« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月19日 (日)

10月諸々感想ⅲ(簡易版)

 毎度毎度簡易簡易と言ってるダメ人間です(笑)。
 先週も死ぬほど忙しくて、毎日夜の10時半とか11時とか果ては11時半とか、死ねと言わんばかりの時間にしか職場を出ることができなくて、ちょっとつらかったです。
 昨日は掃除して部屋がきれいになって、いい気分、やっと始まった相棒も見ることができました。が、今日はまた家族と松茸狩り(という名の山登り(笑)。)に行ってきまして、1日潰れました。松茸なんぞ、一本たりとも見つかりませんでしたけど。でも、お土産に松茸貰ったから、まあいいか。くらいの。

 さて、それでは、もう夜も遅いし、明日も早いので、今回は本気の簡易版で行きます。

 相棒Season13 第1話 「ファントム・アサシン」
 社さん…は、これから相棒の、準レギュラー的存在になっていくんでしょうか。雛子さんみたいな。まさかの警視庁への異動…。
 室長さんは、社さんのことが大事だったんですかねぇ…。自分より、社さんが上に行く人だからかばった、というには、あまりにも…ねぇ。国の大事な情報を、金の為とか言って売っちゃう人は、確かにどうかと思うけど、こんな大それた殺人事件起こしてまで 何とかしようとするなんて、まさに行き過ぎた正義。右京さんは、時々『正義が暴走する』って、以前小野田官房長に言われてたけど、これは完全に過剰防衛に類するものじゃないかと思いました。ていうか……思い込みが激しすぎっていうか。
 カイトくんは、結婚の話を進めてたみたいだけど、悦子さんに白紙に戻されちゃったんですね。お父さんと仲直りなんて、できるのか?どっちもお互い、相手には自分なんて必要ないって思ってるような気がするんですよね。そして、どっちも折れる気がしない。右京さんが間に入ってあげる…なんて器用なタイプじゃないかな(笑)。
 社さんは、どれくらいの立場の人なのか、意外と分かってないんですけど、警視庁で異動早々みんなが立ち上がって礼をするくらいの人ですよね。右京さんはともかく、カイトくんはずいぶん馴れ馴れしくしちゃってるわけで、大丈夫なのかしら…と思ったり思わなかったり。

 ダイヤのA 第53話 「ギアチェンジ」
 何と…成宮くんは、力をセーブして投げてらっしゃる。そして、力でねじ伏せるべき結城くんにだけ、本気。結城くんは2打席目も三振取られちゃって、自分にだけなぜそうするのかも分かってて、めっちゃめちゃオーラ出まくり(笑)。でも、結城くんだけ抑えられて悔しいbearingsweat01sign03亮介くんも、足本格的にヤバそうだし、降谷くんはついに力での投球でブレが出てきてしまいました。ていうか、審判が厳しすぎで、なんかいや~な感じに…。2点取られ、逆転までされてしまって、いよいよ稲城ペースに…なろうとしたところで、降谷くんには力を抜いて投げていた成宮くん。見事に2ベース持っていかれました(笑)。降谷くんは、打者としても有能なんですってhappy02note

 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第2話「エースたち」
 御堂筋くんが強いのは、よく分かったし、キモいとか何とか言われたって、全てを勝利のために捨てているから、そんなことで折れたりしない。だから、すごいのだと思う。けど、やっぱキモいッス怖いッス苦手ッス。
 その後ろにぴったりとついた、金城さんと福富さん。二人はライバルとして、二人で力を出し合って御堂筋くんを追う。御堂筋くんに、友情キモいとか言われてるけど、そういうので更に力を出し合えるって、大事なことなんじゃないのか。ほんと、二人に勝ってほしい。これで御堂筋くんが勝ってしまったら、正々堂々とチームで精一杯戦ってきた方が否定されてしまうようで怖いです。

 蟲師続章 「草の茵」
 初めの方を見て、あぁ、この話か…と思って切なくなりました。幼いギンコが、まだ蟲師になる前のこと。山の主が交代するところで、新しく生まれた主の卵を落としてしまう…。わざとでも何でもないし、理からは許されたのに、やっと自分を一人の人として扱ってくれた蟲師からは、許してもらえなかった。何かほんと切ないッス。まぁ、新しい主が出てきてくれなかったら、山が荒れてしまうから、山を守る蟲師として許せなかったのは仕方ないし、怒ってるんじゃなくて、その重大さゆえに…って感じだったんですけどね。
 こう思うと、ギンコって小さい頃から凄まじい人生歩んでるよな…。それでよく、あれだけ飄々としつつも、人情のある人に育ったもんだよ。

 ギリギリ日曜日中に投稿できそうです。では、今回短めで失礼しますcoldsweats01sign03

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

10月諸々感想ⅱ

 まだ相棒は始まりませんが、やっと今週スタートですね。楽しみですhappy01note昨日、同僚の方から、東京の浅草に、水谷さんの手形があったよ、って写真送ってきてもらって、思わず喜んでしまいました(笑)。

 今週は、主に新番組で、感想を書き続けるかどうかは分からないけど、とりあえず面白かった、気になった番組などなどを少しずつ書いてみたいと思いますwinknote

 ダイヤのA 第52話 「負けたくない」
 まるで、負けそうになってるかのようなサブタイトルに、一瞬ヒヤッとしたんですけど、どうもそういった類のものではなかったようです。
 成宮くんは、ムキになってたみたいですが、それでも大したピッチャーです。きっちり青道の4番5番を抑え、打者としても優秀な降谷くんも、ファールとしてしか飛ばせませんでした。
 で、とりあえずここまで無失点だった成宮くんから、強引に1点取ったわけですが、それ以上は望めませんでした。何しろ、結城くんが打ちとられてしまいましたからね…。何かすっごいオーラ出てたけど、結城くん(笑)。
 同じように打ち取られてしまった降谷くんでしたが、今度はこっちの守り。先発の降谷くんの立ち上がりは……絶好調happy02sign03稲実の強力バッター達が、みんな手を出しても振り遅れてしまうくらいの剛速球をガンガン投げ込みます。なんと、4連続三振取っちゃいました。稲実の4番からもですよcoldsweats02sign02その4番をからかってた成宮くんも、サードファールフライに打ち取り、それに続く6番も三振と、怪物の名を一気に知らしめました。
 その原動力となっていたのは、「あの人には負けたくない」という気持ち。同じ怪物ピッチャーとして、有能なバッターとして、成宮くんには負けたくない。降谷くんって、負けず嫌いですもんね。成宮くんに比べたら、色々と課題は多いのかもしれないけど、少なくとも怪物具合は張り合ってる気がします。降谷くんの方が、一年後輩だし。
 正直なところ、丹波さんも、めちゃめちゃすごいピッチャーというわけではないし、めちゃめちゃすごいピッチャーの成宮くんと対等に投げ合うには、降谷くんがどこまでできるかって、大きな鍵ですよね。頑張れ、降谷くんhappy02sign03あと、結城くん頑張れ(笑)。

 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第1話
 弱虫ペダル1期が、インターハイの2日目のゴール直前で終わるという、驚きの展開だったわけですけど、無事その続きが始まりましたね。
 相変わらず…相変わらず御堂筋くんが好きになれない紫月ですけど、まぁこの人なりに、勝ちにこだわった結果が、あの態度ってことなんですかね。フェイズ〇っていうのは、作戦名なんですけど、今回49って言ってましたよね。少なくとも、49パターン、みんなの頭の中には作戦が入っていて、それだけのパターンを、様々な場合を考慮して組み立てて、練習してあったんですもんね。それはそれですごいと思う。でも、人を蠅とか虫とか、そういう蔑み方するのが、どうしても嫌いです。そして、その作戦も、人を邪魔するとか蹴落とすとか、基本そういう精神から構築されてるのが、スポーツマンとして微妙だなぁって。
 で、そんな御堂筋くんの予測を超えた作戦を立ててた箱学。2日目のエースのサポートは、新開くんで、一応そのことも考えて、スプリンター勝負で新開くんを負かしていた御堂筋くんだったんですけど、そんな新開くんを引っ張っていた荒北くんを邪魔してみたら、アシストは新開くんだったっていう。一度負かされていたって、新開くんは気持ちもきっちり切り替えて、再び御堂筋くんをロックオン。
 そして、同じく総北のアシストをしていた今泉くんも、「弱泉くん」とバカにされ、御堂筋くんにハンドルをぶつけられましたが、自らガードレールに身体をぶつけることで、落車を免れ、再びアシストに。思っていたより、ずっと精神的に強かった今泉くんも、御堂筋くんにとって計算外でした。……ちょっといい気分になる紫月は、決していい人じゃございません(笑)。
 だけど、京都伏見の元エース、石垣くんも、根性を見せます。この人は、本当にいい人なんだと思います。御堂筋くんがどんなに非情で意地悪で狡猾で腹の立つ1年生でも、その力を受け入れて、その御堂筋くんの為に必死でアシストをする。健気だなぁ…。
 さぁ、最後の2㎞、2日目はどこが取る…sign02

 残りは、今シーズンから見始めたもので、面白そうなものです。

 七つの大罪 #1・2
 絵柄があまり好みではなかったので、どうかなーって思ってたんですけど、わりと面白いです。メリオダスとギルサンダーの槍のやり取りが、めっちゃかっこよかった。メリオダスって、なんかすごい人っぽいけど、何で見た目が少年のままなんだろう。あと、OPのいきものがかりの曲がめっちゃ好きです。

 PSYCHO-PASS2 #1
 何ということでしょう……初めから19分しか録れてなかったんですけどっcryingsign03
 ばらかもんの最終回が被ってたのかな……うぅうううううcrying
 他の番組の第1話は、AT-XとかのCS放送で、大体無料で放送してくれてんのに、これはやってくれてないっぽくて……。よりにもよってなんでよぅうううううweepsign03
 新たなキャラクターも登場して、よく分からないけど後輩ちゃんは朱ちゃんのことちょっとイラッとしながら見てるみたいだけど、どうなったんだろう。とりあえず、犯人らしき人が、自分にも爆弾付けてて、ほら見ろ、的にそれを見せた瞬間切れましたgawksweat02

 曇天に笑う #1
 とりあえず、絵がめっちゃ綺麗です。原作とか全然知らないけど、アニメ的クオリティが高い綺麗さを感じます。そして、三兄弟の声を聞いて、
「天火兄ちゃんは、野崎くんだ。」(中村悠一さん)
「空丸くんは、エレンとかメリオダスとか…この人主役級でどんだけ出てんの」(梶裕貴さん)
「宙太郎くんは渚くんか…」(代永翼さん)
って、一発で分かった紫月は、相当アニメ見てるんだなって思いましたcoldsweats01。ま、代永さんはかなり特徴的ですけどね。

 ワールドトリガー #1・2
 まだまだこれから…ってところかな?原作がジャンプなので、面白いかもしれないと思って見てます。空閑くんのキャラがいい感じ。悪に対しても気持ちよくやり返してくれるので、痛快です。

 他にもいろいろとあるけど、それでも今期は少ない方です。あ~~~~~、サイコパス2の第1回、何とか再放送してくれないかな~~~~~sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

10月諸々感想ⅰ

 おぉ…何と、もう10月です。新番組も始まりつつありますが、今回は前回書けなかった辺りを少々書いておこうかと…。
 そうそう、ブログを書いていない間に、御岳山が噴火するというとんでもない事態が起きましたね。御岳山、紫月は四回ほど登ったことがあります。結構登山としては難易度が高いけど、頑張ったら登れるし、その達成感はなかなかのものです。頂上の見晴らしはいいし、頂上でお弁当とか食べられるスペースがあって、今の時期なら紅葉も楽しめる…。なかなか素敵な山なんです。それなのに、あんなことになるなんて…。
 強力な台風が迫ってきているので、また捜索とかも大変になりそうですよね。何とか早いうちに、被害者の方の救出ができますように…。
 明日の朝は様子を見ながら出勤となりそうです。出勤しなくていいとはならないのが残念なうちの職場ですが、「気を付けて出勤してください」ってメールが来ました。そりゃあ気を付けますけどね。ニュースでは、無駄な外出を控えてくださいって言ってますよ~。仕事が無駄な外出とは言わないけどさっ。これで事故が起こったら問題だよ、と、大ボスに言って差し上げたい。

 それでは、諸々感想、レッツスタートhappy01sign01

 ダイヤのA 第50・51話 「明日への足跡」「決戦開始!」
 結城くんの代が、不作の年だったなんて、信じられませんねcoldsweats02sign01
 とりあえず、結城くんは化け物だし、剛腕センターの伊佐敷くんもいるし、何が何でもバットに当ててくる亮介くんもいるし。でも、東先輩によると、クリス先輩だけは飛び抜けてたけど、それ以外は本当に酷かったんだとか…。
 結城くんは、ポジション希望が特になくて、どこでも守れますsign01とか言ったくせに、どこも守れなかったっていうオチだったし、伊佐敷くんはピッチャー希望だったのにノーコンだったし、3年間でみんな本当に成長したんですね。つか、結城くんマジかわいいlovelysign03そして、この頃から大真面目くん。毎日500回の素振りを欠かさなかったのを知って、みんなが影響を受けて、練習後に残って練習するようになった。なるほど…結城くんは、この頃から自分の姿でみんなを引っ張ってたんですね。
 そして、ついに稲実との試合開始。青道は、これまで失点を許さなかった成宮くんから、早速1点もぎ取りましたけど…いやはや、倉持くん、俊足やるなぁsign03そして、難しい球を振り切ってヒットにしてしまった伊佐敷くんもすごい。精巧なバントを見せた亮介くんもさすが。
 ところが、この1点で成宮くんの表情が変わってしまいました。この表情の変化は、青道にとって、幸か不幸か。とりあえず、結城くんにはいきなりど真ん中の直球が来て、結城くんが空振りをさせられましたけど。結城くん、頑張って…coldsweats02

 Free!Eternal Summer 第13話 「はじまりのエターナルサマー!」
 すごく満足です。何も不満はありません。
 ハルちゃんが自分の夢を見つけて、まこちゃんも夢を見つけて、お互い別々の道へ行っちゃうことも、渚くんや怜ちゃんとの最後のリレーになってしまうことも、全部とっても切なかったんですけど、全部納得のいく最後でした。
 まず、渚くんと怜ちゃんが、この最後のリレーが寂しいと思って、二人してまこちゃんやハルちゃんの前で、感情を露わにしてわんわん泣いていたのが、かわいくてかわいくて。この二人は、最後までかわいい年下担当だったなって思いました。怜ちゃんも渚くんも、男前な時は男前なんだけど、こういうとこはほんと素直でかわいいなぁ。
 そして、ハルちゃんはちゃんとまこちゃんに謝れたし、まこちゃんは自分の夢をちゃんとハルちゃんに話せたし、まこちゃんとハルちゃんは、どうやら東京へ出て、まこちゃんは勉強、ハルちゃんは水泳に打ち込んで、時には一緒にご飯食べたりする程度に近くにいて…。二人が離れてしまうのは、なんかすごく寂しい気がしたけど、そんなに離れてないのを見て、あ~、これでハルちゃんもまこちゃんも大丈夫だなって思いました。特にハルちゃんは、下手するとのたれ死んででそうだもんね(笑)。
 そして、もう一人救われたと思ったのが、宗介くん。凛ちゃんに、肩を痛めてしまったからといって、それで終わりなんてことはないのだ、と言われて、
「お前ならそう言うよな。…考えとくよ」
って言ってたけど、水泳の世界に戻れたとしても戻れなかったとしても、今まで一人で悩んで苦しんでいた世界からは、少なくとも解き放たれたんじゃないかと思います。そう思うと、今回凛ちゃんは、ハルちゃんも宗介くんも救ってくれたんだなって。前回散々みんなに迷惑かけた分、だいぶみんなのために貢献できたんですね。よかった。なんか、借りっぱなしじゃなくて。
 印象としては、1期の方が感情を揺さぶられた感じでしたけど、2期はちょっと感動しました。そして、これで完全に物語は完結だな…って思いました。楽しかったです。またまこちゃんが見られて。宗介くんもやな奴じゃなかったし、イラッとしたりもやっとしたりすることも少なくて、みんなハッピーでよかった。

 月刊少女野崎くん 最終回
 ほら、やっぱりね(笑)sign03と言いたくなった最終回。
 
野崎くんが近くにいて、二人だけでジャングルジムの上の特等席で花火見てるっていう状況自体、そうとうロマンチックで青春だと思うんだけど、それを打ち消してしまう、野崎くんの勘違いコメント(笑)。
「俺も好きだよ、花火」
 だけど、そんな耳元で、そんないい声で囁かれたら、千代ちゃんじゃなくてもちょっとくらっときそうだと思いました(笑)。最後までみんなかわいかったです。

 今期は、弱虫ペダル2期が始まるし、蟲師続章がまた始まるみたいだし、サイコパス2、相棒Season13、ワールドトリガー、七つの大罪辺りは見てみようかなって感じです。ワールドトリガーと七つの大罪は早速始まりましたが、まだまだ様子見です。

 ではでは皆様、台風には十分気を付けてくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »