« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月26日 (日)

1月諸々感想ⅲ

 今日は友達と遊ぶ約束をしてるので、今年に入って真面目に目指している「簡潔」を更に心がけていきたい所存です(笑)。
 さて、そんな紫月ですが、現在右目がものもらいで大変なことになってますcoldsweats01。瞼の裏にできる奴じゃなくて、目の輪郭にはっきり突起してるので、瞼が腫れあがるのは避けられたんですけど、目立つことに変わりないcoldsweats01。しかも、目の端ならよかったものの、もろにど真ん中。
 だから今日は遊ぶんだって言ってんのに~~~~~~~~~~cryingsign01
 金曜日の昼ごろに痛みを感じて、その日の夜から、ものもらい用の目薬を差しからかしてました。昨日の夜がピークで、真っ白に膿んで腫れていたのが、朝起きたら、ちょっとだけマシになってました。瞬きするのも痛かったけど、あんまり痛くないconfident。ほっ。(←でも目立つ。)

 では、さっそく感想行ってみましょhappy01sign01

 相棒 Season12 第13話 「右京さんの友達」
 今回も面白かったですね~~~happy01
 いきなり、右京さんがキーボード打ちながら、語ってるところからスタートしたので、なんだなんだ?って思ったら、「孤独の研究」を書いてたんですね。そして、一貫して、今回はこの右京さんの小説による語りで進んでいくんですけど、最後の締めくくり方もよかったな~って思いました。
 今回は、毒島さんという名前からして「毒舌」な批評家にピッタリ、という感じだったんですけど、その生い立ちも右京さんは想像してあの小説書いたんでしょうか。そして、大体ビンゴな感じだったんですね(笑)。
 ネットの批評家なんて、そんなに影響力があるとは思ってなかったけど、マニアに信頼される批評家っていうのは、やっぱりそれなりの価値があるんでしょうか。
 右京さんのことを、紅茶マニアとして気に入った毒島さんでしたが、何か、いるよな~こういう人…知識は豊富、頭はいいけど、コミュニケーションができないタイプで、自尊心が高いから、そんな自分を表面的には卑下するけど、心の中では他人を蔑んでいる。だけど、そんな自分のことも、そんなに好きじゃない。若干中二病をこじらせてる感が、なくもない(笑)。コミュニケーションが上手にできないから、人とのかかわりにおいて、圧倒的に経験不足なんですよね。だから、不器用。
 今回、毒島さんがしたことって、一応殺人に当たるのかな?佐藤さん…だったかな、殺されてしまった女の人。これまた若干勘違いに近い形で、恋人だった小説家を死なせてしまったと思って、毒島さんに自分を殺して欲しいと頼み込んで、「ナイフを持っててくれるだけでいい」って、自分から刺さりに行ったんですよね。もう一回刺してるし、それが偽装工作でもあるから、罪は罪でしょうけど…。あ、あと、恋人だった作家さんが容疑者にされてるから、それはよくないですよね。けど、好きだった女性に任されたワンちゃんのお世話をやり遂げて、捕まる気で、自分が気に入った右京さんたちに、あの事件を調べ直して欲しいって言ったのだとすれば、まぁ…情状酌量の余地はありそうな気がするんですけど…。
 この毒島さんのことを、右京さんは自分とどんな関係なのか…と考えてましたが、カイトくんは「右京さんの友達です」と言いました。毒島さんが、名前で呼んでみろ、といったから。
 これまで相棒たちは、右京さん、杉下警部、杉下さんと、それぞれ呼び方違ったんですけど、これからカイトくんは「右京さん」って呼ぶのかなhappy01sign02って思いました。亀山くんと違って、右京さんとはだいぶ年が離れてるけど、懐いてるからそれもありかな~happy01note

 ダイヤのA 第16話 「試練」
 地獄の合宿の仕上げは、練習試合。
 こだわってた先発は、降谷くん。降谷くんは「誰にも打たれるつもりはない」っていうのが代名詞くらいの自信家なんですけど、監督には「打たれて来い」…ずっと投げてなくて、合宿の疲れが溜まってて、準優勝校の桐生相手にストレートしかない。打たれるってことは最初から分かってるんですね。そして、御幸くんも。ボコボコに打たれて、コントロールの重要さを身をもって知るのが、この練習試合というわけなんですね。
 だけど、バックを守っているのが1軍の先輩たち。身体も重いのに、スーパープレー続出です。青道のレギュラーは、本当にすごい人たちばかりですね。ゴロでも走りで見せたり、重い球を投げるピッチャーに対して「こっちが疲れてるし、相手にも疲れてもらわなきゃね」って、ファールで粘ってフォアボールを選んだり、フルスイングしながらも、失敗でもちゃんと進塁できるような方向へ流す。
 そして結城くんは気持ちよくフェンス直撃のタイムリー。相手監督も、結城くんだけは「まともに勝負したらアカン、こいつだけは別格や」と認めるほどでした。さすがキャプテン。やっぱり結城くんはかっこいですねhappy02heart04sign03プレーで引っぱるsign03sign03
 降谷くんは4回途中で100球を超える投球。つまり、徹底的にフォアボールを選ばれてしまって、散々打ち込まれて、既に11失点。もう1点もやらない、という決意とは裏腹に…。
 降谷くんに敢えて試練を課している御幸くんでしたが、降谷くんから「タイム」の声に、さすがに限界にきてしまったかと慌ててマウンドに向かったら、
「どうしたら点を取られませんか。アドバイスを」
 降谷くんの闘志を漲らせた目に、こいつはエースの器だと思わず大声で笑いだしてしまいました。
「早く」
(相変わらず態度はでかいけどsweat02

 降谷くんに、投手の仕事は三振を取るだけじゃないんだ、もっとバックを信じて、ミットを見て投げろとアドバイスした御幸くん。そして、その御幸くんの構えたところに、力一杯の球を投げたら、センターフライに打ち取れた上、伊佐敷先輩のレーザービームで、三塁のタッチアップもホームでアウト。本当に頼もしい先輩たちhappy02sign03
「ただのガラの悪い兄ちゃんじゃねぇsign03
 まぁそうだけど、栄純くんの素直すぎる感想(笑)。
なにせ、返球の掛け声が、「うぉおおおお死ねコラァsign03」でしたから(笑)。でも、中学でその能力ゆえに孤立していた降谷くんにとって、この頼もしい先輩たちのフォローと
「一人で野球やってんじゃねぇ」
という言葉は、どれだけ重くて温かかったことか。
 お前みたいな速球はピッチャーに必要なのは、ペース配分とコントロールだということが分かっただろう、とにやりと笑った御幸くんに言われて、ハッとした降谷くん。更に
「さぁてと。点でも取ってくるかな。誰かさんのために」
 かっこいいなぁ、御幸くんは。ピッチャーゴロだったけど(笑)。
「ランナーがいたら別人なんですがね、御幸は」
 クリス先輩の一言がまた地味に面白かった(笑)。
ランナーがいないとやる気と技術が直結しないなんて、完璧な天才キャッチャーかと思いきや、結構痛い欠点ですよねcoldsweats01sign02攻撃の起点になれないじゃんsweat01

 さて、今、夜の11時半ですが、やっと友達の家から帰ってきて一息、といったところです。黒バスとか弱ペダとかも感想書けるとよかったんですけど、ちょっともう時間が遅いし、明日は仕事なので、今回の記事はこの辺で失礼させて頂きたいと思います。ほら、まだ目も本調子じゃないですしcoldsweats01sign03スミマセンsign03ではではpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

1月諸々感想ⅱ

 土日二日って、あっという間に過ぎちゃうな、と、連休に慣れると思っちゃいますねcoldsweats01。何だかんだで暦って上手いこと出来てて、年末年始休業の後は、成人の日で三連休だったりするから、休み明けでつらかったところを上手く甘やかされるというか(笑)。そして、だんだん慣れるようになってるんだな、きっと。
 で、この土日はセンター試験だったんですよね。毎年センター試験って、不備があってニュースになったりしますけど、今年は大きなトラブルはなかったとか…。とりあえずはよかったですねぇ…。学生さんにとっては、一生を左右しかねない試験ですし。自分の時は、英語が難しくて、英語にかけてた同級生たちが泣いてたのを覚えてます。ちなみに紫月は、英語には全く期待していなかったので、「まぁこんなもんかhappy01sign01」といつも通りでした(笑)。紫月は国語と生物しか自信なかったですもんcoldsweats01。自己採点でしか自分の結果は解りませんが、国語はよかった覚えがあります…多分(笑)。

 さて、今日も頑張って簡潔目指して感想書いていきまぁすhappy01rocksign01

 相棒 Season12 第12話「崖っぷちの女」
 面白かったですhappy01sign03
 なんていうか、スピーディーなストーリー展開がとても痛快でした。だって、女性が一人、飛び降りるか否かっていう最中に、右京さんは事件を解決してしまったわけですよね。いやぁ~、右京さんの本領発揮って感じでした。
 今回は、カイトくんが右京さんのことを認めてるばかりじゃなくて、ほんと右京さんを見習ってるっていうか、かなり感化されてるなぁって思いました。初っ端の、所轄の刑事にあっさり疑問をスルーされた時の
「はいぃ?」
っていうところからして、ほんと右京さんみたい(笑)。っておかしかったです。

 中井さんは、自分の容疑を晴らして欲しかったんだろうけど、そもそも殺された前田さんに近づいたのは、前田さんがくすねてるお金をぶんどるためだったんだから、死ぬ気はなかったわけですよね。そもそも、カイトくんが気付くように、靴を屋上から落としたのも、中井さんの策略だったわけで…すごい人ですね。なんていうか、カイトくんに目を付けたところもすごいし、カイトくんに自殺する気がないって悟られない演技力も大したものです。大金を手に入れるためとはいえ、クッションが敷かれているのを確認したからって、簡単に落ちられるものではないでしょうし、本当に命がけで芝居打ってるんですよね。全ては、中流家庭の女の子の才能を、海外留学させて開花させるためだけに。で、好きでもない、むしろ軽蔑すらしていそうな前田さんに近づくために、薬が趣味だと部屋を提供したり、周りに愛人だと思われても構わないと思っていたり…。覚悟もすごいですね。
 で、中井さんが飛び降りようとしているところに居合わせた伊丹さんと芹沢さんが、すっかり右京さんに使われてるのがおかしくて(笑)。なんだかんだ言いながら、今回もこの二人、右京さんの役に立っちゃうんですよね。
 中井さんを刺激しないようにと、カイトくんは右京さんに打診し、右京さんは捜査を進めながら、一人でカバーしきれないことを上手いこと伊丹さんたちに任せてましたが、何しろ面白かったのは、中井さんがどうしても聞きたかった、目をかけてる女の子の演奏を聞かせてあげるために、何故か這いずって舞台のすぐ下に携帯を置いてきた伊丹さん(笑)。何ゆえ匍匐前進(笑)。確かにステージからは見えないだろうけど、絶対客席からは丸見えだろう、と思っておかしかったです。
 今回は、芹沢さんも伊丹さんとは別行動で、前田さんの指紋を調べてくれたり、家から薬物の反応をかぎ取ったり、角田課長を巻きこんだりと、大活躍でございました。それら全てそろって初めて右京さんの推理が成立したわけで、ほんと役割分担の見事さたるや、という感じでした。
 一番どうしようもなかったのは、今回中園参事官(笑)。内村部長に責任をなすりつけられ、現場の刑事たちに、やじ馬が集まってきて、もう作戦決行するしかないと言われて、完全に流されてスタートの合図しちゃったけど、結局中井さんに「こないで!」と叫ばれ、カイトくんに頼むから下がってくれと必死に訴えられて、作戦は全く意味のないものに…(笑)。ほんと、残念でした。
 それにしても、音楽ってお金かかるといいますけど、お金のある人しか才能を開花させられないというのは、何だか…ちょっと寂しい話ですね。以前も音楽にまつわるお話がありましたけど、やっぱり動機は、音楽をさせたいがために、お金が欲しかったっていう理由でしたから…。

 ダイヤのA 第15話 「プレーで引っぱれ!」
 メインは合宿の地獄のようなメニューかな、と思いますが、その中でもやっぱり今回の一番の見どころは、サブタイトルにもあるように、結城キャプテンの精神的な強さだったと思います。結城くん、超カッコイイhappy02heart04sign03
 相変わらず、投手二人を気にかけてくれるクリス先輩がとっても素敵でしたけど、今回は前髪おろしてるクリス先輩も多く見られて、紫月的にとってもお得感が…lovelynote(←私情甚だしい。)
 そして、合宿ならでは、あんなにきつい練習メニューをこなしながら、夜は普段できないことをやりたがる選手たちがかわいい(笑)。とはいえ、やっぱ一番かわいかったのは、結城くんだったり。だって、あんなに頼もしいキャプテンが、将棋超弱いくせに、やりたがって御幸くんの部屋に来るとか(笑)。で、体よく押しかけてくる先輩たちを押しつけられた栄純くんと降谷くんでしたが、ちょっと打てる程度の栄純くんの一手に
「できる!」
とか、ほんとかわいかったです、結城くん(笑)。
 そして、過酷な合宿メニューで、春市くんはバテバテ…。亮介くんは、春市くんのこと認めてると思うのに、結構冷たい言い方しますよね。「春市、そこ邪魔」とか「怪我しちゃうってよ」とか…。敢えて突き放してるんでしょうか。春市くんは、お兄ちゃんのこと、相当慕ってるみたいなんですけど。
 で、そのお兄ちゃんも含めて、監督の殺人ノックを受けることに。4時頃に始めて、暗くなるまでずっと。やってる監督もすごいけど、それで完全に肉体的には限界を超えているのに、レギュラー陣の選手たちは、立ち上がりました。でも、立ちあがらせたのは、結城くんの姿。キャプテンに指名され、プレーで引っぱれと言われた言葉が脳裏をよぎった結城くんが、よろめく足を踏みしめて立ち上がり、まるでつられるようにみんな立ち上がりました。その精神力がかっこいいですhappy02sign01亮介くんも、その一人。春市くんとの差は、この地獄の練習に耐えてきたという経験、そして自身と自負。そういうものなのかな、と。
 あと面白かったといえば、栄純くんが御幸くんの襟首を掴み上げながら
「クリス先輩を見習え~~~sign03
って喚いてて、御幸くんが
「俺、先輩…」
って言ってる辺りでした(笑)。ほんと、栄純くんはクリス先輩に懐きましたねhappy01sign03すごく尊敬してるのが伝わってきました。何故か御幸くんのことは尊敬してるはずなのに、栄純くんため口ですよね~。御幸くんの性格の悪さというか、お調子者なところを、最初に見ちゃったせいでしょうかcoldsweats01

 黒子のバスケ 第39話 「ムダな努力だ」
 残酷な一言がサブタイトル。
 今のところ、青峰くん無双は止まらず、それに太刀打ちする術がない、といった感じ。そもそも、桐皇学園はインターハイ準優勝なんだから、それに勝とうと思ったら、インターハイで優勝する力がないといけないわけで…それってつまり、日本一の高校生のチームでないといけないってことですよね。まぁ、洛山に勝てるかどうかはまた別として。
 黒子っちは、青峰くんの手を弾き飛ばすほどのイグナイトパス・廻を披露したけど、みんなに連発は危険だと言われてたのに、青峰くんに見せてしまうんですよね。きっと、青峰くんに勝ちたいという思いが強すぎて。そして、一度は通ったパス、真正面から止められてしまいました。青峰くんみたいに才能の塊じゃない黒子っちが、苦労して考えて練習して練習して、やっと編み出したものを、いとも簡単に止めた青峰くんの一言がサブタイトル。黒子っちがうな垂れて、悔しさに涙するのは、これが初めてです。基本、淡々とした子ですから…。
 それ以外では、火神くんと青峰くんの駆け引きで、ちらっと火神くんの成長が見られたり、日向くんの調子が絶好調で、それゆえに桜井くんもどんどん調子を上げていくというジレンマがあったり。桜井くんは負けず嫌いすぎて、相手に絶対に負けるもんかってなることで、調子上げちゃうっていう特異体質(笑)。日向くんにはあやまりきのこってあだ名付けられてるけど、大したシューターです。
 さて、でもここから誠凛が頑張ってくれる…はずだよね…確かcoldsweats01。結果だけは覚えてるのに、その過程を今一つ思い出せない残念な紫月は、現在推理小説の最後の犯人だけ見ちゃったような感じになってます(笑)。それ、最悪じゃん?

 弱虫ペダル 第14話 「朝霧の再会」
 え、えぇえ。
 なんか、坂道くんと真波くんが、フィーリングを共感しすぎて、まるで花園をふわふわうふふしながら走ってるみたいに、坂道走ってますけど(笑)。二人とも変わってるけど、真波くんはまた一段と変わってるからなぁ…。
 坂道くんは、重くて曲がったホイールばかりじゃなくて、シューズまでハンデを持ってたんですね。自転車には自転車用のシューズがあったんですねぇ。普通に紫月は何も知らなかったですけど、他の先輩たちは知っててそれでも、坂道くんには普通のスニーカーでやらせてたんでしょうか。じゃあ、これで元のホイールに戻して、シューズもちゃんとした自転車用にしたら、坂道くんは一体どれくらいの実力が発揮できるのか、とても楽しみですねwinksign01
 あと、ショートムービーは、今回金城さんでしたが、金城さんがかわいく見えました(笑)。
 最後に、坂道くんのことを話してる真波くんと、巻島くんのことを話してると思ってる東堂さんが、微妙に噛み合ってるようで噛み合ってなくて笑えました(笑)。

 さて、新しいシーズンなので、新しい番組もチェックしてます。銀の匙2期鬼灯の冷徹が楽しみです(笑)。鬼灯の冷徹は、全力でおかしな方向に頑張ってる感じが、すごく面白いです(笑)。OPとかEDだけでもおかしいです。鬼灯さんがハイスペックすぎて、閻魔大王よりはるかに上っていうか…それでいて、なんか庶民的だし、話そのものも完全にギャグで、ギャグの時の銀魂の雰囲気を感じました(笑)。もちろん、もうちょっと上品ですけど(笑)。
 あと、新番組じゃないけど、とりあえず消すとは決めているけど見続けている東京レイヴンズ、今回は面白かったsign01大友先生、めっちゃかっこよかったsign03あと、冬児くんと小暮さんが好きです。冬児くんが半分生成になると、どうみても政宗様だと思うのは、紫月だけでしょうか。

 さ、お休みも終わりです。明日は当番で早く行かなきゃなので、そろそろアップして寝なきゃですcoldsweats01。ではまたsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

1月諸々感想ⅰ

 今年の諸々感想のタイトルは、昨年の小文字Ver.にしてみました。
 思えば、諸々感想もこれで何年目?既に4パターン目…くらい?
 今回の三連休は、珍しくそれなりに充実してました。
 土曜日は友人とテニミュ観戦に行き、日曜日は新車を買うために、業者さんといろいろとお話をし、月曜日は両親の誕生日プレゼントを買いに出かけて、プレゼントプラス自分の服をたんと買い込んできました(笑)。普段ひきこもりんな紫月は、こうして出かけた時に、思い切っていろいろと買い込みます。かわいい服が見つかったので、ご機嫌ですhappy01note次に友達と遊ぶ時に着ていこぅっとhappy01notes
 そして、この三連休で両親がいなかったので、いろいろと不摂生してました(笑)。金曜日に、上司の方が若手の同僚を集めて、鍋パーティーをしてくれたのはいいんですけど、仕事が終わるのが遅かったので、鍋パーティーが終わったのも遅くて、結局家に帰って来たのは10時過ぎ。眠いし、お腹も一杯で、苦しくて、そのままソファでバタン。翌日朝早くから両親がいなくなってたんですけど、お腹もすいてないし、シャワー浴びてそのまま外出。友達とお昼を食べ、公演を見て、お茶して、やっぱり眠くてたまらなくて、帰ってそのまま撃沈。日曜日は、うとうとを繰り返しながら9時頃起きて、やっぱりシャワー浴びて、それから車の見積もりやらなんやら…。朝ごはん抜きだったので、ちょっとお腹すいて、焼きうどんとか食べ、午後はビデオ見たり、やっぱり車の見積もりしたり…。夕ご飯に、海藻たっぷりスープ。今日は、朝起きて、あ、もうすぐお父さんの誕生日じゃね?やっべ、次の土曜じゃね?プレゼント買うなら今日しかないじゃん?ってなって、結局また朝ご飯を食べずに買い物へ…。帰って来たのがお昼とっくに過ぎている時間だったので、買ってきたお菓子を食べる。夕ご飯は、もち菜のスープ…。栄養とかいろいろ、最低な食生活を送ってしまった…と、ちょっと反省しています。夕ご飯がスープばっかりなのは、紫月がめんどくさがりだからです(笑)。一応、野菜全然摂ってないなーと思って、海藻とかもち菜とか入れてます。洗い物もあまり出なくて、一番手っ取り早いhappy02goodsign01即席ラーメンとかでもあれば作ったかもしれませんが、残念ながらなかったんですよね。もらった伊勢うどんが一袋だけ残ってたから、焼きうどんにしてましたけど。(←ちゃんと伊勢うどんとして食べればいいのに。)

 さて、どうでもいいことをつらつらと書いていますが、感想はやっぱり簡潔目指して頑張りたいと思います(笑)。

 相棒 Season12 第11話 「デイドリーム」
 なんか、西牟田さん、そう悪いことしてませんよねぇ…?せいぜい、不倫して、脅されて勘違いして、教授にはなれないと思って自殺しようと思って、でも腹が立つからただ死ぬんじゃなくて、自分をここまで追いつめた柄本さんに復讐する死に方をしようと思った。だから、暴力団に自分を殺して欲しいって頼んだんだけど、柄本さんは既に自分の巻いた種で殺されてて、不倫まで成就してて、え、なに、死ななくてもいいんじゃない?ってことになって、自分を殺してっていうのを撤回しようと思ったのに、連絡が取れなくて、それで仕方ないので、陣川さんに守ってもらおうとした…。そんなところですよね。この人がやらかしたことといえば、殺人教唆、だけど、この場合自分。あと、保険金詐欺。しかも、未遂。ていうか、大体未遂で終わってるので、そんなに何かやったってほどのことしてない気がします。
 右京さんが言うように、臨床心理士としては、いろいろと残念なところがあった西牟田さんでしたけど、なんて言うか、いろいろと早とちりだったな~って…。
 で、今回のマドンナ西牟田さんに、陣川さんはやっぱり惚れていたようですが、陣川さんに守って欲しいとお願いした理由は、夢。陣川さんが、トラに襲われる夢を見たっていうので、正義感にあふれた人だろうと思って持ちかけた。ってことで、始まってすらいなかったんだ~~~って陣川さん嘆いてましたけど…正義感溢れる人だから守ってもらおうと思った、って、印象悪くないんじゃないかなcoldsweats01。ま、利用されるだけ利用されてて、相手には不倫が成就した教授がいたんですけどね(笑)。
「真面目で優しくて、なかなかいいんですけどねぇ…」
「俺も好きな先輩です」
 特命係は二人とも、心が広いですねぇ(笑)。けど、右京さんの「ですけど」の後には、いろいろと残念だなっていうところが入るんでしょうねcoldsweats01

 ダイヤのA  第14話 「合宿スタート!」
 不覚にも、また泣いてしまったweepsweat01
 クリス先輩が一軍に選ばれず、自分が選ばれたことが納得できなくて、悔しくて、引きずってる栄純くん。クリス先輩本人は、わりとすっきりとしてるし、丹波くんと話してても、吹っ切れてる感じで、むしろ丹波くんの方が、「お前とバッテリーを組みたかったんだよ」って未練を残してるくらいでした。つまり、それくらいクリス先輩は周りから慕われてたんですよね。
 で、引きずる栄純くんは、先輩に言われた「俺たちが彼らの分まで強くなるしかない」という言葉に突き動かされるように、ひたすら走ろうとする。
「切りかえて見せるさ。この俺がなsmileshine
って御幸くんはかっこよく言ってたけど、結局栄純くんの危うさを理解して、無茶を止めてくれたのは、クリス先輩だったんですよね。ちゃんとコントロールしてやらないと、潰れるまでやりかねない、と。
「そうっすね。手加減知らずのバカですからね」
「ああ。留まるところを知らないバカだからな」
 とりあえず、栄純くんがバカなのは間違いないらしい(笑)。
御幸くんも栄純くんのことよくわかってるけど、クリス先輩もよく分かってる。
 大雨なのにランニングしようと、早朝から外へ出た栄純くん。それを見透かしていたクリス先輩は、御幸くんに栄純くんを連れてこさせました。ここには降谷くんもいたんですけど、ここで初めてクリス先輩の顔が映って、
「おぉっ、髪の毛おろしてる~~~happy02heart04sign03
という、無駄な紫月の歓喜を誘ってくれました(笑)。
朝早いとこうなんですねhappy01noteいつも髪の毛をきっちりしてる人がおろしてるっていうだけで、ほら、ギャップみたいのあるじゃないですかwinknotes個人的には、進撃のエルヴィン団長もその類だと思ってます(笑)。クリス先輩は、絶対髪の毛おろしてる方が素敵だと思うんですよねっhappy02heart04sign01(←知らんがな。)
 さて、無駄な感想は置いといて、この辺りは小ギャグが効いてて面白いところでもあったんですけど。栄純くんがバカだから、御幸くんに呼ばれて「さては先輩を差し置いて一軍になったことで、先輩からヤキを入れられるのか?」と勘違い。→御幸くん、わざとそれを訂正しない(笑)。→クリス先輩がいるのに気付いて、力一杯朝の挨拶。→「俺の時とえらい違いだな」苦笑の御幸くん。→「クリス先輩から直々にヤキを入れられようとは…」あ、勘違いしたままだ、こいつ。「何言ってんだお前…gawk
sweat02。」クリス先輩、マジ呆れてる(笑)。この流れが、超楽しかった(笑)。でも、この後が泣けるんですよっbearingsweat01sign03
 栄純くんと降谷くんに、ピッチャーが野球を知っていなきゃいけないということを、ぼそぼそと説明してくれるクリス先輩。そして、無茶をしようとした栄純くんに
「お前…俺のようになりたいのか」
 厳しい視線に射抜かれて、思わず口ごもってしまったところへ、更に
「一軍メンバーとして責任感を持つのは悪いことじゃない。だが、全てを一人でしょい込むことはないんだ。だから今日は軽めの練習にしとけ。分かったな」
 微笑みを浮かべて、優しい目で。
栄純くんが、クリス先輩が自分が枠を埋めてしまったことで一軍に上がれなかったんじゃないかと感じて、その努力してきた分とかそういうの全部しょい込んでしまっているのを、分かってくれていたんですよね。その一言で、きっと栄純くんは、その重荷で自分を責めていた、自分自身から、解放されたのだと思います。紫月は、栄純くんがそれを感じてるのをひしひしと感じていたので、その一言で栄純くんが許されたみたいに感じたんじゃないかって思って、ほんと泣けてきました。自分のこと責めてつらかっただろうなと。でも、自分が背負わなきゃって思ってたクリス先輩自身が、そうやって言ってくれたことで、初めてその柵から抜けられるわけで…クリス先輩、そこまで栄純くんのこと理解してくれてたのかな、とか思ったら、更に泣ける。
 ぼろぼろ涙を零し始めた栄純くんに、思わず前髪をかき上げながら
「全く…世話が焼ける」
 アカン…かっこいい…クリス先輩めっちゃかっこいい…cryingsign03
 見事に栄純くんの気持ちを立て直したクリス先輩を見て、御幸くんは、やっぱりこの人と一回は正捕手争いしてみたかったな…って思うわけですが、御幸くんは御幸くんで、降谷くんを救ってくれてる気がします。御幸くんも、いいキャッチャーだなって思います。
 大きく振りかぶってといい、ダイヤのAといい、本格的な野球漫画を知ると、キャッチャーがかっこよく見えてくるですよ。クリス先輩も御幸くんも、キャッチャーだもんなぁ。あ、でも、キャプテンの結城くんもかっこいいです。
 さて、地獄の合宿がスタートしたみたいですけど、次回はこのキャプテンの勇姿が見られたりするかな?やっぱり楽しみ~~~happy02sign01

 黒子のバスケ 第38話 「今度はもう絶対に」
 遂にウィンターカップ始まりましたね。
 そして、満を持して、赤司くんが本格的に登場。
 おぉおおsign02あの危険な名台詞が変更されているcoldsweats01sign02
 僕の邪魔をする者は、親でも殺す。
 これが赤司くんの中二…ゴホン、失礼しました、何て言うか、恐ろしいくらいの確固たる信念ですよね。よくこれで「オヤコロ」とか省略されて、ネタに使われてたくらい、ある意味有名なセリフだったと思うんですけど、「親でも許さない」に変わってましたね。ん、まぁ、あんまり真似されても困るセリフですもんね。リボーンでも、雲雀さんの「咬み殺す」は、そのまま使われてたけど、それ以外のセリフは考慮されてましたし。
 でも、火神くんに向かって、いきなり本気でハサミを突き出すのはいいんだcoldsweats01?オヤコロ以上に危険な行為だと思うんですがね?マジこれやったら、怪我ですまないッスよ?火神くんは避けられたし、たぶん赤司くんも避けられると思ってやってるとは思うんだけど…(その割に「よくよけたね」とか言ってるけど。)まぁ…オヤコロを変えた以上、これ以上変えたら、赤司くん信者が黙ってないかもしれませんってとこでしょうか…。個人的には、どっちもアウトだと思ってます(笑)。ただ、原作信者なので、どうせやるなら原作通りにやって欲しいなって思うタイプです。
 赤司くんといえば、目の色が若干違うんですけど、1期の時は、OPやEDでちょっと流れる程度で、その時は赤と黄色の目でしたよね。でも、原作に合わせてきました。赤と、少し薄い赤。目の色が違うのは、それなりに理由があるみたいだから、大事なところだけど、オッドアイというほどの物では…ないのかな?
 今回は、何と言ってもここが一番の見せ場だったと思うので、ここに絞りたいと思います。桐皇V.S.誠凛が始まりましたが…そうか、黒子っち、ここで新たなイグナイトパスお披露目ですねhappy01sign03
 うん、全部書こうと思うと結局長くなるんで、簡潔目指すにはこうやって場面を絞るといいんだな。

 弱虫ペダル 第13話 「今泉と鳴子の1000㎞」
 今回はあんまり坂道くんの出番はなかったけど、相変わらず今泉くんや鳴子くんと走ると力が湧いてくるってことで、チーム戦に何て向いてるんだ、この子は。
 個人的には、今泉くんと鳴子くんが意地張って休憩もせずに走り続けてたところが一番印象的でしたが…。今泉くんが、手に力入らなくてドリンク落としたり、自転車から降りてふらついたりしてるの見て、ハラハラしてたし、それを拾ってあげる鳴子くんは優しいなぁと思ったのに、そんな鳴子くんを突き放す今泉くんに、更にハラハラ、その言葉に乗ってドリンクをまた捨てちゃう鳴子くんにハラハラ…。だけど、この二人は、こうやって意地張ってライバルとして競い合うことで、更に力が出せるんだなあって思いました。弱ってると思った今泉くんも鳴子くんも、このやり取りで復活しちゃいましたもんね。
 あと、ずっと前から不気味だと思ってた御堂筋くんが、人間的にいろいろと問題ありだと思いました。速いのは間違いなさそうで、この子が今泉くんに中学時代に勝った子なんだろうと思うんですけど…嫌だわ、怖いこの子…gawksweat02

 今回は、ぎりぎり月曜日更新を目指して、何とか月曜日が終わる1分前に更新完了(笑)。その代わり、めっちゃ簡潔ですね。でも、これくらいを目指していこうと思います(笑)。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

相棒Season12元日SP感想etc.

 あけましてから、もう1週間近く経ってるとか、早すぎっすよcoldsweats01sign03
 今年は年末年始のお休みが結構長かったんですよね。個人的には27日からお休みだったので、3日かけて大掃除、2日かけて年賀イラスト、年が明けてから、お正月は親戚が集まったり、親戚が来たり、毎度のおチビちゃんたちが来たりで、昨日まではばったばたでした。1歳半のおチビちゃんが大きくなって、お姉ちゃんの6歳ちゃんが妹を可愛がって遊ぶので、あんまり大人が遊んであげなくてもよくなったので、楽と言えば楽でした。1歳半のおチビちゃんがあんまりにもお姉ちゃんっ子で、お姉ちゃんの真似っこするし、しゃべれはしないんだけど、こっちの言ってることはそれなりに理解して動くのが、まあかわいいったらlovelysign03
 お姉ちゃんがWiiでカラオケしながら
「おいでsign01こっちでおどってhappy01sign03
というと、てとてとと歩いて行って、嬉しそうにドヤ顔しながら、とてとてくるくると回ってたりします(笑)。ぎゃんかわhappy02heart04sign03

 さて、今回はいつも書いてる感想の中で、新しくやったのが相棒くらいなので、相棒の感想をさっくりと書いておきたいと思います(笑)。

 相棒Season12 第10話「ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」

 面白かったですねぇ。去年の元日SPより、カイトくんの出番がバリバリに増えてました。
 今までにも思ったことあったけど、今回の話では、カイトくんがどんな人なのかっていうのが、ある意味クローズアップされたような感じがしました。亀山くんの熱さをもちながらも、若くて勢いがあって、それでいて神戸くんのような駆け引きができる賢さをもち合わせてる。カイトくんは、今までの相棒のいいとこ取りなんですよね。
 話自体は、一昨年の元日SPの「ピエロ」に近い感じがしました。右京さんの知らぬところで、相棒が事件に巻き込まれて、巻き込まれてる側での活躍と、右京さんの活躍と、そして二人の連携プレーが見どころ、といったところが。「ピエロ」では、右京さんが動くときに、伊丹さんが一緒っていう楽しさもあったんですけど、今回は何と、真犯人とずっと一緒に動いてたんですよねぇ。右京さんは、かなり早いうちから正木さんが犯人だと思ってたんですね。
 うちの父が見ながら一言。
「犯人はこの中村橋之助やぞ。相棒やったら、それくらいのどんでん返しがある」
 推理も何もあったもんじゃねぇcoldsweats01。けど、当たった(笑)。右京さんが、この人疑うくらいの早さで当たったよ、この人。
 今回、右京さんが、カイトくんは犯人にそうさせられているってかなり早くに訴えていたのに、公安組がひたすら内村部長の狙撃犯や、テログループの一員に仕立て上げてくるので、どう考えても公安はおかしいなって思ってたんですけど、その公安組の中で一人、右京さんの推理をかっていたのが正木さんだったので、正木さんは味方なのかなぁとか思ってたんですけどね…甘かった(笑)。むしろ、個人的には、桂木さんの幼馴染さんとか、公安の2番手っぽい人が、やたら出張ってくるから、その辺かなって思ってたんですけど。
 カイトくんとしては、ボマーに操られるわ、公安に狙われるわで、ほんと踏んだり蹴ったりでしたけど、それでも一生懸命悠馬くんを守って、知恵も巡らせて、右京さんにもこっそりメッセージを残してと、大活躍でした。
「大丈夫。俺たちには最強の味方がついてる」
 この一言は、なかなか嬉しかったですね
happy01sign03
 カイトくんは、右京さんのことをものすごくものすごく信頼して信用して、信じているんだなってことがよく分かる一言だったので。これまでの相棒の中で、ここまで早く右京さんのことを真っ直ぐに信じたのは、カイトくんが初めてかも、と思いました。
 今回の事件は、山王さんの殺害、桂木さんの冤罪、そして、桂木さんの殺害未遂が、この大騒動の大元なんですが、三つのことをやらかしてるのが公安なんだから、一般人にしてみれば警察に任せておけないんですよね。ボマーが桂木さんのお父さんだっていうのも納得だし、あれは爆弾でも何でもなくて、何としても犯人を捜し出させるための脅しで、悠馬くんを守らせるために、わざわざ次長の息子の警察官であるカイトくんを一緒に行動させたというあたり、桂木父の綿密な計画と実行力がハンパなかったですね。なかなかそううまくはいかないでしょうに。
 公安が3つの罪を犯した挙句、カイトくんたちに罪をなすりつけようとしたわけですが、そもそもの理由は国家的な予算の関係、だったんでしょうかね。自殺してしまった長峰さんは、最初なんだったのかさっぱり分からないまま忘れそうになってたんですけど、これも大きな鍵だったんですねぇ。国家的な組織にアンケートの改竄を迫られ、改竄したことで母子家庭への援助が減額され、それが原因で亡くなってしまった母子がいるとニュースになった…。そもそも、アンケートなんてただの裏付けのためのもので、最初から減額は決定されていて、その代わりに天下り先になる母子家庭の職業訓練センターなるものがつくられることになってたんだから、アンケート、やろうがやるまいが結果は変わらなかったのだろうし、長峰さんが罪を感じなきゃならないようなやり方を強制する大元が、一体どうなのよっていう話なんですよね。大体こういう大きな事件の黒幕は、社会の権力者の闇。で、それをすっぱ抜こうとしていた桂木さんが狙われる羽目になり、山王さんに至っては、たまたまデータを盗みに桂木さんの家に忍び込んでいた公安の人と顔見知りだったから殺されちゃったっていう…公安はやりすぎですよcoldsweats01。劇場版Ⅱでもそんな感じだったかな。自分たちの利益が国家的なものに関わっているからという理由で、人の命を簡単に犠牲にしちゃうっていう。
 右京さんは、どんな大きな黒幕にでも、絶対に折れようとはしないので、こういう時は心強いです。
 右京さんとカイトくんと、そして捜査一課の伊丹さん、芹沢さんたちで仕掛けた、公安には内緒の偽作戦の裏の本当の作戦。これが超楽しかったhappy02sign03伊丹サンタがチラシを配った時に、「これかぁhappy02sign03」って、思わず笑っちゃいました。車を奪うんじゃなくて、大木さんの銃を奪い、立てこもった上で弁当を要求するのが、真の作戦。
 公安の一人が、弁当を差し入れるのに必ず名乗り出るだろうと。それが、必ずカイトくんたちを殺しにかかるだろうと。いや~~~、この読み合いがすごく楽しかったです。そして、片や右京さんは、正木さんを桂木父のアジトへ連れて行って、爆破スイッチを押したところを取り押さえる、と。カイトくんたちを伊丹さんたちに託してるのも、すごく楽しかったんですよ。カイトくんと、それから伊丹さんたちのこと、信頼してるんだなぁと思えて。何気に、中園参事官も右京さんの作戦に参加しちゃってますよね(笑)。公安を騙すために、一芝居売ってるもの。桂木父のアジトが分かった、とか言っちゃって(笑)。とっくに逮捕してるのに(笑)。今回、内村部長が撃たれていなかったから、右京さんの邪魔する人がいなくて、右京さん、結構仕切りたい放題でしたね(笑)。
「こんだけできるのに、何で部長は右京さんを邪魔扱いすんの?」
「そりゃあ…ほじくり返して欲しくない警察内部の事件でも、右京さんは遠慮せずにやっちゃうからじゃん?」
 よくある我が家の会話でした(笑)。
 正木さんが爆弾の爆破スイッチを入れる時の、にんまりした顔が素晴らしかったですが、敢え無く右京さんにしてやられて、いや~~~痛快でした。ほんと、面白かったhappy02sign03

 さて、年が明けてから、黒バスはやったんですけど、黄瀬くん視点の「Tip off」でした。つーか、やるならやるって言ってよ~~~。これのためにDVD買ったっちゅー話ですよcoldsweats01。(←完全に踊らされている。)これについては、ちらっと感想書いたことがあるので、無しの方向で。
 あと、嬉しかったのは
蟲師の特別編がやってたこと。蟲師は、まだ我が家のビデオがVHSだった頃にやってて、すごく惹かれて、友達に誕生日プレゼントとして原作の漫画を欲しいとねだったほど好きな作品で、一時期ブームになったと思うんですよ。確か、実写映画にもなって、オダギリジョーがギンコさんやってた気がする。でも、原作自体が10巻で終わってしまっているのと、まだやってない話があるけど、アニメも終わってしまってて、これだけ間が空いて、もうやってくれるとは全く思ってなかったので…特別編は、自分の持ってる原作の中にはないお話だったんですが、その最後に続章が4月から始まるって予告があって、思わず
「マジかcoldsweats02happy02sign03
と、一人で大喜びしてました(笑)。嬉しいhappy02sign03紫月はギンコさんが大好きですhappy02sign03懐かしいな。また単行本を読み返したくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年 あけましておめでとうございます

 みなさま、あけましておめでとうございますm(_ _)msign03

2014color_2

 今回は間に合わないかもしれないって、散々ここで予防線張ってたわけですが…なんとかかんとかセーフ、ということでhappy01sign03毎度のことですが、苦労だけは超してるので、二次使用、転載などはご遠慮願います。
 去年までは、リボーンでずっとイラストを描いていたんですが、以前の記事でも呟いたように、去年の年賀イラストに、全ての力を注ぎこんだというのが本音で、あれ以上の物が描けるとは、自分でどうしても思えなかったのがひとつ、そして、リボーンだとキャラに愛着がありすぎて、みんな描きたくてつめつめして、めっちゃ大変っていうのが恒例だったので、いっそ新しいものにチャレンジしてみたいと思ったのが一つです。

 需要があるかどうかはもうこの際気にしないことにしましたcoldsweats01sign03

 ということで、ずっと描いてみたかった進撃の巨人、立体機動装置で飛び回る調査兵団(といっても3人だけcoldsweats01sign01本当は、団長もアルミンもハンジさんも描きたかったんですが、これに関しては完全に時間切れです。本当は調査兵団だから馬も描けるぜって思ってたけど、いろいろ無理だった(笑)。でも、とにかく立体起動してる兵長が描きたかったから満足です。(きっぱり。)エレンとミカサは、まあほら、主人公とそのお隣にいつもいる子だから…。エレンに見えないのは…風切って飛んでる時点で、髪型が元の形を留めてないので、もうゴメンナサイです(笑)。紫月の画力はこんなもん。

 以下はいつも通り、いろんな言い訳三昧です~。ので、スルー推奨ですwinkgoodsign01

 立体起動するには、建物なり森なり、何かしら高いものがないと成立しないので、完全にお空を飛んでる感じになってるのはちょっとおかしいかもですが、かっこよくてシリアスな進撃なんだけど、お正月なんだから、ちょっとポップな感じにしようかなって…。で、シリアスな部分やかっこいい部分もどうしても描きたかったので、一部分煉瓦の壁で、セピア色にしてみました。正直な話、ここで一番苦労してますcoldsweats01
 何しろ、アナログな紫月、相変わらず下絵を画用紙に描いて、ペン書きして、それをスキャナで取り込んで、ペイントでコツコツ、マウスを使って色塗ってるわけで、下絵は3人の絵と切り裂いたギザギザしか描いてません。で、ペイントはレイヤーってのがないので、その1枚絵をなんとかかんとか加工するしかないんですよね。素材も使い方知らないし(笑)。煉瓦は、ペイント機能で、何とかそれらしいのを作って積み上げてるんですけど、キャラクターの背景にするっていうのがものすごい労力なんですよね…。
 あ、もういっちょ苦労したのが、肝心の立体機動装置(笑)。もうね、これは分からない(笑)。うちにはガイドブックもあるし、アニメも全部ハードに残ってるから、それを見ながらやってたんですけど、複雑すぎて何ともかんとも…gawksweat02。とてもじゃないけど、どうせスキャナで取り込んだら潰れるようなところまで細かく描いても、色塗りができないので、それなりになってます。基本仕様はアニメかもしれませんが、アニメはすっごく細かかったんですよね…。色はどっちかというと原作寄りです。
 団長…本当に描きたかったんですけど、エルヴィン団長ってあんまり立体起動してる姿がイメージできなくって。よく考えれば、いつも全体の動向を見て指示だしてますからね。12巻で飛んで重要な仕事もしてたけど…。

 あっ、全然関係ないけど、紅白歌合戦、Linked Horizonかっこよかったですねhappy01sign01ドイツ語入ってたし、後ろの合唱団?調査兵団の隊服だったし(腰布はなかったけど。)、「心臓を捧げよ!」の最後の敬礼、超決まってたhappy02sign03審査員のAさん、よくある手の向きの間違いが微笑ましかったです(笑)。やりたかったんだろうなって。何より、あの保守的なNHKが「進撃の巨人」って、他局のアニメだったのに、それをおおっぴらに出してきたことが驚きでした。映像めっちゃ出てた(笑)。OPがかっこいいわけで、やっぱりOPは使って欲しかったんで、ほんと満足でした~lovelysign01

 さて、新年早々ろくな記事を書いてないですが、今年もよろしくしていただければありがたいですhappy01sign03みなさまにとって、素敵な1年になりますようにhappy01notesign01
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »