてきてた山崎さんでしたが、いや~あんパン生活1ヶ月はちょっと無理ですね、自分も山崎さんみたいになる自信があります(笑)。しかも、好きじゃないのに。だんだん拒否反応が酷くなっていく山崎さんが気の毒で(やめればいいのに(笑)。)、見張られてるお嬢さんが悪人だとは思ってなかったんですけど、まさかそこへ毒を盛った肉じゃがとは…。それを助けてくれた上、山崎さんの功績をちゃんと認めてくれた土方さんが、紫月はやっぱり素敵だなぁと思いました。けど何でそこでマヨラーメンを出すかなcoldsweats01。(←それでこそ土方さん。)
 いつもはやられておしまいの山崎さんですが、今回はあんパンで逆襲してましたね(笑)。
「本当にあんパンがお好きなんですね」
「好きじゃねーよ」
 山崎さんて、こんな強気になることもあるんですね。
 ラストはとにかくついてなさすぎる近藤さんでしたが、まぁ、あれだ、なんていうか…お人好しすぎるところは、実物の近藤勇に近いかもですねぇcoldsweats01。でも、こんな台風でも、お妙さんは来てくれてたんですね。結局近藤さんはついてない人なんだってことでしたが、お妙さんがOKしてくれたこと自体、珍しすぎて、台風に槍に、一生分とも思える不幸が近藤さんにやってきてしまったんじゃなかろうか、と…。

 青の祓魔師(エクソシスト) #1・2 「悪魔は人の心に棲む」「虚無界の門(ゲヘナゲート)」
 青の炎、めっちゃ綺麗だなぁ。というのが最初の印象です。OPも序章で使われてました。
 原作は6巻まで友人に借りて読んでますけど、最初の頃はどんなもんだったか、大分忘れてる感じですcoldsweats01。けど、だいぶ付け加えてあったんじゃないかな?という気がしました。
 藤本神父、大好きなんですけどねぇ…。また後々鍵になってくる人のような気がするのですが。この人の声が藤原さんだと知って、その配役完璧すぎる、と思いましたhappy02heart04sign03ついでに、燐役の岡本さんも好きだし、またまた中井さんも勝呂くんだそうなので、あぁ、素敵note声優陣豪華だな~。
 燐は何でも一生懸命で、真っ直ぐで、とっても好青年だと思うんですけど、なかなかそれが空回っちゃって、周りに認めてもらえないところから始まって、ちょっと可哀想だな、と思いました。
 ところで、燐がバイトの就職に失敗して、藤本神父は「しばらく外出禁止だsign01」って言ってましたけど、それって悪魔が見えてきた燐が外に出ないように…っていうことだったんですよね、きっと。けど、事情がよく分からない燐は、悪魔に憑依された白鳥くんにおびき出されてしまって…。そんなところでも、自分のことはともかく、弟の雪男のことをバカにされて黙っていられずに殴りかかる燐は、かっこいいと思います。
 燐のピンチにきてくれた藤本神父。なんか、呪文じゃないんだけど、詠唱がかっこいいと思います。こういう雰囲気ある言葉を唱えるのがとても好きです。
 そして、燐が正真正銘悪魔の落とし胤だと告げられたところで第1話終了。
 EDは、高速っぽい道路を延々と流れていく風景の中、ところどころの電光掲示板で、燐や雪男(だよね?)、聖十字学園のみなさんが踊ってたり、メフィストさんたちが踊ってたり、藤本神父や女の子陣はアップでチラッとだけ登場するという趣向でした。

 燐を連れて高架を走る藤本神父。走りながら悪魔たちをなぎ倒し、吹き飛ばしていくのがやっぱりかっこいいです~note
 2話目にして初登場のOP。スピード感があって細かくて、綺麗でかっこいいなぁ…と思いました。こう見ると、主要登場人物好きな人多い作品だな~。藤本神父はもちろん、燐も雪男もしえみちゃんも勝呂くんも志摩くんもとっても好きです。
 教会に帰るなり、次々と結界に襲い掛かってくる悪魔たち。二卵性双生児でも、未熟児だった雪男は悪魔の力を受け止められず、燐だけが悪魔の力を受け継いでしまったわけですが、生まれてみれば、雪男は天才で立派な…だし、燐は心根が真っ直ぐで、力は強いけどいい子。やっぱり、藤本神父の育て方がよかったのかしらhappy01note
 とか、ニコニコしてる場合じゃなく。燐に、その力を封印した降魔剣を託した藤本神父。燐を地下に閉じ込めて、メフィストさんにつながる携帯を残して、教会のエクソシスト全員で燐を守る。ただただ、燐を「人」として育てるために…。
 何も分からないまま、自分が悪魔の子だといわれても納得できなくて、自分の存在を否定されたように感じてしまって、藤本神父に反発してしまう燐。あぁ、切ないっ、切ないよぅううううcryingsign03展開を知ってるだけに、もうこの時点で心臓プルプル。思わず燐に平手を食らわせてしまった藤本神父。燐のつらそうな表情に、そして燐の頬を打った手の痛みに、それまで張っていた気が揺らいでしまったがために、サタンに取り憑かれてしまって…。サタンは力が強すぎるから、最強の力を誇っていた藤本神父の身体でなければ憑依は出来なかったんですよね。ぅわぁんcryingsweat01sign03
 サタンの口から、藤本神父の命がもう長く持たないこと、そして母親はサタンに干渉されたがために、燐を宿したがために命を落としてしまったと知り、更に虚無界へつながる虚無界の門を開かれ、絶体絶命の燐。その燐を救うために…藤本神父は、サタンの力をそれ以上発動させないために、自らの心臓を貫く。うぅううう、藤本神父…うわぁあああああんうわあぁあああんcryingsweat01sign03(←号泣)
 自分を守るために、目の前で命を落とした藤本神父。その身体を助けるために、燐は禁じられた降魔剣の鞘を抜き、その力を持って虚無界の門を吹き飛ばしたものの、その力は覚醒し、藤本神父も、もう帰らぬ人に…。そこで初めて「ジジイ」じゃなくて「父さん」と呼ぶ燐とか、もう、泣ける泣ける泣ける泣ける…cryingsign03
 藤本神父が残した携帯に掛けたら、どこまでも怪しい怪しいメフィスト・フェレス卿が登場。保護してくれるかと思ったら、抹殺するとか言うわけですが、燐はそこで自分の決意を告げる。藤本神父と同じエクソシストになって、彼を殺したサタンをぶん殴ってやる…と。
 それにしても、メフィストさんは原作読んでても未だによく分かんないです。何者なん?
 そして次回予告。え、志摩くん、髪の毛ピンク?マジで?オレンジっぽい感じだと思ってた。

 まだ見てない番組が、実はまだまだあったりします…。だいぶ前につぶやいてた「大きく振りかぶって」なんて、あれから2話ビデオに録れてるのに1ヶ月見られずにいますです。「君に届け」はとっくに最終回してるのに、3回分見ずに溜まってる…。「もしドラ」は1ヶ月遅れでやり始めたみたいだけど、番組名録画してあったら、いつの間にやら6回分も溜まってるし…。他にも、深夜アニメで録ってあるのがあるんですが、はて、見れるのか、コレcoldsweats01。なんか、自分の時間のなさは、自分専用のブルーレイビデオ買ったせいじゃないだろうかって、思えてきた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

誕生日おめでとう、山本!!!

 遅くなりましたsign01

 誕生日おめでとう、山本happy02heart04sign03

2011yamamotobirthday_3

 間に合ったぁあああああああcoldsweats01sweat01sign03下絵は4月に入ってから描いてたんですけど、何しろ毎日毎日帰ってくるのが遅くて、夕飯を食べ終わるのが11時や12時だったもので、その絵を取り込んで色をつけるまでにいたらなくて…。でも、絶対お誕生日にはお祝いしたかったのですsign03

 だって大好きなんですものlovelygoodsign01(←訊いてねぇ。)

 誕生してくれてありがとうsign03そして復活おめでとうsign03そしてこれからもぜひぜひ活躍してねっhappy01heart04sign03

 昨日は職場の歓送迎会で、新しい職場へ異動した人たちが来ていたので、盛り上がってしまって、帰ってきたのが夜中の1時半だったんですよね。それからお風呂に入って自分の部屋で落ち着いたのが3時、それでも、スキャナで絵を取り込んで、少しでも色を塗らなくちゃ…て、スキャナを取り出して、何とかパソコンに取り込んだものの、そこで意識が途絶えてしまったようで…coldsweats01。正座したまま座椅子に突っ伏して寝ていたことに気付いたのが5時ごろ、これはいかんと立ち上がろうとしたら、完全に足が痺れてて、足首グキって捻りましたgawksweat02(←馬鹿としか。)
 結局ベッドから起き上がったのは10時。それから朝食兼昼食を摂って、身支度をして地方議会の選挙に行って、それからイラストの色塗りを始めました。で、結構な時間がかかってしまったのですが、なんとか。何とか仕上がりました…。よかった…sign03

 さて、では、いつも通り、以下スルー推奨のイラストに対する言い訳の数々(笑)。
 今回のテーマは、見ての通り、山本復活おめでとうとお誕生日おめでとうの、「Wおめでとう」ですhappy01note(←注:見て分かる人は誰もいません。)いやぁ、復活した山本があまりにもかっこよかったもので、お誕生日にはぜひ、復活した山本をイラストにしたかったんです。(←その時点で単行本派にネタバレ。←本人単行本派です。)だってだって、かっこいいんですもの山本のV.Ghappy02heart04sign03happy02heart04sign03(袴?)
 モチーフはトランプのキング。復活して着てた山本のカッコも好きだったし、V.Gも好きだったので、どっちも描きたいと思ったわけです。で、剣を持ってるってところで、鏡映しみたいなトランプの絵を思いついたわけですが、コレがなかなか難しかったんですよね、特に色塗りcoldsweats01。下絵は紙を動かせば逆さまに出来るんですけど、ペイントはそれをやるのが面倒というか…。なので、逆さまのまま塗った下の方が、えらくやりにくかったんです。それをなんて言うか、よく知ってます、自業自得(笑)。しかも、袴がかっこいいとか思ってたくせに袴の欠片もありゃしない(笑)。
 絵の参考は、1冊しかないセンターカラーの山本のために買ったWJですから、細かいところまで正直分からなくて、描き切れてない部分もあるんですが、その辺は見逃してやってください。あと、ペンダントだけ真ん中で上手く対称にならなかったんですが、その辺も見逃してやってくださいcoldsweats01。あ、大前提、大急ぎで描いたので、正直全体的にあまり上手く描けてはいませんので、まずそこ見逃してやってください(笑)。(←いっそ見なかったことにしてもらった方が…)

 ではでは、今日はとてもいつものウイークリー感想書けそうにないので、今週中に書けそうならぼちぼちと書いていきます。とりあえず、4月の一番大変な日は乗り切ったので、少しは余裕があるはず…。そして、もうすぐやってくる雲雀さんの誕生日(笑)。おぉ、またビデオが溜まる…coldsweats01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

ジャンプ系新番組etc.感想

 最近専ら日曜更新になってる気がしますが、それなりに土曜日に更新できない日が続いております。昨日は友人が誕生祝をしてくれました。プレゼント希望は、アニリボのOP&ED集DVDだったんですが、それ以外にも紫月が山本が好きだということで、山本グッズをくれました(笑)。しおりとか、マウスパッドだったんですが、マウスパッドの山本がかっこよすぎてヤバイhappy02heart04sign03あんまりかっこいいので、ちょっとだけ公開(笑)。

Yamamoto_3

かっこいいですよねhappy01heart04note(画像的に質が悪いのは、紫月の携帯の性能が低いからです、スミマセンcoldsweats01。)

 こんなに素敵な山本をマウスの下になんて、紫月はおいそれとできやしないので、棚に飾ってありますnote

 さて、4月に入って新番組が続々とスタートしております。今回、見たいと思ってる番組、ドラマではBOSSや仁~JIN~辺り、アニメはジャンプ系が多くスタートしてるんですが、その辺りでちらほらと感想を書いてみようかと思ってます。しかし、書こうと思ってる番組、まだほとんど見てないという、先週と変わらない状態が…coldsweats01

  BOSS(第2期)#1
 第1期がお昼辺りに再放送するみたいなので、ラッキーと思って録画予約をしてある紫月ですが、とりあえず第2期の1話。妹がすごく面白いと言ってたんですが、なるほど…小ネタが多いな(笑)sign01BOSSからして、交通整理人形部屋に持ち込んじゃう変人っぷりcoldsweats01。今回の話は第1話で完結してなかったんですが、心神喪失を扱った事件に、本人になりきってしまいたいという極度のストーカーと、心理系の犯罪みたいですね。科捜研の一員として事件解決に協力しながら、一方で犯行を重ねていく…。当然警察で立てられる作戦は駄々漏れてるわけだから、捕まらないように動くことは出来ますよねぇ。で…あの人が犯人、というのは確定で?

 べるぜバブ 「今夜は寝かせません」
 日曜更新なのに、1週遅れですみませんcoldsweats01。ベル坊の夜泣きの話。夜泣きが酷いベル坊ですが、その夜泣きが魔王の息子だからハンパない。ご近所どころか、街中みな寝不足。今回は、寝不足のあまり、みんながあちこちでうたた寝して、あちこちで現実とごっちゃになりそうな夢を見てるもんだから、ところどころ「あれ?」って思いながら見てましたが、男鹿くんが見た、ヒルダさんがベル坊を魔界へ連れ帰るという夢は、何だかちょっと切なかったです。男鹿くん、何だかんだ言って、結構ベル坊に情が移ってきてますよねhappy01note
 で、現実には、ヒルダさんがベル坊のお気に入りのおもちゃを魔界から持ち帰ってくれたわけですが、そのおもちゃの凄まじい音を聞くなり、ベル坊はすやすや。だけど、明らかにベル坊の夜泣きよりウルセーだろ~coldsweats01sign03というオチでした(笑)。
 この回からOPとED、どちらも変わったんですけど、個人的には初めのOPの、いかにもな赤ちゃんソングが面白くて、EDの曲が好きだったので、早いな~もったいないな~と少し思いました。新OPは、まるでクラブやディスコで踊ってるような雰囲気がところどころに入ってるような感じ、新EDは女の子ソングということで、ヒルダさんと葵ちゃんが主に出てくる感じでしたけど、二人がおめかししてる雰囲気なのか、お化粧してるみたいな絵柄が…うん、素顔の方が二人ともかわいいな、と(笑)。

 SKET DANCE 「学園のSKET達」
 WJ連載中の作品。この回は初回で、紫月がまだWJを通院してる病院で貰い受けていた頃に、読み切りで載っていたのがこの話じゃなかったかなと。(もしかしたら、読みきりじゃなくて、連載スタートの回を読んだのかもしれませんがcoldsweats01。)これ読んで、あ、面白いな~と思った覚えがあったので、アニメが始まると知って、早速ビデオに録ってみました。
 ていうか、新八くんcoldsweats01
 ボッスン達が初めに助けた転校生の、弱気そうなところとか、外見とか、声も含めて、マジで新八くんかと(笑)。ていうか、新八くんの声自重(笑)。いや、キャラにはぴったり合ってましたけどね。ボッスンは吉野さんで、以前紫月が見てたナイトレイドの葵さんやってらした方で、葵さんが無邪気な大人っぽい雰囲気だったのに対して、ボッスンは大分それより子供っぽくなってて、さすが声優さんだなぁ、と。そして、スイッチはパソコンの音声が杉田さん(笑)。時々ふざけたメールの声とかもあって、すごい面白かったです。メールだと饒舌なスイッチ(笑)。個人的にヒメコちゃんが好きですけど、早とちりで真っ直ぐで、時々セクシー担当で、女の子なのに力仕事(ボコり)担当、みたいな(笑)。伝説のヤンキーなんですよね?確か…。提供の場面で、SKET団三人がチビキャラで出てきたり、紙ふぶき撒いてたりするんですけど、これが超かわいいhappy01heart04note特にヒメコちゃんがかわいかったです~happy01note
 このお話は、転校生がペンキぶっかけ犯だったわけですが、全然そうとは見せなかったところを、ボッスンがゴーグルで集中力を高めて見破るところ、そして、転校生が昔いじめられていた相手に脅されて、ボッスンたちにペンキをかけなきゃいけないと命令されたことも見抜いて、自ら赤いペンキを頭からかぶって、
「友達のためなら、ペンキくらいかぶってやるって言ってんだよsign01
って言ったボッスンがかっこよかったです。結局転校生はSKET団には入ってくれませんでしたが(笑)、いいお友達が出来て自信がついてよかったです。

 SKET DANCE 「ペパーミント侍」
 はい、いきなり2週分でスミマセンcoldsweats01。えーと、前半と後半でお話は別だったと思いますが、前半がペパーミント侍のお話ですよね(笑)。フリスク…じゃなくて、フリスの刺激で集中力を増していた剣道部主将ですが、侍に憧れて、言動は基本すごく昔っぽいのに、携帯めっちゃ使い慣れてるとか、フリスケで集中するって辺りが現代っ子で、ギャップが面白かったです(笑)。そして、フリスケの話を聞いて初めはツッコミ入れてたSKET団でしたが、フリスケ効果が本当で、その効果が持続する時間の問題で、先鋒で勝ってたのに大将になったら負けちゃうという原理を突き止めたのは、またまたボッスンでした。ですが、自分が集中できるからって、面の上からゴーグルつけさせる辺りは、同じ人が思いついたとは思えませんでした(笑)。ゴーグルつけるとパチンコ技術も向上するボッスン、スイッチの持ってたスーパーハードのフリスケを主将の口の中へ見事放り込んで、その瞬間集中力は見事に上がり、見事、試合に勝たせてあげることが出来ました。が、スーパーハードだった分、その後の主将は抜け殻みたいになっておりましたとさcoldsweats01
 後半のお話は、女の子が連れてきた、ペットの小猿のお話。預かったのはいいけれど、実験で間違って爆弾ばかり作ってる顧問の先生も登場して、その爆薬を詰めたボール型のものを持って逃げちゃった小猿を、SKET団が追いかける追いかける…。なのに、行く先々で待ち受けるのは、なぜか女の子…(笑)。チア部や女子更衣室に入り込んじゃったボッスン、気の毒です(笑)。どうやら小猿がスケベ猿だったと判明、そこから推測することで、サルを捕まえることはできたのですが、ソフト部でどうやらボールが入れ替わってしまったらしく、SKET団をバカにして、ボールの投げ方が女の子みたいってソフト部の子に言われてるとヒメコちゃんに笑われたソフト部顧問の先生、よりにもよって爆弾ボールで投球練習(笑)。部室は見事に全壊しましたとさ。
 OPはなかなかスピード感があって、好感がもてました…が、もうちょいかっこいい曲だともっと合ってるかな~。EDは3人がリズムに合わせて首を振ってたりしてかわいかったですhappy01note

 銀魂(再開) 「春休み明けは皆ちょっと大人に見える」
 待ってました(笑)。しかし、別に銀魂は今まで感想書いてたわけでもないし、だったらNARUTOやONE PIECEも?っていう気がしなくもないんですが、再開がおめでたいので、面白かったら書こうと思います~。ていうか、今から見ます~(笑)。
 おぉおお、銀魂が遂に16:9にhappy01sign03そして、それすらネタにするのが銀魂のアニメスタッフさんだと思います(笑)。全力でふわっと再開(えcoldsweats01?)おめでとうございます~sign01OPなどなども、さすがの銀魂、キャラ勢ぞろいで勢いあって楽しい感じでした。
 …て、銀さん、何でヤムチャcoldsweats01ていうか、ほんと初っ端から銀魂らしさ全開ですね。
「2年後に、シャボンディ諸島でsign01
 今度はONE PIECEかcoldsweats01sign03パクリ全開(笑)。そして、基本ドラゴンボールなの?2年経ってる設定なの?え、で、何、定春…服役ってcoldsweats01sign02ちっちゃい定春はかわいいですけどnoteで、お妙さんと近藤さんが一緒になってるなんて、120%ありえないから、コレどうオチつけるんだろう…?九ちゃん、せっかくかわいくなってるのに青ヒゲ海賊団でエースかいっcoldsweats01sign01そして、桂さんはヅラ子かいっcoldsweats01sign03そしてそこで終わりかいっcoldsweats01sign03sign02とりあえず、銀魂キャラ登場させて1期を見てなかった人に紹介…になってないか、コレ(笑)。

 銀魂 「夏休み明けも皆けっこう大人に見える」
 というわけで、続きが気になるのでこちらも2週間分(笑)。…うっ…津波警報…coldsweats01。仕方ないけど…。
 山崎さんが鬼の副長になってますけど…土方さんは仏のパシリになってるし~sign02近藤さんがいなくなった寂しさでおかしくなってる(笑)。沖田さん局長じゃなくて皇帝(?)カイザーってcoldsweats01。ちょっと大人になってる?と思ったら、おぉ、土方さんは変わった振りをしてたみたいですよ?2年後に取り残されたのは新八くんだけじゃなかったと…?…なるほど、ツッコミキャラ二人なんですね、新八くんと土方さん。ツッコミサボったからボケが飽和した…って、思ってたら、確かにサボってたせいで、向上心を好むイボのエイリアンに見放されてたってことですね(笑)。で?ハリセンでツッコミ入れたら戻るって?つまり、ツッコミキャラへの試練ですか、コレ。て、あれ、土方さんもイボだったのかcoldsweats01。で?新八くんもイボでした?最終的にイボじゃなかったのは銀さんだけ?いや~これまたえらいどんでん返しですねぇ。そーいや、一番向上心がなさそうなのは、銀さんですよね(笑)。ていうか、ちょっ、最後の最後でBLEACHパクって来たよこれcoldsweats01どこまでも怖いものなしですな、銀魂は…coldsweats01
 ハイ、面白かったですよ、銀魂。相変わらず下ネタはあるしパクリだらけだし、すごい展開でしたけど(笑)。来週からも楽しみにしてます、銀魂(笑)。

 さて、来週からはもういっちょ、今日から始まった「青の祓魔師(エクソシスト)」を追加したい心意気。でも、来週は土曜日出勤で歓送迎会があるので、またまた日曜更新になりそうです~。そして何より…次の日曜って山本の誕生日ですよねーーーーーーーーーーーーーーーcoldsweats01sign02きゃーーーー時間よ止まれぇええええええええええええsign03(←準備不足。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

溜まったもの諸々感想(^^;

 4月1日、運命の会議で今年度の役割が発表されまして。
 担当する通常業務は、かつて経験したことのあるもので、昨年度より仕事の分量は増えるけど、まぁそりゃ仕方ないわね~って感じでした。どの道今年は、全体的に未知の領域が増えてるわけで、頑張んなきゃいけないのは分かってましたし。

 しかし。しかしですね。

 うちの職場で進めなきゃいけない、頭使わなきゃいけない頭痛くなる仕事の長がつく立場に紫月をつけるなんて、なんて命知らずなんですかうちの上司様たちは…coldsweats02sign01何のエイプリルフールかと思いましたけど、残念ながら冗談じゃなかったようで。そりゃあ自分の専門分野の研究ですけど、紫月みたいなペーペーが年上の同僚の皆様に何を言えるとおっしゃるデスカ。無理ですよーbearingsweat01sign01

 …とりあえず、たたき台になればよろしいのですね…ということで、諦めましたcoldsweats01。なるようになれ…。
 そして、前の職場のサブトップがうちのトップに来てくれて、いきなり前の職場での話題から肩をポンポンッsign01
「そーそー。俺、アンタに見せたいもんがあってさぁ。覗くと3Dに見えるやつあったろ。あれ、俺全部パソコンに取り込んで、平面に打ち直して、データにしたぞwinkshinegoodsign01
 どんだけ手間暇かけて何してんすかあなたはcoldsweats01
 とりあえず、全然変わんない人のままだってことはよく分かりましたです。パソコンでちまちまと作業するという点で、紫月がイラストをペイントで塗るということを知っていて、なんか共通点があると思って親しみを持ってくださってるようです。いや、ありがたいんですけどね。自分にそこまでマメな仕事(趣味?)は出来ないですよ、ボス~。

 そして、原発の不安から避難してきていたおチビちゃんが、新年度が始まって幼稚園の入園が控えているということで、急激に事態が悪化することはなさそうだと判断し、神奈川へ帰ってゆきました。ときどきわがままちゃんで大変なところはありましたが、何しろ懐いて、とてとてと寄ってきて、当然のように「だっこhappy01note」をせがむきゃわゆちゃんは、疲れるし自分の時間はとられてしまう反面、癒しでもあったので、ちょっぴり寂しい我が家です。そして残されたのは、インフルBにかかった母でございますcoldsweats01。あれだけみんな神経質になっていたのに、何拾ってんのーcoldsweats01sign01…我が家はもうしばらくインフルに要注意です…。

 さて、友人に3月頭に借りてたたくさんの漫画とかもあって、たぶんもうすぐ会うことになるので、返さなきゃと思って読んでたりもして、またもやビデオは溜まる一方~…。でも、面白かったものもあったので、その辺もちらりと書いてみようかと。

 読みながら毎度泣かされるのは「夏目友人帳」。今年アニメ第3期が始まるそうなので、これまた楽しみです。今回のお話、一つ目はタキの家の蔵に封じ込められてた古い人形の妖(あやかし)と、タキのおじいちゃんのことが大好きだった妖たちのお話でしたが、古い人形の妖はすごく怖かったし、慎一郎慎一郎とおじいちゃんを慕う妖たちはすごくかわいくて、倒れたおじいちゃんを治そうとしてるのとか、思わず泣けてきました。それから、夏目の過去の話。夏目の過去はいつもつらくてかわいそうなんですけど、今回もやっぱりかわいそうでした。でも一番泣けたのは、夏目がお父さんのことを思い出して、実家の縁側で、もう分からなくなってしまった母の植えた植物のことを思いながら、声を殺して泣いているところ。一杯友達も出来て、夏目のことを分かってくれる田沼くんやタキもいて、何よりたらいまわしにされていた夏目を引き取ってくれた藤原夫妻もいて、だいぶ幸せになってきた夏目。本当に優しい子なので、本当に幸せになって欲しいと思います。やっぱり面白かった「聖☆お兄さん」「風光る」「3月のライオン」「青の祓魔師」などなどもあったのですが、今回のベストは個人的に夏目でした。
 逆に、えぇええ、と思ったのが「BLEACH」。しばらく友人から借りてなかったっていうのがあるんですけど、いやいや、全部アニメで見たっちゅー話ですよ(笑)。今アニメは迂回路に入ってるようですが、そりゃあそうでしょうね…。少なくとも単行本のストック全部使い果たしてるんだから。もひとつ「新テニスの王子様」そりゃあテニプリファンは多いので、続けることそのものに意味はあるのだと思いますが、展開が…coldsweats01。ちょっと、手塚を物語からフェードアウトさせる気ですかーcoldsweats02sign02手塚V.S.不二とかなかなかファンにはおいしい展開でもあったと思うんですけど、何か…ちょっともう勘弁してください…despairsweat02。色々破綻しすぎちゃいませんか…許斐先生。いつからテニスは幻覚技になったデスカcoldsweats01

 それじゃぁいつものアニメ感想を。といっても、今回まだあまり見てないのです~(笑)。というわけで、まずは見たものから~。

 べるぜバブ 第10話(?) 「弟子ができました」
 震災後、なぜか2週間自粛期間が入ったべるぜバブ。震災前第9話のあとやっていた予告とは別内容でした。そして、最初に震災で大変な思いをしている人たちに向けてのメッセージが入って、更にいつものOPの初めが変えられてました。…火山の噴火がまずかったのか…?あれは魔界なんだろうし、別によかろうに…と思うのは紫月だけでしょうか。
 また、この回は提供がなかったんです…よね?全部CMがACだったというか。だから、提供の文字もセリフも全くないまま、映像だけが流れてました。
 内容は、またまた弟の面倒を見てる葵ちゃんと男鹿くんが遭遇するお話でしたが、相変わらず早とちりの葵ちゃんと天然のたらしになってる男鹿くんがいい感じで噛み合ってなくて笑えました(笑)。あと、コロッケがまずいヒルダさんとか(笑)。でもやっぱり、自分を慕う猫ちゃんを助けようとしたベル坊を、こっそり後ろでサポートしてる男鹿くんが素敵だな~と思いました。例えそれが鬼か悪魔のような形相であろうとも(笑)。実は猫ちゃんの敵を追っ払ったのは怖い顔した男鹿くんだったんですけど、そうとは見せずに、ベル坊を褒めてあげる辺り、ちゃんと自信をつけさせてやろうという親心が…あるのか???(←自信がない。)
 あと、予告が面白かったです。金で買えないものはないという姫川さんに、古市くん「そんなことはない!」男鹿くん「そうだ。例えばコロッケ100万個とかな!」古市くん「いや…それは買おうと思えば買えるだろう」姫川さん「ほら、買って来てやったぞ」男鹿くん「……いらね」。(笑)。
 

 と、ここまで書いたのが4月4日。それから怒濤の仕事三昧で、とても記事を更新できる余裕がありませんでして…毎年経験するけど、年度始めは忙しい…bearing。4月は山本の誕生日なのに、大丈夫なのか…?(←今のままだと、正直厳しい。) 

 というわけで、一週間経った現在でも、まだあまり見てないのです~に変わりないのですが、なんとか消化していきつつ、感想書いておきたいと思います。え~と、見ながら感想なので、あらすじになってたらスミマセンcoldsweats01 

 べるぜバブ 第11話 「金で買えない物、ありました」
 金、といえば、姫川さん(笑)。でも、姫川さん根っから悪い奴じゃないんじゃないかと思ったのが今回。基本、みなさん報酬ありきで従ってるんですけど、姫川さんでも月の小遣い使い切ることあるんですね(笑)。男鹿くんを追い詰めようと躍起になってたら、仲間とともに孤島に置き去りにされるとか、散々な目に遭って、お金が尽きて一人になっちゃって。それなりに一人で頑張るんですが、「ごはんくん」かぶったときにリーゼントくっきり前に出るとかウケル(笑)。箸の上の色一つで、偽物を見破ったベル坊と男鹿くんですから、正直それで騙されるわけない。しかし、ヤキソバパンみたいのが刺さるリーゼントに、あそこまでの形状記憶能力があったとは(笑)。
 吹っ飛ばされて、それでも懲りずに男鹿くんたちをうかがう姫川さん。
 ところで、男鹿くんがいつも買うコロッケ、おいしそうだなぁ…happy01noteだって、オバチャンいつも揚げたてくれるじゃないですかっ おかげで、ベル坊にあげようとして、冷ましてるうちに落としちゃうってことがあったわけですが、そしたら男鹿くんは、次に冷めたのをくれって言うんですよね。自分は熱々でも食べられるのに、ベル坊のために…うん、素敵なお父さんっぷり…いや、どっちかというと、お兄ちゃんっぷりに近いかな(笑)。そして、そんなときは「はい、冷めたてね」ってコロッケくれるオバチャン、やっぱり素敵happy01note(それにしても、ミルク飲むような赤ちゃんにコロッケってどうよ(笑)。)
 で、姫川さんがそんな男鹿くんたちを張ってたら、なんとバズーカで男鹿くんたちを狙う他校の不良軍団発見。男鹿くんが倒れたらラッキーなはずなのに、自分の学校の領域でそんな危ないものを使おうとしてる奴らを放って置けなくて、たった一人で立ち向かった姫川さん。
「金の力だけで東邦神姫張ってるわけじゃねえんだよ
 なかなかかっこよかったですよ、姫川さん(笑)。何人かはやっつけたものの、バズーカと電撃棒の一騎打ちでもろに正面からバズーカを受けて(「こういうのは男鹿の役目なのに」とか言いつつ)気絶してたところを、神崎さんに助けられ(?)ました。お金なかったから、神崎さんの飲みかけのヨーグルッチもらってたし(笑)。神崎さんも、意外と悪者じゃないなって、このとき思いました。「2本出てきて飲みきれねーから捨てようと思ってた」なんて、絶対嘘ですもんね。そのあと、1年分のヨーグルッチ(賞味期限は1ヶ月(笑))を返す辺りが姫川さんでした。

 テガミバチREVERSE 多分最終回 「「こころ」の光」
 多分って(笑)。って感じなんですけど、内容的にも、それ以降やってないこと考えても、これが最終回だったんだろうと思われるんですけど、どこにも「最終回」って書いてなかったもので…。普通ありますよね、「終」マーク。
 でも、多分まだ原作は普通に続いてるんだろうな、という感じで…。ノワールが大怪我をして倒れ、その心を引き継いだラグがたった一人でカベルネに立ち向かう。左目が精霊琥珀のラグは、その心のありったけを込めてカベルネを心弾で撃ち抜くわけですが、その時にすごい輝きを放ってましたよね。人々が、まるで人口太陽じゃないか、って言うくらいに。そして、ニッチのお姉さんも「やはり、ラグは人の形をした…」って…人の形をした何~coldsweats01sign02気になって夜も爆睡。(←ん?)
 本物の人口太陽には、ラグのお母さんがいますよね。ラグがまるで人口太陽のように輝きを放つことができるってことは、お母さんも同じような力を持ってるってことなんでしょうか。まだまだ謎は残ったままです。
 そして、まるで死んだかのような扱いを受けていたノワールでしたが、よかった、生きてましたねhappy01noteそして、やはりゴーシュとしての「心」がない以上、ノワールとしての生き方を選んだわけですが、それでもラグに「僕たちは友達じゃないか」って言って抱き締めてくれるのは、初めて出逢って、ラグが手紙として運ばれた時と一緒。やっぱり、記憶や心を失くしていて、それが二度と戻らないものだったとしても、ゴーシュとノワールは同じ人でした。そして、最後まで泣き虫だったラグ。ラグはずっとこんな風に、感情豊かなのかもですね。
 最後、コナーは心を取り戻しつつあるサニーのことを「大切な人ができた」と言ってたり、ザジは大量の仔猫たちに囲まれて「頑張らなきゃならないのは同じ」と言ってたり、ジギー・ペッパーが出てきたり、第1期と違って、完全に綺麗に終わろうとしてる感じがしました。
 それにしても、これ、結構原作とは違ってたところがあったんじゃないの…かな~…。アニメ的に簡潔に終わらせるためかなぁ…と思うんですけど登場人物とか人間関係とか…。(←なんだかしっくり来ないところがあった模様。)

 …なんだかパソコンの調子が悪いのか、頻繁にネットにつながらなくなっています…gawksweat02。保存しようと思って保存クリックしたら、インターネットエクスプローラーでは表示できませんて、インターネットエクスプローラー以外何で表示する気だこのヤローcoldsweats01sign01何回書き直せばいいんだ…。(再起動しないとつながらないので、コピーしてワードに貼り付けながら書いてる残念な状況。)

 レベルE 第11話
 …お~い、なんで切れてんの~coldsweats01の11話。なぜか21分しか録れてなかったし、再生した瞬間は番組のCMだったのに、それが途中でいきなり切れて、いきなりめっちゃ途中から始まってるんですよね。クラフトさんがセリフを言い終わった余韻からスタートなんて、絶対おかしいでしょ さてはテレビ局、やらかしてくれたな?原作知らなかったら、何が起こってるかさっぱり分からないところじゃないですかっcoldsweats01sign01
 というわけで、筒井くんたち再登場。家のビデオでは、甲子園球場なのに落書きやシールがないからおかしいって言ってる辺りからスタートでした。人っ子一人いない甲子園球場、そして、細かいところは湖南(?)市民球状になってて、ここが誰かの心の中…潜在意識の中なのだと、なぜか応援がてら(絡みがてら?)、選手のバスに忍び込んでいた王子が解き明かしてくれました(笑)。1900年代にイギリスで起こった女の子の事例から、同じようにクラフトさんたちもそこにたどり着きました。
 この実際にイギリスで起きた女の子の潜在意識内のパパとママが怖すぎる件coldsweats01原作でも結構怖かったけど、ここまでとは…。
 原因となってるのはストレスだという前提で話を進めるみんな。みんなひたすら東北弁で何か和む。そんな中で、一人疑心暗鬼を促す王子 。ほんと、どこまでもダメな人だこと。
 どんなでたらめでも許される潜在意識内で、なぜか甲子園の決勝候補と戦うことになった野球部メンバー。一体誰の潜在意識なのか…っていうのが、最後まで分からないんですよね、これ。
 ところで、王子も一緒に潜在意識内に閉じ込められたらしいと知った時のクラフトさんの深層心理、まるで園児が描いたようないたずら書きみたいなんですけど、原作のまますぎて笑えました(笑)。一瞬、王子だけその世界に取り残して筒井くんたちだけを現実世界に戻すための策を巡らせようとしつつ、すぐに「無理だ…shine」って諦めるクラフトさん、ほんと、悪人にはなれない人です(笑)。
 だんだんこの潜在意識の世界が集中力からなるものではないかと推測し始めた内外のみんな。そして、王子が考えたストレスから解放してあげよう作戦は、全て外道すぎて筒井くんのホームランで、王子もろとも場外にすっ飛ばされました(笑)。
 そして、戻ってきた部員達。クラフトさんだけは忘れることができなかった人が一人、場外に取り残されました(笑)。おめでとうクラフトさんhappy01winesign01短い夢を謳歌してください(笑)。

 レベルE 第12話
 ドグラ星の第2王子…つまり、王子の弟と、生まれる前から王子の許婚と決まっていたマグラ星のルナ王女。が、王子を探して地球に押しかけてきました。というお話。奔放な王子はまたまた逃げるために筒井くんちにやってまいりました(笑)。(←超迷惑。)
 ドグラ星の王になるのが嫌で、第2王子は誠実で実直だから、国民はみんなこっちが第1王子だったらよかったのにと思ってる弟に、何とか王位継承権を移してしまおうと王子は動いてたみたいですが、逆に第2王子は何とか王子を王女と結婚させて王位につけようと必死。そして、今回ばかりはクラフトたちも王子の味方、と(笑)。
 王家御用達のバイオリング、は、アニメ仕様だったな~と思います。原作は結構リアルに指と融合してたので。で、ルナ王女はもう指輪はめちゃって、二度と外せません。あとは王子がはめるだけ、ってことなんですけど。…あれ、なんか原作とちょっと違う…。王子に逃げられて、弟王子とルナ王女、なんと筒井くんちに居座ることになっちゃいました。砂嵐で笑うのは王子だけじゃなかったのかcoldsweats01
 あら、だいぶ変わってますね。地球の周りを来賓が取り囲んでるとか。王子とルナ王女とのメールのやり取りとか、ルナ王女が野球やるとか…だいぶ付け足してあるようです。
 そして、コリンが王女側についているスパイであることが分かって、王女から託された紙の束を見た筒井くんたちの目は見開かれ、王子はそれを興味深げにじっと見つめる…。
 だから、このあとの展開がお笑いなのに、どうしてこうシリアスに見せかける(笑)。

 
 レベルE 第13話 最終回
 王女から託された紙の束に書かれていたのは…
「サイコさんshocksign01
「サイコさん気味だわ、あの人shocksign01
 来た来た(笑)。
暗号が入ったサイコなお手紙。そして、そんなんなのに王子はその秘められた暗号に即座に気付く。やっぱり宇宙一の天才的頭脳は伊達じゃないですねー。
 暗号に書かれたのは、満月の下で、指定した場所で、クイズを出します、ということ。そして、妙に人が変わっている(と思われる)ルナ王女と第2王子のやり方に、もしかしたら人が入れ替わっている可能性があるんじゃないかと気付いた王子。王子とルナ王女の結婚を阻みたかったのは、マグラ自由同盟の、いわゆる反乱分子。第2王子とルナ王女は攫われて、なんと自由同盟の偽者王女が、バイオリングをしてしまった…coldsweats02sign02ってことですね~。クラフトさんたちとディスクン星人のやり取りはまたこれアニメオリジナルでしたが。
 指定された場所へやってきた王子。一方、マグラ自由同盟に奪われた弟王子の船にとっ捕まってたクラフトさんたちも、何とか抜け出して、裏切り者(?)のコリンに銃を突きつける…。
 この偽王女が盗聴しているなんて思いもせず、本人確認を希望する王子。肩のほくろは二つ…。…ところが、偽王女の肩にも、ほくろが二つ。当然です、盗聴してるんですから。…と思いきや、実は盗聴されていることを考えて、本当は三つなのに、二つとのたまってた王子(笑)。これで、本物じゃないことを見破りました。さすが頭脳派の王子ですねぇ。ドグラ星、マグラ星の言い方のときから、既に弟王子がおかしかったことにも気付いたんですね。弟王子の偽物の芸の細かさを褒めてあげる王子でしたが…ぶち切れた偽弟王子が突っかかってきたのを機に、なんとクラフトさんたちと王子が合流、形勢逆転sign01ところが…偽王女から、サイコな暗号にあったとおり、クイズが出されてしまいました。宇宙に一つしかない、生涯外せない結婚指輪が、盗賊の手にはめられてしまいました、さあどうする?
 王子の選択は…自分も結婚指輪をはめて
「答えは一つ。盗賊と結婚する」
 あまりの斜め上を遥か行っちゃう展開に、クラフトさんがぶっ倒れる中、王子は意外と嬉しそう。
「王様と革命家、それなりにいい感じ。温室育ちのお嬢さんよりは、適度にデンジャラ~ス。サイコー、君サイコー」
 なんと、何の躊躇いもなく革命家と結婚しちゃいました(笑)。
 と・こ・ろ・が。
「補佐がいるな、頼むぞ弟よ。アレ、本物はこっちか」
 囚われていた第2王子を指差した瞬間、そちらの王子は溜息。
「本物はあっちですよ、王子さん」
「ん?」
「まさか兄上が自分から本当に指輪をはめるなんて思ってませんでしたよ。悪巧みで兄上が完敗するなんて…」
 アレ?
 なんと、これ全部ルナ王女が仕組んだことでした(笑)。ほくろはパウダーで隠していた、とのことで、なんと王子の上を行く王女様、確かにいいカップルですね~happy01note
 これ、原作で読んだ時、作者は何て頭がいいんだろうと思った記憶があります。頭がいい王子が上を行くと思わせて、最後にその王子が王女に完敗するなんて。その王子の上を行くのを考える作者、やっぱりすげー。そして、アニメ…なんと、初めに王子がカメラを仕込むために捕まえた猫ですが、なんとこれも王女の仕業でしたか…。これはアニメ仕様でしたが。そして、アニメならではで面白かったのは、王子と王女のメールのやり取りで、要はこんな王女に育てたのは王子…みたいな感じでしたよね。なるほど、それは面白いかも。
 ちなみに原作ではこのあともう1話あったんですが、それはやらなかったんですね。DVD特典にでもするんでしょうか。あれもなかなか面白い話だったと思いますけど…見られなくてちょっと残念。

 さて、4月になって、新番組が続々とスタートしましたね。WJからもSKET DANCEや銀魂が始まりましたし、今回はだいぶ長くなっちゃったので、この辺にしとこうと思いますが、そちらもちまちまと書いていけたらと思います。ていうか、レベルEもテガミバチもこれで終わりですから、また書くものがなくなっちゃいますしね~coldsweats01。あと、ドラマではBOSSのシリーズ第2弾が始まりますね。第1弾、実は見逃してしまって、いつか再放送しないかと狙ってるんですけど、同じスタッフさんとかが作られた離婚弁護士が死ぬほど面白かったから、楽しみにしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »