« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年1月

2015年1月 7日 (水)

1月諸々感想一

 さて…今回は、1月諸々感想というより、年末年始諸々感想、といった感じです。相棒の元日SPメインになるかと思ったら、我ながら「え…」っていう反応しかできなかったのです、今回。というわけで、みんな平等にちょっとずついっきまーす(笑)。

 相棒Season13 元日SP 第10話 「ストレイシープ」
 最初は、お金に人生を捧げている女性が、実の息子を誘拐されて、お金を燃やされる事件。そして、西田さんという女性が密かに自殺していた事件。そして、橘高議員が犯罪を犯すという予告があって、その愛人の女性が誘拐される事件。
 いろんな事件があちこちで起こっていて、話があちこちに飛ぶし、それがどうつながってるのか、さっぱり見えてこないし、特命係が、なんか関わってそうな感じだし…。ということで、元日は朝4時までイラストにかまけていた紫月は、回らん頭を抱えて「???」となっていた1時間半。ラスト1時間くらいになって、少しだけつながりが見えて来たかなぁ…って思ったんですけど、結局最後に、犯人が全部語ってくれる感じでしたね。
 だけど、とりあえず不可解だと思ったのは、あのほくろのある男性が集団自殺をしていて、それが、右京さんに万引きを見咎められて、家庭などに連絡をされてしまった彼女と引き離され、彼女が精神を患って死んだから、右京さんが死神のようだった、と言っていた件。意味が分からない。万引きが病気になっている人がいるのは知っているけれど、だからそれを見逃せって、おかしいでしょ?見逃したら病気が治るんですか?それで、特命係が「大切なものを奪われる苦しさを味わう」っていう罰を負う理由になるんですか?理不尽にも程があるでしょう。元を糺せば、万引きをすることが一番いけない。それを見つけた警察が、ただ本来すべきことをしただけ。右京さんでなくとも、普通はそうするでしょう。それが不幸のきっかけだったとしても、右京さんは間違ってないと思います。右京さん自身も言ってましたけど。ていうか、不幸のきっかけは万引きしたことだと思うよ。
 次に不可解だったのは、議員という立場にありながら、警護を潜り抜けて愛人のために、わざわざビデオが回っている前で、マシンガンをぶっ放した橘高議員の行動。やるならまず、ビデオを撃てよ(笑)。とか思っちゃった紫月でした(笑)。間違って当たっちゃったよ!とか言っとけばいいじゃん?重そうなフリして、フラフラビデオから外れて撃てば、何の証拠にもならないのでは。(←思考回路が歪んでいる人。)
 リスク承知の証券取引か何かに手を出しておいて、損をしたからと食って掛かる女性についても、まぁそれをやることにした時点で、そういうことがあるんだって分かっておくべきだろうと思うし、そういうのをやろうとは全く思えない紫月には、何しろ理解できない領域でした。お金大事なら、そんなことしなきゃいいのに。一種の博打じゃないですか。
 ということで、まず、あの集団自殺した人たちの自殺理由が今一つ紫月の中にピンとこなかったんですよね。そんなんで復讐されなきゃいけないものかなぁ。
 そして、一番の違和感は、右京さんが西田さんのことをずっと「あの人」と呼んで、特別な雰囲気を醸し出していたこと。西田さんが右京さんに恋心をもってても別に構わないんですけど、右京さん自身は…ねぇ?飛城さんの名を騙った新井さんも西田さんのことが好きで、右京さんに嫉妬してる、とか、何つーか……浅い…ような…coldsweats01。その思いを利用して、自殺をさせないために、自分に銃口を向けさせるとかは、右京さん、なかなかやるな、とか思いましたけど、右京さんって、そういう男女の機微にはあまり聡い方だとは思わないんですよねー。そういうのは、どっちかっていうと、亀山くんの方が向いてたっていうか。
 今回かっこよかったのは、警視庁きってのスナイパー(バベルの塔で登場した日野警部…でしたっけ?)と、親父の力を借りてでも、右京さんが囚われている場所を推理して、そこにSATなんかを配備させたカイトくんでした。そして、そういう親父パワーの使い方なら許す、とか言ってた伊丹さんも面白かったです(笑)。

 第9話 「サイドストーリー」
 右京さんが介護するっていう物珍しさはちょっと面白かったし、刑事ドラマ見てあれこれ口を出す佳枝さんが若干面白かったです(笑)。わざわざ警察のいる前で言ってる辺り、なかなかのおばあちゃんでした。
 それにしても、実の息子が介護をさぼってネグレクト、その分を介護士の奈々さんが補わされていて、そんな実の息子をかばうために、佳枝さんは奈々さんのことまで気に入っていたのに悪く言って…。それが親の思いってやつなんですかねぇ。カイトくんには理解不能でしたが、右京さんは、それが分かればカイトくんも苦労してないだろう、みたいなこと言ってましたね。でも、紫月はどっちかというと、カイトくん側でした(笑)。

 ダイヤのA 第61・62・63話 「執念」「天王山」「残響」
 うぅううううううううううううううううぁああっcryingsign03
 あんなに強い先輩たちだったのに。稲実に負けてしまいました。悔しかったし悲しかったけど、もうめっちゃ心臓に悪かったッス。ずっと不安で不安で。負けるんじゃないかって思ってたけど、やっぱ負けちゃったときの衝撃はでかかった。
 流れは稲実に行ってる感じだったけど、それでも9回裏2アウトまで栄純くんは追い詰めた。攻めて攻めて…攻めた結果の、頭部へのデッドボール。代走は、超俊足のカルロス。そして、栄純くんは、アウトひとつで勝利のところで交代。川上くんも、アウトひとつのために、逃げずに本当に一生懸命投げたんだけど…4番の人が「何としても俺が」って思ってたところで、成宮くんの笑顔。「おいしいとこ、俺にも残しといてよ」それで、肩の力が抜けて、同点打。足の速いカルロスくんがホームインしちゃって、最後は成宮くん自身の2ベースヒットで、決着。本当にあと少し…あと少し届かなかった。
 これで、3年生が抜けてしまうなんて、本当に寂しいなぁと思う紫月です。新体制で甲子園目指すのかぁ…。御幸くんの、「もう不動の4番はいない。エースもいない。俺たちの代で甲子園なんて、夢のまた夢だ」の一言は、なかなか重いものでした。川上くんもそれを聞いていたけど…川上くん自身、自分がエースの器だとは思ってない…かな、やっぱ。
 その御幸くんの言葉を聞いていたわけではなかったけど、エースになるのだ、と決意をしたのは、主人公の栄純くんではなくて、降谷くんでした。
「オレがこのチームのエースになる」
 みんなが泣いて落ち込んでいた時に、降谷くんだけは走っていた。強くなるために…。さぁ、栄純くんはこれからどんなポジションになっていくのかな。
 個人的には、これで結城くんとクリス先輩がいなくなるのが、非常に寂しいッス。これからも出てきてくれないかなー。ちょいちょい顔出してくれないかなー。

 弱虫ペダル GRANDE ROAD 第11・12話 「サバイバル」「泉田の誇り」
 ぉお…荒北さんが…落ちてしまった…weep。そして、泉田さんも…。
 これだけ犠牲を払ってTOPを守る箱根学園。そして、それを追う総北は、1年生3人にゴールを見届けろ、と指令が下りました。一緒には走れないかもしれないけど、それでも精一杯食らいついて来いってことですか?ゴールまで、あと少し。だけど、まだ京伏もついてくる。あれだけ犠牲を払う箱根学園に比べて、京伏はたった2人なのになぁ。なんで同じ力でついてこられるんだろう。1番は、それだけ大変ってことなのかな。
 今のところ、真波くんの力が全く発揮されていない気がするので、さて、どうなるのか。真波くんV.S.坂道くんの構図は、出番あるのかしら?

 曇天に笑う
 天火くんが生きててよかった~~~~~~~~~っっっcryingsweat01sign03
 それにしても…ものっすごく色々と裏切られました。
 まず、天火くんは、大蛇の器ではなかったということ。人口の大蛇…つまり、大蛇の力で生き長らえたがための副作用が出てきていたってことだったんですね。
 天火くんが死にそうになったのは、風魔の襲撃を受けて、両親を殺されて、空丸くんを…殺されそうになったから…ではなくて、奪われそうになったから、だったんでしょうか。背中をバッサリと斬られて、それでも生きていたのは、大蛇の実験台になったからだった。でも、大蛇の症状が出てきたら、死ぬつもりでいたわけですよね。
 で、白子さんはというと、何と風魔小太郎だったわけで、最初から大蛇の器が空丸くんだということは分かっていた。天火くんに拾ってもらって、曇家の忍びだと言って居候をしながら、風魔一族を大蛇とともに復活させるつもりだったんですね。まさか、風魔が大蛇の眷属だったとは…。
 そして、空丸くんにいつしか大蛇の兆しが見え始め、一気に大蛇化してしまってびっくり。宙太郎くんは嘉神と、天兄の復習をしようと行動を共にし始めてしまうし、白子さんはいきなり裏切るし、もうほんとえぇええええええもうどうしたらいいのさcoldsweats02sign02状態になっちゃいました。あれこれいろいろ起こりすぎて、犲の方にも大怪我する人が出てきて、天火兄ちゃんがいない今、誰が収集つけんのこれ。って思ってたら、天火兄ちゃんが生きてた…という。ほんとよかった。
 比良裏さんも、泡沫の時代から生きてるのか、生まれ変わってきてるのか、とりあえず牡丹さんともう一度出会えてよかったね、式神だけど。
 最後は、曇家三兄弟と、彼らに関わってきた犲、蒼世さん(隊長)、比良裏さんに牡丹さん、そして半端者だからこそ風魔に逆らえた錦さん、宙太郎くんとの関わりが嬉しかったのであろう嘉神さんと、みんなで力を合わせて大蛇を討ち取ることが叶いました。白子さんは最後まで敵だったけど、それでも心からみんな、嫌いにはなれなかった、ってことなんですよね。あの姿態度が、全て嘘の物ではなかったと。曇家にいて、本当に楽しそうにしていたこともあったから…。
 天火さんは、戦いが終わった後、もう自分では立っていられないくらい辛いのだ、と言っていたけど、最後は車いすでした。…大蛇の副作用で、決して長くは生きられないままなのか、それとも大蛇を退治した今、その副作用は収まっていくのか…そういったところも分からないままでしたが、最後にみんなが笑えてよかった。みんなに愛されてる天火さんとみんなでそろっていられてよかった。とても後味の良いハッピーエンドだったと思いました。
 で、これがBS日テレ放送だったがために、うちの録画とびっとびなんですよ。いい話だったのに。くっそぅ。ブルーレイは上巻と下巻の二つだけっていう、ある意味親切なつくりみたいですけど、一つ1万5千円くらい…みたいな。うん。ちょっとお高いけど。どうしよう。別にお金がないとは思わないけど…それだけの価値があるかどうかと…。天火さんは本当に好きだったけど、さてどうしようかな。

 新しいクールがスタートして、そろそろ新番組も始まる頃でしょうか。今回は、暗殺教室とか黒バス3期とかジョジョとか、ジャンプ系列がまたいろいろ始まるようですね。デュラララ!!×2承とか。デュラララ…1期はドタチン好きだったけど、今度は大怪我させられたりするんだよな…。しかも今回は、3期に分けて長期でやるとか何とか。見るは見るけど、残すの大変そうだなー。ドタチンと意気投合する彼も出てくるのかな。千景くん、だったかな。あの子は見てみたい。でも、本当に正直なところで、臨也の双子の妹クルマイはあまり好きではないし、森羅の新しいお母さんだっけか?も、あまり好きじゃないんだな。変なヤクザ一杯出てくるし、青葉くん怖いしさ。帝人くんはかなりどっかイッちゃうし。シズちゃんは大好きだけど、出番が減っちゃうしな~。なんか、小説読んでると、新キャラ立たせようとしすぎて、もうかなり無理してるっていうか、そんな感じがするところがちょっと辟易なのです。しゃべり方がおかしいのがてんこ盛り。(←小説に関してはやたら厳しい人。)
 継続して見てるのもあるので、また増えるなーと思いつつ…今年もゆるーい感じで感想を書けたらと思います。ゆる~いので、今回みたいに、あまり作品に好意的ではない感想があっても許してくださいませcoldsweats01。あんまり否定的な言い方は、好きじゃないのですけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

2015年 あけましておめでとうございます!

 あけましておめでとうございます

 去年は忙しさにかこつけて、このブログもついにさぼりがちになるという傾向が見られましたが、それでもお越しくださったみなさま、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
 今年は…一度崩れてしまった自分の習慣を戻せるかどうかは定かではありませんが、それでも無理をしない程度に、叫びたい感想を叫ぶっていうスタンスで行こうと思います。ていうか。今既に、めっちゃ叫びたい事象が起こっておりますが。主に、曇天とダイヤで。でも、今日は年始のあいさつということで…自分自身、どうなるかは全く分かりませんが、生暖かく見守って頂ければありがたいです。どうか今年もよろしくお願いします。

 そんな紫月が、今年はイラストどうする?どうするcoldsweats01sign02って悩んだわけですが、それでも1年ぶりにイラストを描いてみました。進撃年賀から見事に1年。今年はこちらですhappy01heart04note(二次転載、二次使用はご遠慮ください。)

Color_3

 今年は「ハイキュー!!」にチャレンジしてみましたhappy01sign012014年に一番好きだった作品です。2期の制作も決まって、今年も楽しめるようで嬉しいですhappy01heart04note相変わらず、絵の中身そのものが、正月らしさの欠片もないので、今年は金屏風にしてみました。うん、殺風景(笑)。背景で花びら散らして誤魔化しておくことにしました(笑)。
 今回のイラストは、二人ずつで、ボールをつないでいるところ…とか、仲良しコンビ…というか、どう繕ってもうまくかみ合わないコンビがいるので、まぁそこは諸事情です(笑)。
 
一枚目は、言わずと知れた変人速攻1年コンビ。二枚目は、主将副主将コンビ。三枚目は…リベロ&エースコンビなのか、因縁コンビなのか、男前&ヘタレコンビなのか、よく分かりません(笑)。個人的には最後のが一押し(笑)。四枚目は、仲良しにするなら田中さんと西谷くんか、月島くんと山口くんかなーって思ったんですけど、なるべく主要メンバーで行きたかったので、熱血&クールコンビです(笑)。一応、バランス的に、ボールを中央に向かって打つ、またはトスをしていて、それなりに弧を描くように…とか考えたわけですが、田中さんの勢いがありすぎて、「年」のボールがはみ出しました(笑)。しかも、月島くんからボール行ってねぇ(笑)。月島くんは、ブロックの準備でネットの前に立ってる感じなんですけど、何やら田中さんに余計なことをぼそっと言って、田中さんのスパイクに勢いを増している、とか、そんな感じです。一番力が入ったのは、何を隠そう、一番ちっちゃくなっちゃった西谷くんです(笑)。なにも見なくても、ラフ画は描けてしまいました。それくらいイメージが強いです。かわいい・・・カワイイ西谷くんhappy02
heart04sign03紫月の好きなキャラは、ノヤっさんとスガさんと大地さんなので、その3人は特に気合が入ってます、一応、これでも(笑)。でも、今回何しろ資料がなかったので、以前買ったジャンプひっぱり出してきて、2話分で頑張って資料にしました。アニメも見てましたけど。
 人物に対してボールがでかすぎるのは、文字を入れるためです、と言い訳。それにしても、高校のバレーボールの柄が難しすぎて、辟易しました。構造がよく分からない…coldsweats01。色を塗ろうとして「あれ?一本余分な線がある」ってことが2回もありました。細かいところはよく分かりませんが、一生懸命原作見ながら描いてます。

 さて、今年はこんな感じでスタートですが、12月後半の感想と、今日の相棒SPの感想が書けたらいいな、とは思ってます。それでは、ここを訪れてくださったみなさまにとって、素敵で幸せな一年になりますようにhappy01sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »