« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

7月諸々感想⑤

 …今週も遅いですよねcoldsweats01
 土曜日に、やっぱり友人との約束が入っていたので、日曜日に疲れ切ったという、先週と全く同じパターンだったわけですが、今回は金曜日からそれがスタートしてたので、余計ダメだったみたいです、どれだけ軟弱なんだかcoldsweats01
 金曜日は、職場の若手のみんなで、仕事が終わってから、ちょっと気晴らしに遊ぼう、という話になり、遊んでたら思いのほか遅くなったので、食事に行こう、という話になり、そこがまた混んでたので、食べるのが遅くなり、また、ちょっと最近職場にいる男の人のことで、みんなの不満が色々たまっていたらしく、何だか盛り上がるというより「え、みんなもそうだったの?」っていう状況で、延々と悲鳴大会みたいになってましたgawksweat02。というわけで、以降、やや愚痴っぽくなってるので、飛ばしたい方は、やや薄い字の所がなくなるまでスクロールしてくださいませcoldsweats01

 さて、その人に関わって、自分も例外じゃなくて、これまでいろいろとなかったわけじゃなかったんですけど、基本的にはその人と同じ時間に同じ場所にいることが少なかったので、気付かなかったことが多々あったらしく、自分も含め、影で色々と言われていたことが分かって、ちょっとげんなりしましたthinksweat02。つい1週間ほど前にも、全く身に覚えがないことで、自分が絶対にするはずのないようなことを、勝手にやらかしたことにされて、上司に文句や愚痴を言われていたらしく、上司から注意を受けたことがありました。自分的には、「え?何のこと?全然意味が分からないんですけど?」って感じで、すごく悔しくて、上司に「そんなはずはない、自分がそんなレベルの間違いなんかするはずがない」って、間違ってない文書を見せて必死に説明をしてたんですけど、上司も「でも、あの人がこう言ってたよ?」っていうふうで、その時は、何か勘違いがあったのかも知れないねってことになったんですけど、勘違いで疑われるこっちの身にもなってくださいgawksweat02、と心底思いました。
 …で、それが一つ二つじゃなく、更にプライバシーに関わることも色々ありまして…。最近は、不満、というより、正直ちょっと怖いな、という思いがあったわけです。たまたまその人と同じ部屋で仕事をする機会があったときに、
「今△△に行く道間違えて、○○さん(紫月の本名)のうちの前、通ってきちゃった」
と言われたり(確かにその人は事務員なので、職員の住所は知っているわけだし、△△は確かにうちの近くだけど、うちはそこからやや入り組んだ、細い道をわざわざ折り返した所にあって、知らなければ行こうと思って行ける場所ではないし、全部の家の表札を見て回るくらいのろのろ運転してたんですか、っていう話)、直接番号やアドレスを教えたこともないのに、携帯に何度もメールが来たり(確かに事務官なので、携帯番号を知る機会はあるでしょうが、それを勝手に見て登録したとしか。)…。ところが、他の人の話を聞いていると、他にも結構色々あるみたいで、いつも、その人と同じ時間帯に、同じ部屋にいる人が二人いたんですけど、その話を聞いて、ますますshocksign01女の子が携帯やパソコンを触っていたら、必ずその人の席の後ろを通ってのぞいていく、下手すると肩を触っていく、誰かの鞄が開いていたりすると、その中をのぞいて、人に「○○さんはブランドの財布をあんな見えるところにおいて、取られたらどうする気だろう」と人にこぼしていく、アパートで一人暮らしをしてる人の名前を挙げて、誰の部屋はいくらで誰の部屋はいくらで…と人に話す、なぜか常に上から目線で、上司のことも、上司の知らないところで、「あの人は役立たずだから…」「あの人馬鹿だもん」と、文句というより悪口に近いことを言っている…と、ここにはとても書ききれないくらい、他にも山ほど、結構凄まじい状況だったようで…。
 あ、でも、それなのにその人宛てにしょっちゅう仕事の催促の電話がかかってきて、「あ、すみません、今からやります」って謝ってるそうで、それにはちょっと笑ってしまいました(笑)。

 そんなこんなで話は尽きず、結局家に帰ったら夜中の3時。うわぁ、マジですかcoldsweats01sign01翌日、やや寝不足で友人宅へ出かけて、帰ってきたのが夜の11時だったので、今日はあまり人として機能してませんでしたcoldsweats01。(←ビデオ見ようとして爆睡。)なんてダメな人間だろう…しょんぼりthinksweat02
 ではでは、色々感想いってみましょcoldsweats01sign01

 べるぜバブ 「魔法少女と呼ばれて」
 この不良ネタ漫画で、敢えてそのサブタイトル(笑)。
 みんなしてそのカッコ…ある意味とってもシュールな雰囲気だと思うんですけど、子供向けのショーに紛れ込んだ彼女らに、なぜか味方をしてくれたマスクの着ぐるみ…ていうか全身タイツに近い(笑)…敵役のキャラクター、東条さんがやってたんですね(笑)。そうだと思ってたけど、それが一番シュールだと思ったのは気のせい?

 SKET DANCE 「スケッチブック」
 そういえば、アニメでSKET DANCEが始まった時、その記念に「スケッチブック」のメンバーを募集…とか言ってた気がするんですけど、それって、スケット団が組んだバンドのことだったんですね。
 ヒメコちゃんのバンドがインフルエンザで辞退、スイッチのバンドが「音楽性の違い」(?)で解散、杉崎さんにベースを教わっていたボッスンにも、ギタリストが骨折で出場辞退の連絡あって、スケット団全員フェスに出られなくなってしまいました。そこで折れないのがボッスン。いや、一瞬折れてたけど(笑)。杉崎さんの自信のなさを励ましたいボッスン、そして、杉崎さんが「聴きたかった」って言った一言、それに応えようとしたボッスンはかっこいいと思いました。真摯に応援してあげたくて、更に、元気がなくなってしまったスケット団に喝を入れて、よし行くぜって引っ張っていけるのが、さすがです。そして、期限切れで申し込みをしたスケット団を大らかに受け入れてくれた会長。いいですよねぇ、そういうリーダー。
 今回、それぞれのバンドがマジで歌を歌ってるのがすごいなって思ったんですが、ダンテ君のバンド、ダンテ君をGACKTさんがやってたのは、コレがあったからか、とか思ったりしました(笑)。彼が歌ってる曲が流れてる時間がすごく長かったし(笑)。そして、やっぱ上手い(笑)。さすがプロ。
 生徒会バンドは、道流くんがボーカルで女の子を盛り上げ、会長はドラム。ドラムって力技ってところがある気がするんで、会長かっこいいですね~happy01noteそして、力技とは縁がなさそうなスイッチですが、この人頭がいいんですねぇ、結局指ドラムから昇格して、本物のドラムをこなしちゃいました。そして、あれ、ボッスン役の吉野さんが歌ってたのか、それこそ募集された「スケッチブック」が歌ってたのか、よく分かりませんが、ベースだけでも大変だったろうに、ボーカルも達者だなんて、ボッスンすごいよsign03
 その思いを乗せた歌が杉崎さんに届いて、最後まで弱気だった杉崎さんが、ドイツ行きを決められて、スケット団として本当に素敵な役割を果たせたんだと思います。そして、今までスケット団やボッスンに対して基本的に否定的だった椿くんが、やや柔軟になったかな???って感じがしました。生徒会の中ではいじられキャラなのか、椿くん(笑)。

 銀魂 「カニのハサミは絆を断つハサミ」
 どうしたらこんなあさってな方向にいく展開ができるんだ、カニ一杯でcoldsweats01sign03
と、空知先生のあさってな才能に感服する紫月(笑)。そして、どこまでも怖いもの知らずの銀魂、ナウシカの次はラピュタなのcoldsweats01sign02
 正直、全部がツッコミどころなので、一体どこから突っ込んでいいか分かりません、でもカニミソはカニミソだけで食べたほうがよかったってことですか(笑)。好きだけどね、カニミソ(笑)。結局、カニミソバルスは全てを破壊したというわけですね、もったいないcoldsweats01
 いちいち戦国時代だったりラピュタだったりと、カニ一杯で達人級に真剣な、そんな万事屋のみんなは、エネルギーが有り余ってて素敵だなって思いました。

 青の祓魔師 「やさしい事」
 燐としえみちゃんと勝呂くん、志摩くん、子猫丸で協力して、無事に化燈籠を虫川の向こう岸に運んだのに、燐が手をついた鳥居が倒れて、御札が剥がれて、出てきたのはでかい蛾の悪魔sign02ってとこで、捕まってしまった燐。身動きが取れなくて、悪魔の炎で戦うには、みんながいちゃいけないと思って、また「先に行け」と言ったわけですが、そこで納得しなかったのは勝呂くん。
「お前は、またそれかsign01助けるに決まっとるやろsign01
 志摩くんのキリク(錫丈、キリクっていうんですねー。←注:原作既読)とお札と詠唱(の部類だよね?)で、巨大な蛾に一撃sign01うぉおおおかっこいいhappy02sign03
 そして、スゲーって驚く燐に手を伸ばして引っ張り上げ、
「オレにはこれが限界やsign01
「へ?」
「逃げろ~sign03
「倒したんじゃねーのかよーsign01
 あぁもう、勝呂くん好きだわぁhappy02heart04sign03燐がどんな力を持ってるかは知らないにしても、絶対に見捨てたりしない、仲間は助ける、自分の力の限界はちゃんと理解してて、それを最大限に利用して、どこかちょっと面白い(笑)。そして、サタンを倒すっていう自分の夢を笑わずに真剣に公言した燐に救われたってことを素直に話せる所も好き、そして、なんでも一人で背負おうとする燐に
「味方がおることを忘れるなsign03
て、説教しちゃう所も好きhappy01note
 だけど、燐にはその優しさや仲間意識がちょっぴり切ないんですね…。うぅ、切ないな。
 アマイモンの襲撃を待ち構えてたシュラさんですが、シュラさん強いなー。で、アマイモンの襲撃に「ちょっとは手加減しろ」ってぼやいてたり、はてはて、シュラさんなんかグル???雪男は追い払ったとか言ってるし、追い払われた雪男も、虫たち、手騎士に飼いならされてるはずなのに、襲ってくるのがおかしいって言ってるし。(←原作のことすっかり忘れてる(笑)。)
 雪男にこれは罠だ、と言われたけれど、勝呂くんを殺さんばかりの勢いのアマイモンに、どうすることもできなくて、そして勝呂くんたちを守るためには、彼らの忌み嫌うサタンの息子の姿を晒すしかなくて、みんなから受けた優しさを返すために剣を抜いた燐。今度はもろにみんなに見られてしまって、どうなるんだろう…?…どうなるんだっけ?(←オイ)
 勝呂くんは、その姿より、降魔剣「倶利伽羅」(だっけ?)に気を取られてるみたいだったけど、その辺は覚えてるぞ(笑)。
 しえみちゃんは何か気持ち悪い芋虫に寄生されてたみたいですけど、雪男が助けてくれてとりあえずみんなは大丈夫みたいです。ところが、炎を全開にして、怒りに任せて戦った燐、炎に飲まれてしまって、理性が吹っ飛んでしまったようです。アマイモンを虚無界へ送り返したメフィストさんの門まで真っ二つに。
「やれやれ、世話の焼ける弟だsign01
 アマイモンもメフィストさんも、サタンの息子、って訳ですか。そして、コレは全部メフィストさんの仕組んだことですか…?

 夏目友人帳 参 「幼き日々に」
 …あれ?この話は原作?アニメオリジナル???(←こちらも原作既読(笑)。)
 妖怪が見えることで、周りのそれが見えない人たちに疎外されていた小さな夏目。うぅ可哀想。夏目は何にも悪いことしてないのに、両親も亡くしてとてもつらい境遇なのに、端から見たら奇怪な言動をすることで、気を引こうとしてるんだとか言われて、理不尽にもほどがある。夏目は襲われて怖い目に遭ったり、妖怪を見てびっくりしたりしてるだけなのに。
 そんな幼い夏目に、自分が見えることが嬉しくて、毎回脅かしてた木の上の妖怪。きっと夏目のことが気に入ってたんだろうな~。ちっちゃな猫に化けて夏目の前に出たら、夏目はふんわり笑って抱き寄せて、
「お前はいいな。僕も早く一人で生きて行けるようになりたい」
 その切なすぎる願いを聞いて、思わずポロポロ涙をこぼす猫ちゃんにつられて、思わずホロリ。人間のことはよく分からないけど、一人でいることは寂しいことだよ…そう思ってた妖怪さん、きっと一人でいるのが寂しかったから、気付いてくれる夏目にちょっかい出してたんですね。
 けど、
夏目を脅かしたことで、せっかく上手くいきかけてた友達関係までぶち壊してしまって、きっとすごくわだかまってた妖怪さん。高校生になって、友達も出来た夏目が、友達と一緒に行った美術館の帰りに、その木の下に立ち寄ってくれて、すごく嬉しかっただろうなって思いました。何だか切なくて、でも最後にあったかい気持ちになりました。
 これがアニメオリジナルだとしたら、脚本のレベル高いなぁ、と思ったわけです。いい話だった。

 またまた、色々見られずに入る番組がありますが、うさぎドロップ、りんがかわゆすぎて泣けました。大吉の実家に来て、初めはおじいちゃんのお葬式の時にピリピリしてた人たちがいるから、遠慮がちだったけど、だんだん打ち解けてきて、最後に帰る時には、大吉のそでをくいくいと引っ張ってこそっと耳打ち。
「また来てもいい?」
 それを大吉に言われた家族みんな、思わずほんわり。かわいぃいいいいいいhappy02sign03

 今回は無駄なおしゃべりも多くてスミマセン。来週こそは、リボーンの単行本発売ですねhappy02goodsign01楽しみです~~~happy01note

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

7月諸々感想④

 今週は、比較的仕事が楽になったので、とっても余裕がありましたが、土曜日に一日用事が入っちゃったので、今日は何だかすごく疲れてしまって、インターポットのキラリshineがしんどくてしんどくて、途中でどうしても耐えられなくて、結局少し横になったら爆睡してしまいましたcoldsweats01。(←いつものことだが。)だったらやめればいいのにな~って思うんですけど、ここまで頑張ってきたのにやめるのは悔しいというか…。
 何とかそれを終わらせて、やっと掃除をして、汗だくになったのでシャワーを浴びて一息ついたら、何でこんな時間に???

 7月って、もう第4週なんですね。うぅ、早い。ここから先はゆっくりゆっくり進んで欲しいなぁ(笑)。
 というわけで、今週はさらっと感想でいいですかcoldsweats01。(←なんのというわけなのかがわからない。)

 べるぜバブ 「アニキと呼んでいいですか」
 カズくんが男鹿くんのことをとっても慕ってるわけですが、男鹿くんのことも古市くんのことも褒めまくるもので、ついてきても二人は悪い気はしないようです。が。始終ついて回られると、人間やっぱりうっとおしくなるもので。
 しかし、カズくんはマジで人間が電撃を出せると思ってるわけですか、聖石矢魔学園は頭いい学校だったんじゃないですかcoldsweats01梓ちゃんもよっぽど天然のような気がするんですけど、力一杯「ジョワッsign01」って練習してるカズ君は一体どうしたらいいでしょう(笑)。そして、ベル坊を上手く泣かせればいいと思いつく男鹿くんは、そこそこ頭が回るようです、おバカなはずなのに(笑)。
 色々勘違いして、梓ちゃんを助けようとして、力一杯「ジョワッ」って空振ったカズくんでしたが、梓ちゃんは嬉しかったみたいです。強くはなかったけど、自分のために一生懸命になってくれたら、女の子は嬉しいですよねhappy01note

 SKET DANCE 「カイメイ・ロック・フェスティバル」
 これは、SKET DANCEの中で有名なお話なんでしょうか。ちょっと扱いが特別感ある気が…。
 生徒会バンドも出るし、ヒメコちゃんは矢場沢さんとガールズバンドで、スイッチはオタクなグループで、それぞれバンドを組んで出るのに、ボッスンだけ楽器もできないし誘われないしで、スイッチじゃないけど、この人本当にこれで主人公だろうかっていうくらい残念な感じになってましたね(笑)。
 けど、ヒメコちゃんにベースを教えてもらって、一人ですごく弾けるように練習してて、バイオリンしてる杉崎さんにも褒められちゃうくらいだし、やっぱりボッスンって器用っていうか、結構何でも出来ちゃうタイプの子なんですね。何だかんだ言って、ふてくされてるボッスンを一生懸命励ましてくれるヒメコちゃんはいい子だな~と思いましたnoteすごいアメとムチでしたけど(笑)。
 生徒会バンドは校長先生が盛り上げて欲しいって言ってたから出ることになったみたいですけど、実はめんどくせーと思ってた会長(笑)。道流くんに見抜かれてるし(笑)。でも、椿くんはやる気満々だし、スケット団も各々バンド組んで出ると知って、あとには引けなくなったようです。
 天才バイオリニストといわれてる杉崎さんにレッスンしてもらって、杉崎さんのことも励ましちゃって、ふてくされてたボッスンが嘘みたいです。二人の関係もいい感じっぽいんです、が。
 何やら雲行きは怪しげ???椿くんと意味ありげにすれ違うボッスンに、ヒメコちゃんのバンドは「ヤバス」…何が???

 銀魂 「二度あることは三度ある」
 将軍が出てくると、どうして毎回こうなるんでしょうね(笑)。将ちゃん大変なことになってるんですけどーcoldsweats01sign03シモネタオンパレードで、だけどもう笑えませんってくらい笑わされました、苦しい。

 青の祓魔師 「愉しいキャンプ」
 キャンプみたいな学校行事、今まで楽しめたことがない燐。燐って、今までそういう排他的な集団の中で浮いてる存在だったにしては、すごく人懐っこくて真っ直ぐだなーって思います。なんか、そんなふうに生きてくると、どうしてもひねてしまいそうなものなのに…。やっぱり藤本神父の育て方がよかったんでしょうか。
 みんなしてすごく重たい荷物持ってるのに、分厚いコート来て平気な雪男、シュラさんの分まで荷物持って平気な燐。ある意味どっちも超人ですな(笑)。そして、天使で天然なしえみちゃんかわいいhappy01note
 テントは組み立てながらはしゃぎすぎてぽんぽん叩きすぎて倒してしまった燐ですが、女の子たちのカレー作りを見てられなくて、さくっと作ってしまいました。ネクタイを肩にひょいっと掛けてる辺りが手馴れてますねぇhappy01noteそのカレーの評判は…
「うげぇっ、うんめぇ、マジかっshocksign01
「これはどこへ嫁がせても恥ずかしない味やshocksign01
 勝呂くんと志摩くんが青ざめるくらい上出来でした(笑)。
「奥村くんの唯一生産的な特技です」
「黙れホクロメガネ」
 この二人のやり取りも絶妙(笑)。
 お酒飲んでるシュラさんに未成年やろってツッコミ入れてる勝呂くんはやっぱりすっごく真面目だと思う(笑)。そして、その年をばらそうとした雪男は缶をぶつけられて、またキレましたcoldsweats01。雪男もすごく真面目なんですね。
 さてさて、訓練をすることになった候補生たち。群がってくる蛾にひぃいいってなった紫月ですが、それなりにみんなちゃんと対処してます。できなかったのは、魔法円の紙を破かれちゃったしえみちゃんと、炎が使えなかった燐と…志摩くんcoldsweats01?蛾に寄って来られて、正気を失くしたようです(笑)。
 化燈籠(ペグランタン)は、メチャメチャ重いものなので、詠唱騎士志望の勝呂くんと子猫丸と志摩くん、ニーちゃんしか出せないしえみちゃん、木刀しか持ってない燐では、力を合わせて運ぶしかありません。ここはみんなで協力することに。
 ところが、壊れそうな吊橋に、芋虫うじゃうじゃの虫沼…。志摩くんじゃなくてもこれはキモイ…shock。さて、どう渡そうか、と考えたのは、ずっと火をつけた化燈籠が動き出さないように詠唱してた勝呂くん。いや、勝呂くんめっちゃ器用ですな。ずっと詠唱し続けながら、解説を書いて絵を描いてみんなに説明。しかも、燐が感心するほど絵が上手い(笑)。ただ、そこには一つ難点が。
「ははははは…オレに虫沼に浸かれゆうんですか…しかも杜山さんの太ももに挟まれて…往生しますよ…cryinggood
 志摩くんには無理ですな(笑)。
 煩悩の全くなさそうな燐が、どっちも運ぶことになりましたが、しえみちゃんを肩車するのは、それなりに気になったみたいです(笑)。
 無事化燈籠を向こう岸へ渡したものの、燐がふと手をついて倒してしまった鳥居の御札が剥がれて、出てきたのは巨大な蛾~~~coldsweats02sign02これが、メフィストさんの言ってた森の主だったんでしょうか。それに捕まってしまった燐、大ピンチsign01

 ってとこで先週終わってたんですけど、今週分見て勝呂くんマジかっこいいと思いました(笑)。

 夏目友人帳 参 「偽りの友」(だっけ?)
 不穏な空気ではじまって、ちょっぴり切なくほんわかした気分で終わった回。
 夏目の過去って、この3期でやるんだろうか。
 それをチラッと思わせてはじまったわけですが、柴田くん、最初なんてやな奴と思いましたが、根はきっと悪い人じゃない。小学生の頃と違って、ちゃんとそれなりに理性が育ってるみたいですし…。
 柴田くんはもちろんですが、大きくて古い藤の木の…妖怪というか、精霊、みたいな感じのような気がしましたが、むらさきも、きっと柴田くんのことが好きだったんですよね。
 ていうか、柴田くん、夏目が「人に見えないものが見える」からって、わざわざ紫さんを見せに連れてきたわけですが、夏目はむしろ、それが妖怪なのか人なのか分からないくらいはっきり見えるっていうところで、ある意味人選誤ってると思いますcoldsweats01(←柴田くんは、夏目は妖怪化人かが区別できると思ってたようですが。)でも、最後まで力になってくれる夏目を選んだってところは、正解だったんですよね、きっと。

 TIGER&BUNNYとか№6とかまだ見れてない、です。うさぎドロップは、相変わらず大吉頑張れ。うおぉ、録画した番組が160超えてるぅ~~~coldsweats01sign01BLOOD-Cは、CLAMPの絵はやっぱり独特だな、と思いました。昔「聖伝」とかほんとに好きだったけど…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

7月諸々感想③

 とりあえず、峠は越えた…気がするcoldsweats01
 うぅうううううう、まだまだまだまだやること一杯あるけど、何とか余裕のある時期に来た。気がするcoldsweats01。なんか、4月からこの方、出張でもない限り早く帰れることがほとんどなかった気がする。慣れなくて、いつも仕事が遅かった新採の子にまで「いっつも最後まで残りますねぇ、ラブラブですねぇ」とからかわれる始末gawksweat02。残りたくて残ってんじゃねーっつのcrying
 でも、そろそろ一息ついてもいいだろうか。三連休だしhappy01note(←そして寝こけた。)(注:よくやってます。)

 さてさて、7月から始まった新番組をたくさんチェックしすぎてビデオの領域が一気にヤバイことになってきちゃいました。心底思っています、紫月は馬鹿なんじゃなかろうか、と(笑)。(←いや、知ってるけど、改めて(笑)。)ディスクに落とすのが面倒なんですけど、それやらないととても持たないよ~~~happy01sweat01sign01

 べるぜバブ 「新学期はじまりました」
 男鹿くんが校舎ぶっ壊しちゃったので、石矢魔高校に通ってた人たちは、みんな分散されて色んな学校へ通うことになったわけですね。でも、その分散の仕方おかしいだろcoldsweats01
 聖石矢魔学園へ配分された人たちは、見事に石矢魔高校で特に名を馳せていた人たちで、1年から3年まで見事に一クラスに入ってるっていう(笑)。ついでに、それでいうなら古市くんはそんなに悪いことしてなさそうな気がするんですけど、そこは男鹿くんと一緒にいるからですかcoldsweats01
 石矢魔東邦神姫が見事クラスメートになってしまったわけですが、それを舐めてかかった聖石矢魔学園の先生は、一番強そうなのを押さえておこうと、東条さんに腕相撲を持ちかけました。一瞬で吹っ飛びました(笑)。更に、男鹿くんを尊敬してやまない、聖石矢魔学園の1年生も登場して、色々とまた面白い展開になりそうですね~。
 ところで、葵ちゃんは傘からビーム飛ばせるんですか???あれも心月流(?)の技の一つ???

 SKET DANCE 「13日の過ちのエンジェル」
 ジェイソン先生の不器用さはどうしてそう間違った方向に暴走するんでしょうねcoldsweats01。スケット団も今回はどうにもなりませんでした…。うん、正直これは厳しかった(笑)。それより、ヒメコちゃんのクッキーがおいしいと褒めて、「10年後くらいにオレと結婚するか」とか冗談で言ってみたり、そこで掃除し始めたヒメコちゃんに「そんなんじゃ嫁に行けねーぞ」って言ったり、ボッスン確かにデリカシーなさすぎです(笑)。それで動揺してるヒメコちゃん、意外とボッスン好きだったりするんでしょうか。何て言うか、ヒメコちゃんの場合、恋愛感情というか、揺らがない信頼感情も強い気がするんですけど。
 そしてダンテ君(笑)。GACKTさんが声ってことで、どんなもんかと思ったけど、ダンテ君もまた異常に口下手というか、コミュニケーション下手というか(笑)。一言ぼそっ、ぼそっという感じなので、まぁそれほど違和感はなかったんじゃないか…と…(笑)。あの人の声が高校生に合うとは思わなかったけど、あれくらいなら…大丈夫かな?そして、ダンテ君の言葉がわりと直接的だったにもかかわらず、ビジュアル系バンドの専門用語過ぎて、スケット団は大いに勘違いをして、解決できたと喜んでしまいましたcoldsweats01。そこで突っ込めないダンテ君は、シャイなんじゃないかと思いました(笑)。
 で、ストーリー的にはそんな感じで軽く楽しめるもの(?)だったと思うんですが、何より気になったのは、ジェイソン先生が部室に来たときにスイッチがやってるゲームですよcoldsweats02sign03sign03sign03

 …こ…これって…………五話寺…coldsweats01???????????????

 脇に置いてあったゲームのソフトのタイトル。「復活鬼」まるで、薄桜鬼をもじったようにみえて、それ、リボーン(復活)、じゃね???パッケージに、「ヤバ本」とすら言われた作画の崩れた山本に似たキャラとか、リーゼントさんとか、ツナや雲雀さんみたいな髪形のキャラもいるよ???
 紫月の記憶が確かならば、屋上というシチュエーションといい、あの画像、間違いなく酷く作画の崩れていた伝説のアニリボ第5話の獄寺の髪の毛が茶色になってたような感じだと思うんですけど、みなさんどう思われただろう。

 銀魂 「工場見学とか正直一つたりとも記憶に残ってねェ」
 土方さんがパトリオットを持ち出した瞬間、大爆笑した(笑)。

Photo_2

 青の祓魔師 「証明」
 やっぱり藤本神父は最高に素敵だと思います。幼い頃から強暴だったのは、きっと燐に悪魔の力に耐え得る力があったこと、悪魔の力が宿ってしまっていたことがあるからだと思うんですけど、その燐に、絶対に負い目を背負わせないように振る舞う藤本神父は、最高のお父さんだと思います。新OPでも、燐と雪男と藤本神父で、雪だるま作ってたり、ブランコで遊んでたり…。
 さて、シュラさんに日本支部に引きずられていった燐ですが…メフィストさんは燐を、サタンに対抗する武器として育てたかったみたいですね。はて、本気???建前???やっぱり悪魔だったみたいですけど…虚無界を捨てた悪魔。堕天使ならぬ、堕悪魔、みたいな感じ???捨てた、と言いながら、アマイモンとは仲良くしてるみたいだし、この人はほんとよく分からないなぁ。
 シュラさんの生い立ちについて、原作を読んでいながらすっかり忘れていた紫月ですが、そうか~~~シュラさんを救ってくれたのも藤本神父だったんですねぇ。ますます藤本神父がかっこいい。
 身体の中に魔剣を収めてるシュラさんはえらく強い。そして、メフィストさんの言ったことが藤本神父と共謀していることだとしたら、、シュラさんの失望も仕方がないと思うけど、でも、メフィストさんの言ってることと藤本神父が願っていたことは、だいぶ違うような気がする。藤本神父を心底尊敬して、藤本神父が正しかったことを世の中に知らしめてやる、と言う燐の決意は本物だし、藤本神父は…燐を心底愛して、大切に育てた。悪魔の息子であろうが何であろうが、一人の人間として、息子として、その未来に待つ過酷な運命をはねのけて生きていけるように、本当に大切なことだけを教えて育ててくれたんじゃないかな~と思います。だから、そんな藤本神父がすっごく素敵だと思います。燐の言動で、その藤本神父の真意を汲み取ったシュラさんも、さすが弟子です。
 しかし、シュラさん、18歳…じゃないよねぇ?あれ???(←原作既読のはずcoldsweats01。)
 そして、アマイモンに言いたいことがあったメフィストさん。え、そこcoldsweats01

 夏目友人帳 参 「浮春の郷」
 こちらも原作既読のはずですが、はてはて、今回のお話、読んだことないかな~。それにしては、比較的よくできてるというか、違和感なく…。夏目の世界に上手くはまっていたように思いました。
 妖怪の気配を感じた田沼くん、夏目を巻き込まないように、と、こちらも控え目というかなんとというか…大事だからこそ巻き込みたくない、と思うタイプなんですね(笑)。もう少し田沼くんが被害を被るかと思ったけど、今回の妖怪も、とっても優しくて無害なものでした。むしろ無害じゃなかったのが、橋の上で待ってた怖い妖怪でしたけど、あの妖怪の場合、カッと目を見開いた時より、薄目で笑ってるように見えて、灰色の瞳でじっと見てる感じの所が怖かったです。頭だけ出してるのも怖かった。
 前回も書いた気がするんですけど、個人的には田沼くんとかタキちゃんとかが好きなので、絡んでくるオリジナルってことで、ちょっと楽しかったです。

 他にも色々はじまりました。とにもかくにも、今日どぁあああっと見てましたけど、№6はえらく紫苑がかわいらしい雰囲気でした。初回は12歳の頃…再会するのは16歳だったかな?ネズミはこの頃からちょっとかっこいいな~と思いました。紫苑は箱の中で育ったインテリ、ネズミは最下層で生き抜いてきたインテリっていうイメージがあったんですけど、1話ではまだよくわからないです。ウサギドロップは、生活に何かちょっとくたびれた感じの三十路の大吉(?)さんだけど、ただ一人りんちゃんの味方になってくれて、等身大だけど優しい感じでした。無理しない感じで。…そして、りんちゃんって、本当に爺さんの隠し子なの???

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年7月10日 (日)

7月諸々感想②

 いや~、梅雨、明けたみたいです。…………暑っgawksweat02
 昨日は友人が遊びに来てくれていたので、溜まってた番組とかも見てなくて、現在視聴中だったりしますが、このまま見続けたら多分記事書けないだろうなと思うので、書き始めることにしました(笑)。
 さてさて、7月が始まって、新番組も次々と登場しているわけですが、ドラマは今回何もチェックしてませんcoldsweats01。ALLアニメーションと、オタク街道ひた走りの紫月です(笑)。とはいえ、ビデオのハードは、見てなくて溜まった番組に領域を侵食されてて、そうそう録れやしないので、とりあえず見てみたいもの厳選したつもりで。感想に書くか書かないかは分かりませんが、現在視聴中のものに新たに加えて見始めたのが、
TIGER&BUNNY(←前クールから始まってるのですが、途中から視聴開始。ありがたくネットのバンダイチャンネルで全編視聴済み。)、夏目友人帳 参(←1期2期ともにずっと視聴。原作も既読。)、神様ドォルズぬらりひょんの孫~千年魔京~(←ていうかまだ見てないけど、第1期見てた。2期の放送局が変わっててびっくりしたcoldsweats01。え?なんで?)…あとは、まだ始まってないんですけど、1回見てみたいな~と思ってるのがBLOOD-Cとか神様のメモ帳とかうさぎドロップ辺り…絶対見たいのが№6(小説は確か4巻くらいまで読んだ。ネズミが気になる派。)。…こんなに録って、処理できるかどうかは定かじゃないのですが、もうすぐ…7月下旬になれば、この忙しさからは解放されるはずなので、それから8月一杯くらいまでは、余裕があると見て多めにチェックしてみました(笑)。そしたら、GACKTさんが出演、とかの単品録画除いて番組名予約が19って、我ながらどうかと思う(笑)。

 ではでは、諸々感想で~す。

 べるぜバブ 「ただいまかい」
 これもきっと「ただい魔界」ってことで、「ほん魔界」と対になってるんだろうな、と(笑)。
 OP&EDが新しくなりました。OPはすっごくかっこよくなりましたhappy02heart04sign03新しい人物も、これから新章が始まるのか、続々と登場しそうな感じで楽しみです。EDは…ある意味雰囲気はあると思うんですけど、葵ちゃんメインで…うーん、どうかなー。これは絵の雰囲気なのか、作画が崩れてるのか、どっちだろうっていう感じの絵がいくつかあるような気がしなくもないようなcoldsweats01
 内容的には、まあさくっと面白かったです、巨大化したベル坊をロボットみたいに号令で操って喜んでる男鹿くんとか、いつの間にか振り落とされてる男鹿くんとか、暴走してたベル坊を「ご飯ですよーsign01」の一言で元に戻した男鹿くんとかが(笑)。(←要は男鹿くんがお気に入りのようだ。)

 SKET DANCE 「内田をプロデュース」
 野ブタcoldsweats01???
 サブタイトルはともかく、いい話でした。内田くんはその名の通りかなり内向的な感じの子だったけど、なんだかんだで、みんなクラスの子達は内田くんの優しいところをよく見ててくれたんですね。やっぱり、本来のその姿で、人はそれぞれいいところがあるんだな~って思いました。そして、病院までみんなを連れて行ってくれたボッスン。お母さんの前で、たくさんの仲間たちにメダルを届けてもらって、嬉しくて泣いてた内田くんに、ちょっぴりもらい泣きしそうになりました。
 …ボッスン、いい奴だと思うけどねcoldsweats01何一つ選ばれなかったんですねcoldsweats01。ヒメコちゃんはボッスンに「優しい人」で一票入れてくれたみたいだけど、何しろ、その項目は内田くんが一番になっちゃったからねcoldsweats01。で、結局ヒメコちゃんは強い人№1、スイッチは人気者とオタク№1W受賞ってことで、そうなのか、スイッチ人気者なんだ……coldsweats01sign01

 銀魂 「丁か半か」
 あ…この話、前半読んだことある、と思ったんですけど、きっとWJ誌上でリボーンの人気投票かカラーがあったときの話だな(笑)。
 華陀さんがあんなに綺麗でやり手な感じだったのに、すごいことになってました。牢の前を訪れる人みんなに「丁か、半か」と問いかけ、器の中を明けてみれば、そこには小さなネジとボルト…?それでなんで丁とか半とかになるのか分かりません。が、阿伏兎さんはこういう方がお好みでしたかcoldsweats01
 みんなに「アホ」呼ばわりされてる阿呆(アボ?)提督さんですけど、さすがアホ提督さんですねぇ(笑)。何一つ読めちゃいない。神威さんや高杉さんを片付けようとして、結局敵に回して潰されてしまいました。久々にまた子さんや万斉さん、武市さんも出てきましたけど、武市さんはともかくみんなやっぱり強い。夜兎族の阿伏兎さんたちはもちろん強いんですけど、高杉さんも神威さんも、慕われてますよね、何だかんだ言って。そして、初めての高杉さんと神威さんとのタッグ。……いや~~~~~~~強かったhappy02sign03
「どうせ乗るなら、テメーのような奴の船に乗ってみたかった」
って言った時から、きっと高杉さんは神威さんを助けるだろうと思ったんですけど、なんか、へらっとしてても凶と狂を背負ってる神威さんと、常に狂を纏ってる高杉さんの禍々しさとのタッグってすごい最凶。…で、高杉さんの言葉どおり、この船の提督が神威さんになる、ということなんですか。「馬鹿提督でぇす」って(笑)。神威さんはかわいいのに相変わらず容赦ないなぁ…。
 EDが変わって、何かすがすがしいというか、爽やかでどこか美しいようなあの鏡写し。不思議でした、まるでみんなずっと水の上にいるようで。

 青の祓魔師 「鬼事(おにごっこ)」
 え、メフィストさん、オタク系???
 日本文化なら何でもOKな感じのメフィストさんに影響されてか、アマイモンも日本文化をやたら集めてるようです…。
 しえみちゃんも制服に着替えた所で、メッフィーランドで出るゴーストの任務開始。男の子たちみんながしえみちゃんのスタイルにメロメロになってるのが微笑ましかったですhappy01note着物だと目立たなかったのねcoldsweats01一人冷静な雪男、それでこそ雪男(笑)。燐もデートみたいって喜んでる辺りがほんと男子高生みたいでかわいかったですnote
 子どものゴースト、ずいぶんいたずらっ子みたいですが、自分の過去を重ねてその心情を理解して、思い切り遊んであげたしえみちゃんは優しいお姉ちゃんでした。
 そして、燐はというと…なんと地の王、アマイモンと遭遇。あっさり剣を奪われ、その言葉どおり「遊ばれて」しまいました。…すごい強いんだな…デコピン一発で燐が吹っ飛ばされてしまうほど。アマイモンでこれだけ強いんだとしたら、その兄であるメフィストさんはもしかしたらもっともっと強い???
 滅多くそにやられて炎も全開で、その炎でしえみちゃんを守ることはできたものの、意識もはっきりとしなかったみたいで…それを助けてくれたのは、なんと今まで完全に謎だった山田くん…ならぬ、シュラさん。遂に正体が出てきましたね。雪男をはるかに上回る、上一級エクソシストの霧隠シュラさん。…そうか、ここで出てきたんだっけcoldsweats01。(←原作忘れがち。)
 それにしても、こんなアマイモンをけしかけて、メフィストさんはほんとに何がしたいのやら、です。

 夏目友人帳 参 「妖しきものの名」
 さて、この記事書くの3度目なんですけど、何で消えちゃうんだろうcoldsweats01
 今度こそは消えないように気をつけよう…。
 昨日来てくれた友人が持ってきてくれた夏目の新刊の第2話が、丁度このかいの話だったので、先に単行本を読んだんですけど、やっぱり面白いです~~~夏目友人帳。今回の新刊では、田沼くんの話がやっぱり面白かったです。夏目に一生懸命関わろうとしてくれる田沼くんと、危険なことに巻き込みたくないがゆえに、あまり妖怪のことを話そうとしない夏目ですが、今回は田沼くんの真剣な態度に、その考えを変えていかなきゃいけないと思い始めたところ、といった感じでした。田沼くんとタキちゃんは、いつも夏目を孤独にしてきた世界を、一生懸命知ろうとしてくれるので、とっても好きです。
 今回の話、原作読んですぐに見てみると、それなりに変化はあるんだな~という感じでしたが、それでもいい話に変わりなし。妖怪のおばば…アオクチナシは、初め怖く見えたけど、実はとっても優しい妖怪で、昔、このおばばに関わってたレイコさんは、人に傷つけられて、人があまり好きじゃなくなってて、それでもアオクチナシが妖怪だと知ってちょっとがっかりしてるのに何だか切なくなって…。
 でも一番ジーンときたのは、影茶碗エピソードでした。夏目の家をパタパタ走ってるのがかわいかったんですけど、気まぐれでその家の災厄を引き受けてくれることがあるという影茶碗。夏目が妖怪に襲われて肩を食われたにもかかわらず、何の怪我もなくて…家に帰ってきたら、古ぼけた茶碗が一つ、割れていて。
「おれのです。…とても大事な…」
 そうつぶやきながら、塔子さんと割れた欠片を集めてる夏目にじぃいいん。
 というわけで。

Kagechawan_2

 こんなん(笑)。かわいくない?うそーcoldsweats02sign01だって、手の平サイズのこれが、災厄を教えるために、廊下とかぱたたたたって走り回ってるんですよーsign02しかも、夏目の肩の代わりに割れて砕けてくれて…。カワイイですよねぇ…?(←不気味なのは紫月の絵のせい。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

7月諸々感想①

 とはいっても、大概6月ラスト1週の感想ですけど(笑)。
 もう7月かぁcoldsweats01sign03ああ、また一つ目標が果たせないまま…。うぅ、班胥さん、咲良さん、お返しができていなくてごめんなさいゴメンナサイcryingsign03
 今週ひとまず山場が終わりました。つらかった…。
 来週、普通の山場がやってきます(笑)。時間との戦いです。でもたぶん無理coldsweats01。うぁあああああああsign03
 発狂しそうですが、休日は休む。それが紫月の信条です(笑)。紫月の場合、限られた時間にやり切れるかどうかっていう勝負と、あとはどれだけ期限に間に合わせられるかっていう勝負。限られた時間でないと、したくてもできない仕事って、難しいです…。それが終わらないと、期限も何もない、というか、期限に間に合わせられないわけで…。うぅ、力量が足りないぃ…bearingsweat01sign01
 来週はリボーンがまた発売される…と思ってたら、今回は3ヶ月開くみたいでしたすみませんbearingsweat01sign03初めは発売されるって書いてたんですけど、訂正しました。

 では、今週も感想を。最終回もありました。7月に入ったらまた新しい番組…何が始まるのかな?(←情報収集できてない。)

 BOSS #11 最終回
 えーと…大澤さんがピーパーで、森岡さんがピーピー、野立さんがピーポーっていうのは、あの警察マスコットの被り物の名前でしょうか。3人でいるときに、その名前で呼び合う3人が、こうして対立しなきゃいけないっていうのは、何だかつらいものでしたが、森岡さんが最終黒幕じゃなかったっていうのがまた。初回の布石、まさかここでの大どんでん返し。うぅうううう、最終回まで完全に見通したストーリーだったんですね。それがすごいや。
 田所さんに撃たれた花形くん、けど、田所さんは森岡さんの部下で、花形くんを撃ったけれど、助けようとした。対策室に在籍したことで、田所さんの心情に変化が生まれてたのかな…というか、その正体を野立さんに見抜かれて、田所さんも撃たれて、木本さんも、いくつも爆弾の解除をして、いつも対策室に嫌味ばかり言ってた(←イメージ)丹波さんも、変な嘘で対策室を助けてくれて(笑)…盛りだくさん盛りだくさん。
 大澤さんと野立さん二人がかりでも、森岡さんの射撃に敵わなかったけど、さり気なく野立さんが大澤さんを守るように盾になって、その背後から大澤さんが森岡さんを撃ったのはかっこよかったです。
 サミットの警護でR4ウイルスを注射されていた大澤さん。倒れても、フラフラでも、最後理香ちゃんが泣きながら電話してきたのに応えて、黒原さんの犯罪を暴きに行った大澤さんは、これまたかっこよかったです。
 絶対に大澤さんが死ぬってことはないと思ってましたけど、最後はみんな…花形くんも田所さんも大澤さんも、元気でいるようでよかったです。
 思ったこと。大澤さんはかっこいい。そして、野立さんと大澤さんは、命がかかってる場面で互いに意思疎通ができてるくらい、強い信頼で結ばれてる。1期よりおちゃらけ的な場面も多かった気がするけど、最後はやっぱりかっこよかった。って感じです。同じ刑事もので、相棒みたいな渋さじゃなくて、スタイリッシュさ、かっこよさを見せてくれるドラマだったなって思いました。

 べるぜバブ 「ほんまかい」
 ほん「魔界」っていう、駄洒落だったんですね、これ(笑)。
 魔界へ帰るはずだったお医者さんたちですが、ベル坊がラミアちゃんにくっついて離れないし、男鹿くんはベル坊と15メートル離れると即死レベルの電撃を喰らうしで、必死で連れ戻そうとしたのですが、既に転送が始まってたアランドロンに吸い込まれて、しかも定員オーバーのせいで、おかしなところに転送されちゃいましたcoldsweats01
 でも、そんな中でも昼の連ドラに夢中なヒルダ姉さんが素敵(笑)。

 SKET DANCE 「ピクシーガーデン」
 美森ちゃんV.S.浪漫ちゃんの、恋愛シュミレーションゲーム対決。告白の仕方で勝負sign01
 美森ちゃんは、おしとやかにラブレター攻撃…。みんな青春オーラにドキドキしちゃいましたが
「ま、まぁ、あの中身…」「大体想像つくね」
 会長と道流くんの予想通り…小切手だったーーーーーーーーーーーーcoldsweats01sign03道流くんに「みもりん、気持ちだよ気持ちcoldsweats02sign01」って言われて、はっとした美森ちゃん。
「分かりましたわhappy01
 5000円付け足したーーーーーーーーーーーーーーーcoldsweats01sign03さすがです、お嬢様。
 浪漫ちゃんは、すっごいストーリー構想力で、会場全員その妄想に引きずり込んで、いつの間にかエドワードとステファニーの世界に取り込んでしまいましたが、ぶっちゃけ田所さんの好みで美森ちゃんの勝ち。って、あの乙女ワールドは一体何のためにcoldsweats01
 最終決戦の大将戦は、会長V.S.ボッスン。
 会長は、今まで見たことのないような黒オーラを出してボッスンを挑発。負けた方が、今の役割…スケット団や生徒会長を辞める、と賭けを打ち出しました。
「俺は性格が悪いんだよ」
 …そだっけ?
 それにしても、会長頭いいんですねぇ…。IQ200っていうのは嘘だったみたいですが、本当は160くれーだったかな、って、十分天才ですcoldsweats01集中してるボッスンもすっごく頭よくなると思うけど、会長の場合はそれをしなくても把握できてる上、ボッスンがそれを使ってカードを全部暗記するのをやってのけることまでお見通しだったんですよね。集中させないように妨害をするにも、ボッスンの心理を揺さぶるような発言をセレクト。
 生徒会執行部の中でも、会長はすごく別格扱いのような気がしますが、唯一「安形」と呼ぶ道流くん。道流くんだけは同学年ってことですかね?
(楽しいかい、安形。今までお前に真正面からぶつかってきた奴なんていないもんな。だってお前は、あまりにも…)
 あまりにも???
 ボッスンの集中モードがついに発動。これもすごい。全部のカードを把握して、出てくるカードを予測して、最後の一発大逆転、会長が持ってるはずのピクシーカードを言い当てたsign01はずだったのに。
「残念」
 ボッスンの予測はハズレ。全てお見通しだった会長が、絶対に疑われない初めのカードにピクシーカードを出してしまっていて…
「あがりだ」
 結果はボッスンの負け。もう一回、会長は自分の性格が悪いんだって、かっかっかって笑いながら言ってましたけど、悪いっていうか…頭が切れるんですね、すごくすごく。それを駆使して勝負することを、性格が悪い、とはいわないと思いますけど。そして、…なんでもお見通しに…紫月はすごく弱いのですけどcoldsweats01かっこいいじゃないか会長happy02sign03
 でも、一番この人が素敵なところは、真剣勝負させるためにボッスンに賭けを持ちかけたわけですが、矢場沢さんに「3」の口くれるし、お別れ会してたボッスンに
「別にもういいぜ。…つかやめんなよ。生徒会の命令だ」
って、さり気なく言っちゃうところだと思いました。この人は、自分の能力思いっきり試せたのが楽しかったから、それでいいやって感じなんですね、きっと(笑)。ボッスン、めっちゃ普通に見えるけど、会長と張り合えるくらいの能力も秘めてるみたいです。会長嬉しそうでした。嬉しそうっていうか、楽しそうっていうか、すげー楽しかったって言ってる会長がかっこよかったです。

 銀魂 「お控えなすって!」
 今回の銀魂も超かっこよかった、超やばかった、すっごい泣けたcryingsign03
 銀さんかっこいいよ、次郎長さんかっこいいよ、お登勢さんかっこいいよ、辰五郎さんかっこいいよ、若頭かっこいいよ、そして平子ちゃんかわいいよcrying
 みんな歌舞伎町が好きなだけ。そう諭して、喧嘩して力尽きてたみんなを一気に奮い立たせてしまうお登勢さん、やっぱりすごいです。誰よりもみんなの心を把握してて、誰よりも真実が見えてて、それを鼓舞できてしまう一言を言える。それが歌舞伎町四天王のお登勢さんなんですね。
 西郷さんの息子を助けるために、華陀さんのところへ忍び込んでたキャサリンさん。かっこつけ方がどうやら間違ってたみたいで、せっかく楽園の扉(?)開けたのに、息子さんに無言で閉められました(笑)。そんなキャサリンさんを襲ってきた敵がいて、すごい音がするから、輝彦くん、恐る恐るもう一度ドアを開けたら、3人に増えてた「歌舞伎キャッツ」(笑)。力一杯Cat's eyeがB.G.Mで超懐かしかったです(笑)。そして扉は再び閉じられました(笑)。
 こちらも重症加減はお登勢さんに引けを取らないのに、若頭強ぇーhappy02sweat01sign01おじきの、そのお嬢のためなら屑みたいな命、いつでも捨てられる。だけど、おじきが命かけて大事にしてきた歌舞伎町は絶対に捨てられない。その仁義の通し方がめっちゃかっこいいです若頭。わりかし、犬バカだったりダサギリジョーだったり、今まであまり見どころのなかった若頭ですが、今回は本当にかっこよかったです。
 輝彦くんが救出されたことで、西郷さんも思う存分力が発揮できるようになりました。そうなると、華陀さんの手下なんて目じゃない。一気に吹っ飛ばして、力強さを取り戻してくれましたsign01うぉおお頼もしいsign01
 そして、タッグを組んだ銀さんと次郎長さん。こういうときの銀魂の、おびただしい出血描写、全く手加減なしなのがほんとかっこいいですアニメスタッフhappy02goodsign03リボーンもBLEACHも、こういうとこ、遠慮がちだったから…。夜兎族に引けを取らないはずの華陀さんの手下達、銀さんと次郎長さんも、かなりの傷を負いながら、それでも荒々しくも華麗な立ち回りで、次から次へとなぎ倒していく。膝をついても倒れても、辰五郎さんとの約束は違えない、その強い思いがかっこいいのです、二人とも。二人で全員やっつけてしまいました。
 初めて辰五郎さんの顔が出てきましたね。辰五郎さん、イケメンhappy01heart04(←空気読め。)
 辰五郎さんのことが、そしてお登勢さんのことがきっと大好きだった次郎長さん。そして、辰五郎さんが守ろうとしたものを守るために、侠(おとこ)を捨て、人であることを捨て、生きてきたわけですね。そんな次郎長さんと、同じように約束を違えたくない、歌舞伎町を大切にしたい銀さんの一騎打ち。大事なものを守るために、大事なものを全部拾い上げてきた銀さん。今度は、次郎長さんも…拾い上げるために、打ち砕いたのは刀。そして、辰五郎さんの煙管をもう持たなくていい、という代わりに、
「禁煙しろ、ジジイ」
って、捨て台詞。ぅうううううううううううおおおおおおおおおおおおおおお銀さんカッケーーーーーーーーーーーーーーーーーかっこいいよぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおhappy02heart04heart04heart04sign03sign03sign03
 最後に、華陀さんを食い止めようとして、相討ちになろうとした平子さんを助けたのは、万事屋の3人。自分のした非道なことは十分理解していて、次郎長さんが歌舞伎町に囚われた鎖から解かれたと悟って、次郎長さんを救ってくれた銀さんに感謝して、涙を零した平子さんに、相変わらずの捨て台詞。
「怪我が治ったらそこに来い。そこで落とし前付けてやる」
 紙切れに書かれていたのは、紅花畑。そして、そこで待っていたのは、銀さんではなくて…次郎長さん。「お控えなすって」から始まる、次郎長さんの江戸っ子口調がかっこよくてたまりませんでした。
「椿平子が父、次郎長と申すもんでござんす」
 娘相手に、照れもせず堂々とそう言える次郎長さんがかっこいい。そして、平子ちゃんもウルウル涙零しながら「次郎長が娘、椿平子と申します」って名のって…。最後は全部フェードアウトで、真っ白な画面で、次郎長さんの一言
「ただいま」
で、一気に紫月の涙腺崩壊crying
EDテーマもすごくかっこよかったです。7月に入るから、もうこれも最後なのかな。それを狙って、6月一杯で終わるように仕組んだのか、アニメスタッフさん。最高だわ。

 青の祓魔師 #11 「深海の悪魔」
 わりと軽いノリの、アニメオリジナルエピソードだったと思いました。
 どうやら手伝いに借り出されたらしい燐と志摩くんと出雲ちゃん。出雲ちゃんは実際かわいいとこあると思いますが、それを素直に見せないところが出雲ちゃんらしさでもあるような気がしなくもないです。
 海で出会った男の子と、イカのでかい悪魔・クラーケンのお話でしたが、結局その悪魔は無害だったし、お父さんも無事に帰ってきたし、まぁめでたしめでたし。
 なんか、イカしか取れないってことでイカ焼きちっとも売れなかったみたいですけど、燐が焼いたイカ焼きは、絶対においしいと思うので、自分なら欲しいです(笑)。クロちゃんがそれ欲しがってるのもかわいかったhappy01heart04note
 今後の展開考えると、燐と志摩くんのコンビは悪くないな、と思いました。

 今回は、SKET DANCEと銀魂に力入れすぎたので、あとがちょっと手抜きっぽくなってます、スミマセンcoldsweats01

 追。

 あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。 最終回
 泣いたcrying
 めんまがみんなに手紙を残してて、そのたどたどしくて優しい文章を見た辺りから、涙が止まらなかったです。
 一応全部通して見てましたけど、最後にこんなに泣かされるとは思いませんでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »