« 2014年 あけましておめでとうございます | トップページ | 1月諸々感想ⅰ »

2014年1月 7日 (火)

相棒Season12元日SP感想etc.

 あけましてから、もう1週間近く経ってるとか、早すぎっすよcoldsweats01sign03
 今年は年末年始のお休みが結構長かったんですよね。個人的には27日からお休みだったので、3日かけて大掃除、2日かけて年賀イラスト、年が明けてから、お正月は親戚が集まったり、親戚が来たり、毎度のおチビちゃんたちが来たりで、昨日まではばったばたでした。1歳半のおチビちゃんが大きくなって、お姉ちゃんの6歳ちゃんが妹を可愛がって遊ぶので、あんまり大人が遊んであげなくてもよくなったので、楽と言えば楽でした。1歳半のおチビちゃんがあんまりにもお姉ちゃんっ子で、お姉ちゃんの真似っこするし、しゃべれはしないんだけど、こっちの言ってることはそれなりに理解して動くのが、まあかわいいったらlovelysign03
 お姉ちゃんがWiiでカラオケしながら
「おいでsign01こっちでおどってhappy01sign03
というと、てとてとと歩いて行って、嬉しそうにドヤ顔しながら、とてとてくるくると回ってたりします(笑)。ぎゃんかわhappy02heart04sign03

 さて、今回はいつも書いてる感想の中で、新しくやったのが相棒くらいなので、相棒の感想をさっくりと書いておきたいと思います(笑)。

 相棒Season12 第10話「ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」

 面白かったですねぇ。去年の元日SPより、カイトくんの出番がバリバリに増えてました。
 今までにも思ったことあったけど、今回の話では、カイトくんがどんな人なのかっていうのが、ある意味クローズアップされたような感じがしました。亀山くんの熱さをもちながらも、若くて勢いがあって、それでいて神戸くんのような駆け引きができる賢さをもち合わせてる。カイトくんは、今までの相棒のいいとこ取りなんですよね。
 話自体は、一昨年の元日SPの「ピエロ」に近い感じがしました。右京さんの知らぬところで、相棒が事件に巻き込まれて、巻き込まれてる側での活躍と、右京さんの活躍と、そして二人の連携プレーが見どころ、といったところが。「ピエロ」では、右京さんが動くときに、伊丹さんが一緒っていう楽しさもあったんですけど、今回は何と、真犯人とずっと一緒に動いてたんですよねぇ。右京さんは、かなり早いうちから正木さんが犯人だと思ってたんですね。
 うちの父が見ながら一言。
「犯人はこの中村橋之助やぞ。相棒やったら、それくらいのどんでん返しがある」
 推理も何もあったもんじゃねぇcoldsweats01。けど、当たった(笑)。右京さんが、この人疑うくらいの早さで当たったよ、この人。
 今回、右京さんが、カイトくんは犯人にそうさせられているってかなり早くに訴えていたのに、公安組がひたすら内村部長の狙撃犯や、テログループの一員に仕立て上げてくるので、どう考えても公安はおかしいなって思ってたんですけど、その公安組の中で一人、右京さんの推理をかっていたのが正木さんだったので、正木さんは味方なのかなぁとか思ってたんですけどね…甘かった(笑)。むしろ、個人的には、桂木さんの幼馴染さんとか、公安の2番手っぽい人が、やたら出張ってくるから、その辺かなって思ってたんですけど。
 カイトくんとしては、ボマーに操られるわ、公安に狙われるわで、ほんと踏んだり蹴ったりでしたけど、それでも一生懸命悠馬くんを守って、知恵も巡らせて、右京さんにもこっそりメッセージを残してと、大活躍でした。
「大丈夫。俺たちには最強の味方がついてる」
 この一言は、なかなか嬉しかったですね
happy01sign03
 カイトくんは、右京さんのことをものすごくものすごく信頼して信用して、信じているんだなってことがよく分かる一言だったので。これまでの相棒の中で、ここまで早く右京さんのことを真っ直ぐに信じたのは、カイトくんが初めてかも、と思いました。
 今回の事件は、山王さんの殺害、桂木さんの冤罪、そして、桂木さんの殺害未遂が、この大騒動の大元なんですが、三つのことをやらかしてるのが公安なんだから、一般人にしてみれば警察に任せておけないんですよね。ボマーが桂木さんのお父さんだっていうのも納得だし、あれは爆弾でも何でもなくて、何としても犯人を捜し出させるための脅しで、悠馬くんを守らせるために、わざわざ次長の息子の警察官であるカイトくんを一緒に行動させたというあたり、桂木父の綿密な計画と実行力がハンパなかったですね。なかなかそううまくはいかないでしょうに。
 公安が3つの罪を犯した挙句、カイトくんたちに罪をなすりつけようとしたわけですが、そもそもの理由は国家的な予算の関係、だったんでしょうかね。自殺してしまった長峰さんは、最初なんだったのかさっぱり分からないまま忘れそうになってたんですけど、これも大きな鍵だったんですねぇ。国家的な組織にアンケートの改竄を迫られ、改竄したことで母子家庭への援助が減額され、それが原因で亡くなってしまった母子がいるとニュースになった…。そもそも、アンケートなんてただの裏付けのためのもので、最初から減額は決定されていて、その代わりに天下り先になる母子家庭の職業訓練センターなるものがつくられることになってたんだから、アンケート、やろうがやるまいが結果は変わらなかったのだろうし、長峰さんが罪を感じなきゃならないようなやり方を強制する大元が、一体どうなのよっていう話なんですよね。大体こういう大きな事件の黒幕は、社会の権力者の闇。で、それをすっぱ抜こうとしていた桂木さんが狙われる羽目になり、山王さんに至っては、たまたまデータを盗みに桂木さんの家に忍び込んでいた公安の人と顔見知りだったから殺されちゃったっていう…公安はやりすぎですよcoldsweats01。劇場版Ⅱでもそんな感じだったかな。自分たちの利益が国家的なものに関わっているからという理由で、人の命を簡単に犠牲にしちゃうっていう。
 右京さんは、どんな大きな黒幕にでも、絶対に折れようとはしないので、こういう時は心強いです。
 右京さんとカイトくんと、そして捜査一課の伊丹さん、芹沢さんたちで仕掛けた、公安には内緒の偽作戦の裏の本当の作戦。これが超楽しかったhappy02sign03伊丹サンタがチラシを配った時に、「これかぁhappy02sign03」って、思わず笑っちゃいました。車を奪うんじゃなくて、大木さんの銃を奪い、立てこもった上で弁当を要求するのが、真の作戦。
 公安の一人が、弁当を差し入れるのに必ず名乗り出るだろうと。それが、必ずカイトくんたちを殺しにかかるだろうと。いや~~~、この読み合いがすごく楽しかったです。そして、片や右京さんは、正木さんを桂木父のアジトへ連れて行って、爆破スイッチを押したところを取り押さえる、と。カイトくんたちを伊丹さんたちに託してるのも、すごく楽しかったんですよ。カイトくんと、それから伊丹さんたちのこと、信頼してるんだなぁと思えて。何気に、中園参事官も右京さんの作戦に参加しちゃってますよね(笑)。公安を騙すために、一芝居売ってるもの。桂木父のアジトが分かった、とか言っちゃって(笑)。とっくに逮捕してるのに(笑)。今回、内村部長が撃たれていなかったから、右京さんの邪魔する人がいなくて、右京さん、結構仕切りたい放題でしたね(笑)。
「こんだけできるのに、何で部長は右京さんを邪魔扱いすんの?」
「そりゃあ…ほじくり返して欲しくない警察内部の事件でも、右京さんは遠慮せずにやっちゃうからじゃん?」
 よくある我が家の会話でした(笑)。
 正木さんが爆弾の爆破スイッチを入れる時の、にんまりした顔が素晴らしかったですが、敢え無く右京さんにしてやられて、いや~~~痛快でした。ほんと、面白かったhappy02sign03

 さて、年が明けてから、黒バスはやったんですけど、黄瀬くん視点の「Tip off」でした。つーか、やるならやるって言ってよ~~~。これのためにDVD買ったっちゅー話ですよcoldsweats01。(←完全に踊らされている。)これについては、ちらっと感想書いたことがあるので、無しの方向で。
 あと、嬉しかったのは
蟲師の特別編がやってたこと。蟲師は、まだ我が家のビデオがVHSだった頃にやってて、すごく惹かれて、友達に誕生日プレゼントとして原作の漫画を欲しいとねだったほど好きな作品で、一時期ブームになったと思うんですよ。確か、実写映画にもなって、オダギリジョーがギンコさんやってた気がする。でも、原作自体が10巻で終わってしまっているのと、まだやってない話があるけど、アニメも終わってしまってて、これだけ間が空いて、もうやってくれるとは全く思ってなかったので…特別編は、自分の持ってる原作の中にはないお話だったんですが、その最後に続章が4月から始まるって予告があって、思わず
「マジかcoldsweats02happy02sign03
と、一人で大喜びしてました(笑)。嬉しいhappy02sign03紫月はギンコさんが大好きですhappy02sign03懐かしいな。また単行本を読み返したくなりました。

|

« 2014年 あけましておめでとうございます | トップページ | 1月諸々感想ⅰ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152835/58898196

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒Season12元日SP感想etc.:

« 2014年 あけましておめでとうございます | トップページ | 1月諸々感想ⅰ »