« 3月諸々感想ⅰ | トップページ | 3月諸々感想ⅲ »

2014年3月16日 (日)

3月諸々感想ⅱ

 こんばんは~happy01sign01最近、日曜日の夜になってからしか更新ができていない紫月ですcoldsweats01。そして、冒頭では、忙しい話しか出てこない残念加減です(笑)。そして今回も例に違わず残念な話…。前回は、大体11時にしか帰れなかった話でしたが、今回は、月曜日と金曜日だけ10時半、それ以外の曜日は全部11時過ぎでした~という感じで…。水曜日辺り、夜の8:30くらいまで、外部の方との会議があって、うちのボスが残ってたんですけど、うちのボスは、いつも7時くらいには帰宅するので、遅くまで残ってる人たちを見て、苦笑しながら
「今日は9時コース?」
って、聞いてきました。
 いやいやいや、何言っちゃってんの。そんな時間に帰れるわけないっしょ。と、言外に込めて、驚き顔のまま
「いや、11時コースだと思いますよ」
 上役の人としては、あまり残業させてはいけないんですが、しょーがないです、ほんとのことです。タイムカード見れば、バレバレです。
「先週からずっとですよ」
 ボスが若干固まってました。スミマセン。けど、家に仕事持ち帰るの嫌だし、土日に出勤すんのも嫌なんで、平日に遅くまでやるしかないんです。それを止めろというなら、仕事が遅くなっても仕方ない、ということになりますが、その日の打ち合わせで、月曜日に提出の仕事ができていない人がいる、できないならできない理由を言いに来い、とボス本人が言ってるんだから、仕方ないですよね。家で仕事すれば、残業したことにならないっていうのは、ただの詭弁ですし。正直、これだけやっても終わらない仕事を課してるってことを、分かってもらいたいところです。おかげで、肌荒れひどくってひどくって…crying

 ということで、日曜日の夜9:30ですが、現在進行形で相棒を見てます。見ながら感想行きたいと思いますーレッツスタートwinksign01

 相棒Season12 第18話「待ちぼうけ」
 えーと…右京さんは寂れた駅で知らない人と何かしゃべってる。いやいや、あなた警察でしょ、国立大の教授って言われて、肯定というわけじゃないけど、まるで合ってるような言いっぷり。当たってないのに、靴職人さん、嬉しそうにしてるじゃん、可哀想じゃん。あ、でも、右京さんは国立大の教授っぽいかもしれない。
 で、カイトくんは年上の女性をナンパ…してるのか?今回は、場面が行ったり来たりするな~。
 さらに、捜一の二人…特命係と違って大忙し。伊丹さんは、しばらく休んでなくてお疲れみたい。うわぁ…共感する…超共感する…。でも、伊丹さんたちは、土日とかもなさそう。事件は土日選んでくれませんもんね。
 右京さんは、オセロをしながら、なかなか来ない電車を友部さんと待つことに。友部さんは、かなり苦労してる人生みたいですよ?オセロ、苦手とか言いながら、負け知らずという友部さんを圧倒しちゃう右京さん、さすが(笑)。しかも、相手が
「あ、ちょっと待って…ここからやり直していいですか?」
って言ったら、マジマジと相手を見返して
「…ダメです」
 融通が利かない、最初に言い当てられた通りの右京さんです(笑)。
 さて、カイトくんの方は、年上の女性の身の上話を聞いてるんだけど、あれ?この人の初恋の人って…友部さんじゃないの?靴職人って言ってるけど…でも、友部さんはトラックの運転手してたんだっけ?

「こんな駆け出しのホストみたいな刑事、いないわよ」
 あらまぁ、カイトくん、言われてるねぇ(笑)。

 さて、伊丹さんが何やら殺人事件で辿り着いたお宅が、また「友部」さんじゃないですか。これ、それぞれつながってる?カイトくんが、久しぶりに会った相手が犯罪者になってるかもしれないとか言ってましたけど…。これ、友部さん、伊丹さんたちが追ってる事件に関わってるのか。しかも、やっぱりカイトくんが話し相手になってる女性の言ってる初恋の男性、友部さんなんじゃ…。だって、「手芸の得意な彼女」って、ぴったり当てはまってるし。
 さて、伊丹さんたちが追ってる事件…前日の晩から朝にかけて、既に特命係が調べてる?と、いうことは…特命係は、わざとあの二人と接触してるのかぁ…。そして、右京さんがカイトくんと電話してる様子を不審に思った友部さん、右京さんに、最初に試されていたことに気づいて、警察だと悟ってしまったようですね。そうか、あの温泉話、右京さんは、この人が嘘をつくかどうか試していたのか。さっすが。
 津久井さんって…もしかして、友部履物店で、保証人を頼んで、サクッと逃げた人だったのか。そらぁ、津久井さんが悪いわぁ…。
 やっと事件が見えて来たようです。友部さんは、25年前、津久井さんのおかげで借金を抱えてしまって、雪美さんと別れたんですね。そして、今回も、津久井さんを殺してしまったおかげで、雪美さんと別れるため、メールを送った。雪美さんには、ちょっと手癖が悪いようだけど、ちゃんとした旦那さんがいるようなので、友部さんとは別れた方がいいような気がするけど、自殺しようとしてるわけですね、友部さんは。ほんとどうしようもない男ですね。そりゃ殺したのは完全に悪いけど、津久井さんの方が圧倒的に悪いじゃん…。
 
さて、右京さん、ゲームの勝敗を見切るのが早い、といって、友部さんを説得。オセロを、たった一つでひっくり返してしまいました。ていうか、オセロ得意だったら、気づかないはずないようなところだと思うんですけどcoldsweats01(←紫月はオセロが得意です。PCのリバーシだと、レベル4と対等、レベル5には99%勝てるレベル。(←レベル5は打ち方が決まっちゃってるから、必ず勝てる方法がある。))
 おぉっと、雪美さんはご主人を見限ってしまったんですね。何と、友部さんを選びましたか。犯罪者ですけど…。
 右京さんは、最後に友部さんに靴を頼みました。雪美さんに、ウェディング用の靴を作ってたのを見て、その技術の確かさを見てとったんでしょうね。
「半人前なので、出来上がるまでにかなり時間がかかります」
 つまりそれは、自分が人として半人前で、罪を償ってこなければならないから、時間がかかる、ということをかけているんですよね。だから、タイトルは「待ちぼうけ」かぁ…。うん、なるほど、よくできた話だった。
 見ながら感想だと、こんな感じになりますね(笑)。相棒は、あれこれどんでん返しがありますので、騙されながら見てるというか…(笑)。とりあえず最後の伊丹さんがお気の毒でした(笑)。だって、自分の鋭い推理は、既に特命係が半日以上も前にたどったルートだったわけですもんね…。最後、鄙びた駅に到着したのは、駅が閉まる時間でした。誰か、伊丹さんに、もう事件解決してるって教えてあげてぇ(笑)。

 ダイヤのA 第23話 「公式戦デビュー」
 遂に栄純くんが、夏の予選で公式戦デビューです。今回のお話は、夏に懸ける選手の想い…みたいなものが、ピックアップされていたように思います。
 まずは、米門西高校の選手と監督。大量に青道に得点を許してしまい、これが3年生にとって最後の試合…。そして、青道で出てきたのは、またしても1年生ピッチャー。何としても一矢報いるべしの思いが、応援になって栄純くんに圧し掛かってきました。で、初球いきなり相手にデッドボールcoldsweats01
 そんな栄純くんに、御幸くんはタイムを取りました。そして、集まってくる先輩方。あちこちバコスコ叩かれどつかれ…coldsweats01
「こらこら、もうちょっと審判に見えないようにやれよ」
 御幸くんがせせら笑ってましたけど、大っぴらにどつかれるたび、審判たちがΣ(゚д゚;)ってなってるのが面白かったです(笑)。でも、気持ちで負けないのが栄純くんらしさだと、クリス先輩もおっしゃってるので、これでいいんでないでしょうか。
 負けて涙ナミダの相手チームを見て、更にそのチームからエールを送られて、その重さにひどく心を動かされた栄純くん。感激して叫びまくるのに、相手の涙も止まって、ドン引きしてしまいましたcoldsweats01。そして、降谷くんも栄純くんも、勝ったし、いいプレーもしたんだけど、いろいろ足りていないところをクリス先輩にダメ出しされてしまいました。うん、頑張れ、1年生。
 予選を一つ、圧勝したことで、校内の話題になってる野球部。降谷くんはモテてるけど、ちょっと残念な感じを露呈してます…。春市くんも、かわいいって言われて人気は上々。栄純くんは…怖い怖い、半目開けて寝てるし、涎垂らしてるし、イビキおかしいし(笑)。3年生たちも、人気者です。結城くんは普通に歩いてても凛々しくてかっこいいですね~happy01noteそして、2年生の倉持くんと御幸くんは…「いっつも喧嘩してるよね」「でもいっつも一緒にいるよね」「友達いないんじゃない?」…あ、あれcoldsweats01
 さて、丹波くんは1か月でようやく練習をさせてもらえるようにはなりましたけど、御幸くん、前向きな言葉を掛けてるだけで、その球はとても怪我をする前に及ばないみたい…。この代で、甲子園には行けるんだろうか…。
 クリス先輩に4シームを教えてもらった栄純くん、ひたすら投球練習しています。クリス先輩は、本当に栄純くんの、投手としての力を的確に見極めてるんですね。球の持ち方なんて、考えたこともなかった栄純くんだからこその、毎回違うムービング。4シームも、そのムービングの一つとして、将来的には操れるようになって欲しい…そんな思いを込めて、最後の一つを教えたのだと、礼ちゃんに伝えるクリス先輩でしたが…。
 ガゴンッbaseballimpactsign03

「なあ゛っcoldsweats02sign03
「…ごめん、今は、その姿が全っ然想像できないわgawksweat02
「……長い目で…見てやってください……gawksweat02

 さて、来週はまた新しいキャラクターが出てきそうですね?留学生?

 黒子のバスケ 第47話 「決まってらあ」
 水曜日に録れていた分は、飛び過ぎで、17分しかありませんでした…。金曜日に録れていた分は、なんとか見られる程度でしたが、ところどころ、雑像が入って飛び飛びしてました…。マジでほんとに…BSはこれだから…。我が家では、山が近いので、その山から吹き降ろしてくる風が酷いのです。特に、冬から春先にかけて。もうほんとお願いだから、黒子のバスケ、普通の地デジでやって…bearingsweat01sign03
 さて、氷室さんと火神くんの対決は気になるところでしたが、この二人に関して言えば、EDカードの方がよっぽど気になりました。うーん、仲良さそうな感じだけど…やっぱり来たかって感じだったけど…この構図、黒子っちと火神くん、黒子っちと青峰くんの時にかなり近いもので、位置が入れ替わってるような感じなんですよね。何か意味があるのかしら…。
 で、楽しかったと言えば、やっぱり木吉先輩の活躍ですよねhappy01heart04note青峰くんにまで
「人のよさそうな顔して、相当したたかだ」
って言われていた木吉先輩。イージスの盾と言われる陽泉の堅い守りを崩すため、幾重にも作戦をめぐらすところが超カッコイイ。しかも、その作戦を遂行するだけの力が、誠凛にはあるのがかっこいい。これまで、相手チームに1点も入れさせなかった陽泉の守りを崩し、追いついてきているのは、間違いなく木吉先輩がいるからです。伊月くんとダブルPGになったり、相手を揺さぶるために、一発で3ポイントシュート決めて見せたり、子どもっぽい紫原くんを、上手いこと煽っていたり。そして、それに応える伊月くんのイーグルアイに、日向くんの3ポイントシュート、そして、火神くんの代わりに出てる水戸部くんが、紫原くんの動きを一瞬抑えるためだけに全力でスクリーンアウトをかけるのも、ほんと、誠凛というチームが噛み合ってて頼もしかったです。
 だけど、木吉先輩が無理をしているのはありありと見えてて……。さて、火神くん、ミラージュシュートの手がかりはつかめたようです。頑張ってwinkgoodsign01ていうか、ファントムシュートといいミラージュシュートといい、原理は分からなくもないけど、ないよね、普通coldsweats01シュート消えない。

 さて、以下は諸々~~~。

 弱虫ペダル #22 「インターハイ開幕」
 えっとー、御堂筋くんはー、とりあえず人外の生物ということでよろしかったでしょうか???えぇ、外見も中身も、人としてはちょっと外れてるっていうかずれてるっていうか人であってほしくないというか。中学の時に、今泉くんが圧倒されて負けたのは、卑怯な嘘で惑わされたからだったんですね。卑怯も卑怯、レース中についた嘘が「お母さんが死んだ」ですよ?人としてもスポーツマンとしても自転車乗りとしても、最低だと思うのは紫月だけですか?それなのに、それを散々馬鹿にして
「普通、信じるか?」
って、有り得ないannoysign03鳴子くんがかばってくれたのが、心底嬉しかったです。鳴子くんは真っ直ぐでいい子だなぁ。今泉くん、こんな奴に負けるなsign03

 銀の匙 第9話 「最後の牛乳」
 今回の話も重かったなー。どんなにしんどくても、つらくても、巻き添えになって、一緒に悩むと決心した八軒くんは、マジ男前。御影さんや駒場くんは、八軒くんの性格を考えて、八軒くんにつらい思いをさせたくないから巻き込まないように、と強がっていたわけですけど、八軒くんの思いに圧倒されて、御影さんは八軒くんの支えを受け入れてくれました。御影さん、八軒くんのこと好きなんだよね。少なくとも、人として。そして、八軒くんに支えられながら、自分の夢を追いかけたいのだ、だから御影牧場は継げない…と、やっと言えた御影さん。…勝手に周りが「アキはしっかり者だから、きっと立派に継いでくれる」って思ってただけに、それを裏切ってしまう言葉を言うのに、勇気がいったと思うけど…さて、どうなる?
 駒場牧場の最後の牛乳…八軒くんの「うめぇ」に、当たり前だと返しながら、「当たり前だけど、最高の褒め言葉だな」と笑って返した駒場くん。…自分の夢も何もかも、お金のために投げ出さなきゃいけなくなった高校生が、どれだけつらいかなんて、想像もつかないくらいだけど、この言葉は、本当に嬉しかったんだろうなぁ…。

 鬼灯の冷徹 #10
 今回は、とりあえず鬼灯様がどれだけドSなのか、というお話二つだったような(笑)。特に、閻魔大王に対して厳しい厳しい(笑)。まぁ、鬼灯様の場合は、自分に対しても厳しいというか、それだけの仕事をやってのけているから、何ていうか、許されてるのかなって…coldsweats01

 さて、最近は見きれずにたまっていく番組がいくつか…。消化しきれてないぃcoldsweats01。そして、先週買ったはずのワンピースと黒子のバスケ、単行本も机に積み上げられたまま…。これ、いつ読めるんだろ…crying

|

« 3月諸々感想ⅰ | トップページ | 3月諸々感想ⅲ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152835/59305230

この記事へのトラックバック一覧です: 3月諸々感想ⅱ:

« 3月諸々感想ⅰ | トップページ | 3月諸々感想ⅲ »