« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

4月諸々感想Ⅳ

 やっとG.W.が来たぁ……………………cryingsign03
 つらかった…つらかった1週間…cryingsign03
 27日が大事な1日だったので、とにかくその日のために4月1日からひたすら駆け抜けてきた1か月でした。スタートって、全部白紙状態からなので、本当に大変なんですよね…。そして、ラストスパートの1週間は、日直で朝早く出かけてたのもあって、ほんとツラかったです。
 そして、毎年同じことやってるつもりでいるのに、何だか今年はそれでもすごく時間がかかって、何でこんなにやることが一杯あるんだろう???って、同僚の人と首をかしげながら、いつも夜の11時近くまで残って仕事してました。しかも、好きでやってんじゃないんですよ。みんな帰りたい一心でやってるのに、終わらない。そんな感じでした。自分は仕事決して遅い方ではないんですけどねぇ…。(←とことん効率主義者)
 で、27日には歓送迎会もあって、遅かったんですが、その時主任に言われました。
「今年は、4月で1年分仕上がってたなぁ」
 …アレ?

 というわけで、ずううううっと休みは休んでいたんですが、大体ぐったりって感じだったわけです。何もかも放置って感じだったので、連休初日はむしろ張り切って…連休明けから始まる仕事に向けて、ちょっとあちこち出かけたり、5か月ぶりに美容院に行ったり、車洗ったりしてました。あぁあああああ、何か色々とすっきりしたhappy02sign03連休後半は、出かける予定があるので、それでも自分のやりたいことがどこまでできるか、って感じなんですけど。それでも、ひとまずの解放感を味わってます。嬉しい…。…進撃の巨人、欲しいなぁcatface

 進撃の巨人 #3 「絶望の中で鈍く光る」
 
 
 ※見ながらではないので、記憶の中で多少間違った変換がされてるかもしれません。いつものことです、気にしないでください(笑)。
 えぇと…訓練兵になる女の子って、みんなちょっと変わってる(笑)?
 その1:サシャ・ブラウス
 明らかにおかしい(笑)。食べることに関して、いろいろと異常なくらいの執着があるし、それがおかしいと思ってないところがおかしい(笑)。キース教官にみんな「通過儀礼」を受けて、怒鳴られ、詰られているあの空気の中、突然ふかし芋を食べだす(笑)。それが理解できなかったキース教官。「おい、貴様sign03」って詰め寄っていくんだけど、まず自分のことだと思わずに、周りをきょろきょろしながらイモ食ってる(笑)。思わず、「なぜ今芋を食っている」って訊いたキース教官に、
「丁度頃合いの物があったので、つい」
「…盗んだのか…coldsweats02
 それだけでも、ものすごく大したことだと思うんだけど、それでも疑問符のキース教官。「なぜ今芋を食った」
「冷めてしまっては元も子もないと思い、今食べるべきと判断しました」(←堂々。)
「…分からんな。なぜ芋を食った」(←同感です。)
「…それは…人間はなぜ芋を食うのか、ということでしょうか」
 さすがに青ざめたサシャ。ハッと気づいて、仕方なさそうに、芋をパカッと割り、うまく半分に割れなかったけど、ちっと舌打ちしながら、小さい方を差し出す。
「よかったら…半分どうぞ」
「…半分…?」
 しぶしぶニコッsmilesweat01
 半分ですらねぇ。というツッコミだけではとてもじゃないけど追いつきませんでした(笑)。
 そのあとも、罰として5時間走らされてたけど、クリスタさんがパンを持ってきてくれたら、獣のように飛びつくし、ミカサがエレン(いつの間にかいなくなってたんだけど)相手に、エレンは兵士になるべきじゃない、自分も一緒についていくからって話してたのに、ミカサの前に残ったパン目当てに、ちゃっかり隣に座ってて、
「それって、パンもらってもいいってことですか?」
 どう取ったらそうなったcoldsweats01sign02
 そんなサシャに、ミカサはあげると見せかけて喜ばせておいて、あげなかったようです(笑)。鬼だなcoldsweats01

 その2:ユミル
 原作の公式HPでは名前も不詳のままになってるみたいですけど、アニメの公式HPでは既に名前公開されてますね。
 で、この人、男性?女性???女性なの???

 その3:ミカサ
 エレンが、空中で姿勢を保つ訓練で、ベルトの損傷が原因でできてなかったと分かり、上手くできるようになりました。エレンが、やったぞ、もうお前の世話にならなくても俺はできるhappy01sign03って喜んでるのを見て、「これで私と離れなくて済むと思ってる」とアルミンにポツリ。
 えっcoldsweats02
 ミカサの思考回路がよく分かりません。すごい自信過剰なの?

 さて、今回ポイントが高かったのは、ライナーさんでした。むやみにエレンの傷を抉ることもなく、自分の悲劇を語るわけでもなく、淡々と、でも強い自分の願いをもってるみたいで。そして、なかなか空中で姿勢を保持することができなかったエレンを、的確な言葉で優しく励ましてくれてた気がします。「ベルトの調整から見直してみよう」って、まさしくそこがエレンの失敗の原因だったんですから、ライナーよく見てるなぁって思いました。
 あと、ジャンはミカサに惚れたので、これからいろいろとエレンと衝突しちゃうかな?何しろミカサはエレン一筋っていうか、エレンしか見えてないですもんね。

 リヴァイ兵長が見た過ぎて、進撃の巨人を全巻揃えようかどうか、わりと本気で迷ってます。今晩のアニメで出てくるんだろうか。原作の方が絵がアレな感じだという話なので、だったら原作を先に知っておく方が、この場合いいかもしれないと思ってます。うぅう、10冊増えると、本棚がマジで崩壊しそうだけど…でも読みたい…bearingsign03でも…買っちゃったら、もうそんで連休終わるよな…coldsweats01

 えぇと、よく考えたら、今日月曜日なんですよね。だから、キングダムは2回分あって、何だかお得感を味わいながら見てました。政様は凛としててかっこいいです。まだまだ信はお子ちゃまで、自分の感情しか見えてないけど、さすが王だけあって、全体像が見えてる。でも、信はとりあえず政様についていくと決めたようです。ここから成長していくのかな?あと、貂(てん)がかわいいです。料理上手くてかわいい。…男の子?第2の刺客がついに最後の合流場所まで来ちゃって、ハラハラするところで終わってたので、これで1週間待ちとか、拷問かcoldsweats01sign02と思いました。

 あと、ドラマでダブルスも見てますけど、わりと面白いと思います。それにしても、二人でシャワー浴びるシーンは、相棒で言う右京さんの紅茶みたいなもんかしら…。お決まり、みたいな。そこで必ず下ネタ入れてくるのやめぇcoldsweats01。もういっちょ、35歳の高校生も見てるんですけど、これは見るたびに心が痛くなりますね。馬場さんがいつもそれなりに解決してくれるから、ホッとするんですけど、すごく怖いと思います。どこの高校もこんな風なんて思わないけど、ありえなくもない。すごく怖い。高校に行くのが怖くなっちゃう子、居ないだろうか、と思うくらいです。あと、あの担任は最低だと思います。同じことしてるのに、注意する子としない子がいるなんて、絶対ダメでしょう。生徒の顔色伺ってどうする。学園ものドラマって、必ずヒーローになる正義の味方がいる半面、こういうあからさまにダメな生徒や先生が出てくるんですよね。そういうのを見ると、結構イラッときてしまいます。その分、馬場さんのかっこよさはアピールされるんですけどね。その点、悪夢ちゃんはよかったのになぁ。あっ、でも、ドラマそのものを否定してるわけじゃありません。それなりに面白そうだと思って見てます。いじめっ子やダメな先生は心底許せないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

誕生日おめでとう、山本(><)!

 お誕生日おめでとう、山本sign03sign03sign03

 今年はリボーンに、そして山本にはまって、そのリボーンの連載が終了して初めての山本のお誕生日。
 いつまででも大好きだよhappy02heart04sign03
 そんな気持ちを何とかしたかったのに、50万HITのお礼もできないまま、今日も帰ってきたのは夜の11時。4月に入ってから、ずうううううううううっと忙しくて忙しくて、どうにもなりませんでした…ごめんねぇごめんねぇえweepsign03
(←諸々感想も大体手抜きだったにもかかわらず…bearingsweat01sign03
 もう少し落ち着いたら、今までの分全部含めて、何かの形できっと…sign03
 もし、楽しみにしてくださってた方がいらっしゃったとしたら、本当に申し訳ないです。ごめんなさいsign03
 でも、山本のことはずっと変わらずに大好きですからsign03

 せめても…と思って、深夜にお絵かきツールで、マウスのがたがたイラストを描いてたんですが…消えちゃった…crying。やっぱりダメだぁ…。無駄に40分くらいやってたのにな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

4月諸々感想Ⅲ

 先週末は友人が誕生日を祝いに来てくれていたのですが、何とその当日、紫月の誕生日のその日に、日頃よりお世話になり続けております班胥さまからも、プレゼントを頂いていたのですhappy02happy02happy02heart04heart04heart04sign03sign03sign03
 自分だけのために…ということで、メールで送っていただいていたのですが、普段あまりまめにメールチェックをしない紫月は、そんな幸せなプレゼントが届いていたのに気付いたのが、翌日が終わろうとする頃だったという馬鹿者ですcoldsweats01班胥さま、本当にありがとうございましたhappy02heart04sign03sign03予想だにしていなかった紫月は、あんまりにも感激して、日曜日の夜遅くに絶叫メールを返信し、頂いたコメントに絶叫を返信し、更に班胥さまのHPまで押しかけて絶叫を残すという、甚だ迷惑なことをしでかしたわけですが、班胥さまの許可が頂けましたので、宝物に飾らせて頂きたいと思いますhappy01heart04noteだって、この嬉しさは自分一人で悶々と転げまわるだけではとてもとても消化しきれないですもんhappy02sign03

 さて、そんな私情はおいといて、紫月はどうやら「衝撃というのは最高の探究心をくすぐる物」というタイプみたいです。前はPSYCHO-PASSで縢くんが殺されてしまった時に、縢くんを求めてあちこちネットをさまよい歩いたわけですが、今回は間違いなく進撃の巨人です。どんな話なのか、まだ全然分かんないのに、あちこち情報を求めて練り歩きました。だって、1週間待てないんですもん。いつもは、週末に溜めてしか見ないビデオでも、これだけはどうしても見たくて、半分寝落ちしながら見てたってくらいです(笑)。というわけで、今回は主にそちらの感想、あとはちらほらと一言感想です。たぶん。

 進撃の巨人 #2 「その日」
 何度見てもほんとOPがかっこよくてたまりません。もう、曲も大好きになってきちゃってこれまたどうしよう。発売は7月だなんて遠すぎる。早くフルで聞きたい、歌詞が知りたい。ほんとかっこいいです。Youtubeで歌詞付きのOPが上がってたので、それで何回か見て、あ~やっぱりこのお話に合わせて作ってある歌だなーって思いました。まぁとにかくかっこいいです。
 さて、前回、お母さんが巨人に喰われるのを目の当たりにしながら、ハンネスさんに抱えられて逃げたエレンとミカサ。エレンは割と無茶言う子だなーと思いますが、子どもだから仕方ないんですよね。ハンネスさんに、エレンがお母さんを助けられなかったのは、エレンに力がなかったから、そして、ハンネスさんが巨人に立ち向かわなかったのは、勇気がなかったから。そう泣きながら言われて、飲み込むしかありませんでした。悔し涙をひたすらこぼしながら。実際、そうだったんですよね。エレンは、ミカサとですら、お母さんを助けることはできなかった。それが分かってても、どうしても納得できないほどの残酷さ…。
 かく言うハンネスさんですら、割と無茶言うタイプの人だったと思います。巨人が入ってくると分かっていて、それでも目の前の人助けたさに、門を閉めるのを待てって言ってましたから。この世界では、最悪の事態を避けるために、どうしても見捨てなければいけない命がたくさんある…そんな感じでした。
 結局、外側の壁の、更に外側に作られていた囮の「シガンシナ地区」は、巨人に侵入され、その内側の壁「ウォールマリア」も、なんか普通の巨人とはちょっと違う堅そうな巨人にぶっ壊されて、入ってこられちゃったんですよね。
 さて…一つ大きな謎が今回あったんですが。エレンは船で逃げた先で、お父さんに会ったんですよね?そして、お父さんになんか注射されて、鍵を持たされた。…お父さんはどこへ行っちゃったんだろう。そして、どうしてミカサはそのことを知らないんだろう。真夜中に、寝てる間に起きたことだったのかな?朝日が入っている倉庫に、キラキラと埃が舞ってる様子がすごくリアルでした。
 さて、逃げた先でも無茶言うエレンでしたが、かっこよかったのはミカサ。アルミンが一生懸命諭してくれていても、聞き入れようとせず、アルミンのことを家畜呼ばわりした瞬間、エレンの顔面にグーパン一撃punchimpactsign01ミカサに怯えて前回いじめっ子が逃げて行ったのが分かった気がしました(笑)。
 さて、このあたりから展開が超早いんですけど、結局逃げてきた人たちのための食糧が追い付かずに、開拓に回された挙句、ウォールマリア奪還の名目で、人員の動員がかけられて、20万人以上が巨人の犠牲になった。そして、それで食糧難が、ちょっとだけ改善された。…どこまでもシビアな世界。そして、その犠牲者の中には、両親が巨人に殺されてから、ずっとアルミンを育ててきてくれていたらしいおじいちゃんも入ってて…。
 エレンは訓練兵に志願することを決めました。そして、アルミンも。いつもエレンと一緒にいるミカサも。
 そして、多分1年後。訓練兵になったエレンとアルミンとミカサ。ちょっと大きくなってるみたいです。EDでは、ミカサがクローズアップされてたけど、ミカサは美人ですねぇ。やる気一杯のエレンより、遥かに能力値の高そうなミカサですが、これからもエレンを守ってくれるんでしょうね、きっと。

 さて…。この続き書いたんですけど、なんか、保存したら、ものすごく面白い文字化け起こしました。マジかよshock。もちろん、書いた分、保存できてませんでした。ちっくしょーcoldsweats01sign03

 とはいえ、大したこと書いてたわけじゃないので、再現してみたいと思います。

 カーニヴァル #2
 ディーノさんに似た感じの美形さんが出てきました。サーカスのメンバーなので、すごい技を使えるみたいですけど、ヘタレさんのような感じでした。何気に、ウサギのロボットみたいのが強怖い。
 みんな名前がいろいろ変ってるなーと思うんですが、一番変わってるなーと思ったのは、主人公(?)の「无(ない)」くんです。最初、何て呼んでるのかさっぱり分かりませんでした。他にも「ガレキ」とか「カロク」とか、漢字も特殊っぽかったので、まだ全然おぼわってないです。でも、何となくキャラクターの感じが「K」とか「№6」に似てるなーって気がします。主人公の髪が白いところ、ちょっとか弱そうなところ、主人公に付き添ってる子が、仕方なく主人公に付き添うことになってること、なかなか能力が高いところ、髪や服が黒や青なところなどなど。

 名探偵コナン 劇場版 11人目のストライカー
 地上波発放送ってことで、昨日ビデオに録ったのを、現在見てるわけですが。コナンは、劇場版とかTVスペシャルとかは、結構ストーリーが練ってあったり、スリリングな展開だったり、服部くんが出てきたりするので(←ここが一番重要(笑)。)、普段はあまり見てなくても、チェックしてます。今回は服部くん出てくるのかなー?
 ていうことが言いたかったわけじゃなくて、これ、序盤にサッカー選手が出てくるんですけど、そのサッカー選手の声、ご本人が当ててらっしゃるんじゃないかなーと…。こういっちゃなんだけど、映画って、かなり期待してる人が見る物のような気がするんだけど、よくこれで音響監督さんOK出したなぁってcoldsweats01棒読みってレベルじゃない(笑)。これが素人と声優の差ってやつなんですよね。紫月は、正直芸能人を声優に起用して、それで客寄せするのが好きではありません。だって、結局技術の差を見せつけられるだけというか、その差が気になって、ストーリーが楽しめないんですもん。中には、上手い人もいるんですけど、そうは言えない人の方が絶対的に多いと思いますから…。最近、ジブリもそっち系なんですよねぇ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

4月諸々感想Ⅱ

 どうも、こんばんはhappy01note安定のぎりぎり更新が続いていますが、昨日は自分の誕生日だったので、友人が祝いに来てくれていました。今年の誕生日プレゼントのリクエストを聞かれたときに、普段仕事中に全然水分を摂らずにいることが気になってたので、持ち歩けるようなミニボトルがあると嬉しいなーって言ってたわけですが、プレゼントをもらう前日の金曜日。
 朝、朝食時に1杯のコーヒーを飲み、職場についてから、用務員さんが入れてくれた湯呑一杯のお茶を飲み、それから昼食でもおかずやごはんに含まれている水分以外、一切の水分を取る暇もなく、夜の9時半まで働きづめでした。そして迎えた翌日。何だか、足のすねがかゆいような気がして、思わず無意識で引っ掻いてしまったわけですが。なんでかゆかったんだろうと思って、足をよく見てみたら、今までなったこともないマスクメロン状態にcoldsweats02sign03しかも、マスクメロンの筋一本一本の隙間が少しずつ開いてるような状態で、引っ掻いたところが粉吹いてるような感じになってて。びっくりしました。これが、CMで見る粉吹き状態ってやつcoldsweats01sign02
 しかも、異常事態はそれだけに収まらず。友人のために、部屋の片づけをしていて、ふと先ほど引っ掻いてしまったところに手が触れた時、凹凸のあるような違和感を感じて、何だ?と思って見たら、引っ掻いてしまった部分で、メロンの筋の間になっていた横線の部分に、ぼっこぼこに蕁麻疹がshocksign03ぎゃーーーーーーーーーーーーーー何これぇーーーーーーーーーーーーcryingsign02いわゆるドライスキンで、肌が荒れてしまってる状態の時に、保護しきれなかった部分を引っ掻いて刺激を与えてしまったらしく…初めて人工蕁麻疹が出た時と同じくらいショック受けました。

Cocolog_oekaki_2013_04_14_21_16
 そして、たどり着いた結論。
 人間、水分が足りないと、優先場所を考えて水分を補給しようとする。だから、優先されなかった部分で、ものすごい水分不足の状態になる。きっと、そういうことだったんだろう。おっそろしいshocksign01水分は、摂らなきゃいけないなぁ…とつくづく実感です。プレゼントに、希望通りミニボトルをもってきてくれた友人。ありがとう。これから毎日仕事中は持ち歩いて、どこででも水分補給するよ…。

  さて、今期は今まで感想を書いていた番組が全部終わっちゃったので、どーすっかなーと思ってたんですけど、今期チェックした番組で、おぉっと思ったものがあったので、そちらで少し、呟き程度の感想を書いてみたいと思います。

 進撃の巨人 #1 「二千年後の君へ」
 何と言っても、衝撃が凄かったです。世界観の斬新さとか、残酷さとか、動きの作り込み具合のハンパなさとか、全部が今期チェックした中ではピカイチ。衝撃が強すぎて、しばらく他の番組を見る気が起きずに、何度も繰り返してしまいました。
 とくに、OPが、すっごいかっこよかったんですよ。曲も、この物語に合わせて作られているんだろうなって思うような感じで、一部分でその歌詞が押し出されてるところとか、ミュージックビデオではときどき見かける感じだけど、アニメのOPとしてあれだけ強烈にアピールしてくるっていうのもすごいなぁと思ったし、またその歌詞が壮絶で。
 動きがまたかっこいい。ものすごいスピード感とか圧迫感、あと、西洋の古風で重厚な感じもあって、ほんとに圧倒されました。原作の絵がけたたましく流れるのとか、たくさんの人が空へ舞いあがる感じとか、巨人と空中戦をする人たちの宙を駆け巡る感じとか、とにかく凄かったです。この作品への意気込みみたいのがぎゅうぎゅう詰まってる感じでした。
 で、本編ですが、調査団の動きが、やっぱりかっこよかったです。巨人と戦うために、空中で動けるようにワイヤーを張ってくるくると飛び回るんですけど、あの動きが凄かった。
 そして、やっぱり巨人というものの存在ですね。壁を壊した巨人は、普通の巨人よりずっと大きかったし、骨や筋肉が剥き出しの感じで、何か怖かったです。あれって、雷で現れたってことなんでしょうか。で、その巨人の力がまたすごい。壁がぶっ壊されて、その風圧と瓦礫で、街が壊され、それだけでたくさんの人が潰されてしまいました。
 何より恐ろしかったのは、壁が壊れたことで、街にたくさんの巨人たちが侵入してきて、主人公エレンのお母さんが家に潰されて動けなかったのを軽々と掘り出して、捕食したところ。PSYCHO-PASSで宜野座さんが腕を引きずり出したときも、まどかマギカでマミさんがシャルロッテに頭を喰われた時も、ぎゃあああああって思いましたが、その中で一番、敵が怖かったです。あの、何も考えてなくて、食べ物を見つけて、剥き出しの歯茎でにやぁっと笑う片目の濁った巨人。すごいすごいすごいすごい怖かったcrying暴れるお母さんを軽々と引っ張って黙らせて…。思わず目を背けたミカサと、最期まで凝視していたエレン。ほんと壮絶でした。初回からやってくれるわ…。
 とにかく、ものすごく気になるお話なので、続けて見てみたいです。Pixivでいろいろネタバレも見ちゃった上で、まだ出てきてないけど、人類最強というリヴァイ兵長という方が超気になってます。

 カーニヴァル #1
 よく分からなかったけど、絵がすごく綺麗でした。出てくるキャラクターも綺麗。男の子も女の子も、魅力的な感じの絵でよかったです。サーカスという人たちが不思議な力を使う感じで、それもまたかっこよかったです。

 戦国鍋TV
 天草四郎と島原DE乱れ隊が、少年隊すぎて、完成度高すぎて、めっちゃ吹いた。あの少年隊メドレーもどきがかっこよすぎなんだぜ(笑)。そして、相葉くん久しぶりhappy01sign03「35歳の高校生」でも先生役で出てたけど、最近出番がちょいちょいあって嬉しいです。

 他にもいくつか見てるんですが、その中で一つ、再放送をチェックした「キングダム」。1話を途中から途中まで見たことはあったんですけど、やっぱり漂が死んじゃったのがショックでした。すごくいい子だったのに…。でも、これはあくまで序章ってことで、そっくりな彼がキーパーソンなんですよね、きっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

4月諸々感想Ⅰ

 先週はサボってしまってスミマセンでした。おチビちゃんたちが来てたので、ビデオが全くと言っていいほど見られなかったし、色々と出かけたり遊び相手になったりと、身動きが取れませんでした。4月1日からは、激動の新年度で、毎日遅くまで仕事や準備に追われておりました。そして、2週間ぶりにブログを見てみたら、何と何と、50万HIT突破しておりました…coldsweats02sign03ぎゃおうcoldsweats02sign03びっくりです。去年辺り、40万HIT突破したけど、何もお礼などができる気がしない…とか言ってたんですけど…おぉお、この感謝の気持ちをどうしたらいいんでしょうhappy02sweat01sign03何はともあれ、こちらへ来てくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございますhappy01sign03
 さてさて、そんなありがたいご報告の中、困ったちゃんなご報告もあります。前回、まだ続いてると言ってた、マギと八犬伝が、これまた終わってしまったんですね。マギは2か月くらい溜めこんでたので、全然話が見えてなかったっていうのもあったんですけど、まだまだ全然途中な感じだったし、八犬伝に至っては、まだこれといって何も起こってないというか、荘介くんの影のような存在が黒幕なのかなって思ってたんですけど、それもはっきりしないままで…全然終わると思ってなかったです。今まで感想に取り上げたことのある番組で残ってるのは戦国鍋だけっていう(笑)。更に言えば、戦国鍋も終わると分かってる番組なので、いつ終わるかだけの問題でして。
 まぁ、マギは秋に続編が何かしらの形で出るそうだし、八犬伝は夏に第二期が始まるそうなので、しばらくの辛抱みたいですけど。Kや黒バスも第二期がやることは決定してるので、その辺が始まれば、何かしら書いてると思います。書ける物があるかどうか微妙なのは、この春1クールですねー。
 というわけで、とりあえず今回は、銀魂’の最終回と、マギ&八犬伝の総合感想な感じで行きたいと思います。ちなみに、今期の新番組でチェックしたいのは、ドラマはダブルス、アニメでカーニヴァル、進撃の巨人、うたプリ2000%、アラタカンガタリ(?)辺りです。でも、うたプリは多分書かないです(笑)。あと、気になってたキングダムの再放送があるらしいので、そちらのチェックと、こちらも第2期があるらしいので、気になってます。

 銀魂’最終回  「ドッグフードは見た目より味がうすい」
 タイトルは、うん知ってる、て感じだったんですけど、お話はなかなか人情溢れる良いお話でした。
 お金がなくて、定春のドッグフード3粒を分けて食べようとする銀さんと神楽ちゃんに、愛想を尽かした定春。家出したはいいけど、頼りなさげに箱の中で佇んでいる仔犬を見つけちゃって、放っておけなくなっちゃいました。
 自分だってお腹がすいているのに、いろんな人の所を回って、餌を食べさせてくれないかと頑張ってみたけど、銀魂の登場人物は、大体ダメな人ばっかりっていうか(笑)。沖田さんが拾ってくれたら、真選組のみんなもかわいがってくれて、よかったと思ったのに、土方さんが…土方さんがマヨラーだったばっかりに…マヨラーだったばっかりに…coldsweats01sign03土方さんがマヨラーじゃなかったら、きっとそこでお世話になれたに違いありません。
 結局どこにも頼れなかった定春。川で魚を取って、自分は尻尾の方を少しだけ、そして、仔犬ちゃんにほとんどの身をあげました。定春優しいhappy01sign03
 お腹を空かせる定春を見て、今度は仔犬ちゃんが定春のためにお魚を取ってくれたりして、ほんとかわいらしいコンビだったんだけど、仔犬ちゃんが病気になったみたいで、どんどん食欲がなくなっていって、定春はお魚を取るためなら、どんな方法だって躊躇わずにやってのけて、自分は尻尾だけで我慢して仔犬ちゃんにお魚をあげてたんだけど、その魚はどんどん溜まるばかりで傷んでいって、仔犬ちゃんもどんどん衰弱していって…。このあたり、本当に心が痛かったです。
 一方銀さんたちは、街の人たちに、あの仔犬が病気もちかもしれないから駆除してほしいと依頼されてて、それに従ってる振りしながら、定春のことを見守っててくれたみたいです。その見守り方が、銀さんらしい皮肉たっぷり加減で、定春なかなか銀さんたちのこと頼れなかったんですけど、やっぱり最後は銀さんが味方でいてくれました。
 公園で、腐敗した魚だらけの遊具の中で、その魚にまるで毒を仕込んでおいたように見せかけて、仔犬を病院に入れ、定春も助けてくれました。(そして、その魚も片づけてくれた上、定春が仔犬を捕まえたかのように上手いこと言って、お金だけもらってた(笑)。)でも、そのお金も、仔犬を助ける薬代に宛てちゃったんですよね。そして、結局定春がもらえたのは、ドッグフード二粒…と思ったら、一粒は銀さんがパクリ。家出する前と全く同じだけど、同じ釜の飯…ならぬ同じ皿のドッグフード食べる万事屋のみんな。大事な大事な仲間なんですよね。
 仔犬ちゃんも助かり、無事飼い主のお孫さんにもらってゆかれ、万事屋も貧乏なままで、やっぱり変わらないんだけど、それでこそ銀魂です。
 さて、夏に映画がやるそうですが、アニメの完結篇だと謳いながら、いつもの終わる終わる詐欺じゃないのかとか自分で言いだすからもう、銀魂coldsweats01sign03どうなんだそこんとこsign03どっちにしろ、もう原作に追いついてしまっているのは間違いないようだから、しばらく待ってくれたらいいのにと思います。再開してくれれば、必ずまた見たいです。あ、映画も見たいです。

 マギ シンドリア編
 丁度溜まってた分、シンドリア編全部だったみたいです。通してシンドリア編を見られたので、とっても面白かったです。
 さて、マギではアリババくんが気になってて、シンドバッドさんに惚れ込んでた感じでしたが、アリババくんは好きだけど、断然シンドバッドさんが好きになりました(笑)。だって、何もかもが圧倒的なんですもん。知識も力も先を見る力も器も何もかもが。でも、OPとかで、たぶんジンを纏った全身魔装が出てきてたのに、1パターンしか出てこなかったんですよねー。シンドリア編よりも前に出てきてたかなぁ?どれも一回しか見てないから、記憶が曖昧です。
 というわけで、感想は大体シン様カッコイイな感じだと思います(笑)。
 まずは、ダンジョンを7つ制覇したってことで、七海の覇王。で、七つのジンを従えているっていうだけでも、もう凡人とはかけ離れた次元にいる人なんですよね。アリババくんも一つのジンを従えているわけですが…。しかも、既に半分堕転してて、黒ルフの呪いも効かないとか、最強じゃないですか。でも、「すでに呪われた身」なんですね。でも、いわゆる「清濁併せ持つ」器ってことなんですよね。そして、シンドリアの八人将を従えている。カッコイイ~~~かっこいい~~~かっこいい~~~lovelysign03国を守る強い力の持ち主たちが、確固たる地位を確立してて、だけどそんな一癖も二癖もある人たちが、王に真っ直ぐなまでに忠誠を誓ってるっていうね。いや、酒癖と酒癖による女癖の悪さは全く信用されてなかったけど(笑)。そして、八人将がまたそれぞれ強くてかっこいいったら。
 正直、八人将全部言えって言われてもよく分かんないけど、アリババくんの師匠シャルルカンとアラジンの師匠ヤムさんことヤムライハさん、そして、シン様と一緒にいるジャーファルさんとマスルールさん。この辺はよく分かります。シャルルカンはシャルルカンさんって言うとなんか語呂悪くて言いにくいんですけど、魔力(マゴイ)が少ないから、眷属器で技を乱発できない分、剣士としての誇りが高いんだろうなと思うし、そういうとこが、卑屈でなくてかっこいいです。そして、ヤムさんは美人さんで魔術師としてめっちゃレベル高いのに、更に天才とか。かっこいいわぁlovelynote無口で力持ちのマスルールさんも素敵ですが、やっぱり八人将の中でも最もシンドバッドさんに近いジャーファルさんは、キャラ的にも別格で好きです。元暗殺者で、実は怖いお兄さん(笑)。だけど、基本的にはシン様が大事で、心底忠誠を誓ってるんだけど、シンドバッドさんの酒癖とかではいちいち頭を抱えさせられてるし、その思惑にブラックなところがあることを承知で、そのことに少し心を痛めているようなところもあって、つまり、シンドリアのオカン的な(笑)。かわいい人です。でも、シン様はそれほど気に留めなくても、シン様のことバカにされたり侮辱されたりすると、激昂するのがまた素敵。暗殺者の顔がのぞくところが、キャラのギャップってやつで、すごく魅力的です。ジュダルがシンドリアの結界を壊して、シンドバッドさんの前で泣いて見せて、シンドバッドさんがそれを思わず気の毒に思った途端笑い飛ばして、「お前ほんといい奴だな」って馬鹿にした時のジャーファルさんの殺意ハンパねー。めっちゃかっこよかったです。
 で、シンドバッドさんは、懐が深いというか、思慮深いし、自分を頼ってくれた相手のことや、国民のことを本当に大事にしている分、自分の都合がいいように事を運ばせるための演技や嘘も、ありなんですよね。純粋で真っ直ぐなだけのアリババくんとは違う。自分に惚れてる紅玉さんが動くことを見越してシンドリアに留まらせてあげたり、アリババくんが必死になることを考えて、自ら呪いを浴びたり。わざと呪いを浴びたことを見抜いたのは、ジャーファルさんだけでしたけど、その呪いも、取るに足りないものだってことは、ジャーファルさんも知らなかったんでしょうか。「必死にザガンに行ってくれたアリババくんに悪いから、最後まで使わずにおこうと思ったんだけどね」って。あっさりとイスナーンさんを消滅させてしまいました。ほんと圧倒的です。この人は。何もかもお見通し。
 正直なところ、もっともっとシンドバッドさんの他の魔装とか活躍とか、見てみたいんですけどね~。
 あと、シンドリア編で出てきた煌帝国の練白龍くん。ザガンのダンジョン攻略についてきて、ザガンを手に入れることができたんだけど、一人力が足りなくて、アラジンは魔法、アリババくんは王宮剣技とアモンの剣、モルさんは基本最強、っていう中で、足引っ張ってるのが分かって、ボロ泣きしてわーんわーんってなった辺りから、かわいくなりました(笑)。それまでは、取り澄まして真面目に、そして何かしら背負って生き急いでる感じだったんだけど、自分がやらなきゃって必死だったんですよね。頑張りすぎてたんだろうなって思います。シンドバッドさんは、そんな白龍くんのこと見抜いて、アリババくんたちについていくように言ったんでしょうね。ほんとかっこいいな、シン様。そして、泣いて喚いて、アリババくんと本心で泣きながら語り合って、打ち解けることができてから、一回り逞しくなった白龍くん。アリババくんをかばって左腕を斬り飛ばされ、それでも「何とかしたい」っていう気持ちでザガンを呼び出し、左腕を義手にしてもらいました。この子が強くなって、煌帝国を変えてくれたらいいのになぁ…。

 八犬伝―東方八犬異聞 後半
 荘介くんが好きなのは相変わらずですが、本当に何も起こらないまま、淡々とこじんまりとしたエピソードが綴ってあったって感じでした。一つ起きたとすれば、琥珀さんのお話くらいです。荘介くんの影(?)が、琥珀さんの綺麗な瞳を欲する代わりに、琥珀さんの病に侵された命を、1週間延ばしてくれた。でも、そのおかげで琥珀さんは、人でないものになってしまった。
 琥珀さんに関わったことで、信乃が首を撃たれて死にそうになったり、そのせいで村雨が暴走して、信乃が(?)里見さんの首から血を啜ったり、それで信乃が18歳の姿になったりと、いろいろあったんですが、それでどうなったかって、謎が増えただけでしたcoldsweats01しかも、18歳の姿になった信乃を見て、荘介くんが全然動揺しなかったり、荘介くんは琥珀さんのこともお見通しだったり、いろいろ不思議です。荘介くんには幼い頃の記憶が曖昧なところがあるって言ってて、荘介くんの影みたいな人は、その記憶を持ってて、だけど、荘介くんにもちゃんとその記憶があって…よく分かりませんが、不穏な空気がビシバシ漂ってることだけは分かりました。荘介くんが、あんまり過酷な運命に巻き込まれないといいなぁって思うんですけど、もう既に巻き込まれてるっていうか、過酷な運命そのものを作り出してる張本人のような気もするし、本当に謎だらけです。玉が導く出会い、とはいえ、玉ほとんど出てこないし。まぁ、夏に続編が見られるということなので、楽しみにしていたいと思います。
 この作品の魅力は、何と言っても作画の美しさだと思ってるので、2期も楽しみです。荘介くんがまだ見られるのなら、嬉しいhappy01heart04note

 さて、今回はここでひとまず終了です。次回何を書くか、いつになるか、ちょっと分かりませんが、何か書きたいと思うものがあれば、何か呟いてると思います。本当なら、皆様に感謝の気持ちを表したいところですが…今はそのお約束と決意ができるほど余裕のある状況にないので、どうなることやら…です…。生ぬる~く見守ってやっていただければ、本当にありがたいです…coldsweats01sign01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »