« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

4月諸々感想ⅲ(ちょっとだけ進撃の巨人13巻)

 4月26日が出勤だったので、その振替で28日がお休みになり、3連休だった紫月ですhappy01note一般的なGWより、前半と後半でまとめてお休みが取れる感じなので、それはそれでありがたいですhappy01heart04(←お休み大好きっ子。=ダメ社会人)
 この3連休で、仕事で必要な下見も済ませたし、アクアちゃんの1か月点検も済ませたし、掃除もしたし、衣替え…に近いこともできたし、ずっと放置してた漫画も読めました。そして、溜まりに溜まったビデオも、だいぶ消化しましたcoldsweats01sign03
 では、進撃の巨人13巻の感想から、スタートです。ちょっとだけですけど。

 進撃の巨人 13巻(アニメ派の方、ネタバレ注意dangersign01

 進撃の巨人13巻…ちょっと切ない感じになってきてましたね。兵長…。何はともあれ、痛々しかったけど、団長が生きててくれてよかった…bearingsweat01sign03でも、エルヴィン団長…かなり危ない感じになっていたような…。この人、頭よすぎて、もしかして昔からこの構図が見えてたんじゃないの。兵長は、巨人の正体を知らずに肉を削いでて、ちょっと鬱な感じになってたけど、団長は笑ってましたよね。その可能性が分かってて、それでも団長は巨人を倒してたってことですよね。団長が「人間らしさを捨て去っている」というのが、改めて露見した感じでした。それに比べたら、兵長は可愛いもんだと思いました。そして、そんな団長と腹割ってマジな話ができて、団長のやりたいと思うことができるだけの権力をもっているのは、ピクシス司令しかいないかな。
 あと、兵長の怪我もだいぶ良くなってきてるみたいでよかった。飛べない兵長なんて、やっぱり寂しい。そして、潔癖症な兵長が健在で楽しかった(笑)。それを分かってたのがエレンだけで、やっぱりみんな「ナメた掃除」って怒られた(笑)。
 ユミルが味方したライナーたちがどうなったのかってとこで12巻が終わってて、その動向が全く分からなかったので、更に続きが気になりましたが、とりあえずハンジさんと兵長の、拷問する気満々のラストで、この二人の本気ってマジ怖いと思いました(笑)。
 新リヴァイ班が、おなじみの104期メンバーで、何だかホッとしました。サシャとか、ほんと久しぶりな感じ…。ジャンのおなじみの変装はともかく、アルミンのクリスタもといヒストリアの変装が可愛すぎで、連れ去った犯人がそのアルミンに興味津々になっちゃって、思わずミカサが「アルミンがかわいそう」って言ってたのに笑っちゃいました(笑)。無事戻ってきた後も、アルミンすっかりトラウマで、ジャンに慰められてたし(笑)。でも、お馬鹿なコニーがやっぱり切なくて、これからまた4か月待つのかと思うと…うぉおお、じれったいcoldsweats01sign03
 なんか、だんだん巨人より人間が怖いと思えてくる展開になってきました。ていうか、今回巨人ほとんど出てこなかったような。
 まだ1回目を通しただけなんですけど、友人に借りてるまどか☆マギカの劇場版DVDとか漫画とかもまだ見てないし読んでないし、やること一杯なので、もう少し落ち着いてからもう一回読んでみたいところです。
 でも、連休後半は、4連休の内2日確実に潰れるんですよね…。そのうち1日は仕事、もう1日は、友達と遊ぶ約束なんで、遊ぶのはいいんですけど、もしかすると、もう一日潰れるかも…。む~~~。ゆっくりしたいcrying

 ここからは、いつものメニューでどーぞwinksign01

 ダイヤのA 第29話 「拮抗」
 相変わらず結城くんが好きすぎて、かっこよくてしょーがないです(笑)。フォアボールだっただけなんだけど(笑)。だって、舜臣くんが「どんな素晴らしいバッターでも10割打てる奴はいない」って、際どいところに投げた球を鋭く打って、ぎりぎりファールだったけど、あまりにも鋭いそのスウィングに、みんなビビッて、舜臣くんも「わざわざ1塁まで歩かせることはない」って思ってたのに、フォアボールにしちゃったんですもん。これがかっこよくないわけがない。一言も言わずに、その技術とオーラだけで相手を黙らせちゃうなんて、ほんとかっこいいです。
 もうひとり、舜臣くんと張り合えていたのが、御幸くん。1アウト2・3塁という場面でのバッターだったわけで、礼ちゃんも「こんなに頼もしいバッターはいない」ってな感じでした。ランナーを背負った時の御幸くんは、絶対打ちますからね(笑)。
 そんな御幸くん。こんな風に、ものすごくコントロールのいいピッチャーなら、リードしやすいだろうな、と考えながら見てたら、見送っちゃって、次に食らいつくけど、ファールが二つ。あっという間に追い込まれてます。だけど、その3球の流れから考えて、次に打ち取るための球をリードするとしたら…そして、舜臣くんも同じことを考えました。遊び球は要らない。
((勝負はアウトローbaseballsign03))
 御幸くんの読みはビンゴ。読み勝った御幸くんは、長打コース。亮介くんでも打ち悩んでるのに、さすがです。
 栄純くんは、出所の見えない投球フォームとムービングボールで、明川打線を見事に抑えてます。栄純くんの場合は、横から見てると大した速さの球でもないから、なめちゃうんですよね、大したことないって。でも、バッターボックスに入ると、それが何とも打ちづらい。そして、敵も驚くけど、味方も驚くっていうcoldsweats01
 使える戦術は全て使って攻める片岡監督。いよいよ楽しくなってきましたhappy02sign01

 ハイキュー!! 第4話 「頂の景色」
 影山くんの過去にあった出来事がはっきりしましたね。影山くんは、技術があったから、自分が何とかしなきゃ、ブロックを振り切らなきゃと思って、速すぎるトスを出してた。チームメイトたちは、それについていけなかったから、影山くんはむきになって、もっと跳べ、もっと速くと言い続けて…終いにはチームメイトにトスを取ってもらえなくなってしまった。かなりトラウマになってるけど、それでも仲間たちにそれを包み隠さず言える影山くんは、すごいって思いました。言えないですよ、プライドが高ければ高いほど。月島くん、それをネチネチと言ってくるし。
 月島くんはそれにしても嫌な性格してるなぁ…と思いますが…何でこんなに人を馬鹿にした態度なんでしょう。この人にもなんかトラウマありそうな感じ?がします。
 日向くんはほんと前向きでかわいいです。純粋で真っ直ぐで。絶対挫けない。何か、見ててすごく元気になれる。さて、そんな日向くんですが、どんなトスでも取る、というけど、さすがに速攻は厳しい。影山くんは、思わず中学の時と同じように、もっと速く跳べ、と言ってしまいそうになるんだけど…。
 烏野高校の先輩たち、みんなほんと素敵です。菅原さん、セッターとして影山くんにアドバイスを優しく一生懸命してくれるし、大地さんは、いつでもあったかくてちゃんと周りの様子を見て支えてくれるし、一番大切なことを言わせてあげられるし、言ってあげられる。田中さんも二人のことで一喜一憂してくれる。影山くんが嫌なことを言われれば、本気でムカついてくれる。みんなめっちゃ好きhappy02sign03
 今回は、影山くんがトスを日向くんに合わせる、ということだったんだけど、2回成功したのが、どっちも楽しくて楽しくて仕方なかったです。ボールは見なくていいと言った影山くんの言葉を信じて、目ぇ瞑ってスパイクしちゃう日向くんとか、精一杯月島くんたちのいない方へ走って跳ぶ日向くんに合わせて、ピンポイントでトス上げちゃう影山くんとか、なかなかうまくいかないんだけど、うまく行った時の感触がほんともう…見てるこっちが気持ちよくなるくらいでした。OPの同時ガッツポーズや、目を瞑ってスパイクっていうのも、今回の場面にあるものだったんですね。ほんとに楽しかったhappy02sign03

 以下、簡易感想ですcoldsweats01sign01

 弱虫ペダル 第28話 「100人の関所」
 よくやった、坂道くんよくやったhappy02sweat01sign03最下位から、山の上りで100人抜いたsign03幅の狭いうねった上り、数人しかいないところはよかったけど、数メートルにわたって人がひしめいているところを、どうしたら越えられるのか…。荒巻さんは、絶対に追いつけないのだと言ったけれど、坂道くんは溝に落ちそうになりながら、その淵を走ることを選びました。田所さんや鳴子くんと同じ、「危ないかもしれない、落車するかもしれない」じゃなくて「行けるかもしれない」…経験のある人が思えるその思考…坂道くんは初心者だけど、ずっとずっと自転車に乗っていたから、そういう感覚は身についてるんですねsign01
 100人抜いて、総北チームに追いついた坂道くんを信じていた巻島さんは、本当に嬉しそうでした。このIHで、東堂くんと勝負したかったから、ずっとクライマーを欲しがってたんですよね。3分なら追いつける。きっかりその3分でチームに戻ってきた坂道くんに、「ありがとう」と…。それだけ伝えて欲しい、と金城さんに伝言して。
 前回、本当に巻島さんも東堂さんも悔しそうで、切なくて、紫月はやきもきしましたが、今回は涙出そうになりました。巻島さん、頑張ってhappy02sign03

 蟲師 続章 第4話 「夜を撫でる手」
 これ、原作で読んだ時も、背中がうすら寒かったんですよねぇ…。いい感じにうっそりしてました。タツ兄、マジ怖い。そして、あの淡々とした感じがまたね…。そして、山の王にでもなったかのようだったタツ兄が、ギンコが忠告したにもかかわらず、提灯も持たずに狩りをしていたものだから、間違って猟銃で撃たれて、狩りをするための腐酒(ふき)に侵された右手をやられてしまった。流れ出る血は、腐酒に乗っ取られた、甘美な果実酒の甘い香り…。「鳥なんて狩っても面白くない」そう言っていた烏に、タツ兄の腕は喰われてしまいました。いや~~~怖いわぁ…。
 でも、ギンコさんのおかげで弟は元気になったし、タツ兄も腕は喰われてしまったけれど、ちゃんと元の人に戻って、人として生きていけるのかな、と思いました。
 それにしても、やっぱりうすら寒かったです。
 そして、今回はちゃんと録れてた、よかったcrying

 ぼくらはみんな河合荘 #3
 なにもう律ちゃんマジかわいいhappy02sign01宇佐くんは、自転車の後ろに乗るの、速攻で断られたり、彩花さんのせいで殴られそうになったり、相変わらず大変そうでしたが、律ちゃん意外と宇佐くんのこと嫌いじゃなさそうだし、気になってそうだし、報われるといいねhappy01sign01麻弓さんは、ダメな人だと分かってて会いに行ったけど、ちゃんと振って来たんですね。えらいえらいcoldsweats01sign01

 その他もいろいろ録ってはあるんですが、そろそろ、これは消していいかなっていうのがはっきりしてきました(笑)。中に、魔法科高校の劣等生っていうのがあって、個人的にお兄さんの達也くんがかっこいいと思うんですけど、妹や保健室の先生のお色気描写が要らないな~~~。純粋に、技術の高い魔法に対して、それ以外の方法で圧倒する「劣等生」の部分が見どころなんだと思うんだけど…消そうかどうか迷い中。お色気部分が無かったら、確実に残してる(笑)。

 ではでは、GW後半に向けて、もうひと頑張りせねば、です。

 そして、今年も山本のお祝いできなかったけど…そして、GW後半も忙しそうで、とてもイラストとか描いてる余裕なさそうだから、今年はもう無理はしないって決めたけど…。それでも。
 ちょっと遅くなっちゃったけど、山本、誕生日おめでとうhappy02sign03時間があるのなら、リボーン全巻読み返して、山本を拝みたいと思うくらい、やっぱり山本のことは大好きですhappy02heart04sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

4月諸々感想ⅱ

 予想通りの激務に、先週は寝不足のあまりふらっふらになっていた紫月ですshock。年度末の2月辺りから、ずっと10時11時にしか職場を出られず、3月末の数日と、4月初めの1週目は、8時~9時くらいには帰っていたのですが、4月第2週から、またずっと11時以降の帰宅です。その上、先週は、日直も当っていたので、朝も7時30分には職場に行かなきゃいけなくて、大体夜力尽きて、何もしないでソファでビデオ付けるだけつけて寝ちゃうので、5時半に目覚まし鳴らして、朝からシャワー浴びて…ってやってたら、そうなりました。そして、そんな紫月に、うちのボスったら対外的な部会の部長の役をもらってきちゃって、ちょっと待って、いい加減にして、死んじゃうよsadannoysign03紫月の勤務状況分かって言ってんのbearingsweat01sign02と、本当に泣きそうになりました。本当に無理です、軽々しくできるなんて、言えません、普通の仕事にもそっちの仕事にも支障を来すのがオチです、と切々と訴えたら、
「それだけ評価されてるってことだよ」
と笑いながら言ってきたので、半泣き状態で
「そんな評価要りませんweepsign03
と怒鳴ってしまいましたgawksweat02。何でこんなにつらい思いして仕事してるのに、笑いながら仕事を増やすのを勧められるんですか。意味が分かりません。死ねって言ってるんですか。
 どうしても引き受けますと言えなかったので、結局その役は、同じ職場の他の人に回ってしまったんですけど、決して楽な役割ではないものを人に押し付けてしまった罪悪感で、本当につらくて…。その人は、「そんなのいいよ、だって紫月さんは研究あるし、どう考えたって無理でしょ?だから、まぁ私かなと思って引き受けたんだから」って言ってくださったんですけど、それでも申し訳なくて申し訳なくてcrying
 それからというもの、紫月の職場での口癖は「もう辞めたい」であり、周りから「病んでるね」と言われておりますが、まぁ大体そんな感じで外れてはいない気がします。

 さて、そんな病んだ紫月の諸々感想スタートですhappy02sign03(←ダメじゃん?)

 ダイヤのA 第27話「逃げねえぞ」
 え~と、28話は総集編だったんで、感想は省きますけど、最近はちょっぴり皮肉屋さんな御幸くんより、とにかく真面目で、圧倒的な力をもつ結城くんが好きで仕方ないなって、再確認しました(笑)。同じ場面見てても、「かっこぃいいいいいhappy02heart04sign03」って転がってました(笑)。
 27話は、明川高校に全力投球を続ける降谷くんから。暑くなってきて、体力的にはかなり厳しかったはずなのに、相手の揺さぶりに体力を削られながら、どんな相手にも全力で投げていたけれど、思うように球がストライクに入らなくなってきて…。自分の失投でピンチになって、そのままではマウンドを降りられないと、選手交代を告げられながら動けなかった降谷くんでしたが、その気持ちを汲み取れたのは、同じ投手の栄純くんだったんですね。御幸くんですら、厳しい言葉しかかけられなかったけれど、栄純くんの目は、その思いを汲み取った上で、真摯に「任せろ」と言っていたから、ボールを渡すことができた気がしました。
 栄純くんも新しい武器4シームで、しかも出所の見えないフォームで、見事点を入れずにピンチを抑えたんですけど、御幸くんの牽制の指示で、焦って1塁へ暴投しそうになり、結城くんがスーパージャンプで何とかキャッチ。
 かっこいぃいいいいいいいいいいいいい~~~~~~~~~~~~~~happy02heart04sign03
 栄純くんには、味方から散々なヤジが飛びました(笑)。

 弱虫ペダル #26・27 「空が見える」・「山神東堂」
 巻島さん…かっこよかったです。
 なんと、落車事故に巻き込まれ、トップにいたはずが、最下位になってしまった坂道くん。山の登りにクライマーは二人必要で、一人は巻島さんが飛び出して山岳リザルトを獲る、そしてチームを引っ張るために坂道くんが前に出る。そんな役割分担だったのに、クライマーが一人しかいないのでは、チームを引っ張るしかない。巻島さんは、東堂さんと勝負したかっただろうに…。箱学の東堂さんも、あんたどんだけ巻ちゃん大好きよ、っていうくらい、勝負しよう、行こう、と一生懸命訴えていたんだけど、巻島さんは応えなかった。一瞬、そこまで言うなら…と飛び出そうとしたけど、それでも思い止まった。どれだけ悔しかっただろう。7勝7敗同士、3年生として、最後の大会のインターハイ、しかも、東堂さんにとっては地元のメンツがかかった箱根。最後の大勝負がこの舞台なんて、運命だとまで熱弁を振るっていたわけで、東堂さんも本当に悔しかっただろうと…。チームメイトに、「総北にはクライマーが一人しかいないから、出られないんだ」と言われ、やっと巻島さんが応えない理由に気づいて、無言で行ってしまったけど、一人で泣きながら「準備しとけよcryingsign03」って叫んでたんだから、よっぽど勝負したかったんだろうなと思いました。なんか、それを見てるのがつらかったです。
 それもこれも、全ては坂道くんが落車事故に巻き込まれてしまったからで、それは仕方のないことだったのだろうけど、それでもこんなところでへたばってはいられません。坂道くん、何とか総北に追いついて…bearingsweat01sign03

 その他、新番組諸々です~。

 僕らはみんな河合荘 #1・2
 えーと、このタイトルは「僕らはみんな可哀想」と、掛けていたりするんですかね?別にかわいそくはないけど、みんなちょっとずつ変わってる人が集まってる気がします、河合荘。唯一まともなのは宇佐くんですけど、住子さんはかなりまともながら、住人が変なことしてても、ニコニコしてるし、ホラー見るために部屋かなりホラーにしちゃうし、律ちゃんは本大好きで無表情だし、とりあえず城崎さんは変人だし、麻弓さんは男運なさすぎで、気分のハイ&ロー激しすぎだし、彩花さんは、何か二重人格っぽいし、とりあえずみんな変です(笑)。でも、みんな表情豊かで生き生きしてる気がします。何より、アニメの光の仕様が、本当に綺麗なんです、このアニメ。キラキラしてる。律ちゃんは無愛想だけど、ウキウキうずうずしてるのめっちゃ分かりやすいし、シャボンの中に入れてもらった時の嬉しそうな顔がまたキラキラしててかわいかったです。いろんなところに下ネタねじ込んでくるんですけどね(笑)。

 蟲師 続章 #2・3
 2話目だけは、まともでした。けど…3話目に至っては、あまりにも後半飛び飛びで、終いには途切れてぶつっと切れてました。…ほんともう、BS11…勘弁…crying。(←第1話と感想がほぼ同じである。)家の近辺、冬から春にかけては風が強いんスよ…。

 ハイキュー! #2・3
 新番組の中で、最も楽しみにしてるのがこれかもしれません。(←そして、またしてもスポーツアニメである。)OPの、日向くんと影山くんの息ぴったりの「おっしゃ!!」のタイミングが好きで好きで(笑)。(←個人的なタイミングの美学のツボ。)
 前回は、日向くんが、中学時代で、周りのみんなに翔ちゃんって呼ばれてたので、こっちも翔ちゃんだったんですけど、高校ではみんなが日向(ひなた)って呼ぶので、日向くんで。つか、日向って漢字、日向(ひゅうが)とも読むし、黒バスの主将は後者だったので、かなり見た目こんがらかりそうです。が、日向くんは、日向翔陽、すっごく明るい名前だなぁって思います。全部がお日様の塊みたいです。性格も何もかも。
 そして、対になってるのが影山くん。飛雄ってのは、そう暗い感じはしないけど、何やらブラックなものを背負ってる気がします。天才だけど、とにかく厳しくて、周りがついてこられなくて、最後には上げたトスを誰にも取ってもらえなかった。そんなところで、「コート上の王様」なんてのも、皮肉なあだ名なんだろうな、と思いました。日向くんは、かっこいいと思ってるみたいだけど(笑)。
 先輩たちは、みんないい人そうですね。田中さんは、早朝練習に付き合ってくれるし、菅原さんものぞきに来てくれる上、日向くんの昼の練習にも付き合って、丁寧に教えてくれるし、主将の大地さん?は名前かな?も、影山くんたちのことを考えて、敢えて厳しくしてくれてるみたいだし。みんないい先輩たちだなぁ。
 さて、それに比べて、同じ1年生の新入部員二人は…何だかちょっといい感じしない…ような?山口くんはともかく、月島くんは、影山くんのことをかなり見下してるというか、あからさまにからかって馬鹿にしてるように見えるんです…けど…。見た目は背も高くてイケメンなのにねぇ。
 それにしても、日向くんが1週間必死に練習して、レシーブを上手く取れるようになって、影山くんがその必死にボールに食らいつく姿に、思わずトスを上げた時、キラッキラした顔で飛びあがってスパイクを打ったのは、本当に嬉しかったです。本当のチームメイトにトスを上げてもらえて、日向くんはどれだけ嬉しかったことか。菅原さんも上げようか、と言ってくれたけど、それでも日向くんは、影山くんに認めて欲しかったんですよね。最強の味方、お互いにとって。だと思うんですけど、さて、日向くんは、運動神経と、前向きな精神力で技術のなさをカバーしてる状態。1年生同士の試合は、どうなるんでしょうね?ワクワクが止まりませんhappy02heart04sign03

 病んでても、好きなものは好き、な紫月でした(笑)。あ、でもまた進撃の巨人の新刊が読めてないや…coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

4月諸々感想ⅰだけど、諸事情につき…(><)!

 先週は、何の音沙汰もなくてスミマセンでした。
 そして、今まで意地で続けてきたこのブログの諸々感想なんですけど、今年度の仕事の量が、あからさまに過労死レベルなので、とりあえず、死なない程度に、できる分だけやることを目標にしていきたいと思います。書けない時は、潔く諦めます。本当にすみませんbearing。多分、イラストもほぼ描けなくなると思います。ていうか、これに関しては、今までもろくに描けてなかったので、大差ないかもしれませんけど(笑)。

 今まで見ていて、まだ続いている番組もあるし、新たに見始めた物もあるんですけど、果たしてどこまで消化できるかって感じです。この週末も、バタバタしていて、ビデオを見終わったのが日曜日が終わる15分前ってところなので、明日のことも考えて、2週間ぶりだけど、簡易版でスミマセン。

 ダイヤのA #25・26
 降谷くん大ピンチだけど、御幸先輩のリードが光ってましたねhappy01shinesign01舜臣くんがミラクルすぎて、ちょっと青道がヤバい感じです。結城くんのかっ飛ばした球ですら、偶然のファインプレーで捕られちゃって、ちょっと悔しい。それでも、結城くんのオーラはすごかったlovelyそして、亮介くんの素晴らしい選球眼が、舜臣くんの正確すぎるコントロールのせいで、審判甘い判定しちゃって、むしろ逆効果になっちゃってる。青道、どうなるの?負けるとは思わないんだけど…coldsweats02sign01

 黒子のバスケ #49・50
 陽泉に、勝ちましたね。ここで終了ですか…。ウィンターカップ、めっちゃ途中なんですけど。しかも、火神くんと氷室さんの仲がどうなるのかってとこで、火神くんが駆けていって終わりとか。そして、灰崎くんがいて…あれ?灰崎くん出てくる前に終わっちゃったんですね。まだできる分はあるけど…きっと第3期を視野に入れた終わりってところですよね。原作の方が、いかにも最終回に向けてまっしぐらって感じなんで、終わったら改めて第3期…かな?終わって欲しくないけど、絶対終わるつもりで作者が描いてると思う…。

 マギ 第2期
 ずっとシンドバットさんが出てこなかったから、もう出てこないのかと思ったら、最後でおいしいところもっていきましたね、あの人(笑)。何か、展開がどんどんすごい方へ行って、世界の謎まで行っちゃいましたけど…あの世界には、たくさんの世界があるってことで…?そして、今アラジンたちがいる世界の中で、ただ一人、王となる可能性を持った奇跡の人が、シンドバットさんだとか。相変わらずスケールのでかい人だわ、かっこいいったらありゃしない。煌帝国の紅炎様もかっこよかったけど、あの人ちょっと変人かもしれない(笑)。ティトスくんがすごく可哀想だったので、シェヘラザード様の代わりにマギとして生まれ変われて、何だかすごく嬉しかったです。よかったねhappy02sign03

 弱虫ペダル #24・25
 スプリンター対決は、田所さんの勝利happy02sign01鳴子くんは、まだまだこれからだから、それでいいと思います。田所さんを追いかけて、もっと強くなってほしいです。そして、泉田くんは正直気持ち悪かった(笑)。自分の筋肉に名前を付けて、うっとりしてる感じがcoldsweats01

 蟲師 続章 第1話
 待ってました…なんだけど…BS11でしかやらないのは何とかしてくださいよ…cryingsign01また今回風が強くて、最後の方飛びっ飛びでした。もう勘弁してぇ…cryingsign03

 鬼灯の冷徹 #12・13
 遂に終わっちゃいましたね。鬼灯様のキャラクター、ほんと楽しかったです。うら盆祭りで弓矢をやったら、見事に白澤さんのリンゴ飴に刺さるとか、どんだけcoldsweats01。最後EDがすっげーシュールでした…。

 ハイキュー! #1
 翔ちゃんが純粋であんまりにもいい子だから、それだけで好感。だけど、きっと紫月が好きなタイプは影山くんなんだろうな(笑)。自他ともに厳しいけど、後輩が相手チームを馬鹿にしてる時に、それを見逃さずにガツンと言えるってかっこいい。強いチームでも、絶対に甘い気持ちをもたないところもすごかった。でも、厳しすぎて周りには受け入れられてなかったみたいだけど…。
 逆に翔ちゃんは、誰もやらない男子バレーを一人やり続けて、その一生懸命さに、みんな心打たれて何とかしてあげたいって思われるようなタイプで、真逆ですよね。でも、影山くんは翔ちゃんみたいな子に、チームにいて欲しかったんじゃないかと思うし、翔ちゃんはバレーができる仲間が欲しかったんだから、強いチームになれるんじゃない?烏野高校。

 新番組は、これから続々と始まってくると思うので、楽しみな半面、いつ見られるんだろう…と溜息が出そうです。明日から激動の1年がスタートです…shock

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »