« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月26日 (土)

11月諸々感想④

 11月の感想を書くのはこれが最後とか、あれ、早過ぎるcoldsweats01ぶっちゃけ11月なんっもしてない…。これで12月になったらちゃんと年始に向けて何か出来るのかな自分。ところで、リボーンの単行本は来年1月発売なんですね。1月頭の発売は、以前12月末に発売だったりしたみたいだけど、どうなんだろう、そこんとこ。
 あ、そういえば、余計なことならしました。1年くらい放置してた逆転検事の再開(笑)。11月の頭に泊まりがけで出かけたんですけど、いつもなら電車なんかの待ち時間に読む
小説が特にこれといってなかったので、DSでも持ってくかーって持っていったんですよね。その時にちょっとやったら、やっぱり続きがやりたくなって…。でも、やっぱりなかなか進みません。やりたいのは山々だけど、なかなか時間がないんですよねぇ。やっぱマイビデオが原因だろうか…。ほぼ毎日ビデオ見ながらソファで眠りに付くダメ生活を送っておりますgawksweat02

 紫月がいかにダメな人間なのかというのを今更ひけらかしたってしょーがないので、ダメならダメらしく、最低限のことくらいはしておこうと思います(笑)。というわけで、今週も諸々感想でーすhappy01note

 相棒ten 第6話 「ラストソング」
 相変わらず死体が苦手な神戸くん(笑)。もう右京さんとコンビを組んで3シーズン目ですが、なかなか慣れないところがまた微笑ましい(笑)。なんで警察官になったんだろう、神戸くんは。ちょっと興味あります。
 偶然ミス・アンルーリーこと安城さんのライブに来ていた神戸くんが死体を発見しちゃいましたけど、偶然言ったことが右京さんの思考回路に影響を及ぼしてた亀山くんとはまた違って、神戸くんはそれなりに警察官として優秀なんですよね。落ちていた携帯を見て、傷ついてないことに気付く辺りは、どっちかっていうと右京さん寄り。事故で片付けられようとしていたところにストップをかけました。が。右京さんが容疑者の一人として考えた安城さん、またすごい個性的な方でした。動機は全然見当たらないけど、安城さんが犯人なんだろう…と思っていた紫月は、またまた裏をかかれてしまいました(笑)。犯人じゃないわけじゃなかったけど、この人はいわゆる偽装工作をした人だったわけですよね。トランペット奏者の方が、トランペットに何かをつけて演奏をしたときに、あぁ、これが何か関係あるんだろうな、って思ったんですけど、そのきっかけを作ったのはやっぱり右京さんでした。右京さんさすが。
 このトランペット奏者の方の演奏でしか、気持ちよく歌えなかった安城さん。だから、少しでも長く歌っていたくて犯行に加担するようなことになってしまいましたが、これで二度と歌えなくなっちゃうっていうのは、きっとすごくつらいことなんじゃないかなぁ…と思いました。
 ところで、完全に個人的な感想ですが、右京さんがリクエストした曲、かなり紫月好みでしたwinkshinegoodnote(←だからどうってこともない(笑)。)

 べるぜバブ 「兄はどこへ消えたのでしょう?」
 えーと、原作読んでるわけじゃないんで、よく分からないんですけど、明らかに引き延ばしてるなーみたいな感じがしたのは紫月だけでしょうかcoldsweats01
 男鹿くんたちが修行に行かなきゃいけないってことで、古市くんとラミアさんが、ヒルダさんの頼みで焔王坊ちゃまを探すことに。そこへ石矢魔の先輩達もみんな集まってきて、さて、焔王坊ちゃま探すのに役立ちますかね、この人たちcoldsweats01。更に、前回と全く同じ問答を禅さんと繰り返す東条さんcoldsweats01。公認のおバカ様…なんですね…gawksweat02

 SKET DANCE 「おねえさん研究所Rがんばる!」
 何か不思議なタイトルcoldsweats01。こういうときは、二つの違うお話が前半と後半であるときのような気がします。
 前半は浪漫ちゃんが後輩のために描いた、漫画の描き方講座漫画(笑)。浪漫ちゃん相変わらず漫画が下手というか絵が下手というか、強烈過ぎる…gawksweat02。けど、知識だけはスイッチが言うとおり豊富ですね~。その知識が上手く活かせるようになるといいね、浪漫ちゃん…coldsweats01。けど、下手だからこその浪漫ちゃんのような気がします(笑)。無駄なドラマパート、ボッスンとヒメコちゃんのツッコミ三昧で、めっちゃ面白かった(笑)。
 後半はおねえさんの登場。相変わらずドジっ子なおねえさんでしたが、とりあえずどうしたらあんなふうに日本史読めますかcoldsweats01sign02何かもう、何がどうなのか分からない。何でかフィギュアの織田さん登場しちゃった(笑)。
 ところで、スペクターのエピソードに関してはマジ大爆笑でした(笑)。おねえさんが番組を卒業する時にもらった大事な大事な思い出のスペクターで黒板は消すわ黒板消しクリーナーかけるわ、挙句の果てには黒板消したたきのつもりで定規でびしばし叩いて、野球ボールの代わりに投げました(笑)。ヒメコちゃんとボッスンがずぅうっと「スペクターーーーーーッsign03って叫んでんのが死ぬほどおかしかった。
 そんなおねえさんでしたが、幼稚園児たちが泣いちゃってる時に、その気持ちを前向きにして笑わせちゃうなんて見事な才能。いっそなりたかったのが幼稚園の先生だったら、悩まなくて済んだかもしれませんけど、これからもきっといろんなことにつまずきながら、スペクター投げちゃったりするんだろうな、この人(笑)。

 銀魂 「空(から)の星」
 エリザベス一人で蓮逢軍の仲間達を逃がし、頑侍を爆破し、蓮逢軍の大将・米堕卿と母星でもある母船を裏切った。仲間達を助けるために、母船に戻ってから裏切ったエリザベスですが、口から巨神兵みたいに何か吐く米堕卿が強くって、大ピンチに。そんなピンチを救ってくれたのは桂さん。そして、桂さんを狙った米堕卿からとっさにかばうエリザベス。おかしなニュータイプの会話みたいになってても、「ありがとうサギ」(注:ありがとウサギではない。)でも、やっぱり二人の絆は強いですhappy01sign03そして、たった一人で裏切り者になろうとしたエリザベスだったけど、その仲間を巻き込むまいとした心意気と、辰馬さんの「どんな星でも落として見せる」という商いが功を奏して、蓮逢軍全員の気持ちが一致団結。地球ではなく、全員逃げ出して空になった母船を落として欲しい…そう辰馬さんにお願いしてくれたんですね。辰馬さんはもちろん、快く引き受けてくれました。うぅ、なんていい話なんだ…。て、思ったのに。

 スーファミのバクトレイザーで釣っただけかよーーーーーーーーーーーcoldsweats01sign03

 まぁ、人の心というのは、絆と利益、どっちも大事ってこと、でsign01
 ところが、米堕卿を生み出していたのは、なんと母船の中枢システム。「サギ」というのは、「ありがとうサギ」にかかってたりしますか(笑)。というのはまあおいといて、星そのものが変形して巨大蓮逢になりました。で、それに対抗しようとした陸奥さん。へ?船が…巨大ロボットに……なりました…coldsweats01これは、合体巨大ロボアニメ的な展開?もう、色んなものパクリすぎてこれが銀魂なのねって思うしかないですねー(笑)。こんな時のためにこんなすごい仕掛け用意してて、指輪でその機能を始動させるとか、陸奥さん超かっこいいhappy01noteそして、どこまでいっても吹き出物扱いの新八くん…気の毒…。
 最後に、巨大ロボになっても下ネタ炸裂する銀魂はさすがでした(笑)。

 昼に作ったパスタでにんにくをみじん切りにしたために、にんにくの臭いが指から離れなくてなんかやな感じーの紫月でした(笑)。たまねぎとかにんにく切るとこれだから…coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

11月諸々感想③+2012リボーンカレンダー

 うぉおおおおお、論文提出できたぁcryingsign03
 はい、先週に引き続きのネタですみません(笑)。いや~、論文のせいで、後回しにしてた仕事がどっとやってきまして、やっぱり論文のせいで苦しんだ今週だったわけですcoldsweats01。でも、それは自分のせいだから仕方がないとしてですね。論文の提出は今週の金曜でして。更に金曜日は仕事の後で組織の打ち合わせがあって、とてもじゃないけど直したり届けたり出来る状況じゃなかったわけです。そ・れ・な・の・に。1週間半前に添削をお願いした論文に、色んな付箋が付いて戻ってきたのが前日の木曜日ってどういうことですかっbearingsweat01sign03もちろん、日中直せるほどの余裕があるわけじゃないので、直すのは時間外。金曜日の朝に、職場に行く前に、提出先に寄って論文出そうと思ったら、木曜日中に直すしかないって。しかも、規定字数一杯一杯に書いてあるのに、最後に一般化した意見を付け加えるとよいって、無理言うなーーーーーーーーーーーーっっsadsweat01sign03そういう無茶をいうなら、どうしてもっと早くに返してくれないのさっっっcryingsign01グラフの模様変えるとかも、職場の自分のパソコンじゃできないので、古い方のパソコンでわざわざ直したり、無理くり削って削って最後付け足ししたり、最終チェックしてファイルにしたり、どーれーだーけー時間がかかったとっsign03仕事は早めに終わらせるタイプの紫月ですが、なんでこんなぎりぎりまで苦しまにゃならんのだ、とちょっとお怒りモードでした。
 だけど、見ていただいてるんだから、文句言ってちゃいけません。別に上司のことは嫌いじゃないです。いい人たちです。はい。添削をしてくださったうち、女性のお二方は、一応火曜日までにはトップの上司に回してくださっていたようですが「遅くなってごめんね」って何度もおっしゃってくださってましたし。同じ部署の主任のオジサンは、
「ギリギリだったから誤字脱字程度しか直せませんでしたって言えばいいんじゃない?」
って笑って言ってくれました。一応和みました(笑)。そういうわけには行かなかったんですけどね。

 そういえば、リボーンの2012年の公式カレンダーが届きました。天野先生のイラストのもので、34巻の山本の表紙も収録されてるみたいだし、いつも通り買ったんですけど、どういうものかっていうのを全く認識せずに頼んでたようで、届いて結構びっくりしました(笑)。…ミニサイズの下敷きとクリアファイル???みたいな(笑)。たぶんA5サイズだと思うんですけど、守護者と初代守護者の表紙シリーズに、骸さん&デイモンさんVer.とデイモンさんがナスっぽいって言われてた、骸さんの肉体を乗っ取ったVer.と、炎真くん&ツナと、リボーンと、虹の呪い編の見開きカラーアルコバレーノ勢ぞろいのイラストが、それぞれ表裏になってる下敷き6枚に、ハイパーツナとリボーンの表裏になってるクリアファイル。で、カレンダーを含めた、色んな透明シール。
 ははぁ、自分で好きなように作ればいいってことですね。なるほど。
 けど、綺麗な下敷きにシールペタペタ張るのはあまり気が進まないなー。当然、飾るんならお気に入りの絵柄がいい訳で。
 しばらく首を捻った挙句、下敷きが入ってた透明なビニール袋に入れたまま、上から1月のカレンダーシールを張ってみました(笑)。うん、これなら1年のカレンダーにもできそう(笑←下の絵が見づらくなるけど)。ついでに、絵を変えたくなったら袋から出して変えればいいから、いつでも好きにできていいや。あと、日付がちっちゃいから、出来るだけ自分の近くにあるといいかな、と思って、手帳型だった2008年のカレンダーの支えで立ててみました。こんな感じになりました。

2012 光が当たるのを避けたら、やや斜め加減(笑)。
 来年はこんな感じのカレンダーで行けそうです。ちなみに、4月からは大きく振りかぶっての日めくりカレンダーも思わず頼んでしまったんだけど、日めくりめくるほど紫月はマメではありません(笑)。さて、どこにおいたらめくるかな…。

 では、この辺で、ようやくいつもの感想にいってみたいと思います~。

 相棒ten 第5話 「消えた女」
「おい、暇か?…客か?」(←全く同じイントネーション)
の課長がいきなりポイント高かった紫月です(笑)。若い女の人が一人で待ってて、右京さんも神戸くんもいなかったから、気まずかったんですね(笑)。その後、神戸くんも一緒になってにっこり覗き込む。更にいつも特命係を覗いてる二人もそろって覗き込み、にっこり会釈…してたら後ろから
「おはようございます」
の右京さんに、みんな超びっくり(笑)。そんなスタートがかわいらしかった今回のお話。
 東京ビッグシティマラソンで一度登場した登場した守村さんが再び特命係にやってきたわけですが。
 初めは、この守村さんにぶつかってきた時と、しばらく経ってからなのにいきなり「ごめんなさいね」って謝ってきた時の雰囲気が違ったから、山原さんっていう女性がアリバイ工作をしようとしてるのかなって思った紫月は安直でしたcoldsweats01相棒がそんな単純な事件な訳ないですね。
 何かしら事件に関わってて、身元を偽っていたのかと思わせて、実は身元を組織ぐるみで隠されてしまっていた山原さん。それを暴くことが出来たのは、無茶しすぎの感のある守村さんでした。
 最初に守村さんが女性を探して欲しいって頼んだ時、神戸くんは探偵事務所じゃないんだからって言ったんだけど、右京さんが「分かりました」って言うのに、「言うと思った」っていう諦めた感が何だか楽しかったです。神戸くん、右京さんのこと分かってますね~(笑)。
 実は殺人現場を目撃された上、写メどころか写ムービーまで撮られちゃってた犯人と、その殺人事件を必死で訴えようとするのに、そこで女性を買っていたことがばれるのを恐れた大物政治家と、そんな政治家などの大物相手にそういう商売をしていた悪質な会社。それを相手に何とかしようと思って守村さんをある意味「利用」した山原さんでしたが、その機転のおかげで守村さんは真実へのヒントを得ることができたし、右京さんが解決することが出来たわけですね。今回は右京さんのしたたかな捜査(携帯にかかってきたと思わせて、販売促進課にかけたら誰が電話に出てるかを確認してる、など)も見られて楽しかったです。最後の山原さんと守村さんのやりとりも、ほっとできてよかったな、と思いました。

 べるぜバブ 「修行の時間ですよ」
 ヒルダさんが大怪我をして、しょんぼりなベル坊が超かわいい。「悪かったな」ってしおらしくなってるヒルダさんがかわいい。そんなベル坊やヒルダさんを見てて、何にもできなかった自分が悔しくってたまらない男鹿くんがかわいい。そのムシャクシャをぶつけるように、葵ちゃんと二人乗りしながら自転車で暴走してる感じが真っ直ぐでかわいいなーと思いました。(←ラストに自転車の二人乗りはダメですって、ちゃんとフォローが入る辺りが朝アニメですね(笑)。)
 で。スペルマスターの「ひげバンダナ」早乙女先生…「禅さん」に修行つけてもらえばいいのに、どうもプライドが許さなかったらしい男鹿くん。なぜか葵ちゃんのおじいちゃんに修行つけてもらうことに。道場の師範だから、まずは道場の雑巾がけとか庭掃除とか、そういうのをやらされてます。無事レベルアップできるんでしょうか、男鹿くんはcoldsweats01
 で。禅さんのところにきたのは、なんと東条さん。東条さんも、悪魔とトラブったわけですが、それが悪魔だとは知りません。禅さんに話を聞きにきたようです。が。
「よく分からんが、禅さんは昨日の奴等と知り合いなのか?」
「違うっつてんだろ。あいつらは悪魔で」
「おぉ、悪魔のように強かったぞ。で、禅さんの知り合いか?」
「だから、知り合いじゃねーsign01知り合いじゃねーけど知ってんのsign01あいつらは悪魔で」
「あ、クマかsign01おぉ、クマのように強かったぞ。で、俺ボロボロにやられちまってよ。で、禅さんの知り合いか?」
 東条さんも、もんのすごく御バカ様なんですね(笑)。

 SKET DANCE 「ガラス男」
 おぉ、久しぶりに推理もののお話。放送部の安田さんが持ってきた「ガラス男」の犯人を突き止めて欲しい、そしてそれを密着取材したいという依頼。こういうのは、ちゃんとボッスンの集中力というか、推理力が活かされるから、それなりに主人公っぽい立ち位置になると思います~happy01noteその後むせ返らなければかっこいいのにね(笑)。
 ガラス男かと思っていたら、ガラスを割ってたのは野球部のマネージャーの女の子。しかも、弱みを握られて、指示されて、ガラスを割らざるを得ない状況にされてやっていたということで、真犯人が…?
 真犯人はなんと放送部の安田さん。確かに、自分の思いを伝えたくて、下駄箱に先に入ってたラブレターを握りつぶしてしまったマネージャーさんはよくなかったですけど、見てたんならもう一回ラブレター書いたらいいんじゃ…とか思った紫月は意地悪でしょうかcoldsweats01。だって、その時点で伝わらないって分かってんだから、どうしても伝えたいなら、伝えるだけの覚悟があったんなら、もう一回書くことはそんなに難しいことじゃないのではないかと…。だから、ボッスンが言ったとおり、いつまででもその恨みを引きずって、マネージャーさんに悪事を働かせて悪者に仕立て上げようとした安田さんの方に、今回は非があったかな。
 だけど、ここからがスケット団のいいところ。二人が公に罰を受けることがないように、ガラスを割ったのは自分達だったんだと先に申し出てしまいました。それが道徳的にいいことかどうかっていうのはよくわかんないけど、安田さんもマネージャーさんもそれで仲直りできたわけで、ちゃんとハッピーエンドだったんだから、さすがスケット団ですよねhappy01note

 銀魂 「千両箱とがらくたの箱」
 このサブタイトルは、刀を突きつけられた辰馬さんの名台詞「星なんぞはただの入れもんじゃ。星があって人がおるんじゃなか。人がおって星があるんじゃ。千両箱の箱なんぞくれてやる。わしは中身にしか興味ない…」から来た言葉ですね。うぉお、辰馬さんかっこいい。いきなり銀さんを商品にし始めるから、どうしたんだろうと思ったら、なるほどそういうことでしたか。
 そして、フミ子さんが爆弾を取り付けた白い悪魔のモビルスーツ「頑侍(ガンサム)」(笑)で出撃しちゃった桂さんですが、さすが爆弾の専門家(?)、無事でしたね。
 いつしか、地球で降っていたエリザベス化する雨の雲は、普通の雨を降らせて地球人を元に戻し、更に地球をキャンバスにメッセージを描き始めました。
「我が母なる星へ 我が友へ 宇宙より 愛をこめて」
 それは、エリザベスからの、プラカードなしの本音のメッセージ。だったようで。いつのまにかモビルスーツに乗っていたエリザベス。その拳で蓮逢軍の母船を一突き……coldsweats02sign03sign03sign03
 めっちゃいい話なのに、最後のエリザベスの声がアムロの声とか、どうしてそんなところに無駄に凝ってるんだアニメ銀魂…coldsweats01sign03笑っちゃったじゃないか。

 何か、もう既に11月が下旬に入ってる。どうしたらいいんだろう、いろいろとcoldsweats01。最近イラスト一つにえらく時間がかかっちゃう紫月ですが、お正月のイラストどうしようかなーって青ざめてます(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

11月諸々感想②

 終わった…crying論文終わったーーーーーーーーーーーっcryingrocksign03
 と、いきなり私情から入ってスミマセン、でもすごい解放感だったもので。あ、もちろん、今上司の方に提出してあって、直しはしないといけないと思うんですけど。うちの上司、こだわりがあるからな~。けど、提出1週間半前にとりあえず終わったので、ほっと一安心です~happy01noteただ、それを終わらせるために今週は職場を出たのが、月曜日に23:30、火曜日は0:10、水曜日は23:00で、寝るのは2時とかだったので、だんだん次の日がつらくなってきて、木・金とひどい頭痛でバファ○ン飲んでも効かないし、金曜日は会議が二つかぶってたので、眠さもあって、もう人として機能できてないダメ人間と化してました(笑)。二つ目の会議では、あろうことか、最前列で居眠りかましてしまって、あーマジすみませんって感じでcoldsweats01。あと、ついでに風邪も引きました(笑)。
 今日は家族もみんな泊まりがけで出かけてたので、解放感に溢れて、颯爽と2階の掃除をして、気分のいいまま相棒7の再放送を見ながら、よ~しとりあえず見た分の記事でも書くかhappy01sign01と意気込んでたら、何でか爆睡してました。分かってます、いつものことです(笑)。

 というわけで、今週分の感想、いってみたいと思いますhappy01note

 相棒ten 第4話 「ライフライン」
 これまたどうにもならないような重い話だったような…。
 運送業者が全てこんなに大変かどうかは分からないんですけど、闇金に手を出さないとやっていけない、だけど闇金はものすごい金利でものすごい取りたて来るわけで、結局苦しむだけなんですよねぇ。右京さんが言うとおり、倒産を勧められるレベルの会社だったんだから、普通の銀行なんかじゃお金を貸してくれないってことなんですよね。だけど、今回の被害者は、お金に殺されちゃったようなもんだろうなーと。お金が返せなくて、闇金の取り立てに苦しんだ自分が闇金の取り立てをする。それってどれだけ自分のこと嫌いになることだろう。そして、それをやらざるを得なくて、やったらやったで同業者に恨まれて殴られて、もう平気なわけないですよねぇ。この社長の帯川さんを殺してしまった青木さんは、帯川さんの苦しさを同じように感じてしまったんだろうな、と思います。見てられなかった…って言ってたけど、それは、帯川さんがどれだけつらいか分かってたからなんだろうし。
 謎だった写真については、意外とあまり事件には関係ありませんでしたけど、そんな関係のない荷物で、故郷の住所を見ただけで写メしたくなっちゃうくらいの心境って、思えば切ないなぁ…と。帯川社長の家族も色々とつらそうだったけど、ここでは右京さんの物腰柔らかな態度や、「力になれると思うから」って言ってくれる神戸くんの存在って、きっと大きかったんじゃないかと思いました。
 それにしても、右京さんの電卓技、すごかったです。たぶん、現在の2課の人たちも、現役じゃない右京さんには敵わない(笑)。

 べるぜバブ 「絶体絶命どうしましょう」
 男鹿くんと東条さんが男前過ぎて男前過ぎてhappy02heart04sign03
 ヒルダさんが貫かれて、少なからず動揺するベル坊に冷静に「泣くなよ、ベル坊。ヒルダが見てるぞ」って言うんですよ。それがメチャメチャかっこよかったです。葵ちゃんをお姫様抱っこしてて、葵ちゃんは気付いた時にきゃあってなってましたけど、そんな葵ちゃんにも冷静に「ヒルダを見ててくれ」って。男鹿くんは古市くんと違って全然恋愛とかに興味なさそうだけど、いつも自分を下僕のように扱うヒルダさんのこともちゃんとよく見てて、ヒルダさんが何を大事に思ってるかちゃんと分かってて、人として大事にしてくれてるというか。そういうのが本当にかっこいいと思いました。
 そして東条さん。出馬さんは悪魔に取り憑かれてるんじゃなくて、元々人間界に追放された悪魔の末裔だったんですね。道理で悪魔の妖気を放ってるはずだ。だけど、本物の悪魔がそこへやってきて、その悪魔達には出馬さんですら、全く歯が立たなくて。あっという間に出馬くんは吹っ飛ばされてしまったけれど、「ちょっと強いだけのただの人間」の東条さんが頑張る頑張る。それを見てられなくて、思わず交通整理のおじさんの人形で悪魔殴っちゃった静さんですが、そのせいで悪魔に首を捕まれて吊り上げられて絶体絶命。そしたら東条さんが
「そいつに触ってんじゃねえsign03」ドカッimpactsign03
ってあなた、意識飛んでたんじゃcoldsweats02sign02ちょっと強いだけ、じゃなくて、心身ともにこの人強いわ~って思ったのと、静さんのピンチに意識飛んでても反応して守ろうとするなんて、かっこいいじゃないですかhappy02sign03というわけで、この二人がめっちゃかっこよかったです。
 だけど、そんな東条さんでも男鹿くんでも、本物の悪魔には全然敵わなかった。そこで登場したのは、例の早乙女禅十郎さん。この人は「スペルマスター」で、なんと悪魔を従えてしまうような人なんだそうです。異常を感知して東条さんのところから駆けつけてきた悪魔もプラスして、3人の悪魔相手に圧倒的。…この人は、誰かと契約してるって訳じゃないのかなぁ?

 SKET DANCE 「ヌスット・ダンス他」
 今回は番外編ってことで。
 前半は時代劇。スケット団は忍者として、チュウさんの娘、浪漫ちゃんを助けに行く、という設定。だったはずなんだけど。ボッスンたちの想像の中にいたはずの浪漫ちゃんが空間から飛び出してくるというとんでも設定無視状態から始まって、どんどんエスカレート(笑)。漫画のページを省くという時間を省く技を駆使して、おかしな方向へ行ってるよーcoldsweats01sign02せっかく椿くんや会長が門を守ってるのに、結局助けるべき浪漫ちゃんがもう城の中にいないんだから、なんもすることないっていう(笑)。そして、番外編でもできることがなくて拗ねるボッスン…。生徒会のみなさんは結局朝まで待ちぼうけでしたcoldsweats01
 でも、アイキャッチだけはボッスンかっこよさ気でしたよね(笑)。あと、ヒメコちゃんの衣装もちゃんとセクシーになってました。
 後半は宇宙を旅するSFもの、なのかな?スイッチがパソコン持ってないと思ったら、既に本人がパソコンっていうかロボットになってるよcoldsweats01。そして、ぱぴぷぺぽでしかしゃべらないパペップ星の王子ツバーキくんも出てきて、なんかキャラ違う(笑)。そして、今度は悪役のボスが会長かいcoldsweats01。で、後半の彼らの名前は「ロケット・ダンス」なんですね(笑)。ところが、ツバーキくんを送ってあげることになったのはいいけど、ぼろい宇宙船だから、めっちゃ時間かかるよっていう話でcoldsweats01。ツバーキ君の宇宙船直せばよかったのにねって…それもあとの祭りで、更に言えばパペップ星のトラブルは、パペップ星の王子としてツバーキ君を試すための王様の計らいだったようで…会長、本物の海賊だけど、王様に協力してくれてただけみたいです。道理でフィアンセのミモリンがニッコニコだったわけだ(笑)。
 今回どちらも生徒会のみなさんが待ちぼうけ喰らうって結果になっちゃいましたねcoldsweats01
 そういや、今回はCMでいちいちGACKTさんの曲のCMが流れるから、思わずCMまで全部見ちゃったじゃないか。

 銀魂 「宇宙ブルルン滞在記」
 タイトルからしてパクリ臭がぷんぷんしてた今回だったわけですが。
 何はともあれ、地球が「白い悪魔」蓮逢に侵略されるってことで、辰馬さんたちの協力を得て、万事屋が蓮逢の宇宙船(なのか?)に乗り込むことに。…新八くん…存在感の薄さって、時に役に立つんだね…不憫(ノ_-。)。(←メガネの方が存在感あった人。←そしていつものこと。)
 それにしても、乗り込んだはいいけどどこまでもツッコミどころ満載。カレーかと思いきやライスにファミコンのカセットかけてるし、何でか銀さん達はそれになじんで更にレベルの高いカセット要求してるし、辰馬さんはとりあえず船酔いしすぎだしcoldsweats01sign01
 で、レベルの高いカセットを食べてもいいのは(つーか食べ物じゃないだろcoldsweats01)将軍とか位の高い人だけだってことで、取り囲まれちゃった銀さん達。なんか、地球を救うってレベルの話してんのに、どんだけくだらないことで計画おじゃんにしようとしてんだこの人たちgawksweat02周りを蓮逢達に囲まれて、絶体絶命…って思ったら、なんと颯爽と助けに入ってくれた一人の蓮逢…。それはまさか…エリザベスーcoldsweats01sign02
 で、一番偉い将軍が陸奥さんを連れてやってきた部屋。
「知ることになるだろう。我々蓮逢軍がなぜ白い悪魔と呼ばれているのか…」
 そこにずらりと立ち並んだ白いロボットは…
 ガ○ダムかいっcoldsweats01sign03連邦軍かいっcoldsweats01sign03
 BGMまでガン○ムでとりあえず大爆笑。
 更にEDはキャストの役名が「ギンザベス(坂田銀時)」とか「ゲロザベス(坂本辰馬)」になってて、もうふざけるにもほどがあるっていうか、どうしてこんなにあさっての方向に行けちゃうんだろう銀魂は。遊び心が旺盛すぎて楽しいにもほどがある。
 
銀魂ってサンライズが作ってるから、このパクリはOKだったんですね(笑)。これ、きっと原作にもあったんだろうと思うんですけど、空知先生もその辺は分かっててやってらっしゃるんだろうか。

 さてさて、まだ見てないビデオが山盛りに溜まっちゃってるので、とりあえず少しずつ消化していこうと思います~。ずっと忙しすぎて髪の毛が桂さんほどに伸びてきちゃったんですけど、そろそろ切りたい、マジで切りたい。明日切りに行けるかな…?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

11月諸々感想①

 さて、もう11月ですねぇhappy01noteもう~そろそろ書こう、年賀状~とかCMで流れると、うっそぉって思うのは、紫月だけでしょうか(笑)。余裕のあった時期に半分くらいはやってあったものの、2ヶ月間忙しすぎて手をつけられなかった論文を、逆算したら後5日で仕上げないといけないって気付いたので、ぴゃ~~~って泣きそうになってますけど、絶対休日は休む主義は貫き通してます(笑)。休みに休まなかったら壊れちゃうも~ん。

 では、今週も諸々感想スタートですwinknote

 相棒ten 第3話 「晩夏」
 今回は何だか不思議な感じのお話でした。ちょっぴり現実離れしてるような世界観が漂っていたというか。和歌の世界っていうのもあるけど、40年前の事件っていうのもそうだったし、最後まで騙されてるような雰囲気だったというか…。
 まず、毒の入った小瓶からして、どことなく骨董じみてて、風流だなって思いました。傘が和服に合うものだとか、小道具もちょっと繊細で、そういうものに通ずる知識を持ってる右京さんでしたが、その理由はもちろん、たまきさんがいたからな訳で…。右京さんが「愛」というものが、人を勇気付けたり、逆に臆病にしたりするって語ってるあたりで、おぉ、右京さんが愛について語ってらっしゃるhappy01sign01と、思いながらも、たまきさんいなくて右京さんは寂しかったりするんだろうか、と余計なことまで考える紫月(笑)。
 最後、あの先生が、毒の小瓶だと知っていながら復讐を受け入れるつもりでコーヒーに入れて飲んだのは、高塔さんへの愛ゆえだったと思うんですけど、高塔さんはそれで飲まなければ先生が40年前の犯人で、自分が愛されていた証拠なのだと考えたかった。いわゆる相思相愛だったのに、高塔さんは自分が愛されてたわけじゃなかったんだと思って、自殺しちゃったわけで、ちょっぴり切ない終幕でした。
 それにしたって、捻じ曲がった親知らずの治療が嫌で、結局何だかんだで治療から逃げてた右京さんがかわいすぎだと思いました(笑)。そして、それをほんのりからかってる神戸くんと課長、楽しそうでしたhappy01noteあ、あと、半日かけて40年前の捜査をした刑事さんを探し出した神戸くんへの右京さんの一言。
「神戸くん、君……意外と根気強い」
 きっと神戸くんは、右京さんになかなかやるなって言って欲しかったcoldsweats01

 べるぜバブ 「刺客は客ではありません」
 おぉお、本当に東条さんと静さんは幼馴染みなんですねぇ。静さんは小さな時からお嬢様だけど元気で勇気があってかわいくて素敵ですhappy01note東条さんに付き合って一緒に待っててくれる静さんとか、そんな静さんが寒がってたら東条さんが学ラン貸してあげるとか、何気に仲良しさんなこの二人。だけど、静さんはともかく、こちらも東条さんは何とも思ってなさそうな…coldsweats01。東条さんは出馬くんと喧嘩したいって言ってましたけど、それって過去の柵なんですよね?それなのに、出馬くんはなんか悪魔に取り憑かれてるっぽいよ~???東条さん大丈夫でしょうか。
 さて、男鹿くんの方はといえば、ヒルダさんが男鹿くんのお母さんからコロッケ習ってたり、ヒルダさんと一緒にお買い物に行ったり、ヒルダさんが葵ちゃんにコロッケ食べる?って誘ってたり、なんだかすごく微笑ましい光景が広がっていたのに、葵ちゃんがヘカトスとかいう悪魔に捕まって、二人で取り返そうとしたら、今度はヒルダさんが…つつつ、貫かれて…おりますけどcoldsweats02sign02一番邪魔なのは侍女悪魔のヒルダさんだった…って…いやいやいや、ヒルダさん大丈夫なのcoldsweats02sign02悪魔って、刺されたら死んじゃうのかなsign02大変なことになって終わりましたけど、また新たな展開になりそうな感じですねぇ。

 SKET DANCE 「武士と服装」
 相変わらず振蔵くんは、侍を目指してて武士っぽいくせに、やってることは意外と現代の若者ですよね(笑)。
 ていうか、バクマン。であずきちゃんがやってた女の子の役って、この「めぐみちゃん」だったんだcoldsweats02sign03ここの一場面が、バクマン。のテレビの中の一場面として使われていたっていうところで、よりびっくり。
 「めぐみどの」のために、現代風のファッションにすべきなのか、今まで貫いてきた信念を貫くのか悩んでいた振蔵くんですが、スケット団にアドバイスを受けて、さくっと現代風ファッションにしていくことに。スケット団的には(面白そうだから。)付き合うことに(笑)。
 自分で選んだらすごいことになったし、ヒメコちゃんたちに任せたら、なんかすごいリーゼントになったし、スイッチは悪ふざけでベジータにしちゃうし(笑)。ボッスンに至っては、それもうファッションじゃなくて着ぐるみ(トリコの怪物っぽい奴)だよねcoldsweats01?で、髪の毛も眉毛も整えてみれば、新妻エイジって?え、今回のSKET DANCEはジャンプ系パクリ???
 ようやく普通のファッションにして、「めぐみどの」に会うことになってみれば、待ち合わせ場所で来たメールは
“待ってる。ずっと待ってる。”
って、それもバクマン。ネタだよねーcoldsweats01sign02あずきちゃんの、サイコーに言ったセリフだよねー
coldsweats01sign02なんていうかもう、これバクマン。とのコラボと言っても過言ではないレベル。
 でも、振蔵くんの予想通りだと思っていた「めぐみどの」は、弟くんとの知り合いで、実はすっごいごっつい人が本物で…はい、メル友って怖いですねぇcoldsweats01
 あ、EDでちゃんと小倉メグミさんのところ、「亜豆美保」になってたcoldsweats02sign03
 後半は、その振蔵くんがごっつい人にもらってきたビリーズ○ートキャンプのパチもんDVD(笑)。ジェイソン先生のダイエットにも…という一言で、張り切って見始めたヒメコちゃんでしたが、ツッコミどころ満載。…だったんだけど、それなりにやったら大変で、感動もあったようで。ジェイソン先生が他人事じゃないと思って見てたのはこの辺りだな、きっと(笑)。で…見てるだけに終わっちゃったボッスン。最後のオチは、一番乗り気じゃなかったボッスンが、一番はまっちゃったってことでcoldsweats01

 銀魂 「忘れっぽい奴は忘れた頃にやってくる」
 え、それって、辰馬さんのこと?(かもしれない。)
 おぉおお、超久しぶりに辰馬さん見た。ていうか、この人、メチャメチャたまにしか出てこないけど、OPとかには高確率で登場しますよね。それなりに重要人物なのかしらcoldsweats01ぶっちゃけ、ハタ皇子の方が、まだ出番ある気がする(笑)。
 さて、今回はエリザベスの謎について明らかになりそうな感じだったんだけど、これ、本物の蓮○さん的には大丈夫なの?許可とか取ってあるのcoldsweats01sign02(←余計な大人の事情の心配)刈り上げにこだわりすぎだし、っていうかもう唐揚げ投げてるし(笑)。(←刈り上げですらない。)
 で、無駄な回想の挙句に、「レンホウ」って、
幻の傭兵部隊「蓮蓬」のことだったんですね(笑)。そして、エリザベスがその傭兵部隊のリーダー?元カノがいて?桂さんの前から1年以上も前に姿を消していて?そして、地球に攻めて来ようとしている彼らの中に、今エリザベスはいるわけですか?とりあえず来週に続く感じだったので、詳しいことはよく分からないままだったんですけど、桂さん、エリザベスの全部のボードを取っておくなんて、意外とマメ。そんな意外とマメな人が、なんで一年もエリザベスがいたことに気付かなかったかというと、どうやら都合の悪い記憶を消されてしまったからのようで…。エリザベスってかなり桂さんのこと慕ってると思ってたんだけど、どうなんだろう?

 さてさて、今週末はお出かけ予定なので、こちらの記事は文化の日に仕上げてます~(笑)。きっと金曜日はすごく遅くまで仕事してるだろうし、土日は出かけるしなので、土曜日に公開されるように設定しておきますです~。コメントなどのお返しが遅くなったらごめんなさいですcoldsweats01sign01

| | コメント (2)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »