« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月27日 (火)

12月諸々感想④2011最終号

 本当に2011年が終わってしまいそうになって来ました。いつもの感想が最後の最後で遅くなっちゃってすみません。今週は相棒も元日SPまでないし、いつものアニメもお休みみたいなので、今年はこの記事を最後にしたいと思います。

 クリスマスは横浜のおチビちゃんのところへ行きましたが、おチビちゃんが天使のように無邪気に喜んでくれて、そりゃあかわいかったです。クリスマスの食事の用意をしながら、目をキラキラさせて「なんだかワクワクしてきちゃうねぇhappy01heart04note」と喜んでたり、心底嬉しそうにご馳走食べてたり、たくさんクリスマスプレゼントをもらって、きゃいきゃいはしゃいでたりするのを見てたら、来てよかったな~って思いました。一般の4歳児に比べたら、元気がよくて小さくて、感情表現豊かなので、かわいくってかわいくってlovelynote25日には、地元で雪が降るという予報だったので、早々においとましたんですが、もう帰るねって言ったらどんどん元気がなくなっちゃって、うつむいてしょぼしょぼ泣き始め、うずくまって、ちっちゃい子が更にちっちゃくなってるから、まぁかわいいかわいい。よ~しよしよし、また来るねって、思わず言ってしまいました(笑)。それでも、わぁわぁ泣いて見送られると、後ろ髪引かれるといいますか。何歳くらいまで、あーやって天真爛漫でいてくれるのかしら…。

 それでは、今年ラストの感想を綴ってみたいと思います。

 べるぜバブ 「お待たせしました」
 ネットゲームをしてて、遂に隣の部屋と対戦してたことをつかんだ姫川さん。更に、外へ出てて、ヨルダさんを追いかけ、同様に隣の部屋にたどり着いた古市くんとラミアさん。けど、焔王サイドはこれ以上見つかるのを避けるために結界を張ってしまって、結果古市くんとラミアさんは異次元に閉じ込められてしまう羽目に。(そして姫川さんたちは、何もない場所を目にすることに。)
 さて、今回は全員レベルアップの回、ってとこでしょうか。
 アランドロンの転送術がレベルアップ、ヒルダさんは回復してレベルアップして遂に戦いに復帰、葵ちゃんは何やら神社の得体の知れないものをまとって闘えるようになったみたいですね。そして、傷だらけになった男鹿くんも、レベルアップ完了したみたいです。
 けど、ヒルダさんは強いだけじゃなくて侍女悪魔としてのプライドも、焔王坊ちゃまを取り囲んでる3人よりずっと高い気がしました。叱るべき時は叱らなくちゃいけない。全くですね。
 そして、そこへ遂に乗り込んできたベヘモット34柱師団。(←漢字こうだっけ(笑)?)結界が解かれたことで鉢合わせた姫川さんや神崎さんたち石矢魔軍団に、たまたまマンションのガラス掃除のバイトしてた東条さんも加わって、いよいよリベンジ開始、ってとこですね。

 ところで、男鹿くんの武器はアランドロンですかcoldsweats01sign02

 引き続きべるぜバブ 「オレが親です」
 魔剣アランドロンって(笑)。
 本当に使ったわ、男鹿くん…。しかも、アランドロン弱い。
 さて、ギャグ要素はそこまで。レベルアップした東条さん(「あ、熊みたいに強い奴」だと信じきって、本当に熊と戦ってレベルアップしたそうなcoldsweats01。)や葵ちゃん、その強さの一端は、柱師団相手に発揮していたわけですが、男鹿くんにこれは自分の闘いだからと止められました。元々東条さんはそんなこと関係なしに暴れたいタイプのようですが、男鹿くんとベル坊の真剣さに心打たれたのか、その場を譲ってくれました。東条さんってすっごく頭悪いみたいだったけど、空気は読めるんですね、さすがですwinkshinegoodsign01
 そして、ゼブルスペルでマークした相手を叩きのめす技で、悪魔の一人を吹っ飛ばして見せました、男鹿くん。なんか、禅さんの技だけど、男鹿くん流になってますよねcoldsweats01。で、ベヘモット34柱師団のナーガさんから、全員が男鹿くんを殺してベル坊を魔界へ連れ去って、その間に焔王に人間を絶滅させるという意志を持ってるってことを聞いて、男鹿くんは断言。
「ベル坊は人間を滅ぼしたりしねえよ。何で分かるかって?」
 にやりと笑みを浮かべて
「オレが親だからだ。オレがこいつに、そんなしょーもないことはさせねぇ」
 …………男鹿くん超かっこいいな。
ベル坊も思わず目を見開いて男鹿くんをじっと見つめてます。これまで、ベル坊を押し付けるために、親代わりになってくれる相手を探していたのに、真正面から受け止めて、真っ直ぐに育ててやろうっていうその心意気。何気に前回のヒルダさんに通じるものがある気がします。ヒルダさんは悪魔だから、人間を滅ぼす坊ちゃまの方がいいんでしょうけどね。
 で、おもむろに取り出したのは哺乳瓶。
「スーパーミルクタイムsign01
 これだけ時間がかかってるのに、ちゃんと待っててくれる悪魔さんたち、本当にいい人たちだと思いました(笑)。しかも、「まだかsign01」とか聞いてくれてるし。けど男鹿くんは「まだだsign01人肌になるまでさまさねーと、やけどしたらどーすんだsign01
 そんな姿を見て、古市くんまでしみじみ。何だかんだ言って親らしくなってきた…そう思ったとき。

 ぐびぐびぐび。
「て、お前が飲むのかよcoldsweats02sign03

「う、まず。ベル坊くん、もうこれ以上はっ…shocksign03吐くsign03吐くからもう勘弁してくださいsign03

 人肌云々はなんだったのか、と。
 しかし、それでどうやら男鹿くんの体内魔力リミッターが外れるようです。ベル坊と男鹿くんが融合した感じになって、自由に打ち出せるゼブルスペルを足場に、自由気ままに戦い始めました。すっごく強かったけど、ナーガも強いので、更にミルクを飲んでみた。そうしたらなんか見た目までベル坊になっちゃいました。これ、強いのかcoldsweats01???と、思ったら、無邪気にゼブルスペルの紋章を大量に打ち出して…ものすごい大爆発。ベヘモット34柱師団3人とも倒してしまいました。そうか。あれ、強かったのか…。
 多用すれば人の身体がもたない、と禅さんに忠告を受けていたようですが、全力を使い果たして、ベル坊も男鹿くんも元通りになったみたいです。で、古市くんはたまたまラミアちゃんの上に倒れこんでいて、それを見たラミアちゃんラブの焔王様、怒っちゃいました。今度は全軍率いて古市くんを倒しに来るそうですが、人類は大丈夫そうですかcoldsweats01???
 元旦はお休み、8日はお正月スペシャルで、番外編みたいな感じのようですね~。

 SKET DANCE 「きぐるみぶれいく」
 あぁ、使いづらい手って、本当にもどかしいですよね…coldsweats01
 以前、障がい者の体験をするということで、軍手をはめて、指は半分くらいまでしか入れずに、細かい作業をやったことがあるんですけど、ほんっとじれったかったですもん。テープで封をしてくださいねー、毛はつけないようにしてくださいねーって無理やんcoldsweats01sign03
 というわけで、スケット団が着た着ぐるみの、だるんだるんのあの手がいかにもどかしいかというのは、何となく分かる気がした今回。それにしても、色々大丈夫だったんでしょうか、大火事になっちゃいましたけどcoldsweats01。スペクターたち怨霊の着ぐるみたちももう焼け爛れてみるも無残な姿に…coldsweats01
 そもそもの原因は、スタッフさんの「あの小屋で休んでて」が分かりづらかったことですよね。スケット団は、自分達なりに精一杯のことをやっただけであって…百香ちゃんたちはヒメコちゃんたちがいない分を精一杯つなごうとしてくれただけだったし。なのに、やっぱり着ぐるみが来ないこと忘れて百香コールとかしてる場合じゃないから、スタッフさんcoldsweats01sign03
 ボッスンたちの機転(?)のおかげで着ぐるみショーは一応無事に行われたわけですが、恐ろしい姿の怨霊達に子供たちみなクモの子を散らすように逃げてしまって、スタッフさんとか百香ちゃんたちしか見てないっていう(笑)。いくら怨霊だって、もともとかわいくないキャラクターだからって、あれは怖いわ…gawksweat02
 次回予告は、ひたすら今回しゃべれなかったスイッチのオンパレードでしたが、こちらもお正月ネタ?なんでしょうか。今週はお休みみたいなので、5日とかになるのかな???

 銀魂 「忘年会でも忘れちゃいけないものがある」
 もしかして、今クールのOPは、この回を少しイメージしてたのかな、と思ってみた紫月です。初めてこのOPを見たときに、銀さんのことを憎からず思ってる女の人は結構いるんだな、と思ったりしたわけですが、今回銀さんと同時に付き合うことになった人たちばかりじゃないですか(笑)。(長谷川さんまで(笑)。)
 銀さんはこういう恋愛系のネタには疎そうな感じなんですけど、お登勢さん、お妙ちゃん、九ちゃん、月詠さん、さっちゃんさん、おまけで長谷川さんと同時に6股で付き合ってる振りするなんて、絶対対処法間違ってると思いますーcoldsweats01。にしても、銀さんの記憶はないみたいだし、K点越えそのものが絶対怪しいと思う(笑)。
 で、これ、どうオチをつけるのかってことで、続きも見てみましょう(笑)。

 引き続き 銀魂 「人は忘れることで生きていける」
 長谷川さんはともかく、七武海ってことになってます、銀さん(笑)。相変わらずパクリスペックの高い銀魂です。で、5人の女の人が、銀さんと同じ日にデートすることになっちゃって、さあ大変。全蔵さんが分身の術ならぬ、からくりの術(?)でフォローしてくれたわけですが、分身の術に至るまでの、○ーコとおす○とク○ス松村と馬と、その辺のくだりでまず爆笑(笑)。目を開けてみたら馬がたくさんいたのも死ぬかと思った(笑)。
 で、プラネタリウムデートになったわけですが、5箇所同時に色んなことが起こるのに、全蔵さんは痔が悪化するし、初号機から4号機まで連動してるし、セリフはいちいち痔に関わるものしかないし、もう笑うしかない(笑)。で、お妙ちゃんのところで操作しようとしたら、なんとお妙ちゃんの頭をパックリ食べる動作になってしまって、怒り爆発のお妙ちゃん、初号機がむしろ喰いちぎられてお妙ちゃんが初号機とか、ごめんもうそれエヴァまでパクってるんですかcoldsweats01sign03よくもこうネタが無尽蔵に出てくるもんだなぁ…。
 で、結局ばれてしまって、木に吊るされた銀さん。女性陣に散々な目に遭わされて、それでも2週間、こっそり銀さんのために用意された食べ物がおいてあって、自分の身勝手さをすっかり反省したようです。もう二度とお酒は飲むまいと、助けてくれた全蔵さんが入れてくれた器のお酒を捨ててしまいました。これは、銀魂独特の、散々やらかしたけど、いい話につながったぜ、な展開になるのかと思ったら、

 ドッキリ大成功sign03

 あぁ…うん、どこかでこれのオチをつけるとしたら、それかもね、とか、チラッと思ってたけど、まさかの定番オチですかcoldsweats01sign02まぁ、初めは女性陣が本気だったら、色々と傷ついたかも、とか思ってたけど、一番傷ついたの、銀さんだったかも…coldsweats01。お酒に飲まれると、いいことありませんねぇ…。
 最後は、すっかりお酒をやめてしまった銀さん。その理由は、騙されてお酒は飲まないって誓ったからじゃなくて、騙した人たちに復讐するその気持ちを忘れたくなかったから。なんだか、銀さんが荒んじゃったcoldsweats02sign02いくら本気じゃなくったって、女性陣、そんなに銀さんのことは嫌いじゃないよsign01と、焦った紫月でしたが、銀魂が今後に影響するような終わり方をするってことは、ないんですねぇ(笑)。ていうか、定番オチで落ち着くような銀魂じゃないですよね(笑)。
 お酒を飲んでた長谷川さんに、人を騙しておいて、よく酒が飲めるな、と皮肉った銀さん。そうしたら、長谷川さんはキッパリと
「オレははめてない」
 …あれれ?そういえば、途中から長谷川さんは展開から取り残されてたような気が…。あれ?はめてないってことは…長谷川さんと起こしたたことだけは…?
 早足でその場を去った銀さん。その衝撃の事実を忘れるために、店で一番強い酒を所望しましたとさ(笑)。

 さてさて、今年はな~んか時間がなかったというか、疲れて寝てることが多かったというか、ビデオ見てる時間が長かったというか、最後までダメダメな紫月でしたが、それでもお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。何はともあれ、来年は元旦にお正月イラストをアップするために、残り4日間を、大掃除とイラストに費やしたいと思います。何とか間に合いますようにcoldsweats01sign03

 それでは皆様、よいお年をお迎えくださいませhappy01sign03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

12月諸々感想③

 今月に入って恒例の日曜更新ですcoldsweats01
 いや~、昨日は法事やらなんやら、今日はタイヤ交換や洗車やらなんやらで、今日の午前中まで潰れて、やっと先週溜めたビデオを消化したのが午後4時近く、そこでハッと気づいて、あ、やっべ、先週の日曜から、自分のパソコン開いてないや。開いたら案の定、セキュリティーソフトと、更に追加でWINDOWSまでアップデートを始めて、古い紫月のパソコンは身動き取れない状態となりました…gawksweat02。ビデオ見てる間に開いときゃよかった…。
 というわけで、新しく買ったばかりの家族共用のパソコンの方で打ってるんですが、今一つ動きに慣れないですね~。変換とか、カーソルの移動とか…。でも、動きは圧倒的にこっちの方が早いので、みんなが使ってないのならまぁいいか、と思って使い始めたのが5時ってところです。うぅ、今日はもう年賀状作らなきゃ…って思ってたはず…。
 それというのも、クリスマスから年末にかけて遊びに来るよって言ってたおチビちゃんの家族の、ママさんが少し体調を崩したらしく、急に来られなくなってしまったのです。体調不良といっても、大したことはないらしいんですけど、お医者さんから、まあ、あんまり無理はしない方がいいかな?って言われたそうで、2時間ほどの旅もママさんにとっては無理の部類に入ったようです。もちろん、こっちはこっちで、おチビちゃんのためにとクリスマスパーティーの準備もしていたわけで、キャンセル、と言われて、ちょっとがっかり。ところが、がっかり、で済まなかったのがおチビちゃんの方。ママに遊びに行けなくなったと言われて、泣き出してしまったそうです。みんなといっしょにクリスマスしたかったー…と。その他にも、落ち葉集めて焼き芋するんだー(←それ、うちでも無理じゃ…coldsweats01)とか一緒にお餅つきするんだーとか彼女の中では期待一杯だったらしく、元気がなくなっちゃったから、代わりにこっちへ遊びに来てーと言われたわけです。
 クリスマスに遊びに行く、というのは向こうの提案で、それによって色んな人がそのために動いていたり、期待していたりしたわけで、そういうのを何で平気で無下にできてしまうかなーと思わなくもないんですが、体調が悪いなら仕方ないのかなーと、ちょっと理不尽な気分の紫月でした。自分だったら、その期待を裏切るのがつらいから、少々怪我してようが風邪ひいてようが、自分が我慢する方を選ぶと思うので。身内でも、考え方はいろいろあるもんです。
 それでも、泣いちゃったおチビちゃんがかわいそうだったので、こっちから行くよ、と電話をしたら、「あのね、おっきなクリームいっぱいの、イチゴいっぱいのケーキ、いっしょにたべよおねhappy01heart04sign03」って元気一杯にお返事していました。あぁかわゆいhappy01note
 というわけで、今週は23日から出かけて帰ってくるのが25日になる予定なので、あら来週も更新は日曜日にできるかどうかってレベルですね…coldsweats01。なんかもうホントスミマセン。とりあえず、24日までに年賀状出しとかなきゃってことで、一般の人への年賀状は、その辺からダウンロードしてくることにしました(笑)。1月1日にこっちでイラストはアップできるといいな、と思ってますが。年末の自分の時間は確保できそうになったので…。

 無駄に口実が長くなっちゃいましたが、今週も感想を書いていきたいと思います。ただし、このお部屋ではビデオが見られないので、全て紫月の記憶による感想です~(笑)。(←普段も大概記憶によるものだが。)なんかおかしなところあったらごめんなさいcoldsweats01

  相棒ten 第9話 「あすなろの唄」
 
今回は最初から犯人がはっきりしてましたね。真面目な栗田教授が高松教授を殺してしまったわけですが、神戸くんの「せめて自殺だったら」っていう気持ちは分かります。だって、警視庁ですら栗田教授を捕まえてしまったら、大変な価値のある研究を続けられなくなってしまうと思って、自殺で片をつけようとしたわけですから。でも、刑事部長とかは、事件の真相はどうであれ、それで片をつけようという思い。それに対して、神戸くんのは儚い望みなんですよね。右京さんは必ず真実を突き止めるだろうし、きっと栗田教授が殺してるんだろうという確信を持った、切ない思い。右京さんは右京さんで、栗田教授の研究がどれだけ将来の日本にとって重要な意味を持つものなのか、そして、栗田教授が捕まるということが、それを続けられなくなってしまうということもよくよく理解した上で、それでも栗田教授が犯人だということが残念。そういう考え方ですよね。栗田教授がどうにかして助かったら…という思いはないんだろうな、と思います。犯罪を犯した栗田教授が見逃されることは許されない。それがきっと右京さん。
 で、そんな右京さんと神戸くんしか捜査をしてないと思った栗田教授。右京さんがまた自分達を狙わせるようなさりげない嘘をつくものだから、今度は右京さんと神戸くんを殺しにかかりました。いやいや、そこまでしたらもう、研究のためにとかそんなこと言ってられないだろうcoldsweats02sign03明らかに危険人物です。
 高松教授の命より大切にしたかったバクテクロリスたちを、自分の仕掛けた高濃度の硫化水素で全滅させてしまった栗田教授ですが、自業自得、因果応報、まさに自分のせい。人を殺そうとした報いですね。
 今回の右京さんと神戸くんですが、何も言わなくても、融資を申し入れていた企業の名刺の受け渡しをたいへんスムーズに行っていたり、内村さんたちに呼ばれてお説教されてる時に、こともあろうに携帯の呼び出しに応じて部屋を出て行ってしまった右京さんの代わりに「僕が聞きますからcoldsweats01」って神戸くんがかばってたりした辺りが面白かったです(笑)。だいぶツーカーになってきたな~って(笑)。

  べるぜバブ 「燃えろ、超絶合体sign01
 
えっとぉ、ジャンプ誌上でこのネタは流行りなんですかcoldsweats01
 つい最近カイエーン(@銀魂)を見たばかりの紫月は、この展開に思わず笑ってしまったんですけど、もちろん全く状況は異なるんで、偶然の一致でしょうね(笑)。
 焔王一味と姫川さんちで集まってネトゲをすることになった石矢魔軍団。何やら戦争ゲームみたいので一進一退を繰り返していたけれど、石矢魔軍団にはネトゲにはまっていた過去のある姫川さんや千秋ちゃんがいるので、意外と強い。しかも偶然超レアアイテムのロボとか入手しちゃったりして、一気にいい感じになってたんですけど、焔王一味はなんかシステムそのものを改造して、自分たちに都合がいいようにしちゃいました。
 それに腹を立てた姫川さん。なんと、そのネトゲそのものを会社から買い取ってしまいました(笑)。あれだ、金持ちは発想が違うなcoldsweats01sign01それで改造し放題。レアアイテムのロボを大量に入手しまくって、なぜか超絶合体と相成りました(笑)。もう何のアニメなんだか。
 その頃、男鹿くんは禅さんと修行中。…禅さんはすごい人なのかそうでないのかが、今一つよく分からない修行だと思ったのは、紫月だけ(笑)?

  SKET DANCE 「薫風」
 ヒメコちゃんの過去のお話後半。
 あーちゃんにハメられて、不良たちを叩きのめしたヒメコちゃん。翌日職員室に呼び出されて、あーちゃん本人もヒメコちゃんに殴られたと証言した、と聞いて、だったらその通りだ、と言い残して職員室を出てしまいました。ヒメコちゃんがあーちゃんに手を出すわけがないから、あーちゃんにそこまで嫌われていたのかって思ってショックだったのか、そこで友達なんていうのは信じられないとぷっつり気持ちが切れてしまったのか。その後もそれがきっかけで売られた喧嘩を買い続けたら、強かったせいで、いつの間にか鬼姫と呼ばれるようになっちゃったんですね。
 もうその中学の子がいるところにはいられなくて、開盟学園に入学してきて…。
 ヒメコちゃんがボッスンとキャプテンにすごく心を開いてるのは、こういうエピソードがあったからなんですね。最初からキャプテンに対しても、すごくお世話になった、って言ってたような気がするから、ちゃんとヒメコちゃんにはそういうエピソードの設定があったんですねぇ。
 キャプテンは遠投のすごさをかってくれて、しつこいくらいソフト部に誘ってくれました。ボッスンはヒメコちゃんが捨てようとしたポップマン(?)の帽子にめっちゃ食いついて、そこからなぜか付きまとってくるように。はぁ~、ボッスンの帽子はこれで、ゴーグルはめると集中力が増すっていうのも、元々はここから来てたんですねぇ。
 ボッスンの、ヒメコちゃんのきっつい言葉を聞いて傷つくくせに、恐る恐る寄ってくる辺りが面白かったです(笑)。お弁当一緒に食べようとして、微妙な顔して「みんなで食べた方がおいしいっていうし」って(笑)。
 二人が構わずに付きまとってくるから、ヒメコちゃん的にはほとんど気を許してたんだろうけど、あーちゃんのトラウマから抜け出せてなくて、キャプテンの様子がおかしいこと気になって、気にかけて、声もかけたけど、今度は自分から「助けに行く」って言えなかったんでしょうか。ボッスンの迷いのない「助けに行く」「人を信じられない方が悲しい」っていうような言葉が、後押ししてくれてた気がします。そして、ボッスンには場所を教えなかったヒメコちゃん(笑)。ボッスンが、決して喧嘩には強くないってこと、ちゃんと見抜いてたみたいです。だけど、ヒメコちゃんとキャプテンのピンチを集中モードで助けてくれたボッスン。涙と鼻水垂らしながら何で教えてくれなかったんだって喚いたり、俺が…って前に出てめっちゃへっぴり腰だったり、今一つ決まらないボッスンだったけど、「俺は裏切らない」って言葉はすごくかっこよかったし、ヒメコちゃんの強さを「必要だ」って言ってくれたその思いが、ヒメコちゃんにとって救いであり、居場所を与えてくれたんですよね。ボッスンかっこいいです。
 そんなボッスンの肩で声を出して泣くヒメコちゃんにつられ泣きの紫月crying。ずっと泣いてなかったんだねってキャプテン言ってたけど…ずっと寂しいのもつらいのも押し殺して、傷つかないために周りのものを突き放してたんですよね。
 そして、再会したあーちゃんに「ヒメでええよ、あーちゃん」って笑って言えたヒメコちゃん。ボッスンやキャプテンに出会えて、本当に良かった。
 ところで。愚民グミ…スイッチcoldsweats02sign03sign03というか、スイッチと名乗る前のあんちゃんだcoldsweats02sign03あんちゃん、スイッチ(弟の)に、開盟学園には面白そうな奴がいるって言ってたけど、この時のボッスンとのやり取りで、ボッスンに興味を持ってそう言ってたんですねsign03すごい、こんなところでつながるとは思わなかったsign03

 銀魂 「慰安旅行はイヤンどこォ?」
 
前回に引き続き、かわいそうな将軍のお話coldsweats01。確かに、今回もなんか毛皮が臭いとかいろんなことを言われてかわいそうな目に遭ってた上、散々下ネタ炸裂してましたが、あんな散々な目に遭って行方不明になってたのに、自分で山小屋を見つけて、毛皮を見つけて、誰よりもまともに行動してた辺り、やっぱり将軍凄いんじゃないかなって思いました。むしろみんなが放っておいたら、将軍が一番無事に生還できたんじゃ…coldsweats01
 ところがみんなが関わると、あれこれまあいじられる側になっちゃうというか…。
 そんな目に遭ったにもかかわらず、スノボが気に入って、おかしな滑り方を覚えちゃってた辺り、将軍って大物だなって思いました。

 今週はもう相棒お休みなんですね。寂しい。次は元旦スペシャルだなんて、恐ろしい。(←時の流れの速さ的な意味で。)早く…イラスト何とかしないと…gawk。とりあえず、どんなふうに描くかっていうのだけ、決めました(笑)。さて、あれをどうしようか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

12月諸々感想②

 あれ、また更新が日曜日になってるcoldsweats01
 すすす、すみませんbearingsweat01sign03昨日はパソコンが機嫌を損ねてて、セキュリティーのアップデートに失敗ばっかりしてて、稼動領域を増やすためにディスクデフラグかけたりクリーンアップかけたりして、パソコンが使えなくて。いや…あと昨日も用事があったわけですけど…。講演の聴衆として招集がかかってまして…。でも、講演は元関西テレビのアナウンサーということで、1時間半の間、ほぼ休みもせず噛みもせず、次から次へと溢れる言葉は、まさに立て板に水、そして見事なまでの関西弁のマシンガントーク。いやぁ…すごいなぁ…。よくあんなふうにちゃんとオチを考えてのトークを、話逸れても元に戻ってきてまとめて言えるなーって感心してしまいました。やっぱりプロは違う。

 さて、先週もその前もその前も、ヤバイ、もうこんな時期…って焦ってるのに、あれから全く何一つ進展がないっていう恐ろしい状態ですcoldsweats01。ビデオの録画は210番組溜まってますcoldsweats01。きゃぁ~。
 でも、とりあえず感想を書くだけの分はチェックできましたので、今週も感想を書いていきたいと思いますhappy01note

 相棒ten 第8話 「フォーカス」
 犯人なのかと思われる人が、あちこちから出て来るっていうのは、こういう刑事ものによくあるパターンだと思うんですけど、やっとつきとめた犯人が自分を犯人だと思わせて、その動機を隠そうとするっていうのはまたちょっと捻ってある構成だなぁ…と思った今回。
 初めは通り魔が写真に撮られた復讐かと思わせて、でも、事件はそう単純じゃない。で、通り魔の犯行時にストーカーしてた人がそのストーカー行為を写真に撮られてしまったから、それをごまかすためだと思わせて、更に、その人も犯人じゃない。警察関係者でありながら、傍観者効果で、通り魔事件を見逃してしまったことを写真に撮られた人が、その事実を揉み消すために殺した、ということで、今回右京さんは真犯人にたどり着いたんですけど、たどり着いてその人が事実を認めてしまってから、またちょっとどんでん返し。ストーカーしてた人が口止め料として振り込んだお金を突き返されたっていう事実が、真犯人の本当の意図を明らかにする着眼点になりました。
 今回は組写真っていうのがキーワードだったように思います。あのカメラマンさんは話題になりそうな写真ならどんなものでも撮って、それを公開しようとする趣味の悪い人、だったのだと思わせておいて、実はかなり信念の通った気骨のある職人さんだった。人を脅してお金を取ったりするどころか、本当の真実の人の姿を、写真を通して何とか世の中に知らしめようとしてる人だったわけですよね~。けど、それが伝わりにくいっていうのが最大の原因というか…。神戸くんですら、趣味が悪いって決め付けてましたし。真犯人の人も、自分の娘みたいに思ってた女性の遺体を公開しようとしてると思い込んで殺してしまったわけで…。何とか言葉で伝えることは出来なかったのかなぁ…。

 べるぜバブ 「ゲームは一日1時間までです」
 姫川先輩、マジ金持ちcoldsweats01
 というわけで、男鹿くんたちが修行している間、古川くんたちが一生懸命焔王探しをしてたわけですね。ところが、焔王はネトゲにはまってる。で、以前ネトゲにはまったことがあり、ものすごい設備を整えてた姫川さんちで、石矢魔クラスのみんなが集まってネトゲ世界にワープ(笑)。
 意外とネトゲに詳しい千秋ちゃんから、ゲームなんて全くやったことがない城山さんや寧々さんたちまで、なんか色んなリアクションがあって面白かったです(笑)。ゲームやったことない人って、ほんとコントローラーの使い方から何から、全然動きに慣れなくて、変なことしちゃいますよね、分かります。自分は少々分かる方だとは思いますが、それでも慣れてないゲームやったりすると、変なボタン押しちゃったり、思うような方向に行けなかったりしますもん。
 焔王と、侍女悪魔達のチームと、改めて対戦することになったのは、戦場サバイバルゲームみたいなやつ。そしたらこれまたアバター作りで一笑い(笑)。それは慣れる慣れないの問題じゃなくて、センスの問題ですよね(笑)。最初から本人そっくりに作っちゃう夏目くんとか、そっくりでありながら髪の毛おろした美少年の自分にしちゃう姫川さんとか、もうプロでいいです(笑)。
 一方、男鹿くんの元に現れた禅さん。この人は、一枚二枚上手、とかいうレベルじゃありませんね。段違い。少年漫画ですから、きっと男鹿くんは段違いで強くなれるはずwinkshinegoodsign01

 SKET DANCE 「OGRESS」
 以前、超シリアスなスイッチのエピソードがありましたが、今回はヒメコちゃんのエピソード、ということですね。鬼姫と呼ばれる以前のヒメコちゃんが、なぜ鬼姫になり、今に至るのか…までやってくれるのかな?今回は。
 スイッチのエピソードは、色んな意味で驚き要素が満載で、悲しいわつらいわ苦しいわというすっごい重い話でしたが、ヒメコちゃんの場合はまたちょっと違いますね。もうちょっとストレート。
 関西から転校してきて、今ひとつなじめずにいたところで、初めて出来た仲のいい友達。元々姐御肌のヒメコちゃんは、その友達がいじめられてるんだと思って、一生懸命守ってあげようとしたんですよね。ところが、そのヒメコちゃんの思いを勘違いして腹を立てていたあーちゃん。更にいえば、このあーちゃん、ヒメコちゃんが思ってたような、大人しいかわいらしいだけの子でもなかったわけですよね。元々、何かいじめられた過去とかがあったのかもしれませんが、自分がそういう立場に立たないように、お金で不良グループを雇って、自分を守っていたわけで。…どろどろしてる腹黒い女の子って、怖いわぁ…gawksweat02。超苦手。
 どんなに暴力を受けても、必死で手出しせずに、あーちゃんから手を引いて欲しいと不良グループに訴えていたヒメコちゃん。その思いを踏みにじられて、裏切られて、思わずホッケーのスティックで不良グループを叩きのめしてしまった。でもなー。ヒメコちゃん、悪くないと思うんだけど…。
 次週の予告で、金髪になってたヒメコちゃんがいたし、あのとんがり二つの帽子をかぶってないボッスンが出てきてたけど、あのとんがり帽子はヒメコちゃんの好きだったヒーローの、勇気をくれる帽子だったんですね。スイッチは、どうやってボッスンに救われたのかってところまでなかったけど、次週はヒメコちゃんとボッスンのエピソードもありそうなので、楽しみです。

 銀魂 「拙者をスキーに連れてって」
 将軍が出てきて、まともな話になった試しがないんですけど(笑)。どうして、将軍に何かことが起こらないように、土方さんが苦労すればするほど、おかしな方向に行っちゃうんでしょうねぇ…。そして、どうして将軍回はこう、下ネタ要素が…coldsweats01(←そんな中でも、「世継ぎがーcoldsweats02sign03」って焦ってる土方さんは、相当まともだと思いました。)
 そんな土方さんですら、将軍を守る使命に燃えるあまり、自分の大事な大将スノボにしちゃってたり、裸の近藤さんにみんなして手袋しか貸してあげなかったり、いつもながら報われない近藤さん。ほんと万事屋のみんなが関わるとろくなことにならないですねcoldsweats01sign01万事屋さん、そんなに悪い人たちじゃないんだけどねsign01色々とほら、反応と対応が間違ってるんですよね、あの人たち(笑)。そこに、沖田さんが加わると尚更事態は悪化する(笑)。
 将軍、無事だといいですね、色んな意味で…coldsweats01

 あ~、年末までに週末もう2~3回増えてくんないかなcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

12月諸々感想①

 11月24日に買った大きく振りかぶって18巻が、未だに読めずにいる紫月です。うぅ、なぜ。
 論文は終わったのに、仕事の別の分掌で結構切羽詰った状態になってるってことに今更ながら気付いて、ひたすらプレゼンの資料作ってますcoldsweats01。うぅう、去年の担当の人から、もっとちゃんと引継ぎしとけばよかったよ~crying。一応去年の担当の人は今の職場にいるんですけど、どうやらメインでプロジェクトを動かしてたのが異動になった方だったみたいで、上司がその人に電話してくださったんですけど、異動先ではまた別の仕事が忙しいらしくて、すっかり忘れちゃってるらしく…。どおしましょshock
 とりあえず、資料だけ派手に作っておこう(笑)。(←姑息。)
 そうそう、今回記事が遅くなってしまいました、すみません。昨日はちょっとお出かけしてたんですけど…家族で急に北陸まで行ってカニを食べるんだって、越前がにの有名なお店まで行って来たんです。かなり奮発して、大きなカニを食べてきて、それはそれはおいしかったんですけど、そこにNHKの取材がきてました。本当に有名なお店なんだなぁって思いました。

 それでは、ついに入ってしまった12月、1回目の諸々感想スタートです~。

 相棒ten 第7話 「すみれ色の研究」
 右京さんに直接不正を暴いてほしいと依頼してきた加藤さんと、神戸くんに、父親が共同研究者の女性の死に関わっているかも知れないと、不安を訴えてきた加藤さんの娘さん。特命係が全く別の視点から一つの事件に向かって進んでいく形だった今回。でも、加藤さんは右京さんの昔からの友人で、その人となりを知っているからなのか、右京さんは加藤さんに肩入れしているように見えて、神戸くんはちょっと不満。ていうか、普通の一視聴者の紫月ですら、あれ、右京さんがそんな態度をとるのは珍しいな~?てことは、何か意味があるんだろうな~。って見ていたわけですが、自分を信じて捜査を進めた神戸くんが聞き込みに行ったことで、架空の研究で資金を掠め取っていた所長が海外へ逃げてしまったから、警察だって名乗らなかった右京さんの方が正解。そのことで何だか特命係の二人が険悪な雰囲気になって…。
 さて、今回のこの二人、どこから演技だったんでしょうね???
 特命係の部屋で言い合いをしてたのは本気だったと思うんですけど、あの後で「ところで提案なのですが」な感じで打ち合わせちゃったりしたんでしょうか(笑)。
 神戸くんが研究室で右京さんにあからさまに逆らったり、右京さんがまたあからさまにそれを厳しく斬り捨てるような言い方をしたり、その辺りから、コレは怪しい…と思って見てましたけど。Season9にも、何やら不動産屋の振りをしてちょっと失敗してるかわいい右京さんが見られましたが、今回はマジっぽくて演技的には上手になってましたねhappy01noteでも、神戸くんに殴られて怪我しちゃってたし、これ、絶対最後に神戸くんは突っ込まれると思ってました(笑)。やっぱり突っ込まれた(笑)。課長が右京さんの怪我を指摘した時の「あっ、余計なことをsign01」みたいな顔してた神戸くんがかわいかったです(笑)。けど、右京さんに「君、強く殴りすぎでしたよ」って言われて、それを上手いこと受けた上で返しちゃう神戸くん、なかなかの成長ですwinkgoodsign01

 べるぜバブ 「強くならなきゃいけません」
 葵ちゃんのおじいちゃんに、なぜか霧矢くん(だっけ?)の手下になってた剃毛高校(だっけ?←さっきからうろ覚え甚だしい。)の影組たちと修行をつけてもらうことになった男鹿くん。影組がいるせいで、意地っ張りな男鹿くんはやたらでかい石(ていうか、岩(笑)。)を真っ二つに割る羽目に。おじいちゃんにも葵ちゃんにも、出来ることから始めなきゃ意味がないとどんなに説得されても、岩を割ることにこだわった男鹿くん。
 最初はただの意地なのかと思ったし、男鹿くん自身も「男には意地を張らなきゃならないときがある」とか言ってたわけですが、焦ってたんですね、男鹿くんは。おじいちゃんは男鹿くんが焦ってることも、ベル坊が悪魔だってことも全部見抜いてました。葵ちゃんのおじいちゃんは、そんじょそこらの人ではないようです。
 そんなおじいちゃんにも目もくれず、夜通し岩を割ろうと努力し続けた男鹿くん。自分の目の前で、むざむざとヒルダさんが剣で貫かれてしまったことを背負って、自分を責めて、今焦らないわけにはいかない、そう思って。
 その意志の強さの甲斐あって、岩は見事に真っ二つ。そんな最中にも、ベル坊にちゃんと自分の上着をかけて寝かせてあげてたりとか、さりげなく優しくて、う~ん、やっぱり男鹿くんいい奴happy02heart04sign03
 一晩で岩をも真っ二つにした男鹿くんに、おじいちゃんから特別修行の命令が下されました。指定された場所に行ったら…
「わざわざ学校休んできてやったんだぞ、くそったれ」
 あ、禅さん来てた。おじいちゃん、禅さんともつながってたんですかねぇ。知らずにおじいちゃんに弟子入りした男鹿くんでしたが、結果的になんかいい修行が出来そうな雰囲気です。

 SKET DANCE 「クイズ戦士エニグマン」
 ボッスン頭いいなcoldsweats02sign03
 非常に基本的ななぞなぞで、大真面目に悩んでるヒメコちゃんはそれでかわいかったんですけど、
「固くて食べられないパンは?」
「古なったパンやろ。あれは固て食べられへんからな」
「フライパンだろ」
とか思わず笑っちゃいました(笑)。ツッコミ担当が突っ込まれている(笑)。ちなみに紫月はその手の問題には必ず「鉄板」と答えたくなります(笑)。
 そのレベルでヒメコちゃんからは神扱いだったボッスンですが、クイズ研究部のクイズはすごく難しかったので、それを集中モードで解いちゃうボッスンはマジですごかったです。NHKのファイブレインも見てるので、それなりにクイズの解き方とか色々へええって思いながら知識として蓄えてるつもりでいたのに、袋の中身の問題、全然わかんなかったcoldsweats01。あれ、ファイブレインでやってた論理クイズってやつだなぁとは思ったんですけど、なるほど、そうやって解くのか…。ボッスンすごい。
 ブタとヒツジとイヌの問題は、頭で問題を整理することすら出来なかったおバカな紫月ですが、あぁ、なるほどねーって、ボッスンの答えを見て納得。けど、あれ見てなかったら、椿くん状態に陥るわぁ絶対coldsweats01。あそこに会長がいたら、もっと早くに解決したんでしょうけど、完全にスイッチに遊ばれてましたね、椿くん(笑)。
 後半は、そのエニグマンの恋の悩みのお話でしたけど、クエッチョンが仮面を取ったらかわいかった時点で、コレは性格ブスだろうな、と思った紫月、なかなかSKET DANCEの展開に慣れて来たな、と思ったり思わなかったり(笑)。

 銀魂 「さよなライオネルなんか言わせない」
 本物は「さよなライオン」ですよね(笑)?そのネタからして、このお話、原作でも比較的新しいんだろうなって思ったんですけど、そのまま使わずにちょっとずつ変えてくるところが面白いです、銀魂。
 さて、カイエーンは超商戦隊?だそうで、別に戦うわけじゃなくて、巨人相手に商売するためのものらしいです(笑)。カイエーンのテーマソングまであって、それがいかにもロボットアニメっぽくて、もうどこまでもツボ(笑)。ほんと面白いんだからcoldsweats01sign03
 けれど、みんなの力を合わせた奇跡の名刺交換以外は、蓮逢の母船と相打ちで、どんどん壊れていくカイエーン。連逢みんなで取り囲んで、絶体絶命の状況でありながら、それでも母船は強気。そんな強気を打ち砕いてくれたのが、カイエーンの最初の一発で母船の中枢に乗り込んでいたフミ子姉さん。言葉は魅惑的なんですけど、やってることはその中枢の破壊。どこまでも自分らしさを失わないフミ子姉さん、かっこいいです。
 中枢が露わになったところで、蓮逢とカイエーンと最後の頑侍の一撃が一斉に母船に襲い掛かり…。
 後半のお話は、切なくて衝撃的で、ずううっと「えええええcoldsweats02sign02」ってなってた紫月です。えええ、エリザベス、行っちゃうのweepsign02みんなエリザベスの記憶失くしちゃったのweepsign02エリザベスの決意も桂さんの持ちかけた宇野も、切なくて切なくて。お別れも、涙ながらで切なくて切なくて。そして、桂さんだけは記憶を失ってなかったのかな、とか、みんなエリザベスのこと忘れてなかったんだな、とか、いろいろあって、すごい感動するところだったわけです。
OPがEDテーマだったから、EDはOPフルで来るのかなって思ってたんですけど、こういう長編が終わると、こうやってEDがOPテーマフルで長編全部振り返ってくれるのも、銀魂のかっこよさだと思います。まるで映画みたような気分になる。フミ子姉さんも生きててくれたんだhappy01sign01よかったsign03

 なのに月曜日だけヘルプに入るエリザベスって何gawksweat02。レギュラーエリザベスって何。

 感傷的にしといて、もう二度とエリザベスには会えないのかという衝撃的な展開にしといて、ものすごいオチにびっくりでした(笑)。だから、今までのエリザベスとちょっと声が違ったりとかしてても大丈夫だったんですね(笑)。紅桜編に出てたエリザベスはレギュラーエリザベスなんですね(笑)。

 あぁもう、力一杯ひっかかったっcoldsweats01sign03けど、エリザベスいなくなっちゃわなくて、よかったhappy01sign03

 そんな力技が通用するのも、銀魂ならではですねcoldsweats01sign01

 さて、12月は忙しいけど、年末は仕事が休みに入るし、それでどうにかイラストとか色々と間に合うかなって思ってたのに、クリスマスから年末にかけて、いつものおチビちゃんたち家族が遊びに来るとかいうことに…えぇえ、嘘でしょcoldsweats02sign02まずい…それはまずいですよcoldsweats01sign02どーする、どーする紫月、大ピンチsign03…いや、来てくれるのは嬉しいし、楽しみだし、かわゆいんだけど、自分の時間が…ガリガリと削られていく音がする…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »