« 家庭教師ヒットマンREBORN!42巻感想 | トップページ | 3月諸々感想Ⅲ+相棒X DAY感想 »

2013年3月17日 (日)

3月諸々感想Ⅱ

 先週見られなかったビデオもまとめて、この週末に、怒濤のごとく見たわけですけれども。 
 一週間見てないだけで、なんかすごいことなってたcrying2回分見られるっていうのは、ある意味幸せだと思うんですけど、ストーリーががーーーーっと進みますよね…。頭が一杯ですぅ。

 というわけで、今週は、3月第2週と第3週分の諸々感想まとめていきまーすhappy01rocksign01

 相棒 Season11 第18話 「BIRTHDAY」
 今回のキーワードは、まさに「誕生日」でしたね。そして、Season11では3度目の「不思議系」でした。そして、今回のお話は、最後までドキドキでした。謎があちこちに散りばめられていて。面白かったです。
 まずは、カイトくんのお父さん。今日が誕生日だったということで、自分で忘れていたという割に、右京さんに誘って欲しかったんですね(笑)。花の里に。意外とかわいい人ですね(笑)。でも、素直じゃないので、右京さんには伝わりませんでした。そういうところは、結構朴念仁な右京さんです(笑)。で、花の里の外で、「家出少女」に会うわけですが、カイトくんとその子を送っていく中で、カイトくんのお父さんの誕生日を祝ってあげなかったことを諭されたカイトくんと右京さん。とってもおませさんな女の子でしたが、
「誕生日はいつだって素敵なものよ」
 この一言は、実はすごく重い一言だったんだなって、最後に思いました。この子は、隼人くんのお姉ちゃんで、隼人くんが誕生日だった日に、こうしてピンチに陥ることを分かっていて、右京さんを連れてきてくれたのかな…って。この子自身、隼人くんが罹るかもしれなかった遺伝病で、亡くなってしまって、12歳の誕生日を迎えられなかった子なんですもんね。お母さんが必死で「隼人を守って」って言ってましたけど、まさにその言葉に応えて、こうして守ってくれたってわけです。
 そして、隼人くんの12歳の誕生日。12歳の誕生日を迎えられたら、もうお姉ちゃんと同じ遺伝病で亡くなることはない、と医者から宣告されていたお父さんとお母さんは、隼人くんのために、盛大な誕生パーティーを準備してました。そして、隼人くんはそのことを分かってて、自分がこうして誕生日を迎えられたことで、何よりお父さんとお母さんにおめでとうを言いたかった。すごく大事な誕生日だったんですよね。
 そんな誕生日のその日に、強盗殺人の指名手配犯に、卓球のコーチと一緒に、お母さんへのプレゼントを作っていて攫われてしまうなんて、何てついていないんでしょ。この日に生きていることが、とても大きな意味を持つはずなのに、この日に、病気でも何でもないことで命を失う危機に…。だけど、コーチは殺されていなかったし、隼人くんも自分とコーチの死体を埋める穴を掘らされていたけれど、その間に、お母さんにプレゼントするはずだったクリームを犯人が舐めて、それが何なのか気になって手紙を読んで、隼人くんの身の上を知りました。あんな些細なことで、人を殺そうとして、あまつさえ、一緒にいた男の子にそれを運ばせて、埋めることまで強要した犯人だったけれど、この日を生きて迎えることがこの子にとって、どれだけ大切なことかを知って、殺すことを躊躇ってしまいました。それどころか、首を絞められて気絶していたコーチに襲われて、逃げられてしまって、追いかけていたはずなのに、お母さんへのクリームを拾おうとして、川に落ちてしまった隼人くんを、クリームも拾ってあげて、更に助けてあげて、道路に出て助けまで呼ぼうとしたなんて…。
 コーチの「あんたもあんなふうだったよ」の一言が大きかったんでしょうか。もともとは、悪い人じゃなかったんですかねぇ。一つ大きな罪を犯したことで、随分間違った方向に行ってしまったみたいですけど…。
 助けを呼ぼうとして、ツーリングのバイクに撥ねられて死んでしまった犯人。だけど、撥ねた人が、その最期の一言を聞いていました。「A-1」と。それを知った右京さんとカイトくんは、それがこのキャンプ地のコテージの号数だと悟って、それを探し当て、飛び込んでみたら、隼人くんはこと切れた直後…。右京さんとカイトくんの、息の合った救急救命がかっこよかったです。右京さんはすかさず心臓マッサージ。カイトくんは、AEDを探して、腕に上着を巻いてガラス割って取ってくる。肋骨は折れちゃったけど、隼人くんが無事息を吹き返して、本当にホッとしました。これで死んじゃったら、何てつらい結末だろうと思ったので。
 さて、もう一つ、ずっと謎だったのは、隼人くんの作っていたクリーム。初めにひき逃げされた犯人が持っていて、カイトくんが舐めてうぇーってなりました。更に、犯人が穴を掘らせている最中に舐めて、うぇーってなりました。更に、右京さんが、コーチの家で冷蔵庫に冷やされていたそれを舐めて「……( ̄Д ̄;;」ってなりました。だけど、それをカイトくんが舐めたことで、ひき逃げされた人が持っていたクリームだと判明。でもこれ、ハンドクリームだったんですよね。みんなして、何で舐めようと思ったんだろう(笑)。隼人くんが作ってる時に、いい匂いって言ってたし、はちみつ入りだったから、食べ物の匂いがしたんでしょうかね…。
 で、このハンドクリームを贈られるはずだったお母さん。お姉ちゃんの写真に向かって手を握ってる時に、やったら荒れた手のお母さんだなーって思ってたので、あぁああ、だからハンドクリームだったんだぁ…。って思いました。本当に、いろんな面で謎が散りばめられて、一つにつながったお話だったなって思いました。やっぱり面白かったです。

 PSYCHO-PASS #20 #21
 征……征陸さん…征陸さんが…………cryingcryingcryingsign03
 もう、これが…つらいなんてもんじゃない。宜野座さんが罠にかかっちゃって、コンテナの下敷きになって動けなくなっちゃった。そこで、一緒に行動していた征陸さんが、槙島さんを捕えたけれど、多分槙島さんは、こうなった時のために罠を仕掛けてた。爆弾で宜野座さんを狙って…宜野座さんは、征陸さんに「刑事として絶対に逃がすな」って言ったけど、息子が殺されるっていうのに、それをスルーすることなんて、できるわけがない…。宜野座さんの方に転がった爆弾を拾って投げ捨てようとして、爆発に巻き込まれて…。
 この時、宜野座さんが目を瞠って、下敷きになってた腕を無理やり引きずり出して、ブランと血まみれの腕がぶら下がったのを見て、紫月は本気で悲鳴上げて泣きました…。うわぁああああ…bearingcryingsign03征陸さんの腕が無くなって抉れているのも、それで宜野座さんが泣きそうになってるのも、そこへ狡噛さんが駆けつけて、「とっつぁん……coldsweats02sign03」とだけ叫んで、それでも歯を食いしばって槙島さんを追っかけたのも、そのあと征陸さんが、宜野座さんに「親父」として、最期の言葉をかけたのも、宜野座さんが、動かなくなった征陸さんに「親父」と「遅すぎるだろうが」と、悲痛な声を上げるのも、泣いて泣いて涙止まらなかったです。嫌だぁ…こんなの嫌だよぉ…うわぁああああcryingsign03sign03sign03
 この2回で、だいぶお話が進んだんですが、#21のこの場面があまりにも衝撃的で、全部ぶっ飛びそうでした。何てことをするんだ。こんな酷い展開。酷い。酷いわ。虚渕さんの脚本が鬱展開だというのは有名ですが…こんな惨いことしなくてもいいじゃん…。
 縢くんの時は、殺された…?っていう感じだったんだけど、この全部詳細に見せられるっていうのは、惨いですね…。でも、縢くんの行方不明の真相には、朱ちゃんがたどり着きました。もともと、そうじゃないだろうかっていう気持ちはずっともってたわけですよね。朱ちゃんに真相を打ち明けて、自分の味方になってもらおうと考えたシビュラシステム。だけど、朱ちゃんは、そのシステムに対して嫌悪を抱き、槙島さんの考えすら理解しちゃいました。だけど、そこで朱ちゃんは強かった。縢くんを殺したことを責め、槙島さんの命を盾に狡噛さんを殺さないことを約束させ、ドミネーターが槙島さんにも通用するように、常にロック解除状態とし、狡噛さんが、万が一犯罪係数300越していた時のために、絶対にパラライザーモードしか起動しないようにと命じました。これなら、槙島さんも捉えられるし、狡噛さんも殺さなくて済む…はず。
 狡噛さんのように理性的に冷静に推理をし、狡噛さんの残したヒントを確実に回収・解析して、狡噛さんの先手を取った朱ちゃん。でも、朱ちゃんの中に、シビュラシステムのために、人が自分の頭で考えなくなってしまったことは、価値を奪い、幸せを奪ってしまうことだという考えが出てきましたよね。以前、縢くんと話をした時に、自分のなりたいもので迷えたってことに、縢くんは怒ったけど、朱ちゃんはそれに対して、涙を浮かべて、選べることが幸せなことなんだと言えたんですね。そして、そんな朱ちゃんを見て、縢くんも笑った。あのときは、ここまでの描写がなかったんだけど、縢くんが朱ちゃんのことを認めてくれたのは、きっと朱ちゃんがそう思える子だったからで、朱ちゃんのそんな考え方が、縢くんもいいなって思えたからなんでしょうね。だから、二人で縢くんの手作り料理を食べるくらい仲良しになったのかな…なんて思いました。
 たしか、PSYCHO-PASSは22話予定だったから、あと1話…なんですかね?これ、決着つくんでしょうか。もう、誰も死んで欲しくない。今回は、六合塚さんも朱ちゃんの逞しさを認めてくれたけど、征陸さんは、朱ちゃんのことを危ういと思ってたみたいです。最後、どっちに転ぶんだろう。宜野座さんは、どうなるだろう。狡噛さんは…?

 銀魂’ 「ビームという響きはあらゆる者ののハートを射抜く」「二人のアニキ」
 いつの間にか長編に入ってるじゃないッスかcoldsweats02sign03いや、前回見られなかったけど、その前に予告が入ったから、あ、新しい話やってくれんのかなって思ったんですけど、意外と続けて長編来ましたね。一国傾城篇の次の新作エピソードがまた長編だったんで、ちょっと驚きました。今回はビームサーベ流篇…なのかな???でも、確か前々回で、3月で終わりとか何とか言ってたから、この長編あと2回で、銀魂また終わるのかな。
 さて、ビームサーベ流…尾美一(おびはじめ)アニキことオビワンさん…。以前、お妙ちゃんと新八くんの家の道場の塾頭だった人だそうで。初め、何で目の色が違うんだろうって思ってたら、何と半分はサイボーグでしたか。そして、なんと
毘夷夢星人に改造された、地球を滅ぼす兵器にされてるという…。お妙さんと新八くんがすごく気の毒でしたけど、だからこそ、こういう時は銀さんが何も言わずに汚れ役を引き受けてくれるんですよね。だけど、汚れ役と見せて、銀さんがしようとしてたことは、みんなに頭を擦り付けて土下座して、新八くんやお妙さんを守ってもらうこと、そして、尾美一兄さんを救うこと。お妙さんや新八くんですら、尾美一兄さんが兵器だと知って、銀さんに壊されること、自分から生を手放してくれることを覚悟していたのに。
 だけど、尾美一兄さん、これ、尾美一兄さんですら…ない???別人なの???今回は、お妙さんを泣かせるってことで、近藤さんと九ちゃんが大活躍です。毘夷夢星人の船に二人で乗り込んでいったし、いろいろと先頭に立ってやってくれたのは、銀さんとこの二人だった気がします。
 で、真選組は近藤さんについて毘夷夢星人の船を取り囲んでるし、土方さんも沖田さんも、こういう時は人情に篤くて素敵です。そして、銀さんはやっぱりかっこいいです。ビームサーベ流、どうなるんでしょう。道場がそれで再興できるとは思えないんですけど、尾美一兄さんは、新八くんとお妙さんに、強い笑顔を教えてくれた人だそうなので…助かるといいですが…銀さんの言葉を借りれば、「死体と鉄くず」なんですよね。ちょっとだけ、その言葉が怖かったです。

 さて、他の番組も、1クールのものはそろそろ佳境に入ってるんでしょうか。よく分かんないですが…マギに至っては、5週分くらい溜まってますぅcrying。今週もまだ見られずにいる物もあるんですけど、年度末、最終週くらいは余裕があると思ったら、おチビちゃんたちが遊びに来るという、嬉しいようなぎゃおーなようなお知らせが(笑)。あぁ、紫月のフリータイムは全ておチビちゃんたちにもっていかれるんですね…coldsweats01。あ、来週は相棒の映画観に行くので、通常運転なんですが、感想遅くなりそうです(笑)。(←今週も十分遅いです。)

|

« 家庭教師ヒットマンREBORN!42巻感想 | トップページ | 3月諸々感想Ⅲ+相棒X DAY感想 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152835/56976244

この記事へのトラックバック一覧です: 3月諸々感想Ⅱ:

« 家庭教師ヒットマンREBORN!42巻感想 | トップページ | 3月諸々感想Ⅲ+相棒X DAY感想 »