« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月25日 (日)

11月諸々感想肆+リボ&黒バス2013カレンダー

 さて。三連休だったのに、買った小説や漫画を読む時間も作れないとは、これどういうことでしょうね。なんでこんなに眠いんでしょうcoldsweats01(←寝るな。)そろそろ年賀イラストに手をつけなきゃ…と思ってたのに、ちょっと厳しい???来月はリボーンの新刊と黒バスの新刊も出るんだ…bearingsweat01sign03あ、でも、セキュリティー対策だけはもう万全になりました。お部屋もピカピカ~shine
 黒バスと言えば、何やら脅迫状が来るとかなんとかでニュースになってました。一ファンとして心配です。イベントやコラボ企画が中止になったり、作者の関係校に変な薬品が置かれてたり送られたりしてるとか。そこまでされてて、何で犯人捕まらないんでしょうね。現実に右京さんがいたら、これくらいの事件、軽々と解決してくれるだろうにな~と、夢物語の紫月です。でも、ものっすごい私情で犯人は色々やってるらしいので、すごい迷惑だと思います。捕まったら、企画を中止にしたことで生じた損害とか、作者やファンへの心理的な負担に関するもの全部賠償させたらいいと思います。何一つ参加してない自分が言うのもアレですけどcoldsweats01。でも、他人に迷惑かけるなんて最低だなぁと思うくらいの常識は持ち合わせています。人を巻き添えにして死んでやるとか、心底めんどくさい人だなーと。

 そして、単行本の前に2013年のカレンダーが届きました~happy01note今年はリボーンと、黒バス頼んじゃったんですけど(笑)。リボーンはこれが最後になるのかな…。銀の表紙に、アルコバレーノの載ってる透明なカバーがついてて、それが銀の表紙の各チームの上に来るという凝った造りです。何しろ表紙が綺麗lovelynote主要な登場人物がほとんど全部描かれているというのも見ごたえ満載です。あとは、一つ、チームのボスのアップが載ってるのが、描き下ろしかな?と。一人一人の美しさがハンパねーですhappy02heart04残りは表紙や扉で見たことのあるイラストでしたが、個人的な印象では、ディーノさんが載ってる率が高いような。その分山本の載ってる率は…低いんですけど…coldsweats01。(←表紙だけ。)ちなみに、ツナとリボーンは全頁に載ってます。
 黒バスは、サイズ勘違いしてて、リボーンと同サイズが来てびっくりしました(笑)。ちっちゃいと思ってたら、普通にでかかった。でも、黒子っちと火神くんが出会った場面とか、全部今の作者の絵柄になってて、おぉ、これ全部書き直した絵かcoldsweats02sign03それだけで、結構おいしいかなー。初期の頃の絵は、作者が自分でもおっしゃってるくらい、今と違うんで、綺麗な絵で見られるのはいいですねwinkgoodsign01よく分からないけど、描き下ろしの絵もある気がします。黄瀬くんも一杯載ってておいしいです。個人的に(笑)。
 リボーンの方が、ちょっとお値段高かったんですが、どことなくリボーンの方が全体的な素材に高級感が漂ってました(笑)。箱も、同じ大きさなのにリボーンの方が分厚かった(笑)。これが実績の違いってやつなのか…。ちなみに、黒バスは今年のカレンダーが初だそうです。表紙の火神くんがめっちゃかっこいいですlovelynote今のところ、黒バスも結構好きなキャラが多いから、見てて楽しいです~。

 ではでは、いつもの諸々感想でーす。

 相棒 Season11 第6話 「交番巡査・甲斐亨」
 カイトくん、結構純粋なところがありますよねー。こういうところは、右京さんの相棒に共通してるような気がします。右京さんが、どこまでも冷静で客観的に物事を捕える分、相棒は思い入れが強かったり優しかったりして、右京さんという壁にぶち当たるというか。神戸くんですら、右京さんに比べると、やっぱり主観が入ってましたからね。意外と優しかったし。
 今回は、奥山さん夫婦にカイトくんがすごく縁があって、右京さんが奥山さんが犯人だろうという考えを教えずに捜査を進めたために、カイトくんが激昂しかけました。そこでブチ切れるまでいかないのは、右京さんの正しさをカイトくんが認識しているからだろうし、認めているからだろうし、右京さんの貫録がカイトくんを上回っているからだろうと思うんですけど、今回カイトくんがそれでもブチ切れそうになったのは、まだ右京さんに信頼されていないという事実を突き付けられたからなんでしょうか。右京さんが教えなかったのは、自分の捜査の邪魔をされるかもしれないと思ったからなんですよね。しかもそれ、はっきり言っちゃうから…coldsweats01。それは右京さんらしい気がしますけど。
 今回、これまた右京さんらしい「強引」な捜査がちらりと出てきましたけど、最初からシャツの違和感に目ざとく反応するところが、さすが右京さんでした。
 奥山さんの「人の気持ちはどうしようもなく変わる」っていうのは、分からなくもないですけど、だからって殺さなくても…。子どもにしても、そりゃあショックは大きいと思いますけど、今までかけてきた愛情全部捨て去ることができるほど、簡単なものなのかなー。って、思いました。遺伝子を愛してるわけじゃないでしょうに。

 銀魂’ 「屋台に入るには微妙に勇気がいる」だっけcoldsweats01?(←調べろ。)
 これは~、本放送見た時も「やられたーーーーーーーーーーーcoldsweats01sign03」って思いましたね。声も性格も習性も人間関係も、見事に銀さんたちと被ってんだもの。まさか、全くの他人だったとは。そして、ずうううううううううううっと屋台のおやじしか映ってない画面っていう。何て斬新で画期的な騙しだろうと思った覚えがありますよ(笑)。さすが銀魂。

 PSYCHO-PASS サイコパス 第7話
 怖。王陵さん怖shocksign03
 それにしても、この世界のホログラフはよく出来過ぎてて、それも怖いというか、信じられないというか。目に見えてるものが真実なのかどうかが全然わかりませんね。王陵さんに特別な薬品を運んできてる人、普通に女生徒の外見で普段過ごしてるわけですよね。怖。
 今回、槙島さんもたくさんしゃべってましたけど、落ち着いた怪しい魅力漂わせる感じの方でした。この作品は、きっとこの人が鍵になってくるんだろうと思いますが、狡噛さんはこの人にかなり近づいてる気がしました。佐々山さんが残した写真もあるし、槙島という名前にも、たどり着いてるんですよね。縢さんが、狡ちゃん外してよかったの?って言ってましたけど、全くその通りだなーと。ま、狡噛さんも、そのまま蚊帳の外で済ませる気はさらさらなさそうですけどね(笑)。
 それにしても。狡噛さんはかっこいいですね。ストイックに自分を鍛えているのは、ドミネーターという強力な武器を使うからこそ、それを使う自分が強くなければって思ってるんですねー。心身ともに、この人は強いというか、鍛えてるように思いました。

 マギ 第7話
 シンドバッドさん、好きだわ(笑)。すごい、十二国記の延王を彷彿とさせる感じがします。包容力があって、強くて、大らかな一国の王。大ボケというプラス特典付き(笑)。アラジンたちの前に、葉っぱ一枚で立ちはだかったときは、何じゃこいつと思いましたがcoldsweats01。金持ちが、本当に食べ物がなくて困って押しかけた、赤ちゃんを抱えた女性に肉を投げて、女性が思わずそれを拾い上げようとした時、それを優しく抑えて、自分が狙うのは霧の団だけだ、と見逃すのがかっこよくて。自分たちの税金を取り返して来いって。かっこいいわ~かっこいいわ~~~lovelyheart04だからこそ、大ボケでも慕ってついてきてくれる人がいるんでしょうね。
 だけど、このシンドバッドさん、義賊として暗躍する霧の団を退治しようとしてて、なぜか霧の団のトップに立ってるのがアリババくんで、なんで?どうして???って感じです。アリババくんに会うの、アラジンもモルジアナさんも楽しみにしてたのに。アリババくんとダンジョンをクリアして、どれくらい日がたってるのか、突然場面が変わっちゃったからよく分かってないんですけど…。個人的に、今のところアリババくんとシンドバッドさんが気になる人なんで、この二人が対決するとなると、ちょっと心が痛みますです。
 あと、シンドバッドさんのお付きのジャーファルさんは、シンドバッドさんのオカンみたいだと思いました(笑)。

 戦国鍋TV
 またちょっと変わりました。OPがスロットになって、ミュージックトゥナイトの司会が元の女の人に戻って、キャバクラがまたレイナさんだけになって、何より「戦国時代を中心とした…」っていうキャッチフレーズに変わった気がします。もしかして、新シリーズに突入した???
 AKR四十七がまたこれ(笑)。なんでこううまいこと曲作ってくるのか。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

家庭教師ヒットマンREBORN!最終回&11月諸々感想参+エヴァ劇場版Qちょっとだけ。

 前の記事で、すごーくマイナス思考な判断を披露している紫月ですが、ネタバレ的にはそれほど心配しなくても大丈夫だという情報を頂いたので、ならば…と購入してきた先週のWJ、読みました。リボーンの最終回だけ。
 昨日はエヴァの新劇場版Qを観に行ってたので、感想を書くのが遅くなってしまいましたが、今回は相棒もやらなかったことだし、WJリボーンの最終話、感想を書いておこうかな、と思いました。

 家庭教師ヒットマンREBORN! 最終回 標的409 「ちゃおちゃお!」

 まずは、応援ありがとうということで、最終回でセンターカラー、なんと4ページcoldsweats02sign03sign03sign03天野先生、最後までお仕事されますねぇ…。
 その4ページで、少なくとも紫月の思いつく限りのキャラクター全員集合なんですけどcoldsweats01
 まず、1ページ目。多分、日常編に出てきた人たち。
 ツナ、リボーン、レオン、京子ちゃん(カワイイ happy01note)、ハル(カワイイwinknote)、獄寺(やけに細かくて綺麗coldsweats02sign01)、瓜ちゃん、山本(こっちも結構細かい、カッコイイsign03lovelynote、次郎、小次郎、ビアンキ、了平兄さん、我流、イーピン、大人ランボ(と子どもランボと牛丼)、持田先輩、シャマル、花ちゃん、フゥ太、ママン、ロメオ、プリーモ、、雨月さん、Gさん、あと小さすぎて判別微妙だけど、たぶんアラウディさんナックルさんデイモンさん、ランポウ???あと、剛さん、モレッティいる?犯罪三兄弟と、根津先生?光学迷彩服着てた二人、名前わかんない(笑)。最後、下の方にいる紙袋のおじさん、誰coldsweats01sign021ページ目は、大体アップの順でお届けしました(笑)。
 2ページ目。ここは、日常編⇒黒曜編⇒ヴァリアー編って感じでしょうか。
 日常編の辺りから行ってみましょー。
 雲雀さん(でかい)、ロールちゃん、ヒバード、草壁さんはじめ、風紀委員会の皆様、ディーノさん(細かい、綺麗かっこいいカワイイlovely)、エンツィオ、ロマーリオ、キャバッローネファミリーの皆様(名前ごめんcoldsweats01
、トマゾファミリーの面々。名前ヤバいぞ(笑)。ロンシャン、パンテーラ、あと誰だっけ(笑)。おじさんと子ども。そして、ロンシャンの彼女たち(笑)。あ、あと、後藤さんがいる(笑)。
 黒曜編、髑髏ちゃん(カワイイ、大きいhappy01note)、骸さん(安定のかっこよさ)、ムクロウ、M.M、柿ピー、犬、ジジとヂヂ(だっけ?)、ヒバード飼ってたおじさん…バーズ?
 ヴァリアー編、XANXUS様(現代だけどカッコイイlovely)、ベル、スクアーロ、レヴィ、ルッス姐さん、チェルベッロ機関。おや、別の所にいる人もいるようですね。
 3ページ目。ここは総じて未来編ですね~。
 女子の面々が大きいのは気のせいでしょうか。ラル(美人さんhappy02sign01)、ブラックスペルのユニちゃん(カワイイlovely)γ兄貴(気だるさカッコイイ)、野猿、太猿、幻騎士、アリアさん…えーと…熊の人???(←蛇使いにやられた人。)あと、ジンジャー、その隣の丸い人誰???ホワイトスペルの白蘭さん、グロ、バイシャナ、アイリスさん、死茎隊の皆さん、えーと、モヒカン誰???真6弔花のブルーベル、桔梗さん、ザクロさん、トリカブト、デイジー、GHOST、そして技術屋、正ちゃん、スパナ、モスカ(ここで来たか)、ジャンニーニ、あと、ジルさんとその執事さん。一番下にいる女の子二人…誰coldsweats01???
 最後の4ページ目。ここは継承式編と虹の呪い編でしょう。
 えっと、シモンファミリーの炎真くん、アーデルさん(やっぱり女の子大きい)、しとぴっちゃん、紅葉くん、薫くん、ジュリーくん、らうじくん。そして、CEDEFの家光さん、バジル君、オレガノさん、ターメリックさん。復讐者の皆さんとバミューダさん。イェーガーさんだけはいる気がする。尾道さんに…チェッカーフラッグさんはいないんですね。で、なぜここで川平のおじさん???鉄の帽子かぶってる…???チェックのネクタイ???えええ???それから、フラン。なんでここ???で、アルコバレーノの風さん、コロネロ、マーモン、スカル、ヴェルデさん。タルボ爺様にあれ、またデイモンさんがいる。エレナさんも。で、9代目ファミリーの9代目、コヨーテさん、ガナッシュさん、ビスコンティさん、ニーさん、クロッカンさん、あと…雨の人。誰だっけ。うぅうううううう。あ、シュニッテンさんだhappy02sign03(←出てきた、超嬉しい。)あと、歴代ボンゴレ。プリーモ抜いて2世3世4世5世6世7世8世。そして、もう一度、今度は超ツナ、リボーンとレオン、そして、ナッツhappy01note。なんか、炎真くんの前にいる鬼の形相の人は、分からんです。多分見たことない。
 うぉおおお、超頑張った、自分超頑張ったcoldsweats01sign03(思い出す的な意味で。)意外と出てこなかったのは9代目ファミリーでした。ていうか、シュニッテンさんだけで軽く20分くらい考えてた(笑)。(←ウィキれ。)お菓子の名前、いろいろ思い出してた。

 はい、やっと本編。
 えっと、リボーンが一体何を問いかけたのか。想像は容易にできるわけですが、10代目を引き受けないのか、ツナ。継承式は、あくまで山本を傷つけた張本人を炙り出すために引き受けたわけですが、そうかー、まだ覚悟はないんだ。だけど、その答えを聞いたリボーンは、だったら付き合うつもりはない、と去ってしまいました。レオンでハングライダーって、どこぞの怪盗みたいですねcoldsweats01
 オレが来た頃とほとんど変わってねーな。そんなリボーンの言葉でしたが、リボーンが出て行ってしまったツナ、自分の力で頑張らなくちゃ、と決意。だけど…あ~~~懐かしいですね~~~この感じ。ボール顔面に当たるとか、英文訳せないとか(笑)。ダメツナって言葉も、同級生から久々に聞きましたが、まだそういう認識されてんですね。
 初めのころと同じようにへこむツナ。そこへ、リボーンらしくマシンガンでツナの部屋の壁ぶっとばして、またまた登場。ボンゴレ10代目じゃなくて、ネオ・ボンゴレⅠ世(プリーモ)を目指すぞって…もう一回プリーモに戻すって?ていうか、新しいボンゴレのボスになれっていう意味だから、一緒じゃんcoldsweats01。でも、10代目になるって言ったら去るつもりだった…ってことは、もうリボーンがいなくても、立派な10代目になるだけの力はつけてるってことなんじゃないのかな。だけど、自信が足りない、と。その自信を補うために、もう一回出直して、ネーミングだけ変えてみようとしてくれたリボーン。うん、なんて素敵な家庭教師だよ。(←棒読み。)
 だけど、新しくもう一度、ツナの生徒就任記念ってことで、みんなに声を掛けてくれてたりボーン。そこには、ツナを慕う仲間たちが…。おぉお、山本happy02sign03sign03山本の笑顔、プライスレスhappy01heart04sign03京子ちゃんにハルちゃんに髑髏ちゃん、獄寺に了平兄さんに、イーピンにランボさんも。みんな笑顔でいいなぁ、かわいいなぁ。平和な並盛なんですね、今、ここは。
「なっ。オレが最初に来た時とは、ほとんど変わってねーだろ?」
 勉強も運動もダメダメで、死ぬ気になることができるようにはなったけど、それに頼って生きていくつもりがない以上、あまり日常生活は変わらないツナ。だけど、絶対的に違うのは、一緒に笑ってくれる、素敵な仲間がいることhappy02sign03死線を潜り抜け、ともに戦ってきた仲間。悲しみも苦しみも、喜びも分かち合ってきた仲間。誰も友達がいなかったあの頃とは、全然違うよね、ツナ。そして、いざとなれば力を貸してくれる仲間…で、ディーノさんたち、雲雀さん、アルコバレーノたち、ヴァリアーのみんな、ジッリョネロと白蘭、シモンファミリーのみんな、黒曜のみんな、バジル君にお父さん。40巻で、これらのみんなを集めてみせたツナだけど、きっとみんなはツナの声に応えてくれたんでしょうね。いざという時に、こんなすごい人たちが力を貸してくれるようになったんだから、ほとんど変わってねーどころじゃないと思います(笑)。めっちゃ変わったやん。
 リボーン、そういえば最初、おしゃぶり付けてなかったんですね。なくても過ごせるようになったんですね。だけど、やっぱりないと落ち着かないってことで、何だかこれも元通り。リボーンとツナのやり取りも関係も、いつも通りで落ち着きますね(笑)。だけど、そんなリボーンを、ツナは「羽根がない天使」だなんて。ぅううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううわあああああああああああああああああああああああああああああそれってそれってそれって、アニメの最初のOPの歌詞ぃいいいいいいいいいいいいcryingcryingcryingsign03sign03sign03
 これで思わずうるるっときた紫月でした。
 これからも、リボーンはツナの相棒で、家庭教師でいてくれるんですよね。最後は、ツナの目から見た、ツナを見下ろすリボーンの、最大のアップ。2ページぶち抜きのアップだなんて、今までリボーンにあっただろうか。これが、家庭教師ヒットマンREBORN!の、最後のコマなんだな…って思いました。

 とりあえず、ここまでの話、40巻からぶっ飛ばしての最終回だけなので、ツッコミどころ微妙かもしれませんけど。改めてこれだけは。

 天野先生、本当にありがとうございましたhappy02sign03sign03sign03

 さて、以降はいつもの諸々感想です~。

 銀魂’(銀魂?) 「人生は試験だ」
 えーと。この頃は銀魂で感想書いてなかったから、これで何かを書いた覚えはないんですけど…。山崎さんが攘夷志士に潜入する為に四苦八苦するお話でしたね。そもそも、桂さん相手でまともな採用試験とか面接ができるはずないですよねー。とりあえず、見たことあるのに笑いっぱなしでした(笑)。山崎さんって、すごく常識人ですね、ツッコミスキルが冴え渡ってますね。そして、いい人なんだけど、報われない。これぞ山崎さんcoldsweats01

 PSYCHO-PASS サイコパス #6
 全体的に、何とも言えない不気味感が漂っていた今回。
 狡噛さんが監視官だった時に、ともに行動していた執行官の佐々山さんが、無惨な殺され方をしてしまったんですね。それで、犯罪係数が上昇してしまった、と。あの時、戻れ、と言ってたのは宜野座さんだったんでしょうか。だけど戻らずに、必死で自分の部下を探して…そのバラバラにされた遺体の標本を見つけてしまった。…惨いなぁ…。
 でも、その結果からするに、狡噛さんは、執行官を見下したりせずに、とても大切に思ってくれていたみたいです。そんな人が、犯罪に近い心理の持ち主だと判断されるのって、おかしいよなー。やっぱり納得いかないーーーーー。
 狡噛さんのことが知りたくて、縢さんと食事をして聞き出そうとした常守さん。縢くん、やっぱりこの人も、すごく人間らしい人だなーって思います。この時代、お酒もあまりよくないものとされてるんですね。で、料理上手でお酒弱い縢くん、かわいいッスhappy01noteでも、狡噛さんのこと、狡ちゃんとか呼んでるんですね。朱ちゃんとも呼ぶし、人懐っこいタイプですね~。
 ホログラフイルミネーションの裏で、バラバラ死体の標本…。今回の、ホログラフの下に隠されてた、美しい死体の標本も、あの女子高であの美人なお姉さん…
璃華子先輩がやったんでしょうか。だとしたら、槙島さんが指示してるんですよね。狡噛さんは、そこに気が付きそうなんだけど、宜野座さんがそれを邪魔してるようにしか思えません。宜野座さんは、踏み込ませないようにしてる気がするんだけど、犯罪の捜査を、踏み込まずにできるとは思えませんです…。でも、金原さんに目をつけてる辺りは、さすがなのかも。
 槙島さんは、犯罪を起こしたい人に、その手段を与えているみたいで…。つーか、槙島さん、若いように見えますけど、そうでもないんだろうか。独特の美学をもっていそうな人で、きっとすっごい博識なんでしょうねー。

 あ、そうそう、エヴァの劇場版Q。ちょっとだけですが、以下はネタバレなので、たたんどきます。注意事項として、あまりシンジくんに好意的ではない感想ですので、自己責任においての閲覧をお願いしますー。ってことで。毎度ですが、あくまで個人的感想ですので…。
 

続きを読む "家庭教師ヒットマンREBORN!最終回&11月諸々感想参+エヴァ劇場版Qちょっとだけ。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

リボーンが…っ(;;)!

 6年前に、アニメではまって、こちらのブログで長らく応援してきたWJの連載漫画・家庭教師ヒットマンREBORN!が、終わってしまったのだと、1日遅れで知りました。
 このブログで、ずっとメインで感想を書いてきた期間が長くて、現在でも単行本の感想だけは…と思って続けているわけですが、紫月は単行本派なので、基本WJの情報は全く分かりません。でも、その6年の間に、ネット上で交流させて頂くようになった方々のサイト、そしてコメントで、情報を頂きました。
 まだ、その最終回の掲載されたWJを入手していないので、何とも言えませんが、今は寂しいという気持ちで胸がいっぱいです。入手したところで、読めるだけの勇気がもてるかどうかも、自信がありません。その最後を、見届けたい気持ちと、終わってしまうのを確認するのが怖い気持ちと、最後まで「物語」としての流れで楽しみたい気持ちとが、入り混じっています。でも、とりあえず明日何が何でもWJ買ってきます。
 天野先生、本当にお疲れ様でした。そして、いっぱいのわくわく、ドキドキ、幸せを味わわせてくださってありがとうございました。未だかつて、こんなにはまって、一生懸命応援してきた作品はありません。イラストだって、へたくそなりに、精一杯頑張って描いていたのは、好きだったからこそでした。そして、そうやって応援する中で、リボーンをお好きな方と交流させて頂くようになりました。家庭教師ヒットマンREBORN!、という作品は、自分に何てたくさんの宝物をもたらしてくれたんだろう。って思います。すごく寂しいけど、この作品に出会えてよかったです。
 今はとりあえず…どうしても一人で仕舞い込むことができない気持ちがだだ漏れるままに、書き散らしてみました。…新しいリボーンに出会える単行本は、あと2冊。14巻から感想書き続けてきましたが、最後まで、精一杯楽しみたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

11月諸々感想弐

 寒くなってきましたねぇ…。仕事が忙しすぎて、毎日が瞬く間に過ぎていきます。そろそろ、新しいパソコンのセキュリティーお試し期間が過ぎるので、前使っていたパソコンのセキュリティーを移行させたいんですけど、さて、どうしたらいいのかよく分からないので、放置してあります。ちゃんと調べなきゃ…。
 あと、お正月イラストに、そろそろ焦りを感じてます(^^;。前のパソコンにはスキャナのソフトがインストールされてたんですけど、新しいのには入ってないので、そっちも調べてインストールするなり、我が家のプリンタ複合機をインストールするなりしないとなー。新しいパソコンにも、お絵かきソフトはペイントくらいしか入ってないと思うんですけど、ペイントそのものもちょっと機能が変わってるみたいなので、慣れるためには早めに始めなきゃーと思うわけですが…何しろ作業が遅いので…。あと、今年は6月以降全然絵を描いてないので、自信が無いッス。(しかも6月に描いたイラストにもすごく自信が無かったんですよね…人様に差し上げたいのに、単純な構図なのに、四苦八苦で泣きそうでした(--;。)
 仕事では、見本で、ちょっと水彩のリアルな人物画を描いたりしましたが、こちらはすごく楽しかったです。うぅむ…。与えられた時間でやれるっていうのは、幸せなことですよね。全然関係ないですが、パソコンと違ってアナログは、色を作るのが楽しいです。紫月は、原色を使いたくない派なので、最低限の色だけで、いろいろ混ぜて、こんな色ができたぞ、とか、こうしてみたら、とか考えるのが好きです。そして、絵の具をぎりぎりまでケチって使うことができます(笑)。(←人はそれを貧乏性という(笑)。)

 ではでは、今週も感想をぼちぼち書いていきたいと思います~。

 相棒 Season11 第5話 「ID」
 今回のお話は、初め、どう考えても行動が怪しい、加藤晴彦さん演じる「滝浪さん」が嘘っぱちなんだと思ってました。完全に騙されました。だって、どう考えたって、嘘くさかったですもん。全部が、いちいち。まさか、自分の名前と身分を売ってしまっていたとは。取り敢えず、いろいろと軽い人でしたcoldsweats01。お金が欲しくて、なんか余計なこと一杯しちゃったけど、決して悪人ではない、ていうか、根はいい人。けど、なんだかんだでダメな人、みたいな。
 カイトくんは、結構聡いな~って思います。ほんと、ノリは亀山くんに近いけど、頭脳的には結構神戸くんに近い鋭さもあるような。
 今回も特命係のおかげで、殺人事件も強盗事件も、そして名前を売ってしまった人も多分元の名前に戻れる、ということで、見事に全部解決でした。
 それにしても、右京さんがカイトくんの若者言葉に、ツッコミ入れるのが面白かったです(笑)。「逆に」って、確かに真逆の話を出すときじゃなくても、別角度からの意見を出すときに、使うかもしれませんねぇ。言葉の意味から考えたら、逆じゃないとおかしいですけど、右京さんが堅苦しいくらい真面目に捉えてるのは、わざとなのか、本気で真面目なのか(笑)。半々のような気もしますが、若者言葉を真面目に考えた上で、微妙に意味が通じないことをたしなめているんでしょうかねぇ?
 あ、でも、カイトくんの恋人の笛吹さんの「逆に」は、ちょっとわざとらしかったかな(笑)。あの場面では、あんまり使わないような気が…。

 銀魂’ ?
 見たことあるよ、これ(笑)。爆笑したよ、これ。パクリどんだけcoldsweats01
sign03って思った覚えがありますよ。だって、音楽が全く同じだったんだもん、ドラゴンボールと。確か放送局違ってた気がするんだけど、ジャンプつながりなのかしらねーとか思った気がします。そんでもって、ジャンプの伝説になるレベルのこの作品を、いじるいじる(笑)。ずるずるボールとかぬめぬめ龍とか、もう間髪入れずに笑わせてくれるもんで、腹筋のいい運動させてもらいました。二回目でこんだけ笑えるって、さすが銀魂は笑いレベルがたっけーなって再確認。あと、今回はちゃんとキャストも見ましたけど、悟空みたいなキャラの小林さんとか、セロとか、万事屋さんのメンツがやってたんだなって(笑)。
 まだこの頃ってビデオテープだったかもしれないから、とっておこうかな(笑)。

 SYCHO-PASS サイコパス #5
 スプーキーブーギーの言葉遣い「警察」と「公安局」の言い方の違いに気づいて、別人だと見抜いた狡噛さんカッケーhappy02
sign03そして、逆探知対策に鉄壁の自信をもってるから、別の方法を試す、とか、すごく警察として有能だなぁって思います。
 今回、狡噛さんと宜野座さんの関係が少し気になりました。前から、狡噛さんが宜野座さんだけ「ギノ」って呼んでたのも、何やら親しい感じがするのに、宜野座さんはすごく「執行官」を見下してる感があったので、一体何があったんだろうなーと。
 えーと?ラストの感じから行くと、宜野座さんの元相棒が、同じ「監視官」だった狡噛さん?だけど、犯罪者を追い詰めるために、犯罪者の考え方に近づいてしまった狡噛さんが、犯罪係数に引っかかって、「執行官」に降格になった。ってーことなんですかね?だから、宜野座さんにはあまり犯罪者の考え方に近づかないよう、警告をする。執行官とはいっても、元は、優秀な人しかなれない監視官だったのだから、常守さんを励ましてくれたりもする。
 まだ謎は多いけど、やっぱり狡噛さんはかっこいいなーって思いました。
 ところで、今回は深夜アニメにしては作画が気になりましたがcoldsweats01何で天野先生の絵柄だと、それが気になることが多いのか…。気にし過ぎっスかねー。

 新しい番組も、5話~6話くらい見ることで、少しずつ展開に変化が見えてきて面白くなってきたかな?って思います。初めて見た時に、綺麗さで「」が気になったんですが、それ以降、話があまりにも進まないし、見えないしで、ちょっと微妙かな~?って思ってたところ、6話は大きな変化が出てきて、おっsign02となりました。みんな名前が独特でなかなか覚えられませんが、今回は赤のクラン?サイドのことがよく分かって、EDもそれバージョンになってて、十束さんという人が殺されたことの重大さが解った気がしました。十束さん、すごくみんなに好かれてたんですね。
 あと、草薙さんという人が、どうもデュラララ!!のシズちゃんの外見と被って仕方ないので、逆に気になるんですけど(笑)、(←「逆に」の使用方法間違ってますよね?)この人が周防さんとか、赤のクランのことについて妙に一人だけ詳しいなーって思ってたら、赤の集団の、初期メンバーなんですね。周防さんも、喧嘩が強くてぶっきらぼうだけど、根はいい人なんだなーと思いました。あと、力が暴走しかけてる?だから、青の王のところにいる?うむむむむ。
 それから、社くんがここにきて、いきなりその存在が宙に浮いてしまったというか、誰もその存在を肯定してくれなくなっちゃって、なんでなんで?ネコちゃんが今までカモフラージュしてたの?で、これまた外見がD-Gray-manの神田にそっくりで、気になる狗朗くん。この子だけが、社くんの存在を見てくれてるってことになっちゃってますけど…はてさて、これから何がどうなるのやら…。これ、何話のアニメなんだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

11月諸々感想壱

 ハロウィンを挟んで、ついに11月になっちゃいました。最近、本当に時間が流れるのが早くて早くて…。
 というわけで、しばらくこちらでは紹介してなかったんですが、超久々にお庭の様子をのっけてみたいと思います。

Oniwahalloween
 はい、ドーン。でっかくなりました(笑)。ちなみに、これはハロウィンバージョンです。お庭を広くできるようになったのはつい最近で、できるようになったはいいけど、こうして写真を撮るときには、今まで通り半分のサイズしかカメラに収められなくて、パノラマ撮影機能があったらいいなぁとつぶやいたことがあったんですけど、そう思ってらっしゃった方が多かったのか、すぐにこのワイド撮影機能が付きました。ココログさんは、とっても研究熱心で、利用者の要望に応えてくれるし、飽きさせないようにいろんな機能が追加されていくんですよね。で、ハロウィンが終わったので、現在はクリスマスに向けて、ビンゴやくじ、お楽しみ券で当たるものが一新されつつあります。
 更に、お庭だけじゃなくてお部屋まで作れるようになっちゃいました。ということで、お部屋、初公開(笑)。

Oheyahalloween
 はい、ド~ンhappy01noteこちらもハロウィンバージョンです。構造的に有り得ない、とかいう指摘は、頂かなくても重々承知です(笑)。お部屋の物は、壁紙から何から全て、3分に1%増えて、10%貯まると1回できるガチャでカードやスターを集めて合成するわけです。時間さえかければ、それなりの物ができるんですけど、ハロウィンとかは期間限定なんですよね。本当は、背の高い燭台と蝋燭が欲しかったんですけど、どうしても欲しいカードがガチャで出なくて、仕方なく諦めました。お菓子があったり、ジャック・オ・ランタンがあったり、ワインがあったり、洋間がハロウィン仕様になってますが、それ以外をハロウィン仕様でまとめるには、ちょっと時間が足りませんでした。ずっとガチャをしていられれば、5時間で10回できるんですけど、5時間に1回もガチャしてられませんからねぇcoldsweats01。アバターもお菓子で飾ってみました。チョコケーキ帽、マカロンの指輪、チョコ(笑)。お部屋ができる以前は、こんな風に無料ガチャでアバターを飾るアイテムも手に入ったんですけど、お部屋と引き換えにそっちは有料になってしまったので、ありあわせです。ちなみに、お金さえ出せば、魔女の衣装もパンプキンの衣装も蝙蝠の羽も思いのままです(笑)。(←お庭もアバターもお部屋も、無課金主義。)楽しめる範囲で楽しめたらそれで自分は十分です。それ以上を求めたらきりはないですけど、そんなに自分、やってる暇ないもんで(笑)。
 そんな自分なので、これだけやってるココログスタッフさんに、もっとあーしろこーしろ注文付けたり、何か新しいバージョンになるたびに前の方がよかったとか、自分には不要だとか、すごく皮肉めいた言葉で中傷するつぶやきを投下する人たちの気持ちはあんまり解りません。やりたきゃそのゲームを提供してくれているココログのルール内で楽しめばいいし、嫌だったらやらなきゃいいのに。特に、自分の思い通りのカードが出ないから、出る確率を操作してるだろう、とか、そんなわけないじゃん、と思うようなつぶやきもあります。むしろ、新しく追加されたカードレシピに登場したSRカードは、出やすくなるように操作されてた気がします。(おかげで別に自分は要らなかったチョコミントのSRカードが4つも集まってしまいました(笑)。)更に、販促イベントやプレゼントがあったりしますけど、そりゃあニフティさんだってお金を稼ぐためにやってるんだから、それも工夫ですよね~。それにすら、文句をつけてどうするんだ、と…。プレゼントならありがたく頂けばよろしいですのに。(←でも課金はしない(笑)。)
 ちなみに、比べたら失礼かもしれませんが、ず~っと前に、家のプロバイダーの都合で、ニフティからYahooに移行しようとしたことがあって、実は未だにYahooの方でもブログが残ってたりするんですが、こっちは他のサーバー利用者はコメントすら残せなかったり、字数制限があったり、いろいろ不便なところがあったんですよね。でも、あまり改善されもせず…。アバターもあったんですが、何故か登録名と別名でやってるブログだと、それが表示されなくなっちゃって、じゃあ同じアバターを作ろうかな、と思ったら、IDは一緒だから、もうアバターは持ってるよって感じで、既に作ってあるアバターが出てきちゃって、自分の努力ではどうしても表示させることができなくなっちゃったことがありました。
 結局それ以降、あまりYahooの方には顔出さなくなっちゃったんですが、先日久々にログインしてみたら、アバターサービスそのものが終了しちゃってました。日本でYahooといえば、インターネットの一大プロバイダーっていうイメージがあったんですけど、それに比べたらココログさんは本当によく頑張ってるなーって思います。

 さて、今回は前置きがえらく長くなりましたが、そろそろ諸々感想、行ってみたいと思います。

 相棒 Season11 「バーター」
 世の中の深い闇とか問題とかを、相棒は取り上げてきますよねぇ…。天下りですか。官僚の天下りって、実際問題、禁止されたって行われてると思います。上手いことごまかして。で、たいして仕事をしてもいないのに、大層なお給料をもらってたりする。そんな話がなかなか尽きませんよね。
 で、今回は大手の会社と警察官僚の天下り先を、2年間交換することで、法に触れずにちゃっかり天下りしていた人たちのお話でした。右京さんの言った通り、今回は潮さんという方、違法行為はしてないんですよね。ズルいことしてるし、まさに法の抜け穴でうまい汁吸っちゃってましたけど。しかも、その高圧的な態度で、法の抜け穴を利用してるとはいえ、バレたら世論がそれを許さないことを佐久間さんの背中に押し付けて、どうすることもできずに行き詰まる佐久間さんにプレッシャーをかけることで、殺人が起こってしまった。そんな感じでした。
 正直、佐久間さんはバーターで天下りをする意味が分かっていたのだから、人殺しをしてしまうほど心が弱いのなら、するべきじゃなかったんだろうと思います。そして、佐久間さんを同士だと思っていた内藤さんが、裏切り者と誹られ、つらい仕事でも我慢してやっていたにもかかわらず、佐久間さんが天下りをしていたと知った時に、裏切られたと思って、それを公表すると言ったのも、仕方ないことだろうなーと。
 で、恐らくそうするように仕向けた潮さん。この人は、心が強い、というより、図々しい、大変不快な方でした。そんな奴が堂々と天下りしてるのは、腹立たしいことだし、カイトくんの怒りはもっともだと思いました。そこで「違法ではない」と思い止まれる右京さんは、やっぱり並の人じゃない。でも、右京さんはカイトくんの気持ちが分からない人でも、なかったんだと思います。
 どうでもいいところですが、潮さんは警察官僚の天下りなので、右京さんたちを下級警察官とバカにしてて、軽くイラッときました。バカだバカだっていうけど、絶対右京さんの方が頭いいと思うんだpoutsign03あと、普段は「カイトくん」って愛称(?)で呼んでる右京さんが、潮さんの前だけ「甲斐くん」って呼んでたのが新鮮でした。そういや、右京さんが人のこと愛称で呼ぶって、今までにないことですよねー。あと、右京さんと大河内さんのやり取りですが、大河内さん、すっかり手玉に取られてましたね(笑)。
 で、この警察官僚と大手企業の天下り先の交換、実はカイトくんのお父さんが考え出した案だったみたいですね。カイトくんは、その不誠実さに怒りを露わにしていたのに、お父さんは、更に法の目を掻い潜って、更なる不誠実な天下りの方法を考えちゃってました。この人、相当の曲者ですねぇ…。

 銀魂’ ?
 え?金魂篇だけやって、これからは「よりぬき銀さん」+ちょっとプラス映像なの???そりゃ、原作のストック溜まってないだろうってことくらい、分かってたけどさ。マジかよcoldsweats01今までのよりぬきと、時々まだやってない原作の話を混ぜたりとか…しないかな?でも、今回も予告がなかったので、予告がない以上よりぬきなんだろうなーって…。マジかよcoldsweats01それってもう完全に、映画やるためだけに、テレビの放送をやって盛り上げようっていう、宣伝じゃーん。せめて、時々は新しいお話入れてくださーい。
 で、プラスされたのは、例によって万事屋の背景に、万事屋の三人がおしゃべりしてるだけーという銀魂ならではの、堂々の手抜き映像(←ある意味褒めてる。)だったわけですが、そこでめっちゃ黒バスネタオンパレードで、笑った笑った(笑)。銀さんはミスディレクションできるほど影薄くないから「黒魂」にしたって無理だよ(笑)。

 PSYCHO-PASS サイコパス #4
 最近、SAOとかBTOOM!とかで、自分がゲームやネットの中に入り込んでいる系のお話をよく目にするなーって思ってましたけど、ここでも出てきました。今や、アバターでどこやらのコミュニティーに集まる、なんていうのはそんなに理解できない話でもないわけですが、近未来的な作品になると、そういうのが押し出されてくるのかなー。
 さて、今回のお話では、狡噛さんの推理が冴え渡ってましたねー。で、それが「猟犬」の勘とか鼻とか、そういうものだってことは、つまり、犯罪者に近い心理の持ち主だからこそ、その人がしそうなことが理解できる、ピンとくる。そんな感じなんでしょうか。征陸さんもそんなことを言ってた気がします。じゃあ、警察として、殺人の犯人を追いつめる人たちは、みんなしてサイコパス濁っちゃうんじゃないですかね。
 最後に、どうやら狡噛さんと敵対してる(?)人が出てきましたけど、これは今回の黒幕っぽい感じですね。ていうか、すごい簡単に人を殺してる人たち?のようですけど。怖い。そして、猫ちゃんのアバターも、いちいち首吊って出てくるとか、マジ怖い。

 悪夢ちゃん 第4話
 不覚にも、また面白かったです。
  自分の子どもの嘘を鵜呑みにして、学校へ抗議に押しかけてきたお母さん方に対して、冷静に分析して、何の動揺もせずに正しい推論を述べた武戸井先生もかっこよかったし、何の証拠もなかったところへ、穏やかに登場してものっすごい上手いことPTAを黙らせ、証拠を突き付け、子どもの不安を親に伝え、その心を解決するよう促した志岐くんもかっこよかったです。今回、悪夢ちゃんの夢に夢王子が出てきて、悪夢をバッサリ退治してくれたのは、これを予知するものだったんですねぇ。夢の中に、現実の出来事のキーワードがあちこち散りばめられていて、ほんとよく考えてあるなって思いました。いつもは怖い悪夢で「きゃーーーーーーーbearingsign03」って飛び起きる悪夢ちゃんが、がばっと起きたものの「……び…微妙に怖い…」っていうセリフも面白かった(笑)。
 あと、みんなの前で無理に笑うのをやめた武戸井先生ですが、個人的にはそんなに好感度下がらないなーって思いました。嘘っぱちの笑顔を振りまくより、本音の方がしっくりきますね。ちょっと冷たいけど(笑)。
 嘘をついたことがばれて、みんなに、心無いメモを一杯授業中に回された女の子でしたが、そのメモを、国語の教科書を読みながら一瞬で握りつぶし、前もってお母さんに頼んで書いてもらっていた、その子を思う気持ちの手紙をつきつけた武戸井先生に救われました。心が無いサイコパス、と言いながら、この人は絶対間違っちゃいけないところで間違わない、自分なりにしっかり考えて自分の考えを持てる人だから、周りに流されて傷つく子どもたちの心に触れて、救うことができるんじゃないかと思いました。自分で考えて判断すること、って、大事ですよね。臆病な子は、間違いたくなくて、すぐに「これでいい?」って聞いて、太鼓判をもらおうとする気がするんですけど、自分できちんと考えるってこと、それで本当にそれが正しいと思ったら、行動に移すこと。それは本当に「生きる力」だろうと思います。だからこそ、武戸井先生は、「先生が信じられないから、先生が授業をする以上、図書室へ行って自習をしたいです」っていった子どもたちを無理に抑え込まずに、「好きにしなさい」って言ったのだと思うし、今までに武戸井先生に救われた子たちは、先生に「友達がいなくなるわよ」って言われても、自分でそれが正しいと思ったから、教室に残ったのだと思います。ちゃんと自分で考える力をつけた子たちなんだろうなーと。
 図書室で武戸井先生の授業をボイコットした子たちも、自分たちの判断が間違いだったと分かったら、素直にごめんなさいが言えたので、それも大したもんだなーと思いました。だからといって、元凶となった嘘をついてしまった子に、いじめのメモを回すのは間違ってると思いますけど。
 さて、GACKTさん演じる志岐くんですけど、かっこよくて有能ながら、不気味な存在ですねー。合ってる合ってる(笑)。何かしら目的があって、武戸井先生に近づいてるのは確かでしょうけど。で、武戸井先生を中傷するブログですが、なんと夢遊病のように、武戸井先生自身が更新していた…んですかね。怖っshocksign03

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »