« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

2月諸々感想肆

 先週、なんだか具合が悪いな~って思っていたら、風邪ひいてたみたいで、1週間微熱と頭痛鼻水鼻づまり咳喉の痛みなどなど、見事なまでに風邪症状に苦しめられたので、結構とっとと帰ってきて、ものすごく早くにベッドに入って横になりながら、昼間に録った相棒Season2のビデオを見るという、大変健康的な(のか?)生活を送ってました(笑)。そうしたら、自分の周りでまたまたインフルエンザ第2波が流行りだして、それあなたが広めたんじゃないの~?あなた実はインフルエンザだったんじゃないの~?って散々言われましたcrying。違うよぅsadsign03だって、インフルに倒れた人はみんなそれなりに高熱を出してたもんsign03感染ルートもはっきりしてたもんsign03紫月じゃないよぉbearingsweat01sign03
 ちなみにうちのボスも今週はインフルで、1週間まるっとお休みでしたcoldsweats01。風邪ひいた自分は何も言えないけど、手洗いうがいはちゃんとして、マスクもするべきだなって…coldsweats01

 微熱はまだ続いていますが、症状は…ちょっとマシになったかな?という紫月。今週も遅ればせながら諸々感想レッツゴーですhappy01note今回は相棒がお休みだったので、短めになる…かな?

べるぜバブ 「リーゼント、なくしちゃいました」「大魔王、来ちゃいました」
 リーゼントといえば、姫川さんですよね。先週に引き続きいじられていた姫川さん。ていうか、リーゼントで強さまで変わるとは知らなかったよ…gawksweat02。気合が入るとか何とかで。だから、サラッサラヘアの美少年だと、強さも半減してしまう。どこまで特異体質なんだ、姫川さん。そして、なんだかんだで姫川さんのピンチには駆けつけてくれる神崎さんは、結構いい人なんじゃないかなって思いました(笑)。
 Bパートは大魔王がふらりと男鹿くんちに遊びに来ちゃうお話。それを聞いたヒルダさんは一念発起、というのか、石矢魔のメンツを集めて、大魔王をおもてなしするために必死に準備を始めたわけですけど…。
 なんていうか、ヒルダさんは大魔王のことを大層過信してらっしゃる気がします(笑)。男鹿くんでさえも、大魔王のいい加減さはよく分かってる気がするのに、ヒルダさんは忠誠心からなのか、大魔王のことをすごい人だと思ってますよね~。
 で、実際に応待したのは、男鹿くんのお父さん。お父さんは魔界とかその辺も、マカオだと勘違いしてる類ですから、ヒルダさんから、すごく偉い人なんだって聞いて、それなりに接待してくれましたけど、あくまで人間レベルというか、上司や相手先の接待的な感じで、案外うまいことやってくれました(笑)。さすがサラリーマン、接待技術は磨かれてますねwinkshinegoodsign01
 結局ヒルダさんがようやく準備を整えて家に戻ってきたときには、大魔王様は帰っちゃった後でしたが、大魔王様はいい感じで人間界を楽しんでいった気がします。
 そして、相変わらず最近のべるぜバブはゆる~い感じですね~(笑)。

SKET DANCE 「Happy Birthday(前編)」
 おぉ、来ると思ってたけど、ついにボッスンの過去のエピソード登場ですね。これまで、スケット団の過去のエピソードは、どれもなかなかに重たいものだったんですが、ボッスンはこれまた…なんというか…予想外というか、予想以上というか。個人的には、今回のOPが、ずいぶんボッスンと椿くんをクローズアップしてる気がしたので、これまでやたらなんか絡んでた二人だったから、この二人が実は異母兄弟だったとか、そんなオチがあるのかと思ってたんですけど、ボッスン、天涯孤独の身の上だったんですか…coldsweats02sign03sign03
 初めに財布落とした人、ボッスンだとばっかり思ってて、ボッスンのお母さんらしき人が、髪の毛短い状態で出てきて、その人のことを「亮輔」って呼ぶから、すっごい違和感で、何?何が起きてる???って、大混乱だった紫月(笑)。そういわれれば、ボッスンより少し大人っぽい……かな???いやでも、声も一緒だし、そっくりcoldsweats01
 何かと人助けをしてしまう亮輔さん。結構自分の身が危ないようなときにでも、とっさに体が動いちゃう人みたいです。で、そんな亮輔さんと仲の良かった、ボッスンの「かあちゃん」藤崎茜さん、ですよね。そして、亮輔さんと同じ施設出身で、亮輔さんと同じ天涯孤独の波瑠さんを合わせて、3人で仲良しさんで。そんな仲良し3人組のビデオや写真を見つけて、こっそり見てたボッスンだったんですが、自分が生まれる2か月前に、茜さんがいつものまま、スリムな体型でいた、たった一枚の写真から、自分が「かあちゃん」の子供じゃないんだと感づいてしまいました。ボッスンって、何気に切れ者ですからねぇ…。茜さんも、アルバムとか全部隠してたみたいでしたが。
 亮輔さんは、この世の誰とも血がつながっていないって、どんなことなのかよく分からないって言ってたタイプだったんですけど、ボッスンはそれに衝撃を受けてしまいました。亮輔さんは、最初からそれを知ってて、でも幼いころから施設の人たちと家族みたいに暮らしてきて、別に何の不満もなかったからそう感じたのかもしれないけど、ボッスンは降ってわいた事実にびっくりしちゃったんですよね…。だって、茜さんは立派にボッスンを育ててきてると思いますし、妹だって、お兄ちゃんだって信じてて、ボッスンだって、この世の誰とも血がつながってなくたって、絶対に「天涯孤独」なんかじゃないと思いますもん。家族もスケット団も(あれ、この時はまだスケット団ないのかな?)みんな深くつながってる人たちばかりで…。基本的に楽天的で前向きなボッスンだと思いますが、まさかこんな過去があったとは。ピクシー・ガーデンの時に会長が言ってたのは、このことの布石だったんですねぇ。
 多分、ボッスンが生まれた日に、亮輔さんはいつもと同じように、思わず車の前に飛び出した子供を助けようとして、事故で亡くなってしまったんですね。そして、波瑠さんは…茜さんが運転苦手だったから?事故ってしまったんでしょうか。波瑠さん、赤ちゃんだけは無事に生まれたってことなんだろうけど、その事故が原因で亡くなってしまった…わけでしょうか。だから、茜さんは責任感じて、親友たちの子供ってこともあって、ボッスンを引き取ったのかなぁ。
 何しろよく分からないことが多いので、次回後編に入ってからってことですが、じゃあ、椿くんは、今回の事件に何か関係あるのかなぁ?全く関係ないってことは、ないような気がするんですけど。

銀魂 「バラガキからの手紙」
 最後まで楽しませてくれたバラガキ篇でした~happy02sign03
 前回鉄之助くんを蹴り落とした銀さんは、やっぱりわざとだったんですね。そして、銀さんはもちろん、土方さんも、ちゃんとその意図を理解していたようです。かっこいいな~この人たち~~~~happy02heart04sign03あの、いかにも悪そうにふざけた二人の「ニヤリ」、めっちゃ楽しかったっすhappy01sign03
 で、バラガキ篇最終話だというのに、いや、だからなのか、銀魂らしさもそれぞれのキャラらしさも炸裂しちゃって、楽しいわぶっ飛んでるわ、いかにも銀魂らしくて面白かったです~。
 すぐに鉄之助くんの蹴り落としはフェイクだと気づいた異三郎さんはさすが。上から狙ってたヘリに、浪士ごと撃て、と命を下すんですけど、次の瞬間銀さんと土方さんの見事なタッグ。でかい石を砕いてそのままヘリ直撃っimpactsign03その上近藤さんがバズーカで屋上を爆撃して、ヘリから狙い撃ちできなくしちゃいました。ぁあ~~~~~~~もぅ、この辺のツーカーっぷりがたまらなく面白いですわぁああああああhappy02heart04sign03で、その煙に紛れて土方さんと銀さんが見廻組をバッタバッタとなぎ倒す。いやぁ、清濁併せ呑んでるこの方たち、めっちゃ楽しいlovelysign03
 そんな中で、チェケラ党の皆さんは、近藤さんのバズーカで開いた穴から脱出を図ってみたら…はい、ここには沖田さんたちがいました~。沖田さんたち、かっこよく戦ってたと思ったら、何してんですかっcoldsweats01sign03信女さんも、何でのってんですかっcoldsweats01sign03ある意味最強の拷問バッティングセンターと化してました(笑)。バッティングに対してなぜか信女さん、卓球ラリーなんですけど(笑)。もういいよ何でも(笑)。で、慌てて階段を降りたら、今度は階下から山崎さんのあんパンスパーキングかcoldsweats01sign03sign03sign03あんパンでトチ狂ってから、すっかり山崎さんはあんパンスパーキングがステータスになりましたね(笑)。そして、あんパンを避けて外へ出てみれば、なんか近藤さんがゴリラと化して下ネタ炸裂させてますcoldsweats01。どれくらいって、チェケラ党がドン引きして逃げたくなるくらいです(笑)。つい一瞬前までかっこよくバズーカ撃ち込んでた近藤さんはどこ行った。
 ようやく屋上の煙が晴れて、ヘリからの狙い撃ちが可能になった頃、倒れているのは皆黒服の隊士。そして、立っていたのはたった一人。白い見廻組の隊服を着た…ヒジカタサンダhappy02heart04sign03土方さんの投げた手榴弾におののいて、慌てて旋回したヘリは、自らビルの壁面に衝突して自滅。手榴弾をキャッチした土方さん、それ絞って焼きそばパンにモリモリと盛り付けました(笑)。あれ、手榴弾型マヨネーズでしたかcoldsweats01。マヨ焼きそばパンをほおばる土方さんの後ろで、ヘリ大爆発impact
 一方、おかしなラリーをしてた沖田さんと信女さんでしたが、それなりに勝負は続行中だった模様。沖田さんはそろそろ決着にしよう、と言ってるけど、信女さんは標的を斬るまで刀は収められない、と沖田さんを追いかけて、ビルの柱を壁を切るキル斬る。そんな信女さんに、沖田さん。
「収まる鞘がねぇなら、てめぇにおあつらえ向きなのを用意してやらぁ」
 くるりと踵を返し、次の瞬間信女さんに向かってダッシュ。信女さんが思わず構えたら
「そうかしこまるな。オレの標的はてめぇじゃねぇよ。悪いが、最後の一本はオレが頂いた」
 なんと、切り崩したのは、一本の柱。たちまち崩れ落ちてくる上の階。
「てめぇみてぇなでけぇ刃には、そこがお似合いだぜ。鞘ン中で眠りやがれ。ナマクラ」
 逃げながら、どこの柱や壁を斬らせるか、考えてたんですか、沖田さんはcoldsweats02sign03基本沖田さんは、あんまりもの考えてないっていう感じの人ですが、この鋭い「ビル斬り」さんから逃げるように見せて、葬り去るとは。セリフも、その言い回しもいちいち沖田さんはかっこいいですねぇ…。そりゃあ人気もありますわ…。
 片や土方さん。屋上から降りてきて、ふらふらの状態で、見廻組のふりして、全員を既に片の付いたビルの中へ行かせておいて、異三郎さんと対峙。そして、異三郎さんの背後から刀を突き付けていたのは、やはり白い隊服に身を包んだ、あんパンスパーキングしてた山崎さんとゴリラと化してた近藤さん。あくまで見廻組の隊士のフリしたまま、自分たちの要求を突き付けました。手柄は全部見廻組にやるから、ここは痛み分けで片を付けよう、と。正直、こんなにかっこいい山崎さんは、相当久しぶりに見た気がしました(笑)。あんパンスパーキングしてても好きだけどね(笑)。そして、真撰組の太っ腹なこと。完全に敵のボスの首取ってるのに、勝ったのは真撰組なのに、その手柄全部見廻組にくれてやるってんだから。
 しかし、この最後の展開は、真撰組の黒の隊服と、見廻組の白のそっくりの隊服あってこそのものでしたよね。最初から、そういう設定でこの話だったのかなぁ。本当に空知先生の頭が素晴らしい方向に冴えてる時は、心底面白い。それが普段はどうして専ら下ネタに発揮されてしまうのか、甚だ遺憾ですぅcoldsweats01。(←やや苦手。)
 真撰組は銀さんを逮捕したんですね~coldsweats01。いや、普段分かってて、元攘夷浪士放置して、結構助けてもらったりしてますよね?まぁ、蹴り殺そうとしてましたけどね(笑)。鉄之助くんもすごくいろいろ考えたみたいで、かなり自己嫌悪には陥ってたみたいですけど、そんな鉄之助くんを励ましてくれたのは、やっぱり真撰組と土方さん。いいこと言いながら、土方さん倒れちゃいましたけど…そりゃあ無理しすぎですよねぇ。何発も銃弾食らって斬撃浴びてるはずです。
 結局銀さんは使いっ走りの刑を科せられたようですが、鉄之助くんは、為五郎さんのお墓の前で、土方さんと為五郎さんの真実を、銀さんと一緒に知ることになりました。目の見えなかった為五郎さんに、白紙の手紙を毎月送っていた土方さん。何にも言わなくても通じ合っていた、素敵な絆があったんですね。やっぱり、素敵なお兄さんだったんだなぁ、為五郎さんは…。
 ところで、最後異三郎さんは高杉さんと接点があったようでしたが…高杉さんの思想と同調してるんだとしたら、この人はちょっとやそっとでは崩れなさそうですね…。でも、そんな腹黒い会話しながら、ドーナツで信女さん釣ってる動作はちょっと面白かった(笑)。さすが女の子、甘いものには目がないのね(笑)。
 最後のエンドロールは、やっぱり手紙を書こうとしたけど何も思いつかなかった土方さんの、その白紙の手紙。この時代、携帯があるのに、文字は筆なんですよね(笑)。味があって素敵happy01noteやっぱり主役は土方さんになってましたね。アニメ銀魂、やっぱり面白いわhappy02heart04sign03sign03sign03
 教えて銀八先生。舘○ろし、バレバレですけど大丈夫ですかそんな大物いじってcoldsweats01

 あ、なんか今回も銀魂長いっすね~coldsweats01。ダメだ、面白い時はもう銀魂は最高です(笑)。
 さ~て、そろそろお部屋の掃除するかな~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

2月諸々感想参

 昨日は母の誕生日で、今日はそのお祝いってことで、お昼に外へ食べに行ったのですが…ここしばらく、そんなにひどくなることはなかったのに…久々に車酔いしましたcoldsweats01。そもそも紫月は、相当乗り物酔いが酷いタイプで、以前こちらのブログでも書いたことがあるかもしれませんが、ブランコでも気持ち悪くなれます(笑)。大学時代にバス通学を2年程してたのと、自分で車を運転するようになってからは、だいぶマシになったんですけど、新車だったら1分で気持ち悪くなります。
 で、現在はそんなに気持ち悪くなることないのに、一体なんでかな~って自分でも首かしげてたんですけど、昨日の朝起きたらちょっと喉が痛かったり、また微熱症状が出てたりと、少々体調が悪かったせいだろうと、ひとまず様子見…しようとしてたら、そういや仕事で土日に当番に当たってることがあったんだって思い出して、慌てて職場までひとっ走りしてきました(笑)。土日の間にしておけばいい事で、いつもなら土曜日の午前中とかにやってしまうのに、それすらもすっかり忘れてスイッチオフしていた紫月です。最近土曜日更新も全然できないし、ダメさ加減に輪がかかってるな~って思います。

 というわけで、まだちょっと気持ち悪いんですけど、頑張って記事書いてみます~happy01note

 相棒ten 第16話 「宣誓」
 神戸くんの覚悟って、やっぱり自分が裁判で嘘の証言をして、冤罪を生み出してしまった挙句、冤罪を被った人が出所後に自殺をしたってことを、公にする覚悟、なんでしょうか…。右京さんは知ってるし、大河内さんも「人として当然の感情だ」って言ってくれていたんですけど、公にはしてないですもんね。
 さて、今回はその大河内監察官から直接特命係にあった依頼。これまでこういう内密の捜査みたいのは、よく官房長から持ち込まれていたような気がしますが、大河内さんは神戸くんともよく知った関係だし、右京さんが優秀な人だと知ってるから、内密に動かすとしたら、うってつけですよねhappy01notesおおっぴらにならないし。特命係がこうやって堂々と調べることができたら、色んな事件が解決しそうな気がします~。
 今回も色々と複雑なものが絡み合った事件だったと思いましたが、警察が自分達の身に降りかかろうとする火の粉を何とか揉み消そうとする場合、色んな犠牲が出る気がします。これまでにも、そういう系統の事件、いくつかあった気がするんですけど、今回は殺された女性警察官のことが引き金になって、その犯人と目されていた男を死なせてしまったんだけど、実はその人が犯人じゃなかったという不祥事。犯人じゃなかった人を死なせてしまったとなったら、警察の面目丸潰れですもんねぇ…。で、普通の警察署員の人たちは、そのことを隠そうと思って躍起になっていたんですけど、更に知られたくない不祥事を起こしてた安達さん。流水会(?)に振り込め詐欺をするための口座を横流ししてお金をもらってて、多分この人ももうそんなこと続けたくなかったっていうのもあったんだろうけど、部下に気付かれたって、不用意にその人の名前を明かしてしまったから、女性警察官がヤクザに殺されてしまった。そんな裏を知ってて、警察のみんなが別の人を犯人だと追い掛け回していたのに、この人は平気だったんだろうか。
 ところで、公式ツイッターに、ヤクザの幹部で三池監督が出てたって公表されてたけど、女性警察官を殺すように、暗に命令したあの人…ですかね…?大変立派な幹部でございました(笑)。
 今回は神戸くんが無茶に証拠品をあさって、監察にかけられましたけど、こんな時大河内監察官が味方でいる神戸くんって強いな~って思いました(笑)。神戸くんがそういう行動に出ると、たぶん予想していた右京さん。その場に米沢さんを待機させておいて、見事に安達さんの働いた悪行を全て暴いてしまいました。元々は神戸くんの監察だったはずだったんですけど、それどころじゃなくなって、一応自分の監察の件はどうなるのかって大河内さんに訊いた神戸くん。
「何の話だ」
って、大河内さんはとっとと出て行っちゃいましたからね(笑)。
 元警察官だった国原さん、自分が無理矢理証拠をでっち上げようとしたことが原因で、無実の人を死なせてしまったという罪に、ずっと苦しんできたんでしょうね。更に、安達さんが書類の改竄をしたことも知って、警察を辞めて、その上その5年前の事件をおおっぴらにしようとするライターが現れて、その人を死なせてしまって。もといた警察署の人たちが隠したがる気持ちも分かっていたから、必死で5年前のことは関係ないんだってシラを切ってたけど、自分で大河内さんの所に自分の罪を投書してたわけだし、本当のこと全部話して今度こそ楽になりたかったんじゃないかと思いました。殺意があったかどうか、なんて、本人にしか分からないことなのに、自分からそれを申し出て…。その姿が、また神戸くんの「贖罪」の記憶とつながって、いよいよ神戸くんに何かが起きるんだろうなっていう雰囲気になってきましたね。となると、もうSeason10では、最初から神戸くんがこういう展開に巻き込まれていくっていう布石が打たれてたってことなんですねぇ…。
 神戸くんと最後に別行動してた右京さんが、なんだかちょっと寂しかったです。
 来週は相棒お休み、そしてその次の週は、またまた陣川さんのお出ましですね~。また惚れちゃいけない人に惚れちゃいそうな???

 べるぜバブ 「黒ベル坊、育ちました」
 相変わらずここんとこ、のほほんとした話に終始しているべるぜバブです。今回は、修行した際に生まれた、ベル坊の影みたいなものが、姫川さんに拉致られるというお話でした。昔これに似た像を拾って、そこから一気にお金持ちになったという姫川財閥。そこで、思わず姫川さんも拾っちゃって、初めの内はいいことだらけのような気がしてたんだけど、ブラックベル坊でかくなって、鷲づかみにされて無人島まで連れて行かれて…と、やたら災難に遭ってましたよね、姫川さんcoldsweats01
 ところで姫川さんは、リーゼントを下ろすとサラッサラヘアの美少年になるというおいしい特異体質の持ち主っていうだけで、色々と使い道あっていいですねぇ(笑)。

 SKET DANCE 「ひそひそおねえさんインストラクソン」
 今回は、以前ヒメコちゃんとボッスンがデートする時に、ヒメコちゃんが使ってたスイッチの発明品のイヤホンが何かと活躍して、いたようないなかったようなcoldsweats01
 Jソン先生は、不器用すぎて繊細なハートの持ち主過ぎて、お見合いは色々と難しいような気がしました~coldsweats01。スケット団はスケット団なりに協力しようとしてたけど、テンパリ過ぎで、指示なのかセリフなのかも判別できてなかったですもんね。その上、見事に最悪の展開になるようなセレクトをしちゃったもので、今回もお見合いは上手くいきませんでした…。とりあえず、チェーンソーを持ってくるのはやめよう、Jソン先生coldsweats01
 そして、もう一つはおねえさんと中馬先生。おぉおおおおcoldsweats02sign02おねえさんは、中馬先生のことが好きなの~~~~~happy02sign02ってことで、勝手にテンション上がってた紫月ですけど(笑)。(←中学生か。)おねえさんは若くてかわいらしいけど、ハンパないドジッ子なので、そのドジッぷりを理解してあげられる人でないと、なかなか上手くいかなさそうですよね。今のところ、おねえさんのおかしなセリフを全部それなりに汲み取ってあげられているのは、ボッスンとチュウさんくらいなので、中馬先生との組み合わせ、悪くないんじゃないhappy02sign02って思いました。中馬先生も、おねえさんが危ないとなったら駆けつけてくれたし、娘さんもおねえさんのこととっても気に入ったみたいだし、上手くいきそうですよね、この二人happy01note
 ところで、中馬先生は若返ったり元に戻ったりする薬、完成させてたんですねぇ。ていうかこの人、ノーベル賞ものの発明家だと思うのは紫月だけでしょうか(笑)。

 銀魂 「悪ガキどもの祭典」
 ぉおおおおおお、土方さんが痛いたしいぃ…bearingsweat01sign03まさに茨の中でも突き進むというバラガキのトシ。異三郎さんの「迅速な解決のために、たった一人のバラガキを殺す」という挑発を買いました。けど、銃+刀の異三郎さんは圧倒的に有利だと思うんですよ。飛び道具って基本的になんにおいても有利じゃないですか。しかも、異三郎さんはそれをすごく有効に使ってるんですよね。銃撃すらもよける土方さんの、その動きを、銃撃によって制限して、刀で攻撃。ならば、銃撃をよけまいと突っ込む覚悟を決めれば、土方さんの腕をぶち抜いた銃弾が、背後のオイルタンクを爆発させ、その衝撃で吹っ飛ばされた土方さんを刀で迎え撃つ。うわぁ…強い~…bearingsweat01sign03
 一方信女さんはこれまた容赦ない容赦ない容赦ない。チェケラ党(…漢字では知恵空党=御バカ様の集まりって風味なんですね(笑)。上手いな~(笑)。)の人たちを遠慮なく無表情のまま、神速で斬り殺していきます。その後を必死に追う近藤さんと山崎さん。だけど信女さんは止まらない。その信女さんの行く手で同じように容赦なくチェケラ党を斬って信女さんの足を止めたのは沖田さんでした。信女さんに「人殺しの目」と言われた沖田さんですけど、沖田さんは確かに警察の人としては色々とハンパなさ過ぎますよね~。そして、信女さんと沖田さんの紙一重の○○(ピー)攻防がスタート。…ピーって、原作ではなんだったんだろうcoldsweats01
 土方さんの書いた手紙、為五郎さん宛てじゃなかったんですね…。土方さんは、もうお兄さんを亡くしてしまっているんですねcrying。だからこそ、自分のことを分かってくれるお兄さんがいて羨ましいって言った鉄之助くんの思いを汲んで、異三郎さんに鉄之助くんのことを受け入れてくれるように書いてくれたんだ。なんて、なんて、なんって優しい人なんですか、土方さん…………cryingcryingcryingsign03sign03sign03しかも、鉄之助くんの一生懸命頑張ってる姿を一杯アピールしてくれて。自分も勉強になる、だなんて。なんちゅーいい人だ。表向きは悪態ついて茨のオーラ放ってて、でも手紙ではすごくすごく丁寧に異三郎さんに鉄之助くんのことを報告してるっていうそのギャップがすごすぎて、何か土方さんがメチャメチャかっこよく見えてきましたですよ。いや、もともと好きだけど。異三郎さんにボロボロにやられてるけど。
 その手紙の内容を聞いた上で、それでも表情一つ変えずに手紙に風穴を開け、鉄之助くんもろともチェケラ党を一掃するための命令を下した異三郎さんは、本当に土方さんと対極にある人ですね。情の欠片もないというか…。この人、最後には改心してくれるのかなぁ…thinksweat02
 見廻組が突入しようとしたその行く手を阻んだのは、血まみれでボロボロの土方さん。それでもうっすら笑みを浮かべて見せるところがかっこいいんだぜ土方さん。そんな土方さんの頭を狙って、異三郎さんは銃弾を撃ち込む。さっきみたいに、避けなければ、今度は頭を撃ち抜かれて銃弾で死ぬ。それを避けていたら、それを避けるのを見越して突っ込んでいる異三郎さんの刀に貫かれて死ぬ。異三郎さんの頭脳プレーは憎らしいほど冷静で残酷です、が。土方さんが選んだのは第三の道。研ぎ澄ました集中力で突きを繰り出し、その刀の切っ先で、銃弾を切り裂き、銃を砕き、異三郎さんの肩を貫いて壁に貼り付けるsign03
 うぉおおおおお、土方さんかっこよすぎて死ぬ~~~~sign03sign03sign03
紫月がhappy02heart04sign03(←永眠するがいい。)
 ところが、それでも冷静なのは異三郎さん。異三郎さんにとっては、自分も歯車のひとつ。一度動き始めたら止まらないように、見廻組は躾けられてるんですね。土方さんが慌てて鉄之助くんの元へたどり着いた時のは、一斉に見廻組が鉄之助くんたちに襲い掛かる瞬間bearingsign03
 そこで巻き上がった塵芥。そして、異三郎さんにお電話。電話の相手に、これで仕事は終わり、と告げた異三郎さんでしたが。
「そうか、じゃ、こっからはオレの好きに動いていいんだな」
 おぉ、銀さんhappy02sign03sign03sign03警察とは気が合わない、白にも黒にも染まらない。
「身内救うことしか考えてねえ不器用なポリ公に、誰も救おうとしねえ器用なポリ公、どっちの味方もごめん被るぜぇ」
 あっはっはっはっは…あぁ~~~そうね、銀さんはそうだよね。
「てめえらが何も救わねぇってんなら、オレは罪人だろうと丸ごとすくい取ってやらぁ」
 あぁ~~~~~~~銀さんかっこいいわぁああああああああhappy02sign03
 土方さんを挑発する銀さんに、ニヤリと笑みで応えた土方さん。思いはほとんど変わらない、それでもやるというのならかかってきやがれ。そんなことを言ってる土方さんも、それを聞いてる銀さんも、滅法かっこよかったと思うんですけどね。
 どかっimpact(←鉄之助くんを屋上から蹴り落とした音。By銀さん)
 (・・;(←「へっ?」な感じの土方さん。)
「ほんとにやる奴があるかぁあああああああああああああshocksign03
「てめぇがやれっつったんだろうがああああああああああshocksign03

 あ、スイマセン、作為的だったんだろうが何だろうが、爆笑してしまいました(笑)。
 でも、鉄之助くんを蹴落としたのは、鉄之助くんを人質じゃなくするため。後から来てた山崎さんが鉄之助くんを見事キャッチ。
「人質確保~~~~~~~~ォsign03
 そこでニヤリとバズーカ構える近藤さん。
「よくここまで来られたな、もう我慢はいらねぇ、大暴れしてやれ、バラガキどもぉおおsign03
 近藤さんがバズーカ構える姿って、あんまり見たことないけど、似合うなぁhappy02sign03ていうか、銀さんも近藤さんも山崎さんも(土方さんも?)、こうなることをお見通しで行動してたってことですかsign03たまんないなぁこういうのhappy02sign03sign03sign03みんなしてメチャメチャかっこいいっつーーーーのっhappy02sign03sign03sign03
 次回バラガキ篇完結。銀魂はこういう大事な話、引き延ばしたりせずにめちゃめちゃテンポよくやってくれますよねぇ…。だから、ほんっとうに面白いと思います。銀魂のアニメスタッフは色々やらかしまくってくれるけど、凄いと思うし何より銀魂っていう作品をすごく理解して、それを最上の方法で表現しようとしてる気がします。だから銀魂はやめられないんだな~。

 銀魂見ながら感想書いたら、えらく銀魂だけ長くなってしまった(笑)。
 そして、なんか気持ち悪いの忘れてた(笑)。
 熱計ったら37.3度に…下がったの?上がったの?これcoldsweats01。(←知るか。)(←上がったんだとしたら、興奮しすぎである。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

2月諸々感想弐

 昨日は、先週録り溜めた「相棒Season1」をず~っと見てました。こちらの方では、先々週と先週にかけてSeason1を放送してたんですよね。右京さんが若いし、官房長が「俺」って言ってたり、色々と雰囲気がまだ未熟な感じがして面白かったです~。この頃はまだほとんど見てないので、本当に新鮮でした。
 先週神戸くん卒業の報道があって、ずしーんと寂しかった紫月ですがcrying、ほんと、亀山くんとは全然違う相棒ですよね。亀山くんは亀山くんで単純なくせに時々山勘が神がかってたりして面白いですが、神戸くんはそれに比べると落ち着いてるな~と思います。あと、感覚が現代人っぽい。熱血じゃなく、ちょっと皮肉屋さんだったり、冷めた見方をしたり。どちらかというと右京さんに近いところもあるので、脚本によっては本当に大人しすぎるようなイメージになってしまう気がしますけど。残りのお話が、神戸くんの存在感を上手く引き出してくれるようなお話だといいな~って改めて思いました。

 というわけで、今回もドラマは相棒、他アニメの感想などなど、スタートです~wink

 相棒ten 第15話 「アンテナ」
 アンテナ、は、まさしく今回のキーワードでしたね。右京さんはカウンセリング能力も持ち合わせてるんだ…もう本当に、どこまですごいお人なのか。
 それにしても、今回の相原さん。米沢守の事件簿に出てた時は、これほど気にはならなかったんですけど、何ていうか何ていうか…軽くウザイキャラになってませんでしたかcoldsweats01。紫月には神戸くんが「もぉおおbearingsign03」ってなってる気持ちが痛いほど…coldsweats01。引きこもりの青年の部屋に押しかけちゃったり、その上でみんなにややちぐはぐな熱血な思いを押し付けてしまったり、心配しているつもりで引きこもりの青年を興奮させてしまうようなお説教をしてしまったり。神戸くんが、事情聴取を難しくしてしまった相原さんにそのことを嗜めたら、「人として放っておけない」とおっしゃった相原さん。その瞬間、神戸くんと全く同じタイミングで
「はぁ?」
と言ってしまった自分が居ました(笑)。

 その上、捜一のみなさんにも食って掛かるし、引きこもりの人が犯人ではないって、別に思っててもいいけど、だからって他の人がやってる捜査の邪魔しちゃいけませんよ…gawk
 だけど、そんな相原さんに常識的なこと(捜査本部の人ではないこととか、謹慎中なのに捜査をしていることとか)は説き伏せながら、それでもそのミスを許容しつつ、相原さんの思いを上手く利用してひきこもりの青年の心を開き、更に相原さんにも自信をもたせてあげられる展開にもっていった右京さんがすごい。右京さんには、引きこもりの青年の「アンテナ」が、引きこもりの原因なんだと分かっていたんですね。誰かがどんなにその青年のことを思って声をかけても、どうしても主観が入ってしまう。それは、「自分のために言っている=裏切り」ではないのだと。どうせ自分がかわいいからだろうって、心のどこかで感じてしまっていたんですね、この青年は。その感じ方が、アンテナ、だったんですね。
 そして、今回の通り魔の犯人だった女性も、まさしく夫との「アンテナ」の感じ方の違いが原因。女性は子どもを抱えながら、自分は大変だったり、痛い思いをしていたり、それを分かってもらいたいのに、夫の対応が腑に落ちなくて、それが殺意にまで変わってしまった。夫は、自分なりに妻を気遣っていたつもりで、自分の感覚で行動していたけれど、それが全く理解されていなくて、ドツボにはまってましたよね。
 今回面白かった所は、それなりにいろいろあったんですけど、捜一トリオの張り込みの車に無理矢理乗り込んでしまった相原さんの元に、神戸くんだけ残していく右京さんとか、引きこもりの青年を興奮させてしまった相原さんを追いかけるために、神戸くんに領収書を頼む右京さんとか。
「領収書は警視庁刑事部臨時付特命係組織犯罪対策部組織犯罪対策第五課内都合でお願いします」
「長いっcoldsweats02

 よくスラスラ言えるなぁ、右京さん(笑)。そして、それ一回聞いただけで覚えたのか神戸くん。むしろそっちがすごいのか。
 次回の予告が、いよいよ神戸くんに何かが起きるっぽいような感じで、またまたズシーンときてしまった紫月でした。

 べるぜバブ A「ベル坊 初めての征服」B「古市 恋しました」
 前半は「初めてのおつかい」的な感じで。心配もあって、ずっとベル坊に隠れてこっそり後をつけていくみんなが何か微笑ましたかったです(笑)。で、征服したのは古市くんのおうちでしたとさ。
 後半は、幽霊に恋してしまった古市くんのお話。古市くんがだんだんげっそりしていくので、これはヤバイだろう、とみんなが心配してたわけですが、古市くん、なんと女の子が幽霊だって分かってたんですね。分かってても彼女に会いに保健室に行くなんて、どれだけ女の子に飢えてるんだ古市くんcoldsweats01。しかも、多分そうだと思ってたけど、オチは女の子が古市くんの背後霊に恋してたってことで、結局AパートもBパートも要約すれば「古市くんの災難」ってことでよかったと思いました(笑)。

 SKET DANCE 「ドロップ」
 今回はキャプテンのお話。秋奈ちゃん、好きな男の子のこととか、転校しちゃうこととか、何も言えずに胸に一杯一杯抱えていたからこそ、ちょっとしたことで爆発しちゃったのかなーと思いました。普通に考えたら、キャプテンのしたこと、そんなにおかしなことじゃないですもんね。そんなに怒るようなことでもない…はず。キャプテンはすごく仲のいい友達だったんだから、せめてそういうことも全部、相談できていればよかったのに。その方が、きっといろいろとつらくなくて済んだだろうに、と思いました。でも、その辺が乙女心なんですかねぇ…。
 で、そんな大事な秋奈ちゃんとの思い出が詰まった缶のドロップ。キャプテンは探そうとして、雨に濡れて風邪引いちゃって、大事なお別れの日に、それがお別れだなんて知らずにお休みしちゃって。何か切ないなぁと思いましたが、スケット団が一緒に缶を探してくれたり、お別れにたくさんの風船を空一杯に上げてくれたりしたので、いつまでも友達っていう素敵な宝物を分かち合ってお別れすることができたと思いました。
 ヒメコちゃんもキャプテンの素敵な友達だと思いますが、キャプテンに素敵な友達がたくさん出来るのは、キャプテンが素敵な子だからだろうな~って思いました。

 銀魂 「茨ガキと薔薇ガキ」
 さて、見廻組にとっ捕まった銀さん。なんと沖田さんが釈放手続きをしてくれたみたいです。沖田さんは銀さんのこと、結構買ってくれてますよね。そして、土方さんが認めてくれた鉄之助くんのことも、結構認めてくれてるみたいです。何気にトイレットペーパーでは水に流される、とか、異三郎さんの言葉を巧みに使って、ゴミも分別しなきゃいけない、あいつは燃えるゴミだった、とか、座布団何枚かさしあげたい気分になりました。沖田さんお上手。
 鉄之助くんの一生懸命の言葉に、土方さんはお兄さんに手紙を書いたようです。そして、何かと世話を焼きたがる鉄之助くんを遠ざけるためといいつつ、それを持たせて投函して来い…って、言われたことを実践してることをさりげなく伝えてる辺り、大変素敵です、土方さん。その代わり、自分の言ったことしっかりやって見せろってことですよね。土方さんって素敵な上司happy02heart04sign03
 と・こ・ろ・が。鉄之助くんが以前所属していた「チェケラ党」がしゃしゃり出てきちゃいましたね。銀さんは銀さんで、異三郎さんから仕事を紹介してもらって、チェケラ党の内部捜査をしてるみたいだし。つか、異三郎さんメールうぜぇええええcoldsweats01sign03銀さんじゃなくてもありゃ携帯踏みにじりたくなりますよ~。プライドえらく高そうだけど、なんでメールだとスイッチ並にテンション上がっちゃうんだこの人。
 チェケラ党に囚われてしまった鉄之助くん。それを分かってて、鉄之助くんもろともチェケラ党を始末した上で、その責任や汚名を真撰組に被せるつもりだったらしい異三郎さん。なんとまあ、よくもまあそう非道なことを思いつきますこと…。結局この人の本心は、自分がいかに優れた「歯車」であるか、そのためにいかに他人を消耗するか、そんな感じのような気がします。
 その本心を見抜いて切りかかろうとした土方さん。必死で止める近藤さん。そして、刀を抜こうと手をかけた土方さんを狙って刀に手をかけたのは、見廻組の信女さん。その気配にはっとした土方さんだったけど、更に、その刀を鞘ごと刀で貫いて止めたのは、沖田さん。
「抜いてみろ。次は○○(ピー)ぶち抜く」
 こぉゆー時の沖田さんはほんとマジで容赦なくて死ぬほどカッコイイと思います。その手際も技の鮮やかさもセリフも。真っ黒だけど、普段の腹黒と違って、この人は正面切って真っ黒になりますよね。こういう時。土方さんを守ってしたその行動とセリフ、心臓鷲づかまれましたhappy02heart04sign03痺れる~~~happy02sign03sign03
 そのバックアップを受けて、異三郎さんの正面で改めて刀を抜いた土方さん。茨に囲まれたこちらもブラックオーラを目一杯放ってますが、もともと「バラガキ」のトシ、本気で張ったその茨、潜り抜けるには相当の覚悟が必要そうです。だけど、実はその裏で沖田さんと近藤さんが動いて、チェケラ党に向かってて、土方さんは土方さんでそのオーラで威圧しつつ、真撰組で見廻組固めてるとか、さりげなく頭脳プレーも同時進行って、以心伝心でここまでできる真撰組、カッコイイです~~~happy02heart04sign03でも、それを見ても眉一つ動かさない異三郎さんは、これまた本物。お互いについに本音が一言。
「この鬼(あくとう)が」「この怪物(あくとう)が」
 ↑これでいいんですよね?予告の後のメッセージで確認。こういうのは、音声だけのアニメじゃ伝わらないからもったいないですもんね。
 次回は土方さんV.S.異三郎さん、沖田さんV.S.信女さん。いいですね、メインの鬼と怪物対決、そして沖田さんサイドは技術対決になりそうな気がします。

 さて、そろそろお掃除しなきゃ~coldsweats01。そして気付いた。あれ?もうすぐバレンタインじゃない?やっべ、そこらのスーパーにチョコ売ってるかな(笑)。(←基本的にあまり興味のない行事なので、すぐ忘れる。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

神戸くんが(><)!

 相棒の神戸くんがSeason10で卒業……ぅうううえええええええcoldsweats02sign02
 ははは、早い…shocksign03
 何やらSeason10が始まる前から、妙な噂が飛び交ってて、そんなのただの噂だよねー…って思ってたんですけど…甘かったか…weep
 神戸くんになってからは、多分欠かさず相棒見てるんですけど、神戸くんの相棒好きだったのになぁ…とちょっと…いや、結構なショックを受けた紫月です。どれくらいって、平日にもかかわらず叫びを投下するほどです~。
 相棒といえばやっぱり右京さんの名推理、頭脳があってこそなんですけど、タイトルになるほど大切な相棒…にしては、うぅううん、何ていうか、まだ相棒になった→右京さんに対抗心メラメラ→右京さんのこと分かってきた→本当の相棒に収まった→結構ツーカーになってきた←今この辺?っていうイメージなんですよねぇ…。やっぱり特命係は長く続かないから???特別長くいられたのは、亀山くんだったから、とかいうことなんですかねぇ…。亀山くんが変わるって知った時も、結構抵抗はあったんですけど、神戸くんがまた亀山くんとは180度違う知的な相棒で、それがすっごくいい感じに楽しかったから、さらに相棒楽しみになってきたわけで。亀山くんと右京さんの相棒が好きな方はすごく多かったし、及川さん的にはかなりプレッシャーだっただろうけど、そんな中でほんといい相棒だったと思うんですよね…。
 まあ、なんかぐだぐだいってますけど、つまり、一言でいうなら。

 寂しい~~~~~~~~~~~~~~~~~cryingsign03sign03sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

2月諸々感想壱

 先週は寒かったですねぇ。大寒波ってことで、こちらでも大雪が降りました。大雪っていっても平均30cmくらいだったんですけど、吹き溜まりでは50cmくらいあって、雪かきめっちゃ大変でした(笑)。
 大雪が降った日の朝、いつもよりかなり早く起きたのに、まず玄関から車へ行くまでの道を作り、車が道に出られるように雪かきをするだけでかなり時間を食ってしまって、しかも道路も除雪車が出てるわ雪ででこぼこだわ渋滞してるわ滑るわ徐行運転しかできないわで、仕事に5分遅刻しましたcoldsweats01。すでに打ち合わせが始まっていて、ひゃ~~~~って思いましたけど、職場にいくまでにどうしても通らなくてはいけない大きな橋の下り坂で、ドキドキしながら運転してる所に同僚の方から電話がかかってきて、本当にヒヤヒヤしました。遅れそうなことももちろんですが、ブレーキ一つ踏めない下り坂で電話ーcoldsweats02sign02みたいな(笑)。すごく怖かったです。
 で、職場について最初にしたことが、全ての仕事を後回しにして、何はともあれ雪かきでしたcoldsweats01。それなりに一生懸命、汗だくになってやったんですけど、もうその日の午前中から既に背中がミシミシ(笑)。翌日は、腕の付け根、肩、あばら、背中、腰辺りを中心に、全身筋肉痛になってました(笑)。
 更に気温がなかなか上がらないので、雪がなかなか溶けなくて、木曜日に降った雪が今でも景色を大半白に染めております。今日は晴れてるので、だいぶ溶けるかなー?

 そんなとっても寒かった先週分ですが、感想いってみましょーcoldsweats01goodsign01(←もう日曜日恒例で諦めた。)

 相棒ten 第14話 「悪友」
 相棒Season10では、これまでに登場した人たちが再度登場っていうパターンが多いみたいですね。丁度キリがいいところだからなんでしょうか。今回の「悪友」は、怪しい隣人達ですよね(笑)。怪しい隣人は、右京さんがセキュリティー販売の営業になりきって怪しい隣人達を捜査しつつ、裏で神戸くんが右京さんに絶対すごいって認めさせてやりたいと思って頑張ってたのが面白かったし、これ、つい最近こちらで再放送されたので、とてもよく覚えてました。あれ、最後に神戸くんが「ありがとうございました」って言って欲しくて、「頑張ったんですけど」って主張したら、意外なことに右京さんが「君に謝らなくてはいけません」って言ったから、なんで???こき使ったことを謝るのか???って思ったら、「すみませんねぇ、重箱の隅をつつくようなことを言って」って、電話での小言をバッチリ聞かれてたっていうのがすごく面白くて、そこかよcoldsweats01sign01っていうのがすごく好きだったんですよね(笑)。右京さんって何気にお茶目さんですよねーnote
 で、前置き長いんですけど、今回の悪友。怪しい隣人達が現在どうなっているか、というと、奥村くんがIT企業の役員、山崎さんが取り立て、池谷さんが喫茶店のマスター。で、奥村くんは社長の唯一の友達だったってことで、特に仕事らしい仕事もしてないのに役員についてたわけですが、その社長さんが捕まってしまって、その社長に恩を着せるために何かみんながよってたかって来ていたっていうお話でした。相変わらず奥村くんは内気そうで気弱そうで優しい感じだったし、池谷さんは後先考えないテキトーな感じだったし、山崎さんは何でだかちょっと影が薄いけど、アンタが一番ダメな道に進んでんのかよcoldsweats01sign01って感じでした(笑)。
 内村部長はほんと公私混同甚だしいと思いましたが、その私情の探し人捜査でも、右京さんは色々暴いちゃうから、本当に大したものです。初めの内、何が起こってるのかさっぱり分かりませんでしたが、保釈金詐欺だったんですね。ダメダメ3人コンビは見事に全く違った立場から、それに巻き込まれたわけで、ある意味腐れ縁というか運命の3人みたいだから、今度こそ一緒に穴掘る会社立ち上げるといいんじゃないかなって思いました(笑)。この中で一番運がいいのは奥村くんみたいなので、奥村くんを社長にしたらいいと思います。
 今回一番笑ったのは、神戸くんが池谷さんの喫茶店で頼んだ、見た目もガタガタのサンドイッチを食べての、右京さんへの感想。
「大丈夫なんですかね」
「はい?」
「腹が立つほど、美味くない」
「おやおや」
でした(笑)。

 べるぜバブ 「そして不良は誰もいなくなりました」
 えーと、原作は全然読んでないので、全然分からないんですけど、これはアニメのオリジナルストーリーか何かなんでしょうか?いや、あまり最近話につながりがないというか…。ちょっと休憩~みたいな感じがしなくもないというか。またまた狛犬様の悪戯のお話でしたが、そこまで狙って、変な数え歌に合わせて不良をやっつけていってたなんて、狛犬様、聖石矢魔学園に詳しいなーって思いました。ついでに、今回ベル坊と男鹿くんは15メートル以上離れてなかったかしら…。

 SKET DANCE 「ハズカシガール」
 こっちはもう死ぬほど面白かったです、も~~~~笑った笑った(笑)。
 年下の垣内くん。「その者青き小物を持ちて、金色の髪をなびかせておるべし」(ナウシカ風)という占いを信じて、自分を助けにきてくれたヒメコちゃんに惚れ込んでしまいました。メチャメチャ積極的にまとわりついてくる垣内くんを退けるために、彼氏(ボッスン)がいると言ってしまったヒメコちゃん。ボッスンは演技ができないから、事情は知らせないままに映画に誘うという作戦をスイッチと立てたのはいいんだけど、それがなかなか自然に言い出せない恥ずかしがりのヒメコちゃんがかわいいわおかしいわ、それに対するボッスンのツッコミが面白いわ(笑)。スイッチ間違いなく楽しんでるし(笑)。
 まず映画に誘うまでに、「明日土曜日やな、休みやな」が言えなくて「呪いcoldsweats02sign02」って言われたり、今真っ赤になってて、映画になんて誘えないからって、ボッスンに「グロイこと言うて」って言って「え?ミミズの流しそうめん?」って言わせといてうぎゃーってなってボッスン張り飛ばしながらドサクサ紛れで誘ってたり、もう笑いすぎでお腹筋肉痛になりそうでした(笑)。
 デート中もスイッチの指令に赤くなったり青くなったり、ヒメコちゃんハチャメチャで(笑)。口の中にロールキャベツ突っ込んだり、老婆みたいな表情になってたり、笑いどころ多すぎですー(笑)。
 ボッスンは、ヒメコちゃんのこと意識してなさすぎなのか、実に普通どおり。店員さんに「彼女」とか言われてても、全く気にしてない(笑)。でも、手をつなげって指令に、必死に手を伸ばしてるヒメコちゃんに気付いて、その手を握ってくれたり、手をつないでくれたり、すごい優しいと思いました。結局照れすぎたヒメコちゃんに吹っ飛ばされてしまいましたがcoldsweats01。挙句の果てに、垣内くんの前で散々ヒメコちゃんをバカにしちゃったので、ボッスン死ぬほどボコられました(笑)。でも、翌日ボッスンが持ってきた遊園地の券三枚、あれって本当に新聞屋さんがくれたものだったんですかねぇ。やたら「3枚もくれたんだぜ」って強調してたので、前日ヒメコちゃんを傷つけちゃったから、そのお詫びにボッスンが用意したのかなーって思ったりもしました。
 最後に電車で仲良く遊園地に向かいながらポッキー食べてるスケット団三人が微笑ましすぎました。
 さてさて、ヒメコちゃんってボッスンのこと、好きなんですかねぇ?絶対に嫌いとか、意識してないとかいうわけじゃないんだろうけど、でも今は3人でいるほうが自然で楽しそうですねhappy01note

 銀魂 「チェケラ!!」
 ついにきました、「バラガキ篇」happy02sign03OPで土方さんがピックアップされてるなって思った瞬間から、その話が来るのを超楽しみにしてましたhappy01sign03
 さて、土方さんの小姓についた名門佐々木家のご子息くん。ただでさえもチャラついててウザイのに、いいお家柄だし、ここを追い出されたらもう行くところもないから、多少のことには目を瞑ってやれ、と近藤さんに言われたから、土方さん必死で我慢。頭の中では、もう挨拶に来たところから切腹させてる図が描かれてるのに、イエーとか合わせてあげるなんて、すごい度量だぜ土方さんcoldsweats01goodsign01沖田さんだったらマジで即刻殉職させられてるね(笑)。山崎さんとかも、何でかポケットにカレー入れられてるし(笑)。(←大爆笑。)
 パトカーで一緒に巡察に出た土方さん。佐々木くんを説得力ある言葉で諭すも、そんな言葉は、佐々木家の中での劣等感の塊だった彼に届かず。土方さんの言うことも聞かずに、なんとよりにも寄って銀さんにイチャモンつけちゃいましたcoldsweats01
 相手は銀さんですから、真っ当な方向に行くはずありませんね~。何故か公道でラップ対決が始まり、土方さん曰く、全員敗者の戦いが終わって、なんか上手い具合に仲直りできたと思ったところへ、いきなりその銀さんを跳ね飛ばして逮捕してしまった見廻組。そのリーダー、佐々木異三郎さんの話は、真撰組のファンだといいながら、真撰組を無能扱いし、そこへ妾の子である愚弟を入れたのは、局中法度でさっさと殺してくれればいい、くらいの勢いであることをぺらぺらと好き勝手に並べ立てるもの。勝手に土方さんのアドレスを携帯に登録してしまった異三郎さんでしたが…
「心配はいりません。アドレス帳から妾の子はもうとっくに削除してありますから」
 言った瞬間、携帯が綺麗に斬り壊されて。
「悪ィな。ついでにオレのアドレスも削除しといたぜ。こっちのに入った優等生のアドレスもな」
「トシ…」
「あいにくオレのフォルダの区分は、バラガキしかねんだ」
 upwardleft 死ぬほどカッコイイぜ土方さんhappy02goodheart04heart04heart04sign03
 この一件で、土方さんをメチャメチャ尊敬した佐々木家のボンクラ息子…鉄之助くん。実はすごいキラキラした目の童顔なお坊ちゃまで、それを隠すためにグラサンしてたらしいですよ(笑)。土方さんも、すっかり慣れた模様。
 だけど、この一件で見廻組を敵に回してしまった土方さん。その土方さんや真撰組を心配する鉄之助くんに、近藤さんが土方さんの過去を語って聞かせるわけですが…。土方さんって、結構壮絶な人生歩んできてるんですね。バラガキと呼ばれるようになるまで。そして、そうなってからも、自ら茨の中に踏み込んで、決して歩みを止めなかった、だなんて、やっぱり土方さんは一本筋が通っててかっこいいです。しかも、そうなる原因は、妾の子だった自分をかわいがってくれたお兄さんが、自分を暴漢から守るために傷ついて、お兄さんを守りきれなかったこと。この人が人情に厚いのは、疎まれるような中でもちゃんと愛情を掛けてくれた人がいたからなんですかね。
 ところで、剣道場がすっかり体育館と化して、バスケしてる真撰組、大丈夫っスかcoldsweats01?ゴリだからなの?湘北なの?

 さて~、今日はCS無料放送日なので、またアホみたいにビデオが溜まっています~。(←録るの辞めれ。)昨日アニ○ックスで聖闘士星矢冥王ハーデス冥界編(だっけ?)前章#1~3っていうのがやってて、ついつい見てしまったんですけど、何か、展開がこういっちゃなんだけど、ちょっと古くさいというか、王道的というか、そんな風にならへんやろーとか思わなくもないんですけど、アンドロメダ瞬がかわいくてかわいくてしょーがなかったです(笑)。昔、テレビの再放送を見てた頃はドラゴン紫龍が好きだったんだけど…あの人大体目をやられてますよねcoldsweats01。星矢くんが戦うぜ戦うぜのイケイケくんなので、一緒に行動してて、素直で優しくてできれば戦いたくないよ~っていう、ピンクの聖衣(クロス)まとった女の子みたいな瞬が、とっても対照的で、ある意味新鮮なんじゃないかと思いました(笑)。おめめキラキラでかわいいったらlovelyshinenote
 …さ、先週録った番組山ほどまだ残ってるし、ONE PIECE65巻もあるから、まだまだやること山積みです~(笑)。(←注:一般人であれば主にやらなくてもいいことばっかりです。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »