« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

10月諸々感想⑤

 あれ、10月ってもしかして、もう終了cryingsign02
 さて、この週末は、土曜日がまるっと一日出勤で、その一日がそれなりに大きな、職場を挙げての発表だったりしたもので、その夜は打ち上げと、結構昨日は帰ってきたのも遅く、またも今回、感想が遅れております~(笑)。(←もう最近むしろ恒例。)
 
ちなみに先週は、それなりに、その発表に向けてとても忙しかったんですよね。この発表、3部に分かれてたんですけど、1部は自分の担当してる所が主で進めることになってて、主任は今年異動してきた方で、全然流れが分からないってことで、結果全部自分がやることになり、90%紫月が進めましたとも(笑)。(でも、主任はいい人なので、分からないながらに、必ず傍についててサポートしてくださいました。)もちろん、第2部はそれぞれの担当の発表なので、こちらも同時進行だったし、普段の仕事プラスでやっていかなきゃいけなかった上、残業では論文も進めて、脳みそ&肉体労働でたいそう疲れたらしく、今日も一日、ビデオを見ては居眠りという堕落した生活をしていたわけです。なんていうか、エネルギー仕事で全部使い切っちゃうと、こうやってぐてーっと充電しないと動く気力が出てこない今日この頃…。ダメですねぇcoldsweats01。明日は代休なので、ちゃんとお掃除しよ~っと(笑)。

 てなわけで、まだ見てない分もありますが、いつも感想を書く分のビデオは見たので、そろそろ感想に入りたいと思いますcoldsweats01

 相棒ten 第2話 「逃げ水」
 今回もまた、何とも救われないというか…そんなお話だったと思うんですけど。
 でも、前回と同じように、救われない人がいる陰に、別の意味で救われない人がいるからこそ、そういう悲しいでは言い表すことのできないような思いに打ちひしがれて生きていかなきゃいけない人が出てくる、っていうことなのかなという気がしました。そもそも、目が合っただけで、相手が睨んできたと思う時点で思考回路が狂ってると思うのです、紫月は、人として。で、更に相手を殴って、逃げたから引き止めようとして石(レンガ?)を投げて相手の頭に当てて殺しちゃうような程度の人間が、普通にその辺歩いてると思ったら、その方がおぞましいです。それなのに、そんな人の罪を軽くするためだけに知恵を授ける弁護士がいるんだなーとか、せっかく大金使って裁判で賠償金を勝ち取っても払われないことがあるんだとか…これ、現実にもある話なんだよなーとか思ったら、なんかすごい無力感と理不尽な気持ちに襲われました。
 今回、瀬田さんという正義感の強い弁護士さんもいて、被害者遺族が救われてたとは思うんですけど、だからといってあの夫婦は、息子を殺されて、賠償金も支払われず、償いもしてもらえずで気の毒だと思ったし、お姉さんがあのどうしようもない弟を殺してしまった気持ちは分からなくもなかったし、そのお姉さんが右京さんに、犯罪者の家族がどんな思いをするか分かっているはずなのにそんなことをするなんて残念、って言われたときに、あぁ、そうだよなぁって納得したし、色々複雑でした。

 べるぜバブ 「兄は泣き虫でした」
 遊園地に行ったベル坊のお兄ちゃん、焔王。けど、焔王がまたほんとえらそーなくせにヘタレちゃんで(笑)。相変わらずベル坊に泣かされるレベル。でも、今回見てて何が一番楽しかったかって、普通に男鹿くんが葵ちゃんとデートみたくなって、いい雰囲気になってたところだったりしました(笑)。男鹿くんは全くその気はないんだろうけど、葵ちゃんはこういうさりげないのが楽しいだろうな~とか思ったりして。
 男鹿くんはお馬鹿だし喧嘩もよくするし、喧嘩を楽しんじゃったりもするけど、別にそんなに不良っぽい思考回路はしてないよなーと思う今日この頃。なのに、石矢魔№1の不良なんですね、肩書きは。
 ちなみに、お化け屋敷でお化けのバイトをしていた東条さんですが、こんなマッチョなお化けがいるかcoldsweats01sign01っていうツッコミに爆笑しました(笑)。

 SKET DANCE 「ガチャガチャしたにょら」
 前半はガチャガチャのお話。紫月は生まれてこの方ガチャガチャをしたことがありません(笑)。いや、だって、何が当たるかわかんないのにお金を注ぎ込むのが躊躇われて…coldsweats01。(←ただのケチ。)初めはボッスンとスイッチのやり取りに「子どもかsign01」ってツッコミ入れてたヒメコちゃんまで思わず一緒になってガチャガチャに夢中になってしまってて、まぁそれやってる最中はすごく楽しいんだろうな、つまりそこでつぎ込んでるお金は、その楽しい気持ちを味わうための投資なんだなって思いました。
 それにしても、あのガチャのキャラクター、微妙なのが多すぎやしませんかcoldsweats01
 後半は声優として売り出すために、事務所の方針に従ってたら、何だかキャラが変わっちゃった百香ちゃんのお話。百香ちゃんは元々すごくかわいい子なので、かわいらしいかっこしててもかわいいしゃべり方しててもすごく似合うしかわいいし、ヒメコちゃんがツッコミながら「そら、かわいいけど」っていちいち付け加えるのが面白かったです(笑)。
 だけど、自分で好きな職業だったのに、それでも自分らしくあろうとして照子の部屋で声優を辞める宣言をした百香ちゃん。かっこいいな、って思ったんですけど、周りの人も、そんなかっこよくてかわいい女の子放っておかないよね、ってことで、今度はスケバン役のドラマ出演が決まりましたとさ(笑)。
 そういえば、昨日のバクマン。で、あずきちゃんがSKET DANCEに出てるっていうエピソードが出てきて、ほんの一場面だったのに、本当にボッスンもヒメコちゃんもスイッチも振蔵くんもテレビに登場してしゃべってて、ある意味豪華だなぁ、と思いました(笑)。

 銀魂 「葬式って初めて行くと意外とみんな明るくてビックリする」
 銀さんの金時丼とか、土方さんのマヨネーズとぐろまきの土方スペシャルを作ってくれてた定食屋の親父さんがなくなってしまったってことで、お葬式に出た万事屋のみんなと真撰組幹部達。ところが、葬式の最中に親父さんの幽霊が柩から起き上がって…
 またこういうのって、こういうの怖がってる人に限って見えちゃったりするんですかねぇcoldsweats01。見えちゃったのは、銀さんと土方さん。二人とも、お化けとか大嫌いですもんねcoldsweats01。そのせいで、必死に見えてることを正当化しようとしたり否定しようとしてみたりしてる二人の会話が、スゲー面白かったんですけど。オヤジのわけねーだろ、大体あれ半透明だし?→そうだよな、オヤジ半透明じゃなかったし?→っていうか、半透明の時点で人としておかしくね?みたいな、ものすごい非生産的な会話(笑)。
 で、また坊さんがどうでもいいお経読むし、神楽ちゃんはちゃんとお焼香できないし、沖田さんも近藤さんも余計なことばっかりして、なんかもう遺族の人のヅラとか散々で、ゴーストが怒りでどんどんマッチョ化していって、もうどうみたって親父じゃなくなってたんですけど(笑)。
 怖がって逃げようとしていた銀さんと土方さんも、それが怖くてもう逃げられないし、新八くん、神楽ちゃん、近藤さん、沖田さんの魂が魂質(たまじち)にとられて、もう必死でオヤジの怒りを解くしかなくて、色々と大暴走。最後にはなぜかすごい下ネタオチになるのは何でなんだ、銀魂(笑)。
 ところで、銀さんと土方さんが最後に食べたおそばって、魂質に取られてた4人の魂で打ったおそばじゃなかったんですか?4人は大丈夫だったんでしょうか…coldsweats01

 ところで、友人に借りてた青の祓魔師7巻も、やっと読めました。今までよく正体が分からなかった勝呂くんのお父さんの和尚様(おっさま)が、すごくかっこよかったです。さすが勝呂くんのお父さんだなぁ…。周りに何を言われても、自分の決意を曲げないためだけに生きてたんですよね。その決意は、自分の代で自分の命と引き替えに不浄王を倒して、次の代に…勝呂くんにそれを背負わせない、というもので。そして、その和尚様が何年も抱えてきた秘密で溜めてきた力を使ってしまったのを知って、お父さんから伽樓羅を継承した勝呂くんもすっごくかっこよかったし、なんだかんだで燐に対して腹を立ててたのは、やっぱり燐自身が自分を遠ざけようとしてる所が気に食わなかったみたいで、そんな勝呂くんが好きだわーーーーと思いました(笑)。
 さて、次の土日はまた友人と泊まりがけで出かける予定になっているので、できればその前に記事は仕上げておくつもりですが、今日みたいにできてなかったらごめんなさいっcoldsweats01sign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

10月諸々感想④

 今週は、相棒始まる~~~ってんで、水曜日には、何がなんでも八時には帰りたいんですーって、同僚で、今一緒の担当をしてるおじさんに訴えたら、その人も相棒はずっと前から見てるぞ~みたいな話になって、おぉっ、そうでしたかhappy01sign03って話が盛り上がったんですけど(←盛り上げてる場合じゃない。)、おかげで、他の日はえっらく遅くなり、なぜか1週間の1日だけをのぞいて、全部床で寝ていたのはなぜだろうcoldsweats01?(←全然関係ない。)水曜日だけ七時代後半には職場を出たんですけど、その後お風呂入って出てきたら、もう居間では父が相棒視聴中~coldsweats01。え~ん、最初から見たいのにぃbearingsweat01sign01ってことで、一生懸命速く夕飯を食べて、部屋に引きこもってビデオで見直し(笑)。
 というわけで、今回から相棒の感想を入れていきますhappy01。大したことはいつもながら書けませんが(笑)。

 相棒ten 第1話「贖罪」
 ところで、相棒のサブタイトルって、しっかり決まってるのに、テレビだけ見ててもほとんど分かんないですよね。再放送とかでは、ちゃんと新聞のテレビ欄にも書いてあったりするのに。
 今回のお話は、神戸くんの過去にまつわるお話でした。神戸くんは何となく右京さんに近いところがあって、それがどこか謎めいてる所だと思うんですけど、こういうお話見ると、神戸くんも普通の人と同じような感性持ってるよなーって思います。
 冤罪っていうテーマは、相棒でもたまに出てくるように思いますけど、冤罪に陥れてしまったら、しかもその、冤罪を被せてしまった人が死んでしまったら、もう、どうにも取り返しってつかないですよね。今回は、神戸くんが、その抗議のために、わざわざ刑期を終えて出てきてまで自殺した人の、その思いを汲み取っていく形になりました。
 初めは、その命懸けの遺書をも「なかったことにしてください。」っていうレベルで、恨まれる覚えなんてないって言ってた神戸くんでしたが、最後には自分は警察官だったのに、私情に走り、友達の女の子を殺した相手だと決め付けて、憎んで裁判で嘘の証言までしてしまった自分を、すごく後悔してました。この一件で神戸くんはまた一つ大きく成長したような気がしますが、初めから神戸くんが偽証したんだろうと思いつつ、特に責めもせず、今回の捜査に付き合ってくれた右京さんも、そして、最後まで「誰もが思うことだ」って言ってくれてた大河内さんも、優しいなって思いました。二人とも、神戸くんのこと、ずっと見守ってくれてるような感じでした。
 で、今回の真犯人と、冤罪を作ってしまったことを隠蔽したくてグルになってた4人が本当に手強くて、一事不再理を利用して真犯人が無罪を勝ち取ってしまったとき、ほんとにこれをどう覆すんだろうってハラハラしながら見てましたけど、
「僕が諦めると思いますか?」
って言った右京さんの強引さは、ハンパないなーと、改めて思いました。どんなに強引でも、見事に相手を追い詰めてしまうところがすごい。そして、何としても真実を公にするっていうこの人の信念を見た気がしました。
 それにしても、今回の真犯人とグルの4人がもうangrysign01まずは真犯人、浅はかな理由でいとも簡単に人を殺してのうのうと生きてるというのがもうannoysign01自分の就職の邪魔をしたに決まってるって、は?何言ってんの?っていうレベルじゃないかcoldsweats02sign01ただの思い込みもいいとこ。こんな奴のために、しっかり模範囚として刑期を終えてきた上で自殺した城戸さんは、正直気の毒だと思いました。確かにストーカーしてたわけだし、全く無害だったわけじゃないだろうけど…。あと、こんな真犯人に脅迫されて、自分達の罪をあくまで隠蔽しようとする元検事さんや裁判長さんたち、こんな人たちには法に関わってて欲しくないですー。
 最後は、民事裁判で、結果的に真犯人と4人のしてきたことを公にしてやる、という右京さん側が有利で、4人はそれを受けてたとうじゃないか、結果はどうなるか分からない、と半ばやけくそになってる冤罪を作った側の人たちが不利、というところで終わりでした。後はご想像にお任せ、という感じだったと思いますが、真実が歪められて、その犠牲になった人がそのままにならずに済んだのは、本人の命がけの抗議があったからなんでしょうねぇ。それも何か…理不尽だなーって思うんですけど、その辺は何でもかんでもご都合主義でいかない相棒らしさだったような気がします。
 ところで。
 ええええええ、たまきさんーーーーーーーーーーーーーcoldsweats02sign02いなくなっちゃうのーーーーbearingsweat01sign03花の里がなくなっちゃったよぉおおおおsign03個人的に、離婚してても全然仲が悪くない右京さんとたまきさんの、あのおっとりした上品な雰囲気、すごく好きだったんだけどなぁ…。(←今回の一番の衝撃。)

 べるぜバブ 「兄弟ゲンカ、始めました」
 えっと…ヒルダさんのライバルだから、ヨルダさん???(←そこはわりとどうでもいい。)
 さて、葵ちゃんにベル坊は一体何者なのかと問い詰められた男鹿くん。男鹿くん、別に最初から隠してないんですよねぇ(笑)。悪魔だって言ってあったのに、葵ちゃんが「悪魔のような」って意味だと勝手に思っただけで。で、まずは名前から?名前からなのか?って思って、フルネームが言えずに苦しむcoldsweats01。古市くんも言えずに、しまいにはベル坊がウルウルしてきちゃいました。うん、ダメな人たちですよね(笑)。
 そこへやってきたのは、緑の髪をした少年。
「久しぶりじゃのう、弟よ」
 それを聞いて男鹿くんびっくり。ヒルダさんの肩に思わずぽんっ。
「まさか…coldsweats02sign01お前、男だったのか。ずいぶんちっちゃい兄貴だなぁ」
「このくそたわけが」

 ナイフを指にさくっ。
 あぁ、本当に男鹿くんはおバカさんですね(笑)。
 さて、やってきたベル坊のお兄ちゃんですが、ものすごく古くさいオヤジギャグを言うわ、飲み物の趣味はお子様だわ、わがままだわ、自称ゲーマーの癖に古いゲームしか知らないし、ベル坊は雷を落とすけど、この人は焔王(?)ってことで、かんしゃく起こすと辺りを業火に包んじゃうという厄介なお人。
 この人が来たのは、また大魔王がテキトーに人間界滅ぼしちゃえーって言ったからなんですけど、あの大魔王にしてこのお兄ちゃんcoldsweats01。虫に泣かされるベル坊に、軽く泣かされる残念なお兄ちゃんですcatfacesweat02。何て言うか、この魔王一族、ほんとダメダメですぅcoldsweats01sweat01

 SKET DANCE 「過ちのエンジェル再臨」
 相変わらずダンテ君はめんどくさいですねぇ(笑)。会話するためにいちいちまず単語の解読をしないといけないっていう…coldsweats01。それにしても、すりかえられたシャーペン、いろんな思いが交錯していて、上手いこと色々入れ違ってるっていうか、たどり着いた結果が大変残念でcoldsweats01
 ・ダンテ君は「翼の生えた剣」(シャーペン)の中に、好きな泉沢さんの名前を入れておまじないしていた。
 ・ちなみにこのおまじないは3ヶ月間の間に紙を見られたら叶わなくなる。
 ・泉沢さんは好きな相手の持ち物を持っているおまじないをしたくて、こっそりシャーペンをすりかえていた。
 ・ダンテ君の隣の席の村上君も、同じシャーペンを持ってて、泉沢さんは間違えてダンテ君のとすりかえた。
 ダンテ君の好きな子がダンテ君のこと好きでいてくれるのかと思いきや、ただ間違えただけで、しかも泉沢さんがシャーペンの紙を開いてしまったから、ダンテ君の恋も叶わないっていうジンクスどおりの結末を迎えてしまったという、結構入り組んだ結末だったと思います(笑)。
 後半のお話。キャプテンがこんなに食べられる子だなんて知らなかったけど、ボッスンが失敗したラーメンの大食いに挑戦して、苦手な煮玉子に立ち向かったわけですが…。ボッスンは食べ切れなくて恥ずかしい思いをしたけど、最後キャプテンも、結局恥ずかしかったっていう結末でした。でも、紫月は実はよくわかんなかったんです。キャプテンが何で恥ずかしかったのか。あの、煮玉子に挑戦した経緯だったのか、軽くあの大盛りラーメンを食べることができてしまったからなのか、実は煮玉子を食べた後リバースしていたのか…。記念写真の様子では、キャプテンが一人器の前で落ち込んでて、スケット団が目を逸らしながらガッツポーズしてる感じだったんですけど…それでいくと、リバースが正解なのかな???

 銀魂 「ここのタイトルもメールのタイトルみたいなトコも考えるのメンド臭え」
 今回も、下ネタ盛りながらちょっといい話~でしたね(笑)。
 定春の○○の中から丁度出てきた携帯三つ。メール機能だけ回復してもらって、神楽ちゃんが嬉そーに使ってたわけですけど。神楽ちゃんもいっぱしの女の子みたいで、何かかわいいなーって思ってたんですけど。そのメールの中に、なんかおかしな他人からのメールが混じってきましたよ、銀さんが使いこなせてないっていうか、そのせいでまたメールがおかしなことになってるよっcoldsweats01sign03もうパチンコって打っちゃダメcoldsweats01sign03
 神楽ちゃんがゲットした新しいメル友、どうやら携帯の元の持ち主だったみたいです。シザーハンズの彼みたいに、手の指そのものが刃物になっちゃってる床屋のおじいさんでしたが、この人がまた、悪い人かと思いきや銀さんのおかしなメールにおかしな方向に反応しちゃってるし、誰か助けて感想書けない(笑)。
 結局その人、亡くなっちゃったおばあさんに、今自分が元気にしてるっていうのを伝えたくて、ずっとメールを打ち続けてたんですね。神楽ちゃんは、一杯メール打ったけど、メール返してもらってない、だから携帯返したくないって言ってたけど、だからこそ、このおじいちゃんにおばあさんからの振りして、メール返すことで、気持ちにケリを付けられるようにしてあげたのかなって思いました。神楽ちゃん、優しいですよね。
 結局携帯は全部返しちゃった万事屋の三人ですけど、おそろいのストラップだけは捨てずに、ちゃんとつながってるっていう思いが残りました。よかったね、神楽ちゃんhappy01sign01

 さて、10月も半ば、仕事では、やベー論文提出まであと1ヶ月切ってるよーっていうのに、毎日の仕事が一杯一杯過ぎて、なかなか論文に手がつきません。ていうか、論文書けっていうなら書いてもいいけど、書くだけの時間を確保してください。あれもやれ、コレもやれ、あれもやらなきゃこれもやらなきゃ、じゃあ、こっちも手一杯だってー話ですよ。あぁ、もう少し休みくださいー。(←まだ20日ほど前に買った漫画が読めない人。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

10月諸々感想③

 日曜日更新になってるのは、たまたまです、それなりに事情はあるわけです、サボってるわけじゃないんです~coldsweats01sign01って、なんか最近そんな言い訳から始まるのが続いてるような…。ダメですねぇ、頑張りますcatfacesweat02
 昨日は友人が遊びに来てくれていたので、朝から部屋の大掃除をしてたんですけど、急いで階段を下りるあまり、最近変えたばかりの冬用のスリッパに慣れてなくて、滑り落ちました(笑)。転んだ直後は打ち身的な痛みはあったものの、特にこれといってひどく痛むところはなかったので、まぁ上手く転んだこと、と我ながら感心してたんですけど、一日時間が経過するごとに、足首が痛くなってきて、あれ、やっぱ痛めてる???って感じで、やっぱり紫月はドジだった模様です。知ってたけどね(笑)happy01sign03現在、足首湿布で冷やしつつ包帯で固定中です。もうお医者さんなんて行きません、慣れてますから(笑)。(←お医者さん行っても同じ処置しかしてくれないもの。)

 ではでは、いつもの感想です~happy01note

 べるぜバブ 「その男、先生でした」
 早乙女禅十郎…新キャラ登場です。なかなか粋なおっさんです。東条さんが憧れて、それを真似てタトゥーを入れたという、その「本物」。もちろん、本物のゼブルスペルを持ってる、ようなんですけど、つまりそれって、男鹿くんがベル坊と契約してるみたいな感じで、魔界の王族の誰かと契約してるってことなんでしょうか。
 で、東条さんはなんと六騎聖の静さんとお知り合いのようでcoldsweats02sign01「静」「虎」って呼び合うような、結構親しい間柄みたいです。更にいえば、出馬くんも。東条さんは別に格闘技してる感じはなかったけど、この3人は「禅さん」こと禅十郎さんの、弟子だったのか生徒だったのか、何かしら以前に関わりを持ってるっぽくて、出馬くんと東条さんの間にも、何かしら因縁みたいなものがある。おぉお、なんか面白そうなことになってきたなーhappy02sign01そして、静さんは明らかに禅十郎さんが帰ってきて嬉しそうな様子でした。
 男鹿くんは男鹿くんで、出馬さんが「悪魔の力」のことを知ってたことで、出馬さんに話を聞こうとしてるし、葵ちゃんは葵ちゃんで男鹿くんのことが色々と気になってるんだけど、周りに茶化されてなかなか上手くいきません(笑)。禅十郎さん一人が出てきたことで、何やら複雑に新しいことが分かってきそうですねぇ。
 で、そんな禅十郎さんは、出馬さんと東条さんと男鹿くんが喧嘩を始めようとしたところ、職員室の窓からいきなり屋上までジャンプしてくるわ、3人まとめて一撃でぶっ飛ばしちゃうわ、石矢魔クラスの担任になってるわ、更に男鹿くんが体育館で霧矢くんをぶっ飛ばした時に開いてた異次元の穴に気付いてそれを埋めようとしてるわ、ヒルダさんの動きすら容易く封じてしまうわ、あらゆる意味で未知の人です。そして、口癖は「くそったれ」coldsweats01本当に、先生でよかったんでしょうか、この人coldsweats01

 SKET DANCE 「榛葉道流のエレガントクッキング」
 前回あまり書けなかったOP。スピード感があって、色んなことがぎゅっと詰め込まれてるOPですね。それこそ、ギャグ要素も感動要素も、人間関係も分かりそうな感じです。そういえば、GACKTさんって、最近自分で作った曲じゃないものも結構歌ってる気がするけど…この曲もそうみたいですねー。
 さて、内容ですが。
 道流くんはとっても常識人だと思いました、例えテレビ出演しながら、薔薇を口にくわえていようとも(笑)。だって、会長もデイジーちゃんも、それ以上に行動が突飛なんですもの(笑)。突飛っていうか、会長意外とめんどくさい状態になってるし、デイジーちゃんは機嫌が悪いしcoldsweats01。最初から、会長とデイジーちゃんが出たりしたら、何されるか分からないから、と、椿くんとミモリンにお願いした道流くんでしたが、そこ、ちょっと配慮が足りなかったみたいですねcoldsweats01。会長的にもめんどくさいってなるのは承知だったみたいですけど、それでも最初は誘って欲しかった…らしく…逆に意地になっちゃって、くじ引きをするハメに。しかも、当たったら当たったで、やっぱり本番めんどくさくなってるーーーcoldsweats01sign01デイジーちゃんはたまたま本番に大事なぬいぐるみが壊れてハートブレイク。
 その二人があんまりめんどくさい状態になってるもんだから、道流くんもやや投げやりになっちゃいました。むっつり黙ってハンバーグのタネをこねてるのを見て、会長、ちょっぴり思うところがあったのか、その手つきのよさを褒めてくれました。が。
 それもつかの間。今度は「キャッチボールの要領で」にしたがって、タネでマジキャッチボールcoldsweats01sign02(←爆笑)
「高校球児かsign03いい感じのバッテリーかsign03
 
ダメだよ会長、デイジーちゃんcoldsweats01sign01食べ物粗末にしちゃsweat01sign03
 挙句に、材料が余ってるからと、勝手にアサリの酒蒸しを作り始めた会長。アルコールに極端に弱かった道流くんはへべれけになっちゃって、ハンバーグどころか、酒乱の道流くんがデイジーちゃんナンパし始め、デイジーちゃんに目を突かれ、会長が止めに入りと番組はとんでもないカオス状態に。
はい、とってもおいしそうなハンバーグでしたね。それではこの辺で、ごきげんようgawk
 いや、ハンバーグできてないよね、もうcoldsweats01しかも、八木ちゃん地味に怒ってる、次回が優しい爆弾作り講座になってるcoldsweats01sign03
 今回活躍があまりなかったスケット団でしたが、最後まで地味な活躍で、ボッスンがちょっぴり気の毒でしたcoldsweats01
 さて、ED。こちらも前回から新しくなってますが、今回はSKET DANCEの女の子にクローズアップ。白の水着の女の子達とチョコレートが、曲の歌詞をイメージしてる感じでまとまってますね。みんなポーズも表情もかわいいし、華奢だけど何気にミモリンとかナイスバディーだったりするんですけど、矢場沢さんがギャグ要員になってる気がするのは自分だけですかcoldsweats01椿くんとかがこれ見てたら、また真っ赤になってそうだなって思いました(笑)。

 銀魂 「渡る世間は愛ばかり」
 こちらも前回からOPとEDが変わってます。今回のOPはネオンの歌舞伎町が思ったより現代っぽいなっていう雰囲気でしたが、こちらも女性陣がピックアップされていたような。銀さんは普段があれだから、あまりモテるって感じしないけど、さっちゃんさんはともかく、お妙さんとか月詠さんとか、銀さんのこと憎からず思ってる人がいそうですー。
 さて、ももさんは新八くんの爽やかな(?)初心さがウケて、新八くんが決勝進出。さやかちゃんはドSな沖田さんに、全員調教されてたーcoldsweats01sign02というわけで、沖田さんが決勝進出。で、○○子ちゃんを使っていた東城さんとさっちゃんさんと銀さん。東城さんはなぜかバトルゲーム風に、さっちゃんさんはドラクエゲーム風に。銀さんは戸惑ってる間に、新八くんのももさんが割り込んできてフラグが、沖田さんのさやかちゃんの何かが立って、一気に○○子ちゃんをハブるムードに。そこで○○子ちゃんを守ろうとしてくれた銀さんのおかげで、○○子ちゃんがなんとかわいい素顔に変身。背負ってた幽霊なのか○体なのかわかんなかった息子までしゃべり始めて、なんか、一気にいいムードに。と、思ったら、なんか店長の落ちものゲームになったcoldsweats01。それに圧倒的に勝利した銀さんでしたが、これで新八くんを現実に引き戻すことができた…のかなーcoldsweats01何か、スゲー真っ当なこと言ってましたけど、行動が伴ってねーcoldsweats01sign03こういう下ネタ具合はいつも近藤さんとかの役回りなんですが、今回は銀さんがやらかしてくれました。何ていうか、主人公をここまで貶められる銀魂さすがってことでcoldsweats01
 新EDは、みんなのスーツ姿がかっこいいhappy02heart04sign03男性陣はもちろん、女性陣もみんなスーツでかっこいいです~~~happy01note

 秋の新番組が続々と始まってて、そこそこ録ったり見たりしてるんですけど、全然時間が足りてません。ていうか、リボーンの新刊と一緒に買ってきた漫画が、まだ2冊読めずにいますけどーcryingsign03おお振り新刊読みたいよー。でも、まだ一杯できてないことあるし、ビデオも溜まってるんだなこれが…。もう一日休み欲しいよーcoldsweats01sign01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

家庭教師ヒットマンREBORN!36巻感想

 おぉ、七色虹色happy01sign01虹の呪い編がもうスタートするとは、のびっくりな36巻でしたぁsign01
 個人的には、この巻で継承式編が終わるのかな?っていうくらいの認識でしたが、結構早くに終わっちゃったんですね、継承式編。そして、普通に大人リボーンの両目お披露目happy02heart04sign03でしたねnoteあれ、今まで原作ではなかったですよね?(←軽く記憶喪失。)

 ではでは、早速行ってみましょう、36巻の感想スタートですっhappy01goodsign03

 <家庭教師ヒットマンREBORN!36巻「虹の呪い来る!」>

 まずは恒例、表紙からwinksign01
 アルコバレーノかわい~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っhappy02heart04heart04heart04sign03(←小さいもの好き。)みんなかわいいですけど、個人的にルーチェはぎゅってしたいhappy02sign01かわゆいsign01かわゆいsign01頭のリスちゃんも超ちっちゃくて超かわいいhappy01heart04そして、やっぱりちっちゃくてもイケメン風味漂うコロネロ、いいですねhappy02goodheart04notenotenoteそして、自分は多分このアルコバレーノのメンツの中で一番お気に入りなのは風さんなんだと思うんですけど、風さんのかわゆい凛々しさといったらlovelylovelylovelyheart04heart04heart04notenotenoteなんていうか、コロネロはイケメン風味なんですけど、風さんはアジアンテイストの魅力があると思うんですよねっhappy01note同じ目つきでも目の光がどことなく優しいというか。ついでにおサルさんもかわゆい~~~lovelynoteアルコバレーノたちは、もうちっちゃいというだけでもかわいらしいので、それが勢ぞろいしてると大変目の保養ですhappy01note

 背表紙は、前回の表紙を飾った炎真くん。相変わらずちょっと翳のある感じですけど、何かつらい目に色々と遭ったから、普通でいてくれたらそれでいいよ、って気がします。そして、カバー裏(ていうか、カバー下?)は猫ちゃんたち抱っこして困ったみたいな笑顔がかわいいです、炎真くんhappy01sign01こうして笑ってくれると尚嬉しいhappy01note炎真くんは動物に好かれますね。きっと、敵意ってものがないから、動物も安心できるんだろうな~って思います。
 そういえば、今までキャラクター紹介の欄で、山本と獄寺は特別枠でしたけど、それがなくなってました。キャラクターが増えたってことですかねぇ。

 <標的342「行方」>
 扉は、大空と大地のハイパーコンビ。ツナはいつ見てもハイパー、かっこいいんですけど、炎真くんは穏やかな表情で凛々しいから、どことなく不思議な頼りがいのある雰囲気があるような気がします。…簡潔に言うと、どことなく大人っぽい?炎真くんとツナのリングの形態変化って、グローブとリストとか、ちょっと似てますよね。あんまりごてごてしてない所が。
 炎真くんのブラックホールで分身したデイモンさんを全部集めた所を、ツナがXX BURNERで吹っ飛ばしたところから。島の一角が大爆発するくらいのすごい威力。で、9代目達はずっとそこに停泊して待っててくれてたわけですか…。直撃じゃなくても、その影響は凄まじかったようで。

 埋まってる(笑)。

 ムクロウIN骸さんが(笑)。この姿になってから、何かと微笑ましい骸さんですけど、リボーンに助け出されてる構図のかわいらしいことhappy01note
「大丈夫か、骸」
「余計なお世話です」
「おおそっか」ベキッimpact
「ぐぁ」
 なんて微笑ましいhappy01note(か?)更に、転がったままでリボーンに周りの状況聞いてるとか、よっぽどダメージでかいみたいですけど。炎真くんをかばった髑髏ちゃんも無事だったし、炎真くんも無事そうで…

 デイモンさんかよcoldsweats02sign01

 しぶといなーーー。ぼろっぼろの癖に、幻術で炎真くんに化けるわ、生命回帰(@ONE PIECE)なのか髪の毛まで動いちゃうわ、動くどころか武器になっちゃうわで、なんか化け物だとは思ってたけど切羽詰って進化してませんかこの人。全身の骨を砕かれてしまったツナ。もうその時点で、骨だけじゃなくて色んなものが壊れてそうな気がするんですけど…更に止めを刺そうとするデイモンさん。何でそんな元気なんだ、死にそうになってたくせにcoldsweats01。髑髏ちゃんに守られてたはずの炎真くんですら、動けない状態なのに。だけど、ツナの絶体絶命のピンチに、炎真くんの「ツナ君は友達なんだbearingsign03」っていう思いが改めて力をくれたみたいです。炎真くんのリングが…カブトムシに…coldsweats01(←なんか、ライダー系とか戦隊系に出てきそうな…)そして、自分の意志で意識のないツナの元へ…。

 <標的343「託された誓い」>
 なんとツナのボンゴレリングと炎真くんのシモンリングがひとつなぎの秘宝に(←違。)なって、これまた第7の鍵となっていたようです。しかしまぁなんていうか、もともとリングにはかなり色んな不思議な力が宿ってるっていうのはわかってたけど、どんどんすごくなっていくなぁ(笑)。
 さて、過去の記憶を見せてくれていた復讐者ですが、どうやらそれもジョットとコザァートさんの意志だったみたいです。絶対に子々孫々まで争うことはないって信じているけど、万が一そんなことになったら、ちゃんと二人の友情の様子を見せて欲しい、と。それで真の友情を取り戻せたら、ジョットとコザァートさんの意志が一つになった証として炎を灯す…ってことで、この炎は百年単位で眠っていた炎ってことなんですかね。こんな時代にまで影響及ぼせるなんて、二人の力はよっぽど強かったんですねぇ…あと、二人の意志。それから、時代を超えられるボンゴレの縦のつながりとか、このいつの時代から存在してんの???っていうバミューダさんたちがいるから、なのかなー。で、全身の骨を粉々に砕かれたツナが、いつの間にか立ってる。大地の炎の重力が引き合うことでより強度が上がって、むしろそれ前より強くなってるよねっていうレベルで効果を発揮。スゲーな大地の炎。そして、ツナが大空だからこそ、調和でそれを受け入れられる…なるほどねぇ、よく考えてあるなぁ。
「ジョットとコザァートの炎がオレを突き動かす。D・スペード、お前を倒せと」
「ふざけるなsign03死んだ人間がsign03
 せんせー、デイモンさんが何かふざけてまーすgawkpaper

 もう、デイモンさんに至っては、死んでるとか生きてるとか、言う資格ないと思うの紫月だけですかcoldsweats01
 ところが、怒りに任せて戦おうとした所、デイモンさんの予想を超えるツナのスピード。でも、それは重力によってデイモンさんが引き寄せられているからで…スゲーな大地の炎。引き寄せた所をX BURNERで狙い撃ち。さすがに黒焦げのデイモンさんですけど、また「人の体で」でかい舌がべローンて…とりあえず実体として生きてたっていうのはまあそれでいいとして、それが人であるとはもはや言って欲しくないレベルcoldsweats01

 <標的344「切り札」>
 ジョットとコザァートさんの炎で相当のダメージを与えたツナですが、本当に倒すのは自分と炎真くんの炎で。さすが主人公、そうこなくっちゃというところで、デイモンさんもとっておきを見せてくれるって言ってるんですけど、もうその姿が最強のとっておきだと思うcoldsweats01。(←誰もがドン引けます。)白蘭も最後はかなり痛々しい姿だったけど、このグロさには敵わないなぁ…。で、本物のとっておきは第8の炎で空間を創って逃げること…なんだそうです、えーマジですか、最終ボスにあるまじき展開coldsweats02sign02なるほどー、復讐者たち、いつも突然現れるけど、この第8の炎で空間創ってきてたんですね。で、どうやらこの炎に関しては、かなり復讐者が管理を厳しくしているものだそうです。へぇ…なんか、また新しいものが出てきた。
 でも、今のツナがそんなの簡単に許すわけがない。重力でデイモンさんを押し潰すsign03うん、やっぱり重力って色々と便利だなぁ。更に大空の炎で吹っ飛ばす…かと思いきや、やっぱり罪を償わせる方向へ。術士としての禁忌っていうか、もう何か色々存在として間違った方向に行ってるもんねぇ、デイモンさんは…。
 ところが、どうやらそれがデイモンさんのプライドに障ったらしく、やっぱり全力対決の方向に切り替えてきました。ツナは、これを狙ってたんでしょうか。ありったけの炎でぶつかり合って、ツナの拳がデイモンさんの頬にめりこ…
「ヌヒッ」
 やだもう気持ち悪ぃい
bearingsweat01sign03
 ここに至って、骸さんの肉体を囮に、精神だけ分離して、第8の炎で逃走を図るデイモンさん。せっこーcoldsweats01sign03
「人の体でsign03
 ムクロウIN骸さんのこのセリフも、もう何度目やら。そりゃぁ殴られ損ですよねぇ。ていうか、穴開くわ焼かれるわで既に散々の身体なんですけども。
 ところが、ここでデイモンさんを遮ったのは、なんと復讐者でした。リボーンにもあれだけ手出しするな、って言ってたバミューダさんですが、第8の炎は人の肉体を持たぬものは使っちゃいけないんですって。肉体という防御を失ったデイモンさん、逃げ場も失って、なす術なし。最後はツナのX BURNERでトドメ。もう、まともに姿も保てない様子のデイモンさんから転がり落ちたのは、Ⅰ世ファミリーの写真が入った金時計…。

 <標的345「永遠のエレナ」>
 Ⅰ世ファミリーと一緒に写っていたのは、デイモンさんの恋人だったエレナさん。そもそも、デイモンさんはエレナさんの紹介でボンゴレファミリーに入ったんですね。腐敗した貴族に嫌気が差して、貴族でありながら、優秀な人間が上に立つべきだと考えていたデイモンさんは正しいと思うし、そう思えるほど頭も切れる人だったんですよね。能力のない人だったら、その貴族の特権をみすみす失うような考えは持たないと思う。きっとそういう世界にいて、嫌気が差しながらも何も変えられずにいた自分が、ボンゴレに入ったことで腐敗したものを正していけたことが嬉しかっただろうし、エレナさんが喜んでくれたのも嬉しかったんでしょうね。
 ところが、強い力を持ちすぎることを嫌ったプリーモ。プリーモは決して間違ってなかったんだろうけど、強い力で押さえつけてきた分、反動があったのも確かなんでしょうねぇ…。デイモンさん達が襲撃されて、エレナさんが命を落とすことになってしまったのは、不幸だとしか言いようがないし、気の毒なんだけど…
「あなたは弱き者のため…ボンゴレとともに…」

「私が創ってみせるsign03名を聞いただけで震え上がるほどのボンゴレをsign03
 間違ってるぅうううううううううううううううbearingsweat01sign03
 おかしい、途中までは大しておかしくなかったんだ。強くなければ、弱き者どころか愛する女性一人守れない、この出来事でデイモンさんがそう考えたのはそう不自然でもないよ。でも、エレナ、見ていておくれ…の辺りからおかしいぞsign02エレナさんは、たぶん弱い人の味方であってくれる「正しいボンゴレ」を望んだんだけど…なんていうか、むしろデイモンさんが血迷っちゃったわけですね。
 で、どっちかっていうと「弱い者」の立場が分かるツナ。エレナさんが本当に望んだものを、ちゃんとデイモンさんの話を聞いただけで感じ取れたようです。考えを否定するツナの言葉に、息も絶え絶えになりながら、エレナの気持ちがわかるというのかsign03と激昂するデイモンさん。そんなデイモンさんに、ツナがかけた言葉は
「わかるよ」
 超直感で、エレナさんが忘れずにいてくれたことを感謝していると感じる。と。
 それを聞いたデイモンさんは、涙を零して、エレナさんへの気持ちを吐露していましたが、何ていうか、デイモンさんはⅠ世の方向転換を改めさせられなかった自分に責任があるって考えて、自分を許せなかったんですね。だから、何が何でもボンゴレを強く…って、眠ることすら忘れて無茶して生き続けて来たんですねぇ…。何か方向間違ってたとは思うけど、つらかったんですね、デイモンさん。ずっとそうやって生きてりゃ疲れもしますよ。ツナの言葉が、超直感じゃなくてお芝居だって分かってはいても、きっとその言葉が欲しかった。許されたかった。そんなデイモンさんの気持ちを見抜いて、そんな風に言ってあげられたんだとしたら、ツナが大したもんです。ツナ、すごいよ。
 デイモンさんが消えたおかげで、隔離されてた山本・雲雀さん・獄寺も戻ってきたし、復讐者の牢獄に連れ去られたみんなも解放されて、ほっと一息。薫くんは泣きながら後悔してるし、山本も相変わらずの懐の深さで許してくれて、らうじくんもランボさんのことやっぱり憎んでなかったんだなって分かったし、紅葉くんはお兄ちゃんに肩貸してくれてたし、ていうかむしろ仲良しさんだよねこの二人は(笑)。骸さんの身体はボロボロになってるけど、無事に本来の身体に戻ることができて、何気にどさくさ紛れに牢獄からも出られちゃってんじゃん、みたいな?
 そこへ現れた復讐者達。バミューダさん、まだ何か伝えたいことがあるようですが…。

 <標的346「そして笑顔…」>
 扉が平和でいいですねぇhappy01note薫くんと山本、ツナと炎真くん、お兄ちゃんと紅葉くん、ジュリー君とアーデルさん、らうじくんも笑顔で、しとぴっちゃんがちっちゃい子一杯抱えて嬉しそうhappy01notes獄寺はきっとそんなしとぴっちゃん見て興奮してるに違いない。
 さて、シモンとのあれやこれやが終わったみたいだけど、シモンのみんなは並盛にずっといてくれるって事でいいんでしょうか。相変わらず炎真くんとツナはダメダメだし、しとぴっちゃんは牢獄に入れられる前に「もっと獄寺くんのことを知りたかった」って言ったとおりに、逆に獄寺のこと追っかけまわしてるし、雲雀さんは骸さんと対決しに行っちゃうし、アーデルさんはキリキリと粛清活動に励んでるし、殺意を持ってど突き合ったお兄ちゃんと紅葉くん、ナンパしたジュリー君は捕まって吊るされてるし(笑)。アーデルさんから逃げたダメダメコンビは、野球コンビの暴投した球に器用に当たってるし。暴投したのは薫くんですが、また薫くんを山本は野球部に引っ張り込んだんですね(笑)。あんなことして、シャイな薫くんがそのまま野球部に戻れるとは思えないけど、山本だったらきっとけろっとして戻しちゃいますもん。あと、山本のユニフォーム姿はいつ見ても嬉しいなぁhappy01heart04note(←自分が。)
 了平兄さんの、京子ちゃんへの言い訳はいつも常軌を逸してますが、今回は流れ星に当たったんかcoldsweats01もうそれ、隕石だよね。そして、かわいらしく信じてる京子ちゃん。さすが、笹川家(笑)。
 何だかんだで、屋上から逆さづりにされたツナと炎真くんですが、笑顔がいいねッhappy02goodsign01
 ジョットとコザァートさんが選んだ道は、切なさや悲しさが伴っていたと思うけれど、二人の間には絶対的な友情とか信頼とか、そういうものがあって、きっと笑い合える未来があると信じることができていたから、決して絶望的ではなかったんでしょうね。そして、その思いは今、ツナと炎真くんに継承され、実現された。それが、この継承式編の最後だったわけですが、今までバトル路線に変更して、黒曜編が終わった時も、ヴァリアー編が終わった時も、未来編が終わった時も、それなりに失ったものっていろいろあった中で、今回はあまり失うものってなかったような。最後に色々得るものも多かったし、怪我は一杯したし、山本も酷い目に遭ったけど、よかったねって円満に終われたお話だったなぁ…と思いました。
 で、描き下ろし。あららら、雲雀さん、骸さんいなかったんですか、残念coldsweats01
 
<読者のアジト&脅威のシモン>
 やっとシモンのみんなのコメントがつくようになりましたねhappy01noteなんか、シモンのみんなとボンゴレのみんなで仲良しさんで、読んでるだけで楽しいです~notesそして、骸さんがナッポーであったように、デイモンさんの骸さん乗っ取ったVer.は、公式でナスなんですね(笑)。

 <標的347「マーモンと新戦力」>
 おぉ?ヴァリアー?なんか、10年後じゃないヴァリアーって久しぶりーな感じがするなぁ。
 マーモンに届いた、リボーンからの手紙。アルコバレーノのおしゃぶりの光を当てて初めて読める暗号で記してあるようだけど…マーモンがずっと追い求めてきた、アルコバレーノの呪いについてのヒントが…
 ベルが急に部屋に入ってきて読めませんでしたーcoldsweats01
 なんと、緊急会議の内容は、新しい幹部候補生とするために、未来の記憶にいたフランを獲得するということ。フラン、未来ではあまりその力の片鱗を見せることはなかったんですけど、評価高いですねぇ。ていうか、高い評価をしてるのはスクアーロだけかなcoldsweats01?直接悪口聞いてなかったから(笑)。あと、XANXUS様もかもだけど。あとのみんなはむしろ、うげ、あいつかよ的な反応でしたしcoldsweats01。で、そのせいで喧嘩が始まって、大人しく食事していたマーモンの手紙に汁が飛んでベチャッ。
 食事の最中にテーブルにまで載って喧嘩してる人たちは、白目で肉に喰らいつきながら冷静?にスルーしてたXANXUS様ですが、マーモンが本気で怒ったのには、何やら反応したようで、マーモンはそのまま怒りを飲み込んで退席。汚れてしまった手紙を広げてみたんですが…
 大事な所が汚れで読めませんでしたーcoldsweats01
 でも、フラン獲得でフランスに行くと聞いて、マーモンひらめきflairsign01(←かわいいhappy01)マーモンが勝手に命名した「おしゃぶりの泉」に行ったら、手紙読めるかもsign01
 別組織もフランを狙っているという情報のため、結局XANXUS様を除いた全員で、しかも私服風の隊服で(そんなんあったんか)やってきたヴァリアー。情報を元に、滝の上までやってきた所で出くわしたのは、なんと…黒曜一味。ぉおお、骸さん~~~happy01heart04sign03元気そうで何よりです~~~happy02sign03こっちもみんな私服みたいですが、なぜか骸さんだけは黒曜の制服。ほんと制服好きな、骸さん(笑)。いや~~生身の骸さん~~~麗しいです~~~happy01heart04noteえへえへ。(←誰かー、不審者ー。)
 そして、どちらも同時に見つけたフランらしき人物。

 …………リンゴcoldsweats01

 <標的348「マーモンと新戦力2」>
 え、なあに、フランは被り物かぶって生きてる子なの?カエルは比較的脱ぎたがってるように見えたんだけど。それってつまり、リンゴがよかったってことなの???(←違。)
 さて、10年前のおチビフラン。これまた強烈キャラですねぇcoldsweats01。いきなり自分を狙ってる人たちを、妖精扱い。おかしな踊りで立ち去りたまえ~とか、おちょくってるとしかcoldsweats01骸さんが、自分の存在に自信を持って前へ出るも、パイナップルの精扱い(笑)。更に、ヴァリアーのこと覚えてるかと思いきや、虫歯菌扱い(笑)。お前、虫歯菌見たことあるんかcoldsweats01sign03絶対に確信犯でおちょくってるだろー。
「虫歯菌は妖精でもないだろぉがangryannoysign03
 ツッコミごもっともcoldsweats01でも、そういう問題でもない。
 更に、本気でなのか、うらうらとおかしな踊りで立ち去れ~立ち去れ~って唱えてるフランに、キレる骸さんを押さえる柿ピー。ベルはその隙にリンゴ目がけて投ナイフ。ところが。
 スカッ
 なんと、リアルなリンゴの被り物は幻覚で出来ていたようです。まだかなり幼い様子のフランですが、それがここまで幻覚を使えるってことで、実力はやっぱり大したものなんですねぇフラン。しかも。
「ヘルプミーsign01前髪きり忘れた頭の悪そうな虫歯菌がいかにもオリジナルって感じのダサダサナイフ投げてきたーsign03
 思考回路と言葉のセレクトが間違いなくフランcoldsweats01
 更に止めた犬をバカ扱い、レヴィに至っては怖くないからとスルー(笑)。さすがに怒ったスクアーロと骸さん、そして柿ピーが行く手を遮りますが、妖精をおだてて鎮めなきゃ、とか言って、むしろ更に油に火を注ぐ悪口オンパレードcoldsweats01。ダメだこの子、根っから考え方がひねくれてるぅ。あまりの怒りに額の血管ブチ切れてる三人ですが、そこではたと気付いたスクアーロ。どこかで頭強く打ったんじゃないか、との問いに、チーズの角で頭打ったらしいけど、記憶がない、との答え。えーっとぉ…日本じゃないから豆腐じゃなくてチーズなんだろうけど、フランスだったら巨大なチーズの一つや二つあるだろうから、結局頭は本当に強く打って、記憶なくしてるってことでいいんですかねー。
 その事実を知ったスクアーロと骸さん。
「六道骸。てめえと交渉(はなし)がある」
「僕もです。S(スペルビ)・スクアーロ」
「フランをくれてやる」
「フランを差し上げよう」
 未来の記憶があってこそ、即戦力としての価値があったフランな訳ですが、その記憶を失ってる上、この態度と口と思考回路の捩れっぷりは、さすがに色々と面倒だったようですcoldsweats01。なすりつけ合いになりました。
「今ならレヴィもつけるぞぉsign03
「いりませんsign01
「来年から夏に中元を送ってもいいsign03
「結構sign01

 ツッコミどころは満載だけど、とりあえずレヴィはお中元レベルか(笑)。
 一方、こっそり抜け出してたマーモンは、おしゃぶりの泉に近づいてたけど、そこにはなんとリボーンとアリアさん以外のアルコバレーノが集まってました。実はあのお手紙、それぞれ元々欠けてて、みんながそれを読もうとしてここに集まってくるのを見越したリボーンの策略だったようです。みんなの手紙を重ね合わせて初めて読めた手紙(マーモンの汚れは大丈夫だったんだろうか(笑)。)に記されていたのは、バミューダさんと第8の炎と、透明なおしゃぶりのアルコバレーノのこと。どうやらアルコバレーノのみんなには、何やら心当たりがあるようですね。しっかし風さんはかわいいな、かわいいなかわいいなっhappy02heart04note
 ちなみにフランは、自分で進路を選んだそうな。…ヴァリアーなのかな?骸さんには、個人的に弟子入りすればいいもんね。未来と違って、今はもう復讐者の牢獄から解放されてるわけだし。
 
<パイナッポー通信>
 「人の体でsign03」の名台詞、骸さんですら改めて見て連発ッぷりは面白かったんですね(笑)。

 <標的349「ふとした疑問」>
 ふとした疑問=アルコバレーノって何だろう?
 何でしょうね?えーと、原作ではアルコバレーノ編とかがなかったわけだから、どこまで分かってる設定だっけ?運命の日とかって、その辺はあった気がするけど、それはツナたちは知らないことになってるんだっけ?で、山本だけは何かリボーンから秘密を教えてもらってるはず。
 山本だけは何かリボーンから秘密を教えてもらってるはず。(←大事。)
 相変わらず授業中に寝こけてるぅ~~~~~~~~~~~~coldsweats01heart04sign03もぉ、かっわいいなぁhappy02sign03ツナが牛乳のヒゲつけてたのも、一瞬何かと思った次の瞬間、なんだこれかわいいなって思ったけど、アホみたいな顔して寝こける山本がかわいすぎるlovelyheart01(←褒めてます。)
 さて、そんな中、なんとツナのクラスに髑髏ちゃんが転校してきたcoldsweats02sign02こりゃまた意外な展開coldsweats02sign01京子ちゃんが無条件で嬉しそうなのが本当にいい子だなぁって思うんですけど、髑髏ちゃんは涙ぐんで京子ちゃんに駆け寄ってきました。…ていうか、髑髏ちゃんっていっこ下じゃなかったっけか…?まぁいいや。この出来事に、爆睡していたように見えた山本が、起きてびっくりしてて、何気に人の感情に敏感な所がまた好きだわ、とか思ってる自分は病気だと思った、今、ちょっとcoldsweats01。(←病名:山本贔屓。←い・ま・さ・ら)
 ところで、髑髏ちゃんはちゃんと黒曜で学校に通ってたんですかねぇ。制服はいつも着てたけど…。とりあえずは京子ちゃんやハルのおうちに泊めてもらうってことで、またまた山本がにっこり。うゎ、好き、この笑顔lovelylovelylovelysign03なんだか紫月は、山本欠乏症にかかっているようです。(←病気増えた。)優しくてほっとするような笑顔なんだもん~~~~~~~~~~~っhappy02heart04heart04heart04sign03
 アルコバレーノって何?って疑問を、率直にリボーンにぶつけてみたツナですが、何やら髑髏ちゃんの歓迎会でモノマネやって優勝しろって言われちゃいました。何かこのノリなつかしーな(笑)。
 早速歓迎会。シモンのみんなもすっかり仲良くなって、一緒に歓迎会してるのが何か嬉しいなぁhappy01noteトップバッターランボは、炎真くんのブラックホール化したときの真似だけど、確かに分かんない人多い(笑)。あと、何となく炎真くんが必死になってるのバカにしてるっぽいからかわいそうでしょッcoldsweats01sign01二番手獄寺、山本の真似と称してお前も山本バカにしてるな、却下gawksign03と思ったら。
「脳ミソはワサビでできてるぜsign03
できてねえ」ガッimpact
「ぶっ」
 リボーンが紫月の代わりに制裁を加えている。(←違。)しかも、悪意に満ちているからという理由でランボより低い2点(笑)。リボーンも相変わらず山本贔屓happy01note(え?)
 三番手、了平兄さん。無表情の辮髪イーピンはまだしも、無表情の「ちゃおっス」はモミアゲプラスで何かスゲー怖いgawksweat02もちろん、そんなのリボーンが許すわけありません(笑)。獄寺と同じくとび蹴り食らって、更に獄寺より低い1点。ちなみにツナは、着ぐるみでレオンの真似を頑張ったけど、レオンが0点のダメ出ししてくれましたcoldsweats01。(つまり秘密は聞けずじまい。)

 <標的350「悪夢」>
 扉は開きでカラー、アルコバレーノとその本来の姿の影。なんかねーもうねー、影だけで風さん素敵なんだもんhappy01heart04noteあとねーやっぱりコロネロlovelynoteコロネロは影だけでかっこいいわぁhappy01heart04noteアルコバレーノの姿で行くと、この絵に関しては、コロネロが一番男前に映ります、自分(笑)。ちっちゃいくせにコロネロはやっぱりイケメンhappy01heart04note風さんもとてもかわいいですけどねhappy02sign03リボーンは、丁度ページとページの境目で…分かりづらい…けど、コートの翻り加減がかっこよさげな影ですぅwinkgoodsign01
 そして、これ、人気投票の回ですよね。なんと、更に見開きカラー。これは手元にカラーであるわけですけど、つい最近だったような気がしてたのに、もうこれが入ってるんだぁ…。この絵に関しては、もちろん山本がいてくれて、刀構えてるのはほんとかっこいいなって思った覚えがあるんですけど、何気にお兄ちゃんとディーノさんがかっこいいなぁって思います。スクアーロが主役級にでかいですよね(笑)。個人的には好きだから問題ないけど。そして、この回って天野先生5ページ分のカラーですよね。しかもこの人数。ハンパないなcoldsweats02。今、手元にあったこと思い出して広げてるんですけど、本誌の時は、リボーンちゃんと真ん中だけど閉じてある所にはなってなかったんですね。
 リボーンの夢。
 夢の中のリボーンは大人。レオンって、リボーンが飼ってたカメレオンだったのかなぁ…。だとしたら、随分かわいらしくなってhappy01note(←そこ?)大人のリボーンは結構鋭い切れ長の目で、それこそコロネロとかよりかなり大人っぽい雰囲気ですよね。あと、あと、アニメのアルコバレーノ編に向けて、もう随分前に大人のアルコバレーノが公式でカラーのイラストになってて、その時にはリボーンってモミアゲくるりんしてなかった気がするんだけど、モミアゲはくるりんなの?それとも、これはリボーンの夢だからくるりんなの???
 と、どうでもいい所はおいといて、アルコバレーノがみんな心当たりでたどりついた、透明なおしゃぶりの人物って、この人かぁ。コロネロはラルについてきて、身代わりでアルコバレーノになったはずだけど、そんなコロネロでも、この人には会ってるのかな?えっとぉ…ジョット達が会った復讐者の格好したアルコバレーノは、あの時点で既に赤ん坊の姿だったわけですけど、リボーンたちの運命の日って、それより前?後?リボーンがそんなに昔からいたわけじゃないと思うんだけど…。確か、ルーチェが運命の日を迎えたとき、お腹にいた子が産まれてたとしたら、それがアリアさんってことで、逆算してもせいぜいいってて30年くらい前なのかなーくらいの認識だったような。でも、よく考えたら、アルコバレーノは点でしか存在しないってことだったから、そういう単純計算ではいけないのかも…。はぐぅっbearingsign01(←無駄に考えて30分経過。)
 なにやら、チームでの仕事、みたいに依頼されたみたいですね。リボーンの夢によると。アルコバレーノになるっていうのが、呪われた赤ん坊になるってことだったら、断ってたってことなんでしょうね。でも、もしそうと知らずにアルコバレーノになったっていうなら、それ、詐欺ですよねー?そして、初めてみんなと対面した時。おぉ、風さんは弾丸素手で受け止めちゃうのか、すごいなcoldsweats02sign03そして、ルーチェは巫女(シャーマン)だったんですね。へぇええ。
 リボーン、夢を見たくないのに眠りについてしまったのは、どうやらアルコバレーノのみんなが同じ夢を同時に見せられていたため、みたいですね。そして、その夢に登場したのは、例の透明のおしゃぶりを持ってた、鉄の帽子の仮面の男。そして、なんと「虹の呪いを解きたいかsign02」との、衝撃の問いかけが…sign03
 それにしても、風さんはかわいいなhappy01heart04note(←空気ヨメ男@SKET DANCE)

 <標的351「頼み」>
 何度でもいう、風さんはかわいいhappy01heart01note(←くどい。)
 さてと、どうやらアルコバレーノの呪いを解くために、アルコバレーノが動き始めたようです。ひっさびさ登場の家光パパン、CEDEF本部。そこへやってきたのは、コロネロ。…ところで、コロネロはラルの代わりにアルコバレーノになったわけだけど、コロネロの呪いが解けたら、ラルの呪いも解けるのかなぁ?マーモンはXANXUS様。ところでXANXUS様はヴァリアー戦以降、罰を受けてたんじゃなかったっけ、とか思ったけど、あれからそれなりに時間経ってるのかな、コレ。XANXUS様も、アルコバレーノのこと、何か知ってるのかな?なんだか流し目が色っぽいXANXUS様でしたlovelynoteそして、骸さんのところにも誰か来てますね。メンツを差っ引いてくと、ここに来てるのはたぶんヴェルデさん。骸さんも、何やらアルコバレーノのことについては知ってるっぽい感じですけど、いやはや骸さんは麗しくていらっしゃるhappy01heart04sign01炎真くんと、そしてシモンファミリーを選んだのは、どうやらスカル。スカル、シモンファミリーとは何の接点もなさそうだけど…coldsweats01。しかも、貸しの作り方強引だーgawksweat02。「アルコバレーノ?」っていってる炎真くんが何かすっごくかわいいから、そして継承式編に引き続きシモンファミリーのみんなが出てきて関わってくれるのなら、それはそれで嬉しいからまぁいっかhappy01sign03猫にこっそりえさあげてたとか、炎真くんったらカワイイなぁcatfacenote
 迷ってるのは、風さん。誰に頼もうか…って…確かに、今のところ風さんと関わりのある人物といえば、イーピンくらいだけど、イーピンはまだ小さいし、強いったって周りのみんなとは比べようがないからな…。いっそ雲雀さんとかに頼んだら面白い(笑)。(←そっくりさん的な意味で。)
 そして、なんとリボーンが自分のために戦って欲しい、と頼んだのは、ツナとディーノさんという、兄弟弟子チームcoldsweats02sign02うぅわ~~~、リボーン贅沢だぁcoldsweats01sign03それにしても、ディーノさんも久しぶりっhappy01sign03ちょっぴりヤンチャっぽい笑顔が麗しいのにかっこいいわぁlovelyheart04note
 えーと…、この展開で行くと、山本とか出番ないのかな?リボーンとかスカルみたいに、何人も頼んでいいのなら、ぜひ山本にも誰か誘いをかけてくれないかしらっcoldsweats01sign02

 <ルッスーリア三丁目>
 今回はレヴィ。本編では、スクアーロにフランとともに黒曜に押し付けられそうになってたレヴィですが、実はすっごく頭も運動神経もよかったようです。残念ながら、それを生かすことができてないようで…。結局いじられキャラだった、ってことがよく分かりましたcoldsweats01

 さて、今回はあんまり山本の出番がなかったので、そんなにぎゃーつく騒いじゃいないと思いますが、継承式編がとっても幸せな終わり方だったのと、初めて憎みあうというより、絆を深めた相手が、仲良くなって一緒に学校にいるっていうのが楽しかったし、虹の呪い編がこれから未知数だけど、これもあまり不幸を感じない、なんか楽しそうな感じっていうので、ほのぼのと面白かったです。おチビフランも相変わらず面白かったし。次巻からこの話がどう展開するのかを楽しみに待ちたいと思いますhappy01note

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

10月諸々感想②

 1日遅れでスミマセン(人><。)sign03
 一番スミマセンなのは、リボーンの36巻感想がまだ全然なことです。ちゃんと火曜日にGETしてきたんですけどね。その他含めて、4冊も漫画買って来たんですけど…何かすっごく忙しくて、先週はその漫画読むどころか、夕ご飯食べながらちょっとパソコンいじってたら、もう翌日になってるってレベルで、ちっとも読んでられなかったといいますか…。買ってきた日に読もうと思ったら、目次で意識飛んでましたcoldsweats01。(←早sign03
 というわけで、昨日は、もちろんたまりにたまってた先週分のビデオをひたすら見て、36巻読んでましたけど、一番ダメだった要因はまたもや寝こけてしまったことですねーcrying。あぁ、せっかくの三連休の初日ーweepsign01しかも、今日は午前中仕事に駆り出されてたしねーcoldsweats01sign01分かってたのに、昨日を無為に過ごした自分が恨めしいですぅ…うぅ。(⇒自分のパソコンも1週間開けてなかったので、セキュリティーソフトのアップデートやらなんやらで、ものっそ重かった。=終わったらやろう。=終わんない。=寝こける。)そして、10月の第1土曜から明日まで、CS無料放送週間になってて、昨日の夜中にたまたま銀魂の一挙放送で真撰組動乱篇をやってたので、すっごいラッキーーーー(←データで残せるので)とか、思って、真夜中まで、見てた自分は大馬鹿だとオモウ…。でもあの話、ほんとすごく好きなんですよ…近藤さんも土方さんも沖田さんも銀さんも、みんなみんなかっこいい。(←トッシーは別人(笑)。)近藤さんがこんだけかっこいいのって、大体数少ない名場面の時だと思いますwinkgoodshinesign03(←酷。)

 と、いうわけで、諸々感想は簡易版にしたい心意気coldsweats01。覚えている範囲で書いてますんで、色々間違ってたらゴメンナサイです~。

 べるぜバブ 「決着、やっとつきました」
 三木くんの、男鹿くんへの誤解が解けて、実に円満な終わりでしたhappy01note信じてたよ、男鹿くんsign03(←お前の信頼度、五分五分だったよね。)
 三木くんをいじめたことで男鹿くんに酷い目に遭わされた霧矢くんでしたが、その霧矢くんも奈良に行くということが分かってて、三年前、男鹿くんは敢えて、奈良に転校していく三木くんが自分とは関わりのない人間だということを印象付けたようです。奈良という遠い地で、自分が守れないような所で、三木くんが霧矢くんにターゲットにされないように。男鹿くん優しいcryingsign03三木くんにだけ、こっそりそんな風に言うことはできたかも知れないけど、三木くんが自分のこと憎んで嫌っていれば、絶対に男鹿くんから派生した恨みで酷い目に遭うなんてことないですもんね。
 そして何気に、そんな冷たい態度を見て別れることになった三木くんだったけど、強くなることを求めた時に、「背中を任されるようになりたい」っていう理由だったわけだから、きっと弱かったから男鹿くんに頼られなかったんだって、強くなって今度は一緒に戦える存在でありたいんだって思ってたってことですよね。真実は知らなかったけど、三木くんも男鹿くんのこと、本当に憎んでいたわけじゃなかったんだなーと。
 攻め込んできた霧矢くん率いる坊主さんたち(?)の高校生たち相手に、背中合わせでタッグの男鹿くんと三木くんが、すっごくかっこよかったですhappy02heart04sign03ここでは、男鹿くんも三木くんのこと知らない振りしたり「チビ」って言ったりせずに、「三木」ってちゃんと呼ぶんですよ。それがまたよかったhappy01goodsign03もう、自分の仲間だと思われても大丈夫っていう確信がもてたから、ですよね。面白かったsign03
 最後は悪魔の力全開で霧矢くんたちを倒しちゃったおかげで、出馬くんがフォローする羽目になりましたけど、はて、今度は出馬さんが悪魔の力のこと知ってるみたい???
 あと、今回からOP&ED変わりましたね。OPは前の気に入ってたんで、ちょっと残念だったけど…今回もスーツやドレスのみんながなかなか新鮮でよかったです。だがしかし。……あの…ED…個人的には相当微妙というか…いや、別に絵は曲に合っててああいうのもありだと思うんですけど、曲が…もともと歌を歌ってない芸能人に、無理に歌を歌わせなくてもいいんじゃないですか…coldsweats01?今まで、リボーンの上戸彩さんとか、青エクの黒木メイサさんとかそういうのがあって、まだそれでもそれなりにお上手な方達だったし、作品にそれなりに合ってたからよかったものの、これ、佐々木さん、歌いたかったのかしら…。

 SKET DANCE 「おねえさんとバッド・サイエンティストといっしょ」
 ちょ、OP、GACKTさんじゃないっスかcoldsweats01sign02
 ダンテ君やってたおかげでいいことあったねぇ、GACKTさん(笑)。ますますこってりした歌い方に磨きがかかってた(笑)。OPやEDは、その衝撃がでかすぎて、内容の記憶が薄くなっちゃったので、また次回にでも。
 今回は、子ども番組のおねえさんが、先生として開盟高校にやってきました。悪い人じゃないし、一生懸命なんだけど、ちょっぴりドジッ子なおねえさん。そのドジな所を直そうと、チュウさん(←スケット団の顧問の)が作った色んな薬飲んでみるけど、あんまいいことないまんま。むしろ、一生懸命で前向きなよさまで潰れちゃうから、そのままでいいところ生かしていけばいいんじゃない?って、先生として先輩のチュウさんが一言言ってくれたおかげで、無事解決…したのかcoldsweats01???最後までチュウさんの作った薬で翻弄されてた気が(笑)。でも、人間誰しもそうですよね。誰にだって、苦手なこともあれば得意なこともある。いいとこ伸ばしていくって大事だと思います~。

 銀魂 「愛にプラスもマイナスもなし」
 銀魂って、結構ゲームネタ持ってくるけど、今回もいわゆるマニアックな恋愛ゲームネタで攻めてきましたね(笑)。でも、最初は新八くんがマジでおかしくなったのかと思ったけど、このゲームやった人がリアルでそのゲーム機の中にしかいないはずの存在を感じるようになるっていう設定で、あぁ、新八くんはこの状態になってたのねって、意外と納得させられてたりした紫月(笑)。いや、現実にはありえない設定なんですけど、銀さんが選ばざるを得なかった鬼渡のドロドロ彼女が、悪夢のように追いかけてくるっていうのが、新八くんの症状と同じだっていうのに最初全く気づかなかったから、近藤さんの一言で、あぁ~~~coldsweats01sign01みたいな。全然近づいた気してなくても、同じ領域だったんだ~なるほど~。新八くんの世界では、こんな状態でリアルに彼女が見えてたんですねcoldsweats01。そりゃぁお妙さんも心配しますよって。
 新八くんはまたすっごい彼女に育てたみたいですけど、さて、理想の彼女コンテストみたいなのは、誰が優勝するんですかねぇ。
 それにしても、今現在、昨日途中でブラックアウトして見られなかった真撰組動乱篇完結見ながらこれ書いてんですけど、ストーリー的にギャップが激しいったらありゃしない(笑)。紅桜篇もすっごく面白いけど、真撰組の出番が少ないんですよね。その点、このお話は万事屋も真撰組も一杯出てきておいしい。(←銀さんの次に土方さんが好き。)桂さんたちは出番ないけどcoldsweats01

 青の祓魔師 最終回 「時よ止まれ」
 今回のサブタイトルは、ちょっと不思議な感じでしたけれど。最初の、おじいさん(?)とメフィストさんとの契約は何だったんだろう???美しかったのは、夜明け???
 なんか、虚無界の門から色んな門が一杯出てきちゃって、すごいことになっちゃいました。雪男はサタンが離れても外見すっかり燐と一緒で、耳とがっちゃってるし、牙も生えちゃってるし。もしかしてしっぽもあったりするのかしら。
 しえみちゃんが襲われそうになって、やっとアーサーさんがこっちの味方になりましたね。力はある人のはずだから、心強いわけですけど、連携っていったって虚無界の門がでかすぎてなかなか思うようには行かない。最後はクロちゃんも巨大化して、やっぱり燐と雪男の二人と1匹のタッグ。彼らの力、というより絆の強さを見せてもらえた気がしました。まさか鳥になるとは(笑)。
 物質界に大量に押し寄せてきたコールタールレベルの悪魔たちを何とかすることになったのは、候補生のみんな。まだ日が沈んだばかりのこの世界で、朝まで持たせるのは大変…って時に、勝呂くんが持ち前の頭のよさで、あのどこでもドアみたいな鍵を使って、ヴァチカンの光を利用。勝呂くんはすっかり候補生たちのリーダー的存在ですよね。きびきびと仕切ったり指示を出したり出来てかっこいいぞhappy01sign03
 その光は、ヴァチカンから日本支部を照らし、更に虚無界の門にまで届いて、燐たちを助けることになったし、大きなサポートにつながりました。燐たちが無事だったと分かって、勝呂くんは相変わらず燐に腹を立てて、ヘッドロックかましながら説教、しえみちゃんは燐と雪男を叱り付けましたhappy01。いい仲間ですねぇwinkgoodshinesign01
 さて、サタンは悪魔と人間の住む世界を一つにする夢が叶えられなかった、って言ってたし、ユリさんはにっこり微笑んで「急ぎすぎたのよ」って言ってたけど、なんて言うか、燐や雪男の存在が、悪魔と人間の世界をつなぐものになっていくってことなのかなーって思いました。どちらの性質をも持ち合わせているんだから。あと、スノーマンがかわいかった(笑)。
 で。映画が出来るって?……えぇっ…どっち側coldsweats02sign02(←アニメ的な展開の延長なのか、原作ストーリーに沿っていくのか。)アニメ的には、完全に原作離れちゃってるけど、原作でも今面白いエピソードやってると思うんだよねぇ…。志摩家の人たちとか、出てきたら楽しそうなのに(笑)。

 ではでは、ちょっと休んだら、次は36巻の感想頑張ります~coldsweats01sign03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

10月諸々感想①

 お、遅れちゃいましたcoldsweats01。スミマセン。
 金曜日に遅くまで飲み会に付き合っていたら、土曜日は人として機能しませんでした、いつものことです(笑)。二次会に行くとなったときに、持ち前の引きこもり精神で、「帰るーうちすぐそこだから帰るー」って訴えてたんですけどダメでした。まぁでも、そういうのは付き合うべきなんですよね、人としてcoldsweats01
 でも、今日はすっきり元気、朝からお部屋をピカピカにしたので、とっても気分よく記事書いてます(笑)。そして、ビデオがまたびっくりするくらい溜まってます。消せずにいるのも含めてではありますが、ハードに録画された件数が170件になったのは初めて見た(笑)。

 それでは、新しい番組も続々始まってる10月ですが、ひとまず9月最終週の感想です~。今週は銀魂とSKET DANCEのコラボ週でもありましたhappy01note

 べるぜバブ 「試合開始の時間です」
 遂に六騎聖と東邦神姫を含めた石矢魔軍団とのバレーボール対決が始まりました。六騎聖も石矢魔軍団も、基本すっごく運動神経がいいんですよね。どっちも上手にバレーを…
男鹿「東条」(目配せ)
東条「ああ」(ニヤリ)
 キャッチ→パス→ドリブル→ダンクシューーーーートimpactsign03(相手コートに。)
 やってねぇええええええええええええええええ
coldsweats01sign03sign03sign03
 六騎聖の出馬くんもかなりギリギリプレーのような気がしますけど、バスケットかよcoldsweats01paperimpactsign03(びし!←ツッコミ)
 ほんとこの二人は、息が合ってますよね、お馬鹿的な意味でhappy01sweat02
 バレーとバスケの違いもよく分かってない二人を抱えつつ、更に出馬くんの反則ギリギリ強烈サーブに苦しむリベロの葵ちゃん。だけど、ヒルダさんのサーブより怖くないangrysign03と開き直ってから、一気に形勢逆転。(ちなみに、葵ちゃんの腕を休めるために、代わりに出た古市くんはびっくりするくらい役に立ちませんでした(笑)。)そこからは、反則もなく(←大体ギリギリ。)、姫川さんも「誰gawksweat02って突っ込まれながら、サラサラ本気モードになって、最後は男鹿くんの「ポジション全く無視プレー」で、石矢魔軍団の勝利happy01sign01観客の聖石矢魔学園のみんなも、石矢魔と六騎聖両方を応援してくれて、ハッピーな感じになりました。そのあとに男鹿くんと三木くんの試合(?)…となるかと思ったら、三木くんと男鹿くんの間に溝が出来たきっかけになった不良の霧矢くんってのが乗り込んできちゃったよ???また更にひと波乱???

 銀魂 「コラボにはエイリ○ンVSプ×デターがあるのも覚えておけ」
 はい~いきなりOPからスケット団きたぁ(笑)coldsweats01sign03しかも、ロゴ「SKET DANCE」なっとるやんcoldsweats01sign03(←ヒメコちゃん風。)最初の「にやっ」っていうところを、敢えて変えてくるところがさすが銀魂スタッフです。
 あ、ちなみに今回、感想の順、放送順で銀魂とSKET DANCE入れ替えてます。
 銀魂版のコラボは、いかにも銀魂らしい何でもあり、皮肉たっぷり暴露あり、邪推だらけでスタート(笑)。銀さんって初めのうちはゴーグルしてたんですね…coldsweats01。知らなかったよ…。
 いよいよ乗り込んできたスケット団。えーと…声優ネタ炸裂coldsweats01。杉田さんが銀さんで、スイッチで、スイッチがしゃべってるのに銀さんが突っ込むと何だか自作自演になっちゃうっていうのはあははーそうですねーって笑ってたんですけど、おぉ、タカちんとボッスン同じ人でしたか(笑)。そこ気付かなかった。更にSKET DANCEの世界から哲平くん(笑)。もうこの人は、見た目も新八くんそっくりだから、ややこしいから(やってる人が(笑)。)coldsweats01sign03でも、一番びっくりしたのは、ビチグソ丸がヒメコちゃんの中の人だったって事だよね(笑)。うんわかるわかる、両方かわいいところが共通してるhappy01note(←えー。)両方の番組でかぶってなかったのって、神楽ちゃんだけなんだー、結構声優さんって色んな所に出てるんだなー。
 さて、ポジションやら何でも屋のプライドやら、色んなもの賭けての勝負になりましたけど、銀魂に来るとボッスンのキャラがやや銀さん寄りになるな(笑)。
 アイキャッチは銀魂風の「SKET DANCE」とSKET DANCE風の「GINTAMA」でした。SKET DANCEは毎回アイキャッチ違うけど、タイトルロゴがそれっぽく、ボッスンの帽子のマークは定春に(笑)。制服着た万事屋のみんな、なかなか新鮮でいいですね~happy01noteそして、やっぱりちょっと画風が違うスケット団も新鮮です(笑)。
 さて、勝負の舞台にやってきたらこれまた銀魂らしさ全開の、ONE PIECEとトリコ設定パクリまくり(笑)。更におかしな設定いじりまで入って、カナヅチが大変なことにcoldsweats01ヒメコちゃんがどんだけ突っ込んでもツッコミ間に合わない、コレcoldsweats01銀魂はボケにボケをかぶせてくるからなぁcoldsweats01
 それにしても、何気に銀さんとボッスンって息合いそうですねぇ(笑)。二人でハデハデの実をGETするために走り出しましたが、その間ずっと残った四人で自分たちのボスに対する愚痴やツッコミ、分析などなど…。そのやる気のなさに、遂に二人のボスたちは悲観的に意気投合、拗ねちゃいましたcoldsweats01。絶対ボッスン、銀さんにつられてるよ。
 ところが、ハデハデの実を見つけた途端本性剥き出しで競い合うボス二人。そして、その目の前に何か絶望した大工さんが身投げしようとしてて、思わず何でも屋の本領発揮。その大工さんに、ハデハデの実をぶつけちゃいました。おかげで大工さんは派手になり、望みどおりカナヅチも手に(?)入れ、いい話になって終わる感じ…だったのに…あれ、実の飛沫が飛んだ???この下ネタオチも銀魂らしいと思いますけど…仲間に見放されたーーーーーーーcoldsweats01sign03
 EDも銀魂はコラボって来ました。やるなぁ。銀さん→ボッスン、神楽ちゃん→ヒメコちゃん、新八→スイッチで、お互いのコスプレバージョン、いいですねぇhappy01sign01ボッスン、なかなかかっこいいし、ヒメコちゃんかわいいよnoteスイッチは……なくはないかなcoldsweats01。(←お通ちゃん親衛隊長ver.)そして、サビの直前では、万事屋メンバーがスケット団コスプレバージョンに。新八→スイッチ、ボッスン→神楽ちゃん、ヒメコちゃん→銀さん。…二人目まで全く違和感がないと思うけど、なんで敢えて銀さん女装coldsweats01sign02走ってる三人の影も、それで微妙に変えてありましたよね。神楽ちゃんのボッスンなんてむしろかわいいくらいなんだけど、銀さんのスケバンは色々貫禄ありすぎでコワイっスcoldsweats01sign03あと、前回巨大プリンだった所は、銀さん・タカちん・ビチグソ丸になってましたけど…中の人だとスケット団、っていう取り合わせですね(笑)。
 更に、予告までいじってきた銀魂(笑)。勝手にSKET DANCEバージョンのコラボ予想予告。予想が合ってるかどうかは、SKET DANCEを見て確認してねってメッセージまでご丁寧にcoldsweats01。…合ってましたよね(笑)。

 SKET DANCE 「SPIRIT DANCE」
 お次はSKET DANCEバージョンの銀魂コラボ。初めにボッスンが矢場沢さんの猿を追っかけてる所から。何かボッスンの走り方が女の子みたいでかわいかったとか、そんなのはどうでもよくなるくらいのトンデモ回でした。突然スケット団の部室に現れた万事屋三人組。こう見ると、やっぱり万事屋のメンバーの絵柄もだいぶ違いますねぇ。銀さん目が青い(笑)。銀さんって、瞳が小さくて、いつも黒っていうイメージだったから、ちょっと不思議。アップになったときとかで、青色入ったことあったのかな。
 入ってくるなりスケット団、散々言われてますけど、劣化銀魂てcoldsweats01。劣化万事屋coldsweats01て。もう、アレですよね、銀魂メンバーが入ると、ボッスンもツッコミ要員ですよね(笑)。(←実際そうやって突っ込んでた人たちがいたとして、こう公式でやられたら、もうネタでしかなくなると思う。)なるほど、源外のじいさんとか、ちゃんと銀魂設定が生きてますねぇ。
 で、先に銀魂でコラボした方が放送されてるってことを前提にしたネタ振りなんかもあって面白かったです。もうやってるはずなのに、ボッスンのイントネーション違ってたり、スイッチの声が銀さんと一緒で驚いてたり(笑)。スイッチの銀さん姿はなかなかかっこいいんですけどねぇ。そして、やっぱり哲平くん出てきて、新八とかぶった(笑)。この辺が、原作でネタかぶってたとこだったのかな?だけど、コレはどうしてもいじりたくなるネタですよねぇcoldsweats01
 基本的に、常に上から目線の銀さん達。SKET DANCEの世界でありながら、銀魂風味に流されそうになり、ボッスンが必死でそれを止めようとするって感じの流れでした。そして、まさかその中で、リボーンネタまで見られるとは思わなかったです(笑)。「理手教ヒットマンCABORN!」て(笑)。アレ、一応新八くん?新八かっこよく見えた(笑)。「まらりひょんのぬご」の神楽ちゃんの雪女はかわいかったですし。でも、「ぼだかメックス」の銀さんは、なんていうか色んな意味でヤバかったっスcoldsweats01なんで???何で銀さんは女装なの???そういうポジション???
 銀魂では新八までボケてヒメコちゃんに突っ込まれてたけど、こっちでは新八とヒメコちゃんがツッコミかぶってます。そして、熾烈なポジション争い、勝ったのはヒメコちゃんでした(笑)。うん、この二人の力関係ならそうだろうねcoldsweats01
 スイッチがタイムマシンを直して、銀さんがいいこと言って、ボス二人でいい雰囲気作って、さようなら…のはずだったのに、なぜかスケット団と銀さんがたどり着いたのは、開盟学園の校門~coldsweats02sign02
 はい、こちらのアイキャッチは、銀魂風味のロゴでSKET DANCEって入ってる爽やかな万事屋三人組と普通のSKET DANCE風味のものでした。
 さて、後半リスタートって事ですが、スイッチの無駄な親切設計のおかげで、銀さんとスケット団がなんとSKET DANCEの第1話まで戻ってしまい、そこにたどり着くまでの間に神楽ちゃんと新八くん落としてきたってcoldsweats01sign02まるで総集編の要領でSKET DANCEを振り返りながら、タイムマシンで元の時代へ戻っていくと。おぉ、ビバゲーバトルの観客席に神楽ちゃん、カイメイロックフェスティバルのフロアに新八くんいたよ。けど、新八くん眼鏡をどうやら落としてしまったみたいで、影どころか、存在が薄くなってて、更に眼鏡も探すことに。ここで、さすがだと思ったのは、最初に猿を追いかけてた場面とか、哲平くんがスケット団の部室に来る前の時間がちゃんとつながってたってことでした。そうか、あのとき眼鏡入れ替わってたのか。二人とも、眼鏡だけじゃなくて、眼鏡の度数まで一緒かcoldsweats01sign03更に、あの時の哲平くんの続きがパラレルワールドみたいに存在するっていうのが面白かったです。
 EDは、途中まで物語で、後半は万事屋メンバーに入れ替わってましたねsign03そして、クローバーは神楽ちゃんの髪飾りに、そして神楽ちゃんが…あれぇ、銀さんcoldsweats01sign02だから、なんでなの???何で銀さんはコスプレするといちいち女装なのcoldsweats01sign02そして、銀さんのコスプレしてんのが神楽ちゃんで、新八くんはそのまんまかいcoldsweats01sign03ラストの芝生の文字にはfeat.GINTAMAが付け加えられてましたね。
 二つとも、色々凝ってて面白かったです~happy01sign03トリコとONE PIECEのコラボって、トリコの方で放送してたような気がするけど(←たまたま前番組見てたから見た。)、あれはトリコの世界にONE PIECEメンバーが入り込んで一緒に冒険してる感じで、まぁ無難な感じがしたんだけど、どっちもがどっちもの世界でコラボさせてるこっちの方が、よっぽど手が込んでた気がするのは自分だけでしょうかhappy01note大人の事情も込み込みで、その入り加減がまた絶妙というか(笑)。面白かったです、どっちもsign03そして、それぞれにそれぞれの風味がちゃんと出てる感じがよかったな~と思いましたwinkshinegoodsign03

 青の祓魔師 「魔人の落胤」
 サタンに取り憑かれて、自我を押さえ込まれてしまった雪男。サタンは燐と雪男が自分の器として育つのを待ってたみたいで、やっぱりサタンはサタンかぁ…って感じですね。ユリさんの願いを叶えようとしてるみたいだけど、色々間違ってるし、自己中だし。俺達が夢見た世界、って、ユリさんがそんな世界望んでたと思う当たり、やっぱりユリさんの理解も足りてないと思う…gawksweat02
 シュラさんは、エクソシストとしても強いし、心も強い人ですね~。アーサーさんが言い負かされてぐうの音も出なかった。シュラさんが言ってることは正論だからなぁ。その辺を間違わない所がシュラさんの強さだと思いました。アーサーさん、力や技では上をいってるんだろうけど、迷いがあったら、やっぱり強くはいられないんでしょうね。そして、蛇を使った変わり身の術とか…あれ???忍者???(←しー(^b^;。)
 虚無界の門を守るために、聖十字学園の屋上から動けないサタン。説得に回るシュラさんがサタンをおびき寄せる間に、燐が虚無界の門を壊すって事だったんだけど、しえみちゃんが入ってきちゃったことで、作戦変更。燐は、中に雪男がいることを信じて、必死に呼びかける。…藤本神父も…そうだったからね…うぅcrying。そして、やっぱり雪男の心はその中に確かにいたんだけど、ここから先がまた複雑。
 雪男の心の中には、燐を慕う気持ちと、燐に憧れる気持ちと、燐を羨む気持ちと、いろいろあって、そのマイナス思考が雪男の足を引っ張る。悪魔に取り憑かれてるときって、マイナス思考が助長されるからなんでしょうね。その中で、必死に手を伸ばす雪男。その手を取る燐。ところが、もう片方の手は、サタンの支配下で…燐の脇腹を銃で打ち抜く。そして、自分の手で燐を撃ったという事実が雪男を混乱させ、藤本神父と同じように、己を取り戻すために、そして燐を守るために、自分自身を殺そうと…。
 藤本神父の時は、何も出来ずにただ自分を守るために命を落とすのを見ているしかなかった燐だけど、今回はそれをぶん殴って止めることができました。遺される悲しみを、二度と味わいたくない…っていう強い思いがあったからこそ。
 それにしても、サタンの力は受け継いでいなくても、それなりにサタンに適応していた雪男の身体。燐にぶん殴られて、サタンが引き剥がされてしまって、なんと無傷ですかcoldsweats02sign01よかったねぇ…cryingsign03燐と抱きあって泣く姿には思わず感動しちゃったけど、状況はそれどころじゃないみたいですね。次回は恐らく最終回。この状況に一石を投じるのは、メフィストさん、ですか???(←予告の感じで。)

 夏目友人帳 参 最終回 「夏目遊戯帳」
 ラストはアニメオリジナルで、夏目が人間の仲間と妖怪の仲間と出会えてよかったと、楽しかったと思えるほのぼのとしたお話でした。小さい頃、遠くから見ることしか出来なかった「影踏み鬼」。それを妖怪たちとやることになった夏目だけど、何しろ相手は妖怪だから何かもう、ものすごいことになってました(笑)。とりあえず、みすずと斑は大きいから鬼になると大惨事ですcoldsweats01sign01みすずは審判ってことでしたが、斑はニャンコ先生姿でないといけないと思います~。でも、落とし穴みたいな所に落っこちてしまった夏目を、斑が首を伸ばして引っ張り上げてくれる所、夏目が斑の顔につかまってる姿が何かかわいらしかったです。
 で?三ヵ月後にまた会える、ですって???早いぃcoldsweats01sign03第四期ってことですか。すごいなぁ。毎回1クールだけだけど。

 10月から、また相棒10が始まるみたいですねhappy01note最近再放送で亀山くんのコンビのばかり見てたので、CMで神戸くんを久しぶりに見ておぉ、って新鮮な気分になりました(笑)。あと、最終回したTIGER&BUNNY、やっぱりおじさん生きてたー(笑)。ていうか、気を失っただけでお亡くなりになったとか決め付けてやるなよ、バーナビーさんcoldsweats01早とちりが過ぎるよ。一度はヒーローを辞めてしまったオジサンとバーナビーさんでしたが、またコンビ復活で終了。で、ウロボロスの影が忍び寄ってる感じで終了。え?まだ続くん…です…ね?うさとらちゃんたちも「また必ず会おうね」みたいに言ってたし。昨日、この番組の総集編みたいなの(?ロックバイソンと振り返るとか何とか?)が録れてたみたいだけど、まだ見てません…。あと、今シーズンはバクマン。も第二期が始まるし(ていうか昨日もう録れてる(笑)。←そして見てない。)HUNTER×HUNTERも始まるんですよね?これって、以前アニメ化してたけど、どこからやるんだろう。…だって、やってたのって随分前ですよねぇ。G.I編でOVA化もされてるみたいだけど、今から見る人で覚えてるのって、もういい大人だと思うんですよね(笑)。としたら、やっぱり最初からかな?(だとすると、OVAまで買った人的には何だか複雑そうcoldsweats01。)原作、なかなか進まないから(休止的な意味で)、貸してくれてた友達が途中で挫折しちゃって、おかげで自分も途中からわかんなくなっちゃってるんだけど、すっごく評価は高いみたいなんですよねー。絵があんなに雑なのに(笑)。だから、見てみようかなーって思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »