« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月23日 (日)

12月諸々感想参&追記

sign03 先週分と今週分、サクッと感想書いておこうと思います。ていうか、書きたいことは一杯です。見てる番組の多くが、そろそろ最終回に向かっているからなのか、内容が充実してるっていうか、重たいっていうか…うぉおbearingsign03(←頭抱え。)

相棒Season11 第9話「森の中」 第10話「猛き祈り」
 何と、カイトくんがボコボコにされて記憶喪失coldsweats02sign02っていう、まあ何ともおいしい、あいや失礼、相棒がいきなりのピンチで、面白くなりそうな予感で先週終わっちゃって、おや、久しぶりに続きですか~って感じだったんですが。
 いつもは自信家で横柄な言葉や態度もちらほらあるカイトくんですが、記憶を失って、自分に自信が無くて、何だかおろおろしてる感じの所が大変新鮮でございましたhappy01noteそれでも、角田課長たちがお見舞いに来て、ブルースだのジョニーデップだのアホなこと言ったら、即行で
「帰ってください」
って言った(笑)。
超ウケた(笑)。
 カイトくんの記憶が曖昧で、何故かカイトくんがマジで女の子の首を絞めたことは覚えてたり、女の子の髪の毛が指に絡まってたりして、一体何があったんだろうっていう謎だらけな感じだったんですけど、相変わらず右京さんは博識ですよね。鈴の音、竹筒、世界中の不幸なニュースの記事辺りから、即身仏が出てきちゃうなんて。しかも、即身仏になるための方法とかも知ってるわけですよね。でないと、あんなさらさらと推理できないですよね。とはいえ、伊丹さんたち捜一トリオと現場の捜査をしてた時に、かれこれ一時間、意味不明の行動をしてたりしたわけですけど(笑)。
 そして、カイトくんがそんな目に遭ったのも、やっぱり即身仏に気づいてしまったから、でした。カイトくんにも、その知識はあったんでしょうか。なければ、何とでもごまかし効きますもんね。
 今回、即身仏になろうとしていた「おやっさん」は、すごく崇高な心の持ち主だったし、だからこそ救われた人たちが一杯いたし、だからこそ救われた人たちは、このおやっさんの最後の祈りを叶えてあげたいと思っていたのだと思います。だって、あの人たちが言ってたように、誰に迷惑をかけているわけでもない…ですもんね。法律で言えば、それがただの自殺であり、自殺幇助であり、見過ごせないことなのかもしれないですけど…。右京さんもカイトくんも、個人的な気持ちはそっとしておけたらいいのに、って思っていた節がありましたが、警察官として、放っておけない、と結論に達したんですね。カイトくんと右京さんは、思考回路が似てるんですねーcoldsweats01
 そして、右京さんはすごくカイトくんのこと、かってるっていうか、信じてますよね。カイトくんが意味もなく人を襲ったりするはずがない、って断言してましたもん。紫月もそう思いますけど。結構右京さんって、確実な証拠がそろうまでは、あなたが犯人じゃないと断言できない、みたいなこと、初めの頃に亀山くんに言ってたりしましたから、随分人を信用するようになったんだなーと思いました。
 今回のラストは、なかなか謎めいてて、不思議な感じでしたね。カイトくんの記憶を戻してくれたのは、無事(?)土の中で入定したおやっさんでした。はっきりとカイトくんの病室に現れて、「悪いことしたね」って頭に手をかざして消えました。つまり、仏様になった、ってことなんでしょうか。だからこそ、記憶は戻っていたけど、おやっさんはどうしても即身仏になりたかったから、自分が埋まっているところの記憶だけは、カイトくんに戻さなかった、ってことなんですよね。それを幽霊というのはいかがなものかと思うんですけど、幽霊を見ることに憧れてる右京さんにとっては、なかなか興味深い出来事だったんでしょうね~。
 ところで、おやっさんを慕うあの家の若者たちの中に、相葉くんがいましたねhappy01note個人的に、テニミュの不二先輩だとか、シンケンブルー(だっけ?)だとか、戦国鍋のマンショさんや半兵衛さんだとかで、すごくなじみのある若手俳優さんだったりするので、セリフもほとんどない超脇役とはいえ、相棒に出てくるとは…happy01sign03と、楽しかったです。

PSYCHO-PASS サイコパス 第10話 第11話
 ひたすら狡噛さんがかっこよくてかっこよくてたまらなかったですhappy02heart04sign03
 朱ちゃんの友達が、狡噛さんの餌として攫われて、脳みそ以外ロボットでできてるおっさん(泉宮寺さん)の狩場に誘い出されてしまったわけですが、その狩場では、狡噛さんたちが生き残れる余地も作ってあって…。つまり、泉宮寺さんは、狡噛さんという「獲物」を与えられただけではなく、その狡噛さんが足掻いて抵抗したらどうするか、というのを観察されてたわけですね。もちろん、狡噛さんは狡噛さんで、こうしていろんなヒントを散りばめられて、狩られる側として追い詰められながら、それに気づけるのかどうか、気づいて行動できるのかどうか、試されて観察されていた。
 何ていうかなー。槙島さんって、要は人間観察が趣味なんですよね。人間観察が趣味、と言えば、黒子っち(@黒バス)、臨也さん(@デュラララ!!)と、他の作品にも出てきたりするんですけど、まぁこの人は間違いなく臨也さん寄りでございますね(笑)。自分が観察を堪能するために、人が不幸になる手助けをする。不幸に追い詰められた人が、一体どんな行動をとるのか、興味があるから。何という外道でしょうねcoldsweats01そして、根っからの外道すぎて、この人、サイコパス全然濁ってない。濁るどころか、人を傷つけ、殺そうとすればするほどクリアになって、終いには数値が0になってしまいました。つまり、この人の精神において、人を傷つけ、殺すことは、美しい正義の行いか何かというわけでしょうか。それが「駄目なこと」と、槙島さんのどこにも認識されない、と。だから、ドミネーターで裁けない。
 どこまでも純粋な朱ちゃんが、目の前で友達が殺されそうになっていて、初めは自信をもってドミネーターを構えていたのに、ドミネーターで撃つことができなくて、槙島さんに与えられたライフルで撃つこともできなくて、ガタガタ震えてるのが、すごくもどかしかったです。サイコパスが濁らないこの子の精神では、これが限界だったんですよね。正しいことは正しい、だから、それを犯すことはできない。だからこの子は監視官なわけで。紫月があの立場にいたら、迷わずライフルで槙島さん撃ちますね。だから、なれて執行官ですね(笑)。
 狡噛さんは、そういうとこ迷いない人だと思います。今回は、朱ちゃんを助けるために、自らが「獲物」にされてしまったわけですが、常に冷静に、そして危険に対しても果敢に立ち向かって、立場を覆す。すごくかっこよかったです。朱ちゃんの友達が、いちいち人間臭くて、あれこれピーピー言うのに、一切心を乱すこともなく、すべきことを、自身で必死に考えて実行するのが、ほんと素敵でした。朱ちゃんの友達が、「狡噛さん素敵だった」っていうのに、心底同感でした。いっぱい撃たれて重傷だったけど、それでも諦めなかった。
 そして、何よりかっこよかったのは、意識すら失ってしまうような状態だったのに、朱ちゃんのことを常に心配して、追っかけようとしたり、友達を目の前で殺されて、自分が何もできなくて、心が折れそうになってる朱ちゃんに「何があった」って、支えようとしてる姿でした。起き上がることすらできない身体で、それでも年下の新米の上司を心配できるなんて、何てかっこいいんだ、狡噛執行官happy02heart04
 もいっちょかっこよかったのは、征陸さん。狡噛さんが逃げようとしたのでは、と疑い、狡噛さんを見つけたら迷わずドミネーターで撃て、と指示した宜野座さん。朱ちゃんが愕然とするところへ、さらに、自分の無能さで人の命を失うのはどんな気分だ、みたいに、まるでいじめかと思うような畳み掛けをしたところで、何と宜野座さんの襟首つかみあげちゃいました。うぉおおお、何て力持ちcoldsweats02sign03そうですよね、宜野座さん、ちょっといじめすぎですよねcoldsweats01。何ていうか、征陸さんは、すごく人間らしいところが素敵です。人情に篤い、豪胆な人って感じがします。狡噛さんが、ものすごい重症なのに、朱ちゃん追いかけようとしたら、思い切り頭突きして撃沈させたり、「重症なのに悪いな」って謝ってたり。いい人ですよね、そしてやり方がかっこよすぎ(笑)。朱ちゃんが一人で行動しちゃったから、征陸さんは一人で応急処置をするしかなかったし、朱ちゃんのところに駆けつけることもできなかったし、すごくもどかしかったと思います。
 ラスト、宜野座さん。この人は、いろんな経験上、どうしても潜在犯を悪く悪く見るところがあるみたいですけど、今回狡噛さんから切羽詰まった通信が入った途端、ドローンをありったけ出動させて、とにかく一台でも狡噛さんの元に届けばいいsign03って指示を出してたし、狡噛さんの意識が戻るまで、多分ついててくれたし、本当は信じたいし、自分にできるだけのことをしたいと思ってんじゃないかな、って思いました。この人の思考回路は、理性的にいようとしすぎて、真っ直ぐにいけないんじゃないかな~。

 いつも通り、銀魂’も面白かったです。次から、新作の長編が始まるんですね。おぉ、今回の銀魂’は、よりぬきもあるし、新作も登場するんですか。ほんともう、どこまでもフリーダムだけど、取り敢えず映画まではやってやるぜってところでしょうか。ていうか、よりぬきやってもいいんなら、銀魂’、その間にストックも溜められるし、紫月はビデオテープにしか録れてないところをブルーレイに残せるし、いいぞ、もっとやれhappy02rocksign03(←何という私情。)

 マギはまだ今日の分含めて、2週間分見てません。明日にでもまとめて見ようと思います。BTOOOM!やCODE:BREAKER、Kもいい感じで面白いです。もうすぐ終わりっぽいのがずらっと並んでますけど、BTOOM!は、完全に原作の途中で終わる気がします。結局どうなるんだ、あれ。超気になる。取り敢えず、竜太くんとヒミコちゃんはくっつけばいい。二人とも、自分がダメな人間って思ってるところがあるし、実際そういうところが、特に竜太くんはあった気がするので、自分に自信がもてるようになるといいと思います。それにしても、竜太くん役の本郷奏多くん、一応若手の役者さんだと思うんだけど、めっちゃ上手い。
 
Kは、すごい設定が凝ってる分、その設定が生かし切れてるのかどうか…もったいないなって思うところが一杯あります、実は。いちいち専門用語の説明もしてくれないし、ガンガン話は進むけど、一体何が起こってるのか、ここに来るまであんまりわかんないぞ状態でした。細かい設定にはこだわってるけど、大筋はどうなんだろう。でも、いちいちそんな設定も動きも小物もかっこいいです。24話くらいで、じっくりやればいいのになぁ。個人的に気になるのが、狗朗くんと草薙さんです。二人とも、まず見た目が好きhappy01heart04草薙さんは、頭良さそうなところ、超有能な参謀って感じがツボです。狗朗くんは誠実で強くてかわいいですhappy01note
 そんで、何考えてんのかぜんっぜんわかんないのが、いわゆる「王」と呼ばれる人たち。社くんもそうだけど、この人の場合、記憶が無かったり、何か身体が乗っ取られてたり、未だによく分かってないところがcoldsweats01。そして、宗像さん。なんで尊さんオンリーでそんなに構おうとするんでしょう。そして、尊さん。多々良さんを殺されて、多々良さんを殺したと思われる社くんを追っかけてたはずだけど、やっぱり宗像さんと対峙してるし、何でかダモクレスの剣?がボロボロになってるし、何で???ダモクレスの剣は王の状態を表してるって言ってたけど、何で尊さんの剣はボロボロなの???精神的なもの?力が尽きようとしてるから?全然分かんないよーーーーーーーcoldsweats01sweat01sign03そもそも、この王って、どう選ばれてんの?もともとの資質なの???あと、多々良さんと社くんが似てると思うのは、紫月だけですか???というわけで、謎だらけなんだけど、もうすぐ決着つきそうな感じなんですよね。おぉお、大丈夫か紫月、ついていけるかcoldsweats01

 おぉお、今日はもう12月31日、いわゆる大晦日って奴です。26日に仕事が終わって、ちびっこちゃんが遊びに来て、チビッ子ちゃんのママがインフルで寝込んでしまったので、29日にはバイバイするはずだったのに、バイバイせずに、ここにいるので予想外。29日には大掃除して、30日、31日で何とか年賀イラストを完成させようと頑張るはずだったんですけど、29日の大掃除は、全身筋肉痛になるくらい頑張って何とか1日で終わらせたんですけど、イラストが進みません~~~coldsweats01sign03もちろん、12月最終週のビデオは見られません。とてもじゃないけど間に合わないので、今年の記事はこれを最後にさせて頂きたいと思います。
 今年はリボーンが最終回を迎えるという、このブログにとっては大きすぎる出来事があったわけですが、リボーン最終回の記事を書いてからというもの、記事の検索ワードで、すごく引っかかるようになりました。1日に500とか600HITもよくある話。学生さんの冬休みに入ったせいもあるんだろうけど、こんな所にまでその影響があるなんて、リボーンの人気はまだまだ根強くあるんだなって思いました。

 ではでは、今年もお世話になりましたhappy01sign03よいお年をお迎えください。そして、個人的に、明日の元日にイラストがUPできますようにcoldsweats01sign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

家庭教師ヒットマンREBORN!41巻感想

 面白かったッス。純粋に、すっごく面白かったです。これまでのキャラクターフル活用っていうか、ほんと見どころ満載で。確かに、この展開は、最終局面に向かってる…って感じだなぁと、今ならそう思います。

 なかなか感想が進まなくて申し訳ありませんでしたcoldsweats01sign01何とか完成ですsign03

<家庭教師ヒットマンREBORN!41巻「復讐者(ヴィンディチェ)戦来る!」>

 初めは恒例の表紙感想で~すhappy01note
 表紙はスカルチームのボス、炎真くんとスカル、そして、毎度のツナとリボーン。やっぱり超状態になると、炎真くんとツナって雰囲気似てるなーって思います。背格好が似てるし、何より普段は優しくてダメダメだけど、真剣になったときは頼りになるぞっていうところも似てますしね。個人的には、シモンファミリーの炎の時に出てくる、魔法のスペルの円環みたいなのが、見た目で好きです(笑)。こういうのって、描くの大変だろうなって思うんですけど、そういうのも含めて、やっぱり天野先生のセンスが好きです~かっこいいlovelynoteそして、炎真くんお洒落happy01note炎真くんはフードが似合いますけど、この上下のかっこいいハードな服の下に、紫のチェックのシャツに、更にフードのシャツっていうカジュアル感が素敵。炎真くんもツナもかっこいいですhappy01heart04note
 そして、背表紙はユニちゃん。超かわいい。超かわいいです。(←めっちゃそう思った。)ユニちゃんと言えば、黒っぽいゴシックな服のイメージがありますが、基本その路線で、けど赤のチェックのワンピースがふんわりとか、後ろの長い髪に黒のリボンが同じようになびいてるとか、襟元の白い大き目のリボンとか、おっきめの黒のブーツとか、全部がかわいいです。ユニちゃんはいつも過酷な運命の中に生きてる気がしますけど、そんなユニちゃんらしい、ちょっぴり物憂げな表情も、その全体の雰囲気でかわいいなーと思いました。
 で、カバー裏は白蘭さん。なるほど、前回の表紙は白蘭さんとユニちゃんでしたもんね。アルコバレーノはあまり取り上げてはもらえないけど、ユニちゃんは背表紙にピックアップだったってことですね。で、白蘭さんは今回、お茶目な感じじゃなくてクールな感じです。こちらは炎真くんと違って珍しい、白蘭さんのフード姿。わりと薄着な格好が多いんですけど、今回はあったかそうです。個人的に白蘭さんをかっこいいと思うことは少ないんですけど、これはかっこいいと思いました。

 ではでは、ここからは本編感想です~。

 <標的392「決戦直前」>
 扉は、女の子三人。カジュアルだけど、アクセサリーが豪華なハル、京子ちゃん、髑髏ちゃん。髑髏ちゃんはともかく、京子ちゃんとハルちゃんは、戦いになるとどうしても出番が無くなっちゃいますから、こういうところで拝めるのは貴重ですねhappy01notesハルちゃんと髑髏ちゃんはちょっぴり大人っぽく、京子ちゃんはかわいらしくhappy01note
 さて、そうそうたるメンバーをかき集めたツナ。これだけのメンツをツナが集めたと思うだけで、前巻のラストでも胸が熱くなる思いでしたが、ほんと、豪華だなぁ、このメンバー。そんな中でビアンキさんの見せる大人の女性の気遣いがまた素敵。
 狭いツナの部屋にぎゅうぎゅう詰めになっても文句は言わない、この個性的なメンバー勢揃い状態。だって、骸さんとスクアーロがそろってるのに、口喧嘩にもならずに、ちゃんとツナの話聞いてるんですよ。すごいことですよ。ちょっと前まで、フラン擦り付け合って言い争ってた人たちなのに(笑)。もちろん、XANXUS様もおとなしくお話聞いてるし。
 スクアーロの言うとおり、現在考えられる最強メンバー。大げさなんじゃ、という白蘭でしたが、復讐者の強さは、リボーンが諦めるレベルですからね。ツナの言葉に、寝てるっぽい雲雀さんまで反応してるし(笑)。屋根で寝てたと思うんだけど、どんだけ筒抜け(笑)。
 だけど、リボーンの反対を押し切って、それでもこちらから仕掛けるのだと強気のツナ。そんなツナに、みんなも信頼を寄せてるみたいですね。
 さて、チェッカーフェイスと尾道さん。尾道さんはともかく、蒸れてるのか、チェッカーフェイスさんcoldsweats01ていうか、この人普通に生きてんの???タルボ爺さんと言い、この世界にはえらく長生きな人がいらっしゃいますね。チェッカーフェイスさんは、バミューダさんが自分を殺そうとしているのも分かってて、それでも「飼い主を必死で咬もうとする犬」呼ばわりしてますよね。全然立場が違うって感じです。強い者におしゃぶりを守ってもらえさえすればいいって、一度おしゃぶりの番人としてはお払い箱にされた復讐者でもOKってこと???
 で、復讐者サイドでは、そのバミューダさんが復讐者たちと結束を固めています。もはやマフィアの番人を装う必要はない。偽りの衣を脱ぎ捨て、積怨を…剥き出さないでぇ、その外見怖いからぁcoldsweats01sign03

 <標的393「ツナの説得」>
 扉はアルコバレーノ。みんな水着なんですね、か~わいいnoteユニちゃんだけは赤ん坊姿じゃないので、そりゃあかわいいんですけど、何ていうか、普通に海の中で楽しそう。ユニちゃんが楽しそうだったり幸せそうだったりすると、何となくホッとします。何か、いつもいっぱい悲しいこととか重い運命背負ってるイメージがあるからですかねぇ。で、諸々の赤ん坊アルコバレーノは、みんなしてまちまちの水着着てるのがまたカワイイhappy01
noteみんなちゃんとそれっぽいっていうか、性格表してる感じがするんですよね。でも、個人的に何だかツボなのが、コロネロとマーモンだったりします。コロネロはいかにもsign03で、赤ん坊なのにやっぱりかっこいい。そんで、マーモンはちっちゃかわいいlovelynoteあんなフード被ってたら、水の中でまともにいられなさそうですけどね(笑)。
 さて、家光さんはどてっぱらに穴開けられるほどの大怪我したわけですけど、ママンはちょっぴり京子ちゃん寄りですねcoldsweats01。京子ちゃんほど純粋に信じてるわけじゃないかもしれませんけど、ちゃんとごまかされてくれる、というか。
 で、リボーンを何とか救いたい一心で、すごいリーダーシップをみせたツナですけど、リボーンは何もかもお見通しの上で、やっぱりツナが戦うことには反対。リボーンは人を見る目があるわけだから、よっぽどイェーガーさんは強かったってことなんでしょうけど…そこを導いてきたのが、今まではリボーンだったんで、何だか不思議な感じがします。自分の役目は、ツナを立派なボンゴレ10代目にすることだから、死なせるわけにはいかない…。確かにそれはそうだけど、一歩間違ったら死ぬよね、くらいの目に、何度も遭わせてますよね。それでもリボーンにはツナが勝てるという未来が見えていたんでしょうか。
 でも、もちろん、ツナが勝てる未来が見えないっていう理由が一番だと思うんですけど、リボーンは自分のためにツナが命を懸けようとしていることに躊躇いがあるんじゃないかと思います。今まで、いろんなことで無茶してきましたけど、それにはリボーン以外の人たちの未来や命が懸かってたというか…。未来編なんかは、リボーンも含めたものですが。今回は完全にアルコバレーノのための戦いですもんね。そして、今までリボーンに無理やり巻き込まれるようにして戦ってきたツナが、今回は何より自分の意志でリボーンを助けようとしてる。今までのリボーンの展開と真逆なんですね。だから不思議な感じがするのかな。
 プリーモの話を持ち出したツナだけど、自信をもってそう言い切れたツナは、ボンゴレを立ち上げたカリスマと同じ感じ方ができるまでに成長したんだろうなぁ、と、前回その成長にジーンときて、またここで思わず溜息でした。そんな頼もしさを見せるツナに、思わずリボーンが本音を…。(本音だと思うんだけど…coldsweats01。)
「もっと生きてえ」
 リボーンって、今まで絶対に自分の本音で、そんな欲を言うようなことなかったと思うんで、それだけ、実はつらい運命背負って生きてたんだろうし、その本音言えてしまうほど、ツナが頼もしく思えたんでしょうね。そっこー横っ面に飛び蹴り食らわしてたけど(笑)。もう絶対照れ隠しだよねこれ(笑)。
 ツナが勝てる未来が見え無かったリボーンが、遂に前向きになりました。「勝つぞ」の言葉に、他のアルコバレーノ達も賛同。大怪我したスカルの心配してくれてるのがツナ以外風さんだけって、さすがいじられ担当だけど、無事でよかったhappy02
sweat01sign03アルコバレーノの思いが一つになって、ユニちゃんは嬉しさに思わず涙。ユニちゃんのこの笑顔を作ったのが、ツナの決意だと思うと、やっぱり胸が熱くなりますねhappy02sign03

 <標的394「激突の日」>
 
さて、代理戦争4日目は真昼間の午後3時から、90分間の戦いです。今までで一番長い闘いのような気がしますけど、これだけ準備万端にできる時間帯で、この長時間っていうのは、いかにもチェッカーフェイスさんが仕組んでるなって感じですよね。ツナたちも、待ち構えた状態で迎えました。リボーンチームとヴェルデチームとマーモンチームは別々の場所で待機。待機してさえいれば、復讐者チームが勝手に来てくれますからね。
 というわけで、リボーンチームの所にはイェーガーさんとバミューダさんという最強メンバーがやってきました。当然ですね。何しろ、リボーンは交渉相手ですから。ところで、今までイェーガーさんの片目はやたら隠れてるなーって思ってたけど…左目…怖い…crying(←グロイ姿はあまり得意でない様子。)リボーンとの交渉が決裂したと知るや否や、バトル開始の合図。夜の炎を使った短距離ワープは、相変わらず厄介ですが…いきなり獄寺の首が飛んだcoldsweats02sign02と思いきや、なんと、これは未来編で出てきた囮(デコイ)coldsweats02sign02ここで、正チャンとスパナの出番ですかhappy02sign03登場したからには、何かしら活躍するんだろうと思いましたが、ヴェルデさんたちが開発した、幻覚を本物にする技術に、炎の囮を入れた人形とは…これまでの技術のフル活用sign03ほんとに総力戦だな、これ。この、これまでの歩みがあったからこそのストーリー展開が、ほんともう面白いと言いますか。むやみやたらに新しい技を編み出して、その一撃必殺で勝つとか、そういうんじゃないんですよ。そこが深いhappy02sign03正チャンとスパナ、まだ高校生…あれ、中学3年生?なのに、未来の記憶をもとに、こんなすごいことしちゃうんだから、やっぱ技術者としてはすごい才能の持ち主です。
 で、リボーンチームだけでなく、マーモンチームに至っては、マーモンまで偽物で、捨て台詞まで吐くっていう(笑)。何てお茶目な技術者集団(笑)。そして、マーモンチームを襲った、復讐者の中でも下っ端さんが泡を食ったところで、それを襲撃したのが…おぉお、これは重力の炎coldsweats02sign03炎真くんとツナとバジル君の、額に死ぬ気の炎の精鋭軍happy02sign03かっけぇえええええhappy02
sign03
 <ミルフィオーレジャーナル>
 えぇ、γ兄貴、現代では未成年ッスかcoldsweats02sign03若いsign0318歳とか19歳とか、それくらい??

 <標的395「各個撃破!」>
 
やべぇ、この作戦名だけで紫月は超テンション上がりますhappy02sign03銀英伝ではヤン提督やラインハルトがもっとも多く用いた戦略の一つなんで、なんつーか、行き当たりばったり、ガチのバトルじゃなくて、頭脳戦なんですよねぇ。うぉお、かっこいい。扉は額に炎の3人です。真剣な表情がかっこいいです。3人とも、普段はかわいい子たちなんですけどね。
 復讐者チームが5人いて、リボーンチームの所にバミューダさんが行くってことは、イェーガーさんもそこへ行く。ちなみに、ここが最強。で、残りの3人でマーモンチームとヴェルデチームを襲う。となると、ダメージが一番大きなマーモンチームに、一番戦闘力の低い一人が来る。い~ですねぇ、そういう読み合戦。そして、そこまで読んで、この機動力に優れたツナたち3人なんですよね。あぁもうほんといいわぁ、そういうの。めっちゃ楽しいhappy01note
 とはいえ、このアレハンドロさんも、腐っても復讐者。ていうか、ゾンビだから腐ってんのか、マジで。この人、そういやトランク持ってきてたんですけど、なんとジンジャーブレッド…coldsweats02
sign01そういや、この子は人形で、結局操ってるのが誰だったとか、そういうの分かんないままでしたよね。復讐者が操ってたのかぁ…。で、出没してはファミリー滅ぼしてたとか、タチ悪いな、オイgawk。そんで、見覚えのある子とふっくらちゃんと、二人分いたんですね。最終回のカラーにいたのは、この二人でしたか。が。成長したツナ、そして、炎真くんとバジル君にかかったら、今更です。あっさりと壊され、驚いてる間に、ツナによってバトラーウォッチも壊されちゃいました。最低限の労力で、サクッと片付けちゃう辺り、さすが精鋭。
 その機動力を生かして移動しながらも、ステルス機能を生かしてるとか、ほんと未来編の設定活かしてますよね~。面白いなぁ。
 で、二人の復讐者、ビッグピノとスモールギアが向かったヴェルデチームの所では、囮人形でとりあえずかわした後、幻覚が現れて戦ってる…と。幻覚が現れてるとなれば、髑髏ちゃんやフラン、マーモン辺りでしょうか。
 それが時間稼ぎで、ツナたちがそこに向かっていると読んだバミューダさんたち。各個撃破を阻止すべく、イエーガーさんとそこへ向かおうとしたところ、リボーンの帽子に隠れた笑み。
「わざわざ出向かなくても、お前の相手はここにいるぞ。イェーガー」
 なんと、ここで待ち受けていたのは、ディーノさん、骸さん、スクアーロ、XANXUS様、白蘭という、何というボス格オールスターズhappy02heart04
sign03sign03sign03ぎゃああああかっこいいいいっhappy02heart04sign03そんでその中で、ちっちゃい羽でふわふわ浮きながら、ハ~イhappy01notesて、白蘭さん緊張感のなさハンパねぇcoldsweats01

 <標的396「連合チーム」>
 なんちゅう最強連合。
さらに、ここにヴェルデさんとマーモンも来た。ちなみに、この面子が集まったのは、戦闘力が桁違いに高いイェーガーさんと戦うと言って聞かなかった超個性派の面々というわけですね(笑)。だから、一番戦闘力の高いツナが遊撃隊としてハイパートリオを率いて、この超個性派の面々と、まとめ役ディーノさん、と言ったところでしょうか(笑)。
 で、ビッグピノとスモールギアの所の戦況はというと。
 幻覚と戦ってるんだけど、その中で時々本物が混じって…山本ぉおおhappy02
heart04sign03
 というわけで、フランと髑髏ちゃんが生み出す幻覚と、それをさらに幻惑させる本物の戦士(バトラー)で時間稼ぎしてたんですね。ビッグピノっていうのは、岩みたいなロボットみたいなアレだったんですね。どうやら、スモールギアさんの命令で攻撃するみたいですけど。で、スモールギアさんの持ってるのって、耳かき?耳かきなの???
 ビッグピノさんの攻撃は超強力。盾にした山本の刀と獄寺のSISTEMAC.A.I.が一瞬にして粉々。髑髏ちゃんとフランを守って盾になって、それでも更に矢面に立とうとする右腕sがかっこよすぎですhappy02
heart04sign03だけど、そんな4人を襲う、強力な攻撃第2弾。大ピンチ…と思いきや…重力の炎で4人は空中浮遊。重力を操る能力って、すごい優れものだよね。遊撃隊が駆けつけて、一気に戦力アップsign03あ、あの耳かき、でかいと思ったら「脳かき」ですって。どこまで突っ込む気だよ。鼓膜破れるじゃん。ていうか、そもそも耳の穴に入らないだろ、それ。(←どうでもいいところツッコミすぎ。)で、ビッグピノって、ロボットかと思ったら、何かいろんなものを纏った、やっぱりゾンビだったんですね。ゾンビの割に肉付きの良いお方で…。マントに包帯ぐるぐるだったとき、そんな体格の人いなかったとか、言っちゃだめだよね、やっぱり(笑)。で、脳かきの次にスモールギアさんが手にしたのは…え?棍棒???マラカス???お茶目さんなの???

 <標的397「ボンゴレの力」>
 
お茶目さんかと思いきや、オレ的マイブームなんですって、この武器セレクト。やっぱりスモールギアさんはお茶目さんというべきかしら。強すぎるゆえの遊び心ってやつですか。この人は遊び半分で戦いを楽しんでるタイプです。たちまち何もできないかと思ったら意外と使えるビッグピノとの連携で、バジル君がやられて、バトラーウォッチを壊されちゃうし、ツナはフラッシュで目つぶし喰らうし、やっぱりおしゃぶりを守ったことのある復讐者、お茶目さんになってても、やっぱり強さはハンパない。ていうか、もうこの人、別に復讐一筋で生きてない気がしますけどcoldsweats01。明らかに生きるのを楽しんでますよね。
 フラッシュで目つぶしを喰らったツナは、盾に突っ込んでて身動きが取れない状態。そこへスモールギアがとどめの一撃を…coldsweats02
sign03
「させねえぜsign03
 山本ぉおおおおおおおhappy02heart04sign03
背後から羽交い絞めsign03そして、獄寺はビッグピノの腕にしがみつく。とにかく、ボムでバトラーウォッチを破壊する作戦。何と、山本もボムcoldsweats02
sign02この右腕sの連携の、息の合ってることったら。
「ボンゴレの10代目やろうってんなら、右腕に断り入れてからにしやがれsign03
「その通りだぜsign03あっ、右腕はオレなっ」
 何このかわいい子
lovely
lovelylovelylovelylovelysign03この切羽詰まった状況で(笑)。天使?天使なの???
 腕力の強い復讐者に、炎真くんの重力で振り払われないように引き寄せてもらって、フランの幻覚をヴェルデさんの装置で本物にする技で、山本と獄寺の身体だけをセラミックで覆って、ボムを爆発させる。すごいよhappy02sign03山本と獄寺と髑髏ちゃんとフランと炎真くんがそろわないとできない攻撃。正確に言えば、髑髏ちゃんがいなくてもできたかもしれないけど、フランの性格上、絶対自分からは動かないもんね(笑)。ていうか、この状況ですら、え~とかめんどくさいとか言いやがったフランを見事動かした髑髏ちゃん、お手柄happy01
sign03こんなにかっこよく人に指示を出す髑髏ちゃんは、初めて見ましたhappy01noteそして、見事バトラーウォッチ撃破winkgoodsign03
「ボンゴレ、なめんじゃねえsign03
 
右腕sかっこよすぎですぅううううううううううううっhappy02
heart04heart04heart04sign03sign03
 こういうとこでもですね、全部一番強いツナがもってっちゃうんじゃなくて、今までずっとツナの右腕として一緒にいてくれた獄寺と山本が、みんなの力を借りてとはいえ、右腕らしくちゃんと復讐者という強敵をやっつけるっていう見せ場をもってきてくれるとか。この人たちがちゃんと活躍する場があるっていうこの展開が、本当に面白くて面白くてhappy01sign03しかも、これだけ全員がちゃんと役に立ってるっていうのがほんと見せ方上手いなぁって。
 最後、フランは「ミーかんけーないし…」ってぼやいてるんですけど、描き下ろしで炎真くんも「僕もボンゴレじゃないけど…」カワイイhappy02
sign03でも、炎真くんはそれでも、やった、よかったって思ってくれてるに違いありませんhappy01note

 <標的398「VS.イェーガー」>
 
扉はイェーガーさんです、怖いです。(←棒読み。)
 見事、強敵の復讐者二人をバトラーとして失格に追いやった右腕sでしたが、セラミックでコーティングしてても、さすが獄寺のボムの破壊力、自身のバトラーウォッチも壊れてしまいました。いや、バトラーウォッチでよかった。自分たちの手が壊れちゃったら困るもの。山本は将来ボンゴレの二大剣豪になるんだから。野球選手になるんだからbearingsweat01sign03(←獄寺の心配は?)え、ええと…。ほら、獄寺は将来のボンゴレの…参謀っスかね???(←腕あんまかんけーない上、超曖昧。)
 むしろ心配なのは、復讐者たちの連携攻撃をもろに喰らってしまったバジル君。だけど、そこへ救護班として駆けつけたのは、風さんと了平兄さん。風さんは的確にバジル君の怪我の状況を判断し、お兄ちゃんは我流で晴の炎を照射。バトラーとしては参加していなくても、お兄ちゃんはお兄ちゃんでちゃんと活躍の場がある。この、メンバーの得意領域をしっかりと生かした展開が本当に素敵です。いなくていい人が一人もいないっていうか。みんながいなくちゃいけない、一人一人の必要性が問われるこの最終局面で、キャラをうまく生かしてる天野先生、本当にすごすぎです。
 さて、一番強いイェーガーさんの前に立ちはだかった、ボス格メンバー。白蘭さんがまずは進み出たわけですが、イェーガーさんは一人ずつ相手する気なし。とりあえず白蘭さんの放った白竜をぶった切って、次の瞬間、短距離瞬間移動(ショート・ワープ)でXANXUS様の背後へ。
 ここからは…結構衝撃でかいです。いとも簡単にXANXUS様が構えた銃ごと腕が宙を舞い、それに怯むことなくもう一本の腕でXANXUS様がぶっ放した銃を避けたイェーガーさん、XANXUS様のピンチにすかさず背後から剣を振るったスクアーロの斬撃をかわすばかりか、その鳩尾を素手で…貫く。これ、一瞬の出来事。これで、XANXUS様は右腕を失って、スクアーロはXANXUS様の呼びかけにすら、反応しない…。ツナや山本の、時計を壊す戦いじゃなくて、相手を殺す戦いをしてきています。…ちょ。マジcoldsweats02

 <標的399「窮地」>
「隊長sign03ボスsign03
 いきなりやられたのがヴァリアーの幹部中の幹部たちだったから、思わず駆け寄ってきたマーモン。XANXUS様は、自分のことはほっとけ、と言って、傷口を自分の炎で焼いて応急処置。自分はほっとけってことは、何とかするならスクアーロを何とかしろってことでしょうか。暴君だけど、部下思いなXANXUS様。腕落ちてんですよ?凄まじい動揺は、その顔の痣にも現れているのに…。かっこいいわ、XANXUS様。かっこいいけど…いいい、痛々しいっcrying
sign03sign03sign03sign03スクアーロは…?生きてるweepsign02
 ショート・ワープで死角になる背後に回り込む攻撃を防御するために、骸さんはヴェルデさんの作った装置を使った、鋼鉄のカバーを作り出すんですけど、一度防いだのも束の間。もう一度イェーガーさんが後ろから拳を突き出したら、何故か白蘭さんの身体が、背後から貫通されてて…shocksign03手だけ切り離してワープとか…え?バラバラになってもOKなのcoldsweats02
 そんな、自分の身体を貫いてきた腕を、握手と称して捕まえる白蘭さん。この人も、相当ですよね。肝が据わりすぎだ。すかさずXANXUS様に攻撃させるも、やっぱりショート・ワープで避けられた上、今度XANXUS様が両足ざっくり斬りつけられて、XANXUS様も白蘭もさすがにもう立っていられなくなっちゃいました。本当に、圧倒的。
 この、最強ボス級メンバーですら、手も足も出ない状況で、奥の手のプレゼントプリーズしようとしたリボーンだったけど、それを止めたのは、何とヴェルデさん。ぅおおおおおおおおおおおお、ヴェルデさんの呪解、来たぁあああああああああ
coldsweats02sign03紫月も、ちっちゃくなっても頭脳は大人、なヴェルデさんは、呪解しなくても役に立つから、呪解するチャンスは来ないんじゃ、とちらっと心配してたわけですが、この大ピンチで来ましたか。確かに、炎圧は上がるんでしょうし、何より動けるようになりますよね。そして、何と、スパナに正チャン、ここに来てたんですかcoldsweats02sign03この天才技術屋との合作、G(グリーン)・モスカ。スパナの開発した機体に、ヴェルデさんの最新鋭の兵器を取り付けたスーパーロボとのことで、イェーガーさんがショート・ワープで死角に回っても、ソッコーで熱探知して攻撃できちゃう優れもの。しかも、攻撃は苛烈でハンパない。
「私は歴代虹の赤ん坊(アルコバレーノ)の中でも、ずば抜けた大天才だと、自負している」
 描き下ろし、大人ヴェルデさん。「言ってやった」(←超ドヤ顔(笑)。)

 <標的400「圧倒的」>
 
圧倒的なのはG・モスカであって欲しかったんですけど…。
 さて、そのG・モスカの力を披露して自慢げなヴェルデさん。
「どうだsign03我がG・モスカの力はsign03
「あれはウチのG・モスカだ」
 張り合うスパナさんがかわいすぎlovely
sign03しかも、何だかんだで嬉しそうhappy01noteところが、このスーパーモスカの攻撃を受けながら、イェーガーさんはぴんぴんしてます。しかも、両腕を左右にワープさせて、足をワープさせて、両腕と首を同時攻撃だとぉcoldsweats02sign02なんっちゅー反則技ですか。物理的にどうなってんのさ。頭と腕を一気に落とされてしまったモスカは、あっという間に大破…。スパナさんがショック受けてるぅbearingsweat01
 そして、せっかく呪解したのに、たちまち手も足も出なくなってしまったヴェルデさん。ちょっとは時間、稼げたかもしれませんけど…。
 残るは、ディーノさんと骸さん。まず狙われたのは骸さん。すかさず三叉槍を盾にしたおかげで、貫かれはしなかったけど、十分な深手。そして、やや浅いと第2撃を喰らわそうとしたイェーガーさんの左手を、ディーノさんの鞭が捉え…たのに、その手だけ残して今度は身体ごと移動して、ディーノさんを攻撃。
 ぎゃああああああああああああああ、何すんのぉおおおおおおおおwobbly
sign03モスカじゃないんだよ、生身の人間なんだよっcoldsweats02sign02そんな縦にざっくり…shocksign03しかも、そんな状態のところへ、鞭から抜け出したもう片方の手が、襲い掛かる…bearingsign03
 その本気の腕を遮ったのは、チェーン。
「借りは返したよ」
 雲雀さんんんんんんんんんんんんんん
crying
sign03地獄に仏とは、正にこのこと。仏に当たるのが大体どんな相手にでも襲い掛かろうとする戦闘マニアだけどhappy02sweat01sign03この場合、強ければ強いほど仏でございますともsign03
 既に戦闘不能のディーノさんと、こちらもかなり重症の骸さん。
「まさか君が生き残るとは……雲雀恭弥」
「心配ないよ。君だけは助けないから」
 超心配、それcoldsweats01
sign03sign03sign03既に骸さんは大怪我の上に大怪我してんのにcoldsweats01。雲雀さんに恨みは買わせるもんじゃありませんね。だけど、雲雀さんのV.G.の攻撃をショート・ワープして避けなかったという小さな希望の光が見えてきました。そこで、球針体を大量に増殖させて、更に骸さんの幻覚と囮を紛れ込ませて、イェーガーさんを翻弄させ、雲雀さんのV.G.攻撃してみたんだけど…残念ながら、今回はショート・ワープされてしまいました。しかも、現れたのが、雲雀さんの背後…coldsweats02sign03雲雀さんの首が跳ね飛ばされるかと思われたその瞬間、その死角から、グローブの拳がイェーガーさんの横っ面にめり込んで…やっとイェーガーさんに、ダメージがありそうな一撃、入りましたね。風さんの助言で、ぎりぎりまで視力を回復させてきたツナ。存分に戦えるはず……bearingsweat01sign03

 <標的401「沢田綱吉VS.イェーガー」>
 扉はV.G.のハイパーツナ。はて、ツナのV.G.って、こんな角みたいの、ついてたっけ。細かいデザインって、ちょっとずつ変わったりしてるかな???
 一発ぶっ飛ばして、けが人の手当てを指示したツナ。更に畳み掛けるように、連打連打連打sign03…あれれ?何で連打できるの???つか、そもそも、何でツナのパンチは当たったんでしょうか?イェーガーをよく観察していたツナは、その秘密に気づきましたね。復讐者たちは、自分で炎を生成して動くことはできない。つまり、夜の炎を生成できるのは、バミューダさんだけ…。だから、いっつも肩に乗ってチャージしてたんですね。やっぱり、ゾンビはゾンビ、屍ってことかい。
 炎のチャージが終わったイェーガーさんは、たちまちショート・ワープができるようになっちゃいました。ツナの背後にワープして、そこへ防御を作った髑髏ちゃんとフラン、そして重力の炎で抑え込んだ炎真くんがサポートに来たと知るや否や、更にその3人の所へワープして攻撃。だけど、そこへ襲い掛かった雲雀さんの鎖には、反応できない。その事実から、遂に秘密を暴いたツナ。尾道さんから、公式反則も宣告されたので、これ以上バミューダさんは炎を供給できなくなりました。
 最後に、たっぷりと炎を供給したバミューダさん。イェーガーさんはソッコーでツナの背後にショート・ワープ。でも、そこは読んでた雲雀さんと骸さん。鎖と三叉槍でツナをガード。仲の悪い二人だけど、さっきの攻撃でも今回のツナの防御でも、息はピッタリですね。戦闘力の高い人ならではです。それをさらに、ショート・ワープで抜けて、両腕を骸さんと雲雀さんの肩に突き立てたイェーガーさん…あんた人を何だと…crying
sign03
 けど、自分たちの肩に突き刺さった腕ごと、骸さんは幻覚(?)で、凍らせて固めてしまいました。そして、ツナに託された炎真くんの、重力のシモンリング。継承式編でも、この二つのリングを合体させた戦いはありましたが、今回はそれをすごく上手に応用してましたよね。手が雲雀さんたちの肩に刺さったままのイェーガーに、X BURNERをお見舞いするには、雲雀さんたちまで巻き込んでしまう。だけど、重力でその炎エネルギーを絞った…
 超収束 X BURNERsign03
 うぉおおおおお、X BURNERのレーザービームだhappy02
shinesign03上手い、ツナhappy02sign03スクアーロどころじゃない穴が、見事に胴体に空きましたね。そりゃあ、ものすごい炎圧のエネルギーをあれだけ収束したんだから、貫通しないものなんてないですよねsign03むしろ、それで死なないイェーガーさんが異常。
 重症の雲雀さんと骸さんが倒れ、イェーガーさんにとどめを…と思った瞬間、遂にこの人が出てきましたよ…coldsweats02
sign03
「ここまで来て、君ごときに邪魔はさせない。プレゼントプリーズsign03
 バミューダさんが呪解。…え。腕から炎出てますけど。呪われる前の姿ってことだけど、呪われる前ってことは、夜の炎…ではないのかな???いや、それを獲得してるっていう事実はそのままなのかな。姿かたちは比較的かわいらしい雰囲気なんだけど…やっぱり何だか、目が怖いshock

 <ハルのハルハルインタビュー>
 シモンファミリーのみんなですね。今回、シモンファミリーは全然出番がありませんでしたが、相変わらず仲良しでにぎやかです(笑)。結局紅葉さんは空気読めないんですね(笑)。それを言うなら、スカルも相当だと思うんですけどね。何だか、ぽわぽわんとして欲のない炎真くんは癒しだな~って思いましたhappy01note
 
<フゥ太のデータ研究所>
 山本の誕生花、ゼラニウムなんですか。紫月の部屋のフラワーボックスに並んでるお花なんで、何となく嬉しいッス。しかも、真の友情とか、ほんと山本に合ってますねhappy01note
 
<ヴァリアーのアジト>
 スクアーロと骸さんは、フランについてのコメント、いつも息ぴったりですね(笑)。
 
<読者のアジト>
 スクアーロのヴァリアーの衣装を着た山本、超似合ってると思うの、自分だけスかcoldsweats01
 あと、地球一周歩いて「ぶっ飛んでるでしょうか?」って、自覚のない風さん超カワイイ(笑)。

 新刊買ってから3週間ばかり過ぎてしまいました。一応読んでからは2週間、感想書き始めてからは1週間ってとこでしたが、12月はマジ忙しかったッス。遅くなっちゃってすみませんでした。でも、この巻はほんと面白かったんです。あと1巻しかないなんて…cryingsign03

 先週は、諸々感想もお休みしちゃいましたけど、今週は溜まってるビデオ、今からガッツリ見て、簡易感想でも書けたらなーと思います。年賀イラストも頑張らないと、ちょっと厳しいので…頑張ります~coldsweats01sign01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

12月諸々感想弐

 胃腸風邪でダウンしましたcoldsweats01
 いや~~~~、久々のこの感じ、ツラかったッスわ~~~shock
 月曜日には、なんかくしゃみ鼻水つらいなー、風邪ひいたかなーで、あんまり信用してはいないけど早くたくさん常備薬くれるお医者さんに、ついでに風邪ひいたっぽいですーって言ったら、風邪薬くれたので、それ飲んでたんですよね。ところが、火曜日。リボーンと黒バスの新刊を買って家に帰ってきたら、父が昼間に吐いた、とか言い始めて、夕飯が食べられなかったという話を聞いて、え、マジで?自分は胃腸風邪じゃないから、自分からうつったんじゃないよね~。とか言ってたわけですが。言いながら、一人遅く夕飯を食べるも、何やら食が進まない。あれ?何か…気持ち悪い…?
 結局ほとんどご飯は食べられなかったものの、もらった薬を飲んで、薬を飲んだから、吐くわけにはいかないわ~~~とか言ってた自分、甘かった。その晩、気持ち悪くて気持ち悪くて、全く眠れなくて、ソファで悶え苦しんでたわけですが、深夜に「あーもーこれは無理だわ」と判断。トイレとお友達になるべく籠ってものの1分もしない内に、胃の中の物が全部出戻りやがりました。全然消化してない上に、薬が溶けてて苦いったらcrying
 胃が反転するような戻しっぷりのおかげで、胃が痛くて気持ち悪くて熱っぽくて、結局一睡もできないまま翌日朝。でも、その日は絶対に外せない仕事が午前中に入っていて、仕方なく朝5時にシャワーを浴び、少しうとうとしてからスーツに着替え、ホットポカリをコップ一杯飲んで、仕事に出かけました。
 そこから、会場に行って4時間ほぼ缶詰。その間に、どんどん具合が悪くなっていって、吐き気より熱で朦朧とし始めて、ふらふらしながら帰ってきました。それを、一緒に会場に行ってた上司が見てて、「こいつはヤバい」と思ったらしく、残りの仕事を引き受けてくれました。周りの人にうつしてもいけないから、早く医者に行って休め、と言われ、ふらふらと帰ってきたけど、お医者さんの予約が午後4時にしか取れなかったので、そのまま力尽きて、喉かわいたなー、ポカリ用意しなきゃーと思いながら寝てしまい…起きたのが、4時10分前。おぉ、ヤバい。遅れるわ、とのったりのったり準備をして、お医者さんに行ったら。
「朝からどれだけ水分摂れてるの?は?コップ一杯?そんなんじゃ全然足りんね。全然足りんわangryannoy
 怒られたーcrying
 
うぅう…確かにすごぉく喉渇いてるんですけど…。結局、脱水症状に近い状態で、そのために熱も上がってしまったらしく、散々でございました。点滴する?と看護師さんたちに心配されながら、それでも早く飲み物が飲みたいと思って、「飲めますぅ…」と帰ってきて、解熱剤とポカリ2杯飲んだら、1時間ほどで大分元気になりました。それから2日半はお粥で過ごしましたが、何とかよく噛んで食べたらそこそこ食べられるようになりました。
 水分補給がどれだけ大事なことか、というのを、しみじみと思い知った1週間でした。
 そんな状態だったため、まだリボーンの新刊が読めていません。半日仕事休んだせいで、木金とかなり遅くまで仕事してなきゃいけなかったし、昨日は仕事で半日駆り出されるわ、昔治療した歯の詰め物が取れるわで歯医者に行かなきゃいけないわと忙しかったので、何しろ、何もできてません。年賀イラストには、先週日曜日に取り組み始めたけれど、結局火曜日から撃沈してたので、全然進んでおりません。半日も休んだのに…もったいない…。

 というわけで、今週はさらっといつもの感想を終わらせて、まずはリボーン新刊読みたいと思います。読めてから、その感想に取り掛かりますね~。黒バスは…余裕ができたら…。

 相棒Season11 第8話 「棋風」
 人工知能と棋士の対決。こういうのを見ると、自分も米沢さんと似たような気分になります。そりゃあ人工知能…コンピューターの方が、それだけの特化を試みれば、計算できるのかもしれませんが、人間ほど自由な考え方はできない。ものすごい、数えきれないほどある手の中からそれを選ぶ人間の名人の強さが、どれだけのセンスと努力と勉強で生まれるのかというのを考えると、やっぱり人間に勝ってほしいなーと。
 今回出てきた時田名人。何だか不思議な人だなーっていう気がしました。つかみどころがない棋風の人、ということでしたが、人柄も何だかつかみどころがないというか。女性でありながら、女流でなく、正式な棋士を目指していた坂口さん…今は篠田さんのこと、ライバルとしてとても大事にしてくれていたんだと思います。たまたま、色々なタイミングが悪かったというか…。二股かけてるような男性に遊ばれてると知って、放っておけなかったんですよね。だから、バイトしてる喫茶店のマスターに、わざわざ試合が終わってから別れるように伝えて欲しいって言ったのにねぇ。なんか気の毒です。ライバルでいて欲しくてしたことだったのに、そのおかげでライバルを失ってしまって、その上、自分が盤外戦術を仕掛けてズルい形で棋士の座を奪い取ったみたいに思われて。それでも、そのことを訴えもせず、淡々と、うっすら笑うだけであまり感情を出そうともしない雰囲気が、将棋にも表れるんだろうなーと思います。
 逆に、篠田さんは気性の激しい人だったというか、負けを恐れない大胆な棋風だったそうですが、その気性が、電脳戦で自分の考えた一手を出す原因だったんでしょうし、それが敗因になったんだと思います。更に言えば、そんな気性の持ち主だったからこそ、プライベートのことが将棋の勝負にも出てしまったのかもしれませんね。
 篠田さんが考えた一手を入れてしまったばかりに、メティス3は負けてしまいましたが、その篠田さんの一手は、時田名人に届いてたみたいですね。個人的には、その一手がなかったとしても、この7大タイトルを制覇したような将棋界の宝の時田名人は、負けてなかったと思いたいです。
 ちなみに、今回の犯人は篠田さんでした。時田名人ともう一度勝負がしたい。そして、何としても負かしたい。誤解から生まれたその復讐心が、安西先生を殺す結果になってしまった。…いろいろと誤解って厄介ですよねー。

 あ、そういえば、今年初めて相棒パンbreadとやらを買ってみました。個人的に、紅茶は好きだけど、紅茶味っていうのが想像できる味で、あまり得意ではなかったりします。別に嫌いではないんですけどね。だけど、相棒パン、薄皮パンの方は、薄皮のパン生地がすごくしっとりして美味しくて、もうひとつのクッキー生地のパンの方も、ふわふわですっごくやわらかくて、すごく美味しかったです。市販の袋パンがこんなにおいしいものだとはcoldsweats02びっくりしました。紅茶味でなければ、もっと好きかもしれませんが、何しろパンが大好物の紫月にとって、パン生地がおいしいというのはすごくポイント高かったです。

 銀魂’ 「リヴァイアサンと聞くとサザエさんをつい思い出してしまう俺のバカ!」?(←だから調べなさいって。)
 知ってる知ってる(笑)。これも超面白かった。
 土方さんは、夢の中でもお気遣いの人ですよね(笑)。けど、夢の中で、ひたすらそれをひた隠しにしようとすればするほど裏目に出るという結果だったからこそ、夢から覚めて、真剣な雰囲気になる前に、言いたいこと言ったっていう。さらっと言えば、意外とサラッと解決することでしたけどね(笑)。でも、何だか土方さんの、寝ぼけたままで
「近藤さん…鼻くそターザンになってる」
っていうセリフがかわいかったです(笑)。ていうか、どうしてもあれは「鼻水」ではないのかと、気になって仕方なかったりしました(笑)。(←どうでもいいところ。)あれ、これ前も書いたかな?

 何か、雪がたくさん降ってきたので、ヤバいと思って、タイヤをスタットレスに変えてきましたsnowcoldsweats01。つ…積もらないよね?

 PSYCHO-PASS サイコパス 第9話
 えーと、今回怖かったのは、ほぼ全身サイボーグのおっさんです。目が逝っちゃってるよ。機械だから仕方ないかもしれないけど。四白眼は怖いって。この人ですよね、王陵さん殺したの。槙島さんともつながってるみたいですけど、槙島さんは、この人のこともきっと掌の上で転がしてるんでしょうね、持ち上げてるように見せかけて。このおっさんは「狩るほう」だと言ってましたけど、この人は槙島さんに狩る相手を貢がせてるんですかねー。槙島さん、狡噛さんを提案してましたけど…。あんなおっさんに正直狡噛さんが負けるとは思えません。ていうか、相棒の話じゃないけど、絶対負けて欲しくない。
 さて、宜野座さんのことも、また少しわかりましたね。宜野座さんはお父さんが警察官で、お父さんもサイコパスを濁らせて潜在犯になってしまったと。その上、相棒だった狡噛さんも同じようになってしまって、サイコパスに苦しめられてる人なんだな、と思いました。しかも、お父さんの時は、まだ遺伝とかそういうのも確立されてなくて、嫌な思いを散々したからこそ、サイコパスに対して、いろいろ思い入れもある。実は、監視官と執行官がいるのも、監視官がサイコパスを濁らせないために、執行官を盾にしてる。そんな実態もよく分かってるんですね。
 今まで、宜野座さんは執行官をすごく蔑視してると思ってましたけど、今回狡噛さんを外したことを謝ってたし、何か色々あるんだなって思いました。

 さて、まだ見ていない番組もたくさんあるし、何よりリボーン読みたいので、今回はこの辺で。今仕事も絶頂で忙しいし、リボーンの感想がどれくらいかかるか分かりませんが、取り敢えずできる範囲で頑張ります~coldsweats01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

12月諸々感想壱

 うぅ、遂に12月に入ってしまいましたね…。早いー早いよーーーーcoldsweats01sign03
 何にもできないけど、時間だけは過ぎていきます。寒いと、自分の部屋に来て、エアコン入れて、毛布被るしかないんですよね。毛布被ったらもう、こてんと寝ちゃうのが関の山…。でも被らないと寒いんだもの。あと、何か11月は週末食事会や飲み会、予定が珍しく一杯あって、ほんとあっという間でした。

 さて、もうすぐリボーンと黒バスの新刊も発売されるし、こんな生活してたら、何も終わらないですねーcoldsweats01。買った漫画も借りてる小説も読めずに机に積んであるし、時間は上手に使わないとです。
 ではでは、12月とはいっても、11月最終週の番組感想などなどを。

 相棒 Season11 第7話「幽霊屋敷」
 幽霊と言えば、右京さんが興味津々っていうイメージですね~。会ってみたいのに会ったことがないから、幽霊見たことがある人がうらやましい右京さん。
 っていう設定だったと思うので、楽しみにしてたんですけど。
 右京さん、壊れすぎじゃねcoldsweats01
 動体カメラに何度も引っかかる右京さんは、コミカルでかわいくて楽しかったし、逆に引っかからないようにカイトくんとしゃがみながらこそこそと部屋を後にするくらいは笑ってたんですけど、ここ掘れワンワンはカイトくんの言うとおり
「怖い、怖いですってcoldsweats02sign03
って感じでした。今までも、埋まってた物を見つけたり掘ろうとしたりすることはあったと思うんですけど、もうちょっとエレガントっていうか。夢中になったとしても、動物化するようなことはなかったと思うんですよねー。もうちょい理性的でいてほしかったかも。
 ま、今回は比較的ギャグ要素が多かった気がするので、コミカルさを演出してたんでしょうね。そして、今回の犯人?っていうか、死体遺棄した人も、ちょっと変わってて、イチロウくんに、いい話みたいに言ってるけど、怖いよとか言われてた気がするので、今回は「微妙に怖い」っていう感覚がテーマだったのかもしれませんね(笑)。
 そういえば、イチロウくん…一郎?イチロー?よく分からないんですが、お久しぶりですね。以前教会の神父さんと、女の子を匿った事件で出てきたホームレスさんでした。Season2くらいだっけ???比較的最近再放送してたので、わりと覚えてました。

 銀魂’
 アゴ美さんのお話と神楽ちゃんのお話。どっちも覚えてたけど、神楽ちゃんのお話が好きでした。神楽ちゃんかわいーなーって思った覚えがあります。カワイイ傘が欲しくて、カワイイ傘(100円)を銀さんに買ってもらって、嬉しくって、雨が降るたびに出かけてるのが。ガキは嵐とか台風が好きなんだよっていう銀さんのセリフも最もだと思いますが、それ以上に傘が嬉しかったんですよね。そんなところが人情を感じさせてくれる銀魂です。

 PSYCHO-PASS サイコパス 第8話
 おぉお、狡噛さんが槙島さんに目をつけられてしまったですよ…?
 王陵さんは今回も怖かったですけど、そんな王陵さんも、槙島さんのおもちゃとして動かされただけで、何やら「狩られて」しまったようです。つーか怖いわー。どこまでも陰惨なお話だなぁ…。って思います。
 その中で、ちょっぴりワクワクしたのが、狡噛さんと常森さん。常守さんに、外出許可をくれ、と言って、常守さんが、同行しないといけないっていったら、ちょっぴり笑って
「だから、ついて来いって言ってんだ」
 狡噛さんカッコイイいいlovelyheart04sign03

 悪夢ちゃん 第8話
 ついさっき見たんですけど、ストーリーがぐんと進みましたね。彩未先生が実は過去の予知夢を見る少女だったこと、そして自分の悪夢を現実だと思い込んで、自分が友達の母親を殺したと思っていたこと、そして、つらすぎるその記憶を自分の中から消してしまっていたことなどなど、いろいろわかってきました。そして、なんと結衣子ちゃんのおじいちゃんは、その頃から彩未先生のことを知ってて、研究してたこと…。今回、そのおじいちゃんが、結衣子ちゃんを助けられるのは彩未先生だけって言うのは、同じ人種だから、だったことも分かりました。しかも、彩未先生、見たい夢が見られるようになってますよね。正直、結衣子ちゃんよりよっぽどすごい研究対象のような気がします。結衣子ちゃんが見た夢をきっかけとして、夢解きをして、更にその夢の対象の無意識に飛び込んで真相を明かしてしまう彩未先生、最強。
 それにしても、結衣子ちゃんがかわいくってかわいくって仕方ないんですよねhappy01noteいつも人の無意識と同化するのが怖くて、おどおどしてるんですけど、彩未先生のことすごく慕ってて、いつも「彩未しぇんしぇい」って言うのが超かわいいlovelynote彩未先生と、クラスメイトのバレエコンクールを観に行った時も、嬉しそうに「こんな風に先生(しぇんしぇい)とバレエが見られるなんてhappy01」とか、超かわいいnote(←ちなみに彩未先生は「これも仕事でしょ」とか言ってた(笑)。)彩未先生…北川景子さんだっけ?も、すごく美人さんだなーって思います。

 今週は…イラストに入れるかな…?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »