2007年1月25日 (木)

約1週間遅れのLa'cryma Christiラストライブの感想

 今日はまだ家に帰ることはできていないのですが、ちょっとだけ余裕がなくもないという感じなので書けるだけ書いてみたいと思います。La'cryma Christiのラストライブについて。もう既に記憶は曖昧なところが情けない(笑)。

 自分の曲の好みは基本的に暗いです(笑)。ていうか、そう書くと根暗だとか思われそうなので(←違うとでも。)一応フォロー(^‐^;。短調系の曲が好きです。悲しげな調べに惹かれます。それがかっこよかったらもっと好きです。ということで、La'cryma Christiの曲の中では「鳥になる日」(超マイナー)とか「偏西風」とか大好きです。で、ラストライブということで、少しでもそういった曲が聴けたらいいな、くらいの気持ちで参加したのですが。

 開始時間を30分ほども回って、結構ギリギリで入ったにも関わらずかなり待たされたTokyoZepp。ところが、前半の選曲は「これでもかっ!」というくらい自分好みの曲で、くらくらしそうでした。「S.E.A」「Longdistance」「偏西風」「Forest」「鳥になる日」「White Period」「SCREAMING」「カメレオン」「Zambara」「Lhasa」「ファシズム」などなど、もろに短調系の曲ばかりのセレクト。最新のアルバムの曲を交えながら、という感じでしたが、最新のアルバムの中でも、そういう曲を選んでありました。頑張って聞いていた甲斐があって、ギリギリ分かる曲ばかり(笑)。それだけでも来てよかったなあ、と思いました。残念ながら「Psycostorker」(綴り全く自信なし)や「Sweet Suiside」「情熱の風」はなかった…。まあ、サイコな曲とか自殺な曲とかはラストライブにはふさわしくないかな、と思うのですが、情熱の風なんかはドラマの主題歌にもなったものだし、やってくれたらよかったのになぁ。
 それでも、その前半は至福の時間でした。ラクリマのMy Favorite songs BESTでも聴いている気分でした。ああ、ほんと、ラクリマにも好きな曲が一杯あったんだなあ、と改めて実感しました。ところどころにボーカルのTAKAさんのすべりまくりの(笑)MCを交えながらの楽しいライブでした。
「今日はみんなからたくさんの薔薇の花束が送られてきました。でも、カスミソウばっかり(笑)。薔薇が一つ。薔薇が二つ。薔薇が三つ。……1バラ、2バラ…Zambara」(みぃ~ん……笑)

 後半はラクリマライブでおなじみののりのよい曲、人気曲。自分としては、まあこれもありかなくらいの曲だったのですが、それでも馴染み深い曲ばかりなので楽しかったです。飛んだり跳ねたり踊ったりして楽しんでました。毎度おなじみのメンバー紹介もあり……これも最後だなあ、と思ったので、頑張って名前呼んでみました(笑)。(←いつもはあまり頑張らない。)

 さらに、すごかったのがアンコール。まずは最初のアンコール。でも、明らかにまだやりますよ、という感じだったので、再びアンコール。二度目のアンコールの最後が、アメリカンロック調のシングルのカップリングの曲だったかなにかで、正直「これで終わりはないでしょ」という感じだったので、更にアンコール。3回のアンコールは名古屋で無理矢理引っ張り出したとき以来でしたが、今回は設定済みのアンコールだったので、当然三度目のアンコール。ここで、これまでラクリマのライブでは必ずと言っていいほど最後の方に演奏されてきた彼らのメジャーデビュー曲「Ivory trees」(tree?)と3rdシングル「南国」。これらは本当に懐かしくて、ああ、来たきた、という感じでした。でも、それが終わってもステージのライトは落ちたままで、まだ何かありますよ的な感じだし、ていうかそんなんなくてもみんなアンコールする気満々なのにって感じだったんですけど、だからもって、とりあえずアンコール。いつもはアンコールも手だけたたいてだれているのですが、頑張ってアンコール言ってみました(笑)。4度目のアンコールは、ラクリマのライブラストをいつも飾っていた「The SCENT」たしか、2ndシングル?ここで、銀テープが舞い上がり、みんなの手に。みんな銀テープをわらわらと振って最後の大合唱。それはそれは盛り上がりましたが、6時開演のところ6時半に始まって、終わったの10時過ぎですよ。もう新幹線もないよ(笑)。よかった、泊まりにしておいて、と思ったものです。

 ずっとラクリマファンだった友人は、会場に向けて深々と敬礼しておりました。ああ、そんなものかな、と思ったし、中にはすすり泣くファンの子達もいたりして、やっぱりファンには愛されてたんだなあ、と思いました。
 会場を出たらグッズが売っていたのですが、いつも何かしら買っていく友人が「もういい。今日買っても未練が残るだけだから」と言って、何も買いませんでした。で、何気にウケたのが、会場で飛んだ銀テープ(La'cryma Christi Last Live White Periodの文字とロゴ入り)が一本500円で売っていたことです(笑)。2本ゲットして思い切り振り回してたけど、これ1000円の価値があったのか。

 さてと、あとは帰って寝るだけだ、と思ったのですが、もうホテルに帰るまでの道のりが、つらいつらい(笑)。足が棒、どころか、一歩進むのも「うっ」とうめきたくなる痛みが(笑)。結構ヒールの高いブーツを履いていったので、足の裏、特に指の付け根辺りに相当負担が掛かったらしく…(^‐^;。でも、アリーナというか、椅子に座れないライブだと、背が高くないと全くステージが見えなくなってしまうので。
 友人が取ってくれたホテルは、ちょっとお洒落なちょっと高級なホテルでしたが、おかげでゆっくり休むことができました。寝たの、2時過ぎでしたけど(笑)。

 さて、ここまではそれなりに感動の話だったりしたのですが、疲れ切って帰ってきた日曜日、それでもとリボーンの感想を打ってそれだけで更に疲れて寝てしまったのですが、更に翌日、月曜日。朝から友人からスーパーロングメールが。
 どうやらラクリマのボーカルのTAKAとギターのHIROさんがユニットを組むということで、しかも既に活動を着々と進めていたらしく、3月14日にデビュー曲が出るとか。で、友人曰く「解散意味ねぇーー!!」更に、それに合わせて携帯のサイトで彼らに焦点を合わせた漫画が連載されるとか(笑)。なんじゃそら。で、その情報がどこから分かったかというと、ラクリマのラストライブの会場を出たところで、チラシを配っていたということで、そういう情報がかなりネットで流れていて、それをもらったファンの人たちは喜ぶよりドン引きだったらしいです。そりゃねえ…。SHUSEやLEVINは、じゃあ切り捨てられたってこと?という感じで、ちょっと自分も引きました。LEVINなんて、ブログかなんかで「まだこの先の予定は決まっていません。不器用なドラマーでごめんなさい」って書いてたそうで、なんか可哀想になってしまいました。
 まあ確かに、TAKAさん以外の人とHIROさんが組むとは思えなかったのですが。とりあえず、ラクリマを解散してまで取った道なので、頑張って少しでも素敵な曲を生み出してくれたらいいと思います。SHUSEやLEVINも、早く活動が再開できるといいなあ、と思いました。彼らはとても素敵なベーシストとドラマーだと思うので。

 てなわけで、一応ラクリマラストライブの感想だったのですが、最後の締めくくりがいまいちだったのがちょっと寂しいかな、と思います。でも、こうやって解散ライブをすることすらできずにいなくなってしまった人たちもいたわけだから、それはそれで幸せだったのではないかな、と思います。ラクリマのメンバーも、ファンたちも。

 あ、そうそう。そういえば、元メンバーのKOJIくんから花が送られていました。みんな必死で写真撮ろうとしていたのが印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

La'cryma Christyライブ

 忙しい一日でした。だからなのか、これを書こうとして普通に意識が飛んでました。。(←人はそれを居眠りと言う。)眠いのですが、ラクリマライブが思いのほか心に残るものだったので、記しておきたいと思いました。

 ラクリマクリスティ、解散するということで、ツアーであちこち回るのは最後になるだろう、と。結構気合入れて行ってきたのですが、友人に借りたCDを覚えきれていなくて、新しいアルバムの方はだいぶ聴いていたので分かったのですが、ひとつ前のアルバムはちょっと厳しかった…。でも、懐かしい曲なんかも演奏してくれて、そのあたりは嬉しかったと言うか。Blossomでは歌詞を間違えて自分で自分を軽くビンタしておいて、「俺歌詞間違えてないよな!」と客席に強要するTAKAさんとか、なんかちょっと可愛かったです(笑)。

 ボーカルのTAKAさん、なんか今日は駄洒落交じりでよく分からないトークをしてらっしゃいましたが、それが微妙に面白くて、楽しかったです。地方ネタですが、TAKAさんの出身地ということで、結構ノリノリだったり。二度のアンコールで、「アンコールが楽屋の隅々まで響いてきて嬉しかったぜ」なんて言うもんだから、しかも解散のことについては一切触れなかったりするもんだから、二度目のアンコールが終わって、フロアに明かりがついて、ステージの照明が消えてしまってからも、「アンコール!アンコール!」の声がやむことはなく、自分も荷物を準備しつつ、ただならぬアンコールモードに引き込まれて、一緒にアンコール唱えてしまいました。そしたら、なんと、出てきた!!三度目のアンコールやってくれるとは!もう既にマイクの音声とかも切ってあったので、本当に終わりのはずだったところで、それでも出てきてくれたようです。そのせいか、なんかみんなキレる寸前の気合の入れ方で、TAKAさんとか、「お前ら、俺たちをひきずりだしたんだから、そのつもりで歌えよ!全力でやらなかったら、殺すからな!」なんて、普段結構まったりモードの言葉を並べる人が、強気でガンガン発言。それにお客さんも全力で応えるものだから、「じゃあ、何がいい?サイコな曲いってみる?」って振ってから、メンバーに確認。いけるか?みたいな。メンバーみんな、やや苦笑気味ながらうなずいて、人気曲サイコストーカーが始まって。自分もこの曲は大好きで、なんかもー最高にみんな暴れまくってたって感じでした。客もメンバーも。最後になってこんな一体感を味わうことになるなんて、なんとも皮肉なことです。デビュー曲演奏したときなんか、なぜかボーカルTAKAが脱退したメンバーの持っていたモデルのギター(らしい)を持ち出してきて……。なんか、胸が一杯になるライブでした。
 ついでに、SHUSEが投げたピックゲットしました(笑)。自分、何気にラクリマライブでピック拾います。これまでにHIROさんのピックを二度拾ったことがあります。自分でもすごい記念になるし、欲しいと思うのですが、自分よりずっと彼らのことを好きで応援している友人のことを思うと、自分が黙ってもらうことができなくて、しかも見せたからにはそれをそそくさと自分のものにすることも申し訳なくて、いつも友人にあげます。散々世話になってる友人なので、それ位しても罰は当たらないと思います。やっぱこういうのって、なんていうか、欲のない人がゲットするもんなんです(笑)。飛んできて、みんなが「あれ?どこいった?!」って必死に探してるときに、何気に足元に落ちてるんですよね、いつも(笑)。だから、みんなが諦めかけた頃にこそっと拾います。恨まれないように(笑)。ごめんなさい、自分みたいな奴が拾っちゃって。て、いつも思うから。

 一時は武道館を埋め尽くす人を集めたバンドが、今やライブハウスよりちょっと広い程度の場所でしかライブをやれなくなってしまって、色々寂しいものもあるけれど、すごく距離が近いこともあって、親しみが持てるライブでもあったと思います。次は本当にラストライブ。東京まで出向きます。彼らの最後のステージを精一杯楽しみたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

♪抱いて×3 セニョリータ

職場のパソコンで入ってみました。なんか,画面がおかしいです。これ,液晶壊れてんじゃ…?って感じの画面の暗さと雑像。誰か直してくれない…だろうな…やっぱ(--;)。

3週間風邪が治らないので(咳が止まらないので)もう一回お医者さんに行って,ジャンプと風邪薬をもらってきました。風邪薬を飲んでいる間は割と調子が良かったのですが,風邪薬が切れて半日,咳が復活してしまいました。ていうか発作のように咳が出て, 前より喉の調子が悪くなってしまったような気すらします。困ったものです。

それにしても,やっぱ自分のパソコン以外のキーボードも打ちにくいし,変換の仕方も微妙に違うので,やりにくいっ!でも,今日は自分のパソコンを起動させる暇すらなかったので,ノートパソコンを組み立てて起動させるのが面倒で,ついつい…だから,何も文句は言えないんですが(笑)。

今日はそろそろ店じまいできそうです。ちょっと早く帰れそうです。昨日,唯一今期見ているドラマの「クロサギ」主題歌「抱いてセニョリータ」の発売日だったと知り,何げにお気に入りで,ビデオからMDに録ったりしていた自分としては,「これは着メロにしなきゃ!」てな感じで,久々に着メロを新しく入手しました。4種類くらい聞き比べて,一番自分のイメージに近いものをDLしましたが,それを聴くのが嬉しくて,ついつい鳴らしたままうとうとしてしまい,携帯の充電を使い切ってしまいました(笑)。

今日はとても暑かったので,早めに帰ってゆっくり休むとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

ますます転ぶ(;^_^A

土曜日に大阪に行っていたため見られなかった野ブタ。をプロデュース。昨日ビデオで見ました。

笑いあり、シリアスありで、身近な思いが色々と共感できて、やっぱり面白かったです。ビデオ録っておいてよかった~♪

初めてブログの記事を書いたときに、山下智久演じる草野彰に転んでみた、何てことを書いてみたのですが、今回も転がれる設定が続々とあって、笑うしかないって感じでした。

野ブタのことが気になって仕方ない彰も可愛かったですが、倒れたおじいさんの吐き出した物を必死で拭おうとする野ブタを、思わず汚いと言ってしまった、野ブタを好きなはずの男の子。更に、救急車すら呼べないその子に比べて、「俺が救急車呼ぶのね~ん♪」と飛び出した彰はかっこよかったと思います。その上、「汚い」と言われたその手をつかんで自分のほっぺに当てて、「全然汚くなんかないぞ~」って言ってる。野ブタが汚いと言われたことに傷ついているのではないかと感じて、無意識にそんなことができるというのが、やっぱり素敵でした。

人の心が解る人って、ほんとに魅力的だと思います。

野ブタも彰のことが気になるんじゃないかな~と思いつつ、でも主人公は修二だし。修二の方が気になってるのかな?原作を読んでいないので、この先もドラマが楽しみです。

ちなみに、基本的にドラマはあまり見ない派なので、自分としては非常に珍しいことです……。この前は海猿なんかも見てましたが、ここまで楽しみにはしてなかったので、楽しみがあるって、いいですね。このワクワクする感じが。

痛快なストーリーが基本的には好きなので、アニメ、特に少年漫画系を好む傾向にあります。(というより、原作の漫画が好きで、そのアニメを見るのを好む。)アニメで原作を変えてあったりすると、ちょっと不満だったりします。BLEACH、アイシールド21なども、やはり子供向けにされるせいで、変なところでいじられたりすると、ブルーな気分になります。

これまで、原作を変えられていたけれど、敢えてそれがよかった、と思ったのは、聖闘士星矢のキャラデザインが綺麗になっていたこと、(ていうか、アニメしか知らなかったところで、つい最近原作をチラッと見る機会があって、驚いたですヨ。)テニスの王子様の関東大会における手塚V.S.跡部戦の演出くらいです。(あれは原作がちょっと物足りなさ過ぎでした。アニメの方がドラマがあって…よく考えてあったな、と思いました。)

あとは大概原作の方が絶対的に面白いと思います。

そりゃ、面白いから売れてアニメ化されるわけで、それを生み出す原作者が考えることと、基本的には自ら生み出すというより、もともとあるものをアニメに起こす人たちが考えることを比べたら、前者の方が面白い可能性が高いと思うのです。もちろん、アニメも楽しんでいる身ですから、文句を言うつもりも何もありません。それに、先に見たものが自分の基本となるので、それが変わっているとなると違和感を感じるというのも人の定めのような気がします。

どちらも楽しめる器量を持ちたいものですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)