« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月25日 (日)

5月諸々感想ⅳ

 5月もそろそろ終わろうとしてますね。相変わらず忙しいなんて言葉では表せないほど忙しい状況ですけど、先週は大きな企画があって、大変だけど、自由な時間も少しは取れたので、ちょっと仕事がはかどりました。帰る時間も、平均して9時半くらいだったんじゃないかと。
 来週は、また大仕事があるので、今週もちょっと大変かもしれませんけど、かなり頑張ってやるべきことはこなしてきたので、何とかなる…かなcoldsweats01sign02

 この週末は、特に用事もなかったので、スムーズにビデオが消化できました。ので、感想まとめておきたいと思いますhappy01sign01

 ダイヤのA 第33話 「金のなる木」
 薬師高校と対戦することになった青道。薬師高校は、全然バントしなかったから、バントはあまり練習しないものかと思いきや、バントはみんなできて当たり前の状態。いつでもできるからこそ、思い切り打てる…のだそうです。いい加減かと思いきや、轟監督は、それなりに大した監督のようです。そして、雷市くんのいつも振ってる木製バットは、めちゃめちゃ重いらしいです。お金がなくて、それしか与えてあげられなかった轟監督でしたけど、そんなバットで小さい頃から新幹線の速さの球を打つイメージトレーニングを積み重ねることで、打者としては化け物のようなセンスを持つことになった、というわけですね。でも、守備とかそういうのには弱そう(笑)。
 ところで、雷市くんは「音速」で「光の速さ」を狙ってバットを振ってたらしいんですけど、音速と光速は、全く違いますよねcoldsweats01
 丹波くんは、まだ調整がしっかりできているとはいえなさそうだけど、監督は使う…かな?丹波くんには、少なくとも投げる気でいさせるみたいです。
 いよいよ試合…降谷くんも栄純くんも、雷市くんを打ち取れるのか。御幸くんはそれなりに自信ありそうだったけど、轟親子も自信ありげだし、あぁあああああ分かんないbearingsweat01sign01まずは先発、降谷くん頑張れsign03

 ハイキュー!! 第8話 「“エース”と呼ばれる人」
 西ノ谷くんと旭さんが登場しましたhappy01sign03
 西ノ谷くんは、田中さんを超えるレベルで、お調子者であっつい子でした(笑)。でも、何ていうか、ものすごく真っ直ぐっていうか…人情に厚く、言葉一つで一喜一憂しちゃう感じで、かわいいくせに頼もしい、そんな感じでした。日向くんとめっちゃ相性良さそう(笑)。
 そして、西ノ谷くんはリベロだったんですけど、もう一人、エースと呼ばれている人は、旭さんでした。これまで出てこなかったし、エースがいないなんて、そりゃ戦力的に随分欠けてる状態だったんだなって思うんですけど、それで城西に勝てたんだから、大したものですねhappy01goodsign01もちろん、あっちは正セッターいなかったんですけど。
 で、エースと呼ばれる旭さんは、これまた何ともいい人臭が漂ってるというか…いい人通り越して、人がいいっていうか、それ以上に弱気というか…徹底的にマークされて、徹底的にスパイクをブロックされてしまったことで、スパイクが打てるイメージが見えなくなってしまったというから、ある意味打たれ弱い人なんでしょうか。エースとはいっても、チームを引っ張っていくぜsign03ってタイプじゃなくて、大きくて上手くて強かったから、エースと呼ばれるようになったけれど、本人は全然そんな意識はしていなかったって感じです。
 何ていうか、つまりその。
 よく言えば、謙遜勝ちの優しい人。なんですけど。
 この人、ヘタレかcoldsweats01?と。
 悪い人だとは、全く思いませんが、日向くんの言った通り、一つの試合でコテンパンにブロックされたとしても、それ以上にバンバンスパイク決めて、味方を引っ張って来たんだろうに、そんなポジティブな記憶を一切顧みずに、トラウマに縛られちゃってる。そして、菅原さんや、影山くん、日向くんが、一生懸命に戻ってきて欲しい、一緒にやって欲しいとこれだけ言いに来てるのに、それでも一歩踏み出せずにいる。何という弱腰エースcoldsweats01。もちろん、悪口を言うつもりはありません。だって、本当にいい人そうなんだもの。でも、仲間にこれだけ必要とされていても、その思いを信じきれずにいるのがちょっと寂しいかな。
 そんな旭さんが、1年生コンビの練習を見て、日向くんの思いを理解して、バレーボールをやりたい…って気分に、なってんじゃないのhappy02sign02もう一息sign03
 今回も、菅原さんは本当にいい人でしたhappy01note正セッターとしての自分の地位が危ういことは重々承知で、それでも、悔しいけどすごいセッターが入って来たんだ、もうお前だけに負担をかけなくていいんだ、と、一生懸命に旭さんを説得してました。影山くんがいる限り、この先菅原さんの出番って、少なくとも試合では少なくなっていっちゃうのかなと思うと、それが切ないくらいです。

 弱虫ペダル 第32話 「希望の夜」
 ちょっと、田所さあああああああああああああんshocksweat01sign02
 具合が悪かったみたいだけど、暑さにやられただけで、ちゃんと寝たら明日は復活してる、そう巻島さんに言って…休んだみたいだけど…。
 その夜、坂道くんのお母さんが登場して、坂道くんのやってる自転車競技ってものが全く分かってなかったこととか、何だかんだでいいこと言って嵐のように去って行ったこととか、そういうの全部ぶっ飛んだラスト。
 ゴール順にスタートする2日目。金城さんと今泉くんを先に送り出して、なるべく早くそれに追いつくため、走り出した残りのメンバー。ほどなくして、巻島さんがぎょっとして振り返る。そして、鳴子くんに、田所さんはいつから来ていないのか、と問いかけるのですけれど…。
 田所さんは、何とスタートしてなかった…coldsweats02sign03前日、スプリントでリザルトを獲った、緑ゼッケンの栄誉を背負いながら…どうなっちゃうの、田所さんcoldsweats02sign03
 そして、その田所さんのことをただ一人知ってる巻島さんが、また気の毒で…。巻島さんって、何だかんだで人と関わりたがらないのに、人との関わりで心理的な負担を強いられる人のような気がします。それで、意外と人がいいから、背負い込んじゃうんですよね…。大丈夫なの、総北…。
 そういえば、弱虫ペダル、10月から第2期スタートだそうです。ってことは、一回終わるってことですか。6月で?あと5回程度でインターハイが終わるってことですか?1クール休んですぐにスタートってことなんで、原作もあるんだし、何で続けないのかな?クオリティーを維持するには、そういう方法もあるのかもしれないし、それ以外の大人の事情があるのかもしれませんけど。

 蟲師 続章 第7話 「日照る雨」
 これは、比較的怖くないお話だと思います。怖くないっていうか…不気味じゃないというか。一つ所に留まると、ずっと雨を降らせてしまう照さんは、それなりに気の毒だと思うけど、日照りに苦しむ村を救うことができる、神様のような扱いを受けているわけで、ギンコさんが言ってたみたいに、つらい苦しいばかりではないんじゃないかな。自分が雨を降らせてしまうと気付くまでに、村を廃れさせてしまったり、流行病を流行らせてしまったり、つらいことは色々あったと思うけど、それを経て上手く蟲と付き合えるようになってるのだと思います。今回は、若干「それでも世界は美しい」と被ってるなって思いました(笑)。ほら、あっちもニケが雨を降らせるので。

 僕らはみんな河合荘 第7話 「おすすめの」
 宇佐くんの書生さんがめちゃめちゃ似合ってて、律ちゃんがキラキラして見てる気持ちがこれまためっちゃ分かってしまったhappy02shinesign01次回、律ちゃんも袴姿だったけど、和カフェに律ちゃんも参戦するのかしら?ちょっと変わった人が多いらしいけど、宇佐くん「変人処理班」でめっちゃ慣れてるし、今回の金華庵で変人のみんなをスルーすることなく、うまいこと一生懸命いなしながら話を進めるスキルはハンパないと思いました。宇佐くんすげぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

5月諸々感想ⅲ

 絶賛体調不良の紫月ですcoldsweats01
 金曜日から週末にかけて両親が旅行へ行ってましたけど、金曜日もいつも通り遅くに帰ってきて、そのまま力尽きて寝てしまって、土曜日は午前中に肉体労働に駆り出されていたのですが、若干寝過ごして、ぎゃああああって出勤したわけですが、つまり夕食と朝食をくいっぱぐれ、力仕事には力が入らず、ふらふらと重い物を運んでましたcoldsweats01
 さすがにお腹空いたので、お店でパン買ってきて食べましたが、うちの畑でイチゴがわんさかとれたので、あとはひたすらイチゴ食べてました(笑)。
 で、そろそろ時期なんですけど、また紫月特有の5月病…足が鉛病がやって来たわけです。脚おっもぉおおおおおおおおおおおおおおおおおいbearingsweat01sign03これがつらいつらい…。更にプラスで頭痛まで来て、本当にフラフラしております。それでも、土曜日に部屋を掃除したんですけど、休み休みやってたらえっらい時間がかかりました。

 さて、先週買ってきた漫画も、やっぱりなかなか進みませんけど、とりあえずさらっと今週も感想書いときます~~~happy01note

 ダイヤのA 第32話 「それぞれの夏」
 うぇえええええええええええcoldsweats02sign02
 市大三高が負けちゃったshocksign03
 せっかく真中くんが、精神的に復活したと思ったら、雷市くんの打ったピッチャーライナーが腕に直撃…。あぁ……crying。別に、市大三高をすごく応援してたわけじゃなかったんですけど、青道のライバルだったみたいだし、真中くんは丹波くんと対決するつもりでいたんだろうに…。もちろん、丹波くんも。中学で進む道を敢えて変え、それぞれの高校でエースになった二人…。丹波くんは、市大三校と当たるまでに戻ってくればいいって監督に言われてたけど、その市大三高が負けちゃったわけで…。
 勝った薬師高校は、とにかく打撃重視で、バントはないってことだったけど、バット振ってきてくれるんだったら、降谷くんや栄純くんにとってはラッキーかもしれない。あの子たちは、むしろコントロールに難ありで、振ってさえくれればなかなか当たらないっていうのが持ち味だから…。
 でも、雷市くんはどんな球でも打っちゃう凄いバッターだから、御幸くんも深刻そうですね。自分でも、変化球に慣れさせておいてのストレートは、最高の選択だと思っていたのに、それを力一杯打たれちゃったわけですから。
 真中くんは、大事な腕を怪我しながらも、必死で球を拾って雷市くんをアウトにしていて、そんな姿に胸打たれましたけど、本当に気の毒でした。
 そんな試合を見てた青道陣。更にその後、降谷くんと栄純くんと春市くんで、バスへの道に迷う最中、雷市くんとお父さんの轟監督の会話を聞いちゃいました。自分たちは、完全に眼中にないようなその会話に、衝撃を受けるわけですが、更に春市くんがそれを先輩方にも話したら…。
「ぬ…ぬぬぬぬぬ……ふざけんなぁあああああああああannoysign03
 怒りまくる伊佐敷くん。この人が怒るとマジ怖いお兄さん。
(この人が現場にいなくてよかったぁ…)
と思った春市くんに、後ろからお兄ちゃんがにっこり。
「で?もちろんぶん殴って来たよね?」
「あ、兄貴coldsweats02sign02
 笑顔で静かに怒るお兄ちゃんマジ怖いcoldsweats01sign03
 倉持くんも増子くんもそれぞれに怒りを表していますが、一人冷静な結城くん。
「市大であれ薬師であれ、俺たちの前に立ち塞がれば倒すべき敵だ。グラウンドで答えを出してやればいい」
と思いきや、周りを圧倒するほどのメラメラ燃え盛るオーラが…coldsweats01
「のわっ、テツ、お前、尋常じゃない何かが出まくってるぞcoldsweats02sign03
 そんな結城くんがかわいい、かっこいいhappy02heart04sign03
 そして、真中くんの負けを目の当たりにした丹波くんは、伊佐敷くんと増子くんと結城くんに、試合の感覚を取り戻すために、シートバッティングの要領で勝負をして欲しい、と頼みました。
 伊佐敷くんは勢いよく
「オレは好きだぜ、そういうのsign01手加減は出来ねぇけどなぁ。特にこの男sign01
 結城くんかいcoldsweats01sign03
 で、やってみたら、倉持くんの盗塁に気を取られ、伊佐敷くんにヒットを打たれ、次は結城くん。
「気をつけろよ、丹波。テツは容赦しねぇぞ」
 何て声がかかるマウンドを、礼ちゃんと話しながら、監督は笑みを浮かべて見てました。
「ふっ。戦う準備はできているようだな」
 パカーンbaseballimpactsign03
「あっcoldsweats02sign03
「うわぁあああああ、スリーラ~~~~ンsign03
「空気読んでくれぇ~sign01
「丹波さん、次のバッター集中でcoldsweats01sign03
 そんな声が飛び交う中、それを見てた二人は
「・・・・。」
 鬼のように容赦ない結城くんがかっこいい、かわいいcoldsweats01sign03

 ハイキュー!! 第7話 「VS大王様」
 王様の先輩だから大王様とかあだ名付けちゃう日向くん、マジ天使(笑)。
 及川さんは、何やらものすごく実力のある人みたいですね。女の子にキャーキャー言われてる及川さんに、ひたすら威嚇の田中さんですが(笑)。
 月島くんと日向くんがレシーブ苦手だと、すぐに見抜いてしまった及川さんは、影山くん以上の殺人サーブで、見事に月島くん狙い。遅れてきた及川さんが入ったのは、烏野があと1点で勝つというマッチポイントの所だったのに、そのサーブだけでたちまち追いつかれそうになってしまいました。月島くんは意地悪だから嫌い、と言ってる日向くんですら、及川さんに嫌悪感を抱いたようです。
 そこで、大地さんが守備範囲を大幅に広げて、月島くんをカバーしようとしたけど、それでもピンポイントで月島くんを狙ってくる。コントロール重視だったから、何とか返すことはできたけど、そのまま相手コートまで行ってしまったので、城西高校にとっては絶好のチャンスボール。しかも、前衛は一番高さのないローテーション。菅原さんが、マズイ、と歯を食いしばったけれど…
(よし、完全にブロック振りきっ…)
 た…と思った金田一くんの目の前に、ななめから必死に手を伸ばしてジャンプした日向くんが。そして、スパイクを何とか片手でワンタッチ。それで威力を殺されたボールは跳ね上がる。
「次はオレが叩き落としてやるsign03
 金田一くんが言った先から、即行で切り返して逆サイドへ走っていた日向くん。一瞬反応が遅れたら、もう追いつけない。追いつけるのは、ボールだけ。そして、そんな日向くんのスパイクする位置に、影山くんのトスが上がる。日向くんは、目を閉じずに、じっと狙う方向を見据えていました。何度もレシーブの苦手な月島くんを狙った、及川さんを。
 力一杯のスパイクは、及川さんの右横をすり抜け、コートに突き刺さりました。
 初めて紫月は、日向くんがかっこいいと思いました。いつも、目を閉じて、ボールを見ないで腕を振っていた日向くんだったけど、初めて狙ったんですよね。かっこよかった。
 及川さんは、影山くんのことをあまりよく思ってないんですかねぇ。正直に影山くんの才能は認めているけれども、くそかわいい後輩とか言ってるし。絶対思ってないよね。
 さて、何やら烏野にも、守護神…がいるみたい。あの子はリベロかな?田中さんに「熱すぎる」って言われる子みたいだけど…モップ、折った子?そして、コーチにはあの坂下商店のお兄さんがついてくれるのかな?

 弱虫ペダル 第31話 「強者3人」
 御堂筋くんって、キモいキモいゆってお前一番キモいやろって感じの子だけど、実力は本物ですね。だって、福富さんも金城さんも、仲間が必死にサポートしてここまで来てるのに、たった一人でここまで来て、福富さんと金城さんに対等な勝負を仕掛けたんだもん。地元で王者の箱根学園のプライドと、みんなの思いを背負った金城さんが負けるとは思いたくなかったけど、御堂筋くんが凄すぎて、めっちゃハラハラしました。そして、3人同着という結果でも、ちょっと納得いかなかった。なんで、あんな非道な御堂筋くんが、人のことを平気で中傷する人が、この二人と同着なんだろう。しかもこの子は1年生なんですよね。何か、すごく悔しかった。
 だけど、悔しい以上に、これからまだ2日間もあるのに、田所さんに異変がcoldsweats02sign02巻島さんにだけ状況を打ち明けた田所さんだけど、ちょ、大丈夫…?どうしちゃったの…cryingsign02
 で、次回予告のショートムービーは、そんな田所さんは置いといて、3年生3人がお風呂に入って髪の毛洗ってます。
 まずはシャンプーハットの田所さん。いや、あんた高校生でしょcoldsweats02sign02
 そして、長い髪を右側に集めて優しく洗う巻島さん。いや、あんた男でしょcoldsweats02sign02
 最後、やっと普通に洗ってる金城さん。シャンプーを流したと思いきや、何故かスチャっとサングラス。何でやねんcoldsweats02sign03

 僕らはみんな河合荘 第6話 「もしかして」
 シロさんが小学生とはいえ、女の子に好かれるなんて…と思ったら、千夏ちゃんは友達とケンカしちゃったんですね。いや、ケンカというより…八つ当たりして、避けられてる、という感じでしょうか。これは、千夏ちゃんが悪いよね。仕方ない。その場で、素直に謝ればよかったのに…。とはいえ、ここまで来たら後の祭り。
 だけど、ぼっち先輩ならぬ、律ちゃんが、千夏ちゃんの八つ当たりで好きなものを頭から否定された友達は、傷ついていると教えてくれました。律ちゃんも、人の気持ちが分かる子ですね。
 それにしても、シロさんが作ったピタゴラスイッチ的な装置はすごかったなぁ。そして、すかさずプリンを作って出してくる住子さんも、本当に素敵な人です。

 HUNTER×HUNTER 第126話 「ゼロ×ト×ローズ」
 ネテロ会長…凄まじかった。死んじゃったのかな…やっぱり。王も死んじゃったのかな?でも、この状況で王だけ死んじゃっても、色々と後に残るものが大きすぎて問題だよね。かといって、ネテロ会長以上に強い人いなさそうだし、どうなっちゃうんだろう…。

 ではでは、今週はこの辺でhappy01sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

5月諸々感想ⅱ

 GWのおかげで、3日頑張ればよかった先週、金曜日に11時まで開いてる本屋さんへダッシュして、「Rebo to Dlive」買ってきましたhappy01sign03ていうか、天野先生のイラスト集第2弾が出てるなんて、全然知らなかったからぁ~~~~~~~~coldsweats01sign03頂いたコメントでそれを知って、なんだとぅcoldsweats02sign02ってなりました(笑)。じっくり楽しませてもらいましたhappy02heart04sign03なんか、久しぶりに、新しいリボーンを見た気がして、本当に嬉しかったんです。あぁ、山本がいる、雲雀さんがいるcryingsign03あと、狡噛さんは、めっちゃかっこいいですねlovelysign03アニメで見るより、正直遙かにカッコイイですぅhappy02heart04sign03それでこそ、天野先生ですsign03
 今回は、描き下ろしのイラストも多数ということで、かなり読み甲斐がありました。好きなイラストは、20:00のリボーン、10代目とその守護者勢揃いがかっこよくて、4:00の、朝練中の山本と了平兄さん遭遇が爽やかスポーツ男子最高happy02rockheart04sign03天野先生のイラストだから、どれ見ても綺麗なんですけどねぇ。あと、何と言っても美形のディーノさんのイラストは、2コマになってて、上のコマがめっちゃ美しい、かっこいいディーノさんで、下のコマが何かすっ転んで…coldsweats01もう、相変わらずなんてかわいい人だ、あんたはcoldsweats01sign01一面狡噛さんのイラストも、めちゃめちゃかっこよくて…アカン、言い始めたらきりないから。でも、感想書いてる時間、あんまないから、この辺で…。
 でも、ひとつだけ言えること。見開きのページで1枚のイラストって、真ん中見づらいから、単行本サイズなのはお手軽でいいけど、せっかくの美麗イラストがもったいないなぁ…。って思いました。大きいサイズで出したって、紫月は買うのになぁ。
 それ以外に、黒子のバスケ27巻や、進撃の巨人悔いなき選択、蟲師特別編も出てたので買ってきました。もちろん、読めてませんけど(笑)。時間足りなかった…。

 というのも、相棒の劇場版Ⅲを土曜日に観に行ってたからですhappy01sign03なかなか観に行けなかったので、やっとという感じでした。
 感想書いたらネタバレになっちゃうので、あまり書きませんが、三浦さんと神戸くんが出てきてくれるのが、何と言っても楽しくてたまりませんでしたhappy01noteあれ、時間軸でいうと、Season12の前になるんだろうな。特に神戸くんは、特命係のあの部屋まで来てくれるし、右京さんだけじゃなくて、カイトくんとの初体面もあって、なかなか楽しかったですhappy02sign03そして、できればもう少し出番欲しかったかな(笑)。だって、太平洋に浮かぶ島に行くとなると、他の人達があまり絡めないじゃないですか。それでも捜一トリオや米沢さんは無理やり絡んじゃうから楽しかったです(笑)。
 今回は、劇場版Ⅱみたいに、官房長死んじゃうとか、そういう大事件は起こらないので、スケールの大きな事件、といった感じでした。そして、事件は二つある…みたいな?相変わらず右京さんの推理は冴えていた。

 それでは、いつもの諸々感想ですが、日曜日があと15分で終わろうとしているので、今回は全て簡易版でスミマセンっcoldsweats01sign03

 ダイヤのA 第31話 「ダークホース」
 青道のライバル、市大三高の相手、薬師高校が、今回のダークホース、ってことですよね。市大三高、大丈夫かcoldsweats02なんか、薬師高校のバッティングがすごくて、バント一切なし、とにかく打ちに来るっていうスタイルなんだけど、これが意外と当たるというか…そもそも、エースの真中くんが、4番の1年生の轟くんに力一杯ホームラン打たれちゃって、それで崩れちゃったのが一番大きかったみたいなんですけど。
 今回一番ウケたのは、栄純くんが「轟」という字を見て、あれなんて読むんだ?って、一生懸命考えて、車が三つだから…
「三輪車sign03
「とどろきだと思うよ」

 すかさずツッコむ春っちが面白かった(笑)。でも、三輪車って座布団ひとつな感じじゃないかと(笑)。
 あとは、市大三高の試合見ながらゆらゆらオーラを立ち上らせて、静かに闘志を燃やす結城くんがかわいかった(笑)。

 ハイキュー!! 第5話 「面白いチーム」
 影山くんのことを悪く言う金田一くんは、仕方ないのかなって思いましたが、田中さんと同じで「中学と同じと思うなよsign02」って思いながら見ていた紫月です。
 だけど、1セット目は、相変わらず日向くんが緊張しまくりで、もうみんなの足を引っ張るとかそういうレベルじゃなかったですねcoldsweats01。終いには、苦手なサーブが相手のセットポイントで回ってきちゃって、焦りすぎて、影山くんの後頭部にぶつけるという大惨事(笑)。
 それで、もう最悪だぁ~~~とテンパってたわけですが、影山くんはそれをネタに、オレの後頭部にサーブをぶつけるより怖いことがほかにあるか?と詰め寄る。
「……オモイアタリマセン」
 答えたら、影山くんは、だったらもうやっちまったんだから、それ以上何も怖いことないだろうと、ぶつけたことを責めたりはしませんでした。
 それで立ち直った日向くん。第2セットは、動き回って跳んで、影山くんは日向くんと田中さんにトスを出しわけるから、相手が攪乱されました。ついでに、月島くんもスパイク打ってましたけど、「正確すぎて気持ち悪い」くらい、ここに来てほしいと思ったところに来るそうです。
 青葉城西のコーチ?先生?は、影山くんにも声を掛けたと言ってたから、影山くんは敢えてそこには行かなかったんでしょうね。第1志望は落ちたって言ってたけど(笑)。
 ところが、どうやら相手チームのセッターは正セッターじゃないって…?影山くんの先輩とかだったりするのかな、もしかして。
 何はともあれ、影山くんが中学の時とは違う、スパイカーのために打ちやすいトスを出してるって知った時の、元北川第一の仲間たちに、ざまぁみろと言いたかったです(笑)。そしてそこが一番痛快でした。

 弱虫ペダル #30 「荒北と今泉」
 えぇええ、荒北さんはヤンキーやっとったとねcoldsweats01sign02というか、中学で野球をやってて、ピッチャーとして有力選手だったのに、肘を故障してしまったという…そんでグレたという…わかりやすい奴やのう。けど、原付に乗って調子こいてたら、福富くんに自転車と原付のレースで負けて、それをきっかけに自転車を始めたという…。だから、結構ギラギラした奴だったようです。確かに目つき悪いもんな~。
 だけど、今泉くんは1年生でも負けてない気がする。ラスト500mまで、遅れることなく、金城さんのアシストをしました。そこでスゴイと思ったのは、「抜けなかった…」って思ったこと。相手3年生ですよ?さすがです。
 もちろん荒北さんは、ついてきた今泉くんに驚きでしたが…あとはエースがゴールに飛び込むだけ。と思ったら、何と御堂筋くんがいつの間にやら抜き去っていて…えぇえええcoldsweats02sign02正直それは嫌なんです、けどbearingsweat01sign03御堂筋くんが力あるらしいのは解るけど、それでも、ここまでみんなの思いが込められたエース二人、あっさり持っていかれちゃったら嫌だよcoldsweats02sign02

 蟲師 第7話 「花惑い」
 あぁ…これもうすら寒い中に、美しさが…っていう、何とも言えない雰囲気のお話ですね。絵柄的に、におい立つような美しい女性、っていうのは、アレなんですけど、桜の花の美しさが素晴らしかった。さほという、植物のような女性を、代々ずっと愛し続けてきた庭師さんでしたが…首を挿げ替えて接ぎ木とは…恐ろしい…shocksign01それをギンコに阻まれて、遂にさほは朽ちてしまいましたが、あれはあの桜の巨木が体現したものだったんでしょうか…。

 僕らはみんな河合荘 第5話
 律ちゃんの水鉄砲のやる気が、カエルさんのレインコートでめっちゃ面白かった(笑)。そんで、宇佐くんが律ちゃんの読んでる本に興味をもってくれて、律ちゃんがめっちゃそれを喜んで、気にして、何回も「今どの辺?」って聞きに行くのが、これまためっちゃ共感happy02sign03
 紫月の場合は、それが漫画だったりしますが、勧めた相手がそれに興味をもって読み始めたら、ワクワクして、くすっと笑おうものなら、「どこ?」って聞きたくなる(笑)。もう、本当に、律ちゃんの気持ちが手に取るように分かるぅううsign03そして、そんな律ちゃんがめっちゃかわいかったです。宇佐くんは、感想を言い合う時に、自分と律ちゃんが上手く噛み合ってなくて、うぉおおってなってたけど、それでも好きなものについていろいろと言ってくれる相手と話してるのって、楽しいよねhappy01sign01そんな律ちゃんの笑顔を見逃しちゃう宇佐くんが、さすが宇佐くんってところなんですねぇ(笑)。

 さて、今回はこの辺で。
 今週は、フルで仕事だから、嫌だなー。ちょっとは早く帰れるといいのになー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

5月諸々感想ⅰ

 心の救いだったGWも終わろうとしていますweep
 この後半は、日帰りで仕事を兼ねた遠出をして、一日休んで、雲雀さんの誕生日だった昨日は友達が遊びに来てくれて、今日は予定が入りそうだったんですけど、連絡がなかなかスムーズにいかなかったので、休めました。ていうか、ちょっと休みたいなーって気持ちで連絡取ってたので、きっとそれが相手にも伝わったcoldsweats01
 後半の初日、同僚と一緒に仕事の下見に行ったのはいいけれど、結構散々でした(笑)。まず、前日の仕事が終わったのが、夜の11時30分過ぎ。家に帰ってきたら、大体12時っていうレベル。でも、翌日は6時集合だったので、このまま寝ちゃったらまずいと思って、夕ご飯を食べ、シャワーを浴びて、寝たのが2時過ぎ。起きたのは5時、だったため、もぉおおおお眠くて眠くてcoldsweats01眠すぎて目が抉れそうでした(笑)。その前もその前も寝不足状態だったので、つらくて。しかも、自分で全然気づいてなかったけど、3日くらい財布もたずに出歩いてたらしくて、いざ朝ごはんを買いにコンビニに寄ってみたら、
「あれ…財布ないcoldsweats01
 そこで、あれ、落としたかも、何て焦りはしなかったんですけど、あ~~~~そういえばGW前半で出かけた時に、財布を別のバッグに入れてから、戻してないよなぁ…みたいな(笑)。まぁ、高速に乗る前に、丁度朝の7時にATMが開いたので、何故か通帳は持ってたし、カードがなくても手の平認証できるシステムあるし、お金は何とかなりました。しばらくそれでいじられた上、小銭入れを買う羽目になりましたが(笑)。
 そんなエピソードを書いてて改めて思ったんですけど、お店に寄れる時間が自分には全くないんだなぁ…と…。朝は8時には職場に行ってないといけないし、帰ってくるのは10時とか11時とかだし…。今朝ネットのニュースで、残業が月80時間を超えて、うつ病になって自殺した人がいたっていう記事を読んだんですけど、ざっと数えてみて、自分の残業時間は月軽く100時間越えてるよなぁ…と。労働基準法って、なんだっけ。
 とまあ、そんな一日だったため、その日は10時くらいに死んだように寝て、翌日も寝そべってると意識をもぎ取って行かれるような感覚に何度も陥りながら、まどマギ劇場版のブルーレイ見てました(笑)。そして、最後の結末に
「えぇええええええええええええええcoldsweats02sign02
って、マジで声を上げずにいられませんでした(笑)。
 あれで終わるって、ちょ、酷いcoldsweats01sign03続きはsign02続きはぁsign02
 とりあえず、これだけは言える。
 主役って、ほむらちゃんだよね(笑)。

 さて、そんな感じですが、いつもより余裕があるんで、感想書いておきたいと思いますwinknote

 ダイヤのA 第30話「勝者と敗者」
 正直、明川に負けるとは思ってなかったので、納得だったんですけど、舜臣くんの頑張りに、青道応援してるけど、負けるのは気の毒だなぁなんて気持ちすら湧いてきてしまいました。
 丹波くんをブルペンで投げさせ、出すつもり全然ないのに相手チームに揺さぶりをかける監督。でも、こうすることで、丹波くんも全く出番がなく、チームに何の貢献もできず、っていうこともないし、明川だけじゃなくて、これからのチームにも、丹波くんは出せないのではなく、温存してるだけだと思わせることができますよね。さすがです。
 そして、相変わらず栄純くんは、傍から見ればストレートしか投げない、打ち頃のスピードの投手、バッターボックスから見ると、出所の分からないムービングボールでしかもサウスポーっていう、攻略の難解な投手で、明川打線を見事に抑えました。監督にもクリス先輩にも、「ナイスボールだ」「ナイスピッチ」って褒めてもらえて、
「青道の二大巨頭が…オレを、褒め…褒め…sign01
って大喜びだったんですけど、栄純くんの中では、監督とクリス先輩が同列なんですね(笑)。
 とはいえ、青道打線も舜臣くんに抑えられてました。それを打破したのは、代打出場の春市くん。
「コントロールに自信のある楊なら、必ずインコースを責めてくる。そこを狙い打ちか。センスの塊だな」
と、御幸くんにすら感嘆の思いを抱かせたわけですが、そんな思いを抱いているのは、御幸くんだけではない様子。お兄ちゃんの亮介くん、春市くんにはあまり優しくないのかと思いきや、自分では思いつかないようなことをしてくる、こんな弟をもつと大変だ、なんて思ってる。そっかぁ、亮介くんは、春市くんのことすっごく認めてるんだねhappy01sign03
 そして、バントの指示に、何で打たせてくれないんだとブータラしながら絶妙のバントしてる栄純くんですけど、味方から「バント職人」って呼ばれるくらい、バントだけは(笑)上手いんですね。しかも無自覚。完全に抑えられちゃってる倉持くんは、いっそそれが腹立たしいくらいのようで…coldsweats01
 でも、倉持くんも相手エラーを誘って塁に出る。そこでお兄ちゃんも魅せてくれました。スクイズを大きく外されて、それに飛びついてバットに当てる。それで春市くんがホームイン、更に俊足の倉持くんが技ありのホームイン。
 青道の技あり得点や駆け引きに、舜臣くんはいっそ喜びを覚えたようです。そういえば、青道の前の試合を見てた時は、何の制御もしない、力任せの投球だと、降谷くんを見下してましたよね。そして、自分の憧れた日本の高校野球のレベルは、こんなもんじゃないのだと。
 舜臣くんは、留学の時期の関係で、来年の夏にはもう甲子園を目指せないみたいなんだけど、それを知らないみんなは、「来年」と口にする。チームメイトは、みんな舜臣くんが、もう夏のマウンドには立てないのだと知って涙を流してくれ、ガラガラの客席からは、舜臣くんを応援する声が降ってくる。それを聞いて、目一杯野球を楽しんだのだから、悔いはないのだと思っていた舜臣くんの目からも涙が…。その一部始終を見るたびに、紫月の目からも涙が…crying
 こんな風に、日本の野球を評価してくれていた舜臣くんには、ぜひとも、もっともっとその楽しさを味わってほしいと思いました。

 ハイキュー!! 第5話 「小心者の緊張」
 新入部員同士の3対3のゲームは、影山くんのセッターとしての精度がメキメキと向上して、見事日向・影山チームの勝利。日向くんが打てるから、背の高い月島くんが日向くんをブロックしようとしたら、田中さんにスーパートスが上がる。スパイカーがトスに合わせるんじゃなくて、トスをスパイカーに合わせるというハンパない技術は、影山くんの神経をすり減らしているし、日向くんは人一倍走って跳んでるから、体力の消耗はハンパないんだけど、二人が噛み合った時の喜びはひとしおで。
 それにしても、本当に菅原さんと大地さんはいい人だなぁ。もう、いい人レベルが突き抜けてる。先生が、練習試合を青葉西城と組んできて、青葉西城には、影山くんのいた中学からたくさんの人が進学してて、試合の条件に「影山をセッターでフルに参加させる」と言ってきた時も、正セッターである菅原さんが、すぐに納得する。しかも、「影山と日向のコンビが、4強にどこまで通用するか見てみたい」という前向きな理由で。あと、人の心の動きに、二人ともすごく敏感な気がする。大地さんの方が大らかな気がするけど、菅原さんはめっちゃめちゃよく気が付くし、優しいと思います。
 そんな菅原さんに対して、影山くんも全然高飛車じゃなくって、実力も体力も圧倒的に上なのに、経験の差はそう簡単に縮まらない、みんなからの信頼も…と、尊敬してて、その上で、頑張って正セッターになって見せる、と宣言。影山くんも、先輩に対しては低姿勢で結構いい子なんだなぁ。
 で、練習試合が決まって、日向くんは緊張のあまりフラフラになってしまいました。誰が見ても分かるくらい、動揺するし、身体の調子悪くしちゃうし、眠れないし、おかげでバスにも酔っちゃって…せっかくの「最大の囮」作戦、大丈夫coldsweats02sign02 

 弱虫ペダル 第29話 「山頂」
 今回も、またこれ泣きそうになりながら見ていた紫月です。なんか最近涙もろいのかしら。
 東堂さんに先に行かれてきっかり3分で、最下位から激走してきた坂道くんのおかげで、巻島さんはチームから飛び出すことができました。
 だけど、ずっとずっとずっとずっと、そんな巻島さんとの勝負を望んでいた東堂さんは、最大のライバルと走れないつらさが圧し掛かってきて、得意なはずの坂道で、いつも通り速く登ってるんだけど、その表情は苦痛に歪んでいました。そんな東堂さんを見てるのがかわいそうで…。後ろから追いかけてきた全く別の人に、期待して振り向いて、がっかりしてるのも、巻島さんが追い付いてきた時も、声援の中に「またひとり来たぞ」「ダンシングがフラフラしてる」って声を聞きながら、期待しちゃダメだ、オレは置いてきたんだって歯を食いしばってる東堂さんも切なくって。だけど、「何だ、あの髪の色、玉虫色?」を聞いて、思わず後続の人に抜かれながらも後ろを振り返る。そこには、長い髪をダンシングでなびかせる、巻島さんの姿が…。
 かなりテンポを上げて上って来たから、準備運動はばっちり、調子はかなりいい、と、ニヤリと笑って見せた巻島さんに、東堂さんは、涙を流して「オレもたった今絶好調になったsign03」と叫ぶ。ほんと、東堂さんはこの勝負に懸けてたんだなぁ…。
 自分の中にあるものを全て振り絞って挑んだ山岳リザルト決戦、ほんのコンマ数秒で東堂さんにもっていかれたけど、箱根という相手の地元で、3分遅れたというハンデを抱えながら、対等に戦った巻島さんはさすがでした。東堂さん、嬉しかっただろうな。
 エンディングショートアニメは、巻島さんをストーキングする東堂さんでしたが(笑)。ほんと巻ちゃん大好きね、あんたはcoldsweats01

 以下、諸々簡易感想で~すhappy01sign01

 蟲師 続章 第5話 「鏡が淵」
 こわshocksign03
 自分の後を、水の塊がまるで意志をもっているかのようにのらのら水音を立てながらついてくるだけで、マジ怖いわ。しかもそれが、自分の身体を乗っ取るためだなんて。乗っ取られたら、自分が蟲の側へ行ってしまうわけで、怖すぎる。しかも入れ替わる瞬間は、自分にそっくりなものが、自分の後ろから無表情でひたひたと近づいてくるんですよ?その姿を鏡に映すだけで、この蟲は脆くも姿を崩してしまうらしいんですけど、それ失敗したらどうすんのshocksign01しかも、力は奪われてて、倒れた時に鏡が転がり落ちて遠くまで行ってしまってて…ほんと怖かった。結末知ってたけど(笑)。

 ぼくらはみんな河合荘 第4話
 彩香さんに唆されて、ぐいぐい押しで行ってた宇佐くんでしたが、律ちゃんはそういうの苦手だし、人と合わせるの疲れるって思ってて、それでも一人でいるって思われるのも嫌で…って、結構複雑なんだけど、それでも一人でいるのは楽で好き。
 律ちゃんの気持ち、めっちゃ分かる~~~~~~~~~~~~~~~coldsweats02sign03
 大体ひきこもりんな紫月は、人といれば、笑うししゃべるし、それでそれなりに楽しいと思いますが、別に仲良くない人と表面的に合わせて笑ったり話したりするの、結構疲れると思うタイプです。大して知りもしない人たちと行くボウリングは大嫌いです(笑)。
 で、控えめにして、それでも時々声を掛けたり、話したりすることにした宇佐くんですが、それはうまくいきそうですねhappy01note頑張れ宇佐くんsign01
 あと、何気に城さんは人のことよく見てるし、よく理解してるんだと思いました。変態だけど。

 あと、今回はそれでも世界は美しいが、ちょっと面白かったです。初めのうち、すごく王道パターンな主人公のタイプや反応に、あまり興味が湧かなかったんですけど、子どもなのにすごい仕事量こなして、絶対的な王として君臨してるリビの不器用さと、それでも圧巻の王としての態度や器、そんなリビのことを少しずつ理解しながら、分かってあげたい、癒してあげたいと思うはねっかえりのニケが、なかなかいいコンビだと思いました。消しちゃってるんだけどcoldsweats01

 今年はやっぱりイラストの一つも描いてお祝いしてあげられなかったけど、改めて雲雀さん、お誕生日おめでとうございましたhappy01sign03

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »