« 2月諸々感想参 | トップページ | 3月諸々感想壱 »

2012年2月26日 (日)

2月諸々感想肆

 先週、なんだか具合が悪いな~って思っていたら、風邪ひいてたみたいで、1週間微熱と頭痛鼻水鼻づまり咳喉の痛みなどなど、見事なまでに風邪症状に苦しめられたので、結構とっとと帰ってきて、ものすごく早くにベッドに入って横になりながら、昼間に録った相棒Season2のビデオを見るという、大変健康的な(のか?)生活を送ってました(笑)。そうしたら、自分の周りでまたまたインフルエンザ第2波が流行りだして、それあなたが広めたんじゃないの~?あなた実はインフルエンザだったんじゃないの~?って散々言われましたcrying。違うよぅsadsign03だって、インフルに倒れた人はみんなそれなりに高熱を出してたもんsign03感染ルートもはっきりしてたもんsign03紫月じゃないよぉbearingsweat01sign03
 ちなみにうちのボスも今週はインフルで、1週間まるっとお休みでしたcoldsweats01。風邪ひいた自分は何も言えないけど、手洗いうがいはちゃんとして、マスクもするべきだなって…coldsweats01

 微熱はまだ続いていますが、症状は…ちょっとマシになったかな?という紫月。今週も遅ればせながら諸々感想レッツゴーですhappy01note今回は相棒がお休みだったので、短めになる…かな?

べるぜバブ 「リーゼント、なくしちゃいました」「大魔王、来ちゃいました」
 リーゼントといえば、姫川さんですよね。先週に引き続きいじられていた姫川さん。ていうか、リーゼントで強さまで変わるとは知らなかったよ…gawksweat02。気合が入るとか何とかで。だから、サラッサラヘアの美少年だと、強さも半減してしまう。どこまで特異体質なんだ、姫川さん。そして、なんだかんだで姫川さんのピンチには駆けつけてくれる神崎さんは、結構いい人なんじゃないかなって思いました(笑)。
 Bパートは大魔王がふらりと男鹿くんちに遊びに来ちゃうお話。それを聞いたヒルダさんは一念発起、というのか、石矢魔のメンツを集めて、大魔王をおもてなしするために必死に準備を始めたわけですけど…。
 なんていうか、ヒルダさんは大魔王のことを大層過信してらっしゃる気がします(笑)。男鹿くんでさえも、大魔王のいい加減さはよく分かってる気がするのに、ヒルダさんは忠誠心からなのか、大魔王のことをすごい人だと思ってますよね~。
 で、実際に応待したのは、男鹿くんのお父さん。お父さんは魔界とかその辺も、マカオだと勘違いしてる類ですから、ヒルダさんから、すごく偉い人なんだって聞いて、それなりに接待してくれましたけど、あくまで人間レベルというか、上司や相手先の接待的な感じで、案外うまいことやってくれました(笑)。さすがサラリーマン、接待技術は磨かれてますねwinkshinegoodsign01
 結局ヒルダさんがようやく準備を整えて家に戻ってきたときには、大魔王様は帰っちゃった後でしたが、大魔王様はいい感じで人間界を楽しんでいった気がします。
 そして、相変わらず最近のべるぜバブはゆる~い感じですね~(笑)。

SKET DANCE 「Happy Birthday(前編)」
 おぉ、来ると思ってたけど、ついにボッスンの過去のエピソード登場ですね。これまで、スケット団の過去のエピソードは、どれもなかなかに重たいものだったんですが、ボッスンはこれまた…なんというか…予想外というか、予想以上というか。個人的には、今回のOPが、ずいぶんボッスンと椿くんをクローズアップしてる気がしたので、これまでやたらなんか絡んでた二人だったから、この二人が実は異母兄弟だったとか、そんなオチがあるのかと思ってたんですけど、ボッスン、天涯孤独の身の上だったんですか…coldsweats02sign03sign03
 初めに財布落とした人、ボッスンだとばっかり思ってて、ボッスンのお母さんらしき人が、髪の毛短い状態で出てきて、その人のことを「亮輔」って呼ぶから、すっごい違和感で、何?何が起きてる???って、大混乱だった紫月(笑)。そういわれれば、ボッスンより少し大人っぽい……かな???いやでも、声も一緒だし、そっくりcoldsweats01
 何かと人助けをしてしまう亮輔さん。結構自分の身が危ないようなときにでも、とっさに体が動いちゃう人みたいです。で、そんな亮輔さんと仲の良かった、ボッスンの「かあちゃん」藤崎茜さん、ですよね。そして、亮輔さんと同じ施設出身で、亮輔さんと同じ天涯孤独の波瑠さんを合わせて、3人で仲良しさんで。そんな仲良し3人組のビデオや写真を見つけて、こっそり見てたボッスンだったんですが、自分が生まれる2か月前に、茜さんがいつものまま、スリムな体型でいた、たった一枚の写真から、自分が「かあちゃん」の子供じゃないんだと感づいてしまいました。ボッスンって、何気に切れ者ですからねぇ…。茜さんも、アルバムとか全部隠してたみたいでしたが。
 亮輔さんは、この世の誰とも血がつながっていないって、どんなことなのかよく分からないって言ってたタイプだったんですけど、ボッスンはそれに衝撃を受けてしまいました。亮輔さんは、最初からそれを知ってて、でも幼いころから施設の人たちと家族みたいに暮らしてきて、別に何の不満もなかったからそう感じたのかもしれないけど、ボッスンは降ってわいた事実にびっくりしちゃったんですよね…。だって、茜さんは立派にボッスンを育ててきてると思いますし、妹だって、お兄ちゃんだって信じてて、ボッスンだって、この世の誰とも血がつながってなくたって、絶対に「天涯孤独」なんかじゃないと思いますもん。家族もスケット団も(あれ、この時はまだスケット団ないのかな?)みんな深くつながってる人たちばかりで…。基本的に楽天的で前向きなボッスンだと思いますが、まさかこんな過去があったとは。ピクシー・ガーデンの時に会長が言ってたのは、このことの布石だったんですねぇ。
 多分、ボッスンが生まれた日に、亮輔さんはいつもと同じように、思わず車の前に飛び出した子供を助けようとして、事故で亡くなってしまったんですね。そして、波瑠さんは…茜さんが運転苦手だったから?事故ってしまったんでしょうか。波瑠さん、赤ちゃんだけは無事に生まれたってことなんだろうけど、その事故が原因で亡くなってしまった…わけでしょうか。だから、茜さんは責任感じて、親友たちの子供ってこともあって、ボッスンを引き取ったのかなぁ。
 何しろよく分からないことが多いので、次回後編に入ってからってことですが、じゃあ、椿くんは、今回の事件に何か関係あるのかなぁ?全く関係ないってことは、ないような気がするんですけど。

銀魂 「バラガキからの手紙」
 最後まで楽しませてくれたバラガキ篇でした~happy02sign03
 前回鉄之助くんを蹴り落とした銀さんは、やっぱりわざとだったんですね。そして、銀さんはもちろん、土方さんも、ちゃんとその意図を理解していたようです。かっこいいな~この人たち~~~~happy02heart04sign03あの、いかにも悪そうにふざけた二人の「ニヤリ」、めっちゃ楽しかったっすhappy01sign03
 で、バラガキ篇最終話だというのに、いや、だからなのか、銀魂らしさもそれぞれのキャラらしさも炸裂しちゃって、楽しいわぶっ飛んでるわ、いかにも銀魂らしくて面白かったです~。
 すぐに鉄之助くんの蹴り落としはフェイクだと気づいた異三郎さんはさすが。上から狙ってたヘリに、浪士ごと撃て、と命を下すんですけど、次の瞬間銀さんと土方さんの見事なタッグ。でかい石を砕いてそのままヘリ直撃っimpactsign03その上近藤さんがバズーカで屋上を爆撃して、ヘリから狙い撃ちできなくしちゃいました。ぁあ~~~~~~~もぅ、この辺のツーカーっぷりがたまらなく面白いですわぁああああああhappy02heart04sign03で、その煙に紛れて土方さんと銀さんが見廻組をバッタバッタとなぎ倒す。いやぁ、清濁併せ呑んでるこの方たち、めっちゃ楽しいlovelysign03
 そんな中で、チェケラ党の皆さんは、近藤さんのバズーカで開いた穴から脱出を図ってみたら…はい、ここには沖田さんたちがいました~。沖田さんたち、かっこよく戦ってたと思ったら、何してんですかっcoldsweats01sign03信女さんも、何でのってんですかっcoldsweats01sign03ある意味最強の拷問バッティングセンターと化してました(笑)。バッティングに対してなぜか信女さん、卓球ラリーなんですけど(笑)。もういいよ何でも(笑)。で、慌てて階段を降りたら、今度は階下から山崎さんのあんパンスパーキングかcoldsweats01sign03sign03sign03あんパンでトチ狂ってから、すっかり山崎さんはあんパンスパーキングがステータスになりましたね(笑)。そして、あんパンを避けて外へ出てみれば、なんか近藤さんがゴリラと化して下ネタ炸裂させてますcoldsweats01。どれくらいって、チェケラ党がドン引きして逃げたくなるくらいです(笑)。つい一瞬前までかっこよくバズーカ撃ち込んでた近藤さんはどこ行った。
 ようやく屋上の煙が晴れて、ヘリからの狙い撃ちが可能になった頃、倒れているのは皆黒服の隊士。そして、立っていたのはたった一人。白い見廻組の隊服を着た…ヒジカタサンダhappy02heart04sign03土方さんの投げた手榴弾におののいて、慌てて旋回したヘリは、自らビルの壁面に衝突して自滅。手榴弾をキャッチした土方さん、それ絞って焼きそばパンにモリモリと盛り付けました(笑)。あれ、手榴弾型マヨネーズでしたかcoldsweats01。マヨ焼きそばパンをほおばる土方さんの後ろで、ヘリ大爆発impact
 一方、おかしなラリーをしてた沖田さんと信女さんでしたが、それなりに勝負は続行中だった模様。沖田さんはそろそろ決着にしよう、と言ってるけど、信女さんは標的を斬るまで刀は収められない、と沖田さんを追いかけて、ビルの柱を壁を切るキル斬る。そんな信女さんに、沖田さん。
「収まる鞘がねぇなら、てめぇにおあつらえ向きなのを用意してやらぁ」
 くるりと踵を返し、次の瞬間信女さんに向かってダッシュ。信女さんが思わず構えたら
「そうかしこまるな。オレの標的はてめぇじゃねぇよ。悪いが、最後の一本はオレが頂いた」
 なんと、切り崩したのは、一本の柱。たちまち崩れ落ちてくる上の階。
「てめぇみてぇなでけぇ刃には、そこがお似合いだぜ。鞘ン中で眠りやがれ。ナマクラ」
 逃げながら、どこの柱や壁を斬らせるか、考えてたんですか、沖田さんはcoldsweats02sign03基本沖田さんは、あんまりもの考えてないっていう感じの人ですが、この鋭い「ビル斬り」さんから逃げるように見せて、葬り去るとは。セリフも、その言い回しもいちいち沖田さんはかっこいいですねぇ…。そりゃあ人気もありますわ…。
 片や土方さん。屋上から降りてきて、ふらふらの状態で、見廻組のふりして、全員を既に片の付いたビルの中へ行かせておいて、異三郎さんと対峙。そして、異三郎さんの背後から刀を突き付けていたのは、やはり白い隊服に身を包んだ、あんパンスパーキングしてた山崎さんとゴリラと化してた近藤さん。あくまで見廻組の隊士のフリしたまま、自分たちの要求を突き付けました。手柄は全部見廻組にやるから、ここは痛み分けで片を付けよう、と。正直、こんなにかっこいい山崎さんは、相当久しぶりに見た気がしました(笑)。あんパンスパーキングしてても好きだけどね(笑)。そして、真撰組の太っ腹なこと。完全に敵のボスの首取ってるのに、勝ったのは真撰組なのに、その手柄全部見廻組にくれてやるってんだから。
 しかし、この最後の展開は、真撰組の黒の隊服と、見廻組の白のそっくりの隊服あってこそのものでしたよね。最初から、そういう設定でこの話だったのかなぁ。本当に空知先生の頭が素晴らしい方向に冴えてる時は、心底面白い。それが普段はどうして専ら下ネタに発揮されてしまうのか、甚だ遺憾ですぅcoldsweats01。(←やや苦手。)
 真撰組は銀さんを逮捕したんですね~coldsweats01。いや、普段分かってて、元攘夷浪士放置して、結構助けてもらったりしてますよね?まぁ、蹴り殺そうとしてましたけどね(笑)。鉄之助くんもすごくいろいろ考えたみたいで、かなり自己嫌悪には陥ってたみたいですけど、そんな鉄之助くんを励ましてくれたのは、やっぱり真撰組と土方さん。いいこと言いながら、土方さん倒れちゃいましたけど…そりゃあ無理しすぎですよねぇ。何発も銃弾食らって斬撃浴びてるはずです。
 結局銀さんは使いっ走りの刑を科せられたようですが、鉄之助くんは、為五郎さんのお墓の前で、土方さんと為五郎さんの真実を、銀さんと一緒に知ることになりました。目の見えなかった為五郎さんに、白紙の手紙を毎月送っていた土方さん。何にも言わなくても通じ合っていた、素敵な絆があったんですね。やっぱり、素敵なお兄さんだったんだなぁ、為五郎さんは…。
 ところで、最後異三郎さんは高杉さんと接点があったようでしたが…高杉さんの思想と同調してるんだとしたら、この人はちょっとやそっとでは崩れなさそうですね…。でも、そんな腹黒い会話しながら、ドーナツで信女さん釣ってる動作はちょっと面白かった(笑)。さすが女の子、甘いものには目がないのね(笑)。
 最後のエンドロールは、やっぱり手紙を書こうとしたけど何も思いつかなかった土方さんの、その白紙の手紙。この時代、携帯があるのに、文字は筆なんですよね(笑)。味があって素敵happy01noteやっぱり主役は土方さんになってましたね。アニメ銀魂、やっぱり面白いわhappy02heart04sign03sign03sign03
 教えて銀八先生。舘○ろし、バレバレですけど大丈夫ですかそんな大物いじってcoldsweats01

 あ、なんか今回も銀魂長いっすね~coldsweats01。ダメだ、面白い時はもう銀魂は最高です(笑)。
 さ~て、そろそろお部屋の掃除するかな~。

|

« 2月諸々感想参 | トップページ | 3月諸々感想壱 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~!
体調優れなくていらっしゃるんですね・・・。
早く治るといいですねぇ、お大事になさって下さい。
私はいたって元気です。
精神的に・・・以外は(苦笑)
さて、今回も手短です。
私もOPでボッスンの過去編来るな~と思ってはいました。
スケット団の三人は、それぞれに重いものを背負ってますよね。
それでも今は楽しそうに部活してて、良かったな~って思います。
そんな三人だからこそ、人助けの部活をつくったんですね。
だからさり気ない優しさが感じられるのかな~と思います。
人の傷みを知るっていうのは、人としての大きな成長だと思います。
また前後篇とわかれてるみたいなので、私はこの辺で黙っときます・・・。
お口にチャック!
では、また(^^)/


Re:班胥さん
おぉ、毎度ほんと遅くに更新でスミマセン!いい加減頑張れよって思うのに、土曜日はどうしてもビデオ見て終わっちゃう(^^;。そもそも、録りすぎがいけませんね。でも相棒は見たい…!
班胥さんはとりあえずお身体は大丈夫なんですか?何やら精神的に来てるせいでお身体に影響が出てらしたりするので…あまりそれ、健康とは言えないような…(><)!風邪はだいぶ良くなりました。昨日まで37度1分まではあったんですけど…今日は計ってません(笑)。(←めんどくさかった。)
SKET DANCEはついにボッスンの過去編ですね。今のところ、スイッチの過去が一番重たいと思うんですけど、ボッスンの過去にも命という重いものが懸かっていたんですね。前回スイッチの過去編前編でどえらい勘違いしてやきもきしてたんで、今回は一体どれだけ外してるかと変な期待してる紫月です(^^;。でも、三人とも大きな傷を心に負ってるからこそ、人にやさしくいられるんですね、スケット団。ひとまず、ボッスンの過去編がどう決着つくのか、楽しみです。
☆紫月☆

投稿: 班胥 | 2012年2月26日 (日) 23時04分

こんばんはー。
おぉ、紫月さん、とんだ濡れ衣を……。高熱が出なけりゃ、お医者様はインフルエンザの検査をしようとすらしませんから。ありえませんよねぇ。
「銀魂」バラガキ篇、おもしろかったですー。まず、その場で一番脅威のヘリを封じる、息ピッタリ加減がなんともいえませんね♪♪
なのになのに、真撰組の皆さん、チェケラ党の追い込み方、まちがってますー。あのカッコイイ人達は一体何処に……。(笑)もう、“※あんパンはスタッフがおいしくいただきました。”とか、いかにもウワベな感じでテロップ入れといたらいいと思いますわ。(←食べ物の扱いが、やや遺憾)でも、お巫山戯が出てきたらもう、完全に真撰組のペースってことで♪それに、チェケラ党をまとめて始末しようとしてた異三郎さんと違って、真撰組の方針は、生け捕りだったってことですね。いいと思います。チェケラ党の頭の人、土方さんの手紙をちゃんと最後まで音読してくれてたし、意外といい人かもしれません。
白い隊服で、見廻組隊士としてお伺いを立ててあげることで、メンツは保ってあげますよ。みたいな、不敵に慇懃無礼な感じがイイですねっ。しかも逮捕した攘夷浪士全員くれてやる太っ腹。でも、銀さんは渡さないのね♪♪銀さん、屋上から何処に消えちゃったのかと思ってたら、逮捕されてたのか…。
為五郎さんの生前、土方さんとの間に素敵な手紙のやりとりがあったんですね。それに、為五郎さんの奥様がそれを微笑ましく見守って下さってた……。良かったですぅ。
それから、沖田くんを絶対斬るつもりだった信女さんに対して、沖田くんの目的はあくまでも信女さんの足止め。その冷静さがかっこよかったです♪
しかし、異三郎さんがメールで話題にしてたドーナツは、信女さん用のエサ(?)だったんですね。異三郎さんと高杉さんの間には、どんなつながりがあるんでしょうか?


Re:ミクラさん
ですよねー、インフルは高熱がもれなくついてきますよねー!(←というわけで、忙しさもあって医者に行かなかったため、よけい揶揄されました(^^;。)
銀魂はバラガキ篇最終回でしたね。…面白かったですぅ…!そうそう、ヘリコプターを何の打ち合わせをしたわけでもないのに、同時攻撃(笑)。さすが、戦いを知り尽くしてる人たちです。なのに、その後が拷問バッティングセンターと卓球のラリーじゃぁ…(^^;。その上あんパンスパーキングとゴリラ…(T□T)。そうですよね、食べ物粗末にしちゃいけませんよね。あんパン何にも悪くないよ、山崎さん(笑)。
そんな人たちが、白い隊服着て、わざとらしいくらいに見廻組の隊士として局長にご報告とご提案。こっちにも非はあるから、痛み分けにしときません?って。結局銀さんは無罪放免っぽいので、全部見廻り組に手柄やっちゃったって感じなんでしょうけど、それで良しとしちゃうところが真撰組はかっこいいです。そういう欲は全然ないんですね、銀魂の真撰組は♪あのおバカな人たちがこれやっちゃうから、もう、参っちゃいます~(>▽<)!
土方さんとお兄さん、上手くいかないままに死に別れてしまったのかと思ってたし、土方さんはもしかしたら、心残りはあったのかもしれないけど、それでも通じ合える絆があったんだなって分かるエピソード、素敵でした。目の見えない為五郎さんに、白紙の手紙。きっと、最後に向かい合ってた時も、そんな感じだったんですよね、二人は。何も話さなくても相手のことよく分かってる、理解できてて、通じ合ってる。お互いの気持ち、ちゃんとわかってる、みたいな。
信女さんV.S.沖田さん。こちらは、完全に殺人マシーン状態だった信女さんより、人として相手してた沖田さんが一枚上手だったのかなって思いました。そして、相手が人としての感情を失っていると見るや、それを「ナマクラ刀」として扱っちゃう沖田さんのセンスがめっちゃかっこいいと思いました。
あれだけドーナツで銀さんの気を引こうとしていた異三郎さんですが、ドーナツに対して全然興味ないんですねー。安物だとかエサだとか…。結局信女さん釣ってましたし。ドーナツにしろ、自分にしろ、この人は利用する道具、としか見ていないのかもしれませんね。高杉さんも、結構使えるものは使うって感じの思考回路してますから、異三郎さんの人柄を見抜いて、お互い腹黒いままに利用しようとしてるのかもしれませんねぇ…。
☆紫月☆

投稿: ミクラ | 2012年2月26日 (日) 23時37分

こんにちは(#・∀・#)ノシ 
私はインフルエンザもならなくて
ピンピンしてます。(笑)
銀魂良かったですよね☆
そうそう沖田V.S信女のとき、
沖田が『俺の標的はてめぇじゃねぇよ』って言ってたけど
沖田の標的は、土方?なんて
おもったんですが、どうなんでしょう?


Re:ドSさん(でいいのだろうか…(^^;)
初めましてー!インフルめっちゃ流行りましたけど、ご無事でしたかー!
銀魂お好きなんですね♪
そうですね、沖田さん、そういってましたね。土方さんっていう意味合いもあるかもしれませんねぇ。個人的には、あの時柱を狙ってたから、そういう意味なのかと思ってましたけど。
☆紫月☆

投稿: ドS | 2012年3月 9日 (金) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152835/54080545

この記事へのトラックバック一覧です: 2月諸々感想肆:

« 2月諸々感想参 | トップページ | 3月諸々感想壱 »